青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「理~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

現代~ ~現在 現在~ 現場~ ~現実 現実~ ~現象 現象~ 球~ ~理
理~
理屈~ 理性~ ~理想 理想~ ~理由 理由~ ~理窟 理窟~ ~理解 理解~

「理~」 3184, 34ppm, 3398位

▼ 理~ (530, 16.6%)

16 もって 9 推して 8 後に 7 明らかに, 説いて 5 談ずること, 非に 4 分けて 3 唱えて, 守りて, 心得て, 料るという, 知って, 研究し, 聞いて, 聞くと, 離れたもの

2 [39件] つくして, もつて, わけて, 以って, 傾けて, 働かせて, 具すること, 含み即, 得るの, 得其, 忘れて, 悟って, 料ること, 斥くる, 暁るべし, 発明する, 発見する, 知らざるは, 知らざるべからず, 知らず, 知らずして, 知りて, 示すもの, 究めた確実, 究めて, 究めんと, 見て, 解するもの, 話して, 説きて, 説くには, 説明し, 談ずるを, 諦し, 超えた理, 辨へ, 辭する, 迎ふる, 述ぶる

1 [364件] あぐ, あらは, あらわした形, いえ, おまえは, お盡, きかん事, きわめて, きわめ一期, きわめ言葉, こすって, こすり出した虫, この眼, さとって, さとりたれば, さとり敗北自体, さとる能はじ, しらず電信, しらべたり, しらべて, すぐに, すこし拡大, たずぬること, たっとび東京, たばかる市井, つくした言葉, つけたも, つけた難癖, つけて, つけ又, なすは, なす人々, のがれず梅岡何某, のがれようとして, べつに, もつもの, もて備, もて物, もて説諭, やぶらんや, よく思う, わきまえずに, わきまえて, わきまえないならば, わきまえればこそ, カンタンに, ジュンジュンと, 一般小売商人が, 一面に, 主と, 二つに, 云うの, 云え, 付け又, 以下五項に, 会得し, 会得する, 会得せん, 体得し, 信じない, 信ずること, 信ずるをもって, 信ぜしむる, 僕から, 先に, 全うせん, 具する以上, 具ふと, 分けての, 分明させよ, 取りて, 叩き圧, 吟味し, 含む, 呈し往々, 呉郡の, 呑み込ませようと, 唱うもの, 唱うる者, 唱る, 唱道し, 唱道せしか, 問い究めて, 問は, 問われた時, 四五年前に, 基本として, 大膽, 失った左膳, 好む論理遊戯, 如実に, 嫌ひ, 嫌へる, 学び外頸動脈, 守り正道, 実地に, 実地戦争の, 実現した, 実証明, 客は, 害するに, 導き出すの, 尽くして, 尽して, 尽し当時, 常として, 常世国に, 廢せ, 廻護する, 弁えずに, 弁えぬ齢, 弁え大義, 弁じて, 弁じまた, 当時陸軍大臣林銑十郎に, 形づくるの, 彼は, 得て, 得べからず, 徴する語, 心に, 忘るべからず, 忘るる, 忘れるところ, 思索し, 急に, 悟った, 悟ること師, 悟るため, 悟るを, 愛する信念, 感受する, 感得しました, 我に, 抑へ, 拡めて, 持って, 持つて, 指す如し, 指摘し, 按じるに, 按ずるに, 授けたまえ, 探れ自, 探険した, 探険しなく, 推しひろめて, 推し情, 推し拡め, 推し考えた末, 推し考える場合, 推せば, 推究する, 推究すれ, 推究分離し, 推窮せ, 掴もう, 摘んで, 攻究する, 料ると, 料るとは, 料る理, 斥くべし, 斥けずといはるべきか, 斥けむとする心, 施して, 日本人としては, 明かに, 明に, 明らめて, 明証せる, 昧ます, 晩秋の, 曲げて, 有する貴い, 枉げる方, 析ち, 果して, 案じ土地, 検討し, 極むるあたはず, 極端に, 構える見苦し, 標榜した, 民間に, 気に, 求むる心, 求めんと, 沢山数へ, 活用し, 片言に, 獨人佛人の, 現す, 現わし, 理として, 生れながらに, 生んで, 用いうるに, 申す法, 異にする, 疑うこと, 發見し得ざる, 盡します, 省察する, 看取し, 知った以上, 知っては, 知つてる, 知らざるに, 知らざるには, 知らざる所, 知らざる故, 知らざる者, 知らずと, 知らずんば, 知らず別に, 知らず身, 知らない僕, 知らねえから, 知らねえん, 知らんと, 知りつくした魂, 知りぬいたことば, 知り文明, 知り理, 知るは, 知るべしを, 知るや, 知る境界, 知る心, 知る故, 知る由, 知る者, 研究する, 破り邦, 示さず, 示したい, 示して, 示す, 種々に, 究むるにあたりて同一の, 究めずわずか, 究めた確実さ, 究め候上, 究明する, 管, 考うる, 考えなば, 考えること, 考えるの, 考える学問, 考え究めること, 考え究めるの, 考へ, 考へ究むること, 聞いた, 聞いてから, 聞かざるもの, 聞かして, 聞かせなさい, 聞かせる為, 聞きはつり云うかと, 聞くので, 聞けば, 聽く, 衒ふ, 補いたるもの, 見せて, 見つめて, 見ること, 見ると, 見定め聞き覚えたお, 観ぜしめ人類相互, 観ること古, 観察せられた, 觀ずる, 觀るべしである, 解いて, 解して, 解すべからず, 解する, 解すること, 解する者, 解せざるより, 解せしめ是非判断, 解せんの, 解明する, 言い出したの, 言わねえじゃ, 訊くと, 設けて, 訴えて, 証明する, 証立する, 詠じたるもの, 詰めた話したかて, 話した, 話したから, 話そうと, 詳説する, 認むる者は, 認めないで, 認め毫も, 認識すべし, 誤認する, 説いた書物, 説いては, 説いても, 説かしむる, 説き玄蕃, 説く, 説くかたわら, 説くもの, 説く人, 説明せざるべからず, 説明せよ, 説破し, 読んで, 談じ, 談じた, 談ずるのみにて, 談ずるは, 談ぜざるは, 談ぜねば, 談ぜむとする文壇, 談ぜむともせず, 論じたる者也, 諭して, 講じて, 講ずるなど, 講ずるばかり, 講明し, 講究し, 講釋した, 識らんによって, 識認す, 讃せよ, 讚せよ, 豁破せし, 貫くかと, 超えた真理, 超越し, 踏査に, 蹂躙する, 身に, 辭し, 辭すとも, 辭せ, 辭任したる, 述ふる, 述ぶべき, 述べ人間, 追ってみ, 適切に, 酌むよう, 重んずべしと, 重んずるの, 重んぜざるに, 開示する, 陳べし處, 隔てながら, 離れ怒るを, 顆, 高く浮き上らせた

▼ 理~ (331, 10.4%)

9 当然で 8 当然に 7 あるところ, 当然と 6 当然だ, 当然である 5 当然な 4 当然を 3 ある所, ことで, ないこと, 命その, 業を

2 [20件] あるもの, おもしろみ, やうな, 世に, 任を, 作品の, 命, 字を, 弊に, 当然, 当然です, 後に, 所へ, 是非機の, 神, 稻置, 筆を, 細い顏, 身なり, 體たる

1 [224件] あるの, あるを, あるカケアイ, ある我輩, ある方, こしらえたお, ことである, こまかいこと云, こまやかな, ごときは, ごとき術理, さとりの, たたぬ法律, たった言葉, ためには, ため悪人を, つんだ様, とうぜん, とうぜんに, ときは, ところから, ところへ, ないところ, ない話, なき妖術, なんたるを, ねえこと, は他, ふたりは, ふたりを, まことに止むべからざる, まさにしかるべき, ような, わかったお方, わかった人, わからない人, わからぬ男, ルーヴルに, 一方より, 一科を, 一端を, 上に, 上を, 不利で, 中に, 中には, 中にも, 主と, 事を, 二王子だけを, 人とかは, 人に, 人自分は, 今の, 任に, 位地を, 低級に, 作品が, 傍ら他方には, 出ずるところ, 分明不, 判らない死方, 前には, 剥離片が, 動かざるが, 勝つた人, 口う, 命に, 命は, 命答へて, 基本を, 境なり, 外に, 天井オンコの, 如くに, 如く見ゆれ, 字と, 字の, 字も, 存するもの, 存する限り, 学問と, 官に, 家を, 實より, 対話を, 巻に, 店から, 店さきで, 店で, 店の, 店へ, 店先で, 廢立に, 廢立よりも, 弊なり, 当否を, 当然かと, 当然され, 当然じゃあが, 当然だった, 当然だろう, 当然であっ, 当然であり, 当然でござらぬ, 当然なら, 当然なり, 当然なる, 当然なれ, 当然の, 当然もとより全, 当然ゆえ, 当然一片, 当然幸, 当然幸いお, 徴証が, 徹らない我儘, 徹底し, 心棒が, 応に, 怖しさ, 悪いしかも, 懲戒を, 成るべきを, 戦いでも, 所から, 手から, 手で, 手もとでも, 招き致すところ, 推論上に, 擁護だ, 攝する, 攻究ばかり, 攻究も, 数なれ, 數を, 新しいの, 旨を, 明晰と, 明白, 明細に, 是非を, 時は, 時代を, 暇には, 暗いの, 曝れた, 有る原因, 本体なれ, 本體, 様式が, 正に, 正当なるべき, 母である, 母は, 流風を, 深奥には, 無いよう, 照, 父頼尚, 王, 王次に, 甚深を, 生ずるところ, 甲斐な, 異同ある, 當否に, 當然で, 當然であります, 當然である, 當然です, 當然でも, 當然といふ, 當然なれ, 當然に, 皐陶に, 眼さえ, 石の, 研究を, 磨きあいに, 磨き合い, 稻置三野の, 究察に, 窮極においては, 算法が, 算法中にも, 簡明, 簡明なる, 紅色は, 細かい皮, 細かく通つた一枚板, 綱と, 線は, 美しい木, 義足で, 聞えない迷信, 至らざるに, 落し掛け, 融通を, 見易い所, 覿面当然, 解らぬお前, 解らぬ男ぢ, 解らん事を, 解らん話が, 言なんぞ, 言を, 許さざる所, 許す許さぬに, 詰んだ歌, 語を, 説き法也, 説百年毎に, 諸公式, 資格を以て, 込んだ黒っぽい, 道を, 集まるところ, 面を, 高じたるは, 高尚なる, 高級に, 魂なり

▼ 理~ (300, 9.4%)

16 落ちて 13 かなって 10 於て 7 して 5 よりて 3 有之, 當る

2 [21件] かなった理由, かなふ, ほかならず, まかせて, よると, 乗って, 二つは, 合って, 合わない, 合わないこと, 合わないので, 外ならず, 外れて, 對し, 拠って, 於いて, 於ては, 疎く情, 考え人, 背きたること, 適ったこと

1 [201件] あい申さぬ, あたって, あって, あらずして, あらず技, うなずいても, おちた解釈, かえるにつれて, かかは, かった言い方, かなったこと, かなったもの, かなった扱われかた, かなった構え, かなった皮肉, かなった結論, かなった限界, かなっては, くらいため, くらいもの, ころりと, したがうの, つくこと, つくよりも, つく男親, つまったの, つんだ事, つんで, つんでを, なった, なって, はずれたことア, ほかならずこれ, もとづきて, もとづき成長, もとづき養身, もとづく, よらざるを, 一統感歎の, 二重は, 任せ御身, 伏したという, 伏し上野介, 似たるか, 似たる彼, 似て, 依て, 依るに, 依る者, 促され今日, 偏し, 光沢ある, 入った時, 入りたる審美論, 入ること, 入るべきこと, 公私の, 出づるものにして, 勝った人, 勝てない理, 勝利の, 協ふ, 協へる, 即しては, 反して, 反するとき, 叶た, 叶って, 叶ふ, 合うという, 合えば, 合えりとも, 合しない, 合せり, 合ったこと, 合った主張, 合った実質, 合つてゐる, 合わないから, 合わないご, 合わないと, 合わない言論, 合わない話しでは, 合わなかった, 合わなければ, 合わぬこと, 合わぬと, 合わぬなどの, 合わぬ事, 合わねえこ, 合わん十八文, 合点の, 因つて藝術家の, 因り是, 在りて, 基き是非曲直, 基くもの, 基づいて, 基づきあるいは, 基づきたるもの, 基づくもの, 堕ちて, 墜つるを, 外ならざる, 外れたもの, 外れた事, 定むるところじゃ, 屈して, 屈伏し, 巨細は, 弱い, 強い健三, 当るところ, 当るもの, 従わずんば, 御座候, 心を, 悖るの, 惑は, 成功を, 打たれて, 抗しきれず善性坊, 折れて, 押されて, 拠り彼, 捉われる, 據つて歸納すれ, 支配されます, 敵を, 於ても, 明かなる大, 明らかな, 明るい人, 明るい兄, 明るい達識, 晦う, 晦く, 暗い質, 暗く国, 服したと, 服して, 服従した, 染み込んで, 楯を, 武夫を, 気付いたの, 洩るるもの, 滯在した, 漏れるわけ, 照らして, 燭す, 由って, 疑いを, 目を, 着目すれ, 短なる, 積んだもの, 積んで, 立って, 考えて, 背きて, 背き帝都, 背くこと, 背く者, 至りては, 落ちかけると, 落ちた, 落ちたじゃ, 落ちたの, 落ちまして, 落ちるかと, 落ちるといふ, 落ちるところ, 落ちる所以, 詰まりこの, 詰みます, 詳しい, 誤りあれ, 走ると, 躍入, 通じ, 通じること, 通じ内典, 通ぜざるため, 達したとは, 違うこと, 適える諸君, 適ったところ, 適ったもの, 適った驚き, 適って, 適つた, 適ふ, 適へ, 遵って, 銀光り, 闕げる, 限りたるべし, 非ざるもの, 驚異の, 黙するあり

▼ 理学士~ (241, 7.6%)

5 だった 3 と一緒, の研究室 2 が居る, だそう, のところ, のノート, の声, の姿, の室, の発表, の耳, はこの

1 [210件] かなんかで, から帰宅, から聞いた, から西鶴, か何ぞ, か教育者, がある, がお話, がこんなに, がすぐ, がただ一人, がつけた, が一つ, が一生, が上田, が丘, が両手, が乾燥, が作った, が先刻, が叫んだ, が器械, が声, が夢中, が天文, が姿, が実験衣, が少なから, が扉, が有った, が来た, が此処, が消し, が温度, が玄関, が疑われた, が目下研究, が突, が立っ, が肉, が腰, が蓋, が観た, が言った, が訊いた, が註, が野次った, が駈けあがっ, が驚い, じゃ, たる資格, だから, だが, だったが, であったから, であり自分, である, である青野, です, ですか, ですから, というの, といえ, といふ, とが一つテエブル, とが坊や, として考え, とす, との二人, との肩書, とは共に, と二階, と共に特に, と共同研究, と共通, と情婦, と白丘ダリア, と白丘ダリア嬢, と軍医, なの, なん, なんぞが居残っ, にせよ, につめよった, になっ, になつ, にはよく, に児髷, に囁き, に従え, に毎日自宅, に紹介, に聞いた, に限る, のこと, のしわぶき, のでもない, の住ん, の何とか, の全身, の創作, の友達, の口許, の名, の噂, の土色, の坐る, の壺焼, の大隅青二先生, の夫人菅子, の奥州産業総説, の学位, の帆村荘六氏, の彼, の快, の想像通り, の手, の手許, の撮った, の書斎, の研究問題, の称号, の第, の絞殺, の肩書, の言う, の言葉, の言説, の話, の説, の調査, の赤外線テレヴィジョン装置, の身体, の金的, の錯覚, の青野, の顔, は, はああ, はあと, はあの, はいかん, はすこし, はそこで, はその, はそれ, はそれから, はそれとも, はそれ以上, はとうとう, はまた, はまだ, は一人, は一番, は信州白馬岳, は僕, は先年, は公用, は冷然, は冷笑, は又, は同君, は器械, は器械部, は多年西洋, は夢中, は大きい, は大きな, は大丈夫, は大学, は大学時代, は大尉, は奇妙, は実験衣, は怜悧, は恐し, は恐怖, は恭しく, は愕, は愕然, は承諾, は早く, は桃枝, は気がついた, は濠端, は独り者, は白い, は矢追村, は窓下, は箸, は繰返し, は考え込んだ, は背丈, は自分, は荒町裏, は遂に, は道子, は鉛筆, は長い, は障子, は顔, もその, もギョッ, も側, も金庫, や水彩画家丸山晩霞君, をし, を大分採用, を始め, を珍重

▼ 理~ (153, 4.8%)

9 非でも 6 ある, あるの 4 あるん 3 あって, 立ち過ぎて, 立つて

2 [13件] あっても, ありましょうか, あるか, あるかも, あるから, あると, あるとは, あるよう, ないという, 包まれて, 有らうが, 有ると, 身に

1 [93件] あった, あつた, ありしかも, ありは, ありまして, あるかっ, あるかと, あるかは, あるが, あるしかし, あるその, あるだろうと, あるだろうよ, あるのみ, あるやう, ある様, ある樣, ある次, あれば, あろうか, あろうと, あろうとも, あろう覚えて, おもて, お分り, かみし御酒, かもした酒, ここにも, そうな, そんな事, ちがう, ないで, ないと, ないの, ないばかり, なくても, まつたく無視, よくわからねえ, よろしい, わからずに, わからなかったの, わかりません, わかるであろう, わかると, わかるの, わかるので, われわれの, ハネて, 不思議に, 世に醸, 会得できれ, 何を, 侮蔑され, 信ず可, 信ぜられた, 分らぬ, 分らぬと, 判って, 各方面, 合わなくとも, 君には, 含まれるの, 善く整つて, 女竹野比賣, 存すること, 強いだけ, 後に出家, 明い, 明かに, 有つて, 有る, 有るが, 有るの, 有るん, 有ればとて, 法令という, 無いのに, 田舎豪傑には, 発達し, 発達した, 立ツて, 算定できれ, 籠って, 聞えませぬ仔細, 聞えれば, 聞こえぬと, 腹に, 見えて, 解けた, 許さぬから, 通らないし, 通らぬ実は, 附け加わって

▼ 理~ (137, 4.3%)

6 ない 5 無い 4 依然として存する 2 あるの, ないから, ないので, 同一なるべき, 奇妙な, 然なり, 解し難い

1 [108件] あらじかし, ありませぬ, ありませんどれ一つ, ある, あること, あるまいとも, あれども, うなずけません, おのづか, かくの, かしこまって, こっちに, これを, ございませぬ, すてて, すでにその, すなわち宿命, そこに, そのこと, それが, それを, ないと, ないの, なかるべきに, なかるべし, ひとり政治の, まあさようでも, むろんこっち, もうあの, よくわが, よく分らなかった, よく防寨, 一つだ, 一つである, 三十三歳で, 不明木立や, 人間は, 今の, 何の, 余が, 充分に, 先ず以, 其の恆, 写生すべく, 分らないが, 十二宮は, 厳然として, 古の, 同じ, 和算上最も, 哲學に, 唐から, 唯心的観察を, 唯物の, 善悪応報の, 團體若く, 天に, 如何, 存するとも, 孫策の, 宇宙の, 尽きて, 弁えて, 当初に, 彼に, 従来既に, 心内に, 心理学の, 必ず存する, 意外の, 成立し, 我に, 我問は, 教会的キリスト教の, 日本憲法の, 日矛の, 旧世界, 明かと, 明晰に, 最も重要視, 果して劇藥, 櫛の, 正しきも, 比較的容易, 永く柱, 決してない, 法に, 深幽遠大, 炎の, 無いなどと, 然ら, 物理学上の, 物質中に, 珍らしからず, 現量智, 理さあんまり, 益少なけれ, 知らないので, 知らなか, 簡単である, 聞える, 腕力に, 自ら是の, 西洋の, 詩人の, 逍遙子が, 逍遙子後に, 闇に

▼ 理~ (67, 2.1%)

19 非も 2 そこから

1 [46件] あり情, ある, である, ない, ないと, ないのに, ない我法, なかるべし, なくおかしがる, なくむしゃくしゃ, なく坐り込む, なく武士, なければ, また時, わからずに, わかりさ, わけも, 了解する, 予測し, 亦此, 体も, 分らず世辞, 分らぬこと, 危い, 同じ様, 否も, 喧伝せられ, 将門の, 弁えずに, 情も, 技も, 早稻田文學, 枉ぐべからず智も, 枯れ渋った隙, 死生の, 決して万人, 相愛なる, 瞬間に, 知らぬ非, 示されて, 考え小刀, 考え弓矢, 至って, 見えぬほどに, 見究めて, 読むま

▼ 理~ (43, 1.4%)

3 云ふ 2 いって, 詩の

1 [36件] いわざるべからず, この二つ, するに, する人々, それを, たたかわず勢, である, なさけハ引に, なるも, 一つに, 事とが, 云い力, 其の見解, 同一趣の, 思はる, 情との, 情の, 承らざるべき, 指す中, 数とに, 条件を, 果して幾程, 申せし, 異にし, 相手方の, 眞とを, 真理との, 称し多く, 符合すれ, 經驗に, 考えれば, 被存候, 言ふ, 記實とに, 譯する, 頷かれるものの

▼ 理くつ~ (40, 1.3%)

4 をつけ 2

1 [34件] からはをかしい, か讀めない, があっ, がたつ, が多く, が通っ, じゃな, っぽくいへ, でいい, ではない, では逆, に叶, に合せ, に過ぎん, のうへでかれこれ, の尠, の立たぬ, の言いあい, はその, はつけよう, はなかつた, は尤も, ばかりこね, ばかり言っ, ばかり言ってる, もこねず, もわからない, らしくは, をいう, をいへ, をつけない, をつける, をならべ, を申してる

▼ 理~ (36, 1.1%)

7 すること 3 して 2 される, し難い, せなければ

1 [20件] がある, が世間, が誘惑, されるの, されるはず, し得る筈, するに, する人, する爲, せずには, せなん, せられた, に放任, のある, を, をもつ, を助け, を容易, を試みつ, 及び感情投入

▼ 理~ (35, 1.1%)

2 はかう

1 [33件] がしつ, が何時の間に, が夕餉, が海辺, が見慣れない, とは仕方, と一, と共に蜂, と共に遠い, と葦原醜男, に教, に背, に貰つた領巾, の乗つて, の姿, の後, の眼, はこの, はため, は一瞬間, は始終, は小さな, は広間, は彼, は父親, は独り悄然, は眼, は肩, は頸珠, は香り, もどう, を悪女, を睨みつけた

▼ 理右衛門~ (30, 0.9%)

3 であった

1 [27件] がどうして, が念仏, が来た, が躍る, に抱かれた, に訊いた, のあと, のす, はいよいよ, はうなずいた, はそこ, はともあれ, はまた, は不審そう, は俄, は制した, は嘆息, は小声, は晴れた, は猶も, は相手, は笑い, は迷惑そう, は頭, は駈けよ, も幸之助, を相手

▼ 理~ (30, 0.9%)

2 はあんめ, は有ん, をつくし

1 [24件] がともに, が何処, が十分, だった, だという, である, でしょう, でもある, とは車, と云う, と言えよう, にあらずん, に於, に適っ, の濃, の解らん御方, はねえ, は内, は有, は粗い, も内, を宜, を言わねえ, を語ろう

▼ 理~ (28, 0.9%)

2 あつて

1 [26件] あつた, そしてそんなに, それが, なしに, まず馬, もしその, ようやくその, 一日を通して, 之のみ, 公式を, 后逝か, 大きな形, 奥座敷の, 山は, 広い世界, 御帰国, 押して, 押せなければ, 有るから, 松波博士の, 現われたに, 私は, 籠城した, 練りきれないの, 解こうと, 諸国を

▼ 理髮店~ (23, 0.7%)

3 といふもの, の店

1 [17件] だつての, なきま, にゐた, に歸, に行, のご, のならば, の亭主, の古ぼけた, の嚊, の思ひ, の若い, へ入, へ行つて髯, を出る, を開い, 直ぐ前

▼ 理なき~ (21, 0.7%)

7 にあらず 2 に非, はもちろん 1 がため, がゆゑにその情, ことを, こと明らかなり, にあらざる, にあらじ, にしも, に似たれ, を明, を説き明かし

▼ 理あり~ (18, 0.6%)

1 [18件] しかも太祖, てかく, て五行, て勝つ, て存する, て帝, て敗れ, といえ, とか虎, としたまい, とせ, とは存じ, と信じ, と思う, 各非理, 君主は, 石田が, 驢は

▼ 理づめ~ (18, 0.6%)

1 [18件] だ, だけで扱いきれない, では絶対, で申さ, になり, に慎重, に施され, に犯人, に糺弾, に解した, のもの, の世間, の主張, の吟味, の将棋, の理, の相撲, の責め手

▼ 理という~ (18, 0.6%)

5 ものは 4 ものが 2 ことも, のは 1 のが, のである, のでしょう, もの, 者に

▼ 理~ (17, 0.5%)

2 が采配, は六十, は月代, を責めました 1 とおさの, と全く, のいけ, はとうとう, はまた, はまだ, は乗出しました, は泣き出し, は額

▼ 理大臣~ (17, 0.5%)

3 と爲

1 [14件] から, がいけない, がおれ, が入, たらむとするのみといへると一對, たりし, だ, だと, として公, になりたい, の先祖, の靴音, やそれから, を以て宮内大臣

▼ 理~ (17, 0.5%)

5 賣の 3 賣, 賣に 1 賣その, 賣と, 賣は, 賣を, 賣宮内, 賣患苦

▼ 理~ (15, 0.5%)

1 [15件] なるが, によっては恩愛, に合, に拠り, に據, の境, の解析, の道, はあり得ない, はない, は神明, をあやまつた, を弁え, を米友, を解する

▼ 理毘賣~ (14, 0.4%)

9 の命 1 の命二柱, は喪, を嫡妻, を畏, を負

▼ 理~ (14, 0.4%)

2 な理解力, な要素 1 とはわが, なしかし, なるが, な面, に感じ, に理解, のよう, の徑路, 必ずしも人知以外, 真怪

▼ 理~ (13, 0.4%)

31 からである, から勝て, が天下, というの, というよう, と云わね, と思いました, な吾輩, ね, 撥は

▼ 理なれ~ (13, 0.4%)

1 [13件] どこれ, どもこの, どもその, ども一人, ども事実, ども知識, ど僕, ど暫く, ばその, ばなり, ば吾人, ば我身, ば此慾望

▼ 理兵衛~ (13, 0.4%)

1 [13件] がよい, に脱疽, の, の妻, の妻同様, の趣味, はこの, は匿名, は性格, は放縦, は温順, は農人群, を監督

▼ 理髮師~ (13, 0.4%)

2 の源助さん

1 [11件] が遣, といへ, と云, のセミヨン, の外, の小細工, の店, はいつの間にか, は否, や裁縫師, を一人お呼び

▼ 理ある~ (12, 0.4%)

2 に似たれ 1 ことと, こと明らかなり, ものとして, ものに, やうに, を, 事なれ, 水成岩の, 筋あり, 青蛇を

▼ 理なり~ (12, 0.4%)

1 [12件] しかるに実際上, とく千年, または妙策, 以上の, 但し吾形, 俊雄は, 問屋の, 好惡, 然れ, 狹き, 礼に, 而し

▼ 理を以て~ (12, 0.4%)

2 之れ 1 一種の, 予め死, 推すべからざるもの, 推せば, 神に, 繋ぎ忠義, 美を, 考えて, 論ずべきでは, 論ず可

▼ 理である~ (11, 0.3%)

1 [11件] からである, が, が折, が此, が行けない, し現に, とされ, とすれ, にもかかわらず, のにその, 私の

▼ 理には~ (11, 0.3%)

1 [11件] ただ貪, まことに後, ゆかないからなあ, ゆかないもの, 事を, 勝てねえ理窟, 屈しぬが, 悉しい, 武田勢も, 父も, 負けないと

▼ 理なく~ (10, 0.3%)

2 鬼神その 1 したがって世襲君主, ば二人, 世襲権利ある, 人爵ある, 帝に, 心異なれ, 礼法慣習を, 精神の

▼ 理にも~ (10, 0.3%)

1 かなう, とるによつて, ならぬはかない, 人情にも, 似て, 及ぶ事, 外れて, 晦かった, 歴史にも, 非にも

▼ 理によって~ (10, 0.3%)

1 あたたかく生れ変っ, どっちかへ, みれば, 前から, 得たの, 現われた大きな, 生ずるもの, 筋の, 薄いところ, 馬は

▼ 理~ (10, 0.3%)

4 でお, にも非分 1 が御, に非分

▼ 理~ (10, 0.3%)

1 がお, がそば, というりっぱ, と二人, など言ふよみの精霊, の歌, の神, はそんな, はたいそう, を背なか

▼ 理あらん~ (9, 0.3%)

9

▼ 理から~ (9, 0.3%)

3 いえば 1 この人物, 兵法を, 吸ひ込んだ, 感応自得し, 推して, 麗江じつに

▼ 理において~ (9, 0.3%)

1 人の, 勝つべき根拠, 嫌と, 存するあたわず, 当らざるが, 決して抱合, 相違が, 自らこれが, 許すべきもの

▼ 理する~ (8, 0.3%)

1 かはまあ, にあり, に一, に至, の良妻, 事一々, 人起る, 妙機の

▼ 理たる~ (8, 0.3%)

1 は則, は或は, も憲政黨, も總理, やすでに, や元, や第, 勢力を

▼ 理では~ (8, 0.3%)

1 ありませぬが, ございますまいか, ございませぬが, ない, ないかと, ないでしょうか, なくすすんで, 断ち切れぬ

▼ 理として~ (8, 0.3%)

1 偏謝する, 内閣を, 冷えた手, 執りあげること, 好意を, 正々堂々政治的活動, 殆ど何等説明, 許すべからざること

▼ 理とは~ (8, 0.3%)

1 このこと, 事かは, 人知以外に, 何物ぞ, 申されぬ, 知らずに, 謂ひ, 違う

▼ 理~ (8, 0.3%)

2 のである 1 のか, のであります, ので有る, んだ, んで, 性質が

▼ 理により~ (8, 0.3%)

1 この犯人, この處, てかのい, てこ, てこの, 礼拝の, 説くが, 雪子の

▼ 理~ (8, 0.3%)

1 代々の, 強さ, 方様の, 法を, 甲の, 良識を, 著者が, 術では

▼ 理~ (8, 0.3%)

2 必然の, 盡な 1 じんな, 理を, 盡にも, 盡何んの

▼ 理~ (8, 0.3%)

1 が海, というお, と浦島子, はこれ, はまたの名, をお, 亦の, 其の次に

▼ 理~ (8, 0.3%)

2 といふの, と書い, にしたら, にせい

▼ 理~ (7, 0.2%)

1 以テ之, 以テ独立シ英国ト交ヲ, 極メ, 求ムルコト無, 知ランガタメニ修行シテ時節ヲ, 穿鑿スル論辨ヲ, 聚メテ一貫ノ

▼ 理~ (7, 0.2%)

1 がある, が合わねえ, が無い, とをもっ, に合わねえ, に合わん, の通り

▼ 理~ (7, 0.2%)

1 が出, にては之, に思, の十一門, の如く, の如し, を閲せ

▼ 理學士~ (7, 0.2%)

1 が研究, となれる, なの, に於, のこと, の聲, は言

▼ 理心流~ (7, 0.2%)

1 というあんまり, というの, の一派, の奥伝, の家元, の近藤三助, の近藤家

▼ 理~ (7, 0.2%)

1 とを兼ねた, に落ち, を交, を眼前, を究竟, を講, ヲ聴キ

▼ 理通義~ (7, 0.2%)

1 とは人々, の四字, をもっ, をも枉ぐべきもののよう, を妨ぐる, を許す, を逞しゅう

▼ 理~ (6, 0.2%)

3 非か 1 くる, まだ聞い, 清十郎は

▼ 理~ (6, 0.2%)

1 て, てしまふ, て税務署, て行く, ながら善吉, 事を

▼ 理との~ (6, 0.2%)

1 世界に, 前後なく, 後先なく, 推進力が, 相連結, 間の

▼ 理なりと~ (6, 0.2%)

1 いう, いえば, するも, 確信せる, 言ふ, 論じて

▼ 理なる~ (6, 0.2%)

1 が故, ことは, ことを, に冬, に老い, 神示霊感夢想などが

▼ 理~ (6, 0.2%)

1 から此原因, から考へれ, の不適合, の要求, の適不適, も斟酌

▼ 理主義~ (6, 0.2%)

1 が主要, とか論理学的発出説, となっ, に於, のよう, はその

▼ 理~ (6, 0.2%)

1 ありけり, ありて, となりぬる, の言ふところ, はおの, 即ち哲學者

▼ 理髮床~ (6, 0.2%)

2 の店 1 があつ, の前, の硝子戸, や辻

▼ 理なし~ (5, 0.2%)

1 という, とし, と思え, 俗は, 彼は

▼ 理右衛門爺さま~ (5, 0.2%)

1 がいわっし, が潜っただ, が胴の間, その時, もそう

▼ 理姫命~ (5, 0.2%)

1 となった, に対してこれ, の御歌, はもとより, は伊弉諾尊

▼ 理攻め~ (5, 0.2%)

1 であり時に, にし, に功, ね, の弁護

▼ 理毘売~ (5, 0.2%)

1 が大国主命, との, と婚, を嫡妻, を負い

▼ 理的妖怪~ (5, 0.2%)

1 すなわち真, といいます, とは不可思議, は純正哲学, より論ずれ

▼ 理~ (5, 0.2%)

1 せざること, せしむ, せられずやと, や浴場, を畢つた

▼ 理です~ (4, 0.1%)

1 か, からまた, の, よ

▼ 理といふ~ (4, 0.1%)

2 ものです 1 ことを, 字を

▼ 理としては~ (4, 0.1%)

1 外存的に, 小伝を, 必ずや通ずる, 聞えるが

▼ 理なら~ (4, 0.1%)

1 おれを, む, オレが, 千早は

▼ 理~ (4, 0.1%)

1 て先づヱネチア往古, にき, ると, 磨いて

▼ 理~ (4, 0.1%)

2 なるを以て 1 ありて, などが其の

▼ 理小路~ (4, 0.1%)

1 の耳, の脚下, は役者, は眼

▼ 理~ (4, 0.1%)

4 賣の

▼ 理~ (4, 0.1%)

1 と秘怪, は哲学, は真, は道理

▼ 理比売~ (4, 0.1%)

1 と共に逃亡, に助け, は王者, を得

▼ 理源大師~ (4, 0.1%)

1 が葛, に後れる, の御, の法力

▼ 理~ (4, 0.1%)

1 と義務者, にし, に濫用, はそれ

▼ 理~ (4, 0.1%)

1 である, にはなにか, にゆかね, の根本

▼ 理~ (4, 0.1%)

1 である, と云う, は既に, を秘し

▼ 理あれ~ (3, 0.1%)

1 ども一度, ども敢, ど斯

▼ 理すなわち~ (3, 0.1%)

1 威力なり, 真如即万法万法即, 運命善と

▼ 理でも~ (3, 0.1%)

1 ございませんが, ないが, 非でも

▼ 理とも~ (3, 0.1%)

1 いうべき超自然的, なりましょうこの, 思わずに

▼ 理など~ (3, 0.1%)

1 中庸の, 皆高妙なる, 鋭意研究

▼ 理においては~ (3, 0.1%)

1 いかにも当然である, 少しも, 水戸皇家と

▼ 理においても~ (3, 0.1%)

1 当に, 情においても, 返す言葉

▼ 理について~ (3, 0.1%)

1 もっと深く, 如来の, 考えても

▼ 理にて~ (3, 0.1%)

1 かくなる, 己の, 既に清朝下民

▼ 理による~ (3, 0.1%)

1 ものであろう, ものなりや, 自然力の

▼ 理より~ (3, 0.1%)

1 さらに推し及ぼし, 生ず, 視たるなり

▼ 理ヅメ~ (3, 0.1%)

1 にごまかす, にできた, の現実家

▼ 理~ (3, 0.1%)

1 も前後, を度外, を明らか

▼ 理學博士~ (3, 0.1%)

1 の學位, の第, は尚

▼ 理~ (3, 0.1%)

1 に出, を勤め, 不列三后乎

▼ 理~ (3, 0.1%)

1 のというだ, の相, を持っ

▼ 理~ (3, 0.1%)

2 の王 1 の王三柱

▼ 理~ (3, 0.1%)

1 のきらい, の過誤, は芽

▼ 理~ (3, 0.1%)

2 とす 1 に進入

▼ 理義明白~ (3, 0.1%)

1 いささかも, であつ, である

▼ 理能美~ (3, 0.1%)

2 が家 1 が養

▼ 理解る~ (3, 0.1%)

1 ことだけは, と思う, 人間では

▼ 理趣經~ (3, 0.1%)

1 の翻譯, の胡譯, を譯

▼ 理あい~ (2, 0.1%)

1 も同じ, も槍

▼ 理しよう~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 めにな, めの

▼ 理その~ (2, 0.1%)

1 以前父孫堅の, 子の

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 かし, かしこれ

▼ 理だにも~ (2, 0.1%)

2 聞えたらば

▼ 理であり~ (2, 0.1%)

1 宇宙の, 林房雄は

▼ 理でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばなりません

▼ 理とか~ (2, 0.1%)

1 また誰, 名の

▼ 理と共に~ (2, 0.1%)

1 かなた至上高點に, 心情を

▼ 理なから~ (2, 0.1%)

1 ず, ん

▼ 理なけれ~ (2, 0.1%)

1 ばこの, ばその

▼ 理ならず~ (2, 0.1%)

1 とせん, やこれ

▼ 理にたいする~ (2, 0.1%)

1 同じ唯一, 彼の

▼ 理に従って~ (2, 0.1%)

1 好まざる戦, 流るべき方向

▼ 理また~ (2, 0.1%)

2 コックリの

▼ 理よろしく~ (2, 0.1%)

1 一切放任を, 永久平和を

▼ 理ハ寂然不動~ (2, 0.1%)

2 即チ心

▼ 理一空~ (2, 0.1%)

1 に入れ, も柳生流

▼ 理云々~ (2, 0.1%)

1 とくる, と有る

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 宜しく去るべしである, 疑フベキコトナシ

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 の槍, は

▼ 理僧都~ (2, 0.1%)

1 が延長年間, は

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 なるや, の理

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 です, の随筆物等

▼ 理多多~ (2, 0.1%)

2 斯弖

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 御酒を, 理から

▼ 理大臣桂伯~ (2, 0.1%)

1 と直接, よりも外務大臣小村男

▼ 理学会~ (2, 0.1%)

1 なる会, に入っ

▼ 理学士帆村荘六~ (2, 0.1%)

1 はちょっと, は築地

▼ 理學部~ (2, 0.1%)

1 に人類學, に於ける

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 に幸, 少卿

▼ 理岐志麻美~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 の中, の自律

▼ 理志丹~ (2, 0.1%)

1 といえ, とした

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 があるであろう, は無い

▼ 理~ (2, 0.1%)

2 にする

▼ 理有り~ (2, 0.1%)

1 て紊, 或は理

▼ 理毘古~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 理派ら~ (2, 0.1%)

1 は多少, は批評

▼ 理深く~ (2, 0.1%)

1 解微, 言葉にも

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 キヲ熟考セヨ, 功徳と

▼ 理知人~ (2, 0.1%)

1 ほどやがて, ほど迷信的

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 はいずれ, まゐ渡り

▼ 理美しき~ (2, 0.1%)

2 槻胴縁には

▼ 理義如何~ (2, 0.1%)

1 ぞ菅公, に高く

▼ 理義彼~ (2, 0.1%)

2 に於ける如く

▼ 理自動車~ (2, 0.1%)

2 に押しこんだ

▼ 理蕃政策~ (2, 0.1%)

1 の中心地, は著

▼ 理蘇理~ (2, 0.1%)

2 多多斯弖

▼ 理責め~ (2, 0.1%)

2 なのね

▼ 理趣六波羅蜜~ (2, 0.1%)

2 多經

▼ 理~ (2, 0.1%)

1 などの書物, に図った

▼ 理都紀斗~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼ 理雄先生~ (2, 0.1%)

1 と紫先生, も紫頭巾先生

▼ 理革一~ (2, 0.1%)

2 として成功

▼1* [341件]

ずくに, 理いまだ解すべからず, 理おのずから然るもの, 理かと訊ねると, 理かなひても, 理からも不利を, 理がのみ込めませぬ, 理くつ以上の真実, 理くつ形やかましい道行, 理くつ抜きに, 理くつ探求の見物心, 理に茲, 理こそこの年頃作者, 理この春ごろから, 理身分年齢から, 理あんまりな, 理さえありと, 理さらに異なること, 理すこぶる玄妙なる, 理すべて地方の事, 理せめて哀れである, 理たらざるも, 理たりしこと, 理だけでは, 理だけで捌けるもの, 理つみて自然, 理づめで断定的であるから, 理づめで理論的で形式的, 理づめな権威力をもつ, 理づめな物言いの出来ない, 理づめな蜂谷はともかく, 理づめのこしらへものである事は翻つて, 理づめみたいなのにひどく官能的, 理づめ一方に行為, 理であって言葉, 理でございますか, 理でない限りは, 理といったような, 理とかいうものが, 理とから綜合した, 理とこそ覚ゆるなれ, 理とともに世人の, 理とに敵対する, 理どうしたらわし, 理ないから, 理なども皆同じ, 理などを推慮に, 理ならぬ契には, 理にこそ御身は, 理にたいして平素あまりにも, 理については洞山大師, 理によつて考察する, 理によるかをたずぬるに, 理によるに相違ない, 理に対して彼は, 理に従い自然の, 理のみを見て, 理はたして真なら, 理はなはだ解し難し, 理旅役者の, 理への反逆も, 理まことに毫釐の, 理までが動いて, 理むる方無く掻乱, 理もとより正反対, 理らしく売り付けるのです, 理なければ, 理わりて恨み, 理をのぶること, 理をば吝む気, 理をも弁えぬ荒夷, 理アルニ似タリ, 理クツをいっ, 理ナル慣習ノ下, 理ニテ固ヨリ怪ムニ足ルナシ, 理ニ於テ穏ナラズ宜シク改正, 理ニ歸スル如ク所謂江海ノ浸, 理ニ至ル迄意外, 理ヤラ非ヤラ, 理ヲ論ジ之ヲ分, 理一歩進むごと, 理一路より同一, 理三君のやう, 理上及實踐上の定説, 理上因果法であるもの, 理上天無聲無臭贊歎, 理且つ不人道, 理且其忠告憂勤, 理世安民の治略, 理主義的解釈は今, 理にはいっ, 理事務をとつて, 理云甲州ニテハ三国山ト称スルコト甲斐国志ニ見ユ, 理の匂い, 理人心にそなわり, 理介槍術では海内無双, 理介等の勇士, 理何人が之, 理の開創, 理優婉明麗なるお, 理元田肇氏は島田氏, 理先事後詮方もない, 理である, 理八これが全部, 理八五十がらみのよく, 理六世が死する, 理兵次も垢, 理兵衛方に及ん, 理と看做し, 理具万事出心外無理, 理内ニ暗シ如此, 理冷血な人間, 理切めて荒尾, 理判定せられたるもの, 理別法で櫂釣, 理勢然ること能はざる者, 理医農工等の学科, 理千万に存ぜられます, 理博覧会シカゴ博覧会にも皆, 理即ち倫理に, 理即事である, 理ともただ, 理卿三十三同従三位, 理及其声金磬石なり, 理及實踐に關, 理嫦娥病裏顔, 理右衛門どんが入, 理右衛門なんざ己がベソ, 理右衛門乙川出生の斎藤清左衛門等, 理右衛門徒えも, 理右衛門爺さんなんかが来る, 理右衛門行秀林与左衛門正定, 理合ぢや, 理合因縁だ, 理同一にし, 理が報告, 理否曲直一切はありのまま, 理否条路は女, 理命火遠理命, 理当に, 理より多し, 理國其王有侍婢千人, 理地球の組織, 理変質の左翼少女滔々, 理大臣たるを得ざりき, 理大臣めおれを棍棒, 理大臣め棍棒で二度おれ, 理大臣東京府知事警視總監を兼務, 理大通悟覚普門開放万, 理にあり, 理姫伊弉冉尊伊弉諾尊及大己貴命の四神, 理姫案内はお前, 理衡を, 理は奉, 理学士つていふんで, 理学士佐和山さんです, 理学士内藤房子女史の断髪姿, 理学士医学士もう一人, 理学士吉岡哲太郎君です私, 理学士大隅圭造は花陵島, 理学士天津ミドリ嬢が苦心, 理学士帆村荘六君も丁度, 理学士帆村荘六氏です, 理学士志水サチ子の値打, 理学士恩田経介君からの所報, 理学士文学士潰が利く, 理学士星宮羊吾だった, 理学士水島寒月でさあ, 理学士水島寒月君ともあろう, 理学士白丘ダリアとを調べ, 理学士石川光春君の試食, 理学士福島浩君がまだ, 理学士藤野米吉君が液, 理学士西芳菲山人の名, 理学士認定の蔭, 理学士香椎六郎でした, 理學化學其の他, 理學博士遠藤吉三郎であつ, 理學士大野助手野中事務員を同行, 理學者にのみ必要, 理學者たちに逃げられ, 理學者寺田寅彦博士は又, 理は, 理安策恒三雄之介, 理の淳祐年間, 理宗帝は大いに, 理宗皇帝のとき, 理用天宝重, 理宜して天下, 理宜しく布報すべし, 理灼然なり, 理に七年間おとどまり, 理宿命的な義理, 理小路某と臆, 理卿, 理尭舜の道, 理を, 理工医農法文経の七部門, 理工農医の各科, 理平等の理, 理微予輩, 理はこの, 理度売命は鏡作連, 理度売命玉祖命の五人, 理庵熊谷弁庵が列座, 理弧背術といっ, 理当然でもござる, 理に適ってる, 理径明透して, 理心二つを一体, 理心流二代目近藤三助は武州多摩郡加住村, 理心流道場試衛館の若, 理想おもひ, 理抽象的な真理, 理文理などの用法, 理文理等に轉, 理の時間, 理既に昧者に, 理昆売との, 理明らかに平等, 理からずある, 理なれば, 理曲者即手爛或置蛇瓮中令, 理ヲ讀ミ感ズル所アリ, 理會スルハ我々ニテモ力ノ及バザルコト, 理會出來ぬこと, 理會想像をも指す, 理月沙という者, 理有らんや, 理有る也と, 理未だ曾て, 理にかけての我が, 理極めて睹易き, 理死端と云, 理死論によって能, 理殊に明瞭也, 理殊更特筆大書する, 理残るくまなく, 理比売出で見, 理毘古伊佐知の命, 理毘売出で見, 理毘賣出で見, 理の学, 理江戸湾に闖入, 理かなる, 理滿はかうし, 理ではござんすまい, 理無き事能はず, 理無しとは申し, 理無理争ひ, 理でか, 理多邇授与賜有随歓美喜比, 理理即事である, 理理想じゃないです, 理生者必滅の道, 理申候へば我山, 理的これなり, 理的たるを知れ, 理的儒教は早く, 理的哲学も冷酷, 理的哲学者と執, 理的妥當を失ふ, 理的性質を有する, 理的想像すなわち理想, 理的本体はすでに, 理的研究も伴, 理的絶対を信ずる, 理同じ, 理は殊に, 理知行合一致良知説を立てられた, 理研究者も應用研究者, 理確実なれば, 理示すぞや, 理範數疇を脱せん, 理などに出, 理絶対の体, 理絶義の道こ, 理緻密な真名古, 理縵四縵矛四矛を分け, 理義之悦我猶芻豢, 理義務の関係, 理義精純邦儒語録ノ翹楚タリ, 理而推之引類而演, 理聞えて無下, 理聞えずと弁ずる, 理能美おのが養, 理能美三人議りて, 理自ら森着すぢ, 理自然の大作用, 理至極せりと, 理を具備, 理致精詣, 理舞うて地, 理英氏北条祐賢氏などとしばしば, 理の政策, 理蕃上由々しい問題, 理蕃上非常にわるい, 理蕃政策上内地人巡査が蕃婦, 理藤原行成の三跡, 理藩院の尚書, 理蘇督の像, 理行成だの弘法大師, 理衙門にもまた, 理見えずやあるべき, 理解せられそうして上酒一升, 理解せる正しき美, 理解って頂きたい, 理解明せんもの, 理言外の言, 理許斯御酒ぞ, 理評事を勤め, 理評事韓生の駿馬, 理の美, 理かこの, 理證述友篇などいふ, 理を指す, 理を云, 理軍学の蘊奥, 理転々して, 理輪廻の姿, 理かるべし, 理遂にその國, 理道義の等しき, 理道風もいる, 理醫農工等の學科, 理野陶然さ, 理にし, 理を争う, 理錦袋舎等の号, 理に会っ, 理長ずるかと存じ, 理と信門, 理門認識の絶対, 理院判例集や法律編査館, 理院神主は樹下民部, 理靈魂天命鬼神等に關, 理を悲しんだ, 理髮屋を出る, 理髮店豆腐屋まであ, 理髮者に或, 理はしい