青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生じた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

生え~ ~生き 生き~ ~生きた 生きた~ ~生きる 生きる~ ~生じ 生じ~ ~生じた
生じた~
~生ずる 生ずる~ ~生まれ 生まれ~ ~生まれた 生まれた~ ~生れ 生れ~ ~生れた 生れた~

「生じた~」 1162, 13ppm, 8743位

▼ 生じた~ (218, 18.8%)

46 である 18 では 10 であった 9 であろう 76 です 4 であって 3 かも知れない, だが, であろうか, であろうと

2 [12件] だと, だらう, であるから, でした, ならば, に因る, はこの, はこれ, は事実, は何故, は近代技術, を感じ

1 [82件] かしら, かそこ, かということ, かとも思った, かと思ひます, かなと思いました, かについては北条, かは問題, か聞きたい, か頻りに, がハンケチ, が間違ひで, だから, だった, だという, だとは, だろう, だろうか, であったに, であったろうか, でありましょう, であります, でありませう, であり更に, であるかも, であるが, であること, であるという, であるところが, である今, であろうが, でございます, でないから, でない場合, でなくて, でなければ, でも, と同じ, ならその, は, はおなじ, はけだし, はただ, はなぜ, ははじめて, はやがて, はフシギ, はマダ, は主, は主として, は二月, は即ち, は又, は多分, は天保四年六十七歳, は実際, は当然, は恐らく, は文, は栄華, は氏, は決して, は無理, は私, は種々, は自然, は至極, は貞観供養, は風間さん, は養女, もおもしろい, も怪しむ, も或は, も自然, も遠く, や砂河原, をこれ, を喜こ, を機会, を正作, を白状, を見

▼ 生じたもの~ (166, 14.3%)

26 である 11 では 5 であること, らしい 4 であると, であろう, と思ふ 3 だという, であって, であつ, であるか, であるから, であるが, であるといふ, と思われる

2 [12件] が共に, だった, であらう, であり従って, であるかは, であるという, であるところ, であろうが, であろうと, として説明, と思われます, は極めて

1 [59件] か, かという, かといふ疑ひ, かもしれない, か四, か本邦, か自分, が一つ, が漸, だと, だろうと, であった, であったので, でありこれ, でありその, でありますが, でありまた, であり一つ, であるかに従って, であるけれども, であるとは, であるのに, であるのみ, であるらしい, である場合, である限り, であろうか, でございまして, でしょうか, ですが, でそれ以前, でも, で出生, で必ず, で有ろう, で爆発, で神, というしかない, として私部, として罪せられる, とすれ, とは思われぬで, とみえ, と想われる, と直感, と看る, と見られる, と見れ, と言い得るであろう, なの, にし, に過ぎない, に違い, のよう, はさておい, は之, ゆえ無論, らしく思われる, を別

▼ 生じたこと~ (56, 4.8%)

6 である 3 を少から 2 がない, であらう

1 [43件] か, から遣繰, がむしろ, がら, が聖旨, そしてその, だから, であります, であろう, であろうが, であろうと, でどうしても, では, でも明らか, といい, などにもあった, などもこの, になる, には私, によつて, に外, に重心, は, はすでに, はもはや, は云, は先刻, は彼, は極めて, は確か, は興味, またはその, もない, も尤も, を一度, を感じる, を示し, を示す, を認めない, を遭難, 及び人々, 及び印度, 感じて

▼ 生じた~ (36, 3.1%)

2 する, するならば, すれば, 云われて

1 [28件] いう, いうだけの, いっては, さへ, したら正に, ほか思えない, みえて, みえ祐筆, 云うの, 云っても, 出るなども, 同一の, 思うか, 思はれる, 思われて, 思われる物理的原因, 想像される, 書いて, 知ったらどんな, 考えた方, 考えられる, 考へる, 見え以前, 見え突然, 見ること, 見るよりも, 解すれば, 載す

▼ 生じたので~ (34, 2.9%)

7 あらう 2 伊織が

1 [25件] あつた, あらうが, かえって何, この坊主, すっかり御, そこでこの, それぞれパラシュートで, それには, それを, ついには, ヤマト, 一度は, 一棟の, 人生の, 労働の, 古い方, 地主側の, 坊さんと, 安く売る, 宗助は, 少し嬉しかっ, 気づかれまいと, 燕へ, 甫刑の, 自ら瘤翁と

▼ 生じた~ (20, 1.7%)

8 違いない 2 相違ない 1 したところ, しろそれ, ほかならぬ, 付いて, 依るだろう, 就いては, 過ぎないもの, 過ぎなかったならば, 過ぎぬけども, 違いないであろう

▼ 生じた~ (17, 1.5%)

1 [17件] おかげで, これに, しかしその, しかし死者, マンマと, 中でも菅原大江, 今に, 以上の, 便乗し, 就中淡島屋のは, 当事者は, 忽また, 昔の, 第一期, 詩に, 輔は, 近年は

▼ 生じたため~ (15, 1.3%)

3 である

1 [12件] かもしれない, だった, ではない, と思われた, にこんなに, にしん, に生じた, に表層岩石, に重々しい, もあろう, 其の反, 突如と

▼ 生じたよう~ (14, 1.2%)

3 な形

1 [11件] だね, であった, でさえ, なわけ, な急速, な顔, に思った, に思われる, に文字的詩歌, に説いた, に青魚

▼ 生じたわけ~ (11, 0.9%)

3 である 1 が始めて, だ, だから, だが, だった, でしたから, です, もわかる

▼ 生じた場合~ (11, 0.9%)

2 にはそれ 1 にはすべてこれ, には一, には当然, にも一度, に初めて, に慌て, は別棟, も少から, より以上

▼ 生じたという~ (10, 0.9%)

1 ことが, ときに, のである, わけは, グリムの, 事と, 人も, 例は, 最も好い, 風に

▼ 生じた~ (9, 0.8%)

1 このこと, それに, どうか, なにが, またその, またはこれ, 分らないと, 左から, 知らぬが

▼ 生じたから~ (9, 0.8%)

2 である 1 だと, だという, で, であると, で一つ, なの, 斯くの

▼ 生じたかと~ (8, 0.7%)

1 いうに, おもわれる, 云えば, 問うこと, 平生から, 思うと, 言うこと, 言ふ

▼ 生じた~ (8, 0.7%)

1 などには往々, にそれ, には今度, には呼子笛, にふたたび, に自己, は総助, よりも古い

▼ 生じた原因~ (7, 0.6%)

1 と云, の中, の進化論的考究, はそれ, は何, は特に, をバッハオーフェン

▼ 生じたところ~ (6, 0.5%)

1 から一度, から考える, でそれ, といふ, に意味, のどんな

▼ 生じたとしても~ (6, 0.5%)

1 やはりプラス, 単にそれ, 君は, 幾何級数は, 決して驚く, 私たちが

▼ 生じた一つ~ (6, 0.5%)

1 の不思議, の激しい, の現象, の誤り, の變化, の風習

▼ 生じた一種~ (6, 0.5%)

2 の精神的陶酔 1 の半, の困難, の狂熱状態, の病弊

▼ 生じたかは~ (5, 0.4%)

1 もちろん不明, 一寸判断, 古老の, 誰にも, 資料が

▼ 生じたとき~ (5, 0.4%)

1 その八幡, その真中, にはそれ, はすぐ, は弾力

▼ 生じた結果~ (5, 0.4%)

1 がさらに, ではない, で歴史的, なの, をアリストテレス

▼ 生じたかを~ (4, 0.3%)

1 研究すべきである, 研究する, 考えて, 考察すれ

▼ 生じたとは~ (4, 0.3%)

1 わたくしには, 信じ兼ねるの, 思へぬ, 考へられないと

▼ 生じた事件~ (4, 0.3%)

1 が度々, と仮定, などからのみ形づくられる, もある

▼ 生じた~ (4, 0.3%)

2 の一つ 1 の右翼愛国主義的労働組合, も無い

▼ 生じた問題~ (4, 0.3%)

1 だから, であるが, とも云, を扱っ

▼ 生じた~ (4, 0.3%)

1 では大きな, には奨励金, には止め, の歌物語

▼ 生じた~ (4, 0.3%)

2 る不 1 る微妙, 製作品或

▼ 生じた時代~ (4, 0.3%)

1 がある, の思想, の環境, 少なくとも平安朝末期

▼ 生じた死牛馬~ (4, 0.3%)

1 の役得, の権利, は当然, を独占

▼ 生じたこの~ (3, 0.3%)

1 欠陥を, 滞留の, 貨物の

▼ 生じたといふ~ (3, 0.3%)

1 のである, わけで, 風に

▼ 生じたときこれ~ (3, 0.3%)

2 に反抗 1 が恋愛

▼ 生じたとも~ (3, 0.3%)

1 また古, 考えられようか, 考へること

▼ 生じたやう~ (3, 0.3%)

1 に思ふ, に感じた, に新

▼ 生じた~ (3, 0.3%)

1 で地上, などに種種, はかよう

▼ 生じた事実~ (3, 0.3%)

1 である, に関するもの, は人口原理

▼ 生じた~ (3, 0.3%)

1 がある, は極めて, も多く

▼ 生じた~ (3, 0.3%)

1 の動機, の旁系, の金属

▼ 生じた~ (3, 0.3%)

1 らしい富, 天体の, 賤民の

▼ 生じた~ (3, 0.3%)

1 にこの, に更に, の

▼ 生じた現象~ (3, 0.3%)

1 だ, だけをおのずから, でで

▼ 生じた疑問~ (3, 0.3%)

1 がある, と申します, は次

▼ 生じた~ (3, 0.3%)

1 である, でそれ, でつまり

▼ 生じたいわゆる~ (2, 0.2%)

1 人文科学が, 相対率の

▼ 生じたかの~ (2, 0.2%)

1 やうに, 由来と

▼ 生じただけ~ (2, 0.2%)

1 でしょう, では

▼ 生じたのに~ (2, 0.2%)

1 會つた時古の, 違いない

▼ 生じたはず~ (2, 0.2%)

1 であると, の労働

▼ 生じたばかり~ (2, 0.2%)

1 でなく一人, でなく感情

▼ 生じたよりも~ (2, 0.2%)

1 小さな比率, 急速な

▼ 生じたりき~ (2, 0.2%)

2 一方に

▼ 生じた不健全~ (2, 0.2%)

1 なる軍制, な接木

▼ 生じた不幸~ (2, 0.2%)

2 を始終

▼ 生じた人口~ (2, 0.2%)

1 の増加, は真正

▼ 生じた偶然~ (2, 0.2%)

1 な現象, の結果

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 出生が, 機的有機体日本が

▼ 生じた出生~ (2, 0.2%)

1 と結婚, の増加

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

2 を求める

▼ 生じた変化~ (2, 0.2%)

1 が格別, に帰すべきな

▼ 生じた多数~ (2, 0.2%)

2 の罹災者

▼ 生じた大きな~ (2, 0.2%)

1 死亡率により, 死亡率によるか

▼ 生じた弱点~ (2, 0.2%)

1 と同様, の一ツ

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 と自分, の悲劇

▼ 生じた必然~ (2, 0.2%)

1 がのみこめた, の結果

▼ 生じた想像~ (2, 0.2%)

1 でもあらう, に過ぎじ

▼ 生じた文学~ (2, 0.2%)

1 と言わなけれ, の成長

▼ 生じた時期~ (2, 0.2%)

1 である, に必ず改めて

▼ 生じた欠点~ (2, 0.2%)

2 であるか

▼ 生じた深い~ (2, 0.2%)

1 この上, 苦惱に

▼ 生じた爲め~ (2, 0.2%)

2 半數

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 が空気中, は不断

▼ 生じた特殊~ (2, 0.2%)

1 な意義, の思想

▼ 生じた疫病~ (2, 0.2%)

1 の発生, は一般

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 の価格, の原因

▼ 生じた矛盾~ (2, 0.2%)

1 であり悲劇, のある

▼ 生じた空虚~ (2, 0.2%)

1 がはげしく, を明

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 その上, なの

▼ 生じた精虫~ (2, 0.2%)

1 は君, は実に

▼ 生じた経済事状~ (2, 0.2%)

2 に帰した

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 では, に対しては到底

▼ 生じた自分~ (2, 0.2%)

1 にとってきわめて, の經驗

▼ 生じた誤り~ (2, 0.2%)

1 だった, であろう

▼ 生じた誤解~ (2, 0.2%)

1 であり誤解, であると

▼ 生じた迷信~ (2, 0.2%)

1 だろうという, であって

▼ 生じた~ (2, 0.2%)

1 いろだった, いろだつた

▼ 生じた間違い~ (2, 0.2%)

1 がある, だという

▼1* [310件]

生じたあげくに思いついた, 生じたあとでも別に, 生じたあらゆる差別の, 生じたいろいろの効果, 生じたもなる, 生じたおそらくある一時, 生じたかが分るはず, 生じたかという説明が, 生じたかといふことは, 生じたかに就いては, 生じたからとてなくなった訳, 生じたくらいでした, 生じたぐらゐに過ぎぬとは, 生じたこころもちとして武士, 生じたこと日本の西鶴, 生じたこと私を乗せ, 生じたこと談林派は勿論, 生じたさまざまの暗示, 生じたその忍耐は, 生じたそれが道教, 生じたためしは古今, 生じたついでに端, 生じたでもあろうが, 生じたというのみでそれ, 生じたとき万全な備え, 生じたとき私の心, 生じたとして見ろ, 生じたとて罷め帰ると, 生じたとともに日本の, 生じたと共に社会の, 生じたにもせよそんな, 生じたのみだった, 生じた同様に, 生じたもとで少く, 生じたもの現実の国民, 生じたもろもろの事件, 生じたやら全く不可思議, 生じたゆえ文人は貧乏, 生じたイデオロギーなの, 生じたガス球は次第に, 生じたジイドの今日, 生じたバルザック熱ともいうべき, 生じた一つ不思議な談, 生じた一個の細胞, 生じた一原因では無, 生じた一大事件であった, 生じた一支族であるから, 生じた一時的の心情, 生じた一特質として他国, 生じた一種特別な刺激, 生じた一種異様の心理状態, 生じた三十一ヵ村の百姓一揆, 生じた不安や道義, 生じた不注意の結果, 生じた不調和や偽善, 生じた世界の未亡人たち, 生じた争いを調停, 生じた事情であるとして, 生じた二重星の一員, 生じた些細なこと, 生じた交際訪問家政遊楽それらの大, 生じたと人, 生じた人口増加の全部, 生じた人工概念に過ぎない, 生じた人生の一ツ, 生じた人間生活の矛盾, 生じた以上は小説, 生じた伝説を歴史, 生じたでもない親し, 生じた何れかの誤り, 生じた何故とも知らぬ, 生じた余裕のよう, 生じた個体の利他心, 生じた個性主義をどの, 生じた偏見であること, 生じた停滞がこの, 生じた傷痍を癒, 生じた優美な感情, 生じた全的変化がこれ, 生じた出生数を比較, 生じた分子が含まれ, 生じた分裂を最も, 生じた刑事事件はこれ, 生じた初春の前, 生じた別種の美, 生じた労働者農民の日常, 生じた効果であつ, 生じた十八の世界, 生じた南宋派の画法, 生じた却って一種の, 生じた古典後期のもの, 生じた集団の, 生じた各個人間の極, 生じた合戦やら諸, 生じた同じ世界の, 生じたである, 生じた名門に同姓婚, 生じたそれは, 生じた噴火口に水, 生じた圧迫感ともいうべき, 生じた地代の騰貴, 生じた地殻運動のため, 生じた地震の波, 生じた地震波の干渉, 生じた執念でしかない, 生じた報いだ, 生じた場合それはこれ, 生じた場合人は誰, 生じた増加のほとんど, 生じた増加分を養う, 生じた変態であって, 生じた大きい石の, 生じた大地の膚, 生じた大火に対する研究, 生じた大量の貨幣貿易, 生じた太湖石は実物, 生じた女性尊重と精神的愛, 生じた如く千萬年の後, 生じた妄想であると共に, 生じた妖雲では決して, 生じた婦人共有制すなは, 生じたを通して多種, 生じた安楽の世界, 生じたの偏在, 生じた対自然関係の著しい, 生じた対象の性質, 生じたと全く, 生じた差違があるだろう, 生じた廢殘物は精神勞作, 生じた弁証法的なもの, 生じた弊害までを今日, 生じた当時の新しい, 生じた当然の帰結, 生じた形式に過ぎなかつた, 生じた形跡が歴々, 生じた様子でも, 生じた微妙な摩擦, 生じた微粒が恐らく, 生じた微風はその, 生じた心理なのね, 生じた必要に応じ, 生じた忍耐であった, 生じた忠犬の話, 生じた恐るべき人間破壊を, 生じた恐怖心がその, 生じた悲しいカン違い悲しい, 生じた悲劇であらね, 生じた悲劇的な離反, 生じた悲痛な犠牲, 生じた悶着の事情, 生じたを抑えるなら, 生じた意味のある, 生じた愛翫的態度が後, 生じた感情の優しい, 生じた戦争の勃発, 生じた所以である, 生じた所産にされ, 生じた所謂水成岩の厚, 生じた所謂観念的な傾向, 生じた批判の範疇, 生じた批評に対する意見, 生じた拗音や長音, 生じた指導者はだんだん, 生じた捕虜などというよう, 生じた損害を賠償, 生じた支那民族の偉大, 生じた政権上の争い, 生じた断層線の長, 生じた新しいその名, 生じた新たな階級, 生じた新鮮な印象, 生じた方法組織が親切, 生じた日本としては猶, 生じたで谷中村, 生じた時分には我邦, 生じた時向上はない, 生じた時君が居合せない, 生じた時犯罪の場所, 生じた時糾紛して, 生じた時間の前後, 生じた時陷落といふ現象, 生じたには首都, 生じた最も重大な, 生じたという根本, 生じた本能とみなすべき, 生じた枝葉ともいうべき, 生じた根柢に各, 生じた植民地の多く, 生じた権力者及びその, 生じたのテーマ, 生じた次第なの, 生じた武蔵太郎安国左膳の前額, 生じた死亡率がかかる, 生じた死牛馬処理の業, 生じたもあり, 生じた民族意識国家意識をもともと, 生じた民謡の類, 生じたが地上, 生じた波瀾である, 生じた津波がカンナ島, 生じた活動の経験, 生じた混乱であった, 生じた済南の事変等, 生じたなども新, 生じた源氏との関係, 生じたひの, 生じた激しい摩擦抵抗敗北と, 生じた濃緑の花園, 生じた火災の損害, 生じた災難だけをその, 生じたが少く, 生じた無限の力, 生じた爆煙と土煙, 生じた父母の便宜的, 生じた玄蕃の木剣, 生じた理想がある, 生じた瓦斯を給水管中, 生じた生産物が所要, 生じたもあつ, 生じた由来とを諒解, 生じた習を, 生じた異本に過ぎぬ, 生じた疑心暗鬼は消えなかった, 生じた疑懼に悩まされ, 生じた病気を癒しましょう, 生じた痛ましい創痕を, 生じた癈牛馬死牛馬の上, 生じた皮肉な結果, 生じた直接の原因, 生じた相互の関係, 生じた相違であったの, 生じた真空に吸い上げられ, 生じた短い言葉で, 生じた破片が再び, 生じたで竹林, 生じた種々のこと, 生じた穀価の一時的騰貴, 生じた穀物価格の下落, 生じた空白は大き, 生じた空間の概念, 生じた突然の需要, 生じた窮乏によるもの, 生じた窮情の驚くべき, 生じた笑いの欲望, 生じた一印象から, 生じた漏さ, 生じた精神異常も後者, 生じた経済的搾取関係に国家, 生じた結婚を許さない, 生じた結社で西洋, 生じた総ての苦痛, 生じた羊歯や灌木, 生じた群衆の聲, 生じた習慣で今日, 生じた考えかたの混乱, 生じたのやう, 生じた脈状あるいは塊状, 生じた脳波は違っ, 生じたの振動, 生じた色々な困難, 生じた艶量感が感じられた, 生じた芸術といふ感じ, 生じた芸術品でなかつたこと, 生じた落伍者は数, 生じた葛藤を信長, 生じた薄い輪である, 生じた裂け目から出る, 生じた裏面にはいろいろ, 生じた複雑な病症, 生じた観念的残存物に対するアウフクレールング, 生じた記事を, 生じたでも認めんけれ, 生じた詩的想像の産物, 生じた誇張だった, 生じた諸々の事件, 生じたであるいは, 生じた豆ガラと豆, 生じた象徴的な諷詠, 生じたの記憶, 生じた距離が三者, 生じた軍事上の三要素, 生じた軍制上戦術上の変化, 生じた軽侮心とが結びついた, 生じた辯證法的なもの, 生じた農民の貧困, 生じた迷説だが, 生じた道教の各派, 生じた道筋を示す, 生じた都会だと, 生じた錯覺で無論, 生じたの欠点, 生じた関係をも全, 生じたであり妖雲, 生じた離婚だとか, 生じたの神たち, 生じた需要と商業信用, 生じた静けさのなか, 生じた面会や用談, 生じた面積は恐らく, 生じたは右, 生じた音変化の結果, 生じた音韻変化の大綱, 生じた寄ると, 生じた風俗の転倒, 生じた飛龍の如く, 生じた食物の豊饒, 生じた高い一時的利潤は, 生じた魔雲の本態, 生じたもあり, 生じた齟齬を通していかに