青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「烏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

炬燵~ 炭~ ~点 点~ ~為 為~ ~為め ~烈しい 烈しい~ 烈しく~
烏~
~焔 焔~ ~無 無~ ~無い 無い~ ~無かっ 無かっ~ 無き~ ~無く

「烏~」 1960, 20ppm, 5642位

▼ 烏~ (378, 19.3%)

20 大尉は 12 ように, 群が 9 声が 7 やうに 6 声を, 大尉の, 義勇艦隊は 5 ような 4 大監督, 新らしい, 死骸を 3 姿が, 小母さん, 群れが, 雌雄を, 鳴かぬ日

2 [37件] ことなど, とまりけり秋, ようである, 上に, 事を, 兵曹長が, 北斗七星, 北斗七星が, 北斗七星と, 啼き声, 啼く音, 啼声を, 嘴の, 声と, 大尉が, 大尉と, 大尉はじぶんの, 大尉若い, 子が, 年齢を, 末の, 狩りに, 絵が, 群, 羽の, 羽音と, 脛を, 艦隊は, 行水みたいに, 足を, 軍隊の, 軍隊は, 頭が, 頭し, 駆逐艦は, 鳥が, 鳴き声と

1 [194件] あのこゑわいな, いた場所, いふこと, うしろに, お歌も, くるの, ことは, ごとく, ごとくその, しかえしを, しばなく, しわざ, せい, せいだ, ついでに, とまつ, とまりたるや, むれ, むれが, もてる栗, やうな, オノリと, ゴルフの, 一羽に, 一飛び分だけ, 三之助だ, 三之助数え年十三の, 下で, 下りて, 世界に, 中における, 中の, 争ひ, 二羽三羽, 他には, 代りに, 仮装したる, 伝説, 伝説は, 体へ, 來て, 先導で, 先生は, 入ったボール箱, 入らない様, 兩三聲, 出て, 勘公が, 勘公と, 卵ほどには, 口の, 叩き肉の, 合流点あたりまで, 命数だ, 啼かないよう, 啼かぬ日, 啼く声, 啼声までが, 啼声雨戸を, 喧嘩を, 嘴, 嘴みたいな, 嘴を, 団扇の, 図も, 塒を, 声, 声かしましく, 声きくより, 声の, 声までも, 声をも, 声遠近に, 夢を, 大群が, 大群と, 大群は, 大群を, 如く其の, 姿あり, 姿に, 姿の, 姿も, 姿を, 子でも, 子の, 子供の, 字を, 学校, 学校は, 寝所へ, 尻に, 尾ばね, 巣が, 巣の, 形と, 形を, 形動き絡ふ, 影さえ, 影へ, 影も, 後を, 心を, 思い出と共に, 挙動を, 操は, 星だ, 星や, 本能的なる, 来訪が, 楽土だ, 模型な, 歸り, 死んだの, 死骸だ, 死骸みたいに, 水くぐり, 濡れ羽色し, 濡羽, 濡羽といふ, 環境は, 生れ損ひ, 生徒は, 番を, 番雀の, 真似を, 眼玉を, 睦言, 空, 空を, 立迷う風情, 糞が, 絵に, 群から, 群だけが, 群とのみ, 群れて, 群れに, 群れより, 群れを, 群れ集まる, 群を, 群丁度, 群鳴き交す, 羽を, 羽根と, 羽毛を, 羽音など, 翼の, 翼を, 聲に, 聲を, 肉だ, 肉などが, 胸の, 自動車の, 落した熟柿, 蛾次もうけろりと, 行方が, 行水, 行水だ, 行水も, 行水を, 行水勘早, 行水見たい, 話などと, 警戒心の, 足掻きの, 身の上を, 軋り, 過ぎ行く方, 道理哉, 間の子たり, 闇に, 雌雄は, 頭を, 風習に, 風見の, 飛び出して, 飛ぶくら, 飛ぶくらいの, 飛ぶ影, 髷を, 鳥に, 鳥は, 鳴きごえ, 鳴き声が, 鳴き聲を, 鳴くにも, 鳴く樹, 鵲たる, 黒い身体, 黒き翼, 黒覆面に

▼ 烏~ (289, 14.7%)

8 飛んで 5 啼いた, 鳴いて 3 もう笑った, 啼いて, 噪ぎ始めた, 来て, 鳴くの

2 [22件] あります, かつの, とまって, ほじくる, ほじくるといふ, カアと, 一羽とまっ, 下りて, 光る, 出て, 取りに, 啼く, 如何に, 怒って, 枝の, 沢山居た, 物を, 群れて, 餌を, 馬鹿に, 鶏に, 鼻眼鏡などを

1 [212件] あそこに, あったとさ, あるか, ある日, あんな所, あんまり鰌, いいました, いうこと, いじめたり, いた, いたと, いた例, いつぱい, いる, お使, お供えを, かえって来ました, さした孔雀, さまざまの, しや, じっとし, それを, ただ二羽という, ちゃんとまっ, ついと飛んだ, ついばむこと, ついばむところ, ところどころに, とびこんで, とまってるの, とまってる白堊, とまり, とんで, どうのこうのと, なくと, なくなあ, ねらつて, ぱっと飛んだ, ひとしきり梢, ぴょんぴょん跳ね, ほじくるってね, ほじくるオヤ, またその, むれて, もう出, もう笑, もう笑っ, やって来て, やっと気がつい, よく其, よく啼い, らちも, ゐたよ, アホウクワと, オノリを, カアカア, カー, ガアガア啼き騒いだ, ゴルフの, 一ぴき死ん, 一斉に, 一疋下り, 一羽お寺の, 一羽の, 一羽ゐた, 一羽下り, 一羽二羽淋しい, 一羽止まっ, 一羽歴然と, 一羽舷に, 一羽菫外線に, 一羽連れから, 一羽飛び, 一羽飛ん, 三つ四つと, 三匹焼け死ん, 三羽飛ん, 下りれば, 下り立って, 乱れて, 二声ばかり, 二疋いる, 二疋ゐる, 二羽おり, 二羽來て, 二羽船ばた, 五葉松の, 伴鳥も, 何処からか, 何十羽も, 何處からか, 來て, 偈を, 先に, 出来ると, 参列し, 叫ぶ荒野, 向うから, 向う岸について, 呑気に, 唖, 啣え, 啼いたあと, 啼いた可, 啼きます, 啼き過ぎた, 啼くと, 啼くなと, 声もて, 大きくあしらつて, 女に, 孔雀の, 守ればと, 室に, 宿ったの, 寒そう, 居て, 屋根に, 山の, 島の, 島を, 崩れて, 川面を, 巣を, 幾十羽と, 幾羽も, 引啣えて, 必らず, 掘りに, 数百羽集る, 旨い食物, 時々周章てた, 時々頭, 月の桂を, 朝暮に, 木の, 来た時, 来ても, 来てる, 林の, 棲息し, 横啣え, 横着であっ, 横腹に, 止って, 止まって, 此樫の, 沢山集ま, 沢山集まっ, 消えた, 消える筈, 渦巻いて, 澤山集まる, 火を, 烏が, 無心に, 獲物を, 白くて, 白く光る, 種蒔く, 空へ, 突つかない, 立って, 笑うの, 笑ひだした, 笑ふ, 糞を, 縁側で, 群がって, 群つて枝を, 群れさわいで, 群れを, 群を, 羽を, 自分の, 舞ひおり, 見えないなと, 見て, 見付けると, 赤ん坊の, 跨いで, 踏みこぼす紅葉, 軋り, 通りましたので, 遊んで, 遠くから, 鈴なりに, 阿呆と, 降りて, 隠されて, 集って, 集つて来, 集まるよう, 雪の, 雪を, 青桐に, 風雨を, 飛ばう, 飛び回って, 飛び抜けた, 飛び立ち烏, 飛び立った, 飛んだ, 騒ぐ逢魔が時, 驚いて, 鳴いたと, 鳴いても, 鳴き東, 鳴き騒ぎあちらこちら, 鳴くけれど, 鳴くよう, 鵜の

▼ 烏~ (164, 8.4%)

2 [11件] あわてて, どこへ, もう枝, ピカピカする, 二人を, 仕方なく, 山に, 灰いろ, 足も, 飛んで, 魚の

1 [142件] あのよう, あまりよい, いきなりもう仰天, かっとし, くやしがっ, こっちを, この時, この辺, この陸地, これでは, じっとし, すぐに, すっかり悄気, せつせと, そのあ, そのあいだ中, そのまま自身番, その姿, その陸, その餌, それでも岡, つきもので, とうとう愛想, どうなりました, どこまでも, どんな美しい, なおびっくり, ひどくびっくり, また鳴き, まだじっと凧, まだ鳴き, まもなく向う岸, みんなつれ立っ, もうふたたびやって来なかった, もう塒, もう怒っ, やがて一町, やがて空, やって来ないの, よけい真っ黒, よろよろっと, よろよろつとな, よろよろ立ちあがっ, ズンズン海上を, 一つの, 一年に, 一本の, 一本足で, 一本足では, 一羽も, 不意に, 不親切に, 不電導体, 中年の, 二つの, 二三羽あわて, 二羽立ち, 人の, 仕合せだ, 似合ひ, 何せ自由, 元來人, 北枝の, 可厭, 向うの, 唐の, 啼く, 啼くの, 嘴を, 大きな翼, 始終来, 子烏, 孔雀の, 実際街頭, 少し怒り, 帰る, 強いの, 強いので, 彼の, 怒って, 息も, 悠々と, 惚れてるなと, 我国の, 我慢し兼ね, 数と, 文字通りに, 既に浅, 昵として, 時々首, 朝月夜にばかり, 森の, 椋鳥では, 椋鳥に, 横合から, 次第に遠く, 毎日で, 毎日来た, 気候に, 河の, 泉に, 泣きました, 浮かんで, 海の, 無帽蓬髪の, 熊野に, 用心ぶ, 畦の, 百五十歳の, 相当あり触れた, 真物で, 真白な, 眼を, 知らん顔を, 科学者の, 空中を, 笑いましたが, 績を, 羊歯の, 群れて, 羽搏い, 胸を, 腹を, 致命傷では, 落ちついて, 見る見る顔色, 言ひました, 言ふよ, 通称を, 遠くから, 間もなく帰っ, 雀の, 電報配達夫の, 飛びあがって, 飛びだし亀, 飼って, 餅を, 首飾りにでも, 鴎が, 鴨の, 黒い, 黒いもの

▼ 烏~ (143, 7.3%)

6 の館 3 の仕業, の部下 2 と藤代女史, のため, の一味, の所在, の重要書類, は家内, は手, は顔色

1 [115件] があべこべ, がこの, がその後秋草, がそんな, がちょっぴり, がどこ, が下手人, が大きく, が小山すみれ, が持っ, が本当に, が的矢, が苅谷邸, が訊いた, であるという, というやつ, としてはピストル, とは顔, とやらが僕, と一騎打, と何, と名乗る, と張合っ, と恋, と探偵, と碇, と秋草, ならあの, ならでは, にそう, について新しく, にとって天下, にとって非常, にはたまらない, にポテト講習, に会わせた, に協力, に対しては全然, に対し請求書, に知らせた, に関係, のこと, のため心臓, のよう, のラブ, の一派, の告白, の在所, の堅持, の声, の奴, の心友, の愕, の所有品, の本, の消息, の目, の眼, の耳, の許, の負け, の賊, の身内, の輩, の部下数名, は, はあの, はいっ, はいつ, はいつも, はこの, はそう, はその, はつと, はふきだした, はふだん, はもう, はやはりちょっぴり, は上々, は何, は大いに, は待ちきれない, は念入り, は懐中, は新しい, は最初私, は本部, は極めて楽々, は死んだ, は毅然, は海上生活, は激昂, は無念, は男の子, は盃, は目, は繃帯, は袋猫, は貫一, は金庫破り, は頑として, は鬼神, もばったり, も大, も登場, をいくぶん, を受取った, を尊敬, を常に, を引, を扱う, を指し, を捕え, を捕る, を遂に

▼ 烏~ (84, 4.3%)

4 飼って 2 握んで空, 眺めて, 追いのけて, 追って

1 [72件] いう, くは, しっかり押え, じろりと横目, そろ, ちゅちゅにして, つつき殺して, とまらして, どっぷり真っ黒, ポーポーと, ミサキとも, 一ぴき殺し, 一夜に, 一種の, 一羽とまらせる, 呼ぶ, 喚ぶこと, 喚ぶの, 喚ぶ単純, 嘲笑する, 学べば, 射って, 射つたり, 尻眼にかけて, 山の神の, 引き上げて, 思い出して, 思ひ出して, 急いで, 招き寄せたこと, 招待する, 捕えて, 描いた, 撃ちました, 日精と, 水中に, 烏と, 発見した, 相手に, 神使と, 祭る風, 組んで, 羨ましが, 蛇が, 見ずと, 見た以上, 見つけると, 見ました, 見ること, 見れば, 見上げ, 買いかぶって, 迎えて, 追いに, 追い飛ばそうと, 追うて, 追うという, 追う方法, 追おうと, 追っかける姿, 追ったという, 追って柿, 追っ駈けよう, 追ひ, 追ふ, 逐い払わないと, 雁木に, 集め羽ばたきの, 馬鹿に, 鶏に, 鷺と, 黒いと

▼ 烏~ (52, 2.7%)

3 似て 2 して, なって, 八木原狐, 神供を, 聞いて

1 [39件] くれて, こと問はむ, すると, それを, つ, つつかれるとも, とられてからは, ならないやう, なりたい, なろうと, まじって, やったという, やる餅, 与える風習, 乗って, 似たる天狗ども, 供し, 候, 及ぶという, 喙かれる, 囲まれて, 小さい鉄片, 成らずには, 投げ与えた際, 攫って, 案内され, 相談します, 眼玉を, 糸を以て, 誘われジョン少年, 負けんでしゅ, 逢いたい, 逢いたいな, 逢って, 遣るため, 食はれ, 食物を, 餅を, 養われた聖

▼ 烏啼天~ (49, 2.5%)

15 駆の 5 駆と, 駆は, 駆め 4 駆が, 駆に

1 [11件] 駆だ, 駆でありもう, 駆です愛しき, 駆でなければ, 駆という, 駆とやらを, 駆なんで, 駆らしくも, 駆を, 駆対安東仁雄, 駆自身

▼ 烏羽玉~ (45, 2.3%)

12 の闇 6 の夜 4 の黒き 2 のわが, の暗夜, の髪, の黒十字架, の黒髪

1 [13件] いろを, とも謂, にも香, の, の世, の夢, の天竺牡丹咲き, の暗き, の暗に, の果, の羽, の闇黒, より黒い

▼ 烏~ (40, 2.0%)

2 云う字, 病気の, 身を

1 [34件] いって, いわれないで, するは, どっちが, なし灰吹, なるの, ねたろ, ふくろうとは, よばれ腺病質, 云いくるめる侫弁, 云う詩, 南瓜, 古女房, 同じご, 名づく, 名づけたなどといふ, 地蔵さん, 小さな目白, 斉しく, 犬とを, 舟とは, 見誤るよう, 言いくるめて, 認むるほどの見識と, 近よりました, 道連れと, 野獣の, 間違へ, 雀, 雀しか, 魚賣, 鳩とに, 鳶, 鷺と

▼ 烏~ (38, 1.9%)

2 ともに就中, とんで, 皆見えず

1 [32件] いなかった, お友達, こうと, さう云, さすがに, それからは, ただ一羽枯枝に, やって来ます, よろこべ, よろこんで, わざとゆすっ, 云って, 千羽ヶ淵の, 嘴細烏も, 困つた, 大引けの, 寄りつかないの, 居らぬに, 居りませぬ, 弟を, 弟をかば, 忙しき空, 昔は, 殆ど目に, 濃紫, 畑荒らし, 畢竟は, 白く鷺, 苗代を, 見てる, 風に, 餌を

▼ 烏~ (21, 1.1%)

2 のほう

1 [19件] から考え, が十二, だけがあんな, だけが相手, で手妻, というの, にかぎっ, にしるし, にばかり襲いかかる, のくせ, の二倍, の竹, ばかり, ばかりで, ばかりねらう, をあげ, をぜんぶ, をトホン, を金座

▼ 烏~ (16, 0.8%)

2 犬が, 鵲は, 鶏の 1 梟に, 犬の, 獣の, 虎の, 豚や, 野良犬や, 鳩雀などを, 鳶は, 鵲が, 鹿を

▼ 烏頂天~ (16, 0.8%)

3 となつ, になつ, になつて 1 となつて街, になつて噪い, になり切れず, になれるで, に酔ひ, の宙, の極み

▼ 烏~ (15, 0.8%)

2 の方面

1 [13件] から引っ返し, にあります, についてすでに, の兵糧, の守備, の急, の穀倉守備隊長淳于瓊, の空, の要害, はすなわち, へ行く, へ近づく, を焼

▼ 烏~ (15, 0.8%)

2 の湾口

1 [13件] か, です, には二すじ, に敗れ, に火, のご, の小路, の岸, の峰, の激戦, の西, へ上陸, へ渡り

▼ 烏~ (14, 0.7%)

1 [14件] が勝つ, でない事, に, に勝つ, のよう, の声, は全能, は勝つ, ばかりで, へ祈祷, もこの, も必ず, を念じ, を指し

▼ 烏~ (11, 0.6%)

21 かしりません, か籍, そんなもの, ということ, とそのまま, とも何とも, ねえ, のって, 内の

▼ 烏耶無耶~ (11, 0.6%)

2 になつて 1 で幾度, なの, な自分, におち, になる, ににや, に五年, に否定, のうち

▼ 烏~ (9, 0.5%)

1 という富豪, のいう, のこと, の不義, の家, はありあまる, はこんな, はやはり, は前夜

▼ 烏~ (9, 0.5%)

1 が, とは総身, と申す, にお, に跨が, の背, は盗んだ, まで盗られた, をとり返す

▼ 烏~ (8, 0.4%)

2 啼いても 1 ときどき, 啼くから, 帰るに, 来ぬ来ぬ, 欲しくて, 黙つて

▼ 烏戈国~ (8, 0.4%)

2 の藤甲軍 1 といっ, の兵, の土人, の山野, へ頼っ, を発し

▼ 烏~ (7, 0.4%)

2 の方 1 といふの, にいきつく, にいつ, の百姓達, へお初穂

▼ 烏という~ (6, 0.3%)

2 ものは 1 のが, 別号を, 言葉は, 鳥は

▼ 烏~ (6, 0.3%)

1 が肉, とてこの, のため, をその, を尻目, 如きに

▼ 烏啼天狗~ (6, 0.3%)

1 と一緒, の変装, の脅迫状, の誘拐行為, はどんな, は理不尽

▼ 烏~ (6, 0.3%)

1 くびわ, だ, であるが, のよう, を抛りこん, を飼っ

▼ 烏~ (6, 0.3%)

1 では投げ遣らず, のある, は正月初め, は絶え, をする, を東北

▼ 烏~ (6, 0.3%)

2 青き酒 1 はみなそこ, はもう, は妙, も同じく

▼ 烏羽玉組~ (6, 0.3%)

1 じゃあごわすめえか, とやら申す斬り, の根拠, の跳躍, の頭, は全滅

▼ 烏金丸~ (6, 0.3%)

1 と共に老兄, と申します, と称する, の調合, を作る, を王

▼ 烏須如来~ (6, 0.3%)

1 か何れ, に御, に背き奉り, より難, を礼拝, 二つながら失ひし

▼ 烏さん~ (5, 0.3%)

1 お願, だ, だらうと, は偉い, は散歩

▼ 烏~ (5, 0.3%)

2 再度の 1 せう, バタバタと, 少年の

▼ 烏ども~ (5, 0.3%)

2 は鳴き 1 の歴史, はあれ, は皆

▼ 烏はか~ (5, 0.3%)

2 あとは 1 あか, あかあとも, アか

▼ 烏啼め~ (5, 0.3%)

1 に至っ, に違い, のやり方, の外, を刑務所

▼ 烏~ (5, 0.3%)

1 がこの, について俳句, の人生観, はこれ, は山の手

▼ 烏羽揚羽~ (5, 0.3%)

1 が何十羽, でありましょう, と云う, なの, のよう

▼ 烏骨鶏~ (5, 0.3%)

1 が時, だ, に比した, に白い, を殺し

▼ 烏~ (5, 0.3%)

2 はその 1 と名づけ, やっつけろ, を伴っ

▼ 烏では~ (4, 0.2%)

2 ない 1 ない鶏, なく鵜烏

▼ 烏でも~ (4, 0.2%)

1 こういう改まった, ただ一羽枯枝, なくて, なく鶏

▼ 烏には~ (4, 0.2%)

1 いくらも, 毒が, 眼も, 知らさないで

▼ 烏また~ (4, 0.2%)

2 打頷く 1 旅行用手提げの, 百足扇その他の

▼ 烏アゲハ~ (4, 0.2%)

1 が三百円, はたしかに, を三百円, を探し

▼ 烏勧請~ (4, 0.2%)

1 の事, の遊戯, は即ち, 即ち烏

▼ 烏啼き~ (4, 0.2%)

1 のこと, の様子, やゆうべ, 小鳥鳴き秋静に

▼ 烏婆ア~ (4, 0.2%)

1 が手拭, とか何ん, のお, を殺し

▼ 烏~ (4, 0.2%)

2 と名 1 てふ, と白う

▼ 烏~ (4, 0.2%)

1 が思い出, とは烏骨鶏, と名, 二つながら兼ね学べ

▼ 烏うり~ (3, 0.2%)

3 のあかり

▼ 烏~ (3, 0.2%)

1 二騎を, 梟か, 狐か

▼ 烏から~ (3, 0.2%)

2 聞いて 1 見られると

▼ 烏じゃ~ (3, 0.2%)

1 あるまい, 無かろうかと, 煮て

▼ 烏だけが~ (3, 0.2%)

1 その古い, 現れて, 肉体といふ

▼ 烏だって~ (3, 0.2%)

1 まだまし, 喰べや, 飛びやしません

▼ 烏ばかり~ (3, 0.2%)

2 追って 1 鳴くの

▼ 烏よりは~ (3, 0.2%)

2 小さき鳥 1 小さく鳩

▼ 烏らしい~ (3, 0.2%)

1 羽毛も, 鳥の, 鳥や

▼ 烏亭焉馬~ (3, 0.2%)

1 などの本, の八丁堀, を判者

▼ 烏先生~ (3, 0.2%)

1 のチーズ, はベツド, は木

▼ 烏~ (3, 0.2%)

2 は皆 1 が夕方

▼ 烏啼い~ (3, 0.2%)

1 て, ての調子, て霜

▼ 烏啼組~ (3, 0.2%)

1 じゃなきゃ見られない, に一泡, のリーダー

▼ 烏林赤壁~ (3, 0.2%)

1 にやぶれ, のあいだ, の両

▼ 烏~ (3, 0.2%)

1 で牙, とは梅, のウバイ

▼ 烏~ (3, 0.2%)

1 だあっし, の女, は見届けた

▼ 烏茶屋~ (3, 0.2%)

1 という綽名, に腰, を出る

▼ 烏草樹~ (3, 0.2%)

2 の樹 1

▼ 烏~ (3, 0.2%)

1 は疑い, を虎, を飼えり

▼ 烏~ (3, 0.2%)

1 がましい, の輩, の風流雄

▼ 烏鳴き~ (3, 0.2%)

1 が凶事, が悪い, は聞いた

▼ 烏あら~ (2, 0.1%)

1 はる, わる

▼ 烏かなと~ (2, 0.1%)

1 大きな声, 烏を

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 の字烏

▼ 烏さらに~ (2, 0.1%)

1 下って, 下っては

▼ 烏といふ~ (2, 0.1%)

1 異説も, 鳥が

▼ 烏として~ (2, 0.1%)

1 敬愛し, 有名な

▼ 烏とは~ (2, 0.1%)

1 妙な, 没交渉の

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 のが, んです

▼ 烏などまで~ (2, 0.1%)

2 恐れねば

▼ 烏などを~ (2, 0.1%)

1 見るに, 趁う

▼ 烏なんて~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 烏にも~ (2, 0.1%)

1 また一国限り, 成らず

▼ 烏ひとり裾~ (2, 0.1%)

1 をこ, をこぼるる

▼ 烏ほどの~ (2, 0.1%)

1 大きさ, 真黒な

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 と紺絣, は死にました

▼ 烏よりも~ (2, 0.1%)

1 里の, 黒い髪の毛

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 の羽音重げ, も心中

▼ 烏ハタ~ (2, 0.1%)

2 と行

▼ 烏一挺~ (2, 0.1%)

2 の蝋燭

▼ 烏一本足~ (2, 0.1%)

2 の烏

▼ 烏三羽身~ (2, 0.1%)

2 を開い

▼ 烏仲間~ (2, 0.1%)

2 でマシリイ

▼ 烏出で~ (2, 0.1%)

2 て輪

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 も名物屋根, 旅行用手提げの

▼ 烏啼氏~ (2, 0.1%)

1 に会ったら, は見つかりました

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 を黒く, 黒く

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 の姿, を捨て

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 に帰る

▼ 烏奴國~ (2, 0.1%)

2 次有奴國

▼ 烏将軍~ (2, 0.1%)

1 だろうと, という神様

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 傾いて

▼ 烏摩后~ (2, 0.1%)

1 その故, 子自慢

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 の弓

▼ 烏烏一本足~ (2, 0.1%)

2 の烏

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 爪尖

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 が画鋲, の中

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 の飛びたわむと

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 つくつた, とは稲

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 といっ, といや

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 の声, は全

▼ 烏臼木~ (2, 0.1%)

1 の後ろ, の蔭

▼ 烏臼木の下~ (2, 0.1%)

1 にしゃがん, に飛び行き

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 てたりや, て茄子

▼ 烏~ (2, 0.1%)

1 して, ついた最後

▼ 烏遁れん~ (2, 0.1%)

2 として威す

▼ 烏首里~ (2, 0.1%)

1 からニコリスク, という村

▼ 烏魯木斎~ (2, 0.1%)

1 の次, 指して

▼ 烏鳴け~ (2, 0.1%)

1 どこの, どこのを

▼ 烏鵲南~ (2, 0.1%)

1 に飛ぶ, へ飛ぶ

▼ 烏~ (2, 0.1%)

2 にて艶

▼1* [213件]

ありてふ, 烏いくむれあらそへば, 烏いまはたはたと遠く, 烏おまへのやさしい, 烏かの影の, 烏がもいちど飛びあがる, 烏ぐらいの大きさ, 烏ぐらいもある大黒蠅, 烏ぐれえにしか見えやし, 烏こそはまことに鳥族, 烏この時三羽とも, 烏これを見, 烏へ正視, 烏しば啼く, 烏じゃと万人の, 烏じゃねえ鵜だ, 烏が凧, 烏その幾百羽なる, 烏そのままの髷, 烏たちまち頭白く, 烏だけに限った語, 烏だけは何十代か, 烏だってねハッハッハッ, 烏だにまつと, 烏だのつて此頃ぢや, 烏やと万人, 烏であって少し, 烏であるということ, 烏であるごとく下宿屋の, 烏でんがくを, 烏とか山猫とか, 烏とが仲よしに, 烏としての憎い奴, 烏とともに飛んで, 烏との話である, 烏なけるを, 烏など飛べ, 烏などというぞっとする, 烏などについては特殊の, 烏なら死体に, 烏なるものであったろう, 烏なれば闇, 烏にごりの水, 烏にしか認められなかつたその, 烏にだってやはり土地ごと, 烏にでもつつかれたん, 烏にとってたいへん骨, 烏になつてごらん, 烏のせーゐだ, 烏のるすに, 烏はと見れば, 烏ばさばさと寄り, 烏ほど似も, 烏までがこんなに馴れ, 烏までもバラモンの, 烏みたように, 烏みたいになりかけ, 烏むせび黄泉にや, 烏めいえんこをし, 烏めいたものの子, 烏めこちらに征服意識, 烏やらとにかく鳥, 烏風よ, 烏より小に, 烏アちよろりと, 烏ア南瓜を, 烏ア柿の木に, 烏ア河原で, 烏ア畑で, 烏ウ三羽死ぬとかいう, 烏カーで飛び起き, 烏ヶ丸と言っ, 烏一ツ同じく近寄り, 烏一群の男女, 烏一羽ひつそり帰る, 烏万燈の引き物, 烏万燈等と共に賞美, 烏丈国王には藤甲軍, 烏三年句章の農夫楊度, 烏三疋杉をすべり, 烏せしこと, 烏に覚され, 烏亀畳塔と名づける, 烏二羽来って, 烏の孔休, 烏亭馬作と申す, 烏今宵の宿り, 烏仗那国王に献じ, 烏仗那國で昔僧徒一萬八千, 烏其營に到り, 烏円めに無, 烏の弓, 烏合せる兵士を, 烏吉野に導きき, 烏啼から保護しなく, 烏啼かせてくわつ, 烏啼く椋の, 烏啼以下五名の賊徒, 烏啼大人よ, 烏啼天狗専門だから, 烏啼天狗専門店の名, 烏啼月落橋辺寺欹枕猶聞夜半鐘, 烏啼月落江村寺欹枕猶聴夜半鐘, 烏喚びの言葉, 烏嘗て曲亭馬琴に, 烏団扇を出す, 烏の風習, 烏を作, 烏夜玉のやみら, 烏大きな烏, 烏は逃げない, 烏は今, 烏が相継い, 烏山勘左衛門に出, 烏の眺望, 烏嶺氏と落合った, 烏であり六法, 烏巣そのものの地, 烏巣焼打ち以後兵糧難の打開, 烏巾青衣のその, 烏の中, 烏や彼奴, 烏戈国兵の全滅, 烏払子茶道具去年今夜の詩, 烏摩后子なきを, 烏摩后首なき子, 烏敏師の説教, 烏敏氏とお目にかかる, 烏な奴, 烏數百羽打連れ歸, 烏斯蔵国の高太公, 烏日本の広告万能主義, 烏月光を受け, 烏来ってこれ, 烏来らずして石, 烏林湾の水面, 烏林西方の夏水, 烏や匈奴, 烏梅説である, 烏の繁み仄透き灯, 烏の時, 烏りて, 烏の名馬, 烏は人, 烏氣なんどと云, 烏渡した不注意から, 烏大きな烏, 烏を屠った, 烏牛白馬を用, 烏か石剣, 烏猫世間様は横目, 烏玉兎と聞く, 烏高く顕れ, 烏百羽ほど君, 烏がのぞき出し, 烏の類, 烏礼等は孰, 烏社会の秩序, 烏のそ, 烏籍都尉を立て, 烏糸欄紙である, 烏と言, 烏羽揚羽黄と白, 烏羽玉色の黒髮, 烏羽黒の縮緬, 烏耶無耶性を彼, 烏り, 烏で遣つけよう, 烏の鳥, 烏臼木の葉はからから, 烏臼木の葉影を通してちび, 烏をクログワイ, 烏芻沙摩変成男子の法, 烏茸鳶茸灰茸など本草, 烏荼國にも及び, 烏萇国に至った, 烏萇國は大, 烏萇國迦畢試國にも流布, 烏萩こうや万年草いちはつ狐の行灯, 烏薬水銀郎等の, 烏蘇里紀行を読む, 烏蘇里鹿を撃ち, 烏の弓, 烏蜻蛉見たよう, 烏行くなり雪ぐもり, 烏の方, 烏見たいな陽氣, 烏角先生とも呼ばれ, 烏諸共に白, 烏諸川が合流, 烏路烏路して, 烏きとか, 烏に侮辱, 烏ひけり, 烏でも飲み, 烏も持たず, 烏ひ落ちぬ濃, 烏をはらえ, 烏をかぶせ, 烏頂点になつ, 烏須自身もこの, 烏の習性, 烏風呂助と前後, 烏飛んでそこ, 烏を作る, 烏首里鉄道の幹線, 烏を驚かせ, 烏鳴き過ぎて夜, 烏鳶如有疑, 烏鳴, 烏鵲南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 烏鵲楼に引込ん, 烏鶏国王を井