青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「残し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

死骸~ ~殆 殆~ ~殆ど 殆ど~ 殊~ ~殊に 殊に~ 残~ ~残し
残し~
~残っ 残っ~ ~残った 残った~ ~残つて 残らず~ ~残り 残り~ ~残る 残る~

「残し~」 4389, 42ppm, 2747位

▼ 残し~ (3861, 88.0%)

170 置いて 100 いる 89 おいて 43 いた 41 ゐる 35 いるの 26 行った 25 出て 17 おくこと, 行って 15 おく, 死んで 14 帰って 13 いって, ゐるの 12 あとは, いること, おいた, ゐた, 行くの, 行ったの 11 いった, 彼は, 死んだ, 置いた, 行つた 10 他の, 去った, 私は, 置くの 9 いない, 来て, 行くこと 8 あるの, おいたの, きたの, 居るの, 置いたの, 置きたいと 7 おきました, おくと, 来た, 来たの, 立ち去った

6 [12件] あった, あとの, いるが, いるだけ, いるに, いるもの, きた, ゆくの, ゐること, ゐるもの, 来たもの, 行こうと

5 [20件] ある, いなかった, いるよう, おいたもの, おいては, おいても, おきたいと, 一人で, 他は, 居る, 来たこと, 歩いて, 立去った, 置かなければ, 自分の, 自分は, 行きました, 行く, 行ったもの, 行った言葉

4 [28件] いたが, いったもの, いて, いました, いる位, おいでに, おきたい, おきたいという, おくの, おけば, おこう, おこうと, お置き, どこかへ, やりたいと, ゆく, 先へ, 半七, 姿を, 来たお, 来ました, 死ぬと, 置きたい, 置けば, 行かねば, 行くよう, 行ったこと, 行ったという

3 [64件] あったの, あって, あります, あるん, いくの, いたの, いったが, いったの, いないの, います, いますが, いるその, いると, いる人, おいたが, おかなくちゃ, おきたいもの, おくが, きたお, きたもの, きて, くれた, くれたの, しまった, そこから, ただひとり, ゆくこと, わたしは, ゐないの, ゐるので, 一足先に, 世を, 中を, 二人は, 先に, 去ったの, 去って, 奥の, 奥へ, 家を, 居る家, 平次は, 後は, 来たん, 来た子供等, 海中に, 消えて, 満員である, 男は, 私と, 置いたん, 置きます, 置き度, 置くこと, 置くわけ, 自分だけ, 行きます, 行くと, 行く筈, 行ったと, 行ったん, 行方を, 逃げて, 音の

2 [199件] あとを, ありました, あるかも, あるから, ある妻, ある老母, いくわけ, いずれも, いたから, いたという, いたので, いたよう, いったと, いった手紙, いった言葉, いっては, いつた, いないこと, いないという, いないよう, いません, いるから, いるし, いるとは, いるので, いるのみ, いるばかり, いるわけ, いる処, いる所, いる有様, おいたこと, おいたその, おいたので, おいた金, おかなかった, おかなかったの, おきたいの, おきながら, おくので, おく事, おく必要, おけと, おこうという, おりますが, おる, おるの, お前は, きたという, きた妻, きた妻子, きた子供, きた母親, くの, くれたが, くれたこと, くれました, この世を, さっさと出, すたすたと, そこの, そこを, そのほか, その場, その日, それの, どこへ, ほかの, まいりました, まいります, みようと, みんなは, やること, やろうと, ゆくもの, ゆく印象, ゐたの, ゐない, ゐます, ゐるか, ゐるであらう, ゐるに, ゐるのみ, ゐるやう, サッサと, 一同は, 一座の, 一面に, 三方は, 上野山下に, 二週間と, 今度は, 他界し, 何も, 余は, 便利で, 僕の, 元来た, 克明な, 内部は, 去る, 向うの, 呉れました, 外に, 外へ, 奈良に, 妻は, 子供を, 家族に, 居るもの, 屋敷の, 山下桟橋へ, 帰った, 帰つた, 帰つて来た, 帰つて行つた, 彼女は, 急いで, 持って, 旅に, 日が, 早く世, 本校を, 村を, 来たと, 来たという, 来たはず, 来たよう, 来た先方, 来た妻子, 来た子供, 来た家庭, 来た生存者六名中, 林の, 此の, 歩き出した, 死にました, 死ぬの, 死んだの, 死後なお, 法水は, 消え去って, 済ますこと, 無言の, 町の, 病死した, 病院を, 空に, 窓から, 立ち去ったの, 立った, 立去って, 置いたかと, 置いたもの, 置いたものの, 置いた数通, 置いた酒, 置いては, 置いても, 置かうと, 置くつもり, 置くと, 置くもの, 置こう, 置こうと, 置た, 能くそ, 腹を, 自分が, 自分だけは, 自分も, 船に, 芥川の, 若葉かな, 蜘蛛の, 行きましたよ, 行くが, 行くもの, 行く事, 行こう, 行ったので, 行った大, 行った稽古用品, 行った長い長い, 行つ, 親雀, 走って, 身を, 逃げたと, 部屋を, 門の, 開墾し, 闇に, 階下へ, 雪に, 静かに, 音も, 馬は, 駆け出して

1 [2077件 抜粋] あかぬ別れ, あっさりどこ, あったわが家, あった仕事, あった我が家, あった若い, あとその, あなたは, あの窓, あらましは, あるいわゆる, あるだけ, あるもん, ある事, ある合格米, ある札, ある芥火, ある防風林, いかないだろうと, いきたかったが, いくもの, いずれにか, いたかは, いたり, いた夕陽, いったいろいろ, いったろうあの, いったアブミ, いった傘, いった学生服, いった探検隊員, いった望遠鏡, いった金, いつたか, いつた安らか, いても, いないばかりか, いなかったが, いましたから, いらしった, いるかも, いるため, いるであろうが, いるはず, いるほど, いる一人, いる人物, いる多く, いる家庭, いる既知, いる白髪, いる通信文, いる髷, うす暗い廊下, おいたお前, おいたただ, おいたといった, おいたまことに, おいたら何, おいたん, おいた二人, おいた十円, おいた女房, おいた家中, おいた方, おいた氏家卜全, おいた細作, おいた記録, おいた酒, おかないと, おかない心, おかれること, おきたいので, おきたかったから, おきたくない, おきますから, おき遠い, おくため, おくといふ, おくはず, おくほか, おくわけ, おく妹, おく賢い, おけないの, おけるで, おのおの家へ, おられます, おります, おり明るい, お出でに, お園, お藤, かくれて, きたあたし, きたがらくた, きたと, きたにも, きた一部隊, きた伏勢, きた孤島, きた彼女, きた旅館, きた横町, きた生きたもの, きた駆逐艦, きました, くだされ, くれたか, くれたミヤゲ, くれた僅か, くれた無, くれと, くれましたもの, ぐるりと, こちらが, こなければ, この日, これと, さっさといっ, さっさと去っ, さっさと行っ, さつ, さりげなく, しばらく旅, しまったと, すぐに, すっかり森, すっぽりと, すれちがった, そうやっ, そっと当方, そのままいっ, そのままズイ, そのまま雲散霧消, その他は, その婿, その月, その紙屑, それから上, それに, た, つかつかと, でかけるの, とりあえず一色道庵, どこへと, なにか変った, ひつこん, ひとり勝手, ひょろ長い糸瓜, ふらふらと, ほとんどこの, まいれ, また威勢, まだ壁土, まんまと首尾, みた, みな門を, めろめろと, もじもじする, もらひたいと, やって, やりたくない気, やるもの, ゆかないとき, ゆきやがった, ゆくほか, ゆく名札, ゆったりと, より明治, われも, ゐたので, ゐない悲し, ゐるから, ゐるだけで, ゐるばかり, ゐる以外, ゐる様, ゐる筈, アトリエの, ウィタミニマを, サイド, ズイと, テーブルや, ハリガン中将は, パン屋の, 一ッ飛ばし, 一人車から, 一家が, 一散に, 一礼し, 一里四方の, 三十歳の, 三越に, 上州へ, 下さいと, 下り彼, 両方からは, 丹波の, 乱れあった, 二台が, 二階へ, 亡くなりました, 人々の, 人殺しの, 他を, 何んと, 何処へか, 余る部分, 保護者も, 俺教へて, 催眠薬をの, 元の, 先生さぞ, 入牢仰付けられた, 全員は, 全部ゆるされた, 全部逃げ, 兵営の, 其処らを, 内地へ, 再び妹, 冴えざえとした星が, 出た, 出られないわ, 出立する, 刈屋頼母大川内の, 別れて, 別荘の, 加奈子の, 医師千斎は, 半ば喪心し, 南京は, 去ったと, 去った時兼恋情, 去つたもの, 去るといふ, 去る者, 可哀そうね, 司教から, 同人達は, 周囲が, 商家の, 四人は, 在た, 埋まって, 士分は, 外から, 夜の, 大吹雪, 大法を, 夫人は, 契合た, 女中に, 妻の, 娘と, 安楽に, 客間を, 家の, 宿屋の, 対岸へ, 小幡軍学所の, 小藤次, 尺八が, 居たが, 居なくなって, 居りました, 居る人, 居間の, 山入りを, 崔は, 左右に, 帰ったが, 帰った者, 帰りたいなんて, 帰るよう, 帰れるもの, 帳場へ, 年々歳々陽春には, 幾何かの, 庄吉の, 庭へ, 建物全体が, 引き上げたの, 引っ返, 弟たちには, 影絵の, 彼女の, 往きや, 往つた, 後ろの, 従容として, 御新造と, 徳之助だけ, 忽ち小さく, 急ぎ足に, 悉く戸, 意外な, 慧鶴は, 我言かくの, 房の, 手を, 捨てるという, 教室を, 斜めに, 新月を, 旅館へ, 旦那お, 早めに, 早速宿舎, 明智も, 暗い思い, 曲りながら, 月を, 木の根と, 来たあの, 来たその, 来たり, 来た五六十箇, 来た同僚たち, 来た妻, 来た家, 来た彼氏, 来た旧作, 来た王平, 来た者, 来た若様, 来た覚え, 来るの, 来る習慣, 松蕈と, 柄にも, 根岸の, 森の, 樺太へ, 檻車は, 正太君は, 歩くこと, 死なれましたもの, 死には, 死んだこと, 死んだやう, 死んだ妻, 死去し, 段々を, 母は, 氷に, 汽車は, 河野が, 流風を, 海面に, 消え去つた, 清を, 湯島天神の, 澄んで, 炭坑へ, 焼けて, 片手欄を, 狭い路地口, 田原藤太の, 留みぬ, 疾走する, 白く冴え渡っ, 皆んなで, 盛なる, 真っ先に, 着物の, 研究室から, 私たちの, 秋に, 空家を, 立ち去った乞食, 立ち去ると, 立て行く, 立去る訳, 筆に, 納所を, 網を, 締めたの, 置いたが, 置いたとして, 置いたらう, 置いた九月, 置いた同心, 置いた妻室, 置いた片, 置いた言葉, 置いた郷里, 置かなかった, 置かれた, 置きたいの, 置きたかったし, 置きただ, 置きますから, 置き店, 置くからと, 置くといふ, 置くべきもの, 置くよりも, 置く妻, 置けないと, 置こうという, 老いの, 聞いて, 胴や, 自分ひとり日本へ, 自害した, 自由を, 花鳥の, 若後家, 草原に, 菩提山の, 蔵人少将は, 藤吉と, 行かない筈, 行かれた, 行きたいと, 行きました目録, 行くだけ, 行くなんて, 行くはず, 行く刀, 行く時, 行く義雄兄宛, 行け, 行ったかな, 行ったって, 行ったぼろぼろ, 行ったらしい大きな, 行ったフォルデリヒト瓦斯, 行った七兵衛, 行った五六棟, 行った僅, 行った図巻, 行った家族, 行った形見, 行った所, 行った持物, 行った料簡, 行った本箱, 行った武器, 行った淋し, 行った竹, 行った紙幣, 行った脇差, 行った誡め, 行った返事, 行った里, 行った針, 行った青山家, 行った頼み, 行つたと, 行つたもの, 行つた仕事を, 行つた手紙の, 行つた里の, 行つた魅惑的な, 行方知れず, 襟足を, 見ず知らずの, 見世庭から, 角筈, 語るほどの, 誰先にと, 谷川の, 走った, 起ち上るや, 足音荒く, 身に, 農家の, 追放された, 退散し, 逃げた理由, 逃げ出して, 逃出しました, 通り過ぎた, 逝く彼女, 速力を, 遊里に, 遠い旅, 遠く海に, 部屋へ, 里方に, 銃剣が, 閻婆は, 陳宮は, 階段を, 雨戸も, 電車は, 静かなり, 頭部だけで, 顔が, 風守とともに, 飛んで, 食べられて, 馬に, 高い山, 髪結屋へ, 鳥居際から, 黒光りする

▼ 残し~ (70, 1.6%)

2 ものを, 半分を, 壁を, 酒を

1 [62件] あるよう, おしきせで, お酒, ごはん三粒千万人が, そのお, ないよう, べとべとの, ままに, ものしか, ような, コップの, パンと, ライスカレーみた, ロースト, ロースビーフに, 一書じゃ, 乏しい穂さき, 五六本は, 仕事も, 個所が, 僅かな, 冷たい茶, 分へまでも, 半杓, 墨汁の, 壜と, 小さな茄子畠, 干物が, 弁当を, 御飯を, 懐かしい粟色, 折りが, 教案を, 朝の, 本を, 水を, 水蜜桃で, 焼酎を, 牛肉の, 物が, 狭い高いところ, 皿が, 稲ばかり, 紙と, 紙製遮光幕を, 芋を, 茶碗の, 莨が, 菜を, 蝮蛇の, 豆が, 部分は, 醤油かすを, 重湯を, 銚子までも, 銭を, 雨戸で, 食品を, 飯を, 骨など, 鶯色の, 麻糸を

▼ 残しながら~ (67, 1.5%)

2 固唾を, 寂しくその, 戸外の

1 [61件] おのれの, ことば鋭く, しかも宮廷, しだいに固まっ, すうと, そこを, その電車, だんだん遠ざかっ, なぜせっかくな, にわかに車駕, オクスフォードを, ゼーロンは, パチン, フットライトの, 七条駅に, 三人は, 上って, 九百八十六部の, 再びさっき, 出しなに, 出淵, 別れて, 半面に, 卓一は, 去って, 合壁の, 垣根の, 大弐は, 川を, 席に, 彼是駒形の, 往来を, 急に, 振りかえり, 捨てられて, 新装した, 既に濡れた, 暴風の, 木曽へ, 梅も, 歩き出しは, 死ぬかと, 江戸の, 濡れた紙屑, 煙管を, 生涯サロンの, 町角を, 疑惑の, 皆んなすいすい, 立ち去ると, 純然たる, 老人の, 葉子は, 見て, 起ちあがった, 里の, 間どり, 間もなく引きあげた, 闇の, 電話を, 顕微鏡の

▼ 残しては~ (37, 0.8%)

3 いなかった, いません 2 いないの

1 [29件] いかんな, いたが, いないはず, おかないだろう, おけない, どうかという, どうしても死にきれない, どうも死にきれない, ならない, ならないと, ならないん, ならぬと, ゐない, 何処へか, 去るが, 去る身, 命松丸が, 嫁げも, 家を, 弁解の, 後日の, 恥かしい, 有りませんか, 死なれぬと, 死んでも, 消えて, 行かない盗賊, 行かなかった, 行かなかつた

▼ 残し~ (18, 0.4%)

3 あるよう 2 ある

1 [13件] あったの, あるの, あるのに, ある訣, あればこそ, ございますので, ございまする, それぞれ一つあった, ふしぎに, 二十八文宇都宮なら食わず, 多かった, 瀦って, 置いて

▼ 残し~ (16, 0.4%)

1 [16件] お寺へ, しとるん, つまみあげながら, やると, 与八さんに, 人に, 仕遂げねば, 嘗める, 大きな徳利, 気前よく, 済ますため, 知って, 空っぽに, 見るだけに, 願いたい, 食わせられ犬猫

▼ 残し~ (14, 0.3%)

3 なって

1 [11件] そむいて, なったあの, なったという, なった御, なった灰皿, なった金, なつて, ならなかったもの, なるの, なるよう, 難渋する

▼ 残し~ (14, 0.3%)

2 しませんが, すまいかと 1 ございませんかと, ござんせんでしたかね, したが, しない, しないだろう, しなかったもの, はきだめに, 何とか胡麻化, 綺麗に, 誰も

▼ 残しても~ (12, 0.3%)

1 [12件] いけない, かつは, くれた, その文化, てかへり, よかろう, わたくしたちは, 居る, 御飯と, 既にそれ, 飲めた父, 驚くよう

▼ 残しつつ~ (10, 0.2%)

1 その万花鏡, 不逞の, 倏忽として, 別室へ, 合点き合っ, 待たせて, 更に大きな, 沈みゆく, 立ち去った, 風の

▼ 残しその~ (8, 0.2%)

1 人の, 人間らしさ, 前に, 技法は, 残余を, 貯金の, 道徳上の, 面白さ

▼ 残したり~ (6, 0.1%)

1 した場合, する方法, その存在, 一軒は, 思いの, 散らしたり

▼ 残しあと~ (5, 0.1%)

1 にも兵, の二隻, の五百万弗, の四人, の軍勢

▼ 残しこの~ (4, 0.1%)

1 戦争の, 片々たる, 行は, 診察室で

▼ 残してあつ~ (4, 0.1%)

21 たの, た原品

▼ 残してや~ (4, 0.1%)

3 光堂 1 だったこと

▼ 残してを~ (4, 0.1%)

1 いて, きたいといふ, くお粥, りますの

▼ 残し~ (4, 0.1%)

1 の二団, は真白, をビュツ, を船

▼ 残し~ (3, 0.1%)

1 友だちにも, 銀は, 錦は

▼ 残しまた~ (3, 0.1%)

1 なんであっ, ワラワラと, 京都の

▼ 残し~ (3, 0.1%)

2 同下山 1 同退場

▼ 残し~ (3, 0.1%)

2 ふ思ひ出 1 つたり

▼ 残し~ (3, 0.1%)

1 が邸, の心, をし

▼ 残し~ (3, 0.1%)

1 の者, の金, を郵送

▼ 残し自分~ (3, 0.1%)

1 の本, は再び, は国頭

▼ 残しそう~ (2, 0.0%)

1 すること, で思い切れなかった

▼ 残しそして~ (2, 0.0%)

1 余生の, 出生超過に

▼ 残しその他~ (2, 0.0%)

1 のこと, は私

▼ 残しただ~ (2, 0.0%)

1 一人それへ, 一人彼に

▼ 残しちゃ~ (2, 0.0%)

1 いけないもの, アいまい

▼ 残してか~ (2, 0.0%)

1 え, ような

▼ 残しギラギラ~ (2, 0.0%)

2 と破壊

▼ 残し一寸~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ 残し~ (2, 0.0%)

1 と共に牢, は小荷駄

▼ 残し塩野~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 残し~ (2, 0.0%)

2 寺院の

▼ 残し彼女~ (2, 0.0%)

1 だけ抜け出そう, の貞操

▼ 残し損益勘定~ (2, 0.0%)

2

▼ 残し~ (2, 0.0%)

1 だけさき, は彼女

▼ 残し自ら~ (2, 0.0%)

1 は一柳直末, は十字架

▼ 残し~ (2, 0.0%)

1 の一字, 侍は

▼ 残し薄暗い~ (2, 0.0%)

1 北方の, 応接間の

▼1* [176件]

残しあと二百足らずの兵, 残しあと半分をウィルメット, 残しあの風呂敷包みを, 残しいまだに十円札を, 残しおのれもまた, 残しお伝え下さるよう, 残しお握りジイサンと初音サン, 残しがちだが, 残しはへ楊枝, 残しくだすったらと, 残しめある, 残しこれを郷党篇, 残しこれからまたその, 残しごく少数の, 残しじゃ肥しにも, 残しすたすたといっ, 残しそこだけ次第に, 残しそれが第, 残しそれ以上はどちら, 残したまへるが, 残してかの女に, 残してから既に何十里, 残してこそあるがま, 残してさえおけば, 残してとつくに, 残してというのである, 残してといふ御両親, 残しではありませんから, 残しいうほどの, 残しどこへ去った, 残しさツていらし, 残しながらもついつい彼, 残しなんかまっぴらごめん, 残しにでもありつこうと, 残しになつて神様との, 残しにわかに道を, 残しのにらの, 残しひいてはその家庭, 残しひとり出て, 残しひょいひょいと身振り, 残し落ちて, 残しほとんど国権派の, 残しまだリヴォルノに, 残しみたいな田舎, 残しみんな人力車をつらね, 残しないよう, 残しものを近所, 残し蜜柑の, 残しわずかな供, 残しわたしたち四人が五, 残しサッと風の, 残しスタスタ松と松, 残しフェルナンデスと日本人一人, 残しフラリと一人庭, 残し一五一二年の正月, 残し一人の若い, 残し一部分は先, 残し一陣に各所, 残しはそっち, 残し乍ら新兵衛, 残し乳飲子の安雄, 残し二人で帰る, 残し二燭光の電灯, 残しに油断, 残し人力車一台に車夫, 残し人間の夢, 残し仁科日進堂和泉屋佐倉屋の四人, 残し佐吉が先, 残し思ったか, 残し何一つ整理しない, 残し何事かを極める, 残し候事今少し申上候, 残し候事和漢其例少なからず, 残し偽筆の手習反故, 残しはそのまま, 残しを争っ, 残し光堂は三代, 残し六隻の端艇, 残し内部は三坪, 残し再びここに, 残し冷たい拳銃の, 残しの地点, 残し前日のよろこび, 残し前衛忽然と反り返り, 残し助手の小杉少年, 残し博士は改めて, 残し即日岡山を立ち去りぬ, 残し只今は仏間, 残し右手の雫, 残し五日発にて, 残しも不, 残し善光寺から川中島, 残し坊やはその, 残し堀辰雄氏室生犀星氏佐藤春夫氏その他多くの作家, 残し多数の怪我人, 残し大いに威厳を, 残し天文地理歴史語学数学医学農学化学または兵学, 残しを高須, 残し姿勢を崩さず構え, 残しの眼, 残し子どもらは年寄り, 残し子供の衣類, 残し宇右衛門は野村勝次郎, 残しの名, 残し少し用を, 残しの動力器械, 残し左手のクローバ形, 残し巨大なトルゾー, 残し差配の家, 残し常陸へ下っ, 残しをとつ, 残し広間の椅子, 残し弓之進が屠腹, 残し後ろ姿を見せ, 残し後年の彼, 残し御身は何物, 残しのため, 残しとして蜘蛛, 残し恰も猿が, 残し悠々として刑場, 残し我々が帰っ, 残し時は, 残しを携, 残し拝ますはア, 残し旧い駅路の, 残し晩年には札幌神社, 残し書きをし, 残し最後に信州伊奈, 残しを後, 残し東京の新しい, 残しは数室, 残しを落し, 残しを落とす, 残し武家跋扈より来る, 残し死人には実に, 残し毒薬のコップ, 残し沿道の領民, 残し無事な四隻, 残しだけを誘っ, 残しじゃ, 残しえ, 残し理智光院と南, 残しの馬岱, 残しに入る, 残し直ぐ振向いて, 残し直ちに叔父の, 残し矢田部と私, 残し神戸白子などの民屋, 残し種属を維持, 残し紅葉を俤, 残しへり, 残し義平朝長頼朝などの子弟一族, 残し老女の足音, 残し背肉ばかりを食う, 残しに戻っ, 残し英国の戴冠式, 残し英国法律家の尊崇, 残し衛兵所の上, 残し規律と指揮, 残し資本は小さい, 残しのみ食うる, 残し身軽になっ, 残し速足でずんずん, 残しれられるだけは, 残し部下の警官, 残しを払っ, 残し金貨や紙幣, 残し懸の, 残し開口をのぼりはじめた, 残し階段の降り口, 残し離縁を取っ, 残し非常な手段, 残し頼春は館, 残し食物を探り, 残し高等師範学校の塀, 残し黒きを抜き