青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生死~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~生れた 生れた~ 生れる~ ~生んだ 生んだ~ ~生命 生命~ 生存~ ~生徒 生徒~
生死~
~生活 生活~ ~生涯 生涯~ ~生物 生物~ ~生産 生産~ 産~ ~甥

「生死~」 1165, 13ppm, 8726位

▼ 生死~ (403, 34.6%)

26 境に 17 境を 13 ほども 12 間に 10 問題に 9 間を 8 程も 4 ほどは, 問題だ, 問題は

3 [11件] 別れを, 問題が, 図を, 境だ, 境の, 大問題, 巷に, 巷を, 覚悟が, 運の, 道に

2 [25件] さかいです, ほどが, わかれ目と, 一大事を, 中の, 中を, 交わりを, 人の, 分目といふ, 問題, 問題を, 境が, 境ぢや, 境と, 外に, 戦だ, 河を, 活劇に, 覚悟を, 運命が, 道なり, 道は, 間の, 関頭に, 際に

1 [213件] あい手を, お別れ, かせわ, きわに, こと, ことが, ことで, ことわりを, ことを, さか, さかいに, さかいを, さかい目を, ちまたに, ちまたを, つまびらかならぬ, ところは, どっちかに, なかの, なかも, なやみを, はかられない道, ほかには, ほどについては, わかれに, わかれ目, わかれ目な, わかれ目の, ドタン場にまで, 一大事をも, 一生涯を, 一線, 不安が, 不安も, 世界に, 中から, 乾坤を, 争いが, 争いだ, 争闘が, 事は, 二つある, 二と, 二元過去現在未來の, 人と, 保し, 儀式にも, 出で, 分け目に, 分らなかつたお前, 分れる, 分れ目が, 分れ目日出雄少年は, 分れ路, 分岐点, 判らない病人, 別が, 別に, 別も, 別れだけが, 別れという, 別れほど, 別れ目に, 千変万化あるなり, 危急が, 厄も, 原則だけ, 原理は, 問題つまり, 問題であり, 問題でございます, 問題でしか, 問題でした, 問題では, 問題などを, 問題なんか, 問題についてだけ, 問題までも, 問題よりも, 問題らしい, 圖を, 場合に, 場所へ, 堺界かも, 境, 境いで, 境いである, 境いを, 境から, 境つまり, 境で, 境である, 境といった, 境なき, 境にでも, 境は, 境も, 境地は, 境恍惚と, 境栄辱の, 境申す, 大事, 大事などに, 大分なり, 大曲芸, 大道場, 奴隷が, 妄念も, 存在を, 岐れ, 岸頭です, 岸頭に, 巌頭に, 差が, 常ならざる, 年不詳, 年並びに, 年月が, 年月も, 幾とおりもの, 彼方から, 彼方などという, 御營, 念を, 思念は, 性を, 悲哀は, 憂いを, 戦であった, 時日を, 時期や, 最中洒落どころで, 最後の, 果の, 果報は, 根本を, 沙汰の, 法則に, 流れの, 流を, 流転休止ある, 海のう, 海まんまんとして, 海を, 消息さえ, 消息をすら, 深淵です, 濤に, 瀬戸ぎわにはまり込ん, 瀬戸際という, 瀬戸際にも, 点如何, 煩悩も, 爭は, 爭ひ, 理こそ, 理も, 理靈魂天命鬼神等に, 界を, 目に, 知れぬ世阿弥様, 知れぬ日, 禁断を, 程は, 立場に, 精神の, 約束なんかに, 経験を, 絵に, 線が, 線に, 線を, 罪を, 羈する, 苦しみを, 葛藤が, 血戦を, 裡に, 要意, 見当さえ, 覚悟じゃ, 覚悟如何の, 覚悟身に, 覺悟が, 解決から, 詳しいこと, 課題として, 起る所以, 起原の, 起源を, 輪廻を, 迷いの, 迷妄を, 迷心を, 迷路の, 迷路を, 迷門も, 迷雲を, 遊戯の, 運命に, 道の, 達観の, 達観を, 鍵は, 門に, 間にも, 間落着出來ずしては, 関するところ, 関を, 闇に, 隔てを, 際人々覺悟と, 預言は

▼ 生死~ (256, 22.0%)

7 問うもの 6 共にし, 超越した, 超越する 4 かけて, 倶に, 共にする, 賭けて, 賭して 3 一に, 超脱した, 離れること

2 [18件] たしかめに, ちかった無二, まぬかれたり, 一つに, 共にした, 問題に, 忘れて, 生死すれ, 確める, 見ざる人, 見届けて, 解脱し, 賭けたよう, 賭しての, 賭する冒険たる, 超脱し, 超越し, 超越しなけれ

1 [166件] あきらめた人, あらわす, うかがいしに, かけた旅行, きめる返答, くり返して, こえて, この一戦, さえ共, さへも, さまよい歩いた幼子たち三人, その手, たしかに知っ, たしかめ, たしかめいきて, たしかめて, たしかめるの, だに, ちかった, ちこうて, つきとめぬうちはと, つくすに, ともにいたす, ともにし, ともにした, ともにする, ともにするなら, ともにと, なげうつ時, はなれる, ひたすらに, まぬかれざるが, まぬかれざるべし, まぬかれず, もって, やです, わたしの, 一人で, 一決する, 一過し, 乗りこえて, 争う場合, 他国の, 免れない階級, 共にした思ひ出, 共にせん, 共に期し, 共に誓った, 共に誓ッ, 出で, 分けて, 判別し得ない, 判定する, 占ふ, 危まれて, 厭い仏道, 取扱って, 司どり人, 司りこの, 含む眼元, 問わず, 問わず他言, 四人の, 天に, 媒介と, 尋ねたま, 尽くすを, 度外に, 怖れざる, 思い出す度, 思い煩って, 思ひ出す度, 思ひ或は, 慮らない, 懸けた一人, 懸念し, 払わないせい, 掌握する, 探らんその, 放念し, 明かに, 明らかに, 明らめるの, 是に, 本としての, 案じこの, 案じた味取在住一ヶ年あまり, 案じなされて, 案じわずらい急, 案じ第三者, 案ぜら, 気づかいつつ, 気づかって, 気づかつた副長, 決定する, 海に, 生死せよ, 知らうと, 知らず, 知らず初め, 知らず案じて, 知らないの, 知らぬ夫人, 確かめて, 確かめなければ, 確かめるか, 示現し, 繰り返す無尽性, 繰返さねば, 繰返すこと, 背景に, 自分以外の, 自然に, 見届けるとかいう, 見届けるよう, 言い当て吉凶, 詳悉に, 誓ったあいだ, 語って, 語りその, 調べたが, 諦めた人, 賭けた絶対的, 賭けた芸術心, 賭けての, 賭したアガキ, 賭した中, 賭した力闘, 賭した決闘, 賭してまで, 賭し得る実践, 賭すもの, 賭す団, 赤旗と共に, 超え, 超えたもの, 超えたる真理, 超えた境, 超えた悠久, 超えた毅然たる, 超えて, 超すならば, 超越したる, 超越した悟り切った, 超越しない, 超越すだ, 越えた人, 越えて, 越えての, 躍り越えて, 軽く考える, 迫るもの, 述べたの, 通した読書, 達観し, 離るべき, 離れたもの, 離れて, 離れられるか, 離れられるわけ, 離れるの, 離れ浄土門, 離脱した, 類推し, 験されながら, 齊しく

▼ 生死~ (65, 5.6%)

2 不明だ, 不明の, 判らず横, 知れなかった

1 [57件] さだまらぬおん, それに, たしかめ参らせずに, ともどもとろろも, ひとつにと, またかえりみる, まだ確認, まちまち, もちろん, わかね戦勝, わからず今夜, わからない頭, わからぬよう, わからぬ人, わからぬ妻子, 一粒の, 不明, 不明と, 不明という, 亦是, 人間を, 共にし, 共にと, 共にという, 分かず仆, 分らないまま, 分らないよう, 分らなかった, 分らなかつた, 分らぬ, 分らぬ非常, 分りません, 判らなくなって, 定かならぬ, 定かならね, 定まるの, 旁, 流転も, 無視した, 真実煩悩も, 知らずこう, 知らず気, 知らず飜弄, 知らないで, 知らないやう, 知らないよう, 知らぬうち, 知れずただ, 知れずに, 知れないと, 知れねえうち, 確かめずむざむざ, 確め得た, 聞えず別離, 行衛も, 解らぬ有, 解らぬ有様

▼ 生死~ (49, 4.2%)

4 囚われざる人 2 住せず, 処する道, 對する, 拘り候

1 [37件] かかわった生活感情, かかわらず人類, かかわらず神田家, かかわらず罪, かかわらず聴いて, かかわらぬ心, かかわること, かかわる一切, かかわる悲惨事, かかわる火勢, かかわる犠牲, かかわる生存, さまよい二十年, して, なりきれ生, 係る事, 囚われる迷い, 堕しよく, 始終あり, 對し, 弁別が, 拘らず生存, 拘ると, 沈溺し, 浮沈せし, 渡る誓, 直面し, 至るまで, 見えるの, 超脱し, 輪廻し, 迷ふ, 迷わざること, 関せず物質中, 関わって, 関わる問題, 随順し

▼ 生死~ (49, 4.2%)

3 自然に 2 仏の, 運動の

1 [42件] ありません, さておきアインドル, すなわち涅槃, その運不運, ただ自然, ちょうど大河, つとに天, なお不明, まだ確実, もとより一大事, 一つじゃ, 一切不明であった, 一字に関して, 二に, 人の, 人智開発の, 仮りに, 依然として不明, 依然として分らぬ, 保証出来ません, 僕だけ, 全く分らなかつた, 判りません, 即ち涅槃, 天に, 如何でございましょう, 度外に, 未だ私, 牛馬の, 畳の, 知らずバタバタ, 知らず下, 知らず二人, 知らず二十人, 知らず切り伏せた, 知らず地上, 知らず姿, 知らぬよ, 知らねど, 聯絡の, 軍全体の, 閻浮にか

▼ 生死不明~ (37, 3.2%)

2 だ, となっ, になっ, になった

1 [29件] かいや, だという, であった, である, であると共に, です, で清洲, ということ, との噂, とは, と決れ, なること三十日, にしられた, にでもなったなら, になつ, のその, のため, のま, のまま, の人, の噂, の妾, の時期, の父, の眼付, の細君, を伝えられ, を伝えられた, を伝へられ

▼ 生死~ (23, 2.0%)

2 全然自分

1 [21件] あるが, あるよう, わからない, わからなくなると, わかるくらい, 不明な, 不明なら, 共存し, 凶とも, 分ったら分り次第, 分らない, 分らねえと, 判らなくなって, 問題に, 左右できる, 気づかはれて, 気遣われた, 知れぬが, 社会改造の, 訣らなかつた, 賭けられたその

▼ 生死去来~ (17, 1.5%)

5 は生死去来

1 [12件] がおの, だありがたし, だ死, である, なりといふ覚悟, なり生, に任す, に御座候, の厳粛, はやつぱり生死去来, は仏, は御意

▼ 生死する~ (9, 0.8%)

1 かその, ことを, にあり, に在り, は詩人, ものでなけれ, をも嫌, 人生とを, 生活の

▼ 生死~ (9, 0.8%)

1 その家族, なるの, 云うこと, 人民解放運動とを, 居所を, 栄枯の, 紙一ト重な, 考えたの, 転々した

▼ 生死という~ (8, 0.7%)

3 ことが 2 ことである, ことは 1 のも

▼ 生死一如~ (8, 0.7%)

3 の境地 1 でもあり, というよう, とは考えない, と觀念瞑目, の境界

▼ 生死にも~ (6, 0.5%)

1 かかわって, かかわる大事, 拘はる場合, 拘わる場合, 関する大, 関はる真実の

▼ 生死すら~ (5, 0.4%)

1 わからない程, 今は, 判定しない, 疑惑に, 知れないの

▼ 生死禍福~ (5, 0.4%)

1 に痴情, の迷雲妄霧, の門, の門路, は人情

▼ 生死~ (5, 0.4%)

1 がよく, が何で, とではもちろん, によつて, は

▼ 生死輪廻~ (5, 0.4%)

1 すること, の無窮, の道理, は全く, を経

▼ 生死さえ~ (4, 0.3%)

1 出鱈目である, 分らないよう, 判らなくなった自分, 案じられて

▼ 生死について~ (4, 0.3%)

1 いろいろの, 偽らぬ感懐, 判断は, 感じました

▼ 生死~ (4, 0.3%)

3 涅槃 1 涅槃と

▼ 生死~ (3, 0.3%)

1 て居る, て遺憾, ながら精神

▼ 生死に関する~ (3, 0.3%)

1 恐ろしい瞬間, 斯様に, 重大な

▼ 生死~ (3, 0.3%)

1 人の, 禍福や, 自然現象などを

▼ 生死~ (3, 0.3%)

1 卷といふ, 卷に, 卷も

▼ 生死事大無常迅速~ (3, 0.3%)

1 あきらめるさ, という言葉, と言われ

▼ 生死去来真実人~ (3, 0.3%)

1 さても, であること, に実

▼ 生死如何~ (3, 0.3%)

1 なの, に依らず, よりはまず

▼ 生死ある~ (2, 0.2%)

1 ことは, 人生に

▼ 生死いかん~ (2, 0.2%)

1 にかけた, に関する報告

▼ 生死いずれ~ (2, 0.2%)

1 かの安否, が彼ら

▼ 生死こそ~ (2, 0.2%)

1 異なれまったく, 私たちの

▼ 生死~ (2, 0.2%)

1 へもわかりませんでした, へ分らん

▼ 生死さえも~ (2, 0.2%)

1 分らないの, 解らなかったの

▼ 生死すらも~ (2, 0.2%)

1 あやぶまれて, 疑われて

▼ 生死すれ~ (2, 0.2%)

2 ば生死

▼ 生死とは~ (2, 0.2%)

1 別の, 緩急大小寒暑

▼ 生死とも~ (2, 0.2%)

1 にすくなから, 柿崎の

▼ 生死なし~ (2, 0.2%)

1 といふまつたくだ, ッ

▼ 生死などは~ (2, 0.2%)

1 僕の, 無論考え

▼ 生死に対する~ (2, 0.2%)

1 無頓着, 無頓着は

▼ 生死をは~ (2, 0.2%)

1 なるること, なるる事

▼ 生死~ (2, 0.2%)

1 去来有為転変, 煩悶ヲ

▼ 生死事大~ (2, 0.2%)

2 と仏家

▼ 生死事大無常迅速云々~ (2, 0.2%)

2 と書いた

▼ 生死二者変り~ (2, 0.2%)

1 のあらう, のあろう

▼ 生死以上~ (2, 0.2%)

1 の生死, の難関

▼ 生死~ (2, 0.2%)

1 に分らぬ, に王

▼ 生死問題~ (2, 0.2%)

1 じゃア, である

▼ 生死岸頭~ (2, 0.2%)

1 に於, に立っ

▼ 生死巌頭~ (2, 0.2%)

2 に立っ

▼ 生死涅槃~ (2, 0.2%)

1 の域, は畢竟

▼ 生死無し邪~ (2, 0.2%)

2 無し

▼ 生死知らず~ (2, 0.2%)

1 に成りました, に闘おう

▼ 生死超脱~ (2, 0.2%)

1 の境地, の工夫

▼ 生死路頭~ (2, 0.2%)

1 の迷人, の迷子

▼1* [117件]

生死あやふし, 生死ありてしかも, 生死いづれにし, 生死からひきはなされて, 生死この周馬には, 生死と信じ, 生死すらがほとんど私たち, 生死それすらも諸説紛々, 生死が一体, 生死だけがない, 生死だけは運命だ, 生死だに明らかなら, 生死あつた, 生死であり私の, 生死ともにわが妻, 生死んだ, 生死なき本分, 生死なくしては, 生死なにかの確証, 生死にたいする観念が, 生死についてはこの仲, 生死についても諸説ふんぷんだ, 生死には触れず藤三, 生死にまつわる事情に, 生死に関すると云う程, 生死のほどを見極めるまでは, 生死ふたつながら夢である, 生死やに直面し, 生死より七瀬らの, 生死よりも強いもの, 生死をさえ知らぬの, 生死をも賭したの, 生死を通じて今や蔽う, 生死一別の境, 生死一如どころの話, 生死一如物心一枚の境地, 生死一如自然と自我, 生死一歩一歩が生, 生死一髪の秒間, 生死三災の及ぶ, 生死分明の, 生死不定の姿, 生死不明人の始末, 生死不明者約千名, 生死不明者等はそこ, 生死不明行方不明ということ, 生死且つ省みるに, 生死争う修羅の, 生死二つの世界, 生死二途の分岐点, 生死二面の対照, 生死今昔一切のこと, 生死代謝の際, 生死以外にも産土, 生死何れかを選ぶ, 生死刻々去来, 生死去来これ意の適する, 生死去来真実人生死は仏, 生死何くにか, 生死風の, 生死喜憂もともに, 生死因縁無了期, 生死を隔てる, 生死大海の船筏, 生死妄念を離れざる, 生死始終の有様, 生死存亡に關, 生死れが, 生死尽くるを, 生死ならず禍福定まり, 生死年次を参考, 生死後先生よりお, 生死悟明の淵, 生死愛憎と云う, 生死断末魔の境, 生死昇沈を説く, 生死の研究, 生死是非を超越, 生死有無もいつ, 生死未詳の若者, 生死殊に死刑に, 生死に苦悩, 生死流転する境地, 生死流轉の間, 生死浮沈がかかり, 生死は始まり, 生死海面に漂っ, 生死涅槃みなこれ本迷本悟, 生死涅槃ゆえなくして, 生死消息をうたがいあっ, 生死混沌の泥沼彷徨, 生死境を, 生死無量なること, 生死ふ境, 生死生死と転々, 生死生死生死と転々, 生死生死生死生死と転々, 生死的自己の立場, 生死隔てて, 生死相続すること, 生死確かめて遣わす, 生死窮まりなし, 生死窮まり已むこと, 生死の調査, 生死致しますと詰められ, 生死余すなし, 生死草木の栄枯, 生死を発明, 生死行方が知れます, 生死を画かし, 生死貫洞の境界, 生死の図, 生死輪廻説地獄極楽説をも略弁, 生死脱底, 生死をことに, 生死を得, 生死をことに