青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「當時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~異に 異に~ ~異常 異常~ ~異様 異様~ ~畳 畳~ ~當 當~
當時~
疊~ ~疑 疑~ ~疑い 疑い~ 疑う~ ~疑問 疑問~ ~疲れ 疲れ~

「當時~」 1996, 22ppm, 5337位

▼ 當時~ (883, 44.2%)

10 記録に 8 ことを, 人に 7 人の 6 事を, 私は 5 事情を, 人は, 日本の, 社會の, 私の 4 人が, 思ひ出, 有名な, 私には 3 交通の, 人間が, 學者は, 彼の, 支那人が, 文化の, 日本人が, 詩の, 説に

2 [64件] ありさま, ことが, ことである, さまの, やうな, わが日本, ヨーロッパ人の, 上流社會が, 上流社會は, 世の, 世界に, 世界の, 世界を, 事實を, 事情から, 事情に, 人々に, 人から, 人には, 人も, 人心を, 僕の, 僧侶の, 光景を, 北京は, 學問が, 宣教師の, 實際の, 幕閣は, 彼に, 心の, 心持が, 心持も, 志ある, 或る, 掟で, 政治に, 政治家の, 新聞に, 日本と, 日本に, 日本は, 有樣, 標準里に, 樣な, 武者修業者の, 歴史の, 水戸家は, 法律家の, 状態を, 状況を, 生活を, 男が, 眞物たる, 神學説に, 私にと, 空氣の, 籠城者の, 自分の, 航海の, 複雜な, 記録にも, 詩壇の, 青年が

1 [642件 抜粋] いきさつをば, いは, いろいろの, うぶな, おちか, お友だち, ことだ, ことで, こととて, ことに, ことばを以て, こと私が, こまかい印象, さだめとして, さまを, すぐれた青年たち, ふじ子な, ま, もので, ものと, ものを, もの可, よりどころ, わたくしの, わたしの, アラビア商人即ち, アラブ人は, ドイツ陸軍全員の, ドツク勞務者の, ネストル教徒の, プーチヤチンの, ポルトガル人の, マホメット教徒の, ユウモア小説の, ヨーロツパ大陸では, リルケにと, リルケ自身の, ローマニアは, 一つの, 一八六四年に, 一大問題で, 一般民衆の, 一般氣風で, 一般認識に, 一部の, 三條村が, 三百兩と, 上帝が, 上海は, 不如意謂はむ, 世人から, 世情から, 世評は, 世間を, 丞相の, 亂世の, 予の, 事が, 事だつた, 事實である, 事實として, 事情と, 五同志の, 五圓は, 五百圓を, 交通, 交通とか, 交通事情と, 京の, 京都を, 京都人が, 人, 人々から, 人々は, 人々皇帝と, 人ピエールの, 人人の, 人材分配の, 人民を, 人達が, 人達の, 仙石家は, 代表的の, 伊達模樣で, 伊那助, 位地を, 低い道徳通念, 佛教が, 作に, 作家によ, 便利な, 俗傳を, 俗語の, 俗語や, 俗説に, 信仰に, 信仰状態の, 修業の, 俳諧師や, 俺にと, 値段は, 傳説に, 傳説若しくは, 僕なくし, 僧侶, 儘で, 元の, 先覺者の, 免官の, 入唐留學は, 全體, 兩江總督の, 公卿か, 公家日記やら, 公私の, 内閣は, 内閣を, 凄じ, 出來事だ, 出雲民族は, 函館の, 分國, 制度では, 制度に, 劍術天狗どもを, 勝利者の, 半兵衞, 南北の, 印刷物が, 印度に, 印度の, 危險思想の, 原則たる, 史學には, 史料として, 史料に, 各部隊, 同人殊に, 同志北村此助も, 名人には, 名優に, 名匠ダイダロスの, 名士阮籍が, 君主も, 含羞んだ, 和蘭通詞らが, 四圍の, 困憊した, 困難を, 國内事情などについては, 國勢に, 國情を, 國民の, 國民普通の, 國色大, 國都長安に, 土器の, 地位なりけり, 地方志を, 地理記載の, 地變に, 境遇に, 境遇を, 墨とを, 外交事情の, 外國知識といふ, 外界の, 夢なりき, 大勢で, 大勢は, 大名の, 大學, 大臣の, 大阪屋からは, 天下の, 天子並に, 天文に, 天文學に, 太史監, 太子は, 太陽は, 夫で, 女らしくときどき, 如き氏族制度時代, 如く人の, 學問といふ, 學問的もしくは, 學問的意識に, 學問藝術に, 學生が, 學界を, 學者が, 學者たちの, 學者たちは, 學者の, 學者を, 完全な, 宗教界には, 官學以外に, 官民は, 宮女皆, 宮廷と, 家は, 宿泊料の, 寒い心, 實况, 實業家には, 實況は, 實状を, 實録, 實際を, 寫本で, 寺院の, 寺院を, 小さい手帖, 少女は, 少年の, 希臘人には, 常識で, 常識では, 常識としては, 幕閣が, 幕閣において, 幕閣には, 平和論者なる, 府會議長たる, 庶民が, 形を, 形勢入, 役人中新らしい, 彼としては, 得意氣な, 御代にては, 御心事, 御苦心, 心ある, 心に, 心にては, 心虚なりし, 心靈研究會の, 必要から, 志士は, 思想の, 思想を, 思想上においては, 情もて, 情意を, 惑を, 感に, 慕は, 慘状を, 慣例として, 我國民生活が, 戲作者が, 所在を, 所謂世界三大, 所謂火炎界に, 攝政睿親王多, 支那に, 支那人の, 支那人は, 支那人及び, 支那人間に, 政府が, 政府反, 政治の, 政治を, 政治上の, 政治家が, 政治家に, 政治家學者の, 政治的場面で, 政策とも, 教に, 教理に, 教界の, 教育は, 散文にも, 數, 文化に, 文壇が, 文壇といふ, 文壇に, 文壇の, 文明一般の, 文部大臣小松原英太郎の, 新佛教, 新橋驛に, 新知識, 新聞記事にも, 方法であります, 日支間の, 日本が, 日本にと, 日本人としては, 日本全, 日本六十六國の, 日本印刷術から, 日本政府の, 日本文明を, 日本畫壇の, 日本論客の, 昌造の, 時事に, 時代と, 普通の, 暦法家が, 書風では, 書風の, 會津の, 月報第, 有數, 朝廷としては, 朝廷における, 東本願寺の, 東洋, 栃木縣令藤川爲親と, 校長の, 概況, 模樣を, 樣に, 横綱格と, 檀那衆は, 歌人は, 歐洲人は, 武士一般の, 武者修業者に, 武藏國立川で, 武鑑を, 歴史が, 民黨より, 氣運は, 江戸に, 江戸警備の, 法王ボニファキウス八世, 法王ボニファキウス八世を, 波斯民族の, 活字は, 流行に, 流行唄を, 流行語として, 流行語なり, 海の, 海外ニユースを, 海陸交通の, 消息を, 混亂せる, 漢人, 漢學は, 漢學者でも, 漢學者に, 漱石は, 激しい鬪爭, 火煙に, 災害が, 無任所公使たる, 無智識, 燒成の, 牧童は, 物の, 物價と, 物識りで, 状態で, 状態では, 状態相應の, 状況は, 王者の, 王達の, 用例に, 男女風習について, 町奉行は, 町家の, 畫僧や, 畫家仲間が, 異本或は, 目撃者また, 目録と, 目録を, 目録學と, 眞志屋五郎兵衞は, 知名の, 知識ある, 知識的青年に, 社會が, 社會に, 社會不安が, 社會的事情に, 社長村山龍平の, 神仙家といふ, 禪讓の, 科學に, 科學者的な, 空氣を, 策學の, 簡策とか, 精神であります, 精神を, 約百分一, 純粹, 紙と, 絶望的國情を, 經學界を, 綱領で, 繪か, 群衆は, 翁の, 耶蘇信徒中の, 聽講者の, 肖像中にも, 自分には, 自分は, 自分自身を, 興奮も, 航海は, 船舶の, 芝居や, 芭蕉を, 若い男, 英字新聞は, 英雄像といふ, 英雄等會合の, 落首とも, 著作者と, 著述, 著述は, 藏書家の, 行政司法の, 衞生, 覇者であります, 規定に, 言つ, 言に, 言葉でも, 記事の, 記念として, 記憶は, 記者今日の, 記載である, 記録である, 記録によ, 記録により, 記録よりも, 評語を, 試驗と, 試驗の, 詩壇から, 詩式の, 話を, 語として, 誰よりも, 論文を, 諸侯は, 諺に, 警視廳たる, 警視廳の, 議論が, 貴族の, 貿易船は, 軍司令官は, 軍民を, 軍隊に, 辭書には, 追想談を, 通用語では, 通詞らの, 通詞中一ばんロシヤ人と, 進歩的若人だ, 道家といふ, 道徳では, 道徳とは, 道里の, 遺物が, 都の, 都は, 銀杏は, 錦輝館は, 鎌倉は, 長安には, 長安は, 長崎が, 長崎は, 長崎通詞が, 關東北越近畿洛中までの, 陰謀から, 陶宗儀の, 電車賃, 青年たちにも, 青年は, 革命的ブルジョアジーと, 革新意見書であります, 鞦韆は, 順世外道は, 顛末を, 風俗を, 風潮に, 風習を, 風評に, 駈出し, 騷亂は, 高等文官試驗を

▼ 當時~ (86, 4.3%)

13 あつて 6 しては, 於て, 於ては 4 於いて 3 在つて 2 ありては, 在りて

1 [44件] あつた, あつて女, あつて此書, あつて非常, あまり知られぬ, 似て, 出來, 印度と, 印度の, 四百六十餘人の, 已に注, 必要な, 或種類, 於いては, 於けるムウア, 於ける上海, 於ける人肉食用, 於ける卓見, 於ける思想, 於ける感想, 於ける政治上要求, 於ける椿山莊, 於てすら, 於ても, 有して, 有つて, 本國, 果して, 此現象を, 此等の, 殘つた本の, 生きて, 發した, 知られて, 神異な, 簡單に, 聞えた名, 自分の, 至るまでの, 西洋から, 見た人, 起れり, 起れる岩, 迎へ

▼ 當時~ (82, 4.1%)

2 伯爵たり

1 [80件] いづれも, おそらく新しい, すでに純然, それを, た, ただ九鬼, まだ工場, まだ文壇, まだ昨今, われ此詩のや, ゐなかつた, クリミヤ戰爭の, ルネサンス思想の, 一笑に, 下手人は, 下着に, 世壽幾何で, 之で, 之を, 九州に, 五覇の, 今にもまさる, 今も, 代人差立と, 兄の, 全く天子, 其の教會法, 只一場, 可なりの, 各學派, 吾國開闢以來の, 四年制だつた, 壓制家と, 大阪灣が, 天子でも, 學官に, 寄生蟲の, 實に, 寫本だ, 巣鴨の, 幕府政策に, 年も, 幾らも, 戊戌政變の, 我等悉く, 戰爭で, 打ち殺しても, 斯う, 新感覺派の, 方々の, 映畫館, 晴の, 木製の, 未だ無, 東洋人が, 染物を, 歌や, 歐の, 武官室と, 殆ん, 活字に, 猶新, 王位を, 現代人の, 町を, 痩せて, 皇室の, 知性的には, 石部金吉の, 笑ひ, 考證學が, 製紙の, 誰も, 貧困で, 貴族女學校に, 逆上せましたから, 遣唐使等が, 錢湯へ, 青くな, 非常に

▼ 當時支那~ (20, 1.0%)

1 [20件] から海外, から渡つた石材, でどれ, との交通, に在留, に布教, に往來, に於, に於ける, に流行, に留學, のこと, の人, の屬國, の文學等, の文明, は南朝, は擾亂, は紛亂, へ渡航

▼ 當時~ (19, 1.0%)

1 [19件] と一緒, にとつ, には一日一日, に就い, の一家, の考, はほんの, はまだ, はわけ, はシヨーペンハウエル, はノツピキ, は久しい, は先生, は後日, は或, は東新君, は水兵, は讀み耽, を娶り

▼ 當時から~ (18, 0.9%)

2 して, 爾後三四年間は

1 [14件] その事, 不完全な, 今日の, 國論を, 富永が, 對外硬, 張巡の, 痛く孔明, 碑の, 經も, 自分の, 起りつつ, 關白秀次の, 非常に

▼ 當時としては~ (12, 0.6%)

1 [12件] そんなに簡單, なかなか立派, まさに兩親, 先覺で, 可なりの, 意想外な, 正確と, 珍しい高, 珍らしい, 非常に, 驚くべき程詳細, 驚異的な

▼ 當時日本~ (12, 0.6%)

1 [12件] では數, で六朝, と支那, にある, に於ける, に行, の入口, の方, の生活状態, の詩壇, へも來, 全國

▼ 當時では~ (9, 0.5%)

1 まだ自然, 何人も, 可なりの, 木活字は, 癒り, 社會主義者と, 自分の, 藥の, 非常な

▼ 當時でも~ (8, 0.4%)

1 喧傳され, 多數, 少數, 幾分古, 日本の, 根本史料から, 江戸の, 決してかう

▼ 當時~ (8, 0.4%)

1 ばさんと, 囘想し, 思ふと, 書いて, 追想し, 追憶する, 追懷, 髣髴せしめよう

▼ 當時~ (8, 0.4%)

1 の名, の年齒猶, の心, は別, は外國, は或, は最早, は疑

▼ 當時流行~ (8, 0.4%)

1 であ, のはで, のエロ, のカルタ會, の作家, の所謂ぷろれたりやの文章, の言葉, の靈魂不死説

▼ 當時この~ (7, 0.4%)

1 三貿易港の, 人の, 代りに, 國に, 地方は, 居留地を, 榻に

▼ 當時その~ (7, 0.4%)

1 勤めて, 地方の, 學風や, 打撃は, 方面の, 本が, 當時は

▼ 當時には~ (7, 0.4%)

1 この邊, それではどれ, 二十年間支那に, 地球上陸と, 後世の, 殆ん, 長安には

▼ 當時既に~ (7, 0.4%)

1 オグデン氏の, 妻子の, 書かれた資料, 水戸家の, 蘭人にと, 行はれ, 齊國は

▼ 當時~ (7, 0.4%)

3 はれて 1 はれたこと, はれた諸子, はれた隸書, はれ僧正ルツジェーリ

▼ 當時~ (6, 0.3%)

3 あつた 1 すら十九年, 申せば, 祝賀會も

▼ 當時まだ~ (6, 0.3%)

1 あの蒼い, 壕舍に, 存在し, 學生で, 殘存し, 若くつて純情

▼ 當時より~ (6, 0.3%)

1 して, 兩系の, 分纂法, 編纂した, 色白に, 遽かに

▼ 當時~ (5, 0.3%)

1 がどんなに, が單, はニイチェ, は河童, は詩

▼ 當時唯一~ (5, 0.3%)

1 の, のハイカラ, の交通機關, の帝國, の帝大

▼ 當時已に~ (5, 0.3%)

1 中國人, 五百偈七百偈九百偈の, 山井根本諸人の, 所謂道士なる, 日本の

▼ 當時これ~ (4, 0.2%)

1 と異なる, に對, を侍官, を波斯婦

▼ 當時一般~ (4, 0.2%)

1 に事實, に行われ, の人, の風習

▼ 當時~ (4, 0.2%)

1 を俗歌俗謠, を調べました, 實景也, 極法也

▼ 當時最も~ (4, 0.2%)

2 隆盛を 1 合理的に, 高價

▼ 當時~ (4, 0.2%)

1 つたに, ゆる本, 數な, 樂町二七に

▼ 當時有名~ (4, 0.2%)

1 だつた, なもの, なる畫家, な支那通

▼ 當時~ (4, 0.2%)

2 一流の 1 一の, 何回目かの

▼ 當時すでに~ (3, 0.2%)

1 千葉から, 彼女が, 私の

▼ 當時において~ (3, 0.2%)

1 斯う, 新思想, 既に協同一致

▼ 當時までの~ (3, 0.2%)

1 あらゆる本, 人の, 詩を

▼ 當時~ (3, 0.2%)

1 そんな名前, つてゐた, 心靈研究が

▼ 當時わが~ (3, 0.2%)

1 いよ, 國の, 目に

▼ 當時われ~ (3, 0.2%)

1 はその, は不幸, は世の中

▼ 當時世人~ (3, 0.2%)

1 から一般, の看, は此

▼ 當時使用~ (3, 0.2%)

2 したといふ 1 せるもの

▼ 當時寺院~ (3, 0.2%)

2 の教 1 に屬

▼ 當時我が~ (3, 0.2%)

1 國に, 國の, 軍の

▼ 當時~ (3, 0.2%)

1 に政權, に起りし, 羅の

▼ 當時新た~ (3, 0.2%)

1 に, に入, に行

▼ 當時~ (3, 0.2%)

1 ほ文野, 存じたるは, 數十の

▼ 當時~ (3, 0.2%)

2 は監獄入り 1 のもてはやした

▼ 當時自分~ (3, 0.2%)

1 などは淺草, に反省, は北米合衆國マサチュセツ州

▼ 當時若し~ (3, 0.2%)

1 假すに, 此の, 江南の

▼ 當時閣下~ (3, 0.2%)

1 にし, の屬僚, の屬僚等

▼ 當時~ (2, 0.1%)

2 はゆる

▼ 當時かく~ (2, 0.1%)

1 まで巧, よびならは

▼ 當時こそ~ (2, 0.1%)

1 ほんの二三囘そこ, 片々の

▼ 當時それ~ (2, 0.1%)

1 を話し, を諌止

▼ 當時たしか~ (2, 0.1%)

1 三田の, 共産黨宣言が

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 ひとしくシエリイ, 比べて

▼ 當時においては~ (2, 0.1%)

1 その數, 非常に

▼ 當時のみ~ (2, 0.1%)

1 ならず今日, ならず恐らく

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 一佛國ヲ, 幼稚極

▼ 當時フィレンツェ~ (2, 0.1%)

1 に行, はその

▼ 當時ポレンタ家~ (2, 0.1%)

1 とリミニ, の治下

▼ 當時ローマ~ (2, 0.1%)

1 に在住, の教育科目

▼ 當時一流~ (2, 0.1%)

1 の埴瓮, の札差

▼ 當時上京~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 滿を, 食肉喪主哭泣他人就歌舞飮酒已葬擧家詣

▼ 當時二人~ (2, 0.1%)

1 とも木造家屋, の擧動

▼ 當時京都~ (2, 0.1%)

1 に大, の町

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 にもゐた, の一人

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 が果して, の眞黨與

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 は別に, は毎日新聞

▼ 當時佛教~ (2, 0.1%)

1 の如き, の教理

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 りて, り其の

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 で盛, 白體は

▼ 當時先生~ (2, 0.1%)

1 が坂元雪鳥, が御

▼ 當時北支那~ (2, 0.1%)

1 の塞外種族, を占領

▼ 當時印度~ (2, 0.1%)

1 に於, の暦法家

▼ 當時即ち~ (2, 0.1%)

1 後醍醐天皇の, 西暦紀元八百五年より

▼ 當時友人~ (2, 0.1%)

1 に誘はれ, は再び

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 が振舞, 之靜音

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 の保護, の天子

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 乘理趣六波羅蜜多, 變流行つて居つた

▼ 當時大師~ (2, 0.1%)

1 の御手許, の活動

▼ 當時如何~ (2, 0.1%)

1 に支那通, に盛大

▼ 當時學者~ (2, 0.1%)

1 として認められた, の手

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 賣店, 通詞で

▼ 當時小石川~ (2, 0.1%)

1 に住ん, の竹早町

▼ 當時尤も卓越~ (2, 0.1%)

2 した漢族

▼ 當時巴里~ (2, 0.1%)

1 に居た, の交際境裡

▼ 當時幕府~ (2, 0.1%)

1 に味方, の

▼ 當時幕閣~ (2, 0.1%)

1 では, の複雜

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 を傷, 未だ知る

▼ 當時支那人~ (2, 0.1%)

1 が我國, の流浪者

▼ 當時政府~ (2, 0.1%)

1 に反, の力

▼ 當時文壇~ (2, 0.1%)

2 の主潮

▼ 當時日本人~ (2, 0.1%)

1 が保存, の著

▼ 當時朝廷~ (2, 0.1%)

1 とか主, に人

▼ 當時朝鮮人~ (2, 0.1%)

1 は全然, は殆ど

▼ 當時朝鮮半島~ (2, 0.1%)

1 の南部, の東部

▼ 當時東洋~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の文化都市上海

▼ 當時果し~ (2, 0.1%)

1 てか, て持ち

▼ 當時果して~ (2, 0.1%)

1 その領内, 完全に

▼ 當時歐洲~ (2, 0.1%)

1 では金一, に於

▼ 當時~ (2, 0.1%)

2 の眼中

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 があつ, ゐない石器

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 に貢, に賣出し

▼ 當時相對死~ (2, 0.1%)

2 と云つた情死

▼ 當時相應~ (2, 0.1%)

1 に評判, の文化

▼ 當時~ (2, 0.1%)

2 を搬

▼ 當時立ち~ (2, 0.1%)

2 朽り

▼ 當時米國~ (2, 0.1%)

1 の工業, への移民

▼ 當時自由黨~ (2, 0.1%)

1 が一二, は屡々

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 が想, も信ずる

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 外國の, 大名の

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 あつた所, 政治に

▼ 當時遠島~ (2, 0.1%)

2 を申し渡された

▼ 當時長崎~ (2, 0.1%)

2 に本木昌造先生

▼ 當時露米會社~ (2, 0.1%)

1 の政策, の株券

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 り有力, り行

▼ 當時高等學校~ (2, 0.1%)

1 の生徒, を出た

▼ 當時~ (2, 0.1%)

1 の使者, の口數

▼1* [536件]

當時あつた學問, 當時あの事件が, 當時あまねくトスカーナ州に, 當時あります本を, 當時あることの, 當時あれほど見事, 當時いちはやくその斷片, 當時いづれの語, 當時いろんな雜誌に, 當時かなり好評を博し, 當時くらゐに, 當時これらの諸, 當時さういふ風に, 當時すべて浸禮, 當時を十字, 當時そこを航行中, 當時それ程に重んじ, 當時そんなことを, 當時からこれ, 當時ちよつと私, 當時であるにも拘はらず, 當時どう云ふ, 當時どれ程苦心, 當時ないて姉, 當時なお浪漫派の, 當時などは權力を, 當時なほ長安に居つ, 當時ぴんとひねり上げて, 當時まで足かけ五年間建長寺内の, 當時までに支那に, 當時もう三年分の, 當時もと仕へて, 當時やつとABC, 當時わがこの圖を, 當時わたくしは君, 當時アメリカにゐた, 當時アメリカ人は獵虎, 當時アラブ人は東西兩用, 當時アーサー王が領土, 當時イタリヤ滯在の下位春吉君, 當時オグデン氏は動詞, 當時カエサルが容易, 當時カロリング家に屬, 當時ガルディンゴの附近, 當時ケルンにおかれ, 當時シヤルル・ダンジュー二世の治めし, 當時チヤムバーレーンは尚, 當時デンマルクではフランス文化, 當時トスカーナ州第一, 當時トルストイの崇拜者, 當時ドイツでは一般, 當時バクの一名所, 當時フィアンセだつた弘, 當時フィルムが足りない, 當時フィレンツェ騎兵の中, 當時フォルリを治めし, 當時フンク氏は單, 當時プーチヤチン一行の氣持, 當時ベルリン大學, 當時マホメット教の勢力範圍, 當時マホメット教國からヨーロッパ, 當時モオリスに就い, 當時ヨーロツパの躍進, 當時リルケは三十一, 當時ルウ・アンドレアス・サロメに宛てたる, 當時ロシヤ製日本地圖が自然的, 當時ローマ聖ピエートロの寺院, 當時ヰインの最大新聞紙, 當時ヴェロナの明君, 當時一年前に彼, 當時一方に雄, 當時一歳下の, 當時一番親しくし, 當時一頁にわたる種, 當時一高にゐた, 當時三十八歳の戲作者焉馬, 當時三杯龍之助, 當時三韓地方は未だ全く, 當時上流を平野人, 當時上海に居られた, 當時上田敏氏が云, 當時上田書店に居た, 當時不可思議に思われた, 當時世界に於, 當時世界無二の大, 當時世間傳へて曰く, 當時並びに後世に, 當時中國に移住, 當時中國人は一般, 當時として傳道, 當時久子は或, 當時之だけのものを, 當時九州の倭人, 當時九州邊の日本人, 當時二十一二才の美しい, 當時二十一二歳の者, 當時二十二歳の周樹人, 當時五六千圓の貯金, 當時五歳の拙者, 當時五百九十六家の書, 當時も知り, 當時人智の度卑, 當時人間を兩脚羊, 當時からもう, 當時他人の妻, 當時伊勢の方, 當時伊國漫遊中の故, 當時伊藤内閣は自ら稱, 當時住んだ花宮城を, 當時佐藤春夫氏があなた, 當時も彼, 當時何等の反響, 當時佛國の上下, 當時佛教徒が, 當時かに發達, 當時俗間富豪をさし, 當時信ぜられし太陽の, 當時信濃の方, 當時修學慾に燃える, 當時傑作として先生たち, 當時僅かに超然内閣, 當時兄弟二人と二三, 當時入唐した我が, 當時入唐求法の僧侶, 當時歐の, 當時兩國の水茶屋, 當時八幡の暴主金森頼錦, 當時内外商賈の輻輳, 當時内閣の中立者, 當時出來た隋書, 當時に金, 當時別に内村先生の, 當時創業期の江戸, 當時創設された仙臺英語塾, 當時劇界に流行, 當時勝連の繁榮, 當時勞働者が多, 當時勢下より上, 當時北土の民間, 當時北方の文化, 當時北清在留の英人, 當時十一歳なりし, 當時十二歳の童生, 當時十六七歳の少女, 當時十分彼の一身, 當時南外宗正司の所在地, 當時南支那に國, 當時南洋から歸つた佐藤虎次郎氏, 當時南洋方面より海上支那, 當時南洋航行の支那船, 當時南海方面で中, 當時博覽を以て稱, 當時占城にアラブ商人, 當時な客, 當時厭世觀の極點, 當時參加した船大工, 當時來相傳の, 當時古書の校勘, 當時史學科の諸, 當時史書の數, 當時司馬光が資治通鑑, 當時國が, 當時主人に, 當時同じ不幸に, 當時同人雜誌はまだ, 當時名古屋の熱田, 當時吾國の肖像畫, 當時周三は脚氣, 當時和蕃公主と稱, 當時喜んで發表, 當時囘教徒の支那, 當時へられた, 當時四五年故郷を省みなかつた, 當時四五歳であ, 當時四貫島の遠縁, 當時四面楚歌の日蓮, 當時より閣下, 當時國中に聞えたる, 當時國内には或は, 當時土生蕃客と稱, 當時學し, 當時在世中であつ, 當時在住の支那人, 當時圭一郎は毎夜, 當時地中海を單, 當時坪内先生は少し, 當時埃及に滯在, 當時執筆中であ, 當時塞北に跋扈, 當時塞外に居る, 當時に至れ, 當時外人渡來てふ, 當時外國人が如何, 當時多分氣が着かれ, 當時多少の前金, 當時多量に産出, 當時大和の朝廷, 當時大層必要な, 當時大工の日當, 當時大食から宋, 當時天が下で自分, 當時天下の耳目, 當時天下無敵の有, 當時天子の禁廷, 當時太祖に任用, 當時奧州の拓殖, 當時の赤ん坊, 當時奴國不彌, 當時一對の, 當時も恢復, 當時と二人, 當時婚約既に成立ち, 當時嫉妬の餘, 當時存在した書籍, 當時孟子に限らず, 當時學問の造詣, 當時學堂亦逐客, 當時守備に就いた, 當時安樂に暮す, 當時室町幕府の繪所, 當時宦官を指し, 當時宮廷の風, 當時宿が平野屋, 當時宿屋に居りました, 當時密教の中心, 當時密教流布の地域, 當時富貴第一なり, 當時に世界, 當時寫眞を見た, 當時寺僧は實, 當時小松殿の侍, 當時小波門下の才子, 當時小諸義塾の塾主, 當時少なくも殆, 當時少尉の松原政治, 當時ほ麁野, 當時尚書に關, 當時尚書左丞であ, 當時局面展開を唱, 當時つ引, 當時平民社に頻繁, 當時幸徳は管野, 當時庄左衞門は公用, 當時にこれ, 當時く日本, 當時廣州に來寓, 當時廣東第一, 當時廷臣とし, 當時建立者たる藤原氏, 當時役得だけでも大名暮し, 當時彼女は新宿, 當時彼等は國民, 當時後醍醐天皇が宋學, 當時ある者, 當時必ずしも稀有で, 當時忠之と利章, 當時思ひつかれるそばから, 當時思想上の覺醒, 當時恐らく日本人は, 當時悦びで有頂天, 當時意見の衝突, 當時感じましたのであります, 當時感激に滿, 當時憲政黨には第, 當時憲法を私議, 當時應仁の亂, 當時にあつ, 當時我國に起つた, 當時批評學が目録, 當時折柴瀧井孝作の影響, 當時持つてま, 當時指迫指急候, 當時排悶ノ一詩, 當時揚一といふ諺, 當時揚子江沿岸の南支那, 當時摩尼教は佛道二教, 當時支那國内に行, 當時支那在住の耶蘇教士, 當時支那在留の宣教師, 當時支那政府はこの, 當時支那留學中の狩野博士, 當時支配的な學問的意識, 當時教授との討論, 當時文化の淵藪, 當時新しく入つて來, 當時日の出の五大國, 當時日支間の航海, 當時日本固有の文化, 當時日本軍の戰術, 當時稻田文學を, 當時昌造などがどれ, 當時春屋以上の坊主顏, 當時春陽堂にゐた, 當時普請の半ば, 當時普通に, 當時暫く登美子の, 當時書寫の材料, 當時は太陽, 當時月島の端, 當時に夕, 當時朝鮮と支那, 當時木下は思想, 當時未だあらはに, 當時を集める, 當時本所區小泉町十五番地の芥川家, 當時朱子の學派, 當時杭州府在住の宣教師達, 當時東亞へ旅行, 當時東京が空襲, 當時東京帝國大學理學部, 當時東京監獄に勞役場留置中, 當時東方亞細亞に流布, 當時東方亞細亞一般の氣運, 當時東西二派の寺院異端, 當時東雲堂の若, 當時松崎氏は川越, 當時代議士は, 當時校正をする, 當時梵學の研究, 當時の國, 當時業已ニ實地ノ經驗, 當時楮幣洋銀の差大, 當時極東の海陸, 當時之助, 當時の家, 當時權勢並びなきプロヴェンツァーン, 當時歐品としいへ, 當時歐州大戰, 當時の名, 當時此丘上に盛大, 當時此等諸宗の僧侶, 當時此處に回教徒, 當時此風景の中心, 當時武勇第一, 當時歩兵中尉であつ, 當時歸神故天皇, 當時千餘人, 當時毎日の新聞, 當時比類なかつた事, 當時民友社ものを耽, 當時水戸家は元, 當時永井荷風君が主幹, 當時江戸の杉田成卿, 當時江戸中に響いた, 當時江戸長者番附の前頭, 當時池田には荻生徂徠, 當時決して注意を, 當時沈約と同じ, 當時河間地方には入内, 當時注意して, 當時洋書を讀む, 當時洋畫の影響, 當時流布して, 當時流行つた御家流の書體, 當時流行つた獵虎の帽子, 當時浙江省杭州府に居つ, 當時海外交通を司る, 當時深い關係の, 當時深く侯の, 當時淺草の今戸, 當時清國禍機未だ發, 當時は, 當時湖廣總督であつ, 當時の大, 當時漢人が來, 當時澤庵何者ぞと睥睨, 當時無闇に家名, 當時樣いふ, 當時煉瓦地と呼ばれた, 當時燒跡ニ歸來シ境内ニ掘立小屋, 當時犯迹の明, 當時玄惠法印に新しい, 當時王延政は格別食糧, 當時珍重されたのに, 當時理科大學, 當時生憎福建の, 當時生活の有, 當時田地の割換, 當時留學生の少い, 當時病後靜養に釜石鑛山所長横山氏家, 當時病用相省き專ら書生, 當時痛切に感ぜられた, 當時發著の港灣, 當時白米が脚氣, 當時百濟王は日本, 當時引いて, 當時皇后よろづまつりごちておはしましけれど, 當時皇朝の威力, 當時盛むに國民議會, 當時盛んに遠足, 當時盛名があつ, 當時盜賊横行せりといふ, 當時目撃したといふ, 當時目録を編纂, 當時直ちに史學に, 當時罵る時, 當時相當の年齡, 當時相當高名の僧侶, 當時眞志屋が金澤氏, 當時眞面目に黄禍, 當時のみ着, 當時着古した片方, 當時鴎と, 當時の一つ, 當時知識人の間, 當時の名手, 當時神君と崇められた, 當時神田日本橋かけての, 當時神社の領地, 當時福澤翁の慶應義塾, 當時福田氏は隨分貧乏, 當時秀吉と共に賤役, 當時私達の持つ, 當時米一斗は五拾錢位, 當時は粕, 當時系譜學が盛ん, 當時紀州侯の御用達, 當時綿より作れる, 當時綿密に讀んだ, 當時編纂の大, 當時縣會議員をし, 當時總長であつ, 當時織り成したる華紋は, 當時織田家と徳川家, 當時繪畫に於ける, 當時羅馬に滯在, 當時美校で彫刻, 當時義士が莽, 當時義政の御, 當時老子に左袒, 當時考へた人が, 當時である, 當時耶蘇會の出版, 當時聖ジョヴアンニの寺院, 當時聞えた名人です, 當時聞きましてまた, 當時腦病院にいれられる, 當時腹の中ではなに, 當時自分くらゐの, 當時自由黨領袖等と屡々, 當時般若三藏は梵語, 當時艦隊の探, 當時良い樂は, 當時黒き人, 當時かつた, 當時若くは開國以後, 當時本國, 當時英公使の盡力, 當時英國に遊學, 當時范氏中行氏の亂, 當時萬鈞の重石, 當時著名の武人, 當時著者は大, 當時蒲燒を知らなかつた, 當時蕃坊に來寓, 當時蕪木君は, 當時薩長派の政府, 當時藝術新潮に寄せた, 當時虎列拉に死した, 當時行基などの頭, 當時西域に石國, 當時西歐詩歌を味, 當時西洋文明の程度, 當時見し所の, 當時親殺しを人間界, 當時訊いて見, 當時りでなく後世, 當時許しませんものでした, 當時と云, 當時詩賦の數, 當時語學の力, 當時つて彼此の, 當時諸家に傳, 當時ふ所, 當時議會の腐敗, 當時讀んだ限りに, 當時谷口が僕, 當時豫言者として知られたれ, 當時貴族院には或は, 當時貴族院議長たりし, 當時買官制廢止論に反, 當時貿易の繁昌, 當時賞讚されたのみ, 當時賣り出した小説家が, 當時足利時代に有名, 當時軍人の位置, 當時軍用金は僅, 當時軍職を失ひたる, 當時軍隊の事情, 當時輸入の困難, 當時迄に行はれた, 當時近著のドイツ, 當時進歩黨は内閣, 當時進行中の刑事, 當時遊星の一, 當時道教が唐, 當時道柏と名, 當時那珂郡警固村の内, 當時那覇に滯在, 當時郷里高知縣に於, 當時醫學部に有名, 當時醫界の大立者, 當時金廷の官吏, 當時鑄字を用, 當時鑑定に來, 當時長安に囘教, 當時長崎奉行の下役, 當時長崎通詞は堀達之助, 當時長野市にゐた, 當時開成所版の辭書, 當時關西方面で摘發, 當時州美馬順三江戸湊長安遠, 當時阿部家は伊勢守正弘, 當時陝西には一人, 當時陳湯は遠く, 當時陸羽聯絡の通, 當時隱居は六十五歳, 當時は天祿閣, 當時露西亞の軍隊, 當時靈媒として最高, 當時青龍寺惠果和尚や西明寺, 當時革紙の使用, 當時韓國へ往來, 當時韓地より皇國, 當時にあ, 當時は荒, 當時食人肉の風習, 當時養父も養母, 當時餘程重要なこと, 當時に乘, 當時高名の錢形, 當時高徳の譽, 當時高知市第一等, 當時黒川即若松, 當時しく仰で龍智阿闍梨耶, 當時齊彬公樣は歐文書類