青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「異に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

畢竟~ ~番 番~ 番目~ ~番頭 番頭~ 畫~ ~異 異~ ~異に
異に~
~異常 異常~ ~異様 異様~ ~畳 畳~ ~當 當~ 當時~ 疊~

「異に~」 1339, 14ppm, 7718位

▼ 異に~ (652, 48.7%)

176 ている 57 てゐる 37 ていた 26 て居る 11 てい 9 てゐた 65 ています, ており, てその 4 生活を 3 ているであろう, 気質を

2 [19件] たりき, ていなけれ, ているらしい, ております, てこの, てしまう, てゐ, てゐます, て同じ, て居た, て最も, て来, て準備, 人種を, 伊藤内閣が, 生活状態を, 社会組織政治形態を, 習慣を, 読者を

1 [267件] あまり往来しなかつた, あるいは一日, あるいは遠く, ある評家, いわばうち, かつちよ, かつ支払, これらに, これらの, しかも彼等, したがってその, そしてそれ, その他風俗から, その区別, その朋友, その立言, その際, その面貌, それらが, たり, たりする, たりとの論, ついにその, つつある, つつ一致, てあちら, てあらはれる, てある, ていたい, ていたらしい, ていまし, ていました, ていよう, ているだろう, ておおよそ, ておりましたろう, ておる, てきた, てきわめて, てくる, てしまい, てしまった, てそれぞれ, てたいてい, てともに, てはいた, てはいる, てはまず, てむしろ, てめっきり, てもなお, ても夫婦関係, ても相違, ても逢い, てゐたらう, てゐられる, てクグツ, てソレカラ家, て一, て一宿, て一方, て一時絶交, て一種固有, て争う, て事, て二度, て互に, て人事中専門, て仏教, て住む, て作られた, て例えば, て入り乱れ, て内面的, て出, て刀, て別, て劇外, て北野, て十二日, て十軒十色, て参ります, て古く, て同一, て同時に, て多く, て大学, て客觀, て家業, て対立, て尊長, て居, て居り, て居りまし, て居ります, て居りまする, て平素あまり接触, て広汎, て座する, て循環, て心, て恋, て想膸一, て戦闘区域, て手習せり, て放水路, て文藝, て昨日, て月色, て極めて, て此, て歩武, て死ん, て法, て海棠, て源, て煙草, て爭論, て特に, て現われおる, て生, て生る, て生活, て発達, て發表, て百三十, て目的, て直ちに, て真似た, て破竹, て空間, て突ぴよう子, て立つ, て絶え間, て義, て行われる, て見, て論爭, て越前, て農業者, て迸発した, て通俗語, て連合軍勝利, て銅貨大, て風俗習慣その他, て魂魄, ながらその, ながらなほ, ながら其論理上必須, ながら同じ, ながら私, またはこれ, またわずか, またクイリーノ, また一説, また幾分, また種族, また言語風俗, また過去, クグツの, サクラ湾の, ドイツあるいは, 一も, 一父独立し, 且つ生理的, 主張を, 事実蝦夷ならぬ, 事情を, 二枚貝は, 互いに詈, 以仁王との, 位置を, 住居を, 共同の, 其及ぼす, 其意味を, 冬毛は, 処を, 初めた, 利害を, 前の, 前者が, 口に, 国を, 圖式を以て, 地方的な, 場合を, 売上金高が, 多くは, 多少職業, 夜なかに, 大変朝鮮の, 天使の, 奇鳥異, 如何に, 宗教的信仰を, 実用においても, 少しく北の方, 山の神の, 左の, 左千夫と, 市街および, 希臘イオリヤの, 常に緊張そのもの, 平原広野多く, 平生道義徳操を, 当局者の, 彼に, 彼の, 從つてその, 恋人栄三郎を, 意見を, 愛嬌ある, 或いは分合, 或いは民族, 所を, 支持する, 政治形態を, 教育を, 数千百年の, 新枝, 族を, 旧将軍家, 最も困難, 月球の, 根本的には, 業を, 歴史を, 死から, 民族を, 気持を, 気風を, 流派を, 然かも, 特に殊域, 独自の, 王世貞のは, 王聞き, 理財活計の, 環境を, 生計を, 甲の, 男子女子の, 町はずれの, 皮膚の, 眸の, 社会組織を, 神と, 神を, 私の, 美を, 而し, 芸術的良心が, 詩は, 貧富を, 趣好を, 踊りの, 運炭選炭排水通気動力注, 道程を, 遠く相, 随って, 雑沓を, 雑踏を, 雨と, 風俗習慣を, 飽くまでも徳川, 骨肉の

▼ 異にする~ (436, 32.6%)

12 ものである 11 のは 9 のである 6 ものある, やうに, ように 5 ものが, ものだ 4 ことが, のみならず, ものなり

3 [12件] が如し, という, ところの, につれて異, のみ, もの, ものあり, ものでなけれ, ものと, ものの, 二つの, 多くの

2 [30件] からである, が宋, が故に, ことを, だけである, ということ, という訳, ところあり, ところで, と凶, に従いその, のが, はけだし当然, は勿論, は疑, ものたり, ものたる, ものなりき, ものも, も人, ゆえんの, 唯一の, 国民と, 所以は, 東洋人なり, 民族の, 点が, 異姓から, 者なれ, 者も

1 [268件] あの四人, いよいよ日, いろいろな, か, かという, かの如く, かは何, からしたがって, からだ, からと云っ, かをさらに, かを思へ, がしかし, がだから, が今, が併, が固有名, が官僚, が早い, が消費組合, が清, が湯, が為, が鈴木牧之, くらいのこと, けれどその, ことかく, ことである, ことに, ことによって, ことによってこそ, ことの, ことは, ことも, こと地獄に, こと斯の, こと明白なり, この二つ, ために, だけだ, だけのこと, だけの相違, という感じ, といわれ, ところある, ところあるべし, ところから, ところなり, ところに, ところ多し, とは云, とは思わぬ, と云っ, と同じく, と同様, と断言, と柏軒先生, と申す, と近づい, どんな優秀, にあらず, にいたる, につれ, につれて名称, につれて変動, につれて大きな, につれて屠殺, につれて相違, につれはなはだしく, につれ大いに, につれ相違, につれ著しい, により, により生ずる, に及び, に従って二〇分の一, に従って幾分, に相応, に相違, に管, に至った, に至り, に至れり, に非, のこと, のであ, のであり, のであります, のです, ので言及, のみで, のみである, のみで骨, のみと見れ, のみならす, のみにて権理, のみのこと, のも, の事実を, の場合においては, の奇観, の感あらん, の理由, の証, はその, は其当, は大事變大儀式等, は恐らく, ばかりでなく, ほどかけはなれ, ほどに内部, もので, ものであっ, ものであった, ものです, ものでない, ものな, もののみ, ものの特に, もの同一に, も共に, も其間, も家, も尚, も或は, も此, も現在日本, も矢張り, やうである, ゆえん, ゆえんを, ようだ, ようで, ようである, ような, われわれの, をもってその, をもって人, をもって余, をもはばからなかった, を思へ, を知ら, を知るべし, を見る, を論ず, を辞せざりし, アイヌと, ブルジョアジー自身の, 一種の, 三味線は, 上品の, 世界の, 両個の, 両者の, 中支の, 丸沼及大尻沼と, 事から, 事や, 事を, 二群の, 人々との, 人でも, 人なりという, 人民が, 人生が, 人達は, 他の, 他者性が, 作品を, 侯国以下との, 個所が, 兄弟姉妹の, 光線の, 処あり, 処の, 列国の, 列國の, 別個の, 利用を, 勿れ, 十分な, 原因の, 友だちから, 友達から, 反撥心が, 各部分, 向う見ずの, 唐の, 唐宋の, 国では, 國民, 土地は, 土壌に, 場合が, 場合において, 場合は, 場合も, 夜泣きの, 夫は, 存在者でなけれ, 存在者即ち, 家であります, 實在者の, 小さい凡下, 弁護人を, 当米国, 惡の, 我が国の, 所あり, 所から, 所であります, 所である, 所の, 所以なり, 政府の, 故これ, 故どれが, 故に, 文字を, 新しい世代, 日支人が, 日本に, 日本美の, 植林である, 様に, 欧米の, 民族が, 気の毒さは, 漢の, 点で, 点は, 点も, 無数の, 物部が, 特別の, 現在から, 田口卯吉の, 異姓と, 異邦人, 異部落民, 病裡の, 神官僧侶を, 私には, 程度で, 筈であった, 等なり, 總ての, 繪が, 耄及愚翁本が, 者さへ, 者である, 者なる, 者にさえ, 臍が, 茶室の, 蜀紅などの, 言語が, 言語である, 詩の, 身ぶるいである, 運命を, 長生不老の, 長羅, 門外漢には, 関係は, 関東の, 離ればなれに, 點に

▼ 異にした~ (129, 9.6%)

5 ものが, もので, ものである 4 二つの 3 ものであった, ような 2 のだ, ものと, 使用価値は

1 [98件] あちらの, あの世へ, ある別, がその, がため, ことを, この二つ, この選手, そいつに, それ等の, なんせんす, にすぎない, にほかならぬ, のだらう, のみである, ものだ, ものでなかつたらう, ものとして, ものな, ものに, ものの, オリジナルな, 一家族でございます, 世界に, 世界の, 事柄で, 二元として, 二匹の, 二軒の, 人たちだ, 人の, 人物達が, 体系機構を, 例えば三次, 例も, 例を, 光明を, 全体が, 処である, 別の, 別種の, 原始性を, 古代の, 同列に, 同胞に, 名手が, 境に, 外国の, 天下の, 子ばかり, 子女の, 存在である, 学問である, 安らかさ鋭く, 完成を, 寄与を, 寡黙家に, 幾つもの, 戯曲を, 所が, 政治家も, 文学者の, 新しい一つ, 新なる, 方法に, 時から, 有様と, 本ものである, 本所の, 村も, 架台に, 極めて呑気, 様々の, 江戸市井破, 河域だ, 無数の, 特殊の, 特殊民を, 現はれ, 生気に, 異色ある, 社殿の, 神経が, 私の, 科学の, 移住民が, 精神科学上研究価値の, 美しさ, 胞衣と, 芸術が, 見物も, 述而不作である, 退屈であっ, 遠い異郷, 部落の, 領域の, 骨董趣味が, 鳥で

▼ 異に~ (18, 1.3%)

2 さるを, との信仰

1 [14件] たとえば蕪菁, という, というの故, というも浄土宗, といえ, といふ, といへ, と雖, ムーア博士曰ダンテは, 我の, 是ぞ, 獨り, 知るべし, 豈空しく

▼ 異にすれ~ (15, 1.1%)

2 ば極めて, ば親

1 [11件] どもその, ども之, ども江戸, ども美人, ばこそ両者, ばまた, ば亦, ば大いに, ば相, 何とはなし, 旗太郎を

▼ 異にせる~ (14, 1.0%)

1 [14件] が為め, とその, にはあらずや, に拘らず, はこの, ものである, ものの, ゆえ一括し, テーブルを, 大変改, 性の, 神の, 芸術に, 都市を

▼ 異にしたる~ (12, 0.9%)

2 か終に, 人物なり, 個人的立案なり 1 のみ, は争うべから, ものにて, ものは, 一種の, 背景風俗と共に

▼ 異にしなけれ~ (5, 0.4%)

3 ばならぬ 2 ばならない

▼ 異にせざる~ (5, 0.4%)

2 をえず 1 を得ず, を得ない, を得ないであろう

▼ 異にしたれ~ (3, 0.2%)

1 ばその, ば之, ば其云

▼ 異にすべき~ (3, 0.2%)

1 こと明なり, は当然, は論

▼ 異にしそ~ (2, 0.1%)

1 の円錐花叢, の性情行径

▼ 異にしよう~ (2, 0.1%)

1 とこう, ともお互い

▼ 異にすべく~ (2, 0.1%)

2 要は只類似

▼ 異に~ (2, 0.1%)

1 ざらんや, む

▼ 異にせし~ (2, 0.1%)

1 むべから, ものに

▼ 異にせなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 異にせね~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ばなりません

▼ 異にせん~ (2, 0.1%)

1 とし, やその

▼ 異に~ (2, 0.1%)

1 をくれ, を呉れ

▼ 異に遠慮~ (2, 0.1%)

2 をした

▼1* [27件]

異にいたし目下の, 異にからんで言, 異にしおる者との, 異にしましょうが平生, 異にしますから, 異にし居るところの, 異にし志すところを, 異にし異なる職務を, 異にし違った生活を, 異にするごとき有様で, 異にするごとく謎の, 異にするであろう彼は, 異にする案ずるに蓋し, 異にする無く才に, 異にせりと言, 異につても, 異に乏しかるべけん, 異に假宮を作り, 異に後生気になった, 異にいぶせし, 異にと質, 異に潰れた声で, 異にになぞ, 異に蔑んだ笑い方を, 異に薄暗い軒下の, 異にたりいる, 異に食えまさめしあがれ