青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「瑠璃子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

理想~ ~理由 理由~ ~理窟 理窟~ ~理解 理解~ ~理論 理論~ 琴~
瑠璃子~
環~ 環境~ 瓦~ 瓦斯~ 瓶~ 甘~ ~甘い 甘い~ ~甚 甚~

「瑠璃子~」 1476, 16ppm, 7068位

▼ 瑠璃子~ (514, 34.8%)

14 父の 8 自分の, 青年の 6 それを, 妙に, 父に, 相手の, 遉に

4 [15件] さう, ふとその, 出来る丈, 勝平の, 客を, 少しも, 心の, 思った, 思つた, 恐ろしい苦痛, 早くも, 美奈子が, 美奈子の, 胸が, 茶を

3 やつと

2 [156件] あまりに潔癖, いかにもその, おそる, これまでの, その一束, その問, その時, その朝, その火影, その男, その白痴, その美しい, その美しい冷たい, その聡明, その衰, その音, それとなく引き止める, それには, そんな噂, ひそかに, ふと父, ふと閉し, また恐ろしい, また父, まだ庭園, やるせない憤り, よく一人海岸, ビクとも, ホッと, ホツと, 一も, 一寸拍子抜け, 一時の, 一言も, 事もなげに, 云った, 云つた, 人と, 今の, 今更ながら, 今更の, 何うかし, 何人にも, 何処までも, 何時と, 何時の間にか再び熱狂, 信一郎と, 先刻の, 再び自分自身, 冷然として, 凜然と, 処女に, 処女らしい, 初めて声, 初めて気, 制した, 前の, 勝平と, 勝平に, 十時が, 卓の, 却, 又更に, 反射的に, 取りとめも, 取次ぎに, 可なり, 可なり心, 右の, 喜太郎の, 圧し付けられて, 多量の, 夢とも, 夫, 夫を, 女ながらに, 嫣然と, 小森幸子などとは, 少女の, 平生の, 彼女の, 復讐と, 心から駭, 心配の, 恋人の, 愈不安, 意味あり, 我にも, 昂然と, 昂然として, 昏, 昏睡から, 是非にも, 更に不安, 木下の, 杉野子爵に, 来客が, 泣き顔を, 消えんと, 涙に, 涙を, 涙声で, 淑やかに, 瀕死の, 炎の, 無邪気に, 熱に, 父が, 父を, 物事の, 狼狽し, 生きて, 甦えったよう, 甦へ, 目が, 目を, 直ぐ抗弁, 直ぐ豹, 相手を, 知らず識ら, 硝子戸の, 絶えずい, 美奈子を, 老爺を, 耳許に, 自分で, 自動車の, 興奮し, 花嫁である, 苛責に, 苦痛の, 荘田の, 華やかに, 落着いた, 蔭ながら, 言葉を, 詰問する, 読みかけて, 誰に対しても, 踏んで, 身体に, 軽く揶揄, 追撃する, 送話器に, 重い足, 鉄槌で, 長い昏睡, 階下の, 階段の, 階段を, 電火にでも, 青年を, 静かに, 静に, 飽くまでも操, 黙々として

1 [79件] さうし, さうでは, そうした贈物, そうで, そう云い, そう云い切る, そう云っ, そう高飛車, そっと足音, そつと, その衰え, その衰えた, ついさ, ついそうした, まだ不安, まだ不安そう, もっとこうし, もつとか, もともと梳, もと洋髪屋, やっと喘ぎ, やっと安堵, やっと抑え付けた, ハッキリと, ハツキリと, 一寸居ず, 一寸居ずまい, 何気ないやう, 何気ないよう, 何気なく云, 何気なく云ったらしかった, 優しく言, 優しく言った, 再びさう繰り返した, 再びそう繰り返した, 初めてニッコリ笑った, 初めてニツコリ笑つた, 前より, 前よりも, 却って必死, 却つて必死に, 呟くやう, 呟くよう, 大きい駄々, 大きい駄々っ子, 小声で, 帰りさうに, 帰りそう, 心強く頼もしく思はず, 心強く頼もしく思わず, 思はず, 思はずその, 思はず両手, 思わず, 思わずその, 思わず両手, 戦うべき力, 戦ふべき力もなかつた, 救は, 救われなかった, 昨夜君江から, 更にさう祈つた, 更にそう祈った, 死者狂いに, 死者狂ひ, 気に, 気にな, 眉一つさえ, 眉一つさへ, 聞えないやう, 聞えないよう, 誘はれるま, 誘われるま, 雄弁だった, 雄弁だつた, 駆け寄った赤帽, 駆け寄つた赤帽, 黙って, 黙つて

▼ 瑠璃子~ (358, 24.3%)

16 顔を 8 声は, 心を, 手紙を, 言葉は, 言葉を 6 前に, 心の, 心は, 眼には, 胸は, 顔に

4 [13件] 姿を, 帰るの, 心が, 心も, 心持が, 手紙に, 方を, 歓心を, 父は, 良心は, 部屋に, 部屋の, 顔は

3 美しさ

2 [101件] それと, それに, 上に, 不安も, 今宵に, 低いそれ, 傍に, 冷たい理性, 処女の, 前には, 前へ, 動乱した, 去らんと, 右側近く腰を, 命は, 唇を, 土の, 場合は, 声に, 声にも, 声も, 夢の, 夢見て, 夫としては, 好きな, 姿に, 嫣然たる, 家は, 家を, 容子は, 容態は, 小さい胸, 少しも, 床は, 強い虚栄, 微笑と, 心に, 心には, 心にも, 心臓を, 心配は, 想像は, 意識は, 態度が, 態度は, 手から, 手は, 手を, 手前きまり悪, 承諾の, 抗議を, 敵意を, 方へ, 昂奮が, 本心は, 柔かな, 泣き声が, 烈しい執拗, 父が, 父の, 白い手, 白い腕, 真意を, 真珠の, 眼に, 眼も, 空しい思違, 突然な, 答は, 結婚を, 聴覚には, 肩に, 背後の, 背後を, 胸が, 胸に, 胸にも, 興奮は, 苦しみなどとは, 華やかな, 華奢な, 蒼ざめた瀕死の, 薄暗の, 襟元をも, 言葉が, 言葉だけは, 言葉などは, 言葉に, 言葉も, 請を, 警戒を, 負傷を, 近来の, 返事は, 部屋へ, 頭を, 顔が, 顔とを, 顔色を, 駭き, 魂は

1 さうし, そうした言葉, 伝言を, 冷たく閉じた, 冷たく閉ぢ, 美くし, 衰えた顔, 衰へた顔に, 鞭

▼ 瑠璃子夫人~ (134, 9.1%)

6 であること, の顔 4 の姿, の美しい, はと見る

2 [44件] がその, が新来, が腕椅子, こそ白金, であるか, にも何, に対する, に対する幻滅, に彼, のため, の前, の力, の周囲, の大胆さ, の奔放, の巧み, の急所, の怪しき, の態度, の手, の暢達, の残し, の美し, の美貌, の華奢, の謎, の辛辣, は, はそれ, は三宅, は事もなげ, は信一郎, は尚, は微笑, は心から, は悠然と, は突然, は遉, までがその, までが微笑, を初め, を挟さん, を探し求める, を男

1 [22件] が坐, が坐っ, であるやう, であるよう, ではあった, ではあつ, とだった, とだつた, とはさ, とはそう, と云っ, と云つて, と会っ, と会つて, の云った, の云つた子爵令嬢, はあの, はこの, はその, は立たう, は立とう, をあの

▼ 瑠璃子~ (82, 5.6%)

4 声を, 父の, 自分の

2 [25件] さう, その旨, どんな女性, 二階の, 何を, 入って, 入つて, 前の, 勝平の, 呆れたほど, 執拗に, 大理石で, 夫に, 後から, 急いで, 愈窮, 暫らく東京を, 杉野子爵宛に, 準備を, 相手の, 知らない筈, 突然青年, 続けざまに, 身を, 階段を

1 [20件] そう云う, そう声, 再び取り縋らう, 再び取り縋ろう, 出迎, 出迎えると, 勝平に, 勝平に従って, 恨めしかった, 恨めしかつ, 最初考え, 最初考へ, 来たが, 気味悪く思った, 気味悪く思つたの, 赤阪一ツ木で, 酌いで, 酌いでやった, 黙って, 黙つて顔

▼ 瑠璃子~ (60, 4.1%)

8 云ふ 3 云う女性, 呼ばる

2 [18件] その恋人, 丈が, 並んで, 二人切りの, 云う名前, 勝彦とは, 同乗した, 呼ばれは, 呼ばれる女性, 女中達を, 女中達二人とは, 彼女の, 父とが, 相並ん, 言葉を, 青年と, 青年との, 顔を

1 であったから, 並び立って, 並び立つて, 云う名, 云う女丈, 云う言葉, 云ったの, 云つたのは, 出来合ったの, 呼ばるる女性

▼ 瑠璃子~ (60, 4.1%)

2 [20件] たしなめようと, たしなめること, ジロ, 乗せた自動車, 勝彦の, 呼びながら, 呼びに, 呼んで, 唐沢家から, 商品と, 安全地帯に, 愛する心, 振り返りながら, 無い者, 罵りつ, 肉体的に, 見て, 見ると, 見下した, 訪れた

1 [20件] さう呼び慣つて, そう呼び, たしなめるやう, たしなめるよう, 失おうと, 失った美奈子, 失つた美奈子の, 失はうと, 奪って, 奪つて, 慕うの, 慕ふ, 慰めるやう, 慰めるよう, 捕えて, 捕へて, 見失はないやう, 見失わないよう, 高価で, 高値で

▼ 瑠璃子~ (57, 3.9%)

2 [11件] さう, 乞うた上, 口を, 挨拶させた, 捨て, 最初の, 破られて, 言葉を, 訊いて, 話しかけようと, 頼んで

1 [35件] さう云, さう訊いた, さへ, そう云った, そう問い詰められる, そう言われ, そう訊いた, 与えた部屋, 与へた部屋, 云った, 云つた, 会ったの, 会つたのを, 取っては, 取つて, 向って, 向つて, 思はれた, 思われた, 投げ付けるやう, 投げ付けるよう, 掩いかぶさる, 掩ひかぶさる, 教えた, 教へ, 迫った, 迫って, 迫つた, 迫つて来た, 違いない, 違ひない, 飛びかゝった, 飛びかゝつた, 飛びかゝらうとする勝平に, 飛びかゝろうとする勝平に

▼ 瑠璃子~ (50, 3.4%)

2 [21件] その刹那, つい度, つい父, なるべく父, オロ, サラリと何事, 一寸青年, 勝平を, 可なり興奮, 寝台の, 心の, 息を, 暫らくは, 最初は, 烈しい昂奮, 父の, 相手の, 胸が, 言葉が, 身体中が, 顔に

1 かうした自然, こうした自然, 弾かれたやう, 弾かれたよう, 思はず瀕死, 思わず瀕死, 考えた, 考へた

▼ 瑠璃子には~ (44, 3.0%)

4 父が, 相手の, 美奈子の

2 [12件] その言葉, それが, それは, 一言も, 余りに判り過ぎ, 可なり, 妙に, 死に, 父の, 結婚し, 青年の, 高く海岸

1 さうでは, さうは, そうで, そうは, 思はれた, 思われた, 悲しかった, 悲しかつ

▼ 瑠璃子にも~ (14, 0.9%)

4 マザ 2 それと, 男子の 1 もう云, もう云い逃れる, よく分っ, よく分つ, 判らなかった, 判らなかつた

▼ 瑠璃子さん~ (9, 0.6%)

2 が俺 1 が京都, が夫人, が泣顔, に手紙, は先, を教育, を東京

▼ 瑠璃子に対して~ (8, 0.5%)

2 どんなに微弱, 初めて荒々しい, 吐いた, 死の

▼ 瑠璃子から~ (7, 0.5%)

2 何と訊かれ, 口一つ利かれない, 顔を 1 電話が

▼ 瑠璃子~ (7, 0.5%)

3 あつた 2 はあった, はあつ

▼ 瑠璃子とが~ (6, 0.4%)

2 其処に, 同じ寝室, 本当の

▼ 瑠璃子とは~ (6, 0.4%)

2 互に敵意, 仲の, 可なり

▼ 瑠璃子さん貴女~ (4, 0.3%)

2 は僕, も今

▼ 瑠璃子自身~ (4, 0.3%)

2 の良心, は刺し殺す

▼ 瑠璃子~ (4, 0.3%)

2 の心, を脅す

▼ 瑠璃子であった~ (3, 0.2%)

1 がそうした, がその, が相手

▼ 瑠璃子からの~ (2, 0.1%)

2 宥を

▼ 瑠璃子さん俺~ (2, 0.1%)

1 が悪, が悪かっ

▼ 瑠璃子である~ (2, 0.1%)

2 か時計

▼ 瑠璃子です~ (2, 0.1%)

2 よ我々

▼ 瑠璃子という~ (2, 0.1%)

1 のが, 女給に

▼ 瑠璃子との~ (2, 0.1%)

2 死に

▼ 瑠璃子~ (2, 0.1%)

1 のよ, のよ貴女

▼ 瑠璃子にの~ (2, 0.1%)

2 しか

▼ 瑠璃子に対しても~ (2, 0.1%)

2 恨に

▼ 瑠璃子に対する~ (2, 0.1%)

2 荘田の

▼ 瑠璃子までが~ (2, 0.1%)

2 昔の

▼ 瑠璃子~ (2, 0.1%)

2 また直ぐ

▼ 瑠璃子~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, ではなかつた

▼ 瑠璃子~ (2, 0.1%)

1 が死なう, が死のう

▼ 瑠璃子夫人以外~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 瑠璃子夫人崇拝~ (2, 0.1%)

2 は人一倍

▼ 瑠璃子父娘~ (2, 0.1%)

2 にどんなに

▼ 瑠璃子父子~ (2, 0.1%)

2 が一日

▼ 瑠璃子親子~ (2, 0.1%)

2 の前

▼1*

瑠璃子へよく, 瑠璃子さえよく知っ, 瑠璃子とであつた, 瑠璃子にさえ判らなかった, 瑠璃子春代君江の三人, 瑠璃子考えておくれ, 瑠璃子考へておくれ