青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「母親~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

殿下~ ~殿様 殿様~ ~母 母~ ~母さん 母さん~ 母上~ 母屋~ ~母親
母親~
毎~ 毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~ 毎朝~ ~毒 毒~ 比~ ~比べ

「母親~」 10028, 96ppm, 1143位

▼ 母親~ (2541, 25.3%)

52 顔を 47 ことを 36 ように 30 ところへ 17 ような 16 姿を, 手を 13 お槇, 前に, 方へ 12 お豊, 口から, 心を, 手に, 顏を 10 ことが, 声が, 方を 9 お辰, お高, 側に, 姿が, 方は 8 お組, ことも, ために, もとに, 事を, 心が, 手で, 方に, 眼の 7 お春, お角, そばに, 所へ, 胸に, 膝に, 顔が 6 ほうは, やうに, 乳房を, 手から, 膝の

5 [14件] いうこと, そばへ, ほうが, 乳を, 傍に, 前で, 声は, 心に, 様子を, 機嫌を, 肩を, 背に, 胸には, 許へ

4 [33件] おすみ, お仲, お早, お駒, ことで, ことや, そばで, たもとに, ほうへ, ケニンガム夫人は, 側へ, 喜びは, 声を, 姿は, 寝て, 心の, 懐に, 手が, 死を, 気持が, 病気の, 病気を, 眼には, 眼を, 胸へ, 胸を, 腰に, 臨終の, 言うこと, 言葉が, 言葉に, 言葉を, 部屋へ

3 [49件] お倉, お寿, お市, お徳, お淺, お源, かおを, ことは, ところに, やうな, 云ふ, 写真を, 処へ, 前では, 前へ, 名は, 問へば, 声で, 子供に対する, 家の, 居睡り, 形見だ, 後を, 心には, 心は, 愛の, 手一つで, 手紙を, 手許を, 敵を, 方で, 気持に, 留守に, 病気は, 白い顔, 目から, 目に, 眼は, 礼子は, 笑顔を, 耳に, 耳を, 肩に, 胎内に, 胎内を, 腹に, 腹を, 面影が, 顔も

2 [172件] あとから, いいつけ, いう通り, いない淋し, いる家, おくにさん, おふみ, およ, おりんは, お今, お信, お八代さん, お勇, お宮は, お市さん, お常, お弓, お楽, お樂, お滝, お照, お石, お紺, ことである, ことなどは, しつかりした声, そばを, ない娘, ない子供, ない子供等, ひそかな, ひばりは, ほうに, ほかに, もとへと, やさしさ, シヤボンの, ツメオが, ワルワーラと, 世話を, 両腕, 丹精も, 乳房に, 事は, 二人が, 介抱を, 代りに, 住んだ家, 住んで, 何か, 傍らに, 再教育, 出て, 前を, 半分も, 呼ぶ声, 呼聲しば, 命令で, 嘆きは, 声に, 外に, 夢は, 夢を, 女主人, 如くいもむし, 妹が, 姿だけを, 姿に, 実家の, 実家は, 家を, 容子に, 常ぞ, 弟が, 弟で, 形見, 形見です, 形見の, 役目に, 後に, 後ろから, 後ろに, 心をも, 心持を, 思って, 意見を, 愚に, 愛は, 愛情が, 愛情などは, 愛情は, 慈愛が, 慈愛の, 懷に, 手の, 手へ, 手助を, 手紙が, 手紙によって, 手紙の, 手許に, 持病が, 方が, 時代の, 木と, 本能の, 機嫌の, 死に目にも, 死骸に, 死骸の, 気持を, 気苦労を, 泣いたの, 注意が, 注意を, 浅ましさ, 為に, 為めに, 無い子供等, 無分別さも, 玉江は, 琴と, 生きて, 生殖器に, 用意し, 留守の, 病気が, 病氣の, 痛ましい姿, 癪に, 皆三, 目が, 目を, 盲愛は, 眼が, 眼に, 笑顔だった, 給仕で, 背で, 背中で, 胸の, 腹から, 膝もとへ, 膝を, 自分が, 虎の子を, 袖を, 見えるところ, 言を, 言葉は, 言葉も, 許に, 話では, 話に, 話を, 説教ぐらゐで脆く, 財産を, 身に, 身の, 躾け, 部屋に, 限りない, 非業の, 面を, 顔で, 顔に, 顔にも, 顔へ, 養生も, 首に, 髪の毛に, 髪を

1 [1309件 抜粋] あしもとの, あのむごたらしい, あること, いうよう, いったこと, いつもの, いない事, いない時, いるの, うしろで, うすよごれた, うわさを, おいしという, おけさ, おたか, おだやかな, おはま, おらく, おろおろした, お伊能, お利榮さ, お加世様, お古の, お墓, お安, お市婆さん, お手伝い, お時, お杉, お株が, お町, お節が, お縫, お腹が, お葬式, お蘭, お針上手は, お静, お鳥, かすで, かめよと, かわりに, くんで, こうした言葉, こころは, ことでした, ことなぞを, ことなんかは, ことや坐, この厚意, この苛酷さ, これこれの, こんな態度, しげ女が, しもと兄嫁の, すきさうな, するの, する通り, せいに, せきに, そういう悲劇, その場, その祕密, そばから, そぶりは, それと, ためにも, だまって, つけた燈明, つもりで, ところへは, と見分け, ないこと, ないわたくし, ない子供ら, ない幼, ない悲しみ, なった鳥, なによりも, はらの, ひきずるよう, ふところかとも, ぶつぶつ言う, ほうにばかり, ほこ先を, もつ麻, もので, ものらしく思えた, やがて帶とき着物, やせた姿, やつれた顔, ようす, ようだ, ようなある, わきの下から, を待つ, を見た, オド, クタビレた, シェップが, スカートの, スゲノも, セルの, ツベコベ云う, ピアノの, ペットです, マルガレエテの, リクは, 一周忌が, 一層注意深く, 三七日を, 上を, 不安を, 不注意から, 世話から, 両側に, 並足に, 丸髷を, 乏しい小遣, 乳が, 乳の, 乳房でなけれ, 乳房へ, 乳離れの, 事で, 事と, 事や, 云うとおり, 云った言葉, 云ふと, 亡くなったの, 亡夫の, 人となりをも, 人格に, 仕打が, 仕込みだらう, 代りをも, 代理に, 任だけを, 位牌の, 住居に, 体の, 体質に, 何度と, 依頼で, 健康とを, 側の, 傷つきやすい, 働きぶりを, 優しい声, 兄弟かと, 先に, 兩腕は, 処に, 分まで, 別れに, 前や, 力な, 力も, 加減が, 勝気な, 匂いが, 千世子は, 単純な, 友だちという, 叔母が, 口に, 口ぶりや, 叫び声が, 叫び聲だつた, 叱責をさえ, 名しか, 名を, 呆れたらしい声, 呪詛の, 味方にな, 呼声しばしば, 哺乳が, 喜びが, 喜ぶよう, 喧嘩には, 嘆息を, 四人を, 在生中, 場合である, 墓にだけは, 墓側へ, 声だけが, 声の, 変死とか, 多代子が, 多計代, 大切さを, 大病医師に, 女としての, 女手一ツで, 好きな, 妹で, 姉だ, 姓です, 姿な, 威厳が, 嫁入り道具の, 子守唄に, 安心と, 実家町田氏の, 家から, 家出しかも, 容態が, 寐て, 寝室の, 寝床の, 寝顔を, 小さい丸髷, 小さい肩, 小皺の, 小遣いを, 尼さんなどが, 居間で, 屍に, 展墓である, 差し出す箸, 希ふ, 帰ったとき, 帰りに, 平常の, 年齡さへ, 年齡を, 廊下に, 強気と, 弾いた音, 形見で, 形見でございます, 影も, 役と, 役目と, 彼女よりも, 後から, 後ばかり, 後姿を, 御意の, 心くばりである, 心などを, 心乙女の, 心持ちを, 心根を, 心遣いで, 心配と, 心配ぶりを, 必要を, 忠告によって, 怒り狂う声, 思い違いでは, 思想は, 性を, 性質を, 怯えて, 悔みの, 悪いこと, 悲しそう, 悲しみを, 情だった, 情熱的な, 意に, 意志どおり持つ, 意見であった, 愚痴は, 愛だけ, 愛にも, 愛情, 愛情との, 愛情にのみ, 感情に, 感情へまで, 感慨無量な, 慈愛のみ, 態度も, 憎しみを, 懐から, 懐でも, 我子を, 所番地を, 所謂しっかり, 手にて, 手傳ひ, 手内職ひとつで, 手前少し, 手前東京の, 手紙では, 手縫の, 手許で, 手際と, 拵えた子, 指し金である, 指図ど, 挨拶などに対しても, 揃いも, 操です, 文字だつた, 方からも, 方です, 方には, 方針に, 旅館へ, 時々の, 時代と, 時子は, 晩年に, 晴着の, 最初の, 望みで, 未亡人で, 本心は, 本當, 束髪姿が, 来るまで, 松代が, 枕元へ, 枕辺に, 果敢ない一生, 棟です, 様な, 様子と, 横へ, 横顔を, 櫛の, 歌った声, 歎き, 止めるの, 死です, 死に方, 死んだとき, 死体に, 死骸も, 死體らしい, 殺されたとき, 毒々しい当こすり, 気で, 気の, 気を, 気持ちが, 気持なんて, 気持は, 水臭い心持, 法事を, 泣き聲と, 浴衣が, 涙と, 温かい愛情, 温良さは, 満足と, 濡れた襟, 無条理, 熊は, 爲めである, 片意地は, 物言ふ, 甘いの, 甘く育, 生れか, 生前の, 生活が, 生活の, 生活を, 番, 病室へ, 病気と, 病気見舞の, 痛がる, 白い肉体, 白髪首に, 目には, 目は, 盲目的に, 看取りから, 看護を, 眼から, 眼にも, 知らせによって, 知らぬ訳, 示すよう, 礼子で, 祈りを, 私で, 私を, 立って, 笑顔は, 答えは, 素振, 素朴で, 細かな, 繰言, 罪は, 美貌の, 羽がいの, 老婆と, 考えで, 考えは, 聲だ, 肉体そのものの, 肖像よりも, 肩の, 肩身が, 背中に, 背後に, 背面姿に, 胸もとへ, 脊に, 脊中に, 腋臭は, 腕に, 腕一つでは, 腹の中で, 腹ア緊縛って, 膝で, 膝にも, 膝下に, 自分の, 自然な, 舌に, 苛辣な, 若い時, 苦しい家計, 苦しむ目つき, 苦労は, 茶色の, 葬式に, 蔭で, 薬代に, 處に, 蝸牛, 血つづきで, 術であるらしく, 袖に, 装置の, 襟に, 見つめて, 親切この, 解釈とか, 言い出したこと, 言うところ, 言った詐りごと, 言つてゐる, 言ふところでは, 言葉だった, 言葉に従って, 言葉通り何処か, 記念の, 許から, 許しを, 証言ばかり, 話で, 話などを, 語気の, 調子は, 講習会や, 負って, 貧弱な, 責任感の, 走るの, 越後屋の, 足元に, 身の上も, 身体に, 身體が, 身體を, 躾にも, 近く数歩の, 返辞は, 遠慮勝ちだった, 遺書が, 遺言です, 遺骸が, 里で, 野辺送りを, 長崎表での, 関心年頃の, 陰で, 陳秀梅と, 雛形に, 霊魂を, 静かな, 面して, 面前を, 頭が, 頭は, 頭を, 顏が, 顏の, 顔から, 顔とが, 顔には, 顔色が, 馬は, 騒ぐの, 骨らしい, 髪に, 髪は, 黒い姿, 黙許を

▼ 母親~ (2220, 22.1%)

33 それを 15 自分の 14 言った 13 娘の 12 いいました 10 子供の 9 黙って 8 目を, 私の 7 子供を, 彼の, 急に, 母親で 6 娘を, 息子の 5 いって, これを, 云った, 声を

4 [11件] いった, お庄, こんな事, だまって, 一人で, 二番めの, 台所で, 子供に, 手を, 答えました, 驚いて

3 [35件] お島, お膳, すつかり, そういっ, その子, それに, どこに, 丁寧に, 今まで, 何を, 前の, 十年も, 四つに, 女の, 妹の, 娘が, 娘に, 強いて, 彼を, 彼女が, 彼女の, 心配し, 急いで, 溜息を, 無けなし, 獨言の, 病気に, 私を, 立って, 童子に, 笑いながら, 笑った, 笑って, 笑ひ, 顔を

2 [144件] あまりの, あわてて, いつでも, いつに, おじいさんに, お嬢さん育ちの, お菊, かう言つて, きまつて, こう言っ, こんな苦しみ, さう, さすがに, そう言っ, そこに, その子供, その度, その日, ため息を, つとめて, つぶやいた, とう, とられた, どうした, どうする, どこか, どちらかと, びつくりし, ほた, まだ歩き出す, わが子を, わざとお, オロオロし, 一太を, 二人の, 二人を, 二日置き, 二階の, 五年前に, 今朝は, 信じませんでした, 傍に, 傍の, 兄の, 出て, 前に, 千世子に, 千世子の, 厭な, 去年の, 叔父の, 台所の, 吃驚し, 咽喉を, 喜んで, 四つ折の, 妙に, 子に, 子供が, 学校の, 安心し, 家の, 家へ, 小さいうち, 小さな娘, 年の, 弟を, 彼に, 彼女を, 心配そうに, 思ひ出したやう, 怯えと, 息子を, 感じの, 手内職にと, 指を, 故意に, 時々心配相, 晩飯の, 東京へ, 柔かくやる, 橋場の, 次の間の, 正吉を, 死ぬ, 死んだ, 死んで, 沢山積みかさねた, 泣き, 泣きながら, 泣くよう, 流石に, 涙を, 深川の, 源吉の, 煎薬を, 父親が, 父親の, 王の, 病身で, 皆三を, 目に, 直ぐに, 真っ紅, 眼を, 知って, 確かに, 私が, 童子の, 笑いました, 紅殻色の, 継母である, 耳を, 聞いた, 聲たて, 背中に, 自分が, 自分も, 自分を, 見て, 観念する, 言いました, 言って, 言つた, 話を, 赤児を, 起きて, 辰夫を, 返事の, 遠い親類, 重い口, 針仕事の, 鈍感である, 長く腎臓, 長崎に, 長火鉢の, 隣家の, 頭を, 顔色を, 食事の, 館山の, 黙つて帰, 鼻が, 鼻を

1 [1601件 抜粋] ああといった, あきれけ, あけても, あのお婆さん, あまく育てる, あらかじめ一封, あるまいと, ある貸座敷, あんまり年, いうの, いきなり叱りつけた, いたが, いったものの, いつもに, いつも娘, いつも答えた, いない, いぶかしそう, うたがいを, うまい夕餉, うわべでは, おしゅん, おそれ入って, おれを, お前に, お安, お文, お産の, お芳, お葉, かう言つて隣, かけはじめたわたし, かなりまえ, からだに, きちが, きつい眼, ぎょっとした, げんなりした, こういっ, こう言った, このイロハ長屋, この唐突さ, この時家, この話, この際父親, これが, これも, こんなふう, さえぎって, さっき私が, ざらに, しのび足, しまいそう, しんぱいし, じりじりし, すぐ, すぐには, すこし声高, ずいぶん苦労, そういう, そういった口, そうっと五, そう云っ, そこで, そこへ, そっとベッド, そのたび, そのまま里方, そのよう, その上, その二年前, その前夜, その娘達, その実, その後で, その後姿, その方, その狡, その瞬間, その翌日, その薬, その話, その間に, そばで, それからぜひ, それで, それで娘, それは, そろそろ用件, そんな事, そんな風, たいがい狼狽するだろう, たしかに立派, ただその, たちまち警戒, たまるまいと, ちっとも表情, ついにあきらめろ, つえを, つねに良き, とうとう息, とてもそれ, どうし, どうぞ居, どうなる, どこからか, どんなこと, どんな心持, ないこと, なおクドクド, なくな, なにか, なみたいてい, なんといっ, にこにこ笑い, ぬくまった小鳥, のぞきました, はっきりどこ, ひとしきり仏, ひどく気, びっくらした, びっくりした, ふたりを, ふとある, ふと童子, ふと首, ぷんぷんおこっ, まくらもとへ, ますますこれ, またおろおろ, またその, また仕事, また手品師, また硝子戸, また言葉, まだお, まだら, まだ汽車, まだ相手, まだ茶の間, まっ青に, みづ江, むんむと気の, もういくら, もうお, もう七十, もう娘, もう涙, ものぐさそうに, やうやく, やがて繻子, やせ形, やっと性, やっぱり過日, やはり一族, やはり針仕事, よくいい諭した, よく其村, よく肥えた, よめと共に, わかってるん, わたしに, わめき立てた, アマム・エチカッポの, イワンについて, オドオドし, シナから, ゾッとしたらしく, テーブルの, ハヅンで, ハリコフの, ブエーノスアイレスに, ベッドの, マジマジ娘の, ランプを, 一々物, 一先村へ, 一寸だまっ, 一方貞淑, 一旦他家, 一点を, 一足先に, 万事に, 三味線を, 三木の, 下町へ, 不安心らしい, 不思議に, 不滿そう, 両手を, 並んで, 主婦が, 乳が, 二つぐらいの, 二三十分間という, 二人ながら, 二年前に, 二階へは, 云ったそう, 五十ばかり, 五百ルーブリ以上は, 亡夫の, 今とり上げた, 今夜誰か, 今湯, 以上の, 伊奈子も, 伝蔵の, 低い声, 佐渡に, 何うし, 何の, 何んだ, 何時か, 余に, 例の, 信心家だ, 俺に, 傍なる, 優しく新蔵, 兄半作が, 入口を, 六時に, 其処に, 内々私, 内容を, 冬ま, 出合い頭に, 初めから, 初代の, 別に気, 削りかけの, 前よりも, 勢限りわたしを, 包みの, 十七歳の, 十何人という, 十八歳に, 半蔵に, 単純な, 又旅, 反対しない, 叔母が, 口に, 口やかましく子供, 古い写真, 台所へ, 吉日を, 名古屋者だった, 呉と, 呻いた, 命を, 唖者で, 喜ばしい安心, 喧嘩の, 困難したらしかった, 土間で, 坐り直して, 壁によって, 夕方独りで, 外まで, 多分今時, 夜更け, 大そう, 大内義隆の, 大急ぎで, 大抵泣く, 太陽を, 奥坐, 好いのよ, 妾だ, 姉娘の, 始終子供, 娘二人に, 嬉しさ, 子ばと, 子家鴨, 安井さんの, 実家に, 宿題帖を, 寝せつけようと, 寝込んで, 対手の, 小さなはさみ, 小さな白鳥, 小器用な, 小柄でやせぎす, 小走, 少しは, 少し厳しい, 少年の, 居睡り, 山王様の, 巳之吉から, 帯の, 帰らぬから, 常に変らぬ, 平次夫婦に, 年老, 幾人あるでしょう, 床を, 座敷の, 引ったくる, 弟嫁と, 当時名高い, 彼等が, 後で弟嫁, 後の, 微笑し, 心の, 心配の, 忰の, 怒つて云, 怖ろ, 思い切り悪く, 思って, 思ひ切り声高, 急き込んだ, 急性の, 怪訝そうに, 恩人だ, 息子のか, 悪党だ, 悲しき息, 悲痛な, 愚痴に, 感冒から, 慈しみ深い, 憤慨の, 戸口に, 手ま, 手内職を, 手紙を, 押入から, 持前の, 握って, 放送局には, 文ちやんも, 斯う, 新しい手拭, 方々の, 旧京都, 早速それ, 明りの, 昔を, 昨日から, 時々倒れ, 時どきそれ, 暇さえ, 暗い臺所, 曖昧な, 最明寺殿の, 望みが, 木の, 末つ, 本当にそう感じ, 机の, 来客の, 松之助が, 栄介の, 桑生の, 楽譜を, 機屋から, 次第によ, 此の, 此間中の, 死ぬであろう, 死んだとも, 殆ど無意識, 母親だ, 毎日東の, 気の, 気忙しそう, 氣でも, 水を, 水汲み, 江戸生れの, 泣いた, 泣き立てる乳, 注意した, 洗濯物を, 流行の, 涙で, 涙乍らに, 深々と, 済まぬ顔, 溜息の, 激励の, 火鉢の, 無心な, 無病壯健の, 熱病の, 父親に, 片方の, 物狂おしげ, 独で, 独り言の, 猛烈な, 玄関へ, 産婦に, 申しわけな, 男勝りの, 界隈の, 病気で, 病氣で, 病院に, 白い目, 白痴で, 百二十フラン君に, 直ぐ和いだ, 相手に, 真蒼, 眠そう, 眼も, 睡つたやう, 知らない人, 祝いに, 秀吉に, 稍, 立止つた, 笑つてゐた, 笑わない, 答えた, 米友の, 紹介を, 絶えずお, 絶えて, 継母な, 綺麗じゃ, 縁側に, 繼しい, 美しいもの, 老けて, 老眼鏡越しに, 耳に, 聞えない位, 聞く毎, 肺病だった, 背中へ, 胸の, 腕捲りし, 臨終の, 自分と, 自殺では, 興奮し, 良吉が, 若いなりの, 若い頃, 苦しんだ上, 茶の間で, 華麗な, 蒲団の, 藝妓だつた, 血だらけに, 衝と, 袷や, 裏口に, 襷がけに, 見向きも, 親の, 観音様の, 言い慣わした, 言ひ出した, 話しかけて, 誰それから, 諭すよう, 貧しい中, 賛同し, 赧らんだ, 身の上の, 身体を, 転がろうが, 近所で, 通り庭から, 遠慮がちに, 部屋へ, 醫者に, 重苦しくひそや, 針仕事を, 鉄瓶の, 銚子を, 鍬で, 長いあいだ田舎, 長火鉢に, 門口の, 附近に, 隆夫少年ひとりを, 際立った美貌, 震災の, 非常に, 頗る厳しかっ, 頼んだ, 風呂敷の, 養母だ, 駆け寄って, 驚いた顔つき, 髪を, 鳥の, 黙ツ, 鼻涕を

▼ 母親~ (1396, 13.9%)

16 出て 15 自分の 13 死んで 9 子供を, 病気で 7 子供の 6 帰って, 心配し 5 それを, 口を, 眼を, 立って

4 [11件] そこへ, 二人の, 何か, 再縁した, 子を, 息子に, 手を, 来て, 死んだ後, 生きて, 顔を

3 [19件] ある, いいました, いるの, ひとりで, やつて, わが子を, 先に, 娘に, 娘の, 彼の, 急に, 息子を, 手づか, 死ぬと, 気を, 眼鏡に, 言った, 言つた, 顔色を

2 [88件] あったの, あとから, あるの, ある時芝居, いかほど望んだ, いた, いった, いないの, おれの, これだけでも, そんな事, ついて, どこかへ, ないから, なくて, なくなってから, はいって, まだ達者, みたてて, もちだした, やって来て, よく健, グレゴール, 一人あつ, 一番割が, 一番手すきの, 上って, 不在の, 不注意で, 二階へ, 云うもん, 云ふ, 亡くなってから, 今津の, 代って, 何かの, 來て, 側から, 刺された刻限, 加減が, 呼んで, 声を, 大変に, 好きだ, 姿を, 室の, 寝て, 小さい声, 小さな玩具, 年を, 幼児を, 彼女を, 待って, 心配そうに, 急死し, 悪い, 愛児を, 早く亡くなっちゃった, 早く亡くなつたせゐ, 案じて, 母親だ, 汲んで, 泣いて, 涙を, 無理に, 玄関に, 申して, 病んで, 目を, 私に, 私の, 私を, 籠に, 腰かけて, 自分を, 蓋を, 襖を, 見つけて, 見て, 説明した, 迎へに, 送って, 這入って, 附いて, 階下に, 餓死する, 驚いて, 鶴姫誕生の

1 [1018件 抜粋] あいにく病気, あたりを, あったっけ, あったはず, あっても, あつて, あの気持, あまり遠く, ありました, ありましてね, あり妹, あり私, あるぜ, あるだろうか, あるという, あるもの, あれこれと, あわてて, いう, いうので, いかにも楽し, いかに儉つて, いきなり由三, いくらすすめ, いたらあまえて, いっしょに, いったことば, いった通り, いってから, いつでも, いつもそれ, いつもよくいう, いつも有卦, いないため, いない家, いねえもん, いまとんだ, いま泊っ, いらぬ心痛, いるから, いるし, いると, いろいろと, うっかりし, うどんこと卵を, おっ妊, おやそさん, おられると, おれに, お乳, お前に, お勝手から, お礼を, お茶を, お訣れしない, お高く止まっ, かにを, がっかりした, がばと高く, きいて, きたもの, きり, こいつを, こえを, こしらえて, このよう, この場, この後, この緩和, こまつて了つた, これ一ツを, こんなな, こんな寒い, さう, さほど可愛く, しっかり抱い, して, すきか, すすめようとも, すわると, せっせと足, そういっ, そうな, そこまで, そのとき, その世話, その声, その恐ろしい, その時, その病児, その衰, その足, その騒ぎ, そばへ, それだけは, それについて, それらの, そんなに早く, たしなめて, たったひとり, だん, ちょうどそんな, つと立ち上つた, つまりおっか, でて, とおりかかり, とりに, どうしてこの, どうしても意地, どうしてゐる, どこかに, どなるので, どんなからくり, どんな切迫, ない, ながいあいだ, なくなつた, なく私, なげくと, なんと見たでしょう, にこにこし, ねえとか, はじめての, ひとこと申しわけの, ひどく可愛がっ, ひょっこり帰っ, びっくりしまし, ふと想い出した, ほんとうに, ぼくに対して, まず乗り気, また口, また救った, また申しました, まだ田舎, まるで子供みたい, もう働い, もつぱらガーゼ, やかましいから, やってきても, やつと, よくも生き, よんどころない用事, わからずやの, わが身の, わるいと, ゐないとか, ゐなくなるなどといふ, ゐる, アイビキの, ガラス戸に, クリスチャンで, コップを, チョコレートに, ドレ, パアパア何とかと, フラリフラリと, ボクに, ママ子を, モスク, ランプを, 一人あっ, 一人ございます, 一人で, 一人ゐた, 一人父親は, 一回聞いた, 一層有難く慕わしかっ, 一昨日話し, 一番えらい, 丁度そんな, 三人子供を, 上京した, 下手に, 下手人だったら, 不審そうな, 不承知だ, 不注意だ, 不運と, 中から, 丹精を, 久しく来ない, 乞食の, 乳兒の, 二〇九三人の, 二三日前から, 云い出した婚約取消, 云った, 云つた, 亡くなったあと, 亡くなったの, 亡くなって, 亡くなつて, 亡くなりました, 亡くなり私, 亭主の, 今ここに, 今まで, 今日は, 今言った, 仕度し, 他の, 他出し, 代つて説明, 佇んで, 何だ, 何と言つて來, 何の, 何時か, 余りにも, 余り衰え, 來た, 倉持が, 傍目も, 僕が, 僕を, 先々の, 先づ三千五百石, 入って, 入れて, 其子供と, 内職に, 再びかかる, 冥府の, 出発の, 分ると, 切れかかったぞうり, 初めて北海道, 初代の, 制した, 割合に, 勝手な, 勤めたこと, 十三まで, 半ば眠り, 卓子を, 危険と, 反対する, 口癖の, 只動いた, 可哀想ぢや, 台所から, 叱ったので, 叱りつけた, 同情された, 向うを, 呆れて, 呼び出され引き渡されたが, 呼ぶ声, 咽喉を, 品夫を, 唄いましたこと, 善良な, 四五里離れた, 土間の, 坂の, 執拗く薦めた, 夕餉の, 外出する, 多くなり, 多鶴子は, 夜も, 大へん縹緻, 大分経っ, 大病である, 夫と, 奥の, 女としては, 好きだった, 姉妹で, 媒妁を, 子どもを, 子供に, 学校へ, 実は頭, 家から, 容赦なくまくり上げた, 寒い天候, 寝ながら, 寺参を, 寿子の, 尋ねた, 導かなければ, 少しでも, 居るばかり, 巖丈な, 帯の, 常識を, 幼い兄通泰, 庇うよう, 度々言っ, 弁解し, 弟子に, 形見の, 待ち兼ねて, 後夫, 後家の, 心づけ, 心配いたしました, 心配してた, 必然に, 念珠を, 怖い顔, 急病だ, 怪んで, 怯えて, 恋しくなる, 息子が, 悲歎の, 惡黨な, 愚かにも, 感づいたの, 態, 我慢の, 戸締りを, 戻つて, 手ずから着物, 手ぬぐいを, 手一ツで, 打開けた, 承知しない, 指して, 捨てて, 提灯を, 操正しく, 故郷へ, 料理や, 旅行の, 旨いもの, 早くなくなっ, 早速推挙, 昼食の, 時計を, 晩年しよんぼり, 最初の, 有うも知ぬ, 朝飯を, 来たので, 来二週間, 板戸を, 林檎の, 枝に, 柱の, 棕櫚縄などを, 止めた, 正直そうに, 歩きました, 死にすぐ, 死ねば, 死んだあと, 死んだと, 死んだの, 死んだ晩, 死んでからは, 歿く, 殺されたの, 殺人の, 毫もこれ, 気位の, 水瓶を, 汲で, 河へ, 泣きながら, 洗濯し, 流行の, 涙片手に, 深い慈愛, 源吉の, 無いから, 無暗に, 焼死に, 父に, 物を, 特別の, 独りで, 玉子焼を, 現われたので, 現実には, 甘いと, 生んだには, 生前自分の, 産後の, 申します, 申述べた, 町へ, 畳みかけて, 疑問を, 病人よりも, 病気だ, 病気という, 病気に, 病氣で, 癆症で, 白い服, 盛に, 看經, 真青に, 眼に, 眼鏡を, 知って, 知らせて, 確かに, 祖母さんと, 神棚へ, 突かかる, 窓近くの, 竝んで, 答えた, 糸を, 結婚を, 絶え入りさ, 縄たわしで, 續い, 美しい女性, 羨ましがった, 耐えて, 聞いて, 聞かない, 育てなければ, 肺炎を, 背伸びし, 胡散そう, 膝を, 自分で, 自殺した, 船の, 若い頃, 苦しむので, 茶の間で, 草原へ, 菓子折や, 藤の, 行つてお, 衝突した, 衣食に, 袋戸棚を, 襷を, 見ながら, 見咎めて, 見物し, 観て, 言いました, 言う, 言ったが, 言って, 言つたのを, 言葉を, 訊いた, 託して, 許しませんでした, 註解を, 詠んで, 話したと, 説き諭して, 誰かの, 諦めませんで叔母さん, 貰ってる金, 賃仕事を, 贔負に, 赤ン坊を, 赤坊を, 走るの, 起きてるやう, 起き出られるよう, 身を, 車の, 近いうち, 返事を, 逆上し, 連れもどったの, 違い日頃仲が, 違うという, 違うので, 遠くの, 選んで, 部屋を, 酒を, 酷く勿体, 重き病床, 金の, 釜たきを, 鍵孔から, 長い叺, 長の, 門の, 階下へ, 隠して, 霍乱で, 頑張って, 頤で, 頻りに心配, 頼りであり, 願掛けを, 風呂桶の, 食事時に, 食器を, 駄々ッ児の, 驚いた, 高い声, 魔法つかいとして

▼ 母親~ (807, 8.0%)

24 似て 9 連れられて 7 なって 6 して, つれられて, 向って 5 抱かれて 4 云った, 向かって, 手を, 死に別れて, 気を, 甘えて, 頼んで

3 [12件] なったとき, なつて, なれるん, 似たん, 挨拶を, 毒を, 物を, 甘えるやう, 相談する, 眉根を, 言った, 言って

2 [53件] いいつけられて, いった, きいて, こんなこと, しては, すがられて, せがんで, それを, たずねました, とめられたの, なるという, なるの, はぐれて, ふと危惧, よく似た, 任して, 会いに, 伴れられ, 取って, 取つて, 口を, 告げて, 哺育せられた, 報告した, 声を, 大変な, 孝養を, 宛てる手紙, 床へ, 心配さする, 慰めを, 手紙を, 抱かれた子供, 持って, 振り向いて, 早く別れた, 来て, 死なれたの, 死なれ父親, 死別れ, 氣を, 渡して, 源一は, 無断で, 甘える癖, 秘密で, 訊きました, 訊ねて, 話したり, 話して, 負けて, 逢いに, 養はれ

1 [574件 抜粋] あいさつを, あいは, あえるの, あたる者, あふとあまり, あまったれて, あまりなじまない, あやされるあの, あやまるよう, ありという, あれほど, いいつけたから, いう, いくつにな, いたっては, いだかせて, いつでも, おけると, おさえられた, おっしゃれないよう, おどおどした, お箸, お茶や, お金を, かう云, かえすこと, かくれて, かけさせて, かしづかれてる, きいた, きかせて, くつつい, くり返して, くれぐれも云, こういい出した, こういう, こうも, ことわって, これまで, ささやくと, さした, しがみついた, しがみついて, したって, しつこく念, しても, しりぬぐい, しろ夜, しろ妹, すがっても, すがりつく様, すぎないの, すすめた, すすめて, すべての, すべてを, すれば, そういっ, そう云った, そう言いかけ, そう言っ, そう言った, そしてときどき, そそのかされてか, そっくりで, そつくりな, そのこと, その場, その子供, その疑い, その罰, そばに, たかって, たすけられて, たずねて, たった一度叱られた, たづねてみますれば色, たのんだ, ちがいない, ついでの, つとめて, どうしても合せる, どれだけの, どんな苛, なったまで, なった喜び, なった女, なった姿, なった様, なった行為, なった須美子, なつた, なにかこと, ならなければ, なりし実, なりたいわ, なりたいん, なりました, なるお, なるそれ, なるはず, なるやう, なるフオンツネエ夫人, なる人, なる方, なる筈, なる資格, なれないもの, なれると, なれるの, なろうと, ねじこんで, ねだつて拵, はぐれ一人, はつら過ぎたかも, はねだれさ, ひどく叱責, ふざけかゝるところがされけり, ほんとうの, または, まるめられて, みじめな, むかいあった, むかって, むしやぶりつく, もう余り心配, もたらして, もち, もてるもの, ものを, やあらむと思ひし, やつたり, わからして, わざとの, わたしの, わたすと, ケースの, ハッキリした, パラソルを, 一口づつ御馳走を, 一寸手を, 一度会いたい, 一番よく, 一種の, 七分すぐ, 不甲斐ない様子, 与えたかという, 与える快感, 与へられて, 世話を, 並んで, 丸薬を, 乳房を, 二人の, 二時間も, 云いつかって, 云いつけられたの, 云いながらも, 云った通り, 云われて, 云われる度, 五年ぶりの, 亡くなられたあと, 今日の, 仕て, 仕へ, 代って, 代つて, 代わりはるか, 任か, 任せて, 会いたいという, 会うこと, 会った, 会ったこと, 会ったり, 会って, 会わす顔, 伴なわれ, 似たところ, 似たよう, 似たシッカリ者, 似た体質, 似た顔立, 似てると, 似ぬ良い, 似るって, 似寄って, 何か, 何かと口説かれ, 何かと美しい, 何かに, 何と, 何の, 何んな, 何事も, 何度も, 余計者だ, 促した, 倚添つて恥かしが, 僅かばかりの, 兄弟に, 先んじて, 克く似, 内証で, 冒険を, 凭り, 出て, 出会ったそして, 出会つた, 出逢ッ, 出遇った時, 切って, 別れた泉太, 別れるの, 別れを, 別れ一人, 勧めた, 勧めて, 勧めまた, 去年死なれた, 取つちや, 取なし, 取入って, 取次いで, 取縋って, 可愛がられるよう, 叱られて, 叱られてばかり, 叱られますから, 合せて, 同情した, 同情せざる, 向い祐吉, 向つて調子, 告げた, 告げたの, 告げた事, 告げました, 告げましたので, 味方し, 呼ばれて, 呼ばれると, 呼びかけられて, 呼び出されて, 呼吸を, 哀願する, 喚ばれて, 喜ばれるの, 喧嘩し, 嘘を, 嘘電報を, 報告する, 売りこんでも, 大体の, 大声で, 大変叱られた, 妨げられそれ, 姉さんや, 委しきり, 媚びること, 子供を, 孝行を, 孝順する, 学資を, 宛て, 容体を, 寄添つて止む, 寝ずについて, 対い, 尋ねそこ, 尋ねられて, 尋ねる子供, 對し, 小さく堅め, 小言を, 就て, 帯を, 引きかへ, 引張られて, 弟を, 当って, 当るオカカ, 彼女は, 御飯を, 心を, 心配ばかり, 忤い, 息子を, 悔みを, 意見され, 懷かせ, 成った強壮, 手伝はれ, 手渡さなければ, 打たれるという, 打ちあけてないこと, 打明けました云い難かっ, 扶けられ, 抗うこと, 抱かれたまま, 抱かれると, 抱く懐し, 押えられて, 拂つて貰つた, 担がれて, 拵えて, 拵へて, 捜し出されて, 捨てられたの, 放れ行方, 教へ, 散々からかわれ, 散々の, 日本語で, 最上の, 會ひ, 月々三十ドルの, 来いと, 欺され, 歌舞伎座を, 死なれ今, 死にわかれ今, 死に分かれて, 死に別れただけに, 死に別れたという, 死に別れた後, 死別れた, 比して, 比べると, 気づかれないうち, 気に入られて, 気の毒な, 気取られないよう, 水など, 泣き付いて, 注意され, 洗濯し, 海路で, 済まないこと, 済まないという, 済まない気持, 渡した, 渡す金, 渡そうと, 物語って, 物足りなくな, 独特な, 瓦斯で, 甘えるごとく肩, 甘えるよう, 甘やかされて, 生きうつしで, 生活させられた, 申しましたから, 疎まれがち, 疑ひがか, 相談し, 相違あるまい, 看病され, 知らせた, 知らせるべきだったとだけ, 短刀を, 確かめて, 示した, 示しました, 私は, 私達の, 突きかかって, 窘り, 立ちまさったきりょう, 立ちまさつたきりやう, 糺して, 約束し, 罪作りな, 聞いた, 聞いて, 聞えるよう, 聞かせたい言葉, 聞かれて, 肖た大きい, 肖て, 育てられた, 育てられて, 育てられ悲しい汚らわしい, 脚気が, 膝枕を, 自分たちの, 自分と, 苦労を, 苦勞も, 薬の, 見せた印籠, 見せた時, 見せて, 見せました, 見つけられちゃんと, 見つけられて, 見つけ出された瞬間, 見ならうの, 見られること, 見付かって, 見守られて, 見込まれて, 視線を, 親切な, 触させ御召物, 言うが, 言ったもの, 言ひ含められた, 言わせた, 言わせると, 言われたこと, 言われて, 言われても, 言葉を, 訊ねるとも, 許されて, 訴えた, 訴えたの, 訴えて, 訴えは, 詫びて, 話かけた, 話さした, 話さずにも, 話さなかつた事, 話しかけて, 話しかける彼女, 話した, 話しました, 話しましたので, 話すと, 話す気, 話を, 語りつつ, 説明した, 読んで, 調子を, 警め責められた房吉, 貢ぐせゐか, 貰ったお, 貰って, 起されても, 起されるの, 跟い, 身を, 輪を, 近い秀才, 返辞一つしなかった, 追出され六百, 送られて, 送りまた, 送り返して, 送るべきもの, 逃げられ間もなく, 逆って, 通じる目, 逢いたくなって, 逢った, 逢つ, 逢つてあちらの, 逢ふ, 連れられた女の子, 連れ立った, 遇って, 遇つたのでした, 違なかっ, 違ひない, 適用された, 鄭重な, 重ねて, 釣られて, 閉め出しを, 關連した, 附き添われて, 附けて, 限つて特に, 随い, 隠れて, 露骨に, 面して, 面倒を, 面識でも, 頭を, 頼まれたこと, 頼みその, 頼んだ, 頼んだの, 頼んでも, 顔を, 顧みられなくなった, 風呂敷包みなどを, 飛びついた, 飛付き薄暗い, 飲ませたでしょうか, 飲ませなかったの, 首を, 馴染まなかつた, 鼻を

▼ 母親~ (476, 4.7%)

51 一緒に 15 二人で 9 いっしょに 6 並んで 5 妹が 4 お庄, 女中と, 妹とが, 妹の, 子供の 3 なって, 二人きりで, 妹とは, 娘は

2 [39件] いつしよ, お雪は, その娘, その母親, たった二人, なつた, ねそべりながら, グレゴール, 一しょに, 共謀で, 口を, 品子とは, 喧嘩し, 妹とを, 姉の, 姉は, 娘が, 娘と, 娘の, 子供は, 対面し, 小さい弟, 年が, 庄造と, 弟を, 息子との, 恵子が, 愛卿の, 懇意で, 暮して, 歩いて, 男の, 私との, 私は, 義理の, 自分と, 言うの, 話して, 顔を

1 [280件] いっても, いつまでも, いるとき, おじいさんの, おだやかな, おとなしくし, おなりなさい, おんなじだ, お安, お絹, お絹それ, お通, お銀, かこんで, かれの, くらすの, ここの, こそこそ立ち話, さき子は, さんざん心配, しようと, しんみり話, すこしばかりの, すこしも変り, すこし離れ, すれば, そうして口, そこで, そっくりだった, その四人, その姑, その子供達, その村, その男, その赤子, それから眼病, ただ二人きり, だらしの, ちがって, ちょうど向かい合っ, つつましい暮し, つれ立って, どこか, なったあなた, なったの, ならないで, ならんで, なること, なるよう, なれるよう, のんきな, はな, ひき合せた, ふたりで, また湯島, やっと一歳, よく似た, よく来た, アンパンを, オノリイヌが, オリヴィエとの, ピッコロミリ夫人とに, ベルニィ夫人の, ベルモットか, 一つの, 一つ蚊帳に, 一緒にしか, 一緒には, 一郎の, 三人で, 三人の, 三人並ん, 三木は, 下女の, 下宿人とで, 並べて葬られました, 乙女との, 乳を, 乳母とが, 二人きりの, 二人きり室に, 二人ぎりで, 二人ぐらし, 二人し, 二人だけ, 二人支度で, 二人近所の, 二人靜かな, 云う人, 云う女性, 五人の, 仮借なく, 伯母の, 伯父と, 住み出したらしい, 何度も, 傘を, 兄とを, 兄の, 兄嫁の, 先生が, 入れちがいに, 入れ違, 共にある, 出て, 加奈子だけ, 十七歳に, 十三人の, 千賀とは, 叔母の, 口入屋の, 同じくこの, 同じく眼, 同じぐらゐの年配, 同じに, 同じやう, 同じよう, 同じ様, 同じ部屋, 同時にあらゆる, 同様に, 同行, 呼ぶこと, 呼ぶの, 喧嘩した, 喧嘩を, 噂を, 多助という, 大きな声, 夫婦に, 夫婦の, 女中だけは, 妹と, 妹とに, 妹を, 妻の, 姉と, 姉との, 姉に, 姉妹との, 姥竹とは, 娘, 娘とが, 娘との, 娘とをも, 娘を, 娘息子で, 娘達とは, 嬢さん, 子の, 子供, 子供とが, 子供との, 子供とは, 子供二人とは, 子供達とは, 学校における, 学校教師とが, 安二郎を, 家の, 家へ, 家扶に, 寝られるので, 小供, 小僧は, 少しばかり, 少年の, 崑が, 左京の, 幕切れとが, 幸さんとは, 幸福さうに絶えず, 幼い娘, 庄谷の, 弁護士に, 弟が, 弟の, 弟妹たちが, 弱い弟, 彼が, 彼とが, 彼とは, 彼とを, 忠実な, 思えないくらいに, 思えるだろうか, 思われる婦人, 息子であろう, 恵子に, 悌二とへの, 患者とは, 意地の, 愛卿は, 抗論する, 挨拶を, 散々心配し, 方々を, 暫く話し, 暮らして, 末妹とは, 末妹は, 末妹を, 来た娘, 栄介と, 植源の, 正吉は, 死別し, 殆ん, 毎度遣り合った, 毎日, 気安くなっ, 油井が, 泊って, 清三とが, 清三とは, 源吉が, 父親が, 父親と, 父親との, 父親とは, 猫と, 玄関へ, 生別しなけれ, 由三が, 申すの, 番頭の, 異った, 痛い足, 相談し, 知ると, 研究を, 祖父とが, 私が, 私と, 私の, 称する女, 移って, 立ち止まったあたり, 立ち話を, 縁が, 義妹とを, 義絶し, 聞いて, 肇の, 肩を, 自分から, 自分だけしか, 自分の, 色白の, 若い娘, 苦るしんだ, 荻生さんと, 菊太郎とは, 菊次さんの, 見ゆる奇怪, 親しい者, 言葉を, 話を, 議論を, 車夫との, 辺りを, 逃げた男, 通じながら, 連れだって, 連立ちて, 逸子と, 逸子として, 道づれに, 違った観方, 違って, 違つて藝子や, 長煩いで, 闘って, 雪子が, 額を, 食事を, 餌食に, 馬車に, 麗子と, 默つて向

▼ 母親~ (457, 4.6%)

7 相手に 6 見た, 見ると 5 連れて 4 呼んだ, 捨てて, 見て 3 つかまえて, もって, 助けて, 呼んで, 睨んだ

2 [24件] たずねて, つれて, なだめるよう, 中央に, 予想し, 原庭の, 呼び付けて, 失った子供, 嫌ひ, 尋ねて, 憎む者, 掴まへて, 撫めて, 残して, 殺して, 気兼し, 眺めて, 見たが, 見るの, 視凝め, 訪ねその, 誤解し, 迎えに, 養って

1 [358件] ある探偵社, いやがらせる言葉, おこして, おせんは, お島, かえして, かえりみた, かくした百姓, からかうよう, きめつけた, きらって, くどき落して, くるくる巻き, ここへ, こんな反古, せがんだ, せびった小銭, せめて戸, そうとがめない, その上, その夜秋三, その子, そんなにまで, そんな度はずれ, たしなめた, たすけて, つかまえては, つかまえに, つれ出した奸夫, てこずらせた, ときふせること, とても嫌, どうしても愛する, どなりつけて, なくした, なくしたこの, なくしたよりも, なくした家庭, なくして, なぐさめた, なぐさめようとして, なだめて, なだめに, なつかしく思い, なつかしむとき, はじめ一家一族は, はじめ周囲の, はじめ姉弟たちは, ひとり残し, ひどく大事, ほとんど知り, ますます不安, まって, まもるという, みあげた, みつけて, みて, むす子, もつた労働者農民, やり過して, よくも殺しおった, わしあ, ピストルで, ママと, 一人残し, 一日早く, 一生懸命に, 一郎を, 三千雄から, 三日でも, 世話した, 乾干し, 二人もった, 二階から, 五日鶏の, 亡きもの, 亡くした娘, 休息させなかった, 伴い一通, 伴ひ, 何と, 何故九州, 侮蔑した, 促した, 信じきって, 信ずるにも, 催促し, 先に, 入らせた, 初め大人の, 別室に, 力ずくで, 助けても, 助けながら, 口説き落すこと, 叱したが, 叱ったもの, 叱りつけて, 叱りつけ衛生観念, 呼びかけて, 呼びに, 呼び込んだの, 呼ぶこと, 呼ぶ事, 呼ぶ子供, 呼べ, 和めて, 喚んだ, 喪って, 喰い殺すところ, 嘲弄し, 困らせた, 困らせるさ, 失ったそう, 失ったのよ, 失った仔羊, 失った少女, 失って, 失ってからは, 失つた娘たち二人は, 失つた小さい, 奇蹟の, 奥へ, 姉さんと, 始め家つき, 威圧する, 娶るわけ, 子供たちが, 安全な, 宥めすかしながら, 対手に, 尋ね出す事, 小石川の, 小突いた, 少しは, 少し退かせました, 少し馬鹿, 山へ, 山姥が, 帰して, 庇おうとして, 庇つて後ろに, 引き止めた, 引き止める, 引つ張つて, 引取って, 引取つて孝養を, 引取りました, 引取る, 引張った, 引張つて行つた事, 引張ッ, 引止める障害, 当惑させる, 彼は, 待ち兼ねたとき, 待ち合せて, 待つて, 得たよう, 御覧に, 必要と, 忘れるよう, 怒らせた父親, 怒らせて, 怒鳴付けたそう, 思い出さずに, 思い出させて, 思い出したよう, 思い出して, 思うあわれさ, 急き立てて, 急き立てるよう, 恋い慕うよう, 恋しく思いました, 恋しく思った, 恐しい声, 恨みながら, 恨むこと, 恨めしげ, 想い出して, 想い出しチタ, 想うか, 想った, 想像した, 想出しました, 愛してること, 感ずる方, 慕いました, 慕い乳母, 慕う一人, 慕ふ, 慰めそれ, 慰めたり, 慰めに, 慰め顔に, 慰問する, 憎いと, 憎むこと, 憫れ, 憫んで, 手こずらせること, 手に, 手古摺らせて, 抱えて, 抱きあげようと, 抱き上げて, 抱き込み若い, 抱くよう, 押しとどめた, 担いで, 招じ入れました, 持たないこと, 持ち青い, 持って, 持ってるだろう, 持ってる者, 振り向いてから, 振顧, 捜すため, 捨てたの, 捨てた罪, 探が, 探し求める風, 探す子, 探偵する, 搜し, 支えて, 攻めたてて, 故郷から, 早く亡, 木偶に, 椅子から, 構いつけなかったり, 横浜へ, 欲しがっ, 欺し, 欺す, 殆ん, 殴りつけた, 殺した, 殺したお, 殺したと, 殺したの, 殺したり, 殺したん, 殺し無邪気, 殺し父親, 殺し遂に, 殺すには, 殺すやう, 殺せるわけ, 殺害した, 気づかいながら, 気絶から, 求めた, 求めて, 泣かせた, 無くした小, 無理に, 無視した, 焼き殺したうえ, 煽動ける, 父親に対して, 父親は, 犠牲に, 犯して, 独り占めに, 生理的分身と, 田舍へ, 異にし, 病気に, 盗み見した, 監視し, 目掛けて, 看護しまし, 真とも, 真ん中に, 知らんの, 知りません世間, 粗末に, 納得させ, 絞め殺したという, 締め殺したん, 縁側へ, 縛って, 縛つ, 置いて, 罵り散しながら, 考えると, 背後から, 脅迫した, 自害させ, 苛めたといふ, 苦しめたこと, 苦しめ自分達, 茶の間へ, 蝶子は, 見あげて, 見すてたので, 見たの, 見つけるかも, 見つけ出して, 見なかったので, 見ながら, 見ること, 見るのに, 見下すよう, 見付けお, 見出すと, 見受けます, 見小, 見張って, 見戌, 見捨てて, 見捨てるという, 見舞いに, 見舞って, 見返した儘, 見返つたが, 見返つて, 見送ってからは, 視た, 観察する, 訊問した, 訪ふ, 詰ると, 誘って, 説きに, 説きふせて, 説き伏せるところ, 説き伏せ一晩中, 説き落し法律修業, 説諭し, 諭された, 責められようかという, 責めるし, 起こすこと, 起こすという, 起こそうか, 起した, 起して, 踏み倒して, 蹴殺して, 迎えて, 逐い立てた, 連れてぞ, 過ごさにゃ, 頼るよう, 養いながら, 養は, 首尾よく, 馬鹿に, 騙し十円, 驚かしたり, 驚かして, 驚かすの, 驚き恐れさした, 高井英子という

▼ 母親~ (365, 3.6%)

7 父親も 4 傍から 3 ある, お庄, それを, 何か, 出て

2 [27件] あつた, お芳, これは, そうだ, そこに, それは, ないし, なかった, なしに, 一緒に, 今津へ, 共々に, 妹も, 娘の, 子供も, 寝て, 居りましたが, 彼女の, 心配し, 満足し, 父の, 田舎の, 眠って, 縛られて, 見え透いた気休め, 言った, 間もなく亡くなり

1 [285件] あきらめて, あったと, あったよう, あとを, あまり世間, ありあなた, ありあまりに, ありますが, ありませんので, あるが, あるのに, あれば, いいましたけれども, いい暮し, いっしょだった, いっしょにと, いつか十五の, いつもと, いつもの, いて, いながら, いなくなったと, いねえお前, いました, いますし, いませんか, いるの, おばあさんに, お隅, かなわぬ気, かねがね泣かされ, かわいそう, きっと私, くれぐれもよろしく旦那様, ここで, ことばを, このごろ清三の, この春子供たち, この返事, これを, ころころと, さすがに, さびしそう, じっとその, すくなからざりし, すこし青ざめ, そう不平, そう云っ, そこには, そつくり返, その側, その傾向, その子, その男, その通り, それが, それと, それには, それまでは, そろって, そんな悪, だまって, だれも, ちょっと烟, ついには, ついに亡くなっ, どうした, どこかに, どちらとも, どんなにかせめて, なかなかまけなかった, なくて, なく子供, なければ, なしたより, なにかと, はなはだしく気疲れ, ぱっと顔, ひどいヒステリー, びっくりし, ふしぎがった, ふたたび茶湯台, ほっと息, ほどきもの, まあホツ, また同じ, また息子, また曲がった, また枕, また独り, また白痴, また餌, まだ丈夫, まだ何, まだ生きてるだろう, まだ赤ん坊, まだ達者, みんな幸福だった, もう二十四, もう何, もう耕平, もう鼻声, やがては, やがて茶碗, やっぱり同, やはり病気, ようやく安心, よく考え, わが娘, われと, ゐました, ゐる, アンナ・フロラ・ヒルダと, オランダ人かと, ツイ笑いました, ムクの, 一寸烟, 一緒だ, 一緒にと, 二の句が, 二言三言返事を, 云つた, 五年来の, 亡くなった事, 亡くなって, 人の, 人目に, 今更らしく, 今更住み馴れた, 仕合せに, 伝え聞いて, 何の, 余程悪党, 側に, 側へ, 傍で, 傍に, 傍へ, 兄も, 入って, 共に病床, 分らず屋だ, 初の, 別に, 十数年前に, 千鶴子さんが, 半年も, 及ばない程, 及ばぬくらい, 友吉も, 叔父夫婦の, 取り外したその, 口の, 台所で, 台所の, 同じやう, 同じらしい, 呆れた, 喜んで, 国の, 変りましたろう, 多鶴子に, 大いになやみました, 大いに喜び, 大く, 失神の, 如何さま剛情の, 姉も, 娘に, 娘も, 実に美し, 宿屋生活を, 寝所へ, 小声で, 帰つて居た, 引取って, 引取る, 弟も, 強いよう, 後から, 後を, 心に, 心細いこと, 心細いよう, 忘れて, 忙しい中, 思わず目, 急き立てた, 怪訝な, 恵子も, 悦び叔父, 愚痴を, 手詰の, 承知し, 承知の, 探さねば, 明子の, 昔そんな, 昔氣質の, 時々は, 村に, 来て, 来ますが, 杯盤の, 次の間の, 死に村, 死ぬる, 死んだ, 死んだに, 死んで, 死んでしまつて, 歿く, 殺した, 気に入ったよう, 気の毒だつた, 気付いて, 決して欠かした, 油井も, 泣いた, 泣いて, 泣き立てる背中, 泣く, 浅井の, 涙を, 淋しい微笑, 湯上りの, 無教育, 独立生活の, 用心を, 田舎気質の, 留守と, 病人も, 病気で, 癇癪を, 白粉工場に, 目を, 眠い目, 着飾って, 睡って, 矢張り黙っ, 知らない子ども, 知らない間, 知らない顔, 祖母も, 窘めた, 立合いの, 納得する, 繁子も, 美しい顏立, 美味美食に, 義理の, 考えて, 胃病で, 胆を, 茶の, 茶碗を, 薄々この, 行く事, 見送って, 覚えて, 言つた, 話さなかったこと, 話すこと, 話は, 負けて, 貧乏の, 赤羽橋の, 身寄りも, 返らぬ昔, 返事を, 道具類までも, 達者です, 重い口, 長能, 閾際の, 附いて, 際限なく, 頼む, 駈けつけて, 黙々として, 黙って, 黙つて了つた, 黙らなければ, 黯然として, 鼻で

▼ 母親から~ (130, 1.3%)

4 金を 3 聞いたの 2 お八つを, 何か, 聞いた皆

1 [117件] あまりいろいろきかれる, いい音, いくらか金, いくらも, いろいろ事情, いろいろ聞かれる, うけついだ趣味, おあし, かくして了, かつて聞かされ, さんざん悪く, せびり取ったもの, そう告げられた, そこへ, その地図, その少年, それを, そんなこと, たのまれて, とどけられる弁当, のがれて, もらったもの, もらって, よく叱られた, パストゥールに, 一方の, 一言なぐさめ, 不信を, 両腕, 人間の, 仕送りが, 伝えられたという, 何と, 何等かの, 優しい温かい血, 刷毛で, 受けた折檻, 受けるあの, 受け継いだ鋭い, 受け継いで, 叱られて, 同じ分量, 呉れる毎月, 呑気な, 嘘言を, 夜ごとに, 大体の, 奇妙に, 奪うわけ, 奪おうと, 子を, 子供の, 小さい手, 小包が, 小遣いを, 帰京の, 引き出して, 快弁を, 愛想を, 愛撫せられ, 感じたこと, 慰められずに, 手を, 手紙が, 拒絶され, 持込んだ華族, 掛けて, 支那語の, 教わった妙, 数日来の, 来た小荷物, 来るらしく見せて, 来る手紙, 来る金, 次第に遠く, 正伝を, 泣かれる事, 渡されたぬれたタオル, 源吉が, 無意識に, 父の, 生まれた人, 生れた仔, 生れても, 生れる子供, 盆を, 突き放されたこの, 粗野奔放な, 聞いた, 聞いたので, 聞かされた通り, 聞かされる山内, 聞き出したの, 聞き知ったの, 聴いて, 見捨てられた子供, 言はれた, 訪れて, 話を, 讓られた, 貰って, 貰つたといふ, 貰つた長い, 貰つて来た, 赤子を, 車の, 農村の, 遠いところ, 遮断され, 遺伝した, 避けようと, 鉱主に, 離れずに, 離れようと, 雲龍斎又, 雲龍齋又六の, 魔法の

▼ 母親さん~ (124, 1.2%)

4 と議論, に御 3 がお, は 2 の側, の方

1 [106件] あのお茶, からこう, からどういう, からは早く, がお出で, がそんなに, がどんな, が一人, が一番, が上りまし, が出, が呼ん, が好い, が安心, が家, が尚, が居なく, が居よう, が得意, が御, が早く, が是方, が生きてる, こういうこと, これから皆, すこし寝ましょう, すこし気, すっかり御, そんなこと, そんな事, だから, だッ, というもの, とは丁度, と兄さん, にお, にそう, にはどうしても, にはコレ, には御, には感心, には是, には未だ, には無い, には私, にも御, によく, に彷彿, に有るらしい, に私, に面目, のこと, のところ, のよう, の代り, の仰し, の傍, の御, の御供, の恋しい, の所, の機, の生きてる, の眼, の葬式, の血統, の言う, の許, の貰いたい, の顔, はあんな, はお前, はまた, は何時も, は厭, は奈何, は嬉しい, は無論, は煙草, は白粉, は神聖, は臥, は自分, まで路頭, も, もあんなに, もどん, もネ家, も何, も安心, も御, も気, も考え, や妹, や私達, をああ, を引留めよう, を担ごう, を欺, を此地, を泥坊, を連れ, を養わせる, 危う御座んす, 取替えて, 早く行きましょう

▼ 母親~ (91, 0.9%)

2 兄嫁を, 兄弟が, 女主人, 妹が, 妹は, 姉は, 父親の, 父親や, 近所の

1 [73件] お婆さんに, があちこち, きょうだいたちの, その他の, または信仰, また姉, また父親, また許婚者等, まだ青年時代, 二人の, 亭主が, 伯母に, 伯父から, 伯父へ, 伴の, 何かに, 兄が, 兄さんの, 兄すらも, 兄の, 兄や, 兄夫婦に, 兄達を, 先生から, 内儀さんが, 叔父や, 叔父を, 吉川さんと, 呉葉の, 四つぐらいの, 女の, 女中に, 女中達は, 女房が, 女房に, 女房の, 妹も, 妹達が, 妹達の, 妻の, 妻や, 妻君は, 妻君を, 妻女を, 姉などが, 姉に, 姉妹たちも, 姉妹や, 姉妹達が, 娘に, 娘は, 嫂に, 子供や, 子供達と, 子守の, 幸太郎には, 弟の, 弟妹が, 息子を, 愛らしい彼, 拙作, 書生の, 民衆の, 父は, 男の, 白鳥号の, 祖母老父なども, 私を, 私共に代る代る, 見えが, 親戚の, 親父や, 親類の

▼ 母親らしい~ (67, 0.7%)

4 のが, 女が 2 中年の, 人が, 声が, 女の, 女は, 女連が, 弱いこと, 肉づき

1 [43件] おかみさん, ところの, なと想った, のだ, やはり色, 世話も, 世話を, 人々の, 人と, 人に, 人の, 仕事ぶりが, 側の, 優しみ, 叱責の, 同情を, 圧し殺した, 女に, 女も, 婦人が, 婦人の, 嬉しさ, 屈託が, 心づかいから, 心持が, 愛情を, 感情を, 感激が, 押しの, 様子で, 様子の, 様子を, 注意を, 涙が, 甘い言葉, 自然さでも, 若い女, 落付きを, 虎が, 話で, 誇りを, 調子で, 貴婦人に

▼ 母親には~ (64, 0.6%)

3 挨拶も 2 それが, まったくわからなかった, 何か, 水の, 電気の

1 [51件] いつも極く優しく, お金持, くやしくも, このうえない, さう, じきに, そう見えた, その意味, とっくにそれ, はっきりとは, また会っ, もう些, よくは, 今まで, 今度皮はぎ, 何でも, 兄が, 六時に, 凡ての, 分らぬの, 切らせずに, 医者に, 博士の, 及ばない, 呑み込めなかった, 大層やさしく, 妹と, 姪に, 思わせて, 故郷が, 新しい心配, 残酷である, 母親らしい, 疑うべき点, 相当甘え, 策の, 納得が, 結核体質らしい, 継父であった, 脇眼も, 腹一杯痩せる, 自分の, 見て, 見られたくなかったので, 言は, 返事も, 酔うほどの, 面目が, 鶴見が, 黒米の, 默つて學校を

▼ 母親たち~ (55, 0.5%)

2 の間, はそれ

1 [51件] がいつから, がいる, がなに, がカーテン, が仲, が彼女たち, が感じる, が此, が満足, が種属保存, が間借り, であった, ですよ, とが協力, とどっか, と一緒, に残し, に知らしめ, に警告, のほう, のまだ, の便利, の区別, の啼き, の声, の好意, の姿, の恐れる, の棟, の痛切, の眼, の耳, の裾, の言葉, の託児所, の誰一人, の風習, はあたかも, はまだ, はみんな, は互いに, は己, は急, は我が, は毎日, は自殺, は花婿, へまで宣伝, ほど子供, も読ん, を親しく

▼ 母親にも~ (41, 0.4%)

2 もつと, 分つて, 妹にも, 忰が, 聞えるよう

1 [31件] あての, せようちあけるよう, その事情, その後また, たうとう, ともどもに, なったこと, はぐれたあの, また森おじさん, むずかしい顔, わかれ一人, 会うて, 会わなかったら晩, 似ないどこ, 似ぬこの, 佐和にも, 便宜な, 勧めたが, 同情した, 同様な, 姉にも, 当り散らした, 早く別れ, 會つてゐ, 氣の, 秘して, 紹介された, 聞かせたもの, 証明しよう, 邂逅する, 長い長い別れ

▼ 母親~ (36, 0.4%)

64 ということ

1 [26件] からなんて, から大して, が私, その時, つたから, つたのです, つた妾も, つて不承知は, つて嘘つきな, というあなた, というの, という四十四, という女, という眼, とお, とばかり思つて, とも, と人々, と信じる, と思った, と言, と言つて, なと気づく, なんてこと, もの, アよ

▼ 母親~ (36, 0.4%)

2 のよう, は, はそれ

1 [30件] がこれ, がそんな, がみな出港準備, が何故か, が古い, が女, が死んだ, が腰, だった, とが見物, とは違つた外, にも別段, に極々, に連れられ, のみの夢想, の中, の傍, の姿, の群, の色彩, はこないだっ, は二人, は叫び, は子供達, は平, は自分, は随分, も一緒, も無い, を辛い

▼ 母親~ (34, 0.3%)

3 あつた

1 [31件] あつたらう, あらう, あッた, おかね, おろ, お円, お圓, この俺, ござりやす, さ, さっきから, すら小言, その燃, それが, できるだけ子供, またたれ, もう一昨年頃故人, やはり気持, 今の, 充たされぬもの, 大変上品で, 天璋院殿の, 年紀の, 思はずその後, 死んだお, 死んだ子供, 無かつ, 玉が, 痛快な, 蔵に, 親には

▼ 母親~ (32, 0.3%)

3 手紙を 2 宛てて

1 [27件] せがんだもの, そう云っ, なにかを, 云った, 何やら戯れかけ, 優しいく, 別れを, 右の, 同情した, 告げないで, 大きな声, 差した, 彼は, 微笑を, 心配を, 挨拶に, 料理物を, 毎日缺かさず, 渡して, 甘えるよう, 目まぜした, 返したくなった, 送りあと, 送り届けて, 電報で, 馬乗りに, 馬乗りにな

▼ 母親とは~ (31, 0.3%)

2 抱きあって, 遂に無一物

1 [27件] あまり口, いっそうぴったりと, それぞれ自分の, どっちも, まあうまく, また違っ, まるで打っ, わかって, わしの, キョトンと, 一生逢えない, 両方から, 二度ばかり, 何を, 別の, 別室だ, 大道を, 婦人会の, 寝ながら, 従姉妹どうしだった, 枕屏風を, 正反対の, 此方が, 継しい間柄, 腹の, 見えなかった, 重右街門

▼ 母親という~ (29, 0.3%)

7 のは 4 ものは 3 人は 2 ことに, 人が

1 [11件] ことを, のが, のはね, のも, ものが, ものの, ものを, やつが, よびかた, 人も, 者が

▼ 母親~ (27, 0.3%)

4 豊の 2 組が

1 [21件] かめに, ゆうは, 世乃と, 兼が, 國の, 幸に, 徳と, 照は, 禮の, 篠の, 縫の, 美尾の, 育が, 袖という, 豊が, 貞は, 銀様には, 高に, 鳥が, 鳥は, 鳥も

▼ 母親として~ (27, 0.3%)

1 [27件] いったい誰, いつまでも, ことにまだ幼い, そう云う, それを, どれだけの, またこの, 仕えて, 呑気らしい, 夫には, 娘が, 息子が, 愛さなければ, 愛人として, 我が子, 有名に, 残された, 満足し, 生れた, 登場する, 考えるすべて, 自分を, 観子供, 誰が, 送った二十前, 都の, 闘って

▼ 母親との~ (26, 0.3%)

2 めぐりあいに, 折合いが

1 [22件] あとについて, いっそう淋しい, うちどっちかを, カードが, 三人ぐらしで, 三人暮しでありました, 二人きりな, 仲を, 口論に, 問答は, 戦いには, 折合は, 生活の, 紛紜が, 腹は, 葛藤を, 計画が, 話は, 間に, 間にあたる, 関係の, 顔を

▼ 母親である~ (25, 0.2%)

2 が年, 自分の

1 [21件] いかに自分, おまえの, ことも, ことを, さっきの, と, といふこと, といわれ, と諦め, ひとの, ものが, ゆえ下, カーチャは, ママが, ミセス・レイマンと, 人が, 今日でも, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女は

▼ 母親とが~ (21, 0.2%)

1 [21件] お庄, そんなふう, はいって, ふたり暮らしで, ほっとした, めいめいの, 一室で, 並んで, 乘つてカタカタ, 今日明日の, 代る代るやって来, 伝染て, 出て, 果して関係, 縁を, 赤子の, 遠くの, 附き添うこと, 障子張りを, 集まって, 食卓を

▼ 母親としての~ (18, 0.2%)

1 [18件] 任務を, 優しさ, 彼女とを, 彼女の, 心遣いには, 念が, 情愛も, 愛情に, 日常を, 本能的な, 満足も, 無量の, 生活面が, 立場が, 自分の, 自覚を, 責任について, 驚愕の

▼ 母親一人~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] くらいは養っ, しか無い, だったの, でか, でしたが, でそれ, という事, なら子供, になれ, に留守, のため, の手, の細い, の細腕, ほほ笑みては, を味方

▼ 母親といふ~ (17, 0.2%)

2 のが

1 [15件] お冬婆さん, ことで, のは, ひとが, ひとの, もの, ものの, ものは, ものを, 人は, 人も, 以上に, 母親は, 点に, 資格を

▼ 母親でも~ (16, 0.2%)

2 なかった

1 [14件] ある力強く, きっとそれ以上, この頃, たづねて来, ないが, ないこと, なかつた, 兄でも, 同じだ, 強健い, 探すやう, 探すよう, 泣き泣き食事, 看護婦でも

▼ 母親では~ (15, 0.1%)

2 ありません, ない, ないか, ない自然 1 ございません嘘, ないの, なく妹, なく治助, 勿論なく, 無い, 絶対に

▼ 母親~ (14, 0.1%)

1 [14件] でいつも, でおとなしい, でたいへん, で太く, で眼鼻立ち, のところ, の一郎, の少女, の細面, の若旦那, の面, の額, の顔, 次女の

▼ 母親~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] より大きな, 兄き, 又は姉, 姉さんの, 娘に, 宗三郎が, 或は父親, 或は細君, 父親ぢや, 看護婦かは, 誰かから

▼ 母親よりも~ (13, 0.1%)

2 私を

1 [11件] いっそう母親, しなやかでない, なほ一だ, むしろ息子, よけい娘, 先に, 口元が, 大事に, 家主が, 慈愛に, 身長が

▼ 母親~ (12, 0.1%)

4 のだ 3 ので 1 のか, のだろう, のであった, のでした, んです

▼ 母親とも~ (11, 0.1%)

2 見えぬ若 1 いい或は, 一緒に, 云って, 別れた, 姉とも, 行けば, 親しくなった, 逢って, 面会を

▼ 母親と共に~ (10, 0.1%)

2 父の 1 おりリシュリユー, お好み焼, ヒュルスホフからは, 多勢の, 家が, 授洗しよう, 永久に, 町を

▼ 母親に対して~ (10, 0.1%)

1 ならば, 乳代を, 何だか恥しく, 供えて, 半ば強請的な, 感謝を, 気まずい思い, 猛烈な, 生さぬ仲の, 皮肉な

▼ 母親だった~ (9, 0.1%)

4 のです 1 ことは, というの, んで, ホオムに, 人は

▼ 母親への~ (9, 0.1%)

2 気がねの 1 可愛ゆ, 多くの, 怒りとで, 死別と, 直接の, 立場も, 追憶を

▼ 母親をも~ (9, 0.1%)

1 あざむいて, これから手厚く, 失い財産, 思い出した, 怨んで, 愛しは, 慰めること, 永久に, 見分けられないよう

▼ 母親からの~ (8, 0.1%)

1 ものだ, 手紙だ, 手紙であった, 手紙には, 手紙を, 支払いが, 知らせを, 短い便り

▼ 母親だけは~ (8, 0.1%)

2 とにかく信ずる 1 いたんだけれど, いつまでも, 子供らが, 果物も, 正気の, 疑へ

▼ 母親であった~ (8, 0.1%)

3 のだ 1 から尚, が一人, のかしら, ので私, 美しい恋妻

▼ 母親です~ (8, 0.1%)

21 から, から母親, が宅, が母親, そう解る, もの

▼ 母親などは~ (8, 0.1%)

1 しょっちゅううらやん, すつかり, 娘の, 嬉しさ, 寃の, 彼が, 昔人だけに, 決してよせつけない

▼ 母親なら~ (8, 0.1%)

1 それは, ば喜び, む, 愛的お前が, 松井理学博士の, 自分の, 自身で, 芸者家の

▼ 母親にとって~ (8, 0.1%)

1 うれしいこと, どんなにうれしい, もっと重く, 全く一種, 如何にも楽しい, 実に大, 忘れられては, 意外の

▼ 母親ほど~ (8, 0.1%)

2 端倪すべからざる 1 きれいで, それに, たくさんの, 子供の, 息子の, 綺麗に

▼ 母親からも~ (7, 0.1%)

2 女房からも 1 また伯父自身, 亦伯父自身, 喜ばれる事, 理解されず, 用事が

▼ 母親だけに~ (7, 0.1%)

1 かかって, その罪, なりました, 彼は, 打明けて, 相談する, 身の

▼ 母親でない~ (7, 0.1%)

1 かしらと思いました, かたずね, ことを, とは言いだし, ひとの, 人即ち, 場合その

▼ 母親に対する~ (7, 0.1%)

1 ような, 同情とともに, 思いやりから, 愛情に, 愛情を, 様に, 藤吉郎の

▼ 母親ばかり~ (7, 0.1%)

1 であるといった, でないこの, でなくその, でなく誰, では, で御座います, 悪い訳

▼ 母親まで~ (7, 0.1%)

1 こんな事, なくしては, 一ぱし芸者めく, 出て, 出動し, 引合いに, 赤ん坊や

▼ 母親までが~ (7, 0.1%)

2 きつと, 突然福子 1 しきりに引きとめ, 心配し始めた, 犬を

▼ 母親より~ (7, 0.1%)

2 先に 1 なかった, もっと澄んだ, 乳母の, 二年ばかり, 厳格で

▼ 母親からは~ (6, 0.1%)

1 よく叱られた, 何んの, 愛されて, 父親は, 特別きらわれ, 祖父ゆずり

▼ 母親そっくり~ (6, 0.1%)

1 である, でこの, ですが, ですよ, という言葉, の類似

▼ 母親だけが~ (6, 0.1%)

1 たった一人, まあ大, まだ叫ん, 子供を, 家に, 感ずる恐怖

▼ 母親だけの~ (6, 0.1%)

1 うちじゃ, ことは, ものか, 感化を, 棲居に, 知って

▼ 母親であり~ (6, 0.1%)

1 ながら袖口, 一人の, 女房であり, 姉である, 子供とは, 祖母です

▼ 母親とか~ (6, 0.1%)

2 乳母から 1 云って, 夫人とか, 姉とかを, 子守りとかと

▼ 母親とを~ (6, 0.1%)

1 うしなって, 一緒に, 助けて, 持ったこの, 相手に, 養は

▼ 母親など~ (6, 0.1%)

1 あるかと, だと, 出入する, 心痛の, 演習に, 相手に

▼ 母親なんか~ (6, 0.1%)

2 いらなくなる 1 その為, どうでも, ないの, 一つ一つを

▼ 母親みたい~ (6, 0.1%)

1 な人, に彼, に想われ, に病人, に監督, に私

▼ 母親らしく~ (6, 0.1%)

1 いいかげんに, 世話を, 二人は, 声を, 始末を, 昔は

▼ 母親思い~ (6, 0.1%)

1 で, のこと, のやさしい, の兄貴, の心, の真吉

▼ 母親自身~ (6, 0.1%)

1 が, さえ笑い出す, の人柄, の学問, もそれ, も靴

▼ 母親たる~ (5, 0.0%)

1 おかみさんは, ものは, オカミサンが, 彼女は, 魂にたいして

▼ 母親だけ~ (5, 0.0%)

2 なら面倒 1 あって, だった, ですけど

▼ 母親としては~ (5, 0.0%)

1 まことに賢明, 叔母さんの, 己れ, 自分にも, 通例な

▼ 母親とで~ (5, 0.0%)

1 恐しい夫婦喧嘩, 皆んな支度を, 睨み合って, 花が, 話して

▼ 母親なんて~ (5, 0.0%)

2 馬鹿な 1 ありよう, あるもの, 案外大きな

▼ 母親にでも~ (5, 0.0%)

2 手紙が 1 いまにまた, まぐれた, 行って

▼ 母親にまで~ (5, 0.0%)

1 だれかかるので, ひし隠し, 仮病を, 披露した, 死に別れたん

▼ 母親によって~ (5, 0.0%)

1 この上, 与えられたるもの, 破られたの, 聞かされた時, 起き上ること

▼ 母親めいた~ (5, 0.0%)

1 あたたかさ, やさしい言葉, 入念さで, 喜びを, 心持を

▼ 母親~ (5, 0.0%)

1 しかつた, の恨み, の胸, はまだ, は心痛

▼ 母親代り~ (5, 0.0%)

2 に面倒 1 だったん, に手塩, に立働き

▼ 母親同志~ (5, 0.0%)

1 だった, としてなら, の反目, の心遣い, は越す

▼ 母親~ (4, 0.0%)

1 へいふ, へも三舍, へも彼女, へ承知

▼ 母親さえ~ (4, 0.0%)

1 しまいには, 姿を, 水天宮様へ, 満足に

▼ 母親だって~ (4, 0.0%)

1 仲裁人に, 暴君を, 段々取る, 自分の

▼ 母親だろう~ (4, 0.0%)

1 か, かと其の, と思った, よく関門

▼ 母親でございます~ (4, 0.0%)

1 からね, が, それに, 私は

▼ 母親なる~ (4, 0.0%)

1 まりあが, 主婦の, 人が, 人で

▼ 母親以上~ (4, 0.0%)

1 に心配, に手際, のしっかり, よく知り合っ

▼ 母親以外~ (4, 0.0%)

1 の女, の女性, の親しい, の誰

▼ 母親譲り~ (4, 0.0%)

1 ですからね, の品, の細い, の長い

▼ 母親おどろいた~ (3, 0.0%)

2 顏を 1 顔を

▼ 母親かげ~ (3, 0.0%)

3 の毒舌

▼ 母親かと~ (3, 0.0%)

1 思い一心, 思うと, 思はれる年恰好

▼ 母親こそ~ (3, 0.0%)

1 とうに世, 猶更可哀相, 真にた

▼ 母親さん達~ (3, 0.0%)

1 は大丈夫, は昨夜, は皆

▼ 母親すら~ (3, 0.0%)

1 それを, 判らないの, 君を

▼ 母親そつくり~ (3, 0.0%)

1 だ, の美しい, の肌理

▼ 母親~ (3, 0.0%)

1 やあるまい, やございません, や音吉

▼ 母親であっ~ (3, 0.0%)

1 てその, てそれ, て見れ

▼ 母親なし~ (3, 0.0%)

1 にいかにやすやす, にもどうにかこう, の自分

▼ 母親なり~ (3, 0.0%)

1 お糸, 日を, 父親なりが

▼ 母親にあたる~ (3, 0.0%)

1 医師の, 白痴が, 若い女

▼ 母親について~ (3, 0.0%)

1 伺いますと, 來た, 新しい家

▼ 母親に対し~ (3, 0.0%)

2 たと同じ 1 不明な

▼ 母親ひとり~ (3, 0.0%)

1 でとても, の袂, はその

▼ 母親よりの~ (3, 0.0%)

3 言ひ

▼ 母親二人~ (3, 0.0%)

1 とも富三, は一室, を呼び寄せ

▼ 母親~ (3, 0.0%)

2 の女優 1 にし

▼ 母親怪しき~ (3, 0.0%)

2 笑顏を 1 笑顔を

▼ 母親~ (3, 0.0%)

3 に讒言

▼ 母親見る~ (3, 0.0%)

2 よりお 1 よりおお

▼ 母親これ~ (2, 0.0%)

1 は実母, もまだ

▼ 母親さえも~ (2, 0.0%)

1 三舎を, 離れまるで

▼ 母親さん御免~ (2, 0.0%)

2 なさいよ

▼ 母親さん母親さん~ (2, 0.0%)

1 すこし気, すっかり御

▼ 母親さん私~ (2, 0.0%)

1 は, も困りました

▼ 母親それ~ (2, 0.0%)

1 から少し, に答えず

▼ 母親だつ~ (2, 0.0%)

1 てあるだらう, て段々

▼ 母親つて~ (2, 0.0%)

1 いふもん, そんなもんぢ

▼ 母親でさえ~ (2, 0.0%)

1 彼女らを, 持てあますもの

▼ 母親でさえも~ (2, 0.0%)

1 ジャックリーヌにたいしては, 私たちの

▼ 母親でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばとその, ばならぬ

▼ 母親とだけ~ (2, 0.0%)

1 たがい, では

▼ 母親とても~ (2, 0.0%)

2 その大

▼ 母親なぞが~ (2, 0.0%)

2 いくら威張

▼ 母親なぞを~ (2, 0.0%)

1 可愛がって, 引張つて來

▼ 母親などが~ (2, 0.0%)

1 女の, 寄つてたかつ

▼ 母親などを~ (2, 0.0%)

1 感心させ, 見るとき

▼ 母親なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ子供, ば美尾

▼ 母親なんかの~ (2, 0.0%)

1 ところに, 留めるの

▼ 母親なんかは~ (2, 0.0%)

1 却って, 私に

▼ 母親にさえ~ (2, 0.0%)

1 打ちあけてない秘密, 自分の

▼ 母親にたいする~ (2, 0.0%)

1 彼らの, 義務や

▼ 母親にだけ~ (2, 0.0%)

1 だった, にっと笑っ

▼ 母親にと~ (2, 0.0%)

1 つての, つては

▼ 母親にとっては~ (2, 0.0%)

1 せめてもの, 大事な

▼ 母親にとっても~ (2, 0.0%)

1 それが, 希んで

▼ 母親に対しても~ (2, 0.0%)

1 この通り, 本当の

▼ 母親はちよ~ (2, 0.0%)

1 つとうなづいた, つと心配

▼ 母親はよ~ (2, 0.0%)

2 くさう云

▼ 母親ばかりか~ (2, 0.0%)

1 世間の, 妹の

▼ 母親ばかりの~ (2, 0.0%)

1 罪では, 責任では

▼ 母親よりは~ (2, 0.0%)

1 十歳年下であった, 彼女の

▼ 母親~ (2, 0.0%)

1 で来り, むかふて流石

▼ 母親加世~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 母親同士~ (2, 0.0%)

1 の関係, は生き

▼ 母親同様~ (2, 0.0%)

1 にろうばい, の考え

▼ 母親女中~ (2, 0.0%)

1 と三人ぐらし, に半襟

▼ 母親弓子~ (2, 0.0%)

1 が発狂, は当時哈爾賓

▼ 母親思ひ~ (2, 0.0%)

1 のやさしい, の愛らしい

▼ 母親時代~ (2, 0.0%)

1 と順に, の態度

▼ 母親次第~ (2, 0.0%)

1 だと, で陛下

▼ 母親殿~ (2, 0.0%)

2 は頬板

▼ 母親~ (2, 0.0%)

1 の強い, を利かし

▼ 母親~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 母親特有~ (2, 0.0%)

1 の不安, の優しい

▼ 母親美しい~ (2, 0.0%)

2 お美乃

▼ 母親職人達~ (2, 0.0%)

2 という一大家族

▼ 母親~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 母親自分~ (2, 0.0%)

1 の事業, の息子

▼ 母親譲り月謝五十銭~ (2, 0.0%)

2 の界隈

▼ 母親~ (2, 0.0%)

1 りに, りの

▼1* [217件]

母親あなたはずいぶん, 母親ありや唯, 母親いやもう大変, 母親お近婆さんは, 母親かとも思はれる老婆, 母親かね静岡だって, 母親かの家へ, 母親がちやんと, 母親がね小さいとき, 母親がわりの葉子, 母親かえ, 母親ぐらいを同じ側, 母親ぐらゐの年恰好の獨逸人, 母親ぐるみお前にやる, 母親こらフウの, 母親うつく, 母親ごころがゆるさない, 母親さんお仙ちゃんが居なくなった, 母親さんこれが好い, 母親さんそこどころじゃ有りません, 母親さん一人さえ楽, 母親さん下手な事, 母親さん今まで貴方, 母親さん今日はお, 母親さん他人の収入, 母親さん何か飲む, 母親さん写真屋が来ました, 母親さん召上りませんか, 母親さん咽が涸, 母親さん心配しないで, 母親さん明後日は何, 母親さん沢田さんがお, 母親さん美土代町の奧州屋, 母親さん鶏が鳴いてる, 母親さん鶴ちゃんはどうして, 母親しかその存在, 母親じゃありませんか, 母親じゃったのじゃが, 母親そしてその渾名, 母親その声もも, 母親そのままに手, 母親それから召使が, 母親それらは恐るべき, 母親そんなことは, 母親たち結婚しようとして, 母親たった一人より, 母親たる者の役目, 母親たんすから一枚, 母親だけで育つ子供, 母親だけには実に孝養, 母親だけを寄越して, 母親だったらどんな衣裳, 母親だに迂闊ならず, 母親だの杉枝だの, 母親ってのは, 母親っ子で昔, 母親つていふのかしら, 母親であったら勝手が, 母親であればその, 母親でございましたがどういう, 母親でしたけれどもいま, 母親でなけりゃ承知しない, 母親で無い人即ち, 母親で無きや出來, 母親というは四十五六早く, 母親というも普通から, 母親とから詳しく御, 母親とさえいっしょであるなら, 母親としてのみ動いて, 母親としても軽挙は, 母親とては眠いので, 母親とでも思いこんで, 母親とともに寝床の, 母親とにはまた別, 母親とびつこの弟, 母親どもの挨拶, 母親などからそんな女, 母親などとその姉夫婦, 母親などにあんな大きな法螺, 母親などの前で, 母親なども強制的に, 母親なみ以上の甘, 母親なりが工面に, 母親なりにぶつかるという, 母親なりの身許を, 母親なりを呼出して, 母親なんかには目も, 母親なんぞにはそんな意味, 母親にかの女は, 母親にこそ近ごろたびたび, 母親にだけしか渡すこと, 母親にだけは子の, 母親についての心配とで, 母親についてはそのよう, 母親にともなはれて, 母親になつてゐた, 母親にななえを, 母親になんてまあ縹緻, 母親にのみ苦労を, 母親にばかりくっついて, 母親にゃまだ米, 母親にや但し余り, 母親によつて世の中の, 母親に対しての感情を, 母親に対してはかたはら痛い, 母親に関してもほぼ前述, 母親に関するローマンスを, 母親のでもう一つ, 母親のぶざまと共にこの, 母親のみにて暮らして, 母親はじつと娘, 母親はと見れば, 母親はともすれば, 母親はな私の, 母親はへつつひの, 母親はわあっ, 母親ばっかりが淋しく暮し, 母親ふさの継子, 母親までも何だか落付, 母親までを連れて, 母親もろとも背中, 母親ゆづりの苦労性, 母親ゆり起こしたまう心地, 母親清浄なる, 母親らしさが, 母親らしい年取った婦人の, 母親らしき女と, 母親らしくして黙, 母親らしくしてやったことも, 母親らしく見えていた, 母親らしく話しかけている, 母親らしく遊んでるのを, 母親わしには嫁ごじゃ, 母親わたしがキッス, 母親をでもいたわったこと, 母親を通して伝わった先方, 母親クリテムネストラを殺し, 母親ケリッヒ夫人に再会, 母親ショウタン夫人に次ぎ, 母親スルイヤは巴里, 母親て奴, 母親似テ母親以上ニ複雑ナトコロガアル, 母親マリア・テレザの目, 母親ルイザの兄, 母親ルピック夫人もこれ, 母親ワルワーラは堂々, 母親ヴァルヴァーラは三十五歳, 母親一人きりしかなかっ, 母親一人息子一人の家庭, 母親一方では妙子, 母親三人ともブルブル, 母親三代の藝妓, 母親の最上, 母親五百石の女, 母親仕込みの捌き, 母親伊弉那美尊の御名, 母親似だとしたら, 母親似であったからで, 母親似であるのに対し, 母親似でございまして一月生れ, 母親似でなかったからであろう, 母親似なのであろう, 母親何とかの日, 母親につく, 母親に, 母親十年前に亡くなつたお, 母親千世子が後向き, 母親のおぼれる, 母親同様古風な身なり, 母親夫人が, 母親女中だれひとりそれ, 母親は我儘者, 母親姉妹などについてたずねた, 母親姉達の猛烈, 母親が或, 母親子供たちの様子, 母親孝行でその, 母親家族先生それから世の中, 母親には只一人, 母親左側には六十, 母親弟妹その連れ合, 母親御苦労でございます, 母親急病に罹りたれ, 母親恋しくは思わず, 母親承知で向島, 母親時野で四十二三, 母親之候, 母親本位のもの, 母親本所相生町の家, 母親来る古賀との, 母親楽園の門, 母親も見兼ね, 母親正直な中流婦人, 母親殊に女房おえい, 母親殺しの犯人, 母親気質の情緒, 母親泣かせで母親, 母親ばかりゆゑ渠, 母親由紀子さんに同情, 母親畳百枚を寄進, 母親目顔で祭, 母親石川屋の内儀, 母親辛棒強く, 母親のなか, 母親絶えず喧嘩口論する, 母親肖で実に可愛らしく, 母親育ちであるだけに, 母親薄馬鹿のクニャージ, 母親裏口から去る, 母親許婚の命, 母親諸共暫く窮命, 母親譲り月謝一円の界隈, 母親貞柳が住ん, 母親贔屓の慶太郎, 母親身ぶりでいきなさい, 母親の眼, 母親青年近くまで