青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「燈~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~熱 熱~ ~熱い 熱い~ ~熱心 熱心~ 熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~
燈~
~燈火 燈火~ 燒~ 燕~ 爆弾~ 爆発~ ~爪 爪~ 爭~ ~爲

「燈~」 8793, 91ppm, 1218位

▼ 燈~ (3290, 37.4%)

154 光が 141 下で 136 下に 112 光に 109 光を 90 光の 88 光で 43 灯が 42 光は 38 火を, 灯を 32 下を 28 スイッチを 26 ように 25 光りが, 前に 22 かげに, 下へ 21 火が 20 影に 19 ような, 光りを 17 光りに, 灯の 16 下の, 灯に 15 光も, 灯は 14 光りの 13 方へ, 火に 12 かげで, 丸い光, 傍に 11 火影に, 笠の 10 もとに, 影が 9 ついて, やうに, 下から, 光と, 明りに, 油を, 燈が 8 そばに, 下には, 中に, 前で, 心を, 火は, 燈は, 蔭に 7 やうな, 下では, 影を, 明りを, 火の, 灯も, 燈を 6 あかりで, 上に, 出て, 数を, 点いて, 笠を

5 [16件] スウィッチを, 中へ, 側に, 傍へ, 光りは, 前へ, 影で, 明りで, 柱の, 火も, 灯で, 灯影に, 燈で, 笠が, 笠に, 絵の

4 [26件] あかりが, あかりに, ならんだ車室, ひかりに, ほのかな, まわりに, 一列に, 側へ, 光との, 光や, 外には, 影も, 方に, 明るさ, 柱に, 様に, 油が, 火で, 点いた家, 球を, 硝子に, 色で, 蒼白い光, 薄明り, 間に, 青い光

3 [44件] あかりの, あかりを, そばへ, たくさんついた, ちらちらする, ついた客車, ともって, ほの, ぼんやりした, まえに, まちの, まはり, もとで, わきで, スヰツチを, 下まで, 中の, 位置を, 光のみ, 光りと, 光りも, 光線が, 周囲を, 夜の, 巷を, 方を, 明りが, 明りの, 晩に, 松の, 栓を, 淡い光, 渦が, 火影を, 煽られて, 燈心を, 真下へ, 笠, 絵を, 色が, 花輪車の, 蓋を, 薄暗い光, 陰に

2 [147件] あかり白白, あたりに, ある方, おぼろげな, おもて, かげへ, かげも, かげ少し, かげ薄, かすかな, かわりに, ことは, したで, すぐ前, せいか, せいも, た, ために, ついた家, ところに, ところへ, ところまで, ともつた駆, ない時代, ねじを, ひかりいでたる, ひかりが, ひかりで, ほうへ, ぼかしの, まち, やうでした, ようでした, わきに, コードを, スイッチが, スヰッチを, ホヤに, 一つが, 一条を, 下は, 下小机の, 世界に, 中を, 代りに, 傍を, 光, 光さえ, 光すら, 光でも, 光などは, 光にも, 光りとに, 光線で, 光線の, 光鋩が, 出てるところ, 切子硝子, 前を, 取り付けに, 口を, 向うに, 向う側の, 向ふ, 周匝には, 周囲に, 周圍を, 多い町, 女は, 小蔭に, 少ない横町, 少年が, 左右に, 巷でも, 強い光, 影の, 影は, 影暗く, 影百を, 抽斗に, 数が, 數は, 方が, 明りは, 明るいサロン, 明るい光, 明るい室, 明るみの, 明を, 暗いの, 暗い床屋, 月の, 松が, 松に, 横長きが一つ上に, 油でも, 油は, 油煙やら, 消えたの, 消えるの, 消えるよう, 火光は, 火影が, 火影で, 灯かげに, 灯と, 灯りが, 灯影が, 灯影は, 灯影を, 点いた部屋, 点か, 焔が, 照明の, 燈に, 燈芯を, 片光り, 球が, 球の, 用意を, 画に, 白い光, 白い笠, 真近, 硝子の, 笠まで, 管が, 紐に, 紐を, 紙に, 置いて, 色の, 華やかな, 薄暗い講堂, 薄黄色い, 覆いを, 見ゆ, 設備が, 輝いて, 輝きが, 逆光線を, 遠い光, 集金人が, 雪の, 雪を, 面を, 點いた

1 [1004件 抜粋] あかりだけが, あたたかみ, ありやなし, ある土室, ある所, ある柱, うしろから, うす暗いその, うす暗い光りで, うす紅い灯, うち七つ消され, おかげで, かがやきが, かげうつる茶屋, かげには, かげを, かさぐらい, かたわらに, かはり, かんかんし, きらめきと, ぐるりに, こってりした, ことが, ごとく白く, さきに, したで姉, すぐ下, すすけた灯, せいばかり, その燈, そばの, たたき合ひから始まつ, だだ白い, ちらつく樹かげ, ついたばかりの, ついた何となく, ついた往来, ついた時, ついた真, ついた西洋間, つかない町, つきはじめるころ, つく三丁さき, つって, つよい光り, つり下った, ところで, とぼる, ともし油, ともった下, ともった格子戸, ともつてゐる, ともりかかった頃, ともり出した時分, ないノッペラ棒, ない処, ない広い大通り, ない時分, ない暗やみ, ない淋しい通り, ない自転車, ない通り, ならべるは, にほひ, ひかりと, ひかりは, ひかり薄し, ぶどうもちだの, ほかには, ほくち, ほのかな光りで, ほやを, ぽつかり点いた, まだ戸ごと, まばらな, まわりだけ, まわりには, まわりを, めいって, もれるの, やわらかい灯, ゆめの, ゆれて, ようなあり, よさ, イルミネーションを, エンスイ形の, カサは, カヴァーを, コードは, スイッチです, スイッチにも, スイッチは, スイッチをに, スウイツチが, スタンドへは, スヰツチの, テンポが, フューズが, ホヤの, ホヤを, マイクロフォンも, 一つに, 一つも, 一列, 一寸とだえた, 丁字を, 上で, 下, 下った二階家, 下でし, 下とは, 下において, 下にと, 下や, 下去, 下小生は, 下思ひ出だす, 下至大なる, 不意に, 世界にも, 並んだ防波堤, 中から, 中で, 中にも, 丸い磨硝子, 丸火屋に, 乏しい広場, 事は, 人も, 人物像, 仄紅い, 件り, 伴奏の, 位置によって, 余映で, 保存, 側を, 傍で, 傍らで, 傘のうへに, 催促も, 像を, 先を, 光さしたり, 光その, 光だ, 光だけが, 光であった, 光でした, 光といふ, 光な, 光なども, 光によって, 光へ, 光までが, 光まばゆき, 光ゆらめく, 光りぞ, 光りだけに, 光りでところどころ, 光りでマリイ夫人, 光りで夜目, 光りで床, 光りで腕時計, 光りで見た有喜子, 光りとが, 光りまでも, 光り朧, 光り輝く窓窓, 光り雪, 光パツと, 光半ば開きたる, 光域に, 光寂として, 光微かに, 光明か, 光朦朧たる, 光眩, 光線は, 光芒も, 光見え初め暫く, 光賑やかで, 光閃, 兩側に, 円い光, 円光は, 出た低い, 出た沓脱ぎ, 切子笠, 列が, 前だった, 前まで, 前瓦斯の, 力の, 力借り, 加減やら, 十字の, 反映が, 台へ, 台擦れ, 名に, 向うの, 向こう側の, 周囲へ, 場合などでも, 墜落から, 外輪へ, 夜を, 夢は, 大路小路に, 奥手の, 奴は, 如くあかあか, 如くなり子供, 如く人間, 如く輝いて, 始末を, 字面を, 室も, 寂土であっ, 射した縁側, 導くの, 小暗きさえ, 少年は, 尻に, 工合で, 巷である, 幕に, 幽に, 店での, 引出さがすは, 弱い灯, 形の, 影かぜに, 影さえ, 影だった, 影と, 影ながら, 影なども, 影ほのぐらい, 影一つ松葉の, 影白う, 影美しく, 影遽に, 後ろから, 御祭礼, 微な, 微光によって, 心の, 心意気に, 感じで, 戸を, 抽匣から, 持主がね, 捻子を, 掃除を, 掛った見晴, 揺れて, 故障で, 数およそ, 数ほど, 數より, 文字を, 方は, 方影に, 明い電車, 明に, 明りおぼろなる, 明りとの, 明りまでが, 明り先に, 明るいの, 明るい二階座敷, 明るい小径, 明るい座敷, 明るい新宿, 明るい比叡, 明るい玄関, 明るい賑い, 明るくともった, 明滅, 明滅の, 明滅明智の, 映った, 映ろいを, 昨夜よりも, 時代を, 暈の, 暗い台所, 暗い方, 暗い灯影, 會, 月色の, 有明が, 未だ滅せざる, 本の, 来る時分, 枕許に, 柱から, 柱のむ, 格子に, 様な, 横に, 機械に, 残って, 沢山点い, 油の, 油壺です, 油皿を, 洩れる蔀, 浮標, 海の, 消えたその, 消えた湯屋, 消えた道路, 消えて, 消されて, 淡い光りで, 準備も, 滲みいれば, 澄める影, 火, 火だ, 火では, 火と共に, 火光で, 火屋の, 火山の, 火影から, 火影は, 火消える, 灯かげ, 灯かげと, 灯かげを, 灯ったまま, 灯であります, 灯まで, 灯よりしか, 灯りで, 灯れた, 灯先が, 灯影で, 灯影の, 灯影タノシミ寢し, 灯皿には, 灯立ちを, 炭素線の, 点いたの, 点いた六畳, 点いた方, 点いた町中, 点かぬ前, 点く前, 点く静か, 点じ難く, 点った窓, 点って, 点るには, 点燈夫の, 焔は, 無い真暗, 煌々と, 煌く, 照明と, 燈の, 燈幽なれ, 燈心は, 燈火に, 燈火も, 燈芯へ, 燦い, 燭光まで, 片側へ, 特徴であった, 玉に, 現の, 球に, 瓦斯の, 用意は, 申込みを, 町に, 町灯の, 画片を, 画面を, 発明だ, 白いにつけ, 皿と, 皿を, 目玉を, 直射を, 眞下に, 真上に, 真下の, 眩しい光, 眼鏡で, 瞬きも, 瞬くばかり, 石段にも, 石油は, 破れまで, 神戸さんで, 秋風に, 穴の, 立ちたるが, 立消えした, 笠で, 笠にあたって, 笠には, 笠へ, 笠代りに, 箱が, 精神的価値を, 紅を, 紙までが, 紙真白に, 細い光, 結果か, 絵は, 網目を, 縁まで, 繪を, 翼が, 胴を, 腰へ, 興は, 色とは, 色までが, 芯を, 花傘の, 花見る, 苦學も, 落ちたこと, 蒼い砂子, 蒼白き光曇, 蓋の, 蔭からは, 薄い影, 薄寒さ, 薄暗いとある, 薄暗い中, 薄暗い室, 薄暗さ, 薄黄いろい, 螺旋を, 行ったお隣, 行列が, 街に, 被いが, 装飾, 覆いに, 見えるところ, 見える旅籠, 覺束な, 設置までも, 講釋を, 赤いひかり, 赤き青き, 載った小, 輝いてる長く, 輝きの, 輝く下, 輪が, 近所に, 透視図, 道の, 都合が, 配置よろしく, 野暮を, 鈍い灯り, 鉄の, 銅色の, 鎖を, 閃いて, 間で, 關係上眞中に, 陰から, 陰影の, 隅に, 隈なく, 隣りへ, 電柱である, 電池が, 電球を, 露れた, 青い影, 青ざめた悲し, 青白く燃えだした, 頃より, 風呂敷の, 風致も, 餘映が, 魔界に, 黄の, 黄色い光り, 黄色な, 點く, 點つた教室へ, 點つた部屋の

▼ 燈~ (1738, 19.8%)

71 消して 56 持って 44 つけて 25 点けて 20 持つて, 消した 18 つけた, 提げて 15 手に 13 もって, 見て 12 ともして, 点して, 点じて 10 かかげて, さしつけて, たよりに 9 さげて 8 見ると 7 出して, 消したの, 消しても, 消すと, 照し, 片手に 6 点ける 5 とぼして, 借りて, 取って, 明るくし, 映して, 消してから, 用意し, 背に, 見つめて

4 [13件] つけるの, もつて, 入れて, 吹き消した, 吹き消して, 吹消し, 持出して, 挑げて, 掲げて, 消す, 消せよ, 通り越す, 點けて

3 [40件] つけたの, つけました, つけること, つけると, とめて, はじめるの, ひねって, よせて, 下げて, 下に, 中に, 使って, 反射し, 取り上げて, 取り出して, 囲んで, 引寄せ, 打こわし, 持か, 持ち出して, 振りかざして, 振廻して, 振込んで, 携へて, 消しました, 消すこと, 消せ, 点けよう, 点じた, 照した, 眺めた, 移して, 紅き町, 翳して, 背後に, 見た, 買って, 貸して, 運んで, 點し

2 [119件] あかあかと, あげて, うけて, うしろに, おろして, かき立てて, かざして, きらめかせて, ここへ, さしつけながら, さへ, じっと見つめ, すえて, そこに, そこへ, たづねて, つかって, つけずに, つけたま, つけたまま, つけたり, つけた電車, つけてから, つけては, つけに, つけようと, つける, てらして, てらす, ともした, ともしたの, ともしたので, ともしたまま, ともした汽車, とりだして, とりに, ぱっとつけた, ひねった, ふき消して, まじまじと, めがけて, やりますから, パツと, 一つ残し, 上げて, 仰いで, 低くおろし, 入れ案内者, 前に, 前景と, 動かしては, 占有し, 向けて, 吹き消しました, 呼ぶ声, 嘗めて, 四つ運び出し, 地に, 幾つと, 引附け, 張り代へながら, 後に, 想ひ, 懸けて, 持しま, 持った男, 指し示した, 捻って, 掠めて, 探し当て, 探し求めた, 握りしめて, 携えて, 明るくする, 書斎に, 望んだの, 机の, 残して, 消しお, 消したり, 消してからも, 消しに, 消し窓, 消すまえに, 消そうと, 滅し, 灯け, 灯けて, 点けた少女, 点けに, 点けますか, 点けますから, 点滅する, 点火し, 点火する, 照らして, 照らしながら, 片隅に, 献じた, 用ひ, 用ひる, 発見した, 盛り, 目あてに, 眺めて, 空に, 細めて, 細目に, 置き同じく, 覆って, 見せて, 見たとき, 見つめながら, 見ても, 見ながら, 見に, 釣って, 點ける, 點じ

1 [839件 抜粋] あかく置き, あげたはたご, あちこちと, あびせかけて, いくつか, いっぱいに, うけとると, うけると, うしろへ, おいて, お持ち, お消し, お貸し, かかげ, かかげその, かかげ太鼓, かきたててかの, かけさせて, かけたり, かけつらね朱欄, かけに, かけまた, かけ連ねて, かこみ法然, かざした, かざした一人, かしな, かすめて, かばいながら, きらきら光らせ, きらめかして, く, くわんと, けして, この荷車, こわすと, こわすまいと, さげた若い, さしだしますと, さし出したの, したって, しまい門, しまって, すっかり消す, そのなか, それへ, たずさえて, ただブラブラ, ちょっと仰い, ついで戴きませう, つきつけて, つけさせて, つけさて, つけその, つけたその, つけただけ, つけたばかりの, つけたまま床, つけた五階建, つけた座敷, つけた鏡, つけてたそう, つけてよう, つけぬか, つけねば, つけましょう, つけるには, つけるまでには, つける處, つけろ, つけんにゃ, つけ今日, つけ例, つけ勝手元, つけ御, つけ提燈屋, つけ放しな, つけ棒, つけ無い, つけ直せと, つけ給え何, つけ鏡, つっこんで, つり下げて, つるして, てらすならこれ, とって, とぼした, とぼし河北一, とぼすまで, とめられて, ともさず古風, ともしたと, ともした私たち, ともした麹町, ともしなど, ともし床, ともす始末, とりあげられたやう, どうと, ながめすこし, ながめた, ねらいに, のせた卓子, ぱちんと消し, ぱっと見せる, ひいて, ひきよせた, ひきよせて, ひき寄せて, ひけば, ひっさげて, ひねり, ひねるまで, ひょいと廻し, ふっと吹きけした, ふっふっと, ふつて, ふりかざして, ふんだんに放射, ぶち斬って, ぶらさげて, ぼんやり灯した, ぽつんと一つ, みあげて, みつめたり, みつめて, むけました, もった竹村, もやして, カチリと, カッパラっ, カンカンつけた, ジッと, ツイと, ピカピカやり, フッと, ヨチヨチと, 一つの, 一つシャボン玉の, 一つ拾いました, 一つ消し, 一つ用意させる, 一つ點ける, 一刻も, 一層底, 一時に, 三谷の, 上から, 下から, 下げた小女, 両手で, 二つ消し, 享楽させた, 仏の, 低くさげ, 使うの, 使うよう, 侵して, 倉の, 倒したとき, 借りたに, 借りると, 倹約し, 傍に, 光らせて, 入れそれから, 入れながら, 入れ家内, 其方へ, 再び点し, 凝視て, 出しそうして, 出したが, 出した人出入, 出し葭簀, 出せ, 列ねて, 剪って, 剪つて書を, 動かしたので, 包むの, 包んだよう, 危氣に, 反射させる, 取つて, 取つて蝋燭, 取りつけました, 取り上げた, 取り両者, 取り落すと, 取るより, 取巻いて, 受けて, 受取って, 受取ると, 右に, 吊した新興商店街, 吊して, 向けかえて, 向けるの, 吸い込むよう, 吹いて, 吹き消したが, 吹き消し急ぎ足, 吹き消そうと, 吹ッ消し, 吹消す, 呼びて, 呼ぶ時, 圧え, 地上に, 地面に, 執り詰って, 多く点し, 大事に, 大寺氏に, 天井へ, 奪って, 宙に, 家ごとに, 射出し, 小楯に, 尻眼にかけて, 差しつけられたよう, 差し置きつと, 差入れ象, 差出して, 差置きちらちら, 幾段にも, 庭に, 廊に, 建てよ, 弔りたれ, 引いたり, 引かないで, 引きよせて, 引き勝手許, 引き寄せた, 引き寄せた米友, 引くか, 引くという, 引っぱり下して, 引ッ攫う, 引出して, 引張って, 張りつらね老人, 張り替えて, 待ちも, 復た, 忘れちゃ, 惜し気, 意味も, 懸けたの, 懸けたり, 戸棚へ, 手繰って, 打ふり, 把らせ, 投げるよう, 投げ棄てるよう, 抛り出して, 抱いて, 抱えるよう, 担ぎまわって, 拾ひ上げ, 持しまま, 持たねば, 持ち変えた時, 持ち廻って, 持ち運び燈火, 持ったか, 持ったこの, 持ったまま, 持った子供, 持った珠玉, 持った老人, 持ってて, 持つこと, 持つた奴, 持つた巡査, 持つてあつ, 持つ手, 持てば, 持直す途端, 指さした, 挑げ筆とり, 振つて騷ぎ, 振り仰いだ, 振り照らして, 振り翳したり, 振り翳して, 捧げて, 捧げ行水, 捩つた, 据えて, 据ゑつけ, 捻じる響, 捻ると, 掃除した, 掃除する, 掛けた料理茶屋, 掛け発句地口, 掛ならべた, 探した, 措いて, 掲げたので, 掲げたる方, 掲げた料理茶屋, 掲げ各, 掻き立てて, 提げたまま屏風, 提げ帳場, 揺き消せば, 携え秋草, 摺らして, 支配する, 断つて, 明けの, 明るくした, 映しいろいろ, 時々つけ, 時雨の, 暗く揺りうごかした, 有明の, 朧ろに, 枕元において, 桝の, 横に, 横町の, 橋の, 正面に, 残したほか, 水に, 水の上に, 波に, 浪費し過ぎる, 浴びて, 消さずに, 消さなかったの, 消されて, 消しうす赤い, 消しそびれて, 消したあの, 消したが, 消したと, 消したら, 消したらしく少し, 消したりなんか, 消した二階, 消した室内, 消した暗い暗い, 消しといて, 消しなさい, 消しますから, 消しナイトテーブル, 消しフローアスタンド, 消し眼, 消すからと, 消すため, 消すので, 消す事, 消す息, 消せ障子, 消そうという, 漸くふつ, 灯けつ放し, 灯し候, 点けたついで, 点けたやう, 点けた儘, 点けた女, 点けっ放し, 点けました, 点けまず, 点けません, 点けろ, 点しあるいは, 点したには, 点し了, 点し寝床, 点し立膝, 点じたごときありさ, 点じ天下公衆, 点じ男女絡繹, 点す, 点検し, 点滅し, 焚き捨てて, 焼き捨てて, 焼毀し, 照す, 照らしたまま, 照らし東西南北四方, 燃し毎, 燃やしたり, 燦と, 片寄せて, 狙いに, 独占した, 狹み, 献ずる富者, 現せる他, 用いたという, 用うる, 發明し, 白昼の, 目指して, 真正面から, 眩しくつけ, 眼近く引き下し, 知らなかった, 知らなかつた, 砕き油, 移し第, 空へ, 突附けた, 立てて, 立てら, 端の, 細々と, 細めた行燈, 縁において, 繞って, 置いたところ, 置いて, 置くため, 翳したので, 翳す, 腰に, 自分の, 船頭から, 若者の, 荷った, 荷揚げ荷おろし, 薄暗くしちまっ, 衝と, 裡に, 覆し畳, 見あげて, 見あげながら, 見たこと, 見たら福田旅館, 見た瞬間, 見つけること, 見つめた目, 見てから, 見なおした, 見る, 見るに, 見るよう, 見出した, 見出すと, 見直して, 視た, 覗いた, 覗かないとは, 許さず飯, 調へ, 調べて, 貰った, 買おうと, 買った人, 買ひととのへ, 貼りながら, 贅沢に, 起すと, 蹴る棚, 蹴倒して, 身に, 軒先へ, 載せながら, 近くよせ, 返すの, 退かせるの, 逆に, 造ろうよ, 道路に, 部屋の, 釣らせぬ分別, 釣るしたおでん屋, 閑却し, 附けようと, 降したり, 隔てて, 離れたので, 電燈を, 頼りに, 風呂敷で, 驕って, 高々と, 高く差, 鴨居の, 黒く蔽っ, 點け, 點けたり, 點けても, 點じた, 點す, 點ずる頃鹿野山宿に

▼ 燈~ (1399, 15.9%)

95 ついて 30 消えて 26 点いて 24 ついた 20 ともって 13 煌々と 11 消えた, 見える 10 ある, パッと, 点って 8 ついてから, 灯って, 點い 7 あかあかと, 消えたの 6 ともった, 一つ点い, 出て, 灯い, 置いて, 見えた 5 あった, つく, 消されて, 輝いて

4 [14件] あって, さがって, だんだん大きく, ついたり, つきました, まるで千, 一度に, 一時に, 下って, 光って, 明るくつい, 見えて, 見えると, 青白く立派

3 [24件] ちらちらし, つかない, つくと, なかった, ぼんやりと, またたいて, ポツリポツリと, 一つ, 一つつい, 倒れて, 光つてゐた, 急に, 懸けて, 明るい, 明るく点い, 明滅し, 明滅する, 来て, 消える, 点く, 照らした, 眼に, 部屋の, 點く

2 [74件] あちらこちらに, うつくしく規則正しくあらはれ, うつくしく規則正しくあらわれ, かかって, かがみに, さす, しょんぼり点っ, すっと消えた, それらの, ついたころ, ついてる, ついてるけれども, つくの, つく頃, つけられて, ともり, ともる, どうした, ないの, なか, ぱっとついた, ひかりほとんど, ぶら下って, へんに, ほのめき始めた頃, ぼんやり往来, スッと, フッと, 一つある, 一つ硝子戸に, 上の, 光を, 変に, 天井から, 小屋の, 幾つも, 明るく点き, 明るのみ, 映って, 昨夜の, 昼の, 暗くて, 樹の, 消えてるな, 消えると, 消えるの, 消された, 消して, 漏れて, 点いた, 点いたの, 点ったり, 目に, 真昼の, 眩しく映る, 眼の, 秋の, 空しく標札, 突然消えた, 立つて, 立てられて, 細長い螺旋棒, 置かれて, 落ち, 螢火ほどに, 見えたので, 見えるよう, 部屋を, 鉄の, 階上にも, 音も, 馬鹿にくらい, 驟雨の, 鬼火の

1 [769件 抜粋] あかるいほど, あかるくても, あかるく吊され, あちこちに, あっちで, あつくるしく赤, あつて, ありますけれど, ありますね, あり同じ, あるから, あるそれで, あるな, あれば, いさり火, いたるところ, いつか瞼に, いま移転し, いやに, いよ, うごくという, うすく映つ, うつし出した光景, うろつく湯気, おぼろに, お互, かがやいて, かげを, がやがや騒い, きらめく, きらりと, くくり付けられ手, くっきりと, これだけ, こわされた機械類, さし外, さびしく点れ, しだいにうす暗く, しょんぼり点いた, すうっと, すえつけられ二名, すぐに, すつと, すなお, すッ, ずらりとお茶屋, そこで, そこらの, そのたび, その下, その時, その晩, その貧しい, ただ一つ, ただ一つ覚束, たつた一とつ, ちやうど, ちらちらしだす, ちらちらと, ちらほらと, ちらほら点初め, つ, ついたかと, ついたせい, ついたぞ, ついたとき, ついたばかり, ついたばかりの, ついたよう, ついた時, ついてるの, ついてるので, つかないこと, つかないつかない筈, つかないもの, つかなかった, つかなくて, つきながら, つきます, つきません大通り, つき放しに, つくところ, つくには, つけっぱなしに, つけて, つけられると, つるして, てらして, とぼつて, ともされたまま, ともされた時, ともってるその, ともりそして, ともりどこ, ともり人, ともり夜業, ともり家々, ともり対岸, ともり私, ともり赤い, ともり音, ともると, とりつけて, とりつけられ頭, とろんとにぶく, どうしてもおくれる, どうも生き, どんなに明るく, ないと, ないもの, ない界隈, なかつた, なくては, なぜか, ならびきれい, なんにも, のって, はやり始めて, ばたばたと, ぱっとともった, ぱっと点いた, ぱつと点いた, ひいてなかった, ひかり洋服, ひかれること, ひきこんで, ひとつびとつ消え, ひどく間, ぴかぴかと, ふっと消え, ふつと, ふと眼, ぶらんとかかった, ほしいくらい, ほそい眼, ほの暗く灯つて, ほんのり點, ぼうッと, ぼっとともっ, ぼつぼつあつ, ぼつぼつ点い, ぼんやりした, ぼんやりつい, ぼんやり灯っ, ぼんやり点れた, ぽつかりとつい, ぽつりぽつりついてる, ぽつりぽつりと, ぽつんと人影, まず眼, またすつと, またたき庭, まっすぐに, まにあわぬと, まばらで, まばらに, まぶしくかれ, まるで葬式, みな消えた, もうすぐそこ, わずかに, ガス燈や, ガランと, キラキラと, キラキラ新しい, シェードの, チョイチョイ見える, チラチラ綺麗, チラツイて, テーブルの, ドツサリ点く, バタリと, パチパチと, パツと, ボッと, ボンヤリと, ポカポカ動い, ポカリと, マロニエの, ランプより, 一つあった, 一つそれから, 一つと, 一つとも, 一つぼうと, 一つも, 一つ一本燈芯で, 一つ上り端に, 一つ他には, 一つ來る, 一つ寺の, 一つ彼女の, 一つ掘り返した, 一つ来る, 一つ燭臺が, 一つ蜜柑箱は, 一つ見え, 一つ陰気に, 一ぱいに, 一個ブラ下っ, 一斉に, 一時消え, 一般に, 一道の, 三つばかり, 三つ咲い, 三つ彼方の, 三つ歩い, 下が, 下の, 不夜城の, 不足で, 両側から, 並んで, 乘せ, 二つ三つしか, 二つ三つ星に, 二つ点いた, 二つ老眼にも, 二年前の, 二度も, 五つ六つあっ, 五燭な, 仄のりと一つ点い, 今も, 今朝まで, 付いたかと, 付いてから, 何となく消えた, 何を, 依然として懸っ, 倒れた石碑, 備えて, 傾いて, 先ず眼, 光つてゐる, 光つて見えた, 光り輝いて, 入りみだれて, 六時に, 冬靄の, 凍った並木道, 凍った雪, 出るか, 出るすい, 別けても, 化けると, 半分夢を, 卓の, 又薄暗く, 及ぶ限り, 反對, 取りつけられ建物, 只一つ灯, 各階の, 吊り下りその, 四方から, 在る, 堤の, 変な, 外を, 多かった, 夜光虫の, 夢の, 大きく弧, 天井へ, 妙な, 宙へ, 客席を, 室の, 室内に, 寂しく夕陽, 寂しさうに照, 寒そう, 射して, 射し外, 少しばかり, 少し遲, 帳面の, 幾個か, 店座敷の, 引かれて, 当って, 彗星の, 影を, 役に立たなくなった, 徐々雨の, 微かに, 微塵に, 微白く, 必要だ, 忠義な, 怪しき流星, 戌刻半, 戸口から, 所々に, 扉を, 打った, 投げたの, 押合って, 挙がって, 掛けて, 揺れ動いて, 明, 明るくなった, 明るくなる, 明るく手, 明るく炉中, 明るく點, 星の, 映えるのに, 映して, 映すから, 映ってるし, 映る暖簾, 映画幕に, 暗いせい, 暗い庭, 暗うございます, 暗くし, 暗くては, 暗くなり, 暗く成ります, 曚然點つてゐた, 月が, 有って, 有ります, 朦然点つてゐた, 朧ろで, 来やが, 柔くついた, 校門に, 棚の, 椿の, 次には, 歩行き出した, 段々暗く, 気に, 沢山ぶらさがっ, 油も, 流れる, 流行り出して, 消えたからこそ, 消えたと, 消えたので, 消えたよう, 消えたわけ, 消えた直後, 消えなかったらわが, 消えました, 消えます, 消え人, 消え去って, 消え残って, 消え皆, 消されてから, 消へ, 淋しくまばら, 深い闇, 湿っぽい夜, 漏れさ, 漏れ慈老鳥, 濛々と, 濡れた果実, 灯された, 灯されて, 灯るよう, 点々と, 点いたが, 点いたり, 点いたん, 点かないの, 点きはじめた時分, 点き始めたとき, 点き白い, 点くだろう, 点くぴいひよろろろよ, 点けられたの, 点け放しに, 点され入口, 点しては, 点ぜられるので, 点つてゐた, 点りその, 点る, 点れて, 無く中天, 無気味な, 煌々として, 煌い, 煤けて, 照し, 照らしだされ警視庁, 照らして, 燃えつづけ墓, 燃えひろがったの, 燦きはじめ, 燦然と, 燦爛たる, 珍しい彼女, 現れ続いて, 畳まれて, 疎に, 白い細い頸, 白くちら, 百合の, 皎, 目まぐるしい旋回, 直ぐに, 相前後, 真赤に, 真黒な, 眩しく紫色, 眺められました, 睡って, 矢の, 破壊され, 硝子の, 移入された, 空しく四辺, 突然パッと, 突然消える, 立連り, 紛失し, 細々と, 美しいではござりませぬ, 自分の, 落葉が, 葬の, 蒼白いそして, 蒼白い世界, 薄ぐらく曇る煙り, 薄明るく, 薄暗くともっ, 薄暗くなる, 薄暗く点い, 薄暮の, 蛍の, 街を, 装飾一遍とな, 見えたから, 見えたが, 見えたの, 見えだすだろう, 見えなくなると, 見えませんか, 見えるから, 見える筈, 見え始めた, 見つかつ, 見られた, 見附らない, 覚束ない, 赤く火, 赤く輝い, 蹴仆, 軍之, 輝きそめた, 輝き出した, 通る三箇, 通る人, 遅いそう, 運ばれると, 過ぎてからよ, 遠くに, 遠く近く明滅, 適当な, 部屋中を, 醜く歪んだ, 釣し, 鈍い光り, 鈍く灯っ, 門の, 門先き, 閃き普段, 附いて, 附けて, 障子越しに, 難破船の, 雪に, 雪の, 雫する, 電光の, 霧の, 霧雨にけ, 靄の, 青く輝き, 青白い長い手, 青白く照, 静かに, 音を, 頭の, 風を, 颯と点く, 黄いろの, 黄に, 黒びかりのする茶の間の, 黙つて上, 點し, 點つてゐた

▼ 燈~ (468, 5.3%)

22 火を 16 灯を 15 照らされて 8 照し 7 てらされて 6 火が 4 照され 3 しないか, すかして, てらし出されて, 向って, 己れ, 灯が, 照しだされ, 照らされながら, 透かして, 顔を

2 [29件] かざして, きらめきながら, さらしながら, して, すかす指, すべなしばたたき, なって, なりました, ぼんやりと, 向かって, 圧倒され, 対って, 就て, 映しだされた女, 映って, 油を, 点火し, 点火した, 照された, 照しだされた, 照らされた花, 照らして, 燈を, 片手を, 羽織を, 蝋燭を, 被せた黒い, 蹤き, 透して

1 [302件] あかりを, あるの, あんなよう, いたる各種, いつまで, いろどられて, いろどられ城内城下, うつした唯一, うつむけながら, おしなさいと, おのが, お孝, かえたる影, かえに, かかった, かけて, かんて, きらきら反射, こんな文字, さぐり足, さす針, さへ, したかったと, しまた, しょんぼりし, しょんぼりと, しるこ一杯五銭と, しるせる店, しろ巳之助, すかしながら, すると, その人, ちょうど灯, つけて, つづいて, つられたもの, つられ入り込んで, てらされた雪, てらされながら, とびつく夏, なされましては, ならない前, なり飛脚, なれた眼, ひかる鏡, ひたりと, ひらく, ほのかに, ほのめいて, ほやかに, ぼんのくぼ, まざまざと, まばゆく照らされ, みいって, めくるめき, わく絃歌猥笑, わびし夜寒, 一挺消さない, 一瞬間輝いた, 一重瞼の, 丁字頭が, 三味線の, 丸味を, 人は, 仕掛けが, 仕組み今後, 代って, 代つた, 代へん, 仰向けに, 伸掛る, 似たる平家, 似た流行, 似て, 使い馴れた覆い, 俗に, 俯向い, 先を, 光って, 光らせながら, 光りながら, 光り枕時計, 光る刀, 入らなければ, 入れるもの, 写し出されて, 凭れて, 出て, 刀の, 反射する, 取替えたれば, 取替えました, 向けて, 向つて, 向直る, 吸はる, 吸ひ込まれる, 吹雪かがやく, 圓朝の, 変えたり, 変ってからも, 変り電燈, 夢の, 大きい蛾, 女の, 妨げられて, 宝石輝く, 寒々と, 寫つた美人の, 対う, 小さい虫, 小袖を, 嵐を, 平和は, 幾たびか, 廻転した, 引較べ, 強烈な, 弾ね, 当って, 当る開閉器, 彩られて, 影が, 影を, 微かな, 心を, 慕いよるの, 手を, 手紙を, 描かれた芸人, 換えて, 換へて, 擦寄り擦寄り, 数多い葉, 斃ちた, 新しい灯, 明りを, 明るい灯, 明るく灯, 明れ, 明和五年丙子の, 映し出されたよう, 映じたり, 映つた姿, 映る, 映るが, 映るコップ, 書いて, 書き換えたの, 書き残して, 木賃と, 来て, 染まり格子格子, 桃色の, 桐花家とか, 次に隅, 止った一疋, 歩みよって, 毒々しくスパイ, 比較された, 比較し, 水茎の, 油が, 沿うて, 注意した, 浮き立たせて, 浮気御免と, 淡く濃くぼた, 清葉は, 灯まで, 点灯した, 照させ, 照らさせながら, 照らされたそば, 照らされたマンホール, 照らされた三つ, 照らされた三人, 照らされた人通り, 照らされた大, 照らされた寝台, 照らされた待合室, 照らされた所, 照らされた散歩道, 照らされた木立, 照らされた板張り, 照らされた汚, 照らされた湯河, 照らされた白い, 照らされた砂利, 照らされた道, 照らされた鉄, 照らされた隣, 照らされた駅名, 照らされても, 照らされると, 照らされるよう, 照らされる人, 照らされゴム, 照らされ一方, 照らされ凍って, 照らされ床の間, 照らされ歩いて, 照らされ群像, 照らしだされたの, 照らしだされた池, 照らしだされた馴染, 照らしつけられた二本, 照らしながら, 照らし出されたガラン, 照らし出された彼女, 照らし出されて, 照らし子供, 照りて, 燻んだ灯, 爪足白く, 父を, 片頬, 珍しく大入道, 現像皿を, 瓦斯燈から, 用いて, 異ならず百座, 白い手, 白い蛾, 盛りの, 目籠の, 真向きに, 真白な, 眩しいので, 眩惑し, 眼を, 確と, 磨き抜いた千本格子, 移し入れました, 移って, 空を, 立ち寄りて, 立てて, 笠の, 算木を, 紫の, 紫紺色の, 結びたて, 続いて, 緑点滴る, 罪は, 美しく照らされた, 羽たたきし, 羽虫の, 翳して, 背き琴瑟, 胸の, 自分の, 興味を, 色を, 蔦の, 薄光る, 蟷螂でも, 行きて, 覆いが, 覆いを, 見えるの, 記されたり, 記して, 謠曲指南と, 赤いシェード, 躍るの, 躓き慌てて, 輝かせつつ, 輝らされた通り, 輝らされて, 輝らされてるその後姿, 辟易した, 迎えられぬ, 近う来た, 近く陣取っ, 追羽子を, 透かすと, 酒肴の, 釣られたの, 釣られわせられたそう, 釣鐘釣り合は, 錆蜈蚣の, 門松の, 限って, 陰湿な, 雪の, 霧の, 青く白露, 非ず, 頬骨高く, 頭を, 頸あしを, 額を, 顔が, 類したあらかじめ, 飛ぶ禽, 飲み歩いて, 飾られて, 鬼氣青し, 麻痺し, 點火し

▼ 燈~ (409, 4.7%)

15 消えて 4 これで, 私が 3 みなまっ青な, 振廻せないよ, 洩れて, 消して, 苦も

2 [19件] あるが, その中, つかなかつた, つけたまま, どうしてもつかない, 動くらし, 半ば消えた, 向けて, 夜の, 寂しき光, 忽ちに消え, 明かに, 昨晩の, 暗かつ, 此處へ, 消えに, 第一, 細めて, 雪ぞ

1 [333件] あたかも奥庭, あっても, あまり明るく, いつの間にか消え, いつも居眠っ, いつも暗い, いまだ点されず, いらぬもの, うばはれ, うれしい一杯, おそろしく薄暗かっ, お化けの, お悦, かんかん明かっ, ここで, さかしまに, さっと明るく, さも侘し, しきりに揺れ, すぐ近く, すこし暗い, すっかり出はらっ, すでに消え, すべてを, そのうし柱, そのまま屋根, その数段, その時, その時闇, その村, その板戸, その白壁, その眼, その露店, それに, それよりも, そろそろ光, たしかにある, だんだん消され, ちらちらと, ちらりほら, ついたが, ついて, つかないの, つかなかった, つかんよ, つきゃせんし, つく, つけずいざ, つけっぱなしで, つけないで, ときと, ときに, ともされて, ともしたまま, ともって, ともる, とろとろと, どうし, どこに, どこについて, どこの, ないかなあ, なくて, なく厚く古い, なんの, ねじ曲げられ樹木, ひとき, ぴつかぴか, ほのかに, まざまざと, まず消す, またわかい, また二ツ, まだつけた, まだなかつた, まだまばゆい, まだ来ない, まばゆい蒼孔雀, まるで狐火, みなまつ, みな古風な, もう消え, もう消し, もちろんうす暗かっ, もとよりその, もはや油, よく見る, よほど熟し, よろしいな, アカアカと, エネルギーを, カタカタ寂しい, カツカと, カーテンを, ガス燈の, サッとともった, ションボリと, スッと, バック, パツと, パリーだ, フッと, ランプで, 一そう暗く, 一つも, 一と, 一ツも, 一列とまり, 丁子が, 三百燭の, 世界で, 世間に, 久世山の下にか, 乍ち, 二三度明滅した, 云うも, 人を, 仄かに, 仄暗い, 今こそと, 今しがた点け, 今なお, 今なほ永平寺に, 今にも振り落され, 今までの, 何かの, 何と, 何事も, 何人か, 何処の, 何処へ, 何時もの, 何燭だろう, 停電する, 傘ばかりにな, 僕の, 先刻加奈子が, 光の, 光を, 光力が, 全く消え, 全部消し去られ, 公然と, 其邊を, 出居, 切りに, 切子硝子で, 前の, 動きは, 務の, 化粧机の, 十間ばかり, 半兵衛の, 只, 吹き消したの, 唐船入津の, 唯だ, 四角上に, 地獄の, 坐敷, 坑夫の, 墨の, 夜汽車の, 大きな音, 大藪の, 失はれ, 季節を, 完全に, 宙に, 客席の, 寂しそう, 實に, 少くとも, 少し暗, 少し暗く, 少し艶めかしく枕屏風, 少し遠, 左の, 希薄な, 幾多の, 店だけの, 当てて, 影の, 彼女が, 御祖師花, 微かに, 微塵に, 微紅く, 微赤く, 忽ち大地, 忽ち消え, 怎し, 息を, 懐しいもの, 我々を, 我が左舷, 或は水中, 手前が, 手渡した, 持たずとも, 持って, 持ッて, 捧げられた二人, 揺れて, 文字と, 断れた, 旅館から, 明, 明し大蔵経, 明し大藏經, 明らけし女童を, 明るかった, 星にも, 春の, 暗いが, 暗かった, 暗く沈鬱, 暗く波間, 暗く街, 暗し数行虞氏, 暗し某, 暮迫る, 曇って, 朝鮮を, 木枯しの, 未だに暗い, 未だ白かっ, 杜陽の, 東南の, 柳に, 棚引く烟, 此処へ, 母屋を, 気の, 江口の, 沈んで, 油なけれ, 油尽き, 油煙に, 活躍を, 浮きあがる, 海に, 消えかけて, 消えた, 消えたん, 消えた爾, 消えなかった, 消えるし, 消え両側, 消え窓, 消されて, 消したまま, 消滅し, 涙に, 淋しそう, 火さへとも, 火を, 火屋の, 灯の, 炭車の, 点いて, 点けたそう, 点けたまま, 点けて, 点火した, 無しランプ, 煌々と, 煤と, 燈りつづい, 燕を, 牛鍋の, 瓦斯な, 男と, 発明され, 皆消し, 真向から, 石なんかで, 硝子を, 確かに, 神の, 秘林の, 空く血紅, 空しく天井, 箱火鉢の, 紙を, 細目に, 細長い火蓋, 細長い竹の台, 結構だ, 総に, 脱いで, 膏あれ, 膳の, 自身それに, 船首にか, 花の, 薄暗い光, 薄暗くランプ, 薄暗く青い蚊帳, 薄暗し硝子戸, 藪を, 蚊帳の, 行く先き, 見えで, 視界を, 触らない様, 言ふ, 赤く華やか, 赤く転, 赤に, 足元しか, 路の, 躍りはためくその, 軒より, 軒端を, 軽気球とともに, 輪状に, 遠し手探り, 邸では, 金光の, 釘を, 隅に, 階子段の, 電力が, 霜の, 青い環, 静かに, 題名に, 額を, 颯と夜風, 駄駄を, 點ける

▼ 燈~ (206, 2.3%)

5 ついて 3 点けないで

2 [11件] あって, ついた, つけて, つけないで, なかった, はじまります, ガスも, 明るくされ, 消えて, 灯花に, 点かず夜

1 [176件] ありません, あり又, あり火鉢, あること, あるし, あるの, ある今日, ある火鉢, あれば, いつか消え, いつでも, お花見気分, しぐれます, すっかり消し, すべての, せる油煙, そのため, その時, たしかに, だめ電車は, ちゃんと消し, ちらちら見え, ついてたねえ, つかずなん, つかないこんな, つけずに, つけず仄, つけない室, とぎれた所, とまり警報, ともされて, ともり出した今頃, ない, ないから, ないくらやみ, ないし, ないところ, ないのよ, ないはだかろう, ないもん, ない其頃, ない北備, ない時代, ない真暗, ない軒ランプ, ない電燈, なくただ, なく一旒, なく全く, にわかに華やい, ふわりと, ほの暗く夜ふけ, ぼつぼつしか, ぼんやりと, ぽつり, まだつかん, まだ持っ, まだ灯, まばゆい, まもなく消え失せ, まるでくらく, やっと三分心, やめさせ板, わが彼, アセチリンも, ウチワダイコも, スウィッチを, ネオンサインも, マツチも, 一つや, 一本の, 一緒に, 丁度スポットライト, 三ところに, 三ツ四ツあたかも, 下暗し, 両方共つい, 二つしか, 人の, 仏壇の, 何も, 何事も, 何時もの, 依然として明るけれ, 僅かに, 全く消え, 円卓も, 冬霧に, 凡そ半分, 出来, 切られ真, 動くやう, 却って侘し, 又点きました, 取つたん, 取りつけられてるだけの, 同一遠, 呼吸の, 四ケ月前に, 四谷の, 国道を, 夢を, 大部分, 少しねむ, 布設され, 庄三郎に, 床も, 店飾も, 廻るなり, 引かず, 引かれて, 当代小杉放庵が, 微暗かっ, 持来らず, 明いが, 明しぱっと, 明るかった, 明るかつ, 明るき無料, 暖簾も, 暗い, 暗いわ, 暗い枕もと, 暗かった, 暗くて, 朝鮮人の, 机も, 村へ, 来ないある, 来ないのに, 水の, 水道も, 氷つた, 消えし時, 消えたが, 消えた暗い, 消させた, 消されたとか, 消されて, 消したまま, 消して, 漸く耀きし, 灯さずに, 点けず書き懸けた手紙, 点けたて, 煌々と, 珍しいが, 畳を, 皆一度, 矢張もとの, 稀に, 笠こそ, 美しい床電灯, 羽左衛門を, 肩を, 自身番の, 船の, 草紙の, 荒れわびて, 薄暗いし, 薄暗くむんむん, 薄暗く店先, 蝋燭も, 見えた, 見えない, 見えるの, 親玉号も, 貸せないこと, 軒燈も, 釣りさげられる, 電気も, 電燈も, 顫ひ落ちよ, 飯米も, 鮮やかに, 點けず

▼ 燈~ (114, 1.3%)

4 ぼんやり白い 2 いいますか, 全く同じ, 机の, 瓦斯の

1 [102件] いい人間, いうが, いわず一斉, お空, お蝶, かしこの, けばけばした, さし向い, その前, その種板, どういう関係, なった, なって, なっては, なつた, ぼり心, もう一つ変, もう一本, もしこの, もし前, よぶ燈具, アスファルトばかりが, ガスが, ケーブルと, サイドの, ネオン燈とが, ラムプを, ランプとは, ロウソク明り, 一しょに, 一所に, 一緒に, 三階の, 下駄を, 中和する, 云うの, 云う形, 今青い, 佩剣の, 凍った雪, 動揺の, 取替に, 取極めたんでさ, 同じくただ, 同じよう, 同じ赤い, 塩那電気中央電気と, 天ぷらといふ, 好対照, 寂しい舗石, 対向いで, 小学校とは, 左舷の, 店の, 彩りたる燈籠, 思ったの, 怨霊の, 手燭と, 書いた灯, 格子の, 槌を, 武力を, 漢時代に, 焚火の, 煙草盆と, 燗鍋の, 燭台とを, 燭臺と, 特別に, 瓔珞を, 瓦斯と, 神楽ばやしに, 称せしなり, 空の, 箪笥を, 緑と, 而し, 草履ぢや, 草履と, 莨盆や, 葭簀を, 蒼に, 虫声の, 蚊やり, 街燈との, 街路の, 言って, 言つては, 貧者の, 賑やかな, 軍服の, 道の, 釣鐘の, 釣鐘釣合が, 陳列目録と, 雑嚢を, 雪女, 電話の, 順序よく並ん, 顔との, 顔を, 食台と

▼ 燈~ (113, 1.3%)

6 照らして 3 照し 2 あつた, 見て, 読んで, 道を

1 [96件] あおい水の, あなたの, いけませんか, うしろを, お岩, しらべて, すいて, その天井板, それらの, だんだんに, ぼんやり照らされ, まじまじと, よく私, コギイデナと, ストーヴを, 一パイである, 両側が, 中を, 中空へ, 二三の, 二階から, 互の, 享和年間には, 仕舞風呂に, 光って, 兵馬が, 円髷の, 写したシルウェット, 列車の, 十分検べた筈で, 地下室のも, 執念深く捜しまわっ, 塔婆を, 多くの, 夜を, 室の, 室内を, 寝るほど, 巣に, 左右を, 彼方此方を, 打ち壊して, 拡大し, 持って, 指し示した, 映し出された像, 映すならば, 昼間より, 時々海鼠壁, 時計を, 朧の, 森の, 樹にも, 歩いとったの, 殺して, 海底を, 海面より, 無く松火, 照され, 照された, 照し出された, 照し出した, 照し出したる, 照す, 照らされた, 照らされた庭園, 照らしたの, 照らしたほど, 照らしたり, 照らし内部, 照らし渡る様, 照明を, 物凄かった, 男の, 白い幕, 眩しいほど, 示されたり, 祭壇の, 糸車を, 美しく装飾, 腕時計を, 自分の, 自分を, 草双紙の, 血の, 見えた, 見たこと, 見たその, 見たの, 見ると, 調べる位, 足許を, 透かし見る, 部屋の, 釣って, 降って

▼ 燈~ (54, 0.6%)

2 提灯が, 蝋燭に, 蝋燭を

1 [48件] その上, それから屋敷, はでな, ゆかしき奈良, イルミネーションを, シャンデリヤの, ビラ絵を, プログラムを, モールで, 乗物を, 人家の, 人影は, 傘など, 傘へ, 写真装置や, 外側が, 子どもの, 宿屋の, 幕で, 後の, 手燭を, 提灯や, 木戸口でなく, 枕行燈を, 枕許の, 棒が, 活動寫眞を, 消えし眼, 燭台が, 瓦斯が, 瓦斯の, 目籠の, 窓から, 糸車の, 紅帋金箋の, 紅青紫の, 縁日商人などの, 蝋燭なんぞを, 蝋燭立などが, 赤と, 造花を, 鍋や, 電気燈の, 電熱器の, 電燈に, 電車が, 飾り窓や, 髭題目を

▼ 燈~ (43, 0.5%)

2 がつい, が見えた, の下, をつけ

1 [35件] がついた, がつく, がはい, がはひつ, が動く, が外, が来た, が灯っ, が点りだし, が赧茶けた畳, となったら, に反, のこと, の影, の必要, の映し, の洩れよう, の流れ, の消える, の白, の真下, の見える, は思ひ, は灯, も差上げなかった, を入れ, を受け, を持っ, を消さう, を消し, を消した, を点け, を睡むそう, を立て並べ, を見た

▼ 燈~ (34, 0.4%)

3 ていた 2 それを

1 [29件] あかしに, たり火桶, ておいた, てそれ, ては書, てもすぐ, て寝, て平然, て歩い, て殿内, て真っ黒, て私, て窓, て行く, ながら自, びのかぼそさのやうに死ぬ, 天守の, 油が, 油さえ, 油ぢや, 油に, 火は, 火を, 灯が, 灯と, 蛇身の, 連らね, 門の, 頃の

▼ 燈には~ (31, 0.4%)

2 酒屋らしい, 雪の

1 [27件] きまったよう, ならない時分, まさしく, まだ灯, 何と書い, 冷やかに, 及ばずとも, 四條の, 夜の, 大坂の, 太い筆つき, 守宮が, 山崎として, 明りが, 残りなく, 火が, 灯が, 瓦斯の, 絹の, 老師の, 苦心しました, 薄墨で, 虫が, 血らしい滴り, 酒の, 黒い布, 黒字で

▼ 燈会社~ (30, 0.3%)

3 の技師 2 と駒形堂, の工夫

1 [23件] から素人俳優, が一割, が成立つ, が職工工夫, だかに, でも都会, で首, にある, にたのん, の出張所, の創立, の太い, の建つた, の技手, の挙動, の沿革, の社員, の集金人, はそういう, は此杉林, へたのん, へ電話, 拠りて

▼ 燈でも~ (27, 0.3%)

1 [27件] あったらと, ありましたかね, あるかの, かけます, かけるのに, して, つきそう, つきつけられたやう, ともして, ないが, ないのに, なければ, ふたたび燈, ふやせば, 併用すれ, 勿論暗い, 叩きこわすと, 引外し, 昼間の, 来れば, 火を, 灯さなければ, 点いて, 点けるだ, 点ずる時, 町通りでも, 飛行機でも

▼ 燈~ (26, 0.3%)

4 火を 3 灯を 2 向って, 眼を

1 [15件] ちょっと何, ぶっつけて, カチカチと, 一筆墨を, 上げた, 中から, 伸ばした, 何か, 幻燈から, 引き出したの, 手燭の, 段木を, 灯が, 移そうと, 翳して

▼ 燈から~ (24, 0.3%)

2 離れて

1 [22件] さす光, さほどにも, して, とうすみ, カンテラ三分心, レンズその, 五六歩離れる, 円く落された, 出て, 出る薄い, 取った赤い, 子蜘蛛が, 滲出す, 発火した, 眼を, 脱け, 落ちて, 落ちる光, 豆電燈が, 軟かい光, 隠れて, 電燈にと

▼ 燈って~ (19, 0.2%)

7 いた 2 いる, いるだけ 1 いなかった, いながら, いるが, いるの, いる石燈籠, いる赤い小さい, おりました, 居るです

▼ 燈という~ (16, 0.2%)

3 ものが 2 のは, ものは 1 ことが, ものだった, ものを, 三字が, 三字これを, 原則は, 名ばかりの, 大役を, 新しいいっそう

▼ 燈~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] お三輪, からそれ, が近所, これを, そうです, ぞよ, ということ, とも云います, と思った, と言った, ね, よ余り

▼ 燈部屋~ (13, 0.1%)

1 [13件] では, でも苦しく, と見た, に一週間, に乱れ箱, に隣れる, の中, の抜き, の片隅, へでも下りる, へほうり込まう, へ漬け, を密

▼ 燈にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] たれて, ぼんやりと, 大小数々の, 恍惚と, 景気づい, 火が, 炉端に, 白山氷が, 薄青い, 装飾を, 霜枯れ三月の

▼ 燈ばかり~ (11, 0.1%)

2 こうこうと 1 あり, でそ, なの, なので, 人っ子ひとり通らない, 明らかな, 明るくて, 煌々と, 瓦斯の

▼ 燈一つ~ (10, 0.1%)

1 が長い, だけがビール, だけであります, ないその, に附着, を店先, 灯って, 見えない, 見えなかった, 見える一つ灯

▼ 燈器械~ (10, 0.1%)

1 と数十, なの, の一つ, の箱, はあの, は普通玩具屋, は直ぐ, もいつ, や電池, を作ろう

▼ 燈返し~ (10, 0.1%)

3 の仕掛け 1 が用いられ, だ, で無く, にくるり, のため, をする, を塞がれ

▼ 燈さげ~ (9, 0.1%)

6 て盛り 3 てちよこちよこ走り

▼ 燈され~ (9, 0.1%)

2 ていた, ている 1 その明るい, て居る, て廊下, 正面の, 雨の

▼ 燈だけが~ (8, 0.1%)

1 かんかんと, ぽちり, ます, ボンヤリと, 扉の, 明るいが, 果も, 艶めかしい

▼ 燈だの~ (7, 0.1%)

1 アダリン錠の, 火だ, 白木の, 花の, 莚だ, 雁首だ, 雁首などは

▼ 燈~ (6, 0.1%)

2 行燈か 1 どちらだ, 亭主の, 思ふたよ, 襖の

▼ 燈~ (6, 0.1%)

1 うした好ん, さぐる夜な夜な, しむくるより, つぱりした夜具, へ一点燭, へ無い

▼ 燈です~ (6, 0.1%)

1 か, から宰八爺さん, があなた, その燈, よ, よと女中がい

▼ 燈では~ (6, 0.1%)

1 それが, ない, なかった, 古びた, 旦那様の, 浅葱に

▼ 燈といふ~ (6, 0.1%)

1 のが, のは, ものが, ものを, やうに, 治療を

▼ 燈とも~ (6, 0.1%)

1 さる, しけり, つた, つづいて, 手燭とも, 蝋燭とも

▼ 燈ともし~ (6, 0.1%)

2 頃に 1 ころの, て待ち, て置い, 頃大森の

▼ 燈のみ~ (6, 0.1%)

2 淋しく遠く光つて 1 いと瞭, なり, 赤く変り, 黄っぽい

▼ 燈~ (6, 0.1%)

1 と人間らしい, と彼, ものだ, ように, 十燭の, 深夜の

▼ 燈行列~ (6, 0.1%)

1 があり, です, で赤坂付近, の火, をし, を過ぎ

▼ 燈がと~ (5, 0.1%)

3 もつて 1 ぼりその, もらう

▼ 燈さえ~ (5, 0.1%)

1 つけば, また昨夜, 光が, 点いて, 点せば

▼ 燈した~ (5, 0.1%)

1 しげに, って心, のだろう, やうに, ように

▼ 燈つけ~ (5, 0.1%)

2 たり馬鈴薯 1 ちゃ駄目, て戸外, て高

▼ 燈とか~ (5, 0.1%)

1 で明るい, ランプとか, 三井三菱なんかに, 人間の, 大応

▼ 燈とが~ (5, 0.1%)

1 お互に, 下って, 同時であり, 満楼, 衝突する

▼ 燈とを~ (5, 0.1%)

1 かぞえて, 取出そうと, 持ち込んで, 整へて, 見受けるもの

▼ 燈と共に~ (5, 0.1%)

1 この幻, 我々の, 手が, 近付いて, 郁次郎の

▼ 燈など~ (5, 0.1%)

1 であった, 引受けが, 持ち出したン, 点して, 高く掲ぐといへども京町

▼ 燈などを~ (5, 0.1%)

1 あつめて, 掛けつらねた露店, 点じ門, 知ると, 見て

▼ 燈みたい~ (5, 0.1%)

2 なもの 1 な頭, にぼうっと, にグラグラ

▼ 燈より~ (5, 0.1%)

2 榾火の 1 これだけでも, 貧者の, 高い所

▼ 燈かげ~ (4, 0.0%)

1 が樹間, が溢れ, には霜, に弱

▼ 燈ごろ~ (4, 0.0%)

1 からちょうど, から蠣殻町, にそこら, になっ

▼ 燈された~ (4, 0.0%)

1 あとに, 大きな広間, 火が, 甲板の

▼ 燈しか~ (4, 0.0%)

1 つけて, ともって, 献ずること, 用いなかったが

▼ 燈~ (4, 0.0%)

1 とみえ, のでありました, 灯, 雛まつりの

▼ 燈だけは~ (4, 0.0%)

1 ついて, 借りて, 夜明し点け, 明るい

▼ 燈つて~ (4, 0.0%)

1 ゐた, ゐたといふ, ゐました, ゐるやう

▼ 燈との~ (4, 0.0%)

1 世界であった, 間の, 関係は, 雛型が

▼ 燈~ (4, 0.0%)

1 のだ, のです, ので御座います, んだ

▼ 燈なし~ (4, 0.0%)

1 だったし, でもその, に出歩く, に夜歩き

▼ 燈などが~ (4, 0.0%)

1 かためて, 何じゃ, 取り附けられて, 置いて

▼ 燈などは~ (4, 0.0%)

1 すでに百数十年, もうわれ, 割合に, 普段より

▼ 燈まで~ (4, 0.0%)

1 これと, ぼっと光, 人に, 差上げて

▼ 燈よりも~ (4, 0.0%)

1 ランプが, 人間は, 明るい月, 石油の

▼ 燈~ (4, 0.0%)

1 三等, 二階, 消シ, 燃ヤスノ人身トナルコトヲ得タリ

▼ 燈入り~ (4, 0.0%)

1 ぬれば, の地口行燈, の提燈, の時計

▼ 燈工夫~ (4, 0.0%)

1 が天井裏, が来, ぐらいしかありません, のあと

▼ 燈あれ~ (3, 0.0%)

3 は日がけ

▼ 燈いま~ (3, 0.0%)

3 流行らねど

▼ 燈こそ~ (3, 0.0%)

1 ついて, 明治文明の, 船中に

▼ 燈その~ (3, 0.0%)

1 ほか客間茶室記帳場, ま, 頂きの

▼ 燈だけ~ (3, 0.0%)

1 八五郎は, 明るい, 高い処

▼ 燈だけを~ (3, 0.0%)

1 ポッと, 残して, 点け放して

▼ 燈だつた~ (3, 0.0%)

1 し, し後, ので近頃余程

▼ 燈だろう~ (3, 0.0%)

1 かそれとも, からね, などと江戸

▼ 燈とともに~ (3, 0.0%)

1 土地の, 描き出されなければ, 水に

▼ 燈などの~ (3, 0.0%)

1 ないほう, 下に, 出来なかつた時代

▼ 燈なども~ (3, 0.0%)

1 いちいちスイツチ, その十年前, そんな場合

▼ 燈なんか~ (3, 0.0%)

1 いらないの, 何処にも, 見ちゃ

▼ 燈に対して~ (3, 0.0%)

2 何の 1 久しく黙した

▼ 燈ばかりが~ (3, 0.0%)

1 歩いて, 目に, 笠から

▼ 燈ひとつ~ (3, 0.0%)

1 の照らす, またたきに, 点けずとも

▼ 燈ほのめかし~ (3, 0.0%)

3 て小吉

▼ 燈をと~ (3, 0.0%)

1 つてし, 思う処, 細い声

▼ 燈ランプ~ (3, 0.0%)

2 が輝い 1 ヲ外シテ

▼ 燈一人~ (3, 0.0%)

1 で読書, はありがたい, はうれし

▼ 燈喇叭~ (3, 0.0%)

1 が鳴つ, が鳴り, は夜風

▼ 燈左舷~ (3, 0.0%)

3 に紅燈

▼ 燈持ち~ (3, 0.0%)

1 がそれ, て門, はアアメン

▼ 燈明るい~ (3, 0.0%)

1 家庭, 眞砂町の, 真砂町の

▼ 燈暗き~ (3, 0.0%)

1 夜寒かな, 汽車の, 町を

▼ 燈機械~ (3, 0.0%)

1 なの, のある, を据えつけ

▼ 燈賽ころ~ (3, 0.0%)

3 振る事

▼ 燈阿闍梨~ (3, 0.0%)

3 の位

▼ 燈あかく~ (2, 0.0%)

2 山を

▼ 燈~ (2, 0.0%)

1 ている, はゆる

▼ 燈がとも~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて居ります

▼ 燈きえ~ (2, 0.0%)

1 たりつい, て雪あかり

▼ 燈しろく~ (2, 0.0%)

2 かかぐる家

▼ 燈じゃ~ (2, 0.0%)

1 ごぜえ, ないわ

▼ 燈そして~ (2, 0.0%)

1 湖水からでも, 金五郎が

▼ 燈そのもの~ (2, 0.0%)

1 がない, が化け

▼ 燈だって~ (2, 0.0%)

1 初めてここ, 消さないつもり

▼ 燈つく~ (2, 0.0%)

1 や竹, ように

▼ 燈である~ (2, 0.0%)

1 か又は, ことが

▼ 燈とな~ (2, 0.0%)

1 せり, せるなり

▼ 燈とは~ (2, 0.0%)

1 ちがうの, 妓の

▼ 燈ともり~ (2, 0.0%)

1 をり, 町桜

▼ 燈によって~ (2, 0.0%)

1 賊の, 連絡する

▼ 燈はと~ (2, 0.0%)

2 ぼりを

▼ 燈までが~ (2, 0.0%)

1 安値に, 電圧が

▼ 燈~ (2, 0.0%)

1 つつある, てえな

▼ 燈もっ~ (2, 0.0%)

2 てい

▼ 燈を以て~ (2, 0.0%)

1 今の, 白帆会が

▼ 燈カバー~ (2, 0.0%)

1 に気味悪く, の細工

▼ 燈コード~ (2, 0.0%)

1 による絞殺死体, に残っ

▼ 燈ラッパ~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 燈一個~ (2, 0.0%)

1 の光, を同じく

▼ 燈一鉢一人~ (2, 0.0%)

2

▼ 燈二つ~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 燈何だか~ (2, 0.0%)

2

▼ 燈右舷~ (2, 0.0%)

2 に緑燈

▼ 燈夜空~ (2, 0.0%)

2 薙ぎゆく墓地

▼ 燈掃除~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 燈提げ~ (2, 0.0%)

1 たり, て出

▼ 燈明滅~ (2, 0.0%)

1 すること数次, の意味

▼ 燈時代~ (2, 0.0%)

1 の進歩, を語つて

▼ 燈時刻~ (2, 0.0%)

1 が過ぎる, まで婦人舎

▼ 燈水道~ (2, 0.0%)

1 そういう当然, と同

▼ 燈淋し~ (2, 0.0%)

2 気に

▼ 燈瓦斯~ (2, 0.0%)

1 の光, の晃

▼ 燈背負い~ (2, 0.0%)

1 のよう, の日傭取り

▼ 燈輝く~ (2, 0.0%)

1 大広間の, 溜間には

▼ 燈~ (2, 0.0%)

1 に消, の萬燈

▼ 燈高く~ (2, 0.0%)

1 か, かかりて

▼1* [289件]

あかあかと入り, 燈あかき街の, 燈あかるき船から, 燈あてていらっしゃいます, 燈あまねく点きたれど, 燈あまり安心の, 燈あり南を, 燈あるのみ, 燈あるいは鳥籠の, 燈いつも賑ふ, 燈いとなつかしく美, 燈うつつなく見, 燈かかげて樹下, 燈かけて萩, 燈かと思ひ違, 燈かはだか, 燈かりて夜鋸山, 燈がはひつて, 燈がばッば, 燈がわりにその, 燈くらゐは, 燈くらいの寄進なら, 燈くらき夜など, 燈この常夜燈, 燈さえもない闇, 燈ささげ候えば, 燈さし出して誇, 燈さてはまた霜, 燈さぬのか, 燈さねば青き, 燈されはじめている, 燈さんと云, 燈さんわたしあなたに, 燈しきって油, 燈したるものが, 燈じじと燃え, 燈すようにし, 燈すらも女には, 燈するのは, 燈す家がある, 燈す者もなかっ, 燈せない村だった, 燈その他のいろんな, 燈その間を流れ, 燈それにつけ, 燈それだけは懇願, 燈それらを乗せ, 燈たしかに見ゆる, 燈ただ一つをたより, 燈たるべきものなり, 燈だいぶ落ちついて, 燈だけの一隅と, 燈やない, 燈ったら一同これへ, 燈つかず古風な, 燈つきつけてやるんでした, 燈つけず炉の, 燈つけんともせず, 燈つけ舷燈携えなど, 燈であったりする, 燈であったがお, 燈であろうとただ, 燈でさえが無聊と, 燈でなくてガス燈, 燈といしぶみ, 燈とかにみるよう, 燈としては蓋し琉球, 燈とに対して如何に不思議, 燈とまで進んで, 燈とめられちゃッたん, 燈ともす比なり, 燈ともる車井戸, 燈とやらにこの傷, 燈とりどりにふりかざし, 燈なおして下, 燈なければあなた, 燈なぞいうもの, 燈なぞも置いて, 燈などと云われて, 燈などという飾り物は, 燈などとさえ云う者, 燈なまめかしき帳の, 燈なら此の, 燈なりいかようとも, 燈なるべく当時は, 燈なれば被, 燈なんかのないのっ, 燈なんぞ持って, 燈なんて趣味の, 燈についても同様である, 燈にて駿河家の, 燈にては不可能の, 燈にと絶えず明る, 燈ににほへば, 燈にまつわる雪の, 燈に対し応えるよう, 燈に対してもお鹿, 燈に対する寺の, 燈のせゐかななどと不審げ, 燈のみが消えなん, 燈のみは十年一日の, 燈はっと消ゆ, 燈はなんぞに怯えでも, 燈ばかりの薄暗がりに, 燈ふつてやがら, 燈ふりたてて当る, 燈ほど利便あきらかな, 燈ほどに提燈を, 燈ほのめきて, 燈ぼうと薄, 燈いたうすら, 燈めかした小襖, 燈もたずにお, 燈やが眼に, 燈よりは真赤に, 燈らしい灯の, 燈らしい光りが点い, 燈りつづいて, 燈て続く, 燈ろうそく覆面用の黒布等, 燈をかへし午, 燈をぞ点けたる, 燈をばその前, 燈をも點けず, 燈カサが床の間, 燈カーテンの揺れ, 燈クリスマスを祝う, 燈スイッチが皆, 燈スライドではなく, 燈タングステン燈よろし, 燈トフローアスタンドノ白日ノ下, 燈ニスルトラジオニ雑音ガ交ルト云ッテ妻ヤ敏子ハ当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 燈ニ改メタノモ実ハイツカハコウイウ機会ガ来ルデアロウ, 燈主寂シモ, 燈ヒュウのモシモシ, 燈ホカケヨロコベルウマ酒ノ醉身ヌチメクルモ, 燈リュックの外, 燈一基を門前, 燈一時にこの世, 燈一杯機嫌で早寝, 燈一盞を置い, 燈一般のこと, 燈万能の世の中, 燈三ツ四ツ薄暗き明, 燈下手は梅松, 燈の灯, 燈九本の蝋燭, 燈二つ据ゑて許多の燈心, 燈人造麝香の広告, 燈付きとかいう文句, 燈会社対岸の下, 燈会社社員某氏の名, 燈何んの物音, 燈使ったのや, 燈光照死睡と, 燈入り地図の意味, 燈全体の様子, 燈其邊は, 燈再び赫灼として, 燈写真を見せ, 燈冥利というもの, 燈出すこといまだ, 燈勘定場の両側, 燈されても, 燈十時ときまった, 燈占有のおかげ, 燈反対の意見, 燈恐ラクハ僧ト為テ心了セザルコトヲ, 燈史上忘る, 燈各種の楽器, 燈同様に舁ぎ出し, 燈吹き消し意を, 燈せるよう, 燈国旗満頭飾, 燈國旗滿頭飾をした, 燈に貼りつけた, 燈多くの異なる, 燈夢窓の両, 燈神楽, 燈嫌いなわけ, 燈寂しい人生, 燈には屋形, 燈工業用機械動力をはじめ, 燈差し向けて何者, 燈広告が五六町, 燈応用の製粉所, 燈忽ち滅えて, 燈悉く樹木の間に, 燈懸けた十一軒の, 燈手代風のお方, 燈持ちし若い者, 燈持ってあるい, 燈振り照らしつつ, 燈掃除惣菜の買出し, 燈掛けて燈, 燈掲げて一心に, 燈提灯をともした, 燈新聞社の校正, 燈旗天蓋笙篳篥女たちは白無垢, 燈や行先, 燈明き数々の, 燈明き室あまたあり, 燈明るき山の, 燈明滅二三回に及ぶ, 燈映画へはあまりに, 燈時刻前であったが, 燈時間まで勤務, 燈普及以前露西亜の上流家庭, 燈暗く石山城本願寺も, 燈有明のかげ, 燈松明を振り照らし, 燈柳暗花明の巷, 燈株式会社を創立, 燈桜木の正面上手一面, 燈横町の提灯, 燈沈思黙坐するもの, 燈洋燈の光, 燈浮標につける, 燈消えてこよなき, 燈消しに来し, 燈淺草で買つた五圓, 燈点さぬ微黯, 燈点る頃を, 燈煌々の場内, 燈照明があった, 燈燃えて医, 燈独り眠らず, 燈瓦斯共に用, 燈瓦斯松明が彼夜, 燈瓦斯水道が止った, 燈瓦斯薪炭などの小, 燈瓦斯設備の完全, 燈生活は全然, 燈用いることと, 燈甲板より二十尺以上, 燈な憂欝, 燈空瓶古バケツ, 燈立つ様に, 燈が逐次, 燈管制が今夕, 燈紅くおでん燗酒甘酒も, 燈紅燈の光, 燈紫色の揃い, 燈終夜點ぜず, 燈経机をくずし, 燈結局最後に蝋燭, 燈緑色の灯, 燈編笠茶屋の灯, 燈繼承の大名譽, 燈自動車へ乗せ, 燈茶器杯盤などが狼藉, 燈茶箪笥や長火鉢, 燈菜の花をさした, 燈薄暗いまで屋根, 燈蝋燭なんど點火して, 燈行列是れ豈, 燈装置があつ, 燈装飾のこと, 燈見えたり, 燈見せ物人の顔, 燈見る人の, 燈見返り柳老父の病い, 燈規定の下, 燈計算をやっ, 燈設備をしない, 燈かとゾッと, 燈講談物の古本, 燈貧弱な机, 燈車夫の提灯, 燈軒提灯をかけ, 燈輝いて見返る, 燈輝き船の, 燈輝き出で, 燈部屋みたいで眠つて, 燈部屋裏階子三階見霽, 燈長く波面に, 燈隅々の戸棚, 燈電信の電線, 燈電話料従業員の食費給料, 燈電車のポール, 燈電車等の事業, 燈電鈴にいささか, 燈の海, 燈青い燈の, 燈とかくの, 燈饂飩屋の提灯, 燈鳳燭の光, 燈鶴嘴鋤等を携, 燈黒い水を