青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「甲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

用意~ ~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~
甲~
甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し 申し~ ~申した

「甲~」 3219, 35ppm, 3364位

▼ 甲~ (544, 16.9%)

15 百姓は 8 上に, 注意を 5 人の, 国の, 家の, 緒を 4 ことを, ほうの, ように, 上へ, 方が 3 ところへ, 上から, 下の, 人は, 類の, 類は

2 [51件] ために, ほうへ, ほうも, ほかに, ような, アネモネが, アネモネは, 上の, 下人入る, 事を, 亭主だ, 人が, 人に, 位地から, 兵は, 刀と, 前に, 友人は, 友人よりも, 友達から, 善きアカイア, 国は, 場合に, 大将は, 大連大伴の, 子供, 字と, 家に, 少女, 川沿いから, 底に, 形が, 役者は, 後に, 後には, 心は, 方に, 方の, 村を, 波が, 浪鎧の, 男の, 百姓を, 腰へ, 軍勢は, 運動と, 運動を, 部類に, 金持ちの, 類に, 類を

1 [353件] あいだに, ある小さな, かたまりの, こと, ことじゃ, ごとき心持ち, ごとくあるいは, ごとし帯甲猪, すぐれたるアカイア軍, すべっこいてら, すべっこい光っ, すべっこい小さい手, その形, そばへ, それは, ためだ, ところが, においが, ほうが, ほうで, めぐり濃, もとへ, ものが, ものと, ものを, やつにも, やつの, やつ何を, アカイアの, アカイア人を, アカイア軍の, アネモネの, アネモネを, バケツから, バケツへ, 一つは, 一の, 上, 上ダラケの, 上冠毛すごく, 下から, 下で, 下に, 下も, 丙は, 両角内藤隊と, 中には, 主人は, 主人乙の, 主張を, 主權者, 事実は, 二一六, 二人が, 人と, 人影しか, 人物によ, 人間が, 人馬一万三千余は, 仏人人物は, 会社と, 位置に, 作だ, 作と, 信条について, 俳人が, 俳人も, 俳優は, 候補者は, 倭を, 偏見は, 傍を, 傷を, 先へ, 先を, 兎の, 六日を, 出来事と, 列の, 剥製に, 勝利に, 占めて, 印象は, 原因と, 原因は, 又兵衛ほどの, 友は, 反省が, 司令官室において, 合格でありました, 同志, 名将高坂弾正昌信の, 吹返しを, 商人が, 善きアカイヤ人, 困ったとき, 国が, 国で, 国と, 国に, 国境を, 国境山脈に, 国民に, 圃へ, 國乙の, 堅きアカイア, 場合には, 場合は, 場所に, 場面から, 境なる, 境地が, 声, 声で, 声であった, 声乙の, 多くの, 夢と, 大きさ, 大小数多の, 天邊打碎き, 女が, 女には, 女によって, 女学校の, 好む處, 子を, 字が, 官僚主義者と, 宣伝の, 家からは, 家では, 家と, 家を, 家庭を, 容子に, 寺の, 小声であった, 山, 帰ったあと, 幸福の, 強い馬, 形なり, 影が, 影像の, 影旗の, 役者が, 役者を, 後から, 心の, 忍び緒を, 怒濤, 思想には, 性質では, 恩義を, 息が, 意味の, 意識が, 感じる赤色, 感覚器の, 態度とは, 憎怨, 成績だ, 所で, 手ざはりは, 手紙は, 持ち主は, 持ち出す長所, 持って, 挿毛の, 掌を, 採集人かなんぞの, 描いた絵, 描く曲線, 揺ぐばかり, 擦れ合う音, 政党と, 教科書にも, 敵も, 數も, 方から, 方で, 方は, 方を, 方法より, 昆虫も, 時代の, 暗示が, 曲線から, 書店に, 村が, 村で, 村では, 村でも, 村は, 村へ, 様に, 樹木, 樹木が, 櫛そいつは, 次郎ちゃんで, 正反對, 武者が, 武者の, 歴史的段階で, 殻を, 水車場の, 汗を, 法と, 法という, 波から, 波には, 波の, 浦, 浦にか, 浦沖を, 測定者の, 特徴は, 犬が, 犬の, 狼が, 猛将山県隊, 理論は, 生徒, 田虫は, 由, 男に, 男子を, 男性と, 町では, 町内で, 畑と, 白い顔, 白が, 百姓の, 皮を, 眉は, 眷族が, 眼には, 着物を, 碗を, 社員の, 神を, 神通力を以て, 福と, 科学者は, 立場であっ, 算額に対して, 精兵三百が, 精兵五百に, 紐を, 紙幟の, 紫色にな, 組かね, 組は, 組へ, 結果と, 結節に, 緒すら, 線條は, 縁から, 美を, 群は, 考への, 者には, 者は, 耳に, 聲を, 肉の, 肩へ, 胴を, 胸当の, 胸当を, 能力は, 脳天に, 腕力と, 自弁である, 艦橋に, 色の, 色慾減じ, 苦楽園に, 草鞋摺が, 萬龍はんと, 落ちた炭竈, 蛮勢は, 術を, 衣裳つづらを, 袖まくら寝られぬ, 装備も, 裏を, 要求に, 見た子爵, 詮索で, 誘惑だ, 説から, 説に, 説は, 講義を, 警官隊が, 警官隊を, 足は, 身の上を, 身の上乙の, 身体は, 軍人が, 辺が, 迅兵約, 運動が, 運動とか, 運動も, 道を, 部であり, 部分と, 部屋へ, 部類の, 部類は, 重なるほとり, 鉢を, 鉢金の, 鍬形と, 間を, 関心を, 電車が, 音である, 音に, 音の, 頭と, 頭の, 頭を, 顔の, 顔も, 顔を, 類と, 類なら, 類も, 類型に, 飢えや, 飼主から, 飾り物に, 養女さ, 首に, 馬が, 馬を, 馬與ふ, 騎馬武者に, 高いきい, 高い声, 高い聲, 高い足, 高き穹窿, 鬼神軍に, 鮮血も, 黄や

▼ 甲~ (378, 11.7%)

17 はいった 11 は山口 7 はオルガ 6 の首, はいっ, は参木, は宮子, は訊ねた 5 がお, の方, はもう 4 の肩, の顔, はお

3 [11件] と逢わね, の傍, の膝, の身体, の頭, はいう, はその, はふと, は再び, を見, を見た

2 [22件] がシンガポール, が来る, であった, とお, と宮子, にいった, のよう, の妹, の腕, の車, はこの, はまた, はようやく, は先, は公園, は思った, は急, は立ち上っ, は自分, は訊いた, は黄包車, を見付け

1 [209件] かとうとう, からは嫁, から放れる, から競子, か参木, か甲谷, がこの, がそこ, がそれ, がやって来る, がベンチ, が何, が参木, が宮子, が山口, が彼, が振り返っ, が昨夜, が着いた, が秋蘭, が穴, が起き, だとばかり, だろうか, であろうか, であろうかと, とて発奮, とはもう, とトルコ風呂, と一つ, と一緒, と別れる, と参木, と君, と山口, と彼, と結婚, と逢え, なら, にとっては不利, には介意, には参木, には恐るべき, には眼, には親切, に会釈, に変っ, に宮子, に教えられた, に聞いた, に腕, に血判状, に見せた, に見られ, に訊いた, に誘われる, に逢う, のうろうろ, のこと, の乗っ, の会社, の健康, の兄, の前, の友情, の周囲, の困惑, の大口, の帰り, の廻った, の後, の得意, の感想, の戦法, の所, の摩擦, の攻め立て, の服装, の来る, の毒牙, の混ぜかえす, の片腕, の笑顔, の耳もと, の背中, の脱ぎ捨てた, の虚栄心, の話, の足, の車夫, の近づく, の追って, の鈍い, の雄弁, の靴, の額, はあれ, はいつ, はいつの間にか, はいつも, はうす, はうろうろ, はここ, はすぐまた, はせき立てた, はそのまま, はそれ, はそんな, はだんだん, はにやにや, ははッ, はひと息呼吸, はまだ, はまだしばらく, はもうすぐ, はイギリス政府, はシャワー, はシンガポール, はステッキ, はズボン, はチューリップ, はトルコ風呂, はナイフ, は一人, は一言, は乗り出す, は二百円, は今頃, は僕, は入口, は初めて, は別段, は前, は十日間, は双手, は吹かれた, は困る, は外, は完全, は小きざみ, は弓, は彼, は彼ら, は彼女, は徐校濤, は思う, は思っ, は思わず, は思わずいった, は悠々, は意外, は散らかった, は日本人, は明らか, は昨夜, は時計, は村松汽船会社, は橋, は死体, は汗, は池, は浮き上っ, は溜息, は片手, は物珍, は疲れた, は眉, は矢継早, は突堤, は競子, は群衆, は訝し, は豪商, は足, は車, は部屋, は酔い, は重, は銭石山, は開いた, は間もなく, は雨, は靴さき, は頬, は頭, は驚いた, は骨, もあれ, もぼんやり, も一夜, も先日, も銭石山, をつねる, を仰ぐ, を信用, を安全, を寝かせた, を引い, を振り返った, を掴まえ, を殴りつける, を睨み, を肩, を見つける, を見る, を見上げた, を見返した, を追っ, を追って

▼ 甲~ (230, 7.1%)

8 つけて 4 身に 3 冠り, 脱いで, 解いて

2 [11件] そつと, 伏せて, 想起する, 撫でて, 浸して, 潤す深, 煩はさずして, 着けて, 着て, 私の, 被って

1 [187件] あおむけに, いただき鮮紅, いやがって, うんとひどい, おくごとく, おつけに, かすったり, かぶった大将, かぶった水色羅紗, かぶる, して, すりむき右手, すり剥きました, そっと他, つ, つけかの, つけし駿馬, つけた男, つけた竜騎兵, つけた頭, つけ皮袋, なめて, ぬいで, はすに, ひびかせて, ぺろぺろなめました, ほす習慣, みとめて, もって, もらった, よい青年, カンテラに, 一乙を, 一太刀きる, 三つとれ, 上向けに, 下に, 丙に, 乙に, 借りて, 入れさせようと, 其次ぎ, 冠せた, 冠った, 冠つてる, 分チ, 切った, 剥がすと, 割られて, 取って, 取り, 取りは, 叩いたり, 呪わなければ, 埋けて, 外し白衣, 始め幾多, 害するの, 射り貫き通し地, 布で, 帝甲と, 帯びて, 干した木の葉, 干して, 張って, 志望した, 思いうかべて, 悟し, 想し, 想すれ, 意識し, 愛して, 愛してるという, 愛すること, 戈を, 戴き木太刀, 打ちつけては, 打ち落す, 抑えて, 抑へ, 投げこみ旗竿, 投げよ, 投げ矛, 抱えるよう, 押向ける, 拆い, 持たず圓形, 持って, 按き, 挙ぐれ, 捲き道, 撫でた, 撫でながら, 擦剥いて, 攻めれば, 新に, 春と, 服し弓矢, 棄て, 殺す, 殺傷した, 水が, 洗ふ, 濡らしさえ, 灼いて, 熱くほてつた, 爪で, 物珍らし, 犇と, 用います, 田に, 目掛けて, 眼がけて, 着け剣, 着け彫の, 着け彫り物, 着け東海竜王, 着こんだ兵, 着こんで洞市, 着ず手, 着た神者, 着るいとまもなく, 着左, 着戈, 着長, 知る, 祝して, 祝すること, 突いて, 突きのける, 突き機先, 箱に, 粧いて, 締めつけるあの, 編むの, 纏うて, 纒ひぬ, 美しいもの, 脱いだな, 脱いだの, 脱いだ処, 脱がして, 脱がせは, 脱ぎ城, 脱ぎ弓, 脱ぎ水, 脱ぎ鎧, 脱ぐが, 臀の, 著け, 著た, 著半ば鎖せる, 蠢めい, 被り奴, 被り馬, 被れる, 裂いて, 見かける折, 見た, 見つめた, 見て, 解かざるもの数日, 解き降旗, 解くな, 解く衣, 誇りながら, 誦し八歳, 説得できぬ, 貫いた, 貫けば, 貰ったもの, 貰って, 蹂躙つた, 軒先へ, 通し腹, 造り勇士, 造る, 連想する, 重ねて, 鋭刄, 鎧い脚, 除いたほとんど, 隠さぬほどに, 頭に, 顎に, 飾る冠毛, 養成せん

▼ 甲~ (211, 6.6%)

5 乙の 3 いいました, 乙に, 書籍を, 自分の 2 それを, 不安そうに, 乙を, 二はい, 背を, 黙って

1 [182件] あちらで, あまりいい, いかにも意外, いきなり隠し, いっそう丙, いつもの, いまさらながら, いままでの, うごかなかったいらいら, うすく笑った, うっかりにせ, うらめしげ, かえって不安, かくして惜しい, けむり燦, こういう, こう聞く, この四, これが, これを, さっそく乙, しきりに眼, しばらく海, すっかり赤く, せせら笑って, そういい, そのこと, その城太郎, その枕元, その芋, その話, その馬, それに, ため息を, ついと奥, とうてい乙, とうとう自分, とうに承知, とる乙, どうかし, なほも, ひしめいた, ふいに, ふくれあがつて, ふたたび乙, ほんのり酔ったながし, またある, また渡海場, まだ帰っ, もうこうなっ, もうその, やはりその, エネルギーを, 一つの, 一帯に, 一日に, 一行十人ほどの, 三毛猫の, 不孝に, 不意に, 世に所謂放蕩書生, 乙から, 乙さんなら知つてる, 乙に対して, 乙より, 乙乙は, 云つた, 仕入れて, 以て, 保守派中の, 俳優が, 借主の, 側へ, 其分布甚だ, 内心いくらい, 凄く黯紅, 即ちホルバフ氏, 又八, 取り残して, 叱って, 喜んで, 四箇の, 堅い川石, 堅兵は, 外交的役割に, 夜こっそり, 天災の, 始めて, 家へ, 寧ろ国家, 小作人同盟で, 小女に, 小女を, 巻煙草を, 席に, 帰ると, 平等を, 平素は, 床几へ, 店の, 座を, 彼から, 彼はもの, 往来へ, 必ず重太郎, 急に, 悪いに, 惜しくて, 意気揚々と, 意識し, 憤っと, 持て余した, 振り退けて, 摺り寄った, 新聞を, 日の, 明珍の, 暗い中, 更に力, 有名の, 木村なり, 樽柿の, 武蔵の, 殻が, 毎日もう, 気がついて, 気に, 水力電気論を, 火に対しては, 灰を, 炉の, 無論小手脛当, 無造作に, 独りに, 独り言を, 現今專ら行はれ, 現時の, 町で, 病氣の, 白い足, 眼に, 眼にかどを, 碗を, 確かに, 空に, 空を, 笑って, 答えて, 終日頭を, 絶対的に, 絶對的に, 総理大臣である, 肩に, 菰で, 蒲留仙の, 藤次に, 藤次の, 虚子氏が, 袂の, 裾を, 褐色である, 親と, 角助にも, 誹謗し, 調子づける, 象の, 資本金が, 赤い帽子, 趙雲にも, 述べそ, 迷いました, 金持ちでありました, 銀貨を, 鏘, 隅へ, 雛鳥の, 非常に, 顕微鏡下での, 飽いて, 馬を, 魚鱗の, 黒衣と

▼ 甲~ (123, 3.8%)

2 が広瀬, のうち, の一将, の主力, の左翼, の新手, の本営, の精猛, の精鋭

1 [105件] が東美濃, が織田, が遅疑逡巡, が隊, であろうか, でしょう, ではなかっ, といい, というの, と呼ぶ, と和睦, にあがる, にその, にはこういう, にも策, に備え, に取り詰められ, に当り, のうえ, のこういう, のこの, の上, の不信, の両翼, の中央, の人々, の作戦内容, の兵馬, の内, の内容, の出兵, の出動, の前列, の厳密さ, の右翼, の同勢, の名だたる, の哨戒地帯, の四百九人, の士気, の大兵, の大勝, の将, の強大, の愕, の手, の攻勢的足場, の方, の方向急転, の方策, の旌旗, の旗色, の本質, の武名, の武将たち, の死傷, の死者, の海津, の物見, の猛, の猛卒勇将, の現われた, の疾風, の盛返す, の真田信綱, の眼, の者, の者すべて, の背後, の自信, の荷駄隊, の衰兆, の装備, の軍行路, の追撃猛烈, の部将たち, の部隊, の重圧, の銃隊, の陣営, の陣気, の陣紀, の隊, の馬場美濃守, はいくら, はこれ, はまだ, はもう, はやはり, は一兵, は兵馬共, は午前七時頃妻女山, は地理, は大門峠, は形, は越軍, もさる, も謙信, より大兵, をおおう, をひきい, をみなごろ, を叩きつぶす, 大勝利, 衰えたりとは

▼ 甲~ (109, 3.4%)

7 いいました 6 乙の 4 乙に, 乙を 2 フラフラッと, 乙に対し, 乙に対して, 入って, 去って, 囲んで, 目が, 見える位

1 [72件] あって, あるかなあと, あるわ, ある点, いいますと, いうと, この台詞, この種, これを, そこを, その専門, どこの, ふくれた, ますでしょう, またむずむず, また偶然彼女, むくむくと, ソフアに, 一メートルぐらいの, 三つだけ, 三つとれなかった, 不思議そうに, 丙に, 丙を, 事実であったごとく, 仕込んで, 何か, 僕を, 先づ新聞を, 全身の毛, 六七尺に, 割合多い, 勝手に, 去った後, 同じく一, 同じ事, 告げた新しい, 問いました, 好きらしい, 如何に, 往来で, 待って, 急いで, 悄然とは, 悪い笞, 憎くなった, 提出され, 最も科学的, 月下に, 機嫌を, 櫃から, 歴史的に, 残して, 滑り落ちて, 痛い, 盛んに, 真理として, 移らんとして, 空間に, 結果乙を, 腫れあがって, 蒼黒く, 薄か, 見ると, 貰えるよう, 連用形として, 運動し, 野を, 隠れ今に, 首の, 馬に, 鮫の

▼ 甲~ (98, 3.0%)

5 身を 2 ひびきて, 向って, 弾かれもの, 接吻した, 椰子若芽を, 迷付い, 鼠の

1 [79件] ある水, いかれる顔, いわせれば, いわれて, おもしろい木目, おれを, お掛けなさい, かかって, かかりあたり, きびしく鎧った, くぼんで, こんなに蝋, ささって, しても, せんか, ちがいありません, ちがいない, とまったので, どんと落ちた, なって, なってたの, なりすまして, なる迄, のって, ガラスの, 一つの, 一面の, 三極を, 五本分れ出, 仰山らしく, 会わなかったらと, 似せて, 反対なる, 四字あてすべてで, 墨青々, 夜目にも, 始まり地, 嫌われたとて, 就いて, 属しおのれ, 從ふ, 思はれて, 恐れつ甲, 恭, 懲りて, 戻る場合, 扮する俳優, 比して, 渡し甲, 濡色の, 灰色の, 無かった, 無試驗, 理論乙が, 白砂を, 真白い大きな, 着かえれば, 移って, 移る, 繋かり, 育てられた養女, 自己を, 與へた權力を, 草っ, 落ちた, 落ちたら卒倒, 衣の, 見ゆる怪物, 話して, 迫り來, 迷わされて, 追ひつ, 釣り上っ, 鎧われた氷, 集むる傾向あり, 頭守らせよ, 額を, 養われて, 高い浅吉

▼ 甲~ (95, 3.0%)

13 乙との 7 乙と, 乙とは 4 丙との 3 乙とが, 乙の 2 丙の, 乙とで, 乙アタフタと, 又八の, 朱実を

1 [48件] あり有松絞り, いい後者, いい朱実, いい馬, いかにも調和, し以下四つ, する, すれば, ふたりで, 一緒にか, 一間程, 丁, 丁との, 丙だ, 丙とは, 乙とに, 乙とを, 乙と共に, 云ひ, 云ふ, 今朝は, 仮に名づけ, 前後し, 反対な, 同棲し, 名づけた諸, 名づけます, 国家, 戯れて, 手足と, 朱の, 朱実が, 朱実へ, 楯とに, 甲に, 直角を, 祇園藤次は, 等しく一尺, 耳たぼ, 言つた調子で, 記し紂, 逐電し, 連合する, 錦袍とを, 関係などは, 頭甲の, 類似した, 駈落ちし

▼ 甲武信岳~ (65, 2.0%)

10 の頂上 2 に登った, に登る, の名, の東南, まで縦走

1 [45件] から一時間近く, から四十分, から国師岳, から富士箱根, から林道, から西南望, である, では無い, というの, との間, と三宝山, と同じく, などの山々, なる名称, に上った, に向っ, に登れる, に登ろう, に至る, に面した, のあたり, の中腹以下, の位置, の位置あたり, の如き, の幻影, の方, の絶巓, の附近, の霊, は東沢, は此二山, は近年, へ出られる, へ登っ, へ登った, へ登る, や雁坂峠, らしい幻影, を三方山, を中心, を初めて, を少し, を経, 又は三宝山

▼ 甲源一刀流~ (52, 1.6%)

8 の巻 3 の席 2 の, の師範, の本家

1 [35件] お父上, から出, から出で, から言え, が流行っ, でございましたね, では使い手, では剣鬼, では宗家, と新, において並ぶ, のこと, の一派, の下手, の人々, の出, の名代, の大額, の宗家, の宗家逸見多四郎義利, の家元, の掛額, の極意, の正統, の秩父, の第, の辺見多四郎, の達人, の遣い手, の開祖, の音無し, の額面, を学んだ, を少し, 相正眼

▼ 甲武信~ (35, 1.1%)

2 に相違, の頂上

1 [31件] から唐松尾, から国師, から旅, か国師, が小さい, が見える, じゃない, という大立物, と国師, と申しまし, と雲切, に通ずる, のよう, の下, の信州側, の側師, の国境, の山中, の山入り, の山脈, の左, の左下, の西, の間, へ先, へ登る, へ続く, や木賊, らしくないよう, を代用, を経

▼ 甲から~ (32, 1.0%)

9 乙に 6 乙へと 3 乙へ

1 [14件] くすぐられた乙, くるぶしが, はさッと, もらった黒樫, 乙を, 乙丙へと, 先に, 切り離すの, 動いて, 家屋を, 断ち割られでも, 発するの, 脳天へ, 青い膿汁

▼ 甲~ (31, 1.0%)

5 乙も

1 [26件] あわてて, すべて風雨の, その後ろ楯, とかず帳, ぷすりぷすりだ, 丙も, 中田と, 冑も, 去り朱実, 堅き長柄, 投げる, 朱実も, 棄て鎧, 毒あり, 甲上が, 真二つ, 着ず武者, 着ず真, 着よう鎧, 知らない, 脱いで, 藤次も, 見えるだろうその間, 解かず兵, 透し五人掛り, 鎧も

▼ 甲比丹~ (30, 0.9%)

16 の三次

1 [14件] から具申, がま, が話し, さう, と二人, どうか御, の, のマツキヅガル, の云う, の処, の將軍拜謁, は少し, や日傘, 何時も扇

▼ 甲~ (29, 0.9%)

5 の野郎

1 [24件] が云った, が嬶, が気の毒, が現, だと, のバット, の寝顔, の投げた, の病床, はさつき, はその後, はつぶやいた, はみんな, は云った, は座敷, は庭, は椽側, は片腕, は紙, は飛びあがる, は黙っ, ひるの, をお, を見つけ

▼ 甲~ (22, 0.7%)

1 [22件] あつた, いる事, これからは, その大事, とまってた水, テーブルへ, 口辺を, 右の, 左の, 押して, 拭いた, 松明を, 涙を, 眼を, 矢鱈に, 蓋を, 被われて, 裁断は, 身を, 額の, 額を, 鼻を

▼ 甲騎兵~ (22, 0.7%)

2 を有し

1 [20件] あの骸骨, であって, とその, とのため, と三人, にも彼ら, に命じた, の剣, の半ば, の姿, の戦闘, の甲, の縦列, の行進, はもはや, は彼ら, は歩兵, は騎兵, をし, を銃剣

▼ 甲~ (20, 0.6%)

2 に入学, に属する

1 [16件] が相伴っ, とにわかれ, と乙類, と相伴い, に, に属し, の, のもの, の仮名, の字, の見る, の音, はいつも, は甲類同志, へしかも, を用いる

▼ 甲~ (19, 0.6%)

2 の年, の歳

1 [15件] という年号, には七十二歳, には二十歳, に催された, に小野令図, に森枳園, に至る, に首唱, の下, の中秋, の初, の遊, は一大機会, は十八年, は即ち

▼ 甲~ (18, 0.6%)

4 が方 2 は何

1 [12件] が乙某, が今日, が先生, が死ぬ, と同, にその, の定義, の手, の眼, の論文, 百貨店の, 閲乙某編丙某

▼ 甲~ (15, 0.5%)

3 のこと

1 [12件] が今, でそれ, など, の中, の秘密, の蓋, は開かれた, をあけ, をいきなり, をしん, を一見, を憎んだ

▼ 甲~ (15, 0.5%)

1 [15件] して, し雪, と刀劍, と幻影造型, の他, の音, もまた, をきた, をつけた, をつけ劍, をどう, を借り, を帯したる, を裝ふたの, 畏れ多く存じますれ

▼ 甲という~ (14, 0.4%)

2 女の

1 [12件] のが, 一人の, 事実に, 人が, 人との, 同じ西洋人, 名を, 女を, 年上の, 物体から, 男が, 言葉が

▼ 甲~ (14, 0.4%)

3 だの 2 に似せ 1 あ固く, がぬれ, だの馴鹿, のよう, の両, の形, や太い, を干し, を経た

▼ 甲刑事~ (14, 0.4%)

1 [14件] がいなくなる, がはいっ, が後ろ手, が自動車, が離れ, でした, の姿, の方, の袖, はきっと, は一体どう, は少しく, は目下小生, を呼ぼう

▼ 甲騎兵ら~ (14, 0.4%)

1 [14件] がよじのぼり, が凹路, の上, の中, はそれ, はつき進ん, はイギリス, は十三, は峡谷, は敵, は方陣, は突然, は足, を覆没

▼ 甲二郎~ (13, 0.4%)

2 という男

1 [11件] が呆気, その壇, の三人, の注進, の知らせ, はあまり, はこそこそ, は気, もみるみる, も呆気, も小男

▼ 甲~ (12, 0.4%)

1 [12件] いった, かけて, かけての, そうッ, そつと, やって, やり返すと共に, 息を, 手を, 朱鷺色と, 這上る, 露が

▼ 甲~ (12, 0.4%)

1 [12件] から一人, がおいつく, の一番, の主任, の仮装行列, の勝, の学級, の教室, の敵, の方, の級長, の面々

▼ 甲~ (12, 0.4%)

2 の親 1 といへ, の変勢, はますます, は例, は眉, は聞く, は言, は身, は重ね, は頬杖

▼ 甲谷さん~ (12, 0.4%)

1 [12件] が何, だわ, とは初め, とは死んだ, とは結婚, とは話さない, にはあなた, に仰言っとい, の好き, の所, へ気兼ね, も甲谷さん

▼ 甲にも~ (11, 0.3%)

8 乙にも 1 火が, 甲と, 黙って

▼ 甲~ (11, 0.3%)

1 [11件] その他すべてを, 下着を, 乙や, 具足を, 小娘の, 戈を, 指の, 掌などの, 朱実の, 足に, 馬装を

▼ 甲より~ (11, 0.3%)

5 乙に 1 上の, 乙が, 乙へ, 此點に, 毛ようの, 虫出で

▼ 甲堅き~ (11, 0.3%)

8 アカイアの 2 アカイオイ 1 アカイアと

▼ 甲~ (10, 0.3%)

2 の歳 1 などの甲, にいたる, の七月, の変, の日暦, の春, の正月元日, の武鑑

▼ 甲~ (10, 0.3%)

1 のあいだ, のいずれ, のさかい, の一時的, の両, の両家, の家來盡, の決戦, 両軍, 両軍多年

▼ 甲~ (10, 0.3%)

1 となり, には關係, に擧げた, に盡, の多, の妓, の所説, は, は藝文志, は醒覚

▼ 甲には~ (9, 0.3%)

1 ありありと, おれも, 人の, 情状を, 感心した, 最も非, 理由も, 田の, 紅や

▼ 甲~ (9, 0.3%)

1 がまったく, が身, のうち, の全, またボナパルト, を屯集, を興し, を見ずし, 来る

▼ 甲~ (9, 0.3%)

2 の歳 1 に七十一歳, に江戸, に茶山, の元旦, の夜半, は十一, 第十月

▼ 甲斐子~ (9, 0.3%)

2 の名刺 1 から三圓, が出し, が腹, が非常時, の澤山, はきまつたやう, は二階

▼ 甲~ (9, 0.3%)

2 である 1 あまた, がとまつ, がまっすぐ, などの變つた種類, のやう, のよう, は涙

▼ 甲まで~ (8, 0.2%)

1 ずか, むくませ髪, 仄, 埃を, 巻き付けたる有様, 水に, 痛みを, 蔽われて

▼ 甲~ (8, 0.2%)

1 に至る, の九月九日, の夏五月, の年, の年九月九日, の年正月十五日崩, の歳, 小御所東面

▼ 甲~ (8, 0.2%)

1 が一心, が分捕っ, と同様, に向い, の上, の眼, は頭, 少き者

▼ 甲~ (8, 0.2%)

1 さては毒瓦斯弾, というの, なら十階, の投下準備, はどこ, や地雷弾, よりはやや, をなげおとした

▼ 甲必丹~ (8, 0.2%)

1 からお上, には容易, にも分らない, にも意味, に読聞, のカランス殿, は奉行所, もヘトル役

▼ 甲~ (8, 0.2%)

4 の年 1 に渋江抽斎, に至り, の年四月六日崩, 去る元年五月亡卒

▼ 甲といふ~ (7, 0.2%)

1 人間を, 對象に, 日傭取りに, 男が, 習慣が, 自己を, 青年が

▼ 甲~ (7, 0.2%)

1 に向かい, の一部分, の記憶, の路線, の連合, の連合力, 最も弱き

▼ 甲其物~ (7, 0.2%)

4 を忘 1 に集め, を忘れん, を想起

▼ 甲~ (7, 0.2%)

3 の山 1 のあいだ, の貨物列車, の貨物汽車, の電車

▼ 甲~ (7, 0.2%)

1 とも呼び, と称し, に出入り, の主, の濠, へもどった, へ乗入らん

▼ 甲でも~ (6, 0.2%)

2 あり乙, なく乙, 乙でも

▼ 甲なる~ (6, 0.2%)

1 一の, 人に, 人を, 俳人が, 戸畑と, 者の

▼ 甲~ (6, 0.2%)

2 および甲乙 1 ならびに甲乙, の人々, の連合, 最も強く

▼ 甲~ (6, 0.2%)

1 が暴殺, で天野君, と屡々, に見込まれ, の息子達, 空しく墓中

▼ 甲比丹ブルック~ (6, 0.2%)

1 が行, にどうも, に再会, の助力, の話, は居らず

▼ 甲~ (6, 0.2%)

2 を干し 1 は龜甲形, を打つ, を撫で, を背負った

▼ 甲鉄艦~ (6, 0.2%)

2 のやう 1 が南方, といい, は旭日, を買う

▼ 甲~ (6, 0.2%)

1 のひびき, ふアカイア, ふトロイア, をあらためて, をととのえ, を扮

▼ 甲なら~ (5, 0.2%)

2 甲という, 甲の 1 ば右

▼ 甲~ (5, 0.2%)

2 だなどといふ 1 が二日, と評点, は本質的

▼ 甲信武三国~ (5, 0.2%)

3 の境 1 に跨る, の界

▼ 甲信武三州~ (5, 0.2%)

2 の境, ノ分界ニシテ 1 の界

▼ 甲~ (5, 0.2%)

1 か乙型, の人, の人々, の人間, をした

▼ 甲~ (5, 0.2%)

1 が悪い, だから, と男, をあげ, を絞っ

▼ 甲州兵~ (5, 0.2%)

1 が何十人, が強かろ, のうち, の一兵, は

▼ 甲比丹ヅーフ~ (5, 0.2%)

1 から時, が日本滯留十九年, の通詞ら, は日本, は本木

▼ 甲~ (5, 0.2%)

1 の三国ざかい, の三国ざかいが, の連山, 三ヵ国間に, 両軍

▼ 甲記者~ (5, 0.2%)

1 がいま, がどしり, に比すべく, の英雄的, は国

▼ 甲~ (4, 0.1%)

2 乙か 1 ぶとに, 乙かの

▼ 甲~ (4, 0.1%)

1 かに聞こえた, から信楽, けれども乙, よ

▼ 甲を以て~ (4, 0.1%)

1 国威を, 天下に, 戦に, 精神の

▼ 甲~ (4, 0.1%)

1 だのだいぶ, という村, どうせ養子, もみんなそれ

▼ 甲山峡水~ (4, 0.1%)

1 の勇猛, の地勢, の守り, は嶮

▼ 甲掛け~ (4, 0.1%)

1 に両, の姿, の花売娘, 菅笠に

▼ 甲~ (4, 0.1%)

1 に住, の人民, より来たら, より来たるや

▼ 甲武信間~ (4, 0.1%)

3 の縦走 1 を通っ

▼ 甲~ (4, 0.1%)

2 の姿 1 が勇ましく, が雲気

▼ 甲胄堂~ (4, 0.1%)

2 の婦人像 1 といふ, の花

▼ 甲陽鎮撫隊~ (4, 0.1%)

1 で大名格, の構成, は総崩れ, をつくり

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 ている, 乙う, 山嶽も

▼ 甲さん~ (3, 0.1%)

1 そんないい, なんでそんな, もみんな

▼ 甲だけ~ (3, 0.1%)

1 では, 猪首に, 間に

▼ 甲に対して~ (3, 0.1%)

1 こう勝る, 乙が, 専門家である

▼ 甲へも~ (3, 0.1%)

1 同じく繃帯, 落た上, 落ちた上

▼ 甲丙甲乙~ (3, 0.1%)

1 の両, の連合力, 両路線

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 というの, の法, は活太刀

▼ 甲信二国~ (3, 0.1%)

1 と上州, は徳川家, を御

▼ 甲兵衛~ (3, 0.1%)

1 と黒穂, に麦, に黒穂

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 が鉄, ですかね, と称え

▼ 甲又は~ (3, 0.1%)

2 乙の 1 甲の

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 に含む, の, を読み通した

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 でその, の天子, は多く亂

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 で盗んだ, をちっとも, を知らない

▼ 甲武鉄道~ (3, 0.1%)

1 と云っ, に乗っ, の線路

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 の銅像, をつけた, を着

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 がひよつくり飛ん, だけは蜘, を捕

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 に帶びつ, に着けぬ, を救

▼ 甲軍全体~ (3, 0.1%)

1 の信念, の士気, をおおう

▼ 甲陽軍鑑~ (3, 0.1%)

1 の一冊, や武功雑記, を楯

▼ 甲~ (3, 0.1%)

1 から乙駒, に跨り, は街衢

▼ 甲ある~ (2, 0.1%)

1 がため, 戰馬の

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 そして腰兵糧, その状

▼ 甲かけ~ (2, 0.1%)

1 に結びこまる, の旅人

▼ 甲っていう~ (2, 0.1%)

1 おかみさんに, 女に

▼ 甲つくる~ (2, 0.1%)

1 アカイアの, アカイオイ

▼ 甲であり~ (2, 0.1%)

1 或いは乙, 或ひ

▼ 甲では~ (2, 0.1%)

1 なくして, 宜け

▼ 甲とか~ (2, 0.1%)

1 乙とかという, 大抵魚貝の

▼ 甲とは~ (2, 0.1%)

1 あの通り親密, もう一緒

▼ 甲にとっては~ (2, 0.1%)

1 ほとんど自明的, 過去の

▼ 甲によって~ (2, 0.1%)

1 乙が, 必ず乙

▼ 甲のみ~ (2, 0.1%)

1 よく甲, 殘り

▼ 甲また~ (2, 0.1%)

1 肩に, 胴衣

▼ 甲むし~ (2, 0.1%)

1 が飛ん, や蝶々

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 徴兵國ガ乙ノ, 製作品中ニハ繪ト名ヅク可キモ

▼ 甲ワッ~ (2, 0.1%)

2 と叫ん

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 の二人, 程よき処

▼ 甲乙丙丁~ (2, 0.1%)

1 どの影, のだれ

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の萎えた

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 がほんとう, の話

▼ 甲信武甲~ (2, 0.1%)

1 の国境, の国境山脈

▼ 甲信駿~ (2, 0.1%)

1 の三ヵ国, 遠の

▼ 甲先生~ (2, 0.1%)

2 や乙先生

▼ 甲受話器~ (2, 0.1%)

1 をかける, を耳

▼ 甲団体~ (2, 0.1%)

2 の猿

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 のごとく, は物心相

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 に会う, 老人であります

▼ 甲張り声~ (2, 0.1%)

2 に酷く

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 のため, を守り得ず

▼ 甲後家~ (2, 0.1%)

1 は叱っ, は家

▼ 甲必丹カランス殿~ (2, 0.1%)

1 じゃ, にお

▼ 甲抽象的~ (2, 0.1%)

2 な乙

▼ 甲教師~ (2, 0.1%)

2 は超人哲学

▼ 甲既に~ (2, 0.1%)

1 死して, 足る

▼ 甲某家~ (2, 0.1%)

1 で又兵衛, のもの

▼ 甲武信三宝~ (2, 0.1%)

1 の三山, の二山

▼ 甲武信三山~ (2, 0.1%)

1 を始め, 即ち木賊山

▼ 甲武信二山~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 甲武連山~ (2, 0.1%)

1 は茜, を色々

▼ 甲殼類~ (2, 0.1%)

1 で蝦, には發光

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 に棲ん, の山女魚

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 の文字, を名乗った

▼ 甲源一刀流名うて~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 甲燦々~ (2, 0.1%)

1 たる諸, と流れゆく

▼ 甲爆弾~ (2, 0.1%)

1 がこの, をむずと

▼ 甲爆雷~ (2, 0.1%)

1 などの製造, やダイナマイト

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 でたとえば, の特種

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 で白銀三枚, と書い

▼ 甲級巡洋艦~ (2, 0.1%)

1 に比べ, の速力

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 ひたるリキエー人, ふ

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 だが, を出し

▼ 甲越二将~ (2, 0.1%)

1 が手切れ, はもつとも

▼ 甲軍側~ (2, 0.1%)

1 の内部, は武田信玄

▼ 甲部座員~ (2, 0.1%)

1 とはいえ, に昇進

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 のよう, の船

▼ 甲~ (2, 0.1%)

2 の楯

▼ 甲鎧燦爛~ (2, 0.1%)

1 たる諸, と自身先

▼ 甲鐵艦~ (2, 0.1%)

1 もハンザ, 又は巡洋艦等

▼ 甲館躑躅ヶ崎~ (2, 0.1%)

1 の詰侍, を立ち

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 と白檀, は宝螺貝

▼ 甲駿~ (2, 0.1%)

1 の空, へ根

▼ 甲駿二国~ (2, 0.1%)

1 のさかい, の領主徳川忠長卿

▼ 甲~ (2, 0.1%)

1 の注意, を直に

▼1* [376件]

いみじく彼, 甲うその主軸, 甲がけや外套, 甲がけ脚絆に杖, 甲がけ草鞋穿でいかにも, 甲ぐさと貫けり, 甲さんこれは私, 甲さん今年の芋, 甲すでに足る, 甲せしめ燕府を, 甲そのむかし, 甲たり人言う, 甲だけが雪に, 甲だけを持つて, 甲だったがどうしても, 甲だの脛の, 甲ちょっと待って, 甲つけてそそり立つ, 甲てめえも店, 甲であって乙, 甲であった操行評点が, 甲であるか乙, 甲でなくて乙, 甲とかいう女にも, 甲として四つの, 甲とも竜孫とも, 甲なしの鉢巻, 甲などと途中で, 甲などという女を, 甲ならぬ乙に, 甲におけるよりも乙の, 甲についても類似の, 甲になつてを, 甲に従って好いか, 甲のみを見詰めて, 甲はと見れば, 甲へと流れる生命, 甲へまで泥水が, 甲ほどき去る, 甲ほどにはまだ荒ん, 甲まさきに纒, 甲までも柔かい畑土, 甲めがけ矢を, 甲めがねのメフェスト, 甲矛よ, 甲よりは優れた某, 甲よりも兄貴分だ, 甲よろいの革紐, 甲よろふアカイアの, 甲わしとそ, 甲をがつしり, 甲高い聲, 甲一層甚ダシク, 甲ゴムの長靴, 甲チョコレエトを匙, 甲ト乙トハ同種族ノモノナリトハ云フ能ハズ, 甲ニ及ビ親趾, 甲ニ接吻サセテクレト云ッテモマア汚イトカ, 甲ハ乙ノ後裔ナリトハ云フ能ハズ, 甲ハ種々ノ織, 甲ヤネグリジェノ裾ヲ汚, 甲一語乙一語いくら泣い, 甲一頭分は一日, 甲三乙十七いきなり丁一, 甲上沓を嵌めたる, 甲上級長の位置, 甲とつい, 甲弥の, 甲丙丁相つぎて, 甲肩下, 甲両手を上沓, 甲に進み入り, 甲主義乙傾向の是非曲直, 甲乃至乙, 甲乙づくしにいたしましょう, 甲乙丙其他多勢パリスの侍童, 甲乙從いて, 甲事物の一定形態, 甲二千以上は優に, 甲二州の諸, 甲二郎おれの腕前, 甲二郎それにつづい, 甲二郎相手はこんな, 甲五六騎ばかり不意, 甲今度正蔵君の買った, 甲を投げこん, 甲俳優に見物, 甲の席, 甲元素何匁乙元素何匁丙丁各何匁, 甲光るアレースと, 甲の内, 甲の三君, 甲兵らは石, 甲兵其令下にあり, 甲兵完からず, 甲兵衛士の盛, 甲其下の, 甲に於, 甲処乙所と尋ね, 甲利刄はげしく剛勇, 甲割りへ目, 甲動物の生存競争, 甲が外埠, 甲午同族の兼有, 甲午奉行人等を関東, 甲午年の独立, 甲午晴亥剋由比浜辺焼亡す南風, 甲午晴鶴岳宮放生会将軍家聊か御, 甲午霽夜に入, 甲去れば乙, 甲取り直し頭の, 甲は男体, 甲吉ひとりが退け, 甲吉君はしぶしぶ, 甲吉君元気かね, 甲吉君運動はもう, 甲吉毛糸のジャケツ, 甲同盟をむすび, 甲君君は丙君, 甲てん, 甲吾妻鉢巻等を外輪山, 甲の法, 甲地方の古い, 甲地雷弾が三トン, 甲堅くよろ, 甲堅ければ彼, 甲に聞いた, 甲剣の, 甲ある女優, 甲宗八幡宮にて披講, 甲官庁である新しい, 甲宝石をちりばめた, 甲の女子, 甲寅以来わが改革家, 甲寅元年従四位下実近, 甲寅八月筑摩織部正則重は領内, 甲寅叢書というもの, 甲寅四月生れの乙松, 甲寅晴将軍家御出, 甲寅正月十日を以て再び, 甲たりとて汝, 甲将士の数, 甲山脈の嶮, 甲山間の道路, 甲である, 甲の年, 甲に碎けん, 甲帽子を取, 甲帽子外套の冬支度, 甲平さんのこと, 甲と乙店, 甲店駅より引返した, 甲張りになっ, 甲の帽子, 甲形態ともなる, 甲必丹オルフェルト・エリアスと館員一同, 甲必丹オルフェルト・エリアス殿並に館員, 甲必丹カランスが背後, 甲必丹カランス様が和蘭, 甲必丹マンスダール商人シクス手代ヰッセールそれに羅甸語, 甲必丹年を期し, 甲必丹江府の拝礼毎年, 甲必丹蘭人が通辞, 甲性質が又, 甲起これば, 甲想起こりて, 甲戊生の三女長一人, 甲戌乙亥の遊, 甲戌五月三十一日に関藤藤陰, 甲戌六月七日に棠軒, 甲戌十一月二十三日と書し, 甲戌四月九日鋳, 甲戌大に斉眉山, 甲戌年二月吉日に拵, 甲戌戌刻御所の近辺, 甲戌新造の御所, 甲戌早春の詩, 甲戌東役の前年, 甲戌甲申などの甲, 甲或は先に, 甲戦袍の類, 甲戴く其へ, 甲摧破受ければ, 甲敵人の, 甲新聞が人気, 甲に輝く, 甲星兜揚々として洛陽, 甲是以偃息未捷, 甲更に金屬の, 甲會社は手拭, 甲朱実お通, 甲東没後はとかく, 甲板の間に時間, 甲と乙格, 甲武信三国の山々, 甲武信三国境界附近の花崗岩塊, 甲武信三州の山々, 甲武信以東に在り, 甲武信国師附近の数峰, 甲武信小屋と十文字小屋, 甲武信山塊破風雁坂山を含む, 甲武信岳三宝山この三つ, 甲武信岳及金峰山の方面, 甲武信岳登山から始まった, 甲武信岳附近から雁坂峠, 甲武信嶽秩父の大洞山雲取山, 甲武信方面への尾根, 甲武信木賊の三山, 甲武信金峰の連脈, 甲武信附近の山, 甲武信雁坂唐松尾あたりを一度, 甲武信雲切の諸山, 甲武庫六甲の山々, 甲武者が二騎, 甲である, 甲比丹たちから饗應, 甲比丹クックは太平洋, 甲比丹クツクの冐瞼旅行譚, 甲比丹ツンベルグはその, 甲比丹ブルツクと云う, 甲比丹今日は妙, 甲比丹以下士官一人医師一人水夫四五人久しく滞留, 甲比丹小柄の伴天連, 甲比丹此度魯西亞出帆の翌々日, 甲比丹頭痛ではない, 甲民族の一個, 甲賜ぶべきや, 甲治兵申父兄之志, 甲の乙派, 甲深く物を, 甲遠は, 甲渋々起つて, 甲源一刀流上段の構え, 甲源一刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 甲源一刀流秩父の逸見, 甲源流に少し, 甲無道でありしため, 甲をする, 甲に物凄く, 甲の戦歴, 甲独立して, 甲と名, 甲王城を守れる, 甲申中秋の月, 甲申乙酉に, 甲申二月五日である, 甲申仲秋改版のもの, 甲申八月十七日後に茶山, 甲申旺秋後の茶山, 甲申晩頭雪降る夜, 甲當年何十何歳自ら顧みるに, 甲の戦袍, 甲白馬得々として洛陽, 甲百万も秋風, 甲百万路に満つれ, 甲百万鼓声地を撼, 甲相二国の同盟, 甲相合するを, 甲相四ヵ国の山猟師, 甲相武信の境, 甲相聯合軍の陣, 甲ノ勞働者, 甲に於, 甲て, 甲着けしアカイア軍を, 甲矢乙矢射継ぎはなちてつく息, 甲碎くべく長鎗, 甲穿つアカイアの, 甲突けば覘違はず, 甲立った弱々しい声, 甲童子乙童子丙童子いばらぎ童子酒呑童子其のほか數, 甲ひ乙, 甲を始め, 甲籠山とも申します, 甲組四名をひきつれ, 甲組大津太郎さあん大津太郎さ, 甲組廻了の数二十三, 甲組競技場に立つ, 甲組織だのそういう, 甲組金曜時間割左の通り順序變更, 甲から乙群, 甲翅虫など飛び立つ, 甲胄姿の幽霊, 甲胄武者十八人まで斬り伏せ, 甲胴甲貪魚, 甲脚絆素わらじのすでに, 甲自身においても昨日真理, 甲艦乙艦丙艦の弾, 甲良い戦袍良い, 甲若し眼を, 甲華美のメネスチオス, 甲は盃, 甲蔵稲荷社と云つたの, 甲藤校長に挨拶, 甲藤義治氏の好意, 甲蟲主に螢類, 甲衣馬装を飾っ, 甲の一卒, 甲観測者は自分自身, 甲角弓を其手, 甲からすれ, 甲し乙, 甲論乙伯この頭, 甲論乙駁なかなかに, 甲谷さんあなたどう思っ, 甲谷さんあなた参木のこと, 甲谷さん駄目だわね, 甲谷君はあの, 甲の三國, 甲豆相の地, 甲魚鈍魚などという, 甲貫きて鋭, 甲越ともに興亡浮沈, 甲越両国の本能, 甲越二軍の精兵, 甲越対陣的の好敵手たる, 甲越戦記のクライマックス, 甲越相三国の戦, 甲足類から彼等, 甲軍中の鉄壁, 甲軍二万七千余の兵, 甲軍二万余は海津, 甲軍全滅のとき, 甲軍将卒をあわせ, 甲軍数千の鉄壁, 甲軍最大な象徴, 甲軍随一の山県隊, 甲辰和田左衛門尉義盛上総の国司, 甲辰四月廿一日なり, 甲辰季秋十四日与諸子, 甲辰尋常小学校で六年生, 甲辰小通詞となり, 甲辰小雨降る古郡左衛門尉兄弟, 甲辰晴晩に及び, 甲辰正月五日同渋江六柳, 甲辰永福寺に始め, 甲辰相州年来の郎従, 甲運動をなし, 甲部川を紅, 甲重くして, 甲でも蜂の巣, 甲鉄冑に身, 甲鉄艦何艘かを造る, 甲鉄蓋を身, 甲錚トシテ鳴リ金戈戞トシテ, 甲錦袖をまとい, 甲鎧燦爛龍爪の名馬, 甲のやう, 甲にひきかえ, 甲の軍師高坂弾正, 甲陽二十四将の一人, 甲陽流軍学にそれぞれ秘法, 甲陽鎮撫が防禦陣地, 甲陽鎮撫隊長近藤勇だ, 甲隣室より現れ, 甲青年団にも少し, 甲青甲に衣, 甲をたたき始め, 甲と乙音, 甲音三声揺韻をゆるく, 甲のめぐり, 甲類乙類の仮名通用, 甲類同志相伴って, 甲に揺き, 甲馬諸共に召し上げ, 甲馬蹄に蹴られ, 甲または峡駅, 甲駅板橋凡そ府内, 甲駿三遠四ヵ国, 甲騎兵中隊の指揮官, 甲騎兵聯隊からお上, 甲高級神話或は狭義, 甲の脂肪, 甲鯨型とでも名付けたい, 甲の剥製, 甲の魚類