青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「男の子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~申した 申した~ ~申しました ~申します 申します~ ~申す 申す~ ~男 男~ ~男の子
男の子~
~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町 町~ 町人~ 町内~ ~画

「男の子~」 2161, 23ppm, 4971位

▼ 男の子~ (540, 25.0%)

6 ある, 生れた 5 あって, あるの, いいました 4 いきなり窓, 生れました, 自分の

3 [12件] あった, あつた, ありました, 一人あった, 一人ある, 云ひました, 出て, 帰って, 彼に, 目白押しに, 立って, 赤いジャケツ

2 [36件] あったが, いました, お父, どこからか, ないから, なかった, ぱっちり眼, 一人い, 一人お, 一人も, 一人欲しい, 二人あった, 二人も, 二人女の子が, 人に, 向うの, 四人女の子が, 大威張り, 或る, 手を, 指を, 来て, 父親に, 生まれた, 生まれたの, 生まれました, 生まれると, 生れたので, 生れた家族, 生れると, 眼を, 突つ立ちました, 笛を, 集って, 駈けて, 鼻を

1 [393件] あったので, あったはず, あつて, あらい絣, あらはれました, ありましてね, あります, ありますけれど, ありますの, あり父親, あるだけ, あるっていう, あるはず, ある十八, ある城下, ある種, あれから, あわてて, いいと, いくらか, いそう, いた, いたという, いつの間にか偵察, いつまでも, いつもの, いつも見, いて, いない, いる, いるそう, いるとしても, いるとは, いる誰, うしろの, うろうろし, お母さま此柿の, お母さんだけでも, お父さんと, かいて, かう言, かけだした伸子たち, かけの, かけひの, かにを, この演技, こまっしゃくれた首, こんな松, こんな風, さうしないからと, さそいに, さもくたびれ果てた, さらはれた, しくしく泣い, しよつちう家, じっと岬, すきです, すぐに, すすみでて, ずっと自分, そうやっ, そこの, その, その母, その短, それでも人, そんなこと, たのしそう, たッ, だらし無く坐っ, ちょこちょこ入っ, ちょこんと腰かけ, ちよこちよこと, つくられた, つまり十八人が, てんてこてん, てんでに竹, できあがりました, できたらお, どの俳優, どんなに確りしてる, ない, ないため, ないと, ないところ, ないので, ないもの, なかつた, なかつたので, なくて, なく娘, なく義理, なければ, なにかいう, ならんで, にこにこ笑, のぼり其, ばっちり, ぱつちり眼を, ひいひい泣いて, ひとりありやした, ひとりある, ひとりそれは, びっくりする, ふいと, ふたり寝る, ほかの, ぼんやりと, ぼんやり立っ, まだ泣い, まつわり附いて, みっともない, もし母, やたらに, やつて, やつぱりこんな風に, ゆり子ちゃんと, よちよちと, よろこんで, ろっ骨カリエスにて, わき見を, わっと, ゐた, ゐて, キョウサンキョウサンキョウサントウと, ジェノアから, スケートの, スケート下駄, ビイルを, ヘンゼル女の子が, ベソを, ベンチの, ポツンと, ポロポロと, ロンドンから, ワイヤー・ヘヤードを, 一人あったら, 一人あつ, 一人ありました, 一人ずつ, 一人できた, 一人と, 一人に, 一人の, 一人は, 一人乗つて来ました, 一人奥様の, 一人御座いました, 一人捨て, 一人有る, 一人生まれ, 一人生れました, 一人突つ立ちました, 一人鞄を, 一心不乱に, 一郎から, 三ヶ所という, 三人あっ, 三人あった, 三人ありまし, 三人も, 三人生れました, 上手に, 不足な, 乗って, 乗りその, 乳を, 二つの, 二三人岐れ, 二人, 二人ある, 二人おとなしく, 二人せつ子が, 二人と, 二人ぽつんと, 二人來て, 二人来, 二人沼の, 二人生れた, 二人連れで, 二人遊ん, 二度門を, 云いました, 五六人いずれも, 交って, 交つて居る, 人並みすぐれ, 人懐し, 今ベルリン, 仕事衣の, 何も, 何人も, 使うでしょうか, 來る, 例の, 倍も, 倒れて, 先に, 先生や, 兎の, 入って, 六人, 六人女の子が, 出る, 出来たので, 出来て, 出来てから, 出来ないん, 出来ました貴方様, 出来る毎, 出来れば, 函の, 助けて, 十いくつかで, 十くらい, 十人ほど, 十数人我々の, 双殻貝, 口を, 口笛を, 同級生の, 向か, 向こうから, 向こうの, 向ふ, 吹く笛, 呼んだ, 呼吸も, 唄い出し皆, 唖だ, 四つの, 四五人がやがや, 四人あっ, 地面に, 壁を, 外の, 多い, 多くて, 大いばり, 大威張, 夫婦の, 夭折し, 女に, 女役を, 好きらしい, 学校へ, 家の, 小便し, 少い様, 少しデ調, 居た, 居る, 屋外で, 山桑を, 己を, 巴の, 庇って, 床に, 庭へ, 庭へは, 廊下の, 弾きうたって, 往来で, 待って, 待つて, 得意そうに, 怖, 急いで, 急がしさうに私, 意地悪さうに答へ, 成長し, 手に, 手橇に, 手足の, 投げる事, 挟まって, 描いた興味, 日本女を, 昔私と, 昨日とか, 時々その, 時々門, 書斎の, 朗々と, 根っからの, 桃を, 桑の, 様子を, 此の, 死んだ, 残つて居る, 殺気立って, 殿という, 殿の, 母親と, 泣き立てて, 洗濯物の, 溝川の, 濱に, 無く義理, 牛の, 物語に対して, 玄関の, 現れたので, 現れて, 生まれたが, 生まれて, 生まれましたよ, 生れたし, 生れたその, 生れたと, 生れたとき, 生れたについては, 生れたの, 生れたのに, 生れたらという, 生れたら申し出るやう, 生れた由, 生れた頃, 生れて, 生れましたと, 生れるのに, 生れるよう, 生れれば, 生れ両方, 生れ九百五十匁, 生れ森田, 産れ, 男の子の, 病気で, 病身で, 百姓女みたいに, 皆娘, 皮帯を, 相撲を, 眼こそ, 石を, 石段を, 石油売り, 私の, 私を, 突つ立つ, 突然大きな, 立膝の, 竹ポンプで, 答えた, 答えます, 算哲の, 箱を, 紙鳶を, 網に, 編輯の, 縁側に, 罵った理由, 背のびを, 胸を, 自分と, 花胡蝶その他日本の, 草履の, 藤納戸の, 虫の, 行っては, 裏口から, 言いました, 言った, 誰あらう, 赤いジヤケツ, 起きあがつて, 踊っちゃ, 踊りを, 車を, 辞を, 遊んで, 邪魔に, 重い痲疹, 釣を, 鉄柵の, 集まって, 靴下を, 順当に, 頑項に, 頬を, 頭の, 頭文字を, 飛び出す, 飛出して, 馬乗りに, 駈けこんで, 駈けずり廻つて, 駈けまわって, 駕籠に, 鳥目で, 黒板に

▼ 男の子~ (365, 16.9%)

4 まるでパイ 3 びつくりし, 強いし, 目を, 顔を

2 [19件] お父さま, これを, それを, なんでつくる, ひざを, びっくりし, びっくりした, まいに, まるで絹, 何という, 僕は, 女の子の, 小学校に, 泣き, 滅多に, 父親に, 石の, 言ひました, 青いの

1 [311件] ああきまっ, あくまで相手, あの頃四つ, いかにもはつらつと, いかんもの, いきなり炉, いきなり賤, いくらすゝめ, いそいで, いつかその, いつか自分の, いつもきまっ, いつも恋, いわれた通り, うす気味, うつちや, うれしそう, おとなしい様子, おなかが, おほ, お母さまの, かた手, かねがねどんなにそれ, かぶりを, がやがやさわぐ, ぐったりつかれた, ぐつたりつかれたやうに席にも, けばけばしい色, こうして毎日, こうでなく, こたえました, このまま, さう, さう物驚き, さまで親, しよげ, じきに迎い, じつと, すぐと, すぐ檜, すぐ歩き出し, すぐ母親, すこしむっとし, すっかりあて, すつかり, すつかりよろこん, すつかり食べ, せめて中学, そう物驚き, そのあと, そのうち, その側, その刹那, その岡, その後しばらく, その後間もなく, その晩, その歌, その謡, その顔, それで, それほどで, それまで, そんな事, たいそうよろこびました, たしかに目, たずねました, たちまちその, だからもう, だめだ, てんでギゴチ, どういう面, どうしてもこの, どんな場合, どんな夢, ない, なかつたので, なかなか見物, なし忠, なほさら考へ, にっこりと, にやにやし, のろい口調, はじめてうん, ひいひい泣き通し, ひとり車体の, ひもじくて, びつくりした, ふかいためいき, ふたたびどんどん歩きました, ほかの, ほしがった, ほんとに男の子, またひとりでに, またポックリ, また一苦心, また森, また顔, まだそれほど年, まだ乾パン, まだ小, まだ赤ん坊, みんなまるまる, めんこを, もうお母さま, もうたつた, もう泣き, もつと, やつばりばかに, やはりじっとし, ゆうべ二人の, よく安倍さん, ゐないかと, アアこれは, カイ女の子は, シャボンだまを, ダメである, ダラシが, ヒイッと, ベッと, ボーッと, ポッと, マッチの, マリア・グレゴーリエヴナについて, 一人で, 一人も, 一向面白く, 一日外に, 三つで, 三十一日目に, 三杯目に, 上を, 上方へ, 不承不承に, 丸の, 乗物と, 二人あった, 二人の, 二人を, 伝えました, 何が, 何とも返事, 何と思, 何の, 允男と, 先刻の, 先夫, 先頭に, 八歳で, 兵隊に, 其方一人随分, 冬の, 分つた, 割りこめない, 勿論玄鶴, 十一ばかり, 十歳にも, 厳重に, 叫びました, 同じよう, 喜び勇んで, 器用な, 四人そのうち, 四十歳まで, 坊の, 外の, 外へ, 夜ど, 大きな大人, 大声を, 大學, 大抵の, 大抵運動会, 大概凧を, 大阪郊外の, 太, 女の子ほど, 女の子よりも, 女中ばかり, 女親に, 女親を, 学問が, 学資を, 安藤の, 定めた方向, 尋ねた, 小さな弟, 小学校の, 少し片足, 少し虚弱, 少なくとも, 山の, 帰宅し, 帽子の, 彼の, 彼を, 往復に, 怖れ, 急ぎ働いた, 急に, 恋人の, 息をも, 我国の, 我慢と, 戸を, 手が, 手に, 手を, 敵方の, 日ぐれだ, 日清戦争後めくらじ, 明け方ぢかくに, 時々呼び込まれ, 曾て, 朝目が, 朝目を, 来年に, 東京に, 森の, 欄間の, 正坐し, 死罪に, 殺さないといふ, 母の, 母親から, 毎日お母さまの, 汽車で, 泣き出し相, 活溌に, 海の, 海軍服で, 湖水を, 満足した, 炭坑節を, 無えが, 父と, 父に, 父も, 片ひ, 犬の, 生まれつき指が, 男に, 男の子, 男の子だけに, 男の子で, 男の子と, 男の子な, 男の子同志女の子は, 男の子故に, 男同志で, 男親に, 白いスウェエタア, 白い緒, 目立つた襤褸, 相手を, 眠りこけて, 眼鏡を, 石を, 砂の, 神様の, 私が, 稲村に, 立ちどまり怪訝そう, 笑って, 策動する, 細い線状, 紳士, 縄飛び相撲鬼ごっこ軍ごっこなどを, 聞いて, 聞きました, 背中へ, 腥い手, 自分が, 自分たちだけ, 自分の, 色紙の, 苦しみながら, 苦手で, 血氣で, 裏の, 見に, 見物させ, 言った, 走つて, 走つて迎, 起ちあがると, 趙を, 車の, 軽蔑した, 道ばたの, 遠くの, 酷く衰弱, 金の, 鉄槌を, 錫職人, 長い袖, 非常に, 面白いだろう, 面白がっ, 頓狂な, 顏を, 顔も, 風の子といふ, 風呂敷の, 飛び道具か, 食べて, 香水を, 馬の, 魚屋の, 鳥の, 鼻水を

▼ 男の子~ (290, 13.4%)

20 手を 17 ような 16 ように 6 ために 5 一人が, 顔を 4 頭を 3 くせに, ほうは, やうに, 声が, 声で, 鮎子さんが

2 [11件] ぬれたやう, ぬれたよう, ほうが, やうな, 仲間に, 名前, 方が, 春吉は, 生れるの, 病気を, 行つて居る

1 [177件] あそびごと, あそびには, あなたが, あばれて, ありさうな, ある家, いる植木屋, いろいろの, うちでも, おむつを, お六ツ, お祝いの, かみの, かんとくを, ぐらつくこと, ことを, すくなくない, すぐ上, すること, その後の, ための, つけて, ところへ, ととのわない中ぶらりん, ないの, ない家, ない私, ひとりが, ほうへ, まわりに, むきあって, もたらして, もてあそびもの, やうで, よき遊び友だち, らしい小さな, ズボンが, リオネロは, レオンハルトは, 一ト組が, 一人を, 一組が, 三人暮らし, 中には, 中の, 中途ハンパな, 久禄という, 乱暴な, 人形であった, 何百人, 信吾が, 側からも, 兄の, 入口と, 全員です, 全部が, 初陣とは, 制服が, 力が, 動作を, 十三は, 十歳に, 受けない悲しみ, 可憐さという, 名は, 名を, 名前こっちで, 名前だけ, 名前は, 地上の, 場合だつた, 墓だ, 増加する, 声, 声す, 声だった, 声であった, 声である, 声です, 声顔を, 変装だった, 如くなりきされど, 如に, 姿が, 姿であります, 姿も, 宗太や, 容貌が, 床が, 弟である, 役を, 後から, 心の, 心臓を, 悪図々しい様, 態度を, 手に, 手も, 手足が, 掌を, 描かれた挿絵, 放蕩を, 方は, 方へ, 方を, 春の, 最初です, 服装だ, 服装を, 木下に, 杖の, 栄三郎と, 榮三郎と, 様に, 標準に, 権八郎と, 機嫌を, 母と, 母親にあたる, 気持とは, 泣き声が, 清い魂, 無念と, 父親といふ, 玩具を, 生まれたこと, 生まれた家, 生れた時, 生れて, 病気以来彼女は, 癖に, 着流しの, 着物は, 着類が, 神経に, 祭礼が, 立派な, 第二番目, 綺麗な, 罪に関する, 群が, 聲顏を, 肩に, 肩を, 背には, 腕に, 若い中, 荒々しい話, 葬いを, 話だの, 話は, 談話に, 財布には, 足は, 足元に, 軍歌を, 遊びの, 遊びは, 遊び友達だった, 道祖神勧進と, 野生遊戯は, 隣には, 集団の, 面に, 面目まる, 靴を, 頭に, 顔つきを, 顔見え, 飛出した荒物屋, 首が, 首だ, 首の, 鮎子さんの, 鮎子さんも, 鳥追いや, 鼻の

▼ 男の子~ (239, 11.1%)

15 連れて 8 産んだ 7 生んだ 4 つれて, 抱いて, 生んで, 見おろしながら 3 ジョバンニの, 十文字に, 産むと, 膝に 2 持って, 生んだが, 生んだので, 立派な, 背負い私, 見付けた, 見送りながら, 軽蔑する

1 [165件] うしろ抱き, おじいさんの, おぶつ, おぶひ半, お銀, かしらに, からかって, この五月, さしまねいて, さそって, じか, すくなくもその, せい一ぱい教育, そつと, そのまま四十, その手, たずねだして, つれたまだ, つれた瀬川牧子, どうします, なだめて, にらんで, のこして, ひろって, ひッぱるというのはあまり, みた, もうけた, もうけエドワード, もって, もつだけ, もつ妹, もつ家, よんで, アナーキストの, ジヨバンニの, 一人なくした, 一人のこし, 一人抱へて, 一人持つた, 一人生みました, 一人産んだ, 一人背負う, 一人見なくっ, 一人親類に, 三人も, 二人育て, 今少し, 儲けしが, 儲けたこと, 儲けて, 入口の, 分娩した, 勝利感に, 医師に, 取り立て, 呼び, 呼びおこして, 呼んだ, 和泉屋で, 和泉屋の, 大学寮, 失ったと, 女に, 妻籠の, 孕んだので, 家庭で, 寝かしてから, 寝かせつけてから, 小脇に, 御らん, 我が前, 戸口の, 抱えその, 抱きあげて, 抱き一, 抱き上げて, 抱き二人, 抱き金髪, 抱へて, 拵へ, 持たなかった父, 持ったおかあさん, 持つた母親, 挙げて, 探ね, 新開町の, 死産し, 殺せと, 清子の, 片手に, 特別に, 生ませた, 生ませたの, 生みおとしたの, 生みなさいよ, 生みました, 生みます, 生む, 生むこと, 生むと, 生むに, 生むん, 生む者, 生めはやく, 生んだその, 生んだという, 生んだところが, 生んだらば, 生んだ故に, 生んだ時, 生んでから, 産ませた, 産まないでは, 産みました, 産みましたけれど, 産み落して, 産む陣痛, 産んだが, 産んだもの, 産んだ處, 男の子です, 男性的に, 眺めるの, 眺め農舎, 示す, 私に, 考えると, 肩車に, 育てるのに, 背負い共に, 背負い寒風, 背負ったまま, 背負って, 背負つて壕の, 脊負つて壕の, 膝の, 花壇の, 苛める話, 蔵へ, 行く末僧侶に, 見たいと, 見て, 見るたんび, 見世物師に, 見送って, 設けた, 設けたの, 誘拐す, 負うた女, 貰い子し, 貰い学習院, 身体の, 車に, 追い出して, 連れたの, 連れた五十, 連れた女, 連れた老, 連れた若い, 遊ばせて, 遊んだお, 隣家へ, 震災の, 頭に, 馬鹿に

▼ 男の子~ (112, 5.2%)

8 女の子と 5 女の子とが, 女の子の 4 女の子が 3 一人の, 一緒に, 女の子とは, 女の子とを 2 それから, 三人の, 女の子との, 女の子を, 小さい女の子, 遊んで

1 [66件] いっしょに, おどりだしたぞ, お手, けんかを, その三人, その下, その女中, それからまた瓶, それから今度, それよりも, たつた二人, たつた二人暮し, ちょうどお, つれ立って, としとったば, なって, ふたり並ん, ぼろぼろの, またその, キャッチ・ボオルを, ハチといふ, 一名の, 一家眷族を, 上の, 不意に, 九つに, 八ツに, 出会った, 出来たばかりの, 区別する, 十一の, 同じよう, 同じ服装, 同級である, 四人の, 変りが, 女の子, 女の子たちが, 女の子だけは, 女の子でした, 女の子では, 女の子とに, 対等で, 差別されます, 思い込んで, 思ひ込んで, 手紙で, 手鞠を, 昔かたぎの, 末の, 杉の, 歩いて, 残ったん, 犬二匹とを, 生れて, 私の, 自分で, 自分に, 親しみ山, 解した方, 話しこんで, 赤ん坊が, 赤ん坊とに, 赤ん坊とを, 近づきに, 限った訳

▼ 男の子~ (72, 3.3%)

2 化けて, 化け請人, 取っては, 拇印を, 背き去られた父

1 [62件] あいました, あまりお金, いいました, いう, お会い, きいた, きまって, きまつて, さういふこと, さえ力, その方, つきものに, つれて, なさけ知らぬ, なった, なつた, やりました, ダッドレーの, 云った, 云つてが, 仕立てられ, 仕立てられ樽拾, 会った, 似て, 八島士奴美と, 十三より, 取り巻かれて, 同じよう, 同時に声, 向い父さん, 向っては, 命名する, 喰つて掛つた, 変装した, 好ましからぬ影響, 手を, 教えられた地点, 有り勝ちの, 正子が, 死なれた, 死なれて, 比べると, 注がれる, 生れてた方, 生れなかったん, 用心する, 石を, 私は, 罵られたよう, 言いふくめて, 訊くと, 誘われて, 追つかけられ, 逢ひました, 運の, 遺伝する, 金棒を, 限られて, 限るといふ, 餞別でも, 駆けて, 魅力が

▼ 男の子~ (62, 2.9%)

25 女の子も

1 [37件] あった, あり少し, いた, いたが, いっしょに, しばらく見ぬ, します, しまひ, その前日, その頃, できる千代子, もう大きく, サラリとした, ジッと, タクサン見物し, 一人あっ, 俄かに, 健康に, 堅くな, 多いの, 多かった, 女の子と, 女の子の, 宵から, 少し赧, 戻って, 案内に, 殴ったこと, 生れて, 私について, 私も, 立派な, 箱の, 育てようと, 見境いが, 迎へに, 黒くよごれた

▼ 男の子たち~ (60, 2.8%)

2 と一緒, はみんな, も

1 [54件] がいう, がこんなふうに, がそこ, がその, がその小さな, がふりかえった, がべいに, が一日ベニヤ板製, が如何, が指定, が橋, が王子, が紙風船, が集まっ, が順番, が鳥小屋, だけ列, でやや暫く, で大きくつよく, とのかけっこ, とはなれ, と待, と退屈, と遊ぶ, にまじ, にも負けない, により, のため, の寝室, の悪戯, の言い残しでした, は, はお母さん, はかんしゃく玉, はてんでに, はふざけ, はまた, はわたし, は一層, は元服, は先生, は大, は女の子, は始終, は恰度休み時間, は柵, は足, は黒い, は黙っ, もさ, もなかっ, も帰つて, を入会, を怒鳴りつける

▼ 男の子~ (41, 1.9%)

3 これは 2 あつた

1 [36件] あらうか, いいながら, ござりまする, しかもその, せうそれ, そうして大概, それが, それは, よく肥っ, 一番兄の, 三つに, 三歳, 二三百年前に, 二十三に, 俊雄と, 兄は, 兄弟だった, 勉吉と, 十二に, 名を, 四つの, 巨人の, 彼女の, 悪戯盛り, 次が, 武家も, 歩くたんび, 母親を, 温柔し, 生後八ヶ月たらずでした, 白い褌, 目下大阪の, 襤褸を, 跛足を, 鍛冶屋に, 青い眼

▼ 男の子~ (29, 1.3%)

15 女の子が 3 女の子の

1 [11件] おかつ, 大人の, 女の子から, 女の子たちが, 女の子たちと, 女の子たちとは, 女の子で, 女の子に, 女の子は, 女の子や, 孫たちには

▼ 男の子~ (26, 1.2%)

1 [26件] が仕事, が手, が砂糖, が魚, と同じ, に注意, の写生, の為, の間, はひな子, はまるで, はよく, はクロムウェル時代, は世界中どこ, は単に, は口々, は小さな, は梳毛糸, は父, は私, は竹, は若し, も啓吉, よりも不憫, を乗せ, を裸

▼ 男の子~ (18, 0.8%)

1 [18件] かも女の子, から, からお父さん, からってブルジョア国, からダメ, から旧態, から食事, か女の子, がまんを, けれどど, ぜ, そうあっ, そうで, ということ, とばかり信じ, と申せ, もの, よ

▼ 男の子には~ (14, 0.6%)

1 [14件] それが, たのしい遠足, ふさわしからぬ, まだ危険, 三河守が, 女の子さ, 水遊び道具と, 泣かされますわねえ, 父の, 相違ない, 筒っぽ, 粉ミルクを, 草を, 錺職ぐらいしか

▼ 男の子ばかり~ (11, 0.5%)

2 三人も 1 だったから, だつた, だと, であるため, でたいてい, では, もって, 三人の, 九人養っ

▼ 男の子~ (9, 0.4%)

2 んだ 1 の, のでしょう, ので御座います, ので誰, のに赤い, の女の子, んです

▼ 男の子なら~ (9, 0.4%)

1 なぜまっしぐらに, なにも, ば上, ば害すべし, まだ始末, 僕は, 楽に, 男らしく叱られ, 皆カーツと

▼ 男の子として~ (8, 0.4%)

1 シクラメンの, 全家族, 彼が, 愛せられ父, 扱いました, 父母に, 生活し, 誕生し

▼ 男の子という~ (7, 0.3%)

1 のを, まさしく乞食, ものに, ものに対する, ものは, 観念をめぐって, 順だ

▼ 男の子まで~ (7, 0.3%)

1 あります, みな弱かっ, 傍で, 儲けて, 妙な, 産れ, 連れて

▼ 男の子一人~ (7, 0.3%)

1 かつへ, が乗組み, だけはどうにか, であの, と都合二人, を産ん, 連れて

▼ 男の子女の子~ (7, 0.3%)

1 かということ, そして次に, とりまぜの, と一組, のつき合い, の区別, 入れまじりだ

▼ 男の子~ (7, 0.3%)

1 が却, の中, の記憶, は皆, は繩, は花壇作り樹木, まるで慈父

▼ 男の子であった~ (6, 0.3%)

2 からいきなり 1 か女の子, がすぐ, とかいうこと, 内からの

▼ 男の子二人~ (6, 0.3%)

2 は竹槍 1 が, のため, の内, を連れ

▼ 男の子である~ (5, 0.2%)

1 から病原菌, か女の子, が中, と聞いた, 処も

▼ 男の子です~ (5, 0.2%)

2 もの 1 かね女の子, が死亡, よそれ

▼ 男の子とは~ (5, 0.2%)

1 うれしいね, 気がつかなかったよ, 氣が, 永い永い間, 違うん

▼ 男の子だったら~ (4, 0.2%)

1 いっしょに, やっぱり治, フリードリッヒと, 役に

▼ 男の子って~ (4, 0.2%)

1 いいこと, どんな親しい, まったくおもしろい, 細かいところ

▼ 男の子では~ (4, 0.2%)

2 なくて 1 無理です, 私が

▼ 男の子としては~ (4, 0.2%)

1 これ以上を, まづ性質, 一人子な, 大出来

▼ 男の子なれ~ (4, 0.2%)

3 ばお前 1 ば之

▼ 男の子みたい~ (4, 0.2%)

1 なおいたは, なの, な事, な手剛さ

▼ 男の子~ (3, 0.1%)

2 女の子か 1 女の子を

▼ 男の子から~ (3, 0.1%)

1 いじめられたり, その親友, 施しを

▼ 男の子だけ~ (3, 0.1%)

1 で同じ, で数人, 三人選ん

▼ 男の子だった~ (3, 0.1%)

1 がすっかり, なんてうち, のでジャン

▼ 男の子であろう~ (3, 0.1%)

2 と女の子 1

▼ 男の子でした~ (3, 0.1%)

1 がおかあさん, よ, わ

▼ 男の子でない~ (3, 0.1%)

1 のでお父さん, ので漁, ように

▼ 男の子でも~ (3, 0.1%)

1 その流儀, 下駄か, 次男三男は

▼ 男の子とが~ (3, 0.1%)

1 いた, ややほ, 将棋を

▼ 男の子とで~ (3, 0.1%)

2 故殺の 1 庭の

▼ 男の子とを~ (3, 0.1%)

2 相手に 1 乘せ

▼ 男の子にも~ (3, 0.1%)

1 どう見, 慰藉料を, 貞操を

▼ 男の子ふたり~ (3, 0.1%)

1 あれば, のかす, を儲けた

▼ 男の子らしい~ (3, 0.1%)

1 ことでない, そうです, 軽袗などを

▼ 男の子らしく~ (3, 0.1%)

1 あっさりと, もなく, 下ぶくれ

▼ 男の子全部~ (3, 0.1%)

1 が突然, に判決, のこと

▼ 男の子さえ~ (2, 0.1%)

1 あった, 産まれて

▼ 男の子だって~ (2, 0.1%)

1 慰藉料を, 色々と

▼ 男の子との~ (2, 0.1%)

1 つき合いは, 自然で

▼ 男の子にでも~ (2, 0.1%)

1 まるで無料, 仕事が

▼ 男の子ばかりが~ (2, 0.1%)

1 まだ二人, 八人も

▼ 男の子ばかりで~ (2, 0.1%)

1 来て, 遊ぶん

▼ 男の子~ (2, 0.1%)

1 お恭ちゃん, 可愛くて

▼ 男の子よし~ (2, 0.1%)

2 つくづくと

▼ 男の子よりも~ (2, 0.1%)

1 倍も, 大分上手だった

▼ 男の子~ (2, 0.1%)

1 はよろこん, は彼

▼ 男の子三人~ (2, 0.1%)

1 のうち, のお母さん

▼ 男の子~ (2, 0.1%)

2 と竝

▼1* [98件]

男の子おそらくみんな兵隊と, 男の子おりてトッチャお前, 男の子かしら女の子かしら, 男の子かということで, 男の子かとばかり思った, 男の子がやあれとと, 男の子こそ生みたいの, 男の子これ幸と父, 男の子へ出, 男の子じゃなくて, 男の子それに大きな, 男の子それから女の子は, 男の子たちみたいに殆ど, 男の子たち佐藤さんのは稲ちゃん, 男の子たる自分に, 男の子だけが留守を, 男の子だけに消極的に, 男の子やなく, 男の子ったら半分以上軍人志望な, 男の子であって一朝, 男の子であったら正樹ちゃんが, 男の子であれば源氏, 男の子でございましたので申し出ました, 男の子でしたら伝手を, 男の子でなかったからお母さん, 男の子とだって歩きますよ, 男の子とに限られて, 男の子と共に京橋鎗屋町の, 男の子など父親の, 男の子などはもうそれ, 男の子なども居ました, 男の子なんかはこの漁師, 男の子なんぞに負けないので, 男の子について一層問題, 男の子にとっては愛や, 男の子によってアンネットの, 男の子に対する体刑なども, 男の子はいちんち, 男の子はくくくと, 男の子はじぶんのお家, 男の子はと全般的に, 男の子はとか全般的に, 男の子ばかりになりたがる私, 男の子ひとり亡くした, 男の子へはオモチャ, 男の子ほか国中にいなくなっ, 男の子ほど重大に, 男の子まじりにわたくし, 男の子または老入道, 男の子めいてい, 男の子やもいとけなけれど, 男の子よちよち歩きの, 男の子らしくしてあたしたち, 男の子イヤ是は読者, 男の子ウペシュはそれ, 男の子か, 男の子スレッジをする, 男の子一つは黒, 男の子三人抱へた, 男の子三名のご, 男の子に男, 男の子主人の老母, 男の子二人活動の真似, 男の子何人ありやを, 男の子六年の女の子, 男の子冥加というもの, 男の子切りぬいて作る, 男の子十次郎樣を生ん, 男の子即ち春一は, 男の子同士の正義感, 男の子同志で町内, 男の子同志女の子は女の子同志, 男の子四五人男の子ばかりで来, 男の子四人同じ赤い, 男の子女の子プロレタリアート闘士の交代者たち, 男の子女の子母親が来, 男の子孝吉は雇人, 男の子小学校の生徒たち, 男の子小柄で色白, 男の子少年悠造大人の悠造さん, 男の子の顔, 男の子の少将滋幹, 男の子或は先夫人かと, 男の子故にさらに不思議, 男の子がローゼマリー, 男の子毛糸で編んだ, 男の子煩惱は決して, 男の子父さんだって一寸, 男の子田舎にも珍しき, 男の子自分三人半づれにて那須に来る, 男の子行雄と共にどうにか, 男の子は何者, 男の子譲つてくれて, 男の子連れの奥さん, 男の子の真中, 男の子風太郎いかに神出鬼没, 男の子風太郎如何に神出鬼沒, 男の子飛行家になりたい