青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「留守~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~画 画~ ~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守
留守~
畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番 番~ 番目~ ~番頭 番頭~ 畫~ ~異

「留守~」 4337, 47ppm, 2496位

▼ 留守~ (745, 17.2%)

64 して 21 なって 10 なると, 来て 6 なる 5 しても, なるので, 何か, 誰か 4 した間, 居るので, 訪ねて 3 したこと, したの, なったの, なつて, なるから, 入って, 私は

2 [35件] いたしやして, した, した後, しては, しなければ, するから, すると, するの, する時, そんなこと, なったので, なってから, なっても, なつた, なりがち, なりそう, なります, なり勝ち, なること, のこして, はいりこんだの, 何にも, 何度も, 何者か, 勝手に, 妹は, 家中を, 斷なし, 残して, 私が, 自分の, 行って, 誰れ, 調べに, 頼んで

1 [511件 抜粋] あがりこんで, あけて, あける, あたいも, あたって, あっては, あっても, あなたと, あなたの, あの厭, あの娘, あやにく伺った, あんまりお, いたして, いたすが, いつもの, いても, いま勤め, いるの, うつかり, うまうまと錦, おいた佐々木道誉ら, おいでに, おきの, おき自身, おしかけました, おとづれしことを告げ, おまはん, おらが, お出でに, お前さんも, お前を, お北, お客さまが, お客を, お延, お手紙, お暇, お柏さん, お母さんの, お浪はん, お玉が, お秀, お糸, お膝元, お艶, お蝶, お角さん, お邪魔, お部屋, お雪, かつは, きても, ここに, ここへ, このあまりに, このとりで, この帳場, この府内, この方, この部屋, これが, こんなに飲ん, こツそり机の, させちゃって, された時, しかねて, したあと, したお, したからとて, したと, したとしか, したので, したばかり, したばかりに, したひと, したまま, したよう, したん, したサッポロ, した例, した半蔵, した家, した己, した巴里, した幕末, した方, した方丈, した日, した時代, した機会, した次第, した礼, した部屋, しちゃ, しちや, してる息子, しないのに, しないよう, しなかったでしょうか, しばらく田舎, します, しようと, し三年, し小夜菊, し鬢, すずめの, すること, するつもり, するとき, するなどという, するなどの, するよ, するん, する奥山大学, する日, すれば, そこの, そっとやって来, そっと彼, そつと, その人, その家臣ども, その親, その部屋, その雛, たずねて, たびたび来た, だまって, だれも, ちょっと電車, ちょろりと, つき帰り次第, つけ込みやがって, できない, どこか, どこかの, どこへか, なくなって, なさいます, なさいますか, なさるとは, なされては, なったもの, なったら新宿, なったり, なったんで, なったペレール, なった二, なった建物, なった男子, なってからも, なっとるまア, なつち, なり, なりかけて, なりしかも, なりそちら, なりましたそれ, なりますから, なりゃ今度, なりキミ子, なり勝, なり申し候, なり鉄槌, なるか, なるかも, なるし, なるだろうと, なるという, なるといふ, なるとか, なるところ, なる心配, なる筈, ひさ, ひとつお, ひとりで, ぶつかつ, ぼんやりし, まいって, まさか居睡り, また叔母さん, また或, また押し掛け, まる焼け, みんなは, やって来ると, やられたん, ゆき子の, ゆっくり岡本, よその, アグネスと, アルバイトを, イゾートが, グルーシェンカを, ズウ, チョクチョク吉兵衛と, チョクチョク吉兵衛を, ツイ私も, デュトへ, バタバタバタと, パンパンやっ, パーヴェル・パーヴロヴィチが, ピッコロミリ夫人が, フト水瓶を, フランス人の, ホノルルから, マスミから, 一つの, 一人で, 一人寝, 一寸入ら, 一杯呑ん, 一泊山陽と, 一番困った, 三之助が, 上がって, 上がりこんで, 上がり込んで, 上げて, 上って, 不取締, 不貞を, 世阿弥の, 主人が, 主人の, 久慈が, 乗じその, 乗じて, 事を, 二人が, 二度も, 人に, 人の, 今一つの, 今夜逃げ, 仕掛けるつもり, 他處, 伊庭に, 伏見屋の, 会して, 伴れ, 何も, 何事かが, 何時か, 余り美し, 來た, 來て, 來や, 倚りかかる, 僕たちが, 僕と, 僕に, 僕は, 兄さんの, 兄を, 冗談も, 冬坡が, 出て, 出会い遥か, 出来るという, 刀を, 初めてその, 剃って, 前藩主寧親, 割ヶ嶽の, 勇が, 動かぬ証拠, 化け猫, 十時前から, 卯平の, 原稿やら, 又来おった, 又浅田, 友松どのが, 友達の, 叔父さんと, 叔父さんは, 叡子さんが, 問屋場の, 善八が, 喰う事, 国から, 在ろうはず, 地下室へ, 坂井さんから, 城を, 埴生庄之, 外へでも, 多見, 夜歩きする, 大先生, 大分面白かっ, 大病し, 大芝居サ, 夫が, 奥さんに, 奥の, 奥へ, 奥様を, 奥畑が, 女が, 女の, 女は, 女房の, 妻が, 妻は, 姑は, 嫁に, 子どもの, 子供たちが, 子供を, 子分の, 家の, 家を, 家出を, 寄する, 尋ねて, 小林が, 小林の, 小樽へ, 小鳥を, 居なくなつたん, 届いた聲風, 屋根から, 屋根裏部屋には, 山から, 差配どのが, 師匠は, 帰って, 平吉から, 幼少な, 幾らか楽寝, 度々かの, 度々野枝さんは, 座敷の, 庭へ, 廃し, 廷章の, 廻されるという, 弟一人小鍋立てを, 弱められて, 彼は, 彼も, 彼女を, 彼方から, 御兄さん, 御城内, 御本, 御電話, 徳之助に, 念も, 急用が, 悠々と, 惡者が, 成ったら父さん, 成ると, 或る, 手紙が, 手紙を, 折々茶, 押入を, 持ち出すもの, 掃除に, 掃除は, 掃除を, 探検する, 敏子が, 敏子と, 敏子を, 敬君が, 断なし, 新聞雑誌記者の, 旅先から, 春子さんは, 木へ, 木村さんと, 来たの, 来たり, 来た客さ, 来た手紙, 来た郵便, 来た郵便物, 来てから, 来や, 来りたりと, 板女にでも, 桂子の, 樹明君が, 樹明来ハムを, 次の, 次女の, 此處では, 武雄さんが, 歸つて不自由を, 死なれたら大, 死なれるの, 残そうと, 残る将兵たち, 殺人を, 母が, 母の, 母親が, 気の, 気を, 水も, 水を, 永代橋墜落の, 油を, 泥棒に, 洗濯する, 洗濯ぢや, 洗濯を, 浪子は, 消えたと, 淋しがり, 火箸を, 父の, 独りで, 猫に, 猿の, 珍らしく, 生れた子供, 産まれたため, 田圃は, 甲州軍を, 男を, 白いハンカチ, 盗賊が, 看護婦を, 睨みを, 福富さん来訪すまなかつた, 私に, 私の, 私を, 空閨を, 竈の, 立派な, 笠原さんの, 米屋の, 罪も, 老婢さんと, 考えたよ, 脱兎の, 腹の, 自分は, 自分も, 自棄酒を, 自殺しよう, 致しました, 致し何かと, 菱川から, 葉子さんが, 蓄えて, 蓑田先生は, 蔵の, 蕈を, 行くにゃ, 計り行く, 訪れた彫刻家, 詰所の, 誰かが, 調べたよ, 貴女は, 貴郎, 赤子が, 起った一条, 起つたんで, 起つた鷄, 車内で, 迎に, 近所隣り, 追分の, 這い込んだ, 逢は, 逢ひ, 遊んで, 金でも, 錠口の, 開けて, 限られて, 陳さんが, 階下へ, 障子の, 隣から, 雪江さんが, 雲林院村の, 電話かかったいう, 預けて, 頸を, 風が, 飛島が, 養子の, 馴れた, 駐在所から, 高橋さんが, 鸚鵡を, 黒鴨の, 黙つて

▼ 留守~ (654, 15.1%)

129 間に 30 あいだに 20 まに 15 うちに 13 間の, 間は 10 時に 9 間を 7 時は 5 家を, 時で, 者が, 間にも, 間も 4 うちは, ことが, ようです, 人に, 時であった, 者に 3 あいだは, ことを, ときに, 夜の, 時には, 時を, 部屋へ, 間には, 間弟に

2 [30件] うちだけは, ことで, ことは, ことも, ために, ときには, ところへ, はずの, まを, ようだ, 中に, 中は, 人が, 兄彦太郎は, 処へ, 城を, 夜など, 家で, 家に, 家の, 当番に, 日は, 晩は, 父の, 者には, 者の, 訪問が, 近状を, 間お, 間瑠璃子は

1 [272件] あいだが, あいだぐらい, あいだどんな, あとばかり, いとま, うちこの, うちでした, うちになどと, うちの, うち俺が, うち百五十円持っ, うち過去と, おりであった, おりなどには, おりには, お母さんの, お蔭だ, かため市街, ことです, ことに, こと彼は, こと故, ころであった, ころ何かの, さいに, さびしさを, しんと, ための, ため仕事す, ため手が, とき, ときも, ときガソリン申告書を, とき彼らが, とき林町へ, ところから, ところは, ひっそりと, ひとは, まも, まもりを, ものに, やうだ, やうで, やうであり, やうです, ようであった, ようである, ようでございました, ような, ように, わが家へ, わびしさ, シュミットという, 一人寝, 一族や, 一間は, 万全は, 三年が, 下宿へ, 世話を, 両君も, 中老婆が, 丹女は, 事, 事が, 事だす, 事で, 事でした, 事どもを, 事な, 事にも, 事は, 事や, 人々が, 人々の, 人達は, 任に, 侍たちは, 兄弟たちも, 兵しか, 兵営は, 内だけ, 内に, 内は, 出入りは, 台所の, 同勢は, 四字を, 国元を, 城には, 場合は, 壮士等義勢有り, 夜どんなに, 大将には, 大将潘濬も, 大役を, 天女ども鬼王が, 奥方を, 女中に, 女小, 女房連が, 妻たちは, 妻と, 妻其他の, 婆が, 婆やに, 婆やを, 子供達も, 守りは, 室で, 室に, 室の, 家には, 家は, 家ばかりに, 家庭に, 家族どもが, 家族に, 家族は, 家族へ, 家老物頭諸, 家職, 家臣に, 寂しさ, 将へ, 将士に, 将士の, 将士へ, 将士も, 小太郎山の, 小屋を, 尻が, 屋内の, 屋敷だ, 島原城は, 巣から, 座敷から, 役は, 役片倉小, 役目だ, 徐州に, 心づかいを, 心持不思議な, 心細さ, 戸叩く, 所へ, 所へは, 折からには, 折家で, 支配は, 方が, 方がのう, 方に, 日で, 日の, 日よりも, 日來り, 日向草の, 昼過, 時さ, 時そっと, 時そつと, 時だ, 時だった, 時だって, 時だつた, 時である, 時でした, 時などには, 時ばかり, 時も, 時其男が, 時千二少年と, 時淋しく, 時笹村に, 時間が, 時間や, 時間日に, 晝過は, 暇に, 暮しは, 本陣を, 札で, 机の, 東条の, 様子は, 正二, 殿詰を, 毎日毎日を, 毎晩を, 気を, 水を, 法印から, 浪宅は, 淀君へ, 淋しさ, 炉に, 無難を, 物寂しい, 犢が, 状態を, 独り居が, 由, 由です, 町人百姓や, 礼を, 私は, 秋の, 空気を, 立居に, 筈です, 細君, 義詮は, 老夫婦, 老父妙恵, 者あらかた, 者からの, 者たちの, 者どもの, 者なく, 者も, 者を, 良人に, 蜂須賀彦右衛門は, 袖に, 西の京, 親分に対して, 誰も, 辛さ, 道場を, 部屋の, 部屋を, 都で, 都を, 配置など, 重荷を, 鉄壁が, 鍾, 間あなたの, 間お節は, 間が, 間この, 間すっかり, 間である, 間どんなに, 間な, 間にかの, 間にと, 間にね, 間一人で, 間二児を, 間仏国は, 間伸子は, 間來り, 間僕の, 間叔父は, 間彼は, 間心さびしく憂き, 間故郷の, 間最初の, 間本を, 間母が, 間毎日誰か, 間狭い, 間私は, 間荷役の, 間隙を, 関羽に, 閨淋し, 餌を, 館には

▼ 留守~ (602, 13.9%)

111 して 26 頼んで 13 狙って 12 守って 8 預かって 7 うかがって 6 たのむぞ, 頼むよ 5 幸いに, 預って 4 あずかって, あづけ, させて, した, すること, ねらつて, まもって, 使って, 窺って 3 させても, どうする, ねらって, 利用し, 明けて, 見はからって, 頼まれて

2 [24件] したこと, してを, しながら, するが, するの, せよ, たのんだ, つかうん, つけこんだ魔性, つとめて, よいこと, 任せた, 守るの, 心配し, 狙つてあの, 窺っては, 見定めて, 訪ねた, 護って, 隣家の, 預けて, 預ったという, 頼みますよ, 頼み妻同伴

1 [298件] あけた気兼ね, あずかり老母, あずかり良人, あずかると, あずかるという, あずかる一方, あずかる主婦, あずかる人, あずかる以上, あずかる侍たち, あずかる大老, あずかる奥方, あずかる妻, あずかる孔明, あずかる帷幕, あずかる拙者, あずかる浪人, あずかる陳宮, あずけたほう, あずけ予, あずけ或いは, あづかつて, いいしほに, いいつかった老臣, いいつかりあと, いたして, いたし大変失礼, いたせよい, いちばい堅固にと, うか, うかがいて, うかがいまして, うかがっては, うけご, うけたまわる身の上, おあずけなさいます, おうた, お今, お預かりし, お頼み, お願いし, お願いします, かく申す, かためて, かねて云いつけ, さされる事, さした, さして, させられたわけ, させられた彼女, させられるだけの, させられるので, させるお, させるなんて, させるは, したもの, したり, した人, した程, した間, した頃, してさ, してでも, しても, してるきり, してるといふ, しとるちっとも, しとるの, しとる間, しなければ, しますから, しようと, しろと, し私, すぐに, するから, するからと, するがい, するもの, するゆえ, する事, する人, する家々, する時, する筈, する細君, する若い, せいよ, たのみおき候, たのみますぞ, たのみまする, たのむ, たのむから, たのむぜ, たのむぞよ, たのむとも, たのんで, つかってるに, つかひしこと, つかふならば, つかふ代り, つかわれて, つけ込むの, つとめましょう事, どうして暮したであろう, ねぎらい長途, ねらうほか, ねらっての, ねらつては, はつきり頭に, ひどく心配, ほしいまま, まもつ, まもる兵士, まもる刑事, まもる女, まもる女中, まもる婦人, まもる孔明, まもれ, みて, めがけて, よい機, よく気, よろしくたのむ, よろしゅう, ペレールで, 一人縁に, 交代し, 付けこんで, 任せ自分, 伊佐子さんや, 伜健蔵に, 何分お願い, 何分頼む, 何處で, 使う勇気, 使えば, 使ふ, 偵知した, 六つに, 兼ねた家政婦, 勤め上りの, 医員たちに, 叔父さんにでも, 吉尾に, 命じて, 命じられて, 命ぜられ関羽, 喜ぶやう, 喰わして, 固め東, 夫婦に, 奇貨と, 奇貨として, 女の, 守つてゐる, 守つて居た, 守りその, 守り一組, 守ると, 守るならん, 守る伊賀, 守る女, 守る女房, 守る心地, 守る母親, 守る祖母, 守れ, 家に, 家の, 小鳥の, 巡検した, 幸いこっそり僕等, 幸いこの, 幸いと, 幸いの, 幸い寺男佐平, 幸い彼, 幸い日, 幸い鬼, 幸に, 幸ひ, 幸ひと大きな, 引きうけたの, 引きうけること, 引き受けて, 引受けたの, 引受けて, 彼だけ, 待つ妻, 御遣い, 房子は, 承知し, 承知の, 披露した, 支えて, 明けたもの, 昔の, 暮す若い, 有難うございました, 案じて, 楯に, 残して, 残念がっ, 気どられるなよ, 気に, 測って, 焼け出された, 物足らなく思う, 狙う用意, 狙っては, 狙つて出入りした, 狙つて曲者が, 狙つて泳ぎ出した, 狙つて町内に, 狙つて行つては, 狙つて變な, 獨りで, 申し訳なく存じます, 監督する, 目がけて, 目掛けて, 知って, 知らせに, 知りながら, 確然預かっ, 突かば, 窺い奥庭, 置かずに, 署長に, 脅かして, 蜂須賀正勝に, 衝いて, 衝くこと, 衝こうと, 襲うたこ, 襲われて, 襲わんと, 襲撃されたら, 見て, 見ては, 見はから, 見済ませて, 見計, 見計って, 見計らって, 覗って, 覗ふ, 覘う, 託し歌子, 訪うた, 訪うて, 訪問し, 輸出の, 附狙っ, 隣の, 預かったお, 預かった洞門, 預かるお, 預かること, 預かるその, 預かるといふ, 預かるの, 預かるほどの, 預かるよう, 預かる大事, 預かる権右衛門, 預かる爺さん, 預かる番士, 預かる諸, 預かる院代玄長, 預かろうが, 預つた石田清左衞門, 預つて, 預りながら, 預るこの, 預る人達, 預る家来, 預る意味, 頼まれる方, 頼みありがとうご, 頼みに, 頼み身軽, 頼む, 頼むぞ, 頼むため, 頼むという, 頼むの, 頼むので, 頼めば, 頼んだまま女房, 頼んだよ, 題材に, 願いますぜ, 顧みたこと, 食ったので, 食った宍戸梅軒

▼ 留守~ (454, 10.5%)

24 のこと 9 の出来事 6 にお 5 に彼, の事 4 の来客 3 に, にその, に僕, に病気, に誰, の報告, の子供

2 [21件] にあの, にこの, にまた, に何, に兄, に君, に大変, に奥様, に家, に届いた, に探した, に政子, に生れた, に自分, に起こった, に起つた, に起りたる, に部屋, の礼, は, を幸い

1 [338件] あったこと, あの人, あの病人, あまり浮気, いかに兄, うまく立ちまわる, おくの身体, お内儀さん, お君, お困り, かつて幽, から夫人付き, が不安, が心配, さびしげな老母, その一僕, その奇人館, その妻, その寝室, そんなこと, たいへんだ, たえず勉強, たのむと, だから, だけお, だったので, だった母, であったが, であったこと, であつ, であり江戸, であるから, でこの, ですが, でのあの, でのこと, でもいい這入っ, で寺田, で済みません, で考へて, とは限りません, と云, と存候, と申す, どんな風, なの, なん, にあなた, にあらわれ, にいたずら, にいや, にいらっしゃっ, におんつ, にお客様, にがらり, にきましたら, にこう, にこそこそ, にこちら, にこんな, にすっかり, にずいぶん, にそう, にそつ, にそんな, につくった, につぶれかけた, にどんな, にはえらい, には三度三度, には両, には分家, には百人分, にもし, にもしも, にもそこ, にも何, にも明治女学校, にやって来, にやられた, によく, にアンジアン別荘, にクロ, にストーブ, にプラタラップさん, にヘロデア, にロシヤ使節, にロバアト・セシル, にローマ, に一個, に一寸ピアノ, に一度, に七月, に上り込ん, に主婦, に久能, に亡くなった, に付, に何かしら近所, に何とか, に何事, に何回, に何物, に余, に依子, に借りた, に先生, に入, に入っ, に入浴者, に入質, に再び, に再三, に冬子, に出頭, に切腹, に別段, に医師, に友江さん, に可也, に吾吉, に呼び寄せ, に四谷税務署, に売り払っ, に大原, に夫人, に失礼, に女房, に妻, に嫁女, に嫂, に子供, に完全, に客, に小生, に小野, に小野医師, に届い, に山形, に師匠, に帰つた, に店, に建てられた, に引越し, に当る, に念, に思, に悪化, に持っ, に改まった, に故人, に敏子, に敬君, に斯様, に日本橋, に曲馬団, に書斎, に未知, に本部, に来, に来たさうである, に来客, に東京, に棚田家, に植木鉢, に死なれた, に死ぬ, に死んだ, に殺された, に殺される, に母, に洪水, に深川八幡宮, に深志, に清洲, に溜め込んだ, に火事, に煮焚き, に珍しい, に男, に発見, に眼, に福三郎, に私, に税務官吏, に突然, に立ち出, に細君, に綺麗, に置い, に老母, に腹膜炎, に苦心, に荒巻, に菊池君夫妻, に覚一法師, に親切, に角助, に訪ね, に訪問, に豐臣方, に貞操帯, に財産, に赤羽, に起った, に近藤栄蔵, に返事, に追放, に這入った, に都, に門下, に露月君, に頂戴, に預り, に頸, に餅菓子, のお, のお金, のさし, のため, のとどけ, のひとり暮し, のゆき子, のわが家, の万事, の三四郎, の世話, の乱脈, の事務, の人, の仕事, の代理, の働き, の勤め, の変, の大将, の女, の如き, の孤独, の客, の家族, の容子, の宿場, の富武家, の小, の小使銭, の幕閣評議, の弟栄三郎, の心得, の戸締り, の手当為事, の手配, の拙宅, の政子, の文書, の本陣, の村, の来訪者, の毎, の江戸話, の注意, の泰造, の用事, の異変, の社, の社長代理, の私, の秦, の自分, の話, の諸, の財政, の難儀, はいつも, はいや, はいろ, はいろいろ, はお, はお父さん, はここ, はことに, はせいぜい, はたのみます, はどう, はよろしく, は何事, は大垣, は大層, は女房, は娘たち, は実家, は役, は御苦労, は憚り乍ら俺, は本館, は止ん, は殊に, は淋し, は淋しい, は用人, は田舎者, は確か, は私, は職人, は誰, は銭湯, ふがい, ふとあたり, まさか禽獣, も勝手, も御, も時折, も構はず, をぶしつけ, を凌い, を嘱せられた, を好機, を年寄一人相手, を床, を心配, を狙っ, を見すまし, を訪問, ノ事, 別に是, 寂しくて, 御近所, 悲しんだり, 暮して, 来たとき, 泣かぬよう, 突如と, 荒れ放題, 行って, 見知らぬ人, 訪ねて, 誠に有難う, 飛んだり

▼ 留守~ (225, 5.2%)

7 の方 6 のこと 4 を訪問 3 に休ませ, の様子, へ 2 で商人, の万事, の人達, の敷居, は用人, への仕送り, を守っ

1 [185件] から, からの消息, からの言伝, から出た, から回送, から子供, から届いた, から手紙, から来た, から轉送, があっ, があつ, が飯米, だ, だけであり, であった, であらう, である私, でお前, では, ではお, ではちょうど, では叔父, では屯, では押, では殿樣, では細君, では豊世, でも人, でも困っ, で彼, で支倉, で騒ぎ出す, という, というもの, と連絡, にあ, にあった, にいた, におい, にしげ, にしばらく, にはいっ, にはその, にはつづみの, には佐原重兵衛, には女中, には妻, には本家, には狼藉, には盛装, には種々, には継母, にまだ, にむかった, にもそれ, にも問い合せ, にも少から, にゐる, に住ん, に侵入, に傷寒論輪講, に兄妹三人, に入りびたっ, に出入, に召集令, に大, に寄っ, に寄つて來, に屯, に平次, に忍びこん, に忍び入り, に忍び込ん, に押しかけ, に持, に於, に於い, に暇乞, に残っ, に用事, に石, に社, に私, に走つ, に起った, に起居, に集会, の世話云々, の事, の二階, の人, の前, の半面図, の固め振り, の奥さん, の始末, の娘, の子供, の宛名, の家族, の床下, の所在, の手配, の押入, の格子戸, の湯殿, の營業, の用事, の用心棒, の細君等, の老婆, の若い, の規律, の近い, の離れ, は大勢, は有福, は東京, は近かっ, は隈, へき, へこれら, へその, への送金, へはがき, へも立ち寄った, へも行きました, へも顔, へやって来, へやつ, へ伝えられた, へ何ん, へ使, へ入る, へ宛てた, へ宛て返事, へ寄り, へ居候, へ帰っ, へ御, へ忍び込んだ, へ戻っ, へ札, へ狼, へ眼, へ短い, へ礼, へ行っ, へ行つて, へ送っ, へ送り, へ送り届けた, へ送る, へ集っ, へ電報, まで刑事, まで連れ, も同, も戦火, も皆, やら心当り, やら心當, や青山君, を五回, を出た, を助三郎, を家探し, を探し当てた, を探り, を移した, を老婆, を襲い, を見た, を見張らせ, を見舞つて, を訪うた, を訪ね, を訪ねた, を訪ねる, を調べ, を選ん, を預っ, を預ってる, を頼ん

▼ 留守~ (188, 4.3%)

33 あつた 3 げすか, ござります 2 あつたり, あの姉娘, な, よかった, 会へ, 正式に, 誰かが

1 [135件] あつたら, あつて春三郎, あんまり閑, いないが, いない階下, いなかった, いま一所な, いやな, おかみさんを, お母さまとおつ, お母さんが, お留守居, お膝元, お雪, がっかりした, がらんと, がんすから, げすかい, こっちも, ごぜえます, さびしいとき, さア, すって, すべてが, せう, そのまま餌, その間の, そんなこと, たった一人, たまに嫁一人, とても一月, とにかく御, なわし, ひまだった, まだ會, めずらしく父親, やっぱり要領, よかつ, ハこまり, ボンヤリ帰った, ラヂオは, 一人も, 一寸厭, 上方が, 不義者が, 事情も, 二人の, 人の, 今年医専を, 仕様が, 他の, 代診サリドン錠て, 仮面の, 会わなかったので, 住み慣れた屋根, 八五郎は, 卯木が, 却つて反, 又主人, 和尚は, 困って, 國が, 大いそがし, 大変残念でした, 大振りの, 大辻は, 失敬した, 失礼を, 女は, 女房ひとりの, 子供も, 家では, 家に, 家は, 小供, 少し智慧, 川春の店に, 幸い梅ちゃんの, 弟さんとかいう, 弟の, 弟子が, 張合抜け, 往来を, 待って, 御主人, 御用の, 御米, 心配させ, 忙しおま, 息子さんの, 房子さんに, 手一杯に, 手助けを, 手間取りました, 時男さんと, 有った, 有つた仲間, 有明の, 木村が, 机の, 村中が, 林は, 桐の, 残念だった, 残念を, 殘念で, 母と, 母親が, 淋しいところ, 温泉ででも, 測らずも, 燕だけ, 玄関には, 用の, 私じゃ, 管理人や, 細君が, 美しく若い夫人丈, 胡麻の, 自分の, 若い女房, 茶の, 蕎麦を, 裏の, 豊吉は, 赤ちゃんを, 近所の, 通じない藤山, 逢わなかったが, 過去帳も, 道子と, 静かで, 静かです, 首実検は, 高々三月

▼ 留守~ (173, 4.0%)

75 という 4 と云 3 から, つたから, ということ, といっ, と云う 2 から御, そうです, という話, とする, とのこと, と思っ, と思った, と思つて, と言っ, ツた

1 [122件] からあたし, からお, からお上がん, からこツ, からそつ, からって主人, からと言っ, からと隣り, からひとつ勘定, からまるで, からゆっくり, から一足先, から久し振り, から倉橋君, から分りません, から奥様, から晩, から私, から自分, から若旦那, から見舞, から遊び, から遠慮, から酒, から電話, か何だか, がそこ, がね, がまあ, が明, が雨止み, けれども氣, し, しお母さん, しほか, し加, し小僧, し正気, し私, し若い, し西山さん, そうで, つた, つたと, つたという, つたのだらう, つたのを, つたらしく, つた事が, つた時さ, つた時には, つた母堂の, つた相ぢや, つた相で, つてえ, つてそれあ, つてね, つて云う, とあす, といい, という不思議, という答えきり, という邸, といえ, といけまい, といったくせ, といったら, といふ, といへ, とお, とお答え, とかいや, とかで仙吉, とかで覗い, とか病気, ときい, とそう, とその, とつまらない, とはくれぐれも, とやっぱり, とわかりました, と云っ, と云った, と云ったら, と云つて, と何となく, と妹たち, と寂しく, と思つた, と思はせる, と思はれた, と思ふ, と手, と断わられた, と本当に, と父, と父上, と留守番, と答える, と萎靡, と見て取っ, と言, と言う, と言え, と言ったら, と言っとけ, と診察室, と近々, と道, なんて馬鹿馬鹿しい, ものだ, ものでした, ものです, もんです, よ木崎三郎旦那, よ笹野樣, わ, ッ, 主人が, 引揚げよう, 相だ

▼ 留守~ (88, 2.0%)

12 んです 7 のだ 6 んだ 5 のか 4 のです 3 の, のだろう 2 のかしら, のかと, のである, のでその, のでまた, のを, んだろう, んでございます

1 [32件] のかい, のかな, のできょう, のでございます, のですぐ, のでそつ, のでただ, のでたのんだ, のでガッカリ, ので叔母さん, ので張り込ん, ので彼, ので書物, ので松本, ので林家, ので此方, ので父, ので私, ので秋, ので自分, ので辞し, のにあと, のは, ものです, んでしょう, んで一人, んで私, ンです, 主人が, 例は, 姪の, 折を

▼ 留守です~ (79, 1.8%)

27123 かえ, が 2 から

1 [32件] かい, かな, かもし, からその, からといっ, からとことわった, からはばかりです, から判, から明日, から私, から還らない, がいらっしゃった, がここ, がとりあえず, がゆうべ, が三年, が取, が明日, けれど, し他, し千恵, し私一人, となぜ, と云, と申しましたら, と答える, ね, のね, よあそこ, よだから, よ非番, わよウ

▼ 留守~ (68, 1.6%)

2 見渡しの

1 [66件] あの下女, いつも妾, うまくやっ, おやめです, お前の, お汝, お留, お静, ごん, させられぬと, さびしいでしょう, ただ磯, どうしよう, どんなにし, なさりやすい, ほかに, みな無事だ, わかって, わずかな, 丁度半年, 万事気を, 上飯台の, 主人と, 主翁, 二階建の, 何でも, 何なに静で, 俺が, 兄さんと, 兄貴の, 冨美子と, 出来ない所, 十七八の, 十八歳の, 多かった, 多分お, 奥様お, 女子の, 女子供だ, 小児の, 山の, 差向, 年寄役で, 弟の, 心配が, 心配ない, 意外で, 手薄であった, 板戸の, 柏軒で, 柏軒の, 母親にと, 淋しかった, 留守で, 留守でも, 知って, 私が, 竹中重治一人あれ, 絶好の, 若い妻, 若い綺麗, 通ひ, 長く辛かろう, 隣りの, 隣家の, 音作の

▼ 留守だった~ (52, 1.2%)

3 ものです

1 [49件] からあそこ, からたぶん, から今晩, から預かっ, がちょうど, が夫人, が父, が親友, けれどもはいっ, ことは, し店, そうです, という, といえ, とがっかり, と見え, と言っ, ね, のか, のである, のでおよそ, のでつい, ので一人, ので俊夫君, ので先生, ので午前一時頃, ので受附, ので娘, ので婆さん, ので家, ので家内, ので後程, ので早速, ので次, ので私たち, ので自分, ので誰, のを, ものだ, もんだ, よそれ, んじゃ, んだ, んで, んです, んで先程奥さん, んで千世子, 七宝寺の, 彼は

▼ 留守~ (49, 1.1%)

11 ていた 10 ている 3 ておれ, て居る 2 てい, て夜歩行

1 [18件] ただ御, ていなかった, ていよ, てうれしかっ, ておりまする, てかえって, てくれます, てくれる, ても結構, てゐる, てゐれ, て居よう, て帰っ, て貰います, て貰った, て身, て遠く, 四境鉄壁の

▼ 留守~ (48, 1.1%)

2 あっては, あれば, 来て, 見えて

1 [40件] あって, いうて, いっても, いふを, おいいと, させます, して, すれば, つづき私, なった東北, なった狛家, なると, なるもの, なる清洲, なろう, みせて, 云うのに, 侮って, 子供が, 子供等の, 思い諦め, 思って, 思われるほど, 書いた鳥子紙, 来た, 決まったので, 為ること, 申しましたが, 申せ, 申上げます, 知つて東洲齋を, 答えよう, 聞いて, 聞くと, 見切, 見横山城, 言っちゃ, 言つ, 言つた時である, 言わせたので

▼ 留守には~ (40, 0.9%)

2 姉妹の, 風が

1 [36件] いって, いつも裁縫, お絹, お辰, この家, それ見た, なお二万, なにもかも私, よくやっ, わが父妙恵入道, シゲ子は, 乙女が, 低声, 何の, 出て, 前田与十郎種利が, 南部師行冷泉家行らを, 吉田松陰が, 多津が, 宅に, 客の, 年寄った腰, 年寄つた腰の, 彼も, 戸を, 支那蕎麦の, 来るん, 母親の, 毎日この, 津田源十郎どの加藤兵庫どの, 竈の, 自分の, 蔡和が, 親類の, 誰も, 部屋の

▼ 留守~ (40, 0.9%)

9 して 4 するお 2 する, するもの, する自分

1 [21件] しますよ, するから, するだ, するだぞや, するよ, する人たち, する女達, する子供等, する家, する家番, する師鉄胤, する年老いた夫婦, する東京, する母, する継母, だったの, でございましたか, でございますッ, でしたが, でしたよ, もほか

▼ 留守~ (36, 0.8%)

3 入って 2 行き中

1 [31件] おかみさんから, まわして, やって, やはり近所, 三四人で, 伺って, 入り浸ったという, 出掛けるもの, 取りに, 向けて, 外套を, 娘が, 尋ねた予等, 尋ねて, 廻そうと, 彼の, 朝霞の, 来て, 来やがって, 無断に, 藤井の, 行きまして, 行くと, 行って, 襲いかけるとは, 言いつけた為替, 言って, 訪ねて, 誰も, 電報を, 飛びこみ中

▼ 留守であった~ (29, 0.7%)

3 が女房

1 [26件] あいだの, お嬢様が, からまず, から致し方, がそこ, が台所, が奪, が安井君, が帰っ, が曹操, が署長, が駒ヶ岳, ことを, し広い, そうで, のじゃ, のでこの, ので一体, ので土産物, ので奥, ので妻, ので憂, のは, 今日は, 夏自分から, 思い出も

▼ 留守~ (27, 0.6%)

2 多いし

1 [25件] あり温泉ゆき, いらっしゃいますによって, いるのみ, かさみますが, かなり心配, つづいた, どうしてそんな, ないとっ, はじまるよう, 下女一人に, 不安に, 命ぜられ残る軍, 多い牛, 大事という, 寂しいから, 少し永, 心配だ, 心配や, 案ぜられる, 気がかりだった, 気にな, 確定し, 続くと, 誠に不安心, 長かった

▼ 留守でも~ (24, 0.6%)

1 [24件] いいや, いいん, お世話に, お酒, かまいませんもし, これまでだって, ござれば, して, それは, 同じだ, 奥の, 女手が, 家へ, 弟子が, 払へる, 搆はずづんづん上る, 構わずに, 構わんが, 用の, 私に, 落膽しない, 話の, 釘勘親方にさえ, 隙間なく

▼ 留守でした~ (22, 0.5%)

2 から

1 [20件] か, からそっと, から念, から早速, から明日, が, がどうせ, がもちろん, が奥さん, が家, が小林少年, が少し, が近所, が長助, けれども早速, けれど女ども, ので幾分, ので御, よ, よまた

▼ 留守~ (16, 0.4%)

2 の紀, を仰

1 [12件] だけのもの, というもの, などに真相, にまわれ, に廻っ, に釘, の小出播磨守, の水戸慶篤, はお, はかなり, をあずかり, を引き受ける

▼ 留守がち~ (15, 0.3%)

3 なので 2 のこと 1 だが, だつたが, であったり, でございましたから, でござれば, でしょう, で私, な叔父, の別荘, は覚悟

▼ 留守~ (15, 0.3%)

3 だから 2 ですか, ですから 1 だつた, だと, でありきんきん, でさぞ, で嘸, で奥さん, で家, ならん萩

▼ 留守である~ (14, 0.3%)

1 [14件] かさえ知らなかった, からこの, から嫩江, から詳しい, が式部, ことは, という, といえ, といっ, と言った, のだ, のを, 場合を, 誰も

▼ 留守でございます~ (12, 0.3%)

3 か, が 1 かおい, からそっと, から宜, がどうぞ, がまあ, などという

▼ 留守~ (11, 0.3%)

2 え, ッ 1 えそん, それは, どこへ, もの越氣勢も, 否かと, 居るの, 留守でない

▼ 留守では~ (10, 0.2%)

2 ないか 1 なおさら不可, なかった, なかろうか, ねえ筈, 仕方が, 女獨りで, 小僧の, 芋が

▼ 留守にな~ (10, 0.2%)

3 つてから 1 この子, つてお, つてこんな, つてどんな, つてゐた, つて太公望的期待の, つて書け

▼ 留守~ (10, 0.2%)

1 にいる, には女房, の徐州, へ一千余り, を占領, を急襲, を攻めた, を襲っ, を襲われ, を襲撃

▼ 留守師団長~ (10, 0.2%)

1 という, ということ, としてここ, としての自分, として留め得たれ, と言い慣らされ, なる不破, をつとめ, をつとめた, を引受けた

▼ 留守する~ (9, 0.2%)

1 からね, こと, という, に当り, 古女, 妻を, 山内の, 者たちの, 者は

▼ 留守だつた~ (9, 0.2%)

1 がわざと, が心置き, けれど隣室, ぜ, ね, のでもう, ので僕, ので家内, やうに

▼ 留守じゃ~ (8, 0.2%)

1 あとで, ありませんお, ありませんか, けれ大方, ないか, ないもう, アある, テッキリと

▼ 留守なら~ (8, 0.2%)

1 お前は, お嬢さんも, かえって都合, ばとしきりに, ばどう, ば仕方, 帰りを, 留守で

▼ 留守~ (8, 0.2%)

1 しばらくの, 出来ずね, 家で, 後詰も, 案じられ佐々木道誉, 気がかりだ, 物のかずで, 要る

▼ 留守見舞~ (8, 0.2%)

1 というもの, にも行かず, に寄る, に澁谷, に百三十里, の使, は余り, よ入

▼ 留守にも~ (7, 0.2%)

1 おかみさん, ここへ, ファラデーは, 十分に, 孔明の, 守るに, 度々訪れた

▼ 留守~ (7, 0.2%)

2 の守備線 1 から補充, に来援, の連中, は, 第二中隊召集兵

▼ 留守かと~ (6, 0.1%)

1 きつい御, 思うほど, 思ったら幸い社, 思って, 思つたので待つ, 思ふと

▼ 留守という~ (6, 0.1%)

1 こと, のが, 事実を, 女房役を, 日が, 返事であった

▼ 留守師団~ (6, 0.1%)

1 にいた, に勤め, に職, の物語, は水, を指揮

▼ 留守であっ~ (5, 0.1%)

1 たり何, てくれれ, てその, ても客, て一藩

▼ 留守とも~ (5, 0.1%)

1 いえない, いえません, なれば, 云えないだろう, 見えぬ

▼ 留守などに~ (5, 0.1%)

2 お前の 1 なると, 窓側へ, 訪ねて

▼ 留守中何~ (5, 0.1%)

1 ういう, かあった, か起った, も変り, も變

▼ 留守~ (5, 0.1%)

1 の同僚, の観測班員, もおめおめ, もまた, をひく

▼ 留守~ (4, 0.1%)

1 富は, 杉は, 母あさま, 留守との

▼ 留守かも~ (4, 0.1%)

2 しれません, 知れぬが

▼ 留守この~ (4, 0.1%)

1 上手の, 事件を, 家私の, 時こそと

▼ 留守させ~ (4, 0.1%)

1 てその間, て置かう, て置く, 寺詣りした

▼ 留守した~ (4, 0.1%)

1 あとの, ことを, とてもあんまり京弥, 家は

▼ 留守だったら~ (4, 0.1%)

1 お留守, と思う, どんな事, 劇場の

▼ 留守だって~ (4, 0.1%)

1 云いましょうか, 云われたら変, 申上たら, 盆や

▼ 留守~ (4, 0.1%)

2 ゅうに 1 ゅうである, ゅうの

▼ 留守~ (4, 0.1%)

1 やという, やない, やほどに泊つて, や仕

▼ 留守でございまし~ (4, 0.1%)

21 てお, てわたくし

▼ 留守なり~ (4, 0.1%)

1 お納所, かみさんも, こちらの, しいま山狩

▼ 留守ばかり~ (4, 0.1%)

2 して 1 ぢや, で

▼ 留守らしい~ (4, 0.1%)

1 わね, 人を, 気が, 青木の実

▼ 留守勝ち~ (4, 0.1%)

1 であった, となる, な場合, のため

▼ 留守じゃあ~ (3, 0.1%)

1 仕方がねえ, 仕様がねえ, 困りましたね

▼ 留守たのむ~ (3, 0.1%)

21

▼ 留守だっ~ (3, 0.1%)

1 たりし, たりする, たり癪

▼ 留守だらう~ (3, 0.1%)

3 と思つた

▼ 留守でございました~ (3, 0.1%)

1 か, からそう, から後程

▼ 留守といふ~ (3, 0.1%)

2 ので 1 のに

▼ 留守として~ (3, 0.1%)

1 姫路に, 自ら府中, 蜂須賀彦右衛門が

▼ 留守とは~ (3, 0.1%)

1 いえまるで, お城, 意外であった

▼ 留守において~ (3, 0.1%)

1 兼好が, 得印兼光老士は, 武蔵は

▼ 留守~ (3, 0.1%)

1 と, よってに, よつて

▼ 留守らしく~ (3, 0.1%)

1 勝手口から, 御相談, 案内を

▼ 留守中私~ (3, 0.1%)

1 がそんな, がどんな, は多忙

▼ 留守中誰~ (3, 0.1%)

1 も来なかった, も来なかつたらしい, も窓

▼ 留守~ (3, 0.1%)

1 の動向, を春日山, を残した

▼ 留守宅宛~ (3, 0.1%)

1 に無事, の小包, の手紙

▼ 留守帰り~ (3, 0.1%)

1 に文房堂, は早く, を待っ

▼ 留守留守~ (3, 0.1%)

1 でそんな, と子供, に度々

▼ 留守~ (3, 0.1%)

1 では修験者, で母親, は平生

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 と云っ, をしてやらなけれ

▼ 留守これ~ (2, 0.0%)

1 は併, は自棄

▼ 留守ごと~ (2, 0.0%)

1 と称し, に牡丹餅

▼ 留守してる~ (2, 0.0%)

1 ものが, わ

▼ 留守ださうで~ (2, 0.0%)

1 むだ足し, 歸り

▼ 留守であろう~ (2, 0.0%)

1 か, とこの

▼ 留守でない~ (2, 0.0%)

1 かの見分け, とすぐ

▼ 留守でなく~ (2, 0.0%)

1 てよかっ, ばすぐ

▼ 留守でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばい, ばこんな

▼ 留守などには~ (2, 0.0%)

2 よく二人

▼ 留守にて~ (2, 0.0%)

1 分り兼候趣申立, 空しく還す

▼ 留守にでも~ (2, 0.0%)

1 して, なるでせうからな

▼ 留守へは~ (2, 0.0%)

1 ひこみましたがね, 扶持が

▼ 留守へも~ (2, 0.0%)

1 忍んで, 行って

▼ 留守中何分~ (2, 0.0%)

1 宜敷, 頼む

▼ 留守中別~ (2, 0.0%)

1 に変, に異状

▼ 留守中家事~ (2, 0.0%)

2 は元

▼ 留守中彼~ (2, 0.0%)

1 の妻子, の手助け

▼ 留守中日本橋~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, の家

▼ 留守中母~ (2, 0.0%)

1 からさらし, の病気

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 にお, に一寸芝居

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 の幾松, の文次郎

▼ 留守宅あて~ (2, 0.0%)

1 に, にもありのまま

▼ 留守守る~ (2, 0.0%)

1 ものの, 神の

▼ 留守家族~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を中心

▼ 留守居中~ (2, 0.0%)

2 の持主

▼ 留守屋敷~ (2, 0.0%)

1 に立ち寄った, はこの

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 があった, の吏員

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 今月に, 何だかあやし

▼ 留守組町~ (2, 0.0%)

1 に住ん, まで用

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 のことば, の中

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 だよ, となっ

▼ 留守軍遊隊~ (2, 0.0%)

2 と一番隊

▼ 留守~ (2, 0.0%)

1 には他家, に焼ける

▼1* [286件]

留守あずかりの人びと, 留守いたし候間御, 留守いたします帰ってお茶, 留守いですから誰, 留守うして居ます, 留守おばさんが出, 留守おまえ達の世話, 留守お見舞もいたしませず, 留守かしら随分呑気, 留守から必然的に, 留守うして, 留守さして物を, 留守さしとくわけにも, 留守しかして出動軍の, 留守したら最後その, 留守しんかんとあふれる, 留守や, 留守じゃったで評判の, 留守すぐお帰り, 留守せねばならぬ, 留守せよとあれ, 留守せる主の, 留守そこに居合わせた, 留守それでもあがりこんで, 留守あよくも, 留守たのんだら又チリチリ, 留守ために少し, 留守だすケニ間違いの, 留守だつたさうですよ, 留守だろうという予感, 留守ちょっと滑り込んで, 留守ちよいと滑り込ん, 留守ぢやつたらうお前, 留守誰も, 留守であったらかねてきめ, 留守であり女中が, 留守であればよい, 留守でござるか久米, 留守でござんしてなあ, 留守でさえあって, 留守でして, 留守でしたろうお家なら聞きつけ, 留守でしょうか, 留守ですとおつしやる, 留守でのうせんか, 留守ではとも思つて, 留守でへツ, 留守で御座いますから先生, 留守といったのは, 留守とかで粟津水棹氏が, 留守ときている, 留守とて名代に, 留守とのご挨拶, 留守どすさかい, 留守ながら祭を, 留守など店の, 留守などといふものは, 留守なら帰るまで待たし, 留守なりしかば男, 留守なれば, 留守なんかにペチャクチャ詰らん, 留守なんぞさせるには, 留守なんぞになるん, 留守なんだかちっともわからねえ, 留守においては八月十日妻政子が, 留守にさえなれば, 留守についてそんなご, 留守にては気を, 留守にばかり行く, 留守にばっかりしたもん, 留守にゃ閑で, 留守に際しまたここ連年, 留守のんびり一人暮したいとさえ, 留守ばんにあずけおく, 留守ひとりでいなけれ, 留守ひどい吹雪の, 留守づ心配も, 留守みたいに美しく, 留守もる子らが, 留守ゆえ左右の立番, 留守珍しい方, 留守わけて火の, 留守をこそ命ぜられたが, 留守をのみ窺いたり, 留守デアルカラ至ルトコロガ空イテイルノニ二階ヘ上ルニハ及ブマイ, 留守トラックを運転, 留守ニ妙ナ話ヲシタ, 留守ニ寝室ト浴室ト便所トヲ作リ直サセタコトガアッタ, 留守夜ハ颯子ガ勤メルヨウニナルト予ハヒソカニ期待シテイル次第デ, 留守ノウチノコトヲ書附デ出, 留守預カッタ, 留守一人はぼんやり, 留守三ヶ所ともフラ, 留守三七郎が小用, 留守三人はひそひそ, 留守中お世話になりました, 留守中お客が来, 留守中お母さんからさらし, 留守中かわりはなかつた, 留守中ぐらゐの間はこの, 留守中ご苦労であった, 留守中なにごとかあった, 留守中ひとりでも食べられる, 留守中やあさん来訪私が帰る, 留守中ゆえ詳しくは, 留守中ようおとなしく遊ん, 留守中ウィーンから突然, 留守中ダレないやう注意, 留守中ナオミを監視, 留守中一回も泣, 留守中一張羅の着物, 留守中万端の心得, 留守中三月八日のこと, 留守中下女下男の預り, 留守中不快ないきさつ, 留守中世話して, 留守中両親も歿, 留守中主人の家, 留守中事務所には七時, 留守中二人は往き来, 留守中仲よしになったら, 留守中何くれとなき, 留守中何事も懈, 留守中何程の迷惑, 留守中俺に無断, 留守中偶然電車の中, 留守中八五郎たつた一人, 留守中味岡正造という名刺, 留守中嚊が寝, 留守中国内にエセックス, 留守中土蔵の鍵, 留守中在院して, 留守中大庭春吉と藤本家, 留守中大戦が勃発, 留守中大變世話になつ, 留守中妹のお, 留守中妻は一層, 留守中婆やの耄碌, 留守中學校を休ん, 留守中客来敬君と樹明君, 留守中室の中, 留守中家ん中, 留守中寧子の身まわり, 留守中居士の机, 留守中屋敷に訪ね, 留守中弟たちに聞け, 留守中心持ち痩せた悧巧そう, 留守中心配もあるまい, 留守中急に進路, 留守中手元に預かった, 留守中敬君来庵すみませんでした, 留守中新子がいた, 留守中旦那がどうも, 留守中明智小五郎の意外, 留守中月給全額支給して, 留守中本位田家のばば, 留守中樹明君やら敬治君, 留守中気がかりはたくさん, 留守中江戸において何, 留守中泊りに来, 留守中泥棒が入らう, 留守中浜子は新, 留守中物置の中, 留守中犬を相手, 留守中独断で福岡, 留守中用ありげ, 留守中申訳ないこと, 留守中病人の夫, 留守中盗賊に見舞われ, 留守中着物も財布, 留守中碧梧桐君と余, 留守中祖母は僕, 留守中端席の真打, 留守中笠間さんが泊り, 留守中箱崎町の大工銀次郎麻布普請, 留守中細君は子供, 留守中自分が折々, 留守中落着いて, 留守中裏両国のしもた, 留守中親父を頼みます, 留守中誰かが掃除, 留守中豹一が帯封, 留守中軟禁されて, 留守中近所の耳, 留守中遊びに行っ, 留守中運動をさせない, 留守中部屋は開け, 留守中重井は数, 留守中銀座に羽, 留守中音絵は独, 留守主人は奧, 留守久々母上の給仕, 留守二階で渠, 留守今夜も留守, 留守に知合ひな, 留守つて妹娘の, 留守令夫人は御, 留守仮令居たとて, 留守うする, 留守債鬼に囲まれ, 留守兵二万の救援, 留守内儀が殺された, 留守前日より分らずし, 留守十月の三日, 留守刻ばかり, 留守古参の子分, 留守名刺を置い, 留守お勢, 留守国府津の留守, 留守土産置いて, 留守坊主に逢い, 留守城伊吹の家臣ら, 留守城長浜は明智光秀, 留守夜先方からかかり, 留守夜番がわりにと母, 留守夫人に逢っ, 留守奥さんは子供, 留守女中のお, 留守女房のお, 留守とだけ暮す, 留守姉さんはお, 留守やまでも留守, 留守宅ニ相当ナル資産アリテ生活費ニ充ツルコトヲ得, 留守宅一同の変わり, 留守宅慰問のこと, 留守宅片倉小十郎, 留守安穏で暮し, 留守には暮, 留守家老は片倉隼人, 留守の兵たち, 留守小幡民部もで, 留守居させての文字どおり一家総動員, 留守居さんの出立, 留守居中有数の人物, 留守居中稀有の人物, 留守して, 留守山出しの女中一人, 留守師団長格で警視庁, 留守師団長留守師団長と言い慣らされ, 留守師団長青嵐居士は何, 留守師範の高弟, 留守帰って来た, 留守で清江, 留守弟子達にも一日, 留守役年はことし五十九, 留守待つてゐる, 留守は国, 留守後々の事, 留守心得は, 留守所宛に左, 留守捜して見る, 留守して, 留守政府の井上大蔵大輔, 留守のお, 留守暮しをする, 留守末子も留守, 留守でございますから, 留守段四郎夫人もとの高杉早苗, 留守母親は奥様, 留守私一人が留守居, 留守秦豊吉のみ, 留守竹町の彫, 留守竹箒を持っ, 留守十六師団長中岡中将の, 留守総理の器量, 留守嘸, 留守となし, 留守自分で客, 留守若い番頭の, 留守荒れ生垣の, 留守じ丸善, 留守親方は寝, 留守を仰せつかり, 留守に遠慮, 留守護る我家は, 留守連隊長の牧山大佐, 留守遊ばされ候, 留守遺家族の問題, 留守部隊がのこっ, 留守野上さんの処, 留守門番は横着, 留守隊勤務に廻された, 留守隨分困つたさうですよ, 留守隨分心配をいたしました, 留守雪江さんは一日家, 留守電報が来た