青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「由~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

用心~ ~用意 用意~ ~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由
由~
由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し

「由~」 4481, 48ppm, 2411位

▼ 由~ (454, 10.1%)

9 聞いて 7 告げた 5 告ぐ, 告げると, 答えた 4 承知し 3 伝えると, 告げて, 告げる, 答えて, 耳に, 話すと

2 [26件] いって, お聞き, したためて, 伝えた, 伝えて, 傳へ, 告れ, 如何ともし, 彼に, 復命する, 曹操に, 申して, 知って, 知らせて, 答へ, 聞きて, 聞き魚, 聞く, 聞くと, 見た, 言って, 記す, 記せり, 語る, 説明した, 述べた

1 [349件] あからさまに, あとで, あれだけ, いいかれこれ, いい入, いった, いったこと, いつて, いふ, うか, うしなっては, うどんやへ, お伝えし, お報ら, お届け, お瀧, お笑いに, かぐや, き, きいて, きく, くわしく述べ, こたえると, ことわって, この書, しるす, すぐ京, すぐ建業, そっと呼ん, そっと報ら, その新聞記者, その相続人, その野郎, ただすと, たのむ, つけ加えて, つげた, つたえて, つぶさにそち, はなした, はなしたの, はなして, はるかに, ば語りぬ, ひそかに, ほのめかしつ, めがけて, もて名, ゆり起した, コレットが, フレデリコ・ハルブヘール博士, ルーサンへ, 三珠院でも, 上へ, 下向の, 不破の, 丹羽昌仙へ, 主人から, 主君の, 乞えば, 予言した, 云う, 云えり, 云はんと, 云ひ, 五月二日を以て, 人伝てに, 仰せつけられ諸所, 伊那丸に, 伝えましたが, 伝えまた, 伝えるの, 伝える程, 伝え御, 伝え熊野広見川, 伝へて, 伺って, 伺ひました, 住職に, 作って, 俄に, 僕は, 兄の, 先々月か, 先方へ, 兎に, 全家中, 全軍, 八百万神たちもろともに, 公言した, 具し, 前大膳大夫に, 副都督, 医者から, 叙述せられ, 同市の, 同教授, 名主から, 告げしかし, 告げたが, 告げぬ, 告げました, 告げ共に, 告げ水上, 周都督に, 呶鳴り立てた, 呼びに, 問う, 喞てども, 報じおきぬ, 報じたきり, 報じて, 報ずると, 報らせ, 声た, 天使が, 天鬼に, 太政官に, 夫に, 夫人に, 妻から, 委しく話しました, 委細に, 季氏の, 安房へ, 官を, 官衙に, 宣示した, 寄書者に, 寝耳に, 察せず, 尋ぬれ, 少しも, 届けると, 帆村に, 師匠に, 平蜘蛛の, 幹事へ, 座敷へ, 引き三河万歳, 引き取るに, 張り合った結果, 彫って, 得意げに, 御伝え申す, 御注進, 復命した, 思ひ給, 成都の, 手真似し, 打明けるなど, 承りそれ, 承りて, 承りました, 承りましたから, 承りましたが, 承り伴天連, 承り候まま, 承り遠く, 抑えた, 披露し, 拝承した, 拠として, 探らせし後, 教へ, 施主檀那に, 明かし, 明言した, 明記した, 書いた, 書いて, 書きした, 書き加えた, 曹操へ, 札に, 次郎右衛門に, 殺した最初, 殺した犯人, 殺した蝮, 殿の, 氣の, 江戸表へ, 沙汰が, 洩れききまする, 源義仲の, 牛鍋に, 特書した, 玄徳へ, 王子に, 甚蔵に, 申し上げた, 申し入れて, 申し出て, 申し聴けましたら大, 申し近々, 申し送った, 申すべし, 申す時に, 申せ, 申上げ, 申上げませう, 申伝へしめあそばしましたさうで, 申出し出入, 申聞え, 申自訴仕, 申込んで, 白地に, 白幡立て神を, 白龍の, 皆さんへ, 直ちにホテル, 知った, 知らされ私, 知らざれば, 知らず里, 知らせたら母上, 知らせられた, 知り, 知りつ, 知ると, 知るとともに, 知るべし, 知るや, 示した, 示し寛文四年, 私は, 称して, 称し彼, 立ち帰って, 答えると, 答へて, 糺さるべきに, 約せり, 約束せり, 締め上げ, 置き去りに, 聞いた, 聞いたから, 聞いたが, 聞いただけ, 聞いたので, 聞いた美顔術師, 聞かされる, 聞かねど, 聞かれさて, 聞かれて, 聞かれると, 聞かん由, 聞きさては, 聞きしが, 聞きしに, 聞きしゆえ, 聞きたれど, 聞きつ, 聞きましたの, 聞きわが, 聞きわれら, 聞き其父母, 聞き及びました, 聞き子, 聞き知つて, 聞き知りて, 聞くに, 職人が, 自白した, 藤三の, 表へ, 襲うこと, 見ずして, 見て, 見付けて, 見再び, 解釈し, 言い件, 言い置かれて, 言うたは, 言え, 言えるも, 言ったらそん, 言つた, 言つて断る, 言は, 言ひ, 言へ, 言へば, 言へる, 言告げ, 訊ねて, 記さない, 記された, 記しおれど, 記しただし, 記して, 記し仏, 記せるなど, 訴えた, 訴え出, 評定役に, 話した, 話したが, 話す, 話せと, 認め跡, 誘い出しました, 語った, 語って, 語らる, 語りければ, 語りしに, 語りぬ, 語り聞かせぬ阿園, 語ると, 説いた, 説かるべきに, 説きこれ, 説くべく気付かなかったの, 論じ多島海人, 賈, 走らせて, 足で, 載す, 辛抱する, 近くの, 述べけるに, 述べこの, 述べたついで, 述べて, 述べロック, 述べ居るもっとも, 述べ後, 述べ次に, 述べ猴, 述べ立て少しく, 通じて, 通じると, 連れ出したの, 都洛陽へ, 里の, 金子氏まで, 鎌倉へ, 長男が, 開いて, 関羽に, 阿波守へ, 音田に, 願い出で自分, 願った, 高台寺の, 高聲

▼ 由~ (303, 6.8%)

8 ない 4 ありません 3 云った, 声を, 無言で

2 [21件] あるまい, うしろを, かねて, ないが, ないの, なかった, やがて泣き出した, ドタリと, ランプの, 一言の, 何時もの, 又言, 唸つた, 帰って, 待ちかねて, 棒の, 突然, 答えた, 聞きしが, 腰に, 表まで

1 [240件] あとに, いかに, いつか大吉と, いつとき波止場, うどんやの, うなずいた, うれしが, おかみさんに, お稽古, お袖, かならず善しき心, がさつだ, ことさらに, これだけ, さすがに, しずかに, しづかに, すぐと, すぐに, すぐ信長, すでに堂, そう云った, その吉蔵親分, その河, その長い, それから, それで, それは, それを, たしなめた, つんつるてんの, とかく出過ぎる, とばされて, ないから, ないだろうが, ないと, ないのに, なお云った, なかったであろう, なかつた, なかつたで, なかつたの, なくして, なくとも, なく人形, なく今, なぐられると, なし, ひな子に, またお, またすでに, まだほんとう, まだ両国, まだ国太郎, まだ奉公, まだ子供, まだ帰っ, まだ忿懣, もう六十, もう白い, やたらに, やはり無言, やや安心, わかったが, わたくしの, われ猟師に, ゐたの, ギヨツと, モウ六十の, ワザと, 一ノ関に, 一寸立ち止つ, 一杯の, 丁度その, 下女に, 下総の, 不安らしく云った, 不安らしく訊いた, 中, 中秋万里同, 二三度唸, 二三度唸つ, 二週間も, 云つた, 今度は, 今戸町に, 今迄, 仕事が, 他愛も, 仰向けにな, 仲働きで, 伏して, 何時も, 佛教大, 偶然に, 兄の, 全く何, 八木中沢二君の, 兵部に, 兵部を, 具さに, 再び訊いた, 出前で, 前にも, 勇を, 勇気を, 勢ひづい, 勿論自分, 医者の, 十九で, 千乗の, 午飯を, 去った, 又云った, 又訊いた, 口を, 古るくより, 古人も, 吉岡の, 呆ん, 呼び集めたもの一同, 嘲って, 国太郎に, 国太郎の, 堂に, 夜なかに, 夫の, 奥山大学の, 妻も, 娘から, 娘の, 学校へ, 容易に, 寝床に, 寝床の, 寢ころび, 寢床に, 小声で, 少しく笑顔, 帰つて来た, 庄七を, 後に, 御住さん, 微に, 徳利の, 徳川どのへ, 怪しむよう, 悦んで, 意地の, 愚か喜多公も, 愚痴らしく云った, 我が子, 手傳つて用意を, 打ちのめされた人, 持つ来た襯衣箱, 政に, 政治の, 斯うである, 既述竜の, 昼其許から, 暇な, 有り合わせの, 朝の, 東照宮入国の, 果なり, 校長先生を, 案外平気, 正面から, 此お, 此処に, 此島で, 此椅子に, 歸つて來た, 死んで, 毎日, 氣が, 泣いて, 源吉の, 濱へ, 火に, 炎の, 無いが, 無言であった, 煙いの, 爐に, 爐邊に, 爪でなく, 牛の, 物蔭に, 皆の, 目もとで, 眼を, 知つてゐた, 知るべきやう, 石長比賣, 磨きながら, 福松を, 私は, 秋田の, 空嘯いて, 窓から, 立って, 笑いながら, 笑って, 笛の, 答へ, 納戸部屋へ, 素気なく, 組合に, 繪本を, 考えて, 聲を, 自分が, 自分で, 自分の, 船着場へ, 苦し気, 苦し氣, 蛇に, 裂目が, 襖を, 解らなかった, 言うまでもなく玄沢坊, 言った, 負けまい負けまい, 足を, 逐次京都, 進まない樣子乍ら, 金額と, 鏡の, 鐵漿の, 隅の, 露店の, 露路に, 静緒より, 預けられた縄付, 飯を, 馬の, 駈け戻って, 黒漿の

▼ 由~ (293, 6.5%)

58 ない 35 なかった 29 ないが 17 ありません 7 ないの 4 ありませんが 3 ないから, なかつた, なくまた, なし

2 [11件] ないお, ないと, ないので, ない船頭衆, なかつたが, なかつたので, なかろうに, なく惨又, 女中の, 無い, 無し

1 [109件] あとへ, あらず, ありませんから, ありませんやね, あるまいと, あろうかと, ございませんが, さう思つて, さすがに, し上京, そう思っ, その一人, その虫蝕い, つづいて, ないお客, ないからな, ないけれど, ないけれども, ないこと, ないことに, ないこの, ないで, ないほど, ないゆえ, ないよう, ないメクラ, ない不破, ない何, ない弁信法師, ない彼, ない我々, ない栄三郎, ない相手, ない素朴, ない罪, ない義弟, ない連中, ない過去, ない金椎, ない魅力, なかつたの, なかりし横笛, なかろうでは, なかろう花, なき, なき武男, なき道庵, なくああ, なくいくら, なくいた, なくこの, なくさも, なくす, なくその, なくそれ, なくた, なくただ, なくなったの, なくみな, なくもうすっかり, なく一座, なく今にも何だか, なく六歳, なく単に, なく唯, なく夫, なく実は, なく嵯峨, なく年, なく強いて, なく待っ, なく徒に, なく御前会議, なく心臓麻痺, なく恥, なく折, なく田川先生, なく私, なく管弦楽, なく署長, なく色目, なく荒れ果てなんず, なく轟く, なけれども, なければ, なし東京, はっとした, また好奇心, 一緒に, 事の, 伸子に, 分ったの, 名古屋因幡守も, 家出を, 少し稿料, 心が, 急き立てるよう, 書き加えて, 求も季氏, 無いし, 無く独逸近年, 無し今, 眼を, 知りました, 確かな, 秀次が, 聞いて, 行ぐ, 飲みたくて

▼ 由~ (222, 5.0%)

75 の方 4 がこう 3 がいった, の居間, の言葉, の陰謀, の顔, を刺そう, を討つ

2 [14件] と将, と調所, のこと, のところ, のやさし, の兄, の眼, は壇上, は斉興, は眼, は自分, を刺す, を見た, 将曹

1 [157件] あ俺, がいう, がそう, がその, がちらっと, がどう, がぷっと, がもう, がコップ, が久光, が云った, が人々, が侍女, が入る, が出, が口早, が叫んだ, が叱った, が壇, が声, が大きい, が大円寺, が将, が張本人, が憎い, が手, が手紙, が横, が汗, が珠数, が白綸子, が笑い, が素早く, が軽く, が鋭く, が長, が静か, が首, だ, であった, でなく深雪, でも斉興, という奸婦, とて容赦, と侍女, と共に一挙, にある, にいい, にとって斉興, には申さぬ, には見た, に丸められ, に寵, に対しては, に泣顔, に渡す, の一味, の下座一間, の両手, の仲間共, の側, の前, の右手, の坐っ, の声, の子, の心, の手, の指金, の採っ, の正面, の生んだ, の生家, の立, の筆蹟, の耳, の膝, の臍, の行っ, の計画, の許, の調伏, の邸, はいつの間にか, はこう, はしびれた, はすきや, はそのどの, はそれ, はまた, は久光, は俯向, は催促, は半分失神, は南玉, は古代紫, は右手, は同情, は女達, は小, は少し, は後方, は心配そう, は憎悪, は暫く, は朱塗, は梅野, は次々, は歯, は気味悪い, は江戸, は深雪, は濃い, は煙管, は白芥子, は称名, は紫綸子, は緋羅紗, は脇息, は腰元, は蒼白, は薄, は調所, は身, は軽輩, は頷いた, は黙っ, は黙った, へ, への対策, へもう, へ微笑, へ申し, へ笑い, へ近づい, も同じ, も珠数, も笑っ, も笑った, も討たず, も黙っ, や将, を何, を刺し殺せ, を刺せ, を後方, を斬っ, を欺く, を正面, を残し, を突く, を見, を見つめ, を見る, を討とう, を軽蔑, を険しい

▼ 由~ (161, 3.6%)

6 家の 4 家に, 頭を 3 屍体を 2 ひざの, ふたりを, 声は, 屍体は, 心に, 病苦を, 目を, 眼玉は, 顔を

1 [126件] あらわな, いい伝え処々, お友達, ことか, ことで, ごときは, そこへ, ない事実, ない口供書, ない大, ない大気, ない届い, ない悲しみ, はき物を, ほうへ, やうに, ような, わたしは, 不可解な, 不気味な, 両名, 両脚で, 両腕, 乳房の, 二人が, 二人を, 仕事は, 仕業です, 付人二人も, 体も, 保証を, 兄ちゃんだ, 円い顔, 前に, 即答が, 口から, 句の, 報知來る, 報知来る, 声に, 変死に, 大きな体, 大きな體, 夫長次が, 姉妹は, 嫉妬心を, 字が, 字もう, 官符去る, 宣下が, 家柄で, 密会には, 小細工です, 屋敷で, 屍体遺棄が, 屍骸を, 布團には, 年にも, 店へ, 役の, 後始末が, 御たより, 御挨拶, 御気色, 思つたと, 意を, 手は, 持ちもの, 挨拶なり, 教書を, 方が, 方へ, 桜茶屋女房は, 椅子の, 死から, 死に方, 死んだ夜, 死亡時刻は, 死因が, 死後七日までは, 死後吉蔵が, 死骸を, 母親と, 母親は, 氣に, 無い美しさ, 瑟, 瑟は, 生れつきで, 白い顔, 眼は, 硬張った, 筆蹟だ, 美しい屍体, 耳に, 聲が, 肩さきを, 肩を, 胸へ, 膚理の, 臣平尾新, 要求は, 親許では, 親許でも, 言を, 言葉は, 言葉を, 記事あり, 許を, 詐りを, 該博に, 説に, 身體には, 送籍願が, 通信を, 部屋が, 鈴ヶ森題目塚に, 鋏を, 音を, 頬を, 頭が, 頭に, 顏, 顔, 顔の, 顔は

▼ 由兵衛~ (154, 3.4%)

3 に泣かされました, の方, はそれ 2 という人, と不義, の家, の弟, の手, の顔, は言った, も眉

1 [129件] が, があんまり, がいろいろ, がどうして, が下手人, が世話, が他人, が十五両, が奉行所, が左前, が帰っ, が癪, が続けました, が青く, だよ, で一旦, という仇名, という男, という綽名, という興行師, とお, とがこの, としては弟, との四人, と与市, と平次, と芸者ふたり, と錺職, と関係, と顔, には何, には面白く, にむかっ, にも知らさず, に両方, に十両, に因縁, に娶合せ, に子供, に疑い, に眼, に科, に訊ねました, のかぶっ, のす, の判断, の古, の女房, の妻小梅, の快, の耳, の言う, の計画, の話, の驚き, は, はあの, はいちいち, はお, はかれ, はがっかり, はこう, はこの, はさんざん, はすっかり, はせせら笑っ, はその, はなに, ははっと, はぼんやり, はようやく, はよくよく, はよろこんだ, は一旦, は万力, は仕様こと, は代々木, は例, は例年, は先ず, は内心, は十本満足, は升屋, は友蔵, は取り合わない, は叱る, は四十, は変死, は子供, は平次, は平気, は弟, は怒った, は早く, は未だ, は残念, は浅草, は漁師たち, は無論, は確り, は礼, は立, は罠, は苦笑, は誇る, は逃げ, は鯨, への嫌がらせ, もいや, もひそか, も半信半疑, も同, も大いに, も嫉妬心, も帰っ, も後戻り, も心配, も思わず, も負け, も釣り込まれ, も附き添っ, を, をおびき出し, をドン, を守っ, を番屋, を縛ったら, を縛らなかった, を見上げました

▼ 由つて~ (141, 3.1%)

25 観れば 11 知られる 4 証せられる 3 知ること 2 見えない事, 見れば, 起るところ

1 [92件] あの少年, この光, その大官, その戊辰二月二十八日, たとへば外国人, の展開, はその, は一個, は一見, は二時間近く, は人, は反感, は實際差支, は建物, は明るい, は此方, は種々, は舟, は製作, もその, も充分, も分類, も医し, も大師, も彼等, も悟る, も支那人, も明代, も知るべきである, よく耕され, 一層強く, 下らない心配, 伝へられたの, 全人類社會, 其の存在, 凝る氣, 出されたこと, 出来た新, 初めて到達, 変るべきもの, 始めて, 存するの, 守り得る場合, 已に全く孤独, 已に完全, 強められた, 得たる結論, 思はずそこ, 感じたこと, 招かれたが, 既に知つて, 明るい緑, 書いたこと, 書かれた京水, 最もよく此派, 来たる所, 来たる筋道, 来ること, 来ること是, 来れる処, 極めてよく籠城, 決して愉快, 現れること, 生ずるところ, 生ずる所以, 生ぜられたるぞや, 直ちに友, 知られたり, 知られるのみ, 知るを, 示される気, 立たうと, 立つもの, 立つ所, 終るもの, 美しい, 考へられる, 覆検, 見ても, 見ると, 見る見る焔, 観るに, 解けたと, 証すること, 読みました, 追尋, 逃げなくては, 遍く實行, 遠い所, 阿梨耶, 頗る狭められた, 驚いたの

▼ 由~ (133, 3.0%)

4 するの, に就い, を書いた 3 を考へる

2 [15件] がある, したもの, して, する, するもの, する所, と之, の筆者, をお話, を知る, を研究, を記し, を誌, を説き, を述べ

1 [88件] から分類, が分らない, が分り, が實, が書い, したので, し又, す, すると, するピラミツド型, する向學心, する固有, する源, する絶大, する經驗, する處, その趣意, でありますが, である, でぼく, で御座います, とあり, といふ文, とその, とも全く, と順位, については定か, については淡々, について判明, にも二度, によつて, に從つて, に悟り, に説き, のある, の外, の物語, の知れぬ, の記事, の遠い, はかうである, はわからない, は以上, は區, は古し, は地, は大, は威公, は弘仁, は明治後期以後, は漢書藝文志, は生々, もある, もここ, もしれず, も實, も色々, も隋志, をたづねた, をダンテ, を一つ, を一寸, を以てし, を佛家, を全く, を八つ, を叙, を同氏, を吟味, を尋ねる, を持出し, を明, を書き, を樹木, を眞, を睹, を知らず, を知り, を考へ, を聞く, を補足, を見る, を記せる, を説い, を論じ, を辨, 暗い所, 知り難し

▼ 由~ (128, 2.9%)

11 ない 4 云った 3 ありません 2 ないから, 倒つた音, 載せて

1 [104件] あって, あつたらう, あるとき口, おたずねした, お惠, きかないので, この正月頃, ございませんから, さう云つて, すぐ訂正, そっと小暗い, その生贄, それで自分, それを, そんなに強硬, だしぬけに, とうとう行く, ないけれど, ないの, ないやう, なかった, なぜそんな, ひとり異を, まだ二十歳, まだ工場, まったく予想, まる一カ年ぶり, やがてまた, やがて家康, やって, やはり不安, わたくしの, グデン, グデングデンに, ランプの, 一寸する, 一番よく, 三人の, 云つた, 仆れちゃっ, 今度は, 伝えられて, 何かに, 何家かへ, 何處かへ, 促した, 假寢を, 入つて, 出前の, 半分泣き, 口へ, 呟く様, 呟く樣, 善兵衛の, 夫長次には, 嫌が, 家出を, 左右の, 師事した, 帰れば, 廷に, 引き取って, 思い当るの, 思う様, 急に, 恨むの, 惡戲だ, 断って, 日記に, 早くも, 晝の, 本氣, 本陣の, 来ても, 此様な, 歸つ, 死んだ以上, 死んで, 残った中, 残って, 殺されて, 母の, 源吉の, 源吉を, 留守だ, 百歩を, 監禁され, 腰かけて, 自分の, 自説を, 行こうと, 行つ, 行宮へ, 表の, 裏口へ, 見えて, 記して, 註せられて, 近所の, 長考し, 門に, 隣りに, 露路に, 首を

▼ 由~ (118, 2.6%)

3713 ござります 7 ございます 6 ござりまする 5 御座候 3 候が, 候へば 2 とつて, 御坐

1 [40件] いいました, いたづら, うなづいて, ございまする, ござりました, してかも, そうろう, ちげえねえ, つかえて, つきさよう, つき一層, つき病勢急変, なにか命じ, みえて, 付二小隊七重村, 伝え承りおり候, 似た年頃, 例の, 候御, 候貴, 受合申候十八歳に, 命じ例, 固く口留め, 御座候事, 心をと, 想いを, 有之, 注意し, 渡したん, 渡しました, 申し立て浪人数十人, 相当面食っ, 相成り候, 聞き及び申し候, 聞き及べり, 聞く, 肩や, 腰をも, 言われ, 附纏う

▼ 由~ (100, 2.2%)

6 之れ 3 之を, 以て 2 是非志村, 更に評論, 生ずる所, 起る所

1 [80件] その性欲, ダーリアと, ツルゲーネフの, モンマルトルに, 一時破れる, 一躍大家数, 中根氏の, 之をも, 人生を, 今左, 何等の, 作られたの, 其殻片が, 其能力に, 初めて崇高, 別居する, 区々の, 危險が, 大きくも, 如何に, 委しく描写, 定まるの, 定まるもの, 審判か, 常に自身, 幸福の, 建つ所, 彼等子女の, 得た二葉亭, 思うに, 悦豫多く, 愛憎を, 我も, 我汝等に, 掃除され, 教育せられる, 明媚な, 是を, 是非なく, 村吏川向, 来る所, 極端に, 死兒の, 決すべきもの, 決するもの, 涜され, 淨められん, 然る, 猶太人, 現はさ, 生活し得る, 男子との, 男爵の, 異なり即ち, 異なり場所, 異邦人, 相和, 真に実現, 破壊したれ, 破壞, 神に, 神の, 私共の, 絶入る迄の, 維新の, 自ら何事をも, 船尾甲板で, 艶冶を, 著わ, 蓮花が, 観るに, 討議し, 迷信を, 遲速は, 開かれたについて, 離縁の, 風土にも, 飽迄も, 首尾能く叶う, 高い階級

▼ 由~ (85, 1.9%)

5 あつた 3 ござります 2 この話, ござりまする, 一般の, 結構です

1 [69件] あの奴ら, いつもの, おざる, お眼, こういう有能, このごろは, これまでの, これも, すなわち彼, そのこと, そのため, そのとき, その中, その報告書, その相談, その翌日, その話, その邸宅, その頃, それを, たぶん幽霊, とにかくその, ねて, まことに御足労, また少女, わたしが, ウィリアム, オトメは, ハリキリ大いに, 一馬と, 中止に, 人その, 何でも, 兵隊まで, 吉川家の, 図らずも, 大さわぎだ, 太田氏の, 如何なる名医名薬, 媚薬と, 寺でも, 岩倉三位とも, 市民は, 幾百人の, 広い家, 御暮し, 御神体, 文学的作意で, 明日芥川家を, 極めて形, 槐は, 此の, 海鼈の, 珍しく電話口, 発見の, 目的は, 直ぐに, 私は, 私一人九段下の, 結局仕方が, 見物衆が, 話は, 近頃外国, 酒を, 阮家の, 隠れて, 露伴先生は, 駄目, 骨組も

▼ 由~ (85, 1.9%)

8 は親爺 3 はさ, はその 2 の家, の心, の胸, はお, はそれ, はまた, は村

1 [57件] がかへつて來, がかへる, がご, がした, が賭博, と面, にはとても, のやき, の全身, の極度, の神経, の繼母, の身体, の頭, の顏, はこの, はしよつちう, はそれでも, はだんだん, はもう, はもういくら, はもう少し, はもう既に, はやつぱり嫉妬, はよく, はわけ, はボロ, は仕事, は何ん, は十三, は子供心, は少し, は布團, は怒声, は思, は柱, は棺, は決して, は病人一人, は眼, は立つ, は自分, は苛, は萬能, は隣村, は面白, は默つて親爺, は鼻先, もそれだけ, も藥位買つて, をやかせ, を不愉快, を傍, を喜ばせた, を村端, を警察, を連れ

▼ 由である~ (51, 1.1%)

7 がその 3 がこれ, がそれ, が私, が自分 2 からこの, がこの

1 [28件] から恐らくは, から私, から顔ぶれ, があたり, がけれども, がこういう, がこれら, がそういう, がそれら, がわが, がライデン大学, が他, が伊勢の, が口, が売, が外交, が女中, が我, が敦煌千仏洞, が本文, が此, が江戸時代, が現実, が自治, が誰, し実は, し現在, 継母は

▼ 由さん~ (50, 1.1%)

2 の白い, はお, はハルピン

1 [44件] がどこ, がめんどう, が一人, が死んだ, が気に入っ, が泊り掛け, が私, が落とし, が鞄, ご婦人, だけがのこっ, だもの, というの, という近所, といふ寡婦さん, とそれ, との仲, とはすぐ, とやらそれ, と時, と食べる, に促され, に想い, の今, の体, の声, の屍体, の後, の肩, は, はお上さん, はしじゅう, はコロリ, は一人ひとり, は云いました, は口, は憤慨, は肺, まだ二, も薄着, 好いたって, 引込んで, 早く来, 遅く成っ

▼ 由にて~ (44, 1.0%)

1 [44件] あれと, いかにたいせつ, この辺, その資料, それを, とりあえず独楽, また二十七日, よく人, ブリーヌイ, 予が, 事の, 云々という, 交際は, 今回も, 仏国方には, 傘の, 其船の, 別にご, 前記銅像の, 劍岳を, 勢い猖獗, 又床, 句を, 奇遇を, 姫の, 宿居の, 寺にては, 島田三郎氏軍備の, 帰村申付けられ, 御看護, 御門口, 我國最高裁判所たる, 早々に, 朝より, 来ず, 此の, 水野十郎左衛門無礼討に, 物理上説明の, 私に, 線路添い, 花火花電車提灯行列等あり, 諭吉の, 難有存候, 鳳凰の

▼ 由~ (44, 1.0%)

3 の前 2 ははっ, は婢

1 [37件] と阿, に似, に集った, の体, の姪, の後, の懐中, の手, の指, の隣, はおや, はぎょっと, はごろりと, はじっと, はそこ, はそれ, はほっと, は一本, は其の, は刀, は咽喉, は将来, は居たたまらなく, は怯, は我, は椀, は無意識, は続け, は考えれ, は腰, は足, は身, は阿, は飛び起きた, は鬼魅, も不思議, を二階

▼ 由~ (41, 0.9%)

3 云々 2 三人連れで, 冉求とは, 呼ばれた寡婦

1 [32件] いつて, おなじ年恰好, お庄, それが, たつた二人, ちがって, つづいて, てなかったが, 二代目団十郎の, 云う, 伜の, 刑部, 同じ扮装い, 呼ぶが, 喜多公の, 大吉の, 子瞻との, 庄七は, 庄七を, 書かれて, 母親が, 求との, 求とは, 現じ, 申すもの, 目ききされた, 聞いたこと, 腹心の, 膝詰め談判を, 親交が, 通知する, 長女の

▼ 由なく~ (39, 0.9%)

2 徒らに

1 [37件] かえってよく他, こうして一時, さし覗く, さすがに, その勤め, その破, た, ただ空しく, ただ辛うじて, て和尚, なった事情, また風雨計, 今や蒲団, 僅かに, 兎も, 八方から, 其のま, 又性, 唯もみ手, 四月, 幾が, 延い, 彼女が, 御邊, 忘れむとすれど忘, 忽ち之, 渡番小屋に, 無念やる, 皆非, 花も, 衆生あり, 豐かな, 足を, 雨いみじ, 非常に, 頬に, 飢を

▼ 由兵衞~ (36, 0.8%)

2 と云う, と申す, の二人, は湯

1 [28件] が, がおしゃべり, が一緒, が其処, が寝返り, が怖, が關善, が頻りに, が飛込ん, でございます, という男, に泣かされました, の両人, の枕元, はこそ, はぶる, は向山, は市四郎, は慄, は昔風, は柱, は混雑, は胸, は頻りに, は驚きました, もホッ, も上る, も驚きました

▼ 由~ (35, 0.8%)

2 お多喜, か, を連れ

1 [29件] がお袋, がすぐ, が中庭, が礫みたい, でも抱いてる, で剣, とともに佐吉, なんかなに, にまで馬鹿, にゃあ, に後, のやき, の主従, の墓, の言葉, はあわて, はどう, はまだ, はランプ, は佐吉, は煩悩小僧, は脆く, もあんまり, もそば, も佐吉親分, を伴, を佐吉, を見送った, 来いっ

▼ 由です~ (34, 0.8%)

2 から, が之

1 [30件] か, からもう, からよって, から以, から加代子さん, がいらい, がこう, がこの, がその, がそれ, がとりあえず, がどうかもう, がどんな, がまだ, が不在, が今晩, が何, が八月十日頃こちら辺, が孫閣下, が差上げたい, が玄沢, が穂高, その点, だから二つ, ね, ものその, よ, わたしの, 勿論はっきりは, 大変結構です

▼ 由~ (29, 0.6%)

32 がこちら, がその

1 [22件] からお見舞, からそちら, からゆっくり, がこれ, がしかも, がもし, がバッハオーフェン, がフョードル, が何, が共産党, が名残, が四時間十三分の長考ぢ, が少し, が復活後, が正成, が火事, が面倒, が頓阿時分, けどもこれ, けれど私, とかいう毒婦, と最初

▼ 由ない~ (27, 0.6%)

5 ことを 3 のである

1 [19件] お苦しみ, がその, が印度, ことじゃ, ことに, ところへ, のは, ものも, わたくしの, 上に, 事を, 人を, 大奸, 惑いから, 物思いをば, 禍い, 禍いを, 義理を, 貴重な

▼ 由ちゃん~ (24, 0.5%)

2 が, がサガレン時代, が涙, は十九, も冷蔵庫

1 [14件] がけさ遊び, が何, が又, が次郎ちゃん, だってもう, とどうか, と丁度, なんか何だい, に上げた, の仲間, の婿, はずるい, まで, をなぐる

▼ 由なれ~ (24, 0.5%)

2 ば拝見

1 [22件] どきっと, どこれ, どその道, どそれ, どもその, ども他, ども諸, ども関白殿, ど小生道楽, ど施主, ど花, ばいずれ, ばけだし, ばその, ばなにびと, ば両人十日, ば丸沼, ば唐, ば彼, ば必ず, ば桑葉二億四五八一万一六六九貫目, ば田島さん

▼ 由なき~ (23, 0.5%)

1 [23件] が如くなるべし, ことでございます, ことは, この災禍, なり, にあらね, のみか又, ものを, も奴婢賤民, 事に, 仏門に, 女性, 妄想を, 悶を, 戦を, 戯れとは, 焦躁の, 物好みであった, 理由を, 立場に, 芥子の, 運命のほどを, 黄金は

▼ 由五郎~ (23, 0.5%)

3 の家

1 [20件] がやられた, が仕事場, が死ん, が贋金造り, という男, ならあつし, に斷, の娘, の子供, はあつし, はいきなり, はふだん, はヒヨロヒヨロ, は今さら, は勿論, は居ない, は居職, は自分, は自棄酒, を引入れよう

▼ 由なる~ (19, 0.4%)

2 が今

1 [17件] がある, がさらば, がしかと, がその, がまずまず, がよく, が先年予, が彼, が陸中, にわが, はまた, ほど今朝, もぼく, も妾, も自分, も醜, を書い

▼ 由~ (18, 0.4%)

1 [18件] がすぐ, がよい, が記録, だの, だの松永貞徳, っ, と何, の手, はそう, はその, はまもなく, は今, は何とも, は驚いた, もこういう, よそち, をあい, を招い

▼ 由なし~ (16, 0.4%)

3 といえ, と雖 1 という, とする, とて一羽, とて止みぬ, とて皆, との事, と聞ける, 中川家にては, 人生最大の, 文治以前は

▼ 由あり~ (15, 0.3%)

4 げな 2 げに 1 げである, げにて, しか何となく, そうな, て, てか, て我, て而, とも知り

▼ 由という~ (15, 0.3%)

2 のは, 女は

1 [11件] のが, 人物である, 名を, 女の, 女中が, 娘が, 山出しの, 男が, 男と, 者です, 若い女

▼ 由~ (15, 0.3%)

3 からし

1 [12件] からしめ, けれども其の, けれど其前, けれど唯, けれど館, そうに, のだ, のでそれ, のでちょっと, ので官兵衛, ので是非とも, ので私

▼ 由~ (15, 0.3%)

1 [15件] にせがまれ, には大した, に銭, の一家, の姿, の家, の小さい, の小さい固い, の方, の根氣, の樣子, の灰白, の眼, の耳, の胸

▼ 由~ (14, 0.3%)

1 [14件] からす, が, が中, が尤も, が突然, が立っ, が訊く, です, は, ひょいとそこ, へ渡した, も早, を薙ぎ, を追いかけさせた

▼ 由その~ (13, 0.3%)

1 [13件] かわり昔は, 先生へ, 奇襲に, 女とは, 昔の, 泥掻き, 節は, 論旨も, 證拠は, 賑やかさが, 通りに, 選ぶ術, 頃の

▼ 由~ (12, 0.3%)

2 当家に 1 使に, 勇気の, 安心な, 察し申す, 披露ありたく存じまする, 推察申上候, 留守居役に, 返答申し上げ, 面倒ながら, 願い出て

▼ 由~ (11, 0.2%)

2 よりも結構 1 うせほんとに, うも, うも気, か食べさせよう, すんだ馬鹿, によらず, ば寢, よりも嬉しく, んぼで

▼ 由羅様~ (10, 0.2%)

1 お入り以来, がお, でも, に, の呪咀, の御, はやさしい, へ斬りかかった, を刺そう, を殺そう

▼ 由ある~ (9, 0.2%)

1 お公卿さま, お方と, お旗下, は周, 京都の, 女に, 家がらに, 方の, 武士の

▼ 由~ (9, 0.2%)

1 よろこび申します, 世辞も, 千代お, 手紙でした, 由, 相手に, 聞きに, 蝶夫人が, 記載に

▼ 由これ~ (9, 0.2%)

1 がこたえた, でもとても, は御, は有, は西アフリカ, ほど彼女, また恭賀, もチャッカリ, も大慶

▼ 由には~ (9, 0.2%)

1 おりくさん, それが, まだ疑問, 一寸こたへる, 大きなひと, 当分おとなしく, 此時だけが, 決断力が, 面白かつ

▼ 由~ (9, 0.2%)

1 御苦労だ, 忠信に, 恭敬に, 明察に, 死せんと, 死なん, 求には, 求の, 見ねえな

▼ 由~ (9, 0.2%)

1 に心, のささやか, の仕事場, の声, の許, はたとえ, は何, は前, を呼ん

▼ 由それ~ (8, 0.2%)

1 がいろいろ, じゃ甘ったれろ, は確か, を伺っ, を伺つてわたくし, を直す, を秋田さん, を聞い

▼ 由~ (8, 0.2%)

5 の刑部屋敷 1 と云った, の一軒, へ続々

▼ 由~ (8, 0.2%)

31 わった, わって御, わり申候, 及申候, 込候故

▼ 由羅派~ (8, 0.2%)

1 か, として四ツ, の, の人, の人々, の徒輩, の細作共, を討つ

▼ 由~ (7, 0.2%)

7 て来る

▼ 由つて來~ (7, 0.2%)

2 る所, れる所以 1 ること, るところ, る抑制

▼ 由~ (7, 0.2%)

1 が答え, が身, どうした, のラッパ, は最後, は猛り立て, は馭者台

▼ 由~ (7, 0.2%)

1 がふだんひと, のところ, の今月はじめ, はできるだけたびたび, はカフェー, は実に, も近頃

▼ 由羅方~ (7, 0.2%)

1 に通謀, の人, の手, の毒手, の目, の誰か, は上

▼ 由~ (6, 0.1%)

2 ている 1 て得た, なしと, まひに, 以て

▼ 由であり~ (6, 0.1%)

1 今なほその, 以来面目を, 当今デモクラシーの, 彼自身は, 若い男, 証人の

▼ 由~ (6, 0.1%)

1 お前に, お前の, お前は, こへ, ほんとうに, 汝に

▼ 由兵衞さん~ (6, 0.1%)

1 がお出で, とか仰し, の処, はポコ, は大変, も

▼ 由~ (6, 0.1%)

2 の二人 1 の射, また大炊殿, をし, を譲り受け

▼ 由つて觀~ (5, 0.1%)

4 れば 1 ると

▼ 由でございます~ (5, 0.1%)

2 がこれ 1 がその, がともあれ, が戦場

▼ 由なかりし~ (5, 0.1%)

2 が昨夜こ, なり 1 が爲め

▼ 由なけれ~ (5, 0.1%)

1 ば, ばただ, ば今日, ば目下厳重, ば自然

▼ 由利子~ (5, 0.1%)

1 からその, が雨戸, に持参, に教えた, に遺言

▼ 由大慶~ (5, 0.1%)

3 に存じます 1 に存候, 仕候

▼ 由~ (5, 0.1%)

1 とは反対, にとって重大, のこと, の当主, の後

▼ 由承り~ (5, 0.1%)

1 あまりと, 候, 候に, 大悦, 驚き入り奉り

▼ 由~ (5, 0.1%)

1 と, に対して九兵衛, まで戦死, もとう, を御

▼ 由~ (5, 0.1%)

5 が岳

▼ 由あと~ (4, 0.1%)

1 からわかった, から通え, でどう, で燒

▼ 由いつ~ (4, 0.1%)

2 でも誇り申候 1 でも誇り申, 心臓マヒを

▼ 由この~ (4, 0.1%)

1 広告文を, 費用は, 遊歴中に, 頃どこから

▼ 由つて考~ (4, 0.1%)

2 ふるも 1 ふるに, ふれば

▼ 由ては~ (4, 0.1%)

1 この遊戯気分, 四者を, 小憎らしくも, 日本政府から

▼ 由などを~ (4, 0.1%)

1 つけ加へ, 聞いて, 説明した, 述べた

▼ 由にも~ (4, 0.1%)

2 天理教に 1 口留めを, 漸く事件

▼ 由れる~ (4, 0.1%)

2 は論 1 には非, ものなりや

▼ 由をも~ (4, 0.1%)

1 問いいかなる, 従えながら, 母に, 説いた

▼ 由~ (4, 0.1%)

1 告ゲ申サルルニモ及バズ十一月十一日筑前守トノ仲直リノ見参事終リヌ, 推ス上ニ在, 知ラセテ来ル, 諭ス

▼ 由~ (4, 0.1%)

1 で不純分子一掃, を仰出, を望み申さる, を申す

▼ 由~ (4, 0.1%)

1 こそ堅気, のかるた, は第, も老

▼ 由來記~ (4, 0.1%)

1 と同一, の中, を合した, 同樣

▼ 由其聞~ (4, 0.1%)

2 有るに 1 有り殊に, 有り用意

▼ 由~ (4, 0.1%)

2 の介抱, はこの

▼ 由~ (4, 0.1%)

1 之宥免, 来りたる桜間金太郎, 来る, 聞え言葉

▼ 由相談~ (4, 0.1%)

1 す, にのっ, に来りし, をし

▼ 由羅邸~ (4, 0.1%)

1 からの引出物, で一苦労, へ, へ奉公

▼ 由~ (4, 0.1%)

31 に出かけよう

▼ 由あの~ (3, 0.1%)

1 お手紙, 界隈は, 辺貸家という

▼ 由あれ~ (3, 0.1%)

1 ど人, は小間使い, ばこそ夜陰

▼ 由から~ (3, 0.1%)

2 伯母にも 1 知らされた

▼ 由きいた~ (3, 0.1%)

2 ので後 1 がラク

▼ 由さん何~ (3, 0.1%)

1 うだえ, うなす, を為

▼ 由つてこれ~ (3, 0.1%)

1 が解決, を観れ, を觀

▼ 由つて苦~ (3, 0.1%)

3 を厭

▼ 由でござる~ (3, 0.1%)

1 がもってのほか, が絵図, が運座

▼ 由では~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, ない, 有りませぬか

▼ 由なかつた~ (3, 0.1%)

1 のである, 内奧の, 悲運の

▼ 由など~ (3, 0.1%)

1 取りて, 涙ながら, 話されたので

▼ 由なりと~ (3, 0.1%)

1 いって, 伝ふれ, 金眸に

▼ 由また~ (3, 0.1%)

1 さしたる用事, 妙, 越後で

▼ 由三達~ (3, 0.1%)

1 が市街地, と遊ぶ, はカン声

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 であつ, に就い, はわたくし

▼ 由兵衛夫婦~ (3, 0.1%)

1 とお, はちっとも, は何やかや

▼ 由兵衛奴~ (3, 0.1%)

1 か何, にフロツク, の頭

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 他の, 伍長軍曹など, 物要り

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 ていでは, 安心する, 番頭石川内蔵允の

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 に王様クレヨン, のため, のクレヨン

▼ 由安堵~ (3, 0.1%)

1 いたします, いたし候, 致し候

▼ 由尋常~ (3, 0.1%)

3 に詠ま

▼ 由左衛門~ (3, 0.1%)

1 すなわち足軽大将, に下った, も任地

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 いいでしょう, おとどは, わずかばかり

▼ 由樋口~ (3, 0.1%)

1 が喜び勇ん, が此, の子分連

▼ 由殺し~ (3, 0.1%)

1 の事件, の有力, の犯人

▼ 由殿~ (3, 0.1%)

1 にも気の毒, に御意, 寝だら可

▼ 由~ (3, 0.1%)

2 お柳 1 阿是古志麻波母

▼ 由然し~ (3, 0.1%)

2 悲しい日本 1 若いうち

▼ 由牟須美~ (3, 0.1%)

1 の命, の命一柱, の王

▼ 由羅さん~ (3, 0.1%)

1 か, がお, の兄さん

▼ 由羅付~ (3, 0.1%)

1 なりと大殿付, になっ, の侍女

▼ 由義宮~ (3, 0.1%)

1 の為, へ行幸, を起し

▼ 由聞知~ (3, 0.1%)

1 りしと, りたれば, り慰めむとて牛門

▼ 由見え~ (3, 0.1%)

2 たり 1 また

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 がある, なくは, はございませぬ

▼ 由~ (3, 0.1%)

1 の家, の曾祖父, の言う

▼ 由ああ~ (2, 0.0%)

1 いう顔, 首府見物僕も

▼ 由いか~ (2, 0.0%)

1 がいたし, もい

▼ 由いづれ~ (2, 0.0%)

1 天下之, 憲法を

▼ 由いひこされ~ (2, 0.0%)

1 たり, またある

▼ 由いや~ (2, 0.0%)

1 で, なこと

▼ 由うけたまわり~ (2, 0.0%)

1 一度御, 大いに安堵

▼ 由お伝え~ (2, 0.0%)

1 いたしませねば, をお願い

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 あらば, やろう

▼ 由しかし~ (2, 0.0%)

1 そこでは, 私の

▼ 由し合せ~ (2, 0.0%)

2

▼ 由すぐ~ (2, 0.0%)

1 には支払いません, 迎えの

▼ 由すこし~ (2, 0.0%)

1 おどろく, やせて

▼ 由すっかり~ (2, 0.0%)

1 安心し, 青年歯医者と

▼ 由する~ (2, 0.0%)

2 所以の

▼ 由そう~ (2, 0.0%)

1 でしょう, と知り

▼ 由そこ~ (2, 0.0%)

1 のおばさん, へ偶然

▼ 由だろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 由つた~ (2, 0.0%)

1 ものと, 物と

▼ 由つて一~ (2, 0.0%)

1 の断案, の難路

▼ 由つて伴天連~ (2, 0.0%)

1 が, にもすて置かれず思された

▼ 由つて充分~ (2, 0.0%)

1 に證, に證明

▼ 由つて北京~ (2, 0.0%)

1 に行きたい, に行き得る

▼ 由つて外~ (2, 0.0%)

1 から開閉, 蒙古

▼ 由つて始~ (2, 0.0%)

1 て矛盾, て聞いた

▼ 由つて推知~ (2, 0.0%)

1 すること, するを

▼ 由つて私~ (2, 0.0%)

1 の凭れる, の出発

▼ 由つて自分~ (2, 0.0%)

1 は初めて, は恋愛

▼ 由つて蘭軒~ (2, 0.0%)

1 が甲申, の養孫棠軒

▼ 由つて邪道~ (2, 0.0%)

2 に導かん

▼ 由でした~ (2, 0.0%)

1 が一年, ね

▼ 由でも~ (2, 0.0%)

1 あるし, 僕に

▼ 由といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 寡婦さんは

▼ 由なり~ (2, 0.0%)

1 宗として, 往昔秀衡の

▼ 由ひとり~ (2, 0.0%)

1 が人身御供, が異

▼ 由ふと~ (2, 0.0%)

1 克ちゃんもしや, 境内に

▼ 由まだ~ (2, 0.0%)

1 その手紙, わかりませんが

▼ 由もう~ (2, 0.0%)

1 一人脚の, 機嫌とれません

▼ 由よく~ (2, 0.0%)

1 働いた男, 親族会議から

▼ 由~ (2, 0.0%)

2 が残喘

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 之ヲ観レバ忙ハ人生, 自カラ此諸州

▼ 由ロシア~ (2, 0.0%)

1 ではインク, の支那

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 に於, に述べた

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 が友人, は近日本多子爵

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 ひに, へどそ

▼ 由今日~ (2, 0.0%)

1 は再度, 御送り

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 て当今社会, とある

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 を蒙り, 了

▼ 由仰下さる~ (2, 0.0%)

1 と雖, 可きの由

▼ 由仰出され~ (2, 0.0%)

1 佐原太郎兵衛尉に, 志太遠江守に

▼ 由何より~ (2, 0.0%)

1 の吉報, の御事

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 ってもの, も労力

▼ 由~ (2, 0.0%)

2 の野郎

▼ 由兵衛奴水槽~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 行飲, 見

▼ 由分社~ (2, 0.0%)

1 によつて獨立, へ一晩

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 坐にて, 寺より

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 かおどかす, を返す

▼ 由大変~ (2, 0.0%)

1 よろこんで, 結構それ

▼ 由女房~ (2, 0.0%)

1 の貞操, より手紙十五日

▼ 由~ (2, 0.0%)

2 に一寸用

▼ 由宇氣~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 由~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ 由寡婦~ (2, 0.0%)

2 が家

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 が株式, をお

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 になり, に人

▼ 由後で~ (2, 0.0%)

2 承りました

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 がならぬ, のなり

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 がならぬ, のなり

▼ 由此事~ (2, 0.0%)

2 御申伝

▼ 由殊に~ (2, 0.0%)

1 此節は, 重立候もの

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 の早い, 之毒

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 という小さな, へ向った

▼ 由玄どの今あなた~ (2, 0.0%)

2 は眉

▼ 由留守居~ (2, 0.0%)

1 の者, の者知らせ

▼ 由番頭~ (2, 0.0%)

2 が話し

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 変らずの, 聞えついに

▼ 由相聞~ (2, 0.0%)

2 え候

▼ 由真実~ (2, 0.0%)

1 でご, なれば

▼ 由結構~ (2, 0.0%)

1 です, 然し彼

▼ 由羅殿~ (2, 0.0%)

1 がお, でなく徳川幕府

▼ 由~ (2, 0.0%)

2 敷奉

▼ 由聞き~ (2, 0.0%)

1 つたへて, て

▼ 由聞食す~ (2, 0.0%)

2 に依り

▼ 由藏夫婦~ (2, 0.0%)

1 は村, は船頭

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 仰出也, 仰聞

▼ 由見たく~ (2, 0.0%)

1 ばちょっと, ば一寸

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 ひやる, 越したれば

▼ 由記し~ (2, 0.0%)

1 クルックは, 彼らは

▼ 由話す~ (2, 0.0%)

1 と氏, を聴き取った

▼ 由話半分~ (2, 0.0%)

2 としても暗涙

▼ 由諸国~ (2, 0.0%)

1 に風聞, の守護人等

▼ 由謂れ~ (2, 0.0%)

1 なきこと, のない

▼ 由賀山~ (2, 0.0%)

1 という寺, へ参詣

▼ 由~ (2, 0.0%)

2 有仕合に

▼ 由~ (2, 0.0%)

1 のたより, の吹いた

▼1* [829件]

あきれて物, 由あしたの朝七時半東京着, 由あってこれ, 由あまり簡単過ぎたる, 由あまり落ちはしない, 由あまり長延候ては折角, 由あらねど, 由ありがとうございます, 由ありだ西洋には, 由ありませんけれど周囲, 由いかなる縁にて, 由いつか昔あなたがすすめ, 由いまからその, 由いよいよ不敵なる, 由いろいろ話しし二時すぎ, 由うちの正月公演, 由うち身になっ, 由うれしく存じ候, 由おかげでロケーション出発, 由おどろいて行った, 由おぼろながらに傳, 由おめでたう存じます, 由おめでたき儀で, 由おめでとう存じます, 由おもひもよらぬ, 由お側衆にまで申し上げ, 由お母さんのお, 由お達しがあり, 由あらむ, 由かくべつ寂寥にも, 由かつて実見せし, 由かなしいもう犬, 由かねて聞き及んで, 由かりもな, 由がっかりして, 由きょうききましたら, 由きょう飛行便でお金, 由きょう鶴さん行って, 由くれぐれもよろしく御礼申し上げ, 由こいつはたまらん, 由ここはだから, 由こりゃ面白くなった, 由これみな本妻という, 由さあも熊, 由さきほど電話でした, 由さぞ御心配, 由さぞかし御心配, 由さぞやせがれも, 由さてさて驚き入つたる, 由さる新聞の, 由さんあんたも今, 由さんお前お輿, 由さんソレ筏乗の市四郎さん, 由さん一緒に往, 由さん今手こずったよ, 由さん北村のご, 由さん大急ぎで鳥追い姿, 由さん此処から使, 由しかしながら貴下は, 由しかるに殿には, 由しかれば古き, 由しゃくだが, 由しようがなし, 由じゃないか, 由すぐかえって来た, 由すべて承り奥さん, 由ずっと不快そうに, 由なたに, 由そこで先方の, 由そしてあんちゃん連の, 由そちらにもその, 由そつたらどこ, 由それからツワイクの, 由それだけに調子も, 由それでは僕の, 由それでもないそう, 由だけをおついで, 由だったがいつの間にか, 由ちっとも貸家フシンでない, 由ちゃん俺はやっぱり, 由ちょっと申して, 由ちよつと立ち話, 由つきましたか, 由つたのだらうと, 由つたら書替, 由つてどれだけ幸, 由つてわたくしは上, 由つてわたしは今, 由つてソックリそのまま昇天, 由つて一切婦人問題に識者, 由つて一升や二升, 由つて一時的の性交, 由つて一等国の中, 由つて三兄弟の長幼順序, 由つて上野へ遣られ, 由つて世に聞え, 由つて予等のため, 由つて二つの場合, 由つて人智は人間, 由つて人気ない部屋, 由つて他生に樂, 由つて会の年月日, 由つて何として夜毎, 由つて何時か一度, 由つて保證されるで, 由つて保護された, 由つて修理大夫の名, 由つて假名を施した, 由つて傳へられる, 由つて其人に親, 由つて其処に神, 由つて処分せられ其法諡, 由つて出頭を願, 由つて分類すれば, 由つて創立せられた, 由つて合致されるもの, 由つて和やかな休止, 由つて四五頭から十頭, 由つて困難の非常, 由つて培養し実現, 由つて堂宇の美, 由つて夏の日, 由つて多分に激情, 由つて大学教授を止す, 由つて委く知ること, 由つて寛嚴の差, 由つて尚書の編成, 由つて巣鴨へ遣られた, 由つて師岡氏未亡人を知り, 由つて常人とはまるで, 由つて幾勢の能書, 由つて店を出し, 由つて彼はやつ, 由つて彼等は謙遜, 由つて彼邦医方の一隅, 由つて徳川慶喜に上書, 由つて忖度せられる, 由つて悄々その場, 由つて惡趣に導かる, 由つて想像し得ら, 由つて我々の出發地, 由つて捜索の手段, 由つて推測するに, 由つて支那や日本, 由つて救はれるとは, 由つて文章が決定づけられ, 由つて新たに立つ, 由つて明にする, 由つて明められる, 由つて明白でないか, 由つて朝から渡邊三角洲君, 由つて柏軒の冢子鉄三郎, 由つて柳湾の詩, 由つて校讐の業, 由つて棠園さんと相識, 由つて歌はれも, 由つて此世系を聞く, 由つて此処にも支那料理, 由つて此女児の誰, 由つて此文化紀元八月中旬の四日間, 由つて死者に多大, 由つて渚に私達, 由つて満蒙の知見, 由つて満足するを, 由つて無意義の健全, 由つて牟尼と謂, 由つて特別の相違, 由つて狂人と健康, 由つて生活し又, 由つて生祠記の内容, 由つて略知ること, 由つて異体の知れない, 由つて當時長安に囘教, 由つて痘科池田氏累世の事蹟, 由つて発表せられて, 由つて百家を斥け, 由つて益自己を修養, 由つて眞志屋文書を見る, 由つて知つた, 由つて破門を申し渡される, 由つて確保せられる, 由つて確知するを, 由つて礼拝の順序, 由つて福井丹波守の懐かしく, 由つて私達は自動車, 由つて積集せるもの, 由つて窺ひ知るを, 由つて簡單に民族, 由つて結局凡有ゆる物, 由つて継承されて, 由つて纔に境遇, 由つて翁の声, 由つて胡蘆を描く, 由つて蘭軒自己に古泉癖, 由つて行れた事, 由つて行商する支那人, 由つて表はされ, 由つて覊旅の女, 由つて詳にする, 由つて調節せられる, 由つて證せられる, 由つて身の吉凶, 由つて辨じたもの, 由つて運用されて, 由つて道を知る, 由つて部下の華工数, 由つて開られ僕, 由つて露命を維ぐのみで, 由つて饑渇を免れた, 由つて高座で表現, 由づけとを感じない, 由てとにもかくにも, 由ての好き不, 由であったとみえ, 由でありますから右記録, 由であればユノスソ, 由でござんす, 由で御座いますがお, 由とが振向いた, 由とで行李を, 由との事を, 由とも角も, 由どうしたもん, 由どうか御出席, 由どうしてアンコが, 由どこの姉, 由どのがお越し, 由なかりければ, 由なかった, 由なからん, 由なき苦しさに, 由なく少からず心, 由などより別雷, 由なほ一層苦心, 由につき御面会, 由にてやありけむ, 由のぞみける, 由のんべえ, 由はと見つこう, 由ばかりでなくお, 由ばかりが鬼の, 由ば連れで來い, 由ひそかに承っ, 由ほっとしたでしょう, 由ほろよいで, 由ほんとうに心から, 由ほんものを見, 由まで書き添えて, 由までが四つ巴に, 由もしそうできたなら私, 由やっぱりすべての, 由やにでも來て, 由よかった, 由よってくれる, 由よませて貰いました, 由よりも呆ん, 由わかりますね, 由わざわざ伊那まで, 由わたしのいた, 由わりに元気, 由をはしなく聞かされて, 由ウッドは言った, 由カフェーもバー, 由クサる, 由クローフォールドの, 由ゾナキ返ラヌ道ト成ヌルコソ哀シケレ, 由タンカの上, 由テレながら答える, 由テ以テ片鱗ヲ存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適, 由テ国政ヲ議スルノ権ハ, 由テ容クルニアラスヤ然ラハ帝國, 由トンとは古老, 由ナンセンスだ, 由ナーンだ, 由ニッケニッケといった, 由ノルウェー国では弟切草, 由ハガキで, 由ハラダ・コウゾウもなり, 由ブラッデイ氏に申出でたる, 由ブラツデイ氏に申出でたる, 由マルヤへ, 由ミシュレーが言った, 由ラザルハナシ矣其ノ俗天下ニ女色, 由ラジオでききました, 由寒キ結果ハ雪, 由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, 由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, 由リテ時代ヲ區別セリ, 由リテ石器時代人民ノ如何, 由リ其國治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 由ルコトト見エタリ, 由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 由ルト言フガ如ク人事ニテ言ヘバ家屋ノ美麗ナルハ其家富ムト云フ源因ニ由リ, 由ルト雖モ海戰ノ進退陣形, 由ル如ク見エ, 由ル幼時ノ感染ハ, 由に西巷, 由一九一四年版パッターソンの, 由一切僕に任せる, 由一時から五時, 由一枚しかない, 由一等が現, 由一緒に朝食, 由一郡に追いつめられ, 由三人歩いて, 由三円のもの九円, 由三十二歳ともあれ, 由三條正子を貸す, 由三百人の兵, 由上様へ申, 由上気した顔, 由の喫煙室, 由不二の絶景, 由不幸中之幸, 由丑六三公みんな胃袋そのもののよう, 由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 由丞相の大, 由に篠, 由ひけるに, 由亀親方の五人, 由つぶさに楠木殿, 由事件の為, 由二百八拾円ノ豪華版, 由云いに鋭, 由五泉と申す, 由五郎一人に背負, 由の風説, 由人間が一人前, 由に耳, 由今回はだまっ, 由今夜皆で顔, 由今後復合戦沙汰になりませぬ, 由今御上へ御, 由今日彼の跡拝領, 由今日御所中に披露, 由今日武州伝へ仰せら, 由仕方がない, 由以上当邸内, 由以来の支那, 由仰せ残されて, 由仰せられ候まま御, 由仰下されその破格, 由仰出さると云々, 由仰有りと云々, 由会田さんが来, 由伝えておくであろう, 由伝承辞安の篤学世, 由伝聞仕候, 由住持に告げ, 由佐殿までお, 由佐波利としてある, 由佐野利器が利己心, 由何と呵々大, 由何やら盟主を, 由何卒何卒よろしくお願い申上ます, 由何時やらの新聞紙, 由作家としての条件, 由使いは出た, 由使宮中に於ける, 由來カクテル文化は日本, 由來ノーベル賞は世界, 由來一面空想的であると共に, 由來不明の祓, 由來世話女房と云, 由來久いこと, 由來僞物の藝, 由來光は波動, 由來化物の形態, 由來又はその, 由來好奇心が有る, 由來日本の國民性, 由來朝鮮人ト日本人トハ米國内ノ白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ, 由來此の地方, 由來清國の青年, 由來源氏の發祥, 由來獨逸人のごとき, 由來現世と人間, 由來理窟屋の集合, 由來知識人ほど妙, 由來硬軟の二派, 由來神經質の人物, 由來福島屋は上品, 由來秦國は春秋時代, 由來程恐ろしい話, 由來第二十三行を吟味, 由來箱書などは卑俗, 由來精神的事業に出金, 由來縁起はこれ, 由來肖像畫は畫, 由來臆病者で少年頃, 由來自動車工業は難, 由來草莽の微衷, 由來藏經の折本, 由來説を得たれ, 由來辭書編纂の業容易, 由來道徳は政治文學哲學等, 由來雜誌新聞を精讀, 由來韓國の憂, 由來韻文を律する, 由依って高札, 由借りて住みたく思いました, 由倫敦電報により, 由健全長壽の相, 由を申, 由元来右は, 由へご, 由先々安心仕候, 由先ずヨミスギ刑事が, 由先づ引止める気, 由先日歌麿の展観, 由先日耳にした, 由党員の一人, 由八月のバラエティ, 由八重案内しろと, 由公こいつ名打て, 由公与助の二人, 由公儀御用達とはいっ, 由公宗七お多喜, 由公御前こうやっ, 由公見えがくれ, 由兵営は全滅, 由兵徳と金蔵, 由兵衛らは知らない, 由兵衛今より十年前中村座, 由兵衛古主の息子金谷金五郎, 由兵衛咄嗟のま, 由兵衛神田の鉄物屋近江屋九郎右衛門, 由兵衞さん何か忘れ物, 由兵衞さん旦那を何分, 由兵衞なぞは莨入, 由兵衞申上げますが, 由兵衞眞ん中には美しい, 由其後の便船, 由其方より申来候, 由其沙汰有り参訴, 由其沙汰訖んぬ仍つて此, 由其疑有りと, 由具観之我皇室, 由内々之を, 由内々有計議, 由内訴これありそうろう条, 由冗談じゃない, 由出席しない方, 由なき渋いこの, 由大将, 由前年御書中, 由勇気が出た, 由勿論危篤といふ, 由包まず白状に, 由北部の重工業, 由十二時頃昼けんたいの食事, 由十二月請求の分, 由十人の部下, 由十時と言っ, 由十風より傳, 由千謝万謝にたえない, 由千賀子の屋敷, 由危険千万でござるゆえ, 由収入のある, 由叔母さんせっせと小遣帖, 由取沙汰致す者, 由口うるさい連中が, 由ギリシアローマの, 由古来アフリカ旅行記にしばしば, 由只今御家老, 由召仰可然之氏族等, 由賀候, 由台湾よりの通信中, 由右衛門兼秀で兼秀, 由同じものか, 由同心の起請文, 由名刺屋へ廻り, 由も僕, 由呉氏本補, 由告廻鎌倉中者有之可, 由周旋屋の申条, 由味噌汁の善悪, 由呼んでるど, 由和寿蔵太田重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 由商売柄邪推深いもの, 由善く己を, 由が病ん, 由にきい, 由囁き散らしその, 由因も無き他人と, 由国府津から月曜, 由土台トーキーとの, 由北国の, 由坂地なれば, 由坊みたいに綺麗, 由基ニ命ジ之ヲ射シム, 由基一巻拙者の手, 由基始メ弓ヲ調ベ矢ヲ矯ム, 由基楊葉ヲ射, 由基矢を放たざる, 由堂々たるヨーロッパ人が, 由多田淡路守典厩武田信繁もいた, 由そのプラン, 由夢心地に立, 由大いによし, 由大したことと, 由大体それ前後に解けます, 由大学が, 由天香さんから便り, 由太公御快然, 由と可, 由奉賀候さて御, 由奥さんが寿, 由奥様にも定, 由奧書に見えたる, 由好みの緋縮緬, 由如何なる事か, 由が, 由は二十八, 由娯楽の根強, 由は子路, 由存分御大事, 由安心いたします, 由宋人和卿に仰す, 由御礼御, 由宣下上卿三条中納言即ち清範朝臣, 由宮中に議せ, 由宰府口には毛利左近, 由家代々の主人, 由宿屋以後が受け, 由密告せし者, 由寝ないので, 由に怪しから, 由寺僧各愁, 由寿がどんな, 由専らの沙汰, 由将軍家のお, 由将軍家年来の御, 由尊いこととは, 由ネ被, 由小生は, 由小西弥九郎一柳市助などいわゆる, 由小西弥九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 由尤も常に自信, 由尾芝古樟氏, 由愁訴に, 由を卷候處此浪人年十九, 由山巓ニテ呼ト云ヘトモ, 由岩波で鎌倉, 由にはいまだ, 由川上宗壽三島の鯉昇, 由候えば, 由左官の伝次, 由左様よくはない, 由己茶を一ぷく, 由巷説相交幕府並相州御第警巡頗嚴密云々, 由帰っての話題, 由常々承って, 由平伏シテ云イオルカラオレガイウニハ足下ハ裏店神主ナル故何事モ知ラヌト, 由幸便を得, 由幸賀之至り, 由幼時母より聞きし, 由広元朝臣の如き, 由店先の煤けた, 由店刑部殿参る, 由弥左衛門殿より承り, 由弱ったことなり, 由張出してありけれ, 由強烈なレントゲン照射, 由当年五十歳の分別男, 由は犢牛, 由御免なさい, 由徳川夢声君が青春懐古, 由心待ちにいたしおる, 由心得て申し, 由心臓病で横, 由心配致しを, 由忙程之事出来候, 由思うにこれ, 由思食し立つに, 由しくなるわい, 由怪しからん事, 由恐縮する, 由息子も本年中学, 由悩みの種, 由惣別これのみ申事, 由慶福のこと, 由慶賀に存じ, 由憚らずに, 由懇願せしに, 由程この, 由感動を, 由房奴われに語りぬ, 由手紙だけ, 由承っていました, 由承ったが当家, 由承つてゐる, 由承はりし頃は, 由承りましたからかく, 由承り居候えども疾, 由承知いたしいま, 由承諾したこと, 由拙者必ず解くでござろう, 由拙者そのため上の命, 由持久戦のつもり, 由支度之処, 由支配人宛にそんな, 由放送しました, 由文房堂で万年筆, 由文楽能楽歌舞伎などはもちろん, 由文通あり, 由斎さんに仕上げ, 由斎藤方へ内通, 由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 由新聞に菊池寛以下蒲田, 由於予可然存候間其旨申答了, 由く屡, 由既に死候者は, 由早々弾正殿へ, 由早稲田の家, 由の黄省曾, 由明日から新しい, 由明朝刊に出るだらう, 由は牢屋, 由星二つついて, 由昨晩の松村, 由なる浪人清左衞門, 由の, 由昼前八重次来りいつ, 由時節柄よき才覚, 由時間を加減, 由のこと, 由越された手紙, 由書信あり, 由其沙汰被, 由有らざる事無し, 由朝来各社の, 由朝食せず早速, 由木下助右, 由東京市民の娯楽, 由松平は初め, 由島とやら, 由案内記に書い, 由變而之, 由横浜へ出さう, 由橘夫妻それに女房, 由のま, 由此一變史伯之對鄭桓言秦晉齊楚代興, 由此事限り無御座候此金高三千二百両, 由此日報あり, 由此猛烈なる動力, 由此節にては多人数, 由武清はなし, 由残念なり, 由殿寢だら可, 由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 由民樹氏より来信, 由気の毒の至, 由水野弥一兵衛庄司仙三郎近藤幹雄中坊陽之助, 由沙汰せりとあり, 由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄亦自, 由注意があった, 由可母, 由浜の村は騒ぎ, 由消息有之かげながら, 由清君もその, 由清小中村清矩榊原芳野佐藤誠實等諸君, 由清楚とした, 由清榊原芳野那珂通高の君たち, 由渡辺のとこ, 由温泉で静養, 由湖上往来の舟, 由城桜雲の, 由と食, 由シ, 由無論みごとな, 由無論さうあるべきだ, 由ルニ熊本ニ来リテ後沢村友好, 由然るに夏目氏は, 由が八度以上, 由父上に申しあげ, 由に見えたれ, 由独り荻沢警部のみは此少年探偵, 由其他建造中の, 由甚五衛門からもお礼, 由生れるとき難産であった, 由の專三郎夫婦, 由をきき, 由田舎者にされた, 由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 由申してお, 由申し上げて下され, 由申し聞け候所一度は, 由申候者在之者, 由申出候然るに, 由申出でたれば, 由申居候参りしや, 由申立有之尤, 由申請ふに, 由申越されぬと告げける, 由番人喜助の女房梅, 由監督なども参っちまったらしい, 由目下は戦災者, 由目出度ぞんじあげまいらせ候, 由目黒の叔母, 由相州御旨, 由相州大官令等諷詞を尽さる, 由相州諫め申すに, 由相聞得候有来候神社嶽, 由県視学となっ, 由ぐすり貰って, 由眼八について列, 由短縮したせい, 由碁理が女, 由と承り居り, 由確かに聞込み候間, 由確報あり, 由の, 由神託があつ, 由祭りさ行げ, 由禅師だったそう, 由称してヒットラー風, 由空前の大発明也, 由の手, 由等これに殉じた, 由あり, 由策略かも知れない, 由篠其節枕辺にて泣く泣く, 由細野浪人この四天王格, 由組さ入らねえか, 由結局そんなこと, 由結局外米の影響, 由介とは, 由総て施行は乞食非人, 由罵り言ふ, 由羅あたりの指金, 由羅め何んといっ, 由羅一派を血祭, 由羅付女中になりたく, 由羅党反調所党, 由羅処分のこと, 由羅屋敷開かずの, 由羅風情の女, 由群集をリズム, 由が父, 由義村之を申す, 由義王の創建, 由老媼の口, 由して, 由聞いては居た, 由聞え候ひしか, 由聞きゐたれば久米君, 由聞き及んでゐる, 由聞こしめしければま, 由聞し召して遠く, 由聞伝へたれ, 由聞食し及ばるるに, 由自分電気ナベを見, 由自身の口, 由至急諾否の, 由舊主人も爾, 由の里, 由良さんのところ, 由良弥惣次を楯, 由良弥惣次菱浦五郎などはみな能登, 由若殿へ聞え, 由は徃反, 由落ちぶれ果てたものらしい, 由蓋し一日に, 由薫申聞候に付, 由藏自身はもちろん, 由を使用, 由行動を取り, 由衰えつかれたよう, 由褒美したとの, 由西巣鴨何丁目でしょう, 由覚えがない, 由言う人多し, 由言って謝絶, 由言出でし, 由言語どうだ, 由記されてありました, 由記しあれば蜈蚣鯨, 由記したのも, 由記したるに廃刊, 由記せるを見, 由語りたり, 由誠に感服なる, 由読みながら噴き出した, 由諸方で言う, 由赤橋殿へお答え, 由路考半分すけ也, 由軍記などがあつ, 由載せビルマの, 由迎えにゆく, 由近き年は, 由返事しても, 由述べ居るが南部支那, 由逐一鳥居様酒井様などへ, 由造一人は今, 由造東条隼人と呼ばれる, 由過日村山氏より聞き及び, 由を推し, 由道子は知らぬ存ぜぬで通した, 由には住みい, 由適当にやっ, 由部屋住みの, 由釈雲照勝峯大徹, 由重々の御, 由重氏の理論, 由鎌倉殿に注進, 由長安の都, 由長田兵助より知らせ, 由長男は理学博士, 由間違いも少く, 由院宣を下され, 由雑談をする, 由電信があった, 由面叙の便, 由面白いものね, 由面白くなった, 由頻りに以て, 由が見たくなる, 由顔つきまるで違った, 由顔面もい, 由風聞有之, 由養真より申, 由へつたえ, 由馬琴が筆, 由入申候仔細, 由高野辰之博士の日本歌謡史, 由鯉淵村より注進有, 由も雹, 由黒部山中の清酒