青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「琴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~理想 理想~ ~理由 理由~ ~理窟 理窟~ ~理解 理解~ ~理論 理論~
琴~
瑠璃子~ 環~ 環境~ 瓦~ 瓦斯~ 瓶~ 甘~ ~甘い 甘い~ ~甚

「琴~」 1962, 21ppm, 5418位

▼ 琴~ (522, 26.6%)

54 音が 28 音に 26 音を 19 音は 1210 音も 9 音の 8 稽古を 6 爪を 5 お師匠さん, 師匠の, 星が 4 ような, 師匠が, 師匠を, 手を, 音だ, 音と 3 上に, 上手な, 師匠は, 書くもの, 爪, 爪が, 糸の, 譜を, 音などに

2 [25件] おさらい, お稽古, ことを, 優しき音色, 前に, 名手が, 存在は, 師匠から, 御師匠さん, 手は, 方は, 木に, 爪函を, 稽古に, 糸に, 糸を, 絃, 絃に, 絃の, 絲の, 聲です, 腕を, 部屋に, 音か, 音鳴らん

1 [234件] いらへて, おあい, おけいこ, おと, お友だち, お師匠, かえ手, きこゆる, けいこを, ことです, ことも, ごと彈ねか, さきの, しのび音, しらべと同じ, しらべに, しらべにて, しらべも, すがた, すみれ箜篌のも, その割, そばへ, そばを, そら音, ために, できの, ところへより, なまめいた音, にほひ, ぬしを, ほまれ, ゆたんを, ゆれびき, ようです, わかきわが, わが恋, コップを, ミニュエットが, 一部分のみ, 上から, 上へ, 上まで, 上手として, 中心に, 主が, 主さ, 主の, 主は, 主はね, 事件なら, 二人の, 二女を, 京である, 代りに, 会で, 会という, 会の, 先生の, 入つた二階, 六段や, 凛然たる, 力何か, 勉強を, 十三本の, 十世紀時代の, 友よ, 口から, 古風な, 合奏が, 合奏され, 合奏せ, 名手だ, 名手であった, 名手と, 周りを, 命を, 唄, 噂まで, 器楽を, 四つの, 四種を, 声が, 奏楽が, 好な, 妹が, 子である, 客であった, 客と, 客は, 宮城道雄氏の, 家では, 宿で, 宿でしょう, 尾に, 師匠で, 師匠といふ, 師匠なんか, 師匠にでも, 師匠にも, 師匠池谷さんが, 帯を, 幼い調べ, 弾きよう, 弾き手は, 弾音を, 役を, 後から, 御師匠, 御稽古, 御音, 心を, 感じでは, 慈悲深い, 態度は, 批評は, 教授を, 新物, 方で, 昔の, 星では, 曲を, 曲弾きを, 板, 柱を, 構造わが, 様に, 様子が, 橋が, 欄干渡りが, 歌, 歌が, 歌は, 沿革や, 爪ぐらいの, 爪じゃ, 爪それから, 爪であった, 爪の, 爪ほど, 爪や, 爪入れ, 爪筥と, 爪袋を, 爪音も, 発明の, 相の, 相弾き, 眼は, 瞼が, 神楽風を, 神秘の, 稽古でも, 稽古にても, 稽古も, 空音, 空鳴, 筋彫, 筒が, 糸から, 糸が, 糸揺ぐ, 糸断え, 絃も, 絃を, 絃添えた, 組唄組織を, 美しさ, 習って, 耳に, 聲さへ, 聲は, 胸を, 脇として, 芸を, 袋, 裾に, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 話挿花の, 調に, 調べ澄む, 調を, 調子が, 譜二巻を, 身が, 返しに, 院あり, 震ふ, 面より, 音かと, 音から, 音きこえる, 音すらも, 音ぞっと, 音たるに, 音で, 音である, 音という, 音とは, 音など, 音などが, 音などは, 音なども, 音などを, 音なら, 音なりと, 音ばかり, 音ぴたり, 音みたいな, 音をも, 音一段と, 音優しく, 音巴旦杏の, 音微かに, 音歌い, 音止む, 音聞えずなりぬ, 音聞こ, 音聴こ, 音色と, 音色に, 音色の, 音色は, 音色を, 音蛙の, 音調が, 音譜の, 音響を, 順序に, 頭, 顏位は, 顔は, 顔を

▼ 琴~ (400, 20.4%)

21 弾じ 20 弾いて 11 ひいて 6 鳴らして 4 ひいたり, 弾いた

3 [11件] おひき, お弾き, お彈, かき鳴らしたり, とり上げて, 上げて, 前に, 前の, 抱いて, 教えて, 調べるから

2 [30件] つくって, とり上げた, ひいた女, ひきながら, ひく, ひくの, 前へ, 友として, 取り上げて, 引いたり, 弾いたり, 弾かせたり, 弾きながら, 弾くこと, 弾くと, 弾くの, 弾く音, 弾けよと, 弾じた, 弾じる, 彈き, 彈ぜ, 手に, 押し退けて, 新らしい, 浚って, 節面白く, 聞いて, 聴いて, 膝に

1 [241件] あそばしながら, あなたは, ある時, うつもの, おけば, おしのけて, おひき寄せ, おやりなさい, お借り申し, お出させ, お取り寄せ, お寄せ, お引, お引き, お弾きなさい, お調べなさい, かかえて, かきならす, かきならすの, かき鳴らしその, かき鳴らした, かき鳴らしたい心, かき鳴らして, かき鳴らしても, かき鳴らしながら, かき鳴らせ, かなで, かなでて, かなでるの, かりうけ月明り, きけダヴィデ, こしらえた, この間の, すえて, それに, ただ少し, たまはりぬい, たよりに, たんのうに, つくる, つまびきうたえ歌, とって, とりおろし, とり出して, とり出し松風, どうして喜ん, どう聞きました, なつかしい音, ならしその, ならって, ならべて, なんの, ば掛けに, ひいた, ひいてるの, ひかせわし, ひきはじめた, ひきますと, ひき止めた, ひき牛若, ひくもの, ひくよう, ふるわせるもの, ほうりだして, よく聞い, よぶ, 一つだけ, 一と, 中から, 乗せて, 今日まで, 作らんこと, 作りました, 修業し, 借りて, 几帳の, 出して, 勉強し, 取って, 取りあげて, 取り依せて, 取り寄せて, 取り持たして, 取上げました, 取出して, 取出し悲怨, 受け取って, 受け取り, 合奏させな, 合方に, 吟じ夜, 和琴に, 商売に, 執って, 奏して, 奏すれ, 奏で人, 奥様に, 女房に, 好んで, 妨げず琴, 嫁に, 学んで, 少しばかり, 少し習いました, 山勢氏に, 差し出した, 差し出す, 引いた所, 引かうとも, 引きすまして, 引く別嬪, 引起す, 弾いたこと, 弾いたと, 弾いた人, 弾いた女, 弾いてね, 弾いては, 弾いても, 弾いてるの, 弾かせた, 弾かせて, 弾かせても, 弾かせ笛, 弾かない, 弾かなくなった, 弾かれては, 弾きさ, 弾きつつ, 弾きましたこと, 弾き一生, 弾き了, 弾き千蔭先生, 弾き始めた, 弾く, 弾くといふ, 弾くとか, 弾くに, 弾くよう, 弾く姿, 弾く時, 弾く者達, 弾く高士, 弾けと, 弾け静か, 弾こうと, 弾ず, 弾ずる人, 弾ずる油絵, 弾ずれば, 弾ぜよ, 彈い, 彈か, 彈じ, 御前へ, 憐み, 懐しい音, 戴いて, 所望した, 手始めに, 把らせ, 投げすてつや消し, 折った, 抱いた姿, 抱きて, 担って, 持って, 持つ, 持つて, 持て, 指南せしむ, 控か, 掻き鳴らし遊ぶ我世, 掻き鳴らす姉妹等, 揺すぶられて, 携へ, 撫し静か, 撫て, 撫らさせ, 教えたりなど, 教えたりも, 教えても, 枕に, 構える, 横へて, 止めた, 残して, 浚うのに, 浜の家へ, 渡る, 演奏する, 熱心に, 片手に, 発明し, 発明した, 相棒にと, 真中に, 立てかけた違棚, 縛つた細引の, 縛つて次の間を, 縛り上げ部屋, 縛るのに, 置く必要, 習いたいという, 習い始めた女の子, 習ったが, 習ったの, 習つた, 習ふ, 習わせられましたので, 習わせ舞, 聞かせなさいと, 聞きにあがったの, 聞くよう, 聴いたろう, 聴かした十時, 聴かせて, 聴きながら, 聴くと, 袋から, 西洋音楽の, 見せて, 見て, 見ました, 調べたが, 調べたよう, 調べます, 調べ従容, 買つてゐる, 買ふと, 買へ, 賜は, 跨ぎ越して, 造る事, 長く弾かせない, 除いて, 震は, 霊台に, 鳴らしたこと, 鼓した

▼ 琴~ (138, 7.0%)

2 また二人, 早くも, 病身らしい, 西片町あたりの

1 [130件] あたひ, あわてて, いよいよ出, いよよに, お教え, お染, お由, お錦, きょうの, ぎょっとした, これを, しおしお起ち上がる, しくしくと, しずかに, しばらく眼, しばらく黙然, すぐ床, その後所在を, その男, それと, それは, それを, たまらなさうに身, ちょいと, どうで, どうも野暮, なおも続け, ひらりと, まず土器, まだ妾, まアよい, やがて曲, やっと涙, フローラの, 一度柳屋へ, 一応止めた, 三月三味線は, 上手でございました, 中坂下の, 中央の, 二つ三つわざと, 云云いと, 五つの, 京に, 今宵の, 今朝, 他に, 他の, 仙界の, 休ませて, 伸び上がり伸び上がり次第に, 何処か, 何處の, 例の, 八五郎の, 兵部卿の, 凝視を, 前から, 参詣を, 又同じ, 品の, 多分二階, 奉公中に, 姉の, 宮中の, 宰相, 容易ならぬ, 寺男に, 少し智慧, 尚ほ, 師の, 庭から, 弾けないん, 彼女の, 御前より, 心ひそかに, 悲しみ以上に, 意外な, 意外にも, 愕然と, 慶応二年九月二日に, 懸けねど, 手まめに, 手拭を, 打ち貫かれたよう, 支えんとして, 既に四十六歳遭難, 未熟らしい, 本当に淋し, 本當, 毒酒に, 気絶した, 泣き伏す, 深淵の, 瓶子と, 生田流かな, 直ぐさま, 真鍮の, 眼が, 眼顏に, 睡紅園, 碧玉の, 空しく流れけり, 窯場で, 絃が, 総身の, 緒が, 縁に, 習つて置い, 自分で, 自分に, 落ちなかったの, 蔽の, 身体の, 辛そう, 逐電し, 這い寄って, 這い寄る, 那須の, 重追放, 門を, 隣りよ, 静なり, 靜なり, 顔の, 顔を, 飽く迄も云う, 首へ, 驚いて, 默し

▼ 琴~ (83, 4.2%)

2 おいて, 上手な, 上手に, 立てて, 立て掛けて

1 [73件] あつて, ある, あるもの, いちばんお, お前に, とうとう人身御供, とまった, なくては, なぜか, ならべて, なり始める, はじまったと, ひとりでに鳴り響いた, ほのかに, まずいから, やんだから, ヨーロッパへ, 一人ガラツ八は, 一面ございました, 三十七歳娘の, 上手であった, 上手です, 世にも賢しい, 主人公の, 二台置かれ, 二面あった, 今日と, 伯牙か, 入って, 出て, 切なる, 十二歳に, 原という, 又た, 可哀想だ, 在らぬ主, 店へ, 待つて, 急き入るにも, 怪我を, 恨めしい, 手に, 持ち出されると, 日本橋の, 日本橋を, 明神山の, 樹に, 樹の, 流行れば, 片隅に, 生まれたよう, 生れた, 生田流のも, 目に, 突然音, 立てかけて, 立てられて, 立掛けて, 筋彫, 節を, 素で, 置いて, 聴え, 背負って, 自然に, 落ちかけたわけ, 迷って, 逆立ちで, 響いた, 風に, 鳴って, 鳴り出して, 鳴る

▼ 琴~ (81, 4.1%)

5 合わせて 2 して, たまたま微か, 和し, 婿を, 斧うつ響あり, 齋ひ

1 [64件] あは, おの字まで, かかる前, かなでる一種, しあるべし, したくなかったから, その楽想, ちがいない, つけた譜面, ならぬうち, なろうも, のぼせて, ひくところ, むつびの, もたす乱れ乱れ髪, 不思議な, 久しぶりで, 二人歌い手が, 似たもの, 似た装置以外, 作つて, 作りかき, 作りましたところ, 作るに, 合せて, 合せ自ら胡弓, 合わせる拍子, 夢中だ, 寄せて, 寄って, 対した時, 對し, 思わせた, 感心し, 手を, 打ち明けて, 指ふせ, 教は, 斧うつ音きき, 日本橋を, 更に一筋, 歌ひえぬ, 比したり, 理解が, 生ひし, 相渉, 絃を, 絃無し, 縁が, 舞を, 行って, 触れざるは, 触れて, 説かれた黄金郷, 調子を, 變つた, 近いと, 近ごろ面白い, 造り, 違いない, 酔ひ, 長ず, 間違ひもありません, 音たてぬふれし

▼ 琴~ (53, 2.7%)

2 お糸, 三味線を, 六段や, 太鼓の, 聽き

1 [43件] いって, おぼせ眉, お由, ききぬ, その人たち, なせ彼, なり, 三味線と, 三味線の, 三味線合奏を, 仕舞です, 仕舞の, 令嬢の, 兜と, 同じよう, 因縁を, 墨田川に, 女中の, 小鼓であった, 尺八を, 歌とを, 残れり, 活花を, 為す, 琵琶の, 琵琶を, 瑟と, 石と, 笛と, 笛の, 糸今こそ, 聞きし春, 聴き, 胡弓の, 茶の湯と, 菊模様の, 観世の, 言って, 詩と, 詩の, 逢引した, 酒を, 鷲の

▼ 琴~ (44, 2.2%)

2 ひけば, 胡弓も

1 [40件] お由, お花, お袖, この琴, そして職業学校, つづいて, まげた, またほととぎす, まだ知るまい, もう堪, ピヤノも, 亦木下逸雲, 令嬢が, 何も, 其幹の, 善兵衛も, 変りなく, 太鼓も, 女も, 山田流の, 度々鍵, 弾かないで, 彈くんです, 持たねども, 持ち出されて, 文も, 歌ひえぬ, 殆ど無言であった, 琵琶が, 生花も, 眉を, 立ちどまった, 習へる, 膝から, 蓑を, 進みいず, 邪魔に, 間に, 音の, 鮮かな

▼ 琴~ (39, 2.0%)

6 三味線の 3 琵琶の, 笛や 2 三味線も, 三味線や, 挿花の, 笛の

1 [19件] お花, みぬ衣, 三味せんが, 三味線が, 三味線でも, 三味線を, 三絃に, 十三絃を, 地唄に, 小唄の, 彈き, 手芸などを, 歌に, 歌や, 生花を, 胡弓の, 花摘などを, 金砂子の, 長唄などの

▼ 琴~ (27, 1.4%)

5 の許

1 [22件] がいう, が立ちかける, こそ病身, とかえ, とともに尼院, とむかい合い, にたいしてはもとより, にも今朝, に薫陶, のそば, の手許, の眼, はだまっ, はちら, は文学, は物, は立っ, は笑い出した, へ打明けた, も大炊, も過去すべて彼女, より聞い

▼ 琴さん~ (21, 1.1%)

2 に御, を殺す

1 [17件] いい帯, か, があの, がいう, が二本, が気分, が氣分, が首尾, だよ, と言つた方, に氣, のお客, の言う, はすっかり, は夫婦約束位出來, は氣位, も見えましょう

▼ 琴二郎~ (19, 1.0%)

1 [19件] が知れ, が裏庭, さえ亡くし, でござる, ではない, という小さな, と二人きり, と間違え, なんかという青二才, に会っ, に園絵, に在所, のこと, まで召し捕られ, まで召捕られ, をあやつっ, をおびき出し, を引き出し, を殺した

▼ 琴~ (14, 0.7%)

4 の墓 1 がその, が座用, が恥じらい恥じらい, だけは流れた, だった, は必死, は生涯鵙屋姓, を憎ん, を視る, 歓迎

▼ 琴三味線~ (13, 0.7%)

1 [13件] などを中心, にし, のあじ, の修練, の合奏, の如く, の指南, の遊芸, もむろん, も生花茶の湯, を初め, を弾きもて, を習っ

▼ 琴~ (13, 0.7%)

3 は娘 2 が現れ, と密通 1 がひつ, というの, という看護婦, と娘, と密会, なるもの

▼ 琴責め~ (12, 0.6%)

2 の五人組, の人形, の時 1 で半, というの, という芝居, と並べて, にきまっ, の舞台面

▼ 琴でも~ (11, 0.6%)

1 [11件] ないと, なし三味線, また武術, 弾いちゃ, 弾いて, 弾かせい, 弾きや, 持たして, 松風に, 聞せて, 聴くが

▼ 琴~ (11, 0.6%)

2 丞の, 丞様の, 助が 1 丞は, 丞も, 丞を, 丞様, 丞起上って

▼ 琴~ (10, 0.5%)

1 ではなから, とよぶ, と云う, に登っ, の上, の前, の名, の歿年, へ登り, 旧譜

▼ 琴~ (9, 0.5%)

1 かみやびごとの家元, から騒々しい, か何だか, ぞ, としたら, と言い出す, と道破, のを, 二絃琴だ

▼ 琴~ (9, 0.5%)

2 と呼べる 1 に一泊, に仮寓, の二階座敷, の家格, の浴室, の間毎, は料理店松金

▼ 琴ひく~ (8, 0.4%)

1 ような, 人よ, 人を, 人トオカルよ, 君が, 家と, 盲女は, 音は

▼ 琴~ (8, 0.4%)

1 がやって来た, であった, の生命, はまどわし, は死人, は訊いた, も騎士, よわれわれ

▼ 琴~ (7, 0.4%)

1 あらう, お合わせし, それに, 一本立ちに, 二度目に, 弾いた, 興味の

▼ 琴~ (7, 0.4%)

1 でもなし, のすんだ, のやう, の作者, の稽古本, は弾く, をきい

▼ 琴という~ (6, 0.3%)

1 のは, ものだけは, 名を, 女が, 字が, 氏素姓も

▼ 琴~ (6, 0.3%)

1 がわざわざ, に伝えなかった, の名人, の手, の鈴慕, は虚空

▼ 琴~ (6, 0.3%)

2 も朧 1 との境界, のベータ星, の一等星ベガ一名織女星, の星

▼ 琴~ (5, 0.3%)

2 糸といふ 1 琴, 糸二人の, 糸姉妹の

▼ 琴とを~ (5, 0.3%)

1 ひっ抱えるなり, 呉れた, 地上より, 買って, 買つ

▼ 琴などを~ (5, 0.3%)

2 弾いて 1 弾かせて, 物憂そう, 遊ばしますし

▼ 琴天會~ (5, 0.3%)

2 に寄す 1 といつた, の發會, は翌年

▼ 琴~ (5, 0.3%)

1 に命じた, のあるじ, の畜生, よ惣, を呼ん

▼ 琴棋書画~ (5, 0.3%)

1 それから女, に位, のあらゆる, の会, を画き

▼ 琴~ (5, 0.3%)

2 の子 1 の事蹟, の家, は信濃

▼ 琴には~ (4, 0.2%)

1 二月に, 女の, 惜しきおぼろ夜, 露ほども

▼ 琴ひき~ (4, 0.2%)

1 さして見, だと, と思ふ, の唄

▼ 琴二郎様~ (4, 0.2%)

1 のほう, は同じく, へだけ内密, もお

▼ 琴~ (4, 0.2%)

1 がどんな, はまた, は多く, は持病

▼ 琴~ (4, 0.2%)

1 に刀, に和, を摸, を聞き

▼ 琴~ (4, 0.2%)

3 の濱 1 き舞

▼ 琴手コンラ~ (4, 0.2%)

1 であった, はウルリック, は一つ, は静か

▼ 琴~ (4, 0.2%)

1 に心, をまたも, を移し運ん, を築地

▼ 琴~ (4, 0.2%)

2 の音 1 などいろいろ, の夜

▼ 琴~ (3, 0.2%)

1 お糸, ほんとうに, 茶か

▼ 琴では~ (3, 0.2%)

1 ない, なかった, 合わせうるもの

▼ 琴といふ~ (3, 0.2%)

1 ものの, 娘は, 娘を

▼ 琴とか~ (3, 0.2%)

2 言ふ 1 三味線とか

▼ 琴~ (3, 0.2%)

1 しらべそ, のでした, んだって

▼ 琴など~ (3, 0.2%)

1 取り出して, 御教授, 鳴らして

▼ 琴などは~ (3, 0.2%)

1 まして稽古, 六条院の, 弾いたでしょう

▼ 琴なり~ (3, 0.2%)

1 おきかせしましょう, またはほか, 三味線なりを

▼ 琴にも~ (3, 0.2%)

1 どこにも, 替手が, 面白がられ

▼ 琴のねの~ (3, 0.2%)

2 あはれ百年の 1 調の

▼ 琴をも~ (3, 0.2%)

2 うちたたけ 1 弾くなり

▼ 琴三絃~ (3, 0.2%)

2 の稽古 1 は見る

▼ 琴二郎さま~ (3, 0.2%)

2 では 1 でご

▼ 琴~ (3, 0.2%)

1 から山道, の床の間, の方

▼ 琴婆さん~ (3, 0.2%)

1 が歌う, の曰く, は蓄音器

▼ 琴弾き~ (3, 0.2%)

1 が訪ね, の星, の称

▼ 琴手トオカル~ (3, 0.2%)

1 がその, はさかまく, は櫓船

▼ 琴~ (3, 0.2%)

1 の慰み, をたのしん, をもてあそび

▼ 琴棋書畫~ (3, 0.2%)

1 いづれもおろそかなものはなく, だらう, 並べてばかり

▼ 琴琵琶~ (3, 0.2%)

1 など響, なんぞを擁し, の役

▼ 琴~ (3, 0.2%)

1 は其の, 初めて高調, 沸くばかり

▼ 琴路さん~ (3, 0.2%)

1 とうまく, に願いなさい, は県立病院

▼ 琴あり~ (2, 0.1%)

1 すべての, 縦に

▼ 琴うた~ (2, 0.1%)

1 でもうたう, も投節

▼ 琴だの~ (2, 0.1%)

1 写真挟み, 活花だ

▼ 琴との~ (2, 0.1%)

1 あいだに, ように

▼ 琴とは~ (2, 0.1%)

1 これ名のみにて, 誰か

▼ 琴とり~ (2, 0.1%)

2

▼ 琴どの~ (2, 0.1%)

1 も現金, をお

▼ 琴なんぞ~ (2, 0.1%)

1 ひく事, 弾いて

▼ 琴のうへに~ (2, 0.1%)

2 疲れたる汝

▼ 琴のね~ (2, 0.1%)

1 何処まで, 何處まで

▼ 琴のねは~ (2, 0.1%)

2 此月此日うき

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 忘る, 片袖

▼ 琴を以て~ (2, 0.1%)

1 ヨヰスの, 身を

▼ 琴三味線尺八~ (2, 0.1%)

2 まで軒

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれた, をなのつて

▼ 琴剣鏡硯陶磁~ (2, 0.1%)

2 の類

▼ 琴古流~ (2, 0.1%)

1 の尺八, の鈴慕

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 の, は昨年一月

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 といふの, 御部屋樣

▼ 琴太夫~ (2, 0.1%)

1 も, も墨菊太夫

▼ 琴~ (2, 0.1%)

2 の浜

▼ 琴手クレヴィン~ (2, 0.1%)

1 の, の仕事

▼ 琴手クレーヴシン~ (2, 0.1%)

1 の妻, をつれ

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 と云, もある

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 にふれ, に拂

▼ 琴殿~ (2, 0.1%)

1 では, と浅から

▼ 琴独奏~ (2, 0.1%)

2 の矜

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 の入口, は深山

▼ 琴~ (2, 0.1%)

2 の郎女

▼ 琴花酒~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ 琴~ (2, 0.1%)

1 の様, を上演

▼ 琴路看護婦~ (2, 0.1%)

1 の白状, を拷問

▼ 琴長唄踊り~ (2, 0.1%)

2 など諸

▼1* [182件]

あるいはチベット琴笛など, 琴いとにためいき, 琴うすでな, 琴かと思われるよう, 琴かのように, 琴からすすり泣きの, 琴かを伴奏と, 琴ききし夢, 琴きこゆ, 琴この美妙の, 琴さえあれば, 琴さま料簡して, 琴さんだつて結構, 琴さん俺を酔わす, 琴じゃないか, 琴そのほかいろんな, 琴その他の著作家, 琴聞ゆる, 琴だけあとは, 琴だけであつた, 琴だけでも私に, 琴だけの稽古は, 琴だれの笛, 琴やありません, 琴って十三絃の, 琴つまりピアノですな, 琴であったから少し, 琴でありますまたこの, 琴でしたわ, 琴でしょう十七と, 琴ですから気楽, 琴でもと部屋に, 琴とが変りなき, 琴とともにこれを, 琴と共に東京へ, 琴なと弾いて, 琴などが綺麗に, 琴などでも男の, 琴などとも言ってね, 琴などのおなぐさみ, 琴なども一人前以上に, 琴ならし, 琴ならねど, 琴なれば, 琴なんぞは今時出来なく, 琴においてこの努力, 琴においても三絃においても, 琴にかぞふる三とせ, 琴にこそ傳ふべきなれ, 琴に対して謂わば, 琴に対する盲執, 琴ねも細く, 琴のみならん, 琴ばかり弾くが, 琴ばかりが十面も, 琴ばかりは彈き, 琴ひきとわを召す, 琴ひき等おん栄を琴, 琴ほどの作者に, 琴むすびに結ん, 琴もけふは, 琴よりもきりやう良し, 琴わが胡, 琴抱イテ来タレ, 琴一つであつ, 琴一曲を弾ぜしめ, 琴一絃琴などが参酌, 琴一面は本人, 琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 琴三つ妾春三十三榛軒未亡人志保五十八であつ, 琴三つ笙三つ琵琶二つを伴奏, 琴三味線同様一々人, 琴三味線師の家, 琴三味線手踊りの類, 琴三味線生け花茶の湯等の奥許し, 琴三味線等の師匠, 琴三味線長唄浄瑠璃を蹴飛ばし, 琴三絃なんど盗み来つこの, 琴に竜門, 琴待ちげに, 琴九つ柏軒の妾春三十九, 琴二つ三味線一つ笛に似た, 琴二つ榛軒未亡人志保五十七であつ, 琴二郎往生しろ, 琴二面を人手, 琴五つ妾春三十五榛軒未亡人志保六十であつ, 琴人君に案内, 琴伯母の前, 琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 琴八五郎の手, 琴六つ妾春三十六榛軒未亡人志保六十一であつ, 琴六人ずつが両側, 琴びそなたには逢わぬ, 琴十一柏軒の妾春四十一, 琴十七八歳被衣をかぶり, 琴友だちとかで, 琴取り出でて, 琴叟文章見苦心, 琴古さんが伝えた, 琴台先生と云われる, 琴台正道信士と刻, 琴台鵙屋春琴門人明治四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 琴号春琴明治十九年十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 琴同様組唄組織をとる, 琴吾山家斧三郎の二人, 琴四つ妾春三十四榛軒未亡人志保五十九であつ, 琴やペルセウス, 琴大阪道修町の薬種商, 琴の逆手, 琴太政大臣は和琴, 琴女九歳の時不幸, 琴婆さん天理教のおかず婆さん, 琴室蕪村の夜半亭, 琴尼さまは秀吉さま, 琴尼どののお, 琴屋丹次郎が許嫁, 琴屋二代の嫡孫色男, 琴の谷, 琴川幸田親益宿谷空々新楽閑叟, 琴川西保川は孰, 琴を頼まない, 琴師さんだそう, 琴平丸賊難に遭った, 琴弾かなくなっておしまい, 琴弾きすましたるように, 琴弾きたまうがわれ物心, 琴弾くかの美しき, 琴弾松というの, 琴彈松といふの, 琴彈濱といふ所, 琴御館家の祖先, 琴をかき乱さず, 琴心しずかに奏で, 琴志津野氏父より二つ, 琴懸けて宇宙, 琴手たちはもう, 琴手エイが唄, 琴手コナイリイ・モル王の臣, 琴手フィンリイルひとりが海, 琴手自身が弾い, 琴支那の琴, 琴時計を見る, 琴月琴などさえ日課, 琴月琴ガラス箱入りの大, 琴棋書画等趣味の事, 琴棋書畫的な半面, 琴の裏, 琴次一柳の源右衛門, 琴次郎という, 琴氏等その他澤山の友人知人, 琴泣き入るを, 琴洲前田元温等の諸家, 琴白鳥乙女といふやう, 琴種彦らの作者, 琴笛その他の楽器, 琴答えず恐るるごとくに差し, 琴は黄色, 琴糸女の授, 琴しぬ絃, 琴習う隣家の, 琴に和, 琴聲會と言, 琴などまだ, 琴芝居声色何でもよい, 琴苦しいか, 琴茶花何でも嗜み, 琴といふ道化, 琴を中形, 琴装置があっ, 琴などをうたい, 琴踊りことに鼓, 琴通舎康楽高畠藍泉というよう, 琴鏡ボンボン時計火鉢玩具ソロバン弓油絵雑誌その他が古ぼけ, 琴鏡臺二三の女, 琴とか云う, 琴添いて, 琴附きの人形時計, 琴とは同系, 琴をかき鳴す, 琴韻清越多年干戈剣戟の裡, 琴な和歌情調, 琴黙して答えず