青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「甥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~生活 生活~ ~生涯 生涯~ ~生物 生物~ ~生産 生産~ 産~ ~甥
甥~
~用 用~ ~用い 用い~ ~用いる 用いる~ ~用事 用事~ ~用心 用心~

「甥~」 1826, 20ppm, 5818位

▼ 甥~ (650, 35.6%)

10 顔を 7 当九郎, 與之 5 新吉, 音次郎と 4 すすめるまま, 娘な, 孔, 方へ, 高幹

3 [12件] ために, 世之, 太一の, 姿が, 子で, 家に, 房吉の, 手を, 殿の, 縁を, 鐵之助は, 音次郎は

2 [51件] ことを, ところへ, ような, 一人が, 与之助と, 中学生の, 中学生も, 久太郎さんが, 仲だ, 傳七郎と, 僧訪ふ, 八五郎が, 八五郎より, 助十郎を, 千代松が, 厄介に, 吉太郎といふ, 吉太郎を, 善介と, 善介は, 喜八郎は, 姿は, 姿を, 嫁でも, 子に, 家を, 專三郎が, 後姿は, 慶次郎が, 房吉と, 有年も, 杉夫という, 檜垣の, 歌声を, 清七, 癖に, 秦, 結婚式に, 結婚式には, 結婚式の, 背後に, 誠太郎が, 金次は, 長吉が, 長吉と, 長吉は, 間の, 間柄だ, 間柄で, 阿古十郎が, 音蔵であった

1 [458件] あいだがらそれを, あいだがらどうぞ, あけすけな, あやまちは, あるもの, いなくなった家, いろいろな, うち善人と, おれを, からだを, ことが, ことで, ことである, ことなぞを, ことなど, ことは, しばらく住ん, そうした熱心さ, その子, ためにも, ところだけを, ほうで, ほうへ, もので, やったその, よしみに, カールに, カールの, スナップ写真が, トンネール侯爵の, フョードル・リャーミンでござんす, ベッドの, リケットと, リケットは, レアウペペだけは, ヴァニカが, 一人ぐらいは, 一人の, 一人は, 一生が, 一生を, 丈太郎が, 三之丞も, 三吉が, 三好孫七郎秀次などに, 三好秀次も, 三根夫少年は, 三高生に, 上に, 下には, 下宿の, 下宿へ, 下宿先に, 与之助の, 与之助は, 中で, 久太郎でございます, 久太郎は, 乳母の, 事とばかり, 事は, 事を, 二の句も, 亡くなったは, 亮が, 人情で, 人相の, 仁坊の, 仙波阿古十郎, 仲じゃ, 仲であり, 仲に, 仲まで, 伊三郎と, 伊四郎の, 伯父さん見たい, 佐久間盛政に, 何方かに, 作った水出し, 侍で, 価値を, 信孝の, 信次郎という, 健吉を, 側へ, 傳七郎でした, 傳七郎といふ, 傳七郎の, 傳七郎を, 元吉と, 元気な, 光一を, 光春に, 光春を, 八五郎も, 八高生に, 公子たちの, 六つばかりの, 兵庫という, 兵庫と共に, 兵庫の, 兵庫も, 兵庫助とが, 兼吉と, 兼吉は, 兼輔とは, 判官清高に, 前で, 前に, 劉磐という, 勇次郎の, 医学生の, 十兵衛と, 十兵衛光秀とか, 十兵衛光秀や, 千代次郎これは, 千代次郎だ, 千代次郎と, 千次郎でした, 千次郎といふ, 千次郎の, 卓一を, 卯太郎が, 友人は, 口から, 口を, 吉三郎さんが, 吉三郎と, 吉五郎を, 吉太郎が, 吉太郎と, 吉太郎どんの, 吉太郎の, 吉太郎は, 同苗庄次郎が, 名前と, 名義で, 周囲なども, 周瑜の, 命乞いを, 和田平太胤長さまが, 善介では, 喜びの, 喜八郎が, 喜太郎は, 噂を, 困り抜いたよう, 坂口に, 域を, 墓が, 墓に, 墓も, 声であった, 声である, 変った姿, 夏侯尚, 多助, 大和守である, 大尉が, 大尉の, 大尉を, 天蔵, 天蔵な, 天蔵の, 天蔵へ, 天蔵を, 天鬼には, 天鬼様に, 天鬼様へ, 太一が, 太一に, 太郎が, 夫婦を, 奴が, 奴と, 奴の, 好きな, 如き至親間, 妻, 妻を, 妻木という, 娘が, 娘で, 娘とかが, 婚礼で, 嫁なる, 嫁に, 嫁にも, 子が, 子です, 子では, 子とから, 子の, 子供を, 子供心に, 子光琳, 字は, 孝吉は, 学校は, 学校へ, 孫韶だった, 孫韶は, 宇三郎の, 宏兒も, 宗一と, 家では, 家は, 家定に, 家橘を, 寝台の, 対話とは, 将来に, 将来の, 将門など, 将門を, 專三郎でなけれ, 專三郎夫婦その, 小僧つ, 少年で, 居る事, 山上武は, 師秋が, 帰りを, 帰還, 常吉さんは, 幾太郎と, 庄平とが, 建文帝に, 弘文天皇は, 弟よりも, 弥四郎と, 弥四郎正氏と, 弾正正, 彦太郎に, 彦太郎には, 彦太郎を, 後から, 後見役を, 御赦免, 志郎だけが, 志郎も, 悪行に, 意外な, 意見也, 感情を, 成敗を, 房吉に, 房吉は, 所業と, 手紙に, 投げた毬, 拒否では, 持って, 捲き込まれて, 政利も, 政長豚兒三人も, 政隆長男次男裸男都合五人汽車を, 敦忠は, 文五郎に, 文彦で, 文彦であった, 文蔵と, 斎藤利堯とか, 新助, 新吉さんあの, 新吉たった, 新吉です, 新田, 新郎と, 方は, 方を, 明智次右衛門光忠に, 春久上人という, 春之助さんと, 春松が, 時たまの, 時代で, 景清に, 景清にも, 曹安民が, 曹安民ただ一人だけが, 曹安民とを, 曹安民の, 木村長兵衛を, 李光明一派が, 李別という, 李暹という, 来たの, 来るの, 松之助が, 松之助よ, 枕許へ, 枕頭に, 枕頭には, 某氏と, 某氏に, 染井福之助に, 柩を, 柳生兵庫も, 梅次郎が, 梅次郎も, 梅次郎手代の, 楠木弥四郎が, 楠木弥四郎に, 様に, 様子が, 様子に, 様子を, 權三が, 權三は, 死, 死去した, 氏政へ, 氏郷にとって, 気を, 気弱さを, 河童を, 法師の, 泣き叫ぶ声, 清太郎といふ, 清盛が, 渡辺天蔵では, 渡辺天蔵なども, 渡辺天蔵を, 滝川詮益を, 滝川長兵衛という, 滝川長兵衛は, 瀬木福松が, 瀬木福松に, 無事だつた, 熱意に, 爲し, 爲に, 特殊な, 玄蕃が, 玄蕃允の, 玄蕃盛政だった, 田庄平が, 申す事, 申出を, 留守の, 畜生が, 疋田文五郎と, 疋田文五郎という, 病勢も, 發育を, 真事だの, 眼と, 矢木三根夫という, 石丸英一逝く, 福之助でございます, 福之助幼な, 秀吉と, 秀吉という, 秀次に, 秀次にたいしては, 秀次の, 秀次へ, 秀次を, 私が, 竹と, 笑い声だ, 素質を, 細君が, 罪も, 罪を, 置いて, 義兄が, 耳の, 耳を, 胸の, 致華という, 良さ, 芳男という, 芳男の, 若いの, 若い医学士, 荀攸も, 荷で, 莊太郎と, 菊之助が, 菊之助を, 萎れて, 葛巻義敏が, 葛巻義敏と, 藻西へ, 藻西太郎さんで, 蘇双と, 蘇双と共に, 蜂葉が, 蜂葉助手, 蜂葉十六は, 蜂葉十六十六だ, 血属関係を, 血縁でも, 行く先は, 行ひ, 行一が, 行方不明と, 行方不明事件と, 袁胤は, 袁胤ひとりしか, 要求の, 親しい仲, 言ふ, 評判高い, 話は, 誓約を, 足音に, 身の上は, 身構へだの, 輪廓丈けを, 辰之助と, 造つた家庭には, 達者な, 鄭某は, 釆女樣に, 重三郎です, 野郎らしい, 金之丞が, 金之丞と, 金五郎と, 金次です, 金次と, 銷沈した, 鐵之助といふ, 鐵之助に, 間がらで, 間だって, 間で, 間は, 間柄いつでも, 間柄でも, 間柄として, 間柄とは, 関係に, 音次郎でない, 音次郎を, 音次郎手代の, 頬を, 頭髪はも, 頼みを, 顔が, 顔つきは, 顔に, 顔には, 顔の, 香川を, 馬岱だけは, 馬岱を, 馬詰という, 駒三郎という, 高氏どのの, 鬼五郎助高を, 鬼五郎助高鳥屋彦七らは, 鶴松君まで, 鷺宮だけ, 鹽井健男同

▼ 甥~ (195, 10.7%)

9 云った

2 [11件] ぐいぐい彼, ここへ, そのまま奇蹟的, その後毛髪が, それを, とうとう鼻血, レムブラントの, 一寸負傷, 並んで, 言つた, 集団疎開へも

1 [164件] あたかも他聞, あのとおり, いざと, いたずら小僧みたいな, いたつて, いつのまにか綺麗, いつまでも, がんじ, ぐれて, こう云われ, ここに, この部屋, これが, こんなふう, さすがに, さっき何度も, しかしその, しばらくのま, すぐその, すぐに, すこしばかり, すっかり気分, すつかり, その空家, その話, その間中鉤, それが, ただ道ばた, だぶだぶの, ちょっと返答, どうなりました, ないから, ないと, なるべく物理学, ねちねちし, ひどく浮, ふと頭, ますます悪い, また同じ, また夢中, まだ十五, もういや, もうかなり元気, もう何, もう臍の緒, もしそうしたいなら, パツチリと, フクチャンに, ホントウに, ヨハンナ・ブルマーという, 一寸お辞儀, 不具に, 不思議さうに訊いた, 不憫である, 丹念に, 九州の, 二三日する, 二倍も, 二十五で, 五条の, 今では, 以前油小路の, 伯父を, 何か, 何と, 供述の, 僕の, 僕を, 元気に, 其分流近く葬られた, 兼ねて, 内心喜ん, 冷めたい夜道, 前と, 卑怯でない, 危く欄干の, 叔父の, 叔父を, 叫んだ, 可なり, 可愛い, 可愛いの, 呪はれ, 呼鈴を, 四五町さきの, 土屋という, 坐りも, 声を, 失望し, 始めて, 学校から, 学校へ, 寄食者クルクリオンと, 寝たまま, 帆村を, 帰って, 常に共に遊んだ, 廊下の, 心細さうに, 快活に, 思いましたから, 思つたより, 急に, 愁然として, 愁眉を, 憂鬱に, 扉の, 手を, 手帛の, 抗弁した, 持ちこたへて, 指さして, 指ざし, 指定し, 新に, 既にその, 早くも, 時々不機嫌さうに, 曖昧に, 横浜の, 次ぎの, 殆ど毎日友人, 殺さぬが, 母姉の, 毎日軍から, 深い疑惑, 炬燵に, 犯さぬ罪, 甘えかかった, 疳性の, 目を, 直接の, 相手の, 相談の, 真中の, 硝子の, 私が, 私よりは, 笑った, 笹村の, 答えた, 紙を, 終戦後飢ゑてゐるやうに書物を, 絶えず頭, 羨ましい, 義も, 老いぼれの, 考えましたが, 肩を, 脳髄を, 若い者, 蒼ざめた顔で, 血を, 裁判所の, 言葉を, 話し続けた, 豊では, 貴方の, 跣であった, 跣足で, 部屋の, 鉱山か, 顔を, 食事の

▼ 甥~ (129, 7.1%)

2 あって, いつのまにか玄関, きて, すすめるので, すばやく飛びつい, ふと変調, ニコニコし, 人手に, 帰郷する, 言った

1 [109件] あるの, あんたと, いくら苦心, いた, いったよう, きっとただ, くれた巻煙草, こうして脇腹, ここへ, こちらへ, この事件, この猿, この近所, こんなに大きく, こんなに興奮, ですか, ですよ, とつぜん叔父, どうしてフリージア, ひどく悄気, また笑い出した, よくも続け, オデン屋を, ゲンシと, ボート選手の, 一二杯自分より, 一人いる, 一人お, 一人来る, 一人田舎から, 三十七で, 下手人と, 中野へ, 予を, 二足三足後の, 今度は, 伯父の, 何か, 何さま見ちがえる, 何だ, 何を, 先日死んだ, 入つて來, 入院当時骨と, 出かけて, 出征する, 出直して, 初の, 別れて, 叔父に, 口に, 同じよう, 名誉ある, 四人も, 報じて, 天子を, 女の, 好きだった, 好きで, 好きらしい, 学校で, 家出し, 家出を, 居たから, 帰って, 帰つて来た, 後から, 忌々しくて, 忠実なる, 急性腸胃加答児を, 戦い文字どおり骨肉相食む, 放蕩を, 斯う, 日の, 昨日吉原へ, 時々申ます, 時々遊び, 暫く母親, 来て, 槍屋町に, 歸つたのも, 死んだ, 死んで, 熱意を, 爺や, 狂人と, 猫を, 田舎から, 申しますには, 申し分の, 病んで, 病弱な, 眉根を, 着いたその, 答えた, 続けて, 脚気の, 自慢で, 行李の, 西洋草花を, 見かけたこと, 見て, 言おうと, 返答した, 非常に, 風邪を, 食卓に, 駈けつけ負って, 鬼の

▼ 甥~ (99, 5.4%)

3 して, 當る 2 あたるので, あたる者, 当る人達, 当る者, 案内させ

1 [83件] あいに, あたるの, あたるもの, あたるわけ, あたるん, あてて, あの鴉, かけまいとして, ございます, それを, なるという, なるの, なるので, なろうと, もつて, ゆっくりと, 不利と, 与えて, 云った, 代筆を, 伝えた, 何かを, 何とか言葉, 依頼した, 共通な, 別れた, 半分づつやるやうに, 及ぼしたと, 句を, 合図を, 向いましても, 向けて, 命じる, 大金を, 妻帯させ, 嫁が, 宛てて, 對し, 幸いせず, 当たり生まれついての, 当りますかね, 当る, 当るあとつぎ, 当るそう, 当るもの, 当るんで, 当る一郎, 当る人, 当る今, 当る健策, 当る定通公, 当る彼, 当る戸田様, 当る男, 当る相棒, 当る青年, 徐乾學が, 手を, 打ちあけた, 教は, 李暹李別という, 杯を, 留守を, 當ります, 相違ありません, 示しただけ, 筆を, 紹介した, 聞いて, 聞かせた, 聞けば, 聲を, 脚気の, 自分の, 芸人の, 蔡和蔡仲という, 親愛を, 言った時, 訪はれぬ, 譲り六年目, 護られて, 讓られるだらう, 酒を

▼ 甥~ (88, 4.8%)

3 連れて 2 いつまでも, もって, 呼びつけて, 夜具の, 相手に, 調べて

1 [73件] あざけりて, おしつけて, くびり, じっと眺め, その時, たよって, つかまえて, つれ一方, ほめて, わが子として, アメリカへ, 一人やる, 下座敷へ, 使役つて頂く, 借りるよう, 全部の, 切るの, 勝家は, 叔父や, 可愛がって, 叱ったの, 呼び寄せめあわせて, 呼出した, 商人に, 始め私, 子供に, 尋ねて, 尋ねんと, 帰国の, 店の, 引取って, 後釜に, 御供に, 思い出させるよう, 思ひ出すやう, 愛するの, 愛想よく, 慰める為, 憎む叔父, 憐重す, 懸念せずん, 振むいて, 救わねば, 斬らねば, 有罪である, 次に自分, 殺したは, 殺す余儀ない, 理想的に, 生かすか, 登極せしめよう, 眺めた, 睨んだ叔父, 私の, 私は, 笑へ, 自分の, 自棄的に, 褒めるでも, 見ただけ, 見た目に, 見返った, 認知する, 説得し, 貸りる, 起しに, 躍らすこと, 迎えるにあたって, 近づけて, 送り出しながら, 連れ附添, 遠矢にかけて, 静かに

▼ 甥~ (68, 3.7%)

6 一緒に 2 いうよりは, いえば, 一しょに, 二人で, 云っても, 妹と, 散歩に, 称する男

1 [46件] あまり睦まじく, いうだけに, いうよりか, いうよりも, いったって, いっても, いふに, お銀, この男, それよりも, つき合わせた, なりして, 一人の, 三人の, 下女とが, 何か, 侮られ根, 前後し, 同じくプリニイ, 同じに, 同じ行, 名乗って, 名乗る男, 呼ばれたところ, 姪, 姪の, 安雄は, 宣ふ, 思えばこそ, 思ッて, 旧の, 書しめ, 書せずして, 申しても, 私とは, 繋がる縁, 老人との, 肩を, 見える, 触れ込んで, 言っても, 言つたのは, 話しあ, 話し合, 雑談に, 鞘當し

▼ 甥~ (66, 3.6%)

3 秀吉の 2 主人重三郎は, 情愛の

1 [59件] あつて, あの店, あらうか, いずれ社長, おげん, お粂, お絹, かつその, がんす, この占師, この夏帰省, この親戚, ござりまし, しかも我が, ねやっぱり, はござりませぬ, 三十五六本, 五六年前養子に, 今年十八歳である, 典型的な, 刃を, 又その, 叔父を, 取って, 妻木敏郎, 宇佐川鐵馬といふ, 市十郎夫婦の, 店では, 店の, 彦太という, 彼は, 彼方も, 後を, 曹休字は, 有名なる, 柘植三之丞という, 桜場清六という, 梅三郎という, 永くその, 無くて, 然も, 特に蔡陽, 瓦職人を, 田坂源次号柏雲と, 番頭を, 當年三十二歳の, 疋田小, 福島高等商業を, 私には, 紀史岑という, 紫錦とは, 芥川の, 藤屋の, 近江屋の, 金次といふ, 鏡子よりは, 陸へ, 非常な, 音松は

▼ 甥~ (40, 2.2%)

4 様が 3 さんの 2 さんだった, さんで, さんと

1 [27件] か, から事に, が一方, さまにも, さんが, さんは, だからただ御, ぢや, であらっしゃるか, でござった, とは, と二人暮し, どのの, にあたられる, にもそう, の十兵衛様, の天蔵どの, の春松どん, の梅吉さん, は, も可, 様で, 様では, 様に, 様の, 様を, 樣の

▼ 甥~ (31, 1.7%)

2 こちらへ, 妙に, 姪も

1 [25件] いたから, こうしてのこのこ, ございません五六日前, そこに, その姉婿, それと, たくさんいる, たまたま春休み, 下女も, 休暇で, 側に, 傍へ, 出入の, 友人も, 同じ思い, 妻も, 孫も, 少しく鼻, 息を, 甥なり, 甥義理ある, 私に, 見え隠れに, 見学だ, 途中から

▼ 甥~ (29, 1.6%)

2 そうだ, ぞ

1 [25件] からという, からと云っ, から善介, か姪, がゴイゴロフ, が世の中, が竹次郎, し子, その姪, と, という, という気もち, とおもっ, とか写真, とか麦畑, ともいう, と偽っ, と墨染, と思う, と称し, などと思う, のが, のと, よ, 老人が

▼ 甥にあたる~ (22, 1.2%)

1 [22件] フョードル・ザハーロフ・リャーミンという, 中根は, 前田慶次郎という, 十兵衛光秀の, 卓一といふ, 参謀長の, 右兵衛尉斉明という, 喜作さんを, 夏侯尚に, 嫖騎将軍霍去病が, 審栄へ, 張繍という, 本家の, 某大学生, 正夫という, 武衛都尉の, 神原喜作を, 者ゆえ一子忠也の, 若い将軍, 貴族の, 金右衛門と, 頼朝が

▼ 甥たち~ (15, 0.8%)

2 や隆太郎

1 [13件] がゴソゴソ, と共に馬, にもつ, に連れ, のため, の中, の奇妙, の姿, の菩提, の骨, はそう, はなかなか, も母

▼ 甥~ (15, 0.8%)

2 姪の

1 [13件] お新, 妹の, 姪たちから, 姪たちの, 姪と, 姪また, 姪や, 子供らの, 彼の, 縁故の, 虚栄心の, 門人や, 養女や

▼ 甥~ (13, 0.7%)

2 が, がお 1 がかよう, が今, が後世安楽, の面目, は, はこういう, はこの, はわが家, は何

▼ 甥である~ (11, 0.6%)

1 [11件] あの兄弟, が幼い, ことは, ということ, 七郎兵衛信澄の, 二人が, 少年とが, 父の, 男の, 男も, 自分の

▼ 甥~ (10, 0.5%)

1 とは朝日, と親しき, にその, にはら, に小さな, に見せ, の中, の側, はめずらしい, はアムブロアジヌ

▼ 甥という~ (9, 0.5%)

4 のは 1 ことも, ところに, のが, 程近い, 骨肉の

▼ 甥~ (9, 0.5%)

2 んだ 1 の, ので, のであった, のである, のであろう, んださう, んださうで

▼ 甥でも~ (8, 0.4%)

2 ない 1 あり友人, あり同門, あり孤独, あるので, なくひとり, 従弟でも

▼ 甥とは~ (8, 0.4%)

2 いいながら 1 なしてから, 同い年齢にも, 太刀を, 知らなかったそれ, 知らなかつた, 言ひ

▼ 甥~ (7, 0.4%)

3 さんが 1 さんです, だよ, であられる, に当たられる

▼ 甥との~ (7, 0.4%)

2 間には 1 体に, 打ち解けた間柄, 文通は, 考えは, 葬式を

▼ 甥にも~ (7, 0.4%)

1 あの沙門, せよ独美, 勧め自分, 姪にも, 思う事, 訊ねて, 逢った

▼ 甥~ (6, 0.3%)

1 何かに, 南君か, 孫だ, 従兄弟かには, 血筋の, 親類なら

▼ 甥です~ (6, 0.3%)

21 から, から御, から本, しいささか

▼ 甥~ (6, 0.3%)

1 が可哀そう, が御, の肩, はそこ, を貴君, を養っ

▼ 甥~ (6, 0.3%)

1 が使, それから姪子, に当る, の出征留守, の心意気, まで叱り

▼ 甥なる~ (5, 0.3%)

1 ものが, 在久間安次, 田崎某, 男當時十一歳なりし, 者の

▼ 甥には~ (5, 0.3%)

1 お気の毒様, ちっとも悪い, 体中の, 違いありませんが, 違ひない

▼ 甥から~ (4, 0.2%)

2 来たもの 1 部屋を, 電報が

▼ 甥じゃ~ (4, 0.2%)

1 ないか, ねえか, アない, アねえか

▼ 甥であった~ (4, 0.2%)

1 か不明, が狎, ので大分, ので私

▼ 甥であり~ (4, 0.2%)

1 この町, その昔, のちに, また同門

▼ 甥とが~ (4, 0.2%)

1 どっちも, 同じ家, 棺の, 足音を

▼ 甥一人~ (4, 0.2%)

1 のため, を丸燒, を仲間はずれ, を殺す

▼ 甥~ (4, 0.2%)

1 などの交換, などの視線, も無かっ, を呼び

▼ 甥っ子~ (3, 0.2%)

2 だが 1 は思った

▼ 甥とか~ (3, 0.2%)

1 いったじゃ, 同業の, 子とかいう

▼ 甥とかいう~ (3, 0.2%)

1 ことだった, ぺろりと, 柘植三之丞の

▼ 甥として~ (3, 0.2%)

1 しんから, 対しよう, 我に

▼ 甥とも~ (3, 0.2%)

1 何とも名状, 思ふ人たち, 思わず真

▼ 甥どの~ (3, 0.2%)

1 が立, をあちら, を寝床

▼ 甥などは~ (3, 0.2%)

1 その口真似, 干支の, 驚くだらう

▼ 甥~ (3, 0.2%)

2 は殺し兼ねない 1 を窺う

▼ 甥擁立派~ (3, 0.2%)

2 を突 1 の密旨

▼ 甥李光明~ (3, 0.2%)

1 がどんな, と結びついた, を押し上げよう

▼ 甥からの~ (2, 0.1%)

1 初めての, 来信を

▼ 甥その~ (2, 0.1%)

1 叔父その, 法を

▼ 甥たる~ (2, 0.1%)

1 に恥じざる, や伯父

▼ 甥だけは~ (2, 0.1%)

1 まだ行衛不明, 老探偵

▼ 甥だの~ (2, 0.1%)

1 前の, 姪だ

▼ 甥であろう~ (2, 0.1%)

1 がどちら, ととうてい

▼ 甥でない~ (2, 0.1%)

1 までも親戚, ゆえせがれじゃと

▼ 甥といふ~ (2, 0.1%)

1 ことにな, 勝野文平灰色の

▼ 甥とかの~ (2, 0.1%)

1 いる田舎, 名で

▼ 甥としても~ (2, 0.1%)

1 主催者の, 名を

▼ 甥とを~ (2, 0.1%)

1 抱擁し, 頼りに

▼ 甥ども~ (2, 0.1%)

1 は生き, を初めて

▼ 甥なぞの~ (2, 0.1%)

1 側に, 間柄かと

▼ 甥なり~ (2, 0.1%)

1 するから, 叔父も

▼ 甥なる子~ (2, 0.1%)

2 の小

▼ 甥にと~ (2, 0.1%)

1 つての, つては

▼ 甥に対して~ (2, 0.1%)

1 叔父としての, 感じそれに

▼ 甥に対する~ (2, 0.1%)

1 やうな, 大きな愛情

▼ 甥への~ (2, 0.1%)

1 形見だ, 手紙にも

▼ 甥イヴァン・チェルトクーツキイ~ (2, 0.1%)

1 をエレアーナ王女, を登位

▼ 甥三人~ (2, 0.1%)

1 は良兼, も柱

▼ 甥~ (2, 0.1%)

1 を藪, を蚊帳

▼ 甥~ (2, 0.1%)

1 にう, の意見

▼ 甥十兵衛光秀~ (2, 0.1%)

1 がこれ, が一緒

▼ 甥夫婦~ (2, 0.1%)

1 からもつ, からよく

▼ 甥宗一~ (2, 0.1%)

1 の三人, を縊

▼ 甥~ (2, 0.1%)

1 と新た, の軋轢

▼ 甥渡辺天蔵~ (2, 0.1%)

1 のこと, を働かせよう

▼ 甥秀次~ (2, 0.1%)

1 は夜, も去年

▼ 甥~ (2, 0.1%)

2 の木原

▼1* [138件]

ありですね, 甥いとこたちたくさんいるの, 甥かたらいあってみな, 甥かと見ら, 甥からも聞き宿, 甥がいでもする, 甥こそいい面, 甥ごときものがと, 甥さんは, 甥その他私の知らぬ, 甥それらの相談, 甥だけに羽振, 甥ださうで信濃の, 甥だったんだ, 甥や無い, 甥子の, 甥であって覚明, 甥でありますからなおさらそう, 甥でございまして自分, 甥でござったか, 甥ではないか, 甥とかに当る若い, 甥とで腰掛けた團子屋, 甥とともに苦学した, 甥と共にそこを, 甥どころでは, 甥どもいずれもよく, 甥など恃み, 甥などでは無いかという, 甥などと冬の, 甥なども戦と, 甥などを誘ひ神楽坂, 甥なんぞの気心も, 甥にあたり半蔵とは, 甥にすらもかつて洩らさなかった, 甥にたいしてこう口, 甥にてその家, 甥にとっては特殊な, 甥にまで見棄てられて, 甥に対し何の, 甥に対してさえお白洲式, 甥に当たりまして京都高倉の, 甥ばかりでは, 甥ほどの相違が, 甥まで入れると, 甥までが謠曲の, 甥やらも見えない, 甥おまえこの, 甥よりさきに, 甥よりはもっと笑い, 甥よりも他人の, 甥らしい親しみが, 甥アクタイオンの横死, 甥ガ手向ウカラハ云イ合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 甥ガ気絶シテ大騒ギヲヤッタガ, 甥チッバルト下手より出る, 甥ッ子か, 甥ニ大竹源二郎トイウ仁ガ有リオレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 甥メラハ脇差ヲサシテ次ノ間ニ残ラズ結ン, 甥ヨハンの弑する, 甥ラニ向ッテ, 甥一人豚兒三人なりき, 甥一郎が変死, 甥三人永の暇, 甥三好秀次中村一氏等を第, 甥三瀬彦之進によつて, 甥之次郎, 甥中村君の家, 甥丸部道九郎です, 甥二人が怪しい, 甥他出す, 甥だ, 甥伊東アンシオの名, 甥佐久間玄蕃が勝ち, 甥儀次郎般若寺村の百姓卯兵衛, 甥兄弟たちもみな征, 甥先だって歿す後, 甥児今苦悩に逼, 甥前田慶次郎だよ, 甥原田定助宛, 甥友ども打語らい鳰, 甥同士で浅ましい, 甥同苗宇三郎の屋敷, 甥たる孫桓, 甥喜んで曰く, 甥喜平次景勝との間, 甥喧嘩から思う, 甥です, 甥垣見左内と変, 甥女姪が敵討, 甥姉妹の姪, 甥姪たちに特別, 甥を褒めた, 甥嫁さん老主人, 甥子さんは男らしい, 甥に伝わった, 甥宋成と再婚, 甥專三郎殺しの下手人, 甥小平をし, 甥平八郎に切腹, 甥幸綱幸堯等は幸村, 甥弥次郎という者, 甥彦太郎の變, 甥従兄弟と従兄弟, 甥文治でした, 甥新吉と云う, 甥書生等の眼, 甥李光明一派から密旨, 甥李光明擁立派は皇帝, 甥楠木弥四郎もついて行っ, 甥楠木弥四郎正氏だった, 甥殿下であらせられる, 甥氏政のため, 甥滝川長兵衛とあれ, 甥足慰竜鍾, 甥玄蕃允盛政が采配, 甥由兵衛に娶合せ, 甥盥伏せを設けける, 甥相当人気ある, 甥知家は定家, 甥祖父母と孫, 甥等サッケッティ家のひとり, 甥義理ある遠い, 甥義賢のこと, 甥自身がいった, 甥の訪問, 甥菊之助を立てよう, 甥葛卷氏近く對決か, 甥蜂須賀又十郎, 甥西村はこれ, 甥西村伊作牧師沖野岩三郎外五名家宅搜索を受け, 甥が子, 甥野郎が来た, 甥鎌作儀病身に付, 甥姪書生など, 甥音次郎の取, 甥高幹は并州, 甥高氏の言