青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「熊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

煙~ 煙管~ ~煙草 煙草~ ~照 照~ ~照らし 照らし~ ~煮 煮~
熊~
~熱 熱~ ~熱い 熱い~ ~熱心 熱心~ 熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~

「熊~」 3288, 34ppm, 3440位

▼ 熊~ (797, 24.2%)

34 ように 30 皮の 28 ような 25 皮を 24 子の 11 子を, 肉を 10 毛皮の, 皮が 9 やうに 7 子が, 毛皮を, 膽賣り 6 やうな, 死骸を, 皮は, 肉は 5 おツ母さん, ために, 皮や, 話を 4 仔を, 子と, 方で, 皮に, 糞を

3 [12件] 半天が, 掌の, 春木座は, 毛皮が, 爪の, 皮, 皮だ, 皮である, 皮と, 腹を, 足跡を, 頭の

2 [41件] 仔が, 仔の, 出る季節, 口から, 如き武道者, 子じゃ, 子では, 子は, 形であり, 彫りものを, 彫刻を, 手が, 方の, 月の輪の, 檻の, 檻へ, 檻車の, 死骸は, 毛の, 爪に, 王, 皮か, 皮鹿の, 穴を, 肉と, 肉の, 胃, 胃から, 背に, 膏薬の, 膽を, 芝居, 芝居の, 芝居や, 親子は, 赤き舌, 足跡, 野郎が, 頭が, 顎の, 顔は

1 [402件] あとである, ありかを, いるところ, いるの, いるべき風土, いる原始林, いる形跡, うしろから, おはま, おもち, おもちゃを, お椀, からだから, くせに, こと, ことなら, ことばだって, ことを, ごとき巨大, ごとき髯, ごとく背中, すがた, すぐ後, そばへ, そばまで, それに, たんかが, ところへ, ところまで, と威張った, はいつて, はらわたに, ほうは, ほかに, やつくるり, ゆく先, ようである, 一件とは, 一件を, 一味は, 一撃を, 三つの, 上へ, 下腹まで, 不思議は, 不検束, 世話を, 両親どもの, 主人という, 乾分らは, 事, 二人が, 二皇子は, 人の, 人形など, 人格も, 仔, 仔という, 仔なりき, 仔にでも, 仔は, 仔も, 仔もか, 仔等, 仔等の, 住まいは, 住み家, 住んで, 体が, 体を, 促が, 兄とも, 兄の, 先回りを, 入つて, 出て, 出ない東京, 出はいりし, 出る北海道, 出る時分, 前に, 前足を, 前途の, 剛毛を, 剥製を, 力で, 力なれ, 動くよう, 半天を, 口もとや, 叫ぶ声, 台所の, 台所口に, 名によつ, 名前が, 命, 命を, 命權り, 咽喉ぶ, 哮り狂って, 喉なる, 喰べ, 噂せる, 噂は, 国で, 声が, 声だ, 壺振りを, 変じて, 多い北アルプス, 大きさ, 女主人, 奴この, 奴だろう, 奴め飛ん, 奴らに, 如き手首, 如き有様, 如き武者修業, 如き無芸, 如き狂乱, 如き獣, 如き荒漢等, 如き野獸, 如き髯武者, 如くに, 如く食用獣, 姿で, 姿は, 姿を, 子, 子いじめ, 子か, 子であります, 子である, 子なんぞも, 子によって, 子み, 子みたいな, 子みたいに, 子をね, 子二頭を, 子供らが, 子見, 孕子でも, 字きいた, 室を, 家に, 家の, 家は, 宿に, 小便, 尻ぺたをひっぱたいて嬉し, 居どころを, 居らぬこと, 居ること, 岩という, 巣穴が, 巣窟に, 左の, 帽子の, 平で, 平では, 平の, 平浅間を, 幼児を, 度すべから, 強い力, 彫り物の, 後でしたろう, 心臓を, 恐怖した, 情愛に, 手, 手あつい看病, 手さながら, 手にて, 手は, 手みたいに, 持って, 挙動が, 掌は, 掌も, 攻撃を, 故朋輩, 敷皮の, 敷皮を, 斃れた, 方が, 方は, 方へ, 時のほど, 曲芸と, 月の輪あたりに, 月の輪という, 月の輪に, 月の輪を, 木彫か, 木彫での, 木彫や, 本場であろう, 来歴たるや, 板前善三郎が, 梱へ, 棒, 棒が, 棒という, 棲める穴, 様な, 様に, 横手, 横顔へ, 檻に, 檻を, 歩いたやう, 歴史である, 死がいが, 死体の, 死骸が, 死骸という, 死骸へ, 母, 母の, 毛か, 毛てえ, 毛であるらしい, 毛との, 毛に, 毛まで, 毛を, 毛皮だ, 毛皮で, 毛皮なぞを, 毛皮などが, 毛皮などは, 毛皮に, 毛皮も, 毛皮二枚で, 毛皮外套に, 毛色そのまま, 洗い方藤八, 浜成竹成という, 浦で, 湯なぞの, 湯の, 湯へ, 湯や, 濃い黒い毛皮, 為す所, 為に, 熊蔵は, 爪が, 猛烈に, 王その, 王の, 王は, 王二柱, 王伊佐比の, 王聞き, 生き血とが, 生命を, 生活の, 生皮を, 生肉を, 産地です, 申立てに, 画だろう, 皮から, 皮じゃ, 皮でも, 皮とは, 皮などを, 皮なんぞ, 皮なんぞが, 皮には, 皮へ, 皮また, 皮より, 皮一枚が, 皮一枚に, 皮十枚を, 皮屋から, 皮熊の胆を, 目くばせ, 目を, 目玉です, 相撲竹川町の, 眼からは, 睨む眼, 研究にかけては, 穴だ, 穴に, 穴の, 穴は, 穴へ, 穴みたいな, 穴見た, 立場からは, 笑い声や, 米友を, 約半数, 紅葉錦繍の, 素質を, 結婚が, 綺倆を, 縁を, 縁談から, 縫いぐるみを, 縫ひ, 翁を, 耳に, 肉だけは, 肉である, 肉に, 肉には, 肉も, 肉体から, 肝臓, 胃でも, 胃とを, 胃は, 胃袋の, 背が, 背中が, 背中に, 背骨に, 背骨を, 胴服を, 胴服無精髯の, 胴皮を, 胴腹へ, 胸に, 脚痕臥跡あり, 腰を, 膏薬とか, 膏薬を, 膏薬売り, 膏薬屋が, 膽だ, 臓物である, 臭いを, 芝居と, 芝居という, 芝居との, 芝居などを, 芝居に, 芝居も, 芝居見物に, 芸と, 葛練の, 蛆め畜生, 血を, 衣にも, 裔の, 襲来で, 襲来を, 親切, 親類の, 親類筋だろう, 角力の, 解剖それから, 言つた, 記憶からは, 試みた新手, 話で, 話等を, 足あとが, 足あとらしい, 足の, 足跡あり, 足跡が, 足跡だ, 趾跡が, 進んで, 運命について, 運命を, 野郎, 野郎め久しく, 金汝利は, 陰茎で, 陰茎には, 雌雄が, 面が, 頭に, 頭へ, 頭蓋骨を, 額が, 額へ, 顔が, 顔を, 顔をな, 類の, 食物と, 養育を, 餓鬼だ, 首の, 髑髏の, 髪の毛を, 魂は, 鳴いて, 鳴声, 黄八丈の

▼ 熊~ (293, 8.9%)

3 女を, 熊だ

2 [11件] どうした, 人間を, 吉里へ, 小十郎, 手を, 死んで, 泣, 穴から, 窃と, 笑って, 賀川の

1 [265件] いかにも審, いきなり飛びつい, いずれへか, いないと, うろうろ場所, うろつきまわった, お, おじぎばかり, お前稼ぎを, お綱, かう言, かん筋を, くたびれて, くるが, くるり私, こいつは, こちらへ, このヒマラヤ黒熊, この中, この土地, この深山, これが, ごろりと床, さびしく微笑んだ, さんざんに, しばらくの, しまって, そこへ, そのひま, そのまま崖, その場, その宇兵衛, その蒲団, その角, それらの, とびだすこと, とぼけたよう, どうし, どうしても肯かなかった, どうしても離れない, どうして育てましょう, どうなったろう, どこから, どんなだ, なお力限り, なお附き, なめとこ山, はぎしり雲, ひと寝入り, ふところから, へいこうして, まじめで, また吠えた, また引っ返し, また言った, また這, まだしげしげ見つめ, まだ出る, まだ帰らなかった, まったく思い切った, まっ裸, みんな羆の, むくりと, もうあの, もういない, もう小, もう此, もう逃, ものうく雪, やつと, やつぱりみつを, よかった, よそへは, よろこんで, よろめいて, わが口, わしらの, ゐなかつたが, オホヽと, バツを, ビフテキと, ライオンを, 一々に, 一と, 一番火を, 七八年から, 三人とも, 三十間ばかり, 三頭鼻面を, 下の, 下女の, 両手を, 主人の, 二三度頷いた, 二三貫目より, 二本の, 二疋とも, 五六時間も, 人の, 人間より, 仇討に, 仏の, 仔熊の, 仕止めるの, 以前の, 会釈し, 低い声, 何か, 何でもお, 何にも, 何も, 何代目と, 何故家畜, 何者かに, 使うて, 倒れぬ, 傲然として, 内手, 冬とった, 冷たい雪, 出喰, 初めて吠えた, 別に害, 刺しつ, 前に, 剥いた眼, 力を, 勿論彼, 半七, 危ないと, 古い古い昔, 可なり, 同じ熊, 向かって, 唐紙越しに, 唸りながら, 善吉の, 四十格向で, 国史上に, 壮士の, 声を, 大きなもの, 大てい, 大体において, 大分います, 大熊とても, 天下御法度の, 妻と, 威嚇が, 嫉妬やら, 室の, 室を, 室外へ, 家の, 容貌の, 尋常ならぬ, 少しく返答, 少しも, 山へ, 山を, 山独活の, 市長の, 帰阪したらしく, 幾度でも, 廊下へ, 弱ったけれど, 張合ひ, 彼を, 必ず一頭, 必死に, 忍熊王を, 怒つて, 思い切ったよう, 慌てて, 手代と, 抑えるよう, 捨科白に, 故郷を, 敷布団の, 断わりなし, 早くも, 明けて, 昔通りだった, 時々馬匹, 時として一ヶ所, 普通二匹を, 月夜に, 木の, 本州の, 本陣に, 松島の, 棒の, 檻の, 次の間に, 歌子であった, 歯や, 死物ぐるひ, 殺されて, 母に, 母を, 毎年仔を, 毎日外へ, 比較的に, 永い間, 泣いて, 泣く泣く箕輪, 洞穴に, 深川の, 漸, 煙に, 熊であっ, 熊に, 熊の, 牛飼君の, 現代の, 男の, 病気に, 百金に, 盛んに, 目を, 直ぐに, 真摯に, 神が, 私の, 私を, 穴の, 突かれた槍, 突然あと足, 立ちどまって, 納得しなかった, 素直に, 耳をば, 肉を, 肩すかし, 自ら舌を, 自分で, 自分の, 菊子の, 衣桁に, 襲いかかりません, 襲い掛りません, 見るからに, 詩を, 説明した, 輾転として, 近所の, 返辞を, 迷惑そうに, 逃げるの, 逃げ惑うの, 這うこと, 遠いところ, 遠州屋, 酒が, 鈴の, 鏡により, 障子の, 障子を, 雁の, 青筋を, 食物を, 馬を, 鳴咽, 黒ちやんで, 鼠が

▼ 熊~ (291, 8.9%)

6 は吃驚 3 が云った, の部下, は眼, は莨, も痺れた

2 [15件] が遮った, の方, の疑惑, の肩, はここ, はもはや, は不意, は力, は唇, は思わず, は憤懣, は法水, は驚い, も思わず, を顧み

1 [240件] から眼, がすでに, がほとんど, がまず, がアッ, がグイ, がテレーズ人形, が不審, が不服, が制止, が割っ, が勢いよく, が受け, が受話器, が吐いた, が呆れ返っ, が寧ろ, が思わず, が急迫気味, が懐中電燈, が扉, が書室, が栄光, が横合, が毒々し, が気勢, が気負った, が法水, が点滅器, が無理, が狂暴, が異議, が疑, が真, が石卓, が破壊, が聴き咎める, が自分, が苦りきっ, が言葉, が訪れ, が詰り掛る, が誰, が踏む, が蹴散らす, が野生的, が難色, が頓狂, が驚き, で, でさえそろそろ, でさえまんまと, でさえも一時, でさえも脳天, との間, と苦々しい, と視線, ならずとも, に, にとる, にはいったん, にはいつ, にはその, にはそれ, には一種, には事件, には今や, には扉, に入られ, に冷たい, に向け, に引かせた, に訊ねた, に詰責気味, に身辺, に降矢木家, に雀, に顔, の仏頂面, の作り上げた, の口, の声, の好, の思う, の持った, の掌, の眼, の督促, の苦笑, の解釈以上, の話, の過信, の靴, はいったん, はいつ, はおもむろに, はこの, はさ, はさすが, はさっそく, はさながら, はすぐ, はすっかり, はそれ, はただならぬ, はたちまちどう, はたまらなく, はたまりかねた, はちょっと, はてんで, はなかば揶揄気味, はびっくり, はほとんど, はまず, はむしろ, はややしばし, はグビッ, はハッ, はボリボリ, は一息, は一枚, は不, は不審, は不気味, は両手, は二, は二本, は人形, は今日, は仰天, は何, は何もかも, は傲然, は凝然, は反対, は右外れ, は吐きだす, は吐き出す, は吾, は呆れ返っ, は呆気, は唾, は喘ぎ, は大仰, は妖しい, は妙, は寝台, は屍体, は度, は強い, は当惑, は当惑げ, は得, は怪訝そう, は恐ろしい, は悲し, は意地悪そう, は憎々し, は戦慄, は昂奮, は時計, は晦渋, は最初音響, は最後, は柳江, は椅子, は毒々しい, は洒, は深く, は溜め, は熱, は狡猾そう, は率直, は珍, は異様, は癇癪, は皮肉, は目前, は相手, は真, は眠り, は瞳, は神経的, は私服, は窓硝子, は簡単, は組んだ, は結論, は絶えず, は肩, は背筋, は胸, は脂, は腹立たし, は自分, は舌なめずり, は苦々し, は苦々しく, は苦い, は荒々しく, は衝く, は衝動的, は身体, は透さず, は銷沈, は鋭く, は間もなく, は階下, は難色, は露骨, は頷い, は顔, は顔面, は魂消, もいっせいに, もこころもち顫, もこの, もその, もとうてい, もとたんに, ももう, ももはや, も仰天, も低く, も暗然, も検事, も真剣, も瞬間化石, も近代科学, も途端, も驚かされ, らしくない用語, を促し, を嗜める, を微笑ましめた, を振り向い, を瞬間眩惑, を瞶め, を絶望, を載せる

▼ 熊~ (231, 7.0%)

7 出て 3 いる 2 いた, キャッキャッと, 何か, 出た, 出るなんて, 吼えた, 帰って, 引廻しの, 飛び出して

1 [203件] あそこの, あと足を, あるが, ある夕方, あんなに苦し, いたので, いつ交尾, います, いること, いるだろう, おりますぜ, お入用, お孝, かかって, かけ出して, きた, きゃっと, こちらへ, この小さな球, この席, この辺, ごちゃごちゃ居た, ごろごろ昼寝, しがみついて, しずしずと, したよう, しばし場内, すぐに, すさまじく吼える, すっかり弱りきる, その左, その話, それを, とれたが, とれる, どこへか, なにか寝ぼけた, のせられて, のそのそし, ふたりの, へいこうして, ぼうつと, またしても, まっすぐに, むくむくした, やさしく愛撫, やって来るかと, ゐるの, アキアジ, ウンとか, キーシュに, パリーの, 一匹おとなに, 一匹少女の, 一匹遊ん, 一本の, 一番落付い, 一疋無, 一頭逃げ出しまし, 上から, 与うる生活, 両足で, 主人の, 乗込んで, 二匹だ, 二疋共引掻かれ, 五歳か, 人を, 人立し, 人間に, 人間の, 今それを, 仔熊二匹を, 優れて, 元気よく, 入って, 八月に, 出たこっち, 出たって, 出たと, 出たの, 出たので, 出たん, 出たんで, 出た方面, 出てね, 出やがってなあ, 出る, 出るからって, 出るとか, 出るの, 出る季節, 出る猪, 出沒, 出没した, 函館まで, 勤め居る, 化ける猿, 半七, 博奕を, 又飛び込ん, 取り組みましたが, 口から, 吠えて, 吼えるの, 善吉の, 外から, 多い, 多いから, 大勢の, 大関でありました, 天幕に, 奉公し, 姿勢を, 実家に, 寝た, 寝て, 居そう, 居たそう, 山を, 川から, 引出されて, 彼を, 後脚, 必死に, 忍んで, 念の, 怖がりますので, 戻って, 手を, 捨児に, 撃たれると, 斬られた話, 暴れ出して, 月の輪の, 朝の, 木の, 来た, 来たと, 来るとの, 来るもの, 枕もとを, 枕上に, 柳原の, 森の, 次の間に, 歩いて, 歩き廻り政府, 死な, 死ぬこと, 死んだ物, 殺されて, 殺せる手だて, 母と, 水を, 汽車見物に, 活躍した, 火を, 煙管を, 熱そう, 牛馬を, 物心付く, 猫の, 現れたの, 現在の, 発見し, 着物ば, 短き尾, 神であるなら, 穴を, 笑いながら, 答えると, 胸に, 腹這ってる, 蔽われかかるよう, 蟹を, 行っただあ, 覗いて, 言った, 言ッた, 貰いに, 踊ったり, 辷りそう, 近づいて, 追いかけて, 逃げ出したそれ大変, 通った路, 選ばるるに, 酌を, 門の, 門を, 闇の, 顏を, 顏出した, 飛び掛かった, 飜筋斗を, 飼って, 飾って, 馬へ, 鬼の, 鮭を, 黄八丈の, 鼻づら

▼ 熊~ (189, 5.7%)

6 見て 3 始め書記の, 相手に 2 さがして, せつせと, 入れた檻, 取って, 殺して, 見たの

1 [165件] あさる猟師, いろ, おれが, お椀, からかった末, くまと, けしかけるので, このまま, こわごわと, こんどは, さえぎって, さきに, しかと幹, それぞれ四つに, たくさんと, たずねると, ちらっと見, つかわして, つぶしえたと, つれた大道芸人, つれた母熊, つれて, とつた, とらうと, とらせたら名人, なでて, はじめそして, ひしがないやう, ふせいで, ぼんやりとして, まわりに, みたよう, やりました, チャラピタの, ムク犬の, 一つ取逃がし, 一頭傷つけ, 一頭撃つ, 下して, 仆した, 仕止めた, 使うと, 優遇し, 入れた鉄, 六三郎の, 出して, 初めて見, 千生は, 取った時, 取る時, 可愛がって, 可愛がる事, 呼ぶ声, 埋めたところ, 女の, 好む, 宿へ, 射た其鉄砲, 射た鯨, 射て, 射とめる小説, 射之, 尋ね行く中, 小さく可愛くした, 屠って, 店さきへ, 引き出して, 引ずって, 張殺した, 彫りはじめたの, 忌避しました, 思い出すそして, 恐しがるよう, 愛するの, 憎むの, 手に, 手放せないの, 手放そうとまでは, 打ち取りぬ, 打取った猟師, 抑えつけては, 抛擲し, 抱きながら, 抱く時, 挫いだ, 捕えて, 捕った猟師, 捕へて, 捕るとき, 捕る恐し, 捕る目的, 捕る虎, 捕れば, 撃ち獲るの, 撃ったと, 撞き落せ我, 救わなければ, 数多く撃てる, 斬り殺して, 最も猛, 有合わす, 横眼で, 櫃に, 正確に, 殺しまた, 殺すの, 洗うこと, 洗って, 洗濯する, 片手に, 牽ける男, 狩り, 狩り出したるに, 狩り集めて, 獲たので, 獲りたりと, 獵し得たる, 生捕りに, 生贄として, 眺めて, 眼の, 知って, 神と, 神の, 祭ること, 祭場に, 突いたそう, 突くし, 窺って, 結えそれ, 老人祖父十二人力金足などと, 老爺大父十二人力金脚など, 脳裏に, 自分の, 落して, 襲うとき, 見せて, 見つけると, 見つめて, 見付けたの, 見付けました, 見付ければ, 解剖し, 説きなだめたが, 調べたろうと, 買う以上, 買って, 車上の, 追い, 追い追い縋ったと, 追うの, 追ったところ, 追ってアカン, 追跡する, 逐いて, 連れて, 遂い, 邪魔に, 預けて, 頭に, 食うの, 食ったの, 飼いやがったん, 飼って, 養って

▼ 熊さん~ (137, 4.2%)

2 が, のお, の屍骸, の振る, の菩提, の顔, も学者

1 [123件] がいくら, がいちばん好き, がこうして, がこの, がすわつ, がどこ, がやって来ません, がよく, がをし, がアラレ, がタキシード, がホテル, がヤケ半分, が一度, が三回目, が亡くなられた, が兵隊, が居る, が持っ, が振らっしゃった, が斬られた, が欠伸交, が神仏, が粋, この小屋随一, じゃ行っ, だこと, だった, だと, であるが, でしょう, でせう, と, というこれ, というの, という男, とは毎日, と列ん, と十五違い, と同列, と呼ばれ, と地, と瓜二つ, と生, と精神生活, と言う, などが或, にし, にはてんで, には何, に気の毒, に瓜二つ, に追付いとる, に酔っ払い, に頼ん, のおじぎはずいぶんおかしいわね, のため, の一心, の下手人, の世界, の両親, の乳母, の事, の仕事, の半生, の変死, の容色, の小屋, の帰り, の手, の日輪草, の歴史, の水撒車, の生命, の蒲団, の蘇生, の青白い, の面影, はある, はききました, はそう, はとても, はと見廻した, はどう, はまったく, はもう, はツマミ, は前, は売買ごと, は左手, は床, は情深い, は感心, は我家, は日輪草, は朝晩, は極端, は死ぬ, は死んだ, は永田町, は無論, は片腕, は生き返つた, は矢, は竹, は茶碗, は電車道, は頭, ばっかりはタッタ一目, も同じ, も成仏, も私, や八さん, や赤褌, よりも力, をそっくり, を使う, を忌避, を気味悪く, を置い, を育てた, を腰, を難産

▼ 熊~ (105, 3.2%)

2 あらず羆, なった少年, なって, 乗って, 食われて

1 [95件] あざむかれて, あって, おびやかされたり, おやり, かなわぬこと, くれて, しっかりと, しても, しろ牝兎, じゃれつかれて, するなんて, せんべいを, その智恵, ついて, とびつかれたので, とられた事件等, なったり, なつち, なにも, なります, なりや, なり熊, なるとか, ひっくり返されて, ひツ, ぶつかるなどといふ, まかれて, むしり付くの, よりて, よろしくと, 与えて, 与えること, 代って, 会ひます, 依っては, 傷られる, 出あつ, 出くわした, 出っくわした娘, 出っくわし胆, 出会ったの, 出会ったので, 出会った際, 出会って, 出会つたつていふあの, 出会つたといふ, 出逢ったこと, 出遇うたとき, 別れると, 別れるの, 制せられ馬, 化して, 取っ捉, 取られた, 向いその, 向いつつも, 啖われた, 啖われよう, 噛まれた鹿, 囁いた, 因果を, 声を, 婿を, 対って, 山路で, 弁当お, 恐を, 打込んで, 投げ付けて, 抱えつき雪, 殴かれたため, 殺されたスクナ, 殺されて, 殺されてる, 殺されるよりも, 気の毒深林を, 片アゴ, 生れたが, 相違ない, 立向った, 組みつきました, 聞いて, 育てられ山精オ, 言い付けてかの, 訊いて, 近いところ, 逢ったとき, 違いありません, 違いない, 類し全身黒色, 食われたが, 食われてよ, 食われない, 食われなくたって, 餌を

▼ 熊~ (74, 2.3%)

2 一緒に, 呼ばれて, 牛とは, 相撲を, 角力を, 闘って

1 [62件] いいますと, いい一名, いつて, おじいさんと, おすまうとりました, おなじよう, おもち, その子熊, その連, であった, 一つ鎖に, 争い狐, 二度くりかえし, 二疋ちょうど, 云う中働, 云う年二十九歳, 云う旧友, 人との, 伊三郎が, 併せて, 來て, 呼ばれた, 喧嘩を, 変ずるのみ, 変ぜざるは, 密通し, 岩魚とを, 川獺は, 必死と, 忠七と, 忠七との, 忠七とは, 忠七も, 才兵衛との, 掴み合つた方, 昵近だ, 格闘を, 樺戸監獄の, 渡りの, 牡牛との, 狼の, 猪は, 獅子の, 獅子を, 申しまして, 申しまする娘, 申す女, 私との, 等しく他界, 組合って, 組打ちなんぞを, 罵られては, 自分とは, 蟇の, 言うの, 認めたそれ, 豹と, 遊んで, 金太郎, 間違えて, 間違って, 馴染に

▼ 熊~ (66, 2.0%)

4 狼も 2 皆おんなじ, 鹿も

1 [58件] いずれも, いたずらに, いる狼, いれば, いろいろだ, おどろいて, この橋, ころりと, すれど, その残り, だじだじと, つまらなさ, とうとうおこっちまっ, とうとう為, とりました, はじめて見る, また狼狽, みんないっぺんにごろごろ, やがて繩, ゐた, ゐれば, クリ, 一つもらいました, 一生懸命後, 一足飛に, 人間も, 冬眠から, 出ねえやう, 出ます, 出る, 同程度, 吠えなかった, 因縁を, 国々によって, 土佐犬も, 夢中で, 大きいの, 大事だ, 少くなった, 居ず猿, 居やあ, 恐ろしい声, 時に人間, 栗や, 泣いた, 消えるよう, 熊荒熊の, 狐も, 猪も, 猿も, 笑ひつ, 絶体絶命に, 興がりて, 調べられた, 豹も, 野州の, 驚きます, 鮭も

▼ 熊五郎~ (62, 1.9%)

3 に斬られ 2 が何處, が請人, であった, の手口

1 [51件] か何, があい, がまだ, が一度, が一番, が人, が入, が動き出し, が巧者, が江戸, が浪人白井某, が琢堂, が返答, ぐらいの年, で, でこれ, です, というケチ, といやあ, と云う, と小僧, と言う, に構わず出かけ, に限つてそれ, のはいっ, のク, の三人, の仕業, の名, の娘ぢ, の活動, の活躍ぶり, の腕, の荒した, の跳梁, はあたり, はその後, はま, は得意, は止め, は狙, は腹帯, は蒼く, ほどの者, もう用事, もようやく, も全く, をあつめ, をさそっ, を初め, を請人

▼ 熊~ (60, 1.8%)

2 の類, をお, を退治, 御征伐

1 [52件] がいまわ, がまた, が反抗, が大和朝廷, が屡々, だからね, だのえびす, でも考えた, と戦った, などのた, などの類, にも似, に味噌, に擬したる, に至れり, のやう, の反, の國, の土地, の変, の女, の如き, の娘, の征伐, の徒, の徒魏人, の愛嬌, の末裔, の武勇, の背後, の血脈, の輩, の都噌唹城, の酔い, の面, の領土, は天皇, は弟, は退治, も兄弟, も其壓力, も反抗, や武神たち, や蝦夷, をも難なく, を平げ, を御, を討たしめ, 之状曰, 即ち狗奴國, 及び土蜘蛛, 御親征

▼ 熊~ (57, 1.7%)

4 狼を, 鹿や

2 [11件] 三公に, 家鴨の, 狐や, 狼が, 狼の, 狼や, 猪は, 猪を, 羚羊の, 鮭が, 鹿の

1 [27件] おめ, 今晩は, 八百屋お七である, 八百蔵の, 小熊が, 犬や, 狐やの, 狼に, 猪などにも, 猪などを, 猪めが, 猿の, 猿や, 猿を, 眞蟲よりも, 箱庭の, 羚羊どもの, 羚羊や, 色々の, 虎や, 血を, 雉や, 鬼に, 鮭の, 鹿が, 鹿と, 鹿を

▼ 熊~ (41, 1.2%)

153 と思っ 2 よ, 熊だ

1 [19件] か人間, か鬼, が熊, が羆, ぜ犬, つて一と, で命がけ, と, とう, とか猿, とは言われ, と気がついた, のと, ものな, よみんな, ナモ, 荒熊だ, 鴉だ, 鹿だ

▼ 熊城君~ (37, 1.1%)

1 [37件] あの女, あの鍵, あるいはあの, いっそ僕, うんざりしたろう, こういう凄惨, こうして今, この事件, この場合鐘楼, この文字, この結び方一つ, この顔, すでに僕, そうして他殺, その二つ, その壁, その山羊, その物質構成, その脳組織侵害法, それほど稚拙, たしかあの, だ, だいたい双生児, だいたい虹, と同, なんぞは既に, によろしく, にルキーン, に一言, のルキーン説, は十八貫以上, やはり僕, 元来十二宮, 同じ文字, 多分この, 実に面白い, 驚くべきこと

▼ 熊という~ (29, 0.9%)

3 のは 2 女は, 男が

1 [22件] ことは, のが, もの, ものは, ものを, やつが, 三人の, 動物を, 名代の, 名物が, 名誉の, 呼び文字, 女が, 女で, 妾が, 字と, 小女と, 恰好で, 新造, 猛獣族の, 男友人とともに, 異名の

▼ 熊井熊五郎~ (19, 0.6%)

1 [19件] が出動, が十年, が押込み, が近頃, であること, です, といふ稀代, とかいふ大, と言, の召捕, の活躍, の犯跡, の百軒, はいよ, は尾張樣御呉服所, は日本國中, は間もなく, を縛つて, を追廻した

▼ 熊~ (18, 0.5%)

2 寅松に, 洞窟住人だ

1 [14件] とにかく獲物, なんかと, 中には, 人間か, 何かの, 狼か, 狼だ, 狼にでも, 猪か, 猪かと, 猪かの, 野馬の, 鷲の, 鹿に

▼ 熊でも~ (17, 0.5%)

2 狼でも

1 [15件] いるの, かかって, すぐゴロリ, たくさんいる, ないの, なく米友, ムジナでも, 出たん, 動いて, 可い, 捕まえて, 捕れたらしい, 縋り相, 読み方が, 豹でも

▼ 熊狩り~ (17, 0.5%)

2 の一隊

1 [15件] が狩り出した, で鍛えた, などもやつ, に使, に出, に出かけ, に出動, に用いる, に魚, の一行, の先生, の猟師, はどこ, みたいに, をやった

▼ 熊~ (15, 0.5%)

1 [15件] がらっ八, が吠えはじめた, じゃねえ, だけしかやらない, だの澁六, とはそう, など犬, にし, の口, の名, の徒, の御家, の方, 行って, 驚いたか

▼ 熊~ (13, 0.4%)

1 [13件] が川上, が楠正儀, が武内宿禰, とおっしゃる, とはともに, と伊佐比宿禰, の二兄弟, の反, の軍勢, はその, は猪, やスクナ, をだまし

▼ 熊岳城~ (12, 0.4%)

2 の市街 1 から蘆家屯附近, だよ, で下りる, と熊岳河, にてと前書, に比し, の温泉, の苗圃, の試験場, の農事試験所

▼ 熊~ (12, 0.4%)

2 を取っ 1 が出る, が取れる, のいい, も決して, をかっぱらう, を取り, を受取り, を売らん, を服め, を附近

▼ 熊みたい~ (11, 0.3%)

1 [11件] なそう, な恰好, な手, な顎髯, になっ, によ, に動き回っ, に生えた, に薄暗がり, に見える, に鎖

▼ 熊城君君~ (10, 0.3%)

1 の成功, はここ, はこの, はよく, はババンスキイ痛点, は刑法家, は心臓停止, は忘れやしまい, は木琴, は猶

▼ 熊~ (10, 0.3%)

2 をし 1 ではない, とかそんな, に出た, に雇っ, の毒, の話, やスケート, をする

▼ 熊には~ (9, 0.3%)

1 どんな怪物, なれません, わからない, 何と見えたろう, 別に疵, 小さいもの, 殊に牛蒡, 相場が, 逃げられる

▼ 熊~ (9, 0.3%)

1 がもう, が乗, の見, はどんな, は二人, は二重橋, は来た, は絵草紙, は風呂場

▼ 熊では~ (8, 0.2%)

1 あっても, ありません, ありませんか, あるけれども, あるまいか, ない, ないと, なかった

▼ 熊ン蜂~ (8, 0.2%)

1 がねむ, だぞ, と地蜂, と称し, に顔, の半分, の大きな, は古い

▼ 熊~ (8, 0.2%)

1 が僧形, っていうん, と思った, のユウ, の両, の驚いた, も女犯, 黙山両人

▼ 熊~ (8, 0.2%)

1 ではありません, などはもう, にさ, にさえ飽き足りる, のこと, の漿, の炙りもの, を温水

▼ 熊~ (8, 0.2%)

3 が鳴きだした 2 が鳴く 1 があちらこちら, がむかう, が留った

▼ 熊とは~ (7, 0.2%)

1 いえ羈絆, 決まるめ, 異ひます, 縁が, 育ちが, 言いながら, 違つて北海道産で

▼ 熊ども~ (7, 0.2%)

2 は小 1 が叫びました, だってすっかり, は殺し, ゆるせよ, を一煽り

▼ 熊にも~ (7, 0.2%)

1 まさる筋骨, 可愛がられて, 居付きの, 手を, 逢へば, 逢わないで, 逢わなかった

▼ 熊~ (7, 0.2%)

1 という強い, はしまいに, はそれ, はとうとう, は何, は勝, は見る見る

▼ 熊岳河~ (7, 0.2%)

1 に見る, の上流西岸, の右岸, の砂, の砂湯, の蘆, は沙

▼ 熊捕り~ (7, 0.2%)

2 の名人, の競争 1 専門猟師が, 競争では, 競争を

▼ 熊~ (7, 0.2%)

3 と半次 1 は手拭, は番傘, は眼かづら, を先

▼ 熊先生~ (6, 0.2%)

1 が涙, が点数, の教, の方, も少し, を呼ん

▼ 熊八氏~ (6, 0.2%)

1 が心配, の五万坪, の工夫, の気焔, の用意, はこの

▼ 熊~ (6, 0.2%)

1 にかかりたる, にかかる, にて臀部, の他, は仔馬一頭, を防ぐ

▼ 熊~ (6, 0.2%)

21 が普通, で, で丁度, になつ

▼ 熊~ (6, 0.2%)

4 の國 1 が衣, ノ女

▼ 熊~ (6, 0.2%)

1 という強力, のおそろしい, の亡骸, はまさしく, は床, を引っ掴ん

▼ 熊比丘尼~ (6, 0.2%)

1 が帰っ, でございますよ, の後, の懺悔, は喉, は永らく

▼ 熊だの~ (5, 0.2%)

1 八だ, 取りに, 役者の, 豹だ, 鮭だの

▼ 熊とが~ (5, 0.2%)

1 あります, まるっきり違った, 表向, 親類に, 食べものに

▼ 熊ヶ谷~ (5, 0.2%)

1 でお, と呼ぶ, に棲ん, に疎開, の女共

▼ 熊仲和尚~ (5, 0.2%)

1 が黙, の報告どおり, の身辺, はなんと, は早く

▼ 熊~ (5, 0.2%)

1 が自ら, という者, の心, を悲しんだ, 臨終の

▼ 熊城君僕~ (5, 0.2%)

1 がズバリ, に極言, の方, はエイメ・マルタン, はラザレフ

▼ 熊祭り~ (5, 0.2%)

1 があります, であった, のとき, を本日, を行う

▼ 熊さん八さん~ (4, 0.1%)

1 でも, に發句, のオカミサン, は赤ん坊

▼ 熊である~ (4, 0.1%)

1 か何物, がこの, とする, よりも人

▼ 熊といふ~ (4, 0.1%)

1 ものは, 名である, 娘は, 物は

▼ 熊とか~ (4, 0.1%)

1 ヒマラヤの, モモンガアとか, 鯨とかいう, 鷹とかいう

▼ 熊にでも~ (4, 0.1%)

1 でっくわしたの, 乗られたよう, 出逢, 食われないよう

▼ 熊よりも~ (4, 0.1%)

1 一層忘れ, 数倍も, 牛よりも, 速いと

▼ 熊ヶ谷土手~ (4, 0.1%)

1 ともいふ, とも云, に出, よりは短けれ

▼ 熊丸虎市~ (4, 0.1%)

1 が経営, とかいや, と共同, もぐったり

▼ 熊岳温泉~ (4, 0.1%)

1 に於ける, に泊つた, は山川, ほどの山川

▼ 熊掌料理~ (4, 0.1%)

1 であるまいかと, は支那, を仕上げる, を食べた

▼ 熊撃ち~ (4, 0.1%)

1 がいる, の名人, をはじめた, をはじめて

▼ 熊狩隊~ (4, 0.1%)

1 に変っ, は行く行く, を派遣, を組織

▼ 熊~ (4, 0.1%)

1 から女根, などといふもの, に施します, の害

▼ 熊襲踊り~ (4, 0.1%)

1 というの, なぞも見る, にも交接, は怖

▼ 熊野路~ (4, 0.1%)

2 からすぐ 1 から変, では鈴木

▼ 熊そっくり~ (3, 0.1%)

1 だ, という, に見えた

▼ 熊などの~ (3, 0.1%)

1 ごとき猛獣, 毛皮外套であろう, 猛獣が

▼ 熊にな~ (3, 0.1%)

1 つて倒れた, つて林へ, つて現れた

▼ 熊によって~ (3, 0.1%)

1 害を, 彼は, 殺されて

▼ 熊一頭~ (3, 0.1%)

1 が惜しい, の所得, を得れ

▼ 熊使い~ (3, 0.1%)

1 がすわっ, がやってきました, が熊

▼ 熊学校~ (3, 0.1%)

1 でお金, にはひりました, を卒業

▼ 熊~ (3, 0.1%)

1 に感謝, の賜物, の面

▼ 熊沢山~ (3, 0.1%)

1 と其右, の下, の頂上

▼ 熊~ (3, 0.1%)

1 あり, で此, なり

▼ 熊~ (3, 0.1%)

1 にて候, は毳, を敷物

▼ 熊~ (3, 0.1%)

1 のすき焼き, を煮込ん, を食い

▼ 熊芝居~ (3, 0.1%)

1 から五年, の定, の福

▼ 熊送り~ (3, 0.1%)

1 というべき, に用, の為め熊頭

▼ 熊かと~ (2, 0.1%)

1 思つた, 疑うばかりに

▼ 熊さん昨夜離屋~ (2, 0.1%)

2 の二階

▼ 熊だって~ (2, 0.1%)

1 一と, 何も

▼ 熊ちゃん~ (2, 0.1%)

1 には毛皮, 遅かりし

▼ 熊であっ~ (2, 0.1%)

1 ても先住者, ても猛獣

▼ 熊でござい~ (2, 0.1%)

1 の方, ッひとつ鳴い

▼ 熊との~ (2, 0.1%)

1 間の, 関係は

▼ 熊とを~ (2, 0.1%)

1 引除け, 殺しました

▼ 熊と共に~ (2, 0.1%)

1 江戸へ, 生活し

▼ 熊どん~ (2, 0.1%)

1 の愛嬌, は二三度

▼ 熊どんと行儀見習~ (2, 0.1%)

2 に下田

▼ 熊なら~ (2, 0.1%)

1 ば一層, 胸を

▼ 熊にすらも~ (2, 0.1%)

1 劣って, 劣るな

▼ 熊について~ (2, 0.1%)

1 知ったか振りを, 談話を

▼ 熊に対する~ (2, 0.1%)

1 ような, 愛着が

▼ 熊みた~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 がふしだら, にお

▼ 熊よけに~ (2, 0.1%)

2 汽船から

▼ 熊より~ (2, 0.1%)

1 恐ろしいギャング, 白く輝いた

▼ 熊~ (2, 0.1%)

2 も狼

▼ 熊ジャベ~ (2, 0.1%)

1 とよばれる, と云う

▼ 熊ッ子~ (2, 0.1%)

1 てえます, と云う

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 二階カラ下ヘ, 連レテ帰ッタガ少

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 の名, の姿

▼ 熊以上~ (2, 0.1%)

1 でありました, の力

▼ 熊叔父さん~ (2, 0.1%)

1 のお, はどう

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 の嫡子衛一郎, は実は

▼ 熊城君これ~ (2, 0.1%)

1 が, でいよいよ

▼ 熊城君死体~ (2, 0.1%)

1 の発光, は他殺死体

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 がある, は文兆

▼ 熊宗立~ (2, 0.1%)

1 と曰, の

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 で上述, と見立て

▼ 熊曾建白~ (2, 0.1%)

1 さく, して

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 このあした, のあたり

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 などの山, に至る

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 の説, は

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 の木, の花

▼ 熊~ (2, 0.1%)

1 で作ったねり, のねり

▼ 熊襲みたい~ (2, 0.1%)

1 な, な人

▼ 熊襲タケル~ (2, 0.1%)

1 の運命, は死ぬ

▼ 熊襲建~ (2, 0.1%)

1 という者, のうち

▼ 熊襲征伐~ (2, 0.1%)

1 の命, の時

▼ 熊襲族~ (2, 0.1%)

1 でも生きる, を煽動

▼ 熊襲的~ (2, 0.1%)

1 なところ, な気風

▼ 熊襲親征~ (2, 0.1%)

1 の事, の時

▼ 熊踊り~ (2, 0.1%)

1 である, の足拍子

▼ 熊鹿狸狐羚羊猿山猫山犬~ (2, 0.1%)

2 などの毛皮

▼ 熊鹿猪~ (2, 0.1%)

1 などの野獣, や兎

▼1* [283件]

一匹飼いきれねえ, 熊いないから馬, 熊かな考えて, 熊かの人に, 熊かもしかを見る, 熊から離れないの, 熊がということは, 熊がのそりの, 熊この盤渦ち, 熊へ出, 熊さあも金, 熊さながら地獄ここは, 熊さんチュウテなあ, 熊さん体の男, 熊さん例の皺, 熊さん八あんや道楽者, 熊さん八公の常連ここ, 熊さん刈りにし, 熊さん同様の一点, 熊さん私たち路に迷つて, 熊さん胴切の一件, 熊さん自身の注文, 熊さん虎さんなどもその, 熊じゃないから, 熊そっちを突ッ, 熊そのものを愛する, 熊それから象犀, 熊だけが出没し, 熊だけに力が, 熊だけは知って, 熊だろうぐらいに橋本, 熊やありません, 熊つたら鉄みたいな, 熊つまりそれが, 熊いけず阿房陀羅, 熊であり唐人飴の, 熊であろうか, 熊でこそあっても, 熊ですと千五百円, 熊でなくて藤沢さん, 熊とかいうのも, 熊としての天分を, 熊としては人間に, 熊どこへ行, 熊どんなのか, 熊どん私の着物, 熊んです, 熊なき詮議お先まっ, 熊などいろんなおもちゃ, 熊などがするよう, 熊なりければ, 熊なる可く, 熊なんか彫る気, 熊なんかにまけは, 熊なんぞが棲んで, 熊なんぞに生れなよ, 熊なんぞはペエテルブルクの, 熊なんぞを相手に, 熊にだって立ちむかいましたからなあ, 熊にて髷は, 熊にとつても, 熊にや狐にや, 熊に対して特別な, 熊のうづくまつ, 熊のは酷すぎる, 熊のみ也, 熊はかへらず, 熊はたふれずに, 熊はどたっと, 熊ははちを, 熊ばかりである, 熊ばかりはまつかな, 熊また捕れたってな, 熊狼よ, 熊よけ喇叭, 熊をも倒すと, 熊出ますもん, 熊オンナとよばれ, 熊ガタ倉黒トガワ青坊主ヤセ馬等といふ綽名, 熊ソレ出た鬼熊, 熊トイウ者ト大喧嘩ヲシタガ, 熊ロフォーデンよりモスケー, 熊ン蜂の巣が割れた, 熊ヶ谷泊りでそれから, 熊ヶ谷石原の忰, 熊一匹養いきれないほどの, 熊一変せば, 熊一派を離れ, 熊になり, 熊進, 熊五郎おまえの赤鬼, 熊五郎ぢや無い, 熊五郎様他一統様, 熊五郎退治だ, 熊という家, 熊以来は頗る, 熊の四肢, 熊から, 熊先生自分の身体, 熊兎猿なぞの肉, 熊を嗤, 熊入道もがっくり, 熊八氏東道のもと, 熊公お鍋みたいに悪態, 熊公与太郎ガラッパチの, 熊公八公のもと, 熊公八公芝居の仕出し, 熊公堂だへ, 熊は上原君, 熊捕れたってな, 熊が獅子, 熊右衛門とたった, 熊同じく北めいめい天秤で, 熊なぜ挨拶, 熊和邇佐比持などその, 熊の誤で, 熊城さんの無茶, 熊城のも指針, 熊城卓吉がその, 熊城君それが双生児, 熊城君ジナイーダはたしか, 熊城君ルキーンのよう, 熊城君一つの暗号, 熊城君一七五三年にベーリング島, 熊城君中世非文献的史詩, 熊城君九十郎が半, 熊城君事実それは伝説, 熊城君人生のうち, 熊城君今度は毛, 熊城君今日は此, 熊城君偶然にし, 熊城君傭人の中, 熊城君僕等が鐘楼, 熊城君実を云う, 熊城君帽子の寸法, 熊城君幡江が一気に, 熊城君押鐘津多子だけにはけっしてそう, 熊城君指紋は, 熊城君有名なランジイ, 熊城君椅子の螺旋, 熊城君水精と男性, 熊城君津多子夫人の恢復, 熊城君犯人は何故, 熊城君算哲という人物, 熊城君終幕の緞帳, 熊城君銅には暗, 熊城君風が裳裾, 熊城捜査局長が椅子, 熊城捜査局長立会の下, 熊城東去総, 熊城等を追い立て, 熊を連ね, 熊大人を遣し, 熊にたのまれた, 熊という人, 熊を思う, 熊女主人の部屋, 熊孔雀兎鶴等々には好感, 熊射ち弓だの, 熊岡さんか, 熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 熊の河, 熊岳城遼陽などの城市, 熊岳城雁わたるなり, 熊岳城駅に向つた, 熊岳河附近の望小山, 熊兄弟を, 熊幽かなり, 熊と鹿路, 熊得意の壇場, 熊怒って追い来る, 熊というべきでしょう, 熊れみ来って, 熊いかでか, 熊或は獅子の, 熊手代忠七清兵衛下女お久, 熊にはもう, 熊掌駝蹄の宴, 熊掌鼈裙吟士蟆のたぐい, 熊である, 熊料理の膳, 熊早くあの野郎, 熊時代にわたし, 熊曾建が家, 熊曾建二人伏はず禮なしと, 熊曾建兄弟二人その孃子, 熊月の輪の無い, 熊の海底, 熊は或は, 熊板君実将帰東奥, 熊はあゝ, 熊横丁と荒川堤, 熊橿の葉, 熊檻仔の熊, 熊此方を見る, 熊比丘は袖, 熊氏妄混体裁恣換書名遂使後学不能見其原, 熊氏通称は作大夫, 熊渠子夜行きて, 熊の前, 熊物語の幾種, 熊の類, 熊狩用の五連発旋条銃, 熊狩見物を面白い, 熊に用いる, 熊猟師がい, 熊のお, 熊猫姿をあらわし, 熊猿白鳥七面鳥は八日目以上, 熊猿白鳥七面鳥鶏犢なぞは焼け過ぎた, 熊猿零羊を獲, 熊王丸とを取扱った, 熊王五瀬命天ノワカヒコ等いずれも屍体, 熊王兄弟両面スクナは同, 熊生きて居ります, 熊男君は巴里, 熊病院に入院, 熊白檮が葉, 熊で有った, 熊皇子はそんな, 熊皮外套かなんか, 熊盲目の墨塗, 熊相撲の始まる, 熊と呼ばれ, 熊眠り狼住みし此渓間, 熊の如き, 熊祭るアイヌも, 熊福原三蔵外要路の人山田宇右衛門, 熊はお前様, 熊秋琴であらう, 熊不獲, 熊穴熊猪土竜など内地, 熊に陥る, 熊立てば咽喉, 熊笹原の中, 熊縞狼豹といずれ, 熊をしかけた, 熊羚羊その他いろんなもの, 熊肉料理は肋肉, 熊宝丹の, 熊にし, 熊膽位其でも心, 熊自身の感情, 熊芸人の正体, 熊茸猪茸虚無僧茸のんべろ茸, 熊荒熊の如き, 熊葛鞭でピシリ, 熊藏半次は早々, 熊藏半次職人のこし, 熊蝉最初の声, 熊蟻どもは, 熊襲なんどの栄え, 熊襲タケル的に忍熊王, 熊襲兄弟を殺した, 熊襲建きょうだいは命, 熊襲東に蝦夷, 熊襲梟帥を誅し給う, 熊襲親征日本武尊の西征東, 熊襲退治のとき敵, 熊課長はそう, 熊論者は, 熊警視が挨拶, 熊豪猪等をも制せん, 熊貲始大楚之覇業, 熊かな, 熊躯中しびれて, 熊をこれ, 熊は市会議員, 熊連だってこまる, 熊はもうこんなに, 熊避けの為, 熊野人のため, 熊野路一帶は海岸, 熊野辺に古来老樹大木, 熊を食わす, 熊を木, 熊高谷の山々, 熊鰐天皇を周芳, 熊鳥兎鹿などの変態, 熊鳶由左官の伝次, 熊鳶由細野浪人この四天王格, 熊鹿の群, 熊黒く染めたる頭髪