青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「申します~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し 申し~ ~申した 申した~ ~申しました ~申します
申します~
~申す 申す~ ~男 男~ ~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~

「申します~」 2317, 25ppm, 4656位

▼ 申します~ (732, 31.6%)

17 私は 11 それは 9 これは 5 私が 4 日本の, 言って

3 [12件] これが, 主人は, 云って, 何か, 大男は, 失礼ながら, 師匠は, 彼は, 御承知, 正木先生の, 私も, 第一

2 [28件] いつもの, いふと, この, この小さな, これまた, これも, さう, その人, それからは, どこの, やれ板戸, 何時でも, 勝彦さんは, 只今の, 吾, 彼の, 彼女は, 斯う, 母は, 泣いて, 父が, 王子は, 私の, 良秀, 誠にお, 身体の, 阿闍利さま, 魔障にでも

1 [590件 抜粋] あたしに, あっちの, あとどれくらい, あなたの, あなた大根を, あなた方は, あのピストル, あの人, あの尺八, あの時代, あの殺人事件, あの濃, あの頃, あまり苦労, あれも, あわれ果敢ない, い, いかにもため息, いけないこと, いったいこの, いつて, いままでの, いやかまわぬ, いやそれ, いや明日, いろいろ面白い, うむといった, えびす様の, おいらも, おっかさんには, おっしゃいました, おり二月, おり何分, おり最初, おり江戸, お俊, お兄様, お吸物, お慕いなさいます, お母様の, お母様は, お祖母さま, からくりを, かれは, きっとそうです, けっしてわたくし, こういう機会, こうした団員, こちらで, このマレルブ, この世での, この写真, この前, この少年, この男, この秘密, この筏, この精神病科教室, この花, この頃, これから旅行, これには, これを, こんなこと, さきほどあなた方, さしあたりい, さしあたりいは, さっき自分は, じっとお, すぐに, ずいぶん古い, せっかくの, そういうもの, そうした辛棒, そうで, そこの, そのお母様, そのお蔭, そのこと, そのちょッ, その二人, その作品, その先生がた, その坊さん, その女, その山崩れ, その弟子入り志願者, その方, その白い, その祭文, その蛾, それが, それでは鐘, それでも不十分, それで宜, それを, そんなおさない, そんなにまで, そんな面白い, たあいも, たいへん長い, たとえばまち子, たとえば動物, だいいちあなたの, だいたいこんな, だいたいその, だいたい登山, だれしも, ちょうどお父さん, つい近い, つまりやけっぱち, つまり信仰, つまり刑務所内, つまり日本文化, とうとう白状, とんと私, どういうもの, どういうよう, どうもそれ, どうも横町, どちらの, どなたと, どなたの, なかなかそうで, なぜジャン, なにもかも経済更生, なんだか日本民族, はっきりした, ひきょうのようでござりますが, ひどくこの, ほかの, ぼくの, まことに不念, まことに変, まずあの, まず一人前, まず今, まず迷亭, またこういう, またトルストイ, まだ外, まだ我が, まるで権者, まるで權者, みすぼらしいほど, みなさんも, みなさん御, もうすぐでござります, もう一人, もう早くから心, もし藍丸王様, やはり, やはりご多分, やはり先程, やはり飯田, やると, ゆうべの, よいこと, よくわかりました, よしわかった, わざわざ奇矯, わたくしの, わたくしは, わたくしも, われわれの, アメリカの, アレは, ア行の, ディデロートの, パパは, ミサカエの, モラールの, 一人で, 一口に, 一向何もかもハカどら, 一坪に, 一昨年でした, 一種の, 一般に, 一面において, 七軒も, 三〇〇〇米以上の, 三人の, 三面鏡の, 上等の, 下で, 世人の, 中国の, 中藩の, 主人に, 主人も, 之も, 乙姫は, 二三百年繼續し, 二日前の, 云いながら, 云う, 云うと, 云うよう, 云った, 云はれた, 云ふ, 云わない訳, 人間という, 人間の, 今の, 今は, 今まで, 今も, 今度は, 今日これを, 今日では, 今身, 仮に江戸, 何だかいいわけがま, 何でございましょう, 何でも, 何の, 何もかも私, 何やら自慢, 何者かが, 佛教の, 例へて, 偶然にも, 傍から, 僕らの, 兄は, 先づ一口に, 先づ加茂であります, 先づ漢書の, 先日小石川の, 先生は, 光仙林を, 全国同一の, 其の後, 其本の, 出口の, 初め小, 利三郎さんは, 削ったかつお, 前に, 十ぱい買った, 又旅館, 叔母っ子に, 受合った, 口上を, 古くから, 叱られますと, 右の, 同十四年, 同郡上郷村字左比内, 名前のみは, 名画では, 唇を, 唯現在, 商品は, 商売物の, 喜んで, 国語学の, 地方長官は, 坊さんは, 坐禅を, 壮年期の, 変でございます, 夕立以下の, 多分女, 多神教的な, 大体において, 大名華族な, 大戰前, 大王も, 天は, 天下の, 天下第, 天文十二年であります, 天照大神であります, 天皇は, 奈良朝及び, 奪って, 女の, 女も, 妻即ち, 妾は, 婦が, 孔子は, 存外将軍さま, 孝昭天皇の, 学校を, 宅が, 完全な, 宗舟画伯きわめて, 実はその, 実松源次郎氏は, 実相感であります, 実際あなた, 宣長翁の, 宮廷方言貴族方言と, 宿方に, 小生は, 少しく異様, 少しむづかしい言, 少しも, 少し誇る, 山人すなわち, 山車が, 岩倉が, 工芸美術と, 巨人は, 師匠の, 平民發展時代の, 平造は, 平野神社といふ, 年は, 幸吉さんは, 幾ら形と, 床の間の, 弁信お前は, 弘法大師の, 弟は, 弱いもの, 当の御, 当時の, 彫刻などで, 彼らが, 御列席, 徳川時代に, 心臓病とでも, 忍川神田川それから, 怨みが, 怨念は, 恋の, 恐らくこういう, 恵印は, 悪いこと, 態度が, 懇意に, 我らの, 折り入って, 推移の, 摩利信乃法師は, 支那には, 政七は, 文化部担当者として, 文芸復興以後勃然として, 料理にも, 新生寺さんは, 新築地劇団新協劇団もう, 日本では, 日本は, 日本一の, 日本第, 日羅の, 旦那さまうちの, 明治の, 昔は, 昔イスランドに, 春秋の, 是には, 是は, 最も栄養価, 最初に, 最初今の, 月桂冠を, 朝鮮の, 来たので, 栖鳳さんや, 校長先生の, 桜の, 極く, 楽園という, 構は, 歌を, 正木先生は, 此の, 此処へ, 此奴の, 殆ど一文, 残りの, 殺人に, 殿様は, 気の毒と, 決してそんな, 沢山の, 治部少, 法律の, 洋服を, 洪水の, 清さんは, 滔々たる, 漢以來六朝までの, 漢書の, 炭焼き男は, 無論確か, 無論私たち, 無限の, 照は, 父も, 父よりも, 牛の, 物を, 犯人の, 狐狗狸様は, 狭山さんは, 王安石といふ, 王様は, 現世の, 現世式に, 現在の, 現在日本アルプスの, 甚だ生意気, 甚内は, 生徒の, 生意気だ, 生憎所持, 甥が, 田舎の, 田舎気質の, 申しますが, 男の子は, 異な, 皇后さまが, 益々外国, 直ぐ日本, 相当の, 真空の, 眼を, 矢張り近江國の, 石棺ある, 私たちは, 私達は, 種々あります, 端然と居坐, 笑って, 第三者が, 答えたので, 算哲様は, 米を, 絵で, 線だけで, 織田信長が, 群がり集まった足, 翁も, 自分と, 自分は, 自分以外の, 自然の, 色々の, 若い折, 若旦那は, 若松地方の, 若殿様は, 茲に, 茶碗という, 葦は, 蒙古人, 藤吉, 藤吉にやにや, 藤吉は, 蟷螂を, 西夕焼夏海游泳芭蕉杉淋しい, 観念し, 言いますと, 言うん, 言う女, 言つた, 言ふと, 記録の, 誠に大きな, 誰れで, 諸国の, 譬へば我々, 豊後の, 貴客様, 貴方が, 貴方の, 貴郎, 踏みしづめのふりなのです, 軍や, 送り出す玄關先左樣, 逆に, 道徳といふ, 金と, 鑛毒の, 長作は, 開元, 陸奥陸中陸前羽後羽前磐城岩代の, 青年先づ活動し, 非常に, 非常時局に対して, 革命前は, 音楽は, 領主という, 飛び立つよう, 飛騨木曾赤石等を, 駕籠の, 高崎からずつと, 魏の, 鶏卵であります, 鼠は, 鼻の

▼ 申します~ (361, 15.6%)

2514 はこの 11 はその 6 はほか 5 はお, はこれ, は私 4 です, はあの, は何, は外, は実は, は御 3 はつまり, はわたくし, は少し

2 [28件] が, がお, には, はいつも, はかかる, はどう, はまだ, はもう, はわれわれ信, は一つ, は一旦, は久しく, は他事, は元来, は吝嗇, は妾, は娘, は恐らく, は斯様, は昔震旦, は本年, は正木先生, は父, は猶, は自分, は良秀, も何で, も私

1 [201件] かこちら, かこの, かそれとも, かどう, かは知りません, か嘸, があなた, がいつわらざる, がこの, がそこ, がその, がた, がつまり, がわたくし, がヨーロッパ, が今, が何ん, が兄, が六十五, が又いずれ, が口, が太閤様時代, が妾, が平生, が御, が朝, が秀吉公, が私, が風邪, この西, そんな馬鹿, ださうでその, ですから, ですが, ですけど, では, どうぞよろしく, にはあなた, には子供, には院, はあなた様, はある, はいう, はいずれ, はいったい, はかね, はからだ, はこ, はこいつ, はここ, はこちら, はこの世, はご, はごく, はすでに, はそういう, はそんな, はたか, はてんしゅに火, はでは, はどういう, はどうも, はなかなかよく, はねあなた当分, はのぶ, ははしたない, ははじめ, はひとり, はほんとう, はほんとに, はまあ, はまことに, はまず, はもと, はやはり, はわたし達, はクリヴォフ様, は一ヶ月, は三匁, は中京辺り, は五月二十五日, は人間, は仏, は他, は以前堺衆, は何で, は何度, は余, は余り, は信心, は兄, は先年おん父弾正殿, は前, は前夜, は勿論, は十六世紀, は取り, は只今, は吉川訓導, は呉家, は唯, は唯今, は夢, は大した, は大小, は大昔, は大殿様, は大老水野越前守, は女, は如何, は如来, は実際, は崔融, は広告, は徳川, は心苦しい, は患者, は愛蘭人, は我等, は戒壇, は教祖さま, は日頃数馬, は旦那, は春日, は昭公, は是, は普通, は晴れた, は最早, は村, は某, は歩きつき, は殺人方法, は水死者, は決して, は海, は無論, は現在あなた様, は甚だ, は生, は申し上げたら, は留任運動, は目下, は目下西比利亜, は眞理, は真理, は石油, は神聖木曜, は私ども, は私一個, は私共, は私自身, は究竟遊蕩, は第, は精しく, は經書, は肩衝, は船, は良人, は若狭湾, は要するに, は観世音, は評判, は詩, は誰, は貴方, は道, は都会, は阿波, は隣国智利領, は風水竜王, は飯, は餘程困難, は驚き, もあなたさま, もあなた様, もあまり, もいかが, もこの, もつまり, もみんな, もわたくし, もペルシヤ, も久しい, も何, も何分, も何卒, も嚢, も対手, も或は, も畢竟するに, も私たち, も結局そう, をあなた様, をそれ, を体, を又, を形, を文, を聞い, 来て

▼ 申します~ (359, 15.5%)

12 それは, 私は 4 これは, それも 3 どうした, 何う

2 [16件] いかが, この事件, これも, これを, それが, とんと先生, 何分下, 僕は, 危きに, 女の, 実は私, 實は, 年は, 本人は, 此の, 猛虎を

1 [289件] あつしを, あなたと, あなたは, あの二朱, あの味わいバッカリ, あの子, あの宗方樣, あの旅, あの時, あの死體, あまりやさしい, あれこそ, あれで, あれに, あんなもの, いか, いま榊原から, いわゆるブルジョア民主主義, お前, お母様は, お番所, お話しは, かくの, ここでは, こちらの, この, このお, この七兵衞, この出来事, この山吹, この御飯, この旅籠屋, この遺書, これくらい, これとても全くなんら, こんなに早く, こんなチッポケ, こんな働き, こんな飛行島, さっきの, さっき暗闇の, さてそれ, しかしいずれ, しかし僕, しかし私, じつはお, せがれの, せめては, ぜひともあなた, そうじゃ, そうでしょう, そこが, そこでか, そのうち食物, そのくらい, そのころ, そのとき, そのよう, その五代前, その五誥, その代, その代り, その前, その守護神, その悲哀, その意味, その私, それからは, それでも船, それにしてもでんぐり返し, それほど奢った, それより, それを, そんなこと, そんなもの, そんな馬鹿, ちっとも戦, ちょっとそんな, ついでだ, つくづくと, つまり文化生活線上, どうか御, どうか私, どうしてあなた, どうして拵えます, どうぞ不躾, どうも芳太郎, どこから, どんなもの, なんでも, ねえだんな, ほんとうに, ほんとうは, ほんとに誰, まあお, まさかそんな, まずその, またお, もう云われ, もう当人, もしも上, やっぱりそんな, わが左膳, わたくしたちから, わたくしの, わたくしは, わたしが, わたしは, アダムに, イクサは, イミテーションは, オーカミイナリでは, ドンナものでしょう, ホントです, 一つ棟に, 一同を, 一向聲, 一番上等な, 一緒に, 一見した, 七三郎が, 三十と, 三文しか, 不思議な, 不粋な, 中, 丹は, 主人の, 二斤の, 人相を, 人間は, 今の, 今も, 今問者, 今日の, 仕事と, 他人は, 仮に横山大観, 何か, 何気なくな, 余り恐れ多う, 依田様も, 俺は, 元来月, 兄さんの, 先の, 先日お, 先頃より, 兎に, 入湯致しまし, 全くの, 全く大, 全く牡, 全く骨, 其の頃贅沢, 其所に, 別に私共, 別に紛失物, 助太刀を, 北原君は, 千恵は, 双玉の, 君たちは, 呆れるわい, 咳一つしない, 啻に幅廣ろ, 四年前から, 國學例へば, 夏が, 大丈夫です, 大事な, 大原さんは, 大原君の, 大師は, 大池さんには, 大體卜筮, 奥さん今夜もし, 奥州の, 妙な, 嫌な, 宇治の, 実の, 実はあんな, 実は手前, 実を, 実際そういう, 家へ, 富永は, 專門の, 小学校の, 小父上, 尾張の, 屏風のは, 屹度, 当分は, 当日の, 御様子, 慣れない事, 或お方, 拙者は, 指を, 支那の, 教育者は, 旅には, 日本の, 日本語の, 早くから父母, 明日あたりお, 春は, 是では, 有限の, 朝鮮の, 本当にいろいろ注意, 本月, 東京の, 柔術の, 森様まことに, 概ね暗闇, 樓閣を, 此の間松村で, 此上二人の, 殺気と, 毬栗頭にては, 民間の, 気永に, 決してその, 沢山採れません, 災難は, 烏や, 煙筒が, 父も, 爺やの, 現代日本の, 生命の, 痛風と, 的という, 皺枯れた, 盲腸切っ, 相州へ, 私が, 私しゃアね, 私と, 私とは, 私なんぞは, 私にも, 私の, 私も, 私を, 私共二人は, 私取合いませんでした, 紙まで, 細かい話, 結局どこが, 絵に, 聲明因明醫方明内, 自分の, 舊唐書と, 色々の, 若旦那は, 若殿には, 苦労を, 親分の, 誠に面白い, 誰も, 誰方が, 諸君は, 諸国廻歴の, 警察の, 谷博士は, 豪いもの, 財源は, 責任を, 貴方の, 身の, 輯略を, 近年文芸の, 追, 酸いもの, 金が, 鐘にも, 関東だ, 隠居家こそは, 青山と, 頗る別嬪, 風次第で, 食物ばかり, 飲み友だち, 馬琴の, 鼠が

▼ 申しますから~ (108, 4.7%)

9 私は 4 私も 2 お放し下さい, それを, 中, 平穏な

1 [87件] あんなに可愛らしく, おおかたそれゆえ, お心配, お許しを, お許し願いたいです, お迎い, お近い, お連れ帰り, きっと吉夢, ここを, こちらは, これからこの, これから夕方, これで, これは, これも, ご心配, そのままどんどん海, その点, その辺, それが, たのみましょう, たぶん慶応初年, ちょうど人間, ちょうど鰻屋, ちょっとお, ちょっと気, ちよつと, どうか御, べつに新, ほかに, ほんとうに, まあこの, まだ浴衣, もう少しの, よく煮る, アベコベに, ホトケは, メヂユンナと, 一と, 主人は, 人目を, 人間は, 今日の, 何を, 借金が, 先生も, 全く土地, 半丁, 古關, 君も, 味方には, 大藏も, 平に御, 幼年の, 引出し一つ開ける, 御存分, 御無事, 御紹介通り, 御足労を, 怖ねえ, 急に, 手前は, 早く丈夫, 昨夜二十金才覚致し, 是, 是も, 暖国では, 来年の, 正直な, 瓜揉と, 直どうぞ, 私どもの, 私斯うい, 立前に, 義理で, 色が, 蚊帳の, 話が, 誰が, 貴方も, 遠慮なく単, 随分変珍奇, 電車の, 非常に, 頂戴, 黒駒を

▼ 申します~ (73, 3.2%)

3 兎に 2 妖兆と, 明鏡止水の, 水従方円器と, 色々と

1 [62件] いっそ御, うまくあたった, お葬式, からだも, ここの, このごろめっきり, このわたくし, この八番, さう, そう言っ, そこまで, そちらから, そのおり拝, そのままで, その人, それは, ちょうどて, ちよつと, とにかく自分ゆえ, ともかく自分, どうしてもいっしょ, どうも宜しく, なんだか文化, ねずみちりめんの, ふだんは, まあかくれた, まあそういった, よく相談, われわれの, 一應年寄に, 兎も, 別に私, 匂いと, 印象, 声の, 天然に, 夫次第大抵は, 奥義と, 存じませぬが, 存じませんが, 少しばかり, 御殿風と, 御迷惑, 心弱さ, 悲壮と, 意地が, 感情の, 敢て, 文学の, 文章が, 日本内地と, 本当の, 正しい教養, 深く感動, 私の, 私は, 経済の, 聞かせて, 近代的な, 遠距離に, 顔と, 顔の

▼ 申しますので~ (65, 2.8%)

3 私は 2 これに, ございます, わたくしも

1 [56件] あっしが, いくども, お送りいたしました, ここへ, こんな夜更け, ございますが, ござりまし, ごむりなお願い, さてこそ, さまを, しばらくぐずぐずし, その中, それは, それを, ただ今承知, ちょうど幸いと, ついどうも飛んだ, とうとう思い切っ, とにかく一応あなた, とにかく妻, どんなあじ, なおさら心配, なにげなくあけ, なるほどそち, はい背, びつくりしました, やがて誰, わたしは, ハムレットさまは, 三四度續け, 二人で, 二度とこんな, 亭主には, 以ての外の, 伯母が, 何を, 其の儘気, 出ましたが, 困って, 多助は, 子供ごころにも, 安心致し, 帰省を, 御用を, 思ひきつ, 手前駈出し, 是から, 最後の, 歴史の, 真言寺の, 立つ瀬が, 肌身を, 自分の, 裏山づたいに帰し, 貸しました, 逢って

▼ 申しますもの~ (49, 2.1%)

6 ですから 3 でございます 2 はただ

1 [38件] か, かいつ, かねと二人, が, が出来, じゃわいのう, でこちら, でございますが, でそいつ, ではるばる, でやはり, で是, で藤吉初め, で長左衛門様, とそのもの, とても見られます, は, はこれ, はさながら, はどういう, はもっぱら, は三つ割り, は不平, は人間力以上, は今, は何かと, は其の, は尊い, は毎日, は決して, は眼, は秀次公, は観察者, は重荷, は長, は非常, を自分, 御城下

▼ 申しますには~ (38, 1.6%)

2 お屋敷, 川成とか

1 [34件] あなたは, あのやう, あの男, おおよそ簡単, このお嬢さん, このお方, これこれこれこれ, その, それなら今, ほかの, もう一度こんな, わが子を, わたしも, 一年の, 一月ばかり, 丁度ここ, 中町とかの, 今にも斬罪, 何でも, 別段法王, 和女ほど, 少しばかり, 斯うい, 旦那の, 旦那は, 春泉へ, 是非あなた, 朝起き, 煙に, 神様に, 私には, 自分は, 若い男, 金子七百両が

▼ 申しますこと~ (25, 1.1%)

8

1 [17件] がご, が偽りで御座いませぬ, で釋迦, には, には飛騨, は, はあなた様, はいまさら, はこの, はこれ, はたとえば, はとても, は単に, は私, よ, をその, を信じたい

▼ 申しますよう~ (22, 0.9%)

1 [22件] でご, では, で恐入ります, なお, なもの, な世にも, な人たち, な唄, な方々, な老朽, な部分, な非, にお, にずらりと, に三味線, に世界, に人並, に今日, に先方, に大, に色, はよくも

▼ 申します~ (19, 0.8%)

1 [19件] あなたがか, ある重大, そうおっしゃる, それは, よくは, 一人一人の, 云ふまで, 先生には, 其方の, 初めは, 十四年前の, 家の, 彼等が, 我々二人は, 決してそうで, 源氏物語を, 私は, 腰元どもはさようの, 至るまで

▼ 申します~ (17, 0.7%)

7 でございます 2 で, の子 1 がお, が有りまし, が此, でこちら, は旅魚屋, を世に

▼ 申しますけれども~ (16, 0.7%)

1 [16件] あれは, そう古い, それと, どうしてもある, やはりこれ, 兎も, 八日が, 原料の, 姉は, 實は, 既に牛乳, 最後の, 激薬です, 瀬越君は, 肉の, 雛の

▼ 申しますのに~ (14, 0.6%)

2 わたくしが

1 [12件] おくがた, これから先, そんなら, 人間は, 只今の, 右の, 旧ぶし, 爾時は, 生れた子供, 私は, 私を, 近年男

▼ 申します~ (13, 0.6%)

1 [13件] あまり急, お時計, その他を, それにちっとも, それに何, 一家は, 又後で, 四五日前には, 土瓶蒸だの, 私も, 私共も, 酒に, 鰐淵さんも

▼ 申します~ (12, 0.5%)

2 親分 1 どうも少し恠, 修行も, 旦那樣, 皆んな申上げ, 相手が, 神聖なる, 親分いかにも, 親分この, 親分言や, 貴方は

▼ 申します~ (11, 0.5%)

4 ですよ 2 です, ですか, ですけど 1 でございますよ

▼ 申します~ (10, 0.4%)

2 の家, は 1 がお, が細かい, くらいの老, の主人, は今日, は貞操

▼ 申します通り~ (10, 0.4%)

1 この令嬢, この沙門, こんな恐し, その構想, その聖書, その違反者, もしも水当り, よくわかっ, 全く字音, 極めて非常識

▼ 申します~ (9, 0.4%)

3 頼み申します 1 乗りくださいお送り, 客座敷と, 察し申します, 怨みには, 手打に, 料理も

▼ 申しますがね~ (9, 0.4%)

1 あ痛い, お嬢さんあなたは, きいただけでも, じつあ, 内裏様が, 印東の, 昨晩の, 知れると, 私共は

▼ 申しますものの~ (9, 0.4%)

1 あの唯一, あの辺り, このジェスイット派, 即位を, 唯今の, 次の, 貴方様方の, 過失と, 遺跡な

▼ 申しますより~ (9, 0.4%)

2 或は不幸 1 ほとんど神寂, むしろその, ヨーロッパでの, 実地について, 材料の, 空へ, 遠距離で

▼ 申しますけれど~ (8, 0.3%)

2 わたしは 1 わたくしも, 元々其の, 多代子さんの, 思窮めます, 死んだ良人, 矢はり

▼ 申します~ (8, 0.3%)

2 でございます 1 が決して, が記し, ですから, についても, も耳, を少し

▼ 申しますあの~ (6, 0.3%)

1 お方は, 子が, 定吉どんは, 方は, 森から, 鼻は

▼ 申しますこれ~ (6, 0.3%)

1 で助かりました, は上人, は将来, は年, を見のがし, を解い

▼ 申しますとか~ (5, 0.2%)

4 でせめて 1 いろ

▼ 申しますとね~ (5, 0.2%)

1 おかあさま, 今朝ほど, 奥様お, 年上の, 父は

▼ 申しますゆえ~ (5, 0.2%)

1 その頤, もう一度お, 定めし散々, 差出がましいこと, 御空腹

▼ 申します其の~ (5, 0.2%)

1 内に, 娘の, 歎き, 脇に, 頃は

▼ 申しますところ~ (4, 0.2%)

2 に存する 1 お一人, の本願寺所有

▼ 申しますとも~ (4, 0.2%)

1 このじいさん, これだけ, 何であなた, 第一

▼ 申しますあなた~ (3, 0.1%)

1 はどうしても, は何, も廉

▼ 申しますからと~ (3, 0.1%)

1 そう云っ, 言つて縁談を, 言ふんで

▼ 申しますこの~ (3, 0.1%)

1 ままわたしを, 辺に, 通り町内様で

▼ 申しますそう~ (3, 0.1%)

21 して

▼ 申しますとな~ (3, 0.1%)

1 エウゲニイフェオドロイチもう, エウゲニイフエオドロヰチもう, 唯この

▼ 申しますどうか~ (3, 0.1%)

1 お嬢さん何か, それにて, ひとつみっちり

▼ 申しますどうぞ~ (3, 0.1%)

1 宜しく, 此方へ, 私を

▼ 申しますにも~ (3, 0.1%)

1 その植物, 江戸下りは, 相手は

▼ 申します~ (3, 0.1%)

2 湯どころか 1 長い長いお話

▼ 申します~ (3, 0.1%)

1 ここの, 何ういた, 或る

▼ 申します~ (3, 0.1%)

21 エ決して

▼ 申しますまでも~ (3, 0.1%)

2 ございませんが 1 ありません馬琴

▼ 申しますやう~ (3, 0.1%)

2 に色 1 な事

▼ 申します~ (3, 0.1%)

1 でございまして, は食わん, をつけ

▼ 申します今日~ (3, 0.1%)

1 のこと, の資本家, は種々

▼ 申します~ (3, 0.1%)

1 休憩所でございます, 見識り置き, 面倒でございましょう

▼ 申します~ (3, 0.1%)

1 が, が云っ, が先

▼ 申しますそれ~ (2, 0.1%)

1 は他, を今

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 え, ッ

▼ 申しますつい~ (2, 0.1%)

2 昨晩酔まし

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 えとそこ, えと人間

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 ござります, 種々と

▼ 申しますという~ (2, 0.1%)

1 例も, 返事を

▼ 申しますとや~ (2, 0.1%)

2 まねこ

▼ 申しますみんな申~ (2, 0.1%)

2 上げます

▼ 申しますよりは~ (2, 0.1%)

1 御奉行様, 生涯そのものを

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 ええあの, お父さまたち

▼ 申しますんで~ (2, 0.1%)

1 それで俗, やらないという

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 品吉は, 錢形の

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 でもその, となっ

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 うぞ, や清藏

▼ 申します幇間~ (2, 0.1%)

1 が二人, で

▼ 申します理由~ (2, 0.1%)

1 はほか, は外

▼ 申します~ (2, 0.1%)

1 がくし, の子

▼ 申します貴台~ (2, 0.1%)

2 を欺く

▼1* [184件]

申しますあれが今, 申しますいつか話して, 申しますいつ私が不義, 申しますいやなこと, 申しますうちに屍体, 申しますお力に成る, 申しますお嬢さんからちょい, 申しますお方はどういう, 申しますかたでご, 申しますかというと, 申しますからの事で, 申しますがと云って, 申しますがねえわっしも, 申しますがネもう, 申しますくらいで, 申しますけどこんな手紙, 申しますけどもどうしても母, 申しますこうして遊学し, 申しますこちらではシロウマ, 申しますしてまえも, 申しますすぐに照子, 申しますずいぶん御無事, 申しますやあお天道樣, 申しますそういうわけでしたなら, 申しますその山鳩が, 申しますそんな威勢は, 申しますだけでも並み並みでない, 申しますってお前は, 申しますでもございませんが, 申しますとのことやっぱり, 申しますとは云えない, 申しますどうも御親切, 申しますなにぶんお見識, 申しますのでへエ, 申しますふしぎな事, 申しますまことに不都合な, 申しますましてやこの七十里, 申しますままにお座敷, 申しますもしそれが, 申しますもの随って出来ました, 申しますもんですから, 申しますやらああいう, 申しますゆえただごとならずと, 申しますゆえだんなさまなら必ずともに, 申しますゆえ弓に白羽, 申しますよい夫を, 申しますよとその手, 申しますよりも最も真摯誠実, 申しますわけでは, 申しますわたくしはこれから, 申しますアミダさまも同じ, 申しますアレで男, 申しますエエお頼み, 申しますエリザは朋輩, 申しますオモチャを二つ, 申しますてそう, 申しますマカロニは伊太利製, 申しますマルス嬢やムューシュ嬢, 申しますリアルな記録, 申します一人の姉, 申します不調法者で, 申しますにも何となく, 申します主人の忰伊之助, 申します乗物をお立ち出, 申します乱暴をし, 申します人盛唐の時分, 申します今晩のうち, 申します以上に男, 申します伯耆の大山, 申します佐世保の方, 申します何んでも, 申します何卒叔父さんから, 申します偶然に暗合, 申しますが今, 申しますはお前さま, 申します先生貴下だけなら申します, 申します入梅から勘定, 申します全く粗相でございます, 申します其中お互に, 申します其処が旦那様, 申しますに一夏, 申しますに住み, 申しますにはいっこう, 申しますのもの, 申します叔母の意味, 申します可愛い子で, 申します吉田竜太郎というの, 申します名刀がございました, 申します向うの小山, 申します大層立派な, 申します大滝が有りまし, 申します太閤様がお, 申します契約の指環, 申します奥様に一度, 申しますが退屈, 申します女優の落第生, 申します好きな人, 申しますは竇, 申しますを一人, 申しますで案じ, 申します南皇帝を, 申しますア今日此処へ, 申します宿屋の向, 申します小さい部類には, 申します屋敷はどこら辺り, 申します年来お屋敷, 申します年配の御, 申します引手茶屋の娘, 申しますては申しません, 申しますは慌てる, 申します彼様な鬼, 申します後妻は先年大浜, 申します御寮人様がまた, 申しますろしい, 申します悪行をなす, 申します懸賞金を折返し, 申します我々宗教家は街, 申します支那の料理, 申します自分の, 申します料理屋へ参りました, 申します日常諸君は御存知, 申します旦那のい, 申します旦那様へお, 申します昼間も晩, 申します月末まで待った, 申します有難う存じます, 申します本当のこと, 申します本当にお堅, 申します東洲齋の内弟子, 申します樽買いでございますが, 申します機會がありました, 申します正直なお話, 申しますの言葉, 申します沢山は要らない, 申します油屋渡世で, 申します浪士で, 申します演題は, 申します独身者でございますが, 申します上げます, 申しますもこの, 申します男一匹がこの, 申します男女の遊びくら, 申します當時の詩, 申します白翁堂の書面, 申します目明し万吉という者, 申しますにここ, 申します一は, 申します筆法には術語, 申します筏師で, 申しますにその, 申します紙問屋の支配人, 申します者今日は早速, 申します臠肉厚く頸, 申します若輩でございますが, 申します蒟蒻問答のよう, 申します親分さん申します, 申します誠に此の先祖と, 申します論文の内容, 申します貴女は呪, 申します賄いの婆さん, 申します迷信からわざわざ, 申します通りそれは五年, 申します通り七部の目録, 申します通り三千子の寝室, 申します通り修羅の巷, 申します通り口語こそ變遷, 申します通り定家假名遣と, 申します通り当局者と私, 申します通り線なくし, 申します通り義理があっ, 申します通り肥後の熊本, 申します通り若旦那様とオモヨさん, 申します通り銘さえございますれ, 申します通り風邪を引いた, 申します物を, 申しますの森, 申しますの袋, 申しますの銘, 申します隸書と云, 申します青二才で, 申しますで海岸, 申します馬鹿な奴, 申します駿河大納言の御, 申します鼈甲問屋の若い