青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「由来~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~用意 用意~ ~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~
由来~
甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し 申し~

「由来~」 1163, 13ppm, 8736位

▼ 由来~ (193, 16.6%)

4 明らかに 3 知って, 考えて, 説いて, 説明し, 説明する

2 [13件] きいて, もって, 伝えて, 何遍聞かされた, 尋ぬる, 明かに, 書いて, 研究し, 研究する, 考うる, 聞くに, 詳に, 説明した

1 [148件] あなたは, あらわしたと, いふ, お尋ねに, かたり兄, きかされて, くわしく井田さん, こう説明, この絵巻物, たずぬるに, たずねた, たずねて, たださずに, つぶさに話した, なしたあの, のべられい, まったく忘れ, もったヤナギ, もつもの, よく訊かれる, 両国屋という, 付けたがります, 作った売僧輩, 保持する, 其祭文によ, 刻し, 刻した, 刻せる, 叙し, 君に, 問ふ, 委敷相記し申し, 審に, 尋ねて, 尋ねること, 尋ねると, 尋ねる途, 少し述べ, 弁信が, 弁慶が, 後に, 御上から, 御披露, 忘れて, 思い浮べ今更, 想像させる, 承りたいと, 披露した, 持って, 教えて, 書いたの, 書いたもの, 書いた扁額, 書いた時, 最も明暸, 有して, 有するか, 有するもの, 有って, 案ずると, 案内に, 極ざっと説明, 極ざつと説明, 正確に, 此民譚で, 物語って, 物語つた, 物語の, 物語ると, 物語るには, 理解した, 申しあげた, 申し上げましたから, 申し立てて, 異にする, 白地に, 白絹に, 知つた, 知つて置く, 知らなかった, 知らぬから, 知らぬ様, 知らんと, 知るを, 知れば, 繋けられ, 考えたもの, 考えようと, 聞いた, 聞いて, 聞かして, 聞かせたり, 聞かせて, 聞かないで, 聞く事, 聴いて, 見つけえぬ, 視て, 覚知し, 解せずして, 解説しよう, 言葉短に, 記したもの, 記した一種, 記した高い, 話したの, 話して, 話せと, 話そう, 詳しく申し立てた, 詳しく話された, 認め建保四年三月十八日, 語って, 語つ, 語つて清子に, 語らなければ, 語りそれ, 語りましょう, 語り山小屋, 語ると, 語るには, 語るもの, 語る為, 語る神代, 説かん, 説きはじめた, 説き又, 説き起す勇気, 説く, 説くという, 説くと共に, 説くに, 説くよりも, 説く昔話, 説く詞章, 説こうと, 説明したがる, 説明したらしい, 説明すべき, 読んだり, 調べて, 諒解し, 諒解したなら, 諒解しましたなら, 論じて, 述べ終って, 銘記し, 顧み尋

▼ 由来する~ (164, 14.1%)

10 のである, ものである 7 ものと 5 のか 4 ことが, ことは, ところが, ので, 所を 3 ことを, ところは, ところを, ものであっ, 処の 2 ことだ, どころかむしろ, のであっ, ものが, ものだ, もので, ものなる, 処が, 地理上の, 所が

1 [77件] からで, からであります, かわからなかった, かを考え, がわたくし, が一般的, こうした一種, こと, ことで, ことと, ことも, ことをば, こと明々白々なれ, というラプラス以来, といわれ, ところその, ところの, ところ一朝夕の, ところ既に, ところ甚だ, とは如何なる, とばかり云う, と云っ, と云わね, と思う, と思われます, と考え, と見, と見ね, と見る, と言っ, と言った, と説く, には相違, に他, に外, に過ぎぬ, のだ, のだった, のであ, のであった, のであり, のであろう, のです, のでなけれ, ので本来意味, ので簡素, ばかりで, ものであった, ものであります, ものとして, よりは子供達, わけで, イデオロギーが, ヒューム的懐疑論とが, マッハの, ユーモアや, 一切の, 一種の, 伝統と, 処に, 外ない, 官僚的, 影響と, 心の, 悒鬱極まる, 感官刺戟に, 憂愁か, 所なる, 所は, 教養の, 正当な, 源は, 筈であった, 認識の, 誤謬であるであろう, 限り

▼ 由来~ (68, 5.8%)

2 ここに, すこぶる古い, ともかくとして

1 [62件] ありさ, ありながら, あると, いたって, かつて一度, かなり古い, きわめて深い, こうであった, こうである, このホテル, この如く, この紙雛, これだ, さらに久しい, すこぶる久しい, その前, それで, たったこれ, ともかくも, とんとわからぬ, どうしても見当, ふるいもの, まさにこの, むかしこの, やはり前, わかった, わかりませんのよ, シナに, バスガールも, 七百年前親鸞聖人の, 久しいの, 事物の, 僕には, 全く一時代, 内地でも, 分らなかった, 分らなかったが, 刷物に, 勿論わからない, 古いの, 国語学者や, 大神ゼウスが, 存じませんが, 学問的に, 家風に, 富山の, 左の, 序文にも, 当時長州征伐の, 後に, 想像しかねる, 早く忘れられ, 明かに, 最愛の, 校庭で, 次の, 深いもの, 福澤全集の, 第一世ナポレオン, 結局そんな, 義太夫の, 遠く戦勝

▼ 由来~ (54, 4.6%)

26 ている 5 てゐる 2 実際この, 部落の

1 [19件] いざという, かつて俗衆, このラセムス, ていた, ておる, てその, て寒中, て居る, て政治的, て日本人独得, て若干, て観る, 今一方, 又その, 吾, 後天性変形は, 我が漢字, 突然内心, 要するに彼等自ら

▼ 由来~ (36, 3.1%)

3 ある

1 [33件] あったの, あつただらう, あつて, あります, あるかは, あること, あるだらうと, あるだろうと, あると, あるに, あるの, ある訳, いつから, かえって不明, この二つ, すでに不明, そういうところ, わからない, わからないと, わかりました大いに, わかる, 事物の, 分らなかった, 古いので, 執拗なる, 忘れられたのみ, 明らかに, 無くては, 神代の, 航空機製造にまで, 見当が, 詳しい, 遠い処

▼ 由来~ (35, 3.0%)

2 の内容

1 [33件] が書い, であるが, でもあり, とはもちろん, などが流布, などに忽然と, などに記した, にある, にもやはり, に書い, に現われ, に見え, のおしまい, の伝承以前, の写し, の後, の文章, の方, の編述, の表面, の頭, はまた, や旧記, をそのまま, を信じれ, を存, を心ゆく, を挿入, を書い, を発狂, を見, を語っ, を読んだ

▼ 由来~ (33, 2.8%)

2 あるこの, 一端を, 同じからざる

1 [27件] あったこと, あること, あるもの, ある城付き, もので, わからない奇態, 中仙道筋の, 久しいこと, 人々も, 伝へられたもの, 古いこと, 古さ, 古譚, 合理的説明を, 同情こそ, 大要に, 忘られ, 忘られた, 甚だ久しき, 真相を, 裏には, 解説が, 記憶が, 話から, 語られて, 説明である, 説明としては

▼ 由来した~ (23, 2.0%)

3 のである 2 のであろう

1 [18件] ことであっ, ことを, と云っ, ので, のであった, のでない, ものだ, ものであった, ものでありましょう, ものでございましょう, ものらしい, 主な, 名前である, 種々雑多な, 空間の, 自慢癖を, 観念である, 語が

▼ 由来~ (18, 1.5%)

3 就ては 2 就て

1 [13件] つきては, もとづいたこと, 入る, 及んでは, 就いて, 就いては, 於ては, 無知な, 聞き恍, 至っては, 色々説が, 遡って, 関聯した

▼ 由来~ (18, 1.5%)

1 [18件] ありこれら, しれず, はっきりとは, もとより詳, 久しくしたがって, 伝えられて, 其一つである, 呑込める, 定かでない, 実は娘, 山づとにして分霊献上を, 知って, 考へ, 聞いて, 肯ける, 西洋の, 解って, 養老三年

▼ 由来~ (16, 1.4%)

2 之が

1 [14件] す, どうそれ, なった室, 伝へて, 太子薨去を, 将来の, 新生活, 本質とを, 歴史とを, 犠牲者に, 申せば, 経歴とを, 結合しなかった, 説明とは

▼ 由来この~ (12, 1.0%)

2 あたりでは, 国の, 種の 1 京都には, 地方は, 婆には, 宿の, 感覚を, 書は

▼ 由来日本~ (12, 1.0%)

2 の文学者 1 には歴史小説, の刀, の劇作家, の学者, の戦争, の新劇俳優, の検閲, の社会, の社会様式, の芸道

▼ 由来不明~ (11, 0.9%)

2 の中臣女 1 となつた, な, ながらこの, ながら年中, なる, な為, な釆部, のい, のしきたり

▼ 由来~ (9, 0.8%)

1 その本質, その死, 二十面相の, 伝説の, 建国の, 来歴について, 腰に, 行くえ, 行くへを

▼ 由来として~ (7, 0.6%)

2 みぬま 1 伝へてを, 昔或, 次の, 聴かれたの, 著録せられ

▼ 由来から~ (6, 0.5%)

1 いって, お話しませう, 云っても, 生れて, 考えれば, 説いて

▼ 由来すこぶる~ (6, 0.5%)

1 久しいもの, 久しくまた, 久しく彼ら, 古い, 古く衛生上, 古し

▼ 由来について~ (6, 0.5%)

1 こんなこと, 下した推測, 円朝自身が, 時々人, 次に話し, 詳しく語っ

▼ 由来については~ (6, 0.5%)

1 あるいはむかし人民, いまだ伝説, こんな話, 一通りならぬ, 牛蒡の, 知らないし

▼ 由来人間~ (5, 0.4%)

1 というもの, にはその, の慾望, の歴史, の生活革命

▼ 由来芸術~ (5, 0.4%)

1 とは芸術家自身, と時代, に定まった, の敵, を愛する

▼ 由来~ (4, 0.3%)

1 といふ, とすれ, と云う, と堂守

▼ 由来文化~ (4, 0.3%)

2 は個人生活 1 なしいはん, の公敵

▼ 由来~ (4, 0.3%)

1 に八郎, の通り, を序文, を集め

▼ 由来沿革~ (4, 0.3%)

2 を明らか 1 を調査, を調査叙述

▼ 由来~ (4, 0.3%)

1 の最も, は人, は政治, は政治家

▼ 由来~ (4, 0.3%)

1 になっ, に裏切りする, はちがう, を若干

▼ 由来~ (4, 0.3%)

1 が少し, などもたいてい, なども袋中, を伴

▼ 由来~ (3, 0.3%)

1 人の, 汝たちの, 能役者や

▼ 由来~ (3, 0.3%)

1 これは, 元この, 私にとっては

▼ 由来でも~ (3, 0.3%)

2 ありそう 1 ないと

▼ 由来とを~ (3, 0.3%)

1 尋ねるには, 混同し, 諒解し

▼ 由来などを~ (3, 0.3%)

1 検討する, 考える遑, 詮議考究する

▼ 由来わが~ (3, 0.3%)

1 民族の, 牛込は, 血の

▼ 由来久しい~ (3, 0.3%)

1 もので, ものと, 事な

▼ 由来因縁~ (3, 0.3%)

1 になる, を彼, を説明

▼ 由来学者~ (3, 0.3%)

2 とはいう 1 の所説

▼ 由来宗教~ (3, 0.3%)

2 は逆説 1 というもの

▼ 由来~ (2, 0.2%)

2 ういふ

▼ 由来です~ (2, 0.2%)

2

▼ 由来という~ (2, 0.2%)

1 ちとお, ような

▼ 由来などが~ (2, 0.2%)

1 特に必要, 説いて

▼ 由来には~ (2, 0.2%)

1 こう書い, 女に

▼ 由来わが国~ (2, 0.2%)

1 の, の芝居道

▼ 由来をも~ (2, 0.2%)

1 歴史的事実としての, 考えざるべからず

▼ 由来付き~ (2, 0.2%)

1 でももうこう, の彫刻

▼ 由来信州人~ (2, 0.2%)

1 は争気, は智慾

▼ 由来先生~ (2, 0.2%)

1 という名称, はご

▼ 由来古い~ (2, 0.2%)

1 ことで, 櫓や

▼ 由来変遷~ (2, 0.2%)

1 を究めたい, を観察

▼ 由来~ (2, 0.2%)

1 災害の, 都督周瑜と

▼ 由来子供~ (2, 0.2%)

1 の想像, は

▼ 由来~ (2, 0.2%)

1 の頭脳, は弁舌

▼ 由来~ (2, 0.2%)

1 のかなわぬ, は地理的

▼ 由来恋愛~ (2, 0.2%)

2 よりも仕事

▼ 由来書き~ (2, 0.2%)

1 の方, を見る

▼ 由来最も~ (2, 0.2%)

1 眠くなり, 衒学的

▼ 由来火薬庫~ (2, 0.2%)

2 の付近

▼ 由来特に~ (2, 0.2%)

2 その前

▼ 由来~ (2, 0.2%)

1 さという, さといふ

▼ 由来~ (2, 0.2%)

1 なれど, は不詳

▼ 由来芝居~ (2, 0.2%)

1 の初日, の興行

▼ 由来蔵書家~ (2, 0.2%)

2 というよう

▼ 由来西洋~ (2, 0.2%)

1 の例, の詩

▼ 由来記その他~ (2, 0.2%)

1 に伝へ, の後年

▼ 由来鷹匠~ (2, 0.2%)

1 と餌取り, なるもの

▼1* [306件]

由来あるをいかなる, 由来あんまり円満多幸な, 由来いかなる戦史軍記にも, 由来いずれの県, 由来いわゆるお茶人の, 由来おせっかいは江戸っ子, 由来およびその原因, 由来おれはやたら, 由来かう云ふ, 由来かかる魔性の, 由来かねがね承わっ, 由来かような怪しい, 由来きわめて久しいもの, 由来けだし一朝一夕の, 由来ここらの人, 由来こそこの話, 由来してるのであります, 由来しないで水戸斉昭, 由来し従って物質, 由来という, 由来するであろうとは恐らく, 由来するでしょうか, 由来せざるべきは前, 由来せしなりとぞ, 由来せねばならず, 由来そうしたものか, 由来そこは外, 由来その他の詮索, 由来そんなことに, 由来たのもしくないもん, 由来だけならお話, 由来であって内容, 由来であろうかと設問, 由来できない性質の, 由来ではなくて, 由来とか原作者の, 由来とかの本話, 由来とはここに, 由来どこの土地, 由来のである, 由来なきに非, 由来などは是が, 由来なり発展の, 由来なりをどう考える, 由来についての説明である, 由来についても土地では, 由来につき興味ある, 由来にもいろいろ理由, 由来によって今でも, 由来によるものか, 由来に対する崇敬の, 由来に関する伝説また, 由来はなはだメタフィジカルに, 由来へちまというもの, 由来やら時頼夫人の, 由来らしいがうまく, 由来を以て聊か見る, 由来アングロサクソンは鬼畜, 由来エジプトの象形文字, 由来クレールに関してはほとんどもう, 由来パミール高原は禍機, 由来フランスは一七八九年, 由来フランス法派は自然法学説, 由来ヤナギのお, 由来ランカシャアの人, 由来一つの大衆的, 由来一切社会の歴史, 由来一般に中国人, 由来の数, 由来三月が来れ, 由来不具者というもの, 由来世界において科学的思想, 由来丞相の作戦, 由来久しといわざるべからず, 由来久しく習慣漸く, 由来事実を記したる, 由来に接する, 由来人生に対する偉大, 由来人類は極楽, 由来仮装は夜, 由来伊勢には天火, 由来伊勢路の往来, 由来へ噺有, 由来伝統的な観念, 由来宗と云, 由来は感興, 由来保吉の勤め, 由来保守的な彼, 由来信長の得意, 由来信長公とも同座, 由来俳人はこの, 由来俳諧の道, 由来が煙たく, 由来俺そのものの脳味噌, 由来個人主義の本場, 由来を嫌, 由来儒教の観相, 由来元来私は生れ付き殺風景, 由来光秀は銃器, 由来は兇器, 由来冒険というもの, 由来前進はやすく, 由来剣道能楽などの秘伝, 由来劇壇には付きもの, 由来と南, 由来南北支那に対して講究研鑚, 由来南蛮の将兵, 由来博覧会の出品物, 由来即ち宅蔵司の, 由来及び現状については, 由来叡山とは何事, 由来古しといわざるべからず, 由来同君がい, 由来名門足利家の御, 由来周瑜も感情家, 由来和泉守直家を輔佐, 由来善悪本がある, 由来団十郎は滅多, 由来国軍は外敵, 由来国際間の事, 由来均整のとれてる, 由来坊さんなるもの, 由来坊主小屋は樹下, 由来の町人, 由来塩原という処, 由来の女, 由来外交上の使節, 由来多しといわざるべからず, 由来天道に反, 由来奥羽地方はもと, 由来というもの, 由来如何なる時でも, 由来守る戦で, 由来宗教批判は唯物論, 由来家常茶飯事を歌, 由来宿業として情, 由来悪で, 由来小杉勇とまちがえられ, 由来少年の句, 由来屠殺肉食を忌む, 由来山陽は部屋, 由来岡引というもの, 由来崇め続けられている, 由来左団次はその, 由来左様なところ, 由来弘前藩には悪, 由来強硬なる織田方, 由来当代のシューマン, 由来彼女の光茫, 由来房の, 由来晩餐会で, 由来忍術というもの, 由来悲憤慷慨の気, 由来情熱は永続, 由来慣例というもの, 由来懐柔外交隠忍などは彼, 由来我々日本人は, 由来我々筆舌の徒, 由来我が文学は, 由来我国の義犬伝説, 由来我国人の悟性, 由来我地球の分身, 由来は最後, 由来戯曲が文学, 由来手工業と物資, 由来技術に魂, 由来抒情詩人といへ, 由来支那人の喧嘩, 由来政府側の諸種発表, 由来政治の何物たる, 由来散るということ, 由来を重んずる, 由来疆は, 由来新劇といふ言葉, 由来新田の本営, 由来新田足利二家の関係, 由来新聞劇評家が見物, 由来旗本屋敷などには世間, 由来既に久しいこと, 由来日本人はこの, 由来日本国民はさう, 由来日本語を表わす, 由来から魔女, 由来れ, 由来暗い所で, 由来書板行して, 由来曹操の病, 由来最大の臆病者, 由来本栖湖は貞観, 由来東京の下町人, 由来東京人は昆布, 由来東国そのものに財力, 由来の花弁, 由来権者に召し抱えられる, 由来の上, 由来をもっ, 由来武家の辻番所, 由来武蔵の書簡, 由来武蔵野人種は政治的性格, 由来武門のお, 由来をもっ, 由来毛利加担の旗頭, 由来民衆的なもの, 由来気まぐれで甚だ, 由来洛内攻めにはいつも, 由来活物である, 由来浅井と朝倉, 由来浅草にはわれ, 由来浮世絵と西洋画, 由来海上の仕事, 由来深しといわざるべからず, 由来清盛の死, 由来滴血のこと, 由来演劇雑誌の多く, 由来漢事始に丑, 由来火星の生物, 由来無学鈍才な自身, 由来煩悩児である, 由来物理学者はデターミニスト, 由来物部氏は魂, 由来を飼っ, 由来独創の気, 由来独創力の乏しい, 由来王朗は博学, 由来現今の日本人, 由来理想と現実, 由来理窟屋の集合, 由来甚ダ遠キモノノ如ク現今却テ, 由来甚高遠なること, 由来生きた奴が, 由来甲信上毛は塩, 由来画壇にせよ, 由来画家というもの, 由来というもの, 由来発明されて, 由来皇叔というお方, 由来皮相の国家主義, 由来盆唄といふもの, 由来短慮が困り, 由来短篇小説といふもの, 由来の創意, 由来神経質の人物, 由来禁中雲裡の政治的, 由来秀吉といえ, 由来科学の研究, 由来秩序を保ち, 由来恐ろしい話, 由来究明は寧ろ, 由来糸瓜というもの, 由来紀州の熊野, 由来抒情詩の, 由来統一論者の弊, 由来縁起を書いた, 由来美人系の血, 由来美人美男の系譜, 由来聖堂の吟味, 由来脚本の上演, 由来自分の虚無思想, 由来自分たちの指導下, 由来舟橋氏等によって提唱, 由来船乗りは迷信家揃い, 由来芝居道では偶数, 由来芸術家は本もの, 由来若いくせに, 由来英雄は土木, 由来荊州襄陽の地, 由来行乞を本則, 由来衒学者は田舎者, 由来西洋人の教師, 由来西涼の州兵, 由来西鶴の武家物, 由来解決の要求希望, 由来記其他を見, 由来記記入の事, 由来が付きまとっ, 由来諸家の系図, 由来の国, 由来謙信は多感, 由来貧富のロマンテイシズム, 由来賤職に従事, 由来足利家には言わずかたらず, 由来農村の問題, 由来通人の定評, 由来造酒は尾張国, 由来道庵と折助, 由来道教の祖述者, 由来を飲む, 由来金沢にゐる, 由来金銭には意, 由来銀座の大通り, 由来長曾我部元親であったが, 由来門松は立てなかった, 由来関ヶ原の本当, 由来関東八州は後世, 由来離合常なくあるいは, 由来霊験を説く, 由来などという句, 由来非常な自信, 由来革命の鍵, 由来韓国の憂, 由来顛末を明らか, 由来飲むことも, 由来騎戦に長ず, 由来時は, 由来高い処に, 由来鬼火を見た