青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「申した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し 申し~ ~申した
申した~
~申しました ~申します 申します~ ~申す 申す~ ~男 男~ ~男の子 男の子~ ~男女

「申した~」 1551, 17ppm, 6787位

▼ 申した~ (237, 15.3%)

23 です 16 では 15 でございます 11 じゃ, であります 9 だ, ですが 6 でございますが 5 は私 4 である, ですわ 3 か, はその

2 [13件] だが, であろう, でござる, でござんす, ですけど, ですよ, でも, で御座います, はあなた, はこの, は御, もそんな, を覚え

1 [92件] かとお, かもう, か今, か少し, がきっかけ, がすなわち, がなぜ, が不思議, が初め, が判らぬ, が子供, が恥ずかしい, が無理, が焼, じゃありません, じゃから其の, じゃございません, じゃ御, だそう, だと, だなんと, だよ, だ早速, だ身, ぢや, てす, であったが, であって, でありまして, でありますが, でございました, でございましょう, でございますか, でございますよ, でございませう, でござんすえ, でした, でしょう, でしょうか, でしょう失礼, ですか, ですから, ですね, です咒語, と同じ, には, はあれ, はお前ぢ, はこういう, はここ, はすなわちそこで, はそういう, はそち, はなに, はほか, は一体, は儂, は冬, は十三日, は実は, は宣言, は少し, は建築, は愚堂和尚, は戯れでござる, は斯, は日本國民ぜんたい, は昔, は本年, は歳, は決して, は済みません, は無理, は真赤, は石舟斎どの, は解せぬ, は詰まり人生, は遠方, もその, もそれ, も全く, も実は, も此, も究竟私ゆゑにそんな訳, も自, やら, をただいま, を倖, を市井匹夫, を日中機, を知らず, サ

▼ 申したよう~ (97, 6.3%)

6 な次第 3 なわけ, な訳 2 じゃが, なこと, な順序, にこの, に御

1 [75件] じゃとさいぜん, でありますが, であるが, でご, でございましたね, でございますし, です, ですから, では, なせい, なちょっとした, な事, な個性, な地方出, な奈落, な惨敗, な或, な手続き, な方, な有様, な特色, な用, な石, な身の上, な身過ぎ世過ぎ, な風, にあっし, にうかうか, におぼえ, にかたき, にごく, にその, にただ, にまだ, にギッシリ荷足, にスパイ, にチベット, にブランデー, に一つ, に亡くなられた, に人間, に何事, に俳句, に先生, に別所君, に取られる, に地方, に大, に山, に心, に思います, に拝察, に新, に旗田鶴, に日本, に桃, に気球, に海, に無造作, に目下, に目下除害方法, に神様, に精進日, に総て, に肥前, に自分, に良人, に覚え, に観世音, に賄賂, に近江屋, に野呂, に金, に鉱山, に長吉

▼ 申したこと~ (83, 5.4%)

8 がある 4 があります, がお 3 がございます 2 がご, です, はありません, もある

1 [56件] かしれませぬ, があった, がありまし, がない, が事実, が有りました, が無い, が聞こえた, さえ刻ん, じゃが失礼, だが, でありましたが, でお, でご, でございましょう例えて, でございますが, ですが, ですもの, ですよ, では, で決して, とそのまま, とたいそう, には, にはなりません, にヒタヒタ, に二言, のない, は, はござりませんこれ, はそういう, はたしか, はつい, はない, はわし, は多年, は御, は手短, は普通, は申しました, は皆偽り, は間違っ, もあります, もありません, もございます, もございません, もやらなけり, も御座います, より外, をいつ, をそんなに, をよく, を信用, を御, を記憶, 良きに

▼ 申した通り~ (63, 4.1%)

4 です 3 である 2 お角, じゃ, でありますが, ですから, ですが

1 [46件] あの四畳半, あの婆さん, あの日, あんまり失礼, いつもその, きゃつめがいろいろと淫, こういう情況, この勝頼, この時, この狭い, その方, たしかに母, ただもう, であ, でありましょうが, であります, であるが, でございましたでしょう, でございます, ですわ, で髪切り, どうかし, なの, にわたくし, に仕, に貴, のこと, の切, の大作, の山出し, の次第, の者, の訳, よい辰, わかっては, わが為, 一応の, 別に人目, 加えること, 同じ内職, 愈々公判, 我と貴殿, 決して最初, 至っての, 至って忠実, 蒙古人

▼ 申した~ (61, 3.9%)

2 これで, それは

1 [57件] いかが, いずれじゃ, おまえも, おもいの, お前も, お気に, お目, お辺がた, こっちで, このほか, これも, さては左様, さるにても, そう伺っ, その中, その後岩間三太夫めは, その白い, その私, その言葉, その通り, それも, どうしても久し振り, どうやらこの, どんなお客, まア, まア緩く, もし曹操, よい, よかろう, わしの, 人を, 今また, 今日小牧の, 以後は, 何の, 侍は, 国表を, 地金が, 娘が, 実にもっとも, 実に危, 彼奴には, 御気, 御老體, 手前も, 摩利信乃法師一人の, 旦那さまは, 果して彼, 桔梗河原の, 残念にも, 気がかり今になにか, 然ら, 私こそ, 聽ゆる, 自分は, 近ごろ武門は, 運の

▼ 申したところ~ (45, 2.9%)

2 で仕方, で何, で別に

1 [39件] いまだご, おやすい, お二方, から拝領, がその, が仕方, が愚痴, こういう, すりゃぜひ, その父, てまえ, で, でさして, でそれ, でだれ, でどう, でまる, で予防, で今, で何ん, で例, で大した, で失礼, で平馬どの, で強飯, で御, で悪い, で水茶屋, で決して, で父親, で相州, で芸妓, で親分, で身分相当, による, は私, は遠い, をきけ, 突然勘兵衛め

▼ 申した~ (34, 2.2%)

3 もございました 2 がない, に間違, に間違い, はございません

1 [23件] がございます, がございません, さえあった, ですが, に対する例外, はあります, はない, はまるで, は母, は纔, もあります, もございます, もござる, も君, も度々, も重要, をかの, をまだ, を忘れ, を忘れぬ, を私, を話します, を論ずる

▼ 申した~ (33, 2.1%)

1 [33件] あって, いう, いうか, いえば, いふので, お伝えあれ, お伝え下さい, お聞き, すれば, ほりた, ほりで, ほり屋根, ほり昔, ほり朝鮮, ほり青銅, よしなに伝え, 二俵持っ, 云って, 云ふ, 伝えて, 天下に, 存じますが, 忘れずに, 思いますが, 思召しましょう, 有様に, 母御に, 聞いたが, 親王も, 解して, 言って, 言つて行く, 言ふ

▼ 申したそう~ (32, 2.1%)

6 です 5 でございます 32 で, ですが, ですね, な, なくては 1 かとおれ, だ同じ, であります, である, ですの, ですよ, です僕, にご

▼ 申したので~ (32, 2.1%)

7 ござります 3 御座ります 2 ござりまする, 有う

1 [18件] おざる, ござりました, せう, どうぞ御免, はござりませぬ御覧, はじめて正体, まだ呉城, ようやく化け物, 主上は, 北の方は, 厶ります, 姉も, 孔子を, 小母さんも, 小督, 御様子, 正時は, 蘇飛は

▼ 申した~ (28, 1.8%)

3 ですよ 2 でございますよ, でしょう, です, ですわ, では

1 [15件] じゃお気, じゃこれ, じゃない, じゃわたしども, だ, だから, だが, だよ, であります, でございましょうね, でござんす, ですが, ですけれど, ですけれども, です有松屋

▼ 申した~ (21, 1.4%)

2 がよかろ, がよろしい, が宜, が宜しい, が正しい

1 [11件] がいい, がお嬢様, がされる, がよい, がよう, が一層, が当っ, が御, の妻, は今, も喜ぶだろう

▼ 申したもの~ (19, 1.2%)

3 でございます 2 じゃ, ですから

1 [12件] でお, でご, でございますから, でしょうか, ですが, で寺島松蔭等, はお, はございました, は何, は決して, もあり, を

▼ 申したわけ~ (18, 1.2%)

5 では

1 [13件] じゃ, だ, だが, であった, でこの, でございました, でございます, でございますが, でござる, でした, です, ではおざりません, で六地蔵

▼ 申しただけ~ (16, 1.0%)

6 では 2 でございます, なん 1 である, でございますどうか, です, でそう, で密, で批議

▼ 申したやう~ (13, 0.8%)

1 [13件] でありますが, ですが, ではずつと, な善行, な次第, な譯, な透明, に不思議, に思はれる, に按分比例, に来年, に沼, に覺

▼ 申したという~ (12, 0.8%)

2 ことを 1 お咳, お社, ことです, ことな, ことは, ところです, のは, ものだ, 事でございます, 記事に

▼ 申したばかり~ (11, 0.7%)

8 では 1 でまた, でも, なのに

▼ 申した~ (10, 0.6%)

2 知らんが, 知れませんよ 1 とんと覚え, 名乗って, 存ぜぬか, 実に貴方, 知りませんが, 私が

▼ 申したとて~ (10, 0.6%)

1 おとどまりに, この道理, それは, そんなこと, 何にも, 別に何, 嫁を, 桜井さんの, 無駄で有りましょう, 貴様を

▼ 申した~ (10, 0.6%)

1 いや御, いや話せる, え, なかなか気, ッ, 今に此家, 大違い, 恋ゆえと, 申したな, 皮膚に

▼ 申したって~ (9, 0.6%)

1 おとどまりなさる, お引留め申す, またあたい, わけな, 分りません仮令, 死んだも, 無責任な, 連れだ, 里方の

▼ 申したとおり~ (9, 0.6%)

1 この夏中数ヶ所, だしかし, でありますが, である, でございます, でしょうがネ, の者, ほんとに刺す, まだ真

▼ 申した~ (9, 0.6%)

1 その刀, でございませんと, でわたし, に無事, はどう, は何卒, は欺い, は田中正造, は金輪際

▼ 申した通り私~ (9, 0.6%)

1 と私, には名案, の弟子, の言行, の身の上, はけさ, は儀式, は十二, は早速

▼ 申したから~ (8, 0.5%)

1 お抱えに, でございます, で御座います, ショックの, 其の場, 所見当を, 手許へは, 時至れ

▼ 申したその~ (8, 0.5%)

1 一千〇八年前は, 上句あさはかな, 体で, 日に, 時の, 男心でございます, 背戸口搦手のな, 身分の

▼ 申した~ (8, 0.5%)

1 わらんべは, 不思議が, 依って, 学匠は, 就いて, 慈悲無辺の, 過ぎないの, 違いございません

▼ 申した~ (8, 0.5%)

1 お前という, このこと, 天の, 広常が, 御名誉, 所存が, 来年の, 真の

▼ 申した~ (8, 0.5%)

1 がお, がほんと, が其, が松島さん, では何だか, で御, のプラノ・カルピニ, の天

▼ 申した~ (8, 0.5%)

1 か, でござるとは, にご, はいない, もあった, もある, も少から, を縄打ち

▼ 申した覚え~ (8, 0.5%)

3 はございません 2 はない 1 がありませぬ, が御座います, はありません

▼ 申したあの~ (7, 0.5%)

2 お返事 1 かぶきと, イリオスの, 人の, 光代様さ, 御挨拶

▼ 申したつもり~ (6, 0.4%)

2 であります 1 か, だ, である, です長く

▼ 申した~ (6, 0.4%)

1 お諦め, がああ, が何, が到底, でほんとに, 悪いと

▼ 申した次第~ (6, 0.4%)

2 です 1 でございまする, でござる, でした, で御座る

▼ 申した~ (6, 0.4%)

2 では 1 がお, じゃア, でござるが, で能くまア念仏ども

▼ 申した~ (5, 0.3%)

1 島の, 弁当料理の, 甲に, 銀さんは, 頼みの

▼ 申しただけで~ (4, 0.3%)

2 ござります 1 おいろの, すでに十分弁解

▼ 申したところが~ (4, 0.3%)

1 やはり浪士, 将軍家は, 芸妓と, 馬丁なんぞを

▼ 申したのに~ (4, 0.3%)

1 けさに, なぜこの, まだ性懲, 君には

▼ 申したほう~ (4, 0.3%)

1 が, がええ, がはるか, が好い

▼ 申した~ (4, 0.3%)

2 です 1 で千石, にそれ

▼ 申した~ (4, 0.3%)

1 から左樣思つて, に何, に先生, に若旦那

▼ 申した~ (4, 0.3%)

2 でございますが, の演説

▼ 申した~ (4, 0.3%)

1 じゃ, でないか, では, の張子

▼ 申したお方~ (3, 0.2%)

2 だと 1 に何とも

▼ 申した~ (3, 0.2%)

1 っ, ッ, 心を

▼ 申したとは~ (3, 0.2%)

1 余り奇怪, 思いながら, 思いましたが

▼ 申したまで~ (3, 0.2%)

1 だ, ですから, なるを

▼ 申したものの~ (3, 0.2%)

1 出て, 言うの, 近ごろ欣しい

▼ 申した~ (3, 0.2%)

2 も居りました 1 いくら高利貸

▼ 申した~ (3, 0.2%)

1 の, は偶然, は単に

▼ 申した意味~ (3, 0.2%)

1 が自, なの, の不具

▼ 申した~ (3, 0.2%)

1 な仕儀, にこれ, に出発点

▼ 申した理由~ (3, 0.2%)

1 で歐洲, に本, を確め

▼ 申した言葉~ (3, 0.2%)

1 の端, を信じ, を真実

▼ 申したかも~ (2, 0.1%)

2 知れぬが

▼ 申したからと~ (2, 0.1%)

1 云って, 言って

▼ 申したからとて~ (2, 0.1%)

1 何も, 別に広告料

▼ 申したからは~ (2, 0.1%)

1 罪の, 訳を

▼ 申したけれど~ (2, 0.1%)

1 ここに, それも

▼ 申したけれども~ (2, 0.1%)

1 これは, しきりに参らない

▼ 申したことば~ (2, 0.1%)

1 の中, はあやまりであろう

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 に今日, に神田

▼ 申したため~ (2, 0.1%)

1 に今更, に宮

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 い, ねばあいならん

▼ 申したといふ~ (2, 0.1%)

1 事である, 噂を

▼ 申したとき~ (2, 0.1%)

1 さも大事そう, に群集

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 はく, われか

▼ 申したゆえ~ (2, 0.1%)

1 この河べり, この秋

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 だど, サアしつかりし

▼ 申したわたし~ (2, 0.1%)

1 の家, はやっぱり

▼ 申した一本~ (2, 0.1%)

2 の大松

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 けで, でも否

▼ 申した以上~ (2, 0.1%)

1 は, は明日

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 がどうも, に聞き覚え

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 でお, なお厳格

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 家来中田千股老女の, 方様で

▼ 申した~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 の心, の願い

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 で, でございました

▼ 申した~ (2, 0.1%)

1 そねんだ罪, はご

▼ 申した通りあなた~ (2, 0.1%)

1 と私, を責める

▼ 申した通りあれ~ (2, 0.1%)

1 はわたくし, は極めて

▼ 申した通りそれ~ (2, 0.1%)

1 がし, は切字

▼ 申した通り国家~ (2, 0.1%)

1 の懐柔政策, の蝦夷

▼ 申した~ (2, 0.1%)

2 の味

▼1* [411件]

申したいねどんなもん, 申したいまの一言, 申したうしろとんぼやお, 申したお召だろうじゃ, 申したお子さまか, 申したお腹の口, 申したお願いの儀, 申したかって申しましてね, 申したかと思えば, 申したかはわかりませぬ, 申したからにはよもや嘘, 申したかを私は, 申したがね何の, 申したきりさすがに, 申したことそれが一つ一つ, 申したことば以外に何, 申したこと覚えがあろう, 申したこの平次は, 申したさきおとついの日, 申したしとの心夢の, 申したじゃござんせんか, 申しただけかと申しますと, 申しただけでも当時の, 申しただけにお買上, 申しただけのことで, 申したっけ欺し, 申したついでにこうして, 申したつてこの山奥, 申したつて事実は事実, 申したてるなどもってのほか, 申したてるそりや頗る, 申したとおりこれがまた, 申したとおりほかに方法, 申したとおりみんなが相談, 申したとおりアルゼンチンの山奥カピランク, 申したとおり一分に一つ, 申したとおり九三年以前にさかのぼらなけれ, 申したとおり仮りにも母, 申したとおり南さんは百姓, 申したとおり塾に入れ, 申したとおり孫六発案の大, 申したとおり文殊とでも大日菩薩, 申したとおり旗本屋敷の渡り用人, 申したとおり私は身体, 申したとおり私立中学校は玉石混淆, 申したとおり胸もとを刺され, 申したとおり蕪村の友人, 申したとおり身に暇, 申したとおり麻綱でロケット, 申したとかいう取り沙汰も, 申したところいずれも立派, 申したところそなたひとり, 申したところ啖呵も切れない, 申したところ嬰児のよう, 申したところ当所の知事兼道, 申したところ心持で宜いと, 申したところ立派なお, 申したところ身のかまえ, 申したとしか思われません左様, 申したとしましたら貴下, 申したなるほど姿は, 申したにと恨みが, 申したによって連れまいったからな, 申したあの事, 申したのうこれが, 申したのみです, 申したはずですわ, 申したふとした御縁, 申した心あ, 申したほどなん, 申したほどの嶮道で, 申したまでのことなんぼ売代を, 申したまま何が怕, 申したまま海の中, 申したみたいじゃない, 申したその事, 申したもしやお見かけ, 申したものそれをこうして, 申したもんだ, 申したやつがいます, 申したゆえ後学のため, 申したゆえ罪ある馬, 申したよう仏果をおそれ, 申したより玉を, 申したわいお恥, 申したわが父広, 申したいや供, 申したオロアンという上等, 申したカップケーキの中, 申したカフェー・パローマに住み込んだ, 申したシンタすなわちゆりかごと, 申したジャムカステラをベシン皿, 申したスリエの曲馬, 申したチベット古代の教え, 申したて連れ, 申したなにとぞ貴殿, 申したライスカレーは昼食, 申した一つの例, 申した一人というの, 申した一伍一什先生のお, 申した一時も早く, 申した七瀬と申す, 申した三つの灯, 申した三人が待伏, 申した三種類に分れる, 申した上私も一生, 申した上等の牛スープ, 申した下司の痴言, 申した不動様の御利益, 申した不可解な放射線, 申した態度が, 申した乳母が美濃安八, 申した事ゆえ婚礼を致しまし, 申した事件は一方, 申した事誄詞と同様, 申したの差異, 申した二十両遣わせば, 申した二本ざしの, 申した二本松の機織御前, 申した二間一組の十名, 申した人猿めは, 申した人相書きの浪人, 申した今日は此, 申した今日吾邦における客観文学, 申した今生の別れ, 申した仕事をし, 申した代りにこっち, 申した以外に言伝, 申した佐藤春夫氏の短篇, 申した俗情を俗語, 申した個性はおもに, 申したは情勢, 申したの浪宅, 申した兇賊の名, 申した兎唇の童, 申した其の小峯が, 申した処それは面白い, 申した分化作用が合併, 申した分化統一の力, 申した分配方法の不当, 申した切りであと, 申したから愛し, 申したにたって, 申した医者の娘, 申した十九歳乃至二十一歳以上, 申した千崎弥五郎の和吉, 申した古い日本と, 申した古墳は皆圓塚, 申した古本屋なの, 申したのある, 申したがある, 申した品々は亡き, 申した品物の中, 申した四カ条のうち, 申したな名, 申した大宝令にもチャン, 申した大金がございます, 申した天皇樣の御陵, 申したながら天晴れ, 申した女たちはその, 申した女風俗などでも新しい, 申したで, 申したと背, 申したは嫁, 申した婆さんが借り, 申した嬉しさに, 申したのかわい, 申した子供や門外漢, 申した宗教的な敬虔, 申した家人その次に, 申した家老の愚かしい, 申した小判に手前ども, 申した小間物問屋の後家, 申した山人の山づとで, 申した山村武兵衛の倅, 申した島々の間, 申した川裳明神縁起とある, 申したのため, 申した平尾賛平氏などが商人, 申したの晩春ごろ, 申した年頃の人々, 申したで番頭さん, 申した廻避の場所, 申した強賊の名, 申した彌生式土器に似た, 申した当のフォン・ゾンな, 申したの源空寺門前, 申した後五社明神の神官左典, 申した御坊様じゃ, 申した御返事をお, 申した心理見世物の一種, 申した必ずお逃げ下さい, 申したの孝助め, 申した念仏は飾る, 申した怪信号の事件, 申した意富祁袁祁のお, 申したのうち, 申した我々の態度, 申した我と云うもの, 申した我家の階子段, 申したじゃ, 申した所夏野様の旦那様, 申した所帰国後一向に御, 申した所歸國後一向に御, 申した手軽なプデン, 申した手配をすぐ, 申した揚句お手, 申した故に久々野の, 申した故郷の松, 申した料理人諸氏が何より, 申した石器時代の, 申した新しく著く御身体, 申した日本の石器時代, 申した明日ありと, 申したの事, 申した昔話を御, 申した時妙な笑いかた, 申した時色々な事情, 申した會田という人, 申した朋輩のあいだがらゆえ, 申したに漸く, 申した杉浦という男, 申した条件は関羽一個, 申した松谷秀子をです, 申した林学士の関井さん, 申した案内書日本紹介の色々, 申した極秘の電波, 申したな仕儀, 申した武功の者, 申した武蔵とかいう人物, 申した母様と兄様姉様, 申した江戸将軍の責任, 申した治部少輔殿, 申した法則をあてはめ, 申した浪人者はそれ, 申した海岸の小さな, 申した海底戰鬪艇の動力, 申した灯火で微風, 申したみしろぼを, 申した印に, 申した理想すなわちいかなる, 申した理由丈で十分, 申した琉球赤木とかの細工, 申した漬の, 申した甲斐あると, 申した略式のライスプデン, 申した疑問の点, 申した疱瘡の一件, 申した白四角形のむらさき旗をぶらさげ, 申した百合の梅干和, 申した皇子でありました, 申した皇子さまでした, 申したで, 申した石器時代の墓場, 申した祖父は大通, 申した祝部土器とほとんど, 申したである従って, 申したの日, 申した穀物の収穫, 申したのまんまるい雲, 申した筆屋幸兵衛なる律儀者, 申しただけは三好さん, 申した米塩のため, 申した精神問題だと, 申した綾子と結婚, 申した美術や歴史, 申した者これへ出ろ, 申した腫物と云う, 申した膝枕じゃ, 申した舎人たちの大, 申したの移り変り, 申した郎子皇子を, 申した若狭の八百比丘尼, 申した西京のお多福豆, 申した観音様は駒形, 申した言質に対して申訳, 申したで汝, 申した諫言に照らし, 申した諸侯のお茶壺, 申したを御, 申した貴方の実, 申した貴殿の命, 申した資本家教育者などの執務ぶり, 申した赤児様が今, 申した足利の片目清水, 申したの心もち, 申した軍勝秘呪はわし一代かぎり, 申したである, 申したでありますが, 申した通りあまり乾燥して, 申した通りおまえさんと肚, 申した通りここの芝居, 申した通りここらの山, 申した通りつめが牢死, 申した通りどれだけ違った, 申した通りわが家の流, 申した通りわれわれのあの, 申した通りアイヌ語の辞書, 申した通りエタは本来エトリ, 申した通りシナから王妃, 申した通りゼラチンで寄せる, 申した通りドウしても, 申した通りムクをお, 申した通りヤク二疋で鋤い, 申した通り一かどの, 申した通り一人ずつ別に, 申した通り三好さんの家, 申した通り世の中に存在, 申した通り二十四年であって, 申した通り五六点の骨董, 申した通り五年も十年, 申した通り京都鴨川の河原, 申した通り人に讀ませ, 申した通り人文発達の順序, 申した通り今も現に, 申した通り今度の家, 申した通り体だけ義理, 申した通り何晏集解に引ける, 申した通り俳句の文法, 申した通り充分に考え, 申した通り充分以上のこと, 申した通り全国各地に食道楽会, 申した通り八年前に金右衛門, 申した通り兵庫からせね, 申した通り出雲の余戸, 申した通り切符は大人, 申した通り創作家がいかなる, 申した通り団子坂の一件, 申した通り夜分にこの, 申した通り大の虫, 申した通り大変に多い, 申した通り好でなければ, 申した通り孤独癖の傾向, 申した通り学生から授業料, 申した通り学生生活の時代, 申した通り實は此等, 申した通り少年の時, 申した通り山の木, 申した通り山林を伐つ, 申した通り岩下左内は武骨一辺, 申した通り弁天堂のお, 申した通り彼らが殺生, 申した通り往来に面した, 申した通り御飯が牛乳, 申した通り忠臣が出, 申した通り我邦固有の美術工芸, 申した通り戸をくり開け, 申した通り手狭至極なもの, 申した通り政子さんは芳子さん, 申した通り文阿は, 申した通り文久二年の出来事, 申した通り文学と教育, 申した通り日本ではまだ, 申した通り昨日までは農民, 申した通り是等は孰, 申した通り是非にお目にかからね, 申した通り時刻はちょうど, 申した通り時間の経過, 申した通り景淨は般若三藏, 申した通り月次会には大抵紙本, 申した通り検事の起訴後, 申した通り此大きいの, 申した通り此事は此事, 申した通り水でよく, 申した通り波斯在來の, 申した通り活力節約活力消耗の二, 申した通り浅井の奥さま, 申した通り海戰では弱, 申した通り狸も出れ, 申した通り甚伍左氏のご, 申した通り眼で見よう, 申した通り石が流れ, 申した通り石燈籠の足跡, 申した通り神尾の殿様, 申した通り私事は私事, 申した通り秋の空, 申した通り秋川さんの容態, 申した通り箱根を立ちました, 申した通り納所坊主が諏訪, 申した通り罪のある, 申した通り自分が好い, 申した通り航海中は一切外国人, 申した通り芭蕉はこの, 申した通り荒川は利根, 申した通り薬の力, 申した通り衣食住のこと, 申した通り西暦千二百四十六年七月から十一月, 申した通り親や同胞, 申した通り観世物小屋へは最初, 申した通り誰袖は主人, 申した通り賑やかな渡世, 申した通り近年支那の新, 申した通り金子は差し上げた, 申した通り露子は妻, 申した通り黒太夫の家, 申した通ヒロンさんにさえ, 申した郷士の血統, 申した酷い継です, 申したをここ, 申した金子に間違い, 申した金持も, 申した鉄山のことば, 申した長崎のカラスミ, 申した雀合戦蛙合戦のほか, 申した雉六の妻, 申したの物, 申した飯島の別荘, 申したじゃの殿, 申した鮫膚の縮毛, 申した黒人と較べ, 申した黒船の如き