青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「甚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

瑠璃子~ 環~ 環境~ 瓦~ 瓦斯~ 瓶~ 甘~ ~甘い 甘い~ ~甚
甚~
~甚だ 甚だ~ ~生 生~ ~生え 生え~ ~生き 生き~ ~生きた 生きた~

「甚~」 2745, 30ppm, 3954位

▼ 甚三郎~ (541, 19.7%)

16 はその 7 と田山白雲, の無, の面 6 はこの, は何 5 がこの, がその, とお松, は, は提灯, もまた

3 [12件] がそれ, が帰っ, であります, に向っ, のこと, のところ, の心, はここ, はそれ, はまた, は例, は田山白雲

2 [25件] がこう, がこうして, でなければ, のあと, のため, の傍, の声, の手, はお, はこう, はついに, はなお, はふと, はまたも, は一方, は七兵衛, は最初, は生き, は膝, は船, は頓着, もこの, もやや, も田山白雲, を訪ね

1 [376件] かそれ, かなるほど, から借り, から出た, が, がいない, がいま失意, がお, がこれ, がそう, がなる, が一心, が一時, が今宵, が今日, が何, が先, が入っ, が出, が切腹, が切腹もの, が北進, が反省, が尋ねました, が屹, が当然, が思い出し, が思う様, が急, が怪しく, が持場, が指さす, が提灯, が斬られた, が新規創造, が昨夕宿, が書き終っ, が最新, が注意, が海, が特に, が猶予, が田山白雲, が画框, が畳, が知りました, が竜, が笑い出す, が紙包, が耶蘇, が能登守, が自ら, が船員全体, が蝋燭, が行く先, が言下, が詮索, が読む, が諄々, が追, が金椎, が長崎表, さえなけれ, さえももう, その人, だけが船長室, だったの, であつ, でありました, でこれら, でした, です, ですけれども, ではあまりに, ではなく, でも助太刀, といい負けず劣らず, というの, という商人, という御家人, といふの, とお, とても相手, とでも勝手, との間, とはお互い, と其許, と南条なにがし, と呼ぶ, と宇津木兵馬, と清吉, と異人氏, と相対, と言, なかなかの, などが怒り, ならば, なる人, な何, にとっては今, にとっては何物, にはいっこう, にはもう, には顫, にもない, に反問, に大, に宛て, に宛てた, に対して一寸, に対するよう, に対すれ, に対面, に引合わせよう, に当り, に恋, に恨み, に打明け, に盲目的, に相違, に自決, に言われた, に面当て, のふたり, のもと, の三人, の介錯人, の切腹, の刈り分けた, の前, の厄介, の噂, の姿, の家, の家来分, の宿, の寵物, の影, の後ろ姿, の御, の抜き取っ, の方, の曲毬, の死, の死装束, の死體, の準備, の父母, の独力, の生死, の男ぶり, の発狂, の眼, の知識, の研究, の研究室, の破滅, の精, の紐, の細首, の耳, の胸, の膝, の船長室, の苦衷, の衣裳, の許, の話, の身, の鉄砲工場, の頭, の頼み, の顔色, の食客, の髪, はいかなる, はいずれ, はいつも, はいよいよ, はおのずから, はかえって, はかねて, はがっくり, はこういう, はこうして, はこんな, はさ, はさっさと, はさっと, はさる, はじっと, はずかずか, はそう, はそうした, はそれだけ, はそんな, はただ, はちょうど, はつとめて, はともかく, はどっかと, はどのみち, はなんだか, はひとり, はふい, はまず, はまだ, はみな, はむしろ網, はもはや, はやがて, はよく, はよろよろ, はわが身, はわれ, はキリスト教, はナイフ, はページ, はマドロス, はムク犬, は一向, は一婦人, は一室, は七兵衛そのもの, は三里, は世界地図, は二人, は五連発, は人間, は今, は今晩, は以前, は何度, は保田, は偶大湫, は傍, は優しく, は全く, は内心, は再び, は再生, は切腹, は別に, は別人, は前方, は力, は北進策, は右, は同行, は向う, は図書館, は大きく, は奇, は女, は女そのもの, は始終, は安から, は家, は寅吉, は幾分, は座右, は強いて, は当面, は彼, は微笑, は急, は感情, は懐中, は戦慄, は房州, は拳銃, は推察, は改めて, は散漫, は新館, は明日, は昨晩一学, は書架, は望遠鏡, は次に, は正式, は歩廊, は江川, は沈黙, は洲崎, は海, は海水, は清八, は清澄, は満面, は漁師ら, は無, は燃, は王子, は田山, は甲板, は異人氏, は病人, は白雲, は直参失脚, は直覚的, は相, は短銃, は科学工芸, は程遠から, は立ち, は立っ, は筆, は約束, は絵図, は老人, は肩, は腰, は自分, は自覚, は自身, は船宿, は船長室, は花, は苦笑い, は落魄, は見兼ね, は身, は近々, は途方, は遠目鏡, は遠眼鏡, は遠見, は酒, は鉄砲, は長崎, は長靴, は関, は静か, は顔, は駄目, は驚きません, は髪の毛, は鳥銃, へも云おう, へ傾い, ほどのもの, までもほとんど, も, もうなずい, もお, もお参り, もお松, もここ, もこれ, もすでに, もそれ, も又, も宇津木兵馬, も拍子抜け, も提灯, も最初, も目, も相手, も真に, も研究室, も考えない, をしげしげと, をとりこ, を切腹部屋, を叩き起し, を悪く, を挙げた, を斬らん, を疑う, を自滅, を見かけた, を見る, を訪ねん, を訪れました, を訪問

▼ 甚しく~ (497, 18.1%)

4 私の, 興味を 3 なつた, はない, 少いの, 気に, 相違し

2 [16件] なつて, なよなよと, わしの, 人なり, 困難でも, 平凡な, 彦根尾張仙台等の, 成上りの, 椅子から, 気が, 混雑し, 私を, 重大な, 金属性の, 長身なる, 類似する

1 [442件] あきたり, いきなり出, おそくない, おびえきった様子, かうし, その上地震, その不安, その余波, その焦燥, それを, つまり現代, ておどろく, ても一面, てユリ, て一行, て実に, て留守, とうてい夕日, ないから, ないだけ, ない物, なつた時分, なつた時期, なよ, なり令法, なり出した, なり戦争, なり更に, なり生活, なり自分, はなかつた, はなく, は義元, は誤らざりし, むずかしいや, ものうそう, わたくしを, インチキな, ウスッペラだ, エロに, オッチョコチョイの, ガッカリも, ガラガラ音を, シュナーベルの, シュワルツの, スモークを, ツネの, ツリアイが, ノドが, ハンモンした, ホッと, ユダヤ人の, ロヂカルに, 一時は, 三十一日の, 三成を, 上下の, 不キゲン, 不十分なる, 不合理な, 不和の, 不均衡, 不安で, 不安を, 不安定な, 不当の, 不快を, 不成績である, 不整だった, 不景気で, 不本意, 不注意であった, 不自然なる, 不興な, 不良でないなら, 不親切で, 且つ汚染, 且又女中の, 両氏は, 中, 中にも, 主従の, 之を, 乏しいの, 乏しい量, 乏しくなった, 乖離し得る, 乱暴です, 人みしりする, 人心の, 人間それ自, 今日現存の, 他方では, 低いもの, 低くて, 低下し, 低調だ, 余が, 佳い種, 侮辱された, 候, 候よし, 倫理的な, 健康な, 健康を, 傾倒す, 傾斜したがる, 傾斜する, 僕結局負けた, 億劫がり易い, 優劣が, 優越するなら, 優越を, 兇暴に, 兇暴性を, 全體, 其縁邊は, 具体性に, 具体的に, 再び今村力三郎氏, 冷遇せられた, 冷静な, 凡庸ならざる, 切ない気持, 別格に, 刺激した, 劣勢で, 助成された, 労力を, 十二三町走る, 千代子は, 単純だ, 印象的である, 印象的な, 危険を, 厚さ二三尺, 厭み嫌った, 去勢され, 反対だった, 口を, 古の, 古風であっ, 可能であった, 右に, 右曲左折婉退曲進する, 号哭し, 同情を, 同感せざる, 同憂の, 名人には, 呑牛第, 嚴重なる, 四歳五歳六歳は, 困難で, 困難である, 困難ならしめた, 困難ならしめる, 困難なり, 国宝には, 圧迫せられる, 場面的な, 変つてし, 変化が, 変化の, 変形しゐ, 多い, 多いが, 多かった, 多くの, 多数の, 大き過ぎた, 大に, 大人げない, 大雨加はり松林叫び海濤咆哮し, 大雨降り来り, 失望し, 失望した, 失望しました, 失望を, 奇怪滑稽で, 好奇心に, 好色に, 妙な, 妨げと, 威ある, 威圧的に, 嫌いな, 宍道湖へ, 実利的合理的である, 容易に, 寒い, 寒暖計は, 将に, 小さくな, 少くなっ, 少なかった, 屈曲し, 屈辱的な, 山風加はりて, 岐れない, 岸から, 差異が, 已に覚期, 市の, 常に縮緬, 平等の, 幻想家であり, 庶民的な, 建保四年の, 弱いそう, 弱小化せられた, 強からぬ, 強大に, 強引だった, 強烈であり, 影響を, 彼等は, 御馳走が, 微罪であった, 徹底したる, 心の, 心ぼそい, 心を, 心外であった, 心細いね, 心苦しい思い, 快かった, 怖れました, 急峻に, 性来壮健なり, 性格は, 恥しいの, 悪ん, 悪寒を, 悪評の, 悲しみは, 悲愴に, 情熱的に, 想像し, 意に, 意外で, 意外な, 意外に, 意義の, 感性的で, 感情的な, 感謝も, 愧じ嘆き, 慎重で, 憂鬱ながら, 憂鬱に, 憎悪でも, 懐疑的に, 懸隔を, 我々の, 手や, 手間取りたり, 投機的であり, 挑發的な, 損傷しあり, 損傷せられ, 攻撃したる, 攻撃する, 整理を, 敵を, 文学的な, 文学的興味を, 旅行の, 日本的風景と, 時には犬, 時による, 時流に, 景気が, 曇つてゐる, 曰くあり, 朝鮮人に, 未熟なる, 未起つ, 机の, 楽観的でした, 概念的と, 機嫌を, 欠乏した, 欲しなかった, 欲しなかつた, 歌い手は, 正直だ, 正視に, 正邪を, 此鐵檻車をも, 歯痛む, 死と, 段々曲目, 毀損した, 毀損せらるる, 毅然たる精神, 母子ともに, 民族の, 気がかりな, 気を, 汽車に, 沐浴が, 流行した, 浮浪性が, 深更烈風吹起り路地の, 混乱し, 混雑を, 清長の, 温和で, 滑稽な, 滑稽化しなかつた, 激しかつ, 濃厚なら, 無意味である, 無意味な, 無礼な, 無頓着である, 熱し易いレコード樹立, 特殊な, 狡獪な, 現実的な, 生ぬるい谷川, 生活の, 畏縮し, 留意すべき, 異らざるは, 異る, 異境の, 疑問である, 疲労困憊し, 疲弊し, 発熱し, 目の, 目を, 目障りだ, 目障りである, 目障りと, 直ちに復讐, 相似の, 相撥ねる, 眼前咫尺を, 矛盾し, 磨滅した, 祝言職と, 神経衰弱的であり, 稀薄と, 空腹に, 立腹し, 米友にとって, 粗笨である, 粗製の, 精神的な, 終夜眠る, 総監室に, 緩やかである, 緩慢な, 羨しく, 職業的孤立的である, 胸が, 脱線した, 臆病に, 自働車人力車共, 自分の, 自然である, 自由人という, 自負し, 臭いもの, 興味の, 舞台俳優の, 芸者屋らしくなくなつ, 苦い薬, 茫漠と, 茫然として, 薄弱なる, 薬を, 虫の, 街上殆人影を, 衰へたに, 衰弱し, 複雑な, 要求され, 要求される, 見劣りした, 見解が, 視力を, 視界を, 親切な, 誤差の, 読物で, 諦観が, 識者に, 警察でも, 負傷者少から, 貯金も, 賑やかに, 起りつ, 超過し得ない, 距離に, 身体を, 軽浮, 輕い, 農家から, 近来稀なる, 迷ひもせず, 迷惑を, 退化する, 退屈に, 連載小説を, 遂にオエタ山上, 遂に一三〇三年四月フランス王, 遂に帰る, 遂に警視庁, 遂に買, 違つてひねくれ, 違つてゐない, 遲れ, 邪魔される, 邪魔にも, 重陽など, 鋭敏を, 錆て, 錯綜した, 長く私, 閉口な, 限定される, 隆盛を, 隔絶し, 雑誌には, 雨さえ, 非現実的, 非芸術的, 須臾に, 頭を, 顕著と, 驚きしこと, 驚嘆した, 驚愕する, 高温度, 鮑刻本は, 鮮明を, 鼻を, 鼻カタルを

▼ 甚しい~ (346, 12.6%)

38 のは 16 のに 7 もので, ものである 6 ものが 5 のが, のである 4 ものだ, 時には 3 ものであった, ように, 事を

2 [21件] かな, ことには, ために, ものだった, ものと, ものは, やうである, 不合理, 倦怠を, 哉総理大臣まで, 困難が, 場合を, 恐怖を, 手心を, 日本趣味との, 早合点である, 時に, 時は, 窮乏に, 老婆で, 軽率で

1 [203件] あれでは, かな古色, からである, がこの, が今日, が入り, が黒部川, くねくね小路, けれども意識, ことが, ことで, ことである, ことでございます, こと友情が, さうである, じゃない, せいか, その間も, それほど信用, であらう, という, といはね, ときには, とともに他, とひそか, と云わざる, と思うだろう, と思った, と思ひます, と思ふ, と言わなけれ, なまじ人, のだらう, ので, のであった, のでしょう, のですぐ, のでそんなに, のでとうとう, のでトオサン, ので不思議, ので先年來度, ので及ぶ, ので未, ので民, ので絵具, ので道, のに気, のに至って, のみならず, ものさ, ものであり, ものでない, ものでなかった, ものとして, ものな, ものに, ものを, やつで, わけである, フシギな, マジメさが, 一人で, 一人であった, 一例と, 一例は, 不機嫌であった, 不漁で, 不調和です, 不調和も, 不道理, 事には, 伊豆の, 伝染性の, 低温は, 例で, 侘しい話, 侮辱, 侮辱を, 倫敦から, 健全人種と, 僞作である, 僧侶は, 冒涜である, 処に, 分裂が, 分裂対立において, 制限を, 動揺と共に, 哉惑える, 困苦と, 困難と, 土音は, 堕落は, 場合で, 場合に, 場合には, 場合時に, 場所では, 変化が, 夢中に, 大小幾多の, 失望感を, 失行に, 好奇心も, 妄語を, 季節には, 小異を, 小石川の, 小禄, 屈辱を, 山国の, 岩, 差, 差が, 差は, 差異点は, 幻聴を, 弁信法師の, 強圧即ち, 当て違ひで, 心得ちがいである, 性慾の, 息切れなども, 悔恨と, 悪感と, 愚な, 愚論で, 懸絶で, 懸隔が, 方である, 方向の, 是れ, 時代の, 暴利であり, 暴威なく, 暴威を, 未成品に, 東京に, 東京の, 欺瞞と, 沙汰を, 浅慮益々, 深刻な, 混乱や, 為に, 為其が, 父と, 爾だ, 片手落と, 物も, 特別扱いです, 特徴である, 田舎訛で, 疲労とで, 目障りじゃ, 相です, 相違が, 真実さを, 矛盾だ, 矛盾は, 神様という, 窮迫に, 筋違いに, 緩速, 美醜の, 翻訳で, 者が, 肺病の, 自己嫌悪の, 苛苛した, 苦労を, 苦痛でも, 苦痛に, 苦痛の, 苦痛を, 蛮行の, 衰弱が, 袖で, 見当ちがいの, 解放し, 認識不足の, 誘惑だった, 誤りは, 誤解は, 論である, 謎だ, 譯である, 變化が, 負担が, 貧しさ, 距離が, 距離を, 近似形を, 迷妄である, 違いである, 酩酊者は, 閥が, 障壁に, 障害を, 雨で, 雪の, 非礼と

▼ 甚しき~ (207, 7.5%)

13 に至つて 7 ものあり, ものなり 65 に至り, ものである 4 に驚かざる, は彼, ものは, やと 3 ものあらじ

2 [22件] が故, が故に, に到っ, に呆れ, に驚き, は, はあらず, はいづれ, はその, はなし, は同一, は姙娠, は憲法, は此, ものが, ものと, ものとして, ものを, をいへる, を見る, を覺, 殆ど閣下

1 [101件] がため, ため其甲斐なく, だという, と謂, に到り, に得堪へ, に惹かされ, に時, に至, に至っ, に至らず, に至りし, に至る, に過, に過ぎん, のみと言っ, の常, はあらざりし, はある, はこの, はすぐ, はその間, はなく, はスカート, は一丁, は一人, は且つ, は人民, は何ぞ, は全, は六十年, は其の, は其府縣, は前, は医者, は千枚, は古, は同じ, は喧嘩, は土堤, は夫, は妻妾一家, は婦人, は婦人會さ, は子, は實, は少し, は帯剣, は愛情, は應戰防守, は所謂要路, は手相家相九星八卦等, は敢, は曾, は月夜, は有り, は有害, は根, は楫, は殺される, は無断, は理由, は理解, は社会人類, は稀, は精神, は美人局, は老子, は肉, は自, は自分, は自家集中, は訴訟, は音階, ものであろう, ものなら, ものなれ, ものに, もののてんで, もの也, やうに, や或は, や陋醜唾棄, よりし, わが一家, を以て古図, を以て有名, を嘲れる, を嫌, を思はざる, を憐れむ, を見, を覚えた, を訴, を證せん, 為身体大に, 短里, 誤なり, 誤無きを, 過謬, 醜形

▼ 甚~ (168, 6.1%)

4 気に

2 [11件] なった, なつた, なりまして, 凍えて, 古びて, 失脚する, 度胆を, 悄気て, 感心し, 甲田の, 身に

1 [142件] これを, それが, てとても, はなかつた, ふさぎこんでるなと, よろこばせた, コキ使われ, トギスに, バアーテルから, 上品な, 不安に, 世話に, 争って, 仲の町式で, 何か, 余に, 余の, 全盛を, 其處らを, 冷淡に, 凍みるぢ, 力を, 動いたの, 匂ふ, 口幅つたい, 叩かずとも, 叱り附ける勇気, 吃驚した, 同情すべき, 喜びも, 喜んで, 喰つた, 器量が, 困ったが, 堪へ難き, 変るとは, 失望し, 失望せられた, 女の, 好きで, 子を, 學生等の, 将門を, 尊む, 尊む譽を, 小猫, 弱って, 弱つた, 弱むし, 弱り切つて, 当惑し, 当惑する, 御心配, 心の, 心配さうな, 心配し, 心配の, 怕るる, 怪しみ怖, 恐縮した, 恐縮する, 恥ぢ入, 悄気かへ, 惚れ込むもの, 感心した, 感心を, 感色を, 慎や, 憂ひ玉, 手先を, 打たれたので, 打ち驚き, 打歎きし, 春三郎の, 書き立てられたの, 機嫌が, 此の世に, 残念がっ, 殘惜し, 氏の, 気ま, 気苦労に, 泣いて, 泣けり, 洩るので, 消して, 淋れ, 温順い, 激動し, 狼を, 狼狽えたやう, 疲れて, 痛むと, 癪に, 眼を, 神経が, 禍いを, 秀子の, 空いた, 耄れた, 自分で, 自慢に, 苛められ乍ら, 苦に, 荒らして, 荒果てた, 落胆した, 落胆の, 著者の, 行悩んだ私, 衰へて, 衰弱し, 見える, 言い張ったけれども, 變る, 賞め立て, 躁ぎましたよ, 身体や, 軽蔑の, 輝けど, 辛がって, 逆らって, 逆上し, 通らめや, 酔って, 酷なる, 野暮に, 錆びて, 関係の, 降るので, 難儀もか, 雪の, 電気を, 面喰ツた, 頭が, 頽れ, 驚いた様子, 驚いて, 驚くと, 骨が, 鮓答を, 鼠を

▼ 甚~ (76, 2.8%)

2 あとを, オカミサンが, 家へ, 手で, 手に, 隠れ家を

1 [64件] お父さんには, かみさん自分という, ことは, ことを, ところへ, ような, 三郎兵衛は, 事を, 亭主が, 人達は, 保護を, 倅ぐらい, 先代にゃ, 口やなどで, 右の, 喜八郎は, 器量を, 堅い約束, 奉公人ばかりとは, 娘お, 娘を, 子供が, 子分が, 家は, 家を, 家付近へ迄, 家屋敷を, 小さい船, 川魚料理, 川魚料理に, 平和を, 店先へ, 庭で, 庭に, 庭の, 庭へ, 息子は, 手もとに, 方へ, 本尊後藤三右衛門の, 株を, 極道息子じゃ, 横手から, 正直さを, 法悦は, 滋味を, 為に, 爺うまい, 男を, 目を, 職人留吉を, 胆煎りで, 若親分, 薄暗い部屋, 話によって, 質屋の, 身延まいり, 迷惑を, 離れへ, 顔を, 願いを, 願訴によって, 鰻, 鼻を

▼ 甚太夫~ (68, 2.5%)

3 は喜三郎 2 はこの, は急

1 [61件] がしたたか兵衛, がわざと, が介錯, が兵衛, とてとし, とは別々, と云う, と同じ, と平太郎, と立合い, と誤っ, には話さなかった, にもあった, に刻薄, に託す, に遅れ, の三人, の側, の前, の快方, の槍, の病, の脈, の苦い, の覚悟, の負けざま, の面, の顔, の願, はさすが, はじっと, はそう, はそこ, はそれ, はひやかした, はもう, は冷静, は口惜し, は塀, は始, は平太郎, は強く, は怪しい, は戦場, は指南番, は本望, は枕, は破れ扇, は突然, は竹刀, は聞かなかった, は菖蒲革, は袖乞い, は途切れ途切れ, は頭, ほどの侍, も, も武士, も祥光院, を呼ん, を賞する

▼ 甚~ (51, 1.9%)

4 と云 3 さも, さを 2 いもの, くして, さに, さは, というべし, といふ可, と言, と言う, 若しくは神其山

1 [23件] いかが, からざら, きもの武廟に, くさうです, くしまひには, けれども計, けれども風, けれど体温平生, けれど毎日空, この故, さが, さ朝十時を, といふべし, といふ意, とする, となす, と云わね, と曰い, 他人を以て, 其中には, 或は京都, 故に之, 覚悟しろ

▼ 甚~ (47, 1.7%)

5 目に 2 では有りません, ので今, 贋物である

1 [36件] お祟, くらいでわからなかった, ことを, ではありません, なア, ので裙, のに何処, まるで読めない, 三世相を, 事も, 剣幕で, 力で, 吃りでは, 哉彼の, 奴で, 孝行者だし, 安煙草で, 怪我だ, 怪我を, 恥を, 恨みの, 悪人でも, 悪者に, 惡阻で, 損害を, 晩であった, 殆ど人を, 皮肉を, 見幕だ, 逆児で, 進退維谷だ, 醜男な, 鈍な, 雑踏は, 雨に, 風で

▼ 甚~ (40, 1.5%)

2 うなずいて, お高

1 [36件] あのお, いっそう平たく, いって, お上の, お千代, しばらく考え, そのため, その後どう, だ都合, だ難き, にっこりし, にっこりした, にやりと笑っ, ふるくから, もう廃った, 七十あまりの, 会心の, 何かの, 厭な, 叫んだ, 大金持, 平伏して, 思いも, 急に, 持前の, 敷居を, 本石町の, 株を, 気の, 深くうなずい, 狙われて, 磯五を, 神明前の, 聞き耳を, 身延まいり, 顔を

▼ 甚しか~ (20, 0.7%)

7 つた 2 つたやう

1 [11件] つたが, つたため, つたで, つたと, つたに, つたのか, つたのだ, つたのは, つたらうこと, つた此論文を, ろうとは

▼ 甚~ (19, 0.7%)

2 お高, 来て

1 [15件] そばから, ちょこなんとすわっ, つづけた, 丁寧に, 何か, 大岡様に, 太夫元な, 手紙の, 現に眼, 管理し, 群集の, 身延まいり, 逃げましたぜ, 預かって, 高田へ

▼ 甚~ (19, 0.7%)

2 付け狙って

1 [17件] たずねた, たずねて, はじめその, ほかの, 争ふ, 付け狙うこと, 待ち受けて, 殺らして, 狙って, 突き殺すつもり, 見ただけで, 見て, 見ながら, 追って行った, 追っ立てるよう, 連れて, 附け狙って

▼ 甚~ (18, 0.7%)

2 お浜, 云ふ

1 [14件] おっしゃる人, おっしゃる顔役, つれ立って, ほか二三の, 一空様と, 伊之, 同じ人間, 同商売, 名乗って, 呼ばれた御用聞きが, 巴屋は, 愈との, 相識に, 眼を

▼ 甚~ (18, 0.7%)

1 [18件] いい面, お浜, ここへは, そばで, だんだん乗り気, よく知っ, 一人前の, 一空さまも, 二度の, 大息を, 如才なく, 承知し, 気が, 益なき, 笑い出すの, 術なし, 識って, 身延へ

▼ 甚しかった~ (17, 0.6%)

1 [17件] かを物語っ, がそんな, が致命的, が良人, ことは, ため七代目団十郎, と記し, に相違, ので, のである, のでこれ, のです, ものか, ように, んを, 事が, 或夜

▼ 甚~ (17, 0.6%)

1 [17件] 古キ事, 困ル, 多ク, 多クノ場合ニ於テ感情的雷同的瞬間的ナルヲ以テナリ, 多シ, 多シ則チ名, 大ナラズ, 少クシテ, 少シ, 御尤, 快利ニシテ人, 急ナルヲ聞キ, 短シ, 遠カラズシテ, 遠キコトハ○○○○○, 遠キモノノ如ク現今却テ, 重シ

▼ 甚しけれ~ (14, 0.5%)

2 ばなり, ば則, ば少し 1 ばこの, ば也, ば二十余件, ば午前, ば所謂狂癲, ば歴史, ば自ら無冠, ば虎

▼ 甚さん~ (13, 0.5%)

1 [13件] が一応いろいろ, そう腹, と云う, どう云う, にも話し, に報告, に言った, に話し, の方, は精, は自分, も困った, も見た

▼ 甚~ (13, 0.5%)

2 会うよう

1 [11件] ただせば, 乗じて, 係り合いの, 入る, 少し話したい, 挨拶した, 秒は, 至る, 至候而者嘔吐之, 逢って, 逢わせて

▼ 甚七郎~ (13, 0.5%)

1 [13件] から一戦, が来, に率いられる, に面会, の古武士, は出かけた, は帯刀, は未明, は自己, は言っ, も浪士ら, を迎えた, を迎え入れた

▼ 甚~ (10, 0.4%)

1 ときに, はなから, は百数十年, を加, を怪め, を為し, を覚え, を驚ける, 不為を, 浅ましさ

▼ 甚という~ (10, 0.4%)

2 のは, 質屋の 1 のが, 人が, 家へ, 旅館へ, 旦那の, 者の

▼ 甚しき相違~ (8, 0.3%)

2 なかる 1 あり, あり動搖餘, あること, あるも, がある, といふべし

▼ 甚しくなる~ (8, 0.3%)

2 につれて彼 1 がやや, と必ず, と私, に從つて, に連れ, 事でございましょう

▼ 甚~ (7, 0.3%)

1 つづけた, 云った, 住込んだ, 寄って, 戻って, 行くと, 行つた事が

▼ 甚三郎様~ (7, 0.3%)

2 を墜 1 といっ, に罪, の亡, の御, の水装束

▼ 甚しかりし~ (6, 0.2%)

1 という, とき姫は, は大正十年, を, を以て詳細, 時游水發根といふ

▼ 甚しくなっ~ (6, 0.2%)

1 たりし, てきた, て前述, て来た, て来るらしい, て知らず

▼ 甚多く~ (6, 0.2%)

1 その所説, の暗示, 一般世人の, 又平凡, 最も重要, 霞に

▼ 甚から~ (5, 0.2%)

1 お高, ず, 聞いたところ, 聞いて, 聞き出して

▼ 甚しき者~ (5, 0.2%)

1 ありて, というべし, なり, にあり, は蕃商輸入

▼ 甚三郎殿~ (5, 0.2%)

1 では, としか見えない, ならば, の介錯, の無名丸

▼ 甚しいで~ (4, 0.1%)

2 はありません, はない

▼ 甚しくなった~ (4, 0.1%)

1 ようです, ように, 時期が, 殊に世子

▼ 甚~ (4, 0.1%)

1 その家族, 一空和尚の, 一空和尚は, 花廼屋らの

▼ 甚三親分~ (4, 0.1%)

1 がいきなり, が生温, の子分衆, もす

▼ 甚十郎~ (4, 0.1%)

1 といったその, と云, の次男甚三郎, の死後十年のち

▼ 甚困難~ (4, 0.1%)

1 であるから, であること, なるも, なる由

▼ 甚いも~ (3, 0.1%)

1 のじゃ, ので代々植付け, ので物

▼ 甚かった~ (3, 0.1%)

1 し天気, のです, 中に

▼ 甚~ (3, 0.1%)

2 のかみさん 1 は貴方

▼ 甚しいし~ (3, 0.1%)

1 そのほか, 学校としては, 根が

▼ 甚しからう~ (3, 0.1%)

3 と思はれる

▼ 甚しかるべき~ (3, 0.1%)

1 を慮り, 理由が, 筈です

▼ 甚しき誤解~ (3, 0.1%)

2 である 1 を免

▼ 甚五右衛門~ (3, 0.1%)

1 がひと, というの, の高弟

▼ 甚多し~ (3, 0.1%)

2 と雖 1 となり

▼ 甚いかな~ (2, 0.1%)

2 土佐派の

▼ 甚く愛され~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 甚しからざりし~ (2, 0.1%)

1 が大正四, 頃芝口の

▼ 甚しかりけれ~ (2, 0.1%)

1 ばしばし, ば歸

▼ 甚しき事~ (2, 0.1%)

1 と存候, を知らしめたる

▼ 甚しき動揺~ (2, 0.1%)

2 を感じた

▼ 甚しき困難~ (2, 0.1%)

1 を感ずる, を来す

▼ 甚しき時~ (2, 0.1%)

1 は參錢位, は臥床

▼ 甚しき時代~ (2, 0.1%)

1 あるが, に於

▼ 甚しき渇~ (2, 0.1%)

1 の刺戟, を覚

▼ 甚しき矛盾~ (2, 0.1%)

1 であ, なり

▼ 甚しき誤謬~ (2, 0.1%)

1 であり場合, の学説

▼ 甚しく憤りき~ (2, 0.1%)

2 また悲しみき

▼ 甚~ (2, 0.1%)

2 難しと

▼ 甚にも~ (2, 0.1%)

1 心を, 相当の

▼ 甚よく~ (2, 0.1%)

1 めんどうを, 遇せられ昨年断

▼ 甚よろしから~ (2, 0.1%)

1 ずと, ぬ事故

▼ 甚~ (2, 0.1%)

1 なく痛々しげ, の詮議

▼ 甚シキハ~ (2, 0.1%)

2 即チ人民

▼ 甚~ (2, 0.1%)

1 とおもしろ, と喜ん

▼ 甚三紅~ (2, 0.1%)

1 の絞り, の総

▼ 甚不平~ (2, 0.1%)

1 であった, な気

▼ 甚不興気~ (2, 0.1%)

2 な顔

▼ 甚円満~ (2, 0.1%)

1 なりしを以て, に発達

▼ 甚十郎兵衛~ (2, 0.1%)

1 こそ日本一, と申す

▼ 甚危険~ (2, 0.1%)

1 である事, で馬

▼ 甚容易~ (2, 0.1%)

1 なるも, な事

▼ 甚少い~ (2, 0.1%)

1 そしてこれ, らしい

▼ 甚少く~ (2, 0.1%)

1 偶, 擧げて

▼ 甚恐縮~ (2, 0.1%)

1 しかし昔, しながら

▼ 甚振る~ (2, 0.1%)

2 波を

▼ 甚敬虔~ (2, 0.1%)

2 で身

▼ 甚気まずい~ (2, 0.1%)

1 ものである, 紛擾の

▼ 甚淳朴也~ (2, 0.1%)

1 などともありまし, 毎取

▼ 甚遠く~ (2, 0.1%)

2 見えた

▼ 甚遺憾~ (2, 0.1%)

1 とする, 多かった

▼ 甚面白い~ (2, 0.1%)

1 ことである, 事で

▼ 甚顕著~ (2, 0.1%)

1 ならしめたるもの, なり

▼1* [313件]

われに, 甚あたたかに三冬雪, 甚いいお笑いぐさ, 甚いお疑いです, 甚いかも知れません, 甚いってね, 甚いと云う者, 甚いとも思わぬけれど, 甚いや僕でも, 甚いんで御座います, 甚いんですぜそり, 甚うつくしかった, 甚おもしろく拝見仕, 甚かりしが実に, 甚きもの有り, 甚くお浦の, 甚くくだちぬ雲, 甚くこき下して, 甚くすぐれませんね, 甚くその身の上, 甚くも調子狂ひたり, 甚く嬉しいんです, 甚く宜しゅうございました, 甚く寒いもそっと掛けろ, 甚く少いので何処, 甚く心苦しく思って, 甚く怖がつて, 甚く怖うございました尤も, 甚く悪いように, 甚く悪く云うな, 甚く悲しきことは, 甚く残惜しさうにし, 甚く物足りないかも知れない, 甚く珍しがるや, 甚く痛い今迄, 甚く破られて逃れ還る, 甚く穢いのとが, 甚く聞き辛くはある, 甚く行われたものでした, 甚く遅くなつたの, 甚く面白さうに職員録を, 甚く面白いが拝見, 甚ければ往来, 甚ことなり候心積也, 甚これを知る, 甚さんその後の具合, 甚しいかなその念, 甚しいななえ, 甚しいらしい報道に, 甚しい呑ん平である, 甚しい自惚れであり事實上明かに, 甚しい誤がない, 甚しからざるに似, 甚しからず旦暮近, 甚しかりしならんとおも, 甚しかる可き, 甚しかろうと云う, 甚しき不快を覺, 甚しき不評に終り, 甚しき伸縮を示す, 甚しき労苦と困難, 甚しき化醇の途次, 甚しき区別あれども, 甚しき地なり, 甚しき地方において, 甚しき天地開闢に関する部分, 甚しき差は無かるべけれ, 甚しき差異はなかつたらしい, 甚しき径庭なく小売店経営, 甚しき意味を述べた, 甚しき意義の不明, 甚しき愚昧な見断, 甚しき懸隔を見る, 甚しき撞著と相, 甚しき方言なるを以て, 甚しき杜撰の説, 甚しき状況を形容, 甚しき由留守居の者知らせ, 甚しき疲労感等が警部, 甚しき私意を含ん, 甚しき耻辱なれば, 甚しき苦悶の跡, 甚しき誇張の言, 甚しき誤りはない, 甚しき謬見であるが, 甚しき邪路に陥り, 甚しき間隙を生ずれ, 甚しき高廻りをせず, 甚しくおどろいたね, 甚しくした場合も, 甚しくする場合の, 甚しくなかった十数年前には, 甚しくなかつた昔に, 甚しくふてくされて帰っ, 甚しくふとっている, 甚しくまづいと云つて, 甚しくもなっていた, 甚しく依て此厚着, 甚しく侮り自ら智なり, 甚しく削痩し, 甚しく取り乱したことは, 甚しく呪うべきものを, 甚しく嘆いたのである, 甚しく困り入候事, 甚しく変ってしまった, 甚しく失はせはしなかつた, 甚しく妨げるような, 甚しく崩されたこと, 甚しく崩れて人, 甚しく広がることであろう, 甚しく忌まなかつたもので, 甚しく恋いこがれ邪推し, 甚しく悩まされたのである, 甚しく悩ますところの, 甚しく悲しむべくもあらず, 甚しく憎もうとする, 甚しく抜けてい, 甚しく振わない, 甚しく曇っている, 甚しく欠けている, 甚しく減じてきた, 甚しく焦立ちながらも決して, 甚しく異なつた場合によ, 甚しく目立つのであろう, 甚しく眠られぬがま, 甚しく色褪せてゐる, 甚しく蔑みをうけた, 甚しく蝕まれている, 甚しく迫ることを, 甚しく迷ったのである, 甚しく通じやすい退屈, 甚しく違っている, 甚しく違った考えかたの, 甚しく酔っていた, 甚しく重んずる山中の, 甚しく間違って使われ, 甚しく離れていない, 甚しく驚いた様子であった, 甚しすぎるというもの, 甚じう哀れなれ, 甚すぎると驚く, 甚たのしいことにも, 甚え親分, 甚でも飲む, 甚との会話を, 甚とは役目を, 甚どくそれが, 甚のである, 甚なる實例四五だけを, 甚なれば貼付後, 甚ばかりでなく和泉屋, 甚ばかりを笑っても, 甚ひろからず, 甚ひろきものは, 甚までしらせて, 甚むさくるしい部分も, 甚よし然れ, 甚よろしくおそれながらこれら, 甚シキニ至リテハ其事ノ故, 甚シキ万年青ヲ愛スル富家翁, 甚シキ者ニテ譬ヘバ蜈蚣ヲ半, 甚シク古カラザル場合, 甚シク印刷術ノ害毒, 甚ダシとある, 甚ダシイノニ大ナル軽蔑, 甚ダシキト兒童ノ保護者トシテ血族長者, 甚ダシク英國ノ植民政策, 甚ダ億劫デアル, 甚ダ危険ニ付心当リノ者ハ注意セラルルヨウ此段為念警告ス, 甚ダ困難ナリト雖モ北海道ト本州トノ古物遺跡ヲ對照シテ, 甚ダ感興ヲ殺, 甚ダ我を憐む事面外ニ, 甚ダ有リガタウ私ノ親愛ナル父サンヨ, 甚ダ煩ハシケレバ考証ハ固ヨリ有用ナレド, 甚ダ美ナリ留メテ取ラザレバ春ニ至テ, 甚ダ臆病デ用心深, 甚ダ貴重ニシテ暴政ヲ行ハントスル者, 甚ダ長ク送信力甚ダ短シ, 甚ダ閑ヲ好, 甚ダ面白クナイソレカラ見ルト五月雨ヤ大河, 甚七店束巻き師源五兵衛と所名, 甚七郎元服しての, 甚三われわれの縁, 甚三殺しと関係, 甚三甚内の兄弟, 甚三郎あたりのせっかく, 甚三郎こいつは曲毬, 甚三郎こっちを指し, 甚三郎一人です, 甚三郎三人それぞれ引いた赤い, 甚三郎世間の苦労, 甚三郎井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 甚三郎井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 甚三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 甚三郎創案建造の蒸気船, 甚三郎喜田川頼母の面々, 甚三郎喜田川頼母寺門一馬大垣七郎右衛門など側近, 甚三郎守信母は堀越城主武田重信, 甚三郎様男としてあなた以上, 甚三郎氏でも, 甚三郎等ニ見出サレ, 甚三郎酒呑童子の勘内, 甚三馬子だの宿場女郎, 甚不便なり, 甚不思議である, 甚不良なの, 甚乏しく從ひ, 甚九郎どのは家臣, 甚五兵衛兄四郎兵衛両人にて殺, 甚便利なり, 甚信じ難い事, 甚僅少である鎌倉時代, 甚元気らしい顔, 甚光栄に感ずれ, 甚円く仮山, 甚写生的なるに, 甚利己的にとられ, 甚之咳痰, 甚勝景なり, 甚十郎一家はならわし, 甚卑劣な弥縫策, 甚厚く仄に, 甚厭味な心持, 甚古いものとは, 甚古くして, 甚可哀想になった, 甚因循のよし, 甚固くなって, 甚固定した物言ひで, 甚多いことが, 甚多年研究経籍一旦沽却, 甚多忙なりしがため余, 甚多数なるより, 甚太夫主従は宿, 甚太夫喜三郎の二人, 甚太夫辱く存じ, 甚太夫銀座の小南利兵衞, 甚失礼な申し分, 甚好都合であった, 甚密接なるが, 甚尋常一様の手段, 甚少きを以て察すべし, 甚尾籠な申し条, 甚常識的な物言, 甚幻怪なもの, 甚幼稚な様, 甚幽邃なる山上, 甚忍びない所, 甚性質の悪い, 甚恐れ多い事で, 甚意義ある事, 甚感化力に乏しき, 甚憫然な心もち, 甚懶く去年彩牋堂竣成祝宴の, 甚懸念仕候, 甚拙劣にし, 甚揚らない男で, 甚散漫ながら以上, 甚方言的には聞え, 甚明瞭なもの, 甚曖昧なること, 甚有るまじき事なり, 甚未熟である, 甚杜撰なもの, 甚横柄な女人, 甚機嫌がわるい, 甚次郎さんというぐあいに順々, 甚正鵠を得たる, 甚残念である, 甚注意すべき事, 甚深しその景絶妙也, 甚清浄表裏映徹, 甚済まない次第である, 甚としてゐる, 甚潤沢ならざる, 甚無礼と詰問, 甚狭く外人が, 甚申しわけないが, 甚病躯に佳し, 甚痛快に感じ, 甚神道家らしく何, 甚穏健にし, 甚粗放なるもの, 甚経済なるもの, 甚綺麗だつた, 甚締りなしとの, 甚纏らぬこと, 甚脆弱なもの, 甚興味あり, 甚薄命な美人, 甚複雑な表情, 甚見苦しきものなり, 甚調和を得, 甚謹厳寡言の人, 甚豊富である, 甚賞賜乍辱御言蒙理, 甚賦詩謝之, 甚辛辣なるに, 甚濶な, 甚迷惑する事, 甚通俗の本旨, 甚重き事にて, 甚重宝なり, 甚鋭敏なりし事, 甚閉口なる世, 甚難解なこと, 甚静穏笑我閑中却多忙或説礦業, 甚面倒になりけり, 甚頻繁である爲め, 甚類似し而, 甚高きことを, 甚高価なるを, 甚高遠なること