青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「河内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沈黙~ 沖~ 沙~ ~沙汰 沙汰~ 沢~ ~沢山 沢山~ ~河 河~
河内~
河原~ 河岸~ 河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 治療~ 沼~

「河内~」 1010, 10ppm, 10681位

▼ 河内~ (276, 27.3%)

12 国の 7 惠賀の 6 國の 5 枚岡 4 多治比の, 麦畠 3 古市の, 国安宿部郡の, 弓削氏の, 水分へ

2 [15件] 一小, 国に, 国を, 国府の, 國安宿部郡の, 奥で, 奥に, 山裾なる, 山間に, 方へ, 禁野の, 美努の, 若子比賣, 野に, 高屋に

1 [196件] おくへ, か, かみどの, つくね芋殿, もみじが, アヲタマの, キャンプで, キリシタンを, キリシタン武士たちも, キリシタン武士の, タヂヒ野に, 一子生年十七歳の, 一守護, 一族に, 一比丘の, 一田舎武人として, 一豪族と, 一郷士正成が, 一院で, 三好下野同, 三箇に, 上流大, 下邸その, 丹比氏が, 二万余騎は, 交野郡との, 住人楠木多聞兵衛正成なる, 倉粟を, 八隅家に, 出雲宿禰姓が, 加賀田を, 千早城金剛山の, 千早攻めに, 南の, 南方に, 南軍に, 口ち, 古いキリシタン, 各地に, 名族で, 国から, 国までの, 国守に, 国富田林の, 国篠崎の, 国高安の, 國で, 國に, 國を, 國府だ, 國府で, 國玉越の, 土は, 地に, 地震が, 夙村では, 多治比という, 多遅比, 多遅比野, 大宮どころ, 天野とか, 天野とかの, 太守王匡その, 太守王匡東郡の, 奥あたりで, 奥から, 奥にばかり, 奥は, 奥へ, 女の, 女人高野という, 姿も, 宅で, 守護を, 安宿郡の, 実家方などへも, 実家方楠木家と, 寸土を, 小盆地, 山々が, 山から, 山そこへ, 山の, 山地には, 山深く, 山田とも, 山脈を, 山野を, 岡山に, 岳, 峰々や, 帯刀正行事ちかく, 平野の, 広い屋敷, 弓削だつた, 弓削は, 弘川寺に, 張楊は, 強兵を, 役人から, 御守護, 志幾に, 志紀という, 戦況には, 戦野に, 拠点は, 新守護, 方から, 方は, 日下という, 日下に, 旧居に, 旧讃良郡, 暗峠, 木綿屋深江の, 本拠へか, 東条に, 東条へ, 東条川に, 林の, 楠木, 楠木こそはと, 楠木どのに, 楠木一族を, 楠木多聞兵衛に, 楠木多聞兵衛正成が, 楠木多聞兵衛正成を, 楠木正成宛の, 正成が, 正成は, 正成ひとりは, 正行なども, 残兵を, 殿さまは, 水分, 池尻へ, 片すみに, 片岡攻めに, 狭山に, 猛将方悦, 獅子窟寺に, 玖須婆川という, 田舎に, 町プラチックに, 界に, 留守の, 白肩の, 石川城に, 石川郡の, 砂に, 秋の, 科長に, 穴山逸見の, 美努村という, 自然に, 若江の, 若江へ, 葛井寺は, 藤井寺六番が, 藤井寺附近に, 街は, 西北にあたり, 西沢の, 誉田八幡で, 諸城, 賊軍を, 赤坂に, 赤坂を, 躬恆紀の, 農家へ, 農民は, 辺に, 道明寺中興住持の, 野が, 野は, 野を, 金剛寺へ, 金剛山と, 金剛山へは, 間の, 隅に, 青玉, 青玉が, 領土や, 領民どもも, 風を, 風光を, 飯盛に, 飯盛城や, 飯盛城を, 飯盛辺を, 餌香の, 館で, 高安山を, 高安郡の, 龍泉で

▼ 河内~ (148, 14.7%)

4 は, はその 3 の方, の胸 2 がそう, が云う, が此, に対面, の情, はそう, は彼, は懐, は父, は道阿弥

1 [114件] が, がこう, がふらり, が伏戸, が偶然, が坑道, が多聞山, が巡視, が平安朝, が捧げ, が更に, が直覚的, が直訴状, が臭い, が駈け出す, その人, だと, であって, でございます, とが, とが何処, と云う, と申され, にはそれ, には想像, には見えなかった, にも底, に云った, に取っ, に向っ, に擬し, に然, に紹介, に討たれ, に述懐, の, のこんなおかしな, の三倍, の上帯, の享楽, の今夜, の仕業, の側, の受持, の口, の口元, の叱, の声, の感情, の態度, の槍, の深い, の父武蔵守輝国, の畸形的情慾, の病的, の目算, の眼, の興味, の行き着いた, の言葉, の計, の酔興, の野心, の野望, の顔, はいろ, はし, はせめて, ははにかんだ, はオヤ, は一同, は一層, は一方, は二丁, は二十二歳, は人, は何となく, は例, は兎, は前, は咄嗟, は図らず, は太い, は太刀, は夫人, は妻, は実は, は家来一同, は彼女, は恐らく, は戦場, は拠ん, は敵味方, は松雪院, は此, は治, は直ぐ, は立ち上っ, は織部正, は自分, は話し, は誰, は鎧, へ運, までがその, もそれ, もそんな, も亦, も愉快そう, も自分, を勇気づけ, を見おろし, を見上げ, を討たす

▼ 河内~ (44, 4.4%)

2 の墓標, の芝居, はこう

1 [38件] が珠数, が追いかける, さえじろりと, と云つた, と隣接, と音羽屋, などを勤めた, にとられた, にやる, に付い, に出っくわした, に対して平常並々, のいっ, のため, のよう, の前, の墓前, の好み, の宴席, の旦那, の来かかった, の狂言, の癖, の百分の一, の袖の下, の邸宅, はちょい, はひどい, は一座, は大丈夫, は小声, は懐, もこんな, も説く, や由良之助, をやり, を勤めたる, を聴い

▼ 河内~ (40, 4.0%)

5 出て 3 帰って, 行って 2 ひきあげて

1 [27件] おたずね申しあげた, お帰, 下りて, 入った, 入って, 入れば, 其段仰られけれ, 向って, 奔り, 嫁入, 密使に, 帰ったの, 帰りました, 帰るの, 帰れ, 帰れとの, 書状を, 落ちて, 行きいらい, 行く唯一, 行け, 見せに, 赴任し, 越える坂, 越さうとして, 退こう, 還つて了

▼ 河内~ (25, 2.5%)

1 [25件] から八日祭, がみえました, が乱心, が何事, が同道, が引きつれ, が見えませぬ, だけは好色, であった, とその, などが遊び, の名代, の隊, はこの, はその, はもう, は何事, は城内, は恨めしかっ, は戒める如き, への叙任, も過去, をにわかに, を凝視, を殺した

▼ 河内~ (24, 2.4%)

1 [24件] おいでに, おりましても, 入つたの, 入らせられたと, 入られたの, 入ると, 出でましき, 出陣し, 変事が, 往来し, 於て, 楠木氏と, 残して, 沿うて, 流れ落ちる水, 移住し, 行くという, 行って, 行はれ, 討たしむるや, 赴いたこと, 逃げた, 遊べりと, 還して

▼ 河内~ (19, 1.9%)

4 の二人 2 の老練

1 [13件] がなかなか, が引ッ, が恟ッ, が続け, と申す, の強力, の毛脛, の足, は再び, は新九郎, は柄頭, は耳, 痩せ侍

▼ 河内から~ (17, 1.7%)

3 来る当麻路 2 來る

1 [12件] みなみの, やつて, 伊勢路へ, 南部印度支那の, 大和へ, 大和路へ, 泉州辺に, 白骨へと, 直行せず, 聞えて, 聳ゆる, 離れる事一三〇粁

▼ 河内~ (14, 1.4%)

1 [14件] かない, きッ, その大山峻立, その席, たたみかけて, また禍, もとより近畿一帯, コウチ・カワチ・カッチなどと, 中心と, 善い所, 大騒動, 旧に, 見れど, 越せそう

▼ 河内和泉~ (13, 1.3%)

1 [13件] あの辺, と諸国, などの寡兵, には四条隆資, の一圓, の古寺, の守護職, の御, の海岸, の遅れた, の野, の領下一帯, へわたっ

▼ 河内~ (13, 1.3%)

5 へ馳 4 や東風 1 と唱え, へそれ, へふみ出し, を心あて

▼ 河内~ (12, 1.2%)

2 出るとき, 柳ヶ瀬へ 1 へだて夕陽, 先へ, 出ました, 奉行所へ, 思い出して, 発つたが, 立つ朝, 脱しそして

▼ 河内平野~ (11, 1.1%)

1 [11件] が展開, が薄, ではない, に沸いた, の小高い, の方, の景色, の朝霧, の水, の無数, はこの

▼ 河内~ (8, 0.8%)

2 中俣との 1 ここの, 大和との, 大和の, 常念山脈, 書くんださうです, 申者に

▼ 河内どの~ (8, 0.8%)

1 か, ご辺, には何と, のいわれるごとく, のお, の戦法, はどう, へ近づく

▼ 河内園長~ (7, 0.7%)

1 が満州, のお嬢さん, の体内, の奇怪, の生死, の認識標, を爬虫館

▼ 河内守正成~ (7, 0.7%)

1 が直々, だった, などいう, にちがい, の到着, の嫡男正行, の背

▼ 河内との~ (6, 0.6%)

4 境ぢや 1 境じゃ, 往還である

▼ 河内~ (6, 0.6%)

1 などの官倉, に落ちのび, の両, の例, の太守王匡, 同芳賀郡

▼ 河内さん~ (5, 0.5%)

1 から御返事, とは私, のお家, へも半, を有難い

▼ 河内という~ (5, 0.5%)

1 人に, 地名に, 地名は, 所から, 称呼は

▼ 河内~ (5, 0.5%)

1 のさる人, の地震, の青雲, を横断, 諸蕃

▼ 河内安宿部~ (5, 0.5%)

3 から石担 2 から石擔

▼ 河内~ (5, 0.5%)

1 で落ち合っ, の散, の空, へかけ, 晴れた日

▼ 河内木綿~ (5, 0.5%)

2 の合羽 1 で羽二重, と羽二重, の様

▼ 河内殿~ (5, 0.5%)

1 が加わっ, ととく, とは思いませぬ, の一勢, へ

▼ 河内~ (4, 0.4%)

1 三人の, 出来る, 四千人の, 求めて

▼ 河内にと~ (4, 0.4%)

4 つては

▼ 河内介輝勝~ (4, 0.4%)

1 でご, と名のり, も一時, も則重

▼ 河内~ (4, 0.4%)

1 なの, のお, の女性, をみつけました

▼ 河内方面~ (4, 0.4%)

1 からの偵報, の急, の空, へと東西

▼ 河内~ (4, 0.4%)

2 の禅長寺 1 なり谷, を訪う

▼ 河内あたり~ (3, 0.3%)

1 では, の同胞, の穢多村

▼ 河内~ (3, 0.3%)

1 かつて湖水, 帰って, 申に

▼ 河内そち~ (3, 0.3%)

1 がまいる, においては新田, もいちいち

▼ 河内地方~ (3, 0.3%)

1 のいわゆる, は去年, へ行け

▼ 河内大和~ (3, 0.3%)

1 などにも同じ, は王軍, を経

▼ 河内守さま~ (3, 0.3%)

2 の御 1 では

▼ 河内では~ (2, 0.2%)

1 河伯を, 親しく正成

▼ 河内とは~ (2, 0.2%)

1 何者だ, 楠公を

▼ 河内など~ (2, 0.2%)

1 いふ山村, 近畿地方の

▼ 河内にも~ (2, 0.2%)

1 吉野にも, 自分の

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 摂津の, 石川盆地の

▼ 河内介以外~ (2, 0.2%)

1 には気, の者

▼ 河内介父~ (2, 0.2%)

2 の城

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 の中, や大塔

▼ 河内北山~ (2, 0.2%)

2 で二万石

▼ 河内国金剛山~ (2, 0.2%)

1 の西, へ楠木多門坊

▼ 河内夫人~ (2, 0.2%)

1 からのお, のお

▼ 河内守忠挙~ (2, 0.2%)

1 が片手, と家老

▼ 河内守殿~ (2, 0.2%)

1 より稻葉侯城代稻葉勘解由, 同久世大和守殿

▼ 河内守清長~ (2, 0.2%)

2 の曾孫

▼ 河内守等~ (2, 0.2%)

1 が馳せ来っ, の拠る

▼ 河内山菊五郎~ (2, 0.2%)

1 の直, の直次郎

▼ 河内房了海~ (2, 0.2%)

1 という六尺豊か, はさすが

▼ 河内木の芽峠湯~ (2, 0.2%)

2 の尾峠

▼ 河内東条~ (2, 0.2%)

1 と行宮, に移し

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 へ通, までゆく

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 からそう, から聞い

▼ 河内~ (2, 0.2%)

2 の加賀爪伝内

▼ 河内~ (2, 0.2%)

2 の人

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 は持統三年, を豊前国鏡山

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 れの, 同

▼ 河内紀行~ (2, 0.2%)

1 から帰った, だが

▼ 河内~ (2, 0.2%)

1 に多い, に姿

▼ 河内門真三番村~ (2, 0.2%)

1 の百姓茨田郡次, の百姓高橋九右衛門

▼1* [179件]

河内および摂津において, 河内からずつと女連の, 河内ッての, 河内この三国に, 河内さんたちの計画, 河内じらいかない, 河内すなわちニライカナイの, 河内でも瀬戸内海の, 河内のであらう, 河内などにありますが, 河内などもい, 河内においても内々とくに頼み, 河内にとっては河内の, 河内には一里も, 河内にまでエビ谷という, 河内によりて義仲に, 河内へと戻って, 河内への山つづき, 河内まで何とかし, 河内までは往還六里余と, 河内其例の, 河内よな罷りしは, 河内より兵を, 河内タンノアと南下, 河内と山越え, 河内一円にひしめき出し, 河内下堅田の石打, 河内郡の, 河内の間, 河内介一人が責められる謂われ, 河内介真木和泉梅田雲浜頼三樹三郎有馬新七松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 河内仏国東洋学院同本部, 河内伊賀丹波等五カ国の水, 河内伊賀伊勢などの地方, 河内信弥太は現在, 河内信弥太氏が後日, 河内先生だッ, 河内八尾町の字名, 河内十人斬の, 河内の東軍, 河内同じく富士河内下堅田の, 河内名物のドロ芋, 河内の三人, 河内和泉摂津の兵, 河内和泉摂津播磨山城近江丹波の国々, 河内和泉摂津近江丹波紀伊尾張伊賀伊勢越前の諸国, 河内国南河内郡である, 河内国渋川郡大蓮寺村の伯父, 河内国甘南備の郷字矢佐利, 河内国花田の里, 河内国讃良という処, 河内国赤坂の地, 河内の今, 河内を攻めた, 河内の懼, 河内大和地震の前日, 河内大和紀州の牢人, 河内大橋を独り, 河内大蓮寺の僧正方, 河内大阪方面へ通じ, 河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 河内太郎蛇丸の短剣, 河内宇礼志野の御庄, 河内守それがしも同様, 河内守たるにすぎない, 河内守どのがおとずれ, 河内守光治というもの, 河内守六万石の城下, 河内守正成どのでございまする, 河内守正甫の貶黜, 河内守正行と弟大和守正時, 河内守正行殿でした, 河内守殿御目附御番衆列座, 河内守水野監物滝川左近などの岐阜, 河内守滝川豊前守, 河内守通行末葉遠江貫名五郎重実と云, 河内尊延寺村の百姓深尾才次郎, 河内尊延寺村無宿深尾才次郎の募, 河内屋敷の寮, 河内山そうしゅんというの, 河内山三輪晁勢氏の綱渡り, 河内山城大和に大, 河内山墓と誤, 河内山式の方, 河内山玄関先を本, 河内山落胤のさらに, 河内山速記にはか, 河内山遺愛の石燈籠, 河内岡山の会堂, 河内川路左衛門大久保右近水野筑後その他の長老, 河内平野数十郷の百姓, 河内平野牛はふさ, 河内弓削村の百姓西村利三郎, 河内志紀郡にあっ, 河内恩地にて縊死, 河内沢の, 河内州の, 河内摂津の間, 河内摂津三河伊勢尾張美濃飛騨近江越前加賀讃岐の諸国, 河内摂津口をさまたげ, 河内摂津和泉地方の楠党, 河内摂津和泉淡路紀伊伊賀伊勢志摩近江の諸国, 河内摂津方面に散在, 河内摂津紀伊土佐讃岐伊予阿波伊勢尾張美濃近江遠江三河相模駿河甲斐伊豆豊後の諸国, 河内木の芽峠が尤も, 河内木棉の産地, 河内様御田屋御坐, 河内正覚寺の御, 河内武太夫でございます, 河内殿以下人も馬, 河内殿御自身は, 河内水分神社の雨乞い神事, 河内水源地は国家, 河内水源地散歩星城子居雲関亭, 河内泊りは楽, 河内渋河郡大蓮寺隠居杉山の伯父, 河内渓流もかよう, 河内温城の人, 河内温泉宿の二階, 河内源氏の中興, 河内源氏石川ノ義基, 河内潜行より約, 河内狭山の北条遠江守氏春, 河内瓢箪山へ辻占問, 河内瓢箪山稲荷の辻占, 河内生まれの方, 河内産まれのこの, 河内田井中にて切腹, 河内田井中村同恩地村, 河内発向藤井寺に陣, 河内益田孫右衛門なども口, 河内益田孫右衛門江田善兵衛などが舌鋒, 河内石川の住人, 河内石川郡東条磯長の霊廟, 河内石川錦織三日市あたりの住民, 河内はあるいは, 河内笊徳右衛門これ丈見られます, 河内の野伏, 河内紀伊の山々谷, 河内博士も, 河内だろうか, 河内若江城の部将, 河内若狭越前近江美濃伊勢尾張伊豆一帯が震う, 河内菅原夕菴譜代の木村五平太, 河内行きだから, 河内街道である, 河内裏街道をとっ, 河内観心寺地方へ出むく, 河内訛りをおび, 河内赤坂の僻地, 河内赤坂城に菊水, 河内越して武生, 河内軍曹への復讐, 河内辺りの山々, 河内近くのタムダオ, 河内通いの狂言, 河内道明寺の天満宮, 河内那珂郡などの諸方, 河内郡今泉の興福寺, 河内郡吉田村大字中川島字遠星河原, 河内郡国本村の新, 河内郡国本村寺沢から出る, 河内郡城山村である, 河内郡城山村大谷から出る, 河内郡富屋村である, 河内郡椎塚より出でたる, 河内郡豊郷村では会葬者, 河内郡阿波村の大杉明神, 河内郷土史などの上, 河内野崎觀音詣での水陸, 河内金剛寺普賢行願讃一冊高野山無量寿院大涅槃経一軸, 河内金剛山の海抜四千尺, 河内飯盛地方の開拓, 河内飯盛城で包囲, 河内飯盛山下の岡山城, 河内高原を包み, 河内高屋城に拠っ, 河内高貴寺大阪四天王寺近江玉泉寺京都百万遍知恩寺にある, 河内龍泉の屋敷