青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「番頭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番 番~ 番目~ ~番頭
番頭~
畫~ ~異 異~ ~異に 異に~ ~異常 異常~ ~異様 異様~ ~畳

「番頭~」 4061, 44ppm, 2645位

▼ 番頭~ (1208, 29.7%)

10 彌八 9 新兵衛 8 宗助は, 庄兵衞は 7 ような, 忠吉は, 源助は 6 孫六が, 徳三郎が, 香之 5 勘三郎は, 徳松は, 方へ, 有八, 爲之助は, 言葉を, 話では

4 [15件] 一人が, 久助は, 佐吉は, 前に, 半兵衞, 嘉七は, 孫六は, 平吉が, 彌七, 徳三郎は, 林三郎は, 清七, 源介は, 要助, 顔を

3 [31件] ために, やうな, 伊之助が, 伊八は, 修作を, 利八郎は, 勘三郎を, 友三郎と, 友三郎は, 周助が, 周吉と, 和助は, 嘉助が, 安兵衞が, 市助は, 幸七は, 弥八と, 徳兵衛は, 徳松の, 忠助は, 手に, 持って, 注意を, 清六さん, 爲之助が, 總吉は, 肥田が, 茂兵衞は, 言葉に, 言葉は, 話を

2 [124件] 七兵衞が, 七兵衞の, 与助が, 久助が, 久四郎に, 代りを, 仲左衞門でした, 仲左衞門は, 仲左衞門を, 伊之助は, 伊八が, 伊助は, 伝六が, 佐兵衛が, 佐兵衛は, 佐助は, 佐吉が, 佐吉の, 佐太郎は, 修作が, 傳六が, 元七さん, 元吉, 八方無碍の, 兼吉さんが, 勘三郎さんだ, 勘三郎も, 半九郎, 半右衛門, 又六, 友二郎は, 周助は, 和七を, 和助さんが, 和平が, 品吉が, 善七が, 喜三郎は, 喜八は, 喜八郎さん, 喜助は, 喜助を, 嘉七と, 嘉七などは, 嘉七に, 嘉七寮の, 嘉六でした, 嘉助は, 嘉助も, 外に, 太平が, 孫作と, 孫作は, 孫作や, 孫六これも, 孫六それに, 孫六と, 孫六に, 宗七と, 宗助も, 定助, 市五郎は, 市助が, 平七が, 平吉と, 幸七が, 幸七でした, 幸兵衛は, 庄六が, 庄兵衞が, 弥八が, 彦太郎が, 彦太郎を, 忠三郎が, 忠五郎の, 忠五郎は, 忠助でした, 忠義も, 惣吉も, 愚痴に, 扇三郎だらう, 才八が, 敬太郎は, 文六と, 方に, 方を, 案内で, 泊つた晩に, 清六と, 源助と, 源助を, 爲之助, 理八が, 理八は, 理八を, 甚助は, 祿兵衞が, 祿兵衞は, 筆にて, 總助は, 與七と, 與七を, 茂兵衞が, 藤三郎と, 藤三郎を, 藤六が, 藤六といふ, 要助さん, 言ふ, 言葉が, 言葉と, 話じゃあ, 説明を, 部屋で, 重兵衛, 金之助は, 金五郎を, 金兵衛は, 金兵衛も, 金藏が, 頭を, 顔が, 駒三郎は, 高力伊予守を

1 [698件 抜粋] あわてた樣子, いいとき, いう通り, いなくなったあと, いわば内輪, うらなり面, おことば, お世辭, お前が, お前に, お妾さん, お役付, お高, ことは, ご息女, すること, せいじゃ, せがれに, そうした処, ところへ, なんとも, はつきりし, ひっきりなしの, ひとりの, ほうで, ほかに, ほかには, まなざしの, まわりに, ものが, やつは, ように, ジョージ, スミスさんなんかに, セリョーシカと, ロイドを, 一人で, 一存で, 一寸法師の, 一行が, 七兵衞といふ, 七兵衞どんは, 万兵衛が, 下には, 与兵衛と, 与助へ, 与助を, 並んで, 中からでも, 丸尾さんという, 久七が, 久兵衛が, 久右衛門に, 久四郎は, 九郎助が, 二人までも, 二代目で, 二百點に, 云った通り, 五助でした, 五助に, 五助の, 五郎次は, 仁兵衞が, 仔細あり, 仙之, 仲左衞門, 仲左衞門の, 伊之, 伊之助と, 伊八といふ, 伊兵衞さんが, 伜で, 佐介は, 佐兵衛に, 佐兵衞が, 佐兵衞です, 佐兵衞といふ, 佐兵衞伜の, 佐助から, 佐助といふ, 佐助に, 佐助も, 佐吉から, 佐吉さんといふ, 佐吉で, 佐吉でした, 佐吉と, 佐吉へ, 佐吉を, 侍が, 修作は, 俸給は, 元吉の, 先に, 入れ智慧, 兼七すべった, 兼松が, 内, 内儀さんも, 出して, 出入りする, 利八郎です, 利兵衛と, 利兵衛に, 前へ, 力で, 加助が, 勘七ぢや, 勘七に, 勘三郎が, 勘三郎さんの, 勘三郎だ, 勘三郎でない, 勘三郎どんが, 勘三郎三十五にも, 勘兵衛は, 勘定した, 十兵衛と, 十兵衛どのが, 又その, 又六かい, 又六どん, 友三郎さんも, 友三郎どんと御, 友三郎も, 友二郎さんから, 友二郎さんの, 口入れで, 口真似を, 口辺には, 吉兵衛も, 吉兵衛を, 吉兵衞は, 吉兵衞を, 吉助であった, 同心太田原伝三郎は, 名は, 周助と, 周助の, 周助も, 周吉, 周吉は, 命は, 命を, 命令服従も, 和七はおろ, 和助が, 和助でした, 和助に, 和助の, 和助若い, 品吉さんなどが, 品吉は, 善七さんが, 善七と, 善七を, 喜三郎さんと, 喜之助の, 喜代三の, 喜八これは, 喜八を, 喜八郎は, 喜八郎手代の, 喜兵衛だ, 喜兵衛に, 喜兵衛を, 喜兵衛以下飯焚き, 喜助さ, 喜助もう, 喜助四十五六の, 嘉七どんと小僧の, 嘉六が, 嘉六の, 嘉六を, 嘉助, 嘉助に, 嘉助親子年若, 嘉十郎が, 四郎兵衛が, 四郎兵衛で, 四郎兵衛でした, 四郎兵衛は, 地位に, 声が, 声である, 声に, 変な, 大きな呼び, 天心堂も, 太兵衞が, 太兵衞に, 太兵衞は, 太兵衞も, 奥の手は, 女房と, 如く見られるほど, 始末に, 姿は, 娘が, 娘を, 字の, 孫作手代の, 宇之助からも, 宇之助小僧の, 宇佐美左内に, 宇吉こいつは, 宇吉で, 宇吉でしょう, 宇吉に, 宇吉も, 宇太松これは, 安兵衞とも, 安兵衞は, 宗七を, 宗七手代の, 家で, 家の, 家名を, 川根八十次であった, 左太松と, 左太松どんと, 市五郎に, 市五郎も, 市助と, 市助どんが, 市助どんまで, 市助の, 市十郎が, 平七と, 平兵衞, 平助は, 平吉の, 平吉は, 幸七との, 幸七はさう, 幸七までが, 幸三郎は, 幸作も, 幸八と, 幸八を, 幸兵衛まで, 庄七という, 庄七は, 庄六は, 庄六まで, 庄兵衞あれは, 庄兵衞です, 庄兵衞も, 庄兵衞無口らしく, 庄吉と, 座が, 弥八さんは, 弥八だって, 弥八に, 弥八は, 彌八さん, 彦兵衛チロチロチロと, 彦太郎, 彦太郎は, 彦太郎や, 役割夫婦は, 後ろに, 後ろへ, 後姿を, 徳三郎でした, 徳三郎を, 徳兵衛を, 徳松, 徳松どんと徳三郎さんと, 心中は, 忠三郎は, 忠五郎と, 忠五郎に, 忠兵衞が, 忠兵衞さんと, 忠兵衞です, 忠兵衞は, 忠兵衞月代の, 忠助が, 忠助どんが, 忠助どんです, 忠助の, 忠吉が, 忠吉で, 忠吉です, 忠吉に, 恐縮は, 息子だ, 息子も, 悪手段, 惠之, 惣吉の, 惣吉を, 意志で, 態度が, 扇三郎どんが, 手から, 手には, 手前つくづく, 手前も, 才八で, 才八と, 才八どんです, 才八どんは, 才八の, 才八は, 才八を, 才六でした, 才助と, 才吉などは, 才吉は, 指した千両箱, 挨拶に, 挨拶の, 政どんである, 敬太郎が, 敬太郎さんと, 敬太郎さん山下の, 敬太郎だ, 敬太郎も, 敷いて, 文六これは, 文六さんが, 文六でございます, 文六にも, 文六は, 文六中年者と, 文次が, 文次でした, 文次を, 新築の, 方から, 方で, 方は, 日野クンという, 智惠は, 来たこと, 林三郎, 林三郎どんが, 林三郎も, 林三郎を, 林三郎夫婦も, 様に, 樣子は, 正兵衛が, 正次郎に, 正次郎殺し, 死八千兩の, 死骸の, 死骸も, 死骸を, 毛が, 津田十郎兵衛と, 清六が, 清兵衞だけ, 清兵衞は, 清次の, 清次郎と, 清次郎は, 源介に, 源助といふ, 為に, 爲之助さんが, 爲之助といふ, 爲之助ほど, 爲之助を, 理三郎が, 理三郎は, 理三郎を, 甚助さんが, 甚助でございます, 甚助の, 用助さんと, 用助とが, 用助などは, 用助も, 由兵衛が, 留守に, 番頭ぐらいにしか, 病気が, 白鼠去年生國へ, 盗みや, 目を, 眼の, 知って, 祕藏の, 祿兵衞を, 立去ったまで, 立聞きに, 筆頭が, 答えも, 米吉も, 紙入れを, 細君は, 總助の, 總助四十前後の, 總吉が, 總吉利に, 老爺は, 考慮の, 耳にも, 聞いて, 胸の, 胸は, 胸倉へ, 脇坂山城守を通して, 腕次第, 自己に, 與七が, 與七でした, 與母吉は, 若いの, 苦い顏, 茂七その, 茂兵衞ぢや, 茂兵衞を, 茂助, 茂助爺さんです, 萬七と, 萬七は, 萬次郎から, 萬次郎です, 萬次郎は, 薬罐頭めてれまい, 薬罐頭め何と, 藤三郎万両分限の, 藤三郎萬兩分限の, 藤六だ, 藤六どんで, 藤六に, 藤六も, 藤六を, 行動監視を, 襟髮を, 見たの, 親類だ, 言い値に, 言うには, 言葉だ, 言葉でした, 言葉尻にも, 許しが, 証明に, 話から, 話だけ, 話な, 説明する, 説明に, 證言を, 變な, 貰い湯と, 貸家を, 足音が, 辰さんに, 返事を, 遺骸を, 部屋を, 配偶に, 重二郎さん, 重蔵が, 金三郎と, 金三郎の, 金之助に, 金五郎が, 金五郎さんも, 金五郎は, 金五郎も, 金五郎掛り人の, 金兵衛という, 金兵衞を, 金蔵が, 金蔵です, 金蔵に, 金藏奴うまく, 銀次が, 銀次といふ, 長兵衞, 長左衛門は, 陳じた, 非常信号によって, 面が, 音七は, 音吉どんです, 顏にも, 顏は, 顏も, 顔と, 顔には, 顔へ, 顔色は, 類の, 風が, 風では, 食えそう, 饒舌に, 首へ, 駕籠に, 鶴吉と, 鶴吉手代の

▼ 番頭さん~ (428, 10.5%)

6 のよう 4 のお, の女房, は 3 が, がお, だ, ですか, にお, に渡し

2 [33件] あの娘, あの庭男, お内儀さん, かえ, が來, が嫉ん, が家, が泊つて, が起きた, が降り, が飛ん, その狸囃子, だから, だけか, だけです, でそれから, とお, と一緒, に来, の外, の恩, の言う, の配偶, はあの, はいつ, はそんな, は元気, は居る, は店, は朝, は私, への義理, を呼ん

1 [326件] あの三千兩, あるの, いや斯, おつり, お店, お急ぎ, お悔み, か, かい, かお前さん, かそれ, かと思った, からお, からは後で, から若衆小僧さん, から頼まれ, から頼まれた, か当家, か用事, があった, がいい, がいっ, がいっそ, がおかし, がこの, がさ, がそう, がちゃんと, がはたき, がひょいと, がよく, がよびつけられ, がアッ, が中, が二三日前, が今日, が何とか, が出, が分らない, が取上げる, が喘息持, が土蔵, が娘, が寮, が帰っ, が帳場, が引受人, が急, が感心, が折角, が押し止め, が新しい, が書きとめたけん, が来た, が椿, が死ん, が死んだ, が殺された, が油, が泊る, が流山, が湯, が火, が片言, が物差し, が留湯, が眼, が知っ, が知らない, が私, が突き落した, が粋, が自分, が荷物, が菰, が薬, が見えない, が言う, が買い, が迎え, が金箱, が阪東なにがし, が附い, が顏, が駈け附け, が驛, が黄金, このカンザシ, この下手人, この剃刀, この男, こりゃあどうしても, こりゃ何だい, こりゃ何だえ, こんなこと, こんな細工, さすがに, しっかりしねえ, その刄物, その武家, その通り, そんなに屈託, ただ今, だけはち, だってどうして, だね, ちょうどここ, であったの, でがんすか, でしょう, です, ですが, ですよ, ですわ, でせう, でで, でも, でも呼ん, で商, で此, で現に, というの, といえ, とか葉子, とで御, とは年, とは餘, とひどい, ともかくも, と三人, と久治どん, と争, と二人, と太吉どんと一緒, と孫井筒屋さん, と小僧, と御, と福次郎どん, と私, と話し, どうです, なぞが顔, なら, なら夜, にいう, にお辞儀, にきけ, にされ, にその, になった, になつて, になにか, になりなさい, になる, には事情, には云い, には勿體, には若い, にもあまり, にも申しました, にゃ見えねえ, によく, にわたし, にチョウチン, に一人, に下剤, に云いました, に何, に前田さん, に口, に向っ, に引率, に指図, に無理, に目串, に相談, に睨まれ, に私, に背中, に言われた, に言われました, に言付けられ, に訊い, に訊きたい, に途中, に逢, に逢いたい, に逢っ, に連れられ, に養われる, のほう, の今井さん, の名, の品, の声, の娘, の小用, の後, の御, の御馳走, の思い違い, の悴, の方, の死骸, の泊つた時, の給料, の給金, の耳, の背中, の腕前, の被, の言, の言葉, の話, の身持, の重, はいつも, はお, はお松さん, はお腹, はこの, はそこ, はその, はそれ, はとうとう, はぶらりぶらりと, はぼく, はまだ, はもう, はもうい, はやはり, はウロウロ, は主人, は二人, は云いました, は云う, は人, は今しがた向う, は住居, は例, は去年, は又, は口, は單四嫂子, は夕方, は居ません, は居りません, は崖, は帰っ, は後々, は御, は殺され, は気が付かなかった, は江戸者, は決して, は物, は縛られ, は自分, は船, は良い, は若い, は茴香豆, は葬式, は裏, は言つて, は誠に, は長湯, は離屋, は黒板, まったく誰, もいっしょ, もいなせ, もお, もひどく, も三人, も今晩, も内儀さん, も出かけました, も延び上っ, も目前, も眠い, も神信心, も見物, も途中, も重, も隨分腹, やどうか, やら赤鼻, や久治どん, や小僧, や男衆, らしい人, らしい方, らしくて, ゐ殘, をし, を助け, を去年, を引留め, を御, を怨ん, を手伝っ, を案内, を殺した, を絞め殺した, を誘つて二人, を連れ, ビクビクなさる, 丁度い, 何とかしなけれ, 大變, 実ア盲, 少し訊き残した, 御主人, 忙しさ, 悪い推量, 本當, 泊めて, 泣くな, 熱いよ, 相變ら, 見たやう, 詰らねえ事, 誠に何, 頼むぜ, 黙って

▼ 番頭~ (409, 10.1%)

6 答えました 4 妙な 3 さすがに, 云った, 目を, 答えた, 金を

2 [23件] お世辞, お得意, それを, どうした, また番頭, よくない, ヌラリクラリとして, 二人を, 何か, 何の, 半七, 呆気に, 女中を, 帳場に, 帳場の, 帳面を, 平次を, 棚を, 現糞, 算盤を, 自分の, 自分は, 言った

1 [338件] あわてて, あんまり自分, いいました, いい気な, いったが, いったの, いぶかしげ, いよいよ権, うさんな, うやうやしく町人袴, うるさいとばかりに, ええまあたいてい, えっちら, おじぎを, おじさんを, おずおず訊いた, お咲, お藤さん, お酒, きかない, ぎょっとした, こ, こう云っ, こう答えた, このお客様, この客, この時, この頃男女間, これから三里, さっきから, さっそく丸善, さも困つ, さらに話し, しきりに御, しきりに手柄顔, しきりに揉手, しばらく考えた, しめたと, すぐに, すぐ小僧, すっかり怯え, すっかり顫, すつかり怯え, すつかり持て, そぞろ荒涼, そっと銭, そのきたない, その上, その中, その地金, その外, その帽子, その店, その引き取り, その意, その日, その死骸, その紙包, その言葉, それだけの, それっきり行方知れず, それつ, それでも同業, そんな筈, たくさんの, たずねた, たつた今, だが, だまって, ちらと, てんてこまいを, とにかく一時逃れ, どうなる, どこかへ, どこへ, どさくさまぎれ, なおなお大きな, なかなか落ち着いた, にたりと意味, ぱちぱち算盤, びっくりし, ぴッし, ふるえ上って, ほうそう, まず合点, まず朝, またおじぎ, また自分, まだうしろざま, もう一度絵, もう断わられ, もじもじとして, もどかしがっ, もみ手を, やっといつもの, やむを得ずてれ隠し, やや不審, ようようその, よく話, わざと呼ん, イキが, オロオロし, クリーム色の, プイと, ボール箱を, ワッと, 一冊の, 一大事の, 一寸お辞儀, 一寸言ひ, 一寸頭, 一層の, 丁寧に, 三十七八の, 三河新城の, 上機嫌で, 下つ, 下へ, 不思議そうな, 不思議そうに, 不意打ちを, 世にも苦々しい, 主として秋田生れ, 主人の, 主膳の, 二つ返事だ, 二三度家の, 二等品を, 五十がらみの, 人の, 今しがた出, 今取次, 今迄, 何と言, 何気なく書きとめた, 余の, 例の, 依然ぽかんとし, 俄かに, 充分世才, 先ず隠居, 先代が, 入念に, 全くその, 初めて気, 前から, 前の, 助けられながら, 包みの, 包みを, 半ば酔った, 去つた, 又恐ろしく, 反問の, 口に, 口の, 口を, 古河君と, 可哀想です, 吃驚し, 同じ区内, 呼吸を, 唐箕や, 商売の, 四十がらみの, 困じ果てた, 困って, 変な, 外へ, 多助の, 多年の, 夫婦と, 失望しない, 奇妙な, 奥に, 奥の, 女中へ, 威勢よく, 婦人客の, 子供を, 安心を, 宿帳を, 寮に, 小綺麗な, 小腰を, 小鳥の, 少々くら, 少々くらいの, 少々心得, 少しもを, 少し位, 少し臆病過ぎ, 尻ごみします, 布切五尺の, 帳場で, 平にあやまっ, 平次と, 平次の, 年寄で, 年甲斐も, 幸作と, 店の, 店を, 引きさ, 引き取って, 引下がった, 引込むと, 当惑した, 当惑そうに, 彼の, 彼を, 彼等が, 往来を, 後家の, 心得たもの, 必死に, 怒った様, 怒りました, 思いがけずじきに, 思い切って, 思わず頭, 急げば, 急に, 怪我人の, 怪訝な, 恐らく何, 恐ろしく強, 悦びに, 惡い, 愛嬌を, 愛相よく, 戸口に, 扁平な, 手で, 手を, 押し返して, 揉手を, 敷居外に, 敷居際に, 文子の, 斯う, 早くも, 早口に, 朋輩を, 松吉の, 案外にも, 櫛の, 気が, 河内狭山の, 泣きながら, 泣くよう, 注意し, 灰いろ, 物の, 特別に, 狡い奴, 男ッぷりがよくて愛想が, 留守だ, 留桶新調の, 番頭クラス以外には, 畳みかけて, 白鼠で, 盃を, 盲目な, 真っ蒼, 眼で, 確かに, 社会主義者という, 祿兵衞と, 私が, 私の, 私達の, 秘役である, 稲川の, 立ち辣, 立つて, 立聞を, 笑った, 答えながら, 節を, 粂之助が, 糸織の, 納屋で, 結構な, 続けたが, 義雄を, 羽織の, 肝を, 腹の, 若草の, 苦笑いを, 落付払い, 薄笑いした, 蟲の, 袴を, 見えないやう, 見上げて, 見事な, 見覚えて, 言ふ, 訴えたそう, 話し出した, 語つた, 説明し, 説明した, 赤い顔, 赫ら顔の, 辞儀を, 近いところ, 近所に, 返品は, 通ひでした, 部屋の, 配つて橋の, 酔っ払いを, 金で, 金之助の, 鈍感な, 鈎を, 長年母の, 閾へ, 階下から, 階段ぎはの, 障子を, 難渋らしい, 青くなりました, 非常な, 非常に, 面白い, 頻りに心配, 顏を, 顔を, 飛んだ厄介者, 首代と, 駕籠に, 驚いて, 鼠の, 鼻の

▼ 番頭~ (378, 9.3%)

4 やって来て, 出て, 顔を 3 持って

2 [20件] ここへ, それに, 云ふ, 勝手に, 唯一人帳合を, 声を, 小僧に, 小僧を, 帰って, 心配し, 手を, 正直に, 眺めます男女, 私を, 空世辞を, 立去ると, 行って, 言って, 話して, 骨を

1 [323件] あっけに, あって, あの飲んだくれ, ありますと, あわてて, いいました, いうから, いうには, いうにゃ, いたこと, いたので, いっさい引き受け, いる, いるから, いるが, いるという, いるので, いんぎんに, うんと取込ん, おったので, おりましたん, お得意先, かげから, こいぎになつて云つたツけが, こっそり彼, ご本家, さすがに, して, じっと私, すぐ走っ, すっきりし, すっくと立, すっぱい面, そういっ, そう云っ, そう答える, その箱, その頃, それから, それへ, そんな事, たつた一人, たまたま店, ちょうどやって来た, ちょっと出ました, ちょっと起し, ちよろまかし, どう云う, なおも交, ぬかしたん, はっきりする, ひそひそ話し合っ, ひと月まえ, へどもどし, ぼんやりし, また催促, また奇怪, また戻っ, また頭, まだ, むかへに, もどると, やつて, やはりチューインガム, やはり彼, ゆうべから, よく見, よちよち歩い, らしゃめんの口, わたくしの, ゐる, キュッと, クビに, ズイと, テンテコ舞を, ピリピリし, ホールの, 一人, 一人しょんぼり, 一人の, 一人ぽつねんと, 一人女客を, 一人居眠りを, 一人鳶頭が, 一切を, 一夜の, 一時に, 一番怪しい, 一緒に, 一言に, 丁寧な, 七八人並ん, 三反持っ, 三郎さんを, 上り口へ, 上目を, 下へも, 並べて, 主人に, 主人宗右衛門の, 主家を, 主張する, 久我さんでしたら, 事業の, 二三人そこここに, 二三度眼を, 二人まだ, 二人ゐる, 二人揃つて出かけた, 二度めに, 云った, 人に, 今度も, 今朝歩いた, 仲裁に, 佐野槌まで, 何ごころなくしゃべった, 何処かの, 何時の間にやら, 來て, 來る, 個人で, 備へて, 先導にな, 入つて, 入口を, 出てから, 前ぶれし, 前夜主水之, 十露盤を, 千疋店の, 厭な, 去ると, 去年の, 又大声, 取りすがるよう, 取り出したの, 取り出して, 取次ぐのももどかしさうに, 口を, 右ひだりから, 各年給百五十両, 合槌を, 向うへ, 向こうから, 呑込んだ, 呟いた, 周章てて, 呼出されて, 命を, 囁やくと, 四五尺する, 四五年まえ, 因業で貸し, 國綱の, 変な, 大いに感激, 大分溜め込ん, 大尽遊びを, 大得意, 大泉と, 奧と, 始末を, 始終の, 嫁の, 宿帳を, 小用に, 少なからず, 居た, 居まして, 居ります, 居りますが, 己ア宅へ, 帯地の, 帰つた後で, 帰る早々, 帳合を, 帳場から, 帳場に, 幾人か, 広海屋, 店から, 引きと, 彼れ, 彼女を, 応対し, 怒った, 怪しいぜと, 怪しいと, 怪しいという, 怪しいといふ, 怪しからん小僧, 恐る恐るやって来, 悪いほど, 悪いわけ, 惡者とは, 意気にも, 愚図, 感心し, 持つて, 指した, 挨拶に, 控え元通り電燈, 控へ, 揉手を, 新柄の, 月並の, 本當, 来た, 来たと, 来て, 来は, 案内し, 模様を, 欲しいもの, 止めたんで, 歸つた, 殺されて, 殺されましたよ, 殺されると, 気を, 気軽に, 沓脱の, 治郎助を, 注を, 注文取りに, 浅草で, 消えて, 湿った掌, 瀬戸物町へ, 熟睡し, 片手に, 物惜み, 特に日蔭, 狼狽しました, 現はれる, 甚兵衛と, 申しますには, 申し述べるもの, 病気に, 目的だった, 直ぐに, 直ぐ私, 直ぐ見付け, 眞新しい, 真先にな, 真新しい油, 睾丸火鉢を, 知つてる, 知らせて, 知らん顔を, 確っ, 立ち上が, 立ち上がって, 立ち去る跡, 立ち會つ, 立って, 立つて, 立上る, 端近の, 笑ひ, 答えた, 答える, 築地, 粕谷主任と, 紐の, 細引を, 絞殺され, 繰返して, 羽根を, 耳に, 聞きつけて, 肩が, 腕を, 腰を, 腹まで, 腹を, 臺の, 色々ならべ, 艶書を, 若旦那に, 若旦那の, 草履を, 蔵から, 蔵の, 行つて見る, 行儀よく, 裸躰を, 襖から, 要談に, 見せて, 見たてて, 見て, 見るとも, 見付かりさ, 見張つて, 見立てて, 言った, 言ったよう, 言つた, 誂へる, 誘いに, 説明した, 警官の, 賀川市長に, 走り出て, 足音忙が, 這入つて, 通る二人, 道具屋の, 遮った, 金子一封を, 金離れの, 長い節, 長く勤まらない, 階上階下を, 隱し, 青くなった, 頭から, 頼み易く, 飛び込んで, 飛んで, 首が

▼ 番頭~ (234, 5.8%)

9 案内され 7 頼んで 4 訊くと 3 任せて, 別れて, 案内させ

2 [13件] ことわって, しろ暖簾, なった時分, なり濟, 乗ッ, 念を, 渡して, 用が, 番頭に, 疑ひを, 訊いた, 負はせ, 逢って

1 [179件] あてて, いいつけ終わりて, いいの, いわして, うめさせとるが, かえした, きいて, きかれて, こう口, こう注意, ここに, さそわれて, した, しちゃあ, しちや, してやるといふ, しようと, すぎなかったし, そう吐かせ, その記入帳, たずねました, ちかい司令席, つとめて, つぶやく, つれられて, どこか, なったが, なったところ, なったので, なった年, なった石川阿波守, なって, なつた, なりまたは, なり人相, なるがい, なること, なると, なるとき, なると共に, なる訳, なれば, なれると, はじめて興味, まかせたが, まかせ勝ち, まかせ支配人まかせ, まず私, むかえるからという, やたらに, 七匹買へ, 三十円などと, 下駄と, 云った通り, 云はれ, 交渉し, 人物が, 今一寸一語か, 会って, 会やあ解るこった, 伺いを, 似た作家, 何だ金子, 何と言う, 何事かを, 使い込まれ次に, 出世が, 出世した, 切符を, 助けられながら, 化けたって, 化けた帆村, 化けた平次, 千円も, 取り巻かれて, 取次がせて, 叩き起されて, 叱られ茂八, 向い, 向い主人, 向って, 向つて, 呉れて, 問いかけた, 問いました, 嘲弄され, 声を, 姿を, 寄せて, 少しばかりの, 山小屋での, 帯を, 店の, 引かされて, 引揚げられ, 引率された, 彼の, 御取立, 心を, 急に, 手を, 手紙を, 托し必要, 掛合ふと, 揃いの, 明日西山行の, 會つて帳面の, 来て, 止められて, 残って, 残ってるかと, 気を, 注意される, 注文する, 生れ付いたやう, 申し訳な, 異なこと, 発見された, 目の, 知れないよう, 礼を, 紹介される, 絡むの, 聞いて, 聞かされ罪, 聞かしたらという, 聞くと, 聲を, 背中を, 背負わせて, 脊を, 膏を, 自害を, 色気を, 荷物を, 行って, 褒めて, 見せたの, 見せるまで, 見つかって, 見とがめられて, 見咎められぬよう, 言つたのは, 言つても, 言ひつけられ, 訊いて, 訊いても, 訊きました, 訊く迄も, 訊ねて, 訊ね廻らせて, 許して, 話して, 話すと, 誘惑され, 買うと, 贈物を, 蹴られて, 蹴飛ばされそう, 轉じた, 轉職した, 近いところ, 返れるもの, 送られて, 逢ったが, 逢つて正月以來かの, 逢ひ, 逢ふ, 逢わせて, 連れられるまま, 進んで, 遣るの, 邪魔する, 金を, 限ること, 陞って, 頼むと, 食われて, 黙って

▼ 番頭~ (169, 4.2%)

17 呼んで 11 相手に 7 して 5 勤めて 4 つとめて 2 よび出して, 刺して, 前に, 呼出して, 押しのけて, 殺したの, 殺して, 連れて

1 [109件] あんなに黒ん坊, いたして, お勤めに, かえすと, ここへ, こころざして, こちらへ, こっそり家, こっちの, させて, しながらも, しり目に, するん, つとめた人, つれて, はじめ小僧たちにまで, みかえると, もって, やったり, やって, やってる, やつた, やる, やるから, よんで, ハカした, 一人つけ, 一人つれ, 一人泊める, 下手人と, 主人の, 人身御供に, 代へ, 伴って, 促して, 傭って, 出して, 加えて, 勤むる二年僅に, 勤めなお, 勤め叙爵, 十何年も, 口説いて, 口車に, 召連れ, 同道致しまし, 呼だす, 呼びお金, 呼びつけて, 呼び寄せ, 呼び寄せました, 呼び招くと, 喚ぶと, 噴出させなくっ, 嚇かせ, 外へ, 妹に, 威かせと, 安心させた, 寄越したと, 尻目に, 帰した, 帰しました, 引っかけて, 引っぱたいて, 引っ張り出して, 怨んで, 憎む気持, 手で, 手なず, 手まねきした, 振り返つて, 振返った, 捕まえて, 攻めつけたに, 旦那に, 案内し, 歸し, 殺した, 殺したと, 殺した剃刀, 殺し夜光, 母屋へ, 無理だ, 疑つて, 目がけて, 目当てに, 睨みながら, 睨み奥, 睨んだよ, 立たせました, 見た, 見張って, 見張つて, 見送って, 見送つて, 解雇し, 詰問する, 説きつけて, 調べたいの, 起し私, 迎えた, 返して, 送り出すと, 逐い出し独天下, 遠ざけてから, 附けて, 驚かせたこと, 驚かせました

▼ 番頭~ (117, 2.9%)

5 一緒に 3 何か

2 [12件] いっても, いふよりは, 三人で, 二人で, 同一あたりの, 女房の, 小僧は, 小僧を, 押し問答を, 白い眼, 相談の, 称して

1 [85件] いうよりは, いえば, いふと, お国, お安が, お富, した, その他三人, それから利三郎, なし行商, なったが, なって, なにか掛け合っ, なり家族及親戚朋友, なり店, なると, なるべくあるいは, やや暫く評議, やり合つて, サーシャとが, 一しょに, 一所だった, 三次来る, 下女だけで, 下女と, 下女の, 並んで, 主人が, 久兵衛の, 二人の, 二人暮らしだ, 二人物々しく, 云っちゃ, 云ふ, 仲の, 仲人夫婦が, 作者を, 八五郎の, 出会いを, 向き合った, 向ふ, 女中とが, 女中頭か, 女房を, 小僧が, 小僧とが, 小僧の, 小僧達の, 帳合に, 張り合って, 役附には, 心中した, 思いのほかに, 思はれる五十恰好, 手代と, 手代は, 打ち合わせの, 掛け合って, 揉んで, 旅装束の, 殺した神様, 清子の, 父母と, 申すに, 申すの, 男の, 男衆だけでも, 目を, 相談し, 致す, 若い者, 若い衆が, 若い衆掛け, 行きあわせたこと, 話して, 話を, 語るの, 貴方の, 通弁を, 道楽者の, 道樂者の, 金三郎と, 馬子が, 馬子も, 鳶頭を

▼ 番頭~ (105, 2.6%)

6 手代も 3 女中も, 小僧も 2 それを, 早速の, 首を

1 [87件] あったもの, あまり正直, いずただ, いる手代, おどろいた, おりますゆえ, お常さん, ぎょっとした, ここでは, そう言い切ります, そのわけ, そばに, つり込まれ, なくその他, のけ反るほど, びっくりし, まいりまして, また一家, また爪先, もはや全く悪党, ガラツ八も, 一々丁寧, 一しよ, 丁稚も, 三番番頭の, 中, 云ったが, 京都弁で, 人間の, 何かと相談, 何を, 俄かに, 傍へ, 入った, 入交りで, 全く度胸, 其の頃大名, 内心ひそかに, 分りましたから, 初めて発見, 半纏の, 参り達磨茶屋, 又おどろいた, 同じ道樂, 同時に世, 呆れて, 大きに気, 大袈裟だ, 女主人も, 妙な, 嬉し泣きに, 寄附金を, 居る, 帳場から, 廊下に, 必要である, 怒り出し無茶苦茶, 急に, 意気まい, 愛くるしく若衆, 揃って, 支那の, 教へ, 欠かせない, 甥も, 申して, 男, 皆んな追い出され, 皆揃っ, 眼を, 知らないらしかった, 知らないん, 私なんどにゃ, 私の, 笑ひ, 腹の中では, 花道の, 若主人, 見ず知らずの, 覚悟し, 記憶せず, 許さんぞ, 間抜けぢや, 頭を, 食えなくなる, 馬子も, 驚いて

▼ 番頭~ (76, 1.9%)

6 小僧が 5 小僧の 4 手代の 3 女中たちが, 女中に, 手代や 2 女中たちの, 手代が, 若い者

1 [46件] 丁稚が, 丁稚を, 主人に, 主人にも, 人夫たちそれに, 伜が, 何か, 内儀の, 印物を, 売子は, 奥の, 女たちは, 女中など, 女中の, 女中は, 女中も, 女中や, 女中頭も, 女将から, 妾達に, 婢達が, 子僧達, 客分当時の, 家中の, 小僧から, 小僧さん達が, 小僧は, 小僧達が, 小僧達の, 帳場の, 店の, 弟の, 手代と, 手代にも, 手代達によって, 支配人に, 支配人や, 書き役, 朋輩の, 男衆などの, 職人などが, 親類が, 親類の, 親類もよ, 足軽頭を, 金三郎お

▼ 番頭~ (39, 1.0%)

2 殆ど三日に, 用心棒を

1 [35件] あつた, あつて, あの前後, いちど妻に, おとうさんの, お召ずくめか, この事件, この男, ござりやす, その子, それは, まっくろい面, ノラクラ暮し, 三角太郎って, 代表される, 伊助の, 初太郎という, 利兵衛という, 和吉と, 品吉三十そこ, 夢の, 奴婢は, 常吉とか, 年に, 年を, 幸吉さんといふ, 御立腹, 悪ければ, 現代に, 番頭であり, 番頭ながら, 精, 胴巻に, 親の, 魚釣りの

▼ 番頭から~ (33, 0.8%)

2 小僧まで

1 [31件] きびしく叱られた, こう言われ, この店, これだけ, てつきり, もらった拾円紙幣二枚, 丁稚から, 上等の, 主人への, 二十四五の, 云うと, 仕上げた善兵衛, 仕上げた善兵衞, 冷淡に, 別に話, 受け取つて, 叱言, 小僧から, 小僧に, 小僧達まで, 弍拾円の, 意外な, 聞いた, 聞いたが, 聞いた人相, 聞いて, 聞きこんだある, 若い者, 言いかけられて, 金を, 靜かに

▼ 番頭らしい~ (23, 0.6%)

3 のが, 男が

1 [17件] ことを, このみで, 一克さで, 事が, 二人の, 四十五六の, 四十恰好の, 実体な, 怪しき男, 服装の, 物柔らかな, 男は, 男やが, 着物や, 立派な, 背広服の, 風采で

▼ 番頭新造~ (23, 0.6%)

2 のお, の瀧, の綾浪

1 [17件] から此, が, が吉六, が花魁, というもの, とヒソ, にし, の手, の掛橋, の若浪, は出, は極, は泣き, は親切, へ話, や何, を呼ん

▼ 番頭~ (21, 0.5%)

1 [21件] が一年, が土蔵, が土藏, が存する, が言, にしろ, には却って, に知らさず, の寝, の居る, の怒鳴り, の行手, はこの, はようやく, は夢中, は必要, も主人, も岩見, も親類方, も近所, を眺めました

▼ 番頭~ (19, 0.5%)

2 何かに, 若主人

1 [15件] え, その実お, びつくりした, 三河万歳の, 何か, 何かと, 何んかの, 女が, 女中かが, 女中に, 手代と, 手代は, 手代みた, 美男が, 酒を

▼ 番頭たち~ (18, 0.4%)

1 [18件] が, がこんな, が旗, が演, であった, とそんな, と友達, と空腹, のお, のなか, の目, の話, はこの, はみんな近く, は強硬, は彼, は必ず, は戦々兢々

▼ 番頭小僧~ (15, 0.4%)

1 [15件] から出入り, がしきりに, とも十人, と一緒, と娘, のほか, の七八人, の店, はした, へ厳命, までも写実, まで総出, も不安, をあわせ, をはじめ

▼ 番頭~ (15, 0.4%)

1 [15件] ということ, として働い, として働く, になっ, になり, にもなれ, に通っ, のお, の山口, の徴兵検査, の木戸, の松崎, の清助, の老人, の馬春堂

▼ 番頭~ (14, 0.3%)

1 [14件] か亭主, がもと, が三十年, つけ届けは, つたと, という男, という話, といふ老人夫婦, とも盗賊, と云う, と言った, と言つた山, な, ね

▼ 番頭ども~ (14, 0.3%)

2 を呼びあつめ

1 [12件] がきき出し, が申し, には内証, に大抵, に聞いた, のかけ合い, は兢々, は少し, は睨ん, も心配, を相手, を自身番

▼ 番頭という~ (13, 0.3%)

4 のは 1 ことが, のが, ような, ような云い, 奴を, 役を, 役廻りまで, 才助の, 風に

▼ 番頭手代~ (13, 0.3%)

2 が磁石

1 [11件] から芸妓幇間, と掛合, などを捕, に包圍, に町内, の熊鷹共, は決して, もうそれ不心得, をはじめ下婢下僕, を見まわした, を駆り集め

▼ 番頭として~ (10, 0.2%)

1 お紋, まかせられるもの, 不破の, 今日の, 住みこんで, 立派に, 羽織袴の, 詰めて, 辛辣な, 金勘定や

▼ 番頭さんお前さん~ (7, 0.2%)

2 が一番, の着物 1 が下手人, は何と, は大層

▼ 番頭でも~ (7, 0.2%)

2 年も 1 なければ, ゆるしが, 他人は, 福次郎でも, 起きて

▼ 番頭には~ (7, 0.2%)

1 まあ一円, 不向きらしく見えます, 不適当, 何の, 危機が, 打ち開けなかつたの, 色男型とは

▼ 番頭にも~ (7, 0.2%)

1 して, 信用の, 小僧にも, 打ち明けられないので, 按摩の, 解りません, 解ること

▼ 番頭です~ (6, 0.1%)

1 がこの, がともかく, が死骸, し末, ね, の女中

▼ 番頭とも~ (6, 0.1%)

2 掛り人とも 1 ある嘉十郎, いわれる大, 思われるその, 用心棒とも

▼ 番頭代り~ (6, 0.1%)

2 に使っ 1 に働い, に帳, に打, をやつ

▼ 番頭女中~ (6, 0.1%)

1 などが浴場, などにワタリ, に至る, のほか, ドキドキ光る, 悉くが

▼ 番頭~ (6, 0.1%)

1 で立, の司事, の百圓, の者, を引受け, を致しやす

▼ 番頭殺し~ (6, 0.1%)

2 の下手人, の曲者 1 と脈, は前

▼ 番頭脇坂山城守~ (6, 0.1%)

1 がせき込ん, が源助町, の屋敷, はここお上, は不, 及び残余十三名

▼ 番頭~ (6, 0.1%)

3 の男 1 な男, に前垂掛, もある

▼ 番頭だった~ (5, 0.1%)

1 ことは, んだ, 佐枝竹蔵の, 父宇右衛門の, 男が

▼ 番頭とが~ (5, 0.1%)

1 あくどく揶揄, 不義を, 案外に, 狎れ合いでうまく, 申立てた

▼ 番頭とは~ (5, 0.1%)

1 その下敷, 並んだ, 大抵その, 表向き夜盗の, 顔馴染だ

▼ 番頭にな~ (5, 0.1%)

1 つた年の, つた石川阿波守總恆の, つてしまつて居た, つてゐた, つて入る

▼ 番頭~ (5, 0.1%)

1 さう言つて, 会釈を, 声を, 持つて, 母は

▼ 番頭久四郎~ (5, 0.1%)

1 は一枚, は友達二人, は名刺, は徳市, は証人

▼ 番頭十兵衛~ (5, 0.1%)

1 がそわそわ, です, に当然, の影, は先代

▼ 番頭~ (5, 0.1%)

2 よりも子分衆 1 としてこれ, に問いかけた, も子供たち

▼ 番頭野郎~ (5, 0.1%)

1 がこう, が持つ, が離屋, の策略, は自分

▼ 番頭さん私~ (4, 0.1%)

1 が暗い, と三人, は唯今, は早立ち

▼ 番頭さん達~ (4, 0.1%)

1 だ, と御, は, もみんな

▼ 番頭である~ (4, 0.1%)

1 から熊の胆, ことは, ためには, 錨健次殺しと共に

▼ 番頭とを~ (4, 0.1%)

1 亡き者, 亡した, 奥の, 認めるだけ

▼ 番頭などに~ (4, 0.1%)

1 つかまるの, 洩らすわけ, 甚だ縁, 聞いて

▼ 番頭ふう~ (4, 0.1%)

2 の男 1 であること, なの

▼ 番頭みたい~ (4, 0.1%)

2 なもの 1 な二人連れ, に米

▼ 番頭~ (4, 0.1%)

1 に対して面目, は嘆い, は帰っ, も心配

▼ 番頭任せ~ (4, 0.1%)

1 でよい, で毎日植物, にし, 五十五六の

▼ 番頭吉助~ (4, 0.1%)

1 でかれは, はなに, はもう, は立ちどまっ

▼ 番頭手代達~ (4, 0.1%)

1 にも逢つて, の手, もただ, も戻

▼ 番頭金兵衛~ (4, 0.1%)

1 が下総, が呪い, が来合わせる, である

▼ 番頭さん何~ (3, 0.1%)

1 か紛失, と言っ, にか望み

▼ 番頭その~ (3, 0.1%)

1 かげから, 下の, 嘉六が

▼ 番頭であった~ (3, 0.1%)

1 が主家, のを, 情夫と

▼ 番頭では~ (3, 0.1%)

1 この店, ないの, 店の

▼ 番頭といった~ (3, 0.1%)

2 ような 1 風の

▼ 番頭といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 心あた, 風態の

▼ 番頭との~ (3, 0.1%)

1 ことである, 問題で, 関係についても

▼ 番頭~ (3, 0.1%)

1 のである, ので彼, んていう

▼ 番頭ひとり~ (3, 0.1%)

2 と小僧一人 1 と若い

▼ 番頭まで~ (3, 0.1%)

1 出られなくな, 犬ころの, 笑つた

▼ 番頭~ (3, 0.1%)

1 がなにか, が案内, の話

▼ 番頭初太郎~ (3, 0.1%)

1 てえの, はその, を釘抜藤吉

▼ 番頭夫人~ (3, 0.1%)

1 の顔, は口, は小さな

▼ 番頭~ (3, 0.1%)

1 ちょいと, に向っ, の者

▼ 番頭正次郎~ (3, 0.1%)

1 とは元, の死体, の顔

▼ 番頭清六~ (3, 0.1%)

1 が殺され, と判つたの, と植木屋

▼ 番頭~ (3, 0.1%)

1 にまかせる, のあらゆる, へも詫

▼ 番頭風情~ (3, 0.1%)

1 が人, が心得おる, に対しても頭

▼ 番頭~ (2, 0.0%)

1 へ見た, 己を

▼ 番頭さんあれ~ (2, 0.0%)

2 だけの鋸引き

▼ 番頭さんそれ~ (2, 0.0%)

1 に相違, に高橋定次郎氏

▼ 番頭さんちよい~ (2, 0.0%)

1 と見せ, と訊き

▼ 番頭さんぢ~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, やない

▼ 番頭さんみたい~ (2, 0.0%)

1 な人, な四十男

▼ 番頭さん何處~ (2, 0.0%)

1 に寢, へ行

▼ 番頭さん俺~ (2, 0.0%)

1 は斯, は確か

▼ 番頭さん隱~ (2, 0.0%)

2 さずに

▼ 番頭じゃ~ (2, 0.0%)

1 ア仕様が, ア店の

▼ 番頭だけに~ (2, 0.0%)

1 小力の, 薬鑵あ

▼ 番頭だけは~ (2, 0.0%)

1 近くに, 運よく

▼ 番頭でなく~ (2, 0.0%)

1 ても古河市兵衛, て勝造

▼ 番頭とか~ (2, 0.0%)

1 支配人を, 旦那とか

▼ 番頭とで~ (2, 0.0%)

1 おれを, 虐めたので

▼ 番頭なお~ (2, 0.0%)

1 くわしくいえ, くわしく言え

▼ 番頭などが~ (2, 0.0%)

1 やって来て, 集つて花を

▼ 番頭などは~ (2, 0.0%)

1 これを, 比較に

▼ 番頭なども~ (2, 0.0%)

1 根気よく, 繰り込まぬ人気

▼ 番頭なら~ (2, 0.0%)

1 ば格別, 梅吉の

▼ 番頭にでも~ (2, 0.0%)

1 内々で, 訊いて

▼ 番頭ばかり~ (2, 0.0%)

1 だ, ぢや

▼ 番頭までが~ (2, 0.0%)

1 倉地と, 僕にも

▼ 番頭よい~ (2, 0.0%)

1 公僕さ, 公僕そういう

▼ 番頭よりも~ (2, 0.0%)

1 もっとげびてる, 山の神の

▼ 番頭らしき~ (2, 0.0%)

1 が若者五六人, が言う

▼ 番頭一人~ (2, 0.0%)

1 で取計らっ, の頭

▼ 番頭~ (2, 0.0%)

1 がそこら, の番頭

▼ 番頭今居定助~ (2, 0.0%)

2 と申す

▼ 番頭伊之助~ (2, 0.0%)

1 は少し, は酢

▼ 番頭伊八~ (2, 0.0%)

1 と共にお, を殺し

▼ 番頭佐吉~ (2, 0.0%)

1 だつたこと, に家事一切

▼ 番頭佐太郎~ (2, 0.0%)

1 が人目, は翌

▼ 番頭兼用人~ (2, 0.0%)

1 から勘定役頭取, に進ん

▼ 番頭勇蔵~ (2, 0.0%)

1 が入牢, のせがれ

▼ 番頭~ (2, 0.0%)

1 が蟷螂, 早く電流

▼ 番頭嘉助~ (2, 0.0%)

1 が行商, の忰

▼ 番頭奉公~ (2, 0.0%)

1 した三藏, 致して

▼ 番頭奥野将監~ (2, 0.0%)

1 と手, 同じく河村伝兵衛以下六十余人

▼ 番頭~ (2, 0.0%)

2 助の

▼ 番頭小僧ども~ (2, 0.0%)

1 は七兵衛, 乗り込み来りて

▼ 番頭小僧ら~ (2, 0.0%)

1 はドーッ, まで主人

▼ 番頭川根~ (2, 0.0%)

1 の語る, をよん

▼ 番頭徳三郎~ (2, 0.0%)

1 と申す, の話

▼ 番頭忠助~ (2, 0.0%)

1 の評判, 書き役

▼ 番頭感心~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 番頭手代小僧~ (2, 0.0%)

1 まで十七人, まで合わせる

▼ 番頭手前~ (2, 0.0%)

1 も一緒, も怪しから

▼ 番頭支配人~ (2, 0.0%)

1 に生糸店, を生ずる

▼ 番頭殿~ (2, 0.0%)

1 この気狂い, ノコノコと

▼ 番頭總吉~ (2, 0.0%)

1 の外した, の導くま

▼ 番頭~ (2, 0.0%)

2 助が

▼ 番頭近所~ (2, 0.0%)

2 の衆

▼ 番頭重三郎~ (2, 0.0%)

1 は川, は気の毒

▼1* [336件]

番頭あののつ, 番頭あり手代あり, 番頭いずれ劣らぬ達者, 番頭高という, 番頭かと云って, 番頭かという噂が, 番頭からは平次は, 番頭からも聞いたと, 番頭がっぱと泣き伏し, 番頭ぐらいにしか思って, 番頭この間はいかいお世話になっ, 番頭これへ出ろ, 番頭これ亭主は居る, 番頭さえ気の, 番頭さまから特に, 番頭さんあなたが盃, 番頭さんお寺の方, 番頭さんきみは二十面相, 番頭さんこはされた, 番頭さんこれはぜん, 番頭さんそいつは違, 番頭さんたちはとなり, 番頭さんだつて新助, 番頭さんオイお願えだ, 番頭さんコこの餓鬼, 番頭さん一人ということ, 番頭さん中を改め, 番頭さん今晩奉公人も親類, 番頭さん今朝ここを開けた, 番頭さん先代御主人, 番頭さん品川の大黒屋, 番頭さん土蔵の中, 番頭さん大仰な, 番頭さん奥へ行っ, 番頭さん始め若い衆から朋輩衆, 番頭さん子分の者, 番頭さん市松に直ぐ, 番頭さん御新造さん案内して, 番頭さん御無沙汰をしました, 番頭さん心配には及びません, 番頭さん数は減っ, 番頭さん文七でございます只今, 番頭さん昨夜はお客様, 番頭さん曲者の見, 番頭さん構はない, 番頭さん此処へ出ろ, 番頭さん此奴は道連, 番頭さん派出婦人会其他七八軒の会社員, 番頭さん濟みませんが, 番頭さん犬の糞, 番頭さん珊瑚が無えと, 番頭さん番頭さんビクビクなさる, 番頭さん私ア道連の小平, 番頭さん自身がいつも, 番頭さん藤屋の跡, 番頭さん誰にも漏らす, 番頭さん變な事, 番頭さん貴方は算盤, 番頭さん遠慮すること, 番頭さん野村徳太郎氏に案内, 番頭さん金を集める, 番頭さん銭形の親分, 番頭さん錢形の親分, 番頭さん雨戸をすっかり, 番頭さん鳶頭又御, 番頭さん鼠小僧の御, 番頭て居る, 番頭したがって愚楽ごとき, 番頭そのものが余, 番頭それから勇みの鳶の者, 番頭それでこれは, 番頭たる郡長の, 番頭だいこン爺い, 番頭だけ居るん, 番頭だって蔑しやが, 番頭やない, 番頭でありながら主家, 番頭であろうとし, 番頭でございますがその, 番頭でさえ従来の, 番頭といつてもあまり, 番頭とかいう隣家の, 番頭としか見えぬよう, 番頭としての職がらが, 番頭としても相当の, 番頭とてそこまでは, 番頭とではこう違うだ, 番頭とでもいっしょに, 番頭とに於ても, 番頭とやらがつべこべと, 番頭とより外見えぬ, 番頭どんは和平さま, 番頭どんともあらう, 番頭どんわしは奥, 番頭どん小僧たちも, 番頭ながら三十万石といふ, 番頭などならメリヤス, 番頭などといふ私自身とは, 番頭などにも平気で, 番頭などの耳に, 番頭などをのせ川波, 番頭なるものに, 番頭なれどこれ, 番頭なんぞは算盤まで, 番頭なんていうもの, 番頭にとって同じ経験, 番頭にとってはせめてもの, 番頭にまで昇進し, 番頭に対しても出来なかった, 番頭に対する質問が, 番頭彼奴が, 番頭はじつと客, 番頭はじめ店の者, 番頭はをぢさんを, 番頭はんも足, 番頭ばかりじゃないそれ, 番頭ふたりと小僧一人, 番頭ぶり頼まれも, 番頭まかせいやらしいこと, 番頭までに証明せられる, 番頭てえ, 番頭めかしい者が, 番頭め這奴女ばらへお, 番頭め駈落ちでもしや, 番頭やら同役の, 番頭よりはるかに, 番頭らしく揉手を, 番頭ろくに部屋の, 番頭を通して奥から, 番頭クラス以外には決して, 番頭サーシャの靴, 番頭ドンとか御, 番頭ニ更ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 番頭パチパチパチパチ算盤の, 番頭ベンケイがその, 番頭一二笑う, 番頭一仲蔵が笑う, 番頭一存では計らいきれず, 番頭一流の持論, 番頭一目見たところ, 番頭丈八が昔語り頸筋元, 番頭にヴァラエティ, 番頭三人の九名, 番頭三人手代六人あとの十一人, 番頭三年前に行方不明, 番頭三枝土佐守恵直の女, 番頭三谷斧四郎だった, 番頭三郎兵衛の悪業, 番頭下山地主の変る, 番頭与市と懇意, 番頭に, 番頭九八郎の皺, 番頭の全集表帋見本, 番頭二人まで命, 番頭二千石と出世, 番頭五助と手代福次郎, 番頭五十銭と値踏みせり, 番頭五百石多賀一学などが暇乞い, 番頭仕立は馬場裏, 番頭代わりの食客, 番頭代わりかたがた楽屋番をいたしおる, 番頭以上を以て居らず, 番頭以下手代子分衆まで泉田筑後, 番頭以下足軽組まで, 番頭仲左衞門と主人五郎次郎, 番頭仲間の娘, 番頭伊助の舌, 番頭伊平と申します, 番頭伝六の身持, 番頭伝兵衛が帳面, 番頭佐兵衞の顏, 番頭佐吉甥の音次郎, 番頭佐吾兵衛のそう, 番頭傳六の身持, 番頭七と, 番頭八十ばかりの婆さん, 番頭六兵衛を乗せた, 番頭六畳へ四人, 番頭には差し当っ, 番頭兼事務員としよう, 番頭出入司小姓頭目附役の順序, 番頭に賢けれ, 番頭勘七の死體, 番頭勘三郎の死骸, 番頭十五年より小姓組番頭, 番頭千石取津田伴右衛門で向後, 番頭千葉が馬鹿, 番頭より他, 番頭友二郎だ, 番頭同道で相当, 番頭君恐縮して, 番頭呆れ顔の, 番頭周助それにお, 番頭和助の死体, 番頭和吉二十四五歳千崎弥五郎のこしらえ, 番頭喜兵衛の采配, 番頭嘉一は不精無精, 番頭困ってしまっ, 番頭固くなって, 番頭土屋佐渡守邦直の屋敷, 番頭型角帽被りたさの, 番頭大炊助を, 番頭太兵衞や仲人, 番頭女中丁稚さうし, 番頭女中下男さては泊り, 番頭奴ジロリ我々一行の姿, 番頭奴婢は住み込みお仕着せ, 番頭始め二人の野郎, 番頭姓氏あり, 番頭姿を想像, 番頭宅松が左右, 番頭宗七にでも訊い, 番頭宗助であるが, 番頭宝永四年より書院番頭, 番頭実は亭主に, 番頭寄合以下番頭用人給仕の果て, 番頭富武五百之進という人物, 番頭荷揚の, 番頭小作頭もある, 番頭小僧あまりのおそろし, 番頭小僧たちに贔屓, 番頭小僧どれも不, 番頭小僧もろともにペコペコ, 番頭小僧召使三十有余人を一家, 番頭小僧女中ことごとく三度, 番頭小僧日雇人足も夥しい, 番頭小僧職人たちをくわえ, 番頭小僧達に一應當つて, 番頭少年店員警務さん鳶のもの, 番頭帝室歌劇団花形の売子, 番頭平兵衞が采配, 番頭幸七の溜めつ振り, 番頭幸三郎の伜幸吉, 番頭幸吉といふ二十三四, 番頭庄右衛門のほか, 番頭を失っ, 番頭をしさり, 番頭弓鉄砲槍の者, 番頭弟子の祐吉, 番頭七の, 番頭彦三郎の娘, 番頭彦太郎は隣, 番頭待合の, 番頭忠五郎は名前, 番頭忠八みたいな宮島新三郎, 番頭思いの外女客の恐れぬ, 番頭手代たちが盗み聞き, 番頭手代どもも持ちこらえ, 番頭手代下女下男などと一緒, 番頭手代並みに心得見下す, 番頭手代伜の甲子太郎, 番頭手代土木の技師, 番頭手代多勢で見, 番頭手代大勢の女房娘連, 番頭手代奉公人達が彼方此方, 番頭手代小僧下女の果, 番頭手代小僧下女下男等数多召使い何暗からず, 番頭手代船頭其他のしたたか者, 番頭手代親戚縁者の詫び言, 番頭手代鉄道土木の技師, 番頭手先じゃ, 番頭揃いも揃っ, 番頭政吉に相違, 番頭斎藤飛騨守長井新八郎新五郎の兄弟, 番頭曰ク生憎満員でお, 番頭来り家具一式の, 番頭板場が居るで, 番頭林三郎の財布, 番頭林氏来りしかばおかめ笹, 番頭と五百, 番頭格清助にも手伝わせたら, 番頭様朝起感心仕候, 番頭権九郎の突落, 番頭の室, 番頭次席あたりとおぼしき, 番頭次郎さんが, 番頭殿びっくりして, 番頭殿実もって, 番頭治兵衛であると, 番頭みた人, 番頭法月一学の伜, 番頭津山が急い, 番頭混田文次郎であった, 番頭清吉を以て六百両さし出申候, 番頭漸く倦ざりし, 番頭爲之助は解, 番頭父子は別に, 番頭片手敷居越に乗出し, 番頭玄関へ出, 番頭理三郎左太松を抜き, 番頭瓦斯会社の勤人, 番頭甚助の死骸, 番頭甚助殺しの下手人, 番頭意氣盛の, 番頭用人といえ, 番頭用人給仕の果て, 番頭田中久兵衛はそう, 番頭町勘七は目黒, 番頭留守いたし候間, 番頭番頭して, 番頭的存在である必要, 番頭相手に母, 番頭石川内蔵允の三人, 番頭穏健着実顔色を変, 番頭立会いでその風呂敷, 番頭立合で往, 番頭笑ってもう, 番頭米友らの一行, 番頭の者, 番頭給仕人案内者商店員と言はず, 番頭職人の類, 番頭脇坂山城守さまのお, 番頭脇坂山城守付きの組, 番頭自身が番台, 番頭若い者なぞを, 番頭若者らがよき, 番頭若者小僧一同に大, 番頭萬助の伜, 番頭藤六の死骸, 番頭近頃死んで, 番頭とともに店, 番頭遮ると, 番頭重三郎ゆえ恟り致し二人, 番頭金之助妹のお, 番頭金五郎はお, 番頭金蔵は言い切りました, 番頭鉄砲頭弓槍頭などへも洩れなき, 番頭長八が持参, 番頭長左衛門が割合, 番頭集まつた人間, 番頭雇人それらがすべて隔て, 番頭頼山陽の書, 番頭之助, 番頭駕籠屋は表, 番頭驚き逃げれば, 番頭の頭