青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「田中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~用いる 用いる~ ~用事 用事~ ~用心 用心~ ~用意 用意~ ~田 田~
田中~
田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐

「田中~」 1311, 14ppm, 7880位

▼ 田中~ (146, 11.1%)

3 の御 2 こそ真に, である, に退場, の人間, の顔, は, はその, はそれ

1 [127件] いづれも, からありがたい, から瓢箪形, から聞いた, が, がお目にかかりたい, がついて行った, がもう, が一寸, が二階, が云った, が京城, が充分, が女, が小川煙村, が帰ったら, が戰地, が旅行談, が殺った, が洋銀, が眞, が知つて, が種本, が笑い, が跋文, が鉱毒, が鳥取, だの, とは僕, とは藤島塾, と世間, と二人, と云っ, と手, と是公, と類似, なり, について來たんぢやあ, にとつ, にどんな, には僕, には家ダニ, にも私, に原書, に取り次い, に大村君, に見せ, に言, に頼む, の, のく, のごとき, のその, のたくらみ, のよう, の主, の作品, の信ずる如く, の友人たち, の妹, の想像, の慎ましい, の手, の熱心, の立場, の紹介, の義憤, の肖像, の胸, の葉書, の記事, の評, の話, の調べ, の雪隠, の馬鹿野郎, の鼻, はあの, はいま, はその後, はふう, はふと, はもう, はやがて, はわざと, はスキ焼, はムシャムシャ, は世にも, は二人, は人, は今夜カッフェ, は作家, は例, は八月七日, は勇氣, は大村君, は大様, は宝窟, は実は, は根, は正しく, は田中君, は目下現地, は相手, は知れ, は私, は籠, は肩越し, は芥川, は詩, は郊外, は鉱毒問題, は門, は電燈, は馬鹿, へ追いつく, もういい, も鶉, や松本君, を一人後, を一日中, を入れ, を恋し, を捜し, を連れ, 及び東京新聞, 実は君

▼ 田中~ (97, 7.4%)

5 新ちゃん 2 方で, 正太が, 正太は, 正太郎位小指の, 直, 臣, 道を, 黝き

1 [76件] いない中, いない頃, おごりで, お母さん, そばに, そばを, ところへ, どてらに, ほうへ, ほかに, ような, 一林中に, 一行は, 中間の, 中間喧嘩の, 主張も, 二人とは, 云う通り, 他片山といふ, 停車場へ, 半分には, 原稿を, 原黒田の, 名を, 問責に, 土に, 堤の, 場合が, 塁には, 奴おれが, 奴おれらが, 妹の, 姿が, 家に, 小万, 小父さん等, 小説の, 小説は, 属する進歩党, 応援者で, 政略さ, 方から, 方へ, 歳費辞退は, 演説が, 為せし, 無礼を, 狂激として, 狼藉を, 生涯の, 直山代の, 石地蔵の, 石地藏の, 端書が, 肚は, 臣高向の, 親分さんも, 言う所, 話は, 話を, 説明を, 調べでは, 質問に対して, 蹴った落ち葉, 選挙手段だ, 部屋では, 部落の, 里から, 鉱毒か, 鉱毒の, 鉱毒は, 顔は, 顔を, 駅を, 龜藏と, 龜藏藤田の

▼ 田中~ (78, 5.9%)

2 姉の, 私の

1 [74件] あわてて, お茶を, この急報, しきりに時計, すっかり感動, そういっ, それだけの, それには, そんな男, ただ場所, どこへ, なおも追いかけた, なかなかの, なんとも, まぎらわせる様, まだか, まんまと去年一部甲, わたしです, ウイスキーと, ドウした, ニヤニヤ笑う, 一体どこ, 一目で, 一礼し, 久振りで, 今夜親友に, 低頭い, 何藩か, 僅か一両日, 元より, 入れかわって, 凡例の, 分厚な, 太平山からの, 威勢よく, 安心しきっ, 実に狸, 島村に, 平気で, 弱く愛すべき, 彼の, 後から, 感慨無量そうに, 戻って, 救いを, 既にこうして, 早く酔う, 時の, 木村の, 未だに生活, 机の, 民党中の, 油樽を, 溢れ出ずる涙, 無事だ, 無理やり演壇, 玄竜の, 直に再度の, 睡るため, 第一, 答えた, 翌朝時雄を, 肯いた, 色々と, 落ち葉を, 街の, 袴の, 躓いて, 選挙民に, 野心家だ, 阿菊物語, 陸軍大将で, 黙して, 黙って

▼ 田中正造~ (75, 5.7%)

3 に沙汰, の言, を拘引 2 だ, であった, は衆議院議員

1 [60件] がお, がきつ, が七三三票, が嘘, が投げた, が拍手, が日比谷, が歳費辞退, が渾身皇室, が登壇, が群馬県会議員荒川高三郎, が議席, が質問, その人, だよ, であります, です, と云, と行動, と関係, などはなにもの, なども波, など云, にはありませぬ, に取, に同情, に楯, に返つた, のいう如く亡びた, のアクビ事件, の偉大, の問題, の専売, の操守, の演説, の言行一切, の説諭, の議会演説, の鉱毒事件史, は, はこの, はこれ, はそれだけ, は予戒令, は出ませぬ, は四たび当選, は忘れる, は手, は第, は群馬県人左部彦次郎, は議会, は遼東, は開院式, もまた, もまだ, も郷里, をおもえ, をはじめ県会議員横尾輝吉, を山師, を狂人

▼ 田中さん~ (68, 5.2%)

32 という人, の方

1 [61件] からたくさん薬, から頼まれた, が, があの, がいっしょ, がほめなくつたつ, がやって来, が下, が学校, が新聞社, が火, が直訴, が葦, が話し, が非常, そう私等, ちがいますよ, という中年, という方, という浅草, とで間違い, と三人, と云われ, と感嘆, についても後日物語, にどうか, に初めて, に挨拶, に暮, に私ども, のあと, のお家, の一件, の娘十一時, の御, の所, の考, の警視総監, の顔, はがんばり, はそれ, はただ, はひどく淋し, は一向に, は大きな, は彦一, は懸命, は拘禁, は棒, は淡々, は無表情, は煙草, は色, は草, は衆人, は軍費, もそれ, も居る, や山岸中尉たち, を制止, を見つめ

▼ 田中~ (40, 3.1%)

2 云うの

1 [38件] ある官立専門学校教授, いよいよ脱党, お年玉に, きっと讐, こうする, この室, さきに, その当座, ちゃんと乗りあわせ, どうして知っ, ふと何, またすぐ礼状, やるので, カルモチンを, 一人暗がりの, 云うには, 交じって, 余り我儘で, 参りましてね, 大村と, 大村に, 大村や, 宗教は, 居ては, 帰りそう, 憤慨する, 書いて, 書きなぐって, 本郷に, 来て, 来城, 東京に, 此方に, 満洲, 生活の, 自分に, 議会の, 郵便局へ

▼ 田中~ (39, 3.0%)

2 が一たび此問題, は大変

1 [35件] か, が少し, が百五十円, が聖書, が逢, が遊ん, そのこと, と云, にあ, にいろいろ, にとって考へる, にはぼんやり, に頼みました, のみに任せ, の一字一句, の分科表, の小説, の念想, の歌, の狙, の芸術, の養子, は一人, は中, は二十年前, は今更, は千草, は寛政元年八月二十二日, は当時松川町, は心持後, は新聞紙, は棠軒, は気質, は窓際, 及び日本人

▼ 田中~ (30, 2.3%)

2 向って

1 [28件] いつく神, して, しろ彼女, にやりと目配せ, ねだって, やる約束, わびた, 会えたこと, 会って, 先生先生と, 助けを, 取りては, 取りに, 嗤って, 囲ふ, 学資を, 寄って, 届けること, 当てつけた厭味, 従おうと, 手紙を, 敬意を, 灌漑を, 相談しまし, 私語す, 移つた, 立つて, 違いない

▼ 田中~ (30, 2.3%)

2 も人物, も即ち

1 [26件] がどこ, が一身, が例, が忽然口, が見えた, と東西, には最初, に尾, の事, の偉大, の周圍, の姿, の心, の手紙, の生涯, の許, の顔, はわたし, は寢, は新, は決して, は絶叫, を思ふ, を擁し, を救つたの, を説く

▼ 田中三郎~ (26, 2.0%)

2 がゐ, に逢

1 [22件] から電話, が中野英治, が酔っ, が頑固, と久々, と会, と会し, と友田純一郎, と合流, と話す, と逢, など, のこと, のため, のとこ, の厄介, の家, の話, の面白く, も来, 来て, 来りビール

▼ 田中英光~ (18, 1.4%)

1 [18件] だけは特別, である, となる, に対する興味, に教訓, に限った, の, のこと, のよう, の場合, の小説, の死, の錯乱振り, はこの, はアドルム, はムチャクチャ, は三日間, は決して

▼ 田中~ (17, 1.3%)

2 が柔和ぶり, の後家さま, の正太郎, の看板, は我が 1 で個展, で宴会, という米屋, といふ土地, の休息室, の白木屋の, へもよく

▼ 田中という~ (16, 1.2%)

2 母の

1 [14件] のは, 中脊, 二十一の, 人物が, 地に, 女に, 所へ, 旧家の, 村にて, 村の, 牛乳屋の, 男に, 男は, 走高跳の

▼ 田中~ (15, 1.1%)

1 [15件] いえば, いひますから, して, 三人で, 同じ中毒, 名乗る男, 呼び捨てた, 女二人が, 女二人で, 山崎の, 改姓, 私とは, 荒川は, 萬代は, 飲んで

▼ 田中正造翁~ (14, 1.1%)

2 などは口碑的豪傑

1 [12件] が何処, だ, でした, と同伴, に面識, の聲, の驥尾, は随分, は隨分新聞紙, は面會, もその, もたしかに

▼ 田中不二麿~ (12, 0.9%)

1 [12件] からも注意, からも飛騨有志あて, が中部地方最初, が消息, が陰ながら, と云う, に行きあう, の世話, の勧め, を文部省, を訪ねた, 若くは

▼ 田中大秀~ (11, 0.8%)

2 のごとき 1 がほめ, だ, といふ飛騨, に入門, に就いた, の弟子, の遺志, の門人, は千種園

▼ 田中~ (11, 0.8%)

1 [11件] と木村派, の二千名, の家, の山田外十名, の県会議員川島治平, はすでに, はまた, は一斉, は七百余名, は目的, も演説どころ

▼ 田中~ (10, 0.8%)

1 で親しい, に放火, の土蔵, の財産, の養女, へ, へ女房, へ行く, を出る, ノ次女徳子

▼ 田中先生~ (9, 0.7%)

1 の国家, の懇招, はどう, はやむを得ぬ, は伯爵, は後, は時, は有用植物, は電車

▼ 田中~ (8, 0.6%)

1 そう申し, その頃, 亦官医, 今の, 何べ, 時々沈黙, 最早お, 東京から

▼ 田中中尉~ (8, 0.6%)

1 などはずっと, はし, はやっと, は不相, は保吉, は口髭, は机, を見上げた

▼ 田中千禾夫君~ (8, 0.6%)

21 と作者自身, にこれ, について何, の処女作, は実に, をダイアローグ

▼ 田中~ (8, 0.6%)

1 から塔, だから, にあった, の小さな, の方, は以前お玉杓子, へ帰つて, へ戻つ

▼ 田中~ (7, 0.5%)

1 捉まえろ, 掴まえたまま, 掴まえねば, 横小路の, 狂人に, 落選させろ, 見つめた

▼ 田中代議士~ (7, 0.5%)

2 の質問演説 1 から承っ, が始め, は, は始め, も来

▼ 田中義一~ (7, 0.5%)

2 の内閣 1 から偶然, が悪魔, にも書面, の軍閥内閣, は総理大臣兼外務大臣

▼ 田中から~ (6, 0.5%)

1 この男, 何等の, 直江津行の, 聞いた彼女, 要求され, 電報が

▼ 田中~ (6, 0.5%)

2 が還暦, の斡旋 1 よりも若かっ, よりも若かつた

▼ 田中千禾夫~ (6, 0.5%)

21 の処女作, の演出, は, 或は真船豊

▼ 田中~ (6, 0.5%)

1 であった, というの, という極, と印刷, と書いた, の背恰好

▼ 田中~ (6, 0.5%)

2 なぞの宿場 1 に隠退, の別荘, の清風荘, の西園寺

▼ 田中王堂氏~ (6, 0.5%)

1 がプラグマチスト, とが怪しい, と高梨孝子女史, の原稿, は近頃, も今年五十三

▼ 田中~ (6, 0.5%)

21 が一つ仕事, とは春陽堂, に宮島新三郎, を通じて持込まれた

▼ 田中内閣~ (5, 0.4%)

1 が潰れ, になる, の侵略的意図, の失敗, の打倒運動

▼ 田中正造君~ (5, 0.4%)

1 に退場, の口, を山師, を推薦, を撰定

▼ 田中絹代~ (5, 0.4%)

1 がビラ, と似, などの名前, のため, ばかりで

▼ 田中~ (4, 0.3%)

1 あつた, 下りる貴方, 御下りなさる, 汽車に

▼ 田中技手補~ (4, 0.3%)

1 が柔かい, である事, は確, は非番

▼ 田中~ (4, 0.3%)

2 兵衛, 兵衛である

▼ 田中~ (4, 0.3%)

1 と名, に一宴, に嫁, を訪う

▼ 田中正子~ (4, 0.3%)

1 が毒薬, でした, の眼, は笠井直吉

▼ 田中病院長~ (4, 0.3%)

1 が見えたでしょう, と友人, は果たして, をすぐさま

▼ 田中絹代嬢~ (4, 0.3%)

2 の人気 1 と同じ, の

▼ 田中耕太郎~ (4, 0.3%)

1 が文相, の, は当時, は罷めさせられた

▼ 田中首相~ (4, 0.3%)

1 の側近, の政友会, は内閣, もこれ

▼ 田中~ (3, 0.2%)

1 二里半, 数人の, 行きのまず専ら

▼ 田中まで~ (3, 0.2%)

2 汽車に 1 行くと

▼ 田中一三~ (3, 0.2%)

1 にたいへん, に教えた, に私

▼ 田中三郎宅~ (3, 0.2%)

21 へ押しかける

▼ 田中亮助~ (3, 0.2%)

1 でした, に弁解, は直吉

▼ 田中俊庵~ (3, 0.2%)

1 と云, の子, の男

▼ 田中光徳親分~ (3, 0.2%)

1 がいう, そんな親分衆, などが出たい

▼ 田中光顕伯~ (3, 0.2%)

2 が大変心配 1 やそれ

▼ 田中兵部大輔どの~ (3, 0.2%)

1 は憎い, へお, を附け

▼ 田中咄哉州~ (3, 0.2%)

1 と同窓, と同級, は家

▼ 田中~ (3, 0.2%)

1 が見付け, と私, の案内

▼ 田中宇左衛門~ (3, 0.2%)

1 が代っ, という老人, は板倉式部

▼ 田中局長~ (3, 0.2%)

1 の前, の頭, は言

▼ 田中悌庵~ (3, 0.2%)

1 が墓, の第, の養子

▼ 田中愿藏~ (3, 0.2%)

1 だ, の一隊, は六月二十五日

▼ 田中文相~ (3, 0.2%)

1 の宗教護持説, の演じた, は宗教教育

▼ 田中新太郎~ (3, 0.2%)

1 で朝鮮, は既に, は詰問

▼ 田中智学先生~ (3, 0.2%)

1 が大正七年, が生まれ, によって初めて

▼ 田中智學さん~ (3, 0.2%)

1 がほめたたえた, にほめられる, も餘計

▼ 田中正造氏~ (3, 0.2%)

2 の如き 1 の熱心

▼ 田中正造誠~ (3, 0.2%)

2 恐誠惶頓首 1 恐誠惶

▼ 田中淳昌~ (3, 0.2%)

1 の子, の未亡人杉田氏八百, の遺子

▼ 田中舘先生~ (3, 0.2%)

1 の御, の肖像, の門

▼ 田中~ (3, 0.2%)

1 って人, などの連中, を舞台課長

▼ 田中貢太郎氏~ (3, 0.2%)

2 の小説 1

▼ 田中~ (2, 0.2%)

1 から友達, とか浦戸

▼ 田中といふ~ (2, 0.2%)

1 小駅, 高校生が

▼ 田中とか~ (2, 0.2%)

1 山本とか, 山田とか

▼ 田中なる~ (2, 0.2%)

1 こまんが, 小万

▼ 田中にも~ (2, 0.2%)

1 毎度話を, 養家の

▼ 田中のみの~ (2, 0.2%)

1 子より, 子上の句

▼ 田中三良~ (2, 0.2%)

1 って云う, のその

▼ 田中丘隅~ (2, 0.2%)

1 という農政家, といふ農政家

▼ 田中久兵衛~ (2, 0.2%)

1 が馬, はそう

▼ 田中事務官~ (2, 0.2%)

1 の言葉, は語っ

▼ 田中伝右衛門~ (2, 0.2%)

1 が召し捕り, と云う

▼ 田中俊川~ (2, 0.2%)

1 は武鑑, を謂

▼ 田中光顕伯土方寧博士広井勇博士~ (2, 0.2%)

2 などの名士

▼ 田中兎喜代さん~ (2, 0.2%)

1 が, と私

▼ 田中兵部大輔~ (2, 0.2%)

1 きびしく番, であると

▼ 田中兵部殿~ (2, 0.2%)

1 のおせっかい, のよう

▼ 田中刑事~ (2, 0.2%)

1 が青く, の大

▼ 田中千禾夫伊賀山精三等~ (2, 0.2%)

2 の諸君

▼ 田中~ (2, 0.2%)

1 と呼ん, をクラス

▼ 田中博士~ (2, 0.2%)

1 の手, の顔

▼ 田中増次郎~ (2, 0.2%)

2 という蒔絵師

▼ 田中太七~ (2, 0.2%)

2 というは俗

▼ 田中夫人~ (2, 0.2%)

1 とを結びつけかね, と手合せ

▼ 田中子爵~ (2, 0.2%)

1 の樣, を訪

▼ 田中學校~ (2, 0.2%)

1 が新, の教員

▼ 田中屋がた~ (2, 0.2%)

2 に少なから

▼ 田中恭吉氏~ (2, 0.2%)

2 の芸術

▼ 田中支隊~ (2, 0.2%)

1 の戦況, を乗せた

▼ 田中桐江~ (2, 0.2%)

1 といふ學者, などの学者

▼ 田中検事さん~ (2, 0.2%)

1 の取調べ, や平山検事さん

▼ 田中正造氏其人~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ 田中澄江さん~ (2, 0.2%)

1 という劇作家, のラジオドラマ

▼ 田中秀央君~ (2, 0.2%)

2 や植木直一郎君

▼ 田中純君~ (2, 0.2%)

1 は, は正しく

▼ 田中義郎君~ (2, 0.2%)

1 は岩波, もまた

▼ 田中耕太郎氏~ (2, 0.2%)

1 の談話, 其の他多数

▼ 田中~ (2, 0.2%)

1 が基督教, という少年

▼ 田中豊太郎君~ (2, 0.2%)

1 から序文, とはその

▼ 田中貢太郎老~ (2, 0.2%)

1 がなに, に手

▼ 田中選手~ (2, 0.2%)

1 のケタ外れ, は五尺五六寸

▼ 田中部落~ (2, 0.2%)

1 の事情, の年寄治右衛門

▼ 田中陶清~ (2, 0.2%)

1 の後妻, をつうじ

▼ 田中鶴吉~ (2, 0.2%)

1 の小笠原拓殖事業, の手紙

▼1* [242件]

田中あたりか真, 田中あらはに白き, 田中いづれも前作, 田中おう君僕の, 田中床次カニユズルツモリ, 田中からも屡, 田中くんだったかな, 田中さん穂積重遠さん京都大学の総長, 田中でないとできない, 田中でなくばあれ, 田中とが語った, 田中とでもいひさ, 田中との間に, 田中などの兵を, 田中なにがしが現地立会人, 田中ならあんなこと, 田中には朝日の, 田中みたいに政友會, 田中みの子にあてた, 田中角井の, 田中より海野へ, 田中ハ諸君ヲ山東ニマデヨコサシメタル田中ハ諸君, 田中一人の物, 田中一家の批判, 田中一松さんからこの, 田中一造五味繁作森山汀川両角喜重丸山東一藤森省吾両角丑助堀内皆作の諸君, 田中万右衛門殿と小林三八郎殿, 田中万逸元AK, 田中万逸保利茂太田正孝放送局の初代, 田中万逸君を思い出す, 田中三氏の子, 田中三菱商事支店長等と会食, 田中三郎久々であらはれた, 田中三郎今年おさめの, 田中三郎同道で蒲田, 田中三郎夫人来訪此の間から三郎, 田中三郎夫妻や友田, 田中三郎家へ遊び, 田中三郎文三郎等に会, 田中三郎来訪金兵衛で大いに, 田中三郎等に逢, 田中三郎等一緒で大, 田中上田坂木などの駅, 田中不二麻呂子の原案否決, 田中両氏も何ん, 田中中佐の一隊, 田中久兵衛吉政が, 田中墓などと, 田中代議士樋口郡長曰く何曰く何斯ういふ時, 田中代議士荒川県会議員がわざわざ, 田中以上だろう, 田中伯爵に嫁, 田中佐どのだ, 田中佐一は土地家屋, 田中佐殿もわかっ, 田中を愚圖, 田中俊雄君もこの, 田中候補が信州上田, 田中僕はな君を捜し廻っ, 田中光徳の七人きり, 田中光徳牧野藤三郎などの重役, 田中光顕先生の筆, 田中光顕子は土佐出身, 田中光顯子は土佐出身, 田中克己阪本越郎立原道造などの若い, 田中八重田畑三千女其他京阪神の諸君五, 田中兵部大輔殿でござること, 田中冬二は, 田中冬二さんより来, 田中凉葉なぞと一緒, 田中勘兵衞氏の藏, 田中と右村近郷, 田中医学博士が急報, 田中千代女史だけは別格, 田中千禾夫氏の, 田中千禾夫等はそろそろ, 田中去って後, 田中参謀次長らに由っ, 田中吉兵衛さんと龍馬, 田中吉政も洗礼, 田中君一流の言, 田中君僕は君, 田中君大谷君なぞの外, 田中君田中君実は君, 田中君自身が笑っ, 田中善立氏は福建, 田中喜一得能紀平などの諸氏, 田中喜一氏はそういう, 田中喜作氏の田中屋, 田中喜多一でこれ, 田中喜美子の妹, 田中喜美子様と亡き, 田中園子さんという希望, 田中大将が軍服, 田中大文字東金宿そこから街道, 田中夫妻もそれぞれ, 田中姉受持の研究科生徒十六七名來, 田中孝子夫人も益々, 田中孝子母葭江の従妹, 田中家一ノ井家, 田中家新築披露扇の句, 田中寅三郎と言った, 田中寅三郎丹羽淳太郎の人たち, 田中寅三郎丹羽淳太郎なぞの少壮有為, 田中寅彦という伸子, 田中寛博士の, 田中が居る, 田中小字大澤にて發, 田中小野の両氏, 田中小野両氏の説, 田中小高也とある, 田中屋忠兵衛僕吉蔵をした, 田中左兵衛殿品川まで見送られ, 田中常吉という人, 田中平八などの諸君十数名, 田中平四郎がこれ, 田中床次若槻会合表面予算成立をイトシテこれ, 田中床次鳩山などを自分, 田中弘之厳本善治の二人, 田中弘之等が基督教青年会館, 田中律子という二人, 田中得能紀平などの諸氏, 田中徳松さんが其書幅, 田中恭吉と恩地孝四郎, 田中悌六さんが来, 田中意徳本庄喜助重正伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 田中憲氏と予, 田中房種田代安定中島仰山織田信徳の諸氏, 田中技師及び刑事, 田中敬一氏は山地視察, 田中文部大輔が法制局, 田中早く銃を, 田中早苗氏の翻訳, 田中明神なる恒世, 田中智学翁斡旋の帝劇興行, 田中書記等が現場, 田中未明ニ御出立, 田中未知草萬代恒志の諸氏, 田中杉雄君塚三次本田菊次郎の三名, 田中村大字宗光寺の百姓惣兵衛, 田中東部軍管区司令官に説得, 田中松太郎氏に出版, 田中栄三原作脚色でねら, 田中栄次郎という人, 田中栄次郎氏号を祥雲, 田中校長が戦死者, 田中桃葉も加はり, 田中森本の五人, 田中検事ほか泉川平山富田木村屋代磯山の諸, 田中に, 田中次郎氏は思ひ, 田中正佐氏の努力, 田中正夫君から小さな, 田中正平博士と親交, 田中正平氏らはこれ, 田中正彦氏は文学, 田中正訓から父大秀, 田中正造ほか四十六名を提出者, 田中正造一千七十六票木村半兵衛七十八票という圧倒的, 田中正造今晩死にましても, 田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 田中正造等の廉潔派, 田中氏はじめ除封削封, 田中氏林氏中村氏は作者, 田中氏邸へ, 田中河内介に紹介, 田中河内介真木和泉梅田雲浜頼三樹三郎有馬新七松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 田中河内守を殺した, 田中清次郎同社員庄司鐘五郎, 田中源蔵が軍用金調達, 田中澄江はそれ, 田中澄江三宅悠紀子長岡輝子等々がある, 田中澄江水木洋子田口竹男等があり, 田中玉宝氏などいう, 田中甚左衛門御旨, 田中町小學校ニ旋風ガ發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 田中病院を建て, 田中皮工場へ出, 田中省吾なるもの, 田中矢徳等のごとき, 田中と二重堀, 田中社長のお子さん克行さん, 田中祥雲氏は頭, 田中秀夫は想像, 田中穂積先生が早大, 田中絹代さんにふられたい, 田中絹代一夫とは長谷川一夫, 田中絹代嬢式に実質的, 田中綱紀と三岡博厚, 田中綽名雷というお巡りさん, 田中総理大臣とかへ, 田中之進君が, 田中美知太郎君が来, 田中義一内閣はこの, 田中義一大将がフランス, 田中義一氏にたびたび, 田中義之氏と共に経営, 田中義廉大槻修二小澤圭二郎久保吉人の諸氏, 田中義成さんに申しました, 田中義成博士を訪ね, 田中翁自身に對, 田中老人等と一時四十分熱海驛發臨時列車, 田中耕三君から心臓, 田中耕造氏らとともに仏国, 田中肥前の鍋島, 田中自身が活写, 田中芳男という人, 田中芳男先生には私, 田中芳男氏もまた, 田中芳男男も毎, 田中英光さんよりの三千円, 田中英光君が同じ, 田中茂穂博士の日本産魚類, 田中茂穂氏来訪された時, 田中菅成瀬武川など停車場, 田中萬逸君その人, 田中薫君は, 田中藤田の両家, 田中西二郎さんがその, 田中覚え書, 田中親美氏なども観, 田中訥言の画幅, 田中またこの, 田中豊三郎氏の人物二枚, 田中貞四郎は気, 田中貢太郎などとぶらり, 田中を小山, 田中道子であった, 田中が行っ, 田中邦五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 田中郭雲君はその, 田中里見吉井が同人, 田中重兵衛と云う, 田中鉄之助に嫁, 田中鎮台の名, 田中鏐造である, 田中歌麿氏著, 田中附近に陣, 田中陸相からドイツ軍, 田中霜柳という人, 田中霜柳君は長く, 田中額田などの同族たち