青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「町人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

男~ ~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町 町~
町人~
町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~ 留~ 留め~

「町人~」 1968, 21ppm, 5404位

▼ 町人~ (468, 23.8%)

12 家に 8 方が 7 家へ, 手に 6 悲しさ 5 くせに 3 ところに, ような, 中には, 分際で, 娘が, 娘の, 子だ, 家の, 間に

2 [28件] あいだにも, お勝手, やうな, やうに, 事なれ, 刀を, 前で, 去ったあと, 女房が, 娘に, 娘を, 子に, 子は, 家などに, 家には, 家より, 家よりの, 家を, 御機嫌, 所へ, 方で, 私は, 腹ッぷくれなんぞ何だ, 蔵の, 要求する, 遊び道具に, 頭を, 首を

1 [340件] あいだなら, あいだには, あずかるところ, あとを, あひだ, うちでも, お前に, お大尽, お手本の, お金の, ことです, ことと, ことゆえ, ごとく下卑て, すがた, すばやい手, する事, そちと, そちに, そばへ, それは, たしなみに, ところへと, ところを, なかにも, ひとり, ひとりが, ふところだった, ほとんど全部, やうだ, ようだ, ように, クラブであった, ボンチ上りだけに, マヌケの, 一まきは, 一人で, 一人でした, 一應の, 一撃に, 一行は, 三百両事件を, 三百両紛失事件が, 不名誉である, 世の中, 世の中じゃぞ, 世の中だ, 世の中に, 世界で, 世話に, 中に, 中へ, 事を, 二人連あり, 二人連れの, 亭主に, 人間像一つの, 仕業だ, 代表的一人で, 代表階級なる, 仮面を, 伜だった, 伜であり, 似而非風流, 住んで, 住家より, 住居でも, 住居に, 住居の, 住居らしい, 侠客の, 信条と, 信長町人の, 側から, 兵隊共は, 典型を, 典型的な, 内儀で, 処へ, 利益に, 前に, 区別が, 区別も, 友閑という, 口から, 叫びも, 召使達に, 名前が, 向うを, 味覚が, 商人と, 商売なり, 喧嘩で, 困難も, 土藏と, 墓石には, 増長です, 増長でなけれ, 声か, 変死を, 多い大阪, 大口屋へ, 大多数, 大家に, 大物とも, 大言壮語は, 奉公人に, 奢り僭上は, 奢り僭上も, 奢侈禁止が, 女房とか, 女房には, 女房達の, 好みらしく建築, 好みらしく頑丈, 妻で, 妻では, 妻にも, 妾に, 姿です, 娘か, 娘たちは, 娘で, 娘では, 娘とは, 娘なら, 婦人たち以外の, 嫁として, 嫁に, 子, 子が, 子ぢ, 子でも, 子と, 子どもである, 子どもでも, 子どもと, 子どもの, 子どもは, 子も, 子を, 子孫であります, 子殊に, 学校へ, 学者はわ, 學問としては, 學問については, 學者が, 家その, 家で, 家の子である, 家ばかり, 家庭では, 家庭の, 家康が, 家族だの, 寮と, 寮としては, 寮の, 小伜, 小僧は, 少年輩, 巡礼の, 巾着切の, 市場と, 常だ, 常識では, 平次には, 平野屋では, 幾人が, 建てた寮, 弟も, 後ろに, 後ろには, 後援が, 後援により, 得意場を, 御息女, 心を, 必死なわめき, 応募兵と, 忰ばかり, 怠惰を, 恥だ, 恥は, 息子が, 息子と, 息子一方は, 悪戯でない, 感情に, 態度で, 懐中から, 所有で, 手ぢや, 手によって, 手へ, 手を, 手代か, 手籠めに, 手籠め同様に, 持ち家に, 擡頭と, 擲り合い, 教えに, 教えより, 敬語と, 数寄を, 敵娼は, 文化が, 文化の, 文学者の, 方の, 方を, 旦那衆と, 旦那衆は, 旧家から, 昔からの, 普通の, 有力者に, 服装は, 服装を, 札差しが, 根を, 業じゃ, 横暴に, 檀那衆では, 武家が, 歩きかけたの, 残した家, 気分とが, 気強さ, 気楽さを, 浜村と, 火事を, 爺媼の, 物お玉の, 特質をも, 献金と, 玩ぶ楊弓, 生れとして, 生命の, 生活からは, 生活であります, 生活の, 用うる, 用心棒に, 由緒の, 男が, 男女共に, 男女老幼ばかり, 町である, 癖で, 相手を, 真似は, 知る辺, 秀吉町人の, 私でなけれ, 私どもは, 範囲は, 粋の, 経営と, 総代数人を, 繁昌を, 美市民の, 群に, 群れまでが, 考えでは, 職業は, 育ちでは, 胤では, 脚は, 腕に, 自由と, 自由な, 興起と, 若い者たち, 若女房, 若旦那と, 若旦那伊左衛門亀屋忠兵衛紙屋治兵衛に, 若隱居, 血が, 行なった茶椀芸, 裕福な, 要求から, 見境が, 見解としても, 見識の, 親たちには, 覺書に, 覺書を, 許しがたき, 許へ, 話聲や, 豪奢を, 貧し気, 貯金精神といふ, 賤しきを, 購買力が, 贅沢な, 贅澤と, 贔屓を, 足下へ, 跡取, 身の上馬の, 身を, 身代と, 身分であり, 身分執事様の, 身分関係を, 身振りは, 身振り手振りなぞ, 身辺には, 輩士分の, 辻斬は, 遊山の, 遊蕩に, 道徳も, 道楽には, 選り嫌いなく, 部門にも, 都として, 配偶としては, 金を, 金儲けの, 金銭に, 鉄砲一発で, 門は, 門閥家の, 間にさえ, 階級なく, 階級に, 隔てなく木曽一円, 隱居と, 難儀は, 類でない, 風を, 風俗と, 食事も, 黄金力に, 鼻っぱしの

▼ 町人~ (133, 6.8%)

2 彼に, 獅子舞を, 葉之

1 [127件] あれは, いけない, いささかも, おそろしく卑屈, おなじ大空, かう言つて, かくあるべき, こう云う, この解脱法, こんな時, ございますが, して, すがりつくよう, すっこんで, そうは, その周囲, その無知, それが, それを, そんな者, どうして独り, どうなっ, どうなろう, どこの, どんな場合, まず駄目, またも, また封建的專制政治, みなこの, みな今日では, ソロソロと, 三属まで, 京極方では, 人が, 人を, 今日の, 何ものだ, 何者でございましょう, 侍から, 侠気に, 内輪に, 剃刀を, 却って驚い, 向うへ, 唯物生活に, 唯者では, 商売の, 喉の, 在方を, 地に, 夏の, 大名の, 妙光寺お, 安心し, 実にこの, 寝そべって, 小屋を, 山本富太郎という, 己の, 年貢, 庄吉の, 弱いもの, 彼奴の, 情けある, 懐中へ, 手前じゃから, 手拭を, 揉み手を, 政府に対し, 数寄屋河岸の, 極めて臆病, 権威には, 歡喜天は, 武士の, 泣きだしそう, 注意深く及び腰, 滅多に, 無論穢, 物を, 物見遊山を, 理窟が, 生きては, 由縁も, 申すまでも, 男子にても, 町人として, 町人なみに, 町人にて, 町人並に, 町人流に, 畑の, 目明しの, 矢張り町人で, 矢張り町人同士でございます, 私と, 答えた, 粗食にて, 素晴しく, 細い紐, 経営の, 絹の, 織田家の, 老いも, 背後を, 胸で, 脇差を, 自分を, 自分一代限りとして, 花は, 茶屋を, 草履を, 覗き込んだ, 言った, 足蹴にかけて, 軒下へ, 進取の, 金を, 阪地に, 難儀する, 顔色を, 食べに, 飽くまでも退屈男, 駈け寄って, 騙りや, 驚いて, 髯を, 鳥さしの

▼ 町人~ (119, 6.0%)

7 しては 4 しても, なって 3 して 2 なった, なり切つて, 化けて, 向って, 手傷を, 斬りつけるの, 暗討, 至るまで

1 [85件] うしろを, おくれを, かぎりますかな, ござりまする, そぐわないよう, その製作, とり容れ易い, なぞおなりなさる, なったが, なつた, なつたり, なりきったね, なりきつ, なりそしてただ, なりたいかと, なりたいそれ, なりたうございますと, なりますと, なり下って, なり濟, なること, なる覚悟, なれました, なれ侍, なろうとは, はさまれて, ぶち殺されたなどと, 一瞥を, 三斗の, 与えた妙, 二千両の, 似げ, 似合わぬズッパリ, 似気, 何の, 係り合いの, 借りる前, 借金が, 借金し, 出あうこと, 利ける, 化けある, 及び暮, 口が, 向くか, 吾輩の, 呼ばれれば, 呼びかけました, 土下座を, 売り払いしもの, 変ること, 大通や, 左袒し, 帰り面白, 廻し結構, 忍術は, 応援し, 悪宣伝, 惚れ召さるか, 成って, 揃ひも揃つて出來た, 支配され, 甘んじたもの, 生まれ折, 生れりゃあ, 生れ道頓堀, 腹などが, 至るまでが, 蕪畠として, 融通し, 親しみを, 詰め寄つたの, 謀らふ程, 譲って, 貸付け, 貸出すの, 賣つたといふ, 贔屓し, 軽蔑され, 違いは, 違えねえが, 都田川のも, 集まりその, 鞍が, 頭が

▼ 町人~ (117, 5.9%)

3 ありました 2 ある, ヒョコヒョコ頭を, 住んで, 叫んだ, 悲鳴を

1 [104件] あり海部, あろうとも, いた, いったい何, いった湯島, いつのまにかかいがいしい, いて, かないません, かならずその, くるところ, こしらえたの, この役人, さかんに, しゃがれ声, ずかずかと, せめても, そうだ, そなた, その土塀, その圧迫, その生活, そんなところ, だん, とぐろを, とび起て彼女, なくて, ひょいと疲れた, よいと, バタバタと, 一度に, 三四人で, 上がったころ, 世に, 主と, 乗って, 二三人同行し, 佇んで, 余りの, 來ました, 信長の, 倒れたら武家, 六人の, 半分の, 参りまして, 叫んで, 周章てて, 国家の, 堪忍を, 声色の, 大いに威張り出し, 学問を, 富札を, 小意気な, 帳場格子の, 干鰈, 平次の, 弓なんか, 所所で, 所番地を, 手に, 捕ええた自我, 掛り人といふ, 掛取にでも, 探し当てて, 提灯を, 時代全体を, 来ては, 松を, 棒を, 武士に対して, 武士の, 気らく, 浮世又, 滅多に, 無闇勝手に, 狭い路地, 用心棒に, 町奉行か, 直ぐ幸せ, 祭主の, 福岡博多に, 私生活の, 税を, 立って, 経済の, 自分の, 莚旗を, 葉之, 薪木を, 訊いて, 話しかけた, 豊かな, 遥かまし, 邪剣を, 邪魔でならない, 金の, 金を, 鉄砲を, 門閥にな, 集まると, 難儀を, 非常に, 飛んで, 飛出して

▼ 町人~ (63, 3.2%)

2 して, 二三人呼び集め, 斬るの, 暗討, 殺した罪, 相手に, 鏖殺に

1 [49件] いたぶり賄賂, いぢめ, そう遠い, ちょっと眠らした, ゲスの, 上座に, 主と, 入牢させた, 助けるか, 劫かすばかりか, 勝手次第に, 取り扱うこと目の下, 向うに, 呼んだ, 嚇しては, 圧迫し, 富ましその, 屠つた興奮, 平次が, 引見し, 思わせるよう, 手當り, 打っ斬るてえだよ, 捕えて, 捕まえたから, 捕め, 掏摸とは, 掴めえて, 救ふと, 斬り損じて, 斬る気, 斬る氣, 斬棄てると, 江戸お, 泣かせるよう, 浅間しい, 煙に, 目指さずまた, 罷めて, 脅かすの, 苦しめると, 苦しめるという, 襲ふ, 見ると, 見下ろして, 送ると, 遮二無二息, 驚かしたの, 鳥を

▼ 町人~ (49, 2.5%)

2 あつた, ござりました

1 [45件] あつたなら, あつて, あつて儒佛國學, あなたさまに, あらうと, いいから, いずれも, いづれも, これも, こんな忌わしい, ござりましたなれ, すら一つ, すら神文血判, そうしてきっと, その服装, はござりますが, まともには, 一人は, 三万両から, 二十五六の, 五十前後の, 今権力, 侍の, 公儀御用が, 前額は, 友閑という, 唯の, 商売は, 宗湛の, 宜い, 年輩は, 御用金, 恰幅の, 江戸へ, 煙草だけは, 物持ちの, 生涯を, 盗られる金, 腕が, 苗字帶刀を, 荒物の, 街道を, 身分の, 通人で, 郷士是枝柳右衛門を通じて

▼ 町人百姓~ (49, 2.5%)

1 [49件] から上納, から出た, が何, が戦争, が関所, さえあるいは, じゃ, ではござらぬ, とは全く, とも交際, などを捉え, にでもなりたい, に交っ, に向, に対する斬りすて, に洋服, に至つて, のあいだ, の事, の家, の尾, の差別, の心, の業, の窮状, の路用, の身分制度, の道徳, の金, の風俗, の鼻ツマミ, はすべて自国, はずっと, はまだ, は手形, は氏郷, は生れ, は黒, までこの, までそう, まで固唾, まで犬侍, まで聴聞, もある, やなお, や女, わけても子, を蛆虫, 即ちおとなしい

▼ 町人~ (48, 2.4%)

3 それに 2 百姓も, 美人も

1 [41件] あった女子供, あまねく知る, ある, あるって, あるつてこと, あれば, いた, この世から, これを, さう言ふから, せめて人入れ稼業, ない武士, にわかにこの, ほんとに一致, また苗字, まれなり, むっと色, 一緒に, 今ほど, 僧侶も, 同等な, 喊声を, 大人も, 大抵は, 奢侈に, 女も, 工匠も, 最初の, 本家枇杷葉湯の, 村役場の, 武士も, 無差別で, 物騒な, 町人宿場の, 皆その, 神官も, 草も, 見境は, 賞讃した, 通りそう, 遠くから

▼ 町人~ (46, 2.3%)

1 [46件] いえども, いった, いっても, いつた容子, いふよりは, いわず百姓, なった, なって, なりました, なり一人, なり町人, なる, なると, エタ非人との, 一緒に, 云っても, 云わずすっかり, 云われちゃ, 交際も, 区別を, 士分とでは, 士族とには, 學問と, 學問との, 官兵衛は, 村方百姓の, 棟梁で, 武士そうして, 武士の, 武家と, 比べると, 海外発展とか, 申すもの, 町人の, 百姓とを, 称して, 編笠の, 縁組を, 蔑むが, 見えて, 言わず百姓, 賤しめられ, 農民に, 違つて其処が, 酒を, 雖も

▼ 町人~ (45, 2.3%)

2 旗本屋敷を, 百姓には, 百姓の, 職人の

1 [37件] お坊主, ひゃくしょうたちは, ひゃくしょうの, また医者, やくざの, 下郎に, 二三人の, 仲間や, 何かを, 土百姓に, 奉公人に, 往来の, 御用聞き, 旅の, 浪人を, 浪人達に, 百姓と, 百姓とも, 百姓なら, 百姓に, 百姓にも, 百姓は, 百姓までが, 百姓や, 百姓を, 筋の, 職人が, 職人でも, 職人風で, 船頭までが, 蜑は, 諸役人, 農土の, 農民から, 連れを, 遊び人でした, 風流人は

▼ 町人~ (36, 1.8%)

8 の男 2 ですが, で女

1 [24件] であった, であつ, であるらしい, ではあった, で色, で裏, なぞんざい, な保身, にはなりき, には相違, に結ん, のことばつき, のたぶ, のもの, の二人づれ, の住居, の小, の慇懃さ, の第, の若い, の身づくり, はし, はまだ, を装う

▼ 町人~ (35, 1.8%)

2 にも一, のやう, の中

1 [29件] が, がしゃべりあっ, がよく, が一斉, が一番閉口, が住ん, が手もと, が橋, とである, に立てられ, の枕, の樂しみ場, の芝居好き, の間, はこの, はこれ, はさすが, はそれ, はそれぞれ屋号のれん, はどんな, はなんら, は声, は好ん, は言, は門, まで自暴自棄, もどうせ, もどうやら, わけても現金

▼ 町人たち~ (33, 1.7%)

2 の間

1 [31件] からそういう, から借り立て, から得た, が, がきょう, がはなし, が伺候, が御用達, が慾, が揶揄, と堂上, によってきかれた, に至る, に送られ, の中, の方, の生活, の秘蔵, は, はさも, は寝こみました, は彼, は機, は河岸, は首, は高慢チキ, は黙った, までいったい, もささやい, もなんぞ, を木偶坊

▼ 町人ども~ (32, 1.6%)

2 を相手

1 [30件] か, がお, が化かされる, が奥, が生兵法, ことごとく迷惑, だ衆人, であれ, と同じ, に申し聞かせた, に踏みにじらるる, に追いまくられ, に追い詰められ, の仕業, の勘, の心, の手込め, の方, の羽ぶり, の裏長屋, は大層, は立ち去りおろう, は米, へよい, までが鼻息, もその, をどの, を嚇し, を眼下, 見れば

▼ 町人~ (31, 1.6%)

1 [31件] が, がうち, が怪しんだら, が算盤, でさ, で武士, と夷人, にもお, にやんや, に安心, のやう, の処置方, の心, の忿怒, の恐れた, の知らぬ, の血, の話, の迷惑, はよく, はわし, は兼, は滅茶滅茶, は震え, へ値, をのさ, を全く, を吹き溜り, を懲, を斬っ, を説破

▼ 町人でも~ (26, 1.3%)

2 なければ

1 [24件] あり金, お百姓, かたき討ち, それに, ない, ないひとり, ない侍, なかつた, なくさりとて, なくて, なく生え抜き, 三代目と, 享保以後わずか, 今度の, 侍でも, 女子供でも, 是非学問を, 武家出の, 無い何, 理に, 結局繋がる, 肥料車でも, 脇差の, 誰でも

▼ 町人らしい~ (22, 1.1%)

1 [22件] が, 不自然さ, 二十四五の, 人物が, 人達だ, 卑屈な, 厳重な, 圓滑な, 声, 寛濶さで, 寛闊な, 恰幅で, 手堅さ, 柔かい風格, 滑らかな, 縞の, 誇りで, 贅を, 足音が, 風俗で, 風格の, 鷹揚さを

▼ 町人から~ (18, 0.9%)

3 金を 2 見れば

1 [13件] ビシビシと, 借りたの, 借りた金, 利分を, 学文した, 急場の, 持参金の, 武士に, 献金させ, 稀には, 袖の下を, 観た考え, 鯉の

▼ 町人には~ (18, 0.9%)

2 相違ありません

1 [16件] おのずから町人, べつにある, 不似合い, 判るまい, 厳しいが, 取引き, 大きな誇り, 大した意味, 少し奢り, 珍らしい, 百姓町人の, 相違ございませぬ, 考へさ, 贅澤な, 違ひありません, 頗る便利

▼ 町人~ (16, 0.8%)

2 やくざでした

1 [14件] そして人態, それこそ, ただしまた慈姑仲間, どんな奴, または百姓, よく来, 主人の, 十分に, 大通でなければ, 成上りの, 百姓か, 百姓なら, 百姓多分, 風体は

▼ 町人とも~ (15, 0.8%)

1 [15件] つかず人品, つかない男, つかぬ様子, つかぬ男, みえずただ, 付かぬ様子, 共通し, 宗匠とも, 思われない十徳, 武士とも, 武家とも, 見えないの, 見える不思議, 見えれば, 遊び人とも

▼ 町人~ (14, 0.7%)

2 武家との

1 [12件] からな, から姓, から相手, がこれから, が武家出, が石沢閑斎, つたに, ということ, とか云っ, とか云つて, やいやい二階, 何でも一切

▼ 町人では~ (14, 0.7%)

3 ない 2 ありません, ないか 1 あった, ございまするが, ございません苦み, ないらしく, 大尽株一党の, 満足しなかった, 無く元

▼ 町人とは~ (13, 0.7%)

2 申しながら

1 [11件] いえ城内, いえ相当, お白洲, それぞれの, ちがう, まるで別途の, 思われないそういう, 言え富豪, 言っても, 違いますと, 違い武士

▼ 町人階級~ (13, 0.7%)

2 が勃興

1 [11件] が士農工商, が明治, に向っ, に金, のもの, の人間讃歌, の反抗, の感情, の文学, の男, はそれ

▼ 町人風情~ (13, 0.7%)

2 よりも抜目

1 [11件] が門扉, でも目先, に手, に追従, のかり, の下風, の床の間, の照子, の葉ッ葉者, へ, もツイ

▼ 町人との~ (10, 0.5%)

1 区別が, 地位交換問題では, 差別が, 差別は, 席を, 生活の, 相違でした, 身分の, 間に, 間には

▼ 町人ながら~ (10, 0.5%)

2 苗字帶刀を 1 一と, 憚る, 武士との, 腹かっさばいた, 腹掻き切つ, 見識が, 諦めきれません, 諦め切れません

▼ 町人ふう~ (9, 0.5%)

5 の男 1 にお, に結いなおし, の痩形, の若い

▼ 町人~ (9, 0.5%)

1 が一向, が安穏, が徳川幕府打倒, と同じく, の生活, の百姓地, はそれ, は生活, は祖先

▼ 町人根性~ (9, 0.5%)

1 がこの, じゃ私, でのみこんな, となり, ならしらぬこと, に反撥, の日暮し, もうそんな, をだした

▼ 町人にも~ (8, 0.4%)

1 おのおの定まりたる, 劣る下劣, 同じよう, 多い, 百姓にも, 自らその, 見られない形, 鼓の

▼ 町人~ (8, 0.4%)

1 奉公した, 嫁入, 嫁入りせん, 尋問を, 米高の, 組み付いた, 金を, 養子に

▼ 町人文学~ (8, 0.4%)

1 である, で町人, として当時, と一口, と劇, には武士, の一つ, の擡頭時代

▼ 町人~ (7, 0.4%)

2 の者 1 これに, の人, の周助, の志士, の所謂

▼ 町人~ (7, 0.4%)

1 が見つかるだろう, でございますが, ならば, のお, のたしなみ, の商売, ばかりが寄り集まっ

▼ 町人てい~ (6, 0.3%)

2 の男 1 のでっぷり, の客二人, の旅, の男ふたり

▼ 町人という~ (6, 0.3%)

1 この宗室, ものが, ものには, ものの, 新たな, 者に

▼ 町人気質~ (6, 0.3%)

1 がむしろ, の久兵衛, の人, の旦那衆, の金兵衛, を賎むの

▼ 町人としての~ (5, 0.3%)

1 彼を, 待遇に, 新しい人間像, 誇りが, 身分氣分それから

▼ 町人まで~ (5, 0.3%)

2 先を 1 力み返って, 夢中に, 斬つて

▼ 町人文化~ (5, 0.3%)

1 とが存在, に同化, の, の代表者, は都市

▼ 町人職人~ (5, 0.3%)

1 のならず者ども, の子ども, の金儲, はまじめ, を一つ

▼ 町人でなく~ (4, 0.2%)

2 二本差し 1 ても単, ばその

▼ 町人としては~ (4, 0.2%)

1 まことに尤も, 上品に, 最上の, 申分の

▼ 町人などに~ (4, 0.2%)

1 うまく付け, こうまで, よく見かける, 示すと

▼ 町人なら~ (4, 0.2%)

2 いざ知らず 1 町人百姓, 言葉も

▼ 町人より~ (4, 0.2%)

1 上座に, 付け届けを, 年貢, 献金させよ

▼ 町人らしくない~ (4, 0.2%)

1 が, 奴です, 清河原という, 線の

▼ 町人學者~ (4, 0.2%)

2 に關 1 であるから, を多

▼ 町人からの~ (3, 0.2%)

1 借財を, 借金で, 附け届けで妾宅

▼ 町人であった~ (3, 0.2%)

1 ところの, と思う, 燕作という

▼ 町人です~ (3, 0.2%)

1 が失礼, が近年中風, が飯田町

▼ 町人として~ (3, 0.2%)

1 伊勢屋久兵衛の, 掛川の, 社会的に

▼ 町人ながらも~ (3, 0.2%)

1 こういうもの, 折目正しい, 玄関に

▼ 町人などの~ (3, 0.2%)

1 人間性の, 店先に, 捕縛と

▼ 町人ばかり~ (3, 0.2%)

1 でご, でございますから, でしたから

▼ 町人までが~ (3, 0.2%)

1 わしの, 互いに必死, 平気で

▼ 町人姿~ (3, 0.2%)

1 にし, になっ, になり

▼ 町人生活~ (3, 0.2%)

1 に甘んずる, の息づまる, は彼

▼ 町人~ (3, 0.2%)

1 はさらに一層, へ爲知候, 下輩

▼ 町人~ (3, 0.2%)

1 職とは, 職にまで, 職僧侶男女こどもさまざまの

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 前代を, 百姓たちの

▼ 町人からは~ (2, 0.1%)

1 借上げられる, 絞りよう

▼ 町人これ~ (2, 0.1%)

1 はなん, は其許

▼ 町人じゃあ~ (2, 0.1%)

1 ありません, ねえな

▼ 町人その~ (2, 0.1%)

1 二・三男の, 分には

▼ 町人づくり~ (2, 0.1%)

1 ののっぺり, の派手

▼ 町人づら~ (2, 0.1%)

1 をおどかす, をふるえあがらす

▼ 町人であり~ (2, 0.1%)

1 ながら春嶽公, また金力

▼ 町人である~ (2, 0.1%)

1 がその, よりは政治家

▼ 町人であるである~ (2, 0.1%)

1 から医師, から醫師

▼ 町人でない~ (2, 0.1%)

1 成程, 村方百姓の

▼ 町人とか~ (2, 0.1%)

1 いやそれどころか, まるで趣味

▼ 町人とかの~ (2, 0.1%)

2 区別が

▼ 町人とて~ (2, 0.1%)

1 侮れんぞ, 決死の

▼ 町人どうし~ (2, 0.1%)

1 で頻り, の喧嘩

▼ 町人にな~ (2, 0.1%)

1 つてからは, つて御朱印船を

▼ 町人にまで~ (2, 0.1%)

1 及びます, 未曾有な

▼ 町人に対しても~ (2, 0.1%)

1 一切頭が, 色々試みた

▼ 町人ほど~ (2, 0.1%)

1 くだけて, 巧みな

▼ 町人みたい~ (2, 0.1%)

1 なたとうれば, にいわれ

▼ 町人らしく~ (2, 0.1%)

1 もなく, 腰を

▼ 町人乍ら~ (2, 0.1%)

1 御奉行, 諸大名

▼ 町人仲間~ (2, 0.1%)

1 で顔, に株

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 に大工, の弟子入り

▼ 町人勢力~ (2, 0.1%)

1 です, の怖

▼ 町人同士~ (2, 0.1%)

1 でございます, の殺傷沙汰

▼ 町人四分~ (2, 0.1%)

2 と言われた

▼ 町人形儀~ (2, 0.1%)

1 と妥協, になり

▼ 町人武士~ (2, 0.1%)

2 の一部

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 のもの, の古着

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 にのれん, に住む

▼ 町人皆吉~ (2, 0.1%)

1 が千二百兩, の申し出

▼ 町人社会~ (2, 0.1%)

1 でさえこの, はそれ自体

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 の喧嘩, は今

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 も百姓道, を立て通した

▼ 町人~ (2, 0.1%)

1 にした, を頭

▼1* [223件]

町人あまたの奉公人, 町人ありてなんとか, 町人お前は江戸っ子, 町人かというと, 町人かねそれともお, 町人かの慰み物だ, 町人ぎらいでやはりどうかし, 町人こそはまさしく黒岩, 町人ことばでおそろしく, 町人さえありました, 町人さらばじゃ, 町人しかいやしない, 町人した若松屋惣七の, 町人がたに, 町人それにつけ, 町人あ誰, 町人たることを, 町人だけ切り放された生活, 町人だけにのぼせ切って, 町人だったのです, 町人だって身分が, 町人ちょうだいいたしとうござるが, 町人ちょっと物を, 町人やありません, 町人であったらしいのにその, 町人であるらしく思われたので長三郎, 町人であれ百姓であれ, 町人でござるがこの, 町人でなければあの, 町人で御座いまっしょう, 町人といつてもいい, 町人とかはこうして家風, 町人とが手に, 町人とても壱岐の, 町人とのみは見られぬの, 町人とをあわせて, 町人んで, 町人ないし伝馬役との, 町人ながらに早くから尊王, 町人などがよく飼つて, 町人などは何も, 町人なども連れて, 町人なにも御家, 町人なみに十六, 町人ならず者都合その勢四千人, 町人なら知らぬ事武士の, 町人なら謝るだろうがおら, 町人なんどが真黒く, 町人にて私に, 町人にでもなろうか, 町人にとっての殆ど唯一の, 町人にゃちょいと, 町人に対して信長は, 町人に対しては実にいばった, 町人ばかりを狙って, 町人まてッ, 町人が旧主, 町人めかした口調で, 町人めらなかなか我ら, 町人やがて江戸一にも, 町人やら百姓の, 町人ゆえ兵法のこと, 町人よりは長袖を, 町人よりも武家格式の, 町人らしくでつぷり肥つて貫祿も, 町人わしはな十年, 町人わずかに数百, 町人われわれにこんな, 町人ハ壱文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, 町人一人に武士五人, 町人一土民にも劣ろう, 町人一統がどんな, 町人一統神妙にお, 町人三人づれの旅, 町人上りの, 町人下々の貧乏人, 町人下賤の小切れ買い, 町人下郎に怨み, 町人下郎共の賄賂請願, 町人不審と感じ, 町人世界の意気立て, 町人並商売見世等を出し, 町人主義は皆排, 町人乍ら苗字帶刀を許された, 町人乗馬勝手次第誰が馬, 町人れ同船, 町人乞食の子, 町人井筒屋事河井十左衛門の秘蔵, 町人其方たちは, 町人以下を呼ぶ, 町人の勘三郎, 町人何奴なれば, 町人作りのまま, 町人僧侶神官誰でもかまわぬ, 町人儒家医師画人工匠あらゆる階級, 町人して, 町人全体に元, 町人公儀御用達を勤むる石川良右衞門, 町人公卿の子息, 町人共眼に物, 町人内儀のつかう, 町人し口前, 町人千三屋その男, 町人参るぞ, 町人又五郎の妹婿虎屋五左衛門, 町人友閑をお, 町人を連載, 町人同然大分評判のよく, 町人同船ならん, 町人吾妻屋永左衛門は腕, 町人吾妻屋永左衞門は腕, 町人和泉屋皆吉といふ男, 町人四分武家六分と言われる, 町人圧迫の方針, 町人堅気な大, 町人多吉の好ん, 町人多吉夫婦のよう, 町人年寄勤, 町人大事はあるまい, 町人大口屋暁雨の侠気, 町人大名屋敷まで荒し, 町人大藩の留守居, 町人大谷村川の兩氏代, 町人夫妻が殺され, 町人夫婦と妹娘, 町人まで斬られた, 町人姿山牢のある, 町人学者の輩出, 町人の開山福沢翁, 町人室町の清水屋總兵衞, 町人家みな瓦屋にし, 町人宿場の旅籠, 町人小首をひねった, 町人岡本政七の妹娘, 町人帯刀をさえ, 町人右衛門町の, 町人強い者は, 町人当て殺そうも, 町人役者芸人の数, 町人待ちや, 町人との区別, 町人の男, 町人は眼下, 町人拝見勝手次第と云, 町人持ちで自身番, 町人政策もし私, 町人斬ろうかの, 町人もお, 町人智慧は足りねえ, 町人暮しもしよう, 町人有名人の家, 町人有徳の有名人, 町人染みてい, 町人根性武士には窘, 町人根生がぬけない, 町人棟梁子供つれし女房, 町人の船, 町人此処へ来る, 町人武家共の常識, 町人江ン戸にはこんな, 町人の唱える, 町人に挨拶, 町人清洲越十人衆の一人, 町人とした, 町人片づけるに手間暇, 町人片山某から買付け, 町人猟師がみんなそう, 町人生活力が旺盛, 町人町人した若松屋惣七, 町人町人千三屋その男, 町人町医者や指, 町人町娘なんでもござれで, 町人画家近衛家の老女村岡, 町人異風に取, 町人百姓どもの鼻ツマミ, 町人百姓マデ入レタラ, 町人百姓姿の口々, 町人百姓無頼窮民に至る, 町人百姓等は義務, 町人百姓職人この一戦, 町人百姓道者僧侶芸人など一般, 町人的モラルにたいする反抗, 町人的世界観の勝利, 町人的卑俗主義に堕し, 町人的合理主義凡俗化した良識, 町人的日本魂を磨い, 町人目ざしつつ逃げ走っ, 町人秋田屋清左衞門という者, 町人の中, 町人納屋宗易待て, 町人倒れや, 町人て苗字, 町人翁屋小左衞門, 町人職人達は耳, 町人能役者その他参覲の各, 町人に前垂れ, 町人自身を土台, 町人芸術の勃興, 町人苛めをしたら, 町人蜂谷源十郎の覺書, 町人衆お嬢さんたちは三日, 町人をはき, 町人言葉色が浅黒く, 町人貧乏な人間, 町人資本との結合, 町人趣味の饗宴, 町人身共は尊王, 町人身分と連, 町人が小判, 町人近江屋伊兵衛の抱え女ちよ, 町人遊冶郎の道楽, 町人郷士医師と思い思い, 町人里人の弱, 町人野ら歸りの, 町人の借用証文, 町人階級職人乞食隠亡まで誰一人, 町人随分うつつを, 町人雑多な中, 町人ではどう, 町人風武家風いろいろある, 町人が飛ぶ, 町人髷芳年の袷, 町人魂俗悪エロ発疹チブス害毒人間冒涜軽佻浮薄などという忌まわしい