青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「留~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~
留~
留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番 番~ 番目~ ~番頭

「留~」 1610, 17ppm, 6560位

▼ 留さん~ (136, 8.4%)

3 が云った, は 2 だけです, ですよ, の, のところ, の女, の家, の貯金, は少し, は年

1 [112件] か, から眼, がいる, がそう, がたいへん, がなにか, がわざと, が何, が台所, が声, が小言, が小説, が少し, が帰っ, が持っ, が此処, が田, が繁み, が舳先, が言つて, が通りがかり, が逢い, が顔, が首, てまけない, でも来た, というの, という爺さん, という男, といふ出入り, とお, とが二人きり, としては自分, としては色, とその, とはそこ, とビール, と一緒, と出会っ, と呼ん, と女, と私, なら知って, にはそれ, に入門, に助け, に同情, に女, に惚れた, に構い続けた, に私, に訊け, のこと, のため, のほう, の事, の云う, の云った, の前, の勘, の口ぶり, の場合, の声援, の手, の方, の死, の注意, の耳, の話, の顔, はあたり, はあまり金, はお, はてんで, はまっ黒, はもう, は上機嫌, は中腰, は云っ, は云った, は先, は八五郎親分, は女, は小腰, は帰っ, は思つて, は急, は恥ずかし, は振り向き, は白い, は私, は立ちあがり, は笑い, は答えた, は篠咲, は自分, は解せず, は話す, は踊りだした, は隅, は音羽屋, は頭, も, も一緒, も同じ, も同様, も死んじまった, より三つ, をからかっ, を書いた, を見かけた, 初めてじゃ

▼ 留~ (105, 6.5%)

3 山善へ, 難道 2 ところへ, ない空想, 太守張, 奴あ, 姿は, 本宅に, 横町から, 穀物問屋で, 若えも

1 [81件] お留, ことばが, こんなに打ちひしがれた, せがれの, その杙, とこに, ない事, ない処, ない物足りなさ, ない話, ない雪, ほうの, タタールの, 一件は, 一存で, 七曲りに, 上に, 事件の, 二階に, 五人組強盗の, 亭主の, 仕打ちに, 例の, 信号の, 光っただけでも, 典韋は, 叔母の, 受け持ちで, 呉服問屋山善へ, 地蔵様, 声には, 変ったところ, 外に, 夫が, 夫の, 奴に, 奴の, 子守の, 家で, 家でも, 家賃で, 山善に, 工風を, 弟子と, 張, 後で, 憤, 持物と, 指と, 提灯は, 援助金とともに, 支出を, 方へ, 杉の, 様子を, 死骸は, 江戸っ子らしい, 法と, 無いやう, 無い影, 無い様子, 物怖じしない, 眼の, 約束で, 給料で, 給金は, 給金を, 船宿に, 茶屋で, 藏の, 行末でも, 親方を, 言葉が, 記憶は, 話に, 郵便物を, 野郎から, 鈴木と, 開けつ放しな, 阿魔, 顔色は

▼ 留~ (92, 5.7%)

6 の姿 3 の似せ, の許嫁 2 か美紅, であった, でした, は先ず, は紅矢

1 [70件] か自分, がお婆さん, が二人, が俺, が化けた, が年頃, が引いた, が死んだ, が浮き出す, が通った, が鏡, が首, そのままの, であった妾, であろうが, でお姫様, でしょうか, というの, という女, とかいう者, と一所, と共々, と申します, と香潮, になっ, に対しても極まり, のお父さん, の両親, の喜び, の心, の紫色, の美紅, の脱, の行衛, の顔, の髪毛, の魂, はいよいよ, はこの, はこれ, はさも, はなおも, はほっと, はまだ, はやがて, はグタリ, は乱暴, は今, は今更, は吾, は実に, は帰った, は急, は恐ろし, は扨, は最前, は最早, は生れ, は痛み, は自分, は鏡, は香潮, は驚いた, も最初, も波, も青眼先生, も香潮, よりも潜る, より後れ, を殺した

▼ 留~ (76, 4.7%)

11 云った 2 叱った, 安次に

1 [61件] あの様子, おろか十五留で, さすがに, しくしく泣き出した, しみじみ云った, すっかり顛倒, そう一気に言い続け, どうなつ, なかなか帰っ, ふだんから, また黙っ, もう物, 一人についての, 一旦自分, 三人とも, 丸帯の, 云って, 何か, 口を, 古着物を, 周章てて, 唇を, 地名辞書に, 大きな鍵, 姿も, 安次を, 富子の, 少し口ごもっ, 山へ, 帯を, 悧口な, 我慢の, 手に, 摂生法次第で, 日頃の, 早くも, 極り惡さと, 正直そうに, 死骸の, 気が, 気象者らしく, 汚らわしいもの, 浮氣な, 深川木場の, 無理に, 無論重罪, 燒餅で, 申松を, 町内の, 眼を, 秋三を, 答えた, 素直に, 縁が, 罵るよう, 良い年増, 茶を, 門送りだけで, 頑固らしく, 顫へ, 黙って

▼ 留まつ~ (67, 4.2%)

3011 てゐる 3 たの 2 てるん

1 [21件] たが, ただけ, たと, たとしても, た印, た坂, た弟柏軒, た身体, て, ている, てこちら, てまるで, てゐた, て六本め, て少時小首, て居れ, て待つた, て朝鮮, て筑波, て舌, て見

▼ 留~ (64, 4.0%)

11 して 2 した, したの, を命ぜられ

1 [47件] いたした, から大, させやう, させんこと, さるべき大望, されて, したい心算, したこと, したばかりの, した日本僧, した時, した連中, し普佛戰爭, し歸つて, すること, するといふ, する御, せしむべき勅許, せらるる時, なされ私, などと同一視, に來, のとき, ののち, の人々, の兄上, の命, の徒事, の期間, の爲, の目的, の眞意, の賜, の途, の際, の頃, は例外, は想像以上, をし, をする, を卒, を命ず, を得意, 久しかつ, 前美術, 生諸君, 致しまして

▼ 留つて~ (57, 3.5%)

5 ゐるの 3 ゐて, ゐる帥, 居た 2 ゐる

1 [41件] ぐいと見込む, そこで列, その蝋燭, ちら, は居らん, は振返つ, ゐても, ゐない, ゐられるもの, ゐること, ゐるとか, ゐるに, ゐるので, ゐるやう, ゐる人, ゐる何故, ゐる必要, 動かなくなつ, 呉れた, 唸つたの, 啼いて, 喘いで, 居たのさ, 居た様, 居て, 居ないのに, 居りながら, 居ると, 居るの, 居る雨, 思はずも, 振向いて, 振廻つて, 振返つた, 眺め入, 聞くと, 見たが, 見る, 視ると, 話す人々, 長くお

▼ 留學生~ (47, 2.9%)

2 の中, の數, や新, を送り

1 [39件] か知ら, が來集, が澤山來, が西洋, だね, である, として下宿住居, として先生, として學資, として支那, として横濱, となつ, と結託, などが本, などが輸入, などには其の, などの大, などを遣る, に對, のひとり, の來往, の少い, の方々, の某々君, は在外研究員, は持つ, は支那政府, は派遣, は盛ん, や坊さん, をも送れ, を前, を愛した, を我が, を東西兩洋, を派遣, を觀迎, を送つ, 及び學問僧

▼ 留女姫~ (45, 2.8%)

3 はこれ 2 の声, の姿, の生れ変りで, の身の上

1 [34件] が出し抜け, が現われ, が莞爾, が邪魔, が鋏, であったの, であった昔, である, となっ, と名乗っ, と思った, と白髪小僧, になった, に寸分, に誘われ, に預けた, のお, の両親, の兄様, の心, はあまり, はこの, はもう, は二度吃驚, は前, は大層物, は少し, は最早, は気, は白髪小僧, は胸, は自分, も一生懸命, も同じ

▼ 留~ (35, 2.2%)

2 そつと

1 [33件] いると, いろいろお, おこる, お春さん, そのわき, たいこ判を, どうした, なぜ亭主, なにか小声, ぬけ出して, はいって, また柿, ものは, 云った, 今日を, 今来た, 側に, 出て, 司馬道場へ, 吉原に, 大年増, 奥の, 少し怪我, 少し摺っ, 店の, 得を, 息を, 滑らなかつたの, 物好きさうに顏を, 登場し, 百五十匁替, 落ちて, 鬼魅を

▼ 留~ (31, 1.9%)

1 [31件] いたして, されたほど, されて, したが, した春, して, してから, なにか調べ, やや左, 中心として, 予算し, 全同盟, 出発し, 刺されて, 刺したほどの, 刺し血, 取り調べようと, 打つとき, 打つ事幕明幕切, 拵ゆる, 掛取する, 政府に, 検出し, 為た, 献ずる, 疑うよう, 真中に, 算出し, 縛るん, 脅かして, 輕く

▼ 留~ (29, 1.8%)

4 の札

1 [25件] という文字, といふもの, とる皆, と書い, と書いた, なら何時, なんか余り, には, にも月夜, に勝つた, に気, のうん, の後, の手, の条件, の白裃着, の箱, の紛紜, の落花, の返礼, は, も取つた, をよせ集める, を取つた, を懐中

▼ 留~ (29, 1.8%)

3 の一人

1 [26件] がしきりに, が九条, が自分, であった, に化けた, に迫る, のなり, の住ん, の冗談, の姿, の首, はこれ, はちよい, はふりむいた, はもとより, は帽子, は揮, は邪法, へ声, も寝し, 一人を, 共相従へ, 喜三郎, 喜三郎油桶は, 忽ち隠し持ちたる, 高く金十字架

▼ 留~ (28, 1.7%)

2 の前, は煙管

1 [24件] が腰, が起ちあがっ, の右側, の向い, の方, の汲んだ, の眼, の聊斎志異, はうっとり, はこうして, はそのまま, はやっと, はゆっくり, は体, は思いだした, は振り, は旅人甲, は柄杓, は硯, は葉生, は雁首, は頻りに, ももう, を見つける

▼ 留~ (26, 1.6%)

2 をもっ

1 [24件] こそは学, であった, でいらっしゃいます, という者, といわれ, とは河原, のふたり, の即位推戴, の威風, の後, の車馬, はあくまで, はさけんだ, はそれ, はまだしっかり, はわりあい, は夢, も, も生れ, をし, を乗せ, を位, を御, を立て

▼ 留~ (24, 1.5%)

1 [24件] あの大い, して, しやう, しようか, たのんで, ならあ, なるん, なれば, 云いつけて, 任せ長い, 呼び醒まされて, 大小言, 引きあわされて, 思ひを, 替えた時, 減った, 異ならず, 窮まり左, 絞り取られて, 至る, 至る一支, 訊きました, 近くなったら, 青梅の

▼ 留むる~ (24, 1.5%)

2 に足りる, を常, を得る

1 [18件] なく一莖, にも足らざれ, に処, に在りしならん, に至った, に至る, のみである, の深, の覚悟, は黴毒, までになった, も之, をさらに, を免, を強い, を得, を振払い, 如きもの

▼ 留~ (20, 1.2%)

2 は門口

1 [18件] が客, が本, が走り出, でいる, というた, として現われた, との歓楽, に出, のよう, の二役, の声, の智恵, の格, の読み上げた, を九月尽日, を押しやっ, を突きやり, を落籍した

▼ 留~ (19, 1.2%)

2 眺望は

1 [17件] お稲, 下女の, 並んで, 二十哥ありまし, 云う名, 互に手, 八五郎と, 八五郎の, 名く, 小僧の, 平次の間に, 書いて, 申します, 称す状人, 要吉が, 言は, 関係し

▼ 留~ (19, 1.2%)

2 なき思ひ

1 [17件] うつむいて, さすがに, する獵虎, する長靴, ない, ないこと, ない事, ない切迫塞つた苦痛, なき風説, なく家, なく気, なく考へ, 出して, 出せば, 困ったに, 平次も, 無い事

▼ 留~ (16, 1.0%)

3 丞の, 丞を 2 丞が, 丞と, 丞は 1 不可曰如是得無, 丞に, 丞も, 儀品川宿より

▼ 留~ (15, 0.9%)

1 [15件] いい厚いの, お負け, ございますよ, せう確り, だつて売つて, なきゃ, 医師を, 半分落ちた, 去勢牛を, 大金で, 小網町河岸の, 昼を, 落ちる, 譲るだかね, 電車を

▼ 留南奇~ (15, 0.9%)

5 の薫 2 の薫馥郁 1 がある, がはっと, が散っ, して, の袖, の香, を便, を燻

▼ 留~ (13, 0.8%)

1 [13件] が, がよく, が歸つて, が話, で白い, と一, に出合, に別れ, のその, のま, の話, は阿, をつかまへ

▼ 留~ (12, 0.7%)

2 の事 1 おつ, が此処, にももう一度, にも仲間, にや相談, に一杯, に惚れる, に用, の方ぢ, はね

▼ 留~ (12, 0.7%)

1 [12件] だから, だった, であるので, となっ, になっ, の夜釣り, の江戸川, の舟, の裏河岸, へ夜釣り, へ繋い, を下っ

▼ 留~ (12, 0.7%)

5 もなく 1 がない, がわからない, が無かっ, なく泣いた, なく流しました, もなく滑る, を知らない

▼ 留という~ (11, 0.7%)

1 [11件] のに, 人が, 今年十八の, 八百屋の, 十四五の, 女は, 女中が, 女房と, 女髪結の, 紺屋の, 野郎を

▼ 留~ (10, 0.6%)

1 いしくも有, けり, 主税, 之を, 待て居て, 知らせて, 置きまして, 置くもの, 老人夫婦が, 飛び込むと

▼ 留むべ~ (10, 0.6%)

2 きこと 1 きぞ, きである, きところ, きなり, き世, き遺蹟, くほどほど, しと

▼ 留~ (8, 0.5%)

2 をし 1 で同, なり穴, におら, になっ, の時, らしい人

▼ 留~ (8, 0.5%)

1 といふの, の人相書, はこれ, はもう, は臆病, は自分, は酒, を討ち取る

▼ 留~ (8, 0.5%)

1 から落ち, にとび上らね, にとまった, には首, のかおり, の薫, を持っ, を用い

▼ 留學中~ (7, 0.4%)

1 だよ, であつ, には殆ど, に極, の狩野博士, を管理, 殊に北支那留學中

▼ 留~ (7, 0.4%)

2 を見る 1 で判る, とかお, に, にも今出川治右衛門, にも元禄十一年

▼ 留つた~ (6, 0.4%)

1 がすぐ, ところが庇, のみである, もの, 凄いほど, 如く闕文

▼ 留つたの~ (6, 0.4%)

1 である, です, に送, は其なだれ, は実は, は此不思議

▼ 留から~ (5, 0.3%)

1 だした品ぢ, 大伝馬町, 江戸への, 瀬戸物町伊勢町なども, 蠣殻町まで

▼ 留ちゃん~ (5, 0.3%)

1 が好き, が嫌っ, は, もう大丈夫, も何

▼ 留じいさん~ (4, 0.2%)

1 が, が口上, もあっけ, もお

▼ 留二郎~ (4, 0.2%)

1 の手, は七十二歳, は四十二歳, は幸太郎

▼ 留南木~ (4, 0.2%)

2 の薫 1 のかをり, の香

▼ 留日学生~ (4, 0.2%)

1 だと, のまあ, の興奮, ノ保護善導

▼ 留楼公爵~ (4, 0.2%)

1 というの, の, の家, の末娘美留女姫

▼ 留~ (4, 0.2%)

1 から両国, から左, のあたり, を渡っ

▼ 留~ (4, 0.2%)

2 丁の 1 丁人な, 丁海岸沿いに

▼ 留稲荷~ (4, 0.2%)

1 とそれぞれいわれ, のとんだ, の向う, へ願

▼ 留~ (4, 0.2%)

1 が打っ, のよう, を打った, を換

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 て居た, て帰り, て鶴

▼ 留ちや~ (3, 0.2%)

1 んもう, ん大丈夫, ん留ちや

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 されども, 直ちに東天, 馴らすに

▼ 留むる者~ (3, 0.2%)

1 がい, なからん, なり

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 ほかの, また大勢, 留やと

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 た光景, ている, てえます

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 がなかっ, のため, の一人

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 などはどんな, の親父, を助けた

▼ 留多会~ (3, 0.2%)

1 の翌日, を行, を開く

▼ 留~ (3, 0.2%)

2 をせしめ 1 を貰つて來

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 下度外粗大なる, 仰付, 成可被

▼ 留辺志部平原~ (3, 0.2%)

1 が石狩川, も見, を有す

▼ 留~ (3, 0.2%)

1 したころ, し天草洋, するの

▼ 留あたり~ (2, 0.1%)

1 の大, を親父橋

▼ 留からは~ (2, 0.1%)

1 一留あがりである, 二十五哥上り

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 どうだらう, 今飯

▼ 留さんお前さん~ (2, 0.1%)

1 もう少しで, もホント

▼ 留じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, なくて

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 が加之, な

▼ 留ちやん~ (2, 0.1%)

1 だ, は

▼ 留つて後~ (2, 0.1%)

2 の二人

▼ 留つて汗~ (2, 0.1%)

2 を拭い

▼ 留つて読経~ (2, 0.1%)

1 した, しなければ

▼ 留といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, もの出来

▼ 留なさる~ (2, 0.1%)

2 と存じます

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 奔って, 馳せのぼった

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 に月, もなく降頻る

▼ 留むべくも~ (2, 0.1%)

1 あらず, あらねば

▼ 留むるのみで~ (2, 0.1%)

1 つるつるに, 逞しい頬骨

▼ 留むれ~ (2, 0.1%)

1 ども心, ば福

▼ 留五十哥~ (2, 0.1%)

1 だ, より

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 の三人, の家

▼ 留十哥~ (2, 0.1%)

1 ずつ出し, で今二十人

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 壁, 払えば

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 の指環, を見出した

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 の蝋, を出

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 し力, する者

▼ 留宿~ (2, 0.1%)

1 するを, の家

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 の恩恵, を守つて

▼ 留書き奉書~ (2, 0.1%)

1 がいよいよ, といっ

▼ 留~ (2, 0.1%)

2 に着した

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 の髪, を見せ

▼ 留河岸~ (2, 0.1%)

1 の呉服問屋, の山善

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 を避けしめ, 江城両

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 となっ, に開店

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 が明日王様, の家来

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 されて, するなあ

▼ 留索栓~ (2, 0.1%)

2 の打撲傷

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 と春, や油絵の具

▼ 留説話~ (2, 0.1%)

1 の一般, を通観

▼ 留辺志部~ (2, 0.1%)

1 の旅店, へ三里半

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 の黄水, をさげしなるべし

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 と名乗つて, は今やまことに

▼ 留~ (2, 0.1%)

1 はない, を合せ

▼1* [294件]

いづれが好から, 留おきで送る, 留火事の, 留ぐらいの成績しか, 留ごとに三分五厘, 留されたんです, 留さんあんたもその, 留さんこないだから言つて, 留さん一人じゃあ保たねえ, 留さん君ひとつスパツと金, 留したんだって, 留し如く彼の, 留し読み尽して乃ち, 留するものと, 留ずして言葉, 留たまえ傷は背, 留たるは彼, 留たれど彼, 留だけは大方の, 留だの紙入れなどの, 留ちゃん大丈夫かいしっかり, 留ちゃん留ちゃん大丈夫かいしっかり, 留やない, 留たり乾物屋, 留つたきりで練習突き, 留つたんです最う, 留つたヘクトールを斃, 留つた一隻の怪, 留つた別に他, 留つた報を受け取つた, 留つた姐さん被りの, 留つた影燈籠のやう, 留つた彼に私, 留つた時は胸, 留つた蠅が毒氣, 留つた袖子の顔, 留つた駅で錠, 留つた驛で錠, 留つた魂と触り, 留つてさへ呉れれ, 留つてそれを見た, 留つてむかしの山, 留つてアキリュウスと戰, 留つて一つ一つその墓, 留つて一様に上, 留つて一目眺めただけ, 留つて了つたのが多, 留つて了つてゐた, 留つて人目の無い, 留つて其試運轉の光景, 留つて四圍の翠巒, 留つて四辺を憚, 留つて四邊を憚, 留つて天の北方, 留つて夫から逆戻り, 留つて室内の人々, 留つて息を突き, 留つて星明りに周囲, 留つて暫らく湯島に圍, 留つて母を介抱, 留つて神のお世話, 留つて背の高い, 留つて萬兵衞の知らぬ, 留つて薄黒い, 留つて蝋燭の火, 留つて院長と共に書物, 留つて陽を仰いだ, 留つて難儀をする, 留つて鼻の大きい, 留つとつちやいかん, 留ても留らぬから, 留であるらしいことを, 留ですぜ, 留では久住山と, 留とが一緒に, 留どもなく波だっ, 留のか, 留なさいませぬがと云っ, 留なぞが光る, 留など出せず, 留などといふ奥地の, 留なりきといふ, 留なりをうけとりキタイゴーロド, 留なる真珠は, 留には上総生れの, 留にもいなかった, 留によってその価値, 留または古比流, 留までの金と, 留までは立派に, 留みさえすりゃああ, 留むかと耳, 留むこれも紐, 留むで肅殺の氣, 留むとさっさっと, 留むとか今井兼平などは死に, 留むと云ふ, 留むと所在紛らし谷, 留むと言ふが, 留むと陽気もぽっと, 留むなる獣の皮, 留むべきものにあらざる, 留むるかたぞ多し私, 留むるがよいと考える, 留むるが上に必ず, 留むること能わざるは, 留むることを得たり, 留むることをせずただ其愛兒贖, 留むること勿れ, 留むるすべを知る, 留むるとにはあらざれど何とし, 留むるにあらでは少女の姿, 留むるにたちまち地に没, 留むるのみなるを知るアヌンチヤタ, 留むるままに五日十日と滞在, 留むるもの多からず, 留むるものなりその宗教, 留むるものもあるけれどそんなこと, 留むるものを施せば, 留むるやうなれば遺佚, 留むるやと問ひしに, 留むるや他の勇將, 留むるアンモナイツは漢名石蛇, 留むる下エオシーン期の馬, 留むる事もなく, 留むる人である, 留むる今を盛り, 留むる刹那股を開け, 留むる力争的の行為, 留むる勿れわが, 留むる呪あり, 留むる場所がどこ, 留むる墓の上, 留むる外に尚, 留むる物往々有り, 留むる玉蘭の我が, 留む三日香ばし, 留む可きこと, 留む夫の錙銖, 留む悴竹の姿, 留む衆は即ち, 留やが喜ぶじゃ, 留やと云って, 留より上だって, 留よりは若々しく色白, 留で名乗り合い, 留メタガ少シモ聞カズシテ, 留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 留メテ取ラザレバ春ニ至テ, 留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 留ルモ国ノタメ, 留ルモ國ノタメ, 留三留とたちまち, 留主中たるも, 留主中毎度発熱して, 留阿是乃古麻都爾, 留事件の五人組, 留二留三留とたちまち, 留五人組強盗は南, 留以来すこしここ, 留位足駄はい, 留何哥か保留, 留供養とあり, 留便で着いた, 留倍志系に属する, 留僅一旬所知唯四人曰迂斎東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 留公ビールだよ, 留公今頃どうしてゐる, 留公君あお香代ちやん, 留ですっかり, 留の城主, 留加里をもて, 留勘弁して, 留半年気候草木常是春時, 留待春深, 留は大きく, 留同日丸山学問所へ罷出, 留坊神官の娘, 留境内不即相, 留までかかっ, 留多か半瓦, 留多三次たちのいかさま, 留多私取れなくつて, 留大津留鶴瀬の諸, 留と云った, 留の名香, 留女たちは客, 留女姫二人より他, 留女姫用がある, 留女姫美留女姫用がある, 留と子供, 留學中可なり苦しい, 留學中埃及考古學の權威, 留學中牛津で御, 留學二十年と定められた, 留學以前のこと, 留學六ヶ月間にし, 留學期は一年二ヶ月, 留學生たちに對, 留學者の氏名, 留學費として支給, 留好對楸, 留宿一日費金三両で此難, 留小網町それから本所, 留居吉井幸助もど, 留川のむらさき鯉を食う, 留川周伯といふ者, 留巾一吋半以内のもの一つ, 留の名, 留從效といふ者, 留心玄牝未重空門, 留志津留桑津留桑鶴小野津留小鶴などがそれ, 留の私情, 留或は連葛と, 留払って三日病院, 留払わなけりゃならないんです, 留托友人石子道以佗日郵致越戊寅春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 留持って行った, 留数月にし, 留発明螺旋仕懸, 留日学生たちに周さん, 留日本大使館へかえす, 留早くそいつを, 留書劍小有洞中長有天, 留之出, 留木の下に揃え, 留を一枚, 留の根, 留の北, 留楠木の薫, 留という人, 留楼公爵様となり, 留橋あたりの部屋, 留歌集の猿丸太夫, 留とは今, 留江伊勢町堀ともいう, 留が流れ, 留河比羅三井天尻屋羽禮須多院, 留波構はぬ, 留流儀もあれ, 留満等の祈祷唱讃, 留源八郎などと一しょ, 留滯梁荊函丈斯隔七年於茲茲譜尚書細繹所聞而識之曰尚書者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 留滿たちの不撓, 留と終り, 留瀑以上全部雪渓をなし, 留御祝儀, 留やだの高嶋屋, 留爾甚畏伎守殿之甚感甚賞賜乍, 留物乎世間之愚人, 留物境目について一ノ関, 留王首は討たれ, 留ゐ着けし後, 留界隈を訊きほじ, 留白状して, 留の落陽, 留の文, 留瑤花綴万梢, 留竹の子笠をかぶり, 留だの雑煮, 留紅草もつと, 留紅草樽形の花, 留をぶらりと, 留罰金をとられる, 留から転任, 留の料理, 留無幾, 留者也余驚且喜梅舎与余, 留自在にせよ, 留致し候, 留花形役のベルモント, 留同郡オビラシベツ, 留萠築港の大難工事, 留萠郡留萠同郡オビラシベツ, 留藻自身の美し, 留といふ, 留行ベチユニヤなど, 留行本草綱目にその, 留言い訳はあるまい, 留辺志部小学校の校長, 留なく流れた, 留過半載, 留の弁口, 留金貨を一つ衣嚢, 留の間, 留が最も, 留飲疝通に悩み, 留養親といっ, 留を慰め, 留魂碑をこ, 留魂祠にし, 留魂祠勝海舟が西郷南洲, 留魂祠小なりといへ, 留魂録は暗誦