青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「牧師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~
牧師~
~物 物~ 物理~ 物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音 物音~

「牧師~」 1011, 10ppm, 10276位

▼ 牧師~ (213, 21.1%)

7 家に 5 家の 4 説教を 3 お説教, やうな, ように

2 [11件] やうに, 二度と来ぬ, 前に, 友人である, 夫人は, 妻が, 娘でございます, 娘のみに, 役を, 所へ, 細君と

1 [166件] おはなし, お嬢さんが, ささやきに, である, ものに, ようであった, ようであり, ような, よくする, ウィルソンは, ウエブスターさんの, ウォルター氏が, クラーク氏等が, ジェイムス・, ネッソンが, ハンプ君が, ハンプ君という, パーカーさんが, フイリツプス・ブルツクスと, ホイットミイ氏に, ラックランさまに, 一人娘を, 一般的意見である, 一言一句は, 三男として, 三角関係は, 下に, 不機嫌な, 中でも, 予審廷以来の, 二人を, 云ふ, 仕事の, 任に, 住む家, 何時もと, 僕が, 光り輝く顔, 冗談は, 前と, 勇を, 勇気という, 勇気は, 卵の, 受け持ち区も, 受取った手紙, 同情と, 同意なく, 名前を, 唇の, 善意も, 夫人たちが, 夫人で, 奥さんと, 女房が, 女房に, 妻とでも, 妻は, 妻君などとは, 姿と, 姿を, 娘で, 娘である, 娘と, 娘を, 子と, 子息が, 子息は, 宅に, 家へ, 家庭を, 容赦は, 宿所を, 寄越した手紙, 小さな娘, 師匠に, 平穏な, 役目である, 心よりも, 心臟を, 息子にとって, 情ある, 意氣も, 意識から, 態度が, 戸は, 所得, 手から, 手で, 手に, 扮装で, 抽斗には, 指輪を, 推測であった, 数によって, 方から, 方には, 方へ, 方を, 書いたもの, 最も叮嚀さ, 最後の, 有名な, 有名なる, 服に, 本性紛れも, 死体を, 犬で, 生命を, 生活費は, 異状な, 監督の, 目には, 着物を, 祈りと, 祈祷は, 祈祷説教が, 神野霜兵衛さんだ, 第一, 細君など, 紹介で, 經營です, 署名の, 考へでは, 職を, 職務上の, 胃の腑に, 背後に, 舌上に, 苦痛は, 華奢な, 血統や, 衣の, 言葉に, 言葉を, 訊問は, 許までは, 証言が, 証言は, 証言重々しく, 話, 話が, 説教, 説教が, 説教でも, 説教などについて, 説教席ある, 調停により, 資格が, 身であり, 身として, 身に, 身体は, 身辺を, 迷惑そうな, 道理ある, 金を, 長く住ん, 静かな, 面皮は, 頭には, 顔, 顔が, 顔には, 顔は, 顔を

▼ 牧師~ (204, 20.2%)

4 支倉の, 答えた, 自分の 2 この少, その当時蔵書家, それを, 云うた, 声を, 彼の, 心から微笑まぬ, 書棚から, 誠実に

1 [174件] あの夜, あれど, いつしか目, いつに, いつもあきらめ, いつも判り切つた, いつも言つて, うなずきながら, かう言ひつ, かたくくちびる, きっと唇, きっと支倉, きっぱり云った, ぎくりとし, こう云っ, こんな事, すぐに, すっかり厳粛さ, そうでない, そこらを, そっとのぞきこんだ, そのま, その木, たいへん丁寧, たちどまった, たまたま彼自身考古学者, はじかれたよう, ひそめた眉, ひどく慴, ふと今朝, ほんとに死んだ, またそろそろ, やおら口, やをら身を, ゴクンと, サン・スュルピス会堂の, スティヴンを, フライ鍋の, フランス人だつた, ルアンの, 一ヶ月十ドルである, 一人で, 一歩前に, 一種の, 丁寧に, 丁重な, 三浦さんに, 乗客の, 乞食などに, 予審廷に, 事件から, 他の, 他殺にて, 会員に, 何も, 何より好き, 何故支倉, 例の, 信者に, 信者達の, 俯し, 僅に, 先刻の, 先刻まで, 冷かに, 判りきつ, 努めて, 即座に, 又或, 口をへの, 叱るやう, 右の, 周章しく, 回想し, 壮麗なる, 大また, 大尉の, 夫人の, 女の, 女房の, 妻アビゲイルと, 宥めるよう, 宦官であった, 寛衣を, 少しきまり, 少し椅子, 尖った声, 居住いを, 弁護士を, 弱ってるよう, 強き性格, 彼に, 御免を, 恐る, 息をも, 悲しみを, 愈, 意味も, 慌てて, 憐憫の, 扉を, 手紙の, 支倉が, 支倉告白の, 救われよと, 教壇の, 既に諸君, 旧幕臣, 暑さ, 暫く名刺, 暫く考え, 机の, 梅子の, 棒立ちに, 檀家中の, 武器を, 死ぬる時, 気の毒であった, 気の毒に, 気持よ, 火かき棒を, 独り思案の, 玉川の, 白い法衣, 百ヤードばかりは, 皆法王の, 皮肉な, 眉間へ, 真面目に, 石子に, 祈祷を, 科學の, 稍鋭く, 穏やかに, 立ちどまつて, 立上って, 端然と書斎, 續け, 聖壇の, 聖書にも, 聖書の, 胸をを, 腰掛の, 臆する色, 自分と, 自殺で, 興奮し, 芝白金教会を, 英語読みに, 落つき払つて, 袋か, 覗き込む, 言った, 話した, 誤りを, 説教上において, 謙遜した, 貞が, 貧しき人々, 起き出して, 身を, 軍役に, 軽い懶さ, 通常埋葬数, 遮つた, 遮切った, 非現代的, 頻りに額, 額に, 額の, 額押へて, 顏を, 飽くまで真面目, 鳥渡驚いた

▼ 牧師~ (80, 7.9%)

2 説教の

1 [78件] あすこで, ある日彼, ある日通り, いたもの, おもむろに腰, おりそれ, おり土地, きたの, ぐるに, すつかり, すわって, だいじに, まだ返事, みずからやって来た, やって来た, アメリカ精神としての, キリスト教普及の, メソポタミヤから, 一人それから, 一人で, 一人も, 人を, 仲介に, 休暇帰国し, 住んで, 來られた, 來られました, 保護者の, 俳優であったら, 偶然ここに, 光来しつ, 入口まで, 冠婚葬祭の, 出て, 前掲の, 受け持ちの, 叫ぶ, 台所にと, 呪いの, 城に, 大食家である, 居た故, 巌本君を, 席を, 庄司署長から, 庄司署長を, 彼自身この, 必要に, 怒気の, 支倉の, 来て, 椅子を, 死く, 海水から, 犬に, 男らしい聲, 留守番を, 祈祷を, 私の, 私は, 立ち去るフォーシュルヴァン, 立って, 立上っ, 立会い事済み, 結婚拒絶権を, 署長から, 聲を, 西田哲学と, 見舞いに, 説教した, 説教台の, 警察に, 賛美歌の, 這入って, 通常見積りを, 遠慮さう, 間違ひ, 階段ことことおりた

▼ 牧師~ (67, 6.6%)

5 なって 2 なるため, なる気, 取っては, 当てて

1 [54件] お会わせ下さいます, こう言った, して, しても, なったが, なった者, なつた, なりお, なるの, なる事, なる為, はがきを, ジョン, ジート注がれた, バツクレエ博士といふ, 一年ばかり, 与えた, 仲に, 依って, 其事を, 出会った, 別れを, 及ばないだけ, 同じ一七八五年四月二十七日, 固有な, 天祐を, 宛てた古手紙一束, 宛てた手紙, 宛て巨弾, 宛て送った手紙, 師事を, 当る, 御挨拶, 微笑だ, 恋慕せられ, 恨みの, 打ち明けようと, 招聘された, 来て, 案内され, 殺されたの, 渡した, 相談し, 縋つて紹介, 聞いて, 脅迫状を, 至っては, 訊いた, 讀んで, 貞を, 過ぎないの, 面と, 面会する, 願い出させた

▼ 牧師さん~ (50, 4.9%)

2 がひとり, だから, のお, のお話

1 [42件] から祝福, がい, がお, がねむさうな, が小さな, が神様, が苺, が言った, が輕井澤, くさくなっ, だ子, でさえ, では, というもの, と教会書記, と言う, なんて方, にあげ, にもまた, にれい, に私, に頼んだ, の前, の奥様, の家, の所, の手, の畑, の言葉, はあちら, はいらつ, はそんな, はたいへん, はゐ, は墳墓, は書記, は眉毛, は顔, も来, や執事さん方, らしいじゃ, を除い

▼ 牧師~ (47, 4.6%)

9 して 2 避けるため

1 [36件] ですか, はじめ親戚友人などが, ゆり起こした, よんで, 不安そうに, 偽証罪で, 入れて, 助けて, 動員し, 呼びとめた, 呼んで, 喚問し, 大人の, 尋ねて, 懺悔聴聞者に, 招く余地, 振り向いて, 振り返って, 捜した, 援けて, 方便に, 明知の, 案じて, 睥睨し, 睨みつ, 終りまで, 見か, 見た, 見ること, 訊問した, 訪ねたとき, 訪ねたの, 辞めて, 進退する, 頼んで, 食い物に

▼ 牧師~ (36, 3.6%)

2 なる

1 [34件] いうと, その息子, その法衣, なったころ, なり人, ヴァトレー氏との, 一緒に, 云うの, 云う者, 信じて, 出会った, 医者と, 同様に, 哲学者とは, 壮麗な, 夫人は, 女とは, 少女との, 山師の, 教会には, 書記た, 柚子が, 歌唱の, 申しますの, 知り合, 罵り庄司署長, 老兵士, 見られて, 見込んで, 言われても, 話を, 議論する, 貴族的な, 赤い帽子

▼ 牧師~ (22, 2.2%)

1 [22件] おりた, きっと彼女, この手紙, また夜, ホとばかりに, 亦来る, 亦積極的, 余りの, 和尚も, 多数いる, 大学の, 好んで, 官吏も, 彼の, 愈々笑, 泥棒くらい, 泥棒くらゐ, 浮かない顔, 無政府主義者, 瞠若と, 耐り, 間に合わなかった

▼ 牧師~ (22, 2.2%)

2 から送つた

1 [20件] から土人達, が姿, そして遙, ですか, での老, で人, なの, におしいった, に歸, に気味, に移した, に赴き, のど, の前, の小さな, へ帰, へ歸, へ集まる, を修繕, を出た

▼ 牧師~ (16, 1.6%)

2 を勤め

1 [14件] が, が低廉, としてあの, と云, と思, になつ, にはなります, の俸給, の地位, の白い, の職, の辞令, は僕, を授けられた

▼ 牧師から~ (12, 1.2%)

1 [12件] おくられた一通, はがき一枚も, もらったの, 何の, 完全に, 懺悔の, 支倉の, 洗礼を, 絵端書を, 自分が, 蒐集され, 貰った聖書

▼ 牧師~ (11, 1.1%)

1 [11件] あつた, あられたバチラー博士, お父さんという, グラスの, ゲィツヘッドの, 一個の, 一部の, 彼女の, 王の, 立派な, 自身の

▼ 牧師~ (11, 1.1%)

1 [11件] お客様ばかり, ユダヤ人や, 伝道師たちからの, 伯母の, 修道者には, 僧侶の, 教員の, 県会に, 花屋の, 裁判官や, 警察官に

▼ 牧師さま~ (9, 0.9%)

2 のお 1 ですよ, にこう, のお話, の声, は, はいらっしゃらねえ, はたまりかね

▼ 牧師夫人~ (7, 0.7%)

2 が二度 1 だった, と会食, の所, は十九人, を伴っ

▼ 牧師~ (6, 0.6%)

1 お察し, が夜, どうぞあの, はひとり, は普及運動, をお呼び

▼ 牧師たち~ (5, 0.5%)

1 がい, がいた, の指導, は一度, も彼

▼ 牧師殿~ (5, 0.5%)

1 の切, よ, よこ, よしかし, よ何分宜

▼ 牧師たる~ (4, 0.4%)

1 がごとくであった, ものは, よりはむしろ, 予の

▼ 牧師である~ (4, 0.4%)

1 がこう, われわれは, 尊敬すべき, 自身の

▼ 牧師です~ (4, 0.4%)

2 ね, よ

▼ 牧師という~ (4, 0.4%)

1 のは, ものに, ものは, 名に

▼ 牧師として~ (4, 0.4%)

1 大に, 有名なりし, 来たの, 習慣的に

▼ 牧師~ (4, 0.4%)

1 しからぬ服装, に彼, のよう, の刺戟

▼ 牧師であった~ (3, 0.3%)

1 がその後司教, ために, ユリウス

▼ 牧師であり~ (3, 0.3%)

1 フランス大, 支那の, 水晶の

▼ 牧師といふ~ (3, 0.3%)

1 ものは, 奴は, 恰好な

▼ 牧師どの~ (3, 0.3%)

21 よかうし

▼ 牧師~ (3, 0.3%)

2 んだ 1 のであった

▼ 牧師には~ (3, 0.3%)

1 それが, ならない方, 思えて

▼ 牧師らしい~ (3, 0.3%)

1 ふりを, 事が, 黒い服装

▼ 牧師ある~ (2, 0.2%)

1 ときは, のみである

▼ 牧師~ (2, 0.2%)

1 から貧しい, と云う

▼ 牧師だの~ (2, 0.2%)

1 僧侶だ, 各キリスト教団体

▼ 牧師であったら~ (2, 0.2%)

1 嘘を, 慚死する

▼ 牧師でなく~ (2, 0.2%)

1 ては喜ばれぬ, ては繰り返されぬ

▼ 牧師としての~ (2, 0.2%)

1 あらゆる思想, 良心の

▼ 牧師とは~ (2, 0.2%)

1 いずれも, 居眠りを

▼ 牧師とも~ (2, 0.2%)

1 あるもの, 話が

▼ 牧師なら~ (2, 0.2%)

1 庄司と, 牧師らしく

▼ 牧師にとっては~ (2, 0.2%)

1 はなはだ不遜, 慰藉を

▼ 牧師仲介~ (2, 0.2%)

1 の下, の労

▼ 牧師先生~ (2, 0.2%)

1 に話した, はドウ

▼ 牧師夫妻~ (2, 0.2%)

1 の後援, はついに

▼ 牧師~ (2, 0.2%)

1 が引上げ, の不見識

▼ 牧師~ (2, 0.2%)

1 に就い, に就いた

▼ 牧師自身~ (2, 0.2%)

1 が警察, はそれ

▼ 牧師~ (2, 0.2%)

2 に移る

▼ 牧師補時代ヨオクシヤー~ (2, 0.2%)

2 のハーツヘッド

▼1* [107件]

牧師および哲学者でも, 牧師女中かの, 牧師くらゐ善人, 牧師くらい善人なら, 牧師さんだつたので, 牧師その人な, 牧師たらしむるためにではない, 牧師たりしフェッケンハム, 牧師たるべく決心し, 牧師だけである, 牧師だったらホントの, 牧師だつたこと私の, 牧師であってまた, 牧師であるごとく探偵であった, 牧師であろうとするらしい, 牧師でさえ一日馬市に, 牧師でないゆえ, 牧師ではなかった, 牧師でもなければ, 牧師とかになって, 牧師とが呼ばれた, 牧師としては不似合, 牧師としても彼等の, 牧師とで牧師は, 牧師との家庭教育を, 牧師と共に進んで, 牧師どもの長ったらしい, 牧師なく歌を, 牧師なんかの助けを, 牧師なんて狐だ, 牧師において特に司教, 牧師にとつては, 牧師になつて出, 牧師にまでも仕あげた, 牧師によって洗礼を, 牧師に対しあらゆる罵, 牧師に対して五月二十八日と, 牧師のみが信頼される, 牧師はたふとい方々, 牧師ほど本事件, 牧師ほどの高徳の, 牧師てえな男, 牧師と話, 牧師犬が, 牧師らしく約束した, 牧師アメンダとの二友人, 牧師アーチブルド・デンニストンで一六五五年, 牧師ア私達親子をダシ, 牧師ウィリアムソンは私たち, 牧師エドワアド・リットル先生も永年支那, 牧師エリパズまず口, 牧師エリパズ乙は壮年有能, 牧師コインビャーがふと, 牧師コルネイユとヴァトレー氏, 牧師チャップマン大尉がいた, 牧師一人タルろばと, 牧師ハアヂング博士ならん, 牧師ハインリヒ・ブリンゲルに宛てたる, 牧師フェリシテ・ロベールのこと, 牧師フライ師が独房, 牧師フヰリツプス・ブルツクスが一番有力, 牧師ミウレ氏によって発表, 牧師レバスールさまはそれ, 牧師ヰルキンソンが発見, 牧師上りの會計, 牧師下曾根信守君を葬りました, 牧師不在聖女学院教授平井先生のお話, 牧師以下二十四名の証人, 牧師以下八名の証人, 牧師以外に誰, 牧師会長のジェデオン氏, 牧師伝道師等に無き, 牧師佐藤司法主任庄司署長八田警視総監等に会う, 牧師先生自身なかなか体力敏捷, 牧師其他に訴えた, 牧師出廷せざるにより, 牧師又は家庭教師と, 牧師及妻にも面会, 牧師及彼の妻, 牧師宮川経輝氏のお, 牧師小林兄弟が口, 牧師小林定次郎を初め, 牧師屍光事件は, 牧師巧弁家ピアニスト批評家すべて自分の製作物, 牧師彼等の寡婦, 牧師救済会は衷心, 牧師教師散髮屋, 牧師教師医師なんぞの一切合財, 牧師様いちばん重い罪, 牧師様世の中はまま, 牧師様彼女は私, 牧師様私は彼女, 牧師沖野岩三郎外五名家宅搜索を受け, 牧師泉田精一教誨師前坂和子君所長にも僕, 牧師社会に其名, 牧師神戸玄次郎氏は庭, 牧師福田錠二氏などがその, 牧師福田錠治氏などがその, 牧師科学万能教の宣教師, 牧師管区を取り戻す, 牧師聖者代弁人すなわち聖者, 牧師能力の宗教, 牧師自身多忙をきわめ, 牧師は皆かく, 牧師連中が青い, 牧師を除け, 牧師の人たち