青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「甲府~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~
甲府~
~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し 申し~ ~申した 申した~ ~申しました

「甲府~」 1120, 12ppm, 9082位

▼ 甲府~ (326, 29.1%)

16 方へ 12 城下へ 11 町の 7 町を 6 城下に 5 お城, 城下を, 町へ 4 城を, 市中へ, 牢を, 牢内に, 躑躅ヶ崎の 3 城は, 城下の, 家に, 家を, 市中を, 町に, 空を

2 [28件] まちは, まちはずれに, まちを, 勤番に, 勤番へ, 勤番支配を, 土地には, 土地を, 城に, 城下, 城下では, 城下でも, 大家の, 妻の, 安宿に, 家の, 家主が, 宿を, 市中が, 御勤番, 或る, 方へは, 牢に, 牢へ, 牢屋の, 町で, 町は, 神尾主膳の

1 [162件] あたりの, いたるところ, お役人様, お牢屋, お話は, このごろの, ご城下, ご新城, ひと盛に, ほうばかり, まちどこへ, まちに, まちのは, まちはずれの, ような, ランドラアとかいふ, 一蓮寺で, 一蓮寺の, 一門宿将は, 上下身の毛を, 中でも, 中に, 乱脈を, 二の舞を, 人々の, 人々も, 人と, 人は, 人よ, 人間だ, 代官と, 代官大久保石見守が, 代官大久保長安に, 伝右衛門が, 使者を, 信玄堤の, 停車場まで, 内外に, 内外の, 内輪には, 出店へ, 助さんとこへ, 動静を, 勤番の, 勤番を, 勤番士の, 勤番御, 勤番支配そりゃ, 勤番支配と, 勤番支配は, 南の, 南城下端れ, 南方釜無, 土地が, 土地は, 土地へ, 地に, 地へ, 地理に, 城が, 城へ, 城下から, 城下で, 城下には, 城下民は, 城内から, 城内に, 城内へも, 大兵いちどに, 女どもにまで, 女は, 女学校を, 娘さんの, 娘の, 家ごと家ごと少く, 家主と, 家主の, 家主も, 家主を, 家内の, 富士は, 實家の, 市の, 市中にも, 市中の, 市民にとっても, 御勤番支配, 御勤番衆, 御城, 御城下, 御城内, 御番城, 愛犬家小林氏らとともに, 手前で, 文化を, 新聞を, 方でありました, 方の, 方面であります, 旅から, 旗亭で, 旧館も, 本城へと, 本拠である, 条坊が, 東光寺に, 柳沢家へ, 柳町に, 柳町の, 武田神社で, 母が, 民を, 水晶細工や, 深夜も, 渡辺貴代子氏来罹災民への, 火事は, 牢以来この, 牢屋は, 牢屋へ, 牢獄に, 牢番も, 獄中に, 甲斐犬保存会に, 町, 町うちに, 町すらも, 町にまで, 町はずれに, 界隈には, 疎開さきで, 病院で, 病院まで, 盆地から, 盆地であった, 盆地に, 知り合, 破獄以来の, 神尾主膳へ, 神尾主膳様の, 神尾方へ, 神社へ, 者で, 聯隊から, 躑躅ヶ崎から, 躑躅ヶ崎へ, 近くに, 近くの, 近所から, 近郷で, 邸内に, 郊外は, 郷士の, 酌婦だ, 醫者に, 金手町の, 鍛冶の, 附近であったなら, 隠密や, 領民は, 館, 館を, 駒井能登守の

▼ 甲府~ (183, 16.3%)

9 行って 5 来て 3 出て, 向って, 帰って, 来たの, 行こうと 2 いって, はいった, 乗り込む時, 入って, 旅興行に, 来たん, 行くの, 赴任の, 逃げて

1 [136件] いくにも, いやに, おいでに, お役, かえり春, かえるのに, かえる行列, かえれたと, かえれないって, きて, こっそりやって来, ご出発, ついた頃, ひきあげた, まいります, もどる者, ゆきましょうヨ, ゆけば, 一家は, 乗り込むこと, 乗り込む手順, 乗り込む若い, 何し, 入ったと, 入ったという, 入り込もうと, 入り込んで, 入ること, 入ると, 入るまでに, 六里日が, 兵を, 出かけて, 出それから, 出たこと, 出たこれ, 出たらよく, 出まして, 出ようって, 出ようと, 出ること, 出るそれ, 出るちうの, 出るまでには, 出るん, 十七里という, 十三里しか, 参って, 参りたいと, 参りまして, 参ります, 参りますので, 参りまするの, 参る途中, 参ろうでは, 向う, 向けて, 寄り集まっ, 密使を, 密報し, 差し立てた, 差立てた, 帰りそれからまた, 帰りついた時分, 帰ること, 帰るという, 帰れとの, 帰還し, 廻したの, 廻して, 急いで, 戻って, 来た, 来た手土産, 来た時, 来た甲斐, 来てから, 来られるの, 来ると, 来る前, 残して, 残ったわけ, 沙汰し, 泊るの, 疎開する, 疎開準備中新宿との, 発つこと, 真昼間乗り込もう, 着いた時, 着くから, 立たせたあの, 立籠っ, 納めるの, 置く, 興行に, 落着こう, 行きともかく, 行くという, 行くはず, 行くよう, 行くん, 行く前, 行く旅, 行けば, 行こう, 行こうという, 行ったかしら, 行ったって, 行ったところ, 行ったの, 行ったらお目にかかりましょうよ, 行ったらしい, 行ったらわたし, 行っても, 行つた, 行つたら, 行つてゐた, 行つて何時歸る, 行つて來る, 行つて来, 行つて留守です, 行つて留守女房の, 赴く由, 近づいてからの, 追って, 追込む事, 退くと, 逃げたと, 逃げたんで, 逃げ出そうとして, 連れて, 避難し, 還って, 開けて, 降りた, 降りようと

▼ 甲府~ (65, 5.8%)

3 いた, 来て 2 いたころ, いて, いるには, いる時, いる時分

1 [49件] あって, いたこと, いたとき噂, いたの, いた時, いた時分, いた頃, いないと, いること, いると, いるという, いるの, いる人々, おられた駒井能登守殿, かえりたいと, 二回遊んだ, 人種が, 伝え別に, 住みついて, 住んで, 何か, 入つた, 入りこんで, 入るも, 出て, 参り合戦, 向いた一方, 向う, 小宮山清三氏を, 御在勤, 徽典館という, 求めて, 流れて, 滞在し, 潜んで, 潜伏し, 癘風起こる, 着いて, 着きました, 着くまでの, 縁付いた妹, 至るまでの, 行きつくの, 近いところ, 近い農村, 通ずる広い, 降りました, 限ったこと, 集るに

▼ 甲府~ (59, 5.3%)

4 出発し 2 差して

1 [53件] おさえ飛騨, このまま, さして, さして出かけ, さして闇, しくじってから, つかんのみ, 一とおり遍歴した, 中心として, 二日に, 出ぬうち, 出る時, 出る朝, 出発する, 匝ぐりて毛ばだちたる, 十一時発の, 去るの, 定めて, 席巻し, 引上げる, 引払って, 手に, 抑え飛騨, 抜け出した庄三郎, 抜け出して, 指して, 撃砕する, 攻め奪, 根城に, 消えて, 発した, 発したの, 立ち二十二日, 立ち退けと, 立った, 立つ時, 立退いたけれど, 経て, 荒らした悪病, 落ちた時, 襲い甲府城代佐藤駿河守殿, 西へ, 見れば, 訪ねようと, 追放された, 退くに, 逃れ出さねば, 過ぎて, 都心の, 離るる, 飛びだし笹子峠, 飛び出して, 駆けずり

▼ 甲府から~ (48, 4.3%)

2 バスに, 帰って, 江戸に, 江戸へ

1 [40件] あっただけ, ここまでの, この三鷹, この地方, するの, ついて, 三里離れた, 何し, 便りが, 出かけて, 出て, 出動し, 半里, 呼んだ老, 四日目でなく, 大宮までの, 奥秩父には, 帰つて来る, 引上げた, 持越しの, 指して, 来たん, 来た人, 来た金助, 来る石工, 東へは, 東京まで, 東海道に, 此の, 歸る, 江戸までは, 没落し, 津軽の, 消えたの, 神尾主膳様が, 秩父路へ, 裾野までは, 見て, 迎えに, 郡内の

▼ 甲府~ (36, 3.2%)

2 腹を

1 [34件] あった, ございます, さる重い, なにか, なりと, まごまごし, また丸焼け, みんなが, やった辻斬, やって, やり損なった仕返し, 一ばん賑やかな, 下車しよう, 世話に, 二度の, 二度目の, 亡くなるよう, 十日百七十両三歩という, 名うての, 呉服屋を, 失策った, 山梨山岳会が, 役に, 汽車を, 盗みを, 看守に, 私は, 結婚し, 緊張し, 罹災する, 聞いた物語, 落ち合う, 駅弁を, 鳴らした神尾

▼ 甲府まで~ (33, 2.9%)

3 五里の 2 来て

1 [28件] おとも, お前さんは, くっついて, やって来たの, わざわざ負け, 一日で, 乗り富士見, 乗り込もうという, 來て, 出かけるという, 参らねば, 参りやす, 同道する, 四時間汽車に, 帰って, 帰らねば, 幾里ある, 延長され, 戻って, 攻め入るべし, 汽車笹子峠は, 続いて, 行く間, 送って, 送り込んで, 逃げれば, 運ぶん, 飛ばせて

▼ 甲府~ (32, 2.9%)

5 の内外 2 を乗っ取っ, を乗っ取る

1 [23件] か, から馳, には加藤駿河, に足軽, のお, の勤番支配, の土蔵, の外濠, の大手, の宝物中, の本丸, の東, の森, まで這入った, をめざし, を乗取っ, を乗取ろう, を占領, を守り通す, を守る, を真中, を預かる, 乗取りの

▼ 甲府~ (30, 2.7%)

2 盆地である

1 [28件] いずれの, さすがに, その盆地, どう小田原, ひどいの, まだまだ遠かっ, むし暑い, もっとハイカラ, 上を, 二人に, 何という, 兵馬にとって, 分って, 四邊山, 天険であっ, 寒かった, 日ざし, 流石に, 火柱の, 狭い一夜, 狭い江戸, 甲府で, 癩患者で, 盆地な, 神尾主膳の, 遠いので, 金城鉄壁であろう, 風が

▼ 甲府勤番~ (28, 2.5%)

2 になる, の伝馬役, の株

1 [22件] がそれ, ということ, にいた, には骨, に落ちた, のころ, の侍, の反, の士分, の役人, の役向, の神尾主膳, の組頭, の組頭神尾主膳, の諸, は苦労人, は閑職, をやめ, を何と, 仰せつけら, 仰せつけられ暮, 御支配頭

▼ 甲府~ (24, 2.1%)

2 のまちはずれ, の郊外

1 [20件] からバス, から一里半, である, で検事, に在る, に小さい, のある, のお, のすぐ, の下宿, の大きい, の女学校, の妻, の炎上, の病院, の西北端, の電燈, へ来た, へ移った, も敵機

▼ 甲府城下~ (20, 1.8%)

3 の霧 2 の夜, の如法闇夜, の闇, へ入り込んだ 1 ではあんな, ではそれほど, のあちこち, のこと, の躑躅ヶ崎, は山, は思い, は恢復, へ征め

▼ 甲府勝手~ (13, 1.2%)

2 を仰せ付けられる

1 [11件] こうだんだんに, でも仰せ付けられたら, というの, とは何, とやらに決まり, と来る, と聞く, になり, にも廻された, に遷され, へ廻された

▼ 甲府~ (7, 0.6%)

1 いつかは, なんだか陰気, もうすぐ焼き払われる, やがて近い, 御城内, 自滅の, 酷い

▼ 甲府勤番支配~ (7, 0.6%)

2 というもの 1 であった時, であって, の与力渡辺三次郎, はある, を承った

▼ 甲府~ (6, 0.5%)

1 きまって, 存じます, 小太郎山の, 思って, 違って, 高麗村から

▼ 甲府にも~ (6, 0.5%)

1 そいつが, まだいたる, わたしの, 一度は, 絹商人では, 長ッ尻

▼ 甲府平原~ (6, 0.5%)

1 から仰いだ, とそれ, にはまだ, は深い, は釜, またはその

▼ 甲府~ (6, 0.5%)

1 から出世, といえ, などとは違っ, になる, の主人神尾方, を仰

▼ 甲府には~ (5, 0.4%)

1 いって, おふくろが, 医者が, 大名は, 石榴の

▼ 甲府勤番支配駒井能登守~ (5, 0.4%)

1 がこの, に相違, の家中, の邸内, らしいと

▼ 甲府図幅~ (5, 0.4%)

1 が手許, が拳, に奥仙丈山, に無間, を拡げ

▼ 甲府~ (5, 0.4%)

1 からいちどきに, からす, から江戸町奉行, へはつなぎ烽火, を打

▼ 甲府では~ (4, 0.4%)

1 また罪, 最も品格, 私は, 飛ぶ鳥

▼ 甲府という~ (4, 0.4%)

1 ところは, ところへ, 地相は, 都会の

▼ 甲府城内~ (4, 0.4%)

1 の上流, の御, の暗闘, の牢屋

▼ 甲府方面~ (4, 0.4%)

1 からの迎え, からは富士, へ出ます, へ向かっ

▼ 甲府~ (4, 0.4%)

1 から汽車, で弁当, のまえ, を過ぎ

▼ 甲府~ (3, 0.3%)

1 いいと, 目的の, 関東の

▼ 甲府へは~ (3, 0.3%)

1 いるに, いる前, まだ流行っ

▼ 甲府までは~ (3, 0.3%)

1 一足に, 十里近くも, 行くまいけれども

▼ 甲府までも~ (3, 0.3%)

1 そんなもの, 一挙に, 主人の

▼ 甲府~ (3, 0.3%)

1 お前は, 懐しい甲府, 甲府よ

▼ 甲府よりは~ (3, 0.3%)

1 いっそう上方, いっそう山奥, 無論佳い

▼ 甲府町方~ (3, 0.3%)

1 の役宅, の役所, の目

▼ 甲府あたり~ (2, 0.2%)

1 から狼, の寺

▼ 甲府~ (2, 0.2%)

1 猿橋あたりの, 飯田町へ

▼ 甲府~ (2, 0.2%)

1 と思え, と思へ

▼ 甲府とかへ~ (2, 0.2%)

1 つれて, 講演に

▼ 甲府における~ (2, 0.2%)

1 兵馬は, 駒井能登守の

▼ 甲府へでも~ (2, 0.2%)

1 おいでなさる, 浜松城へでも

▼ 甲府への~ (2, 0.2%)

1 みやげに, 従軍は

▼ 甲府までの~ (2, 0.2%)

1 あいだを, 切符は

▼ 甲府以来~ (2, 0.2%)

1 その消息, の世間話

▼ 甲府入り~ (2, 0.2%)

2 を致した

▼ 甲府全市~ (2, 0.2%)

1 にわたるもの, の知識階級

▼ 甲府~ (2, 0.2%)

1 を始め, を見

▼ 甲府~ (2, 0.2%)

1 の親元, へ旅立ち

▼ 甲府在住~ (2, 0.2%)

1 でこれ, の宮崎若狭守どの

▼ 甲府宰相綱重~ (2, 0.2%)

1 の子, をも生ませた

▼ 甲府市外~ (2, 0.2%)

1 の湯村温泉, の素封家河野氏邸

▼ 甲府~ (2, 0.2%)

1 入城の, 城代より

▼ 甲府攻め~ (2, 0.2%)

1 の手引き, をもよおす

▼ 甲府発向~ (2, 0.2%)

1 のとき, はあの

▼ 甲府街道~ (2, 0.2%)

1 に沿える, のこと

▼ 甲府詰め~ (2, 0.2%)

1 になった, を機会

▼ 甲府銀座~ (2, 0.2%)

1 と呼ん, をさま

▼ 甲府附近~ (2, 0.2%)

1 に自分たち, を最も

▼ 甲府韮崎~ (2, 0.2%)

1 のみしか彼, を攻むるのも一策

▼1* [76件]

甲府町方御, 甲府お勝手へお, 甲府からでも富士が, 甲府からの裏道に, 甲府からは汽車である, 甲府からも応援の, 甲府じゃこんな鼻筋, 甲府だってもうちッと, 甲府でしたことを, 甲府でずつと仕事を, 甲府とかにいる親類, 甲府とが結びついたら, 甲府などにいたろうかと, 甲府などへ頻繁に, 甲府なら東京よりも, 甲府なんか面白いもの, 甲府なんぞは無事な, 甲府において辻斬を, 甲府にでも出かけて, 甲府にゃあまったく, 甲府にわたる無人の, 甲府のやなぎ町, 甲府ばかりで出来たもの, 甲府へもどれ, 甲府まででもどこまで, 甲府秩父や, 甲府より参りました, 甲府一城の安危, 甲府一門としてはかりに, 甲府上州と仲間, 甲府予審判事平林書記を随, 甲府の行楽, 甲府代官の陣屋跡, 甲府以来信長へ対し, 甲府以来外へ出る, 甲府住居も覚束, 甲府偵察のこと, 甲府へ行った, 甲府入墨を焼切った, 甲府八幡宮の茶所, 甲府へ諌言, 甲府公御館の地, 甲府出征中下諏訪の陣所, 甲府勤番中は陰, 甲府勤番支配駒井能登守殿であるらしいこと, 甲府占領接収のこと, 甲府城下そのものが臭気, 甲府城下弥勒寺長屋時代の陰惨, 甲府城代佐藤駿河守殿を征め, 甲府城躑躅ヶ崎まで曳い, 甲府塗師屋町の四ツ, 甲府を出, 甲府女学校に在学中, 甲府市中が騒然と, 甲府市水門町の妻, 甲府市郊外の家, 甲府新城躑躅ヶ崎の城下, 甲府生まれの岩崎長世, 甲府生れの豆太郎, 甲府甲府と思っ, 甲府町方役宅へ徳川万太郎宛, 甲府百万石を賜わっ, 甲府監獄にはいっ, 甲府あるもの, 甲府秩父などの諸, 甲府の者, 甲府綱重の本邸, 甲府荒川のほとり, 甲府落ちを拒み出した, 甲府も負けず劣らず, 甲府を日延べ, 甲府行きの汽車, 甲府討入りの, 甲府の人たち, 甲府送りの公儀, 甲府を宰領