青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「畠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~
畠~
畢竟~ ~番 番~ 番目~ ~番頭 番頭~ 畫~ ~異 異~ ~異に

「畠~」 1384, 15ppm, 7496位

▼ 畠~ (392, 28.3%)

15 間を 13 中に 10 中の 9 間に 8 方へ 7 中を 6 中で, 中へ 5 上に, 方から, 間の 4 隅に 3 あるところ, もの畔に, 一部を, 上の, 中から, 間には, 隅へ

2 [34件] あるよう, とりどりに, まんなかに, ものである, ものを, ような, ように, 上を, 中には, 仕事は, 作物も, 側を, 兄哥か, 前に, 向うには, 向うの, 向に, 土の, 大霜, 方の, 方まで, 桑の, 火立色見え, 物で, 瓜を, 畔に, 畝に, 白緑の, 秋の, 縁に, 芋も, 花一木, 覗かれる荒れ寂れた邸町, 野菜や

1 [210件] あいだを, あたりに, あちらこちらを, あひだ, ある斜面, お仕事, お富, くずれ土手, くぼみに, ことだって, ことばかり, だと, つ, と, とこへ, ところに, ところへ, ところまで, なかに, なかを, へりの, まはり, まん中に, まん中には, ものじゃ, ものは, ややほ, わきの, わきを, ウネとは, ウネの, ウネは, ウネを, サクの, 一ぱいに, 一段も, 一角に, 上などを, 上にて, 上には, 上にも, 下の, 世話から, 世話でも, 中からは, 中だ, 中なる, 中にも, 中や, 主人の, 事から, 井戸が, 人である, 仕事を, 住人お, 佐平太兼政が, 作物や, 作物を, 側で, 傍から, 傍で, 傍なる, 傍に, 傾斜地を, 兄哥, 写真絵はがき, 十坪余りを, 南瓜の, 収穫物の, 名殘, 向うが, 向うに, 向うはと, 向こうに, 向ふ, 向を, 周囲には, 周囲の, 土と, 土は, 土を, 地ならしを, 地所も, 地所を, 外光は, 多い石垣, 大刀を, 大根を, 女とは, 婆さんの, 小家には, 小径へ, 小格子, 小町娘が, 小道を, 尽きたところ, 山葵を, 岸で, 崖の, 左側から, 幻想, 広々と, 彼方の, 御情け, 所在だけが, 手伝いを, 手入も, 手入を, 持ち主に, 支度その他新たなる, 收穫, 整然たる畝, 斜面は, 斜面や, 方からは, 方が, 方で, 方へと, 日の, 日南に, 景色にも, 朝月夜, 木にも, 林檎紅饐え, 横の, 横を, 横丁で, 横手に, 機おり, 殖蒜, 溝渠, 濃緑の, 瀬かと, 瀬を, 熟する, 片端に, 片隅の, 物なぞを, 物も, 物を, 玉ねぎ見い見いかえろ, 瓜大根を, 甜瓜の, 産物を, 用事を, 男です, 畑つくりの, 畔から, 畔を, 畝から, 畝籔畳丸木橋, 畦の, 畦道を, 真中に, 真白な, 石垣の, 石垣を, 石灯籠の, 空気に, 端々に, 端玉脇の, 粟や, 縁へ, 縞だの, 耕作を, 色彩も, 茄子を, 草の, 草を, 菜が, 菜に, 葉かげに, 葉ぼたんの, 葉も, 葉竹, 薄暮の, 藪垣羊の, 親芋を, 角で, 跡だろう, 路を, 辺七堂伽藍建連なっ, 通りで, 道を, 道具を, 遠く続いてる, 野菜にも, 野菜も, 野菜を, 金太に対する, 金太の, 金太は, 間から, 間へ, 間まで, 間を通して, 闇に, 阿媽も, 附近を, 陸稲の, 陽炎里には, 隅には, 隅の, 隠元豆か, 雪に, 雪の, 青麦, 領域が, 麦が, 麦は

▼ 畠~ (154, 11.1%)

12 出て 5 して, なって 4 成って 2 かくれ, もう葉, 働いて, 入ると, 吹き渡る風, 葉牡丹の

1 [116件] いたが, いる人々, いる百姓, いろいろな, お長, かけが, かけがえの, きて, さまざまな, された, した, したが, しなければ, しばらく隠れ, しゃがみしきりに, しようかという, するより, する仕事, する位, それこそ, つづいて, とびだし, ないこと, なった部屋, なつて, なる, なるの, はいりこんで, ひとりあ, 下駄の, 乾ける, 乾して, 二人立っ, 人妻らしい, 今何を, 何時の間にか誰, 作った煙草, 作るという, 作れば, 侵入し, 倒れた女, 借家し, 入って, 入っては, 入り良木, 入り路傍, 入ること, 入るべからずという, 入れたの, 出た, 出る, 出る狢, 出日の入り, 占められて, 咲いた馬鈴薯, 咲く花, 圍まれたり, 変えた, 夏生える, 妻が, 小笹と, 尿し, 居て, 居る人, 強い秋, 成つて居た, 我慢し, 打ちこんで, 拓かれて, 撒くと, 播いた莢豌豆, 新芽の, 村里に, 栽培し, 梨は, 棄てて, 棚引く菜種, 気を, 溜る桃, 烟が, 熟した麥, 物を, 瓜を, 生まれた高い, 畝に, 眠て, 知ってる人, 短刀を, 礎だけしか, 立てて, 笠を, 続いた病室, 続いて, 耕す人々, 耕土を, 肥料を, 臨んだの, 芋の, 茶褐色に, 行かなければ, 行きて, 行っとりました, 見張りを, 誠に珍, 豆を, 赤く桑, 近い場末, 這入り込んで, 造ったの, 鋤や, 陸稲の, 雑草の, 面した, 餌が, 馬鈴薯を, 麥青く

▼ 畠~ (151, 10.9%)

4 耕して, 隔てて 3 よこぎって, 前に, 打って, 持って, 指して

2 [11件] あらさむ, ひろげて, 作ったり, 作って, 出て, 渡って, 眺めて, 見て, 見下して, 買った, 通して

1 [106件] あらした事, あらすもぐら, いぢつて, うなふ前, うねくねと, おもへ, こしら, すいて, する鍬, たがやし始めた, つくっても, つくつて, また作れる, ややめぐり, よぎり行くに, メチャメチャに, 一丁も, 一生懸命に, 一町歩近くも, 世話し, 乗り取った, 二度と見る, 五つも, 人間を, 作るが, 作るそれから, 出た, 切り均したばかりの, 切り開いて, 切れて, 劃って, 勝手に, 匍って, 吹いて, 吹く風, 坪二円三十銭で, 塞いで, 小高く見せた, 廻つてお, 引張りあるく風習, 彷徨つた, 彷徨つて蜜の, 想像し, 所有する, 打つにも, 打つの, 打つほど, 打つ人たち, 拓いて, 持つて, 掘る最中, 掛けて, 根気よく, 検分する, 横斷し, 歩いて, 深く鋤, 潰しまして, 為切った, 焼くよう, 眞つ, 眺めたり, 眺めながら, 私に, 綴つた無数の, 耕しまた, 耕し織物, 耕すよう, 耕作し, 背景に, 荒されるので, 荒される患いが, 荒しました, 荒らさぬよう, 荒らされては, 荒らして, 見おろすあたり, 見せたいという, 見た, 見に, 見まわった, 見る, 見るとき, 見廻って, 見廻はつ, 見舞ふ, 買いば, 買い集めた, 貸すか, 越し山, 踏み分けて, 踏み荒したからと, 転がさねば, 農事試験場の, 通つて藪の, 通りぬけ, 通り抜けな, 造りに, 過ぎ三里, 過ぎ温泉, 限れる低き, 隔て, 隔てたばかり, 隔てた裏向う, 頼母子講の, 飽かずながめて

▼ 畠~ (67, 4.8%)

4 あって 2 あったり, あり麦畠, ある, あるの, つ, 世界各国都鄙到る, 段, 續い

1 [47件] あちこちに, あった, あってね, あつた, あつたり, あつて, ありました, あるな, ある之, ずッ, ちらほら見える, つくられつつ, つくられて, つくられまた, つらなつて, どっちの, なぞえに, ひろがって, まじつて居, また今度, もとから, サラサラした, 一目で, 一面の, 中心に, 写ったと, 出来て, 出来るで, 半分は, 多かった, 展開し, 彼の, 暗かった, 最も多かっ, 果してどうした, 欲しい, 現出し, 真直に, 私達の, 耕作されてる, 花ざかりの, 荒れて, 見える, 見えるばかり, 連なり果樹, 開けたの, 鮮やかに

▼ 畠~ (63, 4.6%)

7 出て 5 行って 3 出た 2 下りて, 入って, 入っては

1 [42件] お出でに, ころげこんだもの, はいって, はいりこんで, ゆくまでは, 七夕の, 三度や, 作ると, 來た, 入らせぬ村, 入ると, 出た序, 出てるん, 出もう, 出れば, 十七ばかりの, 垣根ご, 子供は, 差懸る, 帰り山田藤六, 影を, 往って, 来る鳥, 潜って, 真正面, 短刀を, 纔に, 落ちて, 行こうと, 行った, 行ったひま, 行ってから, 行つて居ました, 豚を, 逃げのぼった, 通う下男, 通う人達, 通う道, 連れこんで, 遣って, 麦を, 麦刈に

▼ 畠~ (51, 3.7%)

3 不破の 2 あれば, 余るほど

1 [44件] あったし, あつて, あります, ありません, あり畠, ある, あるじゃ, ある立派, こしら, そこらの, ちつとも, ない, ない持たない, ほしいなあ, まばらに, 九十七石余田は, 作って, 佳い月夜, 兵器の, 凍りついた冬枯れ, 到るところ, 多かった, 夥多しい, 家々の, 山も, 往昔は, 拓かれ耕す人, 持って, 桑畠も, 水車小屋の, 池も, 沈み牛畜溺死, 無い, 牧場も, 白くなり, 皆んな無事に, 真白な, 荒れた, 見えた, 見られなかった, 軍兵の, 造って, 野菜畠も, 金も

▼ 畠~ (42, 3.0%)

2 妾の, 次第に高く

1 [38件] ある, あるが, ある梨畠, あれども米は, いわゆる常, すつかりこげついた, その三倍, どこの, ないか, 一方は, 一様に, 一町三段ばかり, 三カ所敷地に, 両側に, 伏見屋へ, 何反ある, 割れつつ, 勿論だ, 半分が, 名残りなく, 坂に, 夜には, 学校の, 宅地に, 広かった, 掌の, 桝田屋へ, 残念ながら, 直ぐ石垣, 紺一色や, 繪にでも, 花が, 萌えた青い, 見たこと, 赤は, 野菜を, 雑草が, 麻に

▼ 畠には~ (41, 3.0%)

3 麦が 2 いって, 柿が, 瓜が, 草や

1 [30件] えんど, おくれ咲, しぜん, たんぽ, つぐみが, もう別荘, 一面に, 一面雪ならぬ, 京菜と, 今年も, 入って, 入るべからず入ると, 前の, 四十に, 坊舎や, 婦女の, 学校の, 小春の, 小麦の, 戦地に, 春に, 桐を, 沢山生っ, 狢や, 笠をか, 罌粟や, 豌豆と, 雨に, 青麦菜種紫雲英が, 黄金色の

▼ 畠~ (33, 2.4%)

1 [33件] あからさまに, いもを, かえって裏門, せう, その先, その間に, とんぼや, な聾, ひろびろと, ウネなりに, エルリングが, 今活動写真, 作り出したの, 働かなければ, 働く百姓, 取れたお茶, 右手の, 大根も, 実際に, 弁当を, 木の, 林檎や, 死んで, 気の, 河を, 片方は, 男の, 草を, 農夫が, 遊ぶと, 陽光が, 食べるトマト, 麦畠の

▼ 畠~ (31, 2.2%)

4 存外多い 2 木立とが, 林の, 畠との

1 [21件] おぼしき空地, なって, なり全, なり菜園, なる, アネモネ畠で, 二千円ほどの, 墓原の, 寺とを, 常磐木の, 松林の, 森と, 畠の, 相連, 竹藪を, 米穀も, 荒蕪地の, 言って, 言つた頃の, 野菜畑とにな, 青い大根畠

▼ 畠~ (29, 2.1%)

3 ちよつと 2 林が, 林の, 水車なんぞ

1 [20件] そのまわり, それから私, ちょっとした果樹園, キヤベツ畠の, 人家などが, 古い町, 水田を, 河岸や, 淺く, 牧場を, 田の, 田ばかり, 田圃が, 田地も, 田地を, 竹薮を, 花圃の, 草の, 街道や, 電柱が

▼ 畠から~ (27, 2.0%)

2 取って, 取つて來, 抜いて, 首を

1 [19件] お縁側, すぐ市街地, では, 一面に, 切って, 南瓜を, 取りたてに, 土蔵の, 失敬し, 引くの, 引っこ抜いて, 持つて, 段違いに, 犬が, 町から, 畠を, 畠をは, 胡瓜を, 鍬を

▼ 畠~ (18, 1.3%)

1 [18件] だか, である, でこれから, で珍しく, で直ぐ, で緩く, などを売ろう, に隱, の上, の方, の間, は割れ, は売る, を歩, を歩い, を歩む, を買った, 小流れ

▼ 畠にも~ (13, 0.9%)

1 [13件] あの通り沢山, ある事, お墓, ない素人評, ならなかった, もつともちよ, トマトが, 今では, 医院の, 叢にも, 恰好な, 爽涼たる, 藪にも

▼ 畠仕事~ (10, 0.7%)

1 で荒れ, に精, に追われ通し, に附い, の好き, の手伝い, や防空用水, をし, を手伝いました, を途中

▼ 畠でも~ (9, 0.7%)

1 あれば, お前さんに, どんな履歴, 一本と, 一本なほ雷村へ, 借りれば, 甚麼履歴の, 相手の, 譲り受けられるなら及ばずながら

▼ 畠~ (8, 0.6%)

2 のを 1 から, からね木戸, と云っ, と繰りかえした, のに, 聾の

▼ 畠では~ (8, 0.6%)

1 ない, ないこと, ない先生, なかった, トマトナスインゲンが, 幾人も, 百姓の, 蚯蚓

▼ 畠より~ (7, 0.5%)

2 出で, 根こじ 1 あらはれた狸, 烟が, 疲れて

▼ 畠違い~ (7, 0.5%)

1 である関ヶ原合戦, でしたから, でジャズ, の文学, の者, へ例, へ踏み込ん

▼ 畠との~ (6, 0.4%)

2 間の, 間を 1 彼方に, 見える小高い

▼ 畠打ち~ (6, 0.4%)

2 を見, を見物 1 の方, を見守り

▼ 畠~ (6, 0.4%)

2 を行く 1 をきょう, を二人, を急ぐ, を通り

▼ 畠へも~ (5, 0.4%)

1 伝わって, 出ずに, 出ないで, 最早激しい, 野菜を

▼ 畠まで~ (5, 0.4%)

1 一目に, 来ると, 皆な, 行きついた時, 行きつめた事

▼ 畠ちがい~ (4, 0.3%)

1 ではなく, の人, の専門家, の方面

▼ 畠~ (4, 0.3%)

2 やねえ 1 やありません, やない

▼ 畠中道~ (4, 0.3%)

1 でした, を家路, を猿沢, を黙々と

▼ 畠~ (4, 0.3%)

2 をし, を見物

▼ 畠からは~ (3, 0.2%)

1 上州の, 今までに, 耕地つづきに

▼ 畠であっ~ (3, 0.2%)

1 てそれ, ても差支, て焼畑

▼ 畠である~ (3, 0.2%)

1 かも知れない, か河原, ということ

▼ 畠とか~ (3, 0.2%)

1 あるいはどこ, どこの, 竹藪とか

▼ 畠とが~ (3, 0.2%)

1 つづきはじめる, 作つてある, 続き続いて

▼ 畠とも~ (3, 0.2%)

1 いうくらい, 云はず道の, 片の

▼ 畠なぞを~ (3, 0.2%)

1 汽車の, 見離散, 除いては

▼ 畠などを~ (3, 0.2%)

1 作らせて, 引銜えた, 見て

▼ 畠ばかり~ (3, 0.2%)

1 ぐるぐる廻っ, でなく家, で何里

▼ 畠へは~ (3, 0.2%)

1 おろか草むしりせ, ひって, 決して行かず

▼ 畠~ (3, 0.2%)

1 が進む, などはいちじるしい, に力

▼ 畠~ (3, 0.2%)

1 にある, の柿, の石

▼ 畠~ (2, 0.1%)

1 平地らしい, 明家が

▼ 畠だけへは~ (2, 0.1%)

1 入っては, 入らぬよう

▼ 畠です~ (2, 0.1%)

1 わね, 風が

▼ 畠でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばさしずめ, ばならぬ

▼ 畠という~ (2, 0.1%)

1 のは, 処に

▼ 畠として~ (2, 0.1%)

1 耕す前, 貸しつけて

▼ 畠などの~ (2, 0.1%)

2 間を

▼ 畠なんか~ (2, 0.1%)

1 なかった, 住宅に

▼ 畠にか~ (2, 0.1%)

2 くる

▼ 畠にて~ (2, 0.1%)

1 囲墻を, 村の

▼ 畠にでも~ (2, 0.1%)

1 して, 連れて

▼ 畠ばかりの~ (2, 0.1%)

1 島だ, 裸島である

▼ 畠やら~ (2, 0.1%)

1 一々実地, 百姓家やらが

▼ 畠イジリ~ (2, 0.1%)

1 と網打ち, をする

▼ 畠作農業~ (2, 0.1%)

1 の生産力, の進歩

▼ 畠~ (2, 0.1%)

1 をぬける, を辿り往く

▼ 畠続き~ (2, 0.1%)

1 に洪願寺, の大学裏

▼ 畠蒔き~ (2, 0.1%)

1 というの, と歌い

▼ 畠野菜畠~ (2, 0.1%)

1 などが続い, などはドシドシ

▼1* [105件]

ありて後は, 畠ぢり, 畠いじりは第, 畠うつや鳥さ, 畠おこすがね, 畠がよかつた, 畠しに, 畠しかもたぬ日本, 畠じゃないか, 畠すなわち久しく付属草地, 畠すら望まれるよう, 畠そして折々汽車, 畠その間を縫う, 畠そらまめの, 畠それだけなの, 畠だったり水田, 畠だってある, 畠だの石垣だ, 畠だろうが工場, 畠ものをば, 畠づたいに歩いて, 畠であろうしかし糸瓜, 畠でございますというの, 畠でさえ立派な, 畠といふ畠は, 畠とを縁取った, 畠なぞが有りましたからネ, 畠なぞも到るところ, 畠などなかった, 畠などが続いて, 畠などはドシドシ潰され, 畠なども見える, 畠ならば三反, 畠における日光の, 畠になつてゐ, 畠のよ勝山さんの, 畠はなありや, 畠ばかりをいじくって, 畠ひだりにみつ, 畠へでもどこへでも, 畠または米舂き, 畠やちよつとした, 畠やや中窪, 畠よりもすこしばかり, 畠をはうその, 畠をば黄と, 畠をもそう呼ん, 畠アオサの意, 畠一帯真桑瓜が名産, 畠一町を作る, 畠二三枚つい近い, 畠作物との中間, 畠作需要の増進, 畠刺身のつま, 畠反別は, 畠の上, 畠境いの塵捨場, 畠小田棚田案山子も遠く, 畠山家の主人, 畠の方, 畠彼処の廚, 畠手伝の話, 畠の五石八斗, 畠旭川郊外に来, 畠村落などがある, 畠桑畠皆な雪, 畠梨畠あり, 畠氏方に籠, 畠水練でさてと, 畠泥坊をした, 畠近づくと, 畠甘藷の畠, 畠田川狭い田, 畠田川狹い田, 畠の先浜町, 畠畦道を馬, 畠之者共, 畠番らが生活, 畠番人に打ち懲らさる, 畠白き鶏日向あ, 畠な雪, 畠の下, 畠空しく赤らみたり, 畠竹藪などが見える, 畠結い繞らした, 畠耘いをし, 畠茶色な櫟, 畠菊畠などの間, 畠葉ぼたんがうつくしい, 畠葡萄棚なぞを渡っ, 畠葱畠菊畠などの間, 畠藁葺屋根と細い, 畠蝶々に比べ, 畠親房をあげ, 畠豆畑桑畑になつ, 畠買はんか田, 畠買わんか田, 畠に遠く, 畠輕便鐵道の歩みのろし, 畠辻堂と二, 畠ひの, 畠違い最初から関係, 畠違ひで御座います, 畠青々と続いた, 畠の畠