青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

甘い~ ~甚 甚~ ~甚だ 甚だ~ ~生 生~ ~生え 生え~ ~生き
生き~
~生きた 生きた~ ~生きる 生きる~ ~生じ 生じ~ ~生じた 生じた~ ~生ずる 生ずる~

「生き~」 12507, 135ppm, 795位

▼ 生き~ (10369, 82.9%)

482 いるの 387 いる 249 いて 160 いること 147 いた 133 いるよう 131 いると 123 いるという 112 いるうち 109 いたの, ゐるの 101 いるもの 99 ゐる 97 いる人間 92 いる間 68 いるか 67 ゐること 60 いる人 54 ゐて 53 いるん 50 ゐると 49 いれば 47 ゐた 46 います 45 いても 43 ゆくこと 42 動いて 39 ゐるうち 38 来たの 35 行くこと 34 来て 33 来た 32 いなければ 31 いる事 30 いる以上 29 いる者, 行くの 28 いるあいだ, 居ると 27 いた頃, いる時, ゐたの, ゐるやう 26 居るの 25 いたという, いるから, ゐる間, 居る 23 ゆくの 22 いるに, 行かなければ, 行こうと 21 いた時, おいでに, ゐるもの, 居れば 20 いるはず, いる限り 19 帰って, 行くため 18 いたいと, いたん, いるとは, きたの, ゐる人間, 居て 17 いられるの, いるよ, きた, 來た, 働いて 16 いたこと, いない, おります 15 いる甲斐, いる空, いる腸, くるの, ゐても, 行かねば 14 いたか, いたって, いるだけ, いる人々, いる兵隊, おれば, ゆくため, ゐるので, 行く道 13 いたら, いられないの, いるかも, ゐる事, ゐれば, 居るうち, 居るか, 行けないの 12 いたとき, いました, いるし, いる気, いる証拠, ゆかなければ, ゆくという, ゆこうと, ゐた頃, 下さい 11 いたならば, いたもの, いては, いようと, ゆかねば, ゆく道

10 [13件] いたくない, いられるもの, いるこの, いるものの, いるわけ, いる女, いる姿, いる方, いる現実, ゐられない, ゐるん, 居る人, 行く

9 [20件] いたい, いたころ, いられないよう, いるかい, いるが, いるぞ, いるより, いる奴, いる時分, いる男, いる社会, いる私, いる筈, いる自分, いる金属, ゐるかぎり, 居る間, 来たん, 行く上, 行こうという

8 [21件] いたと, いた日, いないの, いながら, いますよ, いるかぎり, いるため, いる時代, ゆく, ゆく上, ゐた時, ゐるか, ゐる頃, 來る, 居ります, 居る時, 来たという, 来る, 行くという, 行くもの, 行けそう

7 [28件] いたとは, いた時代, いた時分, いられないという, いるかという, いるだろうか, いるとき, いるので, いる世界, いる動物, いる身, くる, ゆくか, ゆくより, ゆけないの, ゐたん, ゐた人, ゐられないの, ゐるといふ, ゐる以上, 居ること, 居る人間, 来たが, 来たと, 行くには, 行こう, 行って, 還って

6 [26件] いたから, いたが, いたよう, いられるか, いるその, いるな, いるのに, いるまま, いる中, いる人たち, いる喜び, いる心地, いる感情, いる物, いる生活, おるの, きて, はおられませぬ, ゆくに, ゐなければ, ピンピンし, 来たもの, 来たよう, 生きて, 行きたいと, 行く事

5 [50件] いくの, いたとて, いたらこの, いられない, いられないと, いられよう, いられる, いられると, いるからには, いるころ, いるじゃ, いるだけの, いるでしょう, いるでは, いるとも, いるならば, いるなんて, いるやら, いる今, いる内, いる幽霊, いる心持, いる死人, いる頃, たって, ゆくもの, ゆけば, ゆけるの, ゆけるもの, ゆこう, ゐたこと, ゐてよ, ゐられるの, ゐるに, ゐる人, ゐる姿, ゐる時分, ゐる限り, 世に, 居なければ, 居れない, 帰ること, 来たか, 来たかという, 来ました, 来るの, 行かれない, 行きたい, 行く力, 行けるの

4 [83件] いかなければ, いくこと, いそう, いたいという, いたいの, いたな, いたに, いたね, いたよ, いたらお前, いたらば, いた間, いないつもり, いようが, いようとも, いられたの, いられること, いられるという, いられるよう, いるあの, いるかと, いるかの, いるかは, いるしるし, いるそう, いるだろう, いるとしか, いるとしても, いるほど, いる力, いる意味, いる様, いる生きて, いる生物, いる私たち, おいで, おられるの, おること, きたこと, くれと, ここに, さへ, そこに, まいりました, みたい, ゆかれる, ゆくその, ゆくと, ゆくには, ゆく力, ゆく態度, ゆけない, ゐたいと, ゐたといふ, ゐては, ゐます, ゐられなくな, ゐるかも, ゐるから, ゐるとも, ゐるのに, ゐるよろこびを, ゐる内, ゐる者, 動く, 在る限り, 居たの, 居ても, 居られない, 居る事, 来た者, 来るよう, 甲斐ない, 行かれないの, 行くに, 行くのに, 行くより, 行く姿, 行く方, 行けない, 行けないん, 行けるもの, 還ること

3 [143件] いくうえ, いこうと, いたかい, いたかった, いたかと, いたくも, いたその, いたでは, いたとしても, いたはず, いたらと, いたら私, いた人, いた人間, いないこと, いないもの, いなかった, いなくては, いましたか, いますから, いますとも, いません, いようとは, いらっしゃる, いらっしゃるん, いられたもの, いられないから, いられない気, いられません, いられるだけの, いられるはず, いられるん, いるお, いるくらい, いるって, いるとおり, いるとか, いるなと, いるばかり, いるほう, いるよりは, いるよりも, いる上, いる事実, いる人物, いる地球, いる娘, いる心, いる必要, いる歴史, いる気持, いる相手, いる瞬間, いる顔色, おいでの, おって, おられないよう, おりましたならば, おりますうち, おりますか, おりますれば, おれる, お出でに, かえること, きたと, きたもの, ここへ, この世の, はいられません, ぴんぴんし, ゆくだけの, ゆく人間, ゆく心, ゆく日々, ゆく自信, ゆけません, ゆける, ゐさ, ゐたい, ゐたから, ゐたくないと, ゐたと, ゐたら, ゐようと, ゐるだけの, ゐるよ, ゐるより, ゐる世界, ゐる人達, ゐる女, ゐる方, ゐる時, ゐる甲斐, ゐる自分, 何か, 出て, 呼吸を, 在るうち, 居たからとて, 居た頃, 居ては, 居られるの, 居られるん, 居るという, 居るとも, 居るもの, 居るやう, 居るよう, 居る世界, 居る瀬, 居る甲斐, 居る頃, 帰らぬ覚悟, 帰ると, 彼女の, 戦争を, 日本の, 来たこと, 来ただけの, 来た人間, 来た道, 死ぬる, 死んで, 流れて, 甲斐なき, 行かれる, 行かれるの, 行きさえ, 行きたいという, 行くか, 行くつもり, 行く人, 行く人間, 行く女, 行く術, 行けさ, 行けないよう, 行けるだけの, 行けるよう, 行ったらいい, 行つ, 還らじと, 還るの

2 [410件] あらば, ありや, あること, あるのみ, あるもの, あれば, あればこそ, いいの, いかねば, いがたい, いきましょう, いくため, いくだけ, いけない, いこうかと, いたあの, いたい気, いたかという, いたくは, いたけれども, いたし, いたつて, いたところ, いたとも, いたなあ, いたねえ, いたので, いたらその, いたらどんなに, いたら何, いた以上, いた内, いた方, いた昔, いた男, いた私, いちゃ, いったらいい, いてこそ, いてさえ, いないかは, いないけれど, いないだろう, いない人たち, いない気, いなさると, いまいと, いましたね, いますか, いますからね, いますと, います間, いやがる, いよう, いらあ, いらしった時分, いらしった頃, いらして, いらっしゃるうち, いらっしゃると, いらっしゃるの, いらつし, いられた, いられては, いられないこと, いられないだろうと, いられない世の中, いられまい, いられます, いられますか, いられるかぎり, いられるかしら, いられるだろう, いられるだろうかと, いられるでしょう, いられるなんて, いられる世界, いるからって, いるきょう, いるけれども, いるそういう, いるそら, いるたくさん, いるただ一人, いるだけを, いるだろうかと, いるであろうと, いるどころか, いるどんな, いるなという, いるならどんなに, いるのよ, いるほか, いるもぐら, いるらしい, いるらしいぞ, いるわ, いるわたし, いるわるい, いるわれわれ, いるアカシ, いるハリアイ, いるファシズム, いる一人, いる一日一日, いる人形, いる人間たち, いる人間ども, いる今日, いる位, いる作家, いる価値, いる保, いる値打, いる兄, いる兵士, いる処, いる古典, いる地下戦車, いる妻, いる婦人, いる子供, いる実在, いる張り合いが, いる当時, いる彼, いる快活, いる意義, いる感覚, いる或, いる所, いる所以, いる日本人, いる望み, いる歓び, いる気持ち, いる源, いる源三郎, いる瀬, いる爺さん, いる理由, いる癖, いる神様, いる肉体, いる自分たち, いる自分達, いる花, いる若い, いる見込み, いる訳, いる證拠, いる連中, いる間じゅう, いる高等金属, いる魚, いればこそ, いればこそと, うごいて, おいでです, おいでな, おった, おっても, おられる間, おりましたが, おりましょうか, おる, おるか, おると, おるという, おるとも, おる時, おれ, おれないと, おれないん, おればこそ, お前に, きたこの, きたすべて, きたという, きた人, きた道, きました, こられたもの, これを, ござるの, しまったの, しまった人々, たつて, どこかに, はいます, はおりませぬ, はおりません, はたらいて, ふたたびこの, みせて, みなければ, みるより, やしませんよ, ゆかれるだけの, ゆかれるの, ゆきたいと, ゆきたいという, ゆくかと, ゆくかという, ゆくべきかという, ゆくめあて, ゆくやりかた, ゆくん, ゆく一生, ゆく世界, ゆく人, ゆく人々, ゆく以上, ゆく可能, ゆく問題, ゆく姿, ゆく富, ゆく感情, ゆく才, ゆく方法, ゆく理由, ゆく男女, ゆく美し, ゆく限り, ゆけないこと, ゆけない人間, ゆけるか, ゆける自分, ゆける計算, ゆこうという, られへん, りやこんな, ろや, ゐたいの, ゐたが, ゐたくなくなつた, ゐたつて, ゐたとて, ゐたやう, ゐたらこの, ゐた時代, ゐた老, ゐた者, ゐた間, ゐない, ゐないかも, ゐながら, ゐなくては, ゐられる, ゐられると, ゐられるので, ゐられるもの, ゐるあらゆる, ゐるかよう, ゐるしるし, ゐるそれでも, ゐるため, ゐるぢ, ゐるとは, ゐるならば, ゐるみたい, ゐるよりも, ゐるよろこび死な, ゐるモレア, ゐる中, ゐる作家, ゐる俺, ゐる奴, ゐる幸福, ゐる張合, ゐる様, ゐる此の世, ゐる氣, ゐる海, ゐる生活, ゐる眼, ゐる私, ゐる花吹雪, ゐる限り苦痛, 世にある, 世に人, 仕事に, 仕事を, 來ない, 働く, 内には, 再びお, 再び日本, 出で, 出ること, 努めて, 動くこと, 動く自分, 在るもの, 在れ, 夢の, 居た, 居たいと, 居たと, 居たならば, 居た時分, 居ない, 居やう, 居られた時, 居られないと, 居られないの, 居られるな, 居られる時代, 居りますが, 居るかと, 居るから, 居るが, 居るこちら, 居るだけ, 居る中, 居る女房, 居る心持, 居る様, 居る気, 居る石ツころ, 居る者, 居る限り, 帰るかも, 帰るとは, 帰る心, 帰れるか, 幸福に, 彼の, 御出, 御座ったらなあ, 愛して, 我々の, 我を, 戻つて, 日本に, 日本へ, 暮らそと, 朝間ぞ, 来たお, 来たこの, 来たその, 来たため, 来たとおり, 来たのに, 来た世界, 来た彼, 来た為, 来た生涯, 来た私, 来た自分, 来た過去, 来ない, 来ないの, 来ながら, 来ましたが, 来られたの, 来るだろう, 来る或いは, 歩いて, 歸る, 死なむ, 泳いで, 活動し, 活躍し, 琉球諸島の, 甲斐ある, 第一期, 繁に, 育って, 苦しんで, 虫の, 行かなくちや, 行かれないから, 行かれないこと, 行かれるか, 行かれること, 行かれるはず, 行かれるもの, 行きたいの, 行きませう, 行くかという, 行くだけ, 行くだけの, 行くだろう, 行くといふ, 行くわ, 行くん, 行く世界, 行く人々, 行く必要, 行く気, 行く資格, 行く途, 行く限り, 行け, 行けという, 行けないから, 行けないと, 行けない事, 行けば, 行けると, 行こうとは, 行つた, 行つてゐる, 見えるの, 見ようと, 詩を, 貧しく生きん, 踊るかに, 還ったの

1 [2935件 抜粋] あがったとじゃから, あらめと, あり, あり山河目, あるよなど, いいそれ, いきたくは, いくそこ, いく強, いけた, いけば, いけるよ, いたあらゆる, いたいそういった, いたい心地, いたお松, いたかの, いたくなくなるほどの, いただかなければ, いたでありましょうが, いたならこれ, いたなら今日なにもの, いたのよ, いたらあるいは, いたらこんなに, いたらどう, いたらなんと, いたらもう, いたら大, いたら憤慨, いたら矢張り, いたれば, いたッ, いた三十五年, いた二週間, いた全作, いた大事, いた彼, いた欲求, いた狂女, いた筈, いた誰か別, いた魚屋, いての, いないだろうという, いないわけ, いない美しい凛々しい, いなかったでしょう, いなくなること, いなされば, いねえが, いましたなら故人, いましたらほんとに, いますが, いますぞ, いやがるらしいね, いよとは, いらしたらどんなに, いらしつて, いらっしゃったそう, いらっしゃるだけ, いらっしゃる限り, いられただけ, いられたらどう, いられた自分, いられないね, いられない上流層, いられない妾, いられなかったから, いられなくなる, いられぬよう, いられましても, いられませんのよ, いられるお, いられるだろうか, いられるなれば, いられる人, いられる自信, いりゃ彼, いるいろいろ, いるおびただしい, いるお母さん, いるかな, いるかを, いることば, いるせい, いるだけが, いるだろうとの, いるとして, いるどころ, いるならハガキ, いるについては, いるは, いるべき理由, いるやつ, いるよろこびとして, いるらしいとは, いるらしい生活, いるアダム, いるカワカミ, いるミイラ, いるラム, いる一日, いる不安, いる世間, いる二つ, いる人生, いる仙人, いる何万人, いる値うち, いる光景, いる助けて, いる務め, いる友だち, いる名優, いる喜悦, いる場合, いる大小, いる女房, いる娘さん, いる学問, いる家族, いる川手さん, いる張り合いも, いる心持ち, いる怪塔王, いる情熱, いる懐疑, いる教会裁判, いる日々, いる時代相, いる条件, いる様子, いる此の世の, いる毛沼博士, いる氷河, いる為, いる犬, いる現在, いる男女, いる社会そのもの, いる竹, いる緑林, いる者全部, いる色, いる薊, いる蝶々, いる言葉, いる豚, いる身心地, いる過去, いる間さえ, いる関係上, いる限り安心, いる青年たち, いる風, いる鴨下ドクトル, いろいろに, おいでたらなあ, おった一行, おめおめと, おられたの, おられた一番最後, おられないとの, おられなかった, おられません, おられるくらいは, おられるに, おられんよ, おりたい, おりとうは, おりましたならどんなに, おりますかぎり, おりますもの, おりませぬか, おり多少, おり種々, おるところ, おる男, おれないよう, おれません, おろうが, お出, お目にかかり得ようとは, かえったら一躍, かえると, かついとおしい, きたこれから, きたので, きたよう, きた効いが, きた歴史, きた老, くこと, くるのに, くれたの, こないので, この国, この海, この道場, こんなみじめ, ござんす, しづかな, しまったもの, そうして俳諧, そのゆく, その姿態, それと, だきゃ行かな, であったゴーリキイ, では, なくっちゃあ, なやみの, はいられます, はおらん, はねまわって, ふたたびお, まいりましたせい, ますから, また君, みせる, みたその, みようと, みろ, もどって, もらいたくて, やるぞ, ゆかう, ゆかなけりや, ゆかれないの, ゆかれぬと, ゆかれるので, ゆきたいからこそ, ゆきにくい, ゆくいちばん, ゆくが, ゆくだろう, ゆくなんと, ゆくべきなの, ゆくも, ゆく事, ゆく作家一人, ゆく典型的, ゆく娘, ゆく心持, ゆく意識, ゆく明治二十年代, ゆく標準, ゆく為, ゆく精髄的, ゆく習慣, ゆく醜く, ゆけた, ゆけないと, ゆけない不幸, ゆけない私, ゆけは, ゆけるだけの, ゆけるでしょう, ゆける一人, ゆける自信, よかった, らっしゃるころみたい, られやしないでしょしっかり, わが陣, ゐたいから, ゐたい思ひが, ゐたくない死, ゐたで, ゐたのに, ゐたものの, ゐたらどんなに, ゐたら何, ゐたら苦しみ, ゐた三月, ゐた其の, ゐた有名, ゐた用語例, ゐた言葉, ゐた頃女, ゐない事, ゐなかつた, ゐなさ, ゐますか, ゐられたなら, ゐられないね, ゐられない自分, ゐられません, ゐられるやう, ゐられん, ゐるかぎり免, ゐるくせ, ゐるそれ, ゐるだけといふ, ゐるで, ゐるとして, ゐるなら報告, ゐるの相違, ゐるんで, ゐる両親, ゐる人像柱, ゐる佐渡人, ゐる僕等, ゐる各々, ゐる大都市, ゐる幽霊, ゐる意味, ゐる時代, ゐる根性, ゐる死ぬ時, ゐる状態, ゐる男, ゐる神女, ゐる肥つた, ゐる蟲, ゐる限り哲學, ゐる陰影, ウイスキイを, フロックコートを, 七情を, 下さいという, 世にという, 世に明け暮れ, 世に貧, 事象物象に, 人間が, 他の, 会えると, 体臭を, 來に, 働かせあらゆる, 働きながらも, 働く暑, 先年なくなった, 八上の, 再びこの, 再び故国, 再び逢う, 出た者, 出るか, 初冬の, 助かるべき際, 動かず傀儡師, 動きだすなんて, 動き流れ, 動く人間, 十五年まで, 参りますもし, 呻いて, 国には, 在りと, 地獄死ん, 大きな望み, 妻と, 宗右衛門に, 尽せるだけ, 居たくても, 居たよ, 居たらどんな, 居たら屹度, 居たトルストイ, 居た筈, 居ないと, 居ぬと, 居ましたらまだ, 居ようとは, 居られうかと, 居られた筈, 居られない気持, 居られねえの, 居られません深い, 居られる年, 居りましたので, 居りア, 居るかも, 居るだろう, 居るならその, 居るより, 居る力, 居る意味, 居る望, 居る百科辞典, 居る頃隣, 居れるほどの, 帝と, 帰ったらさだめし, 帰つて来た, 帰らば, 帰るところ, 帰るもの, 帰れないと, 帰れる身, 廻る, 往かなければ, 往けない組, 復か, 忍びつるかも, 恨みに, 愛したいそう, 戻った, 戻つて茂つて, 手足も, 故国へ, 時々他, 最上法を, 本領へ, 来たかい, 来たそこ, 来たなあ, 来た事, 来た僕, 来た少年, 来た所謂, 来た烏瓜, 来た社会, 来た鋭さ, 来また, 来るかが, 来ると, 来れたの, 桓公の, 正しく働ける, 歩けようとは, 歸らぬ, 残って, 残れり, 泣いて, 涙を, 滴る乳緑, 無事で居る, 父の, 猶お, 甘露處を, 生き抜きたかったの, 生恥, 生産的に, 甲州の, 登って, 眼醒め, 神樣の, 空しく帰っ, 経過され, 耻辱を, 自分が, 葬られる所, 行かう, 行かざるを, 行かれず必ず, 行かれないという, 行かれなかったの, 行かれますからね, 行かれませんわ, 行かれるならば, 行かれる程度, 行きたい気持ち, 行き切れないの, 行くかと, 行くだらう, 行くでござんしょう, 行くべきもの, 行くよ, 行く事ぢ, 行く前途, 行く女性, 行く心持, 行く方法, 行く状態, 行く甲斐, 行く能力, 行く間, 行けないこと, 行けないとでも, 行けない嘆き, 行けなかつた事実, 行けぬ事, 行けやしねえん, 行けるじゃ, 行けるで, 行ける世界, 行ける證據, 行こうもうしばらく, 行動し, 見せる, 見られた最後, 観察し, 論理的乃至, 踊って, 輝やき, 這い廻って, 通用する, 遥かな, 還つたと, 還らぬ今度, 還るとは, 還れない仕事, 還ろうとは, 里へ, 闘って, 音も, 食われる事

▼ 生きながら~ (327, 2.6%)

24 へて 6 へること, 皮を 5 死んで 4 埋められて, 自分の 3 へるの, 冥界を, 地獄に, 墓の, 悪魔に, 腐って, 腐つて, 蛇に

2 [15件] その顔, へてる, へると, 世間一般の, 井戸の, 他の, 元の, 地獄の, 地獄へ, 墓場に, 殺して, 火に, 焼かれる人々, 犬の, 葬式を

1 [224件] あの世に, あの世へ, あの泥水, うずめられて, えむ玉, くり返され, この世の, この活動, すでに永遠, そのよう, その人々, それを, のろいの, ふること, へた, へねば, へやう, へる, へるかと, へるとしても, へるは, へる価値, へる力, へる権利, へん, ピンで, 一匹の, 下方の, 不具に, 世間の, 二本の, 井戸へ, 人の, 人児を, 人情の, 人生から, 人間は, 人間を, 偉効の, 兎の, 入つて, 八つ裂の, 八寒地獄に, 公開され, 共産主義者の, 冥府に, 凍ったよう, 凶衣を, 出る幽霊, 刀葉林へも, 分れんこと, 別るる, 別れお母さま, 別れなければ, 刻むほどの, 剥皮の, 化物の, 半身土埋め, 反時代的, 取りもどし闇太郎, 叩き込むが, 可愛らしい鼠, 呑まれて, 命がけの, 土の, 土中に, 地の, 地下に, 坑夫に, 埋めて, 埋められたおびただしい, 埋められたの, 埋められた夢, 埋められた生命, 埋もって, 塗りこめ, 墓に, 壁の, 壁へ, 夜も, 天狗道に, 女を, 妄想に, 姿で, 少しは, 居士号を, 屍と, 屍の, 市場で, 布袋を, 干ぼしに, 幽霊の, 彼は, 御自身, 心臓を, 怨念の, 悪の, 悪魔にな, 戦争に対して, 投げ込まれて, 投げ込む準備, 捕われたの, 教育者として, 晒されて, 暗いところ, 有限から, 梟しにかけられた, 棺桶の, 極楽往生蓮華往生, 次第に頭, 死ぬなって, 死ぬ光景, 死を, 死んだと, 死んだも, 死んだもの, 死んだやう, 死んだ人間, 死んでるとも, 死んでるの, 死刑と, 死者の, 毛皮を, 水葬する, 水葬に, 氷に, 永遠に, 池の, 沈めて, 沈めに, 浄土の, 涅槃に, 消え失せたの, 消え失せて, 深い井戸, 渇望し, 火の, 火中に, 焚いて, 無事に, 無刺激, 焼いたの, 焼かるること, 焼かれて, 焼かれる恐ろし, 焼き殺されるなんて, 焼き殺されるの, 焼き殺すという, 焼き殺せとの, 焼くよう, 焼け死んだが, 煮苦痛, 父の, 猿の, 獄卒の, 生霊と, 畜生道に, 登り來り, 白骨化し, 皮袋に, 直に打ちこむひしこ, 瞬間に, 碓にて, 社会より, 神か, 神話の, 穴に, 立樹に, 精根尽き, 老作家, 而も, 腐るん, 腐れて, 腐敗し, 腐敗しあえい, 腐爛し, 腹を, 膃肭獣に, 自分から, 自分で, 船底に, 芝浦の, 花に, 苦しむか, 葬いの, 葬って, 葬られたこと, 葬られたらんやう, 葬られたる幾千, 葬られた私, 葬られて, 葬られようと, 葬られると, 葬られるという, 葬られるもの, 葬られる覚悟, 葬る墓場, 葬れこの, 葬ろうと, 葬われる, 蓮の, 薪を, 虎に, 見た人, 見るの, 記念像と, 誰も, 釜茹でに, 長くそして, 霊魂の, 食う法, 餓鬼と, 餓鬼道に, 首だけ, 骨を, 髯長矯風大主とでも, 鬼に, 魂そのものは, 魂を, 魅入られて, 魔界の, 魔道に, 魔道へ, 鼻缺けに

▼ 生きかた~ (268, 2.1%)

10 というもの, をし 6 をする 5 をした 3 はありません, をしたい

2 [11件] しか知らぬ, だ, とその, はない, をしない, をしよう, をつづける, を主張, を愛し, を考える, を自分

1 [209件] からいう, からいっ, からだけ求められる, からはまわり, から書かれる, がある, があるまい, がいい, がこれ, がない, がね, がめんどうくさい, がトルストイ, が人間本来, が在る, が正しい, が無い, が無意味, が社会的階級的, が見られない, が誤り, こそ一つ, さえこの, そういう瞬間, その居直り, だけである, だとして, だらう, であるかという, であると, でしばらく, です, でなければ, ではない, では無かっ, では逸脱, では駄目, で光, で彼女, で民族化, で生き, で語ろう, で護れる, と, というところ, というよう, とかつて, とし, としては或, として民主的方法, として注目, との対比, との間, との関係, とはずっと, とはまるで, とは大, とは違うらしい, とを展開, とを思い合わせる, とを比較, とジャーナリズム, とツルゲーネフ, と云, と仕事, と妥協, と文学, と自然主義的現実曝露, と芭蕉, と雰囲気, なの, ならびに作品, なんかできやしない, にある, にくらべたら, にさえ妙, についての中心的, についてまじめ, についてを思わせます, について思いなやん, について書いた, にとって重吉, にどんな, にない, にひかれる, にもシゲ, によってすべて, によって今, によって営まれ, によって整理, に伝え嗣がれ, に何, に向っ, に堪えない, に女, に密着, に対しては鋭い, に強く, に後者, に於, に絡む, に釣り込まれまい, のうち, のこと, のところどころ, のどういう, のなまぬる, のほう, のよい, の不甲斐な, の内容, の力, の単純さ, の原型, の哀さ, の問題, の奇妙, の姿, の或, の手本, の推移, の方向, の未熟さ, の模範, の法則, の異常さ, の目的, の相違, の窮局, の粗, の萌芽, の要求, の諷刺, の足場, の追求, の道, の選択, はみなだめ, は今日, は例外, は厭, は女, は小説, は弟, は当時, は決して, は要するに, ばかりで, への好奇心, への探究, また世の中, までも, もある, もできない, もひろがり, もわかっ, も人間, も又, も同時的, も大して, も女, も彼等, やゴーリキイ, や仕事, や趣味, をえて, をきめられる, をさせる, をしず, をしめし, をし得る, をそういう, をそのまま, をほんとう, をもっ, を保, を切っ, を反映, を問題, を嘲笑, を外, を始めましょう, を富岡, を尊敬, を帳消し, を強いて, を思い, を手際, を明日, を求める, を理解, を眺め, を眺めた, を知らし, を知る, を示さず, を私, を立体的, を続け, を考え, を肯定, を見まもる, を貫かれた, を追う, を遊戯, を選ぶ, 導きかた, 或は生かせ, 新しいフォーム

▼ 生きては~ (202, 1.6%)

7 いられない 6 いない 5 いないの, いられないの 4 いるが, 居られません, 行かれない 3 いないだろうと, いられないと, いるの

2 [11件] いたが, いないでしょう, いないと, いなかった, いまい, いられないから, おいでに, ゆけぬと, ゐられない, ゐられないの, 行けないん

1 [136件] あの草茫々, いけないこと, いずに, いても, いないここ, いないこと, いないもの, いなかったであろうけれど, いぬ覚悟, いまいけれども, いまいその, いまいと, いらっしゃらないかも, いらっしゃらないだろうし, いられないお, いられないという, いられないので, いられないもの, いられないわ, いられないわけ, いられない破目, いられない私, いられなかったの, いられなかったよ, いられぬゆえ, いられまい, いられるの, いられるもの, いられん, いるけど, いるけれど, いるん, おりましても, おりません, おれず死んでも, おれないと, おれないもん, おれなかったん, おれぬ, おれぬと, かえすまいぞと, この屋敷, つき死しては, ならないの, ならぬ, ふたたび帰るまい, ゆかれない町人, ゆけない, ゆけないぢ, ゆけない気持, ゆけぬ, ゆけるだろうよ, ゐない, ゐないかと, ゐないだらうと, ゐないだらう加野, ゐないの, ゐないので, ゐない何時, ゐます, ゐられないくら, ゐられないだらう, ゐられないと, ゐられないとき, ゐられないやう, ゐられない過去一切, ゐられない雲, ゐられなくな, ゐられまい地獄, ゐられるもの, ゐる, ゐるもの, ゐる木の芽, 一族と共に, 人たり, 人の, 俺を, 再び会わない, 再び地, 再び足, 出なかった, 参れません, 困りますよ, 地獄の, 夕べに, 外へ, 安楽な, 居ても, 居ない, 居ないらしい, 居ぬ覚悟, 居まい, 居らつし, 居られないから, 居られないと, 居られない程, 居られなかつたの, 居られぬと, 居られねえって, 居られませんから, 居られません此, 居られません種々, 居られんお, 居りませぬ, 居りませんの, 帰らない覚悟, 帰らぬ所存, 帰られまい, 帰りません, 帰れないだろう, 帰れないとも, 帰れないん, 帰れません, 往かれないが, 歸られまい, 歸れない, 渡れない海, 老躯を以て, 行かなきゃならんからな, 行かれないの, 行かれぬ, 行かれぬよう, 行かれるけれども, 行かれるの, 行くであろうから, 行けなくなりますよ, 行けませんぞ, 行ける, 袁氏の, 輝かしき人間, 還らぬ, 還らぬ積り, 還られぬ, 還りますまい, 還るまい御, 還れるどころ

▼ 生き~ (97, 0.8%)

9 身の 7 いいところ 4 いいの 3 いい啖呵, くるしみ, なやみ 2 い, いい魚, 産巣, 芽の

1 [60件] あるもの, ある石, いいお, いいお手本, いいその, いいやつ, いいわけえ, いいビタミン, いい右門流, いい名人, いい味噌汁, いい啖呵入り, いい大, いい本場もの, いい江戸っ子, いい生き身, いい花の, いい血, いい雄貝, いい青年, いい青黒, いい鮭, いい鯛, いい鰡みたい, いい黒ずんだ, こった妻たち, こらされた上, たづき, びたれどさして嬉しく, びているころびばてれん, びてゐたいのでせう, びることもねえものじゃあねえか, ほこりなどは, ままあとあとと, まま光り耀く, よいお化け, よいさかな, よいもの, よいストリップ, よい大根, よい鯖, よかった, よろこびは, よろこびよ, イイ方, 力, 喜び, 好い江戸前, 強い樹, 悪いよう, 愉しみ, 方な, 松原青木松原を, 真鯉を, 秘密です, 良い連中, 身, 限りは, 飯鮹を, 験

▼ 生き~ (57, 0.5%)

25 し生けるもの 8 し生ける者 3 し生ける 2 ほして

1 [19件] おさんが, おしては, おして今日, おして行ける, おして闘っ, しいけるもの, し生きて, し生けるこの世, し生けるものすべて, し生けるものの, し生けるもの子, し生けるもの無情, し生ける人間, し生ける物, し生ける間, し生ける雑多, し生ける鵯, つて呉れた, ほしたやう

▼ 生きても~ (51, 0.4%)

4 死んでも 2 いる, 塔が

1 [43件] あり得ない, い, いい, いないだろうし, いないよう, いないん, いられたし, すまい老いぼれの, ゆかれねえ, ゆかれるが, よいという, よければ, ゐたくなくなつた, ゐないし, ゐまいが, ゐられない今日, 一度下界, 二重の, 何んにも, 何等の, 十年か, 同じこと, 同じ事, 喜田川三郎を, 夢と, 大したもん, 実際百年, 居られず死んで, 居られない気, 彼らの, 来たが, 死にても, 死んで, 消滅の, 生きても, 生きなくても, 生き足りない程, 私の, 自然の, 行かれません, 行かれるだろうが, 遭い難き, 雄略天皇即位五年に

▼ 生きつつ~ (47, 0.4%)

3 あるもの 2 ある姿, ある者

1 [40件] あったから, あつた, ありそれ, あります, ある, あるが, あること, あるその, あると, あるとまで, あるの, あるより, ある万人, ある人間像, ある時代, ある歌, ある民衆, ある現実, ある生活, ある男, ある真実, ある社会, ある若き, ある草, させられねば, その現在, それを, たたかいつつ, 仏法を, 他の, 凡俗な, 国民運動も, 実は身, 死に死につつ, 法を, 自分たちの, 自分の, 過去を, 體驗される, 高雅なる

▼ 生きながらの~ (45, 0.4%)

4 埋葬という 3 死を 2 呪いの, 地獄であった, 地獄の

1 [32件] 亡者と, 古典人に, 囚人の, 埋没, 埋葬ほど, 墓標の, 屍臭を, 恥辱という, 搾滓, 昇天だ, 曝し者, 死と, 死に, 死の, 死人を, 死体の, 死骸です, 河流れの, 火焙りに, 火葬みたいな, 焦熱地獄, 焦熱地獄だった, 焦熱地獄に, 焦熱地獄の, 皮剥に, 立消, 肉身であり, 辱に, 餓鬼道では, 骸は, 骸骨だ, 鬼を

▼ 生き~ (31, 0.2%)

3 ひに, ひを 2 たみ, たみとして, ひの

1 [19件] あるといふ, いいって, いいの, いなんだ, えったの, ひから, ひが, ひで, ひは, ひも感じました, ひをも, よいか, よかった, よく存在, よく形, よければ, 出来ませんよ, 出来るもの, 悪くては

▼ 生きてを~ (31, 0.2%)

3 れば 2 りそれ, りました, り自我

1 [22件] つた, つたもの, つたらさ, つてだ, られたらどんなに, られるそれ旅籠, られるの, られる竹越三叉さん, り, りどうして, ります, りますので, りもの, り世, り出版屋, り多少, り言葉, るが, るなら死んだ方, れ, れば使ふん, れる

▼ 生きよう~ (23, 0.2%)

3 はない 2 が死のう, ではない

1 [16件] がそんな, がどう, がない, が腐ろう, でしかない, としてすさまじく, などと世間, なン, にも生きる, はお, はできない, はゆるさない, は無い, もあったろ, をした, をする

▼ 生きそして~ (22, 0.2%)

2 死んで

1 [20件] お手紙, そうした生活, そこから, その中, 仕事を, 何を, 創作しよう, 呪ふ, 家も, 愛するの, 愛する本能, 或る, 死ななければ, 死ぬという, 死ぬの, 死んだとしても, 死んだの, 死んだ二人, 海の, 間もなく死ん

▼ 生きちゃ~ (22, 0.2%)

3 いられない 2 いねえん

1 [17件] いない, いまい, いませんが, いませんよ, いられねえ, いられねえん, いられねえ忠義, いられん, おらん, アいません, アおりません, 別れられまいと, 帰るまい, 帰れないなってな, 行かれねえぜ, 行けないわ, 行けないん

▼ 生きてさえ~ (20, 0.2%)

7 いれば 3 おれば 2 居れば 1 いたら俺, いて, おいでに, おられれば, おりますれば, くれたら, 居りゃいい, 行けば

▼ 生きながらに~ (20, 0.2%)

4 して 2 切って

1 [14件] かれら, 一つ穴へ, 化した剣魅物愛, 地獄の, 埋めて, 樂土に, 死を, 渾河の, 焦熱地獄に, 焼かれしかるに, 焼き殺される, 生を, 甲羅が, 蛇を

▼ 生き~ (20, 0.2%)

2 にする

1 [18件] にかかわり, にさせる, にしか知らない, にとはどんな, になどには到底もう, になど最初, にの原則, にの問題, にの望み, にの疑問, にの病人, にの騒ぎ, には何, にも分らなくっ, に臨ん, ぬる時, めいたたやすい, 及び壞滅

▼ 生きかへ~ (19, 0.2%)

2 つたやう, つた様な, つて来, りつつ

1 [11件] つた, つたのか, つたやうに, つた金魚ひらひら, つてくれ, つてこんなに, つても, つてやります, つてゐた, つて來る, らしま

▼ 生き~ (17, 0.1%)

2 へりたいと, へると

1 [13件] へった様, へらう, へらしむる救世主, へらせて, へらせるの, へり, へりたる心地, へりました, へり死んだの, へるくそ, へる放たれても, へる樣, やった時

▼ 生き~ (15, 0.1%)

1 [15件] ったわけ, つたが, つたことさ, つたもの, つて, つてる四人, のてゐる, りて, り分, り心理, り汝, り疾風, るべき詩, る者, れるは

▼ 生き証拠~ (15, 0.1%)

2 がある

1 [13件] が三人, でございますが, としての歌, となった, どすよ, にされる, には女, の老女加世, はいくら, を俺, を出そう, を失った, を逃がしました

▼ 生きその~ (13, 0.1%)

1 [13件] あいだに, ために, なかに, 中から, 中で, 国に, 息吹きを, 悲喜を, 憎惡, 日を, 本性だけが, 物語を, 生活と

▼ 生き~ (13, 0.1%)

2 して

1 [11件] した, したかも, した甲斐, した老人, した者, しよう, するだらうよ, すると, するの, なさって, 願って

▼ 生きたり~ (12, 0.1%)

4 死んだり 1 して, するの, する場所, なすったらいい, よくぞ, 互違に, 動いたり, 殺されたり

▼ 生き~ (12, 0.1%)

3 死にも 1 しないやう, しよう死にも, し希望, し死, できなかったので, のめいた感じ, やらねば, 生ききれぬ苦しい苦しい, 遣らず呻き悩んで

▼ 生き残つて~ (12, 0.1%)

1 [12件] かうして, はゐなく, も困る, ゐは, ゐるから, ゐるだけに, ゐるの, ゐるもの, ゐるやう, ゐる一匹, 面白いこと, 鳴きつ

▼ 生き~ (12, 0.1%)

5 ひを 3 ひに 1 ひが, ひなどは, ひの, ひへ

▼ 生き永ら~ (11, 0.1%)

1 [11件] うべき, へしめる, へて, へてもつまらない, へてゐられない, へてゐる, へて下さらなく, へて御国, へるの, へるより, へ放浪

▼ 生きやう~ (10, 0.1%)

1 か死なう, がそれ, しまた, といふの, として死ん, とする, とは思ひませ, はどう, 生きて, 生きやう

▼ 生きてや~ (9, 0.1%)

2 がる, がるな, しないん 1 しない, しないのよ, はるん

▼ 生き殘つて~ (9, 0.1%)

2 ゐる 1 ゐた, ゐた蟋蟀, ゐるお, ゐる三人, ゐる大木, 居ると, 居るの

▼ 生きうめ~ (8, 0.1%)

3 になっ 1 に, にし, になった, になる, の穴蔵

▼ 生き証人~ (8, 0.1%)

1 がいる, となっ, の如き, はこの, もいる, を何, を突きつけ, を見せ

▼ 生きがたい~ (7, 0.1%)

1 ことに, ことや, ほどの物思い, やうに, 夢の, 死を, 気が

▼ 生き~ (7, 0.1%)

21 あやかりとうてな, けらずや, なるでしょう, なれます, なれます私ども

▼ 生きにくい~ (7, 0.1%)

2 時節に 1 のよ, んです, 事情を, 日本の, 東京という

▼ 生きちゃあ~ (6, 0.0%)

1 いねえらしい, いられないとか, いられないよ, いられない気, いられねえん, 帰れねえホラ

▼ 生きちや~ (6, 0.0%)

2 ゐませんよ 1 おるよ, ゐないの, 居ねえだよ, 居ませんよ

▼ 生きてこそ~ (6, 0.0%)

1 争ひし, 在すなれ, 強い作品, 相共に, 芸だ, 青春に

▼ 生きての~ (6, 0.0%)

1 再会は, 別れを, 別れ母には, 後の, 望みを, 記念死ぬ

▼ 生き人形~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 が並べ, なぞも悪く, などの類, に隼伝

▼ 生き~ (6, 0.0%)

1 亡びるもの, 何時も若い, 働くこと, 働くに, 客観に, 死ぬと

▼ 生き存ら~ (6, 0.0%)

2 へてゐた 1 えて, えて遊ばさなけれ, える途, へること

▼ 生き~ (6, 0.0%)

4 けてゐる 1 いて, けてみる

▼ 生き通し~ (6, 0.0%)

2 のお 1 である, ということ, の光, の神

▼ 生きかわり死~ (5, 0.0%)

5 にかわり

▼ 生きてか~ (5, 0.0%)

1 それとも死ん, へらず, へらぬ鳥, 死んだか, 死んでか

▼ 生きながらへ~ (5, 0.0%)

1 させること, させるの, 居ること, 居る限り, 来た今日

▼ 生きむと~ (5, 0.0%)

3 欲する意志 1 欲す, 欲す故に

▼ 生き不動~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 です, です生き不動, の駒守

▼ 生き~ (5, 0.0%)

1 いと思ふなら, いの, いので, い命, くは

▼ 生き~ (5, 0.0%)

3 靈の 1 靈で, 靈を

▼ 生き~ (5, 0.0%)

1 との關係, と盂蘭盆, と稱, のおめでたごと, の材料

▼ 生き證人~ (5, 0.0%)

1 だから, として下男, のお, の乳母, まで現

▼ 生き難い~ (5, 0.0%)

1 しわるい, によるの, ものと, 時代を, 相から

▼ 生きたりと~ (4, 0.0%)

1 いうには, 信ずる自, 思った, 言い顔

▼ 生きてでも~ (4, 0.0%)

3 いるよう 1 いたらどう

▼ 生き~ (4, 0.0%)

2 生きむ 1 と三度, と思へ

▼ 生きものの~ (4, 0.0%)

2 きみ悪 1 かなしみの, 長くとぐろ

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 の魂, も生かす, も生きる, を生かす

▼ 生き代り死~ (4, 0.0%)

2 に代り 1 に代った, に代り明かし暮し

▼ 生き地獄~ (4, 0.0%)

1 と云っ, に来た, のよう, の苦しみ

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 ったよう, つたやう, り来れと, るの

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 いて, きたいの, く, く努力

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 と事件, をそして, を変え, を知らない

▼ 生き易い~ (4, 0.0%)

1 ことは, 人の, 場所だ, 日々を

▼ 生き~ (4, 0.0%)

2 とする 1 があり, と云う

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 えて, えは, えるべき純粋, へたから

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 だが, に落ちるなら, の意志, の手前

▼ 生き~ (4, 0.0%)

2 を曝し 1 じを, を晒す

▼ 生き自分~ (4, 0.0%)

1 で行動, の同胞たち, の意志, は趣味

▼ 生き~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 が出, と同じ

▼ 生き~ (4, 0.0%)

1 がほしい, が欲しい, もマッピラ, も欲

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 うな, うもない身體, へすれ

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 できないの, できぬ百般, 生きたが

▼ 生きまた~ (3, 0.0%)

1 それとともに, イデーを, 死ぬの

▼ 生きむとする努力~ (3, 0.0%)

1 のやう, の支持, は恰

▼ 生きむとする意志~ (3, 0.0%)

1 の動き, は食色, を缺

▼ 生きマリア~ (3, 0.0%)

1 と共に生き, により, の中

▼ 生き乍ら~ (3, 0.0%)

1 捕へ, 棄てた断崖, 沈めしも

▼ 生き共に~ (3, 0.0%)

2 泣き共に 1 主義の

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 がある, があるでしょう, もあれ

▼ 生き~ (3, 0.0%)

2 として死にとうございます 1 が女らしい

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 へて来た, へて自身, へなけれ

▼ 生き形見~ (3, 0.0%)

1 であるため, でほんの, の積り

▼ 生き愛し~ (3, 0.0%)

2 讃める 1 歌ひたれ

▼ 生き明日~ (3, 0.0%)

1 に働きかける, へよりよく, へ生きよう

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 と八種, と比べ, を唯

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 という大きな, をムリ, を攻めたてる

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 はない, をさがす, を伸ばす

▼ 生き~ (3, 0.0%)

2 えて 1 へて美しい

▼ 生き難く~ (3, 0.0%)

1 させたの, なって, 出来て

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 でも構, なんか取りつかない, に憑かれ

▼ 生き~ (3, 0.0%)

1 と死顔, より死に顔, を見る

▼ 生きある~ (2, 0.0%)

2 者は

▼ 生きいかなる~ (2, 0.0%)

2 役割を

▼ 生きかつ~ (2, 0.0%)

1 これを, とこし

▼ 生きかわり~ (2, 0.0%)

1 した美くし, 執念深く人

▼ 生きこれ~ (2, 0.0%)

1 がため, によって死ん

▼ 生きざらむ命~ (2, 0.0%)

1 思はず仰ぎ寝て, 思はず仰ぎ寢

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 なおな, なは

▼ 生きそう~ (2, 0.0%)

1 な何者, に思います

▼ 生きてだけ~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 生きてはを~ (2, 0.0%)

1 りません, るけれど

▼ 生きとつ~ (2, 0.0%)

1 たつて, たらこんな

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 けりや, ば生

▼ 生きなむ~ (2, 0.0%)

1 と, 心

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 はりの, ほしけれ

▼ 生きみ魂~ (2, 0.0%)

1 の分裂, の鎭魂

▼ 生きむとも死~ (2, 0.0%)

2 なむとも

▼ 生きもし~ (2, 0.0%)

1 動きも, 死にも

▼ 生きもの~ (2, 0.0%)

1 と見た, のは

▼ 生きやすい~ (2, 0.0%)

1 方法であった, 道徳

▼ 生きよく~ (2, 0.0%)

1 死ぬこと, 死ぬん

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 るるよう, るるわ

▼ 生きガイ~ (2, 0.0%)

1 もない, やハリ

▼ 生きガクモン~ (2, 0.0%)

1 については天与, を実地教習

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 がつて, らして

▼ 生き且つ~ (2, 0.0%)

1 感じ且つ, 死ぬる事

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 の協働, を知らない

▼ 生き人生~ (2, 0.0%)

1 をさぐり, を愛し

▼ 生き人間~ (2, 0.0%)

1 の最奥, は堕ちる

▼ 生き今日~ (2, 0.0%)

1 に至る, の日本

▼ 生き~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 生き伸び~ (2, 0.0%)

1 はしない, 来りし此

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 に死なん, に鼓動

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, をブラ

▼ 生き半ば~ (2, 0.0%)

2 死んで

▼ 生き太陽~ (2, 0.0%)

1 と地球, を見

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 の爲め, の矢代

▼ 生き常に~ (2, 0.0%)

1 動く, 實を

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 ぶる時, る思ひは

▼ 生き~ (2, 0.0%)

2 において死

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 は書き, もおよそ

▼ 生き御調がわり~ (2, 0.0%)

2 込んで

▼ 生き心地~ (2, 0.0%)

1 の異, も失っ

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 に死ぬ, に死のう

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 であった, でなければ

▼ 生き手本~ (2, 0.0%)

1 でご, と見

▼ 生き時代~ (2, 0.0%)

1 のめぐり合わせ自分, を導く

▼ 生き果てし女~ (2, 0.0%)

2

▼ 生き現代~ (2, 0.0%)

1 のさまざま, の特徴

▼ 生き現在~ (2, 0.0%)

1 は彼, を過去

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 があっ, は文学

▼ 生き習慣~ (2, 0.0%)

2 において死

▼ 生き~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 生き苦しい~ (2, 0.0%)

1 世に, 気持ちで

▼ 生き葬式~ (2, 0.0%)

1 は弛みかけた, までした

▼ 生き蘇つて來~ (2, 0.0%)

2

▼ 生き通過~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 生き~ (2, 0.0%)

1 といふもの, のある

▼ 生き長ら~ (2, 0.0%)

1 へて罪業, へるほど

▼ 生き~ (2, 0.0%)

2 は蘊

▼1* [282件]

生きあるいは死ぬる, 生きいいんだろう, 生きいかによくこの宿業, 生きいつでも転落, 生きいまかくの, 生きうめ同様になっ, 生き互ひ, 生きおのおのその能, 生きかたそのものやその, 生きかたつまりはその, 生きかた仕事に面した, 生きかた全幅を示す, 生きかた心持に責任, 生きかた死しかた死なされかた, 生きかた真情の総計中, 生きがたく生く, 生きぐるしく切なかっ, 生きえる, 生きこういう事に, 生きこしかたの, 生きこそはしても, 生きこの時代を, 生きこの世でめぐり会えた, 生きこの間に動き, 生きこんなに遥々来た宇宙, 生きさうなのが, 生きさえすれば, 生きざらしなどの行われた, 生きざらむとおもへども何にこのごろ友, 生きしかも自然を, 生きすこし病人に, 生きそこに死する, 生きそこで成長し, 生きその道において進歩, 生きそれに絶対, 生きただ待ちもうけ, 生きたちひさ, 生きたまへ僕, 生きたりとも死にたりとも, 生きとばッ, 生きちや天道樣は無駄, 生きぢょうちんがあるところへ月光は降る, 生きぢょうちんを光らしながら, 生きっぱなしている, 生きっぷりとそこ, 生きついでゆこうと, 生きづくりはよさう, 生きづらいかなど訊かなく, 生きづらかろう, 生きてかがまって, 生きてかへつて下され, 生きてから死んでも, 生きてこその文学である, 生きてだけはいて, 生きてでくれたら, 生きてとなったイヴ, 生きてとして若い時代, 生きてなどいられるもの, 生きてなんかいたか, 生きてなんぞいませんわ, 生きてのみ居る事, 生きてまで露命の, 生きともに滅びたい, 生きどう書き働きどう, 生きどうして人なみな, 生きながらか殺してか, 生きながらにもせよ死屍, 生きにくくするかも, 生きひとを生かす, 生きひとしく人たる, 生きびすを返す, 生きふるして来た, 生きまたは死ぬといつて, 生きみやげ持参つかまつると, 生きむがために彼等は藝術, 生きむとするは懶惰なる怯者, 生きむとする勇氣は單, 生きむとする生活を曇らし, 生きむとする道を宗教, 生きむとて食を貪る, 生きむ事を願, 生きむ天地のかかる, 生きむ死者は生き, 生きもののからだと, 生きもや返ると, 生きやう草萠ゆる, 生きやう藪柑子のやう, 生きやがて良人の, 生きよい社会の, 生きよう道とてもない, 生きりやそれでい, 生きわたしたちをも生かせ, 生きわれは行き, 生きエロースによつて地上, 生き返るから, 生きレース編みを覚え, 生きとる, 生き一人は死ぬ, 生き三日生きそして, 生き乍ら彼の故郷, 生き乍ら焦熱地獄に投げ入れ, 生き人形みたいに行儀, 生き人類の意志, 生き今村のよう, 生き今死なば, 生き代はり死に代, 生き代わり死に代わり, 生き伸びようとする, 生きをしよう, 生き何ごとをなし得た, 生き何れも大, 生き作品を書い, 生きの肉体, 生きによって種, 生き健かに明るく, 生きは島人, 生き全校の正義, 生きる悲しき, 生きをブラ, 生きは前, 生き功利に生き, 生き勝負に徹する, 生き千変万化するとも, 生きを閉, 生き古した武者小路実篤, 生き合つてゐる社會, 生きとともに見物, 生きはまた, 生きを蓄え, 生き哲学を生きた, 生き善意の生活, 生きへ帰っ, 生き国民としての真, 生き国民運動の社会的実践, 生きに死ぬ, 生き場所を求める, 生き境遇につまり, 生きの炎天, 生き多少人間を, 生きを榮養, 生き大衆に向, 生き如何に文明, 生き如来の為, 生き如来様のよう, 生き姿の偶人, 生き存へた人の目撃談, 生きにし, 生き寫しみたいなその, 生きの姿, 生き山川として成長, 生きである, 生きれを, 生き平凡に死んだ, 生き幼子の様, 生き度い話はこの, 生き弁天でげす, 生き弱く生き時代, 生き強いと云, 生き彼等のやう, 生き御霊に聞かせる, 生きに剋, 生き応永七年足利義持の時, 生きよ, 生き悲しみ歌い絶望, 生き悲痛に死する, 生き情熱に戦っ, 生き意慾し活動, 生き成長し運命, 生き戦い死しつつ, 生きも死に, 生き手たちが結論, 生き手近の仕事, 生き敬慎事に当り, 生きにしか使えねい, 生き明るい日本建設の, 生き易き権利を, 生き易くて仕方, 生きき神, 生きつたやう, 生き更にそのこと, 生き替り死に變, 生きに生き, 生きいたりて, 生き東方の聖人, 生きも湧く, 生きに因り, 生き歿年から逆算, 生きこりました, 生き残つた人の話, 生き残つた男だらうか, 生き残つた私はその, 生き残つた者の心, 生き残つてお歴々との同席, 生き残つてアフリカの海岸, 生き残つて一七〇〇年七十八歳で永眠, 生き残つて九日目にも呼吸, 生き残つて帰つて来た少数, 生き残つて発言権をもつ, 生き残つて茎にくつ, 生き殘つた三人は起きぬけ, 生き殘つた方は重い, 生き殘つた泥棒が殺し, 生き殘つた男につれ添ひたい, 生き殘つた碓氷貞之助殿も有無, 生き殘つた者のやう, 生き殘つた虻が外れ, 生き殘つて舌を出し, 生きれる今日, 生き殺しにした, 生き気品が動く, 生き水底で呼吸, 生きと涙, 生きと云わなけれ, 生き活世界の中, 生き活動し戦い苦, 生きであるかの, 生き物の気は搦められ, 生きに死ぬ, 生き特殊の設計, 生き現実の良人, 生き理想に生き, 生き瑣末の事柄, 生き環境は自己否定的, 生き生涯を終った, 生き生長しつつ, 生き病躯をいたわっ, 生きりして, 生き剥いで, 生き相愛さなければ, 生き真に成長する, 生き破滅し成長, 生き磔刑より死んだ, 生き礫刑とされ, 生き社会に学び, 生きの平和, 生きのある, 生き経験するん, 生きふ甲斐, 生きの様, 生きのやう, 生き者たちよ, 生きをかじられ, 生きにし, 生きが関の山, 生きをさき, 生き同性にのみ, 生き自ら食うこと, 生き自ら省るため, 生き自由に死ぬ, 生き至上者法王と常に, 生き良く努めて, 生き芸術に滅び, 生き苦しくてこ, 生き草木として生き, 生き葬ひで申すまでも, 生き葬式用に作っ, 生き蘇つた後に来る, 生きと時々, 生き観音おうまこと, 生きに痩せ, 生きなさ, 生きのため, 生き證據が三人, 生きがそこはかとなく, 生き豊かな経費, 生き趣味に生きる, 生きく暴力, 生きさの, 生きをかかない, 生きはない, 生きそうと, 生き通し死に果たす, 生き遺物とも思し召し, 生きと苦楽, 生き門閥を誇る, 生き雉子を献じた, 生き難しとせよ, 生き霊死霊の所業, 生きを見せるた, 生き高い生命に, 生き高めらるべきかという, 生きを入れ