青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「洗っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~注目 注目~ 泰~ 泳い~ 洋~ ~洋服 洋服~ ~洗 洗~ ~洗っ
洗っ~
洗濯~ 洞~ 津~ 津田~ 洪水~ 洲~ 活~ ~活動 活動~ 活字~

「洗っ~」 1661, 16ppm, 6889位

▼ 洗っ~ (1471, 88.6%)

74 いた 51 いる 40 いると 30 いるの 15 来て 13 みると 12 やって 11 くれ 9 いたの 8 みれば 7 いたが, きなよ, 出直して 6 いて, くるん, しまうと, しまって, やった, 来た 5 いました, いるところ, おいて, くれて, くれるの, もらって, ゆく, 戻って, 来ると

4 [11件] いらっしゃい, いるうち, いる間, おいでよ, やったり, やるの, 待って, 来い, 見ると, 見れば, 飯を

3 [28件] いた手, いましたが, います, いるん, いる姿, いる時, いる者, いる音, きたの, きて, きな, しまえば, みても, もとの, やりました, やる, やると, やるよう, やろうと, 一合の, 上って, 奥へ, 来ました, 来るから, 此方へ, 着物を, 窓の, 髪を

2 [94件] あげて, あった, あっても, ある, あるから, あるの, いたと, いたところ, いた俊ちゃん, いまして, いらっしゃるの, いるこの, いるとき, いるので, いるもの, いるよ, いるらしい, いる人, いる女, いる振り, いる若い, おりました, おりますと, くるんだ, くれた, くれと, くれる, くれ洗って, しまった, しまってから, その手, その指先, ちょうだい, ついでに, ひろげて, みたが, みたの, みて, みましょうか, みようか, みようじゃ, みようと, みるが, みろ, もって, やったこと, やったの, やらなければ, やれば, 三吉は, 上げて, 上げるから, 下さい, 了う, 今度は, 名を, 外の, 外へ, 室に, 室へ, 居間へ, 左手から, 帰って, 座敷へ, 手拭いで, 持って, 日に, 朝食を, 来たの, 来ちゃあ, 来ても, 来なければ, 来ましたよ, 来る, 来るが, 来るん, 水を, 流れて, 流れる雨, 生の, 紅茶と, 素人に, 舟へ, 行くから, 行くと, 行けば, 見て, 貰ったの, 貰って, 部屋に, 部屋へ, 酢で, 頂戴, 食べるの

1 [790件 抜粋] あがった, あげさぞさっぱり, あげたいにも, あげな, あげると, あすこへ, あります, ありますと, あるいて, あるか, あるよ, ある筈, ある食器類, いえ, いたお, いたお母さん, いたぜ, いただきたいの, いたとき, いたもの, いたらさかな, いたら北海道, いたチョビ安, いたチョビ安が, いた三十前後, いた亭主, いた兵隊, いた十個, いた同門, いた妹, いた婆, いた市十郎, いた日本人, いた時, いた正二くん, いた男, いった, いったらせめて, いつもの, いなくては, いましたよ, いますよ, います昨夕中央会堂, いらっしゃいまじめ, いるかな, いるから, いること, いるじゃ, いるだろうよ, いるってね, いるまね, いるらしい音, いるんで, いるヒョロヒョロ, いる三名, いる不, いる伸子, いる善光寺辰, いる女房, いる妖怪, いる娘, いる小さい, いる明け六ツ, いる最中, いる溝, いる父, いる生首, いる白シャツ, いる筈, いる老い, いる道庵, いる金五郎, いる饅頭屋, うらの, おいたもの, おいたん, おいで, おきながら, おく, おくれだろうこっち, おくん, おけ, おけよ, おこうそう, おやり, おやりなさい, おります, おりますよ, お上りなさい, お出でなさい, お化粧, お父さんの, お目, お粂, お辰, お部屋, お鍋へ, かかる必要, がりがりと, きた, きたが, きたもの, きたらびっこを, きっぱり返答, きても, きれいに, くるから, くること, くるのに, くるよう, くる便所, くれさも, くれたじゃ, くれた茶碗, くれないか, くれました, くれませんかね, くれると, くれるね, くれる水, くれ無駄, くれ生れながらの, けがれを, こいッ, ここへ, この鮎川部屋, こられちゃ, これから食おう, これで, ございますから, ござる, ご飯を, さてここ, さてそれ, さてと向き直ります, さらに水, ざぶりざぶりと音する, したためたこと, しまいたいと, しまうその, しまうもの, しまったし, しまったでしょう, しまったやう, しまってからも, すぐ気軽, すすり込んだ, そこい, その上, その女, それからは, それから姉, それから挨拶, それへ, それを, ぞんざいに, たしなみの, ちゃぶ, とがめられたので, とび出すだけの, どいつの, どうする, どこかへ, にぎり飯を, ひと汗かい, ふところ紙三四枚で, ふと隣り, ぺたんと鏡の, まいりましょうか, また一陶, まだ客間, まって, みた, みたい, みたとき, みたならば, みたので, みたらほぼ, みたら又, みた日, みっちりこの, みなきゃなりません, みねえよ, みねえん, みましたが, みましょうかね, みよ, みよう, みる, みるか, みるつもり, みるなり, みるの, みる気, みろ女, もう一度湯ぶね, もどって, もらいましたけど, もらうわけ, もらった, もらった尾張中村, やったから, やったよ, やったらナオミ, やったわけ, やってると, やってる小牛, やりきょう, やりながら, やりましょうあなた, やり大人, やり次, やるから, やること, やるその間, やるまめまめしい, やるもの, やる仕草, やる小さな, やる者, やんの, ゆうべつない, ゆく滝川, よくもたせましょう, よく水気, よく虫, わたくしは, アイロンを, オオ・ド・コロオニュで, カラアを, ガタントン, クタクタに, サラサラサラサラと, セイセイと, ネヴァの, ハンケチで, ベゲテリアン食堂へ, ベッドに, 一旦美味しく, 一昨夜の, 一時間水に, 七厘へ, 万事は, 上がった, 上がろうと, 上げたかったん, 上げたり, 上げな, 上に, 上へ, 上りな, 上るところ, 上る所, 下さいと, 下さったの, 下され腰, 下駄を, 中へ, 主人の, 乱れる黒髪, 乾いた時, 乾かした洗濯物, 乾すため, 二十分間水へ, 二階へ, 交代に, 人参玉葱と, 今度こそは, 今日は, 休み部屋へ, 何に, 何を, 傷や, 元に, 入って, 入れて, 内へ, 再び叔父, 冷たい食事, 出て, 出向いたもの, 出直しましょうかな, 出直せ, 出直せだと, 別に新た, 別に酢, 創を, 化粧を, 南京米を, 参り, 参りました若林博士, 参ります, 参りますから, 取るの, 口を, 台所へ, 同じよう, 含嗽を, 呉れる, 告白する, 商人や, 地の, 垢が, 堅気に, 夕飯たべる, 大きく斜め, 大きな前髪, 大評議, 失神した, 始末し, 家でも, 家へ, 寝て, 寝床の, 寝床へ, 導かるるまま, 小石の, 居たらオリガさん来, 居た婆さん, 居りましたん, 居ると, 居るとか, 居る平次, 山と, 差上げましょう, 干したが, 干してんべ, 干すん, 幾松の, 広場へ, 広間へ, 底の, 座敷に, 庫裡の, 庭の, 引き揚げた首, 張ったの, 彼のみ, 彼女は, 後ろの, 御化粧, 御飯を, 急に, 戸棚に, 戻るのに, 手を, 手拭で, 手拭を, 扮飾術師に, 折から, 拭いたもの, 拭きながら, 拭き台所, 指で, 捨てるよう, 放飼, 教会の, 文学研究会の, 新しい仕事, 新しい畳, 新たに, 新聞記者に, 旗本の, 日光の, 日輪さまを, 晒で, 晒布巻を, 朝干いた, 朝飯を, 本当の, 机という, 来いという, 来たばかりの, 来たん, 来た所, 来た手, 来た素子, 来な, 来なけりゃあいけねえぜ, 来ますと, 来ようかしら, 来ようむこうの, 来るよう, 来果物, 来給えと, 枕頭へ, 柱に, 框から, 棚の, 此処に, 此処へ, 毛なみを, 気が, 水一合を, 江州で, 江東の, 洗いぬいた上, 流しもと, 流れる水際, 流れる黒い, 浜に, 浸ると, 深い鉄鍋, 清々した, 清めた, 清浄な, 済まして, 湿れた着物, 滑川の, 濡紙へ, 無造作に, 煮て, 爪まで, 独り高し, 独語の, 用意の, 用意を, 畳の, 發って, 白布で, 直ぐ水, 相当の, 真人間に, 眼が, 着換えを, 着物でも, 研ぎ出した, 磨いた, 礼ちゃんと, 神ダナと, 私の, 稲の, 端折った尻, 笊に, 糊を, 紅筆に, 紫蘇の, 綺麗な, 綻びを, 縫い直したもの, 繃帯を, 置かなくてはと, 置きました, 置くという, 置こうか, 置手拭日和下駄を, 聞き廻る, 聞き直すよう, 膏薬なりと, 膏薬を, 臍に, 自然に, 臭い者は, 苗木城中浪人組の, 茶の間へ, 蟋蟀の, 行くところ, 行った, 行ったら大抵, 行った後, 見えなかった, 見たか, 見たらどんな, 見た上, 見ましたところ, 見るが, 見る必要, 診察室に, 詩集を, 議論に, 貰いに, 貰うつもり, 貰ったもん, 起きて, 身支度を, 軽く化粧, 遊女屋に, 遣って, 遣るという, 部屋づき, 酒の, 鉄鍋を, 鍬を, 長流の, 降りて, 隅に, 隠居し, 雑巾は, 電燈を, 頂戴よ, 頭を, 颯とあと, 飛び散りました, 食えと, 食卓に, 飯でも, 飲むよう, 飲んで, 髪結って, 鬼芝の

▼ 洗ったり~ (90, 5.4%)

8 して 4 した 3 体を, 髪を 2 いろいろする, する, 洗濯し, 磨いたり

1 [64件] いつもの, おぜん, お机, したせい, したであろう, しました, しますが, すること, するです, するとき, するの, するもの, する場所, する様, それに, そわそわし, そんなこと, できれば, ひげ, ふいたり, 何か, 僚友の, 口を, 含嗽を, 味噌を, 外竈を, 宝石の, 干したり, 床石を, 庭に, 得意先に, 手の, 手や, 手先を, 新たに, 服を, 朝飯を, 木蔭で, 泥を, 洒落の, 滝口へ, 炊いだり, 煮たり, 煮物を, 物を, 甚しい, 着物を, 箪笥から, 米を, 糠袋の, 紙を, 結ったり, 茶を, 薬つけ, 血の, 袋から, 身体を, 軍服に, 針仕事を, 雑巾がけを, 靴を, 顔を, 骨つぎを, 鶫の

▼ 洗っても~ (43, 2.6%)

9 洗っても

1 [34件] おちないうすぐろ, おちなかった, おちめ, この言葉, しみが, その変, それは, ちぢまりません, なかなか落ちない, なかなか落ちねえ, ねちねちと, ひとつと, よい分, よごれの, 取れないと, 取れるもの, 容易くは, 心持が, 思わず顔, 悪寒を, 拭っても, 時を, 死人には, 洗いきれない血, 消えるもの, 清潔に, 磨いても, 私は, 義理は, 落ちないの, 落ちないよう, 落ちねえ, 落ちるもの, 血の

▼ 洗ってから~ (26, 1.6%)

1 [26件] いやだ, おっぱいを, お休みなさい, さっぱりし, ちりめん浴衣で, でなければ, ふたたび鐘楼, まったく無言, ポマードか, 一寸雪片を, 一緒に, 今日はという, 何か, 例の, 出て, 化粧を, 単衣物に, 大きな声, 庭に, 廊下へ, 手も, 新聞を, 昇降機で, 瘡の, 真紀子が, 見ると

▼ 洗っては~ (13, 0.8%)

2 傍らへ

1 [11件] いけないの, そのさき, そばから, ふきまた, ふくという, 乾かして, 乾かし洗っては, 屋根の, 横に, 湯に, 運び黙って

▼ 洗ったって~ (7, 0.4%)

1 せいぜい千人, どうした, まるッきり, フーと, 出臍, 白くなんか, 駄目だろう

▼ 洗っちゃ~ (6, 0.4%)

1 いめえな, たまらない, ならねえ, 居ないぜ, 来め, 駄目です

▼ 洗ってからも~ (2, 0.1%)

1 しばらくそこ, 尚お

▼1*

洗ったりなどして, 洗ったりなどをしてから, 洗って迄もらいました