青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「男子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

申します~ ~申す 申す~ ~男 男~ ~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子
男子~
男性~ ~町 町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~

「男子~」 2497, 27ppm, 4331位

▼ 男子~ (639, 25.6%)

7 方が 5 する事 4 ために, 本然の

3 [11件] ように, 下風に, 不品行は, 品行を, 奴隷と, 心を, 方から, 方に, 方は, 本懐では, 為めに

2 [38件] すること, そばから, それよりも, 一団の, 一生の, 一言金鉄の, 上に, 中で, 事業として, 事業の, 側に, 初五郎が, 前で, 地位を, 多くが, 天皇を, 女子に, 姿が, 家庭に, 心理状態の, 恥辱だ, 意を, 意気を, 手に, 数は, 方にこそ, 方を, 比率を, 為に, 生涯を, 癖に, 結婚制限, 職を, 胸の, 賃金の, 足手まとい, 間に, 面目に

1 [510件 抜粋] うちには, うち三人も, うち三分の一以上は, かうした瀕死, かたから, こうした瀕死, ことだ, この骨, ごとくなれば, すべきこと, する運動, それに, それは, たたかいは, たてま, ためには, ないこと, ない場合, なかの, なすべきこと, なすべきもの, なすべき事業, ひとしい権利, ひとり寝し給う, ものであっ, ものには, やうな, やうに, やや年輩, ような, よく忍ぶ, わざで, サンドラ・ベロニが, 一分が, 一分を, 一生に, 一生は, 一生を, 一言, 一言だ, 一言で, 丁にも, 七分の六強は, 七十パーセント以上である, 七十%の, 万分の一助たらん, 三分の一二百円の, 三分の二が, 三分の二という, 三分の二の, 三十に, 三十歳とも, 下婢であり, 不品行を, 不足が, 不道徳に, 不面目だ, 不面目である, 世界に, 中に, 中には, 中にも, 中の, 中学に, 中学の, 中学卒業にも, 中学校を, 中学生より, 中性化, 中通常比率の, 主権男子の, 亀鑑だ, 事に, 事業である, 事業と, 事業は, 五人三人持て居る, 人格と, 人格も, 仕事で, 仕事では, 仕事の, 任ずる所に, 任である, 任務と, 任官という, 企てる政界, 会心事これに, 伴侶たる, 伴侶であっ, 伴侶として, 位置に, 低能な, 住む余地, 体力と, 体格上に, 作家によって, 価値は, 健康に, 側から, 側より, 働きは, 優越を, 先天性と, 入る事, 全一団, 全員は, 全生存, 公に, 六〇パーセントに, 共同生活が, 共有という, 内行, 冷淡や, 凄味を, 出処進退は, 出征と, 出生の, 出生率が, 刎頸の, 利己主義と, 利己主義も, 利益において, 制服の, 剣術に, 力が, 助成者だ, 助成者と, 労働の, 労働は, 労働力に, 労働者の, 勞働が, 半数は, 協力に, 協力者, 去勢女子の, 参加を, 及ばぬ成功, 受ける教育水準, 口に, 古き憎悪, 召仕には, 名には, 名を, 名誉たり, 唇に, 問題として, 固いちょんまげ, 圧抑から, 圧迫と, 基氏を, 場合も, 墮落飢餓による, 声なりとも, 声を, 外套は, 外的傾向を, 多くは, 多数は, 大人にて, 大学が, 大学でも, 大学とても, 大愉快ぢ, 天才によって, 天職と, 天職ならざるべからず, 天職は, 太い声, 失態の, 失業だけ, 奔逸を, 女子には, 奴隷たらしめずし, 奴隷たるを, 奴隷で, 奴隷として, 如きは, 如き技量, 如くならしめん, 如くなるや, 如くベルナルドオ, 如く挙動いし妾, 如く殺風景, 妻としては, 姉であっ, 始原を, 姦通罪を, 姿を, 威圧から, 婚期を, 婬乱獣行をも, 存在を, 学問的意識が, 学校では, 学校の, 学校ばかり, 学生は, 家督の, 容貌全く, 宿るべき場所, 寄生者として, 対等な, 専任の, 専制欲が, 専有で, 専有に, 専有の, 専横から, 尊ぶべきところ, 少なからざる, 就業禁止の, 局部が, 居る所, 屍体であった, 屑親, 席が, 席来客も, 常なれ, 平均の, 平素信仰せる, 弊は, 弟子を, 弱点である, 彫刻と共に, 役であった, 得意と, 得手勝手と, 得手勝手より, 徳全, 徳操なき, 心に, 心は, 心をも, 心得て, 心得である, 心情を, 心持は, 心臓にとっては, 志と, 怒ること, 思想に, 性欲が, 性欲の, 恋愛を, 恥ずべきこと, 恥だ, 恥る, 恥辱に, 悪徳に, 悪習を, 惑う所, 想像にも, 意味を, 意地, 意気地を, 意氣地なる, 意見に, 愚かな, 愛情的発達が, 愧ずべき, 態度であろう, 慾望の, 成金気質に, 我儘から, 我儘な, 我儘に従って, 我儘を, 或不道徳的行為, 戦陣に, 戸外に, 所有に, 手を, 手足まとい, 挙動を, 掌中から, 携持ちたる, 改造の, 放縦生活, 政治的な, 政治道徳を, 教に, 教室で, 教育について, 教養の, 数が, 数だけ, 数と, 数に, 数より, 数を, 文明は, 文章を, 文章既に, 方で, 方にも, 方へは, 方より, 旅装束と, 早世多き, 暴横卑劣を, 暴虐に, 曝らされ, 書いたもの, 最も大事, 本懐じゃ, 本懐だ, 本懐だろう, 本懐と, 本懐何でも, 本望で, 本能が, 本能の, 本領でない, 本領として, 本領は, 本領を, 杖におけるが, 業を, 模範とは, 権利が, 権利に, 権利物である, 権力に, 横暴と, 欝憤, 欣快, 正式な, 武骨殺風景なる, 死亡だけでも, 歿する, 母であり, 毎年の, 比率が, 比率は, 気にも, 気まぐれと, 気象, 水, 沽券に, 法を, 法則で, 注意を, 浮いた心, 涙よりも, 涸渇が, 潜水の, 為さざるところ, 為にも, 無い者, 無情を, 煙筒文明を, 熱い息, 爲に, 爲のみ, 父母は, 片はし, 片手間の, 特色恋愛に, 特長, 特長は, 犠牲という, 狂乱以て, 狼藉に, 猜疑心や, 獣行を, 玩弄物にな, 現在の, 生まるること, 生まれるよう, 生れし, 生れた時分, 生命である, 生殖器に, 生活に, 男子たる, 男子を, 男尊と, 病室の, 病棟東側に, 皇族にのみ, 相場は, 相手としては, 真似を, 真価は, 真骨頂, 眼に, 着るもの, 着物, 着物には, 着用品なら, 社会活動の, 社員ばかりが, 祝日な, 神事奉仕の, 祭礼日に, 禁物なり, 私よりも, 称で, 立ち入ること, 童貞の, 競争者の, 筋肉の, 節句という, 精神が, 経済力の, 絶望を, 総数は, 罪のみに, 罪悪を, 群が, 群酒店から, 者を, 耻をも, 肖像が, 肖像画とは, 肖像画は, 背筋を, 胸裡に, 脳髄は, 腕力に, 腹中から, 自から, 自涜, 自然な, 興味を, 花を, 花信を, 芸術家が, 若返りの, 著しい陰鬱, 薄情について, 行くべき道, 衣を, 裏面に, 裸体なりし, 褌と, 要求と, 見るべからざるもの, 証拠儼然たり, 誇りの, 誘惑から, 読む十分の一, 読む雑誌, 諸君は, 謀らひと, 議論として, 貞操, 貞操と, 貞操に関して, 貞操は, 貞操を, 貞操観をも, 財力に, 財力を, 財産や, 責任とは, 買淫も, 賃銀を, 資格ない, 賢臣は, 身が, 身にて, 身を, 身勝手と, 近づくべからざる種類, 迷信的感傷的感情から, 遊び事は, 遊蕩を, 道として, 道義をも, 遺精を, 部を, 醜行より, 鉄腸も, 関心事は, 闘争の, 除外例でしょう, 隠し所の, 隷属物的な, 隷属者たるに, 隷属者と, 集会などへ, 集団の, 非道に, 面を, 面目が, 面目でなけれ, 面目にか, 面目は, 領分を, 領域である, 類に, 顧客を, 風教は, 飜弄に, 骨の, 高き頭, 高等学校に

▼ 男子~ (239, 9.6%)

4 これを 3 外を, 女の 2 一般に, 人に, 女子を, 婦人に, 婦人の, 彼女の, 無かつ, 由来恋愛よりも, 自然の, 鰥夫であった

1 [209件] あたかも弱点, いつて, いつも正門, おおむねこの, おのおのその, おめおめ敵, かなりの, こういう意味, ことごとく柔弱萎縮, ことに大川, この娘, この点, この西洋社会, この身, これと, これによって, すこしも, すべからく決然, すべて今の, すべて出征し, すべて総, そうでない, そのくらいの, その位, その祖先崇拝, その舞踏, その長所, そろって, とても都市, どうなった, どんなに仕合わせ, どんな仕事, なお依然として, ひげ, もちろん女子, もとよりこれ, もらえないと, ようやく迷信, よくなる, よろしく生活事業, アダム以前の, ラウラマルホルムによ, 一人の, 一人も, 一度言, 一見すべし, 七十歳の, 三十七歳女子は, 三十歳である, 上下着と, 世間に, 九分の一女子は, 予備後備と, 二十一歳女子は, 二十五歳四十二歳六十一歳を, 五九七八八三六四である, 五人に, 人の, 人形を, 今まで, 今以, 何よりも, 何を, 何日何時まで, 作品を, 傷を, 働かなければ, 先ず相手, 兜を, 八歳以上に, 兵士と, 兵役に, 出征し, 分家し, 割禮に, 勿論婦人, 十九万六千余人, 十二男まで, 千人中わずか, 半死半生の, 古き衣, 君が, 君主の, 唯その, 四七分の一女子は, 四五年経つ, 地図の, 外へ, 多くこれを, 多くは, 多く食物問題, 多妻を, 夜警の, 大抵狂人, 大股に, 夫として, 女子の, 女子よりも, 女性を, 如何に, 妙齢婦人の, 妻と, 婚礼へ, 婦人と共に, 媒介人であり, 嬉しさ, 孰れ, 家に, 寒暄に, 寺院に, 小さなこと, 少数の, 尽く前髪, 居ず太太, 屡々主張, 巧みに, 布製の, 常に武術, 常に自己, 年とっ, 年寄りて, 幾之助久之助丹蔵の, 広帽, 弱い婦人, 強うならね, 強く婦人, 後に, 従来の, 従来余りに, 従来男性的の, 御嶽山に, 忌み日, 息の根の, 悉く一方, 愚なり, 愛の, 慰藉料を, 手拭を以て, 擦り切れた服, 政治に, 料理屋へ, 早世した, 時と, 時代の, 更に血統, 木石の, 武術の, 残らず常備予備, 毫も自己, 民族的宗教を, 永遠に, 決して十八歳, 活溌に, 滋幹より, 漁師に, 無論婿, 父としての, 物實我が, 特に女子, 狩猟を, 独立し, 生前に, 生理的に, 男女同権人権とか, 男子だけの, 男子であり, 男子として, 男子らしく, 異域に, 皆その, 皆ふかく, 皆兄弟で, 皆畠や, 皆金銭を, 神様に, 禁制され, 笑ひつ, 米を, 素姓を, 紳士として, 結婚する, 維新の, 羊の, 美人を, 老人か, 脳中に, 自から, 良人の, 苦しい思, 苦力にも, 蓄妾を, 虚勢を, 蛙の, 街頭に, 裸一貫と, 裸体なりし, 裸体百貫を, 裸百貫にて, 誰である, 貞操を, 貴賤貧富, 身を, 部屋着のみと, 長き羊, 陰なりと, 陽性なる, 須らく太陽, 須らく強か, 頭髮を

▼ 男子~ (234, 9.4%)

7 あった 3 あったが

2 [15件] あつた, あつて, ある, あると, 一生を, 他の, 何故生, 全部動員され, 女に, 女子に, 女子を, 甚しく, 画筆などを, 自分の, 著しく減少

1 [194件] あって, あっても, ありまた, あるいは背負っ, あるの, あれば, いだく夢想, いのちを, こころから友達, この期間, この点, この際, これに, これも, これを, ございませぬ, さうでは, さうでも, すべて丁髷に, そうする, そうであるなら, その切ない, その生活, その男子的偏見, その禁, その老人, それだけ無学, だんだんと, つくこと, どの程度, ないので, ない以上, なかった, なかつたならば, なくて, ひとりゐ, ほとんど戦場, まだ前線, もっと一般, ゐないから, ノコ, 一たび妻を, 一人で, 一人の, 一旦血, 一身の, 三人ありました, 三人その, 三十に, 不品行を, 世にもあられぬ, 中, 事毎に, 二人ある, 二人娘が, 二人揃っ, 側へ, 兎に, 入つて, 全力を, 六人あっ, 六時間女子が, 兵役に, 内を, 出征し, 出生し, 分担する, 初陣の, 各家, 同一様, 名は, 君に, 唇飾を, 嘗めねば, 四十歳まで, 四百五十円女子は, 国命を, 国外で, 多かった, 多妻の, 夜間女子の, 大方戦線, 奇言を, 女人に, 女子と, 女性を, 好んで, 如何に, 妻に, 妻を, 妾など, 姦婦に対するの, 娼婦の, 娼婦を, 婦人に対して, 嫉妬こそ, 存在されましょう, 安静の, 寄り集まって, 尼僧院の, 常に不品行, 年と共に, 弓によ, 張る氣, 彼らの, 徳義上に, 徴用工として, 必ずしも妻, 悲憤慷慨した, 愛すべき価値, 我儘に, 戦争の, 戦線に, 払う尊敬, 技術や, 携わって, 教育ある, 敷居を, 既婚の, 有名な, 榛軒常三郎柏軒女子が, 樹陰に, 死して, 殖えるに従って, 母親の, 泣きはせぬ, 泣きべそ, 無いので, 無視し, 犯しても, 狐一匹, 独力で, 独身生活を, 現われて, 現実に, 甚だ少く, 生まれたらスサノヲ, 生まれるそれ, 生まれると, 生まれる卦, 生れた, 生れたならば, 生れて, 生れやがて, 生れると, 生活事業を, 當つて各, 皆女, 相続した, 真面目な, 眼の, 社会の, 社会へ, 私通の, 秘密に, 立って, 筆を, 美しき女, 老妻, 肉交を, 自らいさぎよし, 自らを, 自ら全, 自分たちの, 自分に, 自分らだけは, 自己の, 花柳に, 芸妓などを, 芸妓を, 若者に, 苦索し, 英語風に, 衆人環視の, 衷情の, 裁縫師と, 見て, 観音堂などに, 赤紙一枚で, 足は, 軍に, 酔ひ泣く, 醜悪を, 鉛人形の, 陸海軍人として, 集って, 集り來, 雷に, 非常に, 頭から, 養子に, 馬に, 髪を, 鬼や

▼ 男子~ (191, 7.6%)

11 して 3 於ても, 等しく生れ 2 あつて, よりて, 似て, 優るとも, 向ても, 對する, 悔恨を, 於ては, 比して, 遇うごと

1 [154件] あっては, あらざれば, あらじ, おなん, かぎらず女子, くらべて, さういふの, しても, すぎないから, すぐれ四五十個, そういっ, その経済上, とつて, とりて, とりては, なかんずく資本家, ならそれほど, 一人あて二段女子に, 一喝を, 一国の, 下される一つ, 与えて, 乏しからざる, 乳房が, 二女を, 交り, 今日まで, 他の, 会すれ, 侮辱せらる, 保護され, 信を, 劣らないもの, 劣らぬ努力, 劣らぬ程, 劣らぬ身, 劣るという, 劣るもの, 化けこんで, 化して, 占領された, 及ばざる処, 反抗する, 取って, 取っては, 取分けて, 可愛がられて, 向かって, 呼び掛けて, 圧伏せられ, 在るか, 売ろうと, 変じ甚, 多きか, 女の, 委ねて, 嫁する, 嫁すれ, 嫁せし, 嫁を, 嫡出子の, 寄生し得ない, 寄食し, 寄食する, 対抗する, 対立し, 尊敬され得る, 就きしなり, 帰し目, 当てはめ男の子, 影響を, 後援たらん, 従属すべき, 従属する, 従属せざる, 必要以上の, 応用する, 思いを, 思はれると, 性欲の, 性欲観が, 愛されぬ勝, 愛せら, 愛せられんこと, 慕われるの, 打ち勝つて, 押附けよう, 拮抗すべき, 拮抗せし, 捕われ, 捧げて, 授けられたる特典, 授けると, 接しても, 接するに, 接するの意味, 文通す, 新しき逆境, 於ける如く今や, 於て, 於てすら, 殊ならざりし, 比べて, 比較し, 比較する, 毛が, 汚名を, 田二段女子に, 由って, 男子は, 異なり又, 異なるもの, 異なる無からしむることで, 目も, 盲従しよう, 相續, 短い運命, 示さんと, 祭りあげられるの, 等しい義務教育令, 等しく他家, 等しく体育, 縋って, 脱帽させる, 自由に, 花束を, 蓄妾の, 見出すこと, 見立たいのさ, 許すこと, 許せば, 説く趣向, 譲らんやと, 譲るもの, 負けないところ, 蹂躙され, 身も, 身を, 近くこと, 通有な, 逢い見えし事, 逢う, 逢ふより, 遜らざるの, 適量なりと, 金を, 限って, 限ります, 限ると, 隷属した, 隷属すべき, 非ず, 非ずだ, 髯無く

▼ 男子~ (155, 6.2%)

11 して 3 生んだ 2 挙ぐ, 無益に, 生むに, 見ること, 選択する

1 [131件] いつまでも, うみければ, お生みなされる, ことごとく彦, このよう, とらえる罠, ば余処に, まうけ, まうけし時, まごつかせになど, みな戦死させ, もうけて, もらい候, 一人もうけ, 一人儲けね, 一瞥し, 下へ, 了解する, 今や完全, 仏蘭西の, 作る, 侮辱せる, 促し鞭韃, 儲けたこと, 共有する, 写すの, 凌いで, 凌がんと, 凌ぐよう, 出産した, 分けて, 別に悪い, 制するを, 励ましたかを, 動かすと, 動員すれ, 厭うという, 含むこれら, 多く招く, 女性の, 奴隷と, 婿に, 嫌ふ, 守ろうとしても, 家庭から, 尊敬する, 屋敷内に, 左右の, 強力女人を, 征服し, 得しとのこ, 得たり, 得たるを, 得なすツ, 性的不能ならしめ, 恋するの恐怖, 惹き密, 愛して, 愛するの, 所有する, 手傳ひ, 手玉にとって, 扶けて, 招き武藝, 持った親, 挙げたと, 挙げぬ, 挙げ名, 捕え娼, 捨てて, 描写できる, 描寫できる, 摸せしと, 救い罪, 救ふこ, 正義と, 殺盡, 求める事, 汝見棄て, 洋行させる, 混へ, 満足せし, 物の数とも, 王と, 生して, 生まざれば, 生ませて, 生まば, 生みしが, 生み落しけるが, 生み諸, 生み長男三好秀次, 生む, 生むよりは, 生む事, 生んだので, 産ますであろう, 産み種姓, 産み落した, 産み落したが, 産んだ, 産んだの, 目的に, 瞠若たらしめる, 破廉恥と, 立てて, 糧食に, 総て召集する, 羨み続けるでありましょう, 聟に, 育てる余地, 苦しめて, 表現し, 見ず, 見ると, 見別, 見石橋, 診, 誘惑する, 誰彼の, 轢いた, 迎へる, 選んで, 鉄砲を, 鏖に, 除き一般大多数, 除くのほか, 集めて, 非愛国者, 食う必ず, 飼殺しに

▼ 男子~ (141, 5.6%)

5 対等の 4 同様に, 同等の, 女子との, 女子とは 3 同等に

2 [13件] いえども, まったく同一, 同じよう, 同じ程度, 同等な, 同等なる, 女子と, 婦人との, 対等な, 対等に, 男子との, 職業を, 肩を

1 [91件] きまりました, し, なり復, 一度同衾, 一緒に, 不平等である, 並んで, 二人だけで, 云う訳, 云ふも, 交際する, 人肉を, 仁という, 併行す, 偶然家と, 全く平等, 六人の, 其揺籠の, 別れたくないよう, 匹敵する, 協力し, 取り換えた, 同じくその, 同じく人, 同じく其内心, 同じく労働, 同じく固, 同じく得道, 同じく政治, 同じに, 同じもの, 同じ丈, 同じ位, 同じ務め, 同じ期待, 同じ範囲, 同一の, 同棲し, 同様どんなに, 同様の, 同等たるべし, 同等なら, 同等にまで, 四九五人の, 変らない, 女の, 女子とが, 女子の, 娼婦とに, 婚姻したる, 婦人とを, 実力の, 密通し, 差別の, 平等なる, 平等に, 戦うた以来, 戦わねば, 接すること, 政治上や, 斉しく, 斉しくする, 時世遅れの, 歓愛せん, 漢籍の, 燻りて, 猥れ, 生まれて, 生れたからは, 生れて, 生理関係の, 産まれた果報, 申しては, 男子の, 異なる傾向, 白裸体の, 相並ん, 相愛の, 相異, 競争の, 第三者を, 等しい学力, 等しい教育, 等しい社会, 等しい社会的成員, 等しくない, 等しく利用, 等しく教育, 結婚す, 美しく愛らしい賢婦人, 記したる紙片

▼ 男子~ (47, 1.9%)

7 女子も 2 婦人も, 相違ある

1 [36件] あった, ありたれど, あり婦人, あるん, いま生き, この世には, この勢力, すべて深い, そういっ, そうし, それに, また先人曰く, 一旦志, 交る, 亦女子, 卒業の, 参加し, 及ばぬまで, 同様な, 多くなり, 女子と, 婦女子と, 少々辟易, 少しく期する, 悩み女子, 悪人なるあり, 慚愧に, 憚る, 最初に, 最早現代, 父と, 童貞で, 競つて最新流行の, 等しく彼女, 進んで, 遙に

▼ 男子として~ (41, 1.6%)

4 立派な 2 忍ぶこと, 此上も, 殊に硬骨

1 [31件] あなたの, こんな苦しい, それを, そんな馬鹿, はなはだ不, やる限り, わずかに, 一つ何でも, 二十五まで, 何事である, 君に, 大いにわが, 大丈夫たる, 女子は, 女性の, 帝位に, 忍ぶべからざる屈辱, 恥ずべきこと, 最も恥ずべきやき, 最も恥づべき, 最大の, 武士として, 死以上の, 男子たる, 碌々と, 結構な, 聞いて, 育てた, 褒むべ, 踏んばらねば, 離縁の

▼ 男子一生~ (34, 1.4%)

14 の事業 5 の仕事, の業 2 の心構え 1 の仕事ぢ, の大, の大業, の天職, の学問, の業たる, の童貞, の精魂

▼ 男子には~ (26, 1.0%)

1 [26件] それが, ない特殊事情, なり得られぬもの, むずかしいであろう, 不必要, 仕事子供には, 冒険でも, 出來, 出来る議論, 女子の, 妙な, 嫁し, 嫉妬と共に, 手を, 有り得ない極端, 正に人生そのもの, 現状において, 男子の, 男性の, 藩の, 解らずとも, 語り難き, 軽微で, 金仙丹を, 関係の, 髯無

▼ 男子~ (23, 0.9%)

3 あつた

1 [20件] あつたなら, すら今, もさうだ矢張り裝飾, ゐら, 健康な, 其眼光の, 印度の, 四十分以上も, 四十歳ばかりに, 姉が, 始て, 婚前の, 子供の, 普通の, 毒殺を, 甘える目つき, 皮肉な, 経過も, 背が, 色は

▼ 男子~ (23, 0.9%)

2 の言論

1 [21件] から公式, から出た, から反対, から女子実用問題, から如何, から御, が無, が私ども, にあっ, にすら一般, には婦人側, の保守主義者, の反省, の思想家, の意気地, の経済, の経済問題, の老人, の識者, の貧乏, より否定

▼ 男子たる~ (19, 0.8%)

4 ものが

1 [15件] おれが, こと疑いなし, と女子たる, の誇り, ものあに, ものは, もの男子として, もの蜘蛛の, を知るなら, ビーコンスフィールド侯を, 印あったら, 方々の, 羽山が, 貴兄に, 面目を

▼ 男子よりも~ (19, 0.8%)

2 親の

1 [17件] この教育, すこし大きい, その数, むしろ主婦, むしろ婦人向き, 三百万人多かっ, 云々と, 云々とは, 劣るもの, 多い, 女子の, 女子を, 女子女子よりも, 婦人の, 愛の, 甚しきの, 長命である

▼ 男子たち~ (15, 0.6%)

4 にはあゝ

1 [11件] かえってその, とも反省, にはああ, には地下室, に寄せました, の名, はあっけ, はこれ, はその, は彼等, もある

▼ 男子にも~ (15, 0.6%)

1 [15件] いたせ人間, これを, それを, ない, 亦女子, 勝る程, 女子にも, 弁護士業を, 当て嵌るもの, 必要な, 無思慮, 珍らしい, 紡ぐやう, 良夫賢父主義とでも, 血が

▼ 男子より~ (13, 0.5%)

2 低いと

1 [11件] つよく先, 一段下に, 不幸な, 全国民, 多きは, 婦人を, 学び男子, 着実な, 軽侮せらるる, 軽侮せられ, 高く日頃

▼ 男子出生~ (12, 0.5%)

2 の四・四分の一 1 とあっ, なれバ, の四・四分の一パアセント, の報, の女子出生, の男子人口, の超過, の通知, 之由, 名棠助

▼ 男子~ (11, 0.4%)

1 [11件] からなこれ位, からね, が容貌, しかも江戸ッ児, し若, と報告, のと, アね, 心渝の, 目の下に, 眼の

▼ 男子である~ (11, 0.4%)

2 から一番, ことを, といふ事 1 と云う, と全盛, と想像, のに, 以上印度の

▼ 男子に対する~ (11, 0.4%)

1 [11件] その情欲, 一種の, 十分な, 大侮辱, 好き嫌いの, 婦人の, 年々の, 愛に, 眼の, 自覚が, 観察など

▼ 男子から~ (9, 0.4%)

1 そんなに法外, 分化し, 取られ従って, 報酬を, 愛せられる原因, 搾取する, 求婚を, 蔑視せられる, 見と

▼ 男子でも~ (8, 0.3%)

1 あるの, そうだ, そうは, 同様です, 女子でも, 少し心掛け, 読ない, 鏡コスメチック頭髪ブラッシに

▼ 男子と共に~ (8, 0.3%)

1 それらの, 人間であり, 働きいたり, 全ての, 力を, 工場, 文化を, 為しつつ

▼ 男子なら~ (7, 0.3%)

1 きっと私ども, ばすぐ, ば何より先ず, ば地三, ば将来, 牧は, 自分で

▼ 男子への~ (7, 0.3%)

2 隷属は 1 寄生的隷属的地位から, 配分は, 隷属を, 隷従を, 集中とともに

▼ 男子~ (7, 0.3%)

1 助クル家政勞働, 崇拜シ男子, 挙ゲタ, 摸シタラント思ハル, 有スルガ, 罰セザルハ姦通罪ガ婦人ヲ, 除外セルハ決シテ其性慾ヲ

▼ 男子禁制~ (7, 0.3%)

1 なので, のレディスルウム, の区域, の地, の大奥, の女護, の尼寺

▼ 男子~ (7, 0.3%)

3 の教室 2 の子供たち 1 の当番, の方

▼ 男子といふ~ (6, 0.2%)

2 ものは 1 ものが, わけで, 男子は, 眼医者が

▼ 男子なる~ (6, 0.2%)

3 方は 2 かな 1 ところの

▼ 男子にとっては~ (6, 0.2%)

1 まことに無理, もっともっと外部, 実はこれ, 甚だ不面目, 疲弊した, 自由を

▼ 男子に対して~ (6, 0.2%)

1 それが, 一種の, 低きこと, 尊敬し, 慄然たる, 趣味ある

▼ 男子では~ (5, 0.2%)

2 ない 1 ないと, 無かったろうと, 狩や

▼ 男子としての~ (5, 0.2%)

2 生存的意志を 1 心身の, 節操潔癖純情を, 辨慶忠臣としての

▼ 男子とは~ (5, 0.2%)

1 いずれも, ひとつに, 云いながら, 恐れ入ったろう, 違ひます

▼ 男子のみに~ (5, 0.2%)

1 任せて, 供与する, 診断書を, 限られた普通選挙, 限りて

▼ 男子~ (5, 0.2%)

2 なあ 1 六七十歳の, 女子で, 武士が

▼ 男子二人~ (5, 0.2%)

2 にこんな 1 の中, を挙げし, 若くは

▼ 男子自身~ (5, 0.2%)

1 なの, に係り, に取っ, のため, の正直

▼ 男子~ (5, 0.2%)

1 が五十錢, と女子部, の諸, もさう, 同學年

▼ 男子青年~ (5, 0.2%)

1 が圧倒的, に, の役, の描かざる, の言動

▼ 男子あり~ (4, 0.2%)

1 てその, て手, て頻りに, という意味

▼ 男子たるべき~ (4, 0.2%)

2 ものが 1 者が, 者の

▼ 男子たる者~ (4, 0.2%)

1 が金銭, の本領, はもっと, は金持

▼ 男子との~ (4, 0.2%)

1 争にも, 交際は, 協同生活が, 関係とかいふ

▼ 男子~ (4, 0.2%)

1 の黄, はその, は心, は獰猛

▼ 男子一人~ (4, 0.2%)

1 としておん身, の重, は孤, は小さい

▼ 男子~ (4, 0.2%)

1 では, には往々, には第, 果して衣服

▼ 男子人口~ (4, 0.2%)

1 が通常以上, に対する比率, は他, よりも多く

▼ 男子女子~ (4, 0.2%)

1 の区別, の為め, の陰門, をひっくるめた

▼ 男子組合~ (4, 0.2%)

2 のア・バイ 1 の会員, の共同家屋

▼ 男子であった~ (3, 0.1%)

1 かその, ため頼朝が, と云っ

▼ 男子です~ (3, 0.1%)

1 か, から勇敢, わね

▼ 男子という~ (3, 0.1%)

3 ものは

▼ 男子なり~ (3, 0.1%)

1 かつてその, しなれ情, 呉下阿蒙

▼ 男子にて~ (3, 0.1%)

1 あらましか, フランス人なりき, 数多の

▼ 男子にとって~ (3, 0.1%)

1 厄年である, 名誉どころか, 最も無邪気

▼ 男子のみ~ (3, 0.1%)

1 では, で成立つて, 独り快楽を

▼ 男子よりは~ (3, 0.1%)

1 むしろ妾, 婦人大人よりは, 婦人老人よりは

▼ 男子らしい~ (3, 0.1%)

1 が食毒, 処分と, 者が

▼ 男子をも~ (3, 0.1%)

1 この教え, 励まさねば, 近づけて

▼ 男子~ (3, 0.1%)

2 姦通罪ヲ 1 遮光器ヲ用ヰ女子ノ

▼ 男子~ (3, 0.1%)

1 ハ養男子トシテ婦人ニ扶養, ハ養男子ニ貧困ナル老親ヲ, 養男子ナキ六十歳以上ノ

▼ 男子学生~ (3, 0.1%)

1 とが夏期休暇中, とても同様, とともに働き

▼ 男子~ (3, 0.1%)

1 のほう, の一隅, の方

▼ 男子本位~ (3, 0.1%)

1 に偏する, に傾いた, の文化生活

▼ 男子爲王其官有狗~ (3, 0.1%)

3 古智卑狗

▼ 男子~ (3, 0.1%)

1 にし, のもの, の散財店

▼ 男子畢世~ (3, 0.1%)

3 の業

▼ 男子~ (3, 0.1%)

1 御前に, 露, 黥面文身以其文左右大小別

▼ 男子諸君~ (3, 0.1%)

1 に言う, も亦, も相当

▼ 男子~ (3, 0.1%)

1 が雲, の追求, はこの

▼ 男子青年班~ (3, 0.1%)

1 の五名, の大木伐採, は大木

▼ 男子ある~ (2, 0.1%)

1 のみ, 側で

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 女子か, 女子かの

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 へある, へ財

▼ 男子じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, 目出たいじゃ

▼ 男子その~ (2, 0.1%)

1 妻君が, 者の

▼ 男子だけが~ (2, 0.1%)

1 天の, 旧思想

▼ 男子だった~ (2, 0.1%)

1 が上, が財産

▼ 男子であり~ (2, 0.1%)

1 女子は, 軍人であった

▼ 男子であれ~ (2, 0.1%)

1 ば其國, ば自由

▼ 男子でなく~ (2, 0.1%)

1 てはいけない, ては神様

▼ 男子とても~ (2, 0.1%)

1 教育の, 此境内に

▼ 男子とともに~ (2, 0.1%)

1 すべての, 甲板にて

▼ 男子などが~ (2, 0.1%)

1 大の, 家族その他に対して

▼ 男子などと~ (2, 0.1%)

2 罵られて

▼ 男子なりし~ (2, 0.1%)

1 が事, が故に

▼ 男子なれ~ (2, 0.1%)

1 ば大, ふぐり締めこそ

▼ 男子にても~ (2, 0.1%)

1 曾て, 藩務に

▼ 男子にのみ~ (2, 0.1%)

1 学問を, 診断書を

▼ 男子によって~ (2, 0.1%)

1 相殺され, 語られて

▼ 男子ばかり~ (2, 0.1%)

1 であった, 一幅には

▼ 男子まで~ (2, 0.1%)

1 あるに, 頭戴を

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 かくの, 恐怖する

▼ 男子らしく~ (2, 0.1%)

1 し女性, 剛毅に

▼ 男子を以て~ (2, 0.1%)

1 代表させる, 王と

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 之ヲ拘留シ, 大日本國民タル權利ニ於テ平等普通ニ衆議院議員

▼ 男子以上~ (2, 0.1%)

1 のところ, の飲ン平

▼ 男子出産~ (2, 0.1%)

1 して, の喜び

▼ 男子女人~ (2, 0.1%)

1 おなじく未, によらず

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 と子持山, の根方

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 出生と, 出生の

▼ 男子~ (2, 0.1%)

2 を立て

▼ 男子手中~ (2, 0.1%)

1 の物, の玩弄物

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 が全, は一

▼ 男子有権者~ (2, 0.1%)

1 である, よりも四十五万名

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 と申す, へ出まし

▼ 男子生れ~ (2, 0.1%)

1 て, て二十七貫

▼ 男子社会~ (2, 0.1%)

1 の不品行, の有様

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 一の, 二の

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 の中, は我

▼ 男子~ (2, 0.1%)

2 亦助

▼ 男子赤格子九郎右衛門~ (2, 0.1%)

1 と義兄弟, なる者

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 で狂暴, は聽

▼ 男子~ (2, 0.1%)

1 の一種, の優美

▼1* [257件]

男子ありしがサッソール之, 男子な普通, 男子いうもんの, 男子かね女子かね, 男子こそ俺は, 男子ことごとく五十以下で, 男子これを用, 男子これ程の薄, 男子さえ超越する, 男子じゃァありませんでした, 男子すなわち恋する男の子, 男子すべからく率直たるべし, 男子すらも畏縮させた, 男子たちそれらの平静, 男子だけでよい, 男子だけの性質を, 男子だけは別として, 男子だけを思ひその, 男子だって然う, 男子だろうにと惜しまれた, 男子ゅうたら外に, 男子つてまあそんなに小, 男子であって小説界, 男子であったらば随分, 男子でありましたが五人, 男子でさえもあったから, 男子でないと考え, 男子でのうてもち, 男子とか云ふ, 男子とが見受けられる, 男子としては君臣の, 男子とばかりでなく一切, 男子とも女子とも, 男子とを相対照, 男子どもが彼女, 男子なかりきといふ, 男子なくただ一人, 男子などには殊にこの, 男子などをよばず, 男子なにの徳, 男子なみでなかったという, 男子においては人間性の, 男子においても許しがたい, 男子にかへつて立上り, 男子にさえ政治熱は, 男子にたいして働かし得る知力, 男子にだって其は, 男子について全く絶望, 男子についても私は, 男子にとつて忘る, 男子にとっての第一, 男子に対しては奴隷の, 男子に対するの軽重を, 男子のみが罹って, 男子のみの形か, 男子はも国を, 男子ばかりで組織せられ, 男子ばかりに政治を, 男子ばかりの生活に, 男子ほど激しい精神的事業, 男子ほどの報酬を, 男子ましてや旗本しかも, 男子までが若い婦人, 男子みんな後に出ろ, 男子むれゐて鉱, 男子よく聞き給, 男子よろしくみずから顧みるべし, 男子らしければおと, 男子わずかに二十人, 男子アヌンチヤタを獲, 男子ガ撃劍柔道ニ遊ビ女子ガ長刀鎖鎌ヲ戲ルルハ其興味ニ於テ, 男子タル父ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, 男子ト同一ニ教育スル所以ハ國民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, 男子ト平等ノ國民教育, 男子ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, 男子ナキ六十歳以上ノ男女, 男子ナクシテ貧困且ツ勞働ニ堪ヘザル不具廢疾ハ國家, 男子ニサル名ノアルベクモ思ハレズサラバ字ノ誤, 男子ニシテ蓄妾又ハ其, 男子ニハ筋肉腱骨ノ強大ニシテ挺起スルガ為ニ其形態稜, 男子ニ謠曲ヲ課セザレバ不可, 男子ニ貧困ナル老親ヲ扶養セシムルハ歐米, 男子ニ限リタレドモコノ信神渡航者ノ一行ニハ, 男子ハすねより下, 男子ハ家族ニ對スル權威ヲ失シ交友ニ於ケル信用, 男子ハ粟田口の寺, 男子と度郷関, 男子一〇〇が一般, 男子一ヵ月三七二六円五婦人一九七八円であり婦人勤労者, 男子一五パーセント増に対して女子, 男子一五六四六一一女子一六八三四五七合計三二四八〇六八であった, 男子一人当平均女子一人当の基本的, 男子一人給飮食傳辭出入居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞, 男子一六パーセント増に対して女子六一パーセント増, 男子一六一八人既婚女子一六一八人の中, 男子一切同胞の悲願, 男子一匹天涯一剣の身, 男子一名を遣る, 男子一四五一〇六三という一団, 男子一度この裡, 男子一度志を立てた, 男子三七・八二〇女子四一・〇一九男女三九・三八五でありそして, 男子三五パーセント増に対して女子一〇七パーセント増, 男子三人女子二人より成れる, 男子三八・九七分の一女子四二・八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 男子三十歳から五十歳, 男子上下トモニ勇ヲ以テ, 男子に引上げ, 男子九郎右衛門が計らず, 男子に当っ, 男子二一パーセント増しに対して女子三〇パーセント, 男子二人其男子太郎ハすこしさしきれなり, 男子二十二人に女子二十人, 男子二十五歳は坂本龍馬晩年, 男子五五一一九女子五二七六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 男子五人も出来た, 男子は即ち, 男子以下の生存, 男子何んの迷惑, 男子侮辱に報, 男子保護政策として別れた, 男子修道院の赤煉瓦, 男子側議論ばかりで実際, 男子優越が残っ, 男子入るべからずの禁, 男子入口の戸, 男子全体の名誉, 男子全部に課せられる, 男子八〇〇〇〇〇となる, 男子八人女子二人あり, 男子六人かれと, 男子に第, 男子出征に伴っ, 男子分娩といふ手紙, 男子刎頸の交わり, 男子労働者と同じ, 男子労働賃金に対して女, 男子労務の増強, 男子労務者と婦人労務者, 男子労務者一ヵ月一四五五円六婦人六〇九円である, 男子十一人出生も人, 男子十二歳ニ至レバ総テ剣法ヲ学ビ, 男子卒業者一五一一四に対し女子卒業者, 男子及び多数の, 男子下級の, 男子同士の風儀, 男子同志でも体質, 男子同性愛も事昂, 男子同様に選挙権, 男子同様彼女たちも積極的, 男子同等の能権, 男子は古日, 男子和行のみであった, 男子問題として男子側, 男子善女人よ, 男子善女子は家, 男子四〇一四七女子三九二六六すなわち年死亡率, 男子四五〇円という額, 男子四人と女子一人, 男子壮年に及び, 男子に出, 男子大学生にきい, 男子天下の難, 男子太一郎ハ摂州神戸海軍所, 男子太郎ハすこしさしきれなり, 男子女人簡別さらにあらず, 男子女子ともに十歳以下, 男子女装して, 男子婦人の張氏美而妬, 男子子持の両, 男子く海外, 男子にある, 男子容易に奸, 男子専制の横暴, 男子専権の社会, 男子専用の物, 男子専門学校の生徒, 男子少年の風俗, 男子山子持山北にあたって草津, 男子年長じて, 男子幾人か之, 男子幾千万歎慨有誰与我同, 男子とりて, 男子得意の処, 男子患者はいずれ, 男子意気に感ぜざれ, 男子戸外の業務, 男子扇子を携, 男子持参にする, 男子挙げたまひしと, 男子排斥案を請願, 男子控室のすぐ, 男子揺り脊負ふ, 男子文明の結果, 男子日本男子ではない, 男子暴風吹き荒むと, 男子更衣場へは麻川氏, 男子月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談に限る, 男子はあくまで, 男子本然の要求, 男子あり, 男子とて分, 男子とて分, 男子横暴の声, 男子をこぎ, 男子止宿一切ならぬとの, 男子正法を護持せん者, 男子殺戮の事, 男子が夢見る, 男子を恐れ, 男子混沌の社会, 男子三十歳以上而も, 男子を要す, 男子大小皆黥面文身自古, 男子無きの故, 男子爲王住七八十年倭國亂相攻, 男子現業員の全部, 男子生得商売の道, 男子産まんとしつる, 男子用のも女子用の, 男子男根はすべからく, 男子男装女子あり, 男子百十五人女子百三十九人となる, 男子的ニ反省シ改過スベシ, 男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, 男子の聡明, 男子程の事ハいたし居り, 男子空しく児女の, 男子は貞節, 男子等ニ応用シテソノ精神作用ニ何等カノ変化傷害ヲ与, 男子二十名を, 男子紳士探偵結城新十郎, 男子組合員とは役員, 男子絶対禁制の婦人浴場, 男子総て従軍する事, 男子総動員唐津藩や長崎奉行, 男子総数の中, 男子を見, 男子自ら顧るに, 男子と女子船, 男子船外に出ずる, 男子芸人の卑下, 男子苛も志を, 男子若し遊んで, 男子りだが, 男子誕生の喜び, 男子と女子説, 男子謙助を生んだ, 男子越ゆべしアルプス, 男子部女子部全體, 男子部女子部掛け持ちの男, 男子鉄面皮なるも, 男子を執る, 男子関矢一郎がいつ, 男子青年団の方, 男子駿太郎少年と雇人, 男子鬚髯無ク女子ト容貌