青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

爆発~ ~爪 爪~ 爭~ ~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~
父上~
父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~ 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~

「父上~」 1253, 13ppm, 8474位

▼ 父上~ (313, 25.0%)

4 ことを, 御病気 3 お心, お耳, お顔, ために, 御遺言

2 [15件] おあと, お考え, お部屋, ことも, ほうを, 仇を, 同志の, 妄執を, 形見とやらを, 御名誉, 御機嫌, 御葬儀, 手にも, 死を, 顔を

1 [260件] いくさの, おおせの, おかた, おことば, おそば, おそろしい罪業, おため, おなか大した, おなくなり, おめがね, おる一, おん手の, お亡くなり, お伴を, お体, お体つき, お側でも, お名, お名前, お命, お喜び, お墓, お導き, お布団, お戻り, お手もと, お旨, お残し, お眼, お胸, お見事, お言いつけ, お許, お許しが, お話も, お辛い, お選び, かたきという, かたきとは, かりそめ, きびしいお力, ことは, ことばが, ご墓前, ご安泰, ご心中, ご意志, ご本心, ご武運, ご生存中, ご遺志, ご遺骨, そう云われた, ためには, ため家の, ところで, はげしい御, は三回忌, やさしさ, ゆっくり寝, よいお, ような, ように, 一家より, 七回忌に, 不慮の, 久馬殿は, 二官様に, 五百之, 亡きお, 亡きと, 亡くなられた日, 亡くなられた時, 亡執を, 人柄には, 仇では, 仇は, 代理にて, 以南さんも, 仰せが, 仰せで, 仰せには, 仰っしゃっておらるることです, 伊太夫様で, 伝言を, 但馬守を, 俗名と, 信用が, 修羅の, 側へ, 傷手も, 先途を, 出先へ, 前で, 力が, 勝頼さまに, 北条美作を, 十三年の, 十三年祖母祖父上の, 十太夫殿も, 危急を, 危篤の, 受けも, 只今の, 合図どおりに, 名に, 名を, 名前は, 味方に, 命日故, 国香殿の, 在世中と, 墓に, 墓へ, 墓参りに, 外国土産の, 多忙から, 夢を, 大事殿の, 大愛, 大掾国香どの, 大神の, 大神は, 天皇の, 如き學者, 姿を, 子同じあの, 学号なんかが, 孫堅兄君の, 安否も, 室へ, 宮川覚明殿は, 家を, 寝物語りに, 山県大弐でなけれ, 峻厳な, 弱った心, 役錨を, 御一周忌, 御事鬼三郎ぬ, 御名が, 御名の, 御姿見ゆ, 御容, 御心労, 御心持, 御意に, 御意にも, 御意の, 御意見, 御承知, 御承諾, 御最後, 御様子, 御満足, 御病態, 御経過, 御臨終, 御葬式, 御許し, 御身に, 御逝去, 御隠居部屋, 御顔, 復しゅうを, 心持が, 忍歯王の, 忍耐の, 志を, 怒りに, 思召で, 思召に, 思召は, 怨みの, 怨みを, 恥辱, 悦び弟, 悩みも, 悪業を, 憤りは, 戦に, 所へ, 所業や, 手にかけて, 手文庫から, 拒み給, 持って, 敢ない汚名, 敵, 敵が, 敵くたばれ, 敵じゃ, 敵などに, 敵の, 敵陣十郎めを, 新影流, 方で, 日記帳という, 時は, 時代に, 景行天皇は, 書簡を, 村垣淡路守が, 杖の, 枕元に, 業を, 武名を, 死なれたこと, 死に, 気性なら, 気持が, 無事を, 白い洋服, 皆為されし, 眼を, 祖父様らしくなられ, 種痘つく, 立場も, 筆蹟に, 経験, 罪私どもの, 美作様を, 老先生, 耳に, 耳へ, 膝で, 船津の, 落しダネと, 落ちた穴, 藤井右門殿の, 行かれたところ, 行された, 見た, 解しない, 言うとおり, 言葉では, 記念の, 話されたこと, 話に, 論法より, 負うべき一切, 負うべき責め, 身の, 身辺には, 迎えに, 迎の, 逝去を, 過失を, 道中着物ほど, 遺業を, 遺産に, 遺訓にも, 遺骨が, 遺骨を, 部屋の, 金を, 霊を, 顔汚し, 鬼太郎さんの, 魂は

▼ 父上~ (125, 10.0%)

3 おれを 2 なんと申された, 主君への, 腥を, 舵座に, 誰よりも

1 [112件] あの手紙, あんなに御, いかが, いそがしい, いつまでも, おいでか, おっしゃいましたか, おひろ様, おやすみか, おやすみだ, おれに, お出掛け, お臥, きつと, この頃, これに, すっかり老い込ん, ずっと平静, その後御, その日, それではこの, それを, そんな物, どうお, どうしてそう軽, どうしてわたし, どうじゃ, なぜに, はじめ望み給は, ひざから, まだ帰っ, よしと, りっぱな, わしら兄弟を, わたくしを, 一学が, 不思議なる, 並々ならぬ, 九州それで, 云われたそう, 亡くなる直前, 今うとうと中, 今おやすみ, 今からでも, 会計を, 何とも応, 何を, 六波羅の, 割合に, 十五夜の, 吾が身, 城門を, 多分客, 天子から, 天魔に, 如何し, 妾の, 寝るにも, 対手が, 崩御遊ばされたで, 年号が, 弟はと, 当分帰宅なき, 形相を, 御健勝か, 御無事, 御病死, 御登城中, 御茶入, 心から嘆息, 心の, 怒りたまひき, 恋しく懐かしく母, 恐らく死, 感情の, 戸棚から, 打笑, 文教の, 既に彼等, 明智家随一の, 朝鮮銀行に, 未だ隠居, 枕に, 武家方, 殿の, 殿様御, 母上は, 気が, 気づまりなのでございましょう, 滅多に, 然し斬死, 玄宗皇帝, 病み衰えた眼, 相変らず, 眠って, 知って, 神の, 私の, 種崎より, 穴埋めに, 竹原入道殿この, 自分達の, 自殺し, 船の, 茶壺と, 藁の, 軍勢を, 近頃妙な, 長男だから, 開いて, 頻りに研究, 高笑いを

▼ 父上~ (96, 7.7%)

3 お亡くなり 2 旗本仲間に, 生きて

1 [89件] ああいう, あれの, あれも, いては, いないので, おたおれ, おもどり, お国, お怒り, お殺され, お渡り, この世を, この地, こんなお, こんな窓, さだめし兄弟, しぼり切った生命, しんから, せよと, そこへ, それを, たった今し方私, なんとある, なんと仰せらりょう, まず囲炉裏, もしここ, 一枚手に, 一生懸命に, 世を, 世間から, 二日に, 二月十七日頃工合を, 今度は, 何れほど, 先の, 出陣なさるなら, 厠から, 召されて, 右大臣家へ, 在世の, 埋ずまって, 埋まって, 外気の, 始終言っ, 家で, 家を, 家康の, 小金井に, 居られると, 工合が, 帰宅され, 弓矢を, 当らなければ, 御出馬, 御存命, 御指揮, 御無事, 御病気, 心の, 思いがけず午前中, 意気地無い, 来ましたよ, 此処で, 殺されたと, 気違いじゃと, 熱心に, 独逸から, 珍しく木彫, 生き回るわけ, 病後衰弱の, 私が, 私共の, 老練と, 聘んで, 腹部の, 自分の, 若しもお, 英国に, 落ちこんだの, 行って, 西片町の, 見縊るほどな, 買われた時, 近頃少し愚, 陣十郎に, 隠居届を, 雑誌が, 飽までも, 鮮かに

▼ 父上~ (89, 7.1%)

2 おくる, 詫を, 近づいて

1 [83件] あったらこれこれ, あぶないところ, あわせる顔, いいつけて, おかれては, お会いし, お会いしたら, お味方, お恥じ, お望みなさる, お目, お目にかかり此店先, お習いなされ, お願いが, お願いし, お願いします, かわって, くれた陶器, ござります, して, すすめた, すすめて, せがみまつりき, そのじゅばん, つれられて, どう話した, ほめられて, めぐりあおう, よう似, よこした, カラーを, 一寸相談した, 両人から, 事改めて, 云って, 仰せられずわざわざ, 会えぬでは, 会われて, 伴われ善光寺, 伺うて, 似た老人, 似て, 何ういう, 何故に, 先立ち御, 先立つかも, 先立御, 入院手続の, 功を, 十枚書い, 反き, 向て, 回って, 声を, 大きなお, 対して, 届けたいので, 差上やう, 廻り逢い我が身, 当られる花村甚五衛門, 意見を, 感謝しなけれ, 持つ愛, 捧げる, 捧げ得る最大, 斯かる, 気の毒の, 献ぐ, 申しあげて, 申しくれい, 申し上げて, 相談し, 私風情が, 縁か, 聲を, 行っても, 言って, 訊ねて, 語り給わば, 謀叛する, 逢ったとて, 部屋がりを, 頼んで

▼ 父上~ (58, 4.6%)

2 弟も

1 [56件] あれほど, お嫌い, お山か, お案じ, お母様も, お気を, きょうこそ, こっち側の, さすがに, すこしご, そう申され, そこを, そして妹, それは, それを, そんなこと, とうとう穴, どうか, どうかこちら, また部屋住, まだお, よもや討死, わしも, 一日家に, 不自由し, 例の, 信用し, 俺も, 叔父御, 同時にもっとお, 同様の, 同門の, 大変元気に, 奥の, 姉上も, 寧ろ今, 帰らなければ, 弾正様と, 御承知, 御病気, 御辞退, 心がけて, 必ず御, 思いきったこと, 感服し, 憎うは, 早くそ, 殺されなされた, 炬燵の, 生きては, 知って, 竿を, 笑えば, 見えお, 見事で, 黙って

▼ 父上~ (54, 4.3%)

4 一緒に 3 呼ぶやう 2 二人で, 呼ぶこと

1 [43件] あれなる, いい兄上, いえ, うまく折合わない, おもえこの, ご一しょ, どこかへ, どっちかと, まるで異, わざと力, トキワで, 一つ陣で, 並ぶよう, 九州の, 兄上が, 兄上と, 八つ木の, 共に死にとうございます, 出かけクニオ, 午後一時の, 叔父上と, 叔父御, 呼ぶの, 呼べ, 呼んで, 墓参その他村なかを, 妹とが, 帰京し, 御同行, 手を, 桂浜に, 炬燵に, 琵琶湖で, 申し上げ候, 私との, 種々の, 自分は, 行かれるかも, 行動を, 話して, 貴方とへの, 那須野を, 離れて

▼ 父上~ (42, 3.4%)

1 [42件] おとずれて, おもち, お扶, お救い, お殺し, くるしめようなんて, つけるので, 一概に非難, 事務所に, 初め皆様之, 助けて, 助けてよ, 呼べという, 奥へ, 守って, 害めた, 小太郎山へ, 引き出して, 御諌め, 怨む者, 打って, 拔け, 死亡と, 殺さねば, 殺したの, 殺すべき謂われ, 毒害した, 求めに, 獄死させ, 目の敵に, 自害させた, 藤枝蔵人が, 見習うて, 見送ること, 討ち取ったばかりか, 討ったの, 討った牧仲太郎, 誘おうと, 諌める気力, 諫められる, 賊徒の, 送る

▼ 父上には~ (29, 2.3%)

1 [29件] あとより, あのとおり, いずれ帰国, いろいろの, お父上, こう仰言っ, こちらから, ご内聞, ご在宅, そこでお待ち, それだけが, なおご, なおさらよ, もう現世, 一ばんいい, 世にも無惨, 分らぬ, 只今の, 大変御, 如何あそばし, 定めて, 居士が, 拝顔を, 早くも, 昨日より, 殿の, 白河戸郷を, 語る可ら, 負けないもの

▼ 父上~ (25, 2.0%)

1 [25件] お後, お杯, お身, から骨折賃, がお, がどう, がはっきり, がまだ, が磔柱, が阿波, このお方, では, と母上様, など, にご苦労, にすまぬ, には悪い, に間違い, のお, のおみやげ, は御, まいる菊, や母上様, を見捨てる, 御慈愛

▼ 父上から~ (24, 1.9%)

1 [24件] あなた様には, いただいた鉄砲だま, うんと叱られ, お勧め申された, お手紙, この母, ご子息, そういっ, ゆずられたもの, 叱られました, 堺まで, 家を, 得られた新た, 態, 懇, 来た電報為替, 聞かれたか, 血判した, 見たらお, 貰って, 電報が, 電話ホテルに, 頂戴致し, 順々に

▼ 父上にも~ (14, 1.1%)

2 よろしくお詫び

1 [12件] お伝えし, さだめし高氏, そう告げ, そなた, どうぞご, ひと肌ぬい, 伯父上にも, 似気, 問うて, 御疲労, 母上にも, 私の

▼ 父上~ (12, 1.0%)

1 [12件] この兄, 伯父上にも, 兄上に, 兄上また, 叔父御, 家中の, 家人や, 御か, 戸野の, 母上が, 藤井右門殿の, 貴郎

▼ 父上~ (12, 1.0%)

2 帰京 1 一人は, 出立, 助勢申す, 安心ください, 帰京好い, 帰京玄文社の, 武藝の, 祕藏の, 自身, 遺骨を

▼ 父上母上~ (12, 1.0%)

1 [12件] が居ない, さうし, と一緒, に不孝, の供養, の我が, の頃, はわし, を偲び, を迎, を迎え取り, 及びわれら夫妻

▼ 父上さま~ (8, 0.6%)

1 からのお, から六波羅, が京都, におこ, のお, の耳, へとお, もお話し

▼ 父上~ (7, 0.6%)

2 なくなりのち 1 兄上の, 怒りの, 父上, 苦しゅうござる, 館様は

▼ 父上さん~ (7, 0.6%)

1 が亡くならう, とも懇意, の写真, の御, は西乃入, よりは少, をお伴

▼ 父上~ (7, 0.6%)

1 そんな顔, ようお願いし, よろしくなどと, 会いに, 手紙中へ, 申上げ, 確と

▼ 父上市太郎樣~ (7, 0.6%)

1 の懺悔状, の敵, の最期, の汚名, は身, も最初, を奧方不義

▼ 父上~ (7, 0.6%)

1 に間違, の御, の非, は重態, も五年前, 御大事, 御心配

▼ 父上とは~ (6, 0.5%)

1 ご気性, ちがいあんた, 反対でございます, 御一緒, 御昵懇, 昵懇の

▼ 父上より~ (6, 0.5%)

1 ハガキにて, ハガキ向島祖母上あしとの, 手紙母上先日ひどく, 改めて婚禮, 職を, 通報ありし

▼ 父上陛下~ (6, 0.5%)

4 の御 1 はお, 御崩御

▼ 父上兄上~ (5, 0.4%)

1 と同じ, には別れ, にもそう, の便利, の御

▼ 父上父上~ (5, 0.4%)

1 そう御, と申し上げ, ははじめ望み給, よく釣り玉, 屈んで

▼ 父上との~ (4, 0.3%)

1 かんけいが, 旅行楽しく, 言葉より, 関係上こりかたまり

▼ 父上への~ (4, 0.3%)

1 みやげその他買い, 世上の, 大孝, 孝道は

▼ 父上~ (4, 0.3%)

1 あなたを, 父上よ, 耳を, 高野の

▼ 父上~ (4, 0.3%)

1 こそ偽り, でございます, は何, も参りました

▼ 父上~ (3, 0.2%)

1 病気とな, 病気とも, 自身も

▼ 父上~ (3, 0.2%)

1 いて, ござりました, ござります

▼ 父上まで~ (3, 0.2%)

1 ご一緒, 一緒に, 女は

▼ 父上先生~ (3, 0.2%)

1 にもよろしく, にも直接小生, によろしく

▼ 父上~ (3, 0.2%)

1 のみならず, はと遥か, をも迎

▼ 父上あたい~ (2, 0.2%)

1 この人, にもちっとも

▼ 父上あなた~ (2, 0.2%)

1 はクーデター, は反

▼ 父上あれ~ (2, 0.2%)

1 は休, は池上氏

▼ 父上かと~ (2, 0.2%)

1 人前をも, 歓びの

▼ 父上これ~ (2, 0.2%)

1 においで, に騎

▼ 父上その~ (2, 0.2%)

1 姿は, 禀申書に

▼ 父上である~ (2, 0.2%)

1 がその, 雪五郎と

▼ 父上では~ (2, 0.2%)

1 ありませんか, ございませんかっ

▼ 父上でも~ (2, 0.2%)

1 あれじゃ, 兄妹でも

▼ 父上とて~ (2, 0.2%)

1 どうなった, まだ五十路

▼ 父上とも~ (2, 0.2%)

1 したしみよかっ, 御交際

▼ 父上なく~ (2, 0.2%)

2 ならば

▼ 父上もう~ (2, 0.2%)

1 おたずね下さいまする, 高氏とて

▼ 父上よりも~ (2, 0.2%)

1 側役共が, 肝腎な

▼ 父上らしく~ (2, 0.2%)

2 もない

▼ 父上ヘとも~ (2, 0.2%)

1 汝, 汝ノ

▼ 父上地雷火~ (2, 0.2%)

2 は私

▼ 父上夕飯~ (2, 0.2%)

1 にいらっしゃった, に来られ

▼ 父上少し~ (2, 0.2%)

1 ぐずついて, 疲れた故

▼ 父上山形~ (2, 0.2%)

1 からの帰途開成山, にお

▼ 父上左膳~ (2, 0.2%)

1 のこと, を見あげ

▼ 父上御機嫌~ (2, 0.2%)

1 がわるく, であったか

▼ 父上昨夜~ (2, 0.2%)

2 の女

▼ 父上無念~ (2, 0.2%)

1 でご, ではござりませぬ

▼ 父上良持様~ (2, 0.2%)

1 が浮かばれませぬ, にはどんなに

▼ 父上風邪~ (2, 0.2%)

1 の心地, の由在宅

▼ 父上駿河大納言~ (2, 0.2%)

1 につめ, を思いださせ

▼1* [192件]

父上あす小樽に立つ, 父上あたりは, 父上あつくなって, 父上あなた様は智勇兼備, 父上いかにしたま, 父上いつまでもお, 父上うき世の, 父上おそく亢奮し, 父上おなかこわしで, 父上おねがいでございます, 父上お母さん私隆達だけで小, 父上私が, 父上かならず御殿を, 父上からの思い出多い, 父上からはまだ飛脚, 父上こうお進みなさい, 父上こそは祖父石舟斎宗厳から, 父上この不孝の, 父上こんな処に, 父上さまきれいな神, 父上さま母上さまと呼ぶ, 父上さま法外にも申訳, 父上しきりに泊って, 父上しっかり頼むぜ, 父上すなわち伊太夫様と, 父上そう御腹立ち遊ばす, 父上そここそ山, 父上その他不明なかなか来ず, 父上それでは申しますが, 父上そんな難しい顔, 父上たちに猟, 父上たるあなたに, 父上と, 父上だけ立岩により, 父上だったそうだ, 父上ちと愚に, 父上ちよつと伺ひます, 父上づれは話, 父上であろうと母上, 父上でなければできぬ, 父上という一句を, 父上というは庄八郎殿で, 父上とともにお果て, 父上とのみ思うて, 父上とばかりが関門を, 父上ともども喜び居り候, 父上ともども毎日の奔走, 父上とを縷いで居る, 父上と共に家財を, 父上どうなされたの, 父上なき後の, 父上なつかしや, 父上なり笑左なりの, 父上にすら秘くし, 父上に対して肥後浪人が, 父上に対しても申し訳の, 父上のみならず六波羅, 父上はしゃぐこと, 父上はじめ皆に共通, 父上はと見るに, 父上はなさむらい, 父上ばかりではござりませぬ, 父上ばかりじゃあないこの, 父上また小箱, 父上まちかね丁度今お, 父上まるで淋しそう, 父上みずから中門まで出迎え, 父上みずから軍使を迎え, 父上もはやお悟り, 父上よく釣り玉へなど, 父上よりの通報に, 父上わたくしにも折り入っ, 父上をも世間の, 父上スエ子は小田原, 父上とさし, 父上一人の御, 父上一句さらば御無事, 父上一大事でご, 父上一寸武藤山治の, 父上一日開成山に滞在, 父上一案がございまする, 父上一閑様は寄る, 父上七時の為, 父上上京のとき, 父上得心か, 父上主家御退, 父上九州より, 父上の喧嘩, 父上のさむ, 父上今一つ伺ひますが, 父上今朝は御, 父上て如何ん, 父上以外の他, 父上伊織樣には御, 父上をふさい, 父上何とこの御, 父上何事でご, 父上備後守様の御, 父上元気な由, 父上先生並に貴, 父上八木沢医学博士は明治二十一年, 父上六人斬りました, 父上努力して, 父上勝頼公をお迎え, 父上北海道御出発, 父上忌々しい者, 父上右近将監様は御, 父上樣長命は, 父上同士は師弟, 父上名古屋へ御, 父上呂布の滅亡, 父上国男が計らず来た, 父上国男高村光太郎氏瀬沼氏等に会う, 父上の崩れ, 父上大阪に行く, 父上の人さし指, 父上如何でご, 父上はここ, 父上始め兄上母上様に教え, 父上始め兄上母上樣に教, 父上小樽三井銀行支店建築の用向, 父上居ず丸ビルで, 父上屈んでごらん, 父上山形行を一緒, 父上常胤様という者, 父上思いがけず急行で, 父上慶次までがこう, 父上成滝近江は三十何年前姫路, 父上戻りまいた, 父上手前一人で参りましょう, 父上打笑ひ玉, 父上抽斎先生に謝せ, 父上散らないでください, 父上敵同士の悪縁, 父上新免無二斎どの, 父上早朝種崎より浦戸, 父上昆虫館ご主人, 父上昌幸どのに侍, 父上暑気にうだっ, 父上書写山が見えます, 父上より竹中氏, 父上来玉へり, 父上松千代にございます, 父上松根備前様の思召, 父上様あの世でどんなに, 父上様何か御, 父上様備前様を慰め, 父上様平次の子分, 父上様明日になさいませ, 父上様浪江殿が可哀相, 父上様直々のお, 父上様立派なご, 父上樣平次の子分, 父上の顏容, 父上死去の電報, 父上うへの, 父上母さんを呼び止め, 父上母上おばあさんなど死, 父上母上きょうまでの不孝, 父上母上加津子によろしく, 父上母上十五日頃より九州, 父上母上私ハ不孝でしたお, 父上母上軍服を着た, 父上池田家晩餐何だか気, 父上海上郵船その他関係したビルディング, 父上無二斎殿の御, 父上をお, 父上父上昨夜の女, 父上百円寄附した由, 父上着なされ候て, 父上福島へ御, 父上秋元殿は高朗, 父上竹中自分皆大よろこび, 父上一に, 父上綱田屋五郎次郎殿は人手, 父上自分ではいそがしい, 父上自身が孔明, 父上英スエ子と自分, 父上英臣さんが御, 父上ながら散る, 父上話声が, 父上起きて来られる, 父上道庵様が, 父上道庵樣が, 父上に感ぜられた, 父上違法になります, 父上郁次郎の不孝, 父上鉄太郎様の汚名, 父上頻りに頭が, 父上ふは, 父上駿河大納言忠長卿, 父上鶴見氏夫妻藤原俊雄新海竹太郎自分等黒沢墨山と云う