青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「異様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~番頭 番頭~ 畫~ ~異 異~ ~異に 異に~ ~異常 異常~ ~異様
異様~
~畳 畳~ ~當 當~ 當時~ 疊~ ~疑 疑~ ~疑い 疑い~

「異様~」 3039, 33ppm, 3576位

▼ 異様~ (1855, 61.0%)

27 声を 25 ものを 23 ものが 16 声が, 感じが 15 物音が, 音が 14 光を 13 人物が, 音を 10 物音を, 臭気が, 輝きを 9 のは, ものに 8 叫びを

7 [11件] ものであった, 光が, 声で, 姿を, 感じに, 感じを, 感に, 眼を, 緊張を, 表情を, 風体の

6 微笑を, 気分に, 沈黙が, 物を, 眼で

5 [15件] ことが, もので, 光景を, 印象を, 姿に, 形を, 恰好を, 気が, 物音に, 生気を, 臭気を, 興奮を, 言葉を, 音響が, 響きを

4 [14件] すがた, においが, ものは, 光景が, 光景に, 姿の, 姿は, 対照を, 形の, 感じは, 感を, 気持に, 美しさ, 響を

3 [37件] ものだった, ものの, 人物に, 光景であった, 光景の, 冷たさ, 叫び声を, 圧迫を, 声に, 声は, 好奇心に, 形相に, 影が, 心持で, 心持に, 怖れ, 恐ろしさ, 恐怖に, 感じだった, 感じで, 感じであった, 感じの, 手袋に, 昏迷を, 服装を, 気配に, 気配を, 空気に, 絶叫が, 緊張が, 行列が, 行列を, 酒の, 音で, 音響を, 顔を, 風体で

2 [119件] ことで, ことは, ことを, どよめきを, ながめ, のが, のである, ひかりを, ものである, リズムを, 不安が, 不安に, 世界の, 予感に, 事が, 事を, 事件が, 事件を, 二人づれが, 人影を, 人間が, 光景だった, 光景である, 光景でした, 光輝に, 出来事を, 刺戟を, 力を, 動悸を, 動機, 匂いが, 叫び声が, 叫声を, 唸りを, 喚声が, 囁きが, 圧力を, 声だった, 声の, 姿で, 寒さ, 寥し, 小男が, 屈辱を, 思いが, 性癖を, 怪物が, 怪物を, 恰好で, 悲鳴が, 悲鳴を, 情熱を, 愕き, 感じである, 感じでした, 感動に, 感情に, 感情の, 感慨に, 憤激に, 戦慄を, 手ごたえが, 手袋を, 文字が, 斑点が, 昂奮を, 服装で, 機械を, 気持が, 気持である, 混乱が, 満足を, 熱ば, 物体を, 物音と, 狂気の, 生気に, 用法に, 男, 男が, 男の, 男女の, 眼の, 眼を以て, 空気を, 笑い声が, 笑みを, 緊張で, 胸の, 臭気と, 臭気に, 臭気の, 興味を, 興奮に, 興奮の, 興奮は, 苦悶の, 苦悶を, 衝撃を, 表情が, 言葉に, 質問を, 重苦しさ, 閃光が, 雰囲気を, 静けさが, 音に, 音声を, 響きが, 風を, 風態の, 風態を, 風景は, 風采を, 飾りの, 馬の, 魅力が, 魅力を, 鳥の

1 [1035件 抜粋] あのその, いまわしい癲癇, うちに, うわ言を, おぞ気, お化けが, かいい, かどこ, くらい物凄い, けはい, ことである, こととは, ことには, さうし, しかしうごかすべからざる, そして身, たまらない臭い, つめたい怒り, ときめきが, ところは, どよめきが, なまめかしくなやましい姿, においを, ねたましさ, のであった, のでド, のに, ばかりでなく, ひかりが, ふうていの, また悲しい, までにどよめかせた, までの緊張, までの鬨の声, ものおとを, ものであっ, ものでした, ものと, もののう, もの音が, やり方だ, ようすに, わけの, んだ, エレクトリックの, ガニ股である, グロテスクのみを以て, グロテスクを, ザアーッと, ショックで, センセーションを以て, フンイキ異様な, ポーズで, マーケットの, モザイク風な, ユネスコ憲章を, 一と, 一団は, 一大勇猛心といふ, 一対を, 一日であった, 一点を, 一群を, 一言は, 三つの, 不似合, 不安を, 不思議な, 中空からの, 乞食少年こそ, 争いが, 事も, 事実に, 事柄を, 二名の, 二重人格的意義を, 亢奮を, 人々と, 人たちが, 人影の, 人物こそ, 人物な, 人物は, 人相の, 人間の, 今までに, 会である, 位に, 余興に, 侵入者を, 偶発的動作が, 充血は, 兇器では, 光とともに, 光仙林の, 光明に, 光景こそ, 光景だ, 光景です, 光景は, 写真を, 冷気, 冷笑を, 凄いもの, 凄愴, 凶器を, 出来事に, 出来事の, 列車の, 別棟を, 力が, 力を以て, 動き方で, 動作の, 動悸が, 動物を, 匂いには, 匂いを, 化物として, 半ば敵意を, 単に黒ずんだ, 印象に, 反映を, 口吻で, 古版本, 叫びと共に, 叫び声, 叫び声でも, 叫声が, 合唱が, 名だろう, 味いの, 呼吸の, 呼笛の, 和声を, 哀音の, 品物が, 唸りごえ, 喚叫を, 喜悦に, 因縁を, 図紋の, 土塀が, 圧力の, 地響が, 地響きに, 執念を, 場内の, 塔は, 声ばかり, 変化を, 夏の, 夢に, 大きな石, 大団扇, 大孔, 大部な, 好いたらしい男, 妄念に, 妖怪すなわち, 妖気が, 妖気を, 姿が, 姿だった, 姿として, 姿勢を, 娘が, 子供の, 安堵の, 客を, 家の, 寂しさ, 寄生菌類の, 対照に, 対面を, 小冠者と, 尼たちの, 左膳の, 帽子をか, 幻想風の, 幻覚を, 底光りを, 建築法であった, 張りを, 形に, 影像を, 心を, 心持が, 心持を, 心的興奮が, 心響を, 怒りかたは, 急死を, 性質な, 怪物群の, 怪自叙伝を, 恐ろしい荘重さ, 恐怖の, 恐慌に, 悪夢を, 悪感に, 悲哀が, 悲鳴の, 情感を, 情景に, 情景を, 情熱に, 情熱は, 愛着で, 感さえ, 感じと, 感じを以て, 感動が, 感動を, 感情でありました, 感情を, 感激に, 感覚であった, 感覚は, 感触が, 感銘であった, 態度や, 憤慨を, 戦士との, 戦慄の, 所作に, 手つきが, 手袋である, 手袋は, 扮装, 扮装や, 拍子を, 指紋を, 挙動に, 振舞いに, 撞着でございましょう, 敏感自己を, 敵の, 文章を, 料理を, 旅行者, 昂奮に, 昏迷と, 時期で, 暗合を, 有様を, 板草履の, 棒を, 構えで, 構想が, 構造物の, 様であった, 様を, 模様を, 歌を, 歓待が, 武器を, 武者ぶりを, 歩行が, 死体を, 死相死骸を, 殺傷を, 毛が, 毛虫やらが, 気もちが, 気分を, 気取りが, 気持ちでした, 気持で, 気持も, 気配が, 水の, 水音を, 決断を, 沈黙の, 波動を, 泣き声を, 注意深さ, 洋服の, 浪人者だ, 淋しい思い, 深みが, 混和であり, 混濁の, 渦巻が, 温か味が, 潜入者の, 激情の, 火星の, 火星人を, 点が, 無数の, 無頼漢達に, 熱心さに, 熱情の, 熱情家で, 熱誠ぶりを, 物と, 物体だ, 物凄いもの, 物凄さ, 物音だけには, 物音アア可哀相に, 特徴が, 犬歯を, 犯罪動機, 狂人じみた, 獣が, 現象が, 現象の, 瓦斯を, 生きものの, 生もの, 生気が, 生活を, 生物が, 甲冑を, 男と, 男女二人が, 異国情調の, 疲労に, 疼痛を, 癩病患者を, 発見は, 白い眼, 白色の, 盛り場の, 目にも, 目撃者が, 相好でした, 眉間の, 真情が, 眼ざし, 眼光を, 着想であったろう, 瞬間の, 示唆を, 神秘性を, 神秘的色彩を, 神経的な, 空気で, 空気管の, 立派なる, 笑い声を, 笑声を, 第二, 箱車を, 節奏を, 粉装で, 精神の, 経験を, 結論を, 絵姿である, 絶望との, 網で, 緊張さを, 緊張であった, 緊張に, 緊張ぶりを, 緊張味を, 緩性窒息, 美くし, 美しい程, 老人であった, 聖物は, 胴衣を, 胸騒ぎで, 脚部, 自分の, 自選家集で, 臭いの, 臭い匂い, 臭気だった, 興味と, 興味の, 興奮で, 興奮とを, 舞踊の, 般若の, 色彩を, 花を, 芳香を, 苦々しい気持ち, 苦しそう, 苦痛に, 苦痛を, 荒々しい一群, 莫迦げたそして, 落胆に, 蔵書や, 薄光り, 薄明り, 薫りが, 蜒り, 血曼荼羅を, 行列も, 行動を, 行装を, 衣姿の, 表情であった, 表現を, 装した, 装身具の, 補綴細工は, 裸形が, 覆面姿の, 視線だった, 解釈を, 言い分で, 言を, 言葉で, 記憶が, 話が, 話は, 説を, 請に, 谷を, 責任は, 賑いを, 赤い筋, 赤味と, 赫きがすう, 起伏を, 趣に, 足跡を, 跫音が, 踊を, 身の上は, 身ぶるいを, 身装でした, 軍服姿の, 軽舟, 輝は, 近さ, 迷信に, 運動を, 邂逅青年の, 部屋だった, 酒宴に, 醜いうづく, 重さ, 金属の, 鈍さ, 鋭い声, 鋭い軋り, 錯覚的な, 長い耳, 長身が, 閃めき, 関係が, 陣立に, 階調を, 隠れ場所では, 雰囲気の, 震動とともに, 震撼を, 青みの, 青黄いもの, 面体と, 面相, 音さえ, 音とともに, 音の, 音声, 音楽を, 響が, 響で, 頭から, 頭巾を, 頼みでは, 顎なり, 顔いろ, 顔し, 顔つきで, 顔では, 顔付きでした, 顔付を, 顕神に, 顫動が, 風体を, 風俗で, 風俗を, 風態も, 風景でありました, 風貌に, 風采に, 飾りつけにも, 香りの, 騒ぎが, 驚きを, 骸骨が, 髯が, 髯を, 魅力と, 魅力を以て, 鮮明さで, 鳴動が, 黒い箱, 黴臭い匂, 鼻ばかり

▼ 異様~ (650, 21.4%)

17 光って 16 輝いて 7 光った, 感ぜられた 6 眼を 5 感じた, 感じられた, 緊張し 4 光らして, 光らせて, 輝いた 3 ひびいた, 燃える眼, 聞える, 赫い

2 [39件] かがやいた, かがやいて, かがやくもの, からみ合って, きこえるかも, きらめく眼, はしゃいで, 亢奮し, 仇めい, 光つてゐる, 動かす, 彼の, 思ったの, 思って, 思われた, 感じたの, 感じて, 感じながら, 打った, 新鮮な, 昂奮した, 映った, 漂うて, 熱心な, 疲れて, 痙攣した, 眺めながら, 眼に, 私に, 私の, 聞えた, 興奮し, 見えた, 触れて, 輝かして, 青い眼, 青ざめて, 響いた, 鮮やかな

1 [480件] あざやかな, あてど, うごめいて, うそ寒げ, うねりうねるまま, うめきながら, おもえた, おもしろく美しく重なり合い, おもへた, お松の, お考え, かがやいたかと, かがやいたの, かがやかせたもの, かがやきその, かがやきました, かがやく眼, かすれて, かつ不愉快, かつ顰蹙, からまった長い, きこえました, きこえましたので, ぎらつかせて, くぼんで, ぐらぐらゆれ, こわばって, しかも不愉快, して, しびら, しめやかに, する, するどい口調, せきたてるもの, そうし, たかぶって, ちかちか痛く, ちょこんとした, ちらつきだしたかと, ちりぢり, つかみどころ, つぶれた声, つよく写った, てかてか光っ, とどろいて, どぎつく向けられる, なまめかしいもの, なるの, にらみあったまま, ねっとり粘りつい, はしゃぎ出して, はずんで, はっきり感じられた, はっきり氷嚢, はっきり聞こえる, はっきり部屋, ひきしまって, ひきつったよう, ひねくれて, ひびいたの, ひびく, ひびくだけ, ひびくひろい, ひやりとした, ひん曲った表情, ふすぼり語調, ふるえた, ふるえて, ふるえロイドめがね, ほのぐらい目, まざまざと, まっ白な, みえた, みえたが, もつれ正確, もりあがって, もろそう, やさしくまるで, ゆがみ小林少年, ガッカリする, ギラギラと, ハッキリと, 不可解に, 乱れて, 乱れ出して, 二人の, 交りあった, 人々の, 伸子の, 伸子を, 低く見せた, 体が, 侘しい味気, 侘しく響いた, 優れて, 充ち溢れて, 先へは, 光ったの, 光ったよう, 光つた, 光つた眼を, 光りか, 光りその, 光りとんきょう, 光る眸, 光る眼差し, 光る短刀, 光線を, 内気な, 写つたのは, 写らないでは, 冴えた静けさ, 冴え切った思索, 冴え渡ったの, 冴え渡って, 冴え渡りました, 冷え冷えと, 冷たかった, 冷たく空虚, 冷に, 凄くな, 凄じい響, 凝縮した, 分裂した, 切迫した, 劇しく, 力んで, 力強い壮大, 加十の, 勇気づけた, 動いたかと, 動いて, 動かしたが, 動く, 動くの, 印象に, 印象的です, 印象的に, 反響し, 古めかしい所, 古めかしくて, 叫ぶ声, 唄い囃して, 唆り, 唸って, 唸つて, 喧ましい, 垢じみ, 執念深く博士, 増して, 声を, 変じたの, 変わったもの, 変化しだした, 大きい一片, 大きくなっ, 大きくなります, 大きく見えた, 大きく見える, 大きく迫っ, 大きな声, 大きな影法師, 大きな恋人, 大きな脣, 大きな都会, 大ぶりな, 大時代で, 妖しい香夢, 孤独に, 尖らし額, 屋根う, 平らな, 平静で, 広い額, 広く顎, 底深い, 廓大され, 引きしまるの, 引きつけられて, 引き合い対照を, 引き吊った笑い, 引き立てて, 引っ立てて, 強いアクセント, 強直し, 当惑した, 彩色する, 影響し, 彼らの, 彼を, 征服的の, 微笑し, 微笑した, 心が, 心臓を, 思いました, 思い出されるの, 思い口, 思うであろうと, 思う者, 思えた, 思った, 思ったこと, 思ひ出されて, 思われその, 思われたに, 思われたの, 思われたので, 思われたり, 思われます, 思われるこの, 思われる程, 急上昇す, 息づかせはじめた, 悲しく響いた, 意地悪る, 意気込んで, 愚かな, 感じたから, 感じたは, 感じたばかり, 感じた次第, 感じました, 感じます, 感じられたこと, 感じられた時間, 感じられると, 感じ悲しみ, 感じ気味, 感ずるの, 感ぜしところ, 感ぜしめました, 感ぜしめられました, 感ぜられました, 感ぜられましたが, 感ぜられる, 感ぜられるもの, 感ぜられる点, 感動させた, 慄えて, 憂鬱な, 拡大され, 拡大し, 振る舞うから, 据えつけたまま, 据えられたかと, 敏感な, 敏活巧緻に, 新しく強く感じ, 旋る, 昂って, 昂ぶった, 昂奮し, 昂奮し出し, 明るい室, 明るくなった, 明るく煙, 明るく躍動, 明暗入り乱れ, 明滅し, 映し出すの, 映ずるの, 映ったの, 映る, 時めいて, 暗くなり, 暗く庭, 朗らかな, 朗らかに, 朦朧と, 朧ろな, 未開な, 根の, 森閑と, 欠けて, 歪んで, 歯や, 殺気立ちふたり, 殺気立った空気, 気張って, 汚ない, 沼へ, 波打ち汗ばんだ土色, 活かせて, 活気づいて, 淀んで, 深いひろい複雑, 深刻らしい, 渇いて, 滑かな白い, 澄み切った遥か遥か彼方, 激しい感情, 激しくときめい, 無表情な, 照らし出して, 照らし出すやう, 熱くなっ, 熱して, 熱の, 燃えかがやいて, 燃えて, 燦然たる, 物々しかった, 物凄いもの, 物淋しく不気味, 物騒がしくなり, 牽きつける, 独特な, 珍しそう, 甘く懐しく感じられる, 生き, 生活の, 甲高い若い女, 疑われて, 病的な, 痙攣しはじめた, 痙攣する, 痴呆的の, 癒え上って, 発達し, 発達した, 発達する, 白, 白い顔, 白くなっ, 白く或は, 白けて, 皺が, 目に, 目を, 目立って, 眉の, 真白く花弁, 瞬かれたかと, 瞬たい, 矛盾した, 短く束ね, 硬ばっ, 神経が, 神聖な, 空が, 空ろな, 空洞に, 立ちのぼった時, 笑い, 笑いながら, 笑い出したの, 笑つた, 笑は, 笑みて, 符合し, 細長く瘠せた, 結い廻し, 結んで, 緊張した, 緊張の, 美々しく装飾, 美しいから, 美しい大, 美しい娘, 美しい神秘境, 翻り翻り翻る, 耀かせ気味悪, 考え出した, 耳に, 耳を, 聞えたの, 聞えるの, 聞かれますが, 聞き耳を, 胸が, 臭さ, 舌の, 苦しく反抗, 草が, 葉の, 蒼ざめていきなり, 蒼光から, 薄明るく, 薄暗くさびしかった, 蠢かせて, 蠢き小鳥, 蠢めく, 複雑な, 複雑に, 見えたらしい, 見えたらしく不審そう, 見えないでは, 見えますから, 見えるの, 見える彼, 見つめて, 見つめるの, 見て, 見ゆるから, 解釈する, 謎めい, 警報を, 貴ばれたであろう理由, 赤つ, 赤らんで, 赫いた, 赫やかせ, 身を, 輝かした, 輝かせた, 輝かせた後, 輝きあたかも, 輝きその, 輝きなるほど, 輝きはじめて, 輝きました, 輝きを, 輝き蛮的, 輝き首, 輝く, 輝くの, 輝やく, 轟いて, 轟かせたもの, 退化し, 過ぎて, 遠い虚しさ, 鄭重な, 醜怪, 重い地響, 重い玉, 重い鎧櫃, 重苦しく寂しい蟠り, 鋭い閃き, 鋭い音, 鋭き声, 鋭く光らせ, 鋭く光る, 鋭く異様, 録せる, 長いの, 長い外套, 長い尾, 長い黒, 長くなった, 長な, 長目な, 開いて, 間抜けた呻き, 険しくなった, 際立つその, 震えた, 震えて, 震へ, 露骨な, 青い美しい婦人, 静かだった, 静まりかえって, 響いたの, 響いて, 響きて, 響きます, 響き渡った, 響くの, 響く音, 顫えた, 颯爽たる, 飛び出して, 飛び出て, 騒ぐかと, 騒めく, 驚いて, 驚き旨い, 高かつ, 高くひびい, 高くひびいた, 高く結び, 高まつ, 鮮かな, 鮮明に, 黒いこの, 黒く耳, 黒ずんで, 鼻を

▼ 異様~ (237, 7.8%)

6 感を 5 臭気が 4 感に, 臭気を, 風体の 3 形を 2 おかしさ, 光が, 光を, 悪臭が, 感が, 感触を, 熱気が, 行列が, 表情を以て, 音の

1 [191件] いでたち, おそろしさ, お客様だつた, かおり鼻, ことさえ, さけびがいんいんたる木の間に, なき声す, はしゃぎかた, はたらきを, ひびきでその, ひびきを, もので, ものに, ものにて, ゆがんだ表情, ニコニコ笑い, 不安を, 不快な, 世界を, 人である, 人物, 人物が, 人物であった, 人物とは, 人物は, 人物海上より, 人種が, 人間と, 人間な, 光で, 光であった, 光に, 光りが, 光りものが, 光景に, 光景を, 冷光を, 凄味を, 出来事が, 分子を, 刺戟が, 反響を, 口笛まだ, 古墓, 叫びを, 叫び声が, 叫び声を, 叫声を, 味が, 唸りを, 困惑の, 地勢を, 塊に, 塔を, 声が, 声で, 声の, 大船を, 女と, 女の, 妖艶な, 威圧を, 嫉ましさ, 広告めいた, 強項漢なり, 形相を, 彩色絵で, 微笑が, 微笑を, 心の, 心中を, 心持であった, 心理状態である, 念に, 恐怖を, 恐怖長い, 悲痛な, 情調に, 惑乱に, 意味で, 愛着が, 愛着を, 感じが, 感じです, 感じに, 感じを, 感動に, 感動を, 感情を, 感想を, 感激は, 慰藉を, 戦慄が, 戦慄を, 手附で, 扮装に, 扮装を, 排泄孔など, 新議案, 暖かなし, 服装で, 服装を, 朦朧と, 束髪に, 楽しさ, 樹が, 歌と, 武士は, 歩きぶりだった, 毒気を, 淋しさ, 混乱に, 火鉢を, 煙草盆を, 熱塊が, 物の, 物質に, 物音, 物音が, 物音だ, 物音に, 獄吏にて, 獣に, 現象が, 現象でなく, 甘ずっぱいにおい, 生命を, 男が, 男は, 発見に, 目を以て, 相を, 眼で, 眼を以て, 瞬間に, 瞳を, 笑い声でありました, 笑ひ, 経験であり, 絹布類で, 緊張が, 緊張を, 美を, 者が, 者は, 耳を, 肌障りを, 臭が, 臭を, 臭気鼻を, 興味が, 興奮の, 船, 色彩に, 虫であった, 行ないを, 表情であった, 装いを, 触覚を, 言葉づかひなる, 誘惑が, 語気音調耳朶に, 調子が, 諸生物, 赤味が, 跫音を, 連発で, 酒宴を, 里心といった, 鉄の, 錯覚を, 陶器である, 音す, 音を, 音楽が, 音楽なり, 音響が, 響きが, 響きで, 響と, 響の, 響を, 風体で, 風体を, 風俗の, 風態で, 風景に, 風采を, 骨骸化石を, 魅力を, 魚類多し

▼ 異様なる~ (80, 2.6%)

2 光景を, 唸り声を, 臭気は

1 [74件] あの有様, おんの, お眸, きぬぎぬの, は十分説明, は茶微塵, ものの, やうに, ミイラと, 一大勇猛心の, 一群の, 二体の, 人の, 人物の, 光景に, 全体の, 切創あり, 力と, 動物を, 印象を, 叫び, 叫び声と, 器械にて, 声が, 声は, 変化が, 大工事, 天候として, 姿の, 心理を, 恋に, 感情を, 感激は, 感覚の, 感覚は, 扮装し, 持主は, 挙動, 挙動とが, 振舞も, 振舞を, 昂奮の, 景色には, 有様であった, 活躍を, 海底旅行によって, 節を, 紺の, 縁に, 興味に, 船に, 船の, 色を, 花香の, 苦痛を, 蛇ども, 血の, 行動について, 行動を, 衝動も, 衣を, 見物であります, 貴婦人に, 身体の, 鋭き声, 階段に, 面持にて, 音律を, 響に, 響聴を, 香気と, 鳴り物の, 黒一点を, 鼻唄の

▼ 異様~ (20, 0.7%)

1 [20件] いたましかった, ござります, さながら狂暴, すらある, つい噴き出したくなる, はない, は無かっ, ミットモナイ事が, 且妖しかっ, 判断が, 刺激的な, 加十も, 妖しいよ, 横暴な, 温かで, 納得し, 見事な, 言葉の, 詩や, 雑然たるもの

▼ 異様~ (18, 0.6%)

1 [18件] が悪人, だった, でその, とぶきみさ, などを感じた, にもまして, に互に, に妻木右, に私, に自分自身, に身, はいかにも, はわかっ, は忘れる, や, をはじめて, をみせ, をもっと

▼ 異様である~ (9, 0.3%)

1 がこれ, がヨタモノ, が動物園, が然し, が至極, が討伐, ことか, ことは, のに今

▼ 異様にも~ (9, 0.3%)

1 引入れられる様, 感じた, 感じられたので, 映ずるか, 異常にも, 突裂く, 第八, 見えるが, 響かぬらしい

▼ 異様であった~ (8, 0.3%)

1 がため, がはっきり, が永く, が頓着, ことに, ことは, ために, だけに私

▼ 異様な呻き~ (8, 0.3%)

3 声が 2 に似た, 声を 1 が流れた

▼ 異様です~ (7, 0.2%)

31 から誰, がその, なお, よ

▼ 異様~ (6, 0.2%)

1 からやめた, がそれ程, が併, し事実, と言う, なア

▼ 異様だった~ (6, 0.2%)

2 ので私 1 からだ, ことを, ので一座, 駕籠の

▼ 異様ない~ (6, 0.2%)

6 でたち

▼ 異様な光り~ (6, 0.2%)

1 が出羽守, の吸収, をもっ, を放っ, を放つ, 方を

▼ 異様~ (5, 0.2%)

1 いえば, いおうか, いわなければ, するには, 映つたので

▼ 異様な啼き~ (4, 0.1%)

2 声を 1 かただった, 声とともに

▼ 異様であっ~ (3, 0.1%)

1 てこの, てさながら, て妖気

▼ 異様であり~ (3, 0.1%)

1 妖しくも, 言葉は, 風紀上から

▼ 異様なうめき~ (3, 0.1%)

1 がきこえた, を放ち, を発し

▼ 異様なにらみあい~ (3, 0.1%)

1 がつづきました, は一分間, をつづけた

▼ 異様以上~ (3, 0.1%)

1 に不調和, に奇怪, の怪奇以上

▼ 異様きわまる~ (2, 0.1%)

1 景観であった, 狼狽を

▼ 異様でも~ (2, 0.1%)

1 あるから, 奇怪で

▼ 異様とも~ (2, 0.1%)

1 思はない夏, 思わなかった

▼ 異様なあり~ (2, 0.1%)

2 さまを

▼ 異様なかがやき~ (2, 0.1%)

1 が流れた, を眼

▼ 異様なかがやき閃き~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 異様なた~ (2, 0.1%)

1 けりを, のしみ

▼ 異様なひびき~ (2, 0.1%)

1 をたてる, を聞いた

▼ 異様なり~ (2, 0.1%)

1 と感じました, と認めました

▼ 異様なれ~ (2, 0.1%)

1 ば参らず, 拙からぬ

▼ 異様な嘶き~ (2, 0.1%)

1 を聞かせ, 声を

▼ 異様な閃き~ (2, 0.1%)

1 があった, が輝きました

▼ 異様~ (2, 0.1%)

1 なして, 感じないもの

▼ 異様奇怪~ (2, 0.1%)

1 のもの, を極めた

▼1* [62件]

異様ある人相が, 異様かも知れないが, 異様起った, 異様きわまりない光景を, 異様すぎて却って, 異様すぎる感覚だった, 異様った部屋の, 異様であったろうと思う, 異様でしたね, 異様で疑はしい, 異様としてゐなかつた, 異様とは云えまい, 異様どころかじろりと出来る, 異様ないでたちだつた, 異様なうなりを立てた, 異様なうなり声を, 異様なきらめきを漲らし, 異様なこんぐらかりの照り返し, 異様なしわがれ声が, 異様なつたかずらが, 異様などよみを, 異様なねばりと業, 異様なのみこめぬというよう, 異様なふくらみを見せ, 異様なぶッ仆れ, 異様なほえ声を, 異様なもがきぶりは, 異様なよろこびと麻痺剤, 異様なるある妖魔の, 異様なる駈落を, 異様な叫ぶような, 異様な唸る音が, 異様な喚きが人間, 異様な嗄れ声が, 異様な思ひをそそらず, 異様な戦きを醸した, 異様な打ち方を, 異様な泣くとも歓喜, 異様な煤け方である, 異様な田舎びた答を, 異様な痺れるやうな, 異様な粧いをこらす, 異様な耀きをおびた, 異様な追いつめられた様な, 異様な頑張り方を, 異様な頷き方を, 異様な驚くべきもので, 異様な鳴声が, 異様にからだが, 異様にさえ思つたのである, 異様にもの珍らしく, 異様への崇拝が, 異様感じさせずに, 異様ニ幾筋モ走ッテイルノガ認メラレル, 異様風体ヲ, 異様奇体の団員, 異様奇妙な行列, 異様幻覚錯覚倒錯観念に捲き込まれ, 異様とをなす, 異様極まりのない, 異様滑稽なもがき方, 異様異彩なる貴族的