青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「甲板~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~
甲板~
~申 申~ ~申し 申し~ ~申した 申した~ ~申しました ~申します 申します~ ~申す

「甲板~」 1959, 21ppm, 5435位

▼ 甲板~ (512, 26.1%)

49 出て 27 立って 11 立つて 7 出た, 出ると 6 出で 5 立った 4 あがって, 上って 3 出でて, 坐って, 集まって

2 [18件] あがりました, あぐらを, いても, いるの, でて, とどまって, とびだした, ゐても, 上つて來た, 勢ぞ, 姿を, 引返して, 持って, 据ゑぬればげにや笑止の, 散歩の, 横に, 立つと, 転がって

1 [347件] あおむけに, あが, あがった技師, あがり宮田さん, あったもの, あって, あつまった見物人たち, あつまって, あつめられた, あの二人, あらわれ最後, ありし人, ありて, ある, あるもの, ある僕等, ある労働者アパート, ある多く, ある船長, ある限り, いさましく仁王立, いたが, いたならもはや, いたベーリング, いた人たち, いた水兵さんたち, いで家, いられず兵員, いる乗客, いる見送人, うごく船員, うずくまって, うつぶせに, うようよし, おかれて, おちて, おどりあがったの, おどりこんだ, おりて, おり立った, おろして, おろすだろうと, かけあがって, かけあがりあるいは, かけ上った, がんばって, くずれ落ち, ころがしてからは, ころがって, ごちゃごちゃに, ごろごろし, しがみついて, しっかりしばっ, ぞろぞろ出, たたずむ人たち, だらしの, ついたの, つまれたふか, つみあげた, つりおろされると, でました, とびだしました, どかりと, どよめきました, ならぶ十三機, のこって, のぼって, のぼりゆきぬ, のぼる鉄, はいのぼっ, はって, ひきあげるの, ひとつ我の, ひとり島と, ひびく汽笛, ひょいと出た, ふれると, ぶつかりある, まいりますわ, まい下りた, またもや汽笛, まみるる, みえると, むかって, むすびつけた, もどって, もどると, ゆるやかな, よじのぼって, よびあつめて, ウォーニンを, グリゴリー・ペトニコフが, ペルリ提督が, 一人佇ん, 一列に, 上がった, 上がって, 上がれば, 上った, 上っても, 上つて眺めた, 上つて見, 上つて見る, 上りたるにて, 上りたる年, 上り候, 上り炊事場に, 上り爆弾庫を, 上り著く, 上る, 上れば, 下りて, 並べた椅子, 並んだ乗客ら, 並んだ白い, 並んだ籐椅子, 並んで, 乗りうつった, 乗りこませた, 乗組みの, 乗組員は, 乗組員一同を, 乱れ入りその, 二人のて, 人間が, 人骨が, 仁王立ちに, 仲よく並ん, 伴いて, 似寄って, 佇めば, 佇んで, 倒れて, 充滿し, 全員集合を, 六百十四噸の, 凍りつきて, 出して, 出たが, 出ては, 出ても, 出ないで, 出ないであろう, 出られるよう, 出られる間, 出ること, 出るごと, 出るの, 出る事, 出れば, 出ろ, 出先, 出船員たち, 分れた客全体, 列んだ処, 勇んで, 勝って, 取り残されたん, 取り落されて, 口笛を, 召集された, 向かって, 向って, 吹きつけて, 呉蓙を, 品物を, 在る船長室, 堆高く積まれた, 声あり, 声を, 大あな, 夫人を, 妙な, 寐ころん, 寝そべって, 寝て, 寝ても, 寝転んだの, 寢て, 寢る, 尋常ならぬ, 小麦の, 尻餅つきし, 居り候, 居り候ひき, 居ること, 居合せた船員, 山積みに, 帆綱を, 帝國軍艦旗翩飜たるを, 席を, 帰って, 座を, 建てて, 引揚げられた, 張られし帆木綿, 張られたカン, 張られたカンヴァス, 当って, 当てた, 往來する, 忍び出るの, 戻った, 打ちあ, 打ち上ぐること幾回, 打ち上げ来って, 打ち上った, 打ち上った波, 投げ出し顔, 投げ飛ばされた, 投下する, 折椅子に, 抜け出しました, 押し上がろうと, 押し並んだ死, 押し寄せて, 招待された, 持つて, 攀じのぼって, 放げ, 散るの, 整列し, 斃れた, 於ける一等運轉手, 来たまえ, 来て, 板の, 根が, 横付けに, 歩み出しました, 死んだ人, 残つてゐた, 殪れ, 水に, 水を, 沸き立った, 油を, 消えた, 混雜せる, 現れて, 現われると, 留まり船長, 登って, 登つ, 白と, 砲弾の, 積つた, 積み上げられたの, 積み込まれ時々, 突つ立つ, 突然青白い, 立たせて, 立ち, 立ちつくして, 立ちヘクトール, 立ち上りしだいに, 立ち並んで, 立ち候, 立ち出ると, 立ったまま, 立った私, 立った銭占屋, 立っては, 立つた, 立つ人, 立つ船客たち, 立てる人, 立てる船長, 立出で, 立食場は, 粛々と担ぎ上げられる, 羊を, 聞こえて, 聽えた, 胡坐を, 腹匍いに, 腹巻を, 船橋に, 英国の, 荷を, 落した, 落ちた, 落ちたり, 落ちて, 蓋を, 虫の, 見えて, 見つけるよう, 見張りした, 見張りを, 設けられた休息用, 誰れ, 走つたが, 走つて, 走つて切り, 走り出て, 走り出でん, 走り出るに, 起りし騒音, 跪きながら, 跳り, 跳出た, 身を, 車座に, 転がした, 転んで, 載せられるので, 這いつくばって, 這い上ると, 這い出した, 這い出して, 這い出でて, 這ひ, 運ばれひとまず, 運び戻して, 達すると, 達せるをもって, 鉄格子が, 長居は, 降りた, 降りて, 降る吊ボート, 降る通風筒, 隠し商船, 隠るれば, 雀を, 集った, 集つた, 集つて最も, 集つて英國の, 集つて鮮かな, 集まつて, 集めて, 集めること, 集合つて種々の, 顕れたる, 飛ばさんとて, 飛び散る真紅, 飛込んで, 食卓を, 馳け, 馳せ前, 駆け上りフライング, 駈け上りたる, 駈け上る, 鳴り出した, 鼠出でぬ

▼ 甲板~ (483, 24.7%)

75 上に 31 上を 24 上で 15 上へ 14 上から 12 上は 11 上の 10 上には 6 欄干に 5 方で, 方へ 4 格子に 3 うえに, うえを, ハッチの, 上では, 下に, 掃除を, 椅子に, 籐椅子に

2 [28件] あちこちに, うえから, ほうへ, バアで, 一隅で, 一隅に, 上いっぱいに, 上である, 上でも, 上まで, 上も, 人たちは, 巨砲を, 或る, 所定の, 手すりに, 手摺に, 方から, 方を, 欄に, 欄の, 灯が, 端から, 競走, 船艙の, 長年月, 隅に, 隅の

1 [191件] あちこちと, あちらに, あなたは, うえで, うえでは, うえには, うえは, うえまで, かなたから, こっち側へばかり, ことです, こと船の, さきの, じりじり反り返っ, すぐ真上, すべる足元, すみに, そこらに, ところへ, はしまで, はずれに, はずれの, ひろびろと, ふちまで, ほうから, ほうで, もう一段上, ものかげから, ものかげへ, ように, ゴルフ棒の, ソファにも, タラップを, テニス, デッキ, ハッチを, 一同は, 一端に, 一部に, 上からは, 上ここから, 上ででも, 上などで, 上にまで, 上にも, 上らしい, 上寂として, 上幾ん, 上鉄屑の, 下で, 下では, 下にも, 下の, 下は, 下へ, 丑こいつが, 両側に, 中央に, 中央には, 中部に, 乱闘, 二等です, 五六百人ぐらい, 亡霊の, 人ごみの, 人たちに, 人たちも, 人を, 人影の, 位置に, 其處此處には, 冷めたい空気, 出入り口の, 前は, 前後左右を, 反対側から, 受話器に, 叫喚は, 右舷より, 同じ出発点, 喫煙所で, 士官室へ, 大うつし, 大きく切られた, 安樂倚子, 室で, 容易に, 富岡は, 寝台に, 寝椅子, 尖端より, 巨大な, 帆の, 広い慶北丸, 床には, 廊下に, 延長五哩建造費百五十万磅, 廻るよう, 影から, 彼方此方を, 手すりにも, 手すりの, 手摺りに, 手擦り, 手縁と, 折椅子へ, 拍子木やがて, 捲揚台, 排水ポンプで, 整頓に, 新嘉坡, 方々で, 方からも, 方と, 方に, 旅行団体を, 日の, 日よけ, 日よけの, 日覆の, 昇降口より, 暑い暗闇, 有様と, 朝掃除の, 板に, 板には, 板の, 格闘で, 椅子によって, 検査を, 模樣や, 檻の, 欄干にも, 欄干へ, 水夫の, 水夫部屋に, 無電室では, 燈が, 片すみに, 片隅に, 片隅の, 物は, 病室に, 真中まで, 眺望が, 破片を, 空処も, 突端に, 端に, 端の, 籐椅子から, 籐椅子へも, 籐椅子を, 索具にあたって, 腕椅子へ, 自分の, 舷へ, 船具を, 船客たちの, 船室では, 船室の, 船室昇降口室で, 船長の, 船首の, 艙口を, 薄明の, 装甲である, 見回りに, 見張りも, 角の, 連中は, 連絡班長の, 遠いはし, 部屋へ, 醜い喧噪, 錆を, 長さ, 長椅子に, 闇を, 隅々で, 隅から, 隅で, 電灯の, 風下の, 飼主とは, 驟雨浴で, 驟雨浴に, 高い塀, 高級船員室の, 黄色く塗つたの, 106号

▼ 甲板~ (180, 9.2%)

10 歩いて 3 横切って, 洗って, 走って 2 あちこちと, 叫びながら, 往来し, 愉快に, 散歩し, 見上げた, 走る

1 [147件] あちこちする, あちらこちらと, あなたこなた, うち竜骨, うて甲板, うろついて, おりて, おりはじめた, おり立つと, お下し下され, こつこつと, しばらく横行濶歩, しばらく横行闊歩, すべりながら, そうじし, どかどかと, ながめ, ながめた, のりこして, はいまわって, はしって, はしりまわること, ひと周り, ふんだ, ぶちぬくか, ぶらつく, ぶらぶらと, みると, もう波, ゆきつもどりつ思案, よごすと, よじのぼった, よじのぼる, よじのぼるよう, よちよち歩き廻っ, コツコツと, コツンと, ザアザアザアと, タタキ付けられる, ポケットに, マドロス, 一周し, 一周した, 一巡し, 一散に, 下り来る人, 仰ぎ見ながら, 何か, 匐う, 単調にごし, 去らざりしが, 去りは, 去りサロン, 又艦首, 右往左往する, 向うへ, 吹いて, 大股に, 守らんが, 小走りに, 廻るモオニング・ラン, 往き來, 往來し, 徐かに, 徘徊し, 忙しげ, 怒濤, 急ぐの, 打ち越してさ, 押し合わせたり, 散歩した, 散歩する, 昇降口の, 棍棒で, 横ぎって船べりの, 檻の, 此海底戰鬪艇の, 歩いたかと, 歩きつづけて, 歩きながら, 歩きはじめた, 歩きまわりながら, 歩きまわるの, 歩き回って, 歩き回る音, 歩き廻つた, 歩き廻る, 歩み出した, 水兵達は, 波は, 洗うごと, 洗ふ, 海上に, 渡って, 焼き櫓, 照し, 目指して, 眺めたが, 眺めて, 立ち去ろうとは, 縦横に, 船尾の, 艦尾から, 蜂の巣の, 血の, 行ききし, 行ったり, 襲ひ, 見あげると, 見まわしたり, 見よ, 見ろ倉庫, 見わたすと, 見上げたまま, 見下ろして, 見廻わすと, 覗かんとも, 豆の, 貫いて, 走った, 走つた, 走りきるころ, 走りきるまでには, 走りだした, 走りラッタル, 走る靴, 越えて, 越ゆる, 踏みならして, 踏み鳴らし, 踏む前, 踏んで, 蹴って, 逃げまどう残り, 這い出す, 這う局長, 遊歩する, 運動した, 降つた, 降りがけ, 降り埠頭, 離れた, 離れて, 飛び廻った, 飛んで, 飛廻つて, 駆け廻って

▼ 甲板~ (175, 8.9%)

42 出て 10 出た 7 あがって 5 飛び出して 4 上って, 行って 3 出ると 2 とびだした, 登って, 馳け

1 [94件] あが, あがつて, あがりたくても, おいでを, お出でなさい, かけあがって, かけあがれ, かけのぼった, きえても, こえかけた, ご案内, さしてにこにこ顔, さし出す, ずり下っ, そつと, つくと, つれて, とびあがって, とびだして, とびだせるよう, とび出した, とび出す, とんで, のぼって, はいだして, ばたばた落した, ひき返した, ぺたりと落ちた, ほろ, もどった, やって, やって来た, よじのぼった, よびあつめて, ズックの, 上がって, 上った, 上つてみました, 上つて來た, 上りました, 上ると, 下りました, 出たかね, 出たと, 出たの, 出たらあるいは, 出たらしく袋, 出たらコロンボ, 出ては, 出でし私, 出ようと, 出る, 出るどころ, 出る必要, 出る階段, 印度人の, 帰った, 帰って, 引っぱり上げられて, 戻ると, 押し出された, 担ぎ出して, 搬べ, 整列した, 數百の, 新鮮なる, 様子を, 横に, 波が, 渡した板, 渡って, 潮を, 現れる, 登った, 立ちさえ, 立ったまま, 腹這いに, 藁蒲団敷き詰め, 血染めの, 走り上った, 通じる階段, 還って, 降りた, 降りて, 集まる, 集めて, 顔を, 飛び上って, 飛び出すこと, 飛び降りた, 飛出して, 駆け上った, 駈けあがれ, 駈け上って

▼ 甲板~ (108, 5.5%)

3 の光景 2 では, には今, に出, に横臥, に立っ, のあらゆる, の船客

1 [91件] から望見, から遠望, でみた, で大, で戦ってる, で狂おしく, で知りあい, で荒くれ水夫たち, で遇うたら, で遊技, にあたって何, にある, にいっぱい, におどりあがった, にては清涼, にて戴冠式, にて礼拝式, にて船客, になお, にね, にはたちまち, にはたった, には両側波, には幕, には船員, にへたばる, にタンツバ, に乘, に人影, に今や, に佇ん, に多勢, に展開, に巨浪, に打ち, に打ち込む, に投げ棄て, に整列, に暮す, に水戰, に点っ, に焼けおちる, に燃え抜け, に燃え拡がれり, に現, に現われ, に種々, に立ちあがりし, に落ち, に起る, に跳, に踞すれ, に躍りあがった, に身, に軽便鉄路, に近づく, に陳列, に顔, に飛出し, のあちこち, のそれぞれ, のウインチ機械, の二老人, の五分間, の五時間半, の人, の人たち, の作業, の前, の合戦, の大きな, の大砲, の怪物, の暗闘, の海賊等, の灯火, の甲板, の笑声, の諸, の開いた, は寂寞, は露骨, をそうして, を滑稽, を狂奔, を目, を眺むる, を舷, を行きつ戻りつしました, を走る, を転げ廻っ

▼ 甲板から~ (99, 5.1%)

4 海中へ, 降りて 2 姿を, 海中に, 眺めるクサイ, 身を

1 [83件] あふれだす, かおを, さらわれたの, その体, だれかが, どやどや乗客, にこやかに, ひとりの, まだ明るく, まるで幽霊, カンテラを, サロンの, ドブンと, ボートに, ロープを, 一人ごそごそ, 下へ, 下りて, 下を, 不気味な, 人相の, 千人針の, 印度洋へ, 去らせたいの, 叩きつけるよう, 各船室, 塵一本機関室へ, 太平洋の, 帆柱を, 帰って, 当直将校の, 後部甲板へと, 手招きを, 手旗信号で, 投げ込まれる灰色, 投身した, 抛りだされて, 掃きだされた, 最上甲板へ, 望遠鏡を, 此の, 此方へ, 水の, 水夫が, 河上へ, 浜辺を, 海を, 港を, 濱邊を, 百メートルと, 眺めた時, 眺めて, 眺めると, 短い段, 神戸と, 空中へ, 空高く, 突出て, 笑みて, 自分の, 船の, 船室へ, 船腹の, 艦底に, 見えるよう, 見つけて, 見守って, 見送った, 見送つた, 誰か, 警笛が, 軍楽隊の, 追っぱらって, 重爆, 順次中, 頓馬な, 顔を, 風船で, 飛びこまなきゃいい, 飛びだすとは, 飛び出して, 飛下りようとして, 黒い船

▼ 甲板~ (99, 5.1%)

2 仕事を, 働いて

1 [95件] あの廊下, うろうろし, おどって, おまえの, お待ちかねです, かう云, きのうかの, けたたましい, さわいで, その朝, それに, たおれた船員, であって, どっちが, どんなこと, ひしめきあって, ひとりで, わあと, アブサントを, コーヒー, シガアの, シャンペンを, ダンスを, ハース氏に, リモナーデを, ワルツを, 一緒に, 中村さんに, 二人は, 人々は, 人の, 任務に, 作業する, 作業を, 催された, 働く水夫, 初めてレエヌさん, 加藤等と, 労役に, 卒塔婆を, 卓を, 叫んで, 吸うと, 告別式の, 唸りたてて, 四つの, 土下座し, 大佐や, 大空へ, 奏楽を, 小柄な, 帽子を, 店を, 庫布を, 彼は, 手もち無沙汰さうに手摺へ, 手を, 手拍子足拍子を, 指揮を, 捕まった水夫達, 日向ぼっこを, 最後の, 月見の, 浴衣がけや, 海軍の, 潮水に, 無条件降伏の, 煙草を, 独楽の, 盛んに, 眠りました, 眠ること, 私が, 科学の, 網から, 美しい景色, 舞踏会を, 艦長と, 葉巻は, 薄紗の, 蟹外し, 見るよりも, 見送りに, 読書し, 調練を, 豹の, 賑った, 踊ったり, 車座に, 軍歌を, 軍艦の, 逢った内田さん, 運転士と, 雀を, 音楽会を

▼ 甲板~ (46, 2.3%)

2 戦車の

1 [44件] いつの間に乗船, しっとりと, ひつそりし, ひどい勢い, ひどく左舷, まっくら, まっ暗な, むろん一瞬間, 一杯に, 一面の, 乗客と, 人だらけだ, 今は, 今修羅, 何にも, 何時もいや, 再び良民, 冷たい雨, 刻々に, 十分役に立ちます, 喧々囂々と, 大衆的に, 大騒ぎと, 如何で, 宵の口以外だれも, 少し寒かっ, 帆に, 平べ, 平坦部二十粍傾斜部五十三粍砲門は, 旅客で, 欧羅巴人によって, 気味が, 波の, 流るるばかり, 海面から, 滅茶滅茶に, 火花を, 百人を, 真昼の, 自然に, 血に, 観客で, 走り, 靴音高く

▼ 甲板には~ (44, 2.2%)

1 [44件] あらわれて, きらめくばかりの, なおも四つ, もう乘, もう土人達, ロシアの, 一種の, 乘客が, 二十人あまりの, 五つの, 人かげも, 人が, 人影も, 人影らしい, 何時も二十, 十一時半を, 十八サンチ砲がに, 十四五人の, 午前十一時を, 外国人が, 大勢の, 大砲小銃等を, 天幕が, 定めし舵手, 救命艇の, 明るい電灯, 明智探偵と, 月光に, 未だ仲, 柩の, 歡呼の, 殘る, 水泳場の, 海岸に, 無期帰休の, 艦長松島海軍大佐虎髯大尉轟鐵夫君濱島武文春枝夫人及び, 見えなかった, 見張りの, 誰も, 貝の, 軍装いかめしい, 銭拾い, 長く出, 飛行島建設団長の

▼ 甲板~ (24, 1.2%)

1 [24件] あった, いやに, きゅうな, ぐらぐらと, ぐらぐらッ, さわらないの, すうー, そこから, どうした, ぬれて, ばらばらに, ゆるやかな, 四十五度の, 大きな屋根, 平である, 張られる, 急に, 打ぬかれた, 水蒸気で, 水面と, 無限軌道で, 見えるよう, 震えて, 鰐の

▼ 甲板では~ (19, 1.0%)

1 [19件] いい音楽, その電話, ちょいと, にぎやかに, ひとりの, ゆっくりも, 一砲兵少佐が, 七兵衛入道が, 乗組員や, 大騒ぎが, 後部艦橋の, 所持品の, 普段なら, 此を, 牛が, 物に, 白いボンネット, 皆わいわい, 虎船長が

▼ 甲板~ (16, 0.8%)

2 下甲板

1 [14件] そうした背景, ほとばしり出る煙, 他の, 廊下を, 手すりに, 梯子の, 舷側から, 船室に, 船橋の, 船窓の, 艀などに, 艦内へ, 通路の, 階段を

▼ 甲板士官~ (13, 0.7%)

2 はこう

1 [11件] がのつて, が一人両手, だった, に同, に話しかけた, の側, の靴, はしきりに, はやはり, は何とも, は誰

▼ 甲板~ (9, 0.5%)

3 の新谷勝太郎 1 が, がいうとりました, がビフテキ, と藤八拳, になっ, の労

▼ 甲板まで~ (8, 0.4%)

1 たどりついた, 上げて, 導いて, 水が, 水に, 見送って, 觀て, 駈け上って

▼ 甲板~ (8, 0.4%)

1 うちぬかれると, しばらくこの, 下甲板, 乾割れはじめた, 傾くばかり, 寂として, 艦橋も, 須磨も

▼ 甲板~ (6, 0.3%)

1 マストと, 岸とを, 平行の, 甲板との, 舷牆との, 艙口の

▼ 甲板にも~ (6, 0.3%)

1 ゐなくな, 四十年配の, 檣の, 無数の, 舷窓からも, 船客たちが

▼ 甲板からは~ (5, 0.3%)

1 ダイビングの, ロープが, 一台又, 勇ましい中, 大笑

▼ 甲板との~ (4, 0.2%)

3 間に 1 距離も

▼ 甲板より~ (4, 0.2%)

1 二十尺以上高き, 二十尺以上高く, 帰りぬ, 帰来れる

▼ 甲板~ (4, 0.2%)

1 に豚, の下級員, の水夫たち, の為吉

▼ 甲板でも~ (3, 0.2%)

1 あるまい, 船室でも, 遂に此鉢卷

▼ 甲板にて~ (3, 0.2%)

1 大佐軍刀の, 波を, 縄飛びを

▼ 甲板下水夫部屋~ (3, 0.2%)

1 とに続い, との間, の梯子

▼ 甲板椅子~ (3, 0.2%)

1 により, のうえ, の毛布

▼ 甲板あたり~ (2, 0.1%)

1 でがたん, でしたか

▼ 甲板からも~ (2, 0.1%)

1 それが, 艦橋からも

▼ 甲板での~ (2, 0.1%)

1 活動写真の, 虱潰しを

▼ 甲板のて~ (2, 0.1%)

1 すりにも, すりまで

▼ 甲板へと~ (2, 0.1%)

1 出た, 大約三百ヤード許の

▼ 甲板への~ (2, 0.1%)

1 出入り口から, 昇降口が

▼ 甲板よりも~ (2, 0.1%)

1 ずっと高く, 高く蜒

▼ 甲板ゴルフ~ (2, 0.1%)

1 が好き, も輪投げ

▼ 甲板一杯~ (2, 0.1%)

1 に並ん, に部屋部屋

▼ 甲板勤務~ (2, 0.1%)

1 に追われ, のとき

▼ 甲板掃除~ (2, 0.1%)

2

▼ 甲板~ (2, 0.1%)

1 の椅子, の籐

▼1* [51件]

甲板いささか船首寄りの, 甲板からでも投げたもの, 甲板こそ乗客を, 甲板引っぱり出されて, 甲板さえ浪に, 甲板さん出て, 甲板した僕と, 甲板が星, 甲板だの船橋だ, 甲板という地上の, 甲板とが密房組織の, 甲板としてそこに, 甲板などに出ると, 甲板などは一浪ごとに, 甲板なりカタパルトから, 甲板にてはボオトを, 甲板のうへにまた爛れ, 甲板へもほとんど出, 甲板ほどでは, 甲板までも埋め尽くして, 甲板ゴルフ運動会夜の舞踏会, 甲板ゴルフ麻雀ブリッジ碁輪投げ散歩デッキに設えた, 甲板ドアなどの錆, 甲板一たいには異様, 甲板一パイに漲っ, 甲板甲板, 甲板下船室と言っ, 甲板をあちこち逃げ, 甲板二重船底動揺を修正, 甲板伝いに食堂, 甲板傾き濤打上げ, 甲板兩舷側はいふ迄もなく, 甲板楽街の, 甲板労働者の現在, 甲板太子の船室, 甲板巡洋艦の縱帆架, 甲板排水量一万六千八百噸前に言った, 甲板旅客が殖えた, 甲板昇降口より現, 甲板椅子屍体など比較的, 甲板死屍を積める, 甲板洋灯の無礼, 甲板球戯は我我, 甲板砲塔格納庫機関部操縦室監視所弾薬庫各士官室, 甲板積みに針金, 甲板の者, 甲板給仕が船腹梯子, 甲板や艫, 甲板舷側に追いつめました, 甲板船室機関部は申す, 甲板部員をも支配