青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「申す~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~申 申~ ~申し 申し~ ~申した 申した~ ~申しました ~申します 申します~ ~申す
申す~
~男 男~ ~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町

「申す~」 6598, 71ppm, 1587位

▼ 申す~ (959, 14.5%)

6965 です 61 では 59 じゃ 43 でございます 3916 じゃな 1411 ぢや 10 であります 9 ですが 8 だと, である 7 でしょうか 6 でございますから, ですから 5 だが, だな, でございますが, はその

4 [11件] であった, でございました, でございましょうか, でござる, ですよ, でも, はあの, は今, は何, は甚だ, は私

3 [17件] かも知れません, がある, であるか, でございますよ, でございませうか, でした, でしたが, でしょう, で御座います, で御座いませう, はあれ, はお, はこれ, もこの, もやはり, も変, よ

2 [33件] か流石, がこの, がその, がほんとう, が傳, が甚だ, が道, だから, だよ, だ御, でございましたが, ですけれど, で御座いますよ, と違っ, はいずれ, はこう, はこの, はつまり, はもと, は他, は妹, は実は, は少し, は後, は無, は誰, は随分, は鯛, もお, も可笑し, を忘れました, を私, 外は

1 [347件] かい, かえ, かそれ, かな, かはっはっ, かまさか, かも知れぬ, かよい, かわからん, かッ, かムヽウ, か仔細, か小, があたし, があちら, があります, がいたし, がお, がお上, がこと, がこれ, がございまし, がござる, がさ, がすなわち, がなぐさめ, がもしも, がゐる, が一番, が不憫, が伝, が伝え, が余, が例, が兄, が入っ, が刀, が判らぬ, が務め, が参っ, が取り, が否, が大変, が大層, が寝, が常法, が強弓, が役目, が御存じ, が心願, が怖く, が慣わし, が手っとり早く, が書けない, が未だ, が本, が本当, が本心, が本来, が此, が獨, が珍, が現地, が眼目, が礼, が礼儀, が神, が私, が評判, が諸, が返歌, が適当, が非常, が順當, さ, じゃありません, じゃございません, じゃその, じゃどういう, じゃなかった, じゃわし, じゃッ, じゃハツハッハ, じゃ仔細, じゃ怖がっ, だえ, だお前, ださうで, だそう, だぞ, だったな, だよごれて, だろうが, だ何, だ馬鹿, であったが, であったに, でありました, でありますから, でありますが, でありまする, であるが, であるな, である何卒, であろうが, でございましたら, でございまして, でございましょう, でございましょうが, でございますな, でございまする, でございますれば, でござるからねえ, でござるな, でござんすけれども, ですがな, ですそしてまた, ですな, ですね, ですまア, です目, で御座いました, と同様, と拙い, どすか, なら下さるたって, なら我が身, なんの, には一寸, には少し, にばかり結う, に判らない, に同じ, に暫く, に止めませう, に煮る, に逢っ, はああ, はあまり, はあんまり, はいかが, はいかなる, はいかに, はお嬢さん, はお菓子, はかの, はこうした, はさ, はさぞ, はずいぶん, はそう, はそういう, はちつ, はどう, はどうして, はどうぞ, はどうも少し, はどこ, はな, はなかなか, はなんぼ, ははしたない, ははなはだ, はほか, はまことに, はやはり, はやはりいろいろ, はよけい, はわたくし, はオレ, はツェレ, はナ, はバター一杯半, はヒダ, はペラオ飯, は一体, は一番先, は丁鮫, は不, は不憫, は世, は中学校, は主人, は亡くな, は京, は人, は何とも, は何者, は余りに, は俗, は兄, は先々代, は初, は勢州岩内, は即, は反対, は叔母, は口, は只木細工抔, は可笑しゅう, は名, は名ばかり, は唐土, は唯, は商売冥利, は土耳古風, は坊門, は多分, は大きい, は大名高家, は大層, は大層口, は大阪, は天, は失礼, は女, は女子, は如何様, は嫌, は実に, は家中, は小, は小さい, は尤も, は尾張公, は川長, は差, は当りまえ, は当然, は彼, は忍び, は怖い, は恋, は恐し, は恥, は恥しい, は手軽, は文久三年, は斯, は新規, は日清戦争, は明け方, は昨夜, は晴二郎, は月, は未だ, は本丸, は本統, は本郷元町, は此処, は此處, は此辺, は決して, は淡海公, は湯, は烏賊, は無一文, は無花果, は熟, は玉子, は現に, は異, は百姓, は看板, は真実, は知っ, は社稷, は種々, は立派, は至, は色々, は色仕掛, は苦しい, は茶匙, は誠に, は貴方様, は足, は身共, は途中, は違っとる, は釈迦, は重々, は隨分異, は雪女, は頭, は飲みすぎじゃろう, は養母, は馬飼吉備彦, は鰺, は鶏, ばかりが嬉しい, ほかなく, ほかは, ほか無, も, もあなた, もあります, もいかが, もおしろ, もこれ, もさういふ訳, もすなわち, もなん, ももったいない, もやっぱり, も一興, も何, も何やら, も何ん, も失礼, も女子, も如何, も実は, も心, も必要, も忘れ, も忠義, も恥しい, も憚り, も或, も本当, も江漢, も甚だ, も矢張それ, も私, も虚言, も遠, も釈迦, も長い, やそれからまた, をうっかり, をお, をつける, をむだ, を一つ, を先生, を名主, を忘れますまい, を憚, を承りました, を断わろう, を聞い, を許し, を迷惑, 外なし, 実母から, 由言語どう

▼ 申すまでも~ (547, 8.3%)

99 ありません 40 ない 22 ないこと 15 ないが 13 ございません 10 ありますまい 9 ありませぬ, なくその 8 ありませんが, ない事, なくお 7 なくこの, なく私 5 なくこれ 4 あるまい, なくそれ, なく例 3 ありませぬが, ないと, なかろう, なく, なく御

2 [16件] あるま, ございますまい, ございませんが, ござるまい, ないの, なかった, なきこと, なく候, なく彼, なく戦争, なく日本, なく本所, なく第, なけれど, なし, 無いが

1 [228件] ありますまいが, ありませんお, ありませんけれど, ありませんし, ありませんそして, ありませんでした, ありませんです, ありません下, ありません散々, ありません横浜, ありません祖母, お前達の, ございませぬ, ございませんその, ございませんな, ございませんよ, ござらぬ, ないし, ないそちら, ないで, ないので, ない威勢, ない山崎譲, ない恐怖, ない日本アルプス地方, ない製薬主, ない親, ない話, ない野, ない金銭, なかつたが, なくあなた, なくあなた様, なくあの, なくいい値, なくおのずから, なくかつて, なくがんりき, なくけい, なくこちら, なくご, なくさいぜん, なくさめれ, なくそう, なくそこ, なくそこら, なくちょっとした, なくとても, なくまた, なくみそぎ, なくわが, なくわが国, なくわたくしども, なくイタリー, なくゴンクール, なくフロックコート, なくヘボ碁, なくポー, なくマドロス氏, なくユスリ, なくリヤトニコフ, なく一つ, なく一廓数百金, なく一本, なく一般美術, なく七兵衛, なく万一, なく中流, なく丹波丹六, なく丹青翰墨, なく二人, なく二十三年, なく人工心臓, なく人生, なく人間, なく今, なく今宵, なく今度, なく仕事, なく他殺, なく何, なく保管, なく倭, なく兄さん, なく光波, なく八五郎, なく公爵, なく兵, なく兵粮丸一片, なく写真, なく切支丹, なく医, なく十万, なく十幾年, なく南条力, なく収縮, なく叔父達夫婦, なく古い写真, なく同村, なく唐人さん, なく因縁, なく基礎, なく夏至, なく大, なく大工さんたち, なく大阪庭窪, なく天一坊, なく太田三楽, なく失礼, なく奉公人さ, なく奥田さん, なく女, なく女房たち, なく如上, なく如何, なく嫁, なく子供, なく学校, なく学者, なく學問, なく宇佐美六郎, なく宇津木兵馬, なく実に, なく家庭, なく小生, なく尾崎紅葉, なく尾籠, なく山背大兄王, なく岐阜, なく工人側, なく広, なく府中八王子辺, なく弥兵衛宗清, なく強心剤, なく当, なく彦兵衛, なく必要, なく悪人, なく我が, なく我邦有史以来, なく戦場同様, なく所作事, なく才貌とも, なく摂津, なく敵, なく旅, なく日本文化発祥, なく旦那さま, なく昨晩, なく普通, なく曠野, なく最大, なく最早, なく本文, なく机竜, なく杖, なく染井, なく櫓, なく毬, なく決して, なく河北, なく流行, なく清澄, なく演劇, なく漢方家, なく無電, なく煙草入, なく父上, なく特に, なく玄奘三藏, なく瑛子, なく甚しき, なく生れる, なく生意気, なく當人, なく登, なく白雲, なく百, なく皆跡方, なく皇孫命様, なく盗まれ, なく盧照鄰, なく碁盤, なく福沢諭吉先生, なく竜宮界, なく結婚, なく絹布, なく翼賛運動, なく耐え忍ん, なく育ち, なく肺結核, なく能, なく自分, なく自然, なく船夫, なく花子さん, なく血液, なく西, なく覆面, なく諸君, なく警察, なく警察方面, なく貴下, なく貴方, なく迷心, なく達也, なく都, なく釈尊, なく野武士, なく金無垢, なく釣竿用, なく銀座, なく鎌倉, なく電車, なく頭髪, なく風采, なく高氏どの, なく鹿の子, なし土, なし既に, 候はず岩端松蔭朝顔夕顔蛍六代御前の, 御座いませぬ, 無いかと, 無いこと, 無い辞退, 無かろうから, 無之候, 飽くまで喰

▼ 申すこと~ (489, 7.4%)

27 でございます 20 じゃ, でご 128 です 7 は出来ません 65 がある, はできません, はない 4 はありません, は出来ない, をお, を御

3 [19件] がございます, ができます, ができる, が出, が出来ない, が出来ません, が出来よう, が出来る, だが, でございますが, ですが, では, ではござりませぬ, で御, になる, に致しましょう, はできない, もお, も出来ません

2 [27件] あらば, あるまじく候, ができない, ができましょう, が嘘, であります, であるぞ, でこの, でございました, でございますから, ですから, でそれ, で御座います, で私, なり, になりました, は, はあまり, はかないませぬ, はございません, はできますまい, は決して, は相成らぬ, もございません, も出, も出来ない, をお許し

1 [247件] あるとて, おきき入れなく, か, が, があるん, がお, がご, がござる, ができませぬ, ができません, ができませんでした, ができれ, が何, が作りごと, が出来, が出来たら, が出来なかった, が出来なくなりました, が出来まし, が出来ました, が出来ましょう, が出来るでございましょう, が出来るなら, が出来れ, が判らぬなら, が大切, が後, が御, が御座います, が本, が此の世, が第, が解らぬ, くらいはお, ございません, さえも容易, すら出来ない, だからな, だけはお許し, だぞ, だったが, だマゴマゴ, である, であるから, であるが, であろうし, でいろいろ, でお, でけさ, でこれ, でございましょう, でございますからねえ, でございますよ, でございまする, でござるが, でした, でしたので, でしょう, でちと, でどうか, でまことに, でも, で一寸, で不躾乍ら, で何しろ, で厶, で右京次郎, で四年, で奉公人, で実業界, で旧い, で本心, で重内, で鹿, としてそれ, とてもなくなりまし, となりました, と云え, と心得, と思召, なし, なしに, などには大した, などに引かされたら, などは當, などもあっ, など信じ, ならん, なりませぬ, なるまじくと, なるまじくなどとは, に, にいたす, にいたそう, にこそ, にし, にしましょう, にします, にしよう, にする, につき, につきましてはいろいろ, にて一々, にて候はず, にて台石, にて蝋, になっ, になった, になつ, になつて, になり, になりまし, になります, になるでしょう, には, にはまず, には人間, には城中, には昨日, には私, にまちがい, にもしいささか, にも事, によって不公平, に不審, に何ん, に侍り, に合点, に就きまし, に御, に止めがち, に決心, に理, に相成り居り, に相違, に致しやし, の候, の出来ない, の出来なかった, の可笑しい, の急がしい, はいや, はお, はこれ, はこんな, はござらぬ, はござりませぬ, はさして, はその, はちょっと, はできねえ, はできねえで, はできませぬ, はどうやら, はなかなか, はならぬ, はひとつ, はサッパリ, は不義, は世にも, は些, は出来ませず, は勿体ない, は勿論, は古い, は如何様, は嫌, は存じ, は家中一統, は容易, は幸父, は昨日, は無い, は申し上げる, は私ども, は約束, は終りまし, は解るまい, は道理, は間違つて, までちゃあん, も, もあります, もありますまい, もある, もあるです, もいたし, もござりませぬ殿様, もできなかん, もできません, もできる, もできれ, もなに, も一往, も何, も出来ず, も出来ましたで, も出来ます, も出来る, も判然, も御存じ, も有, も畏, も疎略, も耳, も聽, も見方, やあの, や普通, をすこしも, をせず, をなにとぞ, をば今生, をやめよう, をよく, を一度, を信じ, を信じきたりたれ, を信ぜざる, を停止, を其方たしか, を出鱈目, を失礼, を容, を寝, を少し, を弁え, を後日両人, を得, を悟った, を承わりました, を父, を用いね, を申した, を発言, を知った, を聞い, を聞かぬ, を聞きました, を聞きまする, を聞くまい, を聽, を覚え, 実はわたくし, 少しも, 故何, 要は蕪村一人

▼ 申すもの~ (403, 6.1%)

29 じゃ 20 です 18 でございます 168 がある, だ, でご 6 でございますが 5 だが, に候, は 4 である, ですから, ですが, では 3 でございましょう, でござる, でしょう, で御座います, は人, もございました

2 [17件] があった, がおります, がをります, でありましょう, であります, でございましょうか, でござるが, と火, なり, にご, に何, はこの, は京, は兎角, は格別, もございます, も居ります

1 [207件] あり, お見受けすれ, か, かと存じます, かな, かなそれ, かの, かも知れませぬ, からかねて, からそうした, から成立っ, がありました, があります, がいる, がおっ, がおりまし, がおりませぬ, がこれ, がございます, がただ, がまいりまし, がまだ, がやつ, が何, が八丁堀, が凶事, が出来, が勿体なく, が叔母さん, が多く, が大病, が娘, が実際, が従来の, が推参, が新野, が暦中, が最初神, が有る, が設計, が郎, ご家老さま, さア速, じゃかまわぬ, じゃがそう, じゃが貴公, じゃでは, じゃな, じゃ人違い, ぞ, ださ, だそう, だそんな, だろうかとも, だわ, であらう, でありましょうか, であるが, である宜しく, であろう, でございました, でございましょうぞ, でございますから, でございまする, でございませうか, でござろう, でごぜ, でした, でしょうねえ, でしょう北極, ですよ, ですわ, でせう, でだと, でと, ではござりませぬ, で一寸, で人間, で卑し, で安貞元年, で御座いましょうあなた様, で御座いますが, で斯, で綱田屋さん, で若, で蔭, といや, とても出来ない, どのよう, なれば, にお, にございます, につき清末, にて候, にて金, に之, に候はず, に偽, に或いは, のこと, のその, の口, の性来, の掛け, の最下等, の有る, の栽培, の消息, の碑文, の行方, はありません, はあるいは, はいつ, はいわば, はお, はかかる, はかく, はこうした, はこれ, はございます, はございません, はござらぬ, はその, はただ今, はちょっとした, はとかく, はどう, はどういう, はどれ, はひといちばい, はまことに, はみな, はもちろん, はよろしい, はわれら異国, は三月, は上州, は今, は仲, は何, は何事, は作家, は公平, は六年前, は其の, は国, は変った, は大, は天が下, は奉公人, は婦, は家庭, は小, は年, は幽霊, は必ず, は恐ろしい, は悪い, は意外, は慥, は戦場, は所, は手当り次第, は斯, は日ごろ, は昨年家出, は暖か, は最後, は朋輩, は本体, は正直, は武田家滅亡, は毎月, は無闇, は皆, は目前, は瞬く, は神経, は穴, は絵師, は絶えた, は見, は誠に, は貴方, は雅, は頂けません, は鬼, またこれ, もござりまするが, もそれぞれ, もなかっ, もなく, も出, も思い, よ, より書面, を, を之, を引く, を振る, を見, を説き弘め始めました, 候わず, 大嫌, 必ずしも大勢小勢, 爾今お, 聞けば

▼ 申す~ (294, 4.5%)

5 言ふ 4 これは 3 しよう, それは, 云う岩, 寛大の, 手は, 私の, 私も

2 [12件] いって, その分, なりましたらあの, 云うの, 云って, 云ふ, 今より, 何か, 口が, 叫べば, 私は, 雖も

1 [240件] あそこに, あとから, あなたの, あの, あの南, あの越前, ありながら, ある, あるぞ, いい, いうて, いうほどに, いえども, いかにも獄中, いかにも突飛, いずれ元, いちいちこれ, いっしょに, いふ, お初に, お書, お鶴どん, かかる天気, かわいそうです, きたなくなります, きっと或, けっして美, ここへ, この, このよう, この周馬, この山門, この方どもは, これから結婚, しようぢ, する, そうで, そなた, その例, その字, その当時, その方, その最も, その種アカシ, その途, それが, ために, どうやら不自由, なか, なかなか得がたい, なにか訳, なんぞうしろ, なんだか遊山旅, なんでございます, ひどく出過ぎた, びしゃびしゃと青菜に, ふふん, ほり西洋文明の, まことに姑息, また必ず, また腹立ち, まだ歩行, みえる, みなさんは, もし諸君, もとこれは, やったところ, よい, ようございました, よほど嶮, わけも, わしは, オヤオヤ一つ物を, ダージリンから, ドウセ殺す, 丁寧に, 丁度四字に, 七八番に, 三日も, 下保で, 与力か, 中, 主の, 了簡せん, 二三度いえ, 二三度いへ, 云いました, 云う, 云うと, 云う訳, 云った, 云っても, 云て, 云ひぬ寝, 云われた, 交通道路は, 今日正確な, 仏教の, 何だか大変, 何だか皆様, 何で御座います, 何らの, 何者の, 例のが, 俺は, 先ず始め, 先生御, 先着の, 六月の, 其儘には, 典型的な, 処分致す, 刄物が, 前に, 勘定を, 双方が, 口も, 口幅ったいその, 可笑しいやう, 同じ鶏, 同時に射, 命に, 咎めに, 唯物論者は, 嘘らしい, 四谷の, 変です, 外套なし, 大分贅澤な, 大層な, 大層むずかしくっ, 大工の, 失敬です, 失敬に, 失礼かも, 失礼の, 奈良朝以前にも, 奉行に, 奉行手先の, 奥さまは, 奧樣が, 女は, 妙な, 姉さまは, 嫁に, 孔明も, 安くなります, 宗助は, 宗鑑以下の, 実はアベコベ, 寝ては, 少くとも, 少し極論, 差し出がましいやう, 年甲斐も, 幻影と, 延長です, 彼らは, 忽ち湧き出す, 或はお, 所謂侍である, 手前まで, 手討に, 扶持離れの, 承知しねえ, 支那の, 断りながら, 日本の, 旦那は, 早く行っ, 昇らない事, 明瞭に, 書く狐これ, 書画の, 書院の, 来て, 栄之, 楠公は, 楠氏滅亡の, 次の, 正々堂々と, 此処へ, 殆ど同様, 母違いの, 毎日の, 汝らから, 江戸まえ, 沖縄には, 法螺を, 為めに, 父上は, 物好きの, 玄関を, 現世では, 理化学によって, 申しまして, 疳の, 病人の, 真を, 禅宗めき, 突飛に, 答えたと, 糸を, 紀元八〇四年であります, 純文學といふ, 経書を, 綾子様は, 羨望の, 聖が, 聞かないよ, 能役者らしい, 舞姫な, 華奢を, 見える, 親類の, 言い返した, 言うよう, 言った, 言って, 許さぬぞ, 証拠でも, 諸君は, 謂つて居られた, 變です, 貴公は, 貴女の, 貴方の, 貴様も, 貴様武家出か, 質屋に, 贊成を, 身体全体が, 軈て女史, 錦木さんなどの, 長崎表に, 面目が, 頓教なかんずく, 首の, 鬼が, 鳶頭が

▼ 申す~ (263, 4.0%)

15 でございます 9 でございますが, でござる 6 で, でご, にご 5 じゃ, だ 3 です, ですが

2 [17件] があっ, があつ, がお, がございまし, がございます, だが, であります, では, と密通, に侍り, の名, の娘, の家, は拙者, もあり, もある, もございました

1 [162件] あって, あるも, いずこま, え, お手柔らか, か, が, がある, があるなら, がいずれあらためて, がおる, がかつえ, がこの, がまたまた, がやや, が一人反対, が今, が個人的, が八歳, が六年, が出, が參, が多数, が山上, が御, が急, が或, が控え, が数日前, が新九郎様, が時折, が有馬勢, が来あわせ, が此, が殿, が法月弦, が潜っ, が申し残し, が盗賊, が私, が訪ね, が誰, が面会, こそはすなわち, こそ仮に, こそ私, ご主人, ご高名, さえございました, して, じゃと教え, じゃ千, その大月玄蕃, だその, だと, だな, でありますお, であるが, であるなどと, でがん, でございまして, でござるぞ, でござると, でごぜ, でな, でなア, ではござりませぬ, でやすが, でやはり, で一度, で五年級, で以前, で以後別懇, で何, で何分, で同胞衆, で小役人, で川崎在, で御座いました, で御座います, で御座いますが, で御座る, で祖国, で神原五郎治, で至つて未熟, で親分さん, で釣, と, と三人, と三年前, と前々, と申し, と約束, ども御, なら望み, なり, にそち, にて候, には同門, に欺かれ, に殺させます, に相違, のため, の一子, の事, の伜, の噂, の女房, の妻, の尋ね, の屋敷, の方, の由, の肩書, の行方, の話, の隣家, はうれしい, はその, は一人, は余り, は内藤紀伊守, は前, は化者, は変, は如何様, は妻, は小野忠雄, は居りません, は年, は決して決して, は百官, は空抜, は親, へ江戸一左右次第, またこれ, また某, もあった, もあります, もありません, もございます, もございまする, もござります剣術, もなかっ, も命, よ, を, をよん, を切害, を取押えました, を国府台, を尋ねる, を尼, を御, を襲っ, 不鍛練, 何分この, 即ちお, 当城中, 故あっ, 是非ご, 近頃何

▼ 申す~ (196, 3.0%)

3 仔細は, 及ばず, 及ばず今, 及ばず御, 相違ない 2 ことを, ッ, 不及, 及ばずお側, 及ばず候, 及ばず檀家中, 及ばない, 及びません, 及ぶまい, 実朝

1 [161件] あくまで邪魔だて, あった, あまりど, ある, およばずおおかた, およばずご, およばず何れ, およばず公私, およばず失礼, およばず庶民, およばず村人, およばず源平, おれたちは, きこえぬか, くどい奴, この子, さへも, それには, ちがいありません, っ, つけても, どうやらそうとも, なぜ行かぬ, なぜ返事, なにを, なんでも, はね秘訣, まかせよう, またいう, もしもそうでなかったなら, やと, わたくしは, 一人進み出で, 上人左右なく, 中津に, 乗らんか, 事を, 二十日を, 他でも, 何と申す, 依りて, 依り唯, 先づ大将軍と, 先輩の, 其下手人は, 北風の, 十に, 及はずお, 及ばずお, 及ばずことごとく, 及ばずこの世, 及ばずその, 及ばずただ, 及ばずたとえ, 及ばずネパール国, 及ばずレミヤ母子, 及ばず一つ, 及ばず世界八隅, 及ばず両隣, 及ばず五代, 及ばず京, 及ばず仮令, 及ばず候え共, 及ばず兄弟子, 及ばず全, 及ばず全国一般, 及ばず八幡様, 及ばず公儀, 及ばず到る所, 及ばず南洋, 及ばず印度地方, 及ばず古人, 及ばず図, 及ばず城中, 及ばず大小, 及ばず天下, 及ばず婿, 及ばず宋, 及ばず店, 及ばず庭, 及ばず庵, 及ばず所轄警察署, 及ばず斯道五流, 及ばず日本国中, 及ばず東, 及ばず枕, 及ばず武器, 及ばず武家時代, 及ばず河内, 及ばず湖水, 及ばず満都, 及ばず熊本, 及ばず甲州, 及ばず異なりたる風俗なんど, 及ばず着付け, 及ばず秩父, 及ばず老母, 及ばず職業, 及ばず菜大根, 及ばず蓋然的, 及ばず蔵, 及ばず薪炭等, 及ばず西暦十七世紀, 及ばず身体, 及ばず近郷近在, 及ばず通風筒, 及ばず金子持ち物, 及ばず銘々, 及ばず阿波一国, 及ばず顔, 及ばぬ, 及ばぬ儀, 及ばねども, 及びませぬ夜一夜, 合戦の, 吾家に, 商人の, 實朝の, 小生の, 小生生き, 巌の, 差し支えないと, 強って, 当方には, 彼の, 彼方は, 従来の, 御帰り, 御扶持, 我ら二人今回は, 扨榎本の, 控えおらぬか, 於ては, 既に八時, 日本の, 早く行かぬ, 橋杭立ち申さず, 止めます, 法は, 父は, 申されやせん間違, 申し切れない程, 福澤が, 私の, 立たぬか, 紀州に, 紫溟吟社の, 縹緻を, 聞えぬか, 至ること, 芝将監殿橋の, 行かぬつもり, 諫め申さざる, 諭吉を, 貴殿においては, 足るべく被, 違いございません, 重ね重ね雑言, 限ると, 馬は, 黙らぬか

▼ 申す~ (180, 2.7%)

15 でございます 65 でございました, でございますが 4 を御 3 あり, が出来ません, でご, でござる, です

2 [14件] がある, がご, が御, だ, だが, になつ, に就, はわからう, は出来ません, は夢にも, は私, も出来ましょう, を, を鼻

1 [102件] がごぜ, がみんな, が何, が出来ず, が出来ましょう, が出来ます, が出来る, が明白, が疑わしけれ, が空虚, が肝要, じゃ, じゃがそれ, じゃが番人喜助方, だそう, だと, でえ, でええ, でお, でございましょう, でございますけれども, でございますな, でございますよ, でござった, でござんする, ですよ, でもし, で小梅, で從前, などには耳, など本気, につき, になり, になる, にはとんと, には御, にも一応, によるの, に候, に就き, に師匠, に気がついた, に気がつかぬ, に耳, に致しませう, のある, はあの, はありませぬ, はありません, はおりない, はございませぬ, はございません, はできますまい, はな, はない, ははっきり, は予自身, は仕方, は何やら, は余り, は全, は全く, は出来ますまい, は取り分け, は取上げ, は姫君, は存外, は容易, は御, は恐ろし, は採上げん, は歴史, は男, は疑おう, は空虚, は素より, は聊, ばかり申し, ばかり申しまし, また祐天和尚, まではお, もございまし, もございました, もっとむずかしく, も出来ず, も出来ない, も出来ねえ, も出来ます, も出来る, も申されませぬ, も聞かず, も葵, を一, を兄, を大いに, を得, を疑っ, を白状, を考え, を聞入れ, を聴い, を落しました

▼ 申す~ (166, 2.5%)

4 淡海公の 3 更なる, 趣向の 2 ほかでも, 他でも, 何と有難い, 合理非合理事実非, 固より, 景樹の, 畿内近国の, 近く申さ

1 [140件] いくつある, いずれ詰らぬ, いづくの国, おそろしい情ないもの, お下屋敷, お恥しい, かえって非礼, かくの, かたじけなくも, かねてお話し, かような, ここの, このこと, この山, この瀬兵衛, この要, この頃, この頃天が下, これでござる, これな, これも, そういう名称, そちか, その女子, その時, ただそれだけ, どこの, ほどなく隣国, まさしくこの, まずなき, もとより理屈, もと浜名湖, やすいこと, よく分別, わけの, わけは, 一体何もの, 一夜の, 丁度七年後の, 七日の, 七日天にて, 三介信雄卿が, 三浦の, 不思議よ, 不敬極まる, 世も, 二の, 人の, 人目に, 今より, 今日只今の, 今日教会の, 何といふ, 何も, 何事ぞ, 余の, 元来父母祖父母, 先ずざっと斯ん, 冷たい, 前申, 剣を, 勅命でも, 南は, 南蛮渡来の, 即ち色, 只の, 合理非合理事實非, 同家に, 向うで, 唯今の, 商人に, 国ざかひの湖で, 地下の, 大分名高い, 大明国の, 大殿様, 大阪の, 如何な, 如何なる次第, 妙な, 妹には, 定か, 実は小生今回, 家のならひなれ, 容易いこと, 小生は, 帯しめ直し, 年の, 年貢の, 当国, 得度の, 御養子様, 恐れあれど, 情知兼ねそなわった, 憚りながら建武, 憚りながら若年, 戦略に, 手間の, 拙者の, 拙者を, 拠ろない訳, 攘夷実行の, 斯く申す, 旦那さま此の間菊へ, 昔竜宮城より, 昔鳥羽僧正ある, 昨夕登山のみ, 昨年霜月三日に, 本家和歌山屋にて, 本当か, 松倉屋の, 榎本は, 此な, 気に, 氣に, 江濃, 法華宗の, 海内でも, 満面薄き, 無論客観的, 無論客觀的, 然ら, 父母には, 秀頼様より, 私が, 私共の, 立派な, 羅馬末期において, 聞えある美人, 臆病でございます, 自分宅の, 若主人伊之助, 誰の, 質屋を, 近来大きに, 金澤の, 阿弥陀如来を, 附けたり, 頭の, 食べ物の

▼ 申す~ (150, 2.3%)

14 よい 2 これは, それは, それも, よいぞ, よいわ, 宜い, 惜しいと, 至当の

1 [120件] あたかも夢中, あっての, あの時, ありませんから, いい, いったいお前たち, いったいその, いったいそれら, いったいわし, ええ, おらの, お粂, お身, お身達, かれの, このわし, この方, この片腕, この駕籠, これについて, これにつき, これほど, ごとき能率, ごとく持明院統, さても, そなた, その当て, それではこの, そんなこと, つまりオサキ, どうして邸, どうじゃ, なにしろその, なにしろふしぎ, ま, まず庭口, まず望み, またいつか天運, まだ十五, まだ家, むづかしいところどうもちよつとござりませぬので, もしやそ, もし荷物, もし話し, ものは, やはりこの, やはり貴, よいさ, よい家, よかろう, よろしいと, わしにおいては, 上分別と, 両人で, 二度は, 佐沼より, 何か, 何で藤巴, 何故荒木, 何時も, 余は, 兄妹は, 其方は, 冬は, 前, 博多の, 只今喰酔っ, 只約束, 可い, 唯今も, 嘘だ, 多くありました, 多寡が, 奥州青葉城の, 女ばかり, 好かろう, 如何だろう, 如何でござる, 妾に, 宜う, 実は八幡様, 実際これ, 宿屋の, 尤もじゃ, 差支えないか, 彼岸に, 御無事, 忠通は, 怪しいで, 悪いなら, 拙者は, 控えて, 日頃より, 早や, 春枝と, 有之, 此の, 此屋様なり, 此方は, 此莊園の, 武士道は, 法師の, 泥水に, 然うでない, 目さきとは, 祖廟の, 私交は, 私年効では, 結んだ縁, 腰元たちの, 自分一個の, 至當の, 苗字は, 表に, 誰な, 貴公は, 貴女は, 路銀を, 順では, 鬼の

▼ 申すよう~ (136, 2.1%)

16 ですが 8 なこと 6 なもの 5 だが 4 になった 3 な事, な者, にし, になりました 2 でご, でございますが, で恐れ入ります, な法律談, に

1 [75件] でありますあの, であるが, でが, でございますけれども, でござるが, ですけれども, ですね, で恐れ入るが, な, なお話, ならその, なれど, なわけ, な体裁, な儀, な医者, な地図, な場合, な夜逃げ, な大, な大切, な大局, な奴, な字, な孤立, な家, な御, な心掛, な恐ろしい, な悪い, な旅, な時, な次第, な殊勝, な物凄い, な相好, な舎弟, な芸, な訳, な身柄, な退散ぶり, な風, にあたし, にいたしましょう, にお, におなり, にお母様, にご, にする, にということ, にという父, にとのお, にとの事, になっ, には云えぬ, には参り, によい, にッ, に世間, に仰し, に再三, に取りはからいましょう, に夥しく, に山崎町, に御沙汰, に我邦, に普通, に永徳, に言う, 伐るところ, 取りはからわせ候間, 御宅, 明けても, 申したの, 相成り候以来

▼ 申す~ (127, 1.9%)

4 指折りて 3 中, 愚かに 2 いかがでございます, お恥, この事, 偏に御, 畏きこと

1 [107件] あの鏡, あるし, いかがじゃが, おはずかしい, おろかで, おろかであります, おろかでございます, おろかわが, おろか年来, おろか鹵簿の, お気の毒, かしこいが, かしこいこと, かしこけれど, かしこし元, かしこし御, かしこし神武天皇以来現代, この妾, この愉快, この通り夜分, これまで, これらの, ござるなり, さらなり, せんない, ついそこ, なかなかおろか, なかなか愚か, なんでついそのままに, まだお, みな其方ごとき, よい, よせば, わたくしは, クドい, モトを, 七十歳いかに, 人気稼業の, 今更らしい, 伊東あたりが, 余ある, 全くお, 十年分じゃ, 多勢に, 夜分では, 如何でありまする, 如何でございます, 如何ながらと, 娘の, 実子の, 山三郎は, 御恥, 御身の, 心細く存ぜられ, 心苦しいが, 思はゆげ, 恐れある事, 恐れ多いこと, 恐れ多い御, 恐ろしい事, 恐入りますが, 恐多いか, 恐多いが, 恥かしい, 恥かしき, 恥しく候, 愚なれ, 憎い奴, 憎く関白殿下, 憚られます, 憚りだ, 憚りなれ, 我儘育ちの, 手前共の, 拙者は, 敗軍の, 日頃の, 更らなり, 未だ取り定めた, 永き年月, 涙の, 火急の, 無明長夜の, 無責任な, 田舎者で, 畏い, 畏いこと, 畏き極み, 畏し, 畏し一般, 畏し憚り, 畏れ多くは, 異な事, 皆前世の, 皆神様, 真に苦しゅう, 私の, 言葉の, 誰を, 諏訪の, 貴族の, 近頃は, 過言でない, 過言では, 重大なる, 雲を, 面目ございません

▼ 申す迄も~ (117, 1.8%)

29 ない 9 ありません 4 なく私 3 ございません 2 ありませぬ, ございませんが, ないが, ないこと, なくこの, なく御, 無く島

1 [58件] ないの, ないデディケーション, ない事, ない大層, ない旦那さま, ない殊に, なき事, なくお, なくこ, なくドイツ人一流, なくブラジル, なく三十男, なく之, なく二度, なく信之, なく倭國, なく内儀, なく剔出, なく只, なく大師, なく奉公人, なく宮城, なく家中隈, なく宿, なく屋敷, なく庭, なく弟, なく忠五郎, なく我が, なく手掛け, なく支那, なく数, なく日本, なく是等, なく楊雄, なく江戸, なく池田屋, なく治外法權, なく王莽, なく當時, なく祖父, なく終局, なく自分, なく萬世一系, なく軍国多事征露, なく近在近郷, なく近所, なく酒屋米屋, なく顏囘字, 御座いません, 無い, 無い財産, 無くデンマーク, 無く候, 無く承知, 無く至れり尽せりでありまし, 無之, 無之候

▼ 申すので~ (69, 1.0%)

15 ござります 3 ござりましょう, はござりませぬ

1 [48件] あア, いつも家, げすから, げすナ, これも, ござりまし, ござりました, ござりまする, せう, せうか, その心持, どこの, なんなら持っ, はござりますまいか, はござりませぬか, はござりませぬから, はなしに, やむなくご, 中村座の, 主人方の, 仕様が, 何うかし, 只今では, 否それ, 困りましたが, 始めましたの, 御身の, 心得違いの, 急いで, 或いは実際, 旧臣の, 是から, 此の, 死ぬん, 牧の, 病院長が, 私は, 私も, 腕一杯に, 致し方なく, 色々信心, 西洋では, 誰か, 警視庁でも, 近々東京, 連れまいり図らず貴殿, 遠い路, 閣下御

▼ 申す通り~ (67, 1.0%)

2 その当時, に致し, 少しも

1 [61件] あの晩おかみさん, いわゆる殺人事件, お主, お俊, お定, お聴済み, このかたき, この両極端, この席, この弾丸, この時代, この歌, その方, ただこつこつ, ただ騒々しい, だ, だから, である, です, で惜しい, とかうする, どうしても強い, どうも其の, どうも寝冷え, なにぶん暗い, なにぶん血なまぐさい, なにぶん道中, なるべく正直律義, なんだか気, にお, に古川節蔵, に怖い, に樹, に金, のお山, の事情, の仔細, の実録, の性格, の水, の訳, ははあ, ふとした一時, まだ十九, もはや先約, 万一曲者, 全く疲弊, 別に苦手, 到底子供, 大きい店, 大事件, 必ず南向き, 新銭座, 極めて少量, 止まって, 決めし覺悟, 流行りもの, 無論ある, 甚だロマンティック, 皆後ろ向き, 蒙古人

▼ 申す~ (63, 1.0%)

7 だ, ですよ 6 です 4 ですが 3 だよ 2 じゃな, じゃない, だぞ, だ相, でございましょう, でございますが, でございますよ, でしよう, で御座いますよ

1 [18件] じゃ, じゃあございません, だから, だがねえ, ださうで, ださうで梅干, だぜ, だそう, だったらもっと, だッ, でございました, でございます, でございますから, でございますどうか, でしょうか, ですから, ですのよ, ならちっとも

▼ 申すわけ~ (56, 0.8%)

7 では 5 です, には参りません 3 で, には行かない 2 でも, には参りませぬ, には參

1 [27件] じゃございません, だの, であつ, でございません, でそう, でその, でただ策, でなく昔, で中, にはいきません, にはまいらぬ, にはまいりません, には参りますまい, には行きません, にもあらずし, にもまいりません, にも參, にも行かない, に参らず, に参りません, に參ら, に相成らん, はございません, はわたくしども, は一昨年, は我々, よな

▼ 申す~ (55, 0.8%)

19

1 [36件] え, この呆漢め, これだけの, それを, つまらないこと, つまりその, はてさて, ま大姐, わからないが, わしは, ウム, ウーム, 不敵な, 世間は, 五里霧中とやらに, 何侯の, 偽盲目, 其の者, 判らん, 口を, 大層美事, 存じません, 宜しく頼む, 家来は, 年は, 折悪く, 潮が, 生らぬと, 眼の, 神名が, 苟めにも, 襌家に, 諸君が, 貴様二段田あ, 身に, 頓と

▼ 申すには~ (47, 0.7%)

2 町の

1 [45件] あんたから, おかめ, おそらくこれ, およばない, このたび, その前年, ただ御, どこか, ひざより, またく別, まだ差し支え, もとより証拠, われ今生に, ワリニヤーニは, 一時物に, 久しき前, 何一つ思い当る, 兄を, 及ばず僧侶, 及ばんこれ, 及ばん然, 及びませぬ現在, 取調べの, 安土の, 官員は, 実にゆるがせでなく恐れ入った, 実は済まない, 床の間の, 拙者方へ, 是は, 時間空間の, 最初は, 東雲さん今日は, 死するは, 汝ら能心得よ, 汝一本の, 汝十九本の, 江戸で, 溝板の, 然ら, 狐が, 申しました, 申しますが, 私も, 香炉の

▼ 申すやう~ (39, 0.6%)

7 ですが 4 な事, な相好 3 なもの 2 では, で恐れ入ります, なこと

1 [15件] だが, でお, でございますが, で氣, ながら唯今, な世の中, な人, にとのお, になりました, に仰し, に御, は, は先代塩原, も無, 抑も

▼ 申す~ (39, 0.6%)

4 があります 3 あらば 2 がある, もあります

1 [28件] から帝, があっ, がお上, がなく, がオーカミイナリ, が作つた, が参られたる, ですか, には刃もの, にや大蔵省, に面会, のおん, の作, の物語り, の着物, の説明, の長く, はここ, はたとい, は余り, は先般来, は多い, は米国, は鎮西, もございます, も天人, も居られます, を首領

▼ 申すところ~ (37, 0.6%)

2 です

1 [35件] から, から曾呂利新左衛門, があります, がない, だ, だが, でありますが, でございます, でございますか, でござるな, でしょうよ, ですが, ですの, ではその, では菓子, で神, にある, にお, におる, によります, に一家中異議, に出, に名物, のある, の所謂国津神系統, はとりわけ, はどこ, は一, は幾度, は通わせまし, もさぞ, もほぼ, ももっとも, も分っ, をきい

▼ 申すより~ (37, 0.6%)

5 ほかに, ほかは 2 ほかの, 仕方が, 他は, 外に, 外は

1 [17件] この名, ほかございません, ほかはござりませぬ, ほかはねえ, ほか無い, むしろ神業, 一家の, 他に, 他私には, 以上に, 口を, 外なく, 最初に, 母御に, 言うを, 道は, 魚類でなけれ

▼ 申す~ (34, 0.5%)

10 では 2 でも, で況ん, には参りません, に参りませぬ

1 [16件] でございますから, ではござりませぬ, になつたの, にはめえりません, には参りませぬ, には参りませんでございます, には往きません, には行きますまい, には行きません, にも参らない, に参りません, は, は先月多助, は有りません, もございません, を一通りお話

▼ 申す~ (31, 0.5%)

12

1 [19件] お前は, これからだ, だれの, ッならば, ッ娘に, ッ無礼であろう, ッ申す, ツお, 争われぬは, 二本棒とは, 其方の, 恐れ多いで, 手前に, 松蔭手前は, 炬燵の, 生意気を, 立て立て, 聞く耳, 面白い奴

▼ 申すから~ (28, 0.4%)

2 精神の

1 [26件] お望み, お気に, お泣きなさる, こらしめたまで, しばらくお待ち, その村, それが, それでは己, それにて, それも, それを, でございます, まあよい, まさしくこれ, 余が, 余は, 其の手, 出た, 安心し, 後に, 念の, 拙者が, 旧弊な, 生物全体の, 老母は, 貴国の

▼ 申す~ (25, 0.4%)

2 頼み申す

1 [23件] かたが, かたもござります, たのみは, ひとこれは, 人こそ, 人この, 人です, 人は, 仕事も, 受取り下さい, 女中衆と, 姿と, 娘御, 局様じゃ, 屋敷の, 屋敷へ, 役を, 役目は, 武士は, 腰元が, 言葉で, 輿入れの, 附頭お

▼ 申す~ (25, 0.4%)

2 で, の誠

1 [21件] かれは, だ, であるな, でご, でございます, です, と三人, と貴殿, なの, に似, に捨てられた, に逢いました, のところ, の由, は, はその, は助かった, は支那人季参, は重々不埒, を下, を奪い

▼ 申す~ (22, 0.3%)

5 よ喃 2 じゃ, よな

1 [13件] かな, があったら, が木戸, じゃしかし, その分, だ, だけが素早く, だ其分, だ疾, は, はかう, は人でなし, よのう

▼ 申す~ (22, 0.3%)

3 では 2 が適当

1 [17件] から御, がまだ, がよろしい, が却つて, が取, が宜しい, が本当, が正しい, が私, である, でございまして, でしたが, に大層, に必ず, の何やら, はこの, もございます

▼ 申す~ (20, 0.3%)

1 [20件] があり, がある, がわたくし, が長左衛門様生写, である何故, でご, ですと, で一行, で今, に屯, に日光一, に邪教, の話, は南, へ参った, へ抜け, へ捕虜, へ田地, より榎木戸村, 一応は

▼ 申すという~ (19, 0.3%)

2 ことは

1 [17件] ことじゃ, ことです, ことに, のである, のは, ものじゃが, わけで, わけには, 事で, 儀式が, 効性もござりません, 口上でございます, 意味が, 態度で, 手紙を, 立派な, 訳じゃ

▼ 申すにも~ (19, 0.3%)

1 [19件] お尋ね者の, お隠し, この泰平, ただいま, 不具の, 優しかれ, 及ばざる儀, 及ばずその, 及ばん, 山里の, 役だつこと, 御封印, 懺悔しきれぬ, 時も, 無無念, 申されぬこと, 申すべき術, 足りません, 黒田様の

▼ 申すほどの~ (18, 0.3%)

2 ことは, ことも

1 [14件] お役, お金は, ことが, もので, 事で, 事は, 仔細は, 器では, 大袈裟な, 所では, 手段は, 花々しい楽しさ, 見識の, 資産も

▼ 申す~ (18, 0.3%)

2 でございますが, ですけれど, にしましょう

1 [12件] だが, ですが, ですけれ, なもの, な事, な次第, な訣, になつ, になりました, に両方, に立派, はこの

▼ 申すほか~ (17, 0.3%)

3 はない 2 には, はありません 1 ありませぬ, ありません, ありませんな, ない麗人, なかった, に仕方, はございません, はござらぬ, はござりませぬ, 御座いません

▼ 申す~ (17, 0.3%)

1 [17件] だけは専門家, で, では御座いません, とをモデル, などはまさに, などもその, なども最初, なの, なので, にこそ曲げ, には適當, の事, の宿命, は元来, は御嶽冠者, までも信じ, も久しい

▼ 申すほど~ (16, 0.2%)

3 では

1 [13件] でございます, でなくとも, でも, で無いが, な勉学, な男, な筋, な鋭い, 伺いまして, 初手から, 却って心苦しく, 私が, 難治の

▼ 申すそう~ (15, 0.2%)

2 だ, でございます

1 [11件] だな, であります, である, です, ですから, ですが, ですけれども, ですな, でその, で立派, な

▼ 申すつもり~ (15, 0.2%)

2 でございます

1 [13件] かも知れません, である, でおりました, でございましたが, です, では, でソロソロ, で三日前, で与へられたもの, で今日, で出した, なん, はありません

▼ 申す~ (14, 0.2%)

41 いや何とも, ええ讒言, この一埓, よもやこんど, オースチン老, 右門殿, 甚五衛門, 銭形の, 錢形の, 首尾ようつれ

▼ 申す~ (14, 0.2%)

1 [14件] が前田, さえ出, で, ではない, で御, と中村雪, の少し, の書いた, の秘, の許婚, はその, は真実天狗, より参り, 決して妾

▼ 申す~ (14, 0.2%)

3 の事 2 のこと 1 でご, でございますから, に候, のもの, の孝心, の有力者, の考, の路, もございません

▼ 申す~ (13, 0.2%)

2 はござりませぬか

1 [11件] お昼頃でありましょう, ござりまし, ござりましょう, ごわり, そう急ぐ, はござりませぬ, はござりませぬが, もござりますまい, もござりませんでな, 折角では, 非戦論の

▼ 申すとおり~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] この上, じゃ, てまえ, ではある, にそれでは, にヨーロッパ, の美人, はいって, もし上意討, 漸, 認めい

▼ 申すやつ~ (13, 0.2%)

2 じゃな, だ 1 がある, じゃ, だそう, だと, で博徒, と企ん, は一癖, は斬っ, 実にどうも悪辣

▼ 申す~ (12, 0.2%)

1 [12件] よく耳, 下りて, 受け給, 実と, 打ちますと, 此の, 無下に, 繰り返して, 聞いて, 聞き給, 買ひまし, 露草の

▼ 申す~ (12, 0.2%)

2 が大変 1 がございまし, がございます, が馬, しかるべき大将, じゃア, に, にも五六軒温泉宿, の士族屋敷, の累, の者

▼ 申す意味~ (12, 0.2%)

3 ではない 1 か, からおつけ, であったろうかと, であります, でございます, です, でなく一同, は前段, を此處

▼ 申す拙者~ (12, 0.2%)

1 [12件] があずかっ, が勝た, が発起人, こそ花村甚五衛門, であると, のこと, の手, はその, は花嫁, は遠藤主膳, も切支丹宗徒, も旅

▼ 申す言葉~ (12, 0.2%)

1 [12件] がござる, が之, だ, では私ども, にこの, には偽り, に我ら, はありませぬ, は稚拙, もお, もございません, もなく帰りました

▼ 申すため~ (11, 0.2%)

1 [11件] にお, にその, に下る, に丹波表, に參つたの, に大きな, に実は, に播磨, に欠くべからざる, に水, に私

▼ 申す~ (11, 0.2%)

1 [11件] じゃ, で, です, ですから, で腫物, なら私, の人, の時, の高い, 委しく調べた, 御湯上り

▼ 申す次第~ (11, 0.2%)

2 です 1 であります, でございます, ではありませぬ, ではありません, ではござりませぬ, ではなく, でもございません, なの, にはこれ

▼ 申すこの~ (10, 0.2%)

1 ケレスの, 国の, 妾こそ, 宮の, 思想が, 森の, 百両を, 職は, 角, 馬鹿

▼ 申すまで~ (10, 0.2%)

4 もござりませぬ 2 もござりませぬが, 責めさせるぞ 1 もござりません大道, 待たれん間

▼ 申す~ (10, 0.2%)

21 かつてこれ, にては無, にはこれ, にも御, はまこと, も冷光院殿, も御, 隠れなく候

▼ 申す~ (10, 0.2%)

5 く候 1 きの, きものこそ, く人生, しと, 成り高い

▼ 申すかと~ (9, 0.1%)

2 思ひますと 1 いふに, えらい勢い, お問い, 存じまして, 尋ね申すには, 思うと, 思えば

▼ 申すとの~ (9, 0.1%)

5 ことで 1 ことである, ことに, 事故それより, 手紙を

▼ 申すよりは~ (9, 0.1%)

1 いざなわれて, むしろ境涯, もつたい, 一度に, 人間の, 会わなければ, 御霊感と, 日本国の, 証拠も

▼ 申す~ (9, 0.1%)

2 が愈々, は大方, も一つ 1 が一層, の方, も厶

▼ 申す~ (9, 0.1%)

2 はございません, は無い 1 ありません, ない, はありません, はない, は御座いません

▼ 申すその~ (8, 0.1%)

1 図面をな, 女を, 女他へ, 娘の, 家の, 旗本は, 次第は, 親が

▼ 申すのに~ (8, 0.1%)

2 何の 1 お信じなさらない, なお得心, 火鉢に, 自分だけ, 見せられぬの, 面目も

▼ 申すものの~ (8, 0.1%)

2 実はかく, 胸もとの 1 あの浪路どの, 人相家相卜筮などを, 南大門の, 実はウフフ

▼ 申す必要~ (8, 0.1%)

2 はない 1 がある, のない, はありますまい, はありません, はあるまい, は無い

▼ 申すお方~ (7, 0.1%)

2 がい 1 がございました, でありました, の人となり, はこの世, は今日

▼ 申すかも~ (7, 0.1%)

3 知れません 2 知れませんが 1 知れないと, 知れませぬ

▼ 申す~ (7, 0.1%)

5 織冠 1 事件も, 藏も

▼ 申す~ (7, 0.1%)

2 本を 1 句甚だ, 家来衆が, 敵や, 無事に, 遠慮を

▼ 申す浪人~ (7, 0.1%)

1 じゃ, でござるお, で先生, と正しく, の娘, の所持, の面体

▼ 申すしか~ (6, 0.1%)

1 ありませぬ, ありません, この兄, ございませぬ, ございません, ない

▼ 申すじゃ~ (6, 0.1%)

1 ありませんか, ありませんが, ございませんか, ての, なれど, 御座いませんか

▼ 申すだけの~ (6, 0.1%)

1 ことだ, ことで, ことです, ことに, 事は, 力は

▼ 申す~ (6, 0.1%)

3 にも感情 1 にもいつ, にも柳屋, にハヤこれ

▼ 申す~ (6, 0.1%)

2 がどうしても, に朝夕 1 で誠に, は何処

▼ 申す~ (6, 0.1%)

1 があります, でようやく, の侍る, の原中, は高う, へ行った

▼ 申す~ (6, 0.1%)

2 なれど 1 です, では, なれども, は御座いません

▼ 申す自分~ (6, 0.1%)

1 がカーライル, すら自分, なども最初, に於い, もかつて, もちょこなんと

▼ 申す通りわたくし~ (6, 0.1%)

1 か所天, の堪忍, の枕もと, はもう, は小さい, は所々方々

▼ 申す通り私~ (6, 0.1%)

1 の家, は勤王佐幕, は図, は江戸, は藤枝君, は藩

▼ 申すうち~ (5, 0.1%)

1 につい, にはや, にも涙, の女中, 大きに酩酊

▼ 申すからには~ (5, 0.1%)

1 つらい厭, 今日以後悪行を, 合戦でござる, 如何ようとも, 新鮮な

▼ 申すだけ~ (5, 0.1%)

1 であと, で利, なら好い, 疲れるだろうという, 西京辺のは

▼ 申すなり~ (5, 0.1%)

1 その故, それ中ごろの, といひぬ, とて一包, まつた

▼ 申すはず~ (5, 0.1%)

1 がご, である, でございます, でしたが, ですが

▼ 申す~ (5, 0.1%)

3 否や 1 むら紅葉, 物焚きし

▼ 申すよりも~ (5, 0.1%)

2 やはり前回 1 あの大, むしろそういう, 開けずの

▼ 申す事ぢ~ (5, 0.1%)

41 や夫

▼ 申す~ (5, 0.1%)

1 だな, は故郷, もそ, もない, を賜っ

▼ 申す~ (5, 0.1%)

1 つ神, で, では夜, は古来尚武, は神国

▼ 申す念仏~ (5, 0.1%)

1 とこの, と何れ, と勝劣, と在家, にもあらず

▼ 申す~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 ではござらぬ, ではござりませぬ, ともなれ

▼ 申す~ (5, 0.1%)

1 がありませんでした, はやっかい, もございません, も唐土, を造る

▼ 申す~ (5, 0.1%)

3 も数年前 1 こそは幾多, も數年前

▼ 申す~ (5, 0.1%)

1 なれど, にそうろう, に候, に聞き及べり, はない

▼ 申す~ (5, 0.1%)

1 が日, という以上, なりと記す, の顔, まします

▼ 申す至って~ (5, 0.1%)

1 不骨物, 弓矢の, 武骨な, 武骨者で, 武骨者此の

▼ 申すあの~ (4, 0.1%)

1 名高い順礼歌, 娘は, 小女は, 文句を

▼ 申すくらい~ (4, 0.1%)

1 でありまして, です, なおその, なら最初

▼ 申すけれども~ (4, 0.1%)

1 四国にては, 拙者の, 肉体は, 衣食住より

▼ 申すしらせ~ (4, 0.1%)

3 がご 1 が私

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 やありません, やございません, やて, やない

▼ 申すとも~ (4, 0.1%)

1 其方と, 少しも, 有るまじきなり, 甲斐は

▼ 申すばかり~ (4, 0.1%)

1 でございます, でなく御, なく候, なし

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 いが市の, えじゃ, えと思った, えと思ってる

▼ 申すまでは~ (4, 0.1%)

1 こうし, この座, ございませんが, ひかえて

▼ 申すもん~ (4, 0.1%)

1 だ, でご, でございますから, ですかよ

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 何せこの, 喃, 病人だ, 良さんおき

▼ 申す仔細~ (4, 0.1%)

1 ではなかろう, はほか, は一体, は信長卿

▼ 申す其の~ (4, 0.1%)

1 くらいなら, 図面をな, 手は, 時に

▼ 申す古歌~ (4, 0.1%)

2 に本, の心

▼ 申す場合~ (4, 0.1%)

2 ならば 1 には到り, には親しみ

▼ 申す女中~ (4, 0.1%)

1 がいられる, がございまし, などはあれ, を附け

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 でこれ, など露, の眼, は一層

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 があろう, だったの, どりや, にはその

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 でお主, でございます小花さん, になっ, にはなれねえ

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 だと, にはさ, に御, に御座候

▼ 申す~ (4, 0.1%)

2 はこれから 1 がある, がたくさん

▼ 申す~ (4, 0.1%)

1 なんじら, にアメノコヤネ, の山あたり, もない

▼ 申すうわさ~ (3, 0.0%)

1 がご, でご, はいわゆる

▼ 申すことば~ (3, 0.0%)

1 だ, である, もございません

▼ 申す~ (3, 0.0%)

2 うぢ 1 うだな

▼ 申すとか~ (3, 0.0%)

1 おおよその, 島の, 御詠歌を

▼ 申すとして~ (3, 0.0%)

1 今じゃあ, 帳場へ, 林檎の

▼ 申すによって~ (3, 0.0%)

1 ここの, わざと夜陰, 快く納められい

▼ 申すやくざ~ (3, 0.0%)

1 でございます, な男, の老ぼれ

▼ 申すやら~ (3, 0.0%)

1 この点懸念, つまらないこと, 妾は

▼ 申すんで~ (3, 0.0%)

2 それでお 1 さあ

▼ 申す不調法者~ (3, 0.0%)

1 で, でお, で何卒

▼ 申す以外~ (3, 0.0%)

2 にない 1 に彼

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 にはわけ, には恥, 迄告白

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 に一體支那人, 申し上げたお, 表と

▼ 申す医者~ (3, 0.0%)

1 が有ります, だえ, も傍

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 で馬士, も流行りました, を作った

▼ 申す女子~ (3, 0.0%)

1 じゃ, とのことゆえ, を手

▼ 申す婦人~ (3, 0.0%)

1 に迷いまし, は小栗様, を外妾

▼ 申す少女~ (3, 0.0%)

1 がまいりました, のあった, を辱

▼ 申す文句~ (3, 0.0%)

1 でございます, のご, を歌っ

▼ 申す旧来~ (3, 0.0%)

1 勤めて, 居りまする者, 御恩

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 に同心, のなき, 御用い無い

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 あるを, のよう, は

▼ 申す書物~ (3, 0.0%)

1 で見ました, には, の中

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 が天誅, だ, は千浪

▼ 申す~ (3, 0.0%)

2 の心 1 も子供等

▼ 申す粗忽~ (3, 0.0%)

1 な者, の浪人, の浪士

▼ 申す~ (3, 0.0%)

1 さと, 夫人と, 後家の

▼ 申す評判~ (3, 0.0%)

2 も大分 1 もございました

▼ 申す通りこれ~ (3, 0.0%)

1 は主命, は関白殿御代参, を聞捨て

▼ 申す間もなく~ (3, 0.0%)

2 正親町を 1 天を

▼ 申す間敷~ (3, 0.0%)

3

▼ 申すからは~ (2, 0.0%)

1 子細は, 摩利支天を

▼ 申すきれい事~ (2, 0.0%)

2 ではございません

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 かおざりますまい, 寄る辺も

▼ 申すそれ~ (2, 0.0%)

1 がし, がなんとか

▼ 申すたつき~ (2, 0.0%)

2 を得ざりけれ

▼ 申すといった~ (2, 0.0%)

1 つもりは, ので

▼ 申すといふ~ (2, 0.0%)

1 うちに, 意味の

▼ 申すとき~ (2, 0.0%)

1 お父上, はたちまち

▼ 申すとは~ (2, 0.0%)

1 無礼至極な, 言語道断な

▼ 申すなと~ (2, 0.0%)

1 仰せられた, 仰せられても

▼ 申すなんて~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, そんな力

▼ 申すにつき~ (2, 0.0%)

1 その趣旨, ササ壺を

▼ 申すにより~ (2, 0.0%)

1 久政も, 八葉の

▼ 申すのみ~ (2, 0.0%)

1 でご, で何

▼ 申すまま~ (2, 0.0%)

1 お引留め申した, に差出

▼ 申すむずかしい~ (2, 0.0%)

1 お話に, 事に

▼ 申すものさ~ (2, 0.0%)

2 へございました

▼ 申すもの上人様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 申すもの松王様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 申すわたし~ (2, 0.0%)

1 だってあなた, の兄

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 と通お聞きなすつ, に看病二

▼ 申す一札~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 申す万葉~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 は病目, は縄

▼ 申す下尅上~ (2, 0.0%)

2 する成出者

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 つつか者, 届奴勘弁相成らん

▼ 申す不束~ (2, 0.0%)

1 な田舎者, の浮浪人此

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 にも一番危険, に一丈

▼ 申す乞食~ (2, 0.0%)

1 がふんぞり返っ, でござるが

▼ 申す事阿諛便佞~ (2, 0.0%)

2 の所為

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 がよく, こそ下田

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 の御前, は日本

▼ 申す仰せ~ (2, 0.0%)

2 を受けた

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 うぞ, も弁

▼ 申す余程~ (2, 0.0%)

1 訝しい変, 酷い奴

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 と云う, は炭

▼ 申す取り沙汰~ (2, 0.0%)

1 がぽ, がもっ

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 の恩人, は早く

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 がある, はこの

▼ 申す土地~ (2, 0.0%)

1 で土民, へポルトガル

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 に久しく, はまったく

▼ 申す大切~ (2, 0.0%)

2 なお

▼ 申す大金~ (2, 0.0%)

1 が, は狹

▼ 申す天狗~ (2, 0.0%)

1 という中, に遇い

▼ 申す女の子~ (2, 0.0%)

1 がお, がこの

▼ 申す女房~ (2, 0.0%)

1 ですから, を召し出され

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 が居る, が御

▼ 申す婢女~ (2, 0.0%)

1 は甚だ, を捜せ

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 が見えます, では目

▼ 申す宿屋~ (2, 0.0%)

1 へ参り, へ泊り

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 か, でございますがね

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 伜を, 商売を

▼ 申す山男~ (2, 0.0%)

1 がお, でござるが

▼ 申す御方~ (2, 0.0%)

1 には今日, は御

▼ 申す手だて~ (2, 0.0%)

1 があったら, をつくし

▼ 申す手輩~ (2, 0.0%)

1 でござる, にいちいち

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 この場, は三島湟咋

▼ 申す敵城~ (2, 0.0%)

1 の候, 有って

▼ 申す文字~ (2, 0.0%)

1 がご, であろうが

▼ 申す新参~ (2, 0.0%)

1 ではございます, の女房

▼ 申す新田耕~ (2, 0.0%)

2 助先生新作

▼ 申す旅籠屋~ (2, 0.0%)

1 が伯父, に泊り

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 の人, の風

▼ 申す~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 にもある, にもいろいろ

▼ 申す有様~ (2, 0.0%)

1 でございます, です

▼ 申す某藩~ (2, 0.0%)

1 の士, の者

▼ 申す清澄~ (2, 0.0%)

2 の茂太郎

▼ 申す無法者~ (2, 0.0%)

1 に手伝わせ, の親分

▼ 申す無礼~ (2, 0.0%)

1 な, な奴

▼ 申す町人~ (2, 0.0%)

1 ではない, の敵娼

▼ 申す異国~ (2, 0.0%)

2 の貴人

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 忽者で, 忽者此の

▼ 申す百姓~ (2, 0.0%)

1 かな八幡, でございます

▼ 申す盲目~ (2, 0.0%)

1 でございますこの, の小

▼ 申す真白~ (2, 0.0%)

2 な花

▼ 申す石窟~ (2, 0.0%)

2 に住ん

▼ 申す神経病~ (2, 0.0%)

1 でございますから, で何となく

▼ 申す~ (2, 0.0%)

2 ではございません

▼ 申す筋あい~ (2, 0.0%)

1 ではございません, でもなけれ

▼ 申す老爺~ (2, 0.0%)

1 がありまし, がたとえ

▼ 申す考え~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 申す~ (2, 0.0%)

2 るに

▼ 申す能はず~ (2, 0.0%)

1 と云々, 即ち退出

▼ 申す腰元~ (2, 0.0%)

1 が付い, は唯今手討

▼ 申す若い~ (2, 0.0%)

1 侍が, 町人が

▼ 申す若者~ (2, 0.0%)

1 かのあれ, がノド笛

▼ 申す萬葉~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 申す蓮池~ (2, 0.0%)

2 には敵味方

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 との三段, など聞し召さぬ

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 を現, を用

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 などもございまし, もござりました

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 にはこれ, には參

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 には不憫, も出

▼ 申す通りわたくし共~ (2, 0.0%)

1 の商売, も長

▼ 申す通り今~ (2, 0.0%)

1 の世, まで決して

▼ 申す通り我々~ (2, 0.0%)

1 には字, は決して

▼ 申す通り自分~ (2, 0.0%)

1 の需用以上, は初さん

▼ 申す通り路~ (2, 0.0%)

2 がいかにも

▼ 申す連歌~ (2, 0.0%)

2 の撰集二十巻

▼ 申す針医~ (2, 0.0%)

1 がございまし, がございました

▼ 申す難所~ (2, 0.0%)

1 がござる, でございます

▼ 申す~ (2, 0.0%)

1 がございません, が無い

▼ 申す養子~ (2, 0.0%)

2 でございます

▼ 申す鯉魚~ (2, 0.0%)

2 のお

▼1* [839件]

申すあてもなく, 申すあてつけのやう, 申すあなた様は前, 申すあばた冠者のこと, 申すあれなどには, 申すいいわけはつまり, 申すいかがわしき教義が, 申すいかに信長が, 申すいずれへお越し, 申すいまはしい, 申すいまわしい沙汰も, 申すいわれはございません, 申すうたもっとおかしな, 申すうるさい扉無しの, 申すおしゃべり者のいたって, 申すおりしも雨が, 申すおん祈りを一心に, 申すお宅がございますまい, 申すお家のため, 申すお寺がご, 申すお方此のお方, 申すお菓子は西洋人, 申すお願いは他, 申すかく自流ばかり, 申すかなその貴, 申すかによつて, 申すかの御口, 申すかまをかけ, 申すからというような, 申すからに頼もしい偉丈夫, 申すがんりきは途中, 申すぐらいのことは, 申すけれど軍人は, 申すこそ誠に末通り, 申すことこは誠, 申すことこれを大目, 申すこと丸顔で小, 申すこと今日ほど信ぜざる, 申すこと噂に承, 申すこと天国へ行く, 申すこと白刃忽ち頭, 申す持病が, 申すさえあるに, 申すさぞ身体に, 申すしかしともかくそれ, 申すしかしそれとこれとは, 申すしかとした証拠, 申すしだいでおじゃります, 申すしばらくそれにて, 申すしろものが, 申すじゃあございませんか, 申すそちは, 申すそちらの奴, 申すそれでは只今の, 申すぞもねえもん, 申すたしかな便り, 申すただこの上, 申すたとえもある, 申すたびにあなた方, 申すだけで事は, 申すだけでも手いっぱいだ, 申すだけはおすすめし, 申すぢゃなれど今宵とて又, 申すって取持, 申すつれの男, 申すことが, 申すでは万太郎様の, 申すというも何ぞの, 申すとおり人間はえて, 申すとおり判定をつけよう, 申すとおり合符になっ, 申すとおり吾輩の切, 申すとおり手前はその, 申すとおり木屑を焼き捨てやっ, 申すとおり栄三郎のこと, 申すとおり矢張り血, 申すとおり私が母, 申すとおり越後の者, 申すとかいう事を, 申すとき兄者は何, 申すところあなたも御, 申すところお年若のよう, 申すところどなたかは知らぬ, 申すところ大分ご風流, 申すところ私がこんな, 申すとだにいひやり給, 申すとて筑前様には, 申すとんぼでございます, 申すとネ精神が, 申すどうかこのまま, 申すどころかかえって何もかもお知らせ, 申すなど釈迦へ, 申すなどということは, 申すなども白洲には, 申すなよ道誉の, 申すにおいては成敗か, 申すについて一つのけいり, 申すにや云々, 申すに従ってやはり今日, 申すのあれが静岡, 申すのう主水, 申すのでな下情に, 申すのみか金を, 申すのみぞすゑと, 申すの処仰せて, 申すはかの妾宅, 申すはなし小姑一人ございますか, 申すばかりにて皆, 申すばかりの身の上に, 申すばかりもござなく候, 申すばかりをつとめにて, 申すふしであります, 申すふたりが身, 申すふつつか者でございます, 申すふところ育ち団十菊五を島原, 申すべといって, 申すほどじゃございませんが, 申すほどに十三に, 申すほどにても無之, 申すまあ話して, 申すまでのことも, 申すまま私のみ独りポカン, 申すみじかいおんちぎりで, 申すむづかしいお話に耳, 申すの公, 申すめったなこと, 申すもちとはばかります, 申すもとより御安直, 申すもの世上の花, 申すもの両刀と申す, 申すもの主人名代として罷り越しました, 申すもの主膳殿もこれから, 申すもの也君の御, 申すもの人を迫っ駆け, 申すもの何も心得ん, 申すもの兄はこの, 申すもの兄弟へさし, 申すもの友人のため, 申すもの大切でありまして, 申すもの夫は一度, 申すもの川水は誰, 申すもの往生はする, 申すもの折入つて, 申すもの有之と思召, 申すもの父甚五衛門の内命, 申すもの理由の説明, 申すもの私は決して, 申すもの義明君の奥方様, 申すもの褒むべき, 申すもの近松どの貴殿はいか, 申すもの隨意ならぬ世, 申すもみな愚痴, 申すやうぢやが, 申すやう吾等去年音にき, 申すやはり某藩, 申すやもしれぬ, 申すやらの始末なり, 申すゆえおとなしゅう引かれ, 申すゆえかたちばかりの正月, 申すゆえ主計に仔細, 申すゆえ先へ御免, 申すゆえ安土へ参っ, 申すゆえ序文の儀, 申すゆえ朝のうち, 申すゆえ藤吉郎殿にもお, 申すよい機会に, 申すようさまであがめ, 申すよう家財をやく, 申すよう警察で云われた, 申すよしに候, 申すッ, 申すわいそれにしても, 申すわが罪ゆるせ, 申すわたし自身だったの, 申すわれらではない, 申すんぢやない, 申すんでやも御覧の, 申すスカンヂナヴィア半島の文學, 申すブリスケでボイルド, 申すモヽヒキのやう, 申すそれきりか, 申すヴァイオリンひきこれ, 申す一つの組合, 申す一人の師巫, 申す一件のこと, 申す一儀がご, 申す一品式部卿の宮, 申す一応首を, 申す一日前のこと, 申す一条がある, 申す一流をたて候, 申す一点張りなの, 申す七十にも余った, 申すのこと, 申す丈七八寸くらいの胸部, 申す三世思想などがその, 申す三人の男, 申す三原では三昧, 申す三策はみんな釈迦, 申すから, 申す下婢に相, 申す下男ばかりで, 申す不束者でござんして, 申す不調法もの幾, 申す不調法者此地へ参りました, 申す世迷言を, 申す名が, 申す中間でご, 申す中食場所がございます, 申すと答, 申す事位は台所, 申す事実に誤, 申す事尊大に陳べ, 申す事情はどう, 申す事酒を覆し, 申す二十二三年以前の秋, 申す二千五百石のお, 申す二句曾て何心, 申す五臓六腑肺の六葉, 申す五薀の類, 申す五郎助七三郎が筆頭, 申す亡者でござるが, 申す亭主じや, 申す人たちが多い, 申す人信濃へ流され, 申す人別紙原稿をよこし, 申す人員が増加, 申す人子二十人あり, 申す人形師の住ん, 申す人智では考えられぬ, 申す人此事を聞き及ばれ, 申す人民は一人, 申す人物をあの, 申す人生に触れる, 申す人相をよく, 申す人達もお, 申す人遠方より帰りき, 申す人間は京師方, 申す此の方が, 申す今夜の女, 申す今日は, 申す仍つて広元奉行として故, 申す仍つて御所を去つ, 申す仕儀でござる, 申す町村に, 申す代りに, 申す代物は一体, 申す以上勿論家中, 申す以上何か貴様, 申す以上所謂庵らしい庵, 申す以前下役の者, 申す以後御見識, 申す以来お見知り, 申す伊豆守に切腹, 申すがあります, 申す伴天連へも何やら, 申す余地もありません, 申す作法として鉤曳, 申すは方々, 申す俗語の意味, 申す修行者は既に, 申すには会った, 申す儀式である, 申すは魚屋, 申す元お公卿の, 申す先達の筆跡, 申す八丁堀同心でござる, 申す其処に二三日, 申す処士が王覇, 申す出家とはもっと, 申す出船宿から乗船切符, 申す刀屋の前, 申す判官三郎が発見, 申す別荘へ参りました, 申す剛の者ぢや, 申す剣客はあまり, 申す剣術の名人, 申す剣道の師範役, 申す割烹店が御座る, 申す勝敗は天, 申す勢いはなかっ, 申す化粧水を売り出し, 申す卒塔婆小町の成れ, 申す南方の目明し, 申す南蛮国の言葉, 申す博奕打が伍長, 申す博徒の頭, 申す博物の先生, 申す印籠の事, 申す即ち筑後左衛門尉朝重の, 申す厳粛な祭, 申す御不審, 申す口前を覚え, 申す古いお話を, 申す召使がありました, 申す可当方に違えある, 申す可憐しさ, 申す方面の, 申す名うてな女掏摸, 申す名作を送り, 申す名前の何, 申す名目を立て, 申す名称でご, 申す吾輩である, 申す吾輩キチガイ博士にとっては躄, 申す吾輩殿軍としては五尺六寸ヌーボー式, 申す呉服屋はそんなに, 申す品物はなにもの, 申す哲学という様, 申す嘉門の娘, 申す四歳がございまする, 申す因縁話を度々, 申す国家老でございます, 申す圧制とか何とか, 申す地獄に堕ち, 申す地面や家作, 申すから左, 申す場所だと, 申す塩梅です, 申す境遇ではござらぬ, 申す士分の息女, 申す壬生の地蔵, 申す壬生職なる家族, 申す外題を置きまし, 申す多数に無勢, 申す夜光の珠, 申すは吉兆, 申す大事の法門, 申す大家より大切, 申す大家さまが真実, 申す大河がお, 申す大鳥ならん, 申すまでとどく, 申す天下の名器, 申す天使のお世話, 申す天外人の存在, 申す太夫じゃ, 申すに阿, 申す奉公人が病死, 申す女がたの許, 申す女たちをもおおきに, 申す女性がお祝い, 申す女房達を一人, 申す女狐がお, 申す奴ゆえ男達にバクチ打ち, 申す奴原討ち取って, 申す奴多くの浮浪人, 申す奴等じゃ喃, 申す奸党を斬る, 申す如何はしい, 申す妖怪の首, 申す妖魔の類, 申す始末でしたが, 申す婦人のだえ, 申す婦人彼は御, 申す媛女あり, 申す孔明はここ, 申す学問いたせしにも, 申す学文は仮え, 申す学校がご, 申す学者も失敗, 申すにおいで, 申す安泊りに居りまする, 申す宗匠気取りで, 申す実にその通り, 申すが来よう, 申すへ宿, 申す家康上洛を心掛け, 申す家老の拙者, 申す宿へまいり, 申す密偵を放ちました, 申す富山の茶道, 申す将軍家尼御台所の御方, 申す小さな祭の, 申す小僧のあと, 申す小坊主でございます, 申す小姓をつけ, 申す小学校に入学, 申す小意気な別室, 申す小河東にある, 申す小生なり, 申す小者をもっ, 申す小道具屋の手代, 申す小間物屋の娘, 申す小麦の種子, 申す少々逆上て, 申す少年の骨相, 申す屋敷をたずねあぐん, 申す山々が打ち連なっ, 申す山人と合せ考, 申す山寺にご, 申す山峨々として白雪, 申す山野の中, 申す島田虎之助殿この三人, 申す巡礼と両側, 申す工合です, 申す左官でございます, 申す師匠の処, 申す師匠漆検校の言葉, 申す師直が蔭, 申す幇間でございまする, 申す幕府の隠密, 申すは正月, 申す座敷もない, 申すは全く, 申すの君, 申す当年取って, 申すをとる, 申す彦左ヱ門みんごとふみ消し, 申す役名も是, 申す役目なの, 申すって断っ, 申す後家へ通じ合い, 申す従兄同士の遊び客, 申す御名を負われ, 申す御存知の芳町, 申す御寺へ参ります, 申す御意もございました, 申す微細なる行為, 申す心底でご, 申す心得もございません, 申す心意気てわけ, 申す心持を述べる, 申す応神天皇さまです, 申す怪しい女子, 申す恋歌として受取った, 申す恐ろしい六里余の, 申す恰好なお寺, 申す悲しひ事, 申す愈々此の, 申す愉快な男, 申す意見などにも耳, 申す愚弟がひとり, 申す愛度無き折, 申す感じはある, 申す態度こそ何より, 申す憂いものつらい, 申す我等とても油断, 申す所あなたはもう直に, 申す所作事は宝暦年間, 申す手前掛合って, 申す手筈に致し, 申す托鉢の聖, 申すもあら, 申す拙者奴に, 申す播州船坂山の住人鐘巻, 申す故二人で後, 申すではない, 申すの擬勢, 申す料理には色々, 申す料理屋にて日本料理, 申す新しい唄とか, 申す新兵器は絶対, 申す新劇とはさ, 申す方々も何れ, 申す方式であったと, 申す旅役者です, 申す日の出の景色, 申すへ出ろ, 申す時お足に湯たんぽ, 申す時に相州囲碁の, 申すの恵帝流, 申す普通教育を終り, 申す暫時これにて御, 申す暴言か, 申す曲馬団のチャリネ, 申す有村大倉流の鍛え, 申す未熟者御教授, 申す本人すら其の, 申す本文には合い過ぎ, 申すだシテ村, 申すまず積, 申す条もっとものこと, 申す条通り筋にあらわ, 申す東洋とは極めて, 申す柳樽でした, 申す柴田の臣, 申す棟梁はいまだに, 申す植物がこの, 申す極楽へ参り, 申す極端なこと, 申すですが, 申す権利は無い, 申す樫尾の身分, 申すがあろう, 申す機械でご, 申す欄干に腰, 申す次男であろう, 申す歌曲です, 申す此文字はな何文, 申す武士じゃ何, 申す武者にご, 申す武術達者な刑事, 申す武骨者だが, 申す殿の側女, 申す殿様がありました, 申すと二人, 申す母子がノド笛, 申す毒筆専門の機関, 申す毒草の根, 申す比丘尼秀林院様へお, 申す気もちを持っ, 申す水戸の豪士, 申す水準ですから, 申す水鳥でご, 申す氷人は宵, 申す汝らは一体, 申す河豚を食べ, 申すもあった, 申す法学士が謡, 申す法師でございます, 申す流儀かの, 申すの一味, 申す浪人者でご, 申す浪人者ぢや, 申す浪人者斯様な場所, 申す温泉に入浴, 申す湯屋あり, 申す漁夫にて候, 申す漁師の娘, 申す漁村の方, 申すのやう, 申すの用心, 申す火事の時, 申す火酒の一種, 申すから評価, 申す熊楠のは何時も, 申すのことば, 申す爺本性は何者, 申す牢人者ですが, 申す特殊階級は昔, 申すもまた, 申す狂歌も有りまする, 申す狒々だったの, 申す狛家の主人, 申す猛々しいお方で, 申すに頼み, 申すは猛, 申す珍物をかきました, 申す現職の者, 申す墜ちて, 申すがなく, 申す用人でございました, 申すの斜, 申す男の子なので, 申すがあります, 申す町人われわれにこんな, 申す町内の質屋, 申す町医の娘, 申す画師の事, 申す番頭も何かと, 申す畫工云々とある, 申す畫師の事, 申す異国人があった, 申す白痴者め早々帰れ, 申す盗人のやつ, 申す盜人のやつ, 申す目論見でございます, 申すで手, 申す相図でございませうランプ, 申す相州広元朝臣善信の如き, 申すの牢人, 申す真実正しい者, 申す真言寺の永禪, 申す破牢罪人はこ, 申す祈祷を奉られ, 申す祝詞というもの, 申す神尾喬之助, 申す神様は何, 申す神樣であります, 申す神社であります, 申す禅僧これなるは, 申す私立探偵でございます, 申す秘事にお, 申す程度でもはや, 申すの神, 申す稼業は人, 申す積りでございますれども, 申す立派な名義, 申す立論であります, 申すは御台所, 申す童子武者に持たせよこしました, 申す竹屋有村御当家, 申す笛師の弟子, 申す筋合ではございません, 申す筋合いは更々, 申す範囲ではありません, 申すに悉く, 申す粗忽ものでございますまことにどうも, 申す約束のもの, 申す紙店がご, 申す素通りの無用, 申す経文の中, 申す結果になります, 申す縁起はいちいち, 申す縮緬が氷, 申す罪人を, 申す羅馬の貴人, 申す美しい方が, 申す美酒でございます美酒, 申す羽村の留, 申す羽織深川の芸妓ふう, 申す習わしだけは跡づけられる, 申す老人より教えられた, 申す老人夫婦とその, 申す老人有之此人, 申す老女でご, 申す老獪い成上り者, 申す老輩もつい, 申す者これまた三百, 申す者ただ一人その名, 申す者どもが傳, 申す者ビショット氏とは日頃懇意, 申す者主家改易になり, 申す者京極家の者, 申す者今日仏参の帰途, 申す者以前は福知山, 申す者勝手を心得ぬ, 申す者家来と不義, 申す者寃罪によりまして主人, 申す者弁才坊殿にお目にかかりたく, 申す者当家御主人, 申す者方へ繁, 申す者武芸未熟を恥じ, 申す者父親の不, 申す者猪太郎では, 申す者相良遠江守殿の家老, 申す者私宅へ参り, 申す者童名菊一とて有, 申す者誰も戦争ぎらひに候, 申す者貴殿の部下, 申す者金剛杖の馳走, 申す職掌ゆゑ日曜も祭日, 申す職業団体が認められ, 申す腐れ縁それから娘, 申すがございません, 申す自信これ有り候ゆえ, 申す自分一身の義務, 申す至つて武骨もので何卒, 申すのじょうず, 申す舟宿がありまし, 申す船宿から借りうけました, 申す芥子粒ほどな, 申す花魁に深く, 申す芸人の家, 申す芸妓は先頃廃業, 申す芸者で何, 申す若年者願わくば, 申す若気のあやまち, 申す若輩にご, 申す茄子の如き, 申す茶屋にいます, 申す茶師の言, 申す荒法師とをいけどりました, 申す蒲生泰軒の右, 申す薬師ろくな者, 申すのお茶師, 申す虎松で, 申すは甲斐, 申す西洋元服で丸髷, 申す規則とその, 申すみは, 申す親御様に, 申す観音経の通り, 申す言葉がまことの情, 申す計りなし, 申す計策ではない, 申す証拠を掴みたがっ, 申す証文の事, 申す評議になります, 申す誓紙を入れよう, 申す語今日の国民新聞, 申すもかまいつけ, 申す調子であります, 申す請取ろうとチャンと約束, 申すが起こりました, 申す講談でございました, 申す講釈師にあずけましょう, 申す譬えの通り, 申すもない, 申す貨幣なの, 申す貴族だろうと, 申す貸金取り立て業のもの, 申すしい女, 申す贅沢も出来ず, 申す赤児を十文字, 申す越前の真意, 申すは, 申すとなりました, 申す身分の人, 申す車夫は伊香保, 申す軽輩の若, 申す農具にご, 申すである, 申す迷亭も憚りながら, 申す通りいつ帰ると, 申す通りおっかさんがひどく, 申す通りおやじの勇蔵, 申す通りお前さまのお, 申す通りここに一場, 申す通りここらを探し, 申す通りこっちも酔っ, 申す通りしん吉は死ぬ, 申す通りそれまでは真, 申す通りどっちも疵, 申す通りむかしの人相書, 申す通りわしは大事, 申す通りズット以前は博多, 申す通りヨーロッパを出, 申す通り一に看病二, 申す通り一体の性質, 申す通り丈五尺の唐子, 申す通り主人は立派, 申す通り二代目の甚五郎, 申す通り二日目の夕方, 申す通り二萬圓掛ければ, 申す通り亡父は俗吏, 申す通り亭主の病気, 申す通り今日東京のダニ, 申す通り何んだか, 申す通り何事も自分, 申す通り偽物などを売る, 申す通り六月末の夕方, 申す通り博識で美術界, 申す通り古金二千両新金千両, 申す通り堂上の生れ, 申す通り堅気の呉服屋, 申す通り場所が場所, 申す通り塩をふっ, 申す通り境遇上まだ妻, 申す通り多く弟子を作る, 申す通り大勢が関係, 申す通り大工棟梁の家筋, 申す通り好奇心と云う, 申す通り子供らがヨッパ, 申す通り定法にのっとり, 申す通り実父同様の緒方先生, 申す通り実物を教師, 申す通り家から着, 申す通り小間物の荷, 申す通り幕府を助けたい, 申す通り度はずれ大きくどんより, 申す通り往来の絶え間, 申す通り我に対する物, 申す通り我等が境界, 申す通り手のひらで頬ぺた, 申す通り拙者をし, 申す通り支那人などの記録, 申す通り文久二三年から明治六, 申す通り新内松に矢がすりお金, 申す通り新法を立てた, 申す通り旃陀羅の子, 申す通り日本などから見る, 申す通り明取りと煙出し, 申す通り明治二十八年の春, 申す通り時の流, 申す通り朕はその, 申す通り本人は決して, 申す通り根津から団子坂, 申す通り植新へ押し掛け, 申す通り植物質を消化, 申す通り楠公の馬, 申す通り業も一代, 申す通り榎本釜次郎と私, 申す通り様々の事情, 申す通り此問題といふもの, 申す通り武家のよろい櫃, 申す通り武道の吟味, 申す通り江戸城の亡びる, 申す通り無駄足を踏みました, 申す通り猿や幽霊, 申す通り甲州一円はおろか, 申す通り異人の首, 申す通り眼玉をくり抜い, 申す通り知情意なる我々, 申す通り秀子に心底, 申す通り私共の兄弟, 申す通り維新の際, 申す通り腹這になっ, 申す通り自己の修養, 申す通り蝦夷やアイヌ, 申す通り表面の儀式, 申す通り身體を別々, 申す通り野郎図体は不器用, 申す通り門外漢の通弊, 申す通り随身門までは右, 申す通り隠れ忍んで, 申す通り雑戸は賤民, 申す通り青嵐居士でありました, 申す通常なら旦那様方, 申す連れの僧, 申す遁辞に巣, 申す道誉が途中, 申す遠藤主膳は日本国中, 申す遺言がございました, 申す邪教の信徒, 申す郎党でした, 申す部落がある, 申す郷士がありました, 申す都市があります, 申す籐の, 申す重役が松蔭大藏, 申すなの, 申す鎧師その頃, 申す鐘入りになった, 申す長兵衛でございますからね, 申す長者のもと, 申す間了海様のお, 申す間兼ての内, 申す間合がございません, 申す間敷後日のため覚書, 申す間源平両家の武士, 申す関東の旅, 申すに停車場前, 申す隣村まで, 申す雑戸の中, 申す雑誌が五六冊, 申すはこんこん, 申す雲水の身, 申す電報が懸つ, 申す青侍一匹ウフフ拙者ひとりで沢山, 申す青山信濃殿町の官員, 申す青年は誰, 申す面持にて私, 申すには早, 申す順序がある, 申す須らく御子孫, 申すのいろ, 申すではありません, 申す顔ぶれです, 申すが提灯, 申す馬場の松, 申す馬鹿な, 申す駒井ではない, 申すは川, 申す麻上下と足, 申す黄忠いま対山の頂, 申す黒田如水この三人, 申すの長い