青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「疑い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

異様~ ~畳 畳~ ~當 當~ 當時~ 疊~ ~疑 疑~ ~疑い
疑い~
疑う~ ~疑問 疑問~ ~疲れ 疲れ~ 疲れた~ ~疲労 疲労~ ~病 病~

「疑い~」 3266, 35ppm, 3319位

▼ 疑い~ (896, 27.4%)

21 かけて 20 抱いて 16 もって, 持って 15 容れない 14 受けて 9 いれず, かけられて, 容れぬ 8 解くため 7 容れないの, 懐いて 6 容れず, 起こして, 起して 5 挟んで, 掛けて 4 うけて, かけるよう, 受けること, 容るる, 容れませぬ, 挟む余地

3 [21件] いだいて, いれない, お持ち, かけるの, はさんで, もつて, 入れない, 受けるの, 口に, 容れないところ, 抱いたの, 抱くこと, 抱くところ, 抱くもの, 招くこと, 晴らして, 深くした, 解いて, 解くよう, 起こしたの, 避けるため

2 [38件] かけた, さしはさむ余地, といて, はさむ余地, はらして, もたなかった, もった, もつこと, もつの, 十分に, 受けたこと, 受けるに, 向けて, 増すばかり, 容るるべからざる, 容れなかった, 容れぬもの, 容れること, 容れ得ない, 惹く種, 抱いたり, 抱きながら, 抱くの, 抱くよう, 抱く人, 持ちながら, 挟さむ, 挟まなかった, 掛けるよう, 晴らすの, 決する必要, 深くし, 深めて, 秀子に, 解けり, 起すかも, 起すもの, 避る

1 [554件 抜粋] あからさまに, あそばすかも, あの黒猫, いだいた次郎, いだかないわけ, いだき何, いだき櫓, いだき結局, いだくの, いちばん自然な, いっそう強められる, いれざるよう, いれずと, いれないところ, いれるに, いれるべきでも, いれる余地, うけは, うけるお, うけるの, うける以上, うけ勝ち, おきたいの, おこさせるには, おこし村中, おさえながら, お組, お覚え, かけさ, かけさえ, かけさせたやり口, かけさせようと, かけたい気持, かけたらしい腕利き, かけたり, かけた行動, かけなかった飛んでも, かけながら, かけひどく, かけましたね, かけましたの, かけやしませんよ, かけられずに, かけられたか, かけられたかも, かけられたとしても, かけられたもの, かけられたよう, かけられた一同, かけられた場合, かけられても, かけられは, かけられるか, かけられるかも, かけられるくらい, かけられるとは, かけられるの, かけられるも, かけられ写真, かける, かけるさえ, かけるという, かけるならその, かけるなんて, かけるべき点, かけるわけ, かける癖, かける相手, かける細工, かけ天眼鏡, こうむるとは, こうむるは, ごま化す, さし, さしは, さしはさまぬ驚き, さしはさむ者, さしはさんで, さし挟むこと, さし挾まないで, さし挾む余地, さし挿, すてなかった, ぜんぜん否定, そっちへ, そのまま投げ出した, その時, それにも, たくわえて, だんだん押し拡げ, つきつめて, といたと, どう説明, のがれると, のこして, のこす余地, はさませる場合, はさまないぞ, はさまねば, はさみいちど抹殺, はさみました, はさむならそして, はさむ餘地, はらしまた, ば氷解せしめた, ひくお, ふくんで, また少し, また弁解, まだその, まねくかも, みずから潜ませた, もう少し深く, もう捨て去っ, もたされる人, もたすの, もたぬ字, もたれる方, もちだしまた, もちはじめた, もち危く迷路, もったの, もったもの, もってるらしいお, もつよう, もつ理由, もつ者, もらした人, もらして, やはり政府, やり過せば, チラリと, ブッダ・バッザラ師に, 一度解き, 与えるよう, 事実と, 二重にも, 代表する, 伝吉に, 伝吉へ, 充分に, 免れぬかも, 免れましたが, 入れざるなり, 入れないの, 入れない確実さ, 入れなかった, 入れよう余地, 入れる余地, 処するなかれ, 処すれば, 加えるに, 千古に, 去って, 去りたまえ, 受くる, 受けた, 受けたとき, 受けたの, 受けたので, 受けた時, 受けた為め気, 受けた賊, 受けないという, 受けなくても, 受けひいては, 受けます, 受けるだけの, 受けるので, 受けるよう, 受ける心配, 受ける種, 受け今, 受け親殺し, 受け養母殺し, 同志から, 向けそれから, 向ける細工, 否定した, 含みつつ, 呼びおこす隠微, 品川の, 問い出さない, 喚び覚まされるよう, 喚起させる, 喜八郎に, 増したので, 増して, 増しながら, 増し切符, 外の, 外へ, 始めて, 姜維に対して, 存し, 存するとは, 存するもの, 存する者, 存せられたは, 存せる, 容るべから, 容るべからざる, 容るべき, 容れこれ, 容れざるところ, 容れざるべくそして, 容れざる日本, 容れずただし, 容れず予往年ロンドン, 容れたるその, 容れたるは, 容れたるもの, 容れて, 容れない事実, 容れなかろう, 容れぬが, 容れまい, 容れません, 容れるもの, 容れる余地, 寄せられるもの, 差挟む, 帯びた様子, 平太郎の, 平次に, 引く者, 引起す, 当然受け, 彼らに, 征服する, 忘れた微笑, 忘れて, 恥じながら, 惜しいこと, 惹いたに, 惹き起すよう, 惹くからと, 惹起し, 感じ通しながら, 感ずるよう, 懐かざるを, 懐かないわけ, 懐きついに, 懐きはじめたの, 懐きます, 懐き彼女, 懐くの, 懐く者, 懸けたこと, 懸けたり, 払いのけました, 払いのけ切れずに, 払い退けようと, 抱いたこの, 抱いたとき, 抱いた様子, 抱かざるを, 抱かしむ, 抱かしむることはありそうに, 抱かしめるに, 抱かずには, 抱かせその, 抱かせようと, 抱かせるよりも, 抱かないだろうか, 抱かないもの, 抱かない肯定的, 抱かなかった, 抱かぬまめまめしい, 抱かれて, 抱き, 抱きいかに, 抱きしばしば, 抱きたくなるかも, 抱きましたから, 抱き出した, 抱き前, 抱き家, 抱き後部, 抱き放免ども, 抱き暗殺, 抱き貴女, 抱く, 抱くだけでも, 抱くほど, 抱く女, 抱く心, 抱く者, 抱く視線, 抱けない事, 押し付けるかの, 招かずには, 招きそう, 招くだろう, 招くに, 持たずに, 持たずには, 持たなかった, 持たぬ心, 持たれること, 持ちつつ, 持ちました, 持ち不安, 持ち初める里, 持ち夢, 持ち持ったトタン, 持った, 持ったとき, 持ったらしいその, 持つかも, 持つこと, 持つもの, 持つよ, 持出しました, 持出します, 挟さんで, 挟まずに, 挟まれるもの, 挟むだけの, 挟むの余地, 挟んだ医学者, 挫く, 挾まない, 挾まねば, 挾むこと, 挾む余地, 挾む所, 挾む者, 挾んだ, 挿むような者は, 挿む余地は, 挿む余地も, 挿んだろう, 捨て去る事, 掃い退て, 掛からせて, 掛けずには, 掛けたかな, 掛けた訳, 掛けようとして, 掛けられた清吉, 掛けられては, 掛けられるよう, 掛けるの, 掛ける為, 掛け度, 掛け時々, 掻き消す様, 插んだ, 新らしくする, 普通一般の, 晴す如き, 晴せ, 晴らさなければ, 晴らした老臣共, 晴らすため, 晴らすためわたし, 晴らそうと, 有したならば, 有して, 有しなければ, 有するごとき態度, 有せられた事, 有って, 残さぬよう, 残したよう, 殿下に, 水芸達者の, 氷の, 決したいの, 決しようと, 浪人の, 消しては, 消すであろう, 深からしめました, 深めました, 深めるより, 湛えて, 濃くした, 濃くする, 濃厚に, 生じさせた, 生じた, 生じたの, 生じたり, 生じる世の中, 生ずること, 生ぜしが, 生ぜしめる丈活, 生むもの, 申して, 疑いきった後, 相挟み, 知らないの, 破壊し, 確めて, 確めない, 確める, 示しつつ, 禁ずる能わざるなり, 私は, 稠人満座の, 素子は, 置くこと, 聞き取らなければ, 胸に, 腹の中で, 蒙ったの, 蒙るお, 蒙るの, 藻西に, 被せるか, 被せる積り, 被って, 見出したの, 覚えて, 解いた, 解いたらしかった, 解いたらしく, 解いたん, 解かないまでも, 解かんが, 解くかわり, 解くこと, 解くに, 解くの, 解くのみ, 解くべきかぎ, 解くべき機会, 解く鍵, 解こうと, 言解き, 許さぬ, 証明し, 話したとき大谷, 認めたい気持, 誘うこと, 語ろうと, 買うであろうと, 質しなど, 起こさずに, 起こさせずに, 起こさせるにおい, 起こさないとも, 起こさぬ, 起こされたる, 起こした, 起こしたので, 起こしたり, 起こした事, 起こしワット, 起こし従来道理, 起こし沙漠, 起こすごとき傾向, 起こすだけの, 起さざるを, 起さしめる, 起させないよう, 起させるに, 起させる余地, 起さないこと, 起さないよう, 起されたの, 起されてまで, 起されますから, 起されるよう, 起しお, 起した, 起したころ, 起したに, 起したの, 起したもの, 起したること眼, 起したるもの, 起したん, 起した沈黙, 起した点, 起しますから, 起し多分, 起し掛けた併, 起し最近, 起すから, 起すに, 起すの, 起す事, 起す人, 起す余地, 輪田夏子へ, 逃れるため, 達子へ, 避くる, 避けるには, 避ける工夫, 闡明する, 防ぐため, 除くゆえん, 霽らす, 領民に, 頭に, 駒三郎か

▼ 疑い~ (681, 20.9%)

27 ない 19 ないこと 15 なかった, なくこの 14 ありません 12 なくその 10 ない事実, なく私 8 ないの, なくそれ, なく真実 7 ない事, なく, なく彼 5 なくこれ 4 なく彼ら 3 なくいかなる, なく人口, なく人間, なく何人, なく労働その他一切, なく多く, なく極めて, なく異常, 起こし得られる, 起って

2 [36件] ありませぬ, ありませんが, ある, あるよう, しなかった, ないが, ないと, ないよう, ない大, ない女, なくうそ, なくこうした, なくこれら, なくまた, なくもっと, なく世界, なく事実, なく二人, なく吾, なく問題, なく啻に, なく土地, なく大きな, なく最も, なく父, なく現在, なく真, なく社会, なく結婚, なく自分たち, 抱いて, 抱かなかった, 残りません, 起こった, 起こって, 起こる

1 [403件] あった, あったが, あったです, あったよう, あった訳, ありえない, ありえないの, あり得ない, あるまいし, あるらしい, あるらしい痔疾, あれでは, いたすまい, いつか微かな, いつしか忘れる, おのずから僕たち, お抱き, かからなかったの, かかるだろう, ございますまい, ございません, さしはさまず約, しかつ, したが, したの, しなかったの, しました, しよう, し悲しみ, すぐに, すまいから, するし, せずただ, せずに, せず不平, せず皆, せず藤五, せず行おうと, せで泪, だんだんに, とうとうまったくなくなっ, ないもの, ないヘリオトロープ, ないユリ子, ない人影, ない健康者, ない光, ない向う鉢巻, ない國綱, ない宮廷舞踊, ない岩形氏, ない強盗殺人, ない志免警部, ない恐ろしい災厄, ない愛子, ない未来, ない決意, ない神籠石, ない美, ない自分, ない証拠, ない過去, ない電燈コード, なき事実, なくあらゆる, なくある損害, なくあれ, なくいかに, なくいっそう, なくいや, なくお, なくかかる, なくかかる牧畜, なくかつて, なくくら, なくここ, なくことごとく, なくこの世, なくこれら報告, なくすっと, なくそう, なくそういう, なくそのある, なくそのうえ, なくそのまま, なくそれだけ, なくそれ自身, なくどの, なくなります, なくはるか, なくひどく時間, なくまったく, なくもう, なくより, なくわれわれ, なくアフリカ人系統, なくインド民族, なくエタ, なくコナン, なくコルシカ, なくゴドウィン氏, なくジャン・ヴァルジャン, なくスウェーデン, なくスミス博士, なくゼ号, なくゾシマ長老, なくダイヤ, なくハマカンゾウ, なくハリントン, なくピン, なくマドレーヌ氏, なくマルクス主義的社会科学, なくリュウノヒゲ, なくレヴェズ, なくヴェリチャーニノフ, なく一人, なく一個, なく一変, なく一種, なく上手, なく下層階級, なく下手人, なく不恰好, なく不肖, なく並存, なく主として, なく主として正に, なく事実産物, なく人口原理, なく人口稀薄, なく人生, なく仁科猛雄, なく今, なく今日我々, なく他, なく他人, なく他所者, なく他殺, なく伯父, なく価値, なく信仰, なく個人的慈善, なく借地人, なく僕, なく僧, なく元, なく充分学界, なく全, なく全体, なく全然, なく八葉堂, なく共, なく出来よう, なく出来る, なく切, なく十分大切, なく南子, なく南室, なく単に, なく卯木, なく友軍, なく同一, なく君, なく吝嗇家, なく唯今, なく商工業, なく啻に粗, なく地, なく地図, なく多数, なく大いに, なく女, なく好, なく好ましからぬ, なく姙娠, なく安楽至極, なく実体, なく宿屋, なく密接, なく寛永二年, なく審理委員会, なく小浜信造, なく島国, なく年死亡, なく延長, なく強硬, なく当てはめる, なく当時, なく彼以後, なく彼女, なく往昔, なく後, なく徐々に, なく従来それ, なく悪意, なく愛, なく愛育, なく我々, なく或, なく持っ, なく支那, なく政党的, なく政府, なく政治, なく教会, なく料理屋, なく新, なく新しいかつ, なく新しい一つ, なく新しく生れ, なく新来者, なく明治, なく映ったもの, なく普遍的供給過剰, なく暴力行為, なく曙, なく更, なく最大, なく有利, なく有力, なく木偶, なく未知, なく机上, なく枝先きが, なく栖方, なく桜桃, なく極度, なく歎願, なく正しい, なく正しいであろう, なく此附近, なく武士, なく死にかけ, なく死ぬ, なく母, なく水夫ら, なく水禽, なく決定論, なく深山, なく漏斗, なく火, なく無罪宣告, なく煙道, なく父祖伝来, なく牧畜, なく物理学的, なく狩猟, なく猛烈, なく猿, なく理性, なく生物学的基礎, なく由蔵, なく甲府, なく男, なく盗人, なく監禁, なく真理, なく矛盾, なく確立, なく神, なく禁制, なく私一生涯, なく秋山男爵, なく移民, なく穀物, なく第, なく第一人者, なく筑波, なく箱, なく箱根山, なく精神, なく精神病者, なく肝臓炎, なく能, なく自分, なく自然的正義, なく船長, なく若干, なく英国穀物, なく英蘭, なく著しい増加, なく蜜蝋そのもの, なく西, なく親方, なく親鸞, なく詐欺師, なく誤って, なく誤り, なく誰か, なく諸君, なく警官, なく貝, なく負号, なく貧民, なく貨物, なく起るかも, なく身体, なく軒端スズメ, なく輸入, なく農会, なく農業, なく農業者, なく近代小説, なく週期的, なく週期的窮乏, なく過去, なく適合, なく郵便物, なく鈴木君, なく間違い, なく陰士, なく青酸中毒, なく非常, なく音訳字, なく頬紅, なく食物価格, なく高橋伊勢守, なく黒点上, なしに, なにも, なんの, はさまれて, はさみ得ないこと, はっきり解け, はれ誰, まず晴れた, むりではない, もう晴れました, もっともと, もっともな, ヒメが, 一分伸び, 一応は, 一掃し, 不安も, 事にこそ, 亦再び芽, 何う, 何にも, 何の, 充分にかけて, 出て, 危惧も, 反対に, 受けずに, 多分に, 存し, 存りません, 容易に, 恐れも, 恨みも, 悉く無実, 感じられたが, 成立しない, 抱かずに, 抱かず最後, 抱かぬよう, 抱かれないで, 抱こうとしても, 拭われて, 持たずに, 持たない新しい, 持たなかった, 挟まずありのまま, 挟みませんが, 挟みよう, 掛らなかったの, 晴れた, 梶には, 残らなかったであろう, 湧き出して, 湧き起った, 無い, 無い普通, 無くお, 無くなったと, 無く他, 無く作者, 無く昇, 無用である, 生じて, 発見され, 確かに, 置かない, 羞恥も, 自分の, 見のがしては, 解けお雪ちゃん, 解けその, 解けたはず, 解けた容子, 解けて, 解け差し支えなかったが, 解け従って, 起こること, 起こるの, 起った, 起ったからね, 起ったが, 起らない時, 起り難破船, 遺らぬ訳, 食い違いも

▼ 疑い~ (407, 12.5%)

22 ない 15 かかって 9 ある 8 起って 5 晴れて, 起こる 4 あるから, あると, あるという, かかるよう, 残って, 湧いて, 起こった, 起る 3 あった, ないでも, ないと, ないの, ないらしい, 彼の, 濃くなる, 生じて, 起った

2 [21件] あったが, あって, ありません, あり得よう, あれば, かかる訳, ないであろう, ないよう, なかった, まだ容易, 出て, 彼女の, 晴れたから, 晴れたじゃ, 晴れたの, 晴れたわけ, 濃厚で, 濃厚と, 濃厚に, 無い, 解けて

1 [242件] あったからの, あったため, あつた, あなたに, ありましたし, あり得ない, あり御, あり目下, あり絶望, あるいは学校, あるくらい, あるであろう, あるとか, あるとて, あるとやら, あるならば, あるの, あるので, あるのみならずたとえ, あるばかり, あるまい, あるらしい, あるわけ, ある以上, ある所, ある様子, あろう, いよいよ深く, いよいよ濃厚, いよいよ色濃く, おれに, お晴れ, かかった, かかったという, かかったの, かかったよう, かかったら大変, かかった時, かかってじゃ, かからないよう, かかりそう, かかりましてはと, かかる, かかるかも, かかるから, かかること, かかるだろうと, かかるであろう, かかると, かかるという, かかるどころ, かかるの, かかるはず, かかるん, かかるんで, かかれば, からみつく, きびしい監視, ございまして, ございませんそう, ござる, すっかり晴れる, せきたてたの, その一つ, その一座, その二つ, そんな風, だんだん嵩じ, だんだん明らか, だんだん萌し, とけたという, とけなかった, どうしてかけられよう, ないから, ないが, ないどころ, ないので, ないらしく思われます, なくしかも, なくて, なくなったら哲学, はなはだ怪しい, はれたからには, はれたよう, はれたら命, はれた訳, はれて, はれると, はれんの, ふと宇治, ふと彼, ほぐれて, まさにあたっ, ますます深く, まずお, また平次, また曇ります, また逆戻り, まったくの, まったくほんとう, ようやく晴れた, わいたと, わたしの, チラリと, 一つ残っ, 一分伸れ, 一寸でも, 一寸と, 事実だった, 二人の, 付きまとって, 付随し, 伏在します, 何かしら容易ならぬ, 俺の, 僕の, 全く晴れた, 初めて解けた, 前のより, 劇しくなった, 十分であっ, 千枝太郎の, 又もや彼, 叔父の, 可成濃厚, 可能に, 吉五郎の, 味方の, 咽喉まで, 外の, 大きくなっ, 始まったこと, 始終付き纏っ, 始終私, 始終靄, 娘の, 嫌いだ, 平次を, 強かった, 当って, 当るかも, 当れば, 当然起るべき, 彼に, 微塵に, 心に, 心の, 恐ろしい, 成り立ちやすい, 掛かった, 掛っては, 掛つたから, 掛りは, 掛るの, 明るみに, 晴れず討手, 晴れその, 晴れたこと, 晴れたと, 晴れたならそれで, 晴れたのみ, 晴れっこ, 晴れました, 晴れませぬ, 晴れるし, 晴れると, 晴れるどころか, 更に深く, 最早それ, 有ても, 杞憂であった, 松谷秀子に, 此等囂々たる, 残らず晴れる, 浅い, 浮んだかも, 深くなっ, 深くなりました, 深くなります, 深くなる, 湧かなくも, 湧き上って, 無いでも, 無実であった, 生じた, 生ずるの, 生まれて, 疑いである, 直ぐに, 真実でなけれ, 確かめられたよう, 秀子へ, 私に, 私の, 絶えること, 腸の, 芽ぐみます, 芽を, 菅原にも, 菖助の, 落ちるの, 蔓って, 融けたらしい, 親方にも, 解けきれないという, 解けたわけ, 解けない, 解けないで, 解けないねえ, 解けなかった, 解けると, 解せないと共に, 話を, 諸人の, 起きて, 起こし得られる, 起こったから, 起こったにも, 起こったん, 起こって, 起こるくらい, 起こるくらいは, 起こるの, 起ったので, 起ったもの, 起ったよう, 起ったら眼, 起らないでも, 起りました, 起りましょうが, 起りましょうけれども, 起りますし, 起るか, 起るくらい, 起るでは, 起るの, 起る第, 閃いた, 閃いたもの, 頭の, 馬鹿げて, 黒雲の

▼ 疑い~ (269, 8.2%)

16 ない 7 あり得ない 6 いよいよ深く 5 ないが 4 晴れたが 3 ありません, ごもっとも, ないの, 人間に 2 あったが, ありませんが, ご無用, ないよう, 一番先に, 十分に, 御尤も, 晴れるわけ, 消えて, 直ぐに

1 [199件] あっても, あなたの, ありませんジーナ, あり得ないが, あり得ないの, ある, あるいは現代, あるまい, いっさいなくなる, いつでも, いつまでも, いよいよ募っ, いよいよ深められた, いよいよ濃く, いよいよ薄く, お六, お前に, お夏, お島, お晴らし, お晴れ, かかって, かからぬもの, かからぬ筈, かかるが, かけられそう, かの花環, けし飛んで, こういう筋道, この事件, こんな時, したが, しないだろうか, しないだろうねえ, しないよ, しなかった, しまいか, しません, しませんが, しませんでした, すぐにかゝる, すぐ解けた, すっかり晴れました, すでに第, すべての, せぬ, せぬが, その猫, それでもなかなか, それで大体, ただ自分, ちゃんともっ, つのり求めつつ, つまりあの, とくにいま, とけた, とけるでござろう, とけると, どうしても疑い, どこまでも, ないから, ないとしても, なかろうから, なく気候, はれません, はれるよ, ほんの一瞬, まさしくそこ, ますます大きく, ますます深く, ますます深まる, まずかの, まず措い, まず措かれ, まず眇目, またもや当主由兵衛, まだ解けない, まだ解けなかった, まったくべつ, まったく確実, みな解けた, みんな私へ, もう一歩前, もたなかった, もっともじゃ, やめよう, わしの, ジョヴァンニの, ロイスの, 一応もっ, 一応誰, 一掃した, 一日増しに, 一時限りどこかへ, 事実と, 二つの, 人に, 今まで, 佐野屋と, 何の, 依然として動かず, 先ず第, 内々すてる, 初江と, 助け出された, 却て, 君江にとっては, 君江の, 問いただしたいと, 問題の, 多少安心, 大いに弱く, 失われたもの, 妙に, 子供の, 実に粉々, 容易に, 寸分も, 小歌の, 少しも, 少なかった, 尤もです, 平次の, 当然お, 当然誰, 彼が, 彼の, 持たないで, 持たぬ, 挟まなかった, 掛らないでしょうか, 支那インドそれから, 明らかに, 時としては, 晴せる, 晴らされたが, 晴れそう, 晴れた, 晴れたそう, 晴れたぞ, 晴れたであろう, 晴れたと, 晴れなかった, 晴れましたが, 晴れる, 晴れるの, 晴れる筈, 晴れ七十八人, 晴れ申した, 有ません, 有り得ない, 朝吉親分の, 次第に解け, 正確だった, 残されて, 氷解した, 決して今日, 津田にとって, 消えた, 深い, 深まって, 深まるばかり, 漸次に, 濃く二人, 無いけれど, 無いこと, 無いであろう, 無いの, 無い事, 無理も, 煙に, 疑いでなくなっ, 疑いながら, 疑いに, 真っ直ぐに, 真一文字に, 真実と, 眼の, 知の, 確定的に, 確実よりも, 秀子の, 空中に, 給仕の, 絶えず私, 自分で, 自然と, 解かなかった, 解けずに, 解けた, 解けても, 誰が, 護謨毬の, 起さぬに, 近代人の, 過去の, 雇い大工, 霽れない, 非常に

▼ 疑い~ (266, 8.1%)

14 眼を 12 余地が 9 ないこと, 余地は, 目を 8 ない事実 6 ないところ 4 かかるの, 余地も, 外に, 心が, 眼で, 種に 3 ために, ない事, 影が, 種と

2 [23件] あること, ある者, かかるよう, ないもの, ない所, もとに, 世界に, 中に, 余地なんか, 余地の, 心も, 心を, 掛かる様, 方から, 眼が, 眼に, 眼を以て, 種を, 色が, 色を, 解けない点, 雲が, 雲を

1 [117件] ありそう, あるの, あるもの, ある旧, ある火山名, かかったこと, かかったの, かかるあかつき, かかる怖, かかる本, けぶりさえ, ことばで, ごときは, ご様子, すっかり晴れた, ないという, ない事柄, ない倉, ない処, ない堅い決心, ない多門, ない往生, ない空間, ない表情, ない証拠, ない話, ない請合薬, なかに, ほのかに, ように, わくが, 一つ一つを, 一点に, 一点より, 一面たるに, 上に, 何らあり得ない, 余り案じ, 余地ある, 余地さえ, 余地なく, 余地などが, 余地を, 元に, 半ばは, 原因は, 原因を, 圏外へ, 塊り, 外へ, 多い女, 学である, 対象と, 当り外れが, 心, 念が, 念さえ, 念を, 怯みを, 手がかりと, 掛かって, 掛かるよう, 掛らぬ為, 掛るならん, 掛るの, 掛るを, 掛ッた, 方が, 方向に, 時それらを, 晴れた上, 晴れないの, 未だ解けぬ, 根拠の, 気持は, 深まって, 濃厚な, 為自ら招いた, 無いこと, 無いところ, 無い事実, 無い以上, 煙りの, 片影が, 片鱗さえも, 理由は, 理由を, 生ずるの, 目が, 目で, 目も, 目冷たい, 目誹り, 眼の, 眼付きで, 眼光を, 矢を, 種でした, 種は, 端緒を, 第一, 箇条を, 結果は, 胸に, 解けぬ様, 解けるよう, 起こること, 起しようが, 起らない範囲内, 足取り遅く, 路に, 身振りを, 通りと, 重圧に, 鎮まりし如く, 雲は, 餘地が

▼ 疑い~ (71, 2.2%)

8 なるの 5 なって 2 悩まされて

1 [56件] あるゆえ, かかわりますれば, くるまれて, ござりますなら, ざわざわ囁き合っ, すぎなかったこと, すぎぬが, つつまれて, とじこめられつつ, とらわれた, とらわれるくらい, なやむ間, ならないよう, ならなくとも, なりそれから, なりましょうが, なりませんでしたか, なり少しく, なり遂に, なるでしょう, なるで御座いましょう, なるところ, なるなら伊藤喜兵衛殿, なるなら証拠, なるほど, なるん, なれば, ぶつかった, みたされて, よけい自信, 一日一杯生きた, 五分の打消し, 何をか, 停まって, 全く理由, 凝り固まって, 囚われて, 囲まれようとも, 心迷い顔見合せ, 気付いて, 満ちた調子, 満ち相, 直面る, 答える関, 苦しむ必要, 苦笑を, 茫っと, 落ちこんで, 落ちて, 触れた, 負けては, 輪を, 逢着しなけれ, 過ぎないの, 過ぎ信, 関したこと

▼ 疑いない~ (48, 1.5%)

3 ように, らしい 2 であろう, とか大, と思う, のです, ようである

1 [32件] あまり神経, からであります, がその, が十中, が卿ら, が私, けれどでも, ことじゃ, ことであっ, ことである, ことと, ことを, これは, し兎, その二人, です, ところじゃ, と断, と致しまし, と陵, にした, のだ, のであります, ものに, 事で, 事である, 事であろう, 事実である, 事実と, 以上或いは, 気がかりらしく, 証拠として

▼ 疑いながら~ (40, 1.2%)

1 [40件] あの叔母さん, あまりにも, お言い, しかし無条件, しばらくは, じっと女, じッ, そうは, その家, その脂肪, それでも少し, たかの, ただちに披封, ともかくも, どうも娘, まえへ, まったくその, みな後から, むしろ好奇, やっぱり俺, 併し, 右門は, 土地の, 姉は, 左右なく, 幻想を, 広縁へ, 弾かれたよう, 彼の, 待って, 承わっ, 曲り込むと, 発表した, 知らして, 自問し, 見て, 諸将, 跫音を, 進むうち, 音の

▼ 疑いなく~ (39, 1.2%)

2 私は

1 [37件] お乗り, かの佐比神, ここに, この男, これからの, さてタイラー, しかも争い, して, そしてそれ, そのよう, その彼女たち, それを, ただその, 一つの, 一挙に, 予想できる, 僕の, 前者は, 墳墓の, 奉行の, 富貴栄達も, 察せられるの, 尿毒性で, 尿毒性と, 彼女は, 昨年十月以来まる, 是が, 時刻も, 犯人によって, 現実である, 確かな, 稲積の, 臆病者だ, 虎の, 見出し得た事, 解って, 退窟

▼ 疑いなし~ (38, 1.2%)

3 じゃ 2 といえ

1 [33件] その方角, だと, だよ, だわ, だ一等賞, でさあ, でざんすな, です, ですから, と, ということ, というもの, としてもそれ, として仲買人たち, とのこと, とむやみ, と思い, と思いました, と思った, と教えた, と様子, と毛谷主水, と聞く, と言うた, と診断, の話, もし第, わが邦, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏, 梵名マカラ内典に, 此方より, 毛頭違い, 産する

▼ 疑い~ (25, 0.8%)

2 打消しとが

1 [23件] するところ, たまらない好奇心, みえますな, みえる, みえるな, イ者は, 一時の, 不安を, 半ば信じたくない, 同じに, 同時に絶え, 喜びとがごっちゃになってきだした, 怖れ, 悩みとを, 悪逆の, 憎しみで, 憤慨の, 日本文化中央連盟の, 畏れを, 苦しみを, 親しみとを, 言うべからず, 軽侮の

▼ 疑いさえ~ (21, 0.6%)

1 [21件] お持ち, かけられなかったの, さしは, した, したの, しないの, する, ときどき私, 受けた可哀相, 強く起っ, 抱いた, 晴れましたら貴, 生じます, 蒙った, 被りとんでも, 解けるならいい, 解けるなら宜, 解ければ, 起さなければ, 起って, 起り得ない筈

▼ 疑い~ (20, 0.6%)

1 [20件] いっぱいだった, ござります, 一度釈放, 両国の, 口中の, 実は本当, 害されたかも, 引かれたの, 引かれ運, 弾圧を, 拘引され, 昨夜の, 検挙した, 立ち往生した, 精神カンテイも, 縛られそう, 縛られて, 追放された, 霧島病院に, 高田城下へ

▼ 疑いから~ (15, 0.5%)

2 であった

1 [13件] こんな騒動, そんな顔, だったが, でも, 免れて, 免れること, 割り出されるの, 攘夷派の, 救うため, 時々私, 疑いへ, 確信へ, 警視庁の

▼ 疑いなき~ (14, 0.4%)

2 をえない

1 [12件] あたわず, がごとし, ことなる, ところである, なり, にあらず, ものである, ものと, ものの, もまた, 事実で, 清少納言の

▼ 疑いつつ~ (12, 0.4%)

2 敢て 1 あるの, ある処, カスレた, 一応試, 何もかも忘れ, 弥陀を, 恐々であった, 舌を, 行くに, 顔を

▼ 疑いよう~ (12, 0.4%)

3 がない 2 もありません, もない 1 がありませんでした, のない, はありません, もある, もなくなっ

▼ 疑い~ (10, 0.3%)

1 何事の, 余は, 動物の, 取捨を, 地動を, 地震と, 天下後世に, 教法に, 益々惑えり, 而し

▼ 疑いをも~ (10, 0.3%)

1 いい出さしめず, いだいては, いだかなかった, 容れなかった, 懐かしめないよう, 抱かないのみか, 持って, 挟まず少し, 挾まず誘い出されて, 残さないであろう

▼ 疑いある~ (9, 0.3%)

1 お方あり, ぞ, に依り, を免れず, 女にて, 彼女と, 患者に, 未来を, 者は

▼ 疑いなかっ~ (9, 0.3%)

81 たから

▼ 疑いなら~ (9, 0.3%)

2 家探しを 1 ばあちら, ばお, ばほか, ば人質, ば日暮里, もううち, 御免蒙りたい

▼ 疑いという~ (8, 0.2%)

3 ものは 2 ものを 1 のは, ような, 程度の

▼ 疑いでも~ (7, 0.2%)

1 あって, かかってはと, かけて, するよう, 受けますよう, 掛りましたか, 消して

▼ 疑い~ (7, 0.2%)

1 僻を, 妬みに, 妬みの, 憎しみを, 憧憬などを, 時として嘲笑, 誤解の

▼ 疑い~ (6, 0.2%)

2 さそうである 1 のでしょう, んだ, んだって, んです

▼ 疑いそれ~ (5, 0.2%)

1 ならば, に安住, はとつおいつ, を恐れ, を立証

▼ 疑い~ (5, 0.2%)

1 がこれ, が太鼓, とか信仰, と思い, 又思う

▼ 疑いとして~ (5, 0.2%)

1 出されて, 残った, 消すこと, 煮え立つこと, 語られつつ

▼ 疑い初め~ (5, 0.2%)

21 たの, たる者, た時代

▼ 疑いだけは~ (4, 0.1%)

1 受けずに, 持ち得ましたが, 解けない, 長年育っ

▼ 疑いながらも~ (4, 0.1%)

1 その怪しみ, その根本, その話, 庖丁した

▼ 疑いなど~ (4, 0.1%)

1 おのずから釈然, する者, どうでも, もちましょうか

▼ 疑いには~ (4, 0.1%)

1 なりませぬ, 十分の, 若干の, 賛成せぬ

▼ 疑いまた~ (4, 0.1%)

1 信じた, 巧みに, 明日は, 自分自身が

▼ 疑い半ば~ (4, 0.1%)

1 は宿命, は愕, 信じ今宵, 怪しみつつも

▼ 疑いあり~ (3, 0.1%)

1 として未亡人, として発掘, 手は

▼ 疑いその~ (3, 0.1%)

1 小ささ, 日二勇者に, 疑いを

▼ 疑いである~ (3, 0.1%)

1 からである, ことに, ことを

▼ 疑いでは~ (3, 0.1%)

1 なかった, なくて, 有りませんか

▼ 疑いなさる~ (3, 0.1%)

1 ような, ように, んなら申しましょう

▼ 疑いなどは~ (3, 0.1%)

1 して, 毛頭なくたんなる, 煙の

▼ 疑いなんか~ (3, 0.1%)

1 もたないん, 受けちゃ, 生まれる余地

▼ 疑い且つ~ (3, 0.1%)

1 想像を, 憂いつつ, 自ら警め備えた

▼ 疑い合う~ (3, 0.1%)

1 のさ, のも, 兄妹

▼ 疑い得ぬ~ (3, 0.1%)

1 ところであろう, もので, 根拠では

▼ 疑い悩ん~ (3, 0.1%)

1 でいる, でその, で行かね

▼ 疑いあそばすなら~ (2, 0.1%)

1 わたくしを, 論より

▼ 疑いあるいは~ (2, 0.1%)

1 その道すがら, 知りつつ

▼ 疑いかつ~ (2, 0.1%)

1 信じた, 嘲り笑うでしょう

▼ 疑いさえも~ (2, 0.1%)

1 しないらしかった, しなかった

▼ 疑い~ (2, 0.1%)

1 てなぞいません, て申し訳

▼ 疑いした~ (2, 0.1%)

1 ことは, わけじゃ

▼ 疑いすらも~ (2, 0.1%)

1 かけるべき余地, 気には

▼ 疑いする~ (2, 0.1%)

1 わけで, 訳で

▼ 疑いそのもの~ (2, 0.1%)

1 があと, となっ

▼ 疑いつつも~ (2, 0.1%)

1 ともかくも, 遂に哲学

▼ 疑いです~ (2, 0.1%)

1 か, な

▼ 疑いなかろ~ (2, 0.1%)

2 うと

▼ 疑いなさっ~ (2, 0.1%)

1 ている, てもしかた

▼ 疑いなぞは~ (2, 0.1%)

1 もちろん見当らぬ, 薄紙を

▼ 疑いに対しては~ (2, 0.1%)

1 今まで, 従来の

▼ 疑い~ (2, 0.1%)

1 答えるとも, 苦みから

▼ 疑いまたは~ (2, 0.1%)

1 確信から, 確信を

▼ 疑い~ (2, 0.1%)

1 をか猶予, を以て俄

▼ 疑い出せ~ (2, 0.1%)

1 ば何, ば際限

▼ 疑い十分~ (2, 0.1%)

1 では, なること

▼ 疑い~ (2, 0.1%)

1 いけれど, くなるだろうよ

▼ 疑い~ (2, 0.1%)

1 れて, れるもの

▼ 疑い怪しむ~ (2, 0.1%)

1 ことが, ところであります

▼ 疑い無い~ (2, 0.1%)

1 が流石, 右衛門に

▼ 疑い理解~ (2, 0.1%)

1 し欲するもの, し肯定

▼ 疑い迷っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 疑い通し~ (2, 0.1%)

1 に疑っ, 悩み通した

▼ 疑い遊ばす~ (2, 0.1%)

1 か, のも

▼ 疑い難い~ (2, 0.1%)

1 事である, 事実でございます

▼1* [182件]

疑いあう様な, 疑いあそばしてな, 疑いあやぶむ愚にも, 疑いあらず憲法編纂の, 疑いあらんかと思い出した, 疑いありません四月以降相当でした, 疑いあるべからず世の, 疑いいずれともにさらに研究を, 疑いいたさねばなりますまい, 疑い情ない仰せ, 疑いおのれの眼, 疑いおるのか, 疑いかえって高価の, 疑いかかるは理, 疑いかけている, 疑いからは除外されます, 疑いがかかつた, 疑いがかりそめにもしのびこん, 疑いががあせんが, 疑いこの企画に, 疑いこの世の営み, 疑いこれを栗本丹洲, 疑いこれからはもうこんな, 疑いごとを思案, 疑いざぶざぶ海にはいっ, 疑いしかしいくらかの, 疑いせぬ清い心, 疑いそうでないこと, 疑いそのままになっ, 疑いかあ, 疑いただ子煩悩と, 疑いたり素より室, 疑いだけが何の, 疑いだけのことな, 疑いつい訊き返すと, 疑いつかれていた, 疑いであり希望でも, 疑いでございましょうが実は, 疑いでなくなってゆき, 疑いとでもいうよう, 疑いとに悩まされて, 疑いとの間の, 疑いとは同一の, 疑いとりわけ腐敗の, 疑いとをもち得る心, 疑いどおりに自分, 疑いなく幼い狼だ, 疑いなければ左, 疑いなさらぬ以上は, 疑いなされますか, 疑いなされ信じようとはなさいませんでした, 疑いなさんな, 疑いなどに顛倒し, 疑いなどを受けては, 疑いなら見ている, 疑いにすらとらわれて, 疑いにも一応の, 疑いによって始まり研究, 疑いによるのであった, 疑いに対して矯慎を, 疑いに対するはっきりした, 疑いのみしきりに起っ, 疑いのみから不用意に, 疑いはや還幸を, 疑いばかりでは, 疑いひとり自ら嘆息し, 疑いほとんどわれを, 疑いまでかけて, 疑いまどっていた, 疑いむしろ思い過して, 疑いようやく詰問し, 疑いよりも神としての, 疑いわれを蔑み, 疑いをさえ抱くの, 疑いをばこ, 疑いモンマルトルの寄席, 疑いルビーと云え, 疑い三軍の心, 疑い世間に対して喋々, 疑い主君の宗族, 疑い久能が手紙, 疑いを蹤跡, 疑い乍らも十度, 疑い事件のなりゆき, 疑いれが, 疑い他人を信, 疑い何故政府に, 疑い信じて今, 疑い先方にし, 疑い八分の問いかえし方, 疑い共に防ぐ味方, 疑い兵力を示し, 疑いでも変, 疑い再び林中に, 疑いめしに, 疑い初めたる者と知らる, 疑い初めて果たしておれに, 疑い卑怯な片手落ち, 疑い受けてそのまま, 疑い同船の人々, 疑い否定する努力, 疑い多分これが, 疑い夜分寝室で頭, 疑い奉るにもひとしい, 疑い嫉妬の様, 疑いは親, 疑い容易に条約改正, 疑い対症療法を施し, 疑いも危ぶみ, 疑いも疑う, 疑い師匠は確か, 疑い弟どもを疑い, 疑い強く建設し, 疑い彼らの内心, 疑いは覚り, 疑い得らるる原因, 疑いもわいた, 疑い思うところを, 疑い思わず生徒の, 疑い怪しまぬ者は, 疑い怪しみながら帰っ, 疑いける心, 疑い恐れながらもう, 疑い悩みまた悦び, 疑い悲しさの, 疑い悶え省み恥じそして考えこむ, 疑い惑いさあらん, 疑い惑う人々を, 疑い惑っている, 疑い惑ったであろうそして其真実, 疑いれぬよう, 疑い明智を始め警察, 疑い易い野良猫じみた, 疑い時には, 疑い晴らすがよい, 疑い晴れたいざお, 疑い朝夕安き心, 疑いもなき, 疑い根拠のない, 疑い楽隊はためらい, 疑い次に研究によって, 疑い次郎が苦心, 疑い正成の師事, 疑い深いのも, 疑い深くて人, 疑い濃くなって, 疑い濃厚な者, 疑いが見える, 疑い無かった, 疑い無しだ, 疑い申さねばなりますまい, 疑い申しあげる仕儀に, 疑い申した罪は, 疑い申し上げる訳で, 疑い申す訳で, 疑い町奉行の大岡越前奴, 疑いまずには, 疑い痛く怒りて, 疑いを考, 疑い目下犯人厳探中の由, 疑い直ちに中軍の, 疑いに軽侮, 疑い確実だったので, 疑い私自身でさえあるいは, 疑い精進を欠く, 疑い終に目科の, 疑い義龍を呪い, 疑い肯定し否定, 疑い能わざる人々が, 疑い自ら惑った, 疑い若しや探偵, 疑い葡萄酒や麦酒, 疑い訝る者引留める, 疑い身ひとつの去就, 疑い迷い苦しんでいる, 疑い退くを見る, 疑い運命を賭け, 疑い郎党は主, 疑い郵便配達夫をさえ疑う, 疑い関係者間に漸次, 疑い靴屋の仕事, 疑いのない