青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生徒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

生れ~ ~生れた 生れた~ 生れる~ ~生んだ 生んだ~ ~生命 生命~ 生存~ ~生徒
生徒~
生死~ ~生活 生活~ ~生涯 生涯~ ~生物 生物~ ~生産 生産~ 産~

「生徒~」 4345, 47ppm, 2493位

▼ 生徒~ (804, 18.5%)

28 一人が 17 ように 13 中には 12 中に 10 ために, ような 9 方で 8 一人は 7 数は 6 中から, 前で, 間に 5 中で, 家へ, 机の 4 一人を, 心が, 方を, 父兄に, 顔を

3 [15件] ほうで, やうに, 中の, 前に, 心へ, 数が, 数も, 方に, 機嫌を, 父兄の, 監督を, 目が, 群れを, 肩を, 質問に

2 [59件] いる学校, うちに, お辞儀を, ことで, ひとりが, ようだった, 一人であった, 一群を, 世話を, 信望を, 列も, 口から, 口に, 口を, 名, 名を, 多寡に, 大多数, 大部分, 姓名と, 子供が, 希望を, 後に, 心の, 手に, 教科書を, 数を, 方から, 方は, 方へ, 方も, 服して, 服装は, 殆ん, 為に, 爲めに, 父兄が, 父兄である, 父兄また, 父兄を, 父兄姉妹で, 父兄姉妹は, 相談相手と, 社会層, 群に, 群は, 群り, 耳に, 製作物の, 親の, 評判は, 話を, 足を, 身で, 遺失した, 集りかねる恐れ, 風儀は, 騒ぐ音, 骨が

1 [474件] あいだに, あちこちから, あるもの, ある者, いたずらについては, いない教室, いない窓, うしろを, うちから, うちでも, うちにも, うちの, うち常に, うち教室で, うち行ける, おとッつ, かたまりが, こころもちに, ことえらい悪う, このあだ名, この推理, この献金行動, この答え, この遊び, ごとく学科, ごとく日, すべてが, ぜんぶが, その髪, それに, ためには, だれかに, ところへ, ないよう, なかに, なかには, なかへ, ならぶ余地, ほうだ, ほうの, ほうを, まえでは, むきだしの, むらさきの, めいめいに, やうな, やってる料理屋, よい指導者, ようであったら, よく遊び, わたしたちに, スカートを, ストライキを, ボートが, 一人, 一人がやにはに, 一人だ, 一人で, 一人である, 一人でした, 一人に, 一人一人について, 一団に, 一団も, 一年生が, 一斉に, 一生の, 一級が, 一般読物に対する, 一身上に, 一隊が, 三四人を, 上に, 不利には, 不行儀なる, 世話をも, 世話運動会試験校友会遠足父兄会対校競技修学旅行講習それに, 並んで, 中でも元気, 中にも, 中の島女, 中を, 中央に, 丹精で, 主なる, 主動的経験を, 二三が, 人員を, 人数が, 人数を, 人望が, 人望は, 人気は, 人氣は, 他に, 代りに, 代表的な, 仲なんて, 仲間には, 会合なぞに, 会合慈善市又は, 体が, 体操の, 体罰事件について, 体面に, 余などに, 作った文章, 作った詩文, 作品の, 作品を, 作文である, 作文の, 作法稽古場として, 修辞法ばかり, 個性が, 個性尊重の, 個性的傾向は, 健康は, 側だけ, 傘が, 優秀な, 先生と, 先頭である, 先頭に, 入学を, 全は, 全部が, 処分を, 処分問題などで, 出入口が, 分と, 分を, 分際で, 列の, 列んだ時, 制服には, 前である, 前も, 前を, 割合は, 勉強し, 勉強に, 動きを, 動作だけを, 半数に, 卒業に, 参考書として, 及落を, 友だちは, 反感を, 取扱とに, 受が, 受験勉強の, 口笛が, 叫びを, 召募が, 合唱などが, 同情を, 同盟休校を, 名が, 名とを, 名前を, 命令は, 喚きですっかり, 喜んだこと, 嘲弄の, 噂の, 噂留学竜動, 団体が, 図画らしき, 園芸の, 場合は, 声も, 多かろう, 多くうつれる, 多くの, 多數, 大喧嘩, 大多數, 奴さ, 奴らが, 如きに, 如きは, 如き者, 如く蔭, 姿が, 姿にも, 姿は, 姿を, 娘たちからは, 嫁入口を, 存外無邪気な, 学ぶの, 学年成績に, 学業あるいは, 学芸いまだ, 学齢は, 學生の, 実に傍若無人, 実力は, 実験的趣味を, 害にも, 家が, 家ださうです, 家である, 家の, 家を, 家庭の, 家庭へは, 家頼み歩く, 容貌にも, 寄付行為と, 寄付行為ばかりとは, 寄宿寮に, 實力を, 實力啓發など, 小さな集会, 小さ番傘, 巫女たちは, 年が, 年齢の, 年齢及び, 幼少い, 座談会の, 廃止せられた, 影が, 影の, 後姿を, 御守り, 徳性涵養に, 心に, 心を, 心をも, 心理が, 応用に, 恐怖を, 恥しそう, 愛国心についても, 愛校心は, 感情を, 憧れの, 憧憬の, 懺悔を, 成績品だの, 成績品を, 成績品展覧会を, 或る, 所得は, 手から, 手を, 手紙が, 才, 扱ひ, 抱いて, 持って, 持て来た授業料, 指揮につれて, 授業は, 控室には, 放蕩無頼を, 敗けである, 教授にも, 教鞭を, 数に, 数ようように, 数常に, 数毎, 数男女百人より, 數は, 新しい服, 方が, 方にも, 日常生活を, 時代から, 時代よりも, 時分に, 時分も, 時間に, 時音楽史の, 書いたもの, 最後の, 有志たちと, 服装が, 服装に, 服装を, 服装検査を, 本性を, 机が, 机椅子二三十, 校長を, 椿山が, 楽しみである, 様に, 標準は, 模範に, 次郎, 歌が, 歎願が, 死ぬこと, 気持を, 気質なども, 気風に, 泣き声が, 清書を, 減ること, 激励にも, 点数は, 点数を, 為には, 為めに, 無能にのみ, 熟知し, 父兄からも, 父兄で, 父兄は, 父兄やらが, 父兄朋友と, 父兄等に, 父兄達からは, 父兄達が, 父兄達も, 狐たちは, 生活に, 生活を, 生涯を, 田原ひでが, 申し出に対し, 畑は, 留守の, 疑いを, 発する質問, 発音を, 登校下校時を, 白丘ダリアとは, 監督僅少の, 目に, 目を, 目前で, 真ん中に, 眼が, 眼に, 眼には, 眼の, 眼は, 眼前に, 着物を, 知能の, 示した読本, 社会科学的分析である, 私が, 科学的の, 科学的精神の, 科学知識に対しては, 税金の, 竊かに, 筈だ, 答案に, 答案を, 精神機能の, 終生に, 絵が, 絵を, 綴り方, 練習する, 美しい協力一致, 美少年の, 羞恥に, 羞恥を, 群が, 群がる中, 群で, 群れ, 群れの, 群町家の, 考えて, 考えを, 耳には, 聲も, 背中を, 背後へ, 胸の, 能力と, 能力を, 臀部などに, 自宅であった, 自尊心を, 自治団体だ, 自発的研究心を, 舌を, 苦痛を, 英雄を, 荷物を, 落第を, 蝶子さんあなたを, 蝶子さんにも, 行列は, 行為に, 衛生委員経済委員学務委員社会活動委員の, 製作品である, 見送りを, 視線が, 親たちも, 親代りに, 言うこと, 言草も, 言葉が, 言葉遣いや, 訓導に, 訳読に, 試験を, 試験問題です, 話では, 誰彼は, 講義し, 賄を, 賛成の, 賞罰は, 質問の, 赤化に, 走る音, 起らんこと, 足音が, 身に, 身分で, 軽蔑し居る, 轢かれそう, 近頃の, 退学が, 進退を, 運動と, 運針の, 道では, 道を, 遠足地として, 部屋にな, 野外運動場は, 銃隊長と, 間にも, 間も, 間を, 関係が, 関係たとえ, 関係以上に, 附纏ふ, 集まりだ, 集る集らないは, 集会らしい, 集団にのみ, 雑記帳へ, 面を, 面倒を, 頃フランスだの, 頭に, 頭には, 頭の, 頭へ, 頭を, 頭巾の, 頭脳に, 頭腦を, 顏が, 顏色で, 顔が, 顔には, 顔の, 顔ばかり, 顔も, 顔や, 顔色で, 顔面に, 餓鬼大将に, 首実検を, 騒しい, 魂気の

▼ 生徒~ (535, 12.3%)

4 ありました, いて, いる, 云った 3 いたが, 先生の, 出て, 来て, 集まって

2 [31件] あった, あつた, あばれるの, いた, それに, たくさん泳い, たずねて, できたらこっち, にやにや笑っ, みな叫びました, みんなこっちを, コプラの, 一斉に, 並んで, 二人あつ, 云って, 何か, 先生に, 六七人先生も, 台所の, 小使室の, 居る, 急に, 或る, 手紙を, 日夕吟誦し, 沢山集っ, 皆それを, 自分の, 通知に, 門まで

1 [442件] あそこへ, あったらその, あったら推薦, あって, あつまつて, あふれて, あやまったの, あらわれた, あるそう, あると, あるので, あるらしく思はれ扉, ある特殊, いう, いうこと, いかに主人, いかに学生生徒, いくら大きく, いくら騒い, いたこと, いたの, いたらどう, いっしょに, いない程度, いなくて, いなくなり外, いなくなると, いるから, いること, いるでしょう, いるの, うどん屋に, おたずねした, おほ, おれの, お互いの, お盆に, お辞儀し, お鳥, かくまで, かじかんだ手, かならず自然物, かほどまで, かわって, きくと, きっとほか, くれるから, ぐつと減りました, けむったがって, こ, この狭い, この頭, こんなにたくさん, ささやきました, さしてきた, さわぐの, しのぎを, しみじみそれ, すべてで, せまい地域, そういう不都合, そういう飲食店, そうした口留め, そう呶, そこに, そのため, その一員, その人, そろそろ鎰屋, そんなこと, そんな駄洒落, ぞろぞろと, ぞろぞろ出, ぞろぞろ教室, たかって, たくさんゐた, たずねた, ただ受働的, だいぶいた, だいぶ通る, つけこんだ, ところどころに, とめて, どこの, どなった, どやどや右手, ないので, なければ, のんだくれて, はしけへ, はやしても, びっくりした, びっくりする, ぶつからぬよう, ぼつぼつやってきはじめました, まだ遅い, みなこの, みょうな, みんな帰つてしまつ, みんな退校に, みんな駄目な, むらがる, やっても, やって来て, やり返しました, ゆく, よくある, よくなつく, わあと, わかっても, わけても新入生, わずか二十四名, わるいん, わるい事, ゐた, ゐて, ゐる, ウロウロし, ガヤガヤと, キリスト信者の, ダンスを, ヒラヒラと, ピッチャーで, フランコ将軍に, プロレタリア文学を, ボールなどを, モデルを, ワヤ, ワヤワヤと, 一人や, 一人二人と, 一人二人ゐた, 一人亡くなっ, 一人古風な, 一人女中に, 一人短, 一定の, 一年から, 一緒に, 七割であっ, 三々五々集まり, 三人いる, 三人げたげた, 三人で, 三人並ん, 三人通りか, 三人連で, 三十人ぐらい, 三十人程, 三十名満蒙視察に, 三四人蜜柑や, 三百八十人先生が, 三藏等には, 上京し, 不意に, 不成績で, 丑松を, 両側に, 乗って, 乗り合わせて, 乱暴を, 予告なし, 予定の, 二三人あつ, 二三人おせつ, 二三人と, 二三人寄っ, 二三人私と, 二人ありました, 二人おれの, 二人で, 二人居ります, 二人程, 二人迎え, 二人通りかかった, 二列に, 二十人ばかり, 二十人別に, 二十四五人痩せた, 二年後は, 二度も, 二組三組寄っ, 二部教授または, 二階へ, 云ったので, 五六人ひとりずつ, 五六人やってき, 五六人女は, 今ごろ東京へ, 今の, 休暇を, 体を, 体操の, 何かの, 何の, 何も, 何を, 何気なく塀, 使って, 信じ切つて, 信者に, 修学旅行で, 修道女の, 個人個人に, 偶然に, 偶然にも, 傍へ, 僕の, 先生に対して, 先生に対する, 入学中に, 全くの, 全然悪, 六七人人馬か, 六列に, 其側へ, 其半ばを, 円陣を, 出かけて, 出した手紙, 出たり, 出席し, 出来るだけ, 列んだ時, 制服で, 制服に, 勉強する, 動きも, 勝手な, 勝手に, 北山の, 十五六人それに, 十人なら, 十人ほど, 十人以上に, 十四五人も, 卒業し, 原子学を, 厳重な, 受持の, 受験勉強を, 叫んだ, 可愛相, 同時に叫んだ, 君を, 告げ口した, 呶鳴る, 唱歌の, 喇叭を, 四五人と, 四五十人に, 四人来る, 四十人ばかり, 国民軍の, 坐はらされて, 声を, 多い, 多いし, 多くなれ, 夜に, 大へん失礼, 大体中産階級以上の, 大体無産階級の, 大学教授の, 大騒ぎを, 女と, 好きに, 始めて, 姙娠の, 学問の, 学校に, 学校の, 学校へ, 学校当局と, 學校から, 學校に, 実業に, 家に, 宿直員を, 寝室に, 将来科学者に, 尋ねましたらお婆さん, 尋ねると, 少々ずつ, 少しく字, 少なかった, 居られるだろうかという, 居りました, 席に, 帰って, 帰つ, 帰つてくる, 帰り始める, 平気な, 幸いに, 後の, 徹夜で, 心服し, 必ず服従, 応じた, 怠けるとは, 恰も忍び込む, 愛読する, 慢性の, 手を, 投げて, 持って, 持つて, 揃つて顕れた, 改札口から, 教えを, 散ずれば, 散歩から, 文学的の, 料理を, 新劇が, 方々から, 旋盤に, 時々硬派, 書いて, 木彫科と, 来るし, 東北を, 松村の, 柿江の, 歌う唱歌, 正面の, 歩いて, 残って, 毎日一人位ずつの, 毎日見, 毎朝交代で, 気に, 気の毒な, 決してわれわれ, 沢山やって来た, 沢山行つてる, 泉の, 渓流に, 減つて来る, 溺死するなら, 澤山行つてる, 灰色の, 無断で, 無暗に, 牛耳を, 特別に, 犠牲者に, 用いるの, 発言した, 皆な, 皆んなその, 皆心を, 皆無であり, 盛に, 盲人な, 真に一番, 知らない事, 石垣の, 砂地の, 社会の, 祝勝会の, 私だ, 科学に, 穢ない, 立って, 立つて, 笑いだした, 答えた, 答えました, 級長を, 続々出来る, 総出に, 縦に, 續, 群れて, 習うだけの, 聞いて, 聲高に, 聴きっぱなし, 脳貧血を, 腕まくりを, 腰掛けたり, 自分達の, 自己を, 苦しんで, 茶色の, 草花の, 荷駄馬に, 落ちたにも, 蟇を, 血まみれに, 血判まで, 行列を, 裸足で, 製作した, 見えて, 見つけ默つてそれ, 見学すれ, 覚えるという, 親に, 解剖の, 言つた, 言葉で, 訓戒どころか, 話し終らないうち, 誠意を, 読まされる時, 講堂で, 買って, 買合せの, 足早に, 軽々しくさわぎだす, 連合で, 遊びに, 運動場から, 運動場に, 遠くから, 遠足で, 遠路を, 鉛筆で, 門の, 階段を, 雁が, 集つて来た, 集つて話は, 集まったそうして, 集まらなくて, 集まるよう, 雑巾掛けする, 難渋し, 静粛で, 非常に, 面白がらない, 順番に, 飛び込んで, 食後の, 駆け戻って, 騒いで, 騒ぎ立てたので, 高い塀, 黒い服

▼ 生徒~ (473, 10.9%)

5 先生の 4 自分の 3 一人も, 学校の

2 [41件] いずれも, いづれも, ここの, ことしの, これが, そこに, そねまない, ぞろぞろと, つと教室, どっと笑った, なかった, ぬすまない, びっくりし, みんなこっちを, みんな感動し, みんな新鮮だ, もうあんまり悦ん, エスプリという, 一斉に, 云つた, 何時もこの, 其夜僅か三人, 君の, 四五名に, 声を, 大責任, 学問を, 少しそれ, 当時の, 怎かと, 悦んで, 教室に, 毎朝控所の, 決して私, 渠を, 皆目を, 真青に, 私に, 私の, 英語の, 言はずもの

1 [376件] あいまいな, あたま, あなたに, あなたの, いかにもたどたどしい, いかめしげ, いっせいに平, いつもそこ, いつも二十人位, いばるが, いまと, いろいろの, うそ云う, うそ云ふ, うまく手本, うるんだ声, おおかた断髪, おけないと, おこったよう, おの, おびえたよう, かう言ひさし, かれを, がやがやと, がやがやわやわや, ことごとくふるえ, ことごとく和服, ことごとく起立, この問題, この思いがけない, この科学的精神, これを, ごく少数, さあっ, ざわついた, しばらくしん, すぐ声, すっかり感激, ずいぶん沢山ございます, その微妙, その時一変, その講義, その足, それぞれに, それだけを, それに, それを, ぞろりぞろりと力, た, たいてい頭, たいへんりっぱ, ただ先生, たつた二人, だめな, つとめて, とても茶目, どれも, ない, にこにこし, ぬれながら, のろのろと, ばらばらと, ひとりとして, ひとりも, ほんのちょっと, まことに有難い, まじめに, ますます自尊心, またどなった, また亮, また農業, まだ階段, まるで蟹, みないちように, みなで, みな忙し, みな死ん, みんなおとなしく, みんなきちんと, みんなもう, みんなノートし, みんな不幸な, みんな不服であった, みんな大急ぎで, みんな涙の, みんな石田先生を, みんな立派に, みんな笑つた, みんな罪人です, めいめい莢の, もうここ, もう帰つて了つた, もう放課後, もう浮きたっ, もとより村中, やかましい, やがて主婦, やはりなん, よろこんで, わあっと, わざと一列横隊, ゐなかつた, スイミングワルツの, スヰミングワルツの, ニヤケて, マア学校には, リヴィングストンの, リヴイングストンの, レディに対しては, 一六パーセントしか, 一同ど, 一学級ずつ, 一層学課, 一度もち, 一生懸命に, 一級十五人ないし, 七八さいの, 三十人ぐらい, 三四人しか, 三年生が, 上草履鳴らし, 不思議に, 丑松の, 両側に, 中学生が, 中学生に, 中江藤樹の, 予め種々, 二人が, 二人に, 二十歳以上に, 二年生に, 二年生の, 二階という, 互ひ, 些少かつ, 今よりも, 他とは, 他の, 休みに, 何を, 何度も, 例外も, 僕の, 充分自分, 先ず初等科, 先づあるまい, 先生に, 入口の, 入学し, 入学試験に, 全員新宿御苑へ, 全然商業学校, 全部即座に, 八百人も, 其中から, 再びどっと笑った, 処分を, 分らずや, 初枝, 別の, 別れて, 制服制帽整然と, 勤め人か, 勿論何, 十六七位な, 十歳から, 十重廿重に, 半農民, 卒業する, 卒業の, 単純です, 反対の, 口から, 只の, 只今, 各々自分, 各手柄, 同時に塑造, 否応なしに参加, 四五名しか, 四年と, 四年までが, 四方から, 地の, 堀口生の, 場所は, 外に, 外へ, 多く不平, 大きく溜息, 大へん, 大抵跣足, 大柄な, 女ばっかり, 女優の, 女子のみ, 好きだ, 威圧され, 威壓され, 嬉しさ, 学校という, 学校を, 学芸会で, 學科に, 家から, 家へ, 家鴨の, 小さくなっ, 小供, 小諸町の, 少かつ, 少年である, 師匠の, 師範学校や, 張合の, 彼を, 徒らに, 徳義の, 必ず中途, 必ず出席, 志が, 思はぬ失策, 急に, 恐らくありますまい, 悉く支那少女, 悲鳴を, 感に, 我も, 戦慄した, 所謂鹽加減を, 手を, 拍子木の, 拍手を, 招魂祭が, 指揮台を, 揃つて手を, 教師に対し, 教師の, 数時間この, 整然と並ん, 文学, 新しい海老茶袴, 日暮れがたの, 日本に, 日本軍が, 早いしかし, 早くから来, 早や, 昂然と, 昨今名状し, 時々萩, 時間の, 最も熱烈, 未だ集りません, 本よりも, 本当に信頼, 本当に可笑し, 本校と, 机で, 杖を, 来ない, 校当局からの, 校長の, 校長先生を, 棺桶を, 楕円形の, 概ねい, 横に, 橇の, 次を, 正氣, 歸つ, 殆どみな出席, 殆ど小さい, 毎日電球を, 気が, 氣が, 決して謎, 沈黙した, 沢山御馳走, 法律も, 泣いたの, 洋人を, 満足に, 漢江南岸の, 無論父兄, 狡猾く, 狭い庭, 猶残つて午後, 生徒で, 生徒である, 生徒として, 生徒自分は, 用達が, 申し合, 男の, 男子許りだ, 男生徒とは, 男生徒より, 町を, 痩せた体, 痩せた體, 百人余り組織は, 皆な, 皆一同講堂に, 皆大いに, 皆嬉々として, 皆平, 皆恐らく, 皆次回から, 皆眼を, 皆秀才だ, 皆立ち上り, 皆自分等とは, 知らない人, 石に, 石地蔵みたいな, 祈祷書を, 窒息し, 立ち上って, 答えた, 約束の, 純真な, 終りに, 絵画なり, 続々入学, 総立に, 繰形, 耳と, 聞えよがしに, 聞かされて, 自から, 自分たちの, 自分でも, 自然それだけ, 與し, 英漢の, 英語が, 草餅や, 蛙の, 補習科は, 見て, 言った, 試験及第の, 誰一人叱られず, 誰一人異議を, 課業として, 讃美歌でも, 谷底で, 豚に, 赤い帽子, 起った, 足拍子揃へて, 軽蔑し, 進んで, 遂に往生, 都会人らしく, 醵金を, 長者に対するのみ, 階下男生徒は, 隙を, 雪に, 雪道の, 雪達磨を, 非常に, 頭を, 頻に, 顔を, 食事の, 驚いたの, 鬼の, 鬼魅が, 默って, 黙々塾, 黙って

▼ 生徒たち~ (408, 9.4%)

98 の間 5 の顔 4 と一緒, の中, の方, はもう 3 が学校, の一人, の眼, はその, はそれ

2 [23件] がお, が私, である, に向っ, の, のこと, のざわめき, のため, のまえ, の前, の口, の群, の視線, の頭, はこの, はどっと, はまた, はよく, は一群れ, は先生, は皆, もみんな, もワーッ

1 [309件] からなるべく, からはなれ, からは到底, から二つ三つ, から受けね, から貰, がいる, がすぐ, がその, がぞろぞろ, がはだし, がひそひそ, がぼんやり, がまだ, がむらがっ, がもう, がやってきました, がわあわあ, がわざと, がわっ, がキャッチ・ボオル, がバスケット, が一心に, が二組, が仕事, が元気, が勝手, が墨書, が外, が幾人, が思ひ思ひ, が感激, が探し, が笑い, が繰り込ん, が自動車, が若い, が表向き, が見送っ, が足音, が追, が追いかけ, が陰険, が體操, くすくす笑, だ, であっても, とお, とはまるで, とわかれ, と一所, と仲よく, と出あう, と応対, と私, と話し込ん, にあいさつ, にあまり, にくらべ, にし, にしごく, にそれほど, にたちまち, にはあまりに, にはそれ, にはとても, にはまことに, にはわからなかった, には先生, には料理, には話, には非常, にまじっ, にまだ, にむろん, にもの, にも伝わっ, にも加わっ, にも心, によって容易, にわざわざ, にカルメン, に会釈, に伝えられた, に先ず, に向かっ, に喝采, に売っ, に嫌悪, に挨拶, に捧げた, に教えた, に気がつく, に混つて講義, に私, に笑われる, に結びつけられた, に言っ, に評判, に話しかけ, に謝らせよう, に頼み, のあと, のさわがしい, のさわぎ, のところ, のどの, のほう, のほか, のまん中, のグループ, の不幸, の世界, の並ん, の二列, の二本, の仲間入り, の侮辱, の修養, の全く, の公演用, の処分, の合唱歌, の哄笑, の嘲笑, の噂, の坊主頭, の多く, の多数, の心, の忍ぶ散, の応酬, の意見, の手前, の日, の残飯, の沈默, の沢山, の注目, の真情, の結婚, の興味, の見学, の課業, の讃美歌, の足音, の軽薄, の醵金, の鋭い, の集まり, の集り, の額, の騒ぎ, はあまり, はあらかじめ, はあれこれ, はいい, はいかにも, はいずれ, はいちど, はいつの間にか, はうつむい, はおおっぴら, はおそらく, はがやがや, はきゅう, はくち, はくるくる, はけっして, はこんな, はさすが, はさぞ, はしかし, はすっかり, はすると, はそこ, はそんな, はぞろぞろ, はたしかに, はたのし, はつぎつぎ, はてんでに, はどつと, はなだれ, はなんとなく, ははっと, はひどく, はまん中, はみんな晴衣, はみんな此, はむかし此, はめいめい, はめずらしい, はやはり, はわっ, はクラス全体, はストーヴ, はズガニ, はデビス先生, はハイ先生, は一人, は一度, は一斉, は不平, は二列, は仕事机, は何, は初めて, は別れ, は十五マイル, は却って, は口ぐち, は土地, は塾の, は大, は学徒動員, は学校, は尊敬, は小さく, は少女倶楽部, は工場, は帰りきらない, は帰宅, は彼, は思い思い, は急, は想像, は愛さず, は承知, は採点表, は教室, は新しい, は昂然, は昨今何, は本校, は校庭, は案外, は殆, は気味, は決してそう, は海, は登校, は真面目, は眼, は私, は稽古, は笑っ, は笑った, は縮みあが, は職員会議, は腕, は自分ら, は自分達, は自然丸, は自由, は興奮, は茶化した, は華族女学校, は行き, は表立った, は話, は赤い, は鉄棒, は銭湯, は隙, は雨ふり, は頭, は顔, は高く高く, は黙っ, へ説明, までが押しよせ, までつい, もお互い, もこの, もこれ, もそれ, もたえなかった, もだんだん, も何, も先生, も決して, も空, も窓, も腹, も見物, や婦人会, らしい散兵, を, をあんなに, をびっくり, をびつくり, をやりすごせた, をよろこばせた, を三四人, を休ませ, を啓蒙, を大声, を思う, を憶えた, を押しわけ, を狂喜, を見まわし, を見廻されます, を講堂, を階段, を魅, 手堅く平凡, 時々顔

▼ 生徒~ (365, 8.4%)

10 なって 5 教へて 4 して, 教へ, 歌はせ 3 向って

2 [19件] いろんな冗談, それを, たずねた, ものを, 与えて, 侮られて, 接して, 教えるよう, 教ふべからず, 案内を, 歌は, 歌はせる, 胸を, 自分で, 裁縫を, 見せて, 訊いて, 話したこと, 讀んで

1 [297件] あたえたこと, あたりちらした, あったらそう, あてがう, あまく見られ, あらずわが国, いたるまで, うたわれて, おしえながら, おしえるのに, お持ちだ, お目にかかったこと, お話し下さる, お話を, かけられると, からかわせる, きいて, きく, くばるのに, くらべて, くらべては, くらべると, こういうた, ことづけて, これを, こんなこと, こんな強い, されて, しかけて, した後, しても, してやろうという, しろひき手, せられなくては, そつくりだ, たくさん逢った, ちがいない, ついて, つかまえられて, でさえも, とつて, とりまかれて, とり囲まれて, どんな影響, なったの, なったので, なったり, なった時分, なりたいと, なりたる態度, なりますわ, なると, なる事, なれた訳, なれないと, なれば, はかなき慰藉, ばかに, ふさは, めいめいの, もとの, やはり航海, やらした, やらして, やらせたり, よませ始めて, わざとしかめ, わるさ, ハイルナーを, ビンタを, モッと, 一人一人わけ, 一目瞭然である, 不平が, 与えつつ, 与えられたこと, 与える覚悟, 与へること, 中国の, 云つて聽かせる, 交って, 交つて聴い, 交つて遊戯を, 人望が, 人気が, 仕事を, 会ったこと, 会議の, 伝えさせた, 伝染しない, 体操も, 体操を, 何か, 何かしら実用に, 何の, 何を, 何事だ, 作用する, 使用せし, 信ぜしめようと, 俳句を, 傍輩の, 働きかけて, 分りきつ, 別れの, 加える刑罰, 勝たせようと, 勝手な, 勧むるに, 化学などを, 十分も, 及ばず独逸, 反戦思想を, 取って, 取っては, 取まかれて, 取り入っては, 取り圍まれ, 口を, 句作を, 同情される, 同情する, 向い今日, 向つて, 向て, 吹聴した, 告別の, 呼びかけたり, 哲学, 問われて, 問題を, 喧嘩まけ, 図書館利用法を, 地理を, 型を, 埋められて, 売つて, 外聞が, 多い, 多い山の手, 多大の, 大原御幸の, 奨励され, 好意を, 実験を, 寛で, 對し, 對する, 就くこと, 山田耕筰さん達が, 強制する, 復習を, 必ずウェブスター, 応用化学を, 意見を, 慕はれ, 慕われる女教師, 手を, 手紙を, 扶けられる, 担がれて, 指導する, 授けた, 授業し, 接しなくとも, 接するごと, 接せられてから, 教えた, 教えたらどう, 教えたり, 教えるあるいは, 教える先生, 教える唯一, 教える必要, 教える清書, 教壇から, 数学を, 日記を, 有益なる, 栗を, 歌わせて, 正しく伝へよう, 殴られたもの, 比して, 渡しソレ, 潜在する, 無心を, 狐が, 独立を, 甘い点, 甚だ趣味, 用いられるだけの, 画学を, 畫學を, 発言せしめる, 白木屋の, 盗まれたこと, 相手に, 眩しい乙女, 知れ渡りました, 示したや, 示し度, 示すの, 私通を, 笑いながら, 筆札を, 粘土を, 紹介された, 紹介した, 紹介する, 経書を, 習字を, 聞かせるの, 聞かせ又, 聞くよう, 聴かせたの, 腹を, 自分たちの, 自力の, 與へて, 與へては, 艶書を, 苛められる, 苛められる仲間, 英吉利語の, 英語を, 茶の, 華盛頓って, 虐待せられる, 蜻蛉釣る, 表面人気が, 要求しよう, 見出して, 覚えさせること, 覚えしめるだけ, 親しまれて, 親しみが, 言った, 言つて聞かせました, 言つて聞かせる, 言われたよ, 言われたらどんな, 訊いた, 訓える, 訳読を, 話しかけて, 話したの, 該博深遠な, 説いて, 説き聞かせて, 説き込むの, 説明し, 読まして, 読ませるわけ, 課して, 課しました, 諭吉は, 講義する, 講義を, 講談を, 讀者の, 負けぬよう, 質した, 質問する, 質問を, 起させ得たればとて, 軽侮される, 辱められた場合, 近き生徒, 近づいたこと, 返して, 迷惑を, 追越されて, 逢つた鼠は, 運動を, 運転させ, 過ぎないの, 過ぎない自分, 過失の, 違ない, 遠くへ, 遣りこめられたとき, 遺言した, 釈迦の, 野州の, 野球を, 銘々その, 長崎生れの, 附き添って, 限て, 頒けて, 頭が, 頭を, 頻りに敬礼, 食物問題の, 馬鹿に, 體操を

▼ 生徒~ (324, 7.5%)

13 して 12 相手に 9 連れて, 集めて 6 つれて 5 引率し 3 代表し, 処罰する, 教室の, 講堂に

2 [17件] もって, 募集し, 取締る, 呼び寄せる為, 引連れて, 教えて, 教へる, 煽動し, 煽動した, 狂喜させた, 笑は, 自分の, 見て, 見ると, 見る先生, 誘惑する, 遇する極めて

1 [224件] あつめて, あやまらせるか, いうの, いざない戯れて, いためつけるし, いちいち後を, いぢめ, うしろに, おしのけるよう, おどかしたり, おどかすこと, お客扱いする, お預りいたし, かの優しき, からかいに, きずつけるため, こっちへ, ごく内容的, しかも十八歳, しかりました, しかる教師, じっとしばらくの, そのまま見のがし, その希望, その職業, つかまえて, つかまえては, つれ災難, どこかへ, どこまでも, なじつたところが, ひきいて, びっくりさせる, ぴしゃり, ぶんなぐる事, ほれぼれと, まず私, まづ私, みんな一様に, よい方, わるくする, アゴで, ピアノから, 一名も, 一教場の, 上の, 不穏な, 世話し, 乗越して, 二三人つれ, 二人ばかり, 二人連れ, 代表する, 休学せしめた, 休學せしめた, 伴い跣足率先, 伴れ, 使嗾し, 侮辱する, 信じて, 先生は, 入れないこと, 入れないほど, 入れるよう, 入学させる, 其職業の, 処分する, 分配する, 別々に, 刺戟する, 前から, 前に, 加え他, 励ますよう, 動員し, 十人ほども, 反国家思想, 収容し, 取らずもっぱら, 取るよう, 取調べたり, 受取つて足拍子揃へ, 可愛がって, 可愛がるよりも, 叱った, 叱りました, 叱り飛ばした後, 叱る身振り, 同じよう, 同時にもの, 同級生が, 呼びすてに, 呼び出した, 呼び出して, 呼んで, 喜ばせようとして, 圧迫する, 地方へ, 型に, 塗板の, 大きなもん, 妊娠させた, 威壓する, 娶る事, 安易に, 寛仮し, 対象と, 導くよう, 左右する, 帰したい, 帰らしたい課外, 引き出し列外, 御覧なさい, 徳育に, 恐れなくなって, 悩ましたの, 悲しさうに, 意味する, 愛して, 愛する念, 憎みたい気, 戦慄させ, 戰慄させ, 手まねで, 打つこと, 拳固で, 指すので, 指導し, 指揮したる, 採用する, 接吻し, 改心させ, 教うる, 教えた, 教えたこと, 教えつつ, 教えに, 教えること, 教えるの, 教える処, 教える教員, 教え地面, 教え大蔵省, 教へて, 教壇の, 教室に, 教授し, 教授する, 教育し, 教育した, 教訓警戒し, 教道する, 映像した, 是処で, 替え今, 校庭に, 検討する, 楽しませながら, 次々と, 歸らしたい, 残して, 殘さね, 殺すこと, 殺すに, 母親から, 毎日学校で, 泣かせる甚だしい, 演壇一間ばかりの, 無産者大衆から, 煽動する, 率ひ, 甘やかして, 皆に, 相して, 眺めた, 突き飛ばして, 笑わせた, 第一教室, 糺問する, 置いて, 罰して, 羨ましさうに眺め佇立, 自在に, 自宅に, 自由に, 苛めて, 褒めるとき, 見おろした, 見ても, 見やって, 見るやう, 見下した, 見下して, 見出した, 訓戒したら, 許すの, 誘つて來て, 諭す教師, 謝罪さし, 譴責する, 護摩かすくらいは, 責めた後, 責め立てた, 賞めて, 走らしたり, 踏切で, 載せたまま渓流, 逆撃, 運動に, 過勞, 遠くまで, 避けるため, 閑却した, 集めたり, 集めた卓, 集めまして, 集める朝礼, 集め行政, 預る素人下宿, 養うこと数年, 養成する, 養育し, 馴致しよう, 驚かして

▼ 生徒~ (132, 3.0%)

4 ある, 教師も 2 あった, ありました, あれば, いる, 二人とも, 立って

1 [112件] あつた, あるが, あるべし, ある樣, いて, いました, いわず松江, おおむね生彩, その切符, その木の下, それを, たくさん通っ, ないで, なかなかよく出, なしに, まじって, まだ一人, みな楽し, みんなばかに, みんな加勢に, みんな授業を, むれを, やつて, ゐないので, ゐなかつたの, パパの, 一緒に, 不可無断で, 中学や, 亦舎長夫婦, 他の, 代る代る来, 以前よりは, 何人か, 余程上手, 來り, 先生も, 出て, 出るの, 動き始めたの, 召使も, 同じよう, 同じ講義, 同様, 同様である, 問はず各人が, 喜んで, 増加し, 多くなり, 多くは, 多勢が, 大いに喜ん, 大きな学校, 大へん緊張, 大勢わいわい, 大抵帰っ, 大抵日本髮, 女生徒も, 学内の, 官立の, 専門学校の, 小使い, 居たの, 帰って, 帰り先生, 幅の, 弥次馬も, 心を, 応援に, 急に, 悪い, 愕然として, 愚助の, 抜出して, 日本画等を, 最初の, 望みを, 来るもの, 次第に帰来, 殖えて, 気持の, 沢山に, 泣いた, 混って, 渥美の, 滅多に, 漸く乘, 激變した, 烟に, 烟の, 無心少し, 献金し, 町の, 皆誠実な, 監督の, 眼を, 睨みの, 知ってるよ, 知ってるん, 笑ったの, 習字の, 胸を, 自然に, 若干いる, 華手である, 謝罪だけは, 輪に, 遊びに, 運動場でも, 遠退き, 随分多かっ, 黙って

▼ 生徒~ (111, 2.6%)

4 の間 2 がぞろぞろ, は彼

1 [103件] からひきはなそう, からもいろ, がいう, がこれ等, がみんなお辞儀, がセエラ, が傾聴, が大, が大きな, が学校, が拾つて來, が教師, が校門, が正成, が習いおぼえた, が行け, が象, が鍵, だった, で二人共出鱈目, と一緒, と女生徒達, にこの, にそう, に一喝, に分配, に向っ, に喋舌, に彼等, に応待, に簡単, のいた, のお下げ髪, のなか, のやう, の一人, の一行, の前, の半裸, の団体, の好ん, の姿, の寝室, の弥, の所, の方, の機嫌, の生活, の視線, の言う, の読本朗読, の隙, は, はあ, はうすうす, はけげんさうに, はこれ, はしばらく, ははっきり, はひどく騒々しく, はみんな教場, はもう, は一斉, は上手, は五十六, は今日, は先づ卷紙, は右, は囃し立てる, は壕, は少し, は平常, は彼等, は往き, は急い, は息, は我々, は数人, は最も, は朝八時, は済まなかつた, は皆, は皆暗涙, は素裸, は総立ち, は聞こえよ, は西, は質素, は軽く, は障子, は驚き, もせっかち, もその, も今, も結, よりも二ツ三ツ年長, をいつしか, を圧し, を学校, を思ひ出す, を橋上, を眼前, を近くお呼び

▼ 生徒~ (84, 1.9%)

5 一緒に 4 いっしょに 3 教師の 2 いえば, なって, なつて, よぶの, 違つて凛と

1 [62件] あとは, いうよりは, いえど, いはれ, いはれれば, いふと, おしゃべりを, お自慢, して, ともどもに, なぜか, なったの, なってから, なつた, なりたり, なりつつ, なり一定, なること, ひそかに, みれば, スキャンダルを, 一しょに, 並んで, 云うと, 云うもの, 云ふも, 何うし, 先生として, 共同し, 再び日光, 別れるの, 十四五の, 反対に, 同宿した, 同様学校へ, 呼ぶ所以, 呼んだこと, 女生徒とが, 女生徒とは, 山嵐を, 教師との, 新入学生との, 来たらあっち, 極めつけられる, 比べて, 為つた, 生徒とが, 睨めツくら, 睨めツクラ, 私学校の, 約束した, 美術学校の, 自分とは, 自分を, 行きし戻り, 視線が, 話を, 連れだって, 遊び戯れた, 違って, 違ひまし, 鼻を

▼ 生徒~ (74, 1.7%)

18 あつた

1 [56件] あつたの, あらう揃つて歌, いっぱいに, いるうち, いるの, これが, こんなこと, しかも級長, そこに, その頃暑中休暇, まだ汽車, やって, やること, やるん, よく訓練, バリトーン歌手である, マドレーヌ街の, ムラサキという, ヴァイオリンなどを, 三番目は, 主役の, 今名を, 仲の, 佐渡出身の, 俳句か, 僕の, 其のお, 出くわした奴, 十二ぐらいの, 占めて, 名前こそ, 図画とか, 夕陽丘へ, 山口といふ, 年の, 彼女ひとりが, 感心する, 新平民, 昼は, 暑中休暇を, 朝学校へ, 東京に, 梅雄と, 残りの, 満員な, 特別の, 生れは, 生マジメ, 真個に, 神戸徒歩会の, 私ひとりであった, 素晴しい, 責任を, 近在の, 郷里は, 非常に

▼ 生徒~ (67, 1.5%)

4 が口笛 2 に音楽, の目

1 [59件] が, がつまずき, がやすん, がサン・バジル長老, が勇ん, が声, が泊まっ, が禁足, が隊伍, とたのしく, にたいして私, にたのまれ, にみとれ, にやさしかっ, に利用, に向かっ, の中, の姿, の後ろ, の斥候, の混じりけ, はえり, はお祈り, はしいんと, はその, はそんな, はたがい, はみな上着, はみんな耳, はみんな運動場, はもう, はやせた, は一緒, は先生, は去年, は唱歌, は多く, は大, は小さく, は少く, は彼女, は後, は思ひ, は望む, は歌, は決して, は男子, は皆一度, は種々, は美しい, は自ら自分, は苦業, は負傷者, は針, もそれ, をし, をしかった, を二人, を来週

▼ 生徒~ (47, 1.1%)

2 の体操教師, はいった

1 [43件] がい, がこわく, がそんなに, が三人, が來, が先頃上海視察, が怖く, が来た, が見廻り, が通りかかった, である朝倉先生, で尉官級, で開かれた, としてプチ・ショウズ, との席, にであり, に引き渡した, に拾, のところ, のセルゲイ・イヴァーヌイチ, の一人, の入来, の冷やか, の姿, の方, の肝煎り, の背後, の許, の部屋, の鈴木蘭二先生, の靴音, はためす, はとても, はなかなか, はシューラ, は一喝, は注意, は言葉, や日頃叱咤, や運動家たち, をみんな, を思いだした, を相手

▼ 生徒~ (46, 1.1%)

2 と一緒, は一しきり, は意味, は自分達, も校長

1 [36件] が一, が一しょく, が上つて來, が可笑しい, が戯れ, が騷ぎ, で或は, には新し, に受けさせる, に叱, に季節外れ, に挨拶, に説明, の今, の何, の兄さん位, の夢, の描い, の日本語, の耳, の齢, はこそこそ, はこの, は一緒, は先生, は唱歌, は忍び笑い, は此, は登校, は目, は門, は面白, ばかりで, へ微笑みかけ, も通行人達, を相手

▼ 生徒から~ (31, 0.7%)

2 一斉に, 羨まれる程規律

1 [27件] いじめられた白井さん, こわがられて, ずっと離れた, それを, でたうわさ, 一通の, 僅ばかりの, 先生番茶は, 区別された, 口説かれて, 名前の, 変人あつかい, 尊敬され, 常に怨まれ, 志望する, 材料を, 毎月の, 毎月金を, 答案の, 聞いて, 聴講料を, 見たらさだめて, 見れば, 言われたこと, 追い出された事, 順次教室, 預つて

▼ 生徒~ (27, 0.6%)

4 その他の 2 教師に対して

1 [21件] お母さん達に, その父兄たち, 不成績の, 先生は, 先生達の, 在郷軍人達が, 士官候補生に, 学生にまで, 学生の, 小さな犬, 教師が, 教師に, 教師までが, 村の, 案内者が, 狐鼠, 獰猛な, 町の, 研究生に, 頓智の, 頽廃的な

▼ 生徒~ (26, 0.6%)

2 に信用, の噂

1 [22件] ではこ, ではそれ, にある, におそろしい, にそれほど, になんだか, にはすでに, には先生, には周知, には曾根少佐, には神, にもあまり, によく, に人望, に敬愛, に甚だ, に競争, に素晴, に衝突, の不満, の人望, の評判

▼ 生徒さん~ (25, 0.6%)

1 [25件] ありがとう, がおとした, がゲーテ, が一人, が夏休み, ぐらい大きな, だ, て夏, であつ, でございます, です, でゲス, とお母さん, なんかは聞かない, なんかは試験前, にくらべる, には綺麗, に御, の作った, の作つた問題, の芸, の英語, までもが皆, もずいぶん, や職員方

▼ 生徒として~ (24, 0.6%)

1 [24件] あの机, いやそれ, この世に, この学校, この点, その講演, はじめて帰郷, はじめて歸郷, 一番始めの, 上京し, 住んで, 先生間に, 六年間通い古代英語の, 困ったこと, 學んだ事, 新平民, 来て, 私の, 私は, 規則を, 誰にでも, 身を, 通って, 青年期の

▼ 生徒には~ (24, 0.6%)

2 無論藤野さん, 絶対に

1 [20件] あらず, それでも相当, まだ羞恥感, もともと善玉, わしは, 厭世思想が, 厳しく仕事, 塾中の, 学費を, 我慢が, 教員の, 断然玄関払い, 既に羞恥心, 最も待ち受けられる, 特別あたりちらす, 秘密だ, 興味が, 藤田文三氏長沼守敬氏大熊氏廣氏など, 見えた, 読んで

▼ 生徒一同~ (23, 0.5%)

2 がそれ

1 [21件] から答案, から絶対, から贈, が列, が叱られた, が静粛, でお, に伴っ, に伴つて, に同じ, に寄宿, に用, に談話, の心, の顔, はこの, はぞろぞろ, は万歳, もすっかり, よりとし, を講堂

▼ 生徒~ (21, 0.5%)

2 つた頃に, と知った

1 [17件] からと云っ, から金色夜叉, が自分, けれども剣道, そうだ, つた彼は, つた頃は, つて云つてた, ということ, とかいうこと, とサ, と言う, なと今, なんて何だか, のが, もん, 位の

▼ 生徒でも~ (17, 0.4%)

2 今度こそ, 知って

1 [13件] あったから, ありさ, かならずしも同一, つかえるよう, ない自分, なく一対, なく況ん, めったに, 何かという, 同じこと, 皆よく, 皆知っ, 負かすくらい

▼ 生徒である~ (16, 0.4%)

2 か否

1 [14件] かはその, ことも, という事, と知った, と聞い, ので當分親類, はずが, ぼくが, 事が, 倫理の, 光栄と, 弟の, 草野金太郎は, 誇りに

▼ 生徒では~ (16, 0.4%)

4 なかった 2 ありません, ないのに 1 ありませんか, ありませんでした, ありまた, ないと, ないの, ないもう, 手古摺らされるの, 私立の

▼ 生徒だった~ (15, 0.3%)

1 [15件] から偉く, から否応, から殺人事件, が卒業, が舞台, とはいえ, ので, のです, セエラは, 僕は, 前身時代でございます, 彼は, 時の, 頃から, 鵜沢総明氏が

▼ 生徒~ (14, 0.3%)

3 んだ 2 のである 1 のか, のかい, のだ, のであった, のであります, のです, ので日曜日毎, ものです, んです

▼ 生徒にも~ (13, 0.3%)

1 [13件] それを, ひきあわせて, 人望が, 同じ意味, 妙に, 恐れられ自分, 教ゆる, 父兄にも, 特別に, 訊いて, 話さう, 逢わなかったから, 頼め

▼ 生徒であった~ (12, 0.3%)

1 [12件] ことが, その青年, のである, ぼくは, わたくしたちの, ウォーズウォルスの, 今の, 山川浦路氏の, 時の, 時分に, 自分と, 頃最近も

▼ 生徒との~ (12, 0.3%)

1 [12件] 中間位の, 他から, 区別なく, 態度を, 組打も, 間で, 間に, 間には, 間の, 関係などに, 関係は, 関係よりも

▼ 生徒ばかり~ (11, 0.3%)

3 では 2 だが, だった 1 だったが, だつた, でない会計上, でなくたいてい

▼ 生徒~ (10, 0.2%)

2 その所信, つぎつぎと, 語つて聞かせた 1 お土産, 向って迄, 告げた, 素読を

▼ 生徒~ (10, 0.2%)

2 尤も胸, 第二流以下 1 には一人, には後, に一人, に断髪, に池辺吉太郎, 時にあるいは

▼ 生徒自身~ (10, 0.2%)

1 が教育統制, が頭脳, にどれ, にも世間, に各種, に直接, に箸, の又, の研究慾, をし

▼ 生徒です~ (9, 0.2%)

321 から, がお, がときおりこう, がバイオリン

▼ 生徒とは~ (9, 0.2%)

2 親眤 1 おのずから別に組, 一緒にな, 云えない, 別である, 日曜日の, 毎晩夜の, 私であった

▼ 生徒さんたち~ (8, 0.2%)

1 だから, の中, の楽しみ, の準備, の長椅子, は田植, を見守ろう, を預

▼ 生徒などは~ (8, 0.2%)

2 もちろん怪談, 何彼に 1 嘲るよう, 声を, 正月だろう, 草鞋穿で

▼ 生徒に対して~ (8, 0.2%)

1 きびしくなりました, 一種の, 幾分かの, 所謂訓戒の, 授業以外に, 断髪令を, 深い愛情, 話を

▼ 生徒監室~ (8, 0.2%)

1 がどんな, に引渡す, に行き, のすぐ, の方, の窓, へ出かけ, へ来い

▼ 生徒とが~ (7, 0.2%)

1 あった, ぞろぞろと, また同じ, 一番年が, 客と, 田舍者の, 討論する

▼ 生徒まで~ (7, 0.2%)

2 動きやしないかといふ 1 互に争つて手, 呆れ顔, 工場へ, 曲りくねった言葉, 知って

▼ 生徒よりも~ (7, 0.2%)

2 一人前の 1 つと勉強, 一層つよく, 一足先に, 三つか, 無学な

▼ 生徒らしい~ (7, 0.2%)

1 のが, 人たちが, 夏帽子に, 悪戯を, 男の, 趣と, 非文学的

▼ 生徒~ (7, 0.2%)

2 が何 1 の肩身, は待構, は校長, は遠, を見廻した

▼ 生徒大会~ (7, 0.2%)

2 のこと 1 が冷静, の問題, の興奮, をやれ, を開かない

▼ 生徒時代~ (7, 0.2%)

1 から須磨子, だったと, であつ, には身なり, に彼, に戯曲, の昔

▼ 生徒に対する~ (6, 0.1%)

1 学生生徒自身の, 影響力, 影響力も, 悪影響が, 礼親が, 関係が

▼ 生徒より~ (6, 0.1%)

2 前に 1 はいったので, 下手だ, 出来が, 大気でないせ

▼ 生徒仲間~ (6, 0.1%)

1 から, で一番, につたえた, には軟派, の演説会, らしかったという

▼ 生徒としての~ (5, 0.1%)

1 僕, 取扱ひでなく, 最後の, 經驗は, 青木を

▼ 生徒なら~ (5, 0.1%)

1 これ位の, なぜむやみ, ばまだ, 何年生だ, 私も

▼ 生徒にとって~ (5, 0.1%)

1 あまりにふしぎ, いつも極めて重大, かけがえの, この上, 問題と

▼ 生徒への~ (5, 0.1%)

1 一場の, 多少の, 愛と, 手前叱らず, 開架を

▼ 生徒さん今日~ (4, 0.1%)

31 も學校

▼ 生徒じゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんでした, ないか, なかったかね, アない

▼ 生徒という~ (4, 0.1%)

3 のは 1 ものは

▼ 生徒などが~ (4, 0.1%)

1 交ってるかも, 何れも, 来る場合, 習いますが

▼ 生徒代表~ (4, 0.1%)

1 としてする, の一人, は何度, を引率

▼ 生徒控所~ (4, 0.1%)

2 の彼方 1 に張り出された, の横

▼ 生徒~ (4, 0.1%)

4 の長椅子

▼ 生徒~ (3, 0.1%)

1 あるいはこの, どうかといふ, 母か

▼ 生徒さん方~ (3, 0.1%)

1 に笑われる, はいかにも, もどうも

▼ 生徒さん達~ (3, 0.1%)

1 の声, よりも水際立っ, 来や

▼ 生徒それ~ (3, 0.1%)

2 からひる 1 からすこし

▼ 生徒たる~ (3, 0.1%)

1 に過ぎませんでした, 以上は, 日と

▼ 生徒だけで~ (3, 0.1%)

1 やる送別会, 展覧会を, 集まろうという

▼ 生徒だけに~ (3, 0.1%)

1 別れの, 極ってる, 限られること

▼ 生徒だの~ (3, 0.1%)

1 文学愛好の, 村の, 親類友だちだ

▼ 生徒でない~ (3, 0.1%)

1 ような, 一人前の, 先輩で

▼ 生徒と共に~ (3, 0.1%)

1 受け入れられ今, 散歩し, 根気よく

▼ 生徒など~ (3, 0.1%)

2 随分妙 1 いろいろな

▼ 生徒なども~ (3, 0.1%)

1 あった, 大勢見物に, 少くなかつた

▼ 生徒~ (3, 0.1%)

1 同協議, 同起立, 同集合

▼ 生徒一人~ (3, 0.1%)

1 から二留十哥, から毎月金二分, のその

▼ 生徒主事~ (3, 0.1%)

1 には子弟, の, をし

▼ 生徒~ (3, 0.1%)

2 の味方 1 の一方

▼ 生徒全体~ (3, 0.1%)

1 がおれ, が自分, の留任運動

▼ 生徒全部~ (3, 0.1%)

1 へ土産, を率い, を軍法会議

▼ 生徒各自~ (3, 0.1%)

1 がこれ, に自由, をし

▼ 生徒~ (3, 0.1%)

1 の数, は現在, を十人

▼ 生徒および~ (2, 0.0%)

1 これに, その父兄ら約数百名

▼ 生徒かも~ (2, 0.0%)

1 しらんが, 知れぬと

▼ 生徒からは~ (2, 0.0%)

1 その場, 少し変り者扱い

▼ 生徒こそ~ (2, 0.0%)

1 いい面, 却って全

▼ 生徒ことごとく~ (2, 0.0%)

1 であろう, 上代樸直の

▼ 生徒だち~ (2, 0.0%)

1 に讃美, はわづか

▼ 生徒だって~ (2, 0.0%)

1 同じだ, 子供だって

▼ 生徒であっ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, ても本能

▼ 生徒であろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 生徒といつて~ (2, 0.0%)

2 も赤い

▼ 生徒といふ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 生徒とともに~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 運動を

▼ 生徒とも~ (2, 0.0%)

1 見るよう, 通信を

▼ 生徒などと~ (2, 0.0%)

1 来たらえらい, 比べては

▼ 生徒などに~ (2, 0.0%)

1 會ふと, 特に神仏

▼ 生徒にでも~ (2, 0.0%)

1 いつて, 訊くやう

▼ 生徒にとっても~ (2, 0.0%)

1 いいでしょう, おそらく非常

▼ 生徒に対しても~ (2, 0.0%)

1 ものを, 叱ると

▼ 生徒はか~ (2, 0.0%)

2 はる

▼ 生徒までが~ (2, 0.0%)

1 すべてこの, 好んで

▼ 生徒みたい~ (2, 0.0%)

1 で, にわめきだし

▼ 生徒らしく~ (2, 0.0%)

1 お尻, 弟に

▼ 生徒らしくない~ (2, 0.0%)

1 かといふ, と思いました

▼ 生徒ら今~ (2, 0.0%)

2 も猶

▼ 生徒をも~ (2, 0.0%)

1 収容する, 教えに

▼ 生徒一人一人~ (2, 0.0%)

1 にたくさん, を別々

▼ 生徒一名~ (2, 0.0%)

1 もなく, を呼び出だし

▼ 生徒二十人~ (2, 0.0%)

2 に揃

▼ 生徒~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ 生徒以上~ (2, 0.0%)

2 に希望

▼ 生徒~ (2, 0.0%)

1 が無, と云

▼ 生徒会員~ (2, 0.0%)

1 であ, でなくとも

▼ 生徒児童~ (2, 0.0%)

2 の個性

▼ 生徒募集~ (2, 0.0%)

1 に着手, の広告

▼ 生徒及び~ (2, 0.0%)

2 生徒の

▼ 生徒~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 生徒同志~ (2, 0.0%)

1 でも不思議, の品隲

▼ 生徒控処~ (2, 0.0%)

1 とを区別, の一隅

▼ 生徒控室~ (2, 0.0%)

1 でゆくりなく, で全校生徒

▼ 生徒控處~ (2, 0.0%)

1 とを區別, の一隅

▼ 生徒教員~ (2, 0.0%)

1 もおのずから, もたちまち

▼ 生徒昇降口~ (2, 0.0%)

1 から嵐, から風

▼ 生徒気質~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, なり

▼ 生徒~ (2, 0.0%)

2 に歌

▼ 生徒監殿~ (2, 0.0%)

1 がはいつ, の巡視

▼ 生徒諸君~ (2, 0.0%)

1 とによる, に寄せる

▼1* [201件]

生徒あがりのやう, 生徒あそこにもこ, 生徒あたしはそれ, 生徒ありて入学, 生徒いじめの訓練的, 生徒かみさんらの, 生徒おのおのに毎日, 生徒かがわかるでしょう, 生徒かと思われるほどの, 生徒からだって花を, 生徒からの願書が, 生徒からも多くを, 生徒がちこくしなかった, 生徒がよけて通る仕掛け, 生徒くらいのものが, 生徒ぐらいになりだんだん, 生徒この生徒だけには, 生徒さんぐらゐ大きな方, 生徒すらも父兄の, 生徒その年長ずるというも, 生徒それから工員服の, 生徒それ自身の有する, 生徒たちほうぼうからワーッ, 生徒たちヴェランダへ出, 生徒たち以外にそんな, 生徒たち待ちかまへてゐた, 生徒たりしとき, 生徒たるべきものが, 生徒だけ昼から, 生徒だけがわるいよう, 生徒だけでも彼と, 生徒だけにはどうしてもかなわなかった, 生徒だけはいつも僕等, 生徒だけを自宅の, 生徒だったり勤め, 生徒だったらあなたも, 生徒だらうと思はれた, 生徒だりた, 生徒ってきらいだ, 生徒でありまたよい, 生徒でありませう然しながら今日, 生徒であればこそ見放し, 生徒でしょうか, 生徒でなくてなんと, 生徒でん何でん, 生徒とくツつい, 生徒としてはいづれの, 生徒としてよりも娘という, 生徒とでもまた此, 生徒とに割当てられた小さな, 生徒とによって昼と, 生徒とを比較すれ, 生徒どうしの恋愛関係, 生徒どもはこんどふしぎ, 生徒なきがごとく, 生徒なぞにもいうたこと, 生徒なつきて桂木先生, 生徒などにもよくある, 生徒などの多勢で, 生徒などをかぞえあげました, 生徒ならびに銀行会社の, 生徒なら知らず此んな, 生徒なる男だらう, 生徒なんか構う価値, 生徒なんかに分っても, 生徒にさえ警戒する, 生徒にたいしても人間ぽい, 生徒についてだったろうと記憶, 生徒につつぬけに, 生徒にて候, 生徒にとっては哲学的術語, 生徒にほどはひびかない, 生徒にまで血判を, 生徒によって全校に, 生徒に対し日々国旗の, 生徒に対しては厳格に, 生徒に迄同性愛が, 生徒のみならず學校, 生徒はじめわれわれ父兄は不安, 生徒はわあと先を, 生徒はん達見えはつて, 生徒ばかりを教育する, 生徒ひとりひとりに名刺, 生徒へは普段から, 生徒みずからむりやりに, 生徒みずから自分の努力, 生徒みんなを愛する, 生徒よりは遙かに, 生徒らしかつた, 生徒らしいしゃがれ声で, 生徒らしきが画架, 生徒をかへしなさい, 生徒を通じて広く人々, 生徒なかには, 生徒シキリト水ヲ求ム, 生徒ニ制服トシテ靴洋服ヲ強制スルコトハ實ニ門戸閉鎖, 生徒ニ尋ネ然, 生徒ニ照看セシメ, 生徒自由ニ一任スベシ, 生徒ヘモ亦此, 生徒マヌエラと一人, 生徒ヲシテ一列同音ニ加算九々ヲ誦シテ, 生徒ヲシテ其不正ヲ理解セシム, 生徒一万五千八百九十二人男女の割合, 生徒一五九人はドイツ語, 生徒一人あたり一円ずつを醵出, 生徒七人の中, 生徒七百の中二三十人, 生徒三人お菓子を持っ, 生徒三名は七日, 生徒二三人の連名, 生徒二人の肩, 生徒二人手を取り, 生徒二十四人の学校, 生徒二千人列を成し, 生徒二年か三年, 生徒今日は何時, 生徒代表者として出, 生徒令嬢などは自尊自信, 生徒にしか見えませんでした, 生徒何気なく振り向く, 生徒倉橋藤次郎氏である一人, 生徒児童等には愛国行進その他団体運動, 生徒入学の時, 生徒入学式の前日, 生徒共にいうの, 生徒共産党青年部員としてそういう, 生徒勉強する官吏, 生徒医学校の生徒, 生徒十三万人とをば静思修養, 生徒十六七名來る, 生徒十數名を連れ, 生徒千葉房枝が机, 生徒厳罰論を述べた, 生徒取扱いの法, 生徒取締の件, 生徒各国からの亡命客, 生徒同士の嫉妬, 生徒同様時おりかれ, 生徒名簿を借受け, 生徒四十名を募集, 生徒団体が何寺, 生徒太田澄さん山崎美枝子さん大村ひろ子さんが原稿, 生徒女生徒もまじっ, 生徒女生徒打ち混ぜて, 生徒妓生が淡紅色, 生徒委員の一人, 生徒實家の牧場, 生徒将来の処世上学校図書館, 生徒の方, 生徒徒弟だという, 生徒必読の書, 生徒思ひで学者, 生徒打ち混ぜて, 生徒ひに, 生徒散じ教員去, 生徒新村淑子との名前, 生徒が湯, 生徒既に旧藩侯邸, 生徒日本語学校各小学校, 生徒を着なけれ, 生徒の上, 生徒来り文句言ったさうだ, 生徒松本なにがしがみずから, 生徒松谷鶴子の自殺事件, 生徒某氏は自らこれ, 生徒ヲ求メテウメク, 生徒漣女壮士正太夫, 生徒用術語として存在, 生徒用長椅子の並んだ, 生徒男女を合し, 生徒百五十人くらいの学校, 生徒監おのおのの流儀, 生徒監たちは駈けつけた, 生徒監フォックス氏と相談, 生徒監主任として机, 生徒監山本庫次郎先生である, 生徒監数名が当番, 生徒監督をもっ, 生徒相互の関係, 生徒石盤ニ書スルニ當リテ或ハ細字ヲ書シ, 生徒その顔, 生徒一回公演で, 生徒総代が同じく, 生徒職員の数, 生徒自らの獨創力, 生徒自ら書籍につき, 生徒自ら行ひ得るやう, 生徒自分は自分, 生徒良い教室を, 生徒虐待とか云っ, 生徒見物に来る, 生徒訓育の系統的理論, 生徒靈合計七百十一柱の, 生徒諸子に報道, 生徒講釈などこまり, 生徒酒色に溺, 生徒銘々の分, 生徒静子の縁談, 生徒靜子の縁談, 生徒かが連日討論