青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生命~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~生まれた 生まれた~ ~生れ 生れ~ ~生れた 生れた~ 生れる~ ~生んだ 生んだ~ ~生命
生命~
生存~ ~生徒 生徒~ 生死~ ~生活 生活~ ~生涯 生涯~ ~生物 生物~

「生命~」 8623, 93ppm, 1187位

▼ 生命~ (2321, 26.9%)

30 賭して 18 かけて 17 持って, 犠牲に 13 奪って 11 保って 10 つないで, もって 9 助けて 8 投げ出して, 救って, 繋いで 7 保つて, 捨てて, 維持する 6 取って, 奪うこと, 粗末に, 自分の 5 与えて, 托して, 教ふる, 託して, 賭けて, 賭しても

4 [19件] 与へ, 保証する, 全うし, 全うする, 受けて, 否定する, 吹き込まれて, 大切に, 失うもの, 失うよう, 得て, 懸けて, 救うこと, 有して, 有するもの, 棄てて, 狙って, 的に, 與へ

3 [38件] いたはり, かけての, すてて, つなぐため, とると, とるの, まとに, もつて, 信じて, 創造する, 失うか, 失ったの, 奪ったもの, 奪われると, 完全に, 左右する, 惜しんで, 愛惜する, 感得する, 懸けての, 投げ出しても, 持つて, 捨てに, 救うため, 救ったの, 断って, 断つこと, 有するの, 楽しんで, 獲得する, 絶った, 維持し得る, 繋ぐ事, 與へる, 見出した, 観察する, 賭けての, 離れて

2 [150件] うちこんで, おびやかすもの, かけても, さ, すくって, すてに, たすけて, つなぐこと, とりとめた, とりとめること, なげだしても, はる時, ふきこんだ, もつこと, もつもの, もとめ, ゆする程, わたしに, 不朽に, 与えた者, 与えること, 与へた, 予知せられん, 付与する, 伝へんと, 保たんが, 保ちえないもの, 保ちつつ, 保ち得たのに, 保つ, 保つこと, 保つに, 保護する, 保障し, 傷ける, 傾注したる, 内より, 冷却し, 刻んで, 創造し, 助かって, 助かつ, 助かつて, 助くるは, 助けたの, 助けようと, 助けられた, 危険に, 取られても, 取られぬもの, 取られようと, 取られること, 取りとめた, 取りとめて, 取り留めること, 取り返したかの, 取ること, 取るの, 取留めたの, 受けたの, 吹き込まれたよう, 吹込んだ, 喪は, 失うこと, 失うであろう, 失ったこと, 失った場合, 失つた, 失へる, 失わない, 奪うの, 奪うよう, 奪おうと, 奪ったの, 奪られた, 奪られる, 奪る, 奪われて, 奪われる, 奪われること, 完うし, 完うしようと, 宿して, 尊重する, 巡って, 得たこと, 得ること, 得るの, 得んと, 息づいて, 意味する, 愛して, 愛する, 愛する者, 感じて, 打ち込んで, 托しよう, 投げだして, 投げ出す, 投げ出すこと, 拾って, 持たない言語, 持ち多く, 持つ, 持続する, 捧げて, 捧げること, 捨てること, 掴んで, 支えて, 支へ, 支配する, 救けて, 断たなければ, 永遠に, 無視し, 燃やして, 犧牲に, 狙ふ, 狙われて, 生んで, 産む面, 的と, 的の, 知らずして, 破壊し, 祝福する, 稀薄に, 筆硯に, 絶って, 維が, 維持し, 縮めて, 縮めても, 繋ぎ又, 考えること, 考へること, 萎縮させ, 蚕食する, 見出して, 観察すべき, 託した車台, 許されるとの, 認める事, 躍動させる, 軽ん, 長うす, 附與した, 養は, 鴻毛の

1 [1597件 抜粋] あげる, あずけるよう, あたえ響きある, あまりに簡単, あらゆる残忍, いたわり成長, いつくしめ, いまは, うしな, うばいその, うばった恨み, うばつたのだ, うむもの, おとしたこと, おとした人, おびやかされて, おびやかして, おびやかすほどの, おもちゃか, お助けくださるなら, お取りくだされ, お救い下, かけた, かけた仕事, かけた起誓, かけてでも, かける将棋, からくも, くひつめる, このたび, この種, さえかえりみない, ささえる咽喉, ささげ骨, さらして, しみじみ身, すくわれた上, すてるな, ずっと押しつめた, そまつに, そんなに重く, たすかったの, ただこの, たもって, ちぢめても, つかさどる電臓, つかもうと, つぐ事, つづけようと, つなぎ次の, つなぐだけの, つなぐ大事, つなぐ道, では, とって, とられて, とらんと, とりとめたよう, とるべくまた, どこまでも, なくして, なげ出して, ぬすんで, はつきり掴む, ひとつの, ひろった, ほろぼすもの, まもり育てるため, みとめる佛教, むざと落し, むすんだ一個, もたれて, もちまた, もち自然, もった頭脳, もつところ, もらうか, もらったからには, やっと一年, よび醒させた, よろこびつつ, わしに, アフリカの, 一つの, 一個の, 一層美しく, 一生か, 一週間で, 与うるもの, 与えたなら最う, 与えたるを, 与える, 与える丈, 与える為の, 与え全く, 与へたり, 与へられると, 与へる時, 両断しよう, 乗せたアラスカ丸, 争って, 云い表わす概念, 五年延ばし, 亡くすること, 亡ぼす原因, 人為的に, 人類内面の, 他の, 代償として, 伝えたら, 伝へるの, 何の, 作りだすという, 保たせて, 保ちうると, 保ちそれ, 保ちつづけて, 保ち続けるであらう, 保つであろうと, 保つレコード, 保つ限り, 保てる無量寿, 保持し得る, 保続, 保証せよ, 保護しよう, 保障できないなら, 信ずる者, 信愛する, 俺の, 健康に, 傷つけて, 傾けられた聖武天皇, 元の, 先に, 全うしよう, 全くし, 共にする, 内観し, 写すと, 分ち合, 切り砕い, 削らずに, 削るの, 前線に, 創造せん, 助かったそう, 助からんもの, 助かりたいん, 助けたお話, 助けたため, 助けたまえと, 助けたん, 助ける, 助けると, 助け放しても, 劬はり, 包蔵し, 単独に, 危局の, 厭い世界, 取らずに, 取られたこと, 取られるかも, 取られるやう, 取られる音, 取りとめたが, 取ります, 取り止めたわい, 取り留めようと, 取るという, 取るよう, 取る方法, 取去つた, 受けた生, 召し給うか, 司る運命, 同数の, 否定せん, 吸い取られるほど, 吹きこみそして, 吹きこむこと, 吹き込まれるには, 吹き込む手腕, 吹き込んだ人, 吹込せる, 呉へ, 呪い縮めよう呪い, 呪詛する, 呼吸させた, 呼吸せよ, 喚び覚まされかように, 喪つた瞳の, 喰ひつめた, 嘆美する, 噛むよう, 圧し潰す砂, 培うが, 堕すよう, 塵芥よりも, 声に, 外交機関に, 失いかけたブールジョア文学, 失いただ, 失うかも, 失うて, 失う決心, 失おうと, 失ったと, 失った古い, 失って, 失つた例も, 失つてゐる, 失ひつつ, 失ふに, 失わなかったこと, 失わば, 奪いつつ, 奪い去る, 奪うだけ, 奪う事, 奪おうとまで, 奪ったばかり, 奪った下手人, 奪っても, 奪ひ, 奪られ, 奪ろうと, 奪われた学生たち, 奪われるところ, 奪われ生活, 存し, 存続する, 守り合, 守り育てる, 安価に, 完う, 完了し, 実感する, 害すること, 寓する, 封じて, 尊いと, 尊重し, 尋ぬる, 少し内省, 希薄に, 底の, 延ばし又, 延ばせば, 延長する, 弄らうといふ, 弱めること, 強奪される, 形成する, 得たの, 得る者, 心ゆくまで, 忘れたお, 忘れ世間, 思はせるね, 息づかせる, 悩ましたもの, 惜しまぬ息子, 惜しむ本能丈, 惜しんだので, 惜むこ, 想像した, 意識する, 愛してこそ, 愛しむ, 愛すること, 愛する暗い, 愛せない者, 愛むの, 感じたの, 感じなければ, 感じるの, 感ずると, 感ずる村落ソヴェト, 慕い求むる憧憬, 憧れる至情, 手を, 打ちこみ一線一線命, 打ち散らすこと, 打ち込んだ, 打込んだ奉仕, 托しますが, 托す自然, 扼する部分, 把握しよう, 投げだすよう, 投げ出すという, 投げ込んだ, 投出さうとして, 投出してりゃ何アニ, 抱擁し, 拾いたりと, 拾ったこと, 持たないと, 持ちくづし, 持ちつたえて, 持ったという, 持つたもの, 持つよう, 持つ友達, 持続し得なかったであろう, 挙げての, 捉えるの, 捧ぐるまでに, 捧げようと, 捨てずに, 捨ててもと, 捨てるため, 捨てるもの, 捨て名誉, 授けられ梅花月光, 探究し, 掴むもの, 握られて, 摘出する, 攫って, 支えるところ, 支離滅裂な, 救いくれたり, 救い危険, 救い財産, 救うなんて, 救う場面, 救おうと, 救った, 救つてやらなけれ, 救ふ, 救われた数多く, 救わんと, 斬殺せん, 断たんと, 断ち伊勢子夫人, 断ったその, 断つという, 断つの誘惑, 新しくこしらえる, 斷つたのである, 日光へ, 暗索, 最後の, 有しては, 有する人, 有った存在, 望むこと, 本屋へ, 束縛する, 染め穿ち掘り込んで, 棄てあって, 棄てるので, 棄て家族, 極端に, 楽しむの, 構成し, 欲情の, 正視する, 残らず遠ざけ得るかの, 殺さなければ, 殺すところ, 母胎と, 毫毛よりも, 永くさせる, 永遠の, 求むる者, 求める, 法律を, 注ぎこむという, 注ぎ込んで, 活かすこと, 淨め御前に, 渡すの, 滅すところ, 点じたやう, 無事置き残し, 無雑作, 焼けるなり, 燃ゆる, 燃燒させず, 犠に, 犧牲として, 狙うよう, 狙ったと, 狭め俳優, 生き甲斐の, 生み出す苦痛, 産み出すで, 略取された, 疑ひしなり, 痛感せる, 発生さした, 盛り上げて, 盡くし, 直接にも, 眼の, 知らんとの, 短くした, 示そうと, 祝頌し, 私の, 空しく無用, 窒息させる, 端的の, 笑ひ, 粉に, 終ったが, 終らば, 終る, 終ろうと, 結晶せしめ, 絞る其の, 絶ちまた, 絶った次, 絶つのみを以て, 絶つ事, 絶対的に, 継ぐだけに, 維持すべき, 縮めた, 縮めては, 縮められるよう, 縮めるの, 繋いだの, 繋ぎ得たり, 繋ぐという, 繼が, 美の, 考えてばかりは, 脅かして, 脅かすよう, 脅かす腰部, 脅すよう, 脈々と波打たせた, 自分自身の, 自然律の, 與へつつ, 芸術の, 落さないとも, 落しそう, 落す危険, 落としたか, 蔑視する, 表わすならば, 表現する, 見いだした喜び, 見せて, 見付け出されたところ, 見出した太古, 見出そうと, 覘わ, 解釈する, 託しよう, 託する, 託す所, 許し得ないと, 認めざりしに, 認め来つて, 誘惑し出したい, 説くの途, 談ぜば, 護りわが, 護ろうと, 負うて, 貰うあんた, 貰って, 買った金, 賦与された, 賭けた, 賭けたばかり, 賭けるという, 賭ける思い, 賭け怪物蠅男, 賭したふざけ方, 賭した者, 踏み躙って, 軽んずること, 軽卒に, 輝かす, 追つて, 通じ縦し, 造る, 進歩に対する, 道に, 遮蔽する, 量的に, 長らえまして, 開始する, 間もなく裏切りはじめた, 附與し, 集注しず, 頂戴いたします, 顕微鏡下における, 養い楽しませようと, 養う光線, 養ふ, 髪の毛一すじで

▼ 生命~ (2101, 24.4%)

17 ために 1614 最後の 12 危険に, 危険を 11 泉を, 真の 10 中に 9 あるかぎり, ある限り, 力は, 森の 8 あるもの, 価値を, 力を, 恩人だ, 流れを 7 力に 6 ないもの, 上に, 冠, 水を, 流れに, 火を 5 うちに, なかに, 全部を, 危険が, 問題である, 存在を, 方へ, 本態, 流れの, 躍動を

4 [20件] あるうち, ように, 一つの, 不安が, 世界である, 内的な, 内部に, 力が, 力と, 力の, 安全を, 尊さ, 川, 本質は, 流れは, 灯が, 綱を, 芽を, 躍動が, 長さ

3 [35件] ことを, ない世界, ほども, ほんとうの, 代りに, 保証を, 健全さを, 光が, 危険さえ, 危険は, 原因を, 執着は, 大部分, 存在および, 完きす, 底に, 当体, 恩人です, 恩人と, 書に, 根柢から, 波が, 洗濯を, 活躍を, 流動を, 火と, 火の, 火は, 百般の, 眼を以て, 神秘を, 種子を, 綱と, 美しさ, 親と

2 [143件] あったの, あらはれ, あらん限り, ある, あること, ある言葉, ある間, うえに, ことなどは, ことは, すべての, つながりは, ない石, まことの, やりとりに, やり取りを, やり取を, ような, エッセンス, ヤソの, リズムが, 一部分に, 不安と, 不安に, 不思議を, 中心として, 二つの, 僕と, 元と, 充実し, 光に, 光りが, 光を, 全體, 内部より, 印象を, 危険にも, 危險を, 危難に, 呪言は, 問題であった, 問題に, 問題は, 営みの, 囁きが, 姿を, 安全の, 家の, 展開である, 川の, 川は, 形成力が, 形成力であり, 形成力以外の, 影が, 微妙な, 恩人である, 息吹きを, 悦びが, 惜から, 感じられない死語, 慾を, 扶かりまする, 持ち方, 持主であった, 握飯, 握飯を, 故郷, 新たなる, 方が, 方を, 本然の, 本質を, 根に, 根は, 根を, 根本的なる, 根柢に, 根源である, 根源に, 次の, 残部, 気が, 気を, 泉が, 泉であった, 泉に, 泉は, 法則を, 流れが, 浸出の, 源を, 瀬戸際に, 火をも, 灯の, 為に, 為めに, 無事を, 無限の, 燃焼が, 犠牲は, 現象を, 百姓村の, 盛なる, 祝福と, 神秘が, 科學を, 秘密を, 稀薄な, 絃に, 結晶に, 綱とも, 緒を, 美が, 群れに, 脈搏が, 自由な, 自覚に, 芽は, 萌芽が, 蓋然率と, 蓋然率を, 蘇りとともに, 表現そのものである, 表現によって, 裏にも, 見込みも, 親たる, 親である, 認識的努力, 調子が, 論理を, 貴きを, 貴さ, 赤裸々な, 輝きを, 轟きは, 辻, 連鎖, 長いもの, 間に, 韻律を, 韻律的な

1 [1358件 抜粋] あえぎと, あやういこと, あらゆる危難, あらわれその, あるかぎり行方, ある中, ある価値, ある怪金属, ある美し, ある芸術作品, いかなる方面, いくらかを, いろに, うちで, おのの, かぎを, かなしさ, こと, ことです, この新, ごとき問題, しるしは, すずしさ, すべてである, そそけ立ち, たすかる道, ためには, つづくかぎり, ところは, とりやりである, ないあるいは, ないよう, ない傀儡, ない土, ない捨てられた, ない無機物, ない生活, ない胴, ない表現, ない青白い肉塊, なかばは, なんの, ひそかなる, ふくらみを, ほんの一部, またたき, まわりを, むき出しに, もとでの, やさしい輝き, ゆあみを, ゆらぎ, よほど充実完成, われ, クライシスに, スタートも, ホンの, リズミカルな, レールをは, 一つが, 一の, 一分派であります, 一局部から, 一條の, 一片を, 一箇所の, 一路は, 一部な, 上から, 不健全さを, 不可思議を, 不安を, 不思議が, 不思議は, 与奪を, 世界では, 世界においては, 世界は, 両反対, 中には, 中へ, 主よ, 乾いた砂, 事で, 亡び最も, 京童も, 人間らしい愛, 代として, 伸びる力, 何たるかについて, 何ものなる, 余白を, 価を, 価値について, 促進から, 保存にとって, 保持に, 保証さえ, 保証の, 保険医を, 値うちが, 値打が, 健全さにとって, 傾向な, 働きを, 充実した, 充実を, 充溢なく, 光なり, 光りであり生命, 光焔に, 光芒を, 全部であり, 全部矜り, 共鳴を, 内からの, 内部的なる, 凡てである, 切なさ, 刹那的燃焼の, 前途を, 創造へ, 創造力を, 劇, 力さえ, 力とを, 力をも, 助かつ, 労作の, 動きは, 動物性を, 匂いなき, 医薬を, 半分が, 占ひと祝言とを, 危きことは, 危ふさに, 危篤を, 危険すら, 危険なき, 危険よりは, 危險が, 原則どおり生みの, 原因が, 原泉である, 原理と, 原素, 取遣りが, 古里の, 可傷, 合致は, 同藩, 向ひ, 否定を, 味いと, 呼吸の, 哺み, 問題だ, 問題なる, 問題ほんとうに, 喜びといふ, 喜びに, 器具類を, 回復或は, 団体なり, 在りどころ, 基である, 堕落的な, 声は, 外側に, 外部の, 多くを, 夢を, 大半を, 大火炎の, 太陽と, 奔騰が, 奥底から, 奥義死の, 奪われること, 始から, 始末が, 姿だった, 威脅にも, 存する以上, 存する證據, 存在への, 孤独感な, 安全から, 安全さえも, 安全に対する, 安危が, 安否であった, 実在を, 実感どころか, 宮殿, 家郷は, 寂しみから, 尊く人類, 屋台骨が, 川が, 帯皮が, 幹線を, 幾つかが, 底より, 延長が, 弁証法という, 張りを, 強烈なる, 形を, 影は, 律動, 御恩人, 徴候が, 必然なる, 急流も, 恐怖や, 恩には, 恩人へ, 息吹の, 惜さに, 惜しい心地, 惰性の, 意味の, 意味を, 愛しければ, 愛せるわけ, 愛執が, 感じに, 憧憬の, 成長に, 或る, 所有者である, 投射であり, 抵抗で, 持って, 持続は, 捕捉である, 捨て際, 推移につれて, 提供を, 操を, 支えであり, 故郷は, 断崖から, 断片を, 方に, 方面から, 明日を, 春に, 時間が, 暗示を, 曲を, 最も具体的, 最小犠牲で, 最頂点, 最高指導者が, 有無は, 期限までに, 木なる, 本体が, 本源として, 本源啓発の, 本然に, 本能から, 本質究明を, 本道に, 枝葉永遠に, 栄えを, 根で, 根である, 根原と, 根拠地へ, 根本の, 根本原則である, 根本性質は, 根源なる, 根源まで, 棄却を, 極に, 極致を, 概念自身の, 権利文化の, 横溢を, 機だ, 機械論が, 機能が, 欠乏であります, 次に大切, 欲しい者, 歓びに, 歓喜に, 死に対する, 殘され, 水だ, 水なる, 水源が, 永い傑作, 永に, 永遠性の, 汾出によ, 沸騰そのものである, 沸騰を, 泉, 泉という, 泉源なる, 法なり, 法則に, 波だちとして, 波動として, 活, 活動から, 活動の, 活火を, 流の, 流れで, 流れとして, 流動によって, 浅緑と, 浪費です, 浪費を, 海の, 消滅した, 涙身も, 液汁を, 淺緑と, 渇きの, 満足に, 源と, 源泉である, 源泉という, 滋液を, 滴々を, 潮が, 瀬なんだか, 瀬戸ぎわをお護りくださる, 火かげの, 火がと, 火も, 火花が, 火華を, 炎が, 炬火の, 為には, 焔を, 無い形式, 無限なる, 焼ける臭, 熱とも, 燃焼と, 爭を, 父, 爽やかさに, 物質的基礎は, 犠牲だろう, 現はれである, 生き方も, 生地の, 生気である, 生長と, 異常なる, 疾患に対しての, 発展の, 発現を, 発生の, 発見に, 発露に, 發動生命の, 盃が, 直覚, 真実なる, 真実性そのものの, 真珠, 眼であります, 瞬間を, 短いであろう, 短かいもの, 短きを, 破壊よりも, 確証, 神秘, 神秘夢の, 科學, 移動を, 種という, 種子が, 種子として, 空虚から, 空間によって, 立場からは, 第一線に, 策略の, 精力が, 糧だ, 糧は, 系統的存在の, 終らぬ中, 終りである, 終り近づく, 終わる瞬間, 終焉に, 経済学, 絲と, 絶叫だ, 続くべきと, 維持に対して, 綱だ, 綱です, 緊張した, 緊張を, 緊迫した, 緒だった, 縮まる思ひが, 置きどころ, 美しい花, 羽ばたきを, 肉化の, 育って, 胚芽の, 脆さ, 脈搏を, 自己認識が, 自律性と, 自由を, 臭味を, 色, 色彩の, 花の, 芳醇な, 芽に, 苦喚の, 草が, 落葉でしか, 蔑視から, 血そのものを, 行く手を, 衝動に, 表現, 表現では, 表現的努力の, 裏に, 要らぬ者, 要求を, 要素に, 親え, 親であり, 親でも, 親な, 親様じゃった, 親様だった, 親玉を, 触れたところ, 訪れる時, 詞即, 認識は, 調和を, 諸相は, 象徴という, 象徴的存在である, 資を, 質を, 起原にまでも, 路に, 跳躍が, 躍動し, 躍動と, 躍進進展は, 迫力を, 途に, 連続である, 連鎖に, 進化について, 過剩, 道へ, 道徳を, 醸母である, 重量を, 鍵は, 長かるべき, 長く此地, 長短を, 門戸を, 開落は, 闘を, 階段を, 隠遁所を, 露だって, 青い火, 音楽を, 韻律と, 韻律此の, 響きだった, 響きの, 飛躍, 飛躍もしくは, 餘燼も, 髄に, 高潮した, 魅力として, 魚の

▼ 生命~ (648, 7.5%)

9 ないもの 5 ない, 風前の 4 ある, それを, ないぞ 3 あるまい, なかった, 人の, 共通である, 刻々に, 助けて, 大丈夫です, 自然の, 誰の

2 [29件] おのれみずからの, これからだ, これまた, そこに, ないが, ないと, 不斷, 保証し, 保障できない, 取留まり三日, 只一つ, 天が, 失せる, 実に日本, 形であり, 形成作用であり, 彼に, 成立する, 抽象的な, 救われた, 欲しいの, 永遠なりや, 永遠に, 無いぞ, 知情意を, 短く藝術, 虚無でなく, 遠からずし, 風前の灯である

1 [532件 抜粋] あくまでも個々人, あくまで分析, あたかもそうした, あったか, あったの, あったもの, あと一刻に, あと十五分か, あなたに, あなたの, あの人, あの女個人, あの師匠, あぶないの, あまりに短, あまりに香気, ありませんよ, あるという, あるまいと, ある種, いうまでも, いった, いつのまに消えた, いつまでも, いつも原始, いまいましそう, いまかれ, いまや風前, いま一刻をも, いま私の, いみじくも悟得, い惜しく, うずまき濁り一切, おぼつかない, おれが, おわるの, お前と, お前の, お助け, かえるよし, かくも, かれら, きっと延ばし, ここに, ことごとく日, この, このよう, この世の, この二つ, この安価, この握飯一つ, この方法, この橋掛, この道, こよい, これを, さやけくも, さらさら惜, しだいにおのれ自身, しょせん救われぬ, すつかり, すて, すでに生れ, すでに蜀, すべて外部に, ぜったいに安全, そうした結果, そう訊い, そう骨折っ, その人, その後にも, その自由, その論理, そもじに, それが, それによつ, それ自身としては, そんなこと, そんな安価, そんな無意味, たしかです, たしかにその, たしかに舞台, ただそれ, ただ嬢次様, ただ時間, たつた一つ, たとえ数時間, つかみませんでした, つなげる, つよく躍り, とっくの, とにかく安全, ともあれ中国全土, どうせ幾日間, どうでも, どうなっ, どうなったであろう, どうなりましょう, どうなる, どう大切, どこに, ないらしい, ない戰, なおご, なお環境的, なかったろう, なかったろうと, なかったろうに, なかつた, なかろう, なくなる, なくなると, なくなるとも, なくなるもの, なんと交換, なんにも, はぐくまれずに, ほとんどまたは, ほとんど無限, ほろびた, まことに環, まさに風前, ますますふえ, また元気, まだまだ長い, まだ微か, みずから形として, みづから形, むしろここ, むしろより, もう危, もう危険, もう超, もう長う, もう駄目, もたらされまいと, もっと奥深い, もはや機械論的, もらうぞ, もろい, やがて社会, やどらず, ゆめ惜しい, よかった, よきかおり, わが生命, わしの, わたしの, ペンキ塗の, モウ, 一から, 一つである, 一体どうなる, 一体の, 一努力毎に, 一本の, 一片の, 万福と, 三日と, 不可分の, 不断の, 久遠と, 二つの, 二三年ほかない, 亡き者, 亡くなりましょうと, 人なり, 人間という, 今や絶対, 今君の, 今完全な, 今日に, 他の, 何か, 何と, 何処までも, 何物と, 作者の, 依然と, 保存される, 俺の, 僅かに, 働いて, 僕等の, 元よりの, 先づ生存する, 光である, 光明と, 光線である, 全くなくなっ, 全く健康そのもの, 全一で, 全体としては, 共通, 共通人生の, 其の間, 其時既に, 其知識を, 内よりも, 内面の, 再び肉体, 凡て夜の, 初めてその, 初めて人間なみ, 別に, 利潤の, 刻々と, 刻まれて, 前者が, 創作後一時間乃至, 力なり, 助かった, 助かったが, 助かったでしょうが, 助かったという, 助かったの, 助かったよう, 助かつ, 助かりそう, 助かるし, 助かるの, 助けなければ, 助けられること, 助らない, 動くにつれて, 動く元素, 勿論不問, 勿論血, 北海道の, 十中八九危い, 千古一様に, 半ば失われ, 単なる生命, 単に時, 危い, 危険である, 即ち又, 又吾, 取とめられる見込, 取らない, 取りとめた, 取りは, 取止めること, 取留めるだろう, 受取つたのお, 古典として, 只で, 叫んで, 号外に, 同一なり, 同時に同所, 名誉よりも, 君にとって, 吾人の, 味けなく, 呼吸を, 咽喉に, 土壌と, 土深く, 地方人士の, 城と共に, 執拗な, 多岐に, 夜の, 大なる, 大丈夫だ, 大丈夫と, 大地の, 大抵人間, 天地に, 失われるに, 奪えませんと, 如何なる状態, 威嚇する, 嬢次様を通じて, 子供に, 存在し得られない, 存在する, 宇宙の, 宇宙空間から, 宇宙空間すなわち, 安心し, 安泰を, 完全に, 宗教の, 宗教的なる, 実にその, 宿って, 寸刻に, 少くとも, 川島武夫と, 市十郎の, 希望に, 常に脈動, 引上げられた, 引受けた, 弱々しいもの, 弱いもの, 強い, 強い一つ, 形によ, 形によって, 形式に, 彼らの, 必しも, 必ずしも我我, 必ずしも長く, 息と, 情意からばかりは, 惜いと, 惜しいとは, 惜しいもの, 惜しいわい, 惜しくは, 惜しみいたわっ, 惜しむの, 意識の, 愛です, 懸つて, 我々に, 手袋を, 拾われたの, 持ち得ない, 持続する, 捕虜として, 捧げます, 捨てぬよう, 捨てるなよ, 捨てん, 救うこと, 救かります, 救はれた, 救われたの, 散らされ屍, 数年前に, 文学的要素を, 文芸に, 断末の, 斯くし, 既に旦夕, 旦夕に, 旧きもの, 早く天, 明らさまに, 明日も, 昏, 昔の, 暗示に, 暴風の, 最高の, 有りませんよ, 未来を, 本質として, 枯化するなく, 根こそぎ揺り動かされ, 極くみじかい, 樹木の, 樽の, 橋掛から, 機械でも, 欲しい, 正に髪一すじ, 此処を, 死にはせぬの, 死を, 死滅し, 殘る, 永劫である, 永遠の, 永遠無窮であります, 決して装飾, 活きかへ, 流動し, 浪費せられ, 海水である, 消えて, 渦動する, 測り知るべ, 滅びるの, 滅びるまた, 滞るところ, 無い, 無いに, 無いもの, 無いよう, 無かった, 無きもの, 無事で生き, 無意識的から, 照輝するであろう, 片手で, 物理學的には, 獲得によってのみ, 珠と, 珠よ, 現代の, 現実である, 生きて, 生物から, 甦える, 発達る, 白み, 益々稀薄, 益々脅かされる, 盛んに, 眞に, 眞理に, 真理に, 眠りの, 瞬間に, 知らず, 知らず女, 知情意の, 短いといふ, 短かい, 短くて, 短くやがて, 確かに, 確実に, 神秘である, 稀薄と, 第一, 第六期, 簡単には, 粉な, 精練されたる, 糧より, 糧よりも, 終ったの, 終る, 終焉だ, 組み立てられた第, 絶えず進転, 絶える, 絶たれて, 絶へて, 絶対です, 絶対に, 絶望と, 続かないから, 維持される, 繋ぎましたが, 繋って, 美である, 習慣によ, 耳の, 胸の, 自ら動く, 自ら壊り, 自ら壞り, 自分の, 自分自身の, 自己の, 自然力, 自身の, 草の, 萎縮し, 萬物を, 落として, 薄らぐだろう, 蛋白質だ, 蛋白質の, 蟇口とは, 血に, 血の, 血政の, 衣食住によって, 要するに浪漫派, 覚束ない, 言霊と, 訊き返した, 許しても, 詠嘆を, 試錬される, 詩人の, 認識と, 豊かな, 財宝などで, 買えねえや, 赦された, 輝かしい生き, 近代の, 速刻お召, 週を, 道の, 長いん, 長い事, 長くて, 長過ぎる, 関さんの, 霊と, 非常な, 風前の灯に, 風前の灯同様である, 食物以上の, 首都には, 馬前に, 高価である, 黙々として

▼ 生命~ (641, 7.4%)

13 ある 12 あるの 10 ない 6 ないぞ, 危い 4 あって, あると, 他の, 惜しいと, 私の

3 [12件] あった, あります, ありません, あるよう, ないと, もどって, 危ないの, 危険に, 惜しければ, 生れて, 籠つてゐる, 自己を

2 [48件] あったの, あつた, あつて, あぶない, あるであろう, あるでないか, あるに, こもって, そこから, そこに, ないこと, ないという, ないの, なかった, なくなる, なければ, 三つも, 保たれたの, 信ぜられるならば, 助かつ, 危いくらい, 危ない, 危ふい, 危険だ, 大事で, 大量的に, 完全である, 宿って, 延びるよう, 形成作用, 惜いと, 惜さに, 惜しい, 惜しいから, 惜しくなった, 惜しくば, 或る, 断ち切られたこと, 溢れて, 燃焼し, 稀薄に, 縮まる, 美食に, 脅かされて, 脅かされるよう, 自分の, 賭けられて, 非常に

1 [442件] あえいでるの, あったに, あったらきっと, あったらば, あったら訪ねて, あっても, あなたたちにとって, あなたな, あふれて, あぶないぞ, あぶないどう, あぶのうございます, あやういこと, あやういぞとも, あやういの, あやうくなる, ありそう, ありますか, ありませんその, ありませんよ, ありまた, ありゃ困っちまうからな, あり余ると, あり生活, あり表情, あるかの, あるかも, あるといふ, あるとしても, あるばかり, あるもの, あるものの, あるやう, あれば, あればこそ, いまこそ, いま飢える, うごいて, うつるのみ, うまいよう, おどりだして, お互, かうして, かかって, かかりまた, ぎせいに, くれて, けだす, こういうよう, この世に, この大火, この日本, この時代, この火事, この猛火, この舞台, この花嫁さん, こもるべき筋合, これきり終る, こんなに簡単, こんな日常生活, しきりに彼女, すりきれても, すり減つて行く, そのうち, その中, その人柱, その新, その曲, その本質, それぞれ別々な, それに, たいへんだ, ただ一つ, だん, だんだん弱く薄く, ちょうどかつお, つい一瞬前, つきようと, つづいたの, つづかないや, つづかぬという, つづかん, つながって, つなぎとめられるか, つねに支えられる, ともかくも, とりとめられたの, どうか, どうな, どうなる, どう云, どこか, どこに, どんなに危, どんなに貴く, どんなもの, どんな所, どんな運命, ないかも, ないから, ないぜ, ないでのう, ないとは, ないよう, ないわ, ない残念, なかったであろう, なかつた, ながい, なくては, なくなった暁, なくなっては, なくなっても, なくなること, なくなるぞ, なくなるとばかり, なくなるの, なくなる訳, なくなれば, なほ続い, ねえぞ, ねえ事, ほしいの, ほとんど生まれ落ち, まるで国家, みなぎって, みな焔の, もうひと息, もう二三日, もう残り, もう草叢, もたないね, やはり一つ, よく世界, わくわくと, アト二週間しか, ニルヤでは, ピクと, 一刻一刻消え, 一年で, 一斉に, 一本の, 一枚の, 一過すれ, 一顰一笑一挙手一投足に, 一顰一笑一擧手一投足に, 丁か, 丁度地下, 七つあるなら, 三年持つ, 上流者によって, 不可能の, 不運にも, 与えられると, 与えられるもの, 丑松を, 主観的に, 争闘また, 二つ, 二つに, 二つ以上の, 二つ無く, 二つ要る, 二ツあつ, 互に瞶め合つて, 五十年として, 亡びて, 人類の, 保たれて, 保たれるの, 保ちません, 保って, 保てなくなった, 保てなくなったの, 保てるの, 保存される, 保証される, 保護され, 停滞し, 傷つくと共に, 働きかける場合, 充実し, 充満し, 充溢し, 入って, 入らない, 全部生命に対して, 八九十年である, 六七十年以上あったら, 其西瓜である, 内から, 前代の, 創造される, 助かったという, 助かったの, 助かるなら三万円, 助かるもの, 助かるん, 助かれば, 助つた, 動き真実のち, 半分でも, 危いこ, 危うお, 危くなった, 危くなりゃ, 危くなりや, 危ないから, 危ないでしょう, 危ないといふ, 危ないとまで, 危ないなどと, 危ないばかりじゃ, 危なくなる, 危篤に, 危険と, 危險だ, 厳存する, 取れる, 取止められたと, 受け合われない, 只管懸けられ, 叫び闘い泣き生き, 号外である, 向ひ, 含まれるの, 吹き込まれたやう, 呼吸し, 善良なる, 営まれるもの, 在つた, 地上へ, 均一の, 多いから, 多く活動, 多過ぎる, 夢み生命, 大事だ, 大切じゃとて, 大切と, 大切という, 大切に, 天使の, 失われそう, 失われたこと, 失われたため, 奇蹟的に, 奪われる, 奪われる虞, 存在し, 安かつ, 安固に, 実に永遠, 実際に, 宿つてゐる, 少しく活動, 尾鰭を, 屈托する, 左右される, 平民の, 平生にも, 幻燈の, 広く豊か, 延びたこれから, 延びましたどんな, 延びようって, 延る, 強い強度, 形態, 彼の, 律動し, 復って, 悉く皆散文, 悩むの, 悲泣し, 惜く, 惜しいという, 惜しいので, 惜しいよりも, 惜しかったら, 惜しくて, 惜しくても, 惜しくない, 惜しくないなら, 惜しけりゃ僕, 惜しまれて, 惜まる, 惨らしく失われ, 感じられるの, 懸って, 成立する, 成長する, 我々の, 戦場の, 托されて, 技術的という, 搾取されうる, 攫まれて, 支えられてさえ, 政治的要求だけで, 救われること, 断れて, 新しい, 日本の, 時間が, 更に桂子, 最後の, 最早下り坂, 有る自分, 本当に燃焼, 松井田に, 案じられるでな, 梁の, 樹から, 欲しいと, 欲しいばかりに, 欲しくない, 正しく生長, 死んで, 残って, 殘つてゐない, 永久的に, 永遠で, 決定的な, 注ぎこまれたの, 活, 流れそして, 流れて, 流れるので, 浄められ, 消えかけるの, 消えたの, 消えても, 消滅する, 消耗されよう, 湧きこれ, 満ちて, 溌剌さを, 滅びたという, 火と, 無いぞ, 無いぞの, 無くなるぞ, 無くなるの, 無事であった, 無事です, 無限の, 煙の, 燻り出したよう, 独特の, 現われたとは, 生じたかといふ, 生じ舞台的脈搏, 生まれる, 生まれるの, 生活し, 生長する, 甦って, 発見された, 監獄と, 目を, 直接そこに, 相次ぎて, 省略を, 真っ黒な, 眼を, 矛盾的自己同一的なれ, 短くなる, 短く今日, 磨滅し, 私たちの, 私に, 移った, 突然死滅, 突然火, 窺はれる, 籠められ, 精神と, 精神集中ひとつで, 純血に, 終って, 終るまで, 終る途端, 絶えた時, 絶えれば, 絶たれること, 続かないよ, 続くと, 続けたさ, 維げる, 維持される, 縮まるなんぞと, 縮まるよう, 縮められて, 續か, 缺い, 美と, 群集の, 肉体を, 育つて, 脅威を, 腐敗した, 自分一人に, 自己自身を, 芽ぐまれたこと, 芽生えて, 萎縮し, 薄弱である, 行うと, 要らないだけに, 要らぬといふ, 見いだされた, 見す見す自分, 見られる, 覘われる, 解消される, 言いあらわしがたい, 誕生する, 語る日本, 誰の, 請合いかねますよ, 豊かに, 買えるなんて, 費されたと, 賭けられてる事柄, 身一つに, 軛の, 輝き出すという, 輝く瞬間, 逃げ去りかけてるん, 通って, 通つて居たら, 通例は, 過去現在また, 銃弾に, 長い, 長いの, 長い如く, 長い長い恐怖, 限りない, 飢えおののいて

▼ 生命~ (427, 5.0%)

17 別条は 9 別条が 7 別条の 6 かかわること, 於て 5 別状は, 對する 4 かかわるよう, して, 代って, 生きること 3 かえても, かかわります, なって, 危害を, 危険を, 異状は, 關はる

2 [30件] かえて, かかること, くらべれば, とつて, ぴちぴちし, 一縷の, 代へ, 倦みたる欠伸, 内在する, 内的な, 別条ない, 別状なく, 危険が, 執着し, 執着する, 富んだ人間, 對し, 座標軸を, 懸けて, 懸けても, 於ては, 本質的な, 生きて, 生きると共に, 等しい希望, 自然の, 觸れ, 関る, 関わりそう, 関係する

1 [275件] あこがれて, あてはめようと, あふれた心, あふれて, あらずして, あらで, あらゆる責任, ある, あると, あるの, いきかえったよう, かえさせ玉, かえましても, かかって, かかはること, かかろう, かかわりましょう, かかわりますか, かかわります一件, かかわる, かかわるからの, かかわると, かかわるほどの, かかわる危険, かかわる大事, かかわる戦争, かかわる時, かかわる災難, かかわる重大問題, かがやいて, かがやきが, かけがえの, かこまれて, かわって, くらぶれ, くらべて, じかにふれ, すがりつくため, すぐに, そのよい, その正しい, それぞれに, ついで, つい慾, つかんと, つぎ足しが, つつがない限り, とりすがる, なりたい, なり代って, なるそこで, なるので, のちのちまでの, はじめて決定的, ひけめ, ふと同情, ふれその, べつだんな, またある, まだ見込み, みちあふれ, みちた興味, みちた詩句, みち亘つてゆく, めぐまれた此, めぐりあうきっかけ, めぐりあった時, ゃかえられんけに引っ, われを, ピタと, ピタリと, 一番大事な, 一肘でも, 不安を, 乏しく凡作, 事を, 仇する婿, 仔細は, 代ったの, 代られるもの, 何かを, 何の, 何事か, 余り関係が, 依存し, 価するほどの, 価値あらせ給え, 係る, 係るぞ, 係るの, 係る事, 係る犯罪, 係わるよう, 保証が, 値いする, 値打が, 倦むという, 働きかける, 働きかけるとき, 優る様, 充ちた初夏, 充ちて, 充実と, 充実感を, 入らしめん, 入ること, 入るもの, 分關, 別ッ条, 別条なく, 別条を, 別條の, 別條は, 別條も, 別状なし, 別状の, 別状も, 刻むらむ, 力と, 力強く没入, 動きが, 勤王の, 危険である, 危険は, 危険甚し, 参入せん, 參加する, 參加せ, 及ぼすほどの, 取縋るよう, 可なり, 同化する, 向って, 吸ひとる, 吸收され, 味う, 喘いで, 固有な, 変るの, 多くの, 女の, 孕まれる白象, 害が, 富んだ軽蔑, 少しでも, 少しの, 就いて, 就ての, 属して, 左右され, 帰一せん, 影響しない, 復し給, 復帰します, 徹底する, 忠実に, 感謝し, 憐れな, 戦く恐怖, 払って, 托さうと, 拘はるやう, 拘はる一条, 拘る大切, 拘わっても, 拘わる重大問題, 掛けて, 掛けても, 掛けましても, 掛けますお, 接すること, 接觸し, 救ひ, 望みを, 次いでの, 殉じて, 比べたならば, 比べて, 永遠の, 求め何, 泣きつかれたよう, 流動し, 深い覚悟, 深さ, 満ちたもの, 満ちた心其もの, 満ちた時期, 満ちた熱帯, 満ちた色彩, 満ちた身体, 満足し, 溢れた物語, 溢れて, 溢れ必死, 滲透する, 火を, 火照って, 無残な, 無理な, 燃えようという, 狙い寄ってるよう, 独特な閃く, 現われて, 生きその, 生きてるが, 生きろ, 生きんが, 生き上って, 甦らされて, 甦らすであろう, 異常なし, 異状が, 疑いを, 白刃の, 目ざめたる者, 目覚めること, 目覚めるという, 直接の, 直接何等の, 相反する, 眩惑される, 眼ざめてから四季が, 秘められた神秘的, 突き入, 精一ぱいのいたはりと愛情だけを, 絡んだ兆し, 絶えず若々しい, 絶えて, 繋がる生命, 織込んだ自分自身, 缺陷の, 罪つぐなわれ, 至るまでの, 至る縄梯子, 致しまして, 蒙った脅迫, 蘇って, 蘇生へる, 見える, 見出したという, 親しむと, 触れたもの, 触れて, 触れるやう, 触れれば, 触れ得たら今, 触れ揺すり撼, 觸れよう, 貫徹し, 責任を, 賭けても, 輝いて, 輝きを, 近いから, 近いもの, 近かりし, 迫って, 迫つて来る, 迫る事, 通ずる, 達するの, 遠ざかり自ら, 都合の, 重きを, 関わること, 関わる大事, 関係ある, 関係が, 関係でも, 関係多き, 関係少なき, 附随し, 青信号が, 飛び込む魔術, 驚きの

▼ 生命~ (324, 3.8%)

10 して 8 生命との 5 いえども, するもの 4 思考力とを 3 するところ, なって, 云ふも, 思考力を, 生命の, 結びついたもの

2 [20件] いうか, するから, すること, するの, する所, する綜合芸術, する限り, すれば, なるの, わが食物, 一緒に, 云うもの, 名誉とを, 幸福とが, 意義とを, 愛情とを, 生活の, 自分の, 財産とが, 青春を

1 [234件] いうべきかも, いえおろそか, いったが, いっては, いへば, いわれて, いわんよりは, この一城, しそして, したもの, したるは, した作者, した海運国, した茶湯, しっかり抱擁, しつつ, してる僕, してる製作品, し対象, し文学, じかに関わり, する, するお, するた, するだから, すると, するならば, するなら戯曲, する一切, する一派, する一種, する人, する余, する俳人, する俳句的小説, する傾向, する処, する劇作家, する医学, する句作法, する奇人伝中, する女, する志, する快, する所謂, する支那学, する文章, する民衆, する水, する水墨画, する潜在的, する激情的, する熱火, する狐, する糧倉, する素朴, する緑雨一代, する職業, する職業人, する芝居, する芸術家, する藝術, する詩, する諸君, する運命, そして真実, その勝利, その家庭, その幻想, その後の, その環境, その表現方法, たのむところ, たのんで, であるべき日, ともにある, なお若い, なす, なったの, なった詩, なつて, なまめかしく云う, ならなければ, なり得ないの, なるといふ, なる人, なる絵, ひきかえに, ヒューマニティーと, 三人の, 不生命, 云つても, 云ひ, 五十五億圓の, 交感する, 交換する, 人情と, 人格とを, 人物の, 人生が, 人間の, 人間釈尊の, 今日の, 俺の, 個人の, 個性との, 倶の, 健全と, 健康とに, 元気とは, 元気を, 光明と, 光明との, 入れ代るは, 全く一つ, 其対照に, 分かつべからざる方面, 切っても, 割れ目, 創造力の, 力とを, 北方へ, 取りかえるほど, 取り換えに, 取換え, 同じい, 同じく色あせ凋みはじめる, 同じほど大切, 同じやう, 同じよう, 同じ鼓動, 同化する, 同等もしくは, 名の, 呼ばるべきで, 喜びと, 坤竜を, 大光明, 天文学の, 存じまして, 守り通して, 希望とに, 希望とを, 希望の, 希望をも, 平安と, 年處とは, 引換えに, 徳川家の, 思いまた, 思い世に, 思うて, 思うほどの, 思想とを, 思考力が, 性格を, 情熱とに, 意志との, 愛と, 愛との, 我々の, 掛け換え, 換えられるもん, 斉しい, 有限の, 死とは, 死など, 比較し, 活気を, 漂渺たる, 為し総理, 無限の, 爲し, 物質との, 物質の, 生命と, 生命とが, 生命とを, 生活という, 申しますもの, 異なるもの, 發展とに, 直接に, 真理とは, 真理に, 知れて, 私たちの, 私の, 結びつける習慣, 縹渺たる, 職業と, 自分と, 自心内部, 自由と, 致して, 色彩で, 若さ, 虫の, 血潮とを, 行動と, 見做, 見爲, 触れたい心, 触着, 言っても, 言つた, 言ふも, 認識と, 財とを, 財産を, 身体とは, 身體とに, 連がって, 連絡を, 進化力を, 遊ぶの, 重荷とを, 釣りか, 関係が, 関係の, 陣營と, 離すべからざるもの, 霊魂が, 青春に, 面目と, 革新とを, 響きと, 頼みたる, 頼むもの, 頼むわが, 頼む我が, 魂と, 魂を, 鳥という

▼ 生命~ (180, 2.1%)

3 がない, が稀薄, を持っ 2 がその, というもの, にあふれ, の匿, をもっ, をもつ, を信ずる, を感じさせる, を感じたい

1 [153件] があっ, があり過ぎる, がある, がからみついてる, がここ, がそれ, がなくなった, が与える, が光っ, が完全燃焼, が思いきっ, が感じられる, が残つて, が滅, が男, が聖武天皇, が茶碗, が貧弱, だけで, だった, であ, であって, でそのまま, というよう, という神秘, といったよう, といへ, とか希望, とか霊魂, としてとらえ, とその, とでも言った, との無言, とは何, とは子, ともいえた, ともいふべき, とを容れる, と共に暗, と生命力, と膨脹, にいつか驕慢, によった, に充ちた思ひ, に向っ, に對, に引きずられ, に当る, に満ちあふれた, に溢れた, に漫然と, のある, のかたまりだ, のない, のシンボル, の上, の不思議さ, の予言, の充溢, の圧迫, の多様, の威厳, の弱い, の強, の強健, の微弱, の搾取, の最後, の機能, の欠如, の活, の源泉, の溢れ, の火花, の燃焼, の発揮, の発現, の発露, の相, の相違, の稀薄, の絶倫, の美, の自覚, の薄い, の行方, の衰弱, の衰退, の讚美, の退化, の過剰, の限り, はその, はない, はひとたび, はまた, はパリー, は他, は因果関係, は幹, は弱, は強い, は彼, は消え, は皆無, は誰, は過去, は重圧, は驚異, もさる, も人間, や美し, や色彩, を, をあげ, をご, をついやさ無い, をてかてか, をとり戻さね, をどん底, をなんと, をむきだし, をもち, をよみがえらし, を唱題, を培, を外界, を失っ, を宗教, を尽し, を弱められる, を復活, を思はね, を思わね, を性行為, を意識, を感受, を持った, を持つ, を揮い, を支える, を日々, を消耗, を爆砕, を現実的, を生れ, を発散, を目の当り, を目盛り, を自ら, を自分, を見る, を讃嘆

▼ 生命~ (157, 1.8%)

3 何も, 惜ま, 自分の, 財産も 2 その権利, ない, ない形, みんな投げ出し, 人格も, 冥加な, 刻々危急, 私の, 要らず名, 金に

1 [125件] あたえない, あだ, あなた方御, ある, あるまい, あるまじ唯, あるもん, いかなる種類, いまや風前, いらないと, いらない俺, いらぬと, いらんという, うちこんで, おとなしくし, おんなし, お前さん達人間の, かかって, この度, この星, これで, ございますまい, すべてが, すべて考え得られる, そこなうばかりに, その全て, その生命, それと, ついにきわまった, つながって, どうかと, どうなる, ないこと, ないところ, ない形式, なくなるからと, なく一貫, なく何, なし, なし然, まず今宵限り, またその, また永遠, もういらぬ, やったろうよ, ようやく一歩, クリストフにとっては, 一つに, 久し, 久しく続く, 享楽も, 享樂も, 今夜限りぢや, 今後に, 住所も, 保たれて, 共に宇宙, 共に預った, 分らないという, 助けよう, 助けられない方, 助け高禄, 単に現象的, 危うくなった, 危ない, 危ぶまれるよう, 危険で, 取られれば, 可惜, 同時に消え, 否定される, 吸ひ取る, 夕べは, 宇宙全体に, 安くな, 安全黄金メダルも, 定兼候, 尽き墓石, 常に危険, 弊履の, 思考力も, 惜しゅうはござりますまい, 惜まねばこそ, 愛しんで, 愛情も, 投げ出さねば, 投げ出して, 持ちませんが, 捨てずに, 捨てるが, 捨てる屈辱, 握つて, 既いらぬ, 既に弁証法的, 日南で, 明日一日だ, 明日一日と, 棄て兼ねまじき気色, 欲しいから, 正成に, 此を, 比較的長い, 水にでも, 消えようと, 消え失せてるかと, 火中に, 玲瓏乎として, 理性も, 生まれて, 用らない, 相当に, 眠って, 研き澄ました白珠, 終って, 結婚生活の, 脅かされて, 船そのものも, 苦痛でない, 菊水の, 要らぬと, 金も, 銀貨一枚のね, 随意には, 駄目に, 魂も

▼ 生命ある~ (86, 1.0%)

8 ものの 6 ものは 4 ものと 3 ことを, ものを 2 もの甚だ, 世界に, 律的感覚の, 物は, 表現の

1 [52件] うちに, のは, まこと, ものすべて声を, ものとしての, ものとは, ものなべて, ものには, もののごとく, もののごとく揺るがします, もののより, ものの如く, もの宜しく, を事実, を示し, イデオロギーの, 一切の, 不朽の, 世界, 事を, 事能はじ, 人間の, 以上は, 作品とは, 儒教は, 劇的伝統の, 劇的文体と, 場合も, 幻象の, 形代を, 思想もしくは, 普遍は, 有機物の, 槍であった, 演劇の, 物を, 物体が, 現実の, 発展は, 真の, 真理と, 者に, 者は, 聯絡を, 記念として, 身かと, 身が, 金言だ, 間は, 限り二度と再び, 限り私の, 霊景と

▼ 生命現象~ (55, 0.6%)

2 がこの, であっても, の研究, はその

1 [47件] があり, が機械的, が説明, であった, であろう, というもの, という特殊, という諸, とはこの, とは之, なの, に対して特色的, に対する唯物弁証法, に就い, の充分, の全, の外的条件, の有, の本質, の理論, の神秘, の絶対, の自然科学的研究, の説明原理, はこの, はどの, は一種, は凡て物理現象, は到底, は従っ, は極めて, は物理的, は生活体, は生活形態, は生活物質, は説明, や自己観念, をこれ, をばいくつ, を一定, を原子物理學的, を取り扱う, を取扱う, を特徴, を特色, 乃至生物, 有機体

▼ 生命には~ (52, 0.6%)

4 別条が, 別条ない, 別条なかっ 3 別条なく 2 別状も, 異常が, 限りが

1 [31件] かえられないと, かえられぬという, かかわるまい, けっして別状, その発動, たしかに二つ, たまらないい, 仔細あるまい, 代えられない, 代えられぬ, 代えること, 何の, 何んの, 先の, 別条は, 別條ない, 別條なく, 別状なかっ, 別状は, 刻々と, 危険は, 必要な, 換えられねえん, 生命に, 當然さ, 矛盾的自己同一的形成として, 福沢先生の, 行為的直観的に, 裂罅が, 触れて, 違ね

▼ 生命そのもの~ (49, 0.6%)

2 が本質的, なの, を無

1 [43件] が崩壊, が愛, が燃え惜しむ, が粉飾的, が蘇っ, すら売り物, だった, だったの, であった, であり, である, であるという, である戀, ではない, となっ, についても憂慮, に依らず, に倦む, に内, に有難い, に根ざした, に直面, に第, のごとく飛ばし, のやう, のよう, の冷たい, の力, の否定, の尊, の復活, の滅却, の濃厚強烈, の起原, は現在, をさえ, をでも, を一本, を奪った, を引きつける, を示現, を空虚, を見る

▼ 生命保険~ (42, 0.5%)

6 の勧誘員 3 に加入 2 に入, のつい, の勧誘, をかけ, をつけ

1 [23件] あるいは火災保険, がきい, だったこと, といふもの, にあらかじめ, にさ, にとく子, にはいれ, に入る, に勤務, に貴方, の加入契約, の外交, の契約, の必要, の理論, はかかっ, は毀れた, へ入, もつい, をつけた, を付けた, を受取る

▼ 生命という~ (41, 0.5%)

11 ものは 8 ものが 3 ものの 2 ものも, ものを, 存在を

1 [13件] ことを, のは, ような, 一つの, 一点から, 事実に, 意味の, 根源物に対してだけ, 概念は, 現象の, 程度の, 言葉が, 過程の

▼ 生命である~ (40, 0.5%)

4 ことを 2 か, とさ, 人間の

1 [30件] かどう, かの喜ばしき, かの如き, かの樣, から原作, ため用を, という, といふ, といふこと, としたら, とせられた, ともいえる, とも云う, と云, と思う, と思っ, と思ふ, と考, と自白, と言えましょう, のである, ようにさえ, リズムにまで, 以上その, 咽喉に, 土地に, 歴史の, 空想が, 自分は, 諸科学

▼ 生命にも~ (33, 0.4%)

2 換えがたい

1 [31件] かえがたい, かかはるもの, かかる, かかること, かかるの一語, かかろうという, かかわる, かかわると, かかわるもの, 代へて, 代わろうと, 係わる危険, 別条が, 別条は, 少し飽きた, 影響します, 拘る或, 拘わる話, 換えられない大切, 換えられぬ貴重品, 換えられませぬお, 換へ, 替えがたい, 比すべき海図舵機室, 無関心, 異状が, 等しく大切, 財産にも, 関はる一語を, 関係の, 障りましょう

▼ 生命~ (32, 0.4%)

2 を盛る

1 [30件] ある, ある芸術品, が一定, が伸子, が愛, が横溢, が漲る, さえない, である, である故に, で直感, とでもいつ, と合調, によつて各々紙上, に想い, のつよい, の上, の中, の強弱, の摘出, の溢れた, は金魚, や世界観, をうけとった, をとら, を作り出し, を吹き込み得なく, を弱め, を感じない, を通じて自己

▼ 生命だけは~ (31, 0.4%)

15 助けて

1 [16件] お助け, たしかに持っ, まあ取り止めるらしい, 事なきを, 助かつ, 助かる, 助かるといふ, 助けられて, 助けられました生命, 助つて, 取り止めた, 取り留めて, 取止めたので, 終る時, 繋がれて, 辛うじて助かっ

▼ 生命よりも~ (30, 0.3%)

4 大切な 3 大事に 2 むしろ死亡

1 [21件] いっそうあなた, さらにすぐれた, もっと果敢ない, 土地が, 大事な, 大切がっ, 大切そうに, 大切に, 尊いこの, 尊いもの, 強く少し, 愛する美しき, 病気により, 短いこと, 茶器の, 貴し, 重かった, 重しと, 長いの, 長く降りつづく, 首よりも

▼ 生命財産~ (30, 0.3%)

3 の安全, を保護 2 の安固, を尊重

1 [20件] が保証, が第, に及ぼす, に関係, に關係, の保護, は危殆, は善用, は彼, は本来天皇, もすべて天皇, より貴き, を保全, を危なく, を危険, を失う, を空, を脅かしまし, を解する, ノ保護

▼ 生命~ (26, 0.3%)

1 [26件] からその, からです, からとてそれ, からと左官, からね, から何, がまた, それを, ぞ, つたのだ, つて今の, という, というなら, というよう, という気持, といっ, として晝間, と云う, と僕, と思っ, と思つて, と思ふ, よく生き, ア勿体なく, 乞食し, 私の

▼ 生命とを~ (26, 0.3%)

1 [26件] あはせ, もたらした, 与えて, 二つに, 具えた戦い, 切り離す事, 取り入れんため, 合せて, 同じ価値, 天秤に, 孕み来る也, 完全に, 待つよう, 得ること, 我等に, 持つが, 探し出そうと, 有する者, 本質的に, 比べて, 照らしみながら, 私に, 説明し, 賭けて, 賭ける以外, 預けるん

▼ 生命をも~ (26, 0.3%)

1 [26件] あわせて, くるるか, これを, 与えくれたる者, 与えは, 任したるなれかく, 任したるなれ斯く, 含まぬもの, 失うこれ, 奪って, 奪わるるもの, 尊び救, 惜しからじ, 惜しむか, 投げ出したかった, 捨て, 犠牲に, 目に, 続ぐことのなりましょうや, 縮めて, 脅やかし, 財産をも, 超えたものの, 超えた何, 顧みず日ごろ, 顧みないほどの

▼ 生命~ (25, 0.3%)

5 あつた 2 芸術家の

1 [18件] あつた家, あつて, いつの, この命, そうでなけれ, 一九一七年から, 勝つ, 半年前に, 文壇でも, 書く, 泣くの, 滅法嬉しく, 生きて, 盗み出した財物, 蘇生った, 野に, 飾って, 養って

▼ 生命として~ (24, 0.3%)

1 [24件] ゐたので, ゐた藝術, ゐる, 今日に, 健全さを, 再生せしめる, 尽して, 居る和歌, 居る田中兎喜代さん, 感じ得る時, 慊らず, 持ち歸つて來, 政治に, 既に技術的, 暮しひたすら, 朕は, 根本的に, 機能し, 武蔵を, 活きるの, 目覚めふるいたたなかった遺憾さ, 詞章に, 負い通して, 踏むこと

▼ 生命との~ (24, 0.3%)

2 接触の

1 [22件] 交流は, 交渉魂と, 余儀なきわかれ, 侵徹せる, 八百長勝負を, 宇宙の, 密接な, 従属を, 慟哭せん, 抱合すなわち, 抱擁より, 搾取者として, 本源である, 格闘に, 機微を, 熱烈な, 続きを, 萌え出づるさまを並び, 間に, 間には, 間の, 関係を

▼ 生命とは~ (24, 0.3%)

2 形である, 無論没交渉, 虚無を

1 [18件] いかに多く, このよう, そう明るく楽しい, その一瞬, ちがったもの, つりが, どんなもの, 一に, 一体不二, 何ぞや, 何の, 悟つたやう, 無関係で, 甚蔵が, 矛盾的自己同一的現在の, 自主自律の, 自己の, 苦痛だ

▼ 生命~ (23, 0.3%)

2 を守る, を論じた

1 [19件] がそこ, じゃ, だった, だの南洋, であったの, であるから, として一家, とぴったり, と云わるる, なんで, に触れ, のため, の問題, の大, は長い, まで逐, を握る, を犯さん, 満洲一帯

▼ 生命から~ (22, 0.3%)

6 二番目の

1 [16件] しばらくなり, 二番めに, 二番目, 人間を, 切り離され罷免, 十兵衛又, 反抗の, 成り立つて, 新しく声, 現金で, 発する愛, 直接滲む, 萌え出たその, 見放されて, 語りはじめて, 離れて

▼ 生命より~ (21, 0.2%)

2 大切の, 強し

1 [17件] して, ほかの, 何倍と, 可恐い, 大事です, 大事な, 大事に, 大切だ, 尊いと, 強いもの, 短く, 脱するを, 遠く優る, 重いと, 重しと, 金の, 金銭を

▼ 生命~ (21, 0.2%)

4 なもの 2 な形

1 [15件] すなわち, だな, であり自由, であること, で自然的, といった, なるもの, なる有機感, なリアル, な女性, な存在, な己, な恐ろしい, な感銘, な男女

▼ 生命~ (20, 0.2%)

7 のである 3 のだ 2 のであります 1 のか, のだった, のです, のよ, んざ幾つ貰っ, んだ, んです, ンだ

▼ 生命~ (20, 0.2%)

2 肉體はくさつ

1 [18件] 共通也, 原形質, 君の, 否定や, 喜悦や, 報酬の, 愛が, 愛について, 機能を, 生で, 生は, 生活とのみ, 生活にとって, 生活を, 統治が, 財産も, 財産や, 面白味は

▼ 生命とも~ (19, 0.2%)

1 [19件] いうべきもの, いうべきトリック, いうべき新鮮さ, いうべき模様, いうもの, いえましょう, いえよう, いって, いふべき, いふべき物, いふべく彼ら, なりつつ, 云うべき生糸, 云ふべき, 女房とも, 杖ともし, 言える, 関わりは, 頼んで

▼ 生命までも~ (19, 0.2%)

1 [19件] 劣って, 危なくなりました, 取ろうと, 失うよう, 奪うべく運命, 奪おうと, 奪ったかと, 奪って, 奪はれ, 奪る, 彼が, 憎むに, 投げ出して, 投げ出すこと, 捧げるよう, 救つてもらつた, 犠牲に, 脅かそうと, 飜弄すべく

▼ 生命への~ (18, 0.2%)

1 [18件] 不安と, 不思議な憧れ, 刺戟であった, 執着が, 執着がわりに, 執着と, 執着は, 執着や, 執著, 嫌悪感, 愛情あふる, 愛着は, 欲望が, 気力が, 煮えたぎるやう, 獣性より, 突入であった, 蔑視を

▼ 生命まで~ (18, 0.2%)

2 もと思ひ込んだ

1 [16件] いけなくなるの, ここで, つれなきもの, もと思ひ, 共に奪われ, 危いわ, 取るとは, 取ろうという, 失うよう, 失った人, 所望だ, 浪費し, 狙って, 狙われて, 達引かせる, 関係しない

▼ 生命あり~ (17, 0.2%)

2 光輝あらしむるを

1 [15件] この生命, て, とも思わず, と云, と信ずる, 下よりの, 光ある, 希望あり, 従て, 意志あり, 松樹に, 活動あり, 活動ある, 活気あり, 精神あり

▼ 生命なき~ (16, 0.2%)

2 瘠土に

1 [14件] もの意識なき, 一ヶの, 場合は, 岩や, 形式の, 形骸では, 抽象観念を, 物質の, 理想境に, 砂の, 結晶など, 美と, 鉱石を, 非情の

▼ 生命に対する~ (16, 0.2%)

1 [16件] そして人生, 冒涜だ, 功利的価値を, 努力と, 執着, 執着を, 執着力の, 強い愛着, 愛が, 態度を, 支払い額の, 敵への, 生命自身の, 義務意識が, 自信と, 自身の

▼ 生命でも~ (15, 0.2%)

3 何でも 2 ない 1 ある, あるもの, あれば, ござらぬが, 一顧の, 意識に, 救って, 犠牲に, 狙って, 生命自身の

▼ 生命にかけて~ (14, 0.2%)

1 [14件] これを, たのみてえこと, ブルタニュ女の, 保護し, 取戻したいと, 大事に, 大切に, 好きである, 引き受けたの, 念じたに, 恋して, 皇軍の, 蠅男を, 黄金メダルを

▼ 生命に対して~ (13, 0.2%)

1 [13件] あまりに短から, その男, なんで無感覚, ほんとうに, 愛や, 沈黙し, 特別に, 真面目でない, 私たちの, 自信が, 謙虚に, 起こす感情, 鈍いながらも

▼ 生命知らず~ (13, 0.2%)

1 [13件] が誰, に切っつ, の兇状持, の壮漢, の新撰組, の暴れン, の無頼漢, の若い, の蛮勇, の軍鶏, の野猪, の門下, の馬鹿者

▼ 生命がけ~ (12, 0.1%)

4 の仕事 2 でこの 1 でその, でむっくり, で冒し, で勉強, の研究, の賃銀

▼ 生命であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] また宇宙, 人間としての, 力で, 力である, 又その, 又恋人, 技巧は, 演劇の, 生活である, 第一要素, 財産でも

▼ 生命では~ (11, 0.1%)

2 あるまい, ない, なかった 1 あるまいか, ないこと, ないなぜ, なくて, なく患者

▼ 生命に関する~ (11, 0.1%)

2 ことだ, 重大な 1 ことな, ことなき, ものあり, 問題を, 場合に, 大事とは, 生気説の

▼ 生命といふ~ (10, 0.1%)

3 ものが, ものは 1 ことを, ものも, ものを, 題の

▼ 生命を以て~ (10, 0.1%)

1 うちか, うちかかっ, しても, 何とぞ主人, 価と, 命の, 感情の, 生きるの, 限りなき, 高貴の

▼ 生命保険会社~ (10, 0.1%)

1 が一八八五年, と千円, にたのまれ, につとめ, の常務その他, の探査部, の支払い方法, の板囲い, の課長, は両

▼ 生命~ (10, 0.1%)

1 であつ, である, でもある, といい, と言う, において物心, のちがい, はそこ, は根ざす, もない

▼ 生命あっ~ (9, 0.1%)

6 ての物種 1 てこそ人間, てのもの, て帰っ

▼ 生命なる~ (9, 0.1%)

2 ものは 1 ものが, ものに, ものに対する, ものを, もの殆ん, 努力は, 神を

▼ 生命~ (9, 0.1%)

8 ひを 1 をいや

▼ 生命と共に~ (8, 0.1%)

1 人間が, 勇士を, 古ぼけたむせっぽい, 奔ば, 愛する者, 次第に亡び, 深く且つ, 葬った方

▼ 生命などは~ (8, 0.1%)

1 なにもので, 何とも, 問題でなくなる, 四大の, 宇宙の, 方則の, 殆ど流れも, 盗られたくないでしょうから

▼ 生命による~ (8, 0.1%)

6 動き 2 動きの

▼ 生命蓋然率~ (8, 0.1%)

2 に関する諸 1 すなわち出生者, の表, は一一・六〇七, は二七・一八三, は六一年, または生れた

▼ 生命誕生~ (8, 0.1%)

4 の研究 3 の可能性 1 のこと

▼ 生命さえ~ (7, 0.1%)

1 あれば, おびやかされて, 忘れ果てて, 案じられるの, 残って, 脅かされた事実, 護る心得

▼ 生命それ自身~ (7, 0.1%)

1 がディアレクティッシュ, であった, であるよう, の自由, の訴える, までも, を貴下

▼ 生命たる~ (7, 0.1%)

1 主義に, 仮面の, 古社寺, 思想と, 性格と, 意気に, 骨間筋

▼ 生命すら~ (6, 0.1%)

1 これを, 心ゆくまで, 忘却しきっ, 投げ出すという, 粗雑に, 顧みられずまた

▼ 生命です~ (6, 0.1%)

1 から, からどう, が, ぞ, もの幸内に, もの王の

▼ 生命とが~ (6, 0.1%)

1 あるの, 峡門に, 抱擁し, 納められて, 融着し, 近づくの

▼ 生命なり~ (6, 0.1%)

2 伯の 1 しに, 光なりと, 大いなる職務, 我を

▼ 生命について~ (6, 0.1%)

1 信じずましてや, 少し内観, 比較的深い, 責めを, 責任が, 責任を

▼ 生命にまで~ (6, 0.1%)

1 不安を, 影響が, 溌剌たり, 発展し, 関渉せんと, 霊化し

▼ 生命によって~ (6, 0.1%)

1 あがなわれたもの, 充たされて, 埋めて, 姙まれた, 意識の, 買われた無上

▼ 生命~ (6, 0.1%)

1 でないと, 一万円の, 出て, 暢, 本能的に, 溢れる自分たち

▼ 生命意識~ (6, 0.1%)

2 はドコ 1 なるもの, の具象化, の根本問題, をボウ

▼ 生命概念~ (6, 0.1%)

3 のこの, の解釈

▼ 生命過程~ (6, 0.1%)

3 である 1 として合理化, として特色, の物理学的化学的説明

▼ 生命さえも~ (5, 0.1%)

1 亡ぼされるのに, 劣って, 危ないという, 惜ま, 消滅し

▼ 生命であった~ (5, 0.1%)

1 がそれ, と同じ, と断ずべきだ, に過ぎない, 基本性

▼ 生命とか~ (5, 0.1%)

1 云ふも, 人類の, 精神とかいう, 考えるわけ, 身體とか

▼ 生命など~ (5, 0.1%)

1 こうなっ, どうなる, 問題では, 有るとも, 籠り様

▼ 生命などを~ (5, 0.1%)

2 信じて 1 すくって, 取りに, 愛せよう

▼ 生命においては~ (5, 0.1%)

1 それは, なお個物的多, なお真に, 作られたもの, 見ると

▼ 生命ばかりは~ (5, 0.1%)

3 お助け 1 お助けじゃ, 助けたれど

▼ 生命もしくは~ (5, 0.1%)

1 最も人, 生命の, 生命意識は, 精神として, 遺伝の

▼ 生命~ (5, 0.1%)

2 取ル 1 乱世ニ全, 保シ自由ヲ, 保護スルタメニ来タノデアルカ

▼ 生命以上~ (5, 0.1%)

1 には進捗, に価値, に大事, に家財, の値うち

▼ 生命危篤~ (5, 0.1%)

1 であった, という重体, なり原因その他, に陥れる, の彼女

▼ 生命物質~ (5, 0.1%)

1 に相当, の中, は無, を人工的要約, を合成

▼ 生命あら~ (4, 0.0%)

1 ば, ばかく, ばまた, ば見る

▼ 生命かけ~ (4, 0.0%)

1 てお, てきっと, ての誠実ひれき, ても

▼ 生命こそ~ (4, 0.0%)

1 あらゆる煩雑さ, ほんとの, 存在である, 戦国の

▼ 生命~ (4, 0.0%)

1 へも与へ, へも別に, へも惜しい, へ何

▼ 生命であっ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てそこ, てその, て火鉢

▼ 生命なんか~ (4, 0.0%)

1 あともう, つまらないもの, ないぢ, 惜しくない

▼ 生命ほど~ (4, 0.0%)

1 古きもの, 可惜, 新しいもの, 謙遜で

▼ 生命までを~ (4, 0.0%)

1 この人, 戦時公債なみに, 死へ, 賭けるよう

▼ 生命~ (4, 0.0%)

1 ひとつ君たちが, わが一切, わが故郷, 汝いか

▼ 生命主義~ (4, 0.0%)

1 ではない, の倫理学, の悲劇, や何

▼ 生命~ (4, 0.0%)

2 のつりあい 1 ということ, の全体

▼ 生命全体~ (4, 0.0%)

1 が涙, と言う, に響い, の活動

▼ 生命哲学~ (4, 0.0%)

1 などに於, に帰着, の最も, は存在

▼ 生命問題~ (4, 0.0%)

1 でした, になる, になるでしょう, に触れる

▼ 生命思想~ (4, 0.0%)

1 との戦争, と不, を以て不, を滅せ

▼ 生命~ (4, 0.0%)

1 であります, の意識, の新鮮さ, の根源

▼ 生命惜し~ (4, 0.0%)

4 さに

▼ 生命~ (4, 0.0%)

1 が無限無量, の根本性質, の総, の部分的

▼ 生命~ (4, 0.0%)

1 がある, の中, はもうこ, を形づくる

▼ 生命~ (3, 0.0%)

1 である, 九つの, 生活か

▼ 生命この~ (3, 0.0%)

2 人間の 1 地の

▼ 生命じゃ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 ないらしい

▼ 生命すらも~ (3, 0.0%)

1 感じられない, 殺して, 決して安心

▼ 生命だけ~ (3, 0.0%)

1 では, 助けて, 取って

▼ 生命だけが~ (3, 0.0%)

1 びくびくと, 取り残されたの, 幸に

▼ 生命だった~ (3, 0.0%)

1 から, と云, のです

▼ 生命だって~ (3, 0.0%)

1 もうイクラ, 投げ出しかねないよう, 投げ出して

▼ 生命としては~ (3, 0.0%)

1 どっちの, 只第, 損傷も

▼ 生命とともに~ (3, 0.0%)

1 さては地, それを, 愛を

▼ 生命ばかり~ (3, 0.0%)

1 でなく彼ら, でなく祖国否天賦, でなく貴方

▼ 生命をさえ~ (3, 0.0%)

1 助けられて, 奪わんと, 払おうと

▼ 生命乞い~ (3, 0.0%)

2 をし 1 などしたら

▼ 生命~ (3, 0.0%)

1 であります, にすぎない, を指し

▼ 生命信愛~ (3, 0.0%)

2 の念 1 の情

▼ 生命~ (3, 0.0%)

1 がよみがえり, との差引勘定, や恋情

▼ 生命本能~ (3, 0.0%)

1 という因果, の所有者, の最も

▼ 生命活動~ (3, 0.0%)

1 の一表現, の主動, は何らかの

▼ 生命硬化~ (3, 0.0%)

1 から来る, となり, とを来し

▼ 生命科学~ (3, 0.0%)

1 の方面, の質問, や精神科学

▼ 生命~ (3, 0.0%)

1 が相, にたいし, の中

▼ 生命自身~ (3, 0.0%)

1 に喰い入った, のいのち, の把握

▼ 生命あらしめる~ (2, 0.0%)

2 原理である

▼ 生命あれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ何事, ばまた

▼ 生命こそは~ (2, 0.0%)

2 無限であり

▼ 生命これ~ (2, 0.0%)

1 さえ熱烈, はなる

▼ 生命しか~ (2, 0.0%)

1 ない歌, もって

▼ 生命そのもの活動そのもの~ (2, 0.0%)

1 と云, と云った

▼ 生命だけに~ (2, 0.0%)

1 執着し, 限る傾向

▼ 生命でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 生命としての~ (2, 0.0%)

1 人間の, 健全さを

▼ 生命とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, いふもの

▼ 生命とりとめる~ (2, 0.0%)

1 見込と, 見込といふ

▼ 生命ながら~ (2, 0.0%)

1 えん, へて

▼ 生命なく~ (2, 0.0%)

1 ば, んば

▼ 生命などと~ (2, 0.0%)

2 云うもの

▼ 生命なんて~ (2, 0.0%)

1 實に, 当てに

▼ 生命にかけての~ (2, 0.0%)

1 合戦だ, 問題だ

▼ 生命にかけても~ (2, 0.0%)

1 守護しまいらすべし, 知り度

▼ 生命にさえ~ (2, 0.0%)

1 一顧を, 不安を

▼ 生命にたいして~ (2, 0.0%)

1 そう宥め, 自分の

▼ 生命にたいする~ (2, 0.0%)

1 恐るべき迫害, 熱情と

▼ 生命についての~ (2, 0.0%)

1 えりぬかれた聖句, 彼の

▼ 生命については~ (2, 0.0%)

1 よほど心配, 彼は

▼ 生命にとっての~ (2, 0.0%)

1 大きな危機, 最後の

▼ 生命に関しては~ (2, 0.0%)

2 諸説紛々として

▼ 生命のみが~ (2, 0.0%)

1 有機的作用のみが, 知るもの

▼ 生命はさ~ (2, 0.0%)

2 ささし出し

▼ 生命ひとつ~ (2, 0.0%)

1 に帰, 拾い取って

▼ 生命までもと~ (2, 0.0%)

1 怨んで, 打込んだ眼

▼ 生命をこそ~ (2, 0.0%)

1 助けねば, 愛しめ

▼ 生命をば~ (2, 0.0%)

1 それまで, 僅かに

▼ 生命~ (2, 0.0%)

1 のいちいち, の巨

▼ 生命二つ~ (2, 0.0%)

1 がわしら, を其牧場

▼ 生命価値~ (2, 0.0%)

1 のつりあい, をもった

▼ 生命保存~ (2, 0.0%)

1 のため, の真理

▼ 生命保険会社員~ (2, 0.0%)

1 が一人, となっ

▼ 生命保険金~ (2, 0.0%)

1 は一人息子, を詐取

▼ 生命健康~ (2, 0.0%)

1 のほか, を祝福

▼ 生命原因説~ (2, 0.0%)

1 に対して前, を産んだ

▼ 生命原理~ (2, 0.0%)

1 が必要, でもなく

▼ 生命及び~ (2, 0.0%)

1 女子の, 財産

▼ 生命~ (2, 0.0%)

1 ひ去る, ひ得ば

▼ 生命幹線~ (2, 0.0%)

1 がある, を私

▼ 生命掛け~ (2, 0.0%)

1 でやります, の叫び声

▼ 生命欲し~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ 生命~ (2, 0.0%)

2 ひぬ

▼ 生命~ (2, 0.0%)

1 との関係, と生命物

▼ 生命生き~ (2, 0.0%)

1 て浮世, にけらず

▼ 生命的存在~ (2, 0.0%)

1 である, を発見

▼ 生命萌芽汎~ (2, 0.0%)

2 在説

▼ 生命~ (2, 0.0%)

2 も肉

▼ 生命~ (2, 0.0%)

1 のうへにどれ, の如く

▼ 生命計り~ (2, 0.0%)

2 難きが

▼ 生命財産等~ (2, 0.0%)

1 に対する危惧不安, の人権

▼ 生命身体~ (2, 0.0%)

1 に対する危険, に重大

▼ 生命限り~ (2, 0.0%)

1 の思い, 待つ事

▼1* [272件]

生命あったか, 生命あらずして天下, 生命あるいはそのほか彼, 生命あるであらう芸術家に, 生命いとしみて, 生命いや美しく生き, 生命おしくば馬, 生命お金ある宵, 生命かぎり悪いこ, 生命かとも思うの, 生命かな女史は, 生命かも分らんの, 生命からがらの大, 生命こころの糧, 生命ている, 生命しらずめ, 生命じゃあなかったろうに, 生命すでに亡びたる死者, 生命すべてを彼, 生命すべてそれらはもう, 生命そのものいのちそのものなん, 生命そのもの私たちの奥底, 生命それを彼ら, 生命それぞれを書い, 生命それ自ら護るべき慧智, 生命汝に, 生命たのしみみちのくの, 生命たり得るもの, 生命だけでも救い止めたい決心, 生命だけをみて, 生命だった来たるべき幾世紀間にわたる, 生命だにお差出しあれ, 生命づけていなけれ, 生命でありましたがこの, 生命でありますならば食器, 生命でなくて何で, 生命といつても眼, 生命といふはこの五十年, 生命とかいう言葉は, 生命とかについて考えたこと, 生命とかの義に, 生命とだけが俺の, 生命とてあながち自分一個, 生命とに對し, 生命とに関する思想と, 生命とのみは考えられなかった, 生命とまで思つてゐる, 生命ともしている, 生命ない木製の, 生命ながらへむに, 生命なければ全く, 生命なぞという途方も, 生命なぞはどうな, 生命などという取るにも, 生命などについては一言も, 生命などまでをも奪われるよう, 生命ならイクラでも, 生命ならぬ生命に, 生命なりに影響する, 生命なりを保険する, 生命なれば否, 生命なんかのことで, 生命なんじや, 生命なんぞは惜しくない, 生命においてそれが, 生命においてのように, 生命にかけてとか生涯つづけ, 生命にこそ別条は, 生命にでもかかわると, 生命にとって現実的に, 生命にとっても必要な, 生命にのみあるならなん, 生命にゃあ別条, 生命にや河豚汁, 生命によつて示す, 生命に対し生と, 生命に関して云々する, 生命に関するというわけで, 生命に関するほどでは, 生命ねこよりもかわいがられぬ, 生命のねうちは, 生命はの殿殿たちの, 生命はや絶え, 生命びろいしたと雀躍りして, 生命びろいした山伏は勝三郎, 生命びろいした思いで下車, 生命びろいでもしたように足を迅め, 生命びろいのためにはその方が肝腎, 生命びろいをしたことに気がついた, 生命びろいをしたのは通風筒へもぐりこんだ, 生命びろいをした女でないと, 生命びろいをした帆村は溜息, 生命びろいをした幸運に似, 生命びろひして歸宅したところ, 生命へと立ち上がらせられました, 生命へもひびいて, 生命へよりも死の, 生命ほどの相違が, 生命また社會現象かう, 生命または自由を, 生命までが亡くなろうとは, 生命までがかッぱらわれてしまうぞ, 生命までは売りませんや, 生命よりの聲が, 生命よりは便に, 生命わが生き方に, 生命われわれの精神, 生命をぞ君に, 生命をとして大阪に, 生命をまでも失ったり, 生命をもとして冒険を, 生命を通じて急激に, 生命カラガラ肩の上, 生命ギリギリなところ, 生命マデモ懸ケテ, 生命一方は生命, 生命は取りとめた, 生命の歩み, 生命不滅観や既成宗教, 生命不滅論を主張, 生命並びに富を, 生命主義的な傾向, 生命乃至精神が, 生命れ即ち, 生命ひを, 生命二百五十を奪った, 生命人間の存在, 生命以外のもの, 生命保全の上, 生命保護の請願書, 生命保険つてそんな結構, 生命保険会社社員大平八蔵氏ですが, 生命保険協会の保険技師ミルン氏, 生命保険業の経営, 生命保険積立金の融通, 生命保険金一万円を主人, 生命保險に掛け, 生命保險會社代理店の看板, 生命のつりあい, 生命偶像の聖母, 生命傷害保険に入ります, 生命を考へられない, 生命億劫に至る, 生命元気なるもの, 生命生活な, 生命其のものである, 生命判断を頼ん, 生命創造主義的というの, 生命創造論ではあらゆる, 生命力情愛の様々, 生命力戦闘力をたたえ, 生命力衰退の徴候, 生命助けて貰うたお礼, 生命危ふかりしを, 生命原因諸説はここ, 生命原始の状態, 生命去った時である, 生命反乱の活画図, 生命取りの瘤, 生命否定自我の放棄, 生命は唯, 生命というもの, 生命哲学者達にとっては個性, 生命喪いをする, 生命失ひて, 生命存在すと, 生命安全の見物人, 生命安全極楽昔から見れ, 生命延長協会の校定, 生命弘通の大本, 生命張ってもいい, 生命形象の末路, 生命得る自由, 生命思想文明は粉砕, 生命惜しくばと威嚇, 生命惜しみはしまい, 生命意志と実行意志, 生命意慾に駆られ, 生命愛貧困闘ひ, 生命感すべてを永遠, 生命感そのものである, 生命感情の心裡, 生命慾そのものに外, 生命の喧嘩, 生命或はそれ以上の, 生命持つ身に, 生命持続のため, 生命換言すれば, 生命擁護もされ, 生命支配者がする, 生命救助者を装う, 生命気力を, 生命最奥の動乱, 生命本源へ突貫, 生命棄てたけア, 生命構わずに山笠, 生命樹液暑気蒸発気などは満ちあふれ, 生命欲しいか金, 生命の河, 生命永からず, 生命永久継続説の信奉者, 生命流動して, 生命海中に放たれ, 生命無きものと, 生命燃焼の匂い, 生命物それが小さな, 生命現象そのものの認識, 生命生きようや, 生命生命って, 生命生成と運動, 生命生活力を持たない, 生命用心の機能, 生命發展などいふ, 生命的事業となっ, 生命的交感とをもっ, 生命的価値がある, 生命的價値がある, 生命的意義を置い, 生命的憧憬でなければ, 生命的構造に射影, 生命的活力の源, 生命的空間が真に, 生命的要求という経験的事実, 生命的要素を持たず, 生命的過程に智情意, 生命的重要さを持つ, 生命直覚の悲哀, 生命の幸, 生命真に伸ぶべし, 生命真実の発展, 生命真理正義の芽, 生命ク老衰ヲモ感ジタリ, 生命でもたれ, 生命科学的精神を保持発展, 生命三が, 生命終つて横たはる, 生命終るべく定まりたり, 生命統一体としての人間, 生命たむとはかった, 生命絶えたる亡骸よ, 生命絶やし得ましかば, 生命絶やすべき一念切に, 生命絶対の生き, 生命続かん生命の, 生命線上第一, 生命線問題とか簡単, 生命肉體と結ばる如く, 生命體に, 生命自体だと, 生命自分の肉體, 生命自然の生命, 生命自由財産などを守る, 生命である, 生命萌芽移動の問題, 生命虚栄の執着, 生命表現のおもしろ, 生命に於ける, 生命覚束なし, 生命観そのものである, 生命に関する医学上, 生命論的で且つ, 生命貞操金銭宝石紙片なぞいう, 生命財産ともに泥水, 生命財産名誉行動の自由, 生命財産思想人格を尊敬, 生命踊りて響く, 生命躍動の一幅, 生命かに鳥, 生命の違, 生命霊魂と共に農業中心主義, 生命體そのものは外部, 生命