青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「用事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

産~ ~甥 甥~ ~用 用~ ~用い 用い~ ~用いる 用いる~ ~用事
用事~
~用心 用心~ ~用意 用意~ ~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~

「用事~」 3046, 33ppm, 3565位

▼ 用事~ (923, 30.3%)

155 あって 46 あつて 39 あるの 30 あるん 29 あるから 21 あると, 出来て 16 あつた, ある 14 できて 13 あれば 8 あっても, あるか 7 あったので, あったん, あります 6 ありますから, あるからと, あるので 5 ありますので, あるとか, すむと, できたの, 済むと 4 ありまして, あるそう, ないから, なくても, なければ, 出来たので, 出来ましたから

3 [19件] あった, あったに, あったの, あったもの, あっての, ありましたので, あるといふ, あるはず, あればこそ, ございますから, できた, ない, ないので, なかったら, 出來, 出来た, 出来たもの, 出来ると, 無ければ

2 [39件] あったら電話, あったわけ, あってね, あつたら, あらば, ありさ, あるかと, あるが, あるけれど, あるさ, あるし, あるという, あるとかで, あるとき, あるもの, あるわけ, ある中, あろうとも, ございまして, すんだと, すんで, たまって, できたから, ないわけ, なかった, なくては, なくとも, なくなると, 出来たから, 出来たの, 出来たん, 多かった, 多くなる, 有って, 残って, 濟んで, 無いよ, 片づいたので, 片付くと

1 [280件] あったから, あったが, あったこと, あったと, あったにも, あったもん, あったらいつ, あったらば, あったら呼ぶから, あったら明日昼間, あったり, あった時, あってか, あってという, あってな, あつたり, あつてこ, あつて下總, あつて人, あつて信州伊那, あつて報知機, あつて外, あつて外出, あつて大阪, あつて幾度, あつて町, あつて起, ありかつ, ありげ, ありさえ, ありそれ, ありました, ありましたから, ありましてな, ありますが, ありますがね, ありますけ, ありますの, ありますよって, あり夜, あるかなんか, あるかも, あるからとかと, あるけれども, あるだらう, あるだろうが, あるって, あるつて言つて, あるて, あるで, あるでしょう, あるでせう, あるとは, あるならいつ, あるならさ, あるならせめて, あるならわし, あるなら其處, あるなら呼びつけられそう, あるなら夕飯, あるなら大, あるなら後, あるなら明日, あるなら翌日, あるなら言, あるなら領事館, あるに, あるには, あるほどに, あるまで, あるめ, あるよう, あるわけぢ, あるゐること, あるんで, ある上, ある人々, ある今月, ある場合, ある時, ある独身者, ある筈, ある足, あろう, いつも山, おあり, おありん, お久良, お有, かさなって, かたづかないので, ございましてね, ございませんから, ございませんで, ござりまし, ざらに, しるして, すこし遠のく, すみましたらすぐ, すめば, すんだところ, すんだので, すんだらさっさと, すんだわけ, すんだ心地, すんでも, たくさん頭に, たせないと, たせられないかなあ, たせるという, できたからとて, できたこと, できたので, できたのよ, できまして, できましてね, できるから, できるけど, できるよう, できれば, でございまする, とても遊び半分, どうで, ないせい, ないで, ないでも, ないと, ないといふ, ないどころ, ないの, ないもの, ないやう, ないん, ないんで, ない樣子, ない筈, ない限り, なかつたので, なかつたん, なきや, なくっても, なくて, なくなった時, なくなるの, なくなれば, なく遊び, なんだ, ねえよ, のこって, ひどくこんがらかっ, また一つ, まだすん, むらがって, やっと済む, やっと済んだ, ドッサリある, 一囘で, 一回で, 一応片付いたら, 一杯たまっ, 一段落し, 三沢の, 事務的に, 二つばかり, 付加された, 何の, 何日も, 例えば戦時保険一つ, 倍に, 出て, 出るに, 出来たからと, 出来たため赤耀館, 出来たと, 出来たもん, 出来たらコレコレ斯様斯様, 出来たり, 出来た時, 出来ても, 出来てるかも, 出来まして, 出来れば, 分った, 半蔵の, 即座に, 取るに, 多いからだ, 多いので, 多いもん, 多くて, 多くな, 多くなっ, 大切だ, 大抵分っ, 大抵分つ, 実に数限り, 山ほど, 差支える, 幾らも, 引っかかるので, 待って, 御座いまして, 御有りな, 忙しいとか, 忙しいので, 思い起されて, 急ぎましたから, 持ち上つた, 断えない, 早く片, 早く片付い, 有ったの, 有つて, 有て, 有りて, 有りますから, 有ると, 有るに, 残っとるから, 殖えた, 殘る, 沢山あり, 混み入, 済みましたらまた, 済みましたら少し, 済み次第, 済むだろうと, 済むよう, 済んだあと, 済んだから, 済んだという, 済んだの, 済んだら出して, 済んだ上, 済んで, 済んでから, 溜って, 滑稽に, 濟むとすぐ引きおろす, 濟むと佐佐は, 無いから, 無いはず, 無きや, 無くなったと, 無くなって, 無暗に, 片付かぬか, 用事だ, 用事だけの, 目的で, 私を, 立て込んで, 終ったから, 終ったの, 終ったら疲れ, 終ってから, 終ってからも, 終わったので, 終わるから, 終わると, 考へれば, 行はれ, 解った, 話せる, 赤心の, 起きたので, 起った, 起ったため, 起ったの, 起るので, 足りて, 込んで, 遲いと, 重な, 重なって, 長引いてね, 頭に, 頭へ, 頼めると, 首尾よい

▼ 用事~ (524, 17.2%)

22 して 12 すまして 11 すませて 9 帯びて, 足して 7 持って 6 聞いて 5 つけて, 控えて, 済まして, 言いつけて 4 兼ねて, 思ひ出して, 拵へて, 言ひつけ

3 [11件] いいつけて, こしらえて, したり, 口実に, 忘れて, 思い出して, 拵えて, 済ませて, 聞くの, 話して, 頼まれて

2 [24件] いいつけること, いいつけるの, いひつけた, した, しに, しました, すること, する人, たしに, 二階ですまし, 云ひつける, 先に, 吩咐られる, 吩咐る, 思い出したから, 思い出したと, 思い出したり, 持つて, 済ますと, 聞きに, 自分で, 言って, 話すこと, 頼んだのさ

1 [331件] あっしに, いいつけた, いいつけようと, いいつけようとは, いいつけられた, いいつけられたので, いいつけられたり, いいつけるが, いいつけるよう, いうが, いうとき, いえ, いそいそと, いそがしそう, いちども, いひつけずうつちやつて, いひつけたま, いひ終ると, いふ事, いへば, いろいろ物語った, うけて, うち忘れ, おびて, おもいだして, お願い申上げたい, かいて, かこつけては, かたづけたのち膝, かたづける筈, かねこの, かねて, き, きめたく冗談, きり出せなかつた, くいとめましょうか, こころよくし, こころよく請け合っ, こしら, こしらえる男, さかんに, させられたが, させられても, させること, させるにも, させるの, さっちゃ, したいてい, してやるの, しないこと, しまったらいって, しまって, し心配, すっぽかす了見, すました時, すましほんの, すましますと, すましトゥウェルスカヤ, すますと, すます迄は, すませ, すませた, すませたのち, すませた車, すませると, すませれば, すませ午後, すませ東宝, すませ狭い, すまそう, するが, するとき, するなり, するには, するの, する相, すれば, そっちのけに, たさせたいした, たすの, たのまれると, たのまれるほどに, たのむ, たのむと, たのむほう, ちょっと胸, つい忘れ, つくって, つくつて町なか, つけては, つけるか, なさること, なん度も, ぬきに, はたしほか, ひったくられる心持ち, まかせて, まだたくさん, まちがえると, みつけて, もった旅行者, もって, もつて, 一刻も, 云いつけたとき, 云いつけてから, 云つて帰らう, 人一倍念入, 仕懸けて, 付けて, 仰せつかるという, 仰せつけ下さらぬと, 仲介なし, 伺うだけの, 何くれと, 作り電車, 先ず, 兎角に, 兼ねながら, 分担しよう, 切りだすほか, 切り出させるよう, 切出しません, 勤めて, 取りかたづけ学校, 取り扱って, 取次いだ, 取次いで, 受付の, 向うへ, 吩咐けて, 吩咐けても, 吩咐たり, 告げて, 告げました, 呑み込ます時間, 命じるつもり, 命ずる場合, 問うと, 問われて, 大急ぎで, 女中たちに, 女中に, 女中の, 家に, 尋ねた, 尋ねられるの, 少しでも, 差し置いて, 帯びた者, 延期し, 弁じさせたもの, 弁じさせるため, 弁じ米, 弁ずるため, 弁ずるもの, 引受けた御蔭, 彼らに, 彼女に, 待つそれ, 徹夜し, 忘れないよう, 忠実に, 怒鳴りつける夫, 思いたった気忙しい, 思いだした, 思いだしたよう, 思いだしました, 思いついた, 思い出しいつも, 思い出しぜひ, 思い出しその, 思い出したかの, 思い出したとかで, 思い出したゆえ, 思い出したよう, 思い出したらしく奥, 思い出したん, 思い出しついで, 思ひだした, 思ひだしたと, 思ひだして, 思ひ出したん, 急いで, 悟ると, 手つだいおそく, 手つだひ, 手に, 手短かに, 手紙で, 抱えこんで, 抱へて, 拵えては, 拵らえて, 持ちかけられる心配, 持ちその, 持ち込んで, 持っとるん, 持つた旅行, 持つた時, 控えた人, 控へて, 措いて, 放ったらかして, 早くかたづけ, 早く片, 早目に, 書いたよう, 書いた手紙, 書きつけたそう, 書き心持ち, 書くの, 書く場所, 有つてゐる急がしい, 期待し, 果した, 果した後, 果すこと, 果すと, 果すよう, 果す為, 果たした人物, 果たして帰るべく, 機械的に, 残して, 気が, 気忙しく口走り, 求めて, 津田に, 清に, 済してから, 済せた後, 済ました上, 済ましてから, 済まし上京三日目, 済ませた私, 済ませてから, 済ませると, 濟まさせ, 濟まし, 濟ませ, 爲て, 片づけて, 片づけなければ, 片づけるより, 片づける義務, 片付けて, 片附け, 申しあげます, 申しきたったから, 申しつくるつもり, 申し入れて, 申そう, 申付けました, 町で, 疎かに, 皆忘れ, 皆済まし, 看て, 知らせあって, 私に, 細君に, 終りて後晩涼, 絶対に, 繰り合わせて, 考え出そうと, 考へ, 聞かされて, 聞かずに, 聞きたかった, 聞こう, 聞こうと, 聽き出す, 背負ひ込んだ, 落して, 葉書で, 見つけながら, 見つけ出しては, 見事に, 見貫いて, 言いつかったり, 言いつけてから, 言いつけようと, 言いつけられて, 言いつけられると, 言い付けました, 言い付ける内, 言い出すかと, 言い含めた, 言うにも, 言うもの, 言つて来る, 言つて貰は, 言ひ, 言ひつけた, 言ひつける, 言ひ付け, 言ひ付けられた, 言附ける, 訊いて, 訊ねたり, 設けては, 話さうとしても, 話さないと, 話しあって, 話した, 話しだした, 話し合うと, 話し合った, 話す, 語り席順, 足しさ, 足した, 足したこと, 足す, 足すこと, 足すにも, 述べた, 運ぶこと, 運んだ, 達して, 順調に, 頼まれたとき, 頼まれたの, 頼まれも, 頼まれ八百屋物, 頼むと, 頼むの, 頼んだ, 頼んで, 頼んでも

▼ 用事~ (297, 9.8%)

5 来たの 4 外へ 3 來た, 出て, 来たか, 行ったの

2 [14件] あの奥さん, ござります, 上京する, 大阪へ, 帰つた, 庚申塚の, 拙者の, 朝の, 来たん, 来て, 江戸へ, 私の, 見えられたと, 起出した

1 [248件] あっしを, あつた, いやでも, おれの, お下り, お出でだ, お前は, お越しに, きちんと話す, きのふの, こちらへ, このお勝手, この室, この平次, これから龜戸, こんなところ, こんなに夢中, こんなに急, こんな星闇, ご主人, すぐ外出, そこの, その對屋, その部屋, それが, それは, ちょいちょい立っ, ちょいちょい郵便局, ちょっとそこ, ちょっと出かけ, どうしてもニラザキ, どこかへ, どこへ, どっちへ, な今日, ひるから, もう出かけなけれ, もござりませぬ, やって来たの, やって来やしたんで, やって来る時, ゆくの, わざわざ啓吉, わたしの, ツイ其處まで, ディーニュに, ワーミントンへ, 一ヶ月ばかり, 一寸内地, 一年の, 上つた訳では, 上武の, 中断され, 二たび其家を, 二三日前から, 二度も, 二階に, 五日程, 五時比から, 京都へ, 人を, 人出入り多く, 人寄せを, 今朝から, 仙台方面へ, 伺いました, 使いに, 使ひ, 來たんだ, 來たんぢや, 來なす, 來なすつた, 倫敦から, 僅か三箇月, 僕は, 入ったん, 入つたん, 入らしったの, 入らしつたの, 八丁堀に, 公園を, 其のペンシルバニア停車場, 内々主人丹右衞門殿に, 再び松山, 出かけたの, 出かけて, 出かけます, 出かけるが, 出かけるとき, 出かける筈, 出かけ後, 出かけ泊つて今朝, 出入する, 出入りを, 出掛けて, 出掛けるとか, 出掛けるん, 凾嶺へ, 動くの, 北の, 十日ほど, 博士の, 印度へ, 厭, 参ったの, 参りましたに, 又人々, 又如何なる, 品川へ, 四五日泊りがけに, 国元へ, 地方へ, 地方より, 壁厨を, 夕方そこに, 夕方顏出しする, 外に, 外出し, 外出しつづけた, 外出を, 外国へ, 夜おそく, 大むら, 大阪に, 大阪の, 大阪まで, 太郎左衛門を, 夫婦の, 女の, 女中さんを, 学校に, 学校へ, 実現せず, 家から, 家へ, 富尾木氏が, 寺田先生の, 尋ねて, 小石川の, 尼僧が, 尾崎行雄氏を, 居残って, 山の, 山口に, 巣鴨から, 市の, 帰ったとたん, 帰る序, 帰れませんと, 廊下へ, 廊下を, 彼の, 彼女に, 往って, 往来を, 復一は, 忙しいといふ, 忙しいもの, 忙しかった, 忙しければ, 或る, 或抜裏, 手が, 数日つづけ, 数日間町から, 新銭座, 旅行し, 旅行中であった, 明神下へ, 昨日晝頃から, 暫らく無沙汰を, 木村十四世名人が, 本校へ, 本郷まで, 村尾さんを, 村長の, 来たかという, 来たかは, 来たついで, 来たよう, 来たろうと, 来たんぢ, 来た時, 来た訳, 来てるの, 来やしないわ, 来られないから, 来る村, 東京から, 東京に, 東北の, 柏木から, 栗橋の, 検事と, 構内を, 横須賀方面へ, 歩く日, 歸つて昨夜は, 浅草の, 港区の, 珍しく後宮, 留守にでも, 留守の, 疲らされるなんて, 疲れて, 直接, 真駒内の, 福島県の, 私を, 立たなければ, 立って, 立つと, 筑前の, 職員室へ, 自分を, 行かれるか, 行きかえりに, 行くか, 行くの, 行くん, 行く毎, 行ったん, 行ってるの, 行つた歸り, 行つてた, 行らっしゃる, 訪ねたと, 話しを, 読売新聞社に, 誰にも, 誰を, 貧乏の, 身にも, 車での, 近所の, 遠方へ, 郵便局の, 都合が, 銀座へ, 銀座を, 長崎へ, 門口まで, 隔日おきに, 青森の, 須原宿の, 飛び込んで, 馬車へ, 高知に

▼ 用事~ (251, 8.2%)

12 ないの 5 それで, ないん 4 すんだの, ない, 無い 3 あるもの, ないはず, 何だ, 濟んだ

2 [14件] ありません, ありませんが, あるまい, これで, すんだ, ないかと, ないから, ないが, なかった, 今の, 済んだの, 無いの, 用事で, 足りませんが

1 [177件] あとから, あと四五回で, ありましょうよ, あるまいかと, あれへん, いいつけました, いくらでもあるだ, いったい何, いろいろあります, いろいろの, おあり, けっしてできる, ここから, ここに, このカール, このポチ, この町, この私, この著者, これから一切, これだけ, ございませんか, ございませんで, ございませんでしたらどうか, ござりませぬ, すぐ済ん, すべてすみ, すむの, すんじまった, すんだが, そのこと, それだけだ, それだけの, それつきり, それまで, たいてい人, たっぷり二時間, だいたい日本語, つけたり, できるだけほか, どこへか, どっさりあっ, どれから, ないか, ないかしら, ないがね, ないけれど, ないといった, ないとさ, ないとは, ないまた, ないものの, ないよ, ない久離切つて勘當, ない半蔵, ない善く行かず, ない明神下, ない筈, なかったです, なかつた, なかつたさ, なかなか面倒, なくなったって, なくなって, なく二度と, ねえかよ, ねえ大きな, ひっきりなしだった, ふえるばかり, ほかでも, ほとんどひと言, ほとんど大, ほとんど暮し向き, ますます煩多, まずすんだ, まだ残っ, みな母に, みんなすみ, みんな母が, みんな私に, もうわかるだらう, もう濟, わかって, ペンさんに, ラサに, 一つは, 一つも, 一と, 一カ所において, 一向出, 一昨日と, 一時間半で, 事務所で, 二日で, 二本の, 云々先づ京師の, 今は, 今夜に, 佐助が, 何, 何さ, 何だい, 何だい滅多な, 何であった, 何でこの, 何でも, 何という, 何も, 何んです, 何者か, 使で, 其限かい, 出来ない, 別にない, 前に, 厄介だ, 固より, 大有りです, 大過去, 委員会で, 平常も, 彼を, 待ち設けた空想, 後でわかります, 御座いません, 忘れませんでした, 憑かれたよう, 或る, 手紙で, 明日に, 時計の, 有りますまいサア, 東京劇場で, 汝れ, 混み入, 済みました, 済みましたから, 済みます, 済むの, 済んだ, 済んだかも, 済んだから, 済んだぞ, 済んだん, 済んで, 濟みます, 無いという, 無いよと, 無い歸ら, 無えぜ, 無くとも, 片付いたから, 片附いた, 用事さ, 用事では, 用事は, 町外れに, 看護婦さんに, 私が, 笹村が, 細君が, 終るの, 繰りあっても, 翌日に, 貸金の, 足せません, 足せるが, 足りて, 足りるの, 酔はん内に, 重大な, 金じゃねえ, 間に, 電話で, 頃日余が, 食糧事情の, 馬に

▼ 用事~ (207, 6.8%)

10 ために 6 ある人 5 あること, ある時, ほかは, 都合で 4 外は 3 ある時慳貪, ことを, ない時, 時は, 話を 2 あるとき, あるなし, ある体, ある客, ある者, ない品, ない場所, ない者, 何である, 隙々に

1 [132件] あったこと, あったの, ありて, ある, あるでも, あるの, あるもの, あるやう, あるよう, ある事, ある処, ある君, ある急ぎ, ある意味, ある振り, ある方, ある時刻, ある無し, ある町, ある行人, ある訳, ある身, ある顔, ある風, あろうはず, かたが, ことが, ことで, ことは, ことやで, こと改めて, すむまで, すんだ襟, ためだ, ためで, ためでした, ためでは, ためとばす, ためな, ためにだけ, ためには, ためばかり, ため夫と, ため滿洲に, ため至急に, ため遅参の, ため雪子が, ときには, ときは, ところからの, ところなどは, ないかぎり叔父, ないこと, ないのに, ないもの, ない人, ない俺, ない名, ない手紙, ない月, ない記者, ない身, ほかに, ほかには, ほかの, もう済んだ, ような, 一言で, 中心を, 人が, 人らしい, 他は, 依頼が, 内容が, 外一言せず, 外冗談口一つ云った, 外出から, 外決して, 多いひと, 多い夕方, 帰途早稲田車庫の, 序が, 序に, 御都合, 心當り, 意外な, 手を, 手伝いなど, 手助けに, 手紙が, 手紙です, 手紙では, 手紙の, 手紙や, 打ち合わせに, 振りし, 数と, 文言ながら, 方を, 更に思, 最後に, 有る時, 有る訳, 済み次第奥田家, 済んだの, 為とのみ, 為に, 為倫敦へ, 為大急ぎで, 無い広, 無い旅行, 無くなる方, 片づくの, 片附いた, 真っ最中に, 真相なら, 真相を, 第一, 統一と, 見当が, 話じゃ, 詳しいこと, 起った時, 趣を, 都合あっ, 都合から, 都合も, 配分とで, 関係上すぐ, 隙々や, 隙を, 際用達しや

▼ 用事~ (179, 5.9%)

7 ないのに 6 ない 5 あるから, ないので 4 ないから, ないの, なかった 3 あって, あるし

2 [13件] あった, あつた, あるので, あるまいから, ないが, ないもの, ない父, なかったらしく, なかつた, なくなるし, 何も, 無いのに, 足せず一切

1 [112件] あったには, あまりありませんでした, あまりなかっ, あまりなかつた, あられますよう, ありかたがた何, ありは, ありますから, ありません, ありませんから, ありませんが, ありゃしません, あり理由, ある, あること, あるだらうと, あるだろうが, あるだろうという, あるで, あるには, あるの, あるん, ある故, あれば, おありな, くいとめるの, ございますゆえ, ござらぬによって, すませて, すんだから, せずどっか, そこそこに, ついて, ないし, ないに, ないふう, ないやう, ないらしい, ないん, ない主人, ない奴等, ない身ゆえ, なかつたので, なきに, なくその, なくて, なくなりそれ, なく何, なく居殘つて, なく手先, なさそう, なしに, なし今夜, なにも, なんの, ふえた証拠, べつだんの, ハイチャイを, 二人がかりで, 今迄, 伺いする, 出来たし, 判りました, 別に有りません, 名前も, 回診も, 声を, 多いながら, 多いの, 多くこの, 多く時局, 夥しいの, 少し見習, 少なくなる, 尠く, 床の, 待つて, 御座候はんそれ等を, 御座候はん夫れ, 忘れたり, 忘れたる如く楽し, 思いのほか早く, 悉く知り尽し, 手を, 手伝って, 持たずに, 持ち出さないで, 持って, 有ったから, 有ますので, 果さなかつたた, 果たさなくては, 毎日ございます, 沢山は, 済み焼酎, 済んだよう, 済んで, 溜って, 無いと, 無いので, 片付いたただ, 片付いた頃, 理由も, 目的も, 終るから, 聞かないで, 自らあろう, 致します, 語り談笑妨げ, 責任も, 達さなければ, 電話にて

▼ 用事~ (84, 2.8%)

15 かこつけて 4 かまけて, 追われて 3 かこつけては 2 ことよせて, なって, 候哉, 出勤し

1 [50件] いなくなって, かかったので, かかりっきり, かこつけなされて, かこつけ二日, かまけたり, しがみつきました, とりかかってよ, とりかかるの, なつて, まぎれてるので, または仲間, 下へ, 仮托, 來て, 働いて, 入つて, 六七日九日と, 出た時, 出向いて, 前よりも, 器用で, 姿を, 完全に, 差掛りても, 愚図, 托して, 携った, 携は, 暇どつた為め, 気を, 没頭し, 町へ, 相違ない, 行って, 行つて来, 託け退き去るも, 追い廻されて, 追はれ, 追われその, 逐はれ, 過ぎなかった, 遣ること, 邪魔され, 邪魔を, 間に合うよう, 間に合わなくなって, 関係の, 阻げられ, 雇って

▼ 用事でも~ (81, 2.7%)

14 あるの 3 あつた, なければ 2 あったの, あつて, ありそう, おあり, できたの, ないが, ない用事, 出來, 出来たの, 無い限り

1 [41件] あって, あつたら, あつて穢多, ありさうに, ありますかな, ありません, あるかな, あると, あるよう, あるらしい顔附, あるん, ある時, おありです, お部屋, させたら顔かたち, して, してやるので, だれにでも, つけたの, できたん, ないかぎり, ないと, ないん, ない限り, なかった, 一度口に, 一時間以内で, 何んで, 出来たかと, 出来たと, 出来たん, 口実に, 思いだしたよう, 思いついたよう, 思い出したか, 思い立たれた節, 有るの, 果たすよう, 無い, 私で, 言いつけて

▼ 用事あり~ (44, 1.4%)

22 げに 8 げな 2 て外出, て門, 気に 1 それさえ, ての帰り道, て夕方堂, て此カプリ, て里, て雨夜, て駿州興津, 其用事に

▼ 用事~ (33, 1.1%)

3 なると, 云うの 2 いって, いっても, 三千代の

1 [21件] いうと, いうほどの, ソルボンヌ大学の, 二重に, 云うから, 云って, 云つて外では, 云ふ, 云ふと, 仰し, 仰しゃるのはこれ丈, 仰在ると, 保養とを, 信じて, 却ってはっきり区別, 少し關係, 早呑込みした, 自分の, 言うの, 言つては, 言ふ

▼ 用事~ (23, 0.8%)

3 何かで 2

1 [18件] え脅かし, きかなきゃ分らないじゃ, こうして出歩く, しらぬが, でなきや, とき, 何にかで, 出來, 分らない, 告げませんでしたが, 存じませんけれど, 思て, 用事と, 知らないが, 知らないけれど, 聞いて, 聞かざった, 頻りに取り次ぎ

▼ 用事~ (22, 0.7%)

2 か知らない, が

1 [18件] あれは, からすぐ, からと云っ, からもう, から一分, から旅, から直ぐ, かわからねえ, が越後, さあさあ行け, つたの, つて, と云え, と問いました, ね, よ, よ散歩, 内儀は

▼ 用事という~ (22, 0.7%)

20 のは 1 のが, ものは

▼ 用事といふ~ (15, 0.5%)

11 のは 1 のを, ものを, 用事は, 程の

▼ 用事~ (15, 0.5%)

3 のだ, んだ 2 の, のです 1 のか, ので, んで, んでし, んです

▼ 用事なら~ (13, 0.4%)

2 どんなこと, 庫裡の 1 あとに, どうせろくな, なぜ怪塔, ば自分自身, 早く言え, 柴折から, 格別だ, 歸つて貰は, 門から

▼ 用事以外~ (13, 0.4%)

2 の口

1 [11件] にどれ, には一言, には口, には知人, には話し, に少なく, のこと, の事, の言葉, はなに, は字一つ

▼ 用事かと~ (11, 0.4%)

1 [11件] 僕は, 封を, 尋ねた, 思って, 思つたら, 思つて出, 気が, 舌うちを, 訊かしたん, 訊問された, 驚いて

▼ 用事だけ~ (11, 0.4%)

1 [11件] お話しましょう, すませ慌てて, たまに私, でまた, 先ず申します, 書いたところ, 書いて, 聞いて, 訊いて, 足すと, 足すとさつさ

▼ 用事です~ (10, 0.3%)

61 かえ, かときく, か親分, と百字

▼ 用事じゃ~ (9, 0.3%)

4 ない 1 ありませんよ, お前きいとけ, なかったん, アない, 直ぐ帰る

▼ 用事とは~ (8, 0.3%)

1 この事, しないで, 一体なにごと, 大きく出た, 必要な, 日本橋の, 違いますから, 違ひます

▼ 用事~ (8, 0.3%)

3 を頼ん 2 が済んだ 1 は言, を承, を承はる

▼ 用事では~ (7, 0.2%)

2 ない, なかった 1 ないが, ないところ, なくつて只孫

▼ 用事をも~ (7, 0.2%)

1 取り次がしめなかった, 忘れて, 擱い, 朝夕の, 田口から, 言わず小, 達しに

▼ 用事ある~ (6, 0.2%)

1 によって人払い, によりこれ, のん, も文, んや, 時は

▼ 用事なんか~ (6, 0.2%)

2 どうにでも 1 ありません, あるもん, ないのに, なかった

▼ 用事あっ~ (5, 0.2%)

1 て, てものう, て他行, て太, て雪の下

▼ 用事さえ~ (5, 0.2%)

2 済めば 1 ないと, 出来なくなった, 無けりゃこんな

▼ 用事だけの~ (5, 0.2%)

1 ことを, 単純な, 口をしか, 短いもの, 言われて

▼ 用事だけを~ (5, 0.2%)

2 とりいそぎ 1 果すつもり, 話す, 足すと

▼ 用事って~ (5, 0.2%)

2 のは 1 えの, どんな, なんだい

▼ 用事である~ (5, 0.2%)

1 かをさえ確め, か申し, といっ, と云う, はずは

▼ 用事にも~ (5, 0.2%)

1 いちいち使い, いちいち礼, けだるさ, 人々は, 働いたが

▼ 用事~ (5, 0.2%)

1 こみいった伝言, 久保の, 拭き掃除を, 相談に, 自分の

▼ 用事だけは~ (4, 0.1%)

1 すまして, 云い残さなかった, 残りますからね, 自分で

▼ 用事なし~ (4, 0.1%)

1 で, で行っ, で行った, と云っ

▼ 用事のみ~ (4, 0.1%)

2 なりしが 1 余は, 草々申上残候

▼ 用事までも~ (4, 0.1%)

1 して, ふり捨てたの, 子供たちに, 忘れて

▼ 用事ありと~ (3, 0.1%)

1 て先刻出, て参会, て里

▼ 用事から~ (3, 0.1%)

1 それへ, 用事へ, 離れること

▼ 用事これ~ (3, 0.1%)

2 ありに 1 あり滞在日数

▼ 用事だったら~ (3, 0.1%)

1 また起す, チーフメーツへ, 電話を

▼ 用事だろう~ (3, 0.1%)

1 と木崎, と納得, と胸

▼ 用事てえ~ (3, 0.1%)

3 のは

▼ 用事でございます~ (3, 0.1%)

1 か, ちょっとどうぞ道, のでちょっと何卒

▼ 用事などで~ (3, 0.1%)

1 いろいろと, 矢代初瀬と, 種が

▼ 用事~ (3, 0.1%)

1 しあればこそ, しご, し出来まして

▼ 用事ばかり~ (3, 0.1%)

1 であったり, でね, で遅く

▼ 用事まで~ (3, 0.1%)

1 して, やって, 申上候

▼ 用事~ (3, 0.1%)

1 コノ紙片ニ書キシタタメテ欲シイ, 云イ付ケテ予ト巧ク打ツカルヨウニ豫メ仕組ンダノカモ知レナイ, 引キ受ケテ妻ハ茶

▼ 用事つて~ (2, 0.1%)

2 程ぢ

▼ 用事であった~ (2, 0.1%)

1 かと思います, のだろう

▼ 用事でした~ (2, 0.1%)

1 か, のこの

▼ 用事でなかったら~ (2, 0.1%)

1 おれが, もうすこしそっとし

▼ 用事でなく~ (2, 0.1%)

1 ても誰, て外出

▼ 用事といつて~ (2, 0.1%)

1 は別に, は無い

▼ 用事とかを~ (2, 0.1%)

1 承はらうぢ, 承わろう

▼ 用事とを~ (2, 0.1%)

1 かいて, 聞き取つた

▼ 用事なぞを~ (2, 0.1%)

1 書きつける黒板, 済まして

▼ 用事などが~ (2, 0.1%)

1 ないかぎり, 主で

▼ 用事などを~ (2, 0.1%)

1 大急ぎに, 訊いて

▼ 用事に関する~ (2, 0.1%)

1 かぎり終る, 通信は

▼ 用事のみに~ (2, 0.1%)

1 働いて, 外出させる

▼ 用事やら~ (2, 0.1%)

1 で木曾福島, わからないまま

▼ 用事をのみ~ (2, 0.1%)

2 いひ遣ると

▼1* [95件]

用事あらばここ, 用事あればどこ, 用事あんねんいや, 用事かい石村さん, 用事かたがた見物に, 用事かたづけてしまおう, 用事がのうてど, 用事ぐらいはして, 用事てやらない, 用事そのものはそんなに, 用事その他は百貨店, 用事その他事務上のこと, 用事それから日用品の, 用事だけが書いて, 用事だけで申し納めて, 用事だけにして, 用事だったかいま正確, 用事だ言って見る, 用事や, 用事つづきで暮したら, 用事つてのは詰らない, 用事であり一つの, 用事できている, 用事でござるか, 用事でござんすから, 用事でたづねていつたらあの, 用事ででも外へ, 用事でとか折入っ, 用事でなかつたら歸れ, 用事でなきア一服や, 用事でもと行きつけた浦賀, 用事というもほかでは, 用事とかで旅, 用事としてはすでに時, 用事とでなかなか忙, 用事ともなく二, 用事とやらが済み次第, 用事どころかいな, 用事ないんでしょう, 用事なぞはございませんけど, 用事など忘れて, 用事などは放擲し, 用事なり訪問なりに, 用事なるものを, 用事なんぞは大した忙, 用事について父は, 用事についての話しかた, 用事についてのみでした, 用事にて大層らしく御, 用事にでも自分が, 用事にはそれだけの, 用事にまで長距離電話を, 用事ぬきの生活, 用事ねえでないか, 用事のねえ世帯, 用事ばかりの葉書ね, 用事ばかりをして, 用事ばっかり沢山あった, 用事いそいで, 用事へらして, 用事まだ言ってないわよ, 用事やらで甲野の, 用事よりほかに, 用事らしいことを, 用事を通して知り合った人, 用事てないよう, 用事て私, 用事一つ言いつけるにも, 用事一切を抛りだし, 用事で喋る, 用事不便をなさいませんでした, 用事うて襷, 用事仕舞ひたらば, 用事出來して, 用事出来乍残念来, 用事出来引越しをする, 用事多く落付かず, 用事市井で起こった, 用事市平を再び, 用事は早速, 用事帳云々のくだり, 用事思いいだされければ朝とく, 用事放っといても飛ん, 用事わしは, 用事早くきりあげること, 用事比較的順よく, 用事溜ってるさかいこい, 用事用事ではない, 用事相談がある, 用事はすこし, 用事終れば去る, 用事聞いてあげない, 用事申上候事思召も, 用事輻輳一つ済めば, 用事送る用事その他事務上の