青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「画家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~男子 男子~ 男性~ ~町 町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家
画家~
界~ ~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~

「画家~」 2997, 32ppm, 3618位

▼ 画家~ (787, 26.3%)

8 顔を 7 仕事は, 絵を 6 ような, 中でも, 中に 5 ことを 4 ところへ, 作品の, 作品は, 作品を, 前に, 心の, 方が, 話を

3 [11件] 中では, 制作に, 友人は, 手に, 描いたもの, 方へ, 相当の, 眼の, 筆は, 絵の, 罪に

2 [60件] うちで, うちにも, お父さんの, かいた絵, ために, ほうは, ものを, やうに, ように, ミレエの, 中には, 事だ, 人知れぬ, 仕事と, 伝記を, 佐佐も, 作には, 作品ばかりを, 作画上の, 個展を, 働きである, 充分の, 内閣とか, 制作上の, 勉強の, 可愛い女, 吉野と, 名前位は, 場合は, 家へ, 常識とも, 態度を, 所へ, 技量と, 持って, 描いた絵草紙類, 数は, 文阿, 気位いが衰弱し, 気持を, 生活が, 生活を, 生涯は, 画業の, 眼に, 眼を, 磯崎恭介と, 筆で, 筆に, 範疇に, 絵も, 膝を, 興味が, 良心, 蘭沢は, 観念は, 言葉を, 話, 話に, 説明によって

1 [557件 抜粋] あいだに, あるもの, ある想念, いいの, いわゆるデッサン, お座敷だ, かいた, ことごとくが, ことは, こと御存じでしょう, このすすめ, この官許検定制度, この絵, すばらしい画人的, その時, その注意, その言葉, たけしさんです, ためのみの, ため老大家の, なかで, なかでも, なかには, なすが, ひとりとも, ほうから, ほうも, ほうを, ほんとの, めざそうと, もこの, ものなどが, ものなどを, ものは, やうな, ようだ, を弟子, アトリエと, アトリエとか, アトリエに, アトリエにも, アトリエを, エゴール・サヴィチは, エッセイ集を, カンバスに, カンヴアスを, コツトとが, コロオや, サインらしい, ジャ, スケッチの, セザンヌと, ダンチョンが, ダンチョンだ, ダンチョン君を, ダンチョン氏だ, テンペラメントという, デッサンにおける, パレットじゃ, ブレークなどが, ペルシア旅行画帳, ホイツスラアが, マネーや, モデルと, モデル女や, ユートピア的な, レッテルが, ワッツなども, ヱゴイズム, 一人, 一人が, 一人だ, 一人であるなら, 一人でも, 一人は, 一団が, 一団体が, 一団体に, 一年中の, 一日日本の, 一本の, 一派も, 一種の, 一般的な言い, 三浦行男は, 上に, 世界には, 中で, 中年の, 中沢弘光氏が, 主観と, 主観の, 主観より, 亀田が, 亀田夫妻の, 事なぞ, 事は, 事是が, 云うよう, 交渉も, 交渉を, 人で, 人柄や, 人柄を, 人格を, 今言った, 仕事とは, 仕事にも, 仕事に対する, 仕事の, 仕事を, 代表として, 伊藤君見舞, 伝記は, 伸ばした腕, 位置を, 住む家, 住居に, 住居も, 佐佐と, 佐佐の, 作です, 作では, 作と, 作に, 作にも, 作品から, 作品が, 作品にも, 作品へ, 作品より, 作品展覧会を, 作物を, 作画に対して, 使う黒塗り, 使つてゐる, 価値も, 修業における, 修業は, 俺を, 健全な, 健康と, 傑作が, 傑作の, 催して, 僕から, 児島君を, 内なる, 内に, 内の, 内心に, 内部の, 内部生命が, 写生と, 写真で, 凡てが, 出発として, 初発的な, 制作全部を, 制作年限と, 制作慾は, 前へ, 創作に, 努力が, 努力の, 努力的な, 労力を, 勝川豊春も, 北山菊野に, 十指の, 半折画, 卑俗な, 印象を, 卵の, 友人から, 友人が, 友人も, 友達を, 叔父さんみたいな思ひ, 取巻きが, 口から, 吉野は, 吉野満太郎が, 名その他, 名であっ, 名である, 名は, 名を, 名前が, 喜びであり, 喜びは, 喜多可, 噂を, 土田麦僊氏を, 坐って, 増長慢として, 変化性と, 多いのに, 多くに, 多作主義を, 大きな絵, 大下藤次郎君は, 大半は, 大家は, 大家を, 大概に, 大雅堂, 天国には, 天才が, 天質の, 夫が, 夫に, 夫を, 好い題目, 好きそうな, 妻が, 妻に, 妻にも, 姓と, 姿に, 娘, 娘は, 対象に対する, 専有物な, 少くない, 尨毛の, 展覧会, 展覧会を, 山中と共に, 山中は, 山中トンテム・ハム・コートの, 山路草葉の, 岡なぞに, 工房, 希望通り並べかえ取りかえる, 帰朝展が, 幕切れは, 幡恒春や, 幾人を, 弟子を, 彼は, 後ろ姿を, 心から, 心が, 心とが, 心との, 心とは, 心にも, 心理的段階を, 心理的空白を, 心臓を, 志を, 忘れ物を, 怖れであり, 思想の, 性分かも, 性情の, 性格としては, 性格の, 性質による, 怨霊が, 恋人に, 悦びは, 悪罵も, 惰性習慣性を, 想像くらいからは, 想像である, 想像なぞからは, 意志に対する, 意見が, 意識にさえ, 感じは, 懐中一つ痛めず, 我儘を, 所謂自画像は, 所謂非人情を, 手から, 手で, 手心で, 才能と, 才能に, 技巧にも, 技能を, 技術は, 抽象性が, 招待, 挙動を, 描いた, 描いたの, 描いた朝顔, 描く作品, 描ける縁側, 援助を, 政治的工作に, 断定は, 方からは, 方がずつと, 方で, 方に, 方は, 日常の, 日常生活における, 日本画材料を, 星の, 朝山袈裟雄は, 未亡人が, 未亡人に対する, 未亡人の, 本性を, 本来の, 本能に, 本能は, 本道的な, 本音でも, 杉浦氏を, 李成栄と, 板物一枚, 柄では, 柚木君の, 柴垣と, 柴垣弘三と, 横山大観竹内栖鳳も, 機知も, 次に, 死体を, 気賀麗子さんに, 気質を, 江内と, 池部鈞さんから, 油絵など, 沽券に関する, 泉君が, 注意深い対象選択, 海北友松らしい, 消息の, 涙までも, 深沢さんを, 満足する, 為の, 無意識な, 無限の, 熱い烈しいしかも, 爺さんに, 版下絵に, 牧野が, 特殊な, 特色だ, 玄関へ, 率直な, 玉子が, 現実の, 生命とも, 生活その, 生活でも, 生活という, 生活に, 生活は, 生活も, 生活全体が, 生活手段である, 生涯に, 生涯を, 生涯及び, 用いるよう, 用意の, 田村と, 田村も, 田能村直入は, 画いた名高い, 画が, 画によって, 画の, 画は, 画文士の, 画板も, 画業追求の, 病的さ, 白雲から, 目ざすところ, 目には, 目見, 直感の, 眞山孝治其他の, 真似の, 真面目さや, 眼つきの, 知らない色んな, 知識が, 秋山は, 稚拙が, 積りで, 筈な, 答の, 範ち, 精神が, 精神の, 素振, 素描は, 細君な, 細心の, 経済上芸術上独立的な, 経験する, 絵が, 絵である, 絵と, 絵という, 絵との, 絵に, 絵の具を, 縁起絵巻物などに, 罪が, 罰である, 羅漢は, 群は, 職分に対しては, 職業体験などには, 職責でも, 肉筆という, 肉筆においても, 肉筆制作凡そ五十種を, 肖像皆, 胃の腑が, 背後へ, 胸中が, 胸中も, 腕に, 自然味とは, 自画像な, 興来たり, 良人の, 良人は, 良人も, 色より, 芸術が, 芸術は, 芸術家としての, 芸術的な, 芸術的真実を, 苦しい立場, 苦境時代だ, 苦心談を, 草葉と, 荻須高徳氏夫妻それに, 蒲原順二と, 藤田という, 蘭渓も, 行き詰まりと, 行き詰まりの, 裸婦には, 製作上の, 製作品が, 製作態度の, 親戚という, 言うこと, 言う第, 言ふ, 言葉の, 計画には, 許へは, 評論も, 評論を, 詩でも, 話すの, 話も, 誇りも, 誇大された, 説明だけにしか, 説明出来ない, 誰かを, 諸君ある, 軸物ばかり, 通有なる, 遁走馬蹄鍛冶屋父子の, 運命について, 違ふところは, 遺した筆, 部屋に, 部屋へ, 鏑木清方氏と, 鑑別する, 間で, 間に, 間にだけ, 間にも, 関係は, 陥りやすい, 陥るの, 青柳喜兵衛が, 音曲, 頭が, 頭を, 頭脳の, 題字が, 顔が, 顔などを, 顔に, 風間夫妻を, 驚異が, 高弟程度の, 魂なども

▼ 画家~ (475, 15.8%)

17 言った 6 自分の 4 名前を 3 それを, 答えた, 自然の

2 [22件] これらの, その一コマ, その色彩, ない, もう天然, ろくに自然, ベッドの, 一年中食物と, 仕事です, 他に, 勝手気ままの, 大衆の, 女の, 少ない, 案外多い, 楽しんで, 歩けるだけ, 絵を, 自然に対して, 花という, 言い, 静物の

1 [395件] あいびき, あくまで筆一途, あまりカンバス屋, いいとして, いかにも, いかに条件, いっこう筆を, いったいに, いないであろう, いないと, いふ, うぐいすの, おしまいには, おれの, お巡りさんの, かうも, かなりの, かの女, きいた, きき返し片手, きつと, こうきく, ことごとく達磨, このたび, このステンドグラス, このモデル, この一刹那女史, この困難, これで, これら漫歩の, これを, さう, さっと手紙, さもうれし, すぐまた, すぐパステル, すべからく筆, すべて名をさえ, そういう点, そこに, そこの, そのこと, そのなか, そのストーリー, その世界的, その力, その土地, その声, その後忘れず, その新聞紙, その有様, その機会, その男, その自然, その通俗性, それぞれの, それに, そんな事, そんな外部的事情, た, たくさんあっ, ただそう, ただそれ, ただ自分, たんと有るまい, ちょっと間, ぢつ, とり散した絵具だらけ, どうしても本, どう云うだろう, どの程度, どれだけ, どれだけの, どんなに想像, どんな味, どんな展望, どんな豪い, ない如く彼, はっきりと, ひとりぽ, ひどく蛙, ひどく驚かされた, びつくりしました, ほとんどありますまい, ほんとに女, まことに多い, またその, また斯, まったくてっぺん, まったく無配当, もう女房, もちろんである, もっと構図, やがて製作, やにわに面, やはり形, やめるの, ゆったりと, よくこんな, わざと子供等, わだかまりの, ゐないといふ, アトリエの, オマンマの, キューキューの, スケッチし, セイレネスや, デニカだった, ドバル, ドリアンと, フイと, モヂリアニの, モデルで, モン・パルナッスから, 一々の, 一つ粉本を, 一寸頭, 一応色彩家, 一日に, 一生涯構図を, 一目で, 不審に, 不満げに, 世界に, 予言しました, 二人で, 二代目豊国である, 云うの, 云った, 云つた, 五六本の, 人の, 人体の, 人格的に, 人物を, 今の, 今後作画上で, 今日まで, 今迄, 会は, 低いリアリズム, 体力と, 何が, 何一つとして, 余の, 余程の, 作品とともに, 依然として前, 偏へに, 傍に, 元気づい, 先ずこの, 先生の, 其自然が, 写生帳を, 出なかったのね, 別問題, 労働者と, 勿論の, 北斎の, 十分自分で, 十年女の, 千早館に, 南洋を, 単なる一地方画家, 即ち画家, 即興の, 厳密な, 又軸, 取りつつ, 口笛を, 古い絵, 只それ, 吃驚した, 各自に, 同一経験, 名を, 名士とばかり, 呆けた, 呟いた, 命令しなけれ, 商業美術と, 嘗て非常, 国展は, 基礎的な, 変も, 多くの, 多少救われる, 夜戸締りを, 大胆にも, 天国へ, 女房の, 好む処, 如何に, 妻君の, 始めてわかつた, 娘を, 実にうらやましい, 実業家見たいな, 室内には, 封切りの, 小堀稜威雄という, 少からず, 少くも, 屏息せざる, 山水花鳥を, 岡が, 岩井だ, 岸本の, 川向ふ, 巡査が, 帰りの, 帰路の, 幾らかお, 弁解し, 弐百円の, 強ひ, 当り前の, 当時の, 形以上の, 彩色美しく, 役人の, 彼れ, 彼を, 彼女の, 往々に, 従位に, 必ず偉, 念を, 思いきって, 思はず声, 思わず娘, 思わず恐怖, 恐らく仏, 情景の, 愁し, 感興家でなくつ, 憂わしげに, 我々の, 我慢強くきき, 扉に, 扉の, 手に, 手短かに, 折角巧, 持つて, 持つべきである, 挿絵の, 描けば, 損するであらう, 新しいモデル, 既に誇大, 日本を, 日本人同士の, 日本画という, 日本画の, 日本画材料を, 早口に, 明日この, 時代を, 晴ばれした, 最も自由, 最後に, 最後まで, 未知の, 東洋には, 板壁に, 椅子を, 極めて自然発生的, 楽気に, 概ね其等, 模倣性が, 次の, 欧羅巴を, 歎息しました, 正吉を, 此の, 殆ん, 気に, 永久に, 汚い物, 決して結婚, 決して華美, 沢山は, 油絵の, 油絵具の, 油絵具を, 洋服の, 洋画一般が, 洋行ほど, 源一の, 無学で, 無気味さうに答へ, 無言で, 無論夫子, 燕が, 物象の, 特別に, 特殊的位置を, 玄関へ, 珍しいと, 珍らしい, 珍らしく, 理想の, 環境を, 生きて, 生活から, 画壇で, 画壇では, 画家とは, 画面の, 痛々しげ, 百名を, 皆あまり, 皆尻つ, 目下展覧会へ, 直ちにその, 知って, 知名の, 社長室には, 私に, 私の, 私を, 種々様々, 空中美人大, 空中美人大観兵式でも, 窓を, 笑った, 答え小さな, 答え絵, 約束を, 素晴らしい仕事, 素直に, 終生裸女, 絵具箱を, 美に対しては, 羽織を, 翌日再び, 老婆の, 耶蘇の, 脚立を, 自らの, 自然において, 良人が, 色の, 色を, 芸妓か, 芸術の, 若いもの, 苦笑し, 茶を, 荒い筆触, 落合芳幾と, 蓊鬱たる, 蕗子に, 虱みたいに, 行商人が, 裸足で, 製作の, 言い両脚, 言い完全, 言い寝巻, 言い扉, 言い画架, 言い第, 言い誇らしげ, 言い頭, 言う, 言つた, 訊いた, 訝しげに, 訴訟が, 話を, 認め感じ線, 誤解したらしく, 誰か, 誰かに, 豊原国周を, 豊麗な, 軍部へ, 軽くお辞儀, 近頃呉服屋, 郊外に, 郵便切手を, 都会文化に, 醜いドリアン, 鋭くさえぎり, 面白さうに, 音楽好きで, 頭へ, 頭を, 頼りすぎは, 額に, 鳥を, 鸚鵡に

▼ 画家~ (339, 11.3%)

9 言った 8 住んで 5 あった, 少くない 4 あつた, ありました 3 好んで

2 [14件] あつたら, ヒステリーを, 一寸皮肉, 不出品同盟, 何を, 写実に, 出て, 押し寄せたと, 生命の, 自分の, 訪ねて, 談たまたま, 贋物を, 輩出し

1 [273件] あえて描く, あったの, あったらかえって, あったらそれ, あったん, あの位, あまりに高い, あまり手がけたがらない, あらゆる任意, あらわれないか, あり早稲田派, ある, ある人, あれば, いい色, いかに勝手, いかに多い, いそう, いたの, いちばん上の, いて, いますが, いみじくも言った, いらっしゃいました, いる, いるそう, いるはず, おった, かうした目端, かう言, この方面, これに, これも, これを, さ程, じゃ一つ俺, すっかり出来上っ, するやう, そうして持場, そこい, そこに, そのニュース, その乾板, その人, その作品, その個人主義的, その言葉, その頃やむをえず死ん, それが, たくさん出, どのやう, どんなに多い, どんなに自分, はじめた抽象映画, ひとしく欲しながら, まごまごし, また明快, まだ名, もし光瑤氏, もつて, やってくるらしい, やって来て, やりたいこと, よいか, よくいふ, よく指頭画, よく産科病院前, よく遊んだ, よく集る, よしと, ゐた, ゐたといふ, ゐて, ゐましたね, ゐる, ゐるて, ゐるであらうか, ゐるの, アムステルダムの, エゴール・サヴィチを, カンヴァスと, シヤ, ジェオ・デュピュイな, チャンと, パリには, マーガレットに, モスク, 一つの, 一人神田の, 一個の, 乗り合せた関係上, 予期しない, 二人ゐる, 二度も, 人に, 人頭よりも, 今哀れ, 今日共存し, 今日尚, 何か, 何処までも, 何故十九年, 何等かの, 余り描かなかった, 作らんが, 作品を, 作家其他の, 使って, 使ふこ, 使用した, 元レニエ, 写生した, 写生に, 写生の, 写生を, 写生画を, 凡庸な, 出たら私, 出ても, 判らないの, 別に特別, 劇場に, 加りました, 南画に, 参考に, 叫んだ, 同一の, 同伴し, 命と, 土人の, 壮んな, 売名の, 多い折柄, 多い折柄芋銭, 多くほとんど, 大変怠っ, 大槻氏の, 大津絵を, 女史を, 好きに, 妹娘に, 子規と, 実物を, 宵から, 容易に, 専門家だけに, 小さな写真, 少ないかという, 居た, 居たが, 居て, 居ますのさ, 岡を, 岸本より, 巡査に, 巴里に, 幽霊を, 当座の, 当日出席せられた, 当時の, 彫刻家が, 彼の, 心構へ, 思ひ違, 急に, 恋人と, 恥じて, 悉く一様, 悉く気, 想念の, 感興の, 或る, 戦争宣伝の, 扉を, 招かれて, 描いたもの, 描いたよう, 描いた身, 描いて, 描くには, 描こうと, 故意に, 新しい方向, 新緑ごろの, 新進大家の, 日本の, 明治からの, 春だ, 時々もっと気まぐれ, 晩年を, 普通の, 曾ての, 最新の, 月毎に, 来る山, 東京の, 松子, 死んだ後, 死屍の, 殖えて, 比較的近年, 水彩画を, 永い間接触, 添え手紙, 渡欧する, 滞在し, 片手間の, 現はれ, 現代生活相を, 生きて, 甲府へ, 町に, 画いたキリスト像, 画くと, 画室で, 画家として, 画筆を, 画面に, 画面全体の, 画題によ, 発見した, 白いもの, 目前の, 真に色彩, 眼に, 私を, 立ちどまって, 童貞女の, 笑つた, 答えた, 答えなかったので, 算盤を, 絵に, 絵の具と, 絵画に対する, 絵画の, 美人を, 考え悩むの, 聞きました, 肖像を, 自らの, 自ら世に, 自分では, 自然から, 自由な, 自由に, 自画像を, 至つて少ない, 色として, 色や, 色を, 若いころ所謂世, 若かった, 苦笑し, 裸形に対する, 見たらマドンナ, 見に, 親しげ, 観照し得, 言ったことすべて, 言ったの, 言って, 語られて, 象鼻を, 起した新, 足を, 道に, 金光明経を, 集って, 集る写生地, 青だ, 食後の, 高尚な

▼ 画家~ (146, 4.9%)

7 して 3 頼んで

2 [11件] しては, とつて, なって, なりたい, なること, なるつもり, なるの, なる事, なろうなどと, 取つて, 多大の

1 [114件] あざむかれた雀, あつて, あらずとまでは, きいた, しても, しようと, せよ詩人, そう話す, その肖像, それぞれ悪魔が, それを, とって, なったり, なった人, なつた, ならうか, ならうとして, ならなければ, なりきったら好悪, なりたいと, なりたいという, なりたうございますの, なります, なり得る理窟, なるだろうと, なるとは, なるには, なるよ, なる夢, なる決心, なる目的, なれる児, なろうと, はなはだ珍重, ひけ目, ほんとの, まかせて, めぐり会いたいもの, よく金, 三分の割合で, 上野山清貢が, 下相談を, 与えて, 与えられたの, 世にも美しい, 云ふ, 仕立てたかつたの, 伍し, 会った時, 会つた, 伴はれ, 似合わず屈強, 例えるならば, 入つた境界線, 出会って, 勧める自分, 取立てて, 向って, 向ひ, 告げて, 喜ばれる連中, 喧嘩腰で, 塗つて貰つた短冊を, 壁画を, 好かれる花, 委嘱し, 対つて何よりも, 属す, 帝へ, 帰りつ, 当たるの, 当てはめて, 心を, 恋して, 惚れたり, 成のです, 成らなくたっても, 戯けた手付, 扇十本を, 描かして, 描かれた小, 描かれて, 於ても, 本よりも, 本を, 比しまた, 永徳が, 油絵の, 渡して, 無くて, 画題を, 発して, 盃を, 相談なし, 知らせました, 知人が, 突然云った, 答えなければ, 経済的援助を, 絵を, 絵画を, 自分たちの, 自分の, 至っては, 至つては, 苦言を, 衣裳係に, 誰ひとり, 謀つて自分に, 過ぎないだらうし, 酒と, 非ず, 頼まれて, 類して

▼ 画家~ (94, 3.1%)

2 いえども, いへば, して, なり得る生活, 一緒に, 称して

1 [82件] あわただしい別れ, いうよりも, いっても, いへども, いわれた故, いわれる人, いわれ後鳥羽院, きわめつけようと, したの, その卵子たち, その妻, つれだつて, つれの, とにかくじ, なつて, なりしや, なりました, なること, なるため, なるという, なるもの, ふと知りあい, ドバルとは, プルウストとを, 三浦と, 並んで, 二人の, 二名の, 云うもの, 云う職業, 云わねば, 人気の, 他の, 会つて次の, 似通ったところ, 別れると, 勧進帳を, 受取られない見てくれ, 吉岡氏は, 同じ男, 同じ道, 同日に, 同棲し, 同様声を, 呼ばれるべきもの, 呼ばれる画家, 呼んで, 喧嘩を, 夫人と, 彫刻師と, 彼と, 彼等を, 忠臣蔵を, 恋し合った, 戯れた, 文学者の, 断定し, 新しい派, 時世に, 歌人夫妻の, 洋画の, 特派員の, 田舎で, 秋蘭に, 称されるの, 称せらるる, 綽名され, 美術愛好家と, 見た形跡, 見られないで, 親密に, 言うよりは, 言ったふう, 言わず剣術修行, 詩人とを, 詩人の, 話が, 警官とは, 踊って, 邦正美は, 非常に, 駈け落ち

▼ 画家~ (88, 2.9%)

3 訪ねて 2 して, 言ふ, 評するは, 誘って

1 [77件] あげて, きめて, ことごとく引き上げ, じっと見つめた, すっかり自分, すべて芸術家扱ひ, たずねてから, ただちょっと, 一々俊助, 並べまた, 人物画家より, 伴って, 住まは, 何と呼ん, 何故に, 個人的に, 先生と, 出して, 出迎, 利用する, 勉が, 動かしたこと, 動かしつつ, 動かして, 半蔵門近くの, 友に, 取巻いて, 呼んで, 困らせ詩人, 多少に, 宗教的画家と, 客観的に, 客観的自然に, 廃さね, 得る事, 微分と, 志しそうした, 志したこと, 志望し, 志望した, 思ひ出した, 悦ばして, 悦ばしめたの, 慨いた, 捉へて, 東道の, 標準と, 殺して, 煩わさないでも, 狩野永徳だ, 画室の, 知らぬ間, 知るよう, 要する, 見ずして, 見た, 見たこと, 見つけこれ, 見つめた, 見て, 見る, 見付け出して, 見直すといふ, 記憶し, 訪ねるつもり, 訪ねると, 誑かしにか, 誘惑し, 選び出せり, 選ぶべきかといふ, 選み来, 選んで, 門下に, 集めて, 雇うて, 雇聘し来っ, 養成する

▼ 画家たち~ (67, 2.2%)

2 がモデル代, の仕事, の作品, の名

1 [59件] からもたれ, から区別, がそういう, がどんな, が与謝野鉄幹, が多く, が我勝ち, が描い, が求めた, が画い, が知った, が装幀, が言う, だけの集り, だった, とは別, とも二三知り合い, と同じく, にどういう, にまでうつっ, によって, によってどう, に交っ, に伍, に安穏, のお伴, のため, の中, の個性, の市場価値, の帰朝展, の日常生活, の独自性, の真似, の背, の良心, の運動, はいわゆる, はおの, はそういう, ははたして, はマリア一人, は人間, は何, は対象, は戦争, は日本画, は構図, は殆ど一人, は現在, ばかりである, またはその後, もそういう, も急, も本来, も来あわせた, や蜂谷良作, よりも更に, を怪むがごとく

▼ 画家~ (66, 2.2%)

2 あつた, あの簡単, ある自然, いやしいでしょう, やって, 少くない

1 [54件] あった, あったこと, あらう, ありませんでした, ある, あるその, ある事, あれば, いる, そう云います, その新し, ただその, まじって, またある, また今, また彼, むかし私どもの, 一緒に, 上手な, 世間には, 事ひとたびその, 亦画家, 住んで, 作家も, 入って, 写真班も, 列座と, 助かること, 四五を, 四条派の, 多い, 多いし, 多からう, 大半は, 実は鼈四郎, 少くは, 居ない事, 従来の, 心を, 意識下に, 戦争目的に, 描きにくい, 来た, 株を, 決して描いた, 無関心, 現代生活の, 生れちゃ, 皆自分, 福田氏の, 赤誠において, 輩出した, 頗る会話, 顔色なし

▼ 画家として~ (57, 1.9%)

2 大雅と

1 [55件] かれを, これだけの, その作品, その構想, つくらなければ, でなく人間, どんな仕事, はたしてどれ, また色彩家, ケーテの, ドイツの, パリで, ロザ・ボンヌールの, 一風変った, 世に, 中村彝君を, 久し振りに, 今度の, 他に, 令名の, 以外に, 余が, 出席し, 制作する, 勉強の, 向井潤吉が, 喜びで, 喜田川志津子さんは, 声名の, 外国の, 属して, 己れ, 彩管を, 必要で, 必要である, 恥ぢるところ, 成功するだろう, 成長する, 抗議する, 最も不, 有名であった, 有名な, 正しいやう, 男性美といふ, 登場しなかつた, 盛名の, 相当の, 祭り上げようと, 私を, 立たうと, 立ったならむしろ, 立ったなら印象派, 自分を, 門戸を, 鳴らしたこと

▼ 画家~ (50, 1.7%)

9 あつた 2 もっとも高く, 充満せる

1 [37件] あつたら, あの時代, いつもやって来る, おとなしい人, おやじゃ, この夏, これを, その絵, みんなから, もうひとり, もう一人, ゐて, カンバスへ, ガラス絵を, ハデで, 不思議にも, 何一つ自分, 俳人である, 僅か二三年, 先刻停車場へ, 即興の, 女と, 実際に, 小学校の, 山塵会という, 戯曲も, 故実に, 文阿, 水を, 永徳の, 浅草永住町の, 生活を, 貴方の, 長谷川利行作曲では, 闘牛の, 非常な, 面白い話

▼ 画家~ (37, 1.2%)

2 彫刻家の

1 [35件] かて今日, また好事家, 世間の, 作家が, 俳人の, 写真班は, 姉妹を, 子安君の, 工芸家が, 彫刻家と, 彫刻家に, 彫塑家の, 手紙を, 批評家から, 文人で, 文人に, 文士の, 文学者は, 文展の, 東洋の, 林檎を, 理髪師や, 瑠美子も, 画学生が, 美術家, 花や, 西洋から, 見るもの, 記者を, 詩人の, 詩人ばかり, 鑑賞家の, 音楽家などの, 音楽家の, 音楽家や

▼ 画家としての~ (32, 1.1%)

2 蕪村なり

1 [30件] センスに, マリアの, 代表には, 位置を, 価値に, 価値を, 刻苦精励が, 地位は, 孫四郎にも, 岸田君の, 彼の, 彼女に, 手腕は, 才能と, 放庵の, 方が, 木米を, 本質的な, 無教養者, 物語に, 眼を, 磯崎恭介の, 私の, 自分に, 自尊心は, 自然観道徳的立場が, 蕪村の, 視力に, 道に, 閲歴を

▼ 画家である~ (29, 1.0%)

3 ことを 2 が三十五, ということ

1 [22件] かも知れない, かわたし, が故に, が自分, ことが, ことに, そして閑静, という, といふ事, とか今の, とともにまた, と共に夜更し, よりも心理家, 事を, 友人の, 場合画面に, 時田よりは, 眞山君は, 石井氏詩人である, 磯崎恭介と, 良人の, 限りその

▼ 画家~ (29, 1.0%)

2 はお, は彼女

1 [25件] から軌道外, が現世, が社会的, が要塞地, だ, とは違, と交際, にとつて, に比し, のもの, のやっ, の人集り, の批評家, の描いた, の話, の間, の面倒, はこれ, はもう一度, は激しい, も冬, よりもモダン, を喜ばせた, を批評, を拝み倒し

▼ 画家には~ (28, 0.9%)

1 [28件] この己, ずいぶん可笑しく, どうして感ぜられない, なれない, オートバイで, 何か, 健康と, 到底モヂリアニ, 北斎以上の, 取巻, 大切だった, 小林永濯がある, 尺, 川端氏の, 描けないであろうと, 服装などを, 未だ嘗て落款, 未だ甞, 物の, 珍らしい, 登竜門に, 筆の, 絵を, 絶対に, 考へ事, 草木の, 近づくこと, 風変りな

▼ 画家さん~ (23, 0.8%)

2 が参りました, に話しました, はききました

1 [17件] が私たち, たらみんな, なん, にお, に指図, に相談, に話し, に頼ん, は, は大きな, は妙, は尋ねました, は愚助, は眼, は笑, よ, をここ

▼ 画家~ (22, 0.7%)

2 そうです

1 [20件] からそういう, からと言っ, から重宝, が今日, けれど, し言葉, ぜ, ぞ, つたといふ, つて頭の, というベレ帽, といふ, とか小説家, とは思う, と伝えられ, と信ずる, と思つて, なにも, ッ叔父さんが, 書は

▼ 画家では~ (22, 0.7%)

2 ない, ないの, なかつた

1 [16件] さう, とても行, ないから, ないが, ないしかし, ない本質, ない画家, ない自然, なくうまく, なく発明家, アンリー・ルッソーの, 大観栖鳳これだけより, 大観靫彦蓬春氏はじめこの, 竹内栖鳳の, 老山, 芳崖も

▼ 画家という~ (20, 0.7%)

5 ものは 4 のは 2 名が 1 ものが, ものについて, ような, 使命が, 小説, 者は, 言葉が, 面を, 風流人を

▼ 画家仲間~ (18, 0.6%)

2 を離れ

1 [16件] からきかない, から異端, でさう, では知らぬ, でも, と共に若竹, などに大分, にでも美術記者, に天才人, に見せる, の上野山評, の互助精神, の児島虎次郎氏, の悪口, の某, の達者人

▼ 画家でも~ (17, 0.6%)

1 [17件] あって, こんな性格, その人, ないで, ない父, ない私, 作家でも, 其輪廓に, 出合頭に, 出来ないこと, 剣人の, 墨汁の, 測定器に, 相当な, 自分が, 詩人でも, 通りかかったらきっと

▼ 画家から~ (15, 0.5%)

2 筆を, 見ると

1 [11件] ずっと遠のいた, 何か, 授けられた先入主観, 注意された, 真の, 籍を, 聞いたの, 聞いて, 話を, 贈られた八号, 遠ざけた

▼ 画家らしい~ (15, 0.5%)

2 男が

1 [13件] ことを, のが, のんきな, 二人の, 仕事に対する, 情熱が, 画家でなく, 自画像です, 虚心で, 観察の, 観察を, 身なりだ, 連中が

▼ 画家であり~ (12, 0.4%)

1 [12件] かつ画家, かつ詩人, ことに二科, ながらなぜ, ながら何, 作品も, 古今独歩の, 彫刻家であった, 彫刻家であり, 有名な, 鑑定家である, 青年時代多少

▼ 画家といふ~ (12, 0.4%)

5 ものは 1 ことに, ところだらう, ものに, レッテルを, 他と, 観念が, 風に

▼ 画家とは~ (12, 0.4%)

2 言へ 1 どういういきさつ, なり得ても, まだ信用, ダンフェール・ロシュルュウの, ドリ, 何ぞや, 少し別, 日本人で, 見て, 見られないで

▼ 画家とか~ (10, 0.3%)

1 いえば, ぼんやりした, 云う階級, 云ふ, 伸子の, 俳諧師という, 彫刻家とかいう, 彫刻家とでも, 文学者とか, 音楽家に

▼ 画家自身~ (9, 0.3%)

2 のもの 1 がある, すら気づかず, の内, の嗜好, の姿さ, の心, はさ

▼ 画家~ (8, 0.3%)

3 んだ 1 のだ, のである, ので特に, んです, んでな

▼ 画家にも~ (8, 0.3%)

2 不可能である 1 描きづらい, 日本画の, 来年の, 色々俗, 西洋画家にも, 逢った

▼ 画家としては~ (7, 0.2%)

1 それでは満足, よく率直, 有名な, 未だその, 珍らしく, 画家の, 素人の

▼ 画家にとって~ (7, 0.2%)

1 大なる, 大切な, 有難いもの, 神である, 道づれは, 金に, 非常な

▼ 画家にとっては~ (7, 0.2%)

1 なかなかの, 困難でない, 娯楽でなく, 恐らく線, 最もよき, 正に好個, 迷惑な

▼ 画家に対して~ (7, 0.2%)

1 一体この, 一番親切な, 何よりも, 此頃の, 決定性の, 衝動主義の, 随分得手勝手

▼ 画家であった~ (6, 0.2%)

1 が用事, ウィリアム, 中村彝斎藤与里治津田青楓の, 夫逸作の, 彼の, 彼は

▼ 画家との~ (6, 0.2%)

1 往来は, 恋愛の, 方へ, 最もあらわ, 間が, 関係を

▼ 画家らしく~ (6, 0.2%)

1 あたり見廻した, そつと, 瞼の, 草花などを, 軟い, 雛妓の

▼ 画家~ (6, 0.2%)

1 この北寿, で少なくも, に就い, に岸田君, の才人, の最大

▼ 画家~ (6, 0.2%)

2 は急 1 の製作, は写生, は恰, は未完成

▼ 画家~ (5, 0.2%)

1 なにかが, ペンキ屋みたいな, 美術の, 自分が, 詩人の

▼ 画家です~ (5, 0.2%)

1 かそれなら, がバビロン, と腕, よ, 古今独歩の

▼ 画家でない~ (5, 0.2%)

1 という, ということ, と云つて, ので詩人, 私の

▼ 画家とが~ (5, 0.2%)

1 この一巻, しきりに歎息, 分裂し, 短い意見, 自分たちだけ

▼ 画家など~ (5, 0.2%)

3 いふもの 1 いふ輩, であった

▼ 画家なんて~ (5, 0.2%)

1 いう者, ものは, 呑気だ, 気の毒な, 面白いわね

▼ 画家その~ (4, 0.1%)

1 ひとに, ひとの, 人の, 雄勁の

▼ 画家たる~ (4, 0.1%)

1 に決せ, ものが, 前に, 資格の

▼ 画家だって~ (4, 0.1%)

1 よくこんな, 云ったの, 俳優だって, 社会組織が

▼ 画家であっ~ (4, 0.1%)

1 ても全く, ても困る, て三軒, て絵

▼ 画家なら~ (4, 0.1%)

1 ばあの, ば始め, ば絵, まだ使用

▼ 画家ルーベンス~ (4, 0.1%)

1 が生れた, の魂, はこの, を夢見

▼ 画家諸君~ (4, 0.1%)

1 が自分, と識, にとつて参考, に進言

▼ 画家そのもの~ (3, 0.1%)

1 の現実, の肉体的生理的状態, は生きた

▼ 画家たり~ (3, 0.1%)

2 しと 1 しなり

▼ 画家だけに~ (3, 0.1%)

1 よく方々, 女の, 形体も

▼ 画家だったら~ (3, 0.1%)

1 それを, どんな工合, 乳房と

▼ 画家としても~ (3, 0.1%)

1 多少は, 有名である, 未完成

▼ 画家とも~ (3, 0.1%)

1 いはれるもの, いふべき, 人に

▼ 画家などの~ (3, 0.1%)

1 ことちっとも, 一癖ある, 研究し

▼ 画家なる~ (3, 0.1%)

1 ランクレーは, 事なり, 男と

▼ 画家~ (3, 0.1%)

1 どうか僕, 彩料には, 暫らく待て

▼ 画家自然~ (3, 0.1%)

1 の小股スクヒ, を愛した, を荒し

▼ 画家さえ~ (2, 0.1%)

1 二科には, 大家に

▼ 画家それ~ (2, 0.1%)

1 にアルフレット・ロイトネル氏, に文化専門

▼ 画家って~ (2, 0.1%)

1 商売は, 率直です

▼ 画家であったなら~ (2, 0.1%)

1 ば之, ば生命

▼ 画家であれ~ (2, 0.1%)

1 ばさ, 彫刻師であれ

▼ 画家でした~ (2, 0.1%)

1 からアトリエ, が芸術家

▼ 画家としてよりは~ (2, 0.1%)

1 俳人として, 寧ろ展覧会制作

▼ 画家なぞは~ (2, 0.1%)

1 その好, 割合に

▼ 画家なども~ (2, 0.1%)

1 今は, 西洋画家に

▼ 画家に対する~ (2, 0.1%)

1 天啓である, 待遇の

▼ 画家ばかり~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 画家~ (2, 0.1%)

1 その由, 足を

▼ 画家より~ (2, 0.1%)

1 おくれて, 下位において

▼ 画家ピカソ~ (2, 0.1%)

1 がスペイン美術, にロシヤ的性情

▼ 画家乃至~ (2, 0.1%)

1 彫刻家あるいは, 画工の

▼ 画家以上~ (2, 0.1%)

1 に日本画, に物識

▼ 画家~ (2, 0.1%)

1 い書生, で収まっ

▼ 画家俳優その他新聞雑誌関係~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 画家夫妻~ (2, 0.1%)

1 に立派, の帰り

▼ 画家彫刻家~ (2, 0.1%)

1 の仕事, までが彼

▼ 画家志願~ (2, 0.1%)

1 に変っ, に就い

▼ 画家教育者~ (2, 0.1%)

1 などは商人, はことに

▼ 画家文士~ (2, 0.1%)

1 にし, の如き

▼ 画家柳敬助君~ (2, 0.1%)

2 の夫人

▼ 画家殊に~ (2, 0.1%)

1 上村松園氏の, 日本画家中で

▼ 画家番附~ (2, 0.1%)

1 といふもの, に淡島椿岳

▼ 画家~ (2, 0.1%)

1 な批判性, な眼

▼ 画家~ (2, 0.1%)

1 にし, にとっては大変

▼ 画家~ (2, 0.1%)

2 鉄の

▼ 画家許友~ (2, 0.1%)

2 はぶくぶく

▼ 画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.1%)

2 の素人等

▼1* [242件]

画家ある事を, 画家あるいは南画家としての, 画家遍路さん坊主鮮人等等そして, 画家かでもあろうと, 画家かと嗤う, 画家かというお尋ねは, 画家かなんぞらしい青年, 画家からの年始状である, 画家ぐらしは一生, 画家こそ大いに勉強, 画家これらの先輩, 画家さん壺の右, 画家じゃないか, 画家すらあった程, 画家その他の能力, 画家たちみたいにメチエ, 画家たらんとて近ごろ熱心, 画家だけ集まった展覧会, 画家だけが概念を, 画家だけは好意的に, 画家だったね, 画家だの詩人だ, 画家であったら徳田球一氏を, 画家でしてティトレリ, 画家でなくてはならぬ, 画家といったような, 画家とかいう天分の, 画家としてだけ見て, 画家とだけでたくさんで, 画家ながら今まで, 画家などからはあくどい色彩, 画家などがかたまって, 画家などに自分の, 画家などは血眼に, 画家などを召されて, 画家なりしよし, 画家なりがその書画, 画家なりとて毫も軽蔑, 画家なりとの事なりき, 画家なるべしと称, 画家なれどもなほ僕, 画家なんかといったふうに, 画家における素描の, 画家にすらも主催された, 画家についていろいろの, 画家については何んにも, 画家にとつて何時の, 画家にのみ偏する事, 画家によつて描かれ, 画家によってしか批評出来ず, 画家に対しては風景並の, 画家はといはれた場合, 画家はにこ, 画家ばかりの展覧会が, 画家ぶんめいは或は, 画家への紹介を, 画家ほど飽きやすく, 画家また続いて, 画家までが忙しさうに秋晴, 画家むしろそのデカダンス, 画家のよう, 画家らしさからと, 画家らしく取り乱れている, 画家りっぱな音楽家, 画家をめぐって花で, 画家をも伴った, 画家を以て満たされたり, 画家アメデオ・モヂリアニに就い, 画家アルピニーはもう, 画家アンデルス・ゾルンが買い取っ, 画家ウイツスラアの記念, 画家ウェロッキオに弟子入り, 画家クラムスキイの作品, 画家ゴスイズダートの人, 画家サルヴァトル・ロザは泥棒, 画家ジェームズ・ホイスラーもこの, 画家ジョヴァンニ・セガンチーニが夏, 画家セザンヌやゴッホ, 画家タアナアの如く, 画家ヂャルヂヘンリーバウトンの描いた, 画家ティトレリです, 画家ドオミエーとを一時, 画家ドトオマに委託, 画家パウル・ビハリと駈落ち, 画家パヴロ・ピカソとつきあふ, 画家ベエシル・ハルワアドを訪れた, 画家ベックリン・ル・バロアはラテン芸術, 画家ホーガースの作品, 画家マネモネピサロ等の一団, 画家マリー・ローランサンに惚, 画家ミチェンコは自分, 画家ミレーらの伝記, 画家メーラーの描いた, 画家ユトリロを想, 画家ユージェーヌ・ドラクロワについ, 画家レンブラントはこの, 画家ロザ・ボナアルは何処, 画家ワグマンとも深く, 画家ヴェイルと結婚, 画家一人を主題, 画家一個人の企て, 画家一時競つて魚清の娘, 画家一生の最も, 画家一般の傾向, 画家三十六人を選ん, 画家三宅克巳君が袋町, 画家上野山清貢の夫人, 画家丘崎逸作先生だと, 画家中批評家は一口, 画家丸山晩霞君と連れ立ち, 画家五人を挙げ, 画家五六人が饗, 画家交歓の会合, 画家今村紫紅の南洋, 画家以外の科学的, 画家伊曾に紹介, 画家位悪評野に満ち, 画家何某の三人, 画家例えばターナーの, 画家から見たら, 画家全般を掩つて, 画家大山人, 画家制品展覧会三越楼上に開かる, 画家勝手に木, 画家北斎が文学者馬琴, 画家原田直次郎を見出した, 画家去りぬ嫣然として, 画家各自の選, 画家吉積長春氏加わりて, 画家同志から, 画家呂敬甫の, 画家と云う, 画家団体にその, 画家国吉氏の作品, 画家園部香峰がゐる, 画家の作家, 画家へ出ない, 画家夢幻的な美女, 画家大下藤次郎氏がある, 画家夫妻フランス農村の研究, 画家好事家さえ信輔筆, 画家宿屋の主人, 画家寺崎広業氏の許, 画家寺崎廣業氏の山荘, 画家遅跋質那, 画家小川芋銭氏を紹介, 画家小杉未醒の家, 画家小説家のよう, 画家の方, 画家山元春挙氏がある, 画家岡本太郎氏のよう, 画家岡本弘とを比べ, 画家岡田三郎助さんの妻八千代さん, 画家岡田道彦は本当に, 画家広重と連立ち, 画家建築家工芸美術家詩人であると共に, 画家建築家音楽の作曲家, 画家張伯雨がある, 画家彫刻家たちもときたま, 画家彫刻家医文法理工の学士, 画家彫刻家多数であるが, 画家彫刻家建築師達は小さな, 画家彫刻家建築技師土木技師造園家などが日々彼, 画家彫刻家漆工指物師など幾多, 画家役者能役者等様々の芸術家, 画家後者は十八世紀フランス, 画家徒に古画を, 画家志望で且つ, 画家志願者を大分, 画家ひは, 画家放庵は生きつづけ, 画家ピサロオ氏の, 画家文人は殆, 画家文人等には山, 画家文壇人などの文化人, 画家文学者某子爵, 画家文晁は四十三歳, 画家新井光子があった, 画家新聞記者などの協会, 画家早雲ではなかっ, 画家映画労働者劇場労働者みんな出かけたが, 画家時代に用, 画家未亡人の二階, 画家柴田是真翁, 画家栖鳳関雪の芸術, 画家棟方志功さんが受けもつ, 画家気質の人, 画家決してただ与えられた, 画家沈芥舟の筆, 画家洋画家といふ語彙, 画家洋画家彫刻家戯曲家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 画家演芸人舞踊家編輯者など雑多, 画家漫画家の大, 画家と提げ, 画家版元のあつまりだ, 画家牧畜家官吏玄人筋らしい老婆, 画家犬山猫助がかい, 画家生活中に対照的, 画家田崎草雲だったと, 画家画伯には違, 画家的商売は上がったり, 画家的手法を採用, 画家的教養なるもの, 画家相阿弥だつた, 画家眞山孝治さんの画題, 画家矢野吉重の作品, 画家砂場嘉訓はイギリス, 画家神泉氏の持ち味, 画家福田半香, 画家福田平八郎の本質, 画家には親しい, 画家筆耕家政婦派出婦看護婦なんぞの怪しげ, 画家精進のたんなる, 画家紙くず屋大臣不良少年等皆似合いの帽子, 画家織田一磨氏は, 画家老いたる画家, 画家自らが馬, 画家船乗り詩人飛行家新聞記者灯台守り音楽家, 画家芸人噺家たいこもち金に糸目, 画家英一蝶に一枚, 画家茨木猪之吉君と長男隼太郎, 画家茶人それから町家, 画家菊川英二なるもの, 画家藤田嗣治の一ヵ所, 画家蘭渓の筆, 画家記者といったよう, 画家評論家の筆, 画家を作らない, 画家詩人ならびに出版業者, 画家詩人科学者などの名, 画家諸君新聞美術雑誌記者美術批評家諸君それから作者, 画家近衛家の老女村岡, 画家連中と来, 画家道義的価値に無関心, 画家酒巻立兆なるもの, 画家野口駿尾氏とふたり, 画家も来, 画家青山馨氏だけに頗る, 画家青年その皆, 画家音楽家となる, 画家音楽家俳優みんな芸が孤立, 画家風情のしみつたれた