青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「殿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~殺された 殺された~ 殺される~ ~殺し 殺し~ ~殺した 殺した~ ~殺す 殺す~ 殺人~
殿~
殿下~ ~殿様 殿様~ ~母 母~ ~母さん 母さん~ 母上~ 母屋~ ~母親

「殿~」 11977, 115ppm, 921位

▼ 殿~ (2849, 23.8%)

18 前に 17 お耳 16 方へ 15 ような 12 お屋敷 11 おことば, ために 10 お言葉, 手に 9 前へ, 屋敷へ 8 お心, ところへ 7 お使い, お胸, ことを, 御機嫌, 方が, 許へ, 首を 6 お考え, 邸へ

5 [14件] お命, お手, お身内, お邸, お都入り, お顔, お館, ように, 下に, 夜詣り, 屋形へ, 御陣, 書いた元興寺縁起, 顔を

4 [33件] お供を, お側に, お内, お噂, お帰り, お怒り, お手許, お為め, ご舎弟, ほうへ, 中に, 事を, 名を, 外に, 外には, 女御の, 字を, 屋敷を, 御一族, 御子息, 御陣所, 心を, 方に, 稚子, 立願によ, 美しさ, 花の, 若子が, 許に, 許可を, 話に, 身に, 門を

3 [60件] あとを, おため, おゆるし, お体, お側へ, お声, お妹, お妹御, お姿, お娘, お子, お心持ち, お扱い, お指図, お旨, お目, お立場, お説, お身, お身の上, お首, こと, ことで, ご一族, ご子息, ご家中, ためには, むすめ, 仁心を, 仰せで, 仰せらるる, 侍に, 内に, 内命を, 処へ, 前で, 妹で, 妹君を, 姿が, 姿を, 実の, 家来の, 屋敷に, 御代に, 御内に, 御内の, 御前で, 御前に, 御前を, 御威勢, 御家来, 御病気, 御眼, 方で, 春の, 様子を, 申さる, 話では, 館から, 館に

2 [179件] いいつけ, おいい, おからだ, おさ, おたずねじゃ, おなさけ, おもかげ, おやしき, おん前へ, お仕打, お住居, お城, お屋形, お差図, お店, お役, お指金, お旅先, お気に, お父上, お目ざめ, お知合, お腕前, お茂與, お蔭で, お行末, お長屋, お馬, ことか, ことは, ごようす, ご前, ご勢力, ご軍勢, すだれ, ほうから, ほうが, ほうは, ほかには, やうに, 一室へ, 一生を, 一行が, 一行に, 下屋敷の, 下屋敷を, 中へ, 中を, 事に, 事は, 云いつけ, 仇を, 介抱, 仰せには, 仰せの, 仰せを, 住居は, 住居へ, 体は, 何やら太い, 余炎に, 兵が, 内の, 内へ, 内外は, 前を, 口から, 台所, 呑んだの, 命で, 命を, 噂は, 城下が, 声が, 声は, 大名, 大名を, 姫君の, 姿は, 娘お, 娘ご, 定紋ついた, 家來に, 寵に, 寵愛無双の, 将来を, 小女房, 屋敷で, 屋敷は, 巻, 廊, 弟子分の, 役人ぜひとも, 役宅へ, 後に, 後ろは, 後を, 御不興, 御住居, 御側, 御内でない, 御内にて, 御内にも, 御出府, 御前へ, 御勘気, 御地位, 御家中, 御帰国, 御庭, 御息女, 御意も, 御感に, 御所望, 御手, 御指図, 御推挙, 御曹子六郎殿の, 御最期, 御為, 御茶, 御覧に, 御親切, 御覺, 御謀叛, 御身に, 御身分, 御返事を, 御逼塞, 御首, 御首級, 御馬前に, 御髻, 心も, 志を, 思召が, 恨みが, 息の, 所へ, 手から, 手について, 手へ, 手を, 指図を, 方へも, 方を, 枕元に, 楽屋の, 樓の, 模様, 死の, 死骸を, 母親は, 池とて, 父御, 男振, 白洲へ, 神, 空へ, 耳に, 背後に, 胸の, 胸は, 自宅へ, 蔭から, 藩に, 詞に, 調略の, 足の, 軍勢も, 軍服と, 運命が, 邸に, 部分を, 隊は, 青き甍, 駕籠に, 髷, 髷も

1 [1894件 抜粋] あいだに, あつい御, あの有様, あんまりおそろしい, いたいたしいお, いる北, いわれるには, うしろには, うつし身, おいいつけな, おいで以来気鬱の, おおせには, おこえがか, おそば, おはなし, おも, おやかた, おん供を, おん悲しみに, おん痛わしい, おん頼みも, お仕打ち, お便りには, お側室, お内輪事, お力なら, お厩, お召し, お在, お好み, お子たち, お家などに, お屋敷中, お座所は, お心ひとつ, お心持, お思召, お憎しみ, お手勢, お旗, お杯, お気には, お湯殿子調姫, お生命, お相手, お考えちがい, お船, お袖, お覚え, お許しを, お話な, お身なり, お陣屋, お顔打, かお色は, かみしも, こころを, ことだ, ことに, ことばだけは, ことも, この気性, ごとき御, ご仁慈, ご同勢, ご大食, ご子息殿, ご密書, ご帰国, ご忠告, ご愛妾鳰鳥, ご施政, ご気象, ご縁辺, ご舎弟帯刀様, ご誓約, ご酒宴, さがして, さしずだろう, すぐれたところ, する事, その鼻ッつき, たってな, ためとばかりは, ため殿の, とこまで, ない後, ならば無断借用, のさばり出る幕, ふところに, ほかひなどした, まえで, もとから, ものだ, よいところ, らちゃくちゃない騒動も, 一でございまする, 一人の, 一動は, 一挙に, 一族を, 一行と, 一言で, 一門とも, 三方を, 三男徳太郎信房なり, 上を, 上意を, 下には, 不興を, 世良田の, 両所へ, 中には, 久しく絶え, 乱行は, 事である, 事と, 二世さんでも, 二番娘, 云う通, 云われる通り, 亡き跡, 亭にて, 人数が, 仁心より, 仁智の, 今度の, 仕付方いさ, 仕業と, 付人に, 代りに, 代官として, 仰し, 仰せだ, 仰せどおりに, 仰せは, 仰には, 仲平であった, 伶人たちを, 位牌に対しても, 住居である, 使いと, 使ひです, 來て, 侍でござる, 供人など, 修法は, 側で, 側室で, 傍には, 儀御, 兄御, 入口は, 公宗自身が, 内, 内でも, 内意で, 冠桜の, 出づるに, 出御近し, 出羽守は, 分別とは, 切腹お, 利才ぶった, 前にて, 前まで, 副将に, 力添えで, 功臣が, 勘気を, 勢力は, 勾欄瑠璃楼の, 北の, 十三回忌を, 南門外左, 即日切腹という, 参府を, 取はから, 受けが, 口からも, 召されて, 司法に, 名, 名称が, 吹擧に, 命である, 命は, 命令に, 唇は, 喉笛を, 在した頃, 坂が, 城は, 塀外の, 墓守を, 壁の, 外お, 夜合戦に, 夢其の, 大土間, 大手入れ, 大鼓, 失望怨恨は, 奥の, 奥へ, 奥方や, 女とは, 女房, 女王の, 如き賢奉行, 妹であろう, 妹聟うわさの, 妻は, 姉に, 威光が, 娘を, 娘浜路と, 嫁入先という, 嫡男として, 子息に, 宅で, 宝物は, 客分として, 室だった, 家に, 家まで, 家主の, 家人で, 家来だ, 家来に, 家臣が, 家運如何, 密書が, 寝室らしい, 寧子を, 寵愛を, 小十人, 尾の, 居所は, 屋形から, 屋敷その, 山吹一揆, 帰られるまでは, 幔上より, 年来の, 床を, 庭から, 庵室は, 廂の, 廊下にまで, 建物に, 廻廊には, 式の, 引籠りでござった, 弟君が, 形容詞である, 役を, 後ろから, 後房即, 従兄で, 御一行, 御乱心, 御事心に, 御代が, 御代大岡越前守伊勢山田奉行と, 御使, 御儀式, 御内なる, 御内室, 御内方, 御出陣, 御前の, 御前も, 御取計い, 御命, 御墓前, 御好意, 御嫡孫, 御家人が, 御容子, 御屋敷, 御役宅, 御心労, 御恨, 御意で, 御意見, 御慈悲, 御折檻, 御文, 御旨, 御書面, 御来臨, 御死去, 御気色, 御決意, 御牛車, 御病氣, 御登城先, 御相続争ひと一つ, 御約束, 御縁辺, 御肌着, 御藩士, 御見解, 御覽, 御身が, 御返事の, 御配下, 御隠退, 御館へ, 心が, 心事は, 志士的な, 思うには, 思召し, 性は, 恐るべき例, 恩徳とまでは, 恩顧も, 息女, 息女へ, 悪作劇を, 惡名を, 意見であろう, 愛から, 愛妾ほととぎすを, 慈悲の, 戀人と, 戦時夫人, 所在が, 所業と, 手にか, 手の者でも, 手一つで, 手先の, 手紙には, 手車, 抑えが, 指南番まで, 掛りにて, 援軍は, 攻め入った, 政治談を, 数槍, 断るの, 方には, 方も, 旅は, 旗下でも, 日常は, 旧家臣, 明智英斷に, 智弁には, 曲った鼻, 望みか, 末期は, 朱柱の, 来るの, 東廂より, 枕辺を, 案内で, 棟木を, 森嚴を, 楽屋から, 様態を, 横死嘸, 機嫌を, 歌会に, 止めとして, 武者塀に, 死は, 死後までを, 母公聞き, 気色には, 汚名を, 治世また, 浦の, 浪士は, 消息を, 清浄保たせましょう, 湯は, 激怒と, 火を, 灯武者屋敷や, 為めに, 無事の, 焼打ちとか, 爪音である, 父世阿弥殿から, 父阿波民部殿は, 物好きから, 狩倉に, 生れかわりであろうとも, 甥ご, 甥御, 甲斐守利光の, 申し伝えじゃ, 界は, 病気の, 白洲に, 直臣, 相貌を, 真似を, 眼に, 眼鏡は, 祖先の, 私邸へ, 空き部屋から, 窓を, 立場と, 立腹は, 第三, 簾に, 紀念に, 組に, 給人竹中直八郎は, 総領君でござる, 縁者, 美術館の, 考えは, 者や, 股肱である, 胸には, 脚下に, 臣, 致され方, 舎弟春日新九郎であった, 舞振りに, 若党室井左六が, 若子はさも, 英敏を, 莞爾した, 落書且又年月日迄も, 蓄えまで, 藤吉郎も, 行こうと, 行状, 裁判を, 裁許は, 裏手の, 襟が, 見出しに, 親類周藏嘉平次と, 言に, 言葉に, 計らい, 討手が, 許しを, 話による, 誠忠無比一命を, 請によって, 警護方の, 貞操は, 賜もの, 足もとに, 身の, 身の上を, 身内だった, 身内人玄斎坊主之, 身態声音は, 身辺を, 車の, 軍は, 軍勢は, 軒先に, 近くへ, 返答によっては, 連れの, 道場に, 遠縁にあたる, 遺子, 邸の, 邸宅に, 酔狂さ, 釜の, 銀閣寺であったらしい, 鑑定に, 長押に, 門前から, 門弟として, 院と, 陣へでも, 陣所が, 陣所を, 陣蜂須賀彦右衛門殿の, 陸尺も, 階段の, 雨乞いの, 青玉の, 面前に, 音楽の, 頓智に, 顔ぐらいは, 風呂敷を, 館が, 首番として, 馬, 馬前に, 高さ, 麾下です

▼ 殿~ (958, 8.0%)

8 それを 4 あの通り, どうした, どうしたろう, どうなされた, 信長の, 軍服を 3 何と

2 [46件] うべも, おいでか, おれに, ここへ, こちらです, この日東, したのう, たしかに生き, どうして居られる, どこに, まだお, わざわざ玄関, わしの, 云った, 京の, 京極高, 今日の, 伊達者の, 何にも, 何の, 信濃へ, 冷たい眼, 太閤殿下の, 娘を, 幸いに, 彼の, 御在宅, 急に, 手を, 拙者の, 據ころなく, 教主覚明殿の, 既に腹, 東京へ, 此の, 江戸の, 狐でなけれ, 甲冑刀剣弓鎗の, 私を, 立派な, 笑いながら, 細川が, 腹を, 非常な, 頬板の, 頭を

1 [831件 抜粋] あ, ああ人数, あきれ顔, あたりに, あのとき, あの境内, あの馬, あまり弾まず, あれで, あわてて, あんな態, いいすてて, いい娘, いうところ, いかが, いかにも好奇心, いこうお, いささか荒い, いたか, いつごろこちらへ, いつぞやの, いつも口癖, いつ高家衆に, いとも澄ましきった, いなかった, いま露つ, いや, えらいもの, おいででございます, おいでに, おちつかない顔つき, おどろいたよう, おなじ囲, おらぬと, おられぬかな, おりませぬな, おん枕を, お亡くなり, お人好しだ, お兼, お可哀そう, お在宅, お島, お強い, お果て, お気弱, お物蔵, お目ざめ, お胸, お若い, お降り, かしこにて, かたいお, きっとどこ, きつい御, こういった, こう呟い, こう見え, ここに, ここ燿く, ことの, この三月, この世に, この前, この大変事, この度, この栄螺, この様子, これからどうされます, これを, これ丈考えたけれ, ご実父, ご無事, さういふ質, さすがに, さとすよう, さながら桶狭間, しかし上機嫌そう, すぐ, すぐ寄っ, すぐ杖, すっかり話, すでに髻, そういう少女, そうでも, そうは, そう言っ, そなた, そのあり, そのつもり, そのよう, その京極屋形, その後私の, その折, その接侍室, その無邪気, それが, それに, それ程茶道, たしかに無事, たしか先々代, ただちに通訳, ただ今お, ちっとも悪い, ちょうど帰った, つづいて, つまらないお方, とうとうこらえ兼ねた, とりも, どうお, どうしていたんです, どうしてこうよくご存じ, どうしました, どうだ, どうなさいました, どうなります, どうも遁, どう切り, どう遊ばされた, どこです, どちらで, どのへん, ななめならず喜ん, ならぬと, なんとも云う, にこにこ笑い, ぬきや, ひとり期する, ひやや, びくとも, びっくり遊ばした, べつじゃが, ほほゑみ, ますます狂う, まず第, また汗, まだそこ, まだでござる, まだみんな, まだ好い, まだ御用ずみ, まだ死ん, まわりの, めかして, もうかれに, もう御, もちろんすぐに, もとの, もはや助ける, やつれて, やにわに机, やをら巻煙草の, よいお方, よい子, よろめいた, わるいところ, インド総督に, キリリと, チブスで, ッ, ナニ城富か, ビレラや, ピサ・メディチ家において, リセリウ街から, 一人で, 一党の, 一切を, 一心こめ, 一昨年歿し, 一部の, 七八であろう, 三つ半じゃ, 三十五の, 下屋敷警護に, 下谷車坂町六兵衞店藤助と, 不幸つづきで, 不思議に, 不慮の, 世の, 中風で, 主税に, 久しぶりに, 久八の, 乗ぜられやすい, 九州の, 九郎兵衞に, 二十三かな, 二度目の, 二階六疊の, 五十歳月姫様は, 亡いまでも, 亡くなられたが, 享保二年より, 京都に, 人の, 人主大領の, 人手に, 人波に, 仇の, 今日御上御, 仏文の, 伊賀亮に, 佐原屋の, 何か, 何でも, 何も, 何れ昌次郎夫婦の, 何んと, 何処へとて, 何思ひ立ち, 來て, 供し, 俄かに, 保釈願を, 俺の, 偉い, 僕の, 元より, 元よりの, 先日嘉川家の, 八十三郎殿破牢の, 八幡まで, 六波羅上下に, 其ころ大名の, 其傳吉事奉公中給金其外にて, 其方の, 再びお, 冷い, 出かけられましたか, 出陣隊伍を, 切腹お家は, 別して林右衛門め, 功四級にまで, 加奈子カビ臭い, 助十郎殿が, 勘当する, 勘気を, 十二歳だ, 十津川の, 千里見通しの, 南条右近殿へ, 厳父越前守どのへの, 参りますまい, 又し, 取上げて, 口を, 召捕れしと, 同苦坊, 名残りを, 名門の, 向こうか, 吟味に, 呆れて, 呟いた, 命の, 和歌の, 唯今俄に, 商売柄, 器量と, 器量を, 四十に, 国表へ, 土牢の, 塩冶の, 声を, 外, 多助と, 大任を, 大喜び, 大学頭に, 大檀那, 大身所詮, 夫は, 女子が, 女子の, 奸智に, 如何成されしや, 妙な, 婚禮の, 嬉しいぢ, 孝心の, 守刀を, 安房か, 安殿である, 宜しい貴方, 家へ, 家代金を, 寛濶で, 寢返り, 将軍家の, 小野派一刀流では, 少しおどろき, 少しも, 少し聲, 尾州家の, 居ません, 山田の, 島津の, 左仲が, 市之丞殿の, 布衣無位無官拙者を, 師の, 平五, 平気らしく, 年こそ, 広き白紗, 弱者に, 弱身, 彌吉, 当代の, 当代名誉の, 彼が, 後ろを, 後藤へ, 御三家の, 御先代, 御内福, 御名君の, 御存知も, 御床几, 御成御殿とも, 御自分, 御舎弟, 御連歌, 御長命, 復も, 微笑まれ是, 微笑れ, 心の, 忽ち, 急所を, 恐るべきでは, 息を, 悪いこと, 惑わされて, 惡く, 意地の, 意気揚々たる, 愚僧頂戴共々, 愛すればこそ, 慎みの, 戀病で, 我が最愛, 我らが, 戸外に, 戸棚を, 打見やりて, 技こそ, 折り目正しゅう, 拙者と共に, 掻い撫での, 撫子を, 敏捷で, 整備されすぎ, 文を, 文字の, 斯う, 斯う思っ, 新築された, 旅へ, 旗幟を, 早々右, 昔の, 昨日そこに, 昨日御, 是れ, 是を, 暫く待て, 最前烏丸の, 最早寝処, 最早昔, 朋輩を, 朝倉家の, 未だ出, 本来腕の, 本當, 東西五間南北三間の, 松三郎金藏下男彌助に, 松平大, 果報者でござる, 格別伯母の, 桂川の, 榊原家の, 槍の, 様を, 歌を, 正直の, 此趣きを, 此體を, 武州幸手宿富右衞門と, 武道にかけては, 歩いて, 死なれた拙者, 殊の, 殺されたる者, 殺生じゃ, 殿の, 氏上に, 気の毒な, 氣の, 江戸小石川の, 江戸産の, 泣きじゃくって, 活きて, 消防隊の, 満面朱色を, 無事と, 無事に, 無識, 煙草を, 熊野へ, 父を, 牧を, 物に, 物好きそうに, 狂気の, 狗で, 猶も心, 玄関を, 玉椿千代も, 現在の, 生きてを, 生死不明, 産れ, 申してを, 申に, 皮肉でござる, 目の, 盲大将に, 眼を, 私が, 私には, 私情に, 稼ぎ時土方人足も, 穏和至極の, 第二義の, 納戸の, 純潔じゃ, 組與力堀十左衞門片岡逸平の, 繁昌での, 織田の, 罪人と, 美少年だ, 老中方に, 而て, 胴首ところを, 胸中を, 膝を, 自分に対して, 自分の, 自害なされた, 自殺した, 自由に, 船中に, 良人忠直卿の, 良心に, 色の, 若年ながら, 苦々しく舌打ち, 苦労人だけ, 茶屋から, 藩内随一の, 行衛不明そこで, 表向き御, 見かけに, 見事であった, 見飽きる程, 解脱寺の, 言葉を, 言葉靜に, 話し出した, 誰故の, 論語に, 貴樣, 貴殿とは, 貴殿には, 赤穂で, 躑躅ヶ崎に, 躑躅ヶ崎の, 軍へ, 近いうち, 近頃いか, 返す言葉, 退出後早速, 退引き, 遊びの, 酒の, 酒は, 金持ちだ, 銅兵衛の, 鎌倉の, 門を, 降人, 難役を, 頬を, 飄然と, 首を, 馬士に, 高朗と, 黒手の

▼ 殿~ (736, 6.1%)

6 相違ない 5 向ひ, 落して 4 おかれましても, なって, 火を, 献上

3 [14件] おかれては, おかれても, お目通り, しても, 仕えて, 代って, 会って, 会わせて, 似て, 何か, 御目, 承らうにも, 満つ, 礼を

2 [43件] お手, お照, お目, お願, お願いが, ござります, しては, つきそ, どうした, まうでて, 人ある, 会えば, 住は, 侍候ありし, 入りましき, 入れようと, 化けたの, 化けた狐, 化けて, 向ひ恐れ, 呼ばれて, 奉仕する, 屎まり散らしき, 弓を, 御意得たい, 思われて, 散々に, 於て, 於ては, 渡御あり, 満ちしかど, 生写しぢ, 生寫し, 神の, 立せ, 話して, 譲渡し, 逢って, 隕て, 頭を, 頼まれて, 頼んで, 願うて

1 [576件 抜粋] あがり将門, あげると, あつめ給い僉議, あやまって, ありのままを, いいつけられて, いかいお待たせ申しあげて, いきなりその, いでさせ給, いやいやいや, いるよ, いる十二三, うかぶ白雲, おかせられましては, おかれたので, おしよせて, おじゃまは, おとづれるまれびとの姿が, おなりに, おねがいすれ, おは, おはなし, おめどおり, おわしまして, おわせしか, おわせられるか, お会いした, お会いできる, お伝えし, お作事目付, お分り, お参りし, お太鼓を, お妹, お嫁ぎ, お差し, お心あたり, お恨み, お掛け合い, お渡し, お由縁, お目にかかった上, お目にかかりお, お目にかかりたい, お目にかかりたいが, お目にかかりたいと, お目にかかりたくまかりこしまして, お目にかかり御, お目にかかる日, お目にかかろう, お目見得を, お眼通り, お耳打ち, お聞きください, お腹を, お薦め致した, お訊きする, お訊きなされ, お詫, お身の上, お近づき, お逢い, お逢いする, お預けに, お頼みいたし, お願いする, お願い申そう, かえること, かかって, からかわれるに, きくが, この折, この胸, ごさりまする, ござりますれ, ごらんに, ご酔興, さえぎられて, さまざまの, した五条, して, すがって, すがっては, すぐお越し, すぐ来い, せせらぐ水音, せよ吉川殿, せよ斯様, せよ毛利家, そういう女, そう云っ, そそのかされて, そのよう, その探索, その旨, ただ残燈, だまされて, ちがいない, ちょっとお, つかえて, つづけ, とどけ敵, とりなして, どなって, どんな害, なった, なったつもり, なつた, ならべ皆, なり代わって, なるん, なる久能谷, なれるの, はいりました, はからずも行き会いました, はじめて解い, ひきとめられて, ひと目逢っ, ひらかれた, ふしだらが, まいりて, まゐ, むかひ, めされ給, もしもの, もちと, もはや沢山なお, やらして, ゆかを, よく似, よろしく申し, わざと和睦, わざと御, オヨメ入りした, バラバラの, 一応斯様, 一番槍を, 一目お, 一目会っ, 一矢の, 一緒に, 一羽の, 上げますと, 上っては, 上り化物, 上下料に, 下されて, 下りて, 不孝な, 不慮の, 不都合の, 丘を, 並んだ裏二階, 中には, 乗ぜられまして, 乘出し, 事える, 二人の, 二十歳の, 云ったという, 云はれ, 云われたので, 今日中に, 仕えた者, 仕え同国清見, 仕え天正九年千石, 仕へ, 他ならなかった, 代わって, 以前安置され, 仮館を, 仰せ付けられ織田家, 会いたいが, 会いたいと, 会いたいとて, 会い申したい, 会い長秀, 会うて, 会うなり, 会ったと, 会ったところ, 伝えて, 伝わると, 似せて, 似た人, 住ませ下, 住んで, 何と, 何事の, 何事を, 何故御, 余生安らかに, 侍する人, 侍ひける, 依頼され, 個人として, 備え後お, 催促し, 先を, 入りこみ女, 入りて, 八五郎殿か, 内々の, 出て, 出る荒巻弥藤次, 出入し, 出向いて, 出御され, 出御なされる, 出會, 分けたの, 別れて, 利用される, 剃髮, 力を, 功名され, 加担する, 加担の, 助太刀しよう, 勝つて, 勝れて, 参って, 参らせさて, 参拝し, 参詣した, 又小太郎殿, 及びも, 取かこまれ許婚, 取つて, 取られて, 受け持って, 只, 召さる, 召捕られ刑罰, 召見された, 叱, 合わせる顔, 吉宗は, 同情を, 向かって, 向はれ, 味方したい, 呼応の, 嘱し, 四五の, 囲みついに, 国母は, 土足の, 在りしもの, 地下にて, 執着し, 奉仕し, 奉置, 安住し, 宛てた消息, 宥免状を, 宮は, 宮家ご, 宴し, 寃の, 寝言を, 対って, 対面ありしか, 對面致すべし, 導かれた玄徳, 少しく尋ねたき, 尽くす道, 居たので, 山を, 左之, 差し上げたら面目, 差上げて, 常に満々, 幸いし, 幽し奉り, 引き渡して, 引き籠りて, 引合せて, 引渡します, 弟子入り致し, 往く者, 待伏し, 従いて, 従うか, 従わぬ時, 御一任, 御世を, 御内意, 御加勢, 御加増, 御大命, 御恩, 御意を, 御意得とうぞんずる, 御愛用, 御披露, 御暇相, 御目通り, 御重役御意, 御願い, 心から禮, 思はれて, 恋人の, 恐る恐るまだ何, 恩を, 悠揚と, 愛想を, 愛想竭かさるる, 我々夫婦が, 我手を, 所望致し居っ, 手向進らせ, 手籠に, 手込, 打ち込まれたの, 打明けるの, 打込んで, 扮した, 扶持され, 承らうにと, 投げ込まれた時, 押しこめた, 押籠め奉り, 招いて, 拜賀式の, 拝謁した, 捧ぐべし, 捧げて, 推挙いたしたら, 揃うて, 擬えた, 擬せられて, 擬へ, 敬慕を, 敵対し, 文覚鰒を, 斬られて, 斯う, 新しい寵, 早くお知らせ, 早速お知らせ, 是非お目にかかりたい, 是非密, 最愛の, 會て, 會ひたい, 期限も, 木彫りの, 柵まで, 横目付が, 此の, 此伯母が, 死を, 水漬を, 沓を, 油斷させ, 注進せん, 淫酒を, 渡して, 火急の, 灯が, 無断で, 無礼の, 無限の, 煙に, 牛を, 献ず同, 生れたばかりの, 生写し, 申しあげたの, 申したけれども, 申しましたところ, 申し伝えられい, 申し入れたい儀, 申し勧めて, 申し含めて, 申し訳ない, 申し貴, 申すが, 申上げる, 申達し, 疎開した, 痛しめられ, 登つて蜂の巣の, 白羽の, 直々会い申さん, 相当する, 相違なし, 盾つく, 知られて, 破れ衣の, 祟ったの, 祭られる神, 祭る様, 移されその他, 移る, 立った日, 筋違いの, 策あっ, 約して, 紅葉見る, 納めて, 紛した, 続いた後涼殿, 続きめされこの, 罪なき, 耐えずとか, 聖所あり, 腕車一輛黒鴨仕立華やかに, 臣事し, 至り遂に, 至急たずねたい, 芳江姫よく, 茶の, 落雷が, 落雷し, 蓄積せられる, 蛍飛ん, 行く途中, 衾が, 見えた不破, 見せる幕, 見せる幕ぢ, 見られる場合, 見参ッ, 見捨てられぬ様, 親實を, 言上いたしましたごとく, 言上いたすべき, 言上せいとの, 計ろう将監, 討っ手, 許すべきだ, 訴えた, 訴えます, 訴え三百貫, 詣りて, 詫を, 話しに, 話しカランス殿, 話し吉雄殿, 話し込み神殿, 誇るよう, 認められましたなら田沼様, 談じ, 請じ, 論じ非, 謀叛の, 謁せん, 譲った方, 譲られたほど, 貞光季武それ押出せ, 負けずに, 負けたという, 負られ, 貴紳が, 身を, 較ぶべく, 途中で, 逢いたい, 逢いたいので, 逢い度い, 逢うこと, 逢うの, 逢ひたい, 逢ふこ, 連なりて, 連れが, 進め了ん, 進言する, 違いは, 避けられましたおそろしい, 酒を, 鑑定の, 長く仕え, 間違いが, 阿って, 随身し, 随身する, 随身せられ, 随身の, 隠れる必要, 集められたので, 雑司を, 非ず, 面接を, 面談を, 鞘当ての, 預けたもの, 頼みおき候, 頼みしは, 頼むつもり, 頼んでも, 願いの, 願い六条, 願い出たん, 願って, 養はれ, 養育を, 騎馬で

▼ 殿~ (723, 6.0%)

7 お見え 4 あ, お帰り 3 あって, 少し仏凝り, 待って, 江戸へ

2 [27件] あったが, ある, おられる, お顔, ここに, この際, この頃, すぐお, 一昨年金春殿が, 云った, 何の, 名前を, 少し佛凝り, 川へ, 彼の, 悪いと, 手を, 施主と, 昨年と, 来て, 此の, 毎日の, 気狂いに, 無事に, 秘蔵の, 見えた, 見えて

1 [642件 抜粋] ああいうた, ああし, あちらで, あっせんなされ, あなた様に, あのお, あの家, あの殿, あの祭, あぶない, あらぬこと, あらわれねば, あり回廊, あれを, いう公武一和, いう迄も, いくら聰明, いたら, いたらか, いつお絶え, いないばかりか, います, いま見えられた, いらしったよう, いる, いわるるには, うちこむほどの, おいであろう, おいでた, おいでに, おそろいでお越し, おたずねでござる, おっしゃるには, おつ, およびです, おらぬと, おらるるご, おれの, おわすなら私, おわるい, お下り, お伝えには, お入り, お出, お出立ち, お前に, お前は, お前を, お召しだ, お名前, お呼, お堂, お屋敷, お引き, お待ちかね, お待ちでは, お心, お悪い, お戻り, お拾いなされ, お枕, お歩き, お留守, お目にかかっての, お立ちだ, お立ちに, お菊, お蓮様, お見えなさらぬ, お許し下さらない, お許し下され, お越しの, お遁, お願いの, お風邪, かけつけて, かどわかされた晩, かなり長い, かねて自分, きっと来, こういうこと, こうも, ここを, この日頃, この武蔵, これから馳せ向おう, これに, これへ, これ位の, こんどばかりは, ごろうじて, ご上洛, ご主君, ご加勢, さう言, さよう, すぐに, すなわちさいぜん, ぜひあなた, そう云う, そこにも, そちに, そちらへ, そちを, そのよう, その仏生寺殿, その前夜, その声, その扮, その有賀又兵衛, その職権, それだ, それほどの, それを, そんなお, たでも, ため息とともに, だあの, ちょうどもう帰らるる, ちょっとお, てれまする, とうとう辛抱, どんな利, どんな屈託顔, なおあなた, なし家主, なにを, なほ気の毒, のこのこやって来た, はたして貴殿, ばいた切りや, ひそかに, びっくりし, ほかへ, ほろびたの, まず美人, また目一つ, まだ余人, まづ, みずから振っ, やがて思いがけなく, やって来た, やつて, ゆうべ若, ゆずられ兄, ゆるさない, ゆるして, よくもまあ私, よろしく頼む, わざわざこの, エ, エルサレムでも, チョロリと, バクチを, フト御覧に, ポンと, メンデルの, 一人嘉吉めが, 一夜潜かに, 一手を, 一日も, 一目見たら, 一足先き, 三千石と, 上杉家が, 下総香取の, 不在と, 不在を, 不思議な, 不養生は, 世にある, 中央へ, 中風で, 主で, 九ツ半過, 事は, 事思ひ給う, 二人ござる, 云いだした事, 云うと, 云われます, 些かなり, 亡くなれば, 亡びた以上, 亡んだら次, 人数を, 人足どもに, 今は, 今夜御幸浜で, 今日は, 今日一月十五日までに, 今日帰らぬ, 仰せには, 仰せられた, 仰せられる鏡, 伊豆守によって, 伊部村の, 会おうと, 会わぬという, 何うだ, 何じゃ, 何でその, 何やら思いたつ, 何人である, 何度と, 來たり, 例えば, 侵略される, 俄に, 修学の, 先に, 先祖文石大白君と共に, 光泉院様の, 免さりょう筈が, 入つて後見, 入られたの, 入牢し, 六年前に, 六条へ, 兵式体操の, 其と, 再度および, 冷静そのものの, 冷靜そのもの, 出来ると, 出立した, 出陣の, 切に献言, 前の, 前へ, 割れて, 加勢に, 勇猛なり, 勝つか, 勢至丸を, 千鳥足で, 危く落馬しかけた, 厩橋へ, 参って, 参られまして, 参るよう, 又牧, 召されまする, 可哀相でございます, 各, 名古屋などに, 名玉でありました, 周章てて, 呼んだに, 唐木の, 嚴重な, 固くなっ, 塀の, 増員を, 墜ちると, 外出された, 夢の, 大の, 大切に, 大権坊という, 天下の, 天下様に, 天意に, 奥方とねん, 奧方は, 女御の, 姓氏録を, 子か, 家来の, 家老には, 宿泊し, 寝殿に, 将軍から, 小西屋の, 少年家老に, 居間なり, 山内家の, 島前の, 工夫の, 左様な, 巧みに, 帰ったぞ, 帰られたとか, 帰られてから, 常州鹿島の, 幕府の, 座辺に, 弓を, 引き受けたと, 当地へ, 彼奴を, 後に, 得意で, 御しょうがい, 御乗馬, 御代なる, 御内にて, 御出家, 御出門, 御帰国, 御引, 御引取, 御心痛, 御所労, 御承知, 御深慮, 御無事, 御自身, 御親切, 御逼塞, 御遁世, 御隠居, 忍び姿で, 志士たちの, 思いつかれたという, 急に, 怪我なされたで, 恋しいか, 恋の, 憎しみに, 憑り来り, 我が出立, 戸波の, 扇を, 手に, 手始めの, 抱きしめて, 拙者と, 拙者の, 招かれる時, 持明院統の, 摂生を, 故信長公, 敵党の, 斯うなられた, 斯程の, 日本へ, 早くも, 早朝から, 旭日昇天の, 明知光秀に, 昔の, 昨日の, 晩酌の, 最前披瀝された, 望みの, 朝夕の, 本陣は, 杉窪の, 来たと, 来たわ, 来る, 来るからと, 来るの, 東京へ, 東門へ, 松本伊豆守に, 栄華を, 欲しいからよ, 此處に, 武士あがりだ, 死んで, 死出の, 殺されたそう, 殺されたとでも, 殿様に, 気に入ったら改めて, 気を, 水野閣老に, 永の, 汗を, 江戸表へ, 泣いて, 浜から, 涙を, 深川区第, 溜池交叉点から, 滅亡の, 潔白と, 炭たきや, 炭たく山ぢや, 無断禁を, 無理に, 父に, 牧仲太郎の, 猿眼を, 用いられる, 用ひた, 田沼侯の, 申しました, 男山供奉の, 留守で, 當時の, 盗人などと, 目出度く御, 直き, 真の, 着いた, 確かに, 私の, 窓一ぱいに, 窓際へ, 立ち帰りました, 竹原館で, 策したとて, 築山の, 糸を, 縁も, 繰り込んで, 續けて, 美濃へ, 老婆心かと, 考えて, 聞きわけて, 聴付て, 肝入, 腕前じゃ, 腕前ぢや, 自分から, 自分の, 自害を, 花の, 花隈城まで, 若死を, 苦心を, 萩丸殿を, 落とすと, 蔑むと, 蘇生えっ, 蝶々と, 血刀を, 行けと, 行って, 行つ, 行方知れず, 見えたと, 見えたの, 見えたらしい日暮, 見えぬ, 見えられましたが, 見えられますッ, 見える, 見張つて, 見詰めて, 見込まれた聟, 親殺し, 言われたよう, 言葉に, 討ちとらずば, 訪ねて, 許さぬ, 許されても, 許しても, 試乗に, 話されたが, 誠の, 調子を, 讒言を, 贔屓に, 赤児抱き, 身に, 身の, 軽々しく扱われる, 迎えて, 近藤先生の, 逃げ込まれた, 這奴へ, 通られます, 通りか, 造られる, 逢おうと, 連立參られし, 進撃中だ, 遅すぎる, 道成寺の, 遠い以前, 部屋の, 都に, 里から, 重々悪い, 金森家を, 鉄砲二つぬいと, 鉱山の, 銘を, 長良川の, 陸奧守に, 離亭の, 難題を, 面には, 鞭で, 音頭を, 順逆を, 領分巡回の, 願文とともに, 風呂敷包みを, 餘程拔作にて, 首陽山に, 馬上と, 驚いて, 鹿野城から

▼ 殿~ (553, 4.6%)

5 して, 太宰府へ, 殺して 4 連れて 3 たずねて

2 [34件] おいて, お供に, お建て, お止め, かさに, ご案内, さがしに, さして, その境地, はじめ公家の, はじめ客分として, ば嘲り, もって, わしが, 一撃に, 中心に, 介して, 初め一藩の, 大事に, 嫁に, 害めた, 尋ねて, 承って, 探しに, 救い出す工夫, 殺すと, 江戸表へ, 生かして, 眼の, 虫部屋に, 見染め, 訪ねて, 通って, 造りき

1 [463件] あけ放ちて, あてども, あとに, あれに, あッと, いじめるとは, いただくが, いつもに, うごかす理由, おさえて, おしたい申して, おつれ, お世継, お久, お会わせする, お助け致す, お呼びし, お呼び下さい, お娶合せ下さる, お守りし, お守りに, お恨みし, お恨み申す, お殺し, お見送り, お訪ねでございます, お諫め, お贈りする, お迎えにか, お返しいたしましょう, お送り申しあげ, お通わせ, お釣りなされた, かえりみ何, かわいそうだ, がちゃ, くるみ馬, くれるか, こしらえて, こなたへ, このやう, このよう, ご介抱, さへ, さらつて山王樣の, しろと, じっと見, すてて, そこに, そこへ, そそのかして, それて, そんな目, たしなめた, たのみまいらせて, たまわって, たよりとして, つくり遷宮, つけて, つけ狙って, つけ狙ッて, つたって, つとめたお, つとめ我々, つれて, とらまえたの, どうして疎略, どこぞに, なした者, なして, なし江戸ッ児, ねらって, のぞきに, はじめと, はじめ一座の, はじめ一座暗澹たる, はじめ他の, はじめ何処へも, はじめ供の, はじめ多くは, はじめ宿将重臣大広間へ, はじめ御台所や, はじめ玄心斎殿大八殿も, ば同道なし, ひき出して, ふり向いて, ぶらりと訪ね, まもる亡き, まん中に, めがけて, もてなすこと, もり立てて, よくよこし, よんで, われらが, カセに, 一体も, 一宇お, 一番言込閉口させ, 上に, 上客として, 上様と, 下り手, 不肖に, 並べ構えること, 中に, 主人に, 乗せたまま雑木林, 乘せた, 亡き者, 亡くさんと, 亡さずん, 仆さんなどと, 介抱せい, 介抱せよ, 介抱なされい, 他家へ, 仰ぐの, 伊丹城の, 伴うて, 伺いこれ, 何し, 何んとか, 作つてゐる, 作りその, 作りて, 作り庭園, 侮辱した, 信じて, 倒すこと, 傍に, 先に, 共にし, 冒した賊, 出で, 初として, 初め, 初めまして, 初めわれらまで, 初め同腹の, 初め国許組に, 初め多くは, 初め御, 前に, 加えて, 助けないか, 助けると, 助けろ, 助け人形, 助け出せ, 勤め丸屋, 匿って, 千日前で, 取り払ったから, 取り返しに, 取り返すで, 取り返そう, 取卷いて, 取立てて, 取立参らせる, 口説きましたならいかにも, 口説き落すが, 召し連れ, 召し連れては, 召し連れまして, 叱って, 同じゅうしてこれを, 同じゅうして崇敬, 呪咀し, 呼び止めたり, 呼んだの, 呼んで, 咒縛した, 嚇しお, 囲みて, 土牢へ, 土蔵の, 坐らせた, 埋めた, 夜な夜なおびき出し, 大将として, 天下の, 天主閣へ, 太郎左衛門尉と, 失った精力, 失つた春日邦之助に, 奉じて, 奪い返されましょう, 奪い門内, 奪ったな, 奪ろう, 奪われぬよう, 奪取し, 奪取する, 奪回なされよう, 女院から, 始めとして, 始め奉り, 始め御, 始め松平左近將監酒井讃岐守戸田山城守水野和泉守若年寄には, 始め源藏, 始め自, 始め與力同心列を, 始め評定所留役御, 嫌うよう, 嫌って, 宇佐美家の, 守って, 守立てて, 宥め家内和合致, 宿へ, 寝るにも, 射させしに, 射んとは, 尋て, 小供, 小脇に, 屋敷へ, 左右に, 巧みに, 己が, 己れ, 幸いそのまま奥, 建てた, 建てて, 建てるため, 建てると, 建て目算御殿, 建設し, 建設せ, 弑した, 当方へ, 征め甲府城を, 待つにも, 待奉る, 従前どおりおれの, 御使, 御前へ, 御母堂, 志す故に, 応用し, 思い出す遑, 思ひ切つて, 恨むもの, 恨もうとも, 恨んで, 悩ました秩父, 悪態に, 悪所遊びに, 惡くも見あやまり, 惡し, 想う念力, 愛して, 慕ひ, 戀ふる, 我々どもの, 我々の, 我らが, 戴ける田鶴, 手こずらせたという, 手を, 手前の, 打ちしと, 打ち込みなされた, 打つじゃ, 承ったから, 承った米友, 承つて, 折檻致し, 押し頂いて, 拝観した, 拵へ, 持ち信長, 指し刀戟霜, 捜しに, 排しそして, 措いては, 援け, 攻め滅ぼした癩殿, 政宗が, 政治と, 敵に, 早く連, 明るくする, 曝し首, 更に土, 望むは, 松本伊豆守様が, 林蔵の, 果されて, 枷に, 案内せられ, 極悪人に, 横切った, 欣ば, 欺いたの, 欺いて, 欺き本多伯耆守殿, 欺き金子五兩貰, 欺く企みで, 欺く企みであった, 欺した, 欺むい, 歓迎する, 此様な, 残して, 殺し, 殺したと, 殺したに, 殺したの, 殺したる時, 殺す人間, 殺めようなどと, 殺害いたした, 殺害した, 殺害致し, 殺害致した, 殿, 殿を, 毛虫の, 気絶させました, 永, 汚しイエルサレム, 汚穢する, 江戸へ, 河内へ, 深く心, 清める時, 渡されるか, 渡すでは, 滅ぼすため, 無垢の, 然う, 焼いたり, 照らす真夏, 煩わす程, 煽ったが, 燼き, 父と, 狙うて, 玄関まで, 珍しげ, 生置時, 申受け, 略したもの, 疑がって, 盗み出したの, 盜み, 目に, 目付けは, 相手の, 相談あい, 知って, 石井山から, 神の, 空想し, 立ち出でた, 立てるの, 紀州へ, 紛れ籠め, 締殺したる, 繞って, 繞り, 繞る, 置く, 置くこと, 聟に, 胡麻化し, 能も, 至急ご, 舞台に, 苦しめては, 荒んだ仇, 蔑ろに, 蔑んだ, 虫部屋の, 行ったり, 衛る, 袖には, 装飾し, 襲った曲者, 見かぎって, 見たが, 見ると, 見る目, 見れば, 見ろ, 見受けまするに, 見失うたので, 見失って, 見失わぬよう, 見奉り馬, 見染めて, 見物させ, 見立てたま, 見習うが, 見習えと, 見習ひなさい, 見返して, 見返す, 見逃さぬよう, 視る眼, 覗きそこ, 討ちには, 討ったは, 討つの, 討取って, 訪うこと, 訪う日, 訪ねる, 訪れよ, 訪問し, 設けまず, 設ける大和, 訴え出, 診ひ主計頭, 誘いあわせたが, 誘うて, 誘拐そう, 語らい十分, 誤らせた奸物, 説いて, 説きつけ宥免状, 説き伏せきっと, 誹る好, 論ぜむ, 諱み, 護るため, 貴殿が, 起こしましょうぞ, 起して, 軍医殿を, 軽ん, 迎えに, 追いかけたもの, 追いつつがなく, 追い峰, 追い廻して, 追及する, 退かせ尊氏, 送られたもの, 造った時, 造られたと, 造営し, 造営する, 連れまいれと, 連れ同志, 連れ直ちに, 遮った, 門を通して, 闇討ち, 除いては, 除かねば, 除きてはと, 陥れようと, 隣室へ, 難儀の, 頂戴いたす, 頼って, 頼もしゅうぞんじ, 頼んで, 養子に, 騙かすその

▼ 殿~ (495, 4.1%)

8 書いて 6 いえば 4 申されるか 3 いって, して, なって, わしとは, 云ふ, 仰せられるか, 呼ばれて, 背中あ

2 [28件] いふ面かげなく, そなた, 一緒に, 並んで, 二人し, 何やら高声, 内匠頭殿の, 分れて, 別懇に, 呼ばれる四十男, 呼んだ, 塚を, 安村中尉殿と, 左内殿との, 御一緒, 御契り, 文観僧正の, 書いた文字, 本人の, 殿の, 申す事, 相談が, 相談の, 祝言を, 約束を, 背中あわせ, 號し奉る, 言はれる

1 [397件] あの清浄, あらば, あり裏, あり裏面, ある, あるところ, あるもの, あれば, いいいずれ, いいそれぞれ家, いいまた, いいイヤ, いい一方, いい他, いい半, いい明智, いい秀政殿, いう, いうが, いうて, いうと, いうので, いえるも, いっしょに, いっても, いつたところ, いつも命令二途, いとさん, いわねば, いわるるか, いわれる人, うまく折合い, おおせられるが, おかたらい, おっしゃいますの, おぼしき空, おれの, お京, お会いなされ, お出会いなされ, お国換え, お浦, お見う, お見受け申します, お逢いであろう, お馬, かぶせたのに, きたひには, きて, くらべては, ここで, このほう, この身, これで, ごいっしょ, ご一しょ, ご一緒, ご同席, ご対面, ご談合, そして今度, そして極, そのお, そのほか, そのほか頭痛組, その乾児衆, その同胞, その間に, ただ三文字, たれも, つながれて, てこの, でございました, とくより, どっちの, なったの, なった悪来, なった松浦民弥, なつた, なつて, なり坑道, なん呼べる, ひとつ所に, ふたりし, まさか親, まつた, ままごとを, みなよん, やらで, やらん御, やら仰せられましたな, やら申される女子, よいお話, よく人, よばれて, よばれても, よばれるか, よぶ, よぶ一棟, よぶ高, よんで, わかって, わしとの, わたくしめとは, オモヨさんの, ブレインさんを, 一つ人間であろう, 一ノ谷で, 一味で, 一喧嘩なさる, 一夜旅舎で, 一対の, 一条殿と, 一緒にな, 一郎殿と, 丁重に, 万吉は, 上書きを, 上書を, 下し賜わり, 下女の, 不景気知らずの, 不義成れし, 不義濫行でも, 世に称された, 世間では, 並び称されて, 九重の, 二人きりで, 云うの, 云う偉い, 云った御, 云って, 云へば, 云われる上席, 云男は, 互いに隙, 交泰殿とは, 京丸を, 人の, 仰いで, 仰し, 仰しゃる仁, 仰せられは, 仰せられるかな, 仰せられるご, 仲たがいを, 仲違いを, 会わせた上, 会見を, 伝えら, 何かの, 侍たちは, 信じ, 僕との, 兄君の, 先生とは, 八郎太殿とに, 六蔵殿とは, 共々拙者, 共々捜し, 共々陰, 兵部とは, 内縁あれ, 力を, 北政所が, 十兵衛と, 南の, 又切付, 叮嚀に, 右内殿とは, 司馬十方斎殿との, 合体し, 同じ心, 同席でという, 同意ゆえ某の, 同盟の, 同腹でない, 同船し, 同藩, 同道にて, 名づける大楼, 名を, 名乗りを, 呪法競べに, 呼ばずに, 呼ばれた富森助右衛門, 呼ばれた村松三太夫, 呼ばれてる銀, 呼ばれる, 呼ばれること, 呼ばれる四十がらみ, 呼びその, 呼ぶの, 呼ぼうもの, 呼んだの, 呼んで, 和協の, 和平の, 囁いた, 夕刊嬢とを, 大切がられべき, 大野の, 夫婦に, 契りを, 奧書を, 女心の, 姻戚を, 娘とは, 婚礼の, 子まで, 安積五郎殿が, 宛名を, 寄り寄り相談, 密かに, 寛之助様とを, 射ち合った茅原, 小林三八郎殿とが, 山尾殿とが, 己と, 年来親しい, 廊門その他一二しか, 廻廊で, 引き合わせ二人, 張り合ったり, 往来いたし, 後楽園の, 御一しょ, 御僧, 御和睦, 御姻戚, 御縁組, 心得て, 念を, 思い込み眼, 悪い事, 悪口を, 愚老とは, 慷慨家で, 我れ, 我等とは, 手合せ致し, 打合わせる隙, 拙者とには, 拙者との, 拙者とは, 拙者源三郎と, 敬って, 敬称し, 早々足, 時頼物語の, 書いた並等, 書いた西洋封筒, 書け, 書してあつ, 有仰いました, 有馬源之, 木村丈八殿が, 木甚との, 村重だけの, 村重も, 来ては, 来ると, 東儀殿へ, 松村殿が, 松浦氏とが, 枕を, 果し合いは, 某所に, 桜殿とは, 楠木殿の, 機転を, 殿と, 殿を, 比較したら, 民弥とが, 民弥に, 気づかなかったとは, 波越殿が, 浅からぬ, 浅見殿だけ, 添い遂げい, 添うて, 源三郎は, 澄江殿を, 狂気された, 猪之, 瓜二つの, 生死を, 由羅を, 甲斐守, 申されは, 申されます, 申されよう, 申される, 申しあげた吉宗公, 申して, 申すそれ, 申すは, 申す人, 申す御仁, 申人が, 申合せ宅兵衞殿を, 申御, 番の, 相談し, 相談事が, 相齊, 矢田彦七殿とが, 知って, 祝言する, 神保様とを, 私との, 私とは, 私は, 秋月殿である, 秘めごと, 称えられなければ, 称するは, 稱し, 窕子との, 立ちそこ, 立ち合いの, 立会い致しとう存じ, 結ぶこと, 義経の, 聞いただけ, 聞いては, 聞て, 背なか合せの, 脊中合せの, 芳江姫とが, 荒木とは, 菊亭殿の, 萩丸様とを, 藤井右門殿との, 號したてまつる, 見うけたり, 見たは, 見たらよい, 見事に, 見申したが, 見違えたの, 親友たらん, 言いあわせて, 言いなして, 言う時, 言え, 言は, 言ひました, 言ふ, 言ふべき, 言われて, 言われるの, 言われるよう, 記した白字, 記し松浦弥左衛門, 許婚の, 許嫁, 許嫁の, 試合え, 試合し, 試合を, 認めて, 談合の, 談話の, 謂って, 謡友達碁友達という, 謹んで記され, 譯あらん依, 讓合う, 貴殿は, 赤い帯, 足利家との, 軍監の, 較べ物, 逢いあの, 逢って, 連れ添うよう, 連れ立って, 道人の, 達ちゃんの, 都で, 鉢伏山へ, 銅兵衛殿と, 錫かんを, 鎌倉殿との, 附き添いの, 頓智と, 顯れ給う, 飲食中ふと, 高時, 高氏殿とが, 鶴次郎との, 麗々しく認められ, 黒鹿毛の, 鼓楼は

▼ 殿には~ (379, 3.2%)

3 どこへ 2 この私, さぞ御, すでにお, どこに, もうお, 何か, 何とお, 何を

1 [360件] あの節, あの通り, あの通り立派, あへ, あれを, いかうお, いかが, いずれへ, いったいここ, いって, いつと, いつに, いつもながら, いつもの, いつもシテ役, いろいろな, えへん, えらいご, おいそれと四人, お会いかなわず, お寝み, お役目がら, お後, お忘れなされた, お旗本, お書きくださる, お気の毒, お目通り, お落ち下さいまし, お見掛け, かかる民, かまわぬと, きついご, ここへ, ここ鎌倉を, このよう, この三四年, この子, この家康, これに, これほどの, これより, こんどの, こんな森, ご存じで, ご存じない, ご帰宅, ご明君, ご機嫌そう, さいぜんからの, さだめて, しばしここ, しばし木蔭, すぐさま船上山, すでにそこ, すでに信長公, すでに糺附近, ずっとご, せっかく捕えた, そこにて, そな, そのご, そのま, そのまま御, その手段, その時代葉, その水軍, そも何, それほどまでに, それを, だて, ちょうど唯今, ちょっとでも, ちょっと胸算, ついぞお目にかかっ, つつがなくご, ていねいに, どうしておられる, どうなされた, どうにも退屈, どう思われる, どう遊ばしまします, どこか, なぜお座敷, なぜその, なにぶんここ, なんともお断り, なんと思われる, にわかに福原, はやお, はや御, はや昨夜, ひじょうな御, ひそかに, ひとかたならぬ, ひと足先に, ほかならぬ, ぼんやり五つ, またここ, また何ぞ, まだここ, まだ今日, まだ存じ, まだ帝, まだ御, まだ酔い足らん, まだ静か, もうお立ち, もう何, もう決め, もう湯殿, ものに, よくお, シテ其法事を, ムリな, 一万五千石と, 一人の, 一向平気, 一城の, 一夜不慮の, 一日隔て次の, 一流に, 三十郎などに, 上方の, 不審しく思はれけん, 不束なる, 不治の, 不首尾と, 中納言樣へ, 主水, 主税之, 九分九厘まで, 事々に, 事実うつて, 二万五千石, 二万余騎を, 五年に, 今では, 今やや, 今後, 今日村井長庵が, 今暁未明の, 今朝から, 仔細あっ, 以つての, 仰せられたの, 伊吹の, 伊賀亮に, 佐久間某し, 佐渡の, 何とかし, 何と思召, 何の, 何んと, 何故この, 何樣愍然とは, 何用あっ, 何程の, 何者より, 何處迄も, 例の, 元より, 元気の, 先吾助に, 先頃から, 先驅なれ, 全く藤夜叉, 公儀の, 其中に, 其節九郎兵衞夫婦は, 分って, 分外の, 切首多, 初めてと, 別にそれ, 力ずくで, 劣らぬ正しい, 博覽會あり, 即日ご, 去年より, 又丁山小夜衣, 又黒崎, 叔母御, 叔父に, 取逆上, 只今上に, 可愛らしい萩, 右翌日に, 吾れ, 唯無謀, 困ったこと, 困つたこと, 国吉の, 土州で, 在り, 城を, 士を, 多勢を, 大いに不審, 大名衆を, 大岡越前守の, 天一坊にまで, 天一坊儀上樣の, 天下の, 天帝を, 奥州訛りが, 奧州訛りが, 婚儀の, 学問を, 安堵が, 島原と, 島津様の, 巡洋艦を, 巻軸を, 年来の, 廓の, 弓矢の, 弓矢を, 彌, 当熱田神宮, 御乱心, 御入用, 御分家, 御嫌疑, 御座の, 御当家, 御機嫌いかが, 御機嫌いかがに, 御用が, 御用人何某, 御用御, 御縁, 御自身先, 御迷惑, 心を, 心臟の, 心身ともに, 忍び得で, 忠誠でありません, 急遽下山, 恐入, 恩人喜ん, 恭順を, 悦ばれ成, 悪いが, 悪所通いを, 愛憎が, 我ら花村家の, 戸ヶ崎その他が, 手代杉山五郎兵衞馬場與三右衞門の, 打笑みコリヤ能, 扨こそ, 承知なき, 拙者より, 持宝院の, 改めておれ, 数々ご, 数人を, 敵うまい, 數寄屋橋の, 文右衞門一件段々吟味の, 断じてなりますまい, 日頃から, 昔の, 時節がら不相応な, 暫時默し, 曲亭滝沢馬琴の, 有海ヶ原の, 木そもじ, 未だ御, 未だ長女, 来会の, 松千代様を, 松浦という, 松浦民弥殿の, 案内に, 榊原家家來伊藤半, 次の間で, 正義を, 正面の, 武兵衛が, 武勇にかけては, 武門の, 歯痛の, 段右衞門前名畔倉重四郎一件に, 殿で, 気の毒だ, 江戸御, 決闘など, 泣いたそう, 泣かされました, 満更で, 潜入しおります, 火事場より, 無二無三黒末川に, 無稽な, 父なき, 独り寝, 猿, 玄關式臺迄御, 現今もっとも, 甥どのが, 甲斐の, 病中と, 瘧と, 登城あり, 登城門より, 發と, 益々元気, 直樣急, 直樣翌十四日火附盜賊改め役小出兵庫殿, 知れずに, 神明に, 私ばかりか, 笑われながら, 筋違いの, 筋違ひ, 篤と伝右衛門どの, 織田と, 美しい娘, 翌日直樣吉原土手下, 老いて, 而て, 聞て, 背に, 能こそ, 自分が, 自身の, 至急会いたい, 與力同心へ, 若いをの, 若君を, 苦心し, 藤八お節を, 藪原へも, 虞書暦象俗解を, 血具足を, 見えぬか, 見て取れ如何, 見とうも, 討幕の, 越前守より, 越前守殿を, 近ごろ何か, 近日中国へ, 返事を, 遠州勢, 都から, 鉄砲にあたり, 鎌倉政所に, 隣りの, 雲助の, 頭が, 頭を, 願ひ, 願書を, 首尾よう舟を, 首尾よく, 駒井甚三郎を, 高氏が

▼ 殿~ (349, 2.9%)

5 訴へ

2 [15件] お目通り, かの名香, 五六騎いそぐ, 使を, 入って, 出て, 出向いて, 右の, 向ひ, 差上げた時, 御屆, 懇望せられました, 此由を, 泊ったの, 行きました

1 [314件] あてた重要, あなたが, おさずけ下さい, おすがり申して, おつかわし, おつたえしろ, おでかけ, おねがい申し, おれは, お会いしたい, お伝えあれや, お伝えくだされ, お供物, お出でなされる, お出でに, お助太刀, お取りなし, お取次, お取次ぎをする間, お届け, お成りあっ, お泊り, お洩らしあった, お渡しいたさね, お目, お目にかかりに, お目にかかりよ, お目にかかろうず, お相伴, お知らせいたさね, お立寄りでございます, お答えなされる, お答え申しあげ, お薦めできる, お見せくだされ, お返し申しましょう, お避け, お預けなされた, お預けに, お願いが, お願いに, お願い事, ここの, この書状, これを, ご偏頗, ご迷惑, ささげて, さしずを, すがって, することづて, そういった, そうして無断, そっとお, その旨, たずねるの, ちょっとお, つまらぬ書状, です, とうとう赤穂浪人, とどける大事, ともあれ逐一, なにか直々, はまより, ひきとられ直義, ぶつかって, まいったところ, まいった処, まいること, よい顔, よほど入, よろしく伝え, よろしく申し伝えられたい, わしは, わたす口入れ金, 一宗の, 一番早, 一通は, 上申つかまつりそうろう, 下されたもの, 不幸な, 不死人, 乗りつけた, 事情を, 二心の, 云うの, 人撰にて, 今朝方, 仕官する, 仰けるは, 伝えて, 伝達を, 伴なおう, 伺ったところ, 伺った時, 伺って, 伺候し, 何ぞ掛け, 何と顔向け, 使い誰と, 使者を以て, 入りこむと, 入れましたため, 入御に, 再び試合直し, 出たの, 出でし所越前守殿顏色, 出るついで, 出仕を, 出御なさる, 出御なされ, 出御なされる, 出頭し, 切り入っ, 切り入ったなら, 加勢しろ, 加担と, 勧め給, 参られて, 参りまする, 参る, 参上いたしました, 参殿の, 取りなし致し居る由, 召された次第, 召しおかれて, 召捕に, 向って, 向っての, 告げた, 告げたもの, 告げよと, 味方する, 呼ばれて, 呼び寄せる時, 嘆願書を, 因縁つけた, 執権職が, 報告を, 奉る, 奉上申, 奉公に, 妹は, 委細の, 媚びて, 嫁げ, 宜しく傳, 実情の, 寄せたもの, 寄一診, 密告を, 対して, 対しては, 屆け, 差し上げなければ, 差し上げますと, 差出されければ, 差出しけるに, 差出しと, 差出し一通り吟味, 差出し御, 差出せしかば, 差送られしか, 帰服を, 平兵衞と, 度々用金, 建白し, 廿年來律義に, 弓を, 引き移った, 引出ものを, 引渡し吉之助初, 引渡し相成しかば, 引渡し相濟ける, 引渡せり然, 引返して, 弘安元年五月一日に, 彼女を, 往って, 従いて, 御内, 御出御, 御同意, 御意に, 御意得た, 御披露, 御拝謁, 御推挙, 御暇, 御状が, 御献策, 御目, 御目通り, 御覧に, 御覽, 御諫言, 御逢, 御達し下され, 御院宣, 復帰し, 急使にて, 恋を, 惡智慧を, 手を, 披露申せ, 抵抗いたした, 持參金の, 挨拶に, 掛合ありしか, 掛合の, 早馬を, 明かしましたので, 明九日支配下嘉川主税之助并に, 最後の, 本領安堵仰附けられ, 柴屋寺住持を, 檢使の, 欲しがられ, 此事は, 此段申上る, 殺到し, 沙汰し, 泊った, 海老塚さんを, 渡って, 渡れば, 瀬兵衛が, 献上いたしました, 猿どのと, 申されたい, 申されよと, 申しあげわれらすべてここ, 申し上げたこと, 申し上げたとおり, 申し上げて, 申し上げます, 申し上げる, 申す, 申上らるれ, 申立ける, 申立けれ, 申立し, 申立しかば, 申訳が, 申通じけれ, 申達さるべし, 町奉行が, 盜賊が, 直々に, 直には, 直接お, 直訴し, 直訴に, 直訴の, 相聞え, 着く日, 知らせて, 短刀一本, 移しまいらせたの, 移しまいらせて, 移ってからは, 突きあたりそうして, 糺したとて, 続いた廊, 縁故を, 聞え早々, 膝は, 至急お知らせ, 蓬莱の, 蛍狩りの, 行かれるが, 行った, 行って, 見参ッ, 言上する, 訊いて, 訴えたの, 訴え出たため, 訴訟出しかば, 詰めきりおのれ, 諂う, 譲ったの, 讒訴でも, 貰い下げの, 貸したが, 賜わった, 贈る進物, 赤穂浪人が, 走り行き只今急用有, 近づいたもの, 近づいて, 近づくだけでも, 返り忠し, 返り忠を, 返納いたしたく存じます, 送つた手紙, 通ふ, 遊び禧子, 達し有, 達せよと, 達せられしかば, 達せられ到着, 遣候書状, 遺恨を, 降参を, 随身し, 音物として, 預け申なり, 頼みまして, 願書を, 饗すべき, 馳せむかい持明院統, 駈け集まった, 駈込んだの

▼ 殿~ (349, 2.9%)

4 御承知 3 それを, びっくり, 今では, 次第によ

2 [11件] お留守, 兵九郎も, 崩れる程, 御同道, 心配し, 感心する, 拙者も, 早く享徳, 本来は, 用心し, 私も

1 [311件] あなた様も, あのよう, あの世へ, あり又, ある夜醉つて, あれば, いけなければ, いた, いって, いつまで, いまは, いられるし, うなずいて, うめきながら, おいでか, おいでなされ, おおかた海上, おさらば, おひと, およろこび下さろう, おらるる直ぐに, おられたか, おられたし, おわすれ, お上洛, お倖, お元気, お光殿此晝日中馬鹿, お困りであろう, お好き, お子持, お役御免, お待たせし, お待ちかね, お手柄ついで, お斬りなさる, お気の毒, お熊殿, お耳, お腹では, お蔭で, お見事, お討ち死に, お謡いなさらぬ, お賞め, お通い, お頭, かくやと, かげで, かねて, くわしくは, ここは, こちらへ, このこと, このたび, このとき, この屋敷, この片田舎, この由, この綽名, この頃, これから身持ち, これで, これには, ごぞんじでござろう, ごぞんじなかった, ご夫人, ご家来, さよう申され, さるもの, そうであろう, そう思われる, そこで, そのまえ, そのまま許認, そのやう, そのわき, その名前, その四方庵, その坊主, その姿, その脚, その行く末, その通り, それでもう, それに, それは, それへ, そんなふう, たいそう面目, ちと分らん, ですか, とくと心得, どうかその, ひとつ心がけ, ひとり旅の, まざまざと, またこの, また事々, また御上洛中, また持病, また知り, むごいお, もうお, もう二十三, ゆるゆるお, よい家来, よくお, よくご存知, よく宅, よく知っ, よもや吾, わかって, コレは, 一杯喰いました, 一粒種だ, 一緒に, 一藩の, 一通り吟味の, 一體白妙が, 三貫文の, 不慮の, 久八が, 九郎殿も, 云われた通り, 亦十津川, 人数を, 今さら後悔の, 今に, 今の, 今夜限り草葉の, 今日においては, 今日を, 今暁急な, 今更後悔, 今江戸より, 以前の, 仰せ兼ねます, 何で命, 何ともしようが, 何ん, 何分大将, 供奉いたした, 信濃に, 俳諧を, 先刻その, 共に木曽, 兵を, 処刑を, 出したかったの, 出兵を, 出来るだけの, 刀へ, 切にお, 割腹ものだ, 力の, 動きかけて, 十郎行家殿も, 只今御, 同道か, 名誉共に思うさま, 喜ばれるに, 喜んで, 四郎次郎と, 国家の, 土蔵も, 変った方, 変な, 変りなく, 多治見, 大丈夫, 大佐に, 大切に, 大津祭に, 大西殿も, 天国の, 天皇領の, 奥方も, 好きだった, 安国寺殿も, 定めて, 実に困った, 家中も, 家族も, 小首を, 少し薄情, 少も, 山上に, 平常は, 年頃の, 弓取の, 弱りきって, 当然切腹, 待って, 御参内, 御子息, 御存じなく, 御挨拶, 御歌を, 御渡海, 御物忌, 御短命, 御社参の, 御諒解, 御逝去, 忌々しそう, 思ひこそ, 恐れ入って, 悪しゅうは, 愁眉を, 意地悪な, 成程, 我が心, 我な, 我心を, 所為無く, 扨, 折角に, 拙者ごとき, 拙者を, 持てあまされて, 捕われた時, 捕虜に, 捨置れず, 措きまた, 救われ頼母殿, 敵の, 斬り仆, 方々も, 明日か, 時頼を, 晩酌の, 有無を, 木曾殿が, 木曾殿も, 未だ江戸, 末頼母しき者に, 来られた, 来年は, 桜殿も, 次第によっては, 此処へ, 殿, 殿かな, 殿だ, 殿で, 殿です, 母君も, 毛抜きを, 気の毒だ, 気遣われて, 氣の, 洞窟の, 流行唄は, 浜路殿も, 浮ばれないこと, 浮ばれまいから, 火を, 父上と, 牧の, 甚だ氣, 申して, 男ざかり二度と, 皆健康で暮らし, 省いて, 真の, 知らぬこと, 知らぬはず, 確約し, 笑はれ, 米友公も, 罪な, 老いられたと, 老人は, 考え直したらしくみえる, 耄碌した, 聞及ぶの由, 胆の, 能御, 興に, 船の, 芳江殿も, 若党達も, 若死を, 莞爾, 落ちついて, 藤八お節が, 行衛不明, 討死いたしました, 許し人, 評定所より, 足利殿も, 身に, 辛い御, 返す言葉, 迷惑手前も, 連れて, 道理に, 都化し, 金を, 鎌倉殿とは, 長く罪悪, 長庵, 関白殿と, 非常に, 頼朝公以来の, 飛ぶよう, 餌は, 餘り, 館駅街も, 骨を

▼ 殿~ (210, 1.8%)

6 の御 5 にお, のお 4 がお, の前 3 に御, に頼まれ, の身代り, は御 2 から拜領, が御, でした, です, に怨, の弟, の胤, の面, も大, を御

1 [154件] お怨, かお, から泥棒, から直々, から頂いた, か大名, か御, が, がこの, がそこ, が一刀, が中間部屋, が乘, が他, が吹け, が呑込, が守口, が岡, が手, が死んだ, が江戸, が無法, が町内, が直々, が腹, が若, が襤褸, が近頃, が驅, くさくて, この娘, さぞ御, だえ, だが, だけに見苦しい, だつたの, であると, でさ, でしたが, でも何れ, でも役高, でも手, でも閣下, といふ人, といふ敬稱, とお, と呼べり, と言, と謳歌, なんか穀つぶし, にあの, にかなり, にし, にせがん, にたいした, にはよく, には二三日中, によく, に伺つて來, に似, に召された, に奧方, に惡智慧, に手討, に掛ける, に擬, に油, に申し上げ, に睨まれ, に近付い, に迷惑, に追, に關係, の人氣, の人身御供, の夜具, の奧方, の小, の御殿, の心持, の我儘, の拜領物, の方, の泊つた上段, の無, の無念, の特色, の甘, の生, の相手, の相手ぢ, の素振り, の聲, の胸倉, の腹切道具, の覺召, の評判, の谷右衞門, の遠い, の間, の間拔, の顏, は, はあの, はこと, はこらへ, はこれ, はさう申し, はブルツ, は一, は三年越, は人橋, は何時頃, は六十五, は四十がらみ, は大, は大分仲, は妙, は待ちきれなく, は御在, は此方, は殿樣, は用人, は私, は腹, は自分, は身持, は近頃, へお目見得ぢ, への御, へは私, へ使, へ御免, へ惡敷事, へ申, ほどのお, もいくらか, もこと, も大層, も奧方, も若, も若旦那樣, を射る, を怨む, を怨ん, を手玉, を抱い, を江戸, を絞め殺した, 度々の, 暫く御, 片膝屹, 現にわたし, 若樣

▼ 殿にも~ (137, 1.1%)

2 ご承知, その辺, 御承知

1 [131件] あまり参れぬ, あれから, あんたにも, いたく御, いちどそちを, いっそうお, いつもいつもお, いまの, いまは, いや将軍家, おすこやか, およろこびなされよう, お仙にも, お会わせ下さいまし, お出向きねがいたい, お怪我, お目にかかり, お聞き及びでございましょう, お覚悟, お話しいたした, お達者, お願いし, かかわらず帝, きょうの, こうまで, こちらから, ことの, ご存じで, ご存知かな, ご用心肝要, ご用意, ご用意あれ, さだめし迷惑, さようならじゃ, ずいぶんよろこん, そういう御意, そのうちお, その上, それが, そんな嫉妬, ちょうど鎌倉, ついあれ以来, ついにご, どうぞご, まさる坂東平氏, よう御存じの, よくお話, よく御, よろしくお伝え, よろしゅうお, わが君, ウム大月玄蕃か, ルウブルの, 一半の, 一度文覚, 三四幅あつ, 不敵の, 京を, 今度の, 会うて, 似げ, 似た部屋, 似ぬおろか, 似合わぬ不覚千万, 何かの, 僥倖を, 其許の, 分りませぬかと, 前後し, 力を, 劣るまいが, 勝る佐渡殿, 及ばう勢, 及ぼう勢, 可愛さうに, 唯ひたすらあなた様, 困ったもの, 堅固に, 夙に聞かれ, 大層な, 大結, 孝心の, 家中にも, 小恥, 少々お, 幾年に, 御台所様にも, 御存じかと, 御意が, 御生害, 御異存, 御立腹, 必ずお, 怖れ, 急に, 慎作にも, 手を, 打ち明けて, 打ち明けなければ, 折入っ, 拙者を, 旗を, 既に御, 明後日江戸を, 春部氏にも, 是非とも行っ, 此伊賀亮の, 此話を, 気の毒に, 潔くあの, 無断で, 父にも, 申しわけが, 申し訳が, 申せかような, 益, 目を, 秀吉が, 範覚殿にも, 胸を, 腹中の, 膳部が, 華々しゅう乱軍, 見せたいのう, 見られたであろうな, 言伝てて, 説いて, 軍勢を, 非常な, 面会しない, 願って

▼ 殿から~ (122, 1.0%)

3 何か 2 お頼まれし, なんの, 先へ, 出て

1 [111件] いただいて, うけたご, おたのみ遊ばした, おひき, お使, お使い, お召が, お手許, お招き, お暇, お話しこうむっ, お贈り申し上げた, お運び, お預かり, お預り, お願い申し上げた, こちらの, こんどの, ご忠告, ご訓示, さきにも, しきりに御, そちらへ, その草笛, だ, だったなあ, どうぞ, どんなお, なにか, また, みかどを, やれ待て死ぬならよい, ゆっくり見おろし, カランス殿に, モウ帰っ, 下がって, 下へ, 云えば, 五十両立て換え, 五十石の, 今まで, 今日の, 以ての外の, 仰せつかった賦課金二万金, 仰せつけられて, 仰せ出した儀, 伺えば, 何とか云おう, 何らかのお, 使者を, 俄の, 俺が, 先に, 公然お, 典医寮の, 加勢が, 千金と, 受取つた潤筆で, 命ぜられた武士達, 大嘗宮, 安価に, 寄こされた御, 少しの, 山吹を, 庭上にまで, 御意の, 御手紙, 御文, 御褒美, 恋を, 承った姫, 拝領なされた, 拝領の, 斬れと, 昨夜到来した, 暇を, 村正の, 格別な, 橿原へ, 死ねと, 池の, 火急軍勢を, 珍らしく, 男が, 界隈いちめんの, 疑われるよう, 直接何か, 篤と申しおかれ, 簾子姫へな, 米を, 聞いたところ, 聞いたよ, 聞いて, 聴いて, 若殿の, 蔵人たちの, 見送る人々, 訊かれそう, 貰ひ戻す, 賜わってから, 贈られた隣藩土佐産, 遺した子ら, 鎌倉の, 難題的伝言が, 頂いた褒美三百両, 頂戴し, 頂戴なす, 頼まれたに, 頼まれた陰陽師, 頼まれて, 餞別に

▼ 殿~ (119, 1.0%)

7 茂与

2 [11件] ぬしは, ひとりの, 仕舞いなされました, 喜びくだされ, 宅か, 暇を, 気の毒じゃが, 絹殿, 茂與といふ, 退けな, 長屋へ

1 [90件] あがりにござりますみなみ, いそがしいかな, ついでに, ぬし迄が, はいりくだされ, はいりくだされお, ひとりのみに, ひとりを, やりなさるかな, よろしいか, 一人が, 一人の, 一人を, 乗りなされい, 二人ながら, 二方の, 仕度は, 会いしとうございました, 使番久永内記御, 使者に, 使者は, 八重殿許せ, 出くだされ, 出張りくださりませ, 危の, 喜び遊ばしませ, 墨付に, 声が, 妹御と, 宅から, 家督の, 寝み, 察し申す, 屋敷奥庭の, 屋敷奧庭の, 帰りに, 常に, 建設する, 引き上げ遊ばしませ, 引き取りに, 引き渡し下さる, 手を, 探し物, 支度を, 早に, 暇いたします, 梅に, 欣びはこの間云った, 民に, 浦殿には, 熊や, 熊殿との, 留守を, 疑ひは, 疲れでございましょう, 疲労かな, 目に, 目覚め遊ばしませ, 立帰りなされ, 納戸頭などと, 絹殿この, 絹殿早く, 聞きの, 若いに, 苦しいかな, 茂與, 茂與が, 茂與に, 茂與の, 菊が, 菊共約束あり, 行きやれ, 見えでございましょう, 解りですか, 言葉じゃ, 言葉ながら, 討死を, 診断は, 身も, 身代わりに, 近づきじゃ, 逃がしあるな, 通り下さい, 連れ合いは, 進みなされ, 邸へ, 顔が, 顔を, 願ひ申します, 馬の

▼ 殿~ (117, 1.0%)

19 はない 6 ござります 5 はござらぬ 4 あつた, はありません 2 はござるまい

1 [77件] あない, あらう, あられたか, あんまり見え透いた, いらせられます, おわした, おわするか, お前と, お名前とく, お在す, お目にかかろうと, かたの, ござりました, ござりましょう, さあさあずっと, さえ, すらそういう, その向う, たいへん喜ばれた, でお年, なされた事, はあ, はあった, はありませぬ, はある, はあるまい, はおわさぬ, はござりませぬか, はそれ, はなかっ, はなく, は不敵, は人心, は今, は山田申楽, は御, は無い, は笛, は驚いた, もおられたら, もかうわからぬ, もここ, もとは, もふっと, もまた, も内, も勅, も花, も遊ばされる, ニワトリが, 一同は, 不足を, 丹下流, 今様合せを, 何を, 出家を, 叡山の, 名高くな, 大変でしたろう, 大暴れ, 天子様が, 太鼓を, 引取りの, 往生を, 待って, 心待ちに, 拙者は, 敵に, 楽師たちが, 湯立舞の, 猿楽能を, 竟宴の, 行はれた, 語り合わせた時, 送別の, 通って, 雨乞いが

▼ 殿より~ (89, 0.7%)

2 お話の, ほかに, 使者を以て, 鷹司殿浄華院日野殿東は

1 [81件] おさし向け, お使い, お訊ねなき, お預かりした, ご勘気, すぐに, ずっと偉い, そちらへ, それが, つかわされたる忍術, むずかしい御, 一応の, 三郎殿おそれありや, 上告あった, 仰は, 伝授されました, 何か, 余に, 使者に, 使者を, 傳吉を, 先に, 公用人を以て, 内談が, 別段の, 即刻代官所へ, 去りし証拠, 又七殿に, 取り返すため, 受領證を, 口書を, 外に, 大旦那, 太閤殿下へ, 奉書を以て, 家々片付の, 密かの, 富右衞門殿へ, 將軍家へ, 尋ねられ迂濶, 小牧の, 差し上げたてまつる刀, 差紙を以て, 御叱責, 御褒美, 御身へ, 急の, 懇, 手ほどきを, 承って, 承り候, 拙者一揆の, 早速これ, 暇を, 此方へ, 殿の, 毎年道普請等丈夫に, 永の, 火急の, 私の, 種々御, 稻葉侯城代稻葉勘解由へ, 立ちますから, 簾子姫へ, 簾子姫様へさ, 給わった甲州, 聞いて, 莫大も, 藤五郎の, 言上仕り, 豫て, 贈られし金子, 足利表へ, 迎への, 逐出し, 附けられた勢, 頂戴の, 預りし磯部家, 頼まれて, 餞別の, 首級を

▼ 殿とは~ (62, 0.5%)

1 [62件] あなたか, いいながら, お気合い, かねての, かねて御, ここ久しく, ご当家, ご懇意, ご領主, しかとお, その支度, その流れ, そも何者, どういふ, どんな関係, なにものだ, なんの, まさか野馬, まだ会う, まったくちがっ, わたくしも, モウ余程, 三人の, 不具と, 云うまでも, 他の, 何か, 何だ, 何者であろう, 信長が, 切っても, 別の, 同系同, 同藩, 名のみ, 家風が, 巻き奉書, 幼少の, 御昵懇, 御辺, 心構えが, 思いませぬ, 恋人かの, 懇密の, 所詮日かげ, 敵味方ながら, 既に他, 根は, 此方にて, 比較に, 洛外衣笠村大北山の, 特別の, 碁敵だ, 碁敵だった, 禁句の, 言は, 言われなかったかな, 許婚に, 誰を, 誰一人存じ, 限らねえ, 面識も

▼ 殿という~ (56, 0.5%)

6 のが 2 お人, お方は, のは, のも, ように

1 [40件] あのお, お方の, この叔父, のに, のを, ものには, ものを, ような, テナルディエの, 一通の, 人に, 人を, 人物は, 似たる名, 倹約の, 偉そう, 兄の, 坊ッちゃんに, 女子だ, 字の, 字を, 憎い男, 所は, 手紙が, 敬称を, 方から, 方も, 昔の, 曠の, 武士が, 武士は, 神様は, 者の, 良人の, 表書只今の, 言葉は, 長袖の, 隊形に, 額の, 風が

▼ 殿~ (52, 0.4%)

2 国の, 紀州ご

1 [48件] あのお, お仙は, これに, そなた, 万之助には, 中宮寺などへ, 仁田殿が, 付近の, 伝七郎殿の, 伯父上杉殿の, 兄貴は, 兵衛殿と, 切掛杉に, 北, 千種殿は, 各寺院, 執権の, 大炊どのの, 孫兵衛殿をも, 安国寺殿と, 安国寺殿より, 将軍の, 平の, 弁太さんなどは, 御一族, 御子息, 志水殿ご, 愚老などをも, 慶会楼の, 折ふし寺社奉行の, 松浦氏より, 柴田殿が, 様は, 池殿北御所などに, 浜の, 深沢殿なども, 父君に, 窕子の, 竹, 紀州表において, 綾小路殿が, 練兵館の, 菊女殿へ, 萩丸様決して, 釣殿の, 銀五郎の, 鶴次郎が, 鹿ヶ谷の

▼ 殿~ (51, 0.4%)

2 よく來, 入洛めでたし, 拙者は, 殿だに, 誰か

1 [41件] いかが, え, お名前, お迎えご苦労, これは, とんだ邪魔, どうなされた, なにぶんよろしく頼みます, めずらしいところ, よい所, よく無事, よく見えられた, わからないどれ, われは, ア, アッハッハ何を, アーッ, ーッ, 伜は, 何か, 何じゃあ, 何事でござる, 何分宜しく頼みます, 先ずお, 先日は, 別人か, 吉川殿に, 女来也殿も, 妹を, 御前体まことに, 御在, 拙者秋山要, 案内こそ, 森三左殿へ, 殿の, 白銀殿か, 立派な, 納屋あたりから, 逢いましたなあ, 長井殿か, 飛んだ邪魔

▼ 殿~ (50, 0.4%)

2 はそれ

1 [48件] がまことに, が狼狽, が病床, が薬師, じゃ, その人, だという, であった, といふ男, と親しく, なの, には妙, によって大老職, に扈従, に睨まれ, に知らせた, のやう, の事也, の向, の宏大, の家臣, の小梅, の死んだ, の没落, の無二, の目, の色慾, の若, の莫大, の野別荘, の養子, はこう, は二尺あまりケシ, は即刻冬次郎, は失脚, は幽閉中, は激怒, は笑い, は身分不相応, は退けられ, は顫, より使者, より御, を知らない, を知らなかつた, 一方が, 総安, 罷越せし處

▼ 殿~ (43, 0.4%)

21 らば 2 すれば, ば

1 [18件] ばとて與力, ば何で, ば其方, ば如何, ば死したる, ば癪氣, ば菊, もあるべし, も有, も有らん, も有るべし, れども, れば, 共隱居, 樣か, 樣し, 樣では, 樣よ

▼ 殿との~ (40, 0.3%)

4 間に 3 あいだに 2 仲を, 父子の

1 [29件] おん仲も, お交わり, お契り, お打合せ, お知り, お約束, ご意見, はなしの, 不和は, 中宜しく, 再会は, 別離である, 和を, 和盟が, 好誼も, 御仲, 御対面, 懇談じゃと, 折合いが, 相対に, 相違は, 考えたこと, 考へたこと, 行ない方, 複雑な, 間には, 間も, 関係は, 駈引き

▼ 殿~ (37, 0.3%)

4 と伊織 2 は気

1 [31件] がいる, がそれ, がふと, が疲れた, が答えた, という若党, とともに丹後国田辺城, とは異, とは耳, と申しまする, なる若党, はいそい, はうなずく, はわれ, は一目, は先ほど, は力, は奥, は早口, は眼, は縁, は胸, は舟, は門, ぼつぼつお, もうかと, もはっと, も彼方, も急ぎ, も的確, をふり

▼ 殿~ (36, 0.3%)

2 在宅かな

1 [34件] でござろうが, なりや, ぶり, へまとい付い, もっともな, も栞殿, 内室に, 前だった, 前主, 加判衆は, 報謝しましょう, 子息の, 安心なさりませ, 家臣でござった, 寛大に, 心変りせね, 心配には, 愛孫に, 救出の, 昵懇の, 機嫌は, 機嫌よう, 発向を, 老中罷免の, 自身か, 自身が, 自身に, 自身まったく, 諚, 諚じゃ, 諚は, 賢慮の, 迷惑で, 門前において

▼ 殿~ (33, 0.3%)

2 用人

1 [31件] 一存での, 上府の, 休神めされます, 冗談が, 出仕か, 加番松平山城守殿お, 名作を, 回復を, 在宿で御座ろう, 壮健で, 家老が, 家老長岡与八郎殿同半, 察し下され, 対手申す, 承服くださる, 案内イ, 検分役を, 檢分役を, 気分は, 無事か, 無礼致しました, 目通を, 絵の, 老中罷免と, 聡明なる, 覽じ, 軍令を, 辺は, 返答ば, 都合で, 非番か

▼ 殿~ (30, 0.3%)

2 でございます, といふの, と間違, は相

1 [22件] がどうか, が夢中, が横, とヒヨロヒヨロ, と八五郎, などといふ名, にひかされ, に思ひ知らせる, の不, の夏羽織, の方, の氣, はブツ, は亡くなつた, は嫁, は押し, は町道場, は癇, は私, は良い, も泳ぎ, を私

▼ 殿へも~ (29, 0.2%)

2 御挨拶, 御相談

1 [25件] お譲歩, よしなにお伝え, よろしくいっ, よろしく伝えられたい, よろしゅう伝えられい, 会いたく存じたので, 俄な, 同様な, 告げずに, 大きなひびき, 妹が, 宜しく, 御膳を, 時々療治, 柴田殿へも, 申しますまい, 申合せ, 相すむまい, 税物の, 篤と訓戒, 聞えよがしの, 言上いたしました, 諫言, 運動しかけた, 陣中の

▼ 殿への~ (27, 0.2%)

1 [27件] おみやげばなしは, お伝えでは, ご前態, むほんをば, 不平で, 供御の, 出御は, 土産も, 執着浅間しい, 奉公は, 御書状, 復讐を, 恋は, 挨拶に, 申しわけに, 申訳けに, 申訳ま, 知己に, 義理で, 詫なり, 誹謗ばかり, 返書として, 進物駕籠などを, 道は, 遠慮なにより, 駕籠が, 駕籠を

▼ 殿~ (26, 0.2%)

11 を聞 3 を見られ 2 を聞かれ, を見 1 から御殿場, に構, へ御座れ, れ列, を御, を聞善右衞門汝, を聞玉, 平左衞門其方

▼ 殿~ (25, 0.2%)

2 のいのちがけ

1 [23件] からつい, が傘止め, が私, としては仮名垣魯文, としてソヴェト共産党青年団, として生れ故郷, に, には荷, に告別, の, の役, の敵機, の橇, の看守, は島田三郎, よりのろ, をつとめた, をつとめる, をつとめ上げた, を勤めた, を承った, を正造, 戦を

▼ 殿~ (25, 0.2%)

2 の三人殺し, をひたぶる

1 [21件] から水道橋, だッ, で見掛けた, で鼠, に鳴く, のおり口, のほう, の上あたり, の下, の下口, の中途, の獨逸語, の真中あたり, へありゃ, へと鉄輪, へ移っ, をくだりきる, を下りきっ, を九分通り, を打, を捜し

▼ 殿とも~ (23, 0.2%)

1 [23件] あるべきお, あるもの, ある人, ある者, あろうお方, あろう忙しい, あろう者, いう木造り, いえる山寨, おもわれぬ, お別れ, お親しい, こうして会う, 兄上とも, 呼ばれ室, 基経殿とも, 広い天が下, 打合せ共に, 断じていわない, 玉樓とも, 称した, 立ち合ったそう, 覚えませぬ

▼ 殿~ (22, 0.2%)

1 [22件] からね, か知らない, がご覧, が悪い, それが, つてそれを, つてそんなに, つてつまらなく, とおもっ, とした, とてお待ちかね, な, なとはじめて, ね, のという, のの, よい所, ッ, ッ殿だ, 九月, 真実の, 花世殿に

▼ 殿~ (22, 0.2%)

1 [22件] が先, であった, という男, と申し, なかじま, など枕, にかわっ, の喉首, の家来, の所, の手, の手代, はすぐ, はその, は死に, は眼, は腕ぐみ, へその, を筆頭, を誅し, 伊忠奥平監物貞勝等と共に, 樣の

▼ 殿その~ (21, 0.2%)

2 御思召, 言葉は

1 [17件] ご老人, ほうが, 下坐, 人の, 人も, 傍へ, 前に, 大声は, 天国を, 帰るさ, 折は, 歌を, 簾を, 美しさ, 言葉で, 許の, 通りな

▼ 殿~ (21, 0.2%)

2 はあなた

1 [19件] がここ, がしょう, が参りましょう, が従軍, が此處, じゃ私, にご, にとりましても殿, にもわからない, の免職, はお, はこう, は他, は尋, は後任, は殺人犯人, は決して, もとんと, を殺す

▼ 殿この~ (20, 0.2%)

2 上は

1 [18件] かた拝面の, 一間を, 三人が, 上の, 人達と, 分では, 印籠は, 友人は, 品は, 地方では, 太刀食っ, 女は, 女を, 方かね, 暴風雨に, 気狂いを, 紙の, 錠前お

▼ 殿まで~ (20, 0.2%)

1 [20件] おられましたは, お取次, お披露, ひきあいに, 上進し, 例の, 其趣を, 加わって, 召し出された, 告げて, 失望の, 御相談, 急訴, 推参いたした, 揃って, 浮び上り左團扇, 炎は, 罷り越したく, 誓紙を, 首と

▼ 殿こそ~ (19, 0.2%)

1 [19件] いしかりつれ, お謡いください, ご承知, そんな御, ちょっとお待ち, わしの, われには, 十兵衛光秀様だった, 惜しゅう存ぜられます, 惜しゅう存ぜられまする, 愚老が, 故信長様, 早く岸, 枯野の, 柳生家の, 次の, 私にとっては, 聞き給, 馬上しとどに

▼ 殿それ~ (18, 0.2%)

2 がよろしい, は真実

1 [14件] からずつと疏水, がし, こそ拙者, には及びませぬ, に徳翁了寿居士, に答え, に触れ, はあんまり, はそれ, はまた, は本, は本当, は間違い, へ持参

▼ 殿~ (18, 0.2%)

2 のお, の女

1 [14件] が匂, が匂います, な女ぞろい, な女中, な野暮つたさ, に作っ, の便り, の姿, の建物, の椎茸髱, の長, は, をし, 第三

▼ 殿として~ (17, 0.1%)

1 [17件] ある, ここに, 一行が, 例の, 共に祭られ, 太鼓陣鉦法螺貝の, 後ろに, 春日重蔵これに, 最後に, 紛れも, 素盞嗚尊伊弉冊尊瓊, 置かう, 聞いて, 股引草鞋尻引か, 興り第, 退屈など, 鳥居の

▼ 殿へは~ (17, 0.1%)

1 [17件] お世話に, お悪い, お礼を, こちらからは, こちらの, こよい, その忠誠, よそながらお, わしから, 何とぞよろしくと, 吸物五種御, 御挨拶, 拙者申し, 早々に, 此事を, 私が, 身に

▼ 殿からの~ (15, 0.1%)

1 [15件] いいつけ, お使い, お招き, お気づけでございます, この御, ごさいそく, ご好意, わが足利家, 使者が, 加勢を, 御使者, 旧領の, 正しいお, 茶が, 預り物

▼ 殿~ (15, 0.1%)

1 [15件] で好, な譯, の難儀, は何時頃, は何時頃手討, は其方若年ゆゑ, は取上る, は矢張其方共, は苦々しき, は證據, より江戸中兩換屋, れにて, れは, れ見よ天, を讀聞

▼ 殿~ (15, 0.1%)

3 れて 2 れ成 1 だまれ憑司汝, れまだ, れ大分其方, れ夫, れ如何にも, れ此儀其方辨, れ汝, れ然, れ神妙, れ默

▼ 殿たち~ (14, 0.1%)

1 [14件] がもの, が目, が言葉, どうなろう, には分らぬ, にも結構, の, の妻, の方, の目, の空, の身体, は上, を驚かせました

▼ 殿~ (14, 0.1%)

1 [14件] 三郎兵衞に, 主税之, 傳吉に, 六右衞門其方儀久八の, 其方が, 其日子供は, 勘右衞門喜兵衞を, 平左衞門, 無量庵に, 用右衞門へ, 直に帰っ, 藤八お節に, 藤八と, 里が

▼ 殿~ (14, 0.1%)

3 聲に 2 音に 1 に感じられ, 三郎殿三人の, 学士臣黒翼非常の, 学士黒翼の, 居士の, 番頭松平采女正殿設樂河内守殿御目附御, 相国一品泰厳大, 聲を, 饗応の

▼ 殿とやら~ (13, 0.1%)

2 老衲

1 [11件] いつぞやの, お上が, この方, ご覧なされた, よい所, よけいな, 俺は, 千五百石の, 大先生, 宮様まさしく, 待ちなされ

▼ 殿なら~ (13, 0.1%)

1 [13件] ご家老, ばさきほど, ばよう, ば今, ば先年, ば御意, ば武勇, ば殿, ん其邊を, 必ず玄蕃, 我らも, 私の, 貴方の

▼ 殿~ (13, 0.1%)

1 [13件] あの子, いらざる我慢, うっ, かかりき, こ, ここぞ, しかし神, それは, なッ, ツく, 何分宜敷, 沒日は, 遠慮は

▼ 殿拙者~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこれ, でござる, のこと, の名前, の歩いた, はかほど, は山崎, は松崎清左衛門, は辰, もその, よりも貴殿, を見忘れ, を討つ

▼ 殿貴殿~ (13, 0.1%)

1 [13件] が二十兩, に見せたい, のお, のこと, の幼名, の御, の方, はあの, はいちばん身体, は一人, は居残り, もまだまだちょっと, も共々

▼ 殿これ~ (12, 0.1%)

1 [12件] が人間, でもご, なるは, なる五十両, はどっち, はむろん, はもっとも, は南蛮茶, は愉快, は貴方, へ御, を御覧

▼ 殿など~ (12, 0.1%)

2 夥しいこと 1 あぶないそう, いずれも, こういう土地, ズーッとうしろに, 初めとして, 古参方が, 御用にて, 書物に, 相変わらず詰めかけ, 眼を

▼ 殿でござった~ (11, 0.1%)

61 かその, かそれ, か鬼神, な, な久方ぶり

▼ 殿では~ (11, 0.1%)

1 [11件] あったが, あり新参者, ある, このまま御免, ござらぬか, ご免, しばらくここ, ないか, なかった, 御出立, 御座らぬかと

▼ 殿~ (11, 0.1%)

1 [11件] あつて, かあった, じや, という結構, とした, は兎, も案じる, をなさる, をなさるる, を仰せられます, を愚図愚図

▼ 殿如何~ (11, 0.1%)

1 [11件] でか, なされた, に三郎兵衞, に勘兵衞其方儀豫, に半四郎渠, に彦兵衞其方, に忠兵衞長庵, に段右衞門金飛脚, に藤八其方委細, に貴殿, に長

▼ 殿~ (11, 0.1%)

1 [11件] と大, にふさわしい, に人, の数寄, の階下, は今, やそれ, や門造り, をあちこち, をゆるがし, を昇り

▼ 殿~ (11, 0.1%)

8 仰渡候 1 仰渡, 仰渡候間, 申談候由養真より

▼ 殿あの~ (10, 0.1%)

1 ご老僧, モーと, ラナイユという, 人達と, 仁は, 星でございます, 星に, 時酒は, 通り組んずほぐれつ, 長持の

▼ 殿さえ~ (10, 0.1%)

2 少林城 1 そのお, その気, その考え, 倒せば, 参河守に, 大国三ヵ所も, 御異存, 言葉を

▼ 殿じゃ~ (10, 0.1%)

3 ないか 1 あるまいし, いざその, そなた, そのお方, な, アねえ, 思うても

▼ 殿である~ (10, 0.1%)

1 からこの, からだ, がそういう, が様式, ことは, に違, ガイドの, 事などを, 寒かろう, 青年達は

▼ 殿です~ (10, 0.1%)

91 からそれで

▼ 殿とが~ (10, 0.1%)

2 厳重に 1 かかる道, そのよう, 仲が, 同意であろう, 巡り合い敵討, 当ったそう, 打揃う, 玉置の

▼ 殿にて~ (10, 0.1%)

1 はお在さずや, 在せしかと, 大徳寺清巌実堂和尚も, 山田小, 御座候, 有しよ, 渡らせ給, 種々尋ねられし, 親しくお詫び, 遇ふ

▼ 殿~ (10, 0.1%)

1 南ニ少女, 女御, 小女房, 廊を, 法印どのまで, 法印の, 法印は, 法印へは, 法印以下随参の, 自作自筆ニ係ル

▼ 殿~ (10, 0.1%)

2 なる巫女 1 からは近い, ではお, に祀る, の宅, を北, を建てさせました, を拝み, を真和志

▼ 殿おい~ (9, 0.1%)

3 でなされた 1 でくだされい, でなさるか, でなさるかな, でなされ, でなされい, とまいた

▼ 殿ここ~ (9, 0.1%)

1 からだ, でそれ, で其許, なら安心, にはひと, に一つ, に書かれた, へござれ, 開け給

▼ 殿であった~ (9, 0.1%)

4 のです 31 とはうけとり, な

▼ 殿~ (9, 0.1%)

1 と申しまし, にぬかずい, に召され, に於, に植えた, の庭, の風呂屋町, ニ皆, 朝散

▼ 殿見られ~ (9, 0.1%)

1 て態と, て成, て汝ぢ, コレ, 其方知らざる, 只今差出し, 家持五兵衞其方は, 心に, 馬喰町二丁目武藏屋長兵衞並に

▼ 殿頭殿~ (9, 0.1%)

1 とお, にはシテ其法事, には何, の給人竹中直八郎, は猶, も藤八お節, 又藤八お節, 少し下り, 彌兵衞

▼ 殿からも~ (8, 0.1%)

1 ぜひ一つ, ちらと, またなき, もろうて, 伺いました, 内談が, 右くれぐれも, 珍らしく

▼ 殿こそは~ (8, 0.1%)

1 いま全, かつて田沼様, 唯一の, 天下一の, 御一門, 王政に, 西国の, 足利家の

▼ 殿~ (8, 0.1%)

4 なたの 1 なたが, なたなの, なたに対し, なたも

▼ 殿~ (8, 0.1%)

4 殿っ 1 お目ざめ下さい, ここは, ッ, 太郎左衛門殿っ

▼ 殿でござる~ (8, 0.1%)

31 お任せし, かな, か拙者, ことを, との

▼ 殿どう~ (8, 0.1%)

3 したもの 2 なされた 1 じゃな, だと, なすった

▼ 殿に対して~ (8, 0.1%)

1 ことを, じつに顔向け, どうだろう, わしは, 兄の, 恋心を, 猿殿が, 誓ったことば

▼ 殿よりの~ (8, 0.1%)

1 お心添え, ご命令, 下され物, 取計らいにて, 早打, 火急の, 紹介状丁寧で, 調書を以て

▼ 殿をも~ (8, 0.1%)

1 お頼み, お騙き, ぜひお誘い, 何とぞお, 愛して, 拙者これより, 敵と, 蹴おとし副

▼ 殿~ (8, 0.1%)

1 久世大和守殿同, 九郎右衛門殿桜井須磨右衛門平安, 井上河内守殿同, 土岐丹後守殿なり, 大久保長門守殿若年寄石川近江守殿同, 植村土佐守殿町奉行には, 肥後守光尚, 黒田豐前守殿同

▼ 殿大いに~ (8, 0.1%)

1 叱られ其方二百二十兩, 御心勞, 怒られナニ婦人, 感じられ其方事女, 感じられ彌, 笑はれ, 驚かれ先々輕擧給, 驚かれ扨

▼ 殿~ (8, 0.1%)

2 程其方 1 程一通り, 程今, 程其遺恨, 程汝, 程然, 程然して

▼ 殿~ (8, 0.1%)

1 でした, の奥方, の奥方様, の市太郎殺し, の武家出, の貸, へ真っ直ぐ, 第一人

▼ 殿あたり~ (7, 0.1%)

1 かな, からの名匠, だろう, でさえも年, で祭り, はしづか, を歩い

▼ 殿~ (7, 0.1%)

1 ていた, て曹操, て来り, て討死, て退かん, て退こう, ながらつい

▼ 殿~ (7, 0.1%)

2 のである 1 お一言, ので, のでお, 何処へな, 引っ連れ

▼ 殿よりも~ (7, 0.1%)

2 出格の 1 きついお, 何とぞ, 少し年上, 篤とお, 親しく御

▼ 殿其方~ (7, 0.1%)

1 が親父富右衞門, とも死骸檢視, は先月廿七日, は其の, は母, は細川, を見る

▼ 殿出座有~ (7, 0.1%)

1 て一同呼, て傳吉, て其方事先達て, て吟味, て如何, て文右衞門, て砂利

▼ 殿少し~ (7, 0.1%)

2 聲を 1 お憩, 下りて, 話したい事, 酔って, 駕の

▼ 殿帥府~ (7, 0.1%)

1 から, にお, の副官陸謙, の最, の若い, の高家, までお

▼ 殿~ (7, 0.1%)

1 におわせられましょう, に対して詫び, はそういう, はどう, はみな乳, はみな若人, もたくさん

▼ 殿あなた~ (6, 0.1%)

1 です, に感謝, は先日私, は私, は遊廓, まだほんとに処女

▼ 殿お前~ (6, 0.1%)

1 の返事, は南条, は若い, もお, も希望通り, 迄が馬鹿

▼ 殿かと~ (6, 0.1%)

1 云に, 合点する, 思いますが, 思ひましたら貴所, 思わるる峰, 遠くから

▼ 殿からは~ (6, 0.1%)

1 お訊ねあるまい, この扇箱ひとつ, こんなにも離れ, その事, まだ, 夕餉の

▼ 殿であろう~ (6, 0.1%)

1 とは, とは存じませな, と京, と恐怖, ものなら, 一匹の

▼ 殿といふ~ (6, 0.1%)

1 のは, 歌も, 處あり, 觸れ, 言葉さへ, 額の

▼ 殿なる~ (6, 0.1%)

1 か我, ところへ, や明白, 程町内の, 程齒に, 謂は

▼ 殿へと~ (6, 0.1%)

1 あとの, した公開状, のへ, 書いて, 札が, 馬を

▼ 殿また~ (6, 0.1%)

1 ご縁, 九郎兵衞夫婦を, 後醍醐の, 痺れでも, 逢いましょうぞ, 違約され

▼ 殿~ (6, 0.1%)

2 ぞ別れ 1 のあの, はもう, もし此処, もし此處

▼ 殿女中~ (6, 0.1%)

1 が忍びやか, が笑い, であって, の方, はちょっと, は玉章

▼ 殿宮アイ子さん~ (6, 0.1%)

1 にほんとう, のお, はホント, は在学中, は貴方, をソッ

▼ 殿殿たち~ (6, 0.1%)

1 が目, どうなろう, には分らぬ, にも結構, の方, は上

▼ 殿~ (6, 0.1%)

1 に御, の妖怪邸, の官員, の方, の青山因幡守様, まで車力

▼ 殿篤と~ (6, 0.1%)

1 一覽致れ, 富右衞門の, 是を, 聞れし, 聞請られ, 見られコリヤ九郎兵衞今大源

▼ 殿貴公~ (6, 0.1%)

1 とんだ濡れ衣, の方, はもう, はやはり, ばかりだ, へちと

▼ 殿~ (6, 0.1%)

1 といふもの, に取, はそれ, は定め, は近来, もございますまい

▼ 殿~ (6, 0.1%)

1 がある, にふかく, の大, の梁, の王者みたい, の絵

▼ 殿點頭~ (6, 0.1%)

1 かれ如何, かれ引合, れて, れコレ, れ成, れ諏訪町

▼ 殿あれ~ (5, 0.0%)

1 は, はどう, は事実, は忠義, をひとつ

▼ 殿お願い~ (5, 0.0%)

1 して, しますお願い, でござる, で御座います, 申します

▼ 殿しばらく~ (5, 0.0%)

1 お待ちを, ここへ, でござった, 待って, 離れて

▼ 殿そう~ (5, 0.0%)

1 では, とって, はなりませぬ, 憤慨を, 申されな

▼ 殿だった~ (5, 0.0%)

2 のでしょう 1 から止める, な, のにと思う

▼ 殿だって~ (5, 0.0%)

1 いつかはと, 会うぐらいは, 好んで, 戦に, 決して悪い

▼ 殿であっ~ (5, 0.0%)

2 ても打っちゃっ 1 てもお家, ても金堂, ても鳰鳥

▼ 殿でなく~ (5, 0.0%)

2 て弓削 1 お由羅殿, てこの, 徳川幕府

▼ 殿どこ~ (5, 0.0%)

1 におられる, におります, へ行った, もお, も何

▼ 殿などに~ (5, 0.0%)

1 お参りし, なると, 何が, 見出されたか, 訊くこと

▼ 殿などは~ (5, 0.0%)

1 危険に, 大の, 怪我させ, 殊さらに, 長く捨てられた

▼ 殿なども~ (5, 0.0%)

1 やがては, 修理せさせ, 居らるるのに, 昨年切腹こそ, 膝くみ合せ

▼ 殿にとっては~ (5, 0.0%)

1 ここまたとない, そなた, その方, 大事な, 御養父

▼ 殿に対し~ (5, 0.0%)

1 お敵対, 少しも, 我ら手を, 敵対する, 楯つく

▼ 殿ばかり~ (5, 0.0%)

2 では 1 でなく御, でなく日本, ゆゑ盜まれたる

▼ 殿ほどの~ (5, 0.0%)

1 お方の, 名人は, 御仁が, 美しい女子, 鋭敏な

▼ 殿もう~ (5, 0.0%)

1 いけない, おやすみに, これ以上待つ, 二年も, 大丈夫

▼ 殿わし~ (5, 0.0%)

1 が今晩, が家, にはなそ, は行く, を殺し

▼ 殿一人~ (5, 0.0%)

2 では 1 だ, は中御門山尾殿, を倒せ

▼ 殿呵々~ (5, 0.0%)

4 と笑 1 と打

▼ 殿坂時代~ (5, 0.0%)

2 の緑雨 1 から初, であって, となる

▼ 殿~ (5, 0.0%)

1 がねぶ, の伴, は二重, をかえりみ, をかへりみ

▼ 殿崩し~ (5, 0.0%)

2 の襟脚, は苦手 1 は俺

▼ 殿~ (5, 0.0%)

1 がつい, であるのに, のはず, のシクラメン, は桜山

▼ 殿いかが~ (4, 0.0%)

1 でござる, でござるせっかく, でござるな, でござろう五十嵐右内殿

▼ 殿こちら~ (4, 0.0%)

21 が佐原嘉門殿, へおいで

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 へその, へ亡者, ような, ア

▼ 殿それに~ (4, 0.0%)

2 相国寺の 1 一点の, 一點の

▼ 殿だの~ (4, 0.0%)

1 小三條, 正親町殿だ, 石田だの, 粗暴な

▼ 殿でも~ (4, 0.0%)

1 ないかと, ないのに, なく, 今に一

▼ 殿とか~ (4, 0.0%)

1 呼ばれて, 杉本宗祐さんとか, 申方は, 高氏様とか

▼ 殿とやらに~ (4, 0.0%)

2 早速屋敷 1 会って, 逢ったの

▼ 殿と共に~ (4, 0.0%)

1 帰国中を, 幸福に, 都へ, 閣老を

▼ 殿などと~ (4, 0.0%)

1 まるで男, 云う幾つ, 云われたので, 浪花節で

▼ 殿などの~ (4, 0.0%)

1 ことも, 怨みを, 潰れた屋根, 美術的な

▼ 殿なり~ (4, 0.0%)

1 お身, しと, 勤めまするいずれ, 右の

▼ 殿にまで~ (4, 0.0%)

1 出て, 及すまでに, 御迷惑, 進出し

▼ 殿に従って~ (4, 0.0%)

1 せい, 尼ヶ崎城へ, 江戸へ, 足利

▼ 殿らしい~ (4, 0.0%)

1 ご最期, ご趣味, 人を, 凄いこと

▼ 殿をば~ (4, 0.0%)

2 浮世に 1 じゃな, 使者の

▼ 殿コリヤ~ (4, 0.0%)

1 平左衞門, 早其方, 未だ其方, 直助

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 あの林, なぜお, ぬかり給うな, 御用心

▼ 殿何者~ (4, 0.0%)

1 か我が, か私達, でござるかな, でござるな

▼ 殿出座~ (4, 0.0%)

1 あつて七右衞門并, あつて願人花房屋, ありて, あり大岡殿正面端近く

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 の仏画, の真, の羅漢, をも知らなかった

▼ 殿同じく~ (4, 0.0%)

1 令甥チッバルト, 可憐なる, 夫人及び, 夫人同じく

▼ 殿吟味~ (4, 0.0%)

1 により安間, に及ばれし, の致され, 有しに

▼ 殿家來~ (4, 0.0%)

1 と云且水田屋藤八, と申神田豐島町酒屋, は早々, へ同

▼ 殿~ (4, 0.0%)

2 ですね 1 として大坂, 右衛門殿

▼ 殿屋敷~ (4, 0.0%)

1 の近く, へ参る, へ明日天一坊殿, までそっと

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 をつたわっ, を渡られ, を進ん, 悉く火

▼ 殿役宅~ (4, 0.0%)

1 にては間, の白洲, へ罷出べき, へ送り

▼ 殿所司~ (4, 0.0%)

4 之時分

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 のつけやう, のつけよう, を取り合い, を拍

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 と小, の知己友人, は何, は当

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 の六千石, の際, をこえ, ヘ呼ビニヤッテ

▼ 殿殿~ (4, 0.0%)

1 お馬, ならば, には博覽會, はやお

▼ 殿~ (4, 0.0%)

1 を付け, を確, を確か, 永く待つ

▼ 殿江戸~ (4, 0.0%)

1 からお客, にいた, も私, よりご

▼ 殿白洲~ (4, 0.0%)

1 に出, に於, へ呼出され, を見られ

▼ 殿直々~ (4, 0.0%)

1 でなければ, に火急, のさし, の上意

▼ 殿粂之進~ (4, 0.0%)

3 に對 1 を白眼

▼ 殿重ね~ (4, 0.0%)

1 て其三五郎妻, て其喜八, て彌, て此二品

▼ 殿頭様~ (4, 0.0%)

1 この狼藉, ご用人, には密貿易, の御代

▼ 殿あり~ (3, 0.0%)

1 て十二町, 其殿に, 朱碧の

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 ざおいでなされい, ずくより, な

▼ 殿いざ~ (3, 0.0%)

2 参ろう 1 ご一緒

▼ 殿いずれ~ (3, 0.0%)

1 へなり, もかよう, も何

▼ 殿いつ~ (3, 0.0%)

1 までも私, 何時頃どこへ, 通っても

▼ 殿おいで~ (3, 0.0%)

1 かな, でご, と知ったなら

▼ 殿お前様~ (3, 0.0%)

1 だ, であった筈, もお

▼ 殿お待ち~ (3, 0.0%)

1 なさい, なされい, 下さい

▼ 殿がた一順~ (3, 0.0%)

3 すみて

▼ 殿この世~ (3, 0.0%)

1 にいませぬ, に生きおる, に用

▼ 殿ごとき~ (3, 0.0%)

1 におくれ, に嬲らるる, 方であるなら

▼ 殿さよう~ (3, 0.0%)

1 でありましたな, でご, でござろう

▼ 殿それでは~ (3, 0.0%)

1 戴いて, 美麻奈姫様を, 誠に御

▼ 殿たち人間~ (3, 0.0%)

1 がさほど, が無い, の人形

▼ 殿ちょっと~ (3, 0.0%)

1 こちらへ, こっちへ, 戸外へ

▼ 殿での~ (3, 0.0%)

1 お住居いかが, 夜遊の, 音楽よりも

▼ 殿といった~ (3, 0.0%)

1 人だ, 吉宗公に, 吉宗公も

▼ 殿とうとう~ (3, 0.0%)

1 成功なされた, 発狂と, 目付けました

▼ 殿としては~ (3, 0.0%)

1 うごきたいにも, 小太郎殿の, 立場も

▼ 殿とて~ (3, 0.0%)

1 ひそかに, まるで血の気, 手古奈の

▼ 殿とても~ (3, 0.0%)

1 同じよう, 御用人格の, 心安くし

▼ 殿とやらの~ (3, 0.0%)

1 世にも不思議, 希望どおり江戸表の, 意気組み自

▼ 殿どうか~ (3, 0.0%)

1 したん, 幾久しく, 拙者に

▼ 殿において~ (3, 0.0%)

1 天皇陛下は, 崩御あそばされた, 演ぜられ実隆

▼ 殿における~ (3, 0.0%)

1 夜宴の, 奏楽と, 御行事

▼ 殿に対しては~ (3, 0.0%)

1 不忠と, 人の, 天神も

▼ 殿よい~ (3, 0.0%)

1 ものが, 折, 知恵を

▼ 殿よく~ (3, 0.0%)

1 穂先から, 聞かれよ此, 観て

▼ 殿今日~ (3, 0.0%)

1 はお, はこれ, は別して

▼ 殿以上~ (3, 0.0%)

1 で, の御, 放鷹

▼ 殿何所~ (3, 0.0%)

2 へ行 1 より何

▼ 殿何故~ (3, 0.0%)

1 あつて此, に天一樣, に明白

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 によって先達, の如く, の如く出座有

▼ 殿共々~ (3, 0.0%)

1 お屋敷, 寸毫の, 父上の

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 は一應, は何程貰, 葬りし寺

▼ 殿助け~ (3, 0.0%)

3 てくだされ

▼ 殿参られ~ (3, 0.0%)

2 候に 1 て酒宴

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 にアイネアス, に溢れた, 御一同

▼ 殿天英宗清~ (3, 0.0%)

3 大居士

▼ 殿夫婦~ (3, 0.0%)

1 の體最憐然, を仲人, を右

▼ 殿宮視学さん~ (3, 0.0%)

1 とゾッと, と川村書記さん, に違い

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 が昨夜, の方, 程に案じ

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 ともあさ, に設け, の外

▼ 殿心中~ (3, 0.0%)

1 にお, に何程佞奸無類, に甚だ

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 にきる, に被る, を仇

▼ 殿意外~ (3, 0.0%)

2 に思され 1 も意外

▼ 殿我ら~ (3, 0.0%)

1 が主君義明公, こころよく寝みます, と同じく

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 と聞, と聞給ふよ, の如く約束

▼ 殿早速~ (3, 0.0%)

1 對面あり, 御召有つて日野家の, 白洲へ

▼ 殿明日~ (3, 0.0%)

1 ともいわず, は怒, は私

▼ 殿~ (3, 0.0%)

2 徐かに 1 所治部め

▼ 殿~ (3, 0.0%)

2 は花山院殿 1 は二条三条

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 には公用人櫻井文右衞門田村治兵衞此方, に下女, へござれ

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 の孝助, の引出物, の高

▼ 殿此體~ (3, 0.0%)

2 を見られ 1 を熟

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 は傍輩, れ忠兵衞右樣, れ此上

▼ 殿神妙~ (3, 0.0%)

2 なりと 1 なりシテ

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 の上, も其場, 御相談

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 こそ參, こそ御, こそ有

▼ 殿自身~ (3, 0.0%)

1 であったの, で附い, に具足櫃

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 じゃ酒, などなかなか, を好み

▼ 殿~ (3, 0.0%)

1 とは去年, の両側, を守らし

▼ 殿頭意次~ (3, 0.0%)

1 のよう, の倅若年寄山城守意知, の許

▼ 殿あした~ (2, 0.0%)

1 はその, はまた

▼ 殿あるいは~ (2, 0.0%)

1 五節殿と, 小松長者と

▼ 殿いか~ (2, 0.0%)

1 いご, があそばします

▼ 殿いったい~ (2, 0.0%)

1 そりゃどう, は巨大

▼ 殿いつも~ (2, 0.0%)

1 ご健勝, の病気

▼ 殿いま~ (2, 0.0%)

1 がよい, の間

▼ 殿いや~ (2, 0.0%)

1 さ鼠殿, 佐々木と

▼ 殿いよいよ~ (2, 0.0%)

1 お立ちかな, 大東京

▼ 殿おお~ (2, 0.0%)

1 いえいいえ, 浜路殿

▼ 殿お家~ (2, 0.0%)

1 にとって容易, に取つ

▼ 殿お話し~ (2, 0.0%)

1 くださるまいか, のお

▼ 殿がた~ (2, 0.0%)

1 にはわからない, はすぐ

▼ 殿こっち~ (2, 0.0%)

1 にばかり物, へ

▼ 殿さん~ (2, 0.0%)

1 でも, の矢帆

▼ 殿すなわち~ (2, 0.0%)

1 西園寺, 関白藤原道兼の

▼ 殿すら~ (2, 0.0%)

1 御存じなかっ, 持て余したこの

▼ 殿そういう~ (2, 0.0%)

1 人達でありましょう, 次第じゃ

▼ 殿そこ~ (2, 0.0%)

1 では充分, 離して

▼ 殿その他~ (2, 0.0%)

1 があります, の建築保存

▼ 殿そんな~ (2, 0.0%)

1 もので, 弱気で

▼ 殿ただいま~ (2, 0.0%)

1 このお座敷, 取次いで

▼ 殿たつた~ (2, 0.0%)

2 今一首所望いたす

▼ 殿だに~ (2, 0.0%)

1 なくは, なくば

▼ 殿づくり~ (2, 0.0%)

1 あり, すること

▼ 殿づくり朝日夕日~ (2, 0.0%)

2 の押し

▼ 殿でござろう~ (2, 0.0%)

1 がな, 相違ござるまい

▼ 殿とで~ (2, 0.0%)

1 お眼, 己を

▼ 殿ともども~ (2, 0.0%)

1 お浦, 逢いに

▼ 殿とやらは~ (2, 0.0%)

1 そなた, 死ぬにも

▼ 殿とを~ (2, 0.0%)

1 反謀, 繋いで

▼ 殿どうして~ (2, 0.0%)

1 ここへは, 手に

▼ 殿どうぞ~ (2, 0.0%)

1 やして, 拙者と

▼ 殿どちら~ (2, 0.0%)

1 かなれ, へ参られまする

▼ 殿どの~ (2, 0.0%)

1 からきょう, も風呂場

▼ 殿ならず~ (2, 0.0%)

1 ともわし, ば斯手

▼ 殿ならびに~ (2, 0.0%)

1 御息女, 正木殿の

▼ 殿について~ (2, 0.0%)

1 一年でも, 來る

▼ 殿にとって~ (2, 0.0%)

1 なにより, 何かの

▼ 殿にとりまして~ (2, 0.0%)

1 必要の, 必要無二の

▼ 殿にとりましては~ (2, 0.0%)

1 何んで, 色仕掛けなどと

▼ 殿にのみ~ (2, 0.0%)

2 渡らせ給

▼ 殿によって~ (2, 0.0%)

1 役づき, 観桜の

▼ 殿に対する~ (2, 0.0%)

1 小家で, 敬慕が

▼ 殿ぶり~ (2, 0.0%)

1 に宵, を見初め

▼ 殿へだけ~ (2, 0.0%)

1 おいでに, では

▼ 殿ほか~ (2, 0.0%)

1 の方々, ひの

▼ 殿ほど~ (2, 0.0%)

1 我々の, 現代人の

▼ 殿まず~ (2, 0.0%)

1 一杯ご, 君から

▼ 殿までが~ (2, 0.0%)

1 さよう, 拙者を

▼ 殿めき~ (2, 0.0%)

2 てゆたか

▼ 殿やら~ (2, 0.0%)

1 京の, 何しろ一

▼ 殿よと~ (2, 0.0%)

1 云われる父親, 今川家などにおいても

▼ 殿よりは~ (2, 0.0%)

1 今になん, 愚僧の

▼ 殿わらわ~ (2, 0.0%)

1 に恋, はそ

▼ 殿を以て~ (2, 0.0%)

1 管領家を, 自他共に

▼ 殿を通じて~ (2, 0.0%)

1 お耳, 二度まで

▼ 殿サマ~ (2, 0.0%)

1 に招かれ, の一族

▼ 殿ソレ~ (2, 0.0%)

1 縛れと, 縛れとの

▼ 殿ッこれ~ (2, 0.0%)

1 には何, はすっかり

▼ 殿ナニ苗字~ (2, 0.0%)

1 は切首, は知らぬ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 加勢, 加勢也

▼ 殿一藩~ (2, 0.0%)

2 の危急

▼ 殿不審~ (2, 0.0%)

2 に思はれ

▼ 殿世上~ (2, 0.0%)

2 の噂

▼ 殿主税~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 殿久八~ (2, 0.0%)

1 に申さる, を見られ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 は女帯, 甚感甚賞賜乍辱御言蒙

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 いかなる天魔, すでにすべて成就

▼ 殿事明治二十四年父庄造死去~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 殿二人~ (2, 0.0%)

1 でここ, の者

▼ 殿二千八百石~ (2, 0.0%)

2 を食ん

▼ 殿五兵衞~ (2, 0.0%)

1 へ尋問ら, を見られ

▼ 殿以下~ (2, 0.0%)

1 の者, の船手

▼ 殿以外~ (2, 0.0%)

1 に, にはお

▼ 殿仰せ~ (2, 0.0%)

1 には其方, のとおり自分

▼ 殿何事~ (2, 0.0%)

2 も天下

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 にここ, へまいりまする

▼ 殿先刻~ (2, 0.0%)

1 は段々, より熟

▼ 殿其者~ (2, 0.0%)

1 に向, は人

▼ 殿冬次郎様~ (2, 0.0%)

1 あの際, には討っ

▼ 殿冷泉中納言猪熊殿~ (2, 0.0%)

2 など夥しい

▼ 殿初め~ (2, 0.0%)

1 御役人方, 御役人殘ら

▼ 殿勘兵衞~ (2, 0.0%)

1 に對, を怪敷

▼ 殿勘弁~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 殿南殿~ (2, 0.0%)

1 に頼まれ, より承わり

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 られ御

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 宜御沙汰, 惜勇士を

▼ 殿合戦~ (2, 0.0%)

1 の当日, の起こり

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 とよ願, 彼の

▼ 殿喜八~ (2, 0.0%)

1 に對, を牢

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 年間予て, 年間予ね

▼ 殿夜中~ (2, 0.0%)

1 ながら御, のお

▼ 殿大音~ (2, 0.0%)

1 にて大, にて粂之進

▼ 殿大音聲~ (2, 0.0%)

1 に如何, に默止爾等

▼ 殿奉行所~ (2, 0.0%)

1 にて裁許, へ訴

▼ 殿奥方様~ (2, 0.0%)

1 がご, よりこの

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 でございました, の初心

▼ 殿好み~ (2, 0.0%)

2 の細い

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 おふみ殿, となる

▼ 殿姫君~ (2, 0.0%)

2 を奪われました

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 は見えませんでした

▼ 殿存じ~ (2, 0.0%)

2 寄らざる御

▼ 殿実は~ (2, 0.0%)

1 こうで, なこの

▼ 殿宮夫人~ (2, 0.0%)

1 と二人, を二重

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 の勤め泊り, の首尾

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 には以後養子, のとある

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 に牛小屋, の人びと

▼ 殿尊氏~ (2, 0.0%)

1 とは永劫, も遠く

▼ 殿尋問ら~ (2, 0.0%)

2

▼ 殿對面有~ (2, 0.0%)

1 て身分, に山住

▼ 殿左樣~ (2, 0.0%)

1 かと申され, に知る

▼ 殿市郎左衞門~ (2, 0.0%)

1 と呼, は如何

▼ 殿帥府副官~ (2, 0.0%)

1 ってえお, の名

▼ 殿帰村~ (2, 0.0%)

1 に付一寸申, に付一筆申

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 の長, 若きにも

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 に初, に老中方

▼ 殿幾歳~ (2, 0.0%)

1 でしたかな, になっ

▼ 殿広橋殿西園寺殿~ (2, 0.0%)

2 転法輪

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 の舞台

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 兵衞を, 十に

▼ 殿役所~ (2, 0.0%)

1 へ神田豐島町居酒屋, へ罷

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 かに武州幸手宿穀屋平兵衞, かに言葉

▼ 殿御苦労~ (2, 0.0%)

1 でご, ながら

▼ 殿御身~ (2, 0.0%)

1 が毎晩, が行末

▼ 殿御返事~ (2, 0.0%)

1 といふ一文, を承りたい

▼ 殿思案~ (2, 0.0%)

1 の上, はござらぬ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 る日, 時役人を

▼ 殿或は~ (2, 0.0%)

1 あしゃげがあつて其中には, 乞士としての

▼ 殿所持~ (2, 0.0%)

1 せられし大小印形, の宝物

▼ 殿打聞~ (2, 0.0%)

1 れ扨, れ斯

▼ 殿拝殿~ (2, 0.0%)

1 の三棟, 着到殿

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 なり其譯は, 其と

▼ 殿新田殿足利殿~ (2, 0.0%)

1 そして後醍醐, また後醍醐

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 の約束, は武士

▼ 殿時代~ (2, 0.0%)

1 の夜, 或いは台徳院殿

▼ 殿曲者~ (2, 0.0%)

1 に對, は法

▼ 殿最早~ (2, 0.0%)

1 や世, 委細は

▼ 殿板本~ (2, 0.0%)

1 は明, を參照

▼ 殿林歌~ (2, 0.0%)

2 の曲

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 が死體, の壺

▼ 殿樣それ~ (2, 0.0%)

1 はなりません, は大

▼ 殿樣ぢ~ (2, 0.0%)

1 や口惜しく, や手

▼ 殿樣振り~ (2, 0.0%)

1 です, で噂

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 太夫殿, 榮尼に

▼ 殿此上~ (2, 0.0%)

1 はとて平, 御尋ねなさる

▼ 殿武士~ (2, 0.0%)

2 の情け

▼ 殿殿姫君~ (2, 0.0%)

2 を奪われました

▼ 殿江戸屋敷~ (2, 0.0%)

1 の手の者, へ問合せ

▼ 殿浄華院日野殿東~ (2, 0.0%)

2 は花山院殿

▼ 殿浜路殿~ (2, 0.0%)

1 おお浜路殿, を連れ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 が勇氣, を見られ

▼ 殿点呼~ (2, 0.0%)

2 の時間

▼ 殿玉樓~ (2, 0.0%)

1 に住む, の奧

▼ 殿申され~ (2, 0.0%)

2 候は

▼ 殿町奉行~ (2, 0.0%)

1 には松平日向守殿鈴木飛騨守殿, 始めての

▼ 殿町方~ (2, 0.0%)

2 の御用

▼ 殿發打~ (2, 0.0%)

2 と白眼

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 といふ官職, 樣中田甚太夫を

▼ 殿直に~ (2, 0.0%)

1 不及, 見受けられ候趣

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 に皺, を顰め

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 たと, と手

▼ 殿稀有~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 ありて, 立派で

▼ 殿程の~ (2, 0.0%)

1 大惡非道, 威勢ある

▼ 殿立ち~ (2, 0.0%)

1 帰りましょう帰ると, 帰ると

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 はせられ, ひを

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 三が, 四が

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 八殿

▼ 殿綱手殿~ (2, 0.0%)

1 と共々, への恋

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 て其方, て又

▼ 殿聞い~ (2, 0.0%)

2 てくだされ

▼ 殿聞屆~ (2, 0.0%)

1 けられ早速, られ親元

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 と左樣, と然

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 を張, 懸け給

▼ 殿聲高~ (2, 0.0%)

1 によく, に扨

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 山貞性大姉と, 斎は

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 において恆例, を祓う

▼ 殿蛍飛思悄然~ (2, 0.0%)

2 という句

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 と泥

▼ 殿行列~ (2, 0.0%)

1 の中, の儀衛

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 に冠帯, へ隠れた

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 介お迎えに, 介じゃ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 らる, 終り玉ひ

▼ 殿覚え~ (2, 0.0%)

1 がござろう, てお

▼ 殿討滅~ (2, 0.0%)

2 御祈祷

▼ 殿誠に~ (2, 0.0%)

1 久し振なり, 今日は

▼ 殿請取~ (2, 0.0%)

1 て開き見, れしや

▼ 殿謀叛~ (2, 0.0%)

1 と申しまする, によって討っ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 というこの, の旦那

▼ 殿貴方~ (2, 0.0%)

1 は大橋文右衞門樣, も心得

▼ 殿足利殿~ (2, 0.0%)

1 そして後醍醐, また後醍醐

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 にあった

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 には山藍色, も魂

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 法輪三条殿を

▼ 殿逝去~ (2, 0.0%)

1 と聞き, の後

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 に迷われた

▼ 殿遠慮~ (2, 0.0%)

1 しては, はいりませぬ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 にありし, へ討入

▼ 殿酷い~ (2, 0.0%)

1 とはいの, 事を

▼ 殿附近~ (2, 0.0%)

1 に汚, をブラ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 の一人, 仕ると

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 の下, へ躍り上がっ

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 て同心, て白洲

▼ 殿頭定常~ (2, 0.0%)

1 で実は, の女

▼ 殿頭殿是~ (2, 0.0%)

2 を聞

▼ 殿顏色~ (2, 0.0%)

1 を變是, 宜しからず

▼ 殿~ (2, 0.0%)

1 ひ人, ひ人七右衞門并

▼ 殿飛騨守さま~ (2, 0.0%)

1 から拝領, へ笛

▼ 殿~ (2, 0.0%)

2 戸より

▼1* [1378件]

殿あたら勇士に, 殿あとを, 殿あぶないそこは, 殿あやまるわしの, 殿あるは東京, 殿あんたが真先, 殿いい鴨だろう, 殿いかにもさよう田沼殿は, 殿いくら山ん中つちうたつ, 殿いつお帰りになりました, 殿いつかはこうして, 殿いつぞやは申, 殿いまだ葺き合, 殿ッ, 殿差出候処, 殿おおせの通り, 殿おそらくその人, 殿おりましてございます, 殿おん壺春日野の銘, 殿お互いに浪々, 殿お側の御, 殿お前帰りがけに屹度剣難, 殿お召なされます, 殿お尋ねしたい砒石どこ, 殿お座が高い, 殿お急ぎなさりませ, 殿お揃いでござります, 殿お産があるで, 殿お祝い申す, 殿かえって来たり, 殿かつて政事をも, 殿かに御依頼, 殿かねて由良の, 殿かのように, 殿からかいや冗談, 殿からでもいうて, 殿からと言って, 殿がかあいけりや, 殿がと大に, 殿がもひとりあれ, 殿きたないぞ, 殿きょうは一つ, 殿こうお出でください, 殿こういう時こそ, 殿こそがその人, 殿ことごとしや何処, 殿ことに弥九郎の, 殿こまりましたなア, 殿こりゃ玄蕃の, 殿これからどうしましょう, 殿これらがみんな壺, 殿ごと添い臥しの, 殿ご存じか, 殿ご苦労でござる, 殿さして歸り行く, 殿さすがに仰天, 殿さぞお驚き, 殿さてさて出し惜, 殿さらばでござる, 殿しかし困りましたよ, 殿しからば, 殿しかるに盗み星め, 殿しずかにしずか, 殿しばしば遊びたまへ, 殿じゅうこぞってたいそうなお, 殿ぐやめさしておしまいなさい, 殿すぐ引っ返せっ, 殿すべて焔と化した, 殿すらにも及ばぬもの, 殿せしものは, 殿せっかく剣術を, 殿そこで手を, 殿そして後醍醐の, 殿そつくりではない, 殿その後は一向, 殿そりや聞えぬ, 殿そッくりに見え, 殿たいそう竹刀の, 殿たいへんじゃ, 殿たち二匹の物語, 殿たち名告らずば, 殿たった半時間, 殿たって死のうと, 殿たりと人の, 殿たれかしかるべき, 殿たんすい殿, 殿だけお渡り下さい, 殿だけがその後の, 殿だけでござります, 殿だけのものは, 殿だけは宮内省や, 殿だけへおいでに, 殿だけをつれて, 殿だにもおはせしか, 殿だまれ其方には, 殿だろうが誰, 殿ちかくへ来た, 殿ちと御急ぎゆえ, 殿ちょうど鉄砲洲への, 殿や, 殿っ助けて下さいっ, 殿ついておい, 殿つまり未来の, 殿づくり饑ゑし百人つちはこぶらし, 殿づけにし, 殿づとめするのを苦しく思う, 殿づとめするのを嫉きおるか, 殿づとめで武術の心得, 殿何です, 殿てっきり殺されたと, 殿でありますか, 殿であるらしいことが, 殿でございましたか, 殿でございましょうな, 殿でござればよもや, 殿でしたか, 殿でしたらこれ以上の, 殿でしょうね, 殿でなければならない, 殿とかいふ敬語の, 殿とかの建築や, 殿とかは娘御, 殿ときやがら, 殿としか見えないので, 殿としても少し殿, 殿とともに入洛の, 殿とに何う, 殿とにかく一応拙者の, 殿とばせをの墓, 殿ともかくも帰った, 殿とやらが参詣を, 殿とやらには一度も, 殿とりどり懐しい人達, 殿とりもちて行, 殿どうやら田沼の, 殿どっちみちもう一追い, 殿なかったら戦争, 殿なかなかお上手, 殿なきあとは, 殿なせるお丹乞食, 殿なぞも眼に, 殿などから御推挙, 殿などが最も望み, 殿などでもいつまでも, 殿などとは比較にも, 殿などには歯も, 殿などへこれ程までな, 殿なにとぞ望遠鏡を, 殿なら喜んで不束, 殿なら承っております, 殿なりと書きたり, 殿なりませんぞ殿, 殿なるほど其の藤助, 殿なれど初, 殿なんかたとえ向こう, 殿なんぞにももう忘れられ, 殿なんぞは見も, 殿なんとなされましたな, 殿においてかどでを, 殿においては義公様以来夙に, 殿にこそこの槍, 殿にさえろくろく笑顔, 殿にぞありける, 殿にたいして云い条, 殿にては在さずや, 殿にと図星を, 殿にとっても同様な, 殿にとり不利の, 殿になつて歩い, 殿にゃ姑の, 殿によってか拙者によって, 殿に対してもはらが, 殿に従う三河衆は, 殿に関する限りすべてが, 殿ぬかるな, 殿のと思ったらそれ, 殿のはそんな風, 殿のみの掌る, 殿はかへつて, 殿はしたないではご, 殿はじめとりどりかけはしる, 殿はじめ一切他人へ告げ口無用, 殿はじめ松本奎堂藤本鉄石吉村寅太郎の領袖, 殿はじめ私たちも仰天, 殿はじめ紀州ご藩士, 殿はじめ諾大名大勢弟子を持っ, 殿はじめ貴下の思召, 殿はてまえの, 殿はと問う者, 殿はといふ質問が, 殿はな今日嫁入先が, 殿はにがたの, 殿はの山伏の, 殿はやお時刻, 殿ばかりが頼りだ, 殿ばかりもたいした数, 殿ばかりを褒めて, 殿ばらは船, 殿ばら奢り増長我慢熾烈神明仏陀の怒り, 殿ひと稽古たのむ, 殿ひとつ御発句, 殿ひとりお死なせ申し, 殿ひどい目に, 殿ひどくしょげかえって, 殿びっくりして, 殿ふと気紛れ, 殿ぶり二十前後と思われます, 殿へでも内通され, 殿へとしてあるたった, 殿へとばかり言いおいて, 殿へよいうまでも, 殿ぎに, 殿ほか一族どももお待ち, 殿ほんに嬉しいこと, 殿ッこの, 殿まあその穴, 殿まいると書い, 殿まことに申しかねるが, 殿まだ一つ思い出し, 殿まではともかくそれ, 殿までもやッ気と, 殿までを雷鳴の, 殿みたいにこの, 殿でい, 殿め男を振る, 殿もしここで, 殿もっと此方へ, 殿やはり此処に, 殿やりましたな, 殿やり切れません相手が, 殿ゆえ千種どのをさしおい, 殿ゆるりと遊ん, 殿ゆゑ忽ち久八, 殿ゆゑ始終の所, 殿ゆゑ質屋からは矢, 殿ようこそ参られた, 殿ようこそ参られた, 殿よしたがよい, 殿よりとして弁当の, 殿はすでに, 殿らしくもない, 殿りだとでもいう, 殿わが殿, 殿わざわざのお, 殿わたくしがダイアモンド, 殿わたくし手許にもかやう, 殿わたしを恋死, 殿ゐならぶ子らよ, 殿をさえ煩わした, 殿をめぐってあらゆる策謀, 殿をわづらは, 殿を通して珍しいという, 殿アイヤ周馬先生どど堂島, 殿イヤかよう, 殿イヤサ其所が所謂虎, 殿イヤハヤ夫は甚だ, 殿イヤハヤ意氣地のなき, 殿イヤ夫は拷問, 殿イヤ汝隱すとも茲, 殿前ハナゼニソンナニ心得違イバカリシナサル, 殿オフェリヤ殿尼寺へでもお, 殿オーッお偉い, 殿オーッ私はその, 殿オーッ萩丸様は, 殿オヽ四年以前は享保元年何月, 殿オヽ能是迄白状, 殿カランス殿が仰せられる, 殿コリヤ三郎兵衞彼百兩は彌, 殿コリヤ久兵衞今其方, 殿コリヤ久兵衞其金子は市之丞, 殿コリヤ久兵衞是れにても, 殿コリヤ九助其方, 殿コリヤ九郎兵衞ふか那を聞, 殿コリヤ九郎兵衞夫婦其方共が悴, 殿コリヤ五郎藏其方の妻, 殿コリヤ兩人共默止と聲, 殿コリヤ其方は其專, 殿コリヤ其方ども九助入牢中何, 殿コリヤ其方左樣申す上, 殿コリヤ其煙草入の中, 殿コリヤ周藏木祖兵衞百姓代喜平次今藤八が申通り, 殿コリヤ憑司只今聞通りにて裾, 殿コリヤ村役人周藏木祖兵衞惣内夫婦横死の節檢使, 殿コリヤ民其方久兵衞より貰, 殿コリヤ長庵然ら, 殿コレ彌兵衞其所, 殿コレ主税之助, 殿コレ九郎兵衞八藏の申立, 殿コレ九郎兵衞娘が體, 殿コレ九郎兵衞渠が申, 殿コレ勘太郎汝は惡黨, 殿コレ品川宿の馬士其方, 殿コレ安五郎其河原の男女, 殿サッと顔色を, 殿サツと顏色, 殿サテ此儀は何ぢ, 殿シテ又首, 殿シテ傳吉は何云縁, 殿シテ其文は其方今, 殿シテ其武士の連, 殿シテ其邊に男, 殿ジカに与, 殿ジツと九助, 殿チョビ安のため, 殿ッ一大事ですぞ, 殿ト心ヲ合セオイチ御料ヲムカエ, 殿ト申スハ九郎義経公ノ御, 殿ナニ京都と申, 殿ナニ汝は砂利, 殿ナニ江戸表の寺ぢ, 殿ナニ衣類恰好で分つたと, 殿ナニ金十五兩とやコレ理左衞門時候見舞, 殿ナニ首が紛失, 殿ニアルトキハ軍中何トナク心ヲ安, 殿ニコノ由ヲ告ゲ申サルルニモ及バズ, 殿ノコノコと出, 殿ヒョウキンな話, 殿ホダ殿お産があるで, 殿参りましょう, 殿段々オレヲヨクシテクレタシ, 殿ヤヨ與惣次今專がまうせし, 殿ヨリ五百騎差越三郎殿ヘ加勢也, 殿一つ問答しようじゃ, 殿一ッ橋殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, 殿一体貴公達は, 殿一体全体獲物という, 殿一口に叱り飛ばした, 殿一周忌の法事, 殿一命を御, 殿一大事にご, 殿一層聲を, 殿一應お政, 殿一應糺問の上桝屋久藏, 殿一時の怒り, 殿一木殿また痺れ, 殿一献重ねられい, 殿一盞傾けられよ, 殿一言お告げいたしたいこと, 殿一躍炭薪奉行に, 殿一通り忠兵衞が妻, 殿一通披見致され彌, 殿一通申立よと有し, 殿七右衞門を呼, 殿七郎殿には現今, 殿三五郎の妻, 殿三人のお, 殿三介殿とよん, 殿三吉を見, 殿三斎忠興公御立籠り遊ばされおり候ところ, 殿三木半太夫, 殿三浦屋を呼, 殿三郎兵衞を呼, 殿上洛せらるるにつき, 殿下女留に向, 殿不実な男, 殿不意に苦悶, 殿不慮の御, 殿不満でもござろう, 殿不自由な足, 殿を去り, 殿に館員, 殿並びに夫人へ, 殿並綱手当座当屋敷, 殿中央に進まれ, 殿中小姓の清水一学殿, 殿中川淳庵殿そういう人達, 殿中村野村村野木村これが謹慎, 殿中根善之進殿を討った, 殿主人御名前, 殿主基の宮居, 殿主從なりと或は, 殿主蔵主監寺などの上職, 殿久々のご, 殿久兵衞に向, 殿之は麁忽千萬なり, 殿之を見られ其方手元, 殿乘打御免と云, 殿九代にわたるご, 殿九助に向, 殿九十郎にご, 殿九郎兵衞を見られ, 殿乾雲丸をお, 殿事お花樣の御, 殿事件は険悪, 殿事実は事実, 殿二人共多分存命, 殿二十一ヵ条武田家の信玄家法, 殿二条殿および京都守護職松平容保, 殿二番は山田三十郎, 殿二百五十石を食ん, 殿二言はご, 殿二階堂赤山山一高崎近藤と傑物, 殿五ヶ年奉公の内, 殿などはそんな, 殿井伊殿酒井殿も御, 殿京橋口の御, 殿を助けたれ, 殿人々の申立, 殿人形をそのまま, 殿人数当宿出張, 殿人間は欺け, 殿人風のもの, 殿仁山大居士, 殿仁山妙義大居士, 殿今ごろからどこ, 殿今のは貴殿, 殿今へんな女, 殿今一通には藤枝真太郎殿, 殿今宵はここ, 殿今度ばかりは御, 殿今度勅命により召寄せ, 殿今日かぎりでこの, 殿今無事ならば, 殿介ひとり召連れて, 殿介様で, 殿仕していた, 殿仕立は雨, 殿付け等の区別, 殿仙台殿一ッ橋殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, 殿以ての外叱られ其方船持, 殿以下人も馬, 殿以下浜松の家臣, 殿以來大鹽, 殿以来の忠勤, 殿以来楯無しだけは甲斐, 殿以来牢人の子, 殿以降屡々角闘, 殿仰せらるには, 殿仰せらく桑名侯松平越中守の家臣, 殿仰せられてござる, 殿伊丹の城中, 殿伊勢屋の番頭, 殿伝右殿おついで, 殿住吉町吉兵衞の願, 殿佐十郎を呼, 殿佐原殿稀有のこと, 殿何だ三吉其方の, 殿何ぢや平, 殿何と市郎左衞門只今聞通り本人は, 殿何より先に, 殿何んとされました, 殿何処へ行き給う, 殿何刻であろう, 殿何方へ参られます, 殿何時でありますか, 殿何源次郎其方妻は右, 殿作右衞門へ, 殿侍従松平康福殿などいずれ, 殿信西入道あらゆる人びと, 殿信誉自然現成大姉, 殿信長は何, 殿を貴, 殿倒れさせ給いて実相房僧正験者, 殿假令上役の申付, 殿假令其方陳ずるとも, 殿假令弟十兵衞が何と, 殿偶然といおう, 殿を持たれよ, 殿傳吉を見られ, 殿傳吉殿那程捌けて, 殿活瑞仙大, 殿元利百五十兩四郎右衞門に請取, 殿兄弟をながめ, 殿先一通り聞て下され, 殿先切首の多, 殿先吉三郎に向, 殿先程黙って, 殿先頭に立たれい, 殿尚公, 殿光秀さまを取り囲み, 殿も角, 殿せられ候樣, 殿全く珍らしい, 殿全体の空間, 殿兩人共默れと, 殿公事御勝利, 殿公事方勘定奉行駒木根肥後守殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 殿公用人櫻井文左衞門藤八に向, 殿六週間前あの女, 殿其の右に, 殿其事に與, 殿其事故は先日, 殿其人物を御, 殿其他いづれも, 殿其伯母と云, 殿其傳吉は其方召抱, 殿其儀は何成共, 殿其儀二十七日に召捕, 殿其儀勘太郎申には去年十一月十七日, 殿其八五郎とは先達て八丈島, 殿其多兵衞と申者商, 殿其平左衞門は京都, 殿其手續を大概, 殿其方共は村方, 殿其方共一同是, 殿其方如何に爭, 殿其方歳は何歳, 殿其松五郎は何方, 殿其生田源内と云, 殿其藤助が家内, 殿其許に渡し, 殿其趣きなれば, 殿其願山と申者, 殿て目, 殿内府の墳墓, 殿内心に此者, 殿内検地詰存外の上, 殿内藤殿脇坂殿いずれへなり, 殿内部の作法鋪設, 殿再び九助に, 殿再度願山を, 殿のお, 殿処刑すべき捕虜, 殿て来ました, 殿出席有て訴訟人越後高田領百姓憑司, 殿出立じゃ, 殿出門有ば此方, 殿出馬あり今, 殿瀬留が, 殿初め重役の面々各々手水, 殿別懇じゃ宿坊, 殿利兵衞に對, 殿利歌を好み, 殿刺し違えて下されい, 殿ち伊賀亮, 殿前此一点の醜悪, 殿前此一點の醜, 殿前野良沢殿あの人達, 殿前面の兵, 殿は柳生, 殿副使の梶川庄右衞門殿, 殿助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 殿助志水善三郎外に隆西堂, 殿勝尾寺大谷などその, 殿勝負は後日, 殿勤めはつらい, 殿勤役中四五の裁許, 殿勤役中屈指の裁許, 殿勤役中數多の裁許, 殿北山大原の領地, 殿北政所も同じ, 殿北極殿の奥, 殿医奥医師かそんな, 殿医師嵐山某え縁談, 殿十二間につくり, 殿十分に討取, 殿十右衞門に向, 殿十太夫殿またご, 殿千太郎父吉兵衞養父五兵衞兩人の名, 殿千浪どの弟, 殿千種殿までもやッ気, 殿午後未刻, 殿卑怯では, 殿卒去遊ばされ次いで, 殿印揚候者も警固一通, 殿印藤猪荻野隣羽仁常諸兄御出崎, 殿いこと, 殿危険でござる, 殿厚くお礼を, 殿参った時のみ, 殿参りましてニ, 殿參向致され其頃歸路, 殿又は月輪殿, 殿又新吉原三浦屋四郎左衞門を呼, 殿及び浴殿, 殿及旧門下之仁, 殿計にて, 殿取上られて早速, 殿取立てのこと, 殿口廊門表門にかけて一しきり, 殿口敏が爲, 殿只今に相成, 殿只今大阪の商人河内屋太郎兵衛, 殿右留守居に對, 殿右門殿いかがでござる, 殿司のはそのまま, 殿司制使の役, 殿司制使楊志が流され, 殿司寮の者, 殿司斗南鉄舟徳済というよう, 殿各務氏山東轟の四人, 殿吉三郎を呼出し, 殿吉井仁左衛門殿大久保一蔵殿罷り出まして, 殿吉兵衞に向, 殿吉川殿にもいたく, 殿同半左衛門殿にて, 殿同心を呼, 殿向こうへ向こう, 殿君公のお召, 殿君等の敬詞, 殿否さ幾日頃に文右衞門方, 殿否二三年では, 殿否僞りなし, 殿否其儀は猶, 殿否其方は町内, 殿否是には何, 殿否汝は種々, 殿吾助が面體, 殿吾輩は東京天狗倶楽部, 殿呼出の上去年霜月十七日, 殿をかけ, 殿品川まで見送られ, 殿品川宿の方, 殿哭かせて下さい, 殿唯今申し上げて, 殿喜兵衞勘右衞門と呼ばれ, 殿嘉門殿稀有のこと, 殿器用にお, 殿嚇して取り返しましょう, 殿四国を廻っ, 殿四御殿など皆槐, 殿四邊に人, 殿在宅か, 殿地獄の火, 殿地蔵堂の地, 殿坂上に在, 殿坂下まで歩い, 殿坂教会で海老名弾正, 殿坐れッ, 殿堀遠江守様には先年, 殿報班斉と, 殿墨付一通を渡され, 殿を立てましょう, 殿な運命, 殿夕顔殿に頼む, 殿夥しい蛍を, 殿大きな獲物, 殿大きに驚かれ扨, 殿大久保一蔵殿罷り出まして, 殿大儀ながらあの, 殿大八殿もご, 殿大分閙しさ, 殿大坂御城代, 殿大層早くお, 殿大岡越前守御同道, 殿大岡越前守殿公事方勘定奉行駒木根肥後守殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 殿大廈も震い崩, 殿大文字等の光景, 殿大極殿総章観, 殿大概是を悟られ, 殿大槻玄沢殿この人達, 殿大槻玄沢殿桂川甫周殿石川玄常殿, 殿大樹公近衛殿へは吸物五種, 殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 殿大相居士ト号ス則チ文ハ宮ノ御, 殿大老職の頃同家, 殿大音揚汝れ長, 殿大頭ばかりが並ん, 殿天一坊の事, 殿天命に安, 殿天王殿法輪殿などと云う, 殿太刀を借ります, 殿太田備中守殿松平左京太夫殿等御相談, 殿失礼ながら御身, 殿失脚と仰せられまする, 殿奉書を下され, 殿女中丸髷に結った, 殿女童部屋奴僕の小屋, 殿女装なれば, 殿如何さま番人の九助, 殿如何なる前世の, 殿如何樣に其方, 殿如何樣夫も道理, 殿如何樣藤八其通に相違無, 殿ご織江殿, 殿妾等が頼り, 殿はああ, 殿始めて松山, 殿始め一党のこと, 殿始め一味の徒党, 殿始め同志の方々, 殿始め大勢の人夫其外, 殿始め家臣一統にも早, 殿始終を篤と, 殿委細の事故, 殿委細尋問有りしかばお專一, 殿委細承知致したりと, 殿姿具しての, 殿威猛高になられ, 殿お菊, 殿もいない, 殿季節の商, 殿学士となっ, 殿孫太夫殿と並ん, 殿と徳右衛門町, 殿守台や古墳, 殿んじ, 殿安吾ヨビステが殺到, 殿安生殿に山, 殿安見宅摩殿臙脂屋と御, 殿もって, 殿の甘, 殿宮さんが壇上, 殿宮アイ子は県立高女在学中, 殿宮アイ子様にお, 殿宮内の無心, 殿宮小公爵の処, 殿宮忠純老元帥, 殿宮愛四郎氏は本県, 殿宮愛四郎氏宛に残し, 殿宮視学のお, 殿宮視学官様のお, 殿にかと聲, 殿家中の者一統, 殿家來牧野小左衞門, 殿家士梅津羽左衛門の娘, 殿家督相續萬端首尾よく相, 殿家臣じゃよ, 殿家臣大石内藏助始め忠義, 殿家臣竹田なにがし, 殿容子はどう, 殿宿直所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 殿の罪, 殿寄附のビラ, 殿寇掠を逞しゅう, 殿寝だら可がべ, 殿寝所は, 殿だら可, 殿寵愛の萩丸殿, 殿寺社奉行より掛合, 殿寺社奉行黒田豐前守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 殿専門に寝泊り, 殿尊霊もそ, 殿尋問る, 殿孩は, 殿小さく可憐な, 殿小兵衞を見られ, 殿小夜衣の方, 殿小屋へ通る, 殿小田山より落し掛天安, 殿少尉どのォ, 殿ては治平殿貴公, 殿尼寺へでもお, 殿屏風の中, 殿山住河内が申, 殿山浦氏これが因果, 殿山田一郎右衛門殿高崎五郎左衛門殿など, 殿は微動, 殿嶺春泰殿桐山正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 殿工夫有つて, 殿左方には手附手代威儀嚴重, 殿差出され候処御, 殿市之丞殿愚老に構わず, 殿帥府最高の大官, 殿を進まれ, 殿左衞門を, 殿平伏致され少し, 殿平助の代, 殿平助樣の御, 殿平常とは違います, 殿年來の本意, 殿年内余日も無く, 殿年月日と一人一人, 殿年来父上とは, 殿年甲斐もない, 殿幸五郎殿御苦労さまで, 殿斎藤孝公御, 殿庄兵衞を見られ, 殿庇い立てすると, 殿店先に赤提灯廻燈籠, 殿庫裡の方, 殿庭前の糸桜, 殿廂楼台ことごとく火, 殿廊客館をあわせ, 殿建築の残材, 殿引き續いて, 殿弱気を出す, 殿彌太郎に向, 殿彦兵衞に向, 殿こそ卑いが威儀, 殿のねがい, 殿彼奴此場の變, 殿彼自身であるかの, 殿うくる, 殿の奥田君, 殿後備中守嫡子運之助, 殿後宮もすべて帝王, 殿後家尼御前の娘, 殿従五位下前朝散太夫なんとかの, 殿御両人内密の用, 殿御事妙解院殿同肥後守光, 殿御仁惠の御沙汰, 殿御免下され, 殿御前でござる, 殿御存じのとおり, 殿御幣をト襟, 殿御座にお, 殿御意は, 殿御苦労さまで, 殿御苦労さまでした, 殿御衣とりてかづけ給, 殿御許へ, 殿復びお出ましの時, 殿微笑ながら如何にも, 殿微笑まれ然ら, 殿の中, 殿心底は不足, 殿心得てお, 殿心配はご, 殿必ず君尾殿を, 殿忍男の君, 殿けない, 殿忠兵衞へ向, 殿怪敷思はれ右百兩, 殿怫然とした, 殿を恥, 殿恩顧の侍, 殿悉くご乱行, 殿悉皆く打, 殿悪戯をなさる, 殿惟任日向守様にはあやまり, 殿愚老に構わず, 殿愚老毒などは差し上げません, 殿慎九郎殿に続きめされ, 殿憑司を見られ, 殿我々に見せたい, 殿我々斯申も言, 殿我等必死のお願い, 殿我良人我子これや何者, 殿して, 殿は開きませぬ, 殿戸田山城守殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 殿手写の, 殿手前をもう一度, 殿手練の投げ, 殿手足となり, 殿打たれたまいぬ, 殿打ッたと, 殿打笑はれ, 殿承わりたいは何故, 殿承知仕つるとて, 殿押返されコリヤ理左衞門夫が, 殿拙者儀は妾腹, 殿拝借望遠鏡を, 殿拝所になつ, 殿とともに薦むる筒, 殿持参されたまま, 殿持參致されたる金子, 殿振りを眉, 殿掛り故直, 殿支度はよい, 殿政宗が進, 殿敏くも察しられ, 殿散々に氣色, 殿数十代の余光, 殿文庫をお, 殿文武兩道に秀で, 殿文藏を見られ, 殿斎館祓殿祝詞屋直殿宿直所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 殿斬り立てられ後へ, 殿斯兩人は罪, 殿斯道程の有所, 殿新宅祝いの宴席, 殿旅人を捉えまし, 殿旅館と墨黒, 殿日本より東南, 殿日記に見え好事家, 殿日野俊基朝臣でいらっしゃいましょう, 殿旨く参りました, 殿早々用人の, 殿早く錠を, 殿早く早く銃を, 殿早我は娘, 殿早朝より何処, 殿星月夜夜ぞら, 殿星月夜夜空のくま, 殿昨日は一葉茶屋, 殿昨日われらの縄目, 殿是さ願山汝如何程申ても申口, 殿是非ともおいで, 殿智略を以て勘太郎, 殿を遣, 殿に, 殿暦康和五年十一月十五日の条, 殿暫くお待ち下さい, 殿暫らく此處へ泊つて, 殿暫時考へられ非人小屋, 殿暫時兩人の詞, 殿暫時考られコリヤ九, 殿曰くそうさ, 殿曹植の君, 殿最も残酷なる, 殿最初假牢へ入, 殿月桂凉心英誉清熏大禅定尼秀吉此の後室, 殿有縁の武士, 殿有罪な行為, 殿服部範之丞殿義党に加盟, 殿望ましいは婦人ども, 殿木挽をし, 殿木沢先生御処方, 殿未だふき合えぬに, 殿如瑞仙大, 殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等御相談, 殿本多長門守家來と呼, 殿本多長門守家來松本理左衞門, 殿本当かな, 殿本御鷹匠町, 殿本懐を遂げる, 殿本日拙者が, 殿朱樓はお, 殿杉田玄伯殿など相変わらず, 殿などとも知り合い, 殿村役人を召出され, 殿松さんで, 殿松兜屋と言, 殿松平冬次郎様私を斬る, 殿松平左京太夫殿等御相談, 殿松平左近將監殿酒井讃岐守殿戸田山城守殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 殿松葉屋半左衞門, 殿松風は某, 殿よりも劣り, 殿板本汲古閣本等を對照, 殿林町の毛利小平太, 殿栄翁如証大居士, 殿栗本も内地, 殿格別に力, 殿桂川甫周殿石川玄常殿, 殿案じた者で, 殿案の定やって来たらしいが, 殿桐山正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 殿検事殿あのラナイユ, 殿楼庭園の数寄, 殿楼長屋のいら, 殿楼閣の沢山, 殿楽房などを綜合, 殿は貴殿, 殿槍挾箱長柄其外引揃へ行列, 殿樣あれは冬, 殿樣つていふん, 殿樣ゆゑ一方ならず御意, 殿樣わたしは一生, 殿樣下々の思ひ, 殿樣以ての外の御, 殿樣公儀の思惑, 殿樣堤の上, 殿樣奧方樣並びに若, 殿樣奧樣の御, 殿樣始めお部屋樣, 殿樣島津齋彬公のお歌, 殿樣御不慮の後, 殿樣御出發際錠前をおろされた, 殿樣御參府をお, 殿樣御存じなの, 殿樣御手に掛けられた, 殿樣御祕藏の鶴, 殿樣御親子の御中, 殿樣御身代りとなり, 殿樣折角のお, 殿樣方手前どもは無, 殿樣日頃の遊ばされ, 殿樣江戸表出立といふ騷ぎ, 殿樣見たいにお腹, 殿樣野郎だ, 殿権八じゃ, 殿横山城の御, 殿横手を拍, 殿橋マデ帰ッタガソレカラ大勢ガ杉戸口ヘ来, 殿權三助十と呼, 殿次男雲川殿しばしば遊びたま, 殿歎願により羽州由利郡矢島, 殿正西は砂土原藩, 殿正面端近く進み出られ右, 殿此一件は容易, 殿此久兵衞は浪人文右衞門, 殿此事を聞込, 殿此処へ参っ, 殿此奴らは島津家, 殿此度幸手宿三五郎妻文の申立, 殿此度煙草屋喜八裁許違ひ科, 殿此方は何, 殿此暴風雨に左様, 殿此清兵衞殿と云男, 殿此由を聞, 殿此節俄に大病, 殿此耶此皆不可解者姑附諸穆王之後, 殿此趣きを聞, 殿此通りだが, 殿此長庵を一目, 殿此間中より度々, 殿此頑愚め己が連出したる, 殿武井佐久間の御, 殿がいかない, 殿歸國の折柄, 殿死ぬことを, 殿死んだ姉小路, 殿殊に心底も, 殿段々堅くなっ, 殿段右衞門を見遣, 殿殺された後で, 殿殺生はお, 殿殿どこもお, 殿殿何者でござるかな, 殿母儀検脈に参り, 殿母尼への消息, 殿民弥殿逃げては, 殿気の毒だが, 殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 殿永護霊神様という神様, 殿汝等知らざれば, 殿江戸着にて伊豆守上使, 殿池田丹後殿三木半太夫, 殿油断はなりませぬ, 殿治兵衛殿等も其場, 殿治部殿最所治部め, 殿泉殿東は二条三条, 殿法印一切経谷の袈裟王丸, 殿法堂式の建築, 殿法輪殿などと云う, 殿浄如貞松大姉は直, 殿浅草にて掏摸, 殿浅香慶之助殿, 殿浜路殿此奴らは島津家, 殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 殿浪人或は新, 殿浮藻殿助けて, 殿浮雲いところ, 殿の方, 殿ゆるでご, 殿ながらに頭, 殿淀君のこと, 殿深き思慮ある, 殿深くは宵ごと, 殿清兵衞殿も同道, 殿清水義正殿と立会い致しとう, 殿湖底は地獄, 殿源三郎の腕, 殿源八佐七が人相疵等, 殿源女の部屋, 殿滅亡後母方の里, 殿滑稽では, 殿潜入された理由, 殿瀧口が平生, 殿火砲と積荷, 殿念々, 殿無事であったか, 殿無能無策の大, 殿無言にて居られし, 殿焼打のところ, 殿早く表, 殿熟覽有て長, 殿燈火を, 殿爲内道塲復毎七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 殿爾携二人入居而老目不為死不為而永世爾有家留物乎世間之愚人, 殿牛込改代町の者, 殿を遣っ, 殿物惜しみをしない, 殿物語りに前方此男出, 殿犯人はわかりました, 殿之松, 殿猪股小膳殿, 殿猿めを殺す, 殿玄蕃の駕, 殿の欄干金, 殿玉獅子等なお多かる, 殿玉皇殿四御殿など皆槐, 殿らしいところ, 殿珍しいことで, 殿瓊山妙瑩大禅尼と云, 殿甚だ殘念に, 殿田安殿はじめ諾大名大勢弟子を持っ, 殿田沼意次へ追い迫る, 殿甲斐守利光の三男, 殿申されし通り獄中にて, 殿申渡し左之, 殿男子を診, 殿町三十六番地谷澤成瀬と申す, 殿町奉行中山出雲守殿大岡越前守殿公事方勘定奉行駒木根肥後守殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 殿町役人へ向, 殿留守居始め郡奉行代官等今度吟味掛り, 殿番頭夏目五郎右衞門より差出し, 殿疵所は如何, 殿に疲れ眠りたるなれ, 殿痩我慢なら止めるが, 殿瘠鶴大居士, 殿登城の樣子, 殿登城有て月番, 殿白妙と逃亡, 殿白子屋庄三郎方にて貰, 殿白河殿なども修理, 殿白紙へ一首, 殿皇子の平城帝, 殿盛年の御身, 殿盜賊の手, 殿目安方に建部郷右衞門伴佐十郎兩人, 殿目録を作つた, 殿直々ならではとかたく, 殿変らず美しい, 殿相馬大作をお召, 殿診, 殿真実かな, 殿をさましなされい, 殿眼前此程料理屋の二階, 殿着座有左, 殿張りお, 殿石川安五郎と呼, 殿石川玄常殿, 殿石川近江守殿寺社奉行黒田豐前守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 殿石田三成に荷担, 殿吹きあ, 殿破牢の一件, 殿はお, 殿社造営神封神領神宝等の寄進, 殿祓殿それに信者, 殿神尾主膳殿珍らしいところ, 殿神服社是也然後, 殿神輿舎廻廊輪蔵水屋厩御共所, 殿神餐殿御饌殿, 殿祭場ともいふべき, 殿福井町家主勘兵衞と呼, 殿私見でござる, 殿種々吟味ありしか, 殿稲葉能登守殿も御歌, 殿穏便の御沙汰, 殿穩便の御沙汰, 殿空井戸はなかっ, 殿立てて酒宴, 殿立歸りて, 殿端近く席を進まれ, 殿等特の外心配, 殿答えて余, 殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 殿約束の日, 殿紙帳の中, 殿微殿, 殿細川越中守の留守居, 殿の與力同心, 殿組下の同心, 殿組下與力笠原粂之進は同心, 殿組與力笠原粂之進にて則, 殿綏成殿天王殿法輪殿などと云う, 殿縁側には目安方, 殿縁峰貞操大姉は錦橋, 殿仏像の, 殿罷り出ましてご, 殿美食の生, 殿は今, 殿義党に加盟, 殿義明公じゃ, 殿義貞さまのお, 殿而其方忠兵衞より請, 殿而又其方は如何, 殿聊かものの, 殿聚珍版書等に収められ, 殿聞かれ何樣道理なる, 殿聞き給へ, 殿聞きとうないか十郎左, 殿聞し召れ, 殿聞ナニ九郎兵衞依怙贔屓と申, 殿聞召され某, 殿聞給ひ然, 殿聞置たりとの, 殿聴いてくれまい, 殿職務をりっぱ, 殿職務中の税関吏, 殿肥後殿仙台殿一ッ橋殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, 殿肺肝を碎かれ, 殿能思案は候はず, 殿能白状致した猶, 殿能聞證文の通其方甥, 殿脇坂殿いずれへなり, 殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, 殿を早く, 殿揮われい, 殿の長家, 殿臙脂屋と御, 殿自らこの趣, 殿自分は勅使, 殿致しておりまする, 殿與力を呼, 殿興譽仁山崇義大居士, 殿舞殿神餐殿御饌殿, 殿艦シクラメン号の後, 殿芙蓉の間, 殿芝札の辻の自身番, 殿花村殿の狩倉, 殿芳江殿遠慮なく戴こうで, 殿芳江殿市之丞殿愚老に構わず, 殿若い時分武士の, 殿若党四人に大, 殿若年寄大久保長門守殿石川近江守殿寺社奉行黒田豐前守殿大目付有馬出羽守殿御目付松浦與四郎殿を始め評定所留役, 殿若年寄石川近江守殿同黒田豐前守殿, 殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 殿若様いかがなされた, 殿をめしあがれ, 殿で出来た, 殿莊嚴老樹森々として境おの, 殿莞爾と笑, 殿菊王でございまする, 殿華屋宗玉大姉はその, 殿萩乃と道場, 殿落手致され一通り糺問, 殿落馬です, 殿之助, 殿葉末の露, 殿蔵光殿ほかの方々, 殿藤助に向, 殿藤吾殿治兵衛殿等も其場, 殿藤崎作左衛門殿を御, 殿藩中へ行一別以來, 殿血相変えて, 殿は, 殿行って参りました, 殿行つて訊ねて, 殿裡日月のおそき, 殿西郷吉之助殿吉井仁左衛門殿大久保一蔵殿罷り出まして, 殿見なれぬ者が, 殿見のがしてやったら, 殿悟っ, 殿覚兵衛殿あんたが真先, 殿覚悟をなさる, 殿え無し, 殿角目立つのは, 殿言事にも程, 殿計らひにて同人宅焼き, 殿討取るべき志これある, 殿りは, 殿許して下さい, 殿へな, 殿を和らげられ, 殿詞靜かに是段右衞門能, 殿の最, 殿をし, 殿は別, 殿誠に宜くいつも, 殿れか, 殿調にて無, 殿請文下知書状等皆平性而不書諱又其廣, 殿謡初にかの兎, 殿譜代の党人, 殿護摩堂の人柱, 殿讀給へと差出す, 殿り果, 殿て目, 殿貝十郎はあたら, 殿貝津の類, 殿貝老人が提灯, 殿樣は, 殿貴下の御, 殿貴殿ひとつ試して, 殿貴殿任侠のお, 殿のうち, 殿あげました, 殿贔屓であるし, 殿起ってはどう, 殿越前守同道にて小石川, 殿越後國頸城郡寶田村百姓上臺憑司と呼, 殿足下まず一押し, 殿踊ったり踊っ, 殿身内の者, 殿のさま, 殿軍曹殿早く早く銃, 殿やって来て, 殿迎えの駕籠, 殿近く鶯の声, 殿近ごろ苦々しき噂, 殿近習太田幸藏を呼ばれ, 殿たる手負, 殿退屈まぎれに, 殿逃げてはいけない, 殿逆心の旨, 殿逐一問糺されし, 殿通られける時に, 殿通行の途中, 殿造りだった, 殿造酒之丞殿, 殿連れてまいりました, 殿進み出られ今度の, 殿進出て申されける, 殿過日は失礼, 殿道詮徳明劉府君之墓, 殿遙拝所の十八建築, 殿遠慮なく戴こうでは, 殿遷幸之時瀧口衆事自關東可, 殿な事柄, 殿那程捌けて, 殿邸ヲ発セラレ檜枝岐ニ御下リ, 殿次郎, 殿郡奉行へ願書, 殿郡奉行伊藤半右衞門公用方下吟味川崎金右衞門小野寺源兵衞訴訟人憑司夫婦皆, 殿酒井殿も御, 殿酒井讃岐守殿を始め, 殿酒井讃岐守殿御出なり其席, 殿酒井讃岐守殿戸田山城守殿水野和泉守殿若年寄衆は水野壹岐守殿本多伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等, 殿采配をふられ, 殿見が, 殿金子の無心, 殿金屋利兵衞が願書, 殿鈴木飛騨守殿大番頭松平采女正殿設樂河内守殿御目附, 殿をかつい, 殿鎌倉右府将軍実朝公, 殿鐘巻自斎殿, 殿長い間御苦労であった, 殿長らく柳営に, 殿長八が眞實, 殿長庵を見られ依, 殿長政をはじめ, 殿閉門は誰, 殿関白殿大樹公近衛殿へは吸物五種, 殿閣みな樹林の底, 殿閣大學士であ, 殿閣奇麗言うべからず竜王, 殿閣微涼を生ず, 殿閣斉しく呑み腰, 殿阿呆面にクソ, 殿阿多野は大西殿, 殿阿波国を併せ領せられ, 殿附添の留守居, 殿に徹す, 殿陣亡遊ばされ候時, 殿離亭厩舎望楼台そういう建物, 殿が降っ, 殿霊廟僧院仏塔と幾百, 殿霧渓瑞翁大居士, 殿青木文蔵殿など御用, 殿非分なりといへ, 殿面白いことが, 殿面目次第もない, 殿頂戴仕る, 殿頑として聞き入れませぬ, 殿頭使者牧野小左衞門, 殿頭儀台命を蒙り, 殿頭家來小野田幸之進と申者盜賊, 殿頭山井庸仙老が典薬頭, 殿頭己が下り坂, 殿頭意知執政の間, 殿頭様江戸より浅間, 殿頭様煩悩のまま, 殿頭様立つ瀬ござなくいよいよ不利, 殿頭樣へ御駕籠訴仕つり, 殿頭樣梶川庄右衞門樣御先觸參り來月中旬頃, 殿頭横暴をきわめた, 殿頭殿コリヤ其方ども九助入牢中何, 殿頭殿コレ彌兵衞其所, 殿頭殿一通披見致され彌, 殿頭殿先刻より熟, 殿頭殿公用人櫻井文左衞門藤八に向, 殿頭殿副使の梶川庄右衞門殿, 殿頭殿如何樣藤八其通に相違無, 殿頭殿家來牧野小左衞門, 殿頭殿駕籠を止めよ, 殿頭申付候之に依, 殿頭長昌に聘せられ, 殿頼む澄江殿の, 殿頼母がかく, 殿の傷, 殿顔色かえて, 殿る, 殿飛んだお手數, 殿飛騨守公から父小左衞門, 殿飲もうじァない, 殿り大きな, 殿餘五將軍に仕へ, 殿の規模, 殿館様の起原, 殿がなく, 殿香炉小観音, 殿馬丁には慥, 殿馬上より是, 殿馬鹿な事, 殿付て, 殿駈け入りましょうぞ, 殿駕籠を止めよ, 殿駿河大納言殿の先例, 殿高らかに刑罰, 殿高島お城下, 殿高崎五郎左衛門殿など, 殿高次公はちょうど, 殿高氏さまへこの, 殿高聲にコレ段右衞門左右, 殿の舞台香, 殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 殿鹿島の神, 殿黄鶴大居士安永五年辰正月, 殿默止久兵衞汝確とせし, 殿默止汝には問, 殿黙って従い, 殿をブルンブルン