青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「田舎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

用事~ ~用心 用心~ ~用意 用意~ ~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎
田舎~
~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申

「田舎~」 7347, 79ppm, 1408位

▼ 田舎~ (2058, 28.0%)

35 人は 19 人の 15 家へ, 方へ 14 家に, 家の, 小学校の 13 方が 12 ことで, 人が 11 家は 9 中学を, 生活は, 町で, 町の 8 人に, 人達は, 方に 7 方で, 生活を 6 ことだ, 方から, 景色を, 村, 町へ, 百姓の

5 [12件] ことが, ように, 人たちが, 女が, 子供は, 実家へ, 小さな町, 小都会, 小都市, 或る, 生活に, 町に

4 [19件] おばあさんから, お婆さんが, ことである, ことです, 中学校に, 中学生の, 人々の, 人たちに, 人たちの, 人たちは, 女学校の, 子供が, 学校で, 学校の, 学校へ, 寺へ, 旧家には, 生活の, 者が

3 [43件] お大尽, ひとの, ほうに, ほうへ, 一軒家の, 中学生に, 事だ, 事を, 人と, 人達が, 停車場に, 医師の, 友達の, 夏の, 女には, 女を, 子は, 子供の, 子供達は, 家から, 家で, 家では, 家には, 家や, 小駅, 息子がと, 新聞は, 方の, 旧家の, 村へ, 生活が, 町では, 町や, 町を, 祖母の, 空気が, 空気を, 習慣で, 親戚へ, 親類の, 言葉で, 話を, 豪家の

2 [127件] おぢ, おばあさんの, おばあさんは, お城, お正月は, お祭の, くせに, ことを, どこへ, ひとに, ものども, ものは, ような, ダンスホールは, 上流階級の, 中学に, 中学の, 中学校の, 中学校を, 中学生には, 事で, 事である, 事とて, 人, 人々は, 人々を, 人ったら, 人という, 人より, 人を, 人達の, 何処に, 停車場で, 兄の, 先生は, 冬の, 別荘の, 単調な, 友達が, 友達で, 叔母さんの, 叔母さんを, 大地主, 夫が, 奥で, 奥へ, 女でございます, 女の, 女は, 姉が, 娘たちは, 娘の, 娘らが, 媽, 子と, 学校は, 実話である, 客の, 家, 家が, 家を, 宿などで, 宿屋へ, 富豪が, 寺で, 寺の, 小さい町, 小学を, 山の, 巡査なんて, 広々と, 感覚は, 教会で, 料理屋の, 旧家などに, 旧家ほど, 景色の, 月の, 村では, 村の, 校長が, 模範少年など, 母親が, 母親の, 民衆の, 温泉, 温泉に, 温泉地で, 爺さん婆さんに, 片隅で, 生まれだ, 生家へ, 生活と, 男の, 百姓に, 百姓を, 百姓家に, 祖母が, 秋の, 秋を, 空や, 空気の, 空気は, 粗野な, 者などは, 者に, 者の, 者は, 自然は, 街での, 街道を, 親戚から, 豪農の, 路を, 退役軍人の, 都会に, 都市の, 野原を, 長兄に, 間に, 雑木林の, 静かな, 風光山村の, 風景で, 風景の, 風物を, 風習に

1 [1255件 抜粋] あぜみちに, あばら家住居を, ある商人, ある薄暗い, いわゆる金持ち, おかみさん, おじいさんの, おばあさんという, お上り市会議員殿, お医者さん, お婆, お婆さんでも, お媼さん, お寺の, お廻り, お正月, お母さんや, お爺さんが, お爺さんは, お百姓さんたち, お盆という, お茶を, お話も, かよひも思ひ, ことであります, ことなどが, ことには, ことア私にゃ, ごちそうであった, しゃれ者, すみずみ, それぞれに, たいていの, ちょっとした町, どこの, はうへと, は塩, ひとだって, ひとと, ほうには, ぽッ, ものが, ものたちが, ものには, やうに, わずかばかりの, アンチャンカアチャンの, カモを, クラブか, シャロック・ホルムズといった, チッポケな, ドュウルンに, バスへ, ピープルばかり, ポッと, ワラビや, 一升は, 一教師に, 一老婆でしか, 一軒屋などでは, 万屋で, 上流階級とは, 不平ばかり, 世間とて, 両親は, 並み並みの, 中国の, 中学でも, 中学へでも, 中学校まで, 中学生としては, 中津の, 久しく住ん, 乗合馬車よりも, 亀さんは, 事であった, 事なんか, 事ゆえ助ける, 事物を, 二三春でなく, 井戸, 人々, 人々と, 人々就中ラムが, 人って, 人つたら, 人では, 人としては, 人との, 人な, 人なんぞには, 人には, 人ばかり, 人も, 人其等の, 人向に, 人達で, 人間は, 仮りの, 会の, 伯父である, 住居の, 佗住ひ, 便利屋ふうの, 俗謡を, 信心, 修道院へ, 停車場だった, 停車場へ, 兄から, 兄さんさ, 光景が, 光景は, 児童は, 公証人など, 内風呂とは, 処女の, 刑事は, 別墅に, 別荘に, 別荘めいた, 労働者の, 北国新聞に, 医者の, 十八九歳の, 卵塔場の, 原始的な, 友人から, 友人に, 反圃中, 叔母より, 叔父上様へ, 取り散らしたヤチ, 古い旅籠屋, 古びた水車小屋, 台所ほどの, 同人雑誌に, 呉服屋などで, 味が, 哀しさ豕, 商人ら恐れながら, 囲炉裏, 国民学校へ, 土地が, 土地を, 土間と, 地廻りが, 地方では, 坊主あがりで, 塩煎餅は, 墓道の, 士族は, 夏よりも, 多くの, 夜ほど, 夜路を, 夢を, 大きな家, 大伯母さまが, 大学で, 大学の, 大工の, 天地を, 太陽や, 奉公を, 女, 女とは, 女らしくとても, 女子の, 女学校へ, 女学生みたいな, 女学生丸出しだ, 女程, 奴は, 好きな, 妻君の, 娘さんの, 娘たちには, 娘なら, 娘は, 娘若い, 婆さんで, 婆さんらしい, 婚礼であった, 婦子供を, 嫁入先を, 子で, 子どもとしては, 子みたいに, 子供たちから, 子供たちは, 子供であった, 子供に, 子供へ, 子供を, 子供達が, 子沢山を, 学校などにゃ, 宅で, 安土村が, 官立高等学校で, 実科女学校まで, 客が, 客人も, 家こそ, 家も, 家屋は, 家族について, 宿に, 宿屋の, 寂しい町, 富豪の, 寺に, 小さい停車場, 小さい大学町, 小さな博物館, 小ちゃい, 小劇場, 小大名相手, 小学の, 小学校だ, 小学校には, 小学校教師に, 小役人の, 小料理屋には, 小民, 小百姓に, 少女の, 少年と, 尻上りな, 局の, 屋敷内など, 屋根裏の, 山出しなんか, 山猿に, 山里とは, 川は, 巡業を, 市の, 平凡な, 平和を, 幻像が, 幾年よりも, 庄屋の, 店では, 廃寺の, 弟の, 役場に, 彼の, 徹夜の, 思い出咄が, 恋する女ぢ, 悪人は, 惣庄屋を, 意気地無しばかり, 慣例を, 房州路で, 手織木綿の, 教会に, 教区が, 教師でも, 文学書生が, 料理である, 料理屋で, 新婚の, 新聞でも, 新聞記者の, 方だ, 方どす, 方にも, 方へと, 方言を以て, 旅の, 旅宿で, 旅籠屋に, 日の, 日本から, 旦那らしい, 旧家という, 旧家は, 昔気質の, 春, 普請は, 景に, 景色で, 景色と, 景色は, 暗黒面といふ, 暮しぶりを, 書生国を, 月時雨が, 朝空が, 本宅の, 本来の, 村で, 村な, 村にでも, 村人を, 村落は, 村長さんの, 村長として, 松並木に, 枕が, 棒フリの, 植木屋仲間に, 様だ, 歌を, 正月, 正月ア, 此辺の, 武士の, 母たちの, 母の, 母親でも, 母親自分の, 気分も, 水に, 水車小屋の, 泥が, 浮気娘の, 海を, 消息を, 淋しい小, 渡しは, 渡船ぐらい, 温泉地の, 温泉場らしく, 湯の, 湯治場の, 満州人警察の, 漁師村の, 漢方医に, 無学と, 父が, 父は, 父親や, 爺さんに, 牛乳屋に, 牧場の, 牧師補に, 物持ち, 犬が, 犬ば, 状態を, 珍しい場面, 生れ, 生れな, 生活しか, 生活なんて, 生活ぶりを, 産物を, 田地持ちである, 田舎で, 男たちに, 男女の, 町, 町にでも, 町も, 畑道の, 畦道を, 癖として, 百姓が, 百姓によって, 百姓上りだ, 百姓家じゃ, 百姓家の, 百姓老爺に, 皮膚科病院の, 盆過, 盲人が, 県立中学で, 知人から, 社が, 神さんも, 神祭りの, 祭だ, 祭りの, 祭礼や, 秋には, 秋祭りは, 空気に, 端々にまで, 簡易な, 約束し, 素封家などには, 素封家の, 紳士に, 紺屋には, 絵葉書を, 縁類の, 習慣とは, 老人が, 老人彼は, 老先生たる, 老父母, 老紳士, 者には, 育ちである, 脳髄の, 自動車で, 自然が, 自然を, 芝居は, 芸者は, 芽出度い, 若い衆が, 若者が, 茶畠に, 草角力ぢや, 荘園で, 落着先を, 薄汚い老, 藁家の, 蚊, 行事は, 街は, 街道に, 街道は, 袴は, 裡に, 製茶業者で, 見物人の, 親が, 親仁が, 親元へ, 親戚達の, 親父が, 親類に, 親類へでも, 角の, 言葉です, 訛りが, 設備の, 話に, 読者は, 警察じゃ, 警察と, 讃美者と, 豊饒を, 豪族が, 財政上の, 貧しい少年, 貧乏人, 貧乏村の, 貴い金, 賑ふ, 赤ん坊の, 足袋の, 路に, 身内続きの, 輪タク屋が, 農夫でも, 農夫等が, 農家で, 農家の, 農民一人を, 通り者桑原治兵衞と, 連中の, 遊女つまり飯盛り女郎は, 遊廓にでも, 道を, 達磨茶屋に, 邸婢が, 邸宅へ, 郵便箱の, 郷士だの, 都会らしい, 里へ, 野鍛冶などで, 金持ちの, 長兄から, 長兄へ, 開業医みたいな肥った, 閑居で, 間を, 陽気な, 隅ずみにまで, 隅ずみまでも, 隠居の, 隣村に, 雑誌に, 電気は, 霜月, 青年に, 静な, 静寂を, 風と, 風俗で, 風呂屋で, 風景は, 食えないと, 食パンの, 飾なき, 香失せぬ, 駅でしか, 駅には, 駐在巡査が, 骨太の, 高等学校一年生の, 高等小学校を

▼ 田舎~ (667, 9.1%)

23 住んで 15 いて 9 しては 7 居て, 帰って 6 埋れて, 居た頃, 行って 5 いた時分, いては, 暮して 4 残って, 身を

3 [12件] いても, いるの, いる時分, いる母親, ゐては, ゐると, 住む人, 埋もれて, 埋れても, 来て, 置いて, 隠れて

2 [37件] あずけて, ありて, あるの, いたとき, いた時, いるとき, いる時, おくこと, かくれて, くすぶって, なって, ひっこんで, ゐて, ゐる時, 一人の, 二人の, 入って, 多少の, 居ては, 居ると, 居るの, 帰る, 帰れば, 引こんで, 引籠っ, 引込んで, 戻つて, 於て, 来た, 残して, 生きて, 疎開した, 移った, 移り住んで, 行くと, 行けば, 轢死し

1 [455件] あいて, あったその, あった小泉, あった湯治, あって, あっては, あづけ, あらわれた, ありがち, ありそう, ありましたけれども, ありまたあるいは, ある, あるよう, ある佐々, ある持家, ある橋, ある自分, ある都会, ある野, あんな人, いたおり村, いたこと, いたころ, いたってつまらない, いたもの, いたる程, いたんじゃ, いた久右衛門さん, いた娘, いた甥, いた祖母, いた間, いた頃, いち早く疎開, いってること, いつの間にかこんな, いながら, います, いますけど, いますと, いられたん, いりゃそれ, いるから, いるこれ, いるその, いると, いるほど, いるほどの, いるやはり, いるよう, いる友人, いる妹さん, いる弟, いる杉原, いる武蔵相模, いる父親, いる祖母, いる者, いる芳村, いる葉子, いる間, いる頃, いろよ, うずもれて, うれしきは, おいちゃ, おいでられたから, おくの, おけると, おじいさんの, おったればこそ, おっても, おばあさんが, おりましたとき, お母さんや, お金持, かえってもみた, かくれた, かくれながら, かなり広い, きて, くすぶらして, くだり村里, くらべれば, こうして女, この尼, この年, こもって, さすらうて, さわいで, しちゃ, じっとし, じっとしてりゃ, すみ戦争, そう違い, その青春時代, その風貌, たくさんござん, たくわえられてる活力, たどり着いた時分, たのんでも, ちゃんとした, つれて, なかった, なった気, なると, なれすぎると, のこして, はなはだ悪い, ひけらかした, ひけらかす前, ひっこんだ, ひとりで, ひとり住み, ほんた, まだかなり, めづらしい, もって, ゃあいられねえ, やって来た人, やって来て, やられたこと, やられた子供, ゆきました, ゆくたび, よくある, わくどう, わざ, わずかな, ゐたので, ゐた時, ゐた頃, ゐても, ゐるうち, ゐるよ, ゐる女伝道師, ゐる田舎者, クスブつて居た, シャンマティユーじいさんと, チャッチャムチャクなる, ツインコタという, 一人で, 一人暮し, 亀さんという, 二三の, 二三カ月いたんだ, 二郎という, 人は, 今も, 仲の, 伝わって, 似ず一種洗練, 住つて, 住まって, 住まつて, 住みきと, 住み月明り, 住むと, 住むもの, 住むよう, 住む坊さん, 住む子供, 住む少年たち, 住む彼等, 住む訳, 住んでは, 住んでを, 住居を, 何を, 偶然たどりつい, 傍観し, 光治という, 入った時, 入り自然, 入るからと, 出かける数日前, 出かける者, 出して, 出たこと, 出た我々, 出掛けて, 制御せられた, 半月ばかり, 印刷屋が, 参りまして, 参ります, 及び彼, 収入の, 古い感覚, 同じよう, 名馬なし, 名馬は, 向いて, 向った, 土地を, 土着し, 在って, 在る堂宇, 埋もれた青年, 埋もれてる数人, 埋もれるという, 埋れた志, 埋れるには, 執着を, 売りに, 売れ行く粗末, 多くの, 奉公口の, 妻子を, 姉の, 姿を, 婚礼が, 嫁し, 嫁した, 孤独な, 家が, 家を, 寒い西風, 小さな別荘, 少しばかりの, 居きりなので, 居た, 居た時, 居た時分, 居ったとき, 居っちゃ, 居っても, 居ても, 居ながら, 居ましてね, 居ようと, 居ようとは, 居るも, 居る時, 居る時分, 居る時分彼女, 居る間, 居れば, 居酒屋が, 居金, 帰して, 帰った, 帰ったが, 帰った私, 帰つた, 帰つた時昔私が, 帰つて行つた相だ, 帰らないの, 帰り候, 帰り無事, 帰り百姓, 帰ると, 帰るの, 帰る気, 帰る運命, 帰農する, 年わかき, 幼な, 廻る肴売, 引き籠ってからは, 引き籠つて, 引き込むと, 引き込んで, 引っこみたい, 引っ込みきり, 引っ込んで, 引つ込んだ, 引ツ込ん, 引籠って, 引越すと, 引越すの, 引込みみ, 引込むとかいう, 引込むの, 引込んだもの, 引込んだ住宅地, 形こそ, 往く前, 往った, 往って, 従弟が, 忽然とし, 悪影響を, 惜しい, 或る, 戻りたいと, 戻り一切, 所領を, 手を, 撤か, 放逐する, 故郷を, 散り隠れる理由, 散歩し, 於ける収入, 於ける私, 於ける自分, 於ては, 於ても, 於る, 旅を, 旅立ちして, 旅行し, 旅行を, 昂奮の, 時々ある, 暮したい願望, 暮し続けた日, 暮すこと, 書生が, 来たの, 来たらしい気, 来ると, 根を, 棄てられたの, 止った者, 止まるだろう, 止るべく余儀なく, 残されたの, 残したまま, 残れりと, 母と, 母親が, 比べると, 水洗便所は, 泊りに, 滞在する, 燻ぶっ, 珍しい, 珍しいお, 珍しい伝法, 珍しい異形, 珍しい色白, 珍らしき, 甚五郎が, 生まれた娘, 生れた者, 生れて, 生れなかった, 生れましたので, 生活してる, 生立つた, 用の, 疎開させた, 疎開し, 疎開しない, 疎開なさっ, 病人が, 病人を, 発達した, 相当な, 着いた日, 着くころ, 知られたの, 移る, 移植され, 縁者を, 縁談が, 置きましては, 置くこと, 置くの, 置く事, 育っただけ, 育ったものの, 育った娘, 育った少女, 育った青少年, 育って, 育つて, 育てば, 育てられて, 自分を, 至りて, 落ちのびて, 落ち着いたもの, 落ち着いて, 虎杖を, 蟄居んで, 行きたくなる, 行き一日, 行き渡るまでは, 行き青々, 行くこと, 行くほど, 行く用事, 行ったこと, 行ったの, 行ったよう, 行った時, 行ってた時, 行っても, 行ってる妻, 行つた, 行つてゐた, 行つて田舎の, 行軍を, 見られない五重塔, 見る日曜学校, 親類が, 訪ねた, 訪問した, 許り居た, 貧乏な, 起こりたる話, 起つた怪談, 越して, 越しませうよ, 踏み出して, 身柄と, 輸入した, 追われて, 退いて, 送ったの, 送って, 逃げ帰るの, 逃出す, 遊びに, 運び出すの, 運び蔵, 過ぎない御, 過した, 選んだこと, 遺って, 避けて, 避暑を, 避難し, 避難した, 避難する, 都会に, 都会の, 鋤鍬を, 長くいた, 長くいる, 長く住, 長く住ん, 長く居過ぎた, 閉じこもって, 閉ぢこもり, 閉ぢ籠めたり, 開業する, 閑居し, 阮という, 限つた, 限るな, 隠して, 隠れた, 隠れては, 雅因を, 静かな, 預けてる始末, 飽いて, 馴れて, 馴れません娘, 鳥の

▼ 田舎~ (611, 8.3%)

15 のよう 12 だと 9 の私 76 です, ですから, のくせ 5 まる出し 4 だよ, である, なん, のこと, の方, の癖, の自分, を馬鹿 3 だから, だが, なの, は

2 [45件] がある, がその, が多い, じみて, だった, であったの, ですが, ですよ, でない限り, でなければ, ではある, ではない, で何, で始めて, として笑われた, と同様, と言, にし, にはとても, に化け, に成っちゃった, の中, の仮, の口, の図々し, の土性骨, の姿, の小娘, の少女, の挨拶, の湯治場, の爺さん, の物, の目, の眼, の顔, はこれ, はまた, は仕様, は微動, は田舎者, は都会, やと笑われる, を相手, を見る

1 [411件] いたって, かそれとも, かて馬鹿, から出, か何, か勤番者, か野蛮人, がいる, がかねて, がきた, がする, がただ, がとつぜん, がどれ位, がはじめて, がまた, がみんな, がやって来た, がヒョッコリ, が与し, が京, が何年, が分らねえ, が剃刀, が国, が増える, が思う, が成り, が春画, が東京見物, が標準語, が狐退治, が立っ, が米, が芝居, が若い, が見る, が貴顕, が通る, が都会, が開国, が飛び込ん, が飲みつけぬ, さ, じみたおずおず, じみたダンチョン, じみた乱暴, じみた人, じみた野暮, じゃ, じゃありません, じゃあるまい, じゃない, じゃねえ, そのほう, その仲間, たる記者, だからよ, だけにわかる, だぞと, だな, だなんて, だの青二才, だもの, だッ, だ遊び方, つつましく頭, で, であった, であった私, でありながら, でありましたから, でありますから, であり朴念仁, であり東京, であり郡山, であるか, であるから, であること, であると, であると共に, であるの, であるので, である俺, である勝ったところ, である証拠, である通人的, でお, でこういう, でございますから, でござるから, でしかも, ですの, ですわ, でた, でないこと, でないまでも, でない事, ではあります, でもきりりと, でもここ, でも唯, でも浅草, でも町人, でも退却, でピレネー山, で仕様, で俺, で分らん, で前髪, で力, で吃り, で多血質, で存じませぬ, で宿屋, で市民, で本気, で無い, で相州東浦賀, で補充, で見る, で都, で預り物, で骨太, というあの, という時, といったの, としてはかなり, としては立派, としてもてなした, として取る, として笑った, とそれから, とて不審顔, とはたち, とはなに, とは違い, とハイカラ, と云, と公園, と思え, と思われ, と立ち合おう, と笑, と笑われ, と笑われない, と笑われぬ, と罵倒, と見, と言わね, と違い, と馬車, どすよ, などと云う, などには立派, などに感心, な事, にあやまった, にお, にきまっ, にされた, にしみ込ん, にすぎない, にすぎなかった, にすぎません, にずんずん, にそんな, にだって君, にて当今, になった, になっちまう, になっちゃった, になりました, にはここ, にはわかりません, には困る, には彼ア, には田舎者, には相応, には結局田舎, には都, にゃわからねえ, にやあの, に一種, に似, に似合, に占領, に変装, に引かれ, に弱, に征服, に成った, に成りました, に押され, に江戸ッ児, に無用, に目, に相違, に紹介, に見える, に見せびらかした, に誇り, に近づかざるべからざる, に過ぎない, に間違えられる, に限, に頼ん, のあの, のお, のこしらえた, のずうずうしい, のせい, のせがれ, のせゐね, のため, のはにかみ, のひがみ, のひねこびた, のぼんやり者, のみにし, のインバネス, のソレ, のハンカチーフ, のビロード, のブラームス, の一念, の上, の上京, の上段, の下男, の世間知らず, の世間知らずめ, の両親, の乱暴さ, の事, の事務, の仕事着, の会話, の佐助少年, の側, の兵二郎, の出る, の出世, の前, の剣, の厚化粧みたい, の句, の司教, の名前, の吝嗇, の土左衛門, の多少, の大統領, の女, の女中, の女房, の好奇心, の婆, の婆さん, の学究, の客, の尊敬, の小次郎, の小説, の左近, の帽子, の店, の強情さ, の彼, の律気, の感動, の感慨, の態度, の憂鬱, の懐中, の成功者, の振り, の支配下, の早口, の東京土産話, の案内者ラコスト, の権助, の消極的, の無, の無作法さ, の父, の犯行, の狭量, の百姓, の眞, の礼儀, の粗忽, の精神, の緋メレンス, の群, の肝, の腹痛, の若造, の表情, の要領, の読者, の身体, の連, の道, の金剛不動, の頭, の馴れ, の魂, はあす, はいい加減, はかえって, はかつて, はくたびれ, はけち, はこう, はこの, はさも, はしみったれだ, はしょっちゅう, はその, はそれ, はどれ, はなかなか, はなぜ, はなん, はオセッカイ, はダラリ, は一タンガー, は三十二枚, は上がり込んだ, は二本, は人, は何, は僧侶, は同時に, は否, は嘲笑った, は声, は外国人, は心配, は承知, は数理観念, は本当に, は構え, は気楽, は猛り立っ, は珍しく, は疑い深う, は相, は矢鱈, は胃病, は臆面, は舗石, は荷車, は落ち, は話せねえ, は貴僧, は足, は驚いた, は鼾, ばかしだ, ばかりだ, ばかりで, ばかりになった, もうずくまり, も立ち上がり, も肘, や無, や若い, よりも人, よりも知っ, よりゃ東京生れ, よろしくの, らしかろうよ, らしくおっかなびっくり, らしくだんだん, らしくない男, らしくない薄い, らしくない風采, らしくは, らしくわけ, らしくセル, らしく何, らしく徒歩主義, らしく感じられその, らしく村, らしく玄関, らしく真剣, らしく見えるの, をからかう, をご存知, をさとすらしく云っ, をたぶらかす, をばか, をまんまと, を冠, を前, を嚇, を待っ, を御し, を憎らしく, を求めた, を腹, を見, を軽蔑, を釣りよせ, を魘えさ, ノポット出, ノ玉ネギサンハ道ニマヨツテシマヒマシタ, 然と, 見て

▼ 田舎~ (603, 8.2%)

40 行って 28 帰って 17 行くと 11 来て 10 行けば 7 連れて 6 帰ると 5 いって, 帰った, 行くこと, 行っても 4 出かけて, 引っ込んで, 落ちて, 逃げて 3 いったとき, 帰ること, 帰るの, 引込んで, 持って, 来ると, 疎開し, 立ってから

2 [42件] いくの, いらっしゃいますか, かえりたいと, くるもん, ひっこんで, やって, 一箱預けた, 一軒家を, 云って, 伴れ, 入って, 出す手紙, 呼び戻されること, 埋めて, 家が, 家を, 帰ったが, 帰っても, 帰るので, 帰るん, 引っ込むの, 引っ込もうと, 引込みます, 往って, 戻つて, 旅を, 来てから, 来れば, 流れて, 流れ込んで, 疎開した, 移つたのは, 移りました, 立つ前, 行かねば, 行きたいと, 行くの, 行つた, 行つたら, 遊びに, 遊山に, 還して

1 [340件] あずけて, あづける, いくかも, いくこと, いく高橋, いこうと, いこうね, いっしょに, いったこと, いったほう, いったよう, いったら砂, いっても, いつた, お引, お暇, お移りに, お越しが, お連れ, お金が, かえすなんて, かえった, かえって, かえって生ん, かえって直し, かえりたくないサイ, かえること, かえるという, かえるの, かえる親戚, かえれば, きて, きてから, くすぶつて, すつ込んで, それから, たったの, たつん, ちょっとでも, つれかえられて, つれて, とりに, なぞ帰っ, なぞ行く, なぞ行こう, なぞ行ったら, なんかは, のがれて, ひき上げると, ひっこむについて, ひとりでは, ひッ, まいり此の度帰り掛け, めえりました, もって, やって来たの, やって来た云々, やって来た人間, やつたさうだ, やつたり, やつて, やられた子供達, ゆかざりき, ゆきけるが, ゆきたい心持, ゆきました, ゆくから, ゆく分, よこして, アルバイトに, ドライヴ, 一本槍に, 一緒に, 下ること, 仕送りつて出来や, 仕送りも, 休暇に, 住みましょうよ, 住みませうよ, 住居を, 何しにいらした, 來てる, 入つて一週間, 入り込んで, 出かけた, 出かける, 出すの, 出て, 出ました, 出られないの, 出向いて, 出稼する, 出立した, 去つた, 去り雪江, 参りますと, 取りに, 向って, 向ってでも, 地所を, 夾竹桃一枝頂戴した, 嫁づいてる, 嫁入, 子守奉公に, 小さい時, 小金を, 山を, 帰して, 帰し時々, 帰ったと, 帰ったとき, 帰ったの, 帰ったひと, 帰ったほう, 帰ったらまだ, 帰った小野田, 帰った方, 帰っちまおうかなんて, 帰ってから, 帰ってからの, 帰ってからも, 帰つ, 帰つた, 帰つたで, 帰つたのにさ, 帰つてから, 帰つてほんとうに, 帰つてタイタイ先生に, 帰つて健康な, 帰つて新しい, 帰つて爺仁に, 帰へる, 帰らう, 帰らずたいてい, 帰らなければ, 帰りたいと, 帰りたい気, 帰りたくなった, 帰りたくなったと, 帰りたくも, 帰りとうおす, 帰りました, 帰りますと, 帰るつて云, 帰るでも, 帰るという, 帰るなんて, 帰るまでに, 帰るもの, 帰るもん, 帰るよう, 帰るんで, 帰る前, 帰る少し, 帰る相談, 帰る釣台, 帰れと, 帰れないと, 帰れアあれ, 帰ろうと, 帰省し, 帰省する, 帰省った, 引きこもったの, 引き戻されてからも, 引き籠ったとか, 引き籠ったらそれで, 引き籠って, 引き籠らせて, 引き込んだあと, 引き込んで, 引き返して, 引っこん, 引っ越して, 引っ込むか, 引っ込むこと, 引っ込んでは, 引つ込みます, 引ッこん, 引ツ込まう, 引取られ, 引籠らなけれ, 引込みましてからは, 引込むなり, 引込む気, 引込んだの, 引込んだ年, 引込んでから, 往ってからも, 往つて政治演説を, 往復し, 御所領, 恰好な, 戻して, 戻って, 戻つて行, 戻ると, 手伝ひ, 手紙で, 招かれた時, 指して, 推込まれ, 提げて, 散歩に, 旅し, 旅立って, 旅立でも, 旅行し, 旅行した, 旅行する, 来いって, 来たの, 来てな, 来ては, 来てると, 来るうち, 来るだろうと, 来るよう, 来る方, 母に, 片着ける, 物を, 異人さんが, 疎開という, 疎開といふ, 発つまでに, 百姓の, 着く迄には, 移して, 移す事, 移つた, 移つたのが, 移り住んだからと, 移り住んでからも, 稼ぎに, 立ちの, 立った日, 立って, 立つこと, 絵を, 落ちついて, 落ちのびる気持, 蟄居された, 行かないが, 行かなければ, 行かまし, 行かれるの, 行きなさいと, 行きましたの, 行きましたよ, 行きましょうか, 行きますが, 行きますという, 行く, 行くし, 行くそう, 行くつていふ, 行くて, 行くところ, 行くほど, 行くも, 行くより, 行くん, 行く人, 行く前, 行く序, 行く時, 行く気, 行く考え, 行こうとも, 行った, 行ったきり, 行ったころ, 行ったって, 行ったときそこ, 行ったの, 行ったよう, 行ったらどう, 行ったら元気, 行ったら昔なじみ, 行ったら読んで, 行ってから, 行っては, 行つ, 行つては, 行つてゐたら, 行つてゐる, 行つて了ふと, 行つて馬小屋の, 行切りに, 見習いに, 象狩と, 走り変じて, 走り老いた農民, 赴任し, 転任し, 転地しなけれ, 返って, 追い返すよう, 追っ返して, 退隠なされてから, 送って, 送られるの, 送られる映画, 送りたいの, 送る長い, 送ろう, 逃がして, 逃げだしたという, 逃げだすという, 逃げましょう, 逃げも, 逃げるかも, 逃げるという, 逃げ出したきり, 逃げ出してから, 逃して, 逃出し, 遊び半分といった, 運ばれ肥料, 運ばれ蓋, 運びました, 運ぶについて, 運ぶ段取り, 遠足を, 遣って, 避暑し, 避暑に, 避難あそばし, 避難する, 還す方, 還った母, 部屋がりを, 隠し次々, 隠棲する, 顔を, 養女に, 養生に, 鮎を, 鳳凰が

▼ 田舎から~ (288, 3.9%)

78 出て 8 持って 7 来て 5 帰って, 東京へ 4 上って 3 送って

2 [15件] 京都に, 元気で出掛け, 出たばかりの, 携へて, 新しい細君, 来た親戚, 来た軽部, 父母が, 私の, 老母を, 見舞に, 通勤し, 遊びに, 都会に, 飛び出して

1 [148件] かえって来る, こういう刺激, こうした掘り出された, この叔父さん, この町, こんなところ, その談, であった, でて, でも, とどいた金, はこんで, はじめて出, ぽっと出の, まだ帰っ, みっちり修業, やって来た, わざわざその, わざわざ私達, わざわざ見舞, わざわざ試験, わざわざ餅, パリーへ, ポット出の, リュックに, 上つて来, 上京した, 上洛し, 上野へ, 乞食が, 京へ, 京都見物に, 人が, 代りに, 伯母さんが, 僕の, 兄も, 充分の, 入り込んで, 出したの, 出たばかりで, 出た人, 出た女, 出た娘, 出た当時, 出た野侍, 出金, 初めて出, 初奉公, 十四で, 参つた, 叔父さんが, 叔父さんを, 取って, 口を, 同じよう, 名古屋に, 呼び迎えたの, 呼寄せられて, 喞筒を, 大きな蟹, 女房子供を, 妻子を, 始めて, 始めて来た, 姑も, 嫁が, 家へ, 小包が, 居らんよう, 帰ったばかり, 帰った翌日, 帰ってからも, 帰ると, 帰るとき, 帰る決心, 帰れるか, 年期奉公に, 徴用された, 感傷的な, 慌てて, 托けられた, 抱えて, 押しかけて, 時々野菜物, 来たこと, 来たと, 来たという, 来たので, 来たばかり, 来たばかりの, 来たほやほや中学生, 来たもの, 来た人たち, 来た友達, 来た子供, 来た為替, 来た甚助, 来た真剣, 来た近所, 来た鍛冶屋, 来てね, 来ては, 来てるこの, 来る叔母, 来る幽霊, 東京に, 東京へで, 東京を, 林檎を, 槍一本持っ, 橘次郎さんと, 正式に, 江戸の, 江戸へ, 汽車に, 沢山やって来る, 河田の, 流れて, 生れる芸, 用事の, 田畑を, 町へ, 私に, 紐育へ, 自信を, 蒼ざめた顔で, 行李を, 見つけて, 貰って, 賭客が, 足を, 転校し, 迎いの, 送るいくら, 通って, 連れ戻された血気, 道者が, 都へ, 都会へ, 鉛筆書きの, 除けて, 集めた美人, 電報で, 預ってる子, 養生に, 駆けつけた僧侶, 駈けつけて

▼ 田舎~ (265, 3.6%)

3 働いて 2 大根や, 想像し, 挙げた結婚式, 暮して, 暮すの, 百姓を, 育って, 見て

1 [246件] あんたから, いい気持ち, いって, いやな, いらっしゃッ, いろんな室, うちは, おさびしい, おもち, お前は, お嫁さん, お百姓, お育ち, かいぼりを, がらにも, これと, こんなもの, さな, しかるべき不動様, しばしば聞い, しょんぼりと, そういう実行的, その通り, たとえば錦城館, だったよ, ちょっとしたうまい, ついたもち, つくられたおり物, でしょう, とりよせるの, どろぼう, なくした着物, ね馬蹄型, のんきに, はちよつと, ひとに, ぶらぶら遊ん, みっちり養生, もてあそんだ自然界, ゆっくりと, よくいう, よく見かける, エゾ虫と, カッコウを, ゾロゾロよ, ブラブラし, ママ子を, メーデーの, 一たい誰に, 一升飯を, 一生を, 一生田舎武士の, 一緒に, 下地が, 不用に, 世を, 世話に, 京の, 人珍しい, 今まで, 代用教員などを, 似寄った甕, 何か, 何し, 何の, 何を, 作られますが, 使い馴れた言葉, 使うには, 使ひ馴れた, 働いたならば, 出来ましょうか, 出来るだけの, 出来る限り, 刺激された, 十日ばかり, 名士に, 呉服屋を, 善良な, 喰いつけて, 喰いつめた者, 国民学校に, 地味な, 埋木の, 堅く口, 売って, 大働き, 大変御, 女子師範に, 好きな, 子供の, 安全な, 客死した, 家柄も, 家買いなはったら, 家鴨に, 小学校の, 少し見捨てられ, 屋敷の, 年に, 役人を, 待つの, 御飯たきを, 息子の, 意地ぎたなをするもんですか, 懶惰に, 教員し, 文化に, 文化的な, 日に, 星の, 春から, 時たま休み, 時節を, 普通に, 暮したいと, 暮したらよい, 暮した上句, 暮しにくく, 暮しました, 暮す百姓, 暮せる, 暮らしたの, 暮らすという, 書いた一篇, 有合わせの, 朝から, 本ものの, 本当にさ, 朽ちはてて, 極く, 歎き, 死を, 死んだ方, 母に, 母の, 毎日野良仕事に, 気ままに, 気楽に, 泊ったこと, 流行に, 渦を, 漢学を, 潰れた家, 父の, 父や, 特別その, 狐や, 生まれさせたの, 生まれた長女, 生れた私, 生活した, 生煎餅, 田の, 田も, 田畑を, 田舎らしい, 畑に, 畑へ, 畠地などを, 療養生活を, 百合子の, 百姓しよう, 百姓相手に, 盛大に, 相当の, 禅を, 窮し, 第一人者たる, 籠居し, 粒違いに, 細君が, 結婚した, 結婚なさい, 絵を, 織った形見, 織った木綿もの, 美容院を, 考えたよう, 聴くこと, 肩身の, 育ちました, 育ったから, 育ったという, 育ったもの, 育った者, 育つたん, 育つた少年, 育つという, 育つ必要, 育てること, 自由に, 芝居を, 花も, 芸妓を, 芸者も, 苦しんだ金井君, 草を, 菜摘みを, 落合ふ, 藍玉売りを, 蚕室の, 蛙を, 蜂を, 見たらどんな, 見た東京役者, 見るよう, 見受けるもの, 見聞きし, 親, 親譲りの, 許す限り, 語学を, 読み本, 豚飼を, 貧しくとも, 貧しく育った, 買って, 賊に, 起った事件, 辛抱できねえだろう, 農夫の, 退屈する, 退屈だ, 通常見られる, 過ごした人, 過ごして, 過したこと, 達者で, 遣かけようと, 邂逅し, 都合ようやっとる, 金を, 釣りに, 鉄道の, 長いこと毎日独, 門口へ, 開業した, 電燈の, 静養し, 非常の, 風呂には, 食物が, 鶏が, 麦を, 麻裏草履さえ

▼ 田舎では~ (163, 2.2%)

4 今でも 2 かなりの

1 [157件] あまり歓迎, ありましたが, ありますが, ありません, あり人通り, あり月給, あるが, いまだに半, くりかえされて, こういう奴, この頃, これでも, これも, これを, こんなもの珍, こんな琵琶, さう, すっかり呆け, ずいぶんこわ持て, せいぜいおひたし, その今一つ以前, その娘, それが, それは, たとい垣根, つねに肉体的, とうてい東京, とても分らず, どうする, どうであろう, どんな些細, ないと, なおしばらく, なくて, ほんとうに, まずいろいろ, また逆さ藁, まだ児童, まだ物珍し, みなさんの, もっぱらシロ, りっぱな, アケベエキー即ち, グアイが, スズメと, テテポーポは, ナカナカそうは, ボサッカと, 一寸見た, 一廉の, 一番でも, 一里二里の, 三十年ぐらい, 上流社会に, 二十三四歳を, 五十歳と, 人に, 人は, 人間の, 今も, 以前まだ, 何よりも, 充分の, 八講の, 其の地, 出来の, 出来ません, 厩の, 受け入られそう, 古い旧友, 古風な, 可成り, 同業者, 味わうこと, 唯一人七十三歳に, 商人の, 問屋本陣の, 土地に, 地所の, 塀中門など, 塩引などは, 多久の, 夢の, 大きな囲炉裏, 大した金持, 大事件, 大饑饉, 女が, 女学校などと, 妙な, 家敷も, 尋常小学校は, 小半日も, 少ないが, 年中最も手すき, 庚申の, 建築は, 強く都会, 当然村人, 得られない静かさ, 思わしいこと, 惨な, 手紙などで, 新たに, 新聞を, 日の, 旦那衆に, 月待日待という, 東京へ, 正月と, 毎月十九日に, 毎朝毎夕炉で, 水車が, 洗濯し, 湯治の, 珍しかった, 生きて, 用いません火口箱, 田鼠の, 由緒の, 畑の, 盆踊りの, 相当に, 県会議員まで, 着る時, 石版刷の, 碧く, 私は, 種々な, 種蒔だ, 立派な, 継子の, 続いて, 縹緻の, 美しいの, 考えた事, 聞かれた事, 草も, 草苅に, 蕨の, 蛇の, 西洋物専属の, 誰が, 誰でもが, 豊かな, 貪食という, 赤児が, 運河の, 遠い所, 鎮守の, 雇う人手, 雇人は, 音楽的趣味を, 食物は, 食糧の, 駐在です, 驚くかも

▼ 田舎~ (125, 1.7%)

4 のよう 3 になっ 2 だなんて, とその, に扮, の扮装, の浪花, もあった

1 [106件] がす, ができ上がったら, がもぐっ, が乗っ, が二三人腰, が出, が埃, が幾人, が慌て這入っ, が旅客, が来た, が私, が菜, が赤い, が鎌, さうし, じゃあるまい, じゃない, だが, だったが, だってまだ, であるが, であること, であるならなおさら, であれ女, でこの, でござる, です, ですから, ですが, でどこ, でゐた, で北野家, で御座いました, で決して, で泣き, という, というの, とくらべ, として年頃, として描かれ, と一緒, と床, などとでも言ったら, などを貰う, にし, になり切れなかった, にはそんな, には見た, にモシモシ, に似, に似た, に至る, に逢った, に飽くまでも, のこしらえ, のやう, の事, の刺客, の単純, の女中, の姨見舞, の彼女, の意気, の手前, の村, の熱情, の白い, の稚, の素樸, の細そり, の肩, の表徴, の言草, の調戯半分, の赤い, の集まり, の顔, の黒い, はとうとう, は一軒, は今日, は何, は立ちどころに, は笑った, は辺り, は顔, ほどやさしい, も見えなかった, や女中, らしいところ, らしい女中, らしい調子, らしくがっしり, をたぶらかし, をだまし, をばどう, を一人携帯, を坐らせ, を女中, を彼, を御覧, を愛した, を手懐けさせよう, を相手, を見出し

▼ 田舎~ (124, 1.7%)

2 うるさい, 厭だ, 堅いから, 無論御存じ, 田舎だけに, 田舎らしい

1 [112件] あの下総, いいよ, いけない, いったいどんなに見えるだろう, いつも変つて, いつも長閑, おいや, おっかねえ, おれに, かう言ふ育, かしわ餅を, きらいだ, こう言う, こりご, これが, これだけ, さも田舎, そうな, そこへ, それだ, そんなに劇, ただのんき, だめだ, つまらんでしょう, とてもむずかしい, どうだった, どこ, どこで, どこでございましょう, どこです, どこも, のんきです, のん気, ふたたび淋しく, ほぼ一円, まどろんで, もちろんの, もとより都会, もとより金, やぶへ, よい, よいなあと, わからないし, ゴーリキイの, ドニエープル河の, 一二年は, 一体である, 万事が, 下総です, 不自由ぢや, 二時間位ひで行かれる, 人に, 人気が, 何でも, 何と, 別に何, 厭じゃ, 厭な, 唯, 堅いと, 堅え, 変化が, 大嫌, 天然自然を, 嫌いだ, 存外猥褻, 安心し, 寂しいとか, 寂しくは, 富みも, 少しも, 山奥の, 平和で, 律義で, 性に, 悒欝しくっ, 放楽, 是だけが, 時間と, 有が, 案外に, 楽しくにぎやか, 様々やら, 気持が, 淋しい, 煙ったくて, 熱病の, 田舎で, 田舎としての, 田舎なみに, 田舎なりに, 知らない, 秋晴拭う, 空想のちからを, 算数の, 胴体であり, 臓腑では, 自ら作っ, 蒼蠅いからね, 親切だ, 親切でございます, 豊かである, 賑やかでございます, 遠い東北, 都会と, 都会に, 都会よりも, 醤油が, 金が, 長閑である, 静かで, 駄目です

▼ 田舎~ (121, 1.6%)

6 歩いて

2 [12件] あるいて, おそれる, 出て, 嫌って, 廻って, 愛すれども, 感じた, 散歩する, 旅行し, 歩き回った, 見て, 飛びだしてから

1 [91件] あるいた, あるくと, あるく人, いそぎ美濃, がた馬車で, きらうの, たよりに, はじめて出, まはる, まわった義父, まわって, 今も, 出ようと, 出入した, 出発した, 占領し, 取材に, 場面と, 好むが, 嫌ったり, 寂しがりまし, 引き払って, 引払って, 後に, 後に都上り, 従者七八名と共に, 御巡検, 心に, 思ふと, 恋うばかり, 恋しがっ, 恐る, 愛し土, 慕ふ, 懐しがった, 手頼りに, 打って, 打棄, 持ち歩行, 捨てて, 搬んで, 放浪し, 散歩した, 旅し, 旅したら, 旅します, 旅を, 旅行した, 旅行する, 東京に, 歩き廻って, 歩き廻つて, 歩き廻ること, 求めなければ, 潰す日, 現し松, 田舎に, 発つて, 知って, 知らないからじゃ, 突っ走ったのみ, 繋ぐ愛, 考えられたらもっとも, 考えるけれど, 荒し廻るからね, 見た, 見られる事, 見るに, 見るの, 言葉を, 訪ねるとき, 訪れその, 設定しなけれ, 走ると, 軽く云, 辞めて, 逃げた私, 逃げ廻るん, 通って, 通ると, 造り人間, 遊んで, 都に, 離れて, 離れ剣, 頼るやら, 飛びだした男, 飛びだして, 飛びだし北九州, 食ふ, 騒がして

▼ 田舎には~ (92, 1.3%)

5 珍らしい 2 残って, 田舎の

1 [83件] あったの, あるもん, いくらか残っ, いつた山, いないと, お前さませめて, かえって来やせん, じっとし, そんなに大きい, たくさんは, ちっとも甘く, ない新, なお残っ, のこって, また人工的, また赤子石, まだ伝わっ, まだ医療, まだ色々の, まだ行われ, めずらしいいい娘, めずらしいハイカラ, めづらしい, もっと不可思議, やはり古い, ノーツキホーホと, モッタイない, ロマンチツクが, 中, 今でも, 今なお, 今も, 伝わって, 伯父さんや, 住みつけない, 何も, 何処にも, 何百軒という, 余りいないよう, 刈入の, 及ばなかった, 合祀前どの, 堂を, 多くことに, 夜通し起き, 大豆だの, 大阪毎日を, 存外に, 小鳥でも, 山羊を, 年とった, 思いがけないこと, 恐ろしくがん, 文化が, 有るもの, 正式に, 此様な, 母親と, 沢山ねえ, 油虫が, 満員電車の, 滅多にない, 滅多に無い, 火吹竹の, 無い, 珍しいほど, 珍しいもの, 珍しいダリヤ, 珍らしき, 百姓や, 盆踊りという, 稀な, 笹飴は, 系統の, 自然の, 苅入の, 荒物屋が, 落したくない, 蛇の, 親類も, 豪農や, 近世は, 黒石という

▼ 田舎~ (77, 1.0%)

2 の家, の生活, の赤い

1 [71件] でなく上流, ではあった, ではある, で明るくなし, で野暮, なこと, なところ, なにく, なヒューモレスク, な大きい, な庭, な律義さ, な性質, な手料理, な挨拶, な浅黄, な物置小屋, な犬, な皮, な連中, な都会, な風呂, な黒塗り, に, になっ, にポツンポツン, に慇懃, に挨拶, に洒落た, に無, に真赤, に着飾っ, に而, に聞こえる, に菓子箱, に見える, に運動遊戯, に青い, のお, のしま, のそまつ, のぬけない, のやぼ, のゆたかさ, のよく, の俳句横行, の古めかしい, の土間, の士気, の大きい, の女, の屋, の屋造, の広い, の強い, の律儀, の御馳走, の染んだ, の温泉, の炉辺, の煤, の男女, の空気, の策略, の箪笥, の節廻し, の紳士, の老, の質朴, の魂, を取入れた

▼ 田舎~ (60, 0.8%)

4 の青年 3 の女中 2 の人, の人々, の小娘, の文士, の若者

1 [43件] だからと, だが, だという, でそういう, のごく, のしかも, のま, のもの, のアカデミー会員, の一学者, の一老爺, の下女, の侍, の修行者ずれ, の働き者, の匹夫, の奉行, の女中一人, の娘さんたち, の娘たち, の婆, の学士, の客, の家庭教師, の小冠者, の小者, の少年, の少年少女, の役人, の書生, の様子, の素人, の老人, の芋, の若, の若旦那, の血色, の諸君, の議員, の貧乏人, の迷信家, の酌婦, らしい女中

▼ 田舎でも~ (54, 0.7%)

2 人の, 山の

1 [50件] あつらえでなくっちゃあ, あまり珍しい, ありかた, あること, かなりな, この頃, これでも, こんな境遇, しかたが, しっかり仕, そうだ, その話, それを, なく田舎, よくいっ, 一ヶ二円よ, 三輪車が, 些と, 人が, 余り蛇, 充分できる, 出来ますね, 四十何年か, 四囲の, 夏の, 客なれ, 家庭の, 手に, 旅行し, 旧家が, 朝飯は, 東京でも, 格式を, 樹木の, 流行だ, 流行り出して, 煮物は, 用いて, 皆知, 砂糖は, 素人芝居の, 自分の, 落ちつく気, 蛇は, 見ること, 軍の, 都市でも, 野原へなど, 金もちが, 長く置い

▼ 田舎~ (53, 0.7%)

1 [53件] がかくかく, がかわるがわる, がさしまねく, がなん, がやって来, がコロコロ, が分, が参っ, が彼, が歴々, が都会, じゃねえ, だから, であった, であったという, でありますから, である, でいい, でござっ, で世間, で九重, で気に入らぬ, で西洋料理, とは大, などに姿, などの眼, にあんな, になっ, に一泡, に何, に子どもあしらい, に腕, に荒らされた, のよう, の一団, の主人自慢, の手, の板場, の権官ら, の碁天狗, の跋扈, の野暮, の間, は厭, は大, は嫌い, は無粋, やお, をば, をぶん殴っ, を甘んぜん, を装った, 多くこの

▼ 田舎らしい~ (43, 0.6%)

2 感じを, 茅葺の, 閨の

1 [37件] たまらないもの, ところが, ところは, なつかしみ, のびのびした, のよ, クリスマスの, 事は, 停車場を, 催し事を, 処だ, 単純と, 卯の花垣などが, 基督降誕祭に, 女や, 好条件が, 学生服学生帽スポーツずき, 小さな駅, 感じが, 所です, 方面が, 暗ずんだ, 田舎へ, 穏かな, 純粋の, 緑の, 荒っぽさ, 話を, 質素な, 赤瓦の, 趣を, 面が, 頓間な, 顔で, 風情が, 風聞が, 鳥料理など

▼ 田舎もの~ (41, 0.6%)

1 [41件] が宜, が宿, が神田, が第, が米, じゃおい, だ, だって云うだろう, だと, でございますさ, でね, でも, と言われよう, などを煙, にこの, にとつて, になった, には日ごと, には第, のお里, のこと, のずぶと, の参宮, の女共, の庸三, の方, の気概, の狼狽, の老爺, の虚栄心, の言葉, の財布, の風, は嫌い, ばかりこの, ばかりの群衆, まで交っ, もあらざりき, も実に, を威嚇かす, 取扱に

▼ 田舎~ (39, 0.5%)

2 好きだ, 恋しくなる

1 [35件] あったの, あるだけでも, いいだろう, いいと, いいら, いつまでも, いやだ, すきでしょう, だんだんに, ない, なつかしい, マグロを, ローマの, 与える新鮮, 保存され, 勝ち誇る時, 厭だ, 四色で, 多くとりわけ, 大阪の, 好いの, 好えナ, 好きであった, 好きよ, 嫌いだ, 延びて, 思い出されて, 拭う, 東京には, 突然彼, 衰微し, 車窓の, 退屈だ, 適して, 馬鹿臭くなる

▼ 田舎~ (39, 0.5%)

2

1 [37件] いいと, いまは, いや田舎人も, おしなべて電光化, これだ, それは, のどかで, のめ河野, のらが, ましば, やっぱり争闘, ようあります, 万更野暮じゃ, 下総です, 伊勢であった, 伯ッ様の, 住みよく, 冬の, 同じこと, 土の, 好いが, 山の, 年々人手が, 文明に, 春だろう, 海も, 照らす, 田舎そりゃ, 田舎だ, 田舎行きどまりの, 稀には, 自然の, 街も, 貴下草深と, 都会も, 雨にて, 面白いこと

▼ 田舎廻り~ (39, 0.5%)

6 をし 2 の奔走, の寄席芸人

1 [29件] でひどい, ならとにかく, にしか過ぎなかった, にもしろ, のがたがた汽車, のため, のドサ真打, の一座, の剣術, の安, の彫物師, の役者, の手品師, の支線, の政治家, の旅役者, の旅絵師, の旧, の曲馬団員, の汽車, の猿使い, の米, の絵描き, の興行師, の舞台, の角力, は牛刀, をすれ, 乞食芝居の

▼ 田舎にも~ (38, 0.5%)

2 退屈し

1 [36件] ああいう, あった, あまり帰りたがらず, ある, あるか, あるよう, あれば, あんな人, おり終せない自分, この不良少女, こんなに人間, こんな不良少年, こんな立派, そう云う, そんなに無い, ときどきに, なくなって, もう一つ, よりけりだ, 一人位は, 中, 五百円送つ, 以前は, 入りこんで, 多くなり, 多く只, 小学校は, 小麦の, 未開国, 来て, 気づいて, 無数に, 珍しきまで, 生える数珠子玉, 虫ケラが, 見かけるよう

▼ 田舎~ (36, 0.5%)

2 がそこ, な

1 [32件] から, からという理由, からな, からネ, からモスコウ, から万事東京, から少し, から格好, から目, かわからなくなっ, がなに, が来, が祖母, が空気, が耒陽県, けれども良い, そうだ, つたのである, つて, つてほんとうは, という伯父, と思った, と見下した, と言った, なア, な身内, ね, ね鍬, もんだ, アから, ツた, 町ながら

▼ 田舎~ (35, 0.5%)

1 [35件] が京都, が東京, が漸く, が自分, が通る, でありました, との比較, との趣味嗜好, にとり, になっ, のさ, のつき, のよう, のピクニツク, の口, の多く着手, の心, の炉辺, の生活, の眼, の罪, の考える, の見たる, の訛声, はより, はわらじがけ, は大概自分, は宝競べ, は楽天的, は都会人, ばかりのいる, もきらい, も彼女, をも実隆, を訛

▼ 田舎言葉~ (35, 0.5%)

2 で, で字, になっ

1 [29件] から転化, がなつかしく, が出る, が声高, さえ何ん, たとえば, でいいました, でお喋り, でやり出した, で密, で浅野さん, で見ちがえる, で言っ, で越後亀田在, の, のま, のゴツゴツ, はこつち, は十, は止め, まる出し, も出なかった, をベロ, を丸出し, を急い, を書い, を書く, を真似, を笑われ

▼ 田舎育ち~ (34, 0.5%)

2 の者

1 [32件] だから, だけに大きい, でありそこ, でございますから, でも今, でも名主, とは云え, なら知って, にて体, のおどり, のため, の一人娘, の下婢, の人, の人ゆえ, の土女共, の娘, の子供, の少女, の少年, の少年少女, の山出し女, の御, の武骨者ゆえ, の無骨者, の父母, の犬, の若い, の通人, の野暮, の野郎, の青年

▼ 田舎~ (31, 0.4%)

2

1 [29件] が都会, だと, っ, っと彼, では食物, で外道面, で小力, で年, で最初, と見えたる, に多し, に征服, に還った, に限ツ, のいう, のかくれ, のこと, のよう, の上, の京, の住居, の卑吝, の愚直, の正直, の癖, はいつも, はどうか, よ, 何ぞ其様

▼ 田舎武士~ (30, 0.4%)

1 [30件] が, が御, が郷里, が鉄砲, で朽ち終っ, で様子, と云っ, と見, などに娘, などに嫁がせ, にすこし, にて候, に作っ, に扮, に返歌, の一群, の兄弟ふたり, の師範, の心, の我武者共, の背, の金碗大輔, の間, はそう, はでんぐり返っ, は安政乙卯, は無作法, は邪魔, や酒気, をなぶるらしい

▼ 田舎~ (27, 0.4%)

7 を歩い

1 [20件] ではある, に行き, に降りる, のこと, の方, はまがりくねり, は仄, は右手, らしくてよ, らしく見せて, をきかかります, をこんな, をどこ, をよく, をド, を一つ, を三里あまり, を引い, を旅行, を日本

▼ 田舎~ (25, 0.3%)

4 いっても 2 東京との

1 [19件] いえば, いはず, いふと, その頃, ちがい都, ちがって, ちゃんぽんに, どちらが, どちらに, 云っても, 云つたつ, 同じよう, 実によく調和, 江戸前とは, 異って, 街とで, 謂っても, 都会とでは, 都会との

▼ 田舎~ (23, 0.3%)

1 [23件] がさだめし, が初めて, だと, であり粗野, でもおとなしく, でも芸者衆, とその, と結婚, になり, に恋われ, のわたくし, の一人一人, の亭主, の櫛, の重々しい, の野性, の風, はただ, は駅馬車, めいた姿, も子供, も観察的, を若い衆

▼ 田舎芝居~ (23, 0.3%)

2 の書割, の楽屋

1 [19件] が演ぜられた, だから, でも一瞥, で散々愚弄, で毎日, とはいっ, に対応, の与一, の二枚目, の仲の町, の女形, の小道屋, の悪役, の新派, の盲景清, の責場, をみた, を見, を観た

▼ 田舎くさい~ (22, 0.3%)

1 [22件] いやに, お武家, がね, だけだ, と思っ, ねえ, のだろう, のろまな, まさしく百姓姿, ドイツ人夫婦が, レファインされない, ヴァイオリンの, 小女に, 感じは, 文学青年の, 新宿に, 柄あいだ, 正直な, 素朴な, 表現あり, 鈍重を, 馬鹿である

▼ 田舎紳士~ (22, 0.3%)

1 [22件] が人前, が何者, が穀物, だったの, であつ, ともつかない, と云う, の利益, の奥様, の帯, の気取り, の真実, の腹心, の間, の饒舌, は宿場, は横, は穀物, は穀物輸入禁止, は製造業, も泣いた, をきらい

▼ 田舎臭い~ (22, 0.3%)

3 ところが 2 ものと

1 [17件] といつ, ところに, ところも, のを, ものである, ものに, 円顔に, 処であった, 四十年配の, 女が, 娘であった, 感じを, 本質を, 束髪を, 熨斗紙が, 白粉を, 真黒な

▼ 田舎まわり~ (21, 0.3%)

2 をし

1 [19件] というところ, と思われる, のホボ, の万歳芝居, の乞食絵かき, の因果物みたい, の大阪役者, の宝船団, の小間物屋, の役人, の役者, の新聞記者, の旅役者, の絵描き, の芝居, の角力, の話同様, の電車, の馬の脚

▼ 田舎訛り~ (21, 0.3%)

1 [21件] がすっかり, が大分除, が少し, でこちら, で口走つた, で喋舌, なので, にいつか彼女, にはかねがね, に悩ん, のある, のベエベエ詞, の小女, の琉球語, の発音, の言葉, の高, を加え, を強く, を改めなかった, を非常

▼ 田舎豪傑~ (21, 0.3%)

2 たるところ, の政宗

1 [17件] が選んだ, たる彼, だけの智恵, であった, であったの, である, ではない, には分らない, には分らなかった, にもウヌボレ, のウヌボレ, の域, の狼狽ぶり, の目, の眼力, は二三年, 思ひも

▼ 田舎住居~ (20, 0.3%)

1 [20件] がしたい, で私, で過ごした, とはなつた, などはする, にし, のお蔭, のその, のつれづれ, の富人, の後, の御蔭, の絵師, は出来ぬ, は斯様, も好い, をはじめた, を見, 又市, 多少は

▼ 田舎めいた~ (19, 0.3%)

1 [19件] ことであった, その顔, 何の, 口実で, 商家の, 岩窟の, 心に, 景色を, 歌詞を, 煙の, 縁の, 臙脂の, 質素な, 赤地に, 趣味が, 野趣に, 顫震音が, 風情の, 駄菓子店が

▼ 田舎医者~ (19, 0.3%)

2 に恋する

1 [17件] あやしげ, がそこ, じゃない, としての彼, に言わせる, の中, の代診, の待合室みたい, の物語, の細君, の言う, の集金人, は云った, は四肢, は恰度, は患者, は維新

▼ 田舎へでも~ (18, 0.2%)

1 [18件] いって, やらずかと, 何でも, 帰ったらどう, 帰って, 帰るよう, 引込みたいと, 引込むか, 引込め, 往こうか, 御帰り, 旅行する, 知れて, 移して, 行かないと, 行って, 退いて, 逃げたが

▼ 田舎暮し~ (18, 0.2%)

2 の時分

1 [16件] からみたら, だから, でそこ, では気がかり, では雑誌, で何, には智慧, のお蔭, のや, のよう, の中, はたえられない, もその, も出来ない, をする, を同情的

▼ 田舎気質~ (18, 0.2%)

2 の婆さま, の律義

1 [14件] で仁左衛門さん, とは云い, のおし, のもの, の叔母さん, の叔母ゆえ, の固い, の婆さん, の正直, の母様, の結構, の義, の赫, を保つ

▼ 田舎料理~ (16, 0.2%)

2 の庖丁

1 [14件] が大, でございますが, ですが, ではまあ, でノルマンディ, なんぞお, にはなく, はたたき, をすすめ, をつついた, を一度, を御馳走, を盛ん, を達引

▼ 田舎生活~ (16, 0.2%)

2 を引きあげ

1 [14件] から附き, に同化, に響いた, に飽い, のもっ, の一定, の単調, の安定法, の実況, の淋しい, の間, の静和, を安価, を紛らせる

▼ 田舎です~ (15, 0.2%)

3 からね 21 から, からすぐ, からそれ, からどう, から何, と今頃, なにも, もの, わ, ア

▼ 田舎~ (15, 0.2%)

2 には惜しい, の坊主

1 [11件] だ, で大黒, に住職, に隠れた, のお, のちょっと, の変った, の小さい, の屋根, の役僧, を見た

▼ 田舎政治家~ (15, 0.2%)

2 とでも称する, の親分

1 [11件] があつ, が眼, だったから, とが円い, の演説みたい, の煽動演説, はくすぐつたさうな表情, は立ち上, は素直, は頭, や土地

▼ 田舎源氏~ (15, 0.2%)

2 の一件, の男女

1 [11件] かな, とかにもあります, の, のこしらえ, の光氏, の光氏式, の挿絵, の殿様, の画, は大奥, を一枚一枚

▼ 田舎じゃ~ (14, 0.2%)

1 [14件] ありませんよ, あれで, あんまり遠い, どうしてあんな, どうも売りきれねえ, ない, ないか, アアンマに, ア少, ア持主の, 何物も, 娘たちが, 押しも, 終戦の

▼ 田舎まで~ (14, 0.2%)

1 [14件] やって来て, 伴れ, 何もて, 出掛けると, 同じ行事, 妙な, 尋ねて, 私を, 行つた, 訪ねて, 迎えに, 追究し, 運ばれるに, 遣って

▼ 田舎~ (14, 0.2%)

2 の羽織

1 [12件] が気, が織られた, になっ, の前, の手織物, の着物, の糸, の綿入れ, の縞目, を着, を着ず, を知人

▼ 田舎教師~ (13, 0.2%)

1 [13件] がトポーロフ, が東京, としてこの, としての私, の三吉, の勤め, の妻, の家, の生活, の言葉, の身, はそういう, をし

▼ 田舎新聞~ (13, 0.2%)

1 [13件] でも維持, にときどき, にひとり, に執った, に投書, に隠れた, の新年号, の続き物, の記者, は彼, へ追いやられる, を出し, を取っ

▼ 田舎での~ (12, 0.2%)

3 婚礼準備 2 不思議な 1 不用意な, 出来事だ, 女の, 御生活, 最も不都合, 私の, 立場の

▼ 田舎~ (12, 0.2%)

1 [12件] がない, が出ない, ではじめた, で互に, で言っ, の声, の大きな, の混, の能弁, を交え, を出し, を朋輩

▼ 田舎通人~ (12, 0.2%)

1 [12件] いつもながら, が巧妙, と虎, にし, には分るまい, ぬけ目, のボンクラめ, の域, の愚論, の極意, はニヤリ, を睨みつけた

▼ 田舎からの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ポット出だ, 仕送りが, 入湯客は, 到来物だ, 参宮者も, 手紙の, 母親の, 湯治客らしい, 父親の, 珍客を, 細い仕送り

▼ 田舎芸者~ (11, 0.1%)

2 が一人, なんて 1 にする, に買, のこと, のモホー, の出稼ぎ, の福松, を妾

▼ 田舎にでも~ (10, 0.1%)

2 引込んで 1 ありそう, ゆこうかと, 住めば, 匿れ, 草庵を, 行ったり, 行つて迷子に, 電燈と

▼ 田舎へは~ (10, 0.1%)

1 帰らねば, 彼は, 持ち込まれたの, 来ないだろう, 来なかったの, 行かない教師, 行かない東京, 行かぬと, 行きたくないとか, 送られない

▼ 田舎~ (9, 0.1%)

2 んだ 1 のです, のでそれ, のねえ, の汽車, もんです, んざ一人勝手から, んです

▼ 田舎なまり~ (9, 0.1%)

1 かもしれない, が現れる, では話, では適用, のある, の割合, の語尾, を其儘, を出し

▼ 田舎武者~ (9, 0.1%)

1 です, にはさも, にはちがい, のどう, の智識, の風, の高徳, はまだ, よ

▼ 田舎相撲~ (9, 0.1%)

3 のよう 1 でも立派, とも思われない, の心得, の方, の関取株, らしい総身

▼ 田舎臭く~ (9, 0.1%)

1 さえ見える, てね, て垢, て小料理屋, ない優雅, ない気, なったもの, はある, 成った

▼ 田舎じみた~ (8, 0.1%)

1 今の, 子守歌を, 小川です, 景色や, 男女が, 衣しようの, 道の, 風体を

▼ 田舎への~ (8, 0.1%)

2 おみやげを 1 お土産, 土産に, 土産にとて, 土産の, 埋れよう, 汽車を

▼ 田舎~ (8, 0.1%)

2 山の, 山へ 1 または町, 海べに, 耕す田地, 離島には

▼ 田舎~ (8, 0.1%)

3 たらいを 2 たらいという, たらいは 1 たらいであったろう

▼ 田舎暮らし~ (8, 0.1%)

1 のや, の惨めさ, の芋食い武士, の質素, はどんなに, よ, をし, をする

▼ 田舎書生~ (8, 0.1%)

2 であった 1 が驚嘆, だつたこと, の厄介者, の心, の自分, はここ

▼ 田舎生れ~ (8, 0.1%)

1 だが, です, ではありません, の女, の山, の正直者, の蛮カラ, の鯨ゆえ

▼ 田舎田舎~ (8, 0.1%)

2 したもの 1 したすし, した好み, した婚礼馬, した紅入り友染, した部落, するの

▼ 田舎饅頭~ (8, 0.1%)

1 からは湯気, が一つ, その黒砂糖, でも買っ, なん, やら, を買い, を買っ

▼ 田舎した~ (7, 0.1%)

1 すしやに, ものだ, ものの, 好みの, 婚礼馬の, 紅入り友染の, 部落と

▼ 田舎という~ (7, 0.1%)

1 ことだ, ところは, のは, ものは, ものを, 山科郷の, 感じが

▼ 田舎とは~ (7, 0.1%)

1 いやな, 云え勿論, 人間生活の, 全く違います, 全く違ってる, 申しましても, 違つて

▼ 田舎において~ (7, 0.1%)

1 ある種, かかる祖先伝来, そうである, 名望ある, 家から, 従来計算された, 来たつもり

▼ 田舎もん~ (7, 0.1%)

1 がどう, だから, に変装, ねあちら, の相場師, は仕様, 結構よ

▼ 田舎らしく~ (7, 0.1%)

1 せまい日常, はし, もない, 又何となく, 天井が, 扇子に, 造花の

▼ 田舎宿~ (7, 0.1%)

1 で上り端, には電話, に二日, のくせ, の勝手元, の様子, の趣

▼ 田舎行き~ (7, 0.1%)

1 となる, の汽車, の話, はよく, は如何, もお, を志望

▼ 田舎だって~ (6, 0.1%)

1 この頃, もうこうした, やり切れない, 人は, 出来るからね, 山奥だって

▼ 田舎っぽい~ (6, 0.1%)

1 けれども堂々, のも, ものだった, バスが, 名が, 日に

▼ 田舎なら~ (6, 0.1%)

1 ばその, ば田舎, よう来ないだろう, 木の根や, 狐が, 米の

▼ 田舎における~ (6, 0.1%)

2 貴族 1 トーキーは, 生活の, 農民の, 静穏な

▼ 田舎住い~ (6, 0.1%)

1 が子女, ですが, でも幸福, の私, をし, を厭う

▼ 田舎~ (6, 0.1%)

1 が病棟, で葡萄, の中, の前, を借り, を圧する

▼ 田舎芸妓~ (6, 0.1%)

1 でも揚げ, に三百両, に出しぬかれた, に御布施, のボロ, の調子はずれ

▼ 田舎~ (6, 0.1%)

1 で, である, の其, の眺め, への踏切, を行乞

▼ 田舎くさく~ (5, 0.1%)

1 はなかっ, 真四角に, 稠密な, 赤っぽい, 頬は

▼ 田舎であった~ (5, 0.1%)

1 がけれども, が私, ことを, しまた, 土地を

▼ 田舎ふう~ (5, 0.1%)

1 な古い, のダブルカラ, の優雅さ, の紳士, をし

▼ 田舎めい~ (5, 0.1%)

2 て面白かっ 1 てなんぞいない, てゐる, て陰気

▼ 田舎より~ (5, 0.1%)

1 その子, 不愉快な, 来て, 江戸の, 登候ハバ其節差上可

▼ 田舎よりも~ (5, 0.1%)

1 さらに詩的, 却つて市街で, 東京がい, 生存競争が, 都会に

▼ 田舎~ (5, 0.1%)

4 ひを 1 なま

▼ 田舎初段~ (5, 0.1%)

2 に井目 1 がとこ指しまんが, に三目ぐらゐで, の腕前

▼ 田舎~ (5, 0.1%)

1 である, といえ, ながら, にひき籠っ, の一つ

▼ 田舎大工~ (5, 0.1%)

1 が作つて, に普請, の半之丞, の原始的, の無

▼ 田舎~ (5, 0.1%)

1 が口, に相違, のため, の粗暴, は険しい

▼ 田舎~ (5, 0.1%)

2 が現出 1 である, のその, へ里子

▼ 田舎~ (5, 0.1%)

1 のよう, の加持, は世界, を愛する, 然と

▼ 田舎~ (5, 0.1%)

1 には彼, の仕度, の或, の話, までいるでしょう

▼ 田舎親爺~ (5, 0.1%)

1 だ, だからと, にもただならぬ, のよう, の大

▼ 田舎青年~ (5, 0.1%)

2 の素朴さ 1 だつた, であった余, にすぎない

▼ 田舎ぐらし~ (4, 0.1%)

1 で制服, に隠遁, に飽い, の用意

▼ 田舎じみ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ております, て居る, て来た

▼ 田舎~ (4, 0.1%)

1 いさんで, やから, やない, や食

▼ 田舎である~ (4, 0.1%)

1 から半, が両親, が村医者, 一つの

▼ 田舎との~ (4, 0.1%)

1 まざり合つた調子, 中間の, 話し合いも, 関係そこに

▼ 田舎などでは~ (4, 0.1%)

1 えら厳まし, それでこの, どうかする, 今でも

▼ 田舎などに~ (4, 0.1%)

1 今日民俗芸術として, 移り住んだせゐで, 行くと, 身を

▼ 田舎にまで~ (4, 0.1%)

1 おいで, 毒を, 聞えて, 聞こえたもの

▼ 田舎~ (4, 0.1%)

3 はりの 1 はりし

▼ 田舎みそ~ (4, 0.1%)

1 がよい, なんていう, の四種, を用い

▼ 田舎みち~ (4, 0.1%)

2 の両側 1 に馴れ, を歩い

▼ 田舎医師~ (4, 0.1%)

1 となった, の家, の言葉, へ通

▼ 田舎大名~ (4, 0.1%)

1 が茶, の大膳正, の若党勤め, 恐れるこたアねえや

▼ 田舎大尽~ (4, 0.1%)

1 が受け出した, に酒肴, のあくどい, の如く

▼ 田舎少年~ (4, 0.1%)

1 でしかなかっ, のまんなか, の柴, の目

▼ 田舎屋敷~ (4, 0.1%)

1 でのこと, での出来事, の庭, へ通じる

▼ 田舎弁護士~ (4, 0.1%)

1 が大統領, でぴいぴい, で齷齪, をし

▼ 田舎~ (4, 0.1%)

1 だと, であるが, とした, な婢僕

▼ 田舎染み~ (4, 0.1%)

1 てもおらぬ, て口, て見えました, て見える

▼ 田舎~ (4, 0.1%)

1 がおお, が仮り, では化け, は先年

▼ 田舎稼ぎ~ (4, 0.1%)

1 の, の浪人, をする, を致します

▼ 田舎者扱い~ (4, 0.1%)

1 さる, されて, するところ, にします

▼ 田舎~ (4, 0.1%)

2 はうまい 1 がうまい, を御馳走

▼ 田舎おやじ~ (3, 0.0%)

1 に用, の風体, らしい塔

▼ 田舎だけに~ (3, 0.0%)

1 古風な, 声繕いし, 邸内の

▼ 田舎~ (3, 0.0%)

1 ぺえには, ぺが, ぺやがな

▼ 田舎づくり~ (3, 0.0%)

1 と違っ, の二階, の建物

▼ 田舎でこそ~ (3, 0.0%)

1 お梅さん, 押しも, 知人の

▼ 田舎とでは~ (3, 0.0%)

1 わずかな, 家敷という, 甚だ相違

▼ 田舎ながら~ (3, 0.0%)

1 ドウヤラコウヤラ形だけは, 手に, 老練な

▼ 田舎なんぞ~ (3, 0.0%)

2 では 1 で大

▼ 田舎にのみ~ (3, 0.0%)

1 ひき籠って, 残って, 生い立って

▼ 田舎へも~ (3, 0.0%)

1 しばらくは, 入って, 聞えて

▼ 田舎めく~ (3, 0.0%)

1 がもともと, が素朴, 旅の

▼ 田舎よりは~ (3, 0.0%)

1 いくらか遅い, 大きいの, 情操の

▼ 田舎~ (3, 0.0%)

1 ぽい小間使い風, ぽうと, ぽうの

▼ 田舎ッペイ~ (3, 0.0%)

1 だったの, のオタツ, はヌル湯好き

▼ 田舎ホテル~ (3, 0.0%)

1 とは余, と云う, へ行った

▼ 田舎丸出し~ (3, 0.0%)

1 の十八, の女中たち, の越後女

▼ 田舎住まい~ (3, 0.0%)

1 の弟ぎみ, をした, を長く

▼ 田舎~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 田舎地方~ (3, 0.0%)

1 では慈悲心, の処置, の婦人

▼ 田舎~ (3, 0.0%)

1 いともさわやか, であたり, で饒舌

▼ 田舎役人~ (3, 0.0%)

1 でも日本左衛門, の県知事, らしい権柄

▼ 田舎役者~ (3, 0.0%)

1 が芸, ではある, の一行

▼ 田舎~ (3, 0.0%)

1 のいたずら, の摂生法, の野卑

▼ 田舎策師~ (3, 0.0%)

2 の政宗 1 だから

▼ 田舎絵師~ (3, 0.0%)

1 ですが, としての伝手, の書いた

▼ 田舎老爺~ (3, 0.0%)

1 ではお, としてのこしらえ, もこの

▼ 田舎者丸出し~ (3, 0.0%)

1 で見る, の一青年, の着物姿

▼ 田舎茶屋~ (3, 0.0%)

1 で江戸, の亭主, へでも売り飛ばそう

▼ 田舎落ち~ (3, 0.0%)

1 した, でもし, をし

▼ 田舎角力~ (3, 0.0%)

1 くらいちがっ, であっては, で名

▼ 田舎語部~ (3, 0.0%)

3 の老女

▼ 田舎馬車~ (3, 0.0%)

2 の中 1 や荷馬車

▼ 田舎あたり~ (2, 0.0%)

1 で見, の金持ち

▼ 田舎からも~ (2, 0.0%)

1 東京に, 極安ものを

▼ 田舎くさ~ (2, 0.0%)

1 さが, さの

▼ 田舎ざむらい~ (2, 0.0%)

1 にすわりこまれ, を恥

▼ 田舎ずまい~ (2, 0.0%)

1 の世間知らず, は一銭銅貨

▼ 田舎そだち~ (2, 0.0%)

1 にて, の方々

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 くさいもの, ペイは

▼ 田舎っぽく~ (2, 0.0%)

1 海老茶色に, 陽気な

▼ 田舎であり~ (2, 0.0%)

1 ながら狭い小さい, 農奴から

▼ 田舎でさえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 千両や

▼ 田舎とを~ (2, 0.0%)

1 兼ねたる文明的混血児, 比べ事毎

▼ 田舎などには~ (2, 0.0%)

1 あれが, 滞在出来ぬ

▼ 田舎などを~ (2, 0.0%)

1 ノソ, ノソノソと

▼ 田舎なれ~ (2, 0.0%)

2 ど会堂

▼ 田舎にて~ (2, 0.0%)

1 好事なる, 昔なれ

▼ 田舎にばかり~ (2, 0.0%)

1 ゐる人, 日を

▼ 田舎へか~ (2, 0.0%)

1 へすなんて, へり海

▼ 田舎へまでも~ (2, 0.0%)

1 拡がった, 行き渡って

▼ 田舎まる~ (2, 0.0%)

1 だしの, 出しの

▼ 田舎らしき~ (2, 0.0%)

1 が笑止, 外面を

▼ 田舎ザムライ~ (2, 0.0%)

1 はヨダレ, も何がな

▼ 田舎ダンディ~ (2, 0.0%)

1 そんな感じ, と誤解

▼ 田舎ツペ~ (2, 0.0%)

1 だとか, の青年

▼ 田舎下り~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 田舎二三春~ (2, 0.0%)

1 っていや, と事

▼ 田舎人たち~ (2, 0.0%)

1 が築地, は春秋

▼ 田舎僧侶~ (2, 0.0%)

1 だった, の方

▼ 田舎出来~ (2, 0.0%)

1 で沢山, の酒

▼ 田舎出身~ (2, 0.0%)

1 の兵隊, の大

▼ 田舎剣術~ (2, 0.0%)

1 いわばなんらの, だ

▼ 田舎味噌~ (2, 0.0%)

1 のおいし, は摺鉢

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 に一蹴, に聴

▼ 田舎坊主~ (2, 0.0%)

1 が地獄極楽, の説法

▼ 田舎城下~ (2, 0.0%)

1 で浪人暮らし, にまで人相書

▼ 田舎士族~ (2, 0.0%)

1 で少年, に復古

▼ 田舎大尽風~ (2, 0.0%)

1 に狐, の老人

▼ 田舎天狗~ (2, 0.0%)

1 の大将, を打ちまかす

▼ 田舎奉行~ (2, 0.0%)

1 をし, を大江戸

▼ 田舎好み~ (2, 0.0%)

1 ときめ, を千代田城

▼ 田舎婆さん~ (2, 0.0%)

1 のもてなし, の喋る

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 ながら後堂, によって冷

▼ 田舎小屋~ (2, 0.0%)

1 で行き倒れ, の舞台

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 っ引, っ引め

▼ 田舎島田~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ 田舎巡り~ (2, 0.0%)

1 のヘボ絵師, をし

▼ 田舎巡査~ (2, 0.0%)

1 とが変, にしろ

▼ 田舎戦争~ (2, 0.0%)

1 などやりたくない, に憂身

▼ 田舎新聞社~ (2, 0.0%)

1 に行き, へまで申し来たれ

▼ 田舎景色~ (2, 0.0%)

1 もいい, をひろげる

▼ 田舎気分~ (2, 0.0%)

1 に引き戻せ, を味

▼ 田舎流儀~ (2, 0.0%)

1 ではございます, の馳走

▼ 田舎牧師~ (2, 0.0%)

1 たるべく決心, のよう

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 の帰り, の追憶

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の群れ

▼ 田舎紳士風~ (2, 0.0%)

1 の男, の野心

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 になっ, の高声

▼ 田舎議員~ (2, 0.0%)

1 の口真似, の如く怒号

▼ 田舎豪族~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ 田舎貴族~ (2, 0.0%)

1 だ, というところ

▼ 田舎通人神仏混合花廼屋因果~ (2, 0.0%)

1 といえ, と身

▼ 田舎造り~ (2, 0.0%)

1 ではあった, で何ん

▼ 田舎~ (2, 0.0%)

1 が身体, に湿し

▼ 田舎鉄道~ (2, 0.0%)

1 が近頃, の中

▼ 田舎鍛冶~ (2, 0.0%)

1 っ, に就

▼1* [352件]

田舎あつかいにし, 田舎ありとはよく, 田舎かたぎの親類たち, 田舎からでも出掛けて, 田舎からは来るの, 田舎くさい暗い鈍いところあり, 田舎くさくって薄汚い, 田舎こそ厭です, 田舎ことに千葉県の, 田舎これと申し, 田舎これ自殺にのむ, 田舎帰ったら当分, 田舎ざむらい役には立たねえ, 田舎ざむれえよくもああ, 田舎ざむれえなんて下らねえ物, 田舎しか知らない奉公人たち, 田舎やおかしい, 田舎じゃあ判らねえか, 田舎するのが, 田舎ぜんざいの水っぽい甘, 田舎そこは私, 田舎その時には, 田舎その間には或, 田舎そりゃ大変な, 田舎だけあって, 田舎だけかと思ったらこの, 田舎だけが持つあの, 田舎だけしか知らない人, 田舎だった新宿は, 田舎だつたら鯰釣りが, 田舎だの山奥だの, 田舎だらう是非行きたい, 田舎って絵の, 田舎っぽいもの珍しさだけ, 田舎っぽい物珍しがりでは, 田舎っ子になっ, 田舎どこの, 田舎であればこそである, 田舎であろうと思っ, 田舎でございますが悠々, 田舎でしてね, 田舎でしたのとで, 田舎ででも男が, 田舎でなくてはみられません, 田舎でなければ不可能, 田舎で御座いますから何, 田舎といったところがなかなか, 田舎といふのが, 田舎とか云つ, 田舎とかにこだはらない, 田舎とかにはあるの, 田舎とかへ帰つていつまで, 田舎とがいろんな点, 田舎としての文化様相を, 田舎とちがつて, 田舎とで揮発油の, 田舎とでも言うべきところ, 田舎とにわたる, 田舎ともいふべき北英, 田舎とやらに病院を, 田舎ながらも独学で, 田舎などでよく, 田舎などから自分が, 田舎などで正月様と, 田舎などは百年ばかり, 田舎などへ帰りゃしませんよ, 田舎なみに飾り立て, 田舎なりに美味しい蕎麦, 田舎なんかで一人, 田舎なんかからぽっと出た, 田舎なんぞにそうたんとは, 田舎においてすら多くの, 田舎においてはちょうど明治, 田舎にかへつて来, 田舎について何よりも, 田舎にては蛇塚と, 田舎にとってはまだごく新しいくだらない, 田舎になんか行くと, 田舎にはやまゆり, 田舎にをくこと, 田舎に対して都会風の, 田舎に関する最初の, 田舎のなんていふか, 田舎はよござんす, 田舎くちみたい, 田舎ばかりですから, 田舎ばかりを転々として, 田舎ばばの顔, 田舎びとが京, 田舎へだって義理としても, 田舎へとかけ渡さなくては, 田舎へとのみで委しい, 田舎へなと思うたら大切, 田舎ほどわびしくは, 田舎つと出, 田舎までも配られて, 田舎まわり専門なの, 田舎みやげの話し, 田舎かしかった, 田舎めき他の, 田舎めずらしいわたくしも, 田舎ものてきや, 田舎もので鼻から, 田舎ものの寐言なら, 田舎やのところまで, 田舎ゆえ八時すぎると, 田舎よりの手紙, 田舎らしい拡がつた裳を, 田舎らしくある処の, 田舎らしくない金を, 田舎らしく積みあげられている, 田舎わけても自分の, 田舎をばかり始終あるい, 田舎をも見ようと, 田舎だ, 田舎ザムライそのものなん, 田舎ダネの下らない, 田舎ッぺえのおかしい言葉の泥坊, 田舎ッぺばかりじゃアねえか, 田舎ッぺ宝ッぺ明神さまの宝ッぺ, 田舎ツぺえだと云つて嘲笑するとは, 田舎ツぺえでせうだから妙, 田舎ドラ焼そば饅頭などの製造, 田舎プラナーに滞在, 田舎ミッドル・エセックス州の奥, 田舎ラングメルの北方, 田舎一流拳骨の辻占, 田舎一般の勘定日, 田舎万歳の野卑, 田舎けに一層, 田舎上がりの失職者, 田舎上りの見ず知らず, 田舎さがし廻るから, 田舎中学の校長, 田舎乙女の素朴, 田舎人さへも珍, 田舎人士の中, 田舎仏師の拵えた, 田舎仕立のフロックコート, 田舎仕立てながらも背広, 田舎代議士ははつ, 田舎伶人のあやし, 田舎住まひであつ, 田舎作りの質素, 田舎侍どもが郷里, 田舎にのせられ, 田舎俳優ですから, 田舎儒者だのその, 田舎はそれ, 田舎ヨーロッパの, 田舎公卿とでもいふ, 田舎公方が駿, 田舎兵法者である武蔵, 田舎写しの経本, 田舎写真師の技, 田舎冠者少しは, 田舎初段程度にこなす, 田舎別荘のだだっ広い, 田舎剣士のため, 田舎剣法にからかい, 田舎剣豪の強がり, 田舎力士の大男, 田舎勤めの家臣, 田舎医師私自身のろまなよう, 田舎医者位病気についての智識, 田舎十七年前都落ちした私共, 田舎千両役者たあ, 田舎から入, 田舎合子のきはめ, 田舎同様なこの, 田舎同様場末でございますから, 田舎君子の本能的, 田舎土産だ, 田舎城一つに埋もれさせ, 田舎堅気の家, 田舎外科医がヒルトン, 田舎奢りとは雲泥の差, 田舎女ぢやない, 田舎女みたいな狡猾さ, 田舎女らしいけばけばしい首飾りを, 田舎女らしく目まぜ, 田舎女中に笑われない, 田舎女学校の三年生, 田舎女学生の薄汚く, 田舎女房と見えたる, 田舎女達が店, 田舎女郎がちらちら, 田舎奴人を瞞, 田舎娘それらを思い出させる, 田舎娘たちはおずおず, 田舎娘ひとりの研究, 田舎娘みたいなお, 田舎娘ッてあんな, 田舎娘一人は宿, 田舎娘上りとは言い条, 田舎娘上京の図, 田舎娘行商人それは皆, 田舎が行ったら, 田舎婆さまで今時, 田舎婆芸者らしき女, 田舎学校と医院, 田舎学者の前, 田舎官員か芋書生, 田舎で呉れれ, 田舎客おまけに子供ビービー, 田舎家屋にあっ, 田舎王嶺の, 田舎小僧があつ, 田舎小僧め大きなこと, 田舎少年ベートーヴェンの訪ね, 田舎に本物, 田舎市街のごとし, 田舎師匠というもの, 田舎帰りという拵え, 田舎店舗学校渾ての光景, 田舎役場の出鱈目さ加減, 田舎役所に似た, 田舎や冷たい, 田舎情緒の方言丸出し, 田舎慣れないわたくしの, 田舎按摩よりかエライ, 田舎摂生が果して, 田舎支線の午後九時頃, 田舎料理たるを免れず, 田舎料理老人好み若人, 田舎新聞一つ詫まら, 田舎も終った, 田舎旅館の朝飯, 田舎暮らし何年間を他, 田舎書院に手枕, 田舎有りといへるは物必らずし, 田舎は東京, 田舎染みた御婆さん, 田舎棋士の筆頭, 田舎いでいくら, 田舎検察官はしかし, 田舎楽隊華想曲をひく, 田舎に合せ, 田舎歌劇で, 田舎武人としてよい, 田舎武士づくりの家中, 田舎武士めが弓箭, 田舎武士井蛙のよう, 田舎武士風によそおっ, 田舎武族までが, 田舎武者おわびのほか, 田舎武芸者に怖, 田舎武門のあるじ, 田舎汁粉を馳走, 田舎も差越, 田舎汽車の発車時間, 田舎法師の情熱, 田舎活弁のしかも, 田舎浪士が気楽, 田舎深く入込めば, 田舎清洲の丘, 田舎漢乗車をすゝむる人力, 田舎漢予の側, 田舎漢夕陽新聞記者古市加十の憐れ, 田舎のそば, 田舎たる風, 田舎爺ぢやが, 田舎版位の編輯, 田舎の謂いである, 田舎らしいから, 田舎生まれではなはだ, 田舎描きの, 田舎画家であった, 田舎画師だった, 田舎あり髯, 田舎相応の流行家, 田舎碁打じゃア, 田舎碁打ちに誘惑, 田舎祖母及びその他, 田舎に出, 田舎空気には半日, 田舎箪笥の中, 田舎籬落あり時には, 田舎素封家の漫画的鈍重さ, 田舎紳士丸出しだとか, 田舎絵師田山白雲と素性, 田舎縞手織縞に帰着, 田舎織りの黒斜子, 田舎羊羹むしゃりむしゃりと頬ばらるるという, 田舎羽前の中島村, 田舎の一人, 田舎漢, 田舎老爺めにございまし, 田舎者いなか者と町内, 田舎者これなら身, 田舎者そのものである, 田舎者世のこと, 田舎者二人は共々, 田舎者仕合せに御, 田舎者以外に長い, 田舎者何ひとつ都人のお, 田舎者共が宿, 田舎者十兵衛には謎, 田舎者千代千兵衛へ立ち向かった, 田舎者夕陽新聞雑報記者古市加十が古今, 田舎者奴が可愛, 田舎者東京を歩く, 田舎者根性から出, 田舎者相手の下等, 田舎者職人から医者, 田舎者言葉は関東訛り, 田舎者都のみち, 田舎の田楽法師, 田舎である, 田舎の真似, 田舎能楽師と思っ, 田舎臭かったりし, 田舎臭く野暮ったくなるばかり, 田舎船頭のせぬ, 田舎色町に連れ出し, 田舎芝居菜の花畑に鏡, 田舎芸術家達の間, 田舎茶番と見え, 田舎藤氏の末, 田舎藩地の中心, 田舎行きどまりの山奥, 田舎行準備の本, 田舎のモンペ, 田舎見たさの初瀬, 田舎親戚に不幸, 田舎親爺伜の不所存ゆゑ, 田舎角力仲間ででもあるらしい, 田舎訛り剥き出しになっ, 田舎調子にて御前, 田舎諸侯に過ぎなくなるであろう, 田舎講談を馬鹿, 田舎警察にも万代不朽, 田舎議員的では, 田舎豪傑ザンギリ頭の見栄, 田舎豪傑式であり近代性, 田舎路沿いの馬肉屋, 田舎の名, 田舎近い家で, 田舎である, 田舎都市の映画館, 田舎りの, 田舎銀行や大, 田舎雑誌たるを免, 田舎風呂でご, 田舎風花嫁自身髪結の家, 田舎食堂のよう, 田舎の産, 田舎饅頭五銭で六つ, 田舎馬車角吹きに, 田舎の待合室, 田舎騎士的精神がほか, 田舎骨董などを売買