青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「球~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

現われる~ ~現代 現代~ ~現在 現在~ 現場~ ~現実 現実~ ~現象 現象~
球~
~理 理~ 理屈~ 理性~ ~理想 理想~ ~理由 理由~ ~理窟 理窟~

「球~」 1554, 17ppm, 6771位

▼ 球~ (376, 24.2%)

6 ころがして 5 打って, 突いて 4 手に, 投げて 3 突いた

2 [19件] くわえに, つけて, とって, ふいて, ふくなど, 入れた, 包んで, 取って, 塗りつぶすの, 売って, 奥の, 拭いた, 撞いて, 見て, 覗いた, 観るべし, 買って, 開く日, 雪の

1 [311件] あんなに打つ, いう, いじって, うけ取る事, うけ渡して, うつこと, おっかけたおけの, おっことす, かっ飛ばしそれ, かんかんかんかんと, ください, くわえて, ぐいと右, ぐりぐり擦る, こしらえて, ころがすと, ころがすので, ころばしながら, さしこんで, さし出して, して, しらべて, すくって, すつかり抉り出さなければ, その代わり暗がり, その各, だした, だすあの, ちょと, ついて, ついてるうち, つかもうとして, つかんだかと, つかんで, つきながら, つくって, つくつて, つくりそれ, つくり形, つくキユー, つけた奇異, つっこんで, つまみあげいきなり, つるりだ, とったり, とれよ, なくすん, なぐって, なして, にぎりかえて, のせた青い, はずして, ばらまく, ひた走り追, ひとつ買っ, ふっ飛ばすと, ほうりつける, また奪っ, もつて, わんわんの, キョロキョロさせ, ギョロリと, クルクルまわし, グイグイと, グリーンに, コスリまわし, サルノコシカケと, ジャンプし, ティに, パチ, ヘッディングしよう, ムキ出しに, 一つぽとりと, 一周し, 三つと, 三つ撮み出した, 世間の, 並べながら, 並べ直すの, 中心として, 中心に, 乱して, 二つとも, 二つながらここ, 作って, 作へながら, 作りながら, 使ったもの, 僕らが, 光らかして, 円柱で, 凝視し, 凹ました, 出した, 出すなあ, 出すね, 出すよ, 出来るだけ, 剥き出して, 割ったり, 去る事一海里許, 取て, 取られて, 取り, 取りあつかって, 取りて, 取り返した人, 取ること, 取るやいなや, 取出して, 受け取る勇吉, 受け止めるを, 受け留めると, 受取った, 受取って, 口の, 吊して, 同じ方向, 含んで, 呑み込むと, 喰べて, 回して, 地上に, 変へ, 外して, 外すと, 外れて, 奪いあって, 奪い取り妾, 奪い取ろうと, 奪うこと, 奪おうと, 宙釣りに, 寄附しよう, 密封した, 小さくし, 小槌ふるい, 小槌揮ひ, 嵌めたるにも, 巻きだした, 平気で, 平面の, 幾つも, 弄ぶこと, 得るか, 憧れて, 戞ッ飛ばし, 手玉に, 打たしめん, 打ちこんだねえ, 打ちながら, 打ち合って, 打つて, 打つと, 打つべき木, 打つよう, 打つを, 打つ気合い, 打つ為, 打つ空鳴り, 打つ者ら一, 打つ音, 抉り抜かれた乞食, 投げあうキャッチ, 投げた, 投げたり, 投げら, 投げる, 投げると, 投げる奴, 投げ出して, 投げ合, 投げ女, 投げ当て, 投げ渡すやう, 投ずるを, 投ずる事等, 投ずれば, 投らなけれ, 抛ぐ, 抛げ, 抜いて, 抱えて, 押えた, 拭き終って, 拾ったの, 拾っては, 拾ひ, 拾ふ, 持ちて, 持った万千代, 持つて, 持出して, 指の, 捕えるよう, 捕るには, 探し当てようその, 描いて, 描きその, 揺り動かして, 携えて, 撃たば, 撞いた同僚, 撞いてから, 撞いてる佐藤, 撞いてる時, 撞きながら, 撞くの, 撞けば, 撞こうじゃ, 撞こうと, 攫み得て, 攫み走者, 敵に, 更に力強く, 机上に, 植えたもの, 極めて高柳君, 横の, 止めこれ, 此印度洋上に, 洗った, 潰して, 灼熱し, 照す時, 狙うん, 狙った足, 狙ふんだ, 白うする, 白くし合っ, 皆取り払った, 盗むには, 盗もうと, 真白に, 破裂する, 磨く話, 磨って, 磨り上げると, 磨り潰す流儀, 積みあげる, 空中に, 突いたら面白い, 突いたり, 突きじめ, 突き倦, 突き出したとき, 突き切って, 突く, 突こうとも, 第三基人, 第二基人, 糸くずで, 納れた, 網に, 綺麗に, 繋いだ皮革, 置いて, 草の, 落して, 落しまた, 落として, 衝突させたがる, 袖口で, 見ざるべからず, 見たとき, 見たの, 見つけた時, 見つめ居るそこ, 見れば, 試みた, 認めたと, 調べてから, 貫かずは, 貫通す, 貫通する, 買うお, 赤くかかげつ, 走つて行つて, 身を, 身構えて, 転がしたり, 転し, 転んで, 転下すれ, 追って西域, 追って道端, 追つかけた, 遥かに, 遮り止めて, 遮り止め直ちに, 遮るべき網, 金貨の, 開いて, 開くには, 離るる, 露き出し, 静な, 静止させる, 音高く, 頭に, 頭の, 頭上たかく, 飛ばして, 飛ばすより, 飛ばせたり, 飛び出してから, 食いとめたかれは, 高く擲つ, 高く飛び, 高く高く放り上げる, 鼻で

▼ 球~ (296, 19.0%)

23 ように 18 ような 10 中に 7 やうに 4 上に, 中から, 中には 3 やうな, 中の, 中を, 形を, 表面に

2 [15件] 下に, 内部より, 大きさ, 形に, 扉, 数を, 方は, 方へ, 色が, 行く処, 表面を, 設計者だった, 音に, 飛び出るほど, 飛行

1 [181件] あたま, ある場所, ある海岸, ある物, いかに尊い, うち, うら, かたちすら, かたちを, かっ飛, からみついて, ことが, ことで, ことです, ことについては, ことは, こと山姥の, ごとく丸く, さまを, その身, そばを, ために, ついたスイッチ, ついた広告, つながりに, てっぺんに, ところにも, ない台所, なかには, ぬくもりの, ほうが, まわりには, ようであり, ギョロギョロと, クリクリした, クリーム入れが, サツクを, 一つを, 一方から, 一部は, 三燈合はせ, 上で, 上では, 上部を, 下縁, 下辺に, 中だけは, 中での, 中にて, 中にも, 中までも, 中より, 五寸ばかり, 任務は, 位置を, 光が, 入る塁, 入れて, 全波受信機が, 内側の, 内部に, 内部への, 内面を, 冷えた場合, 別天地に, 前に, 動き行くべき, 半分だけが, 半径と, 取り方, 周圍を, 呻り, 問題と, 噴火口の, 回転なし, 圖を, 圧力を, 地に, 場合と, 場合の, 外に, 外側だけが, 外圏を, 外面は, 外面を, 多く通過する, 大きなの, 大きなロイド眼鏡, 奇蹟によって, 奥底に, 如き小, 如き月, 如くかの, 如く飛上り, 存在が, 存在を, 容積の, 小ロンドン, 左半面に, 左辺に, 底と, 底部から, 底部に, 廻転に, 当たった点, 形しか, 形でございます, 形は, 意, 愛汝等の, 手を, 接点附近も, 数が, 斎王が, 方が, 方を, 方角に, 明るさ, 春天に, 曲る理由, 本性, 来るの, 極には, 横腹に, 滑かな運動の, 焦点から, 片側へ, 理論バットと, 皮と, 目方を, 直径は, 研究が, 磁極に, 秋に, 突き振, 粒である, 経路には, 線も, 群ゐ, 腹部の, 自己に, 色艶が, 落ちた方, 行き交いの, 表面から, 表面が, 表面は, 裏が, 調, 調に, 質量は, 赤道に, 起源については, 距離を, 転がるよう, 運動に, 運動機関車の, 運命を, 達する処, 重たさ, 重量や, 間に, 間の, 陵に, 陽帶電と, 雄の, 音, 音が, 音は, 音も, 音を, 音眠, 響, 響きなどを, 響きの, 響きは, 響きを, 飛ぶの, 飛揚せる, 高く揚る, 黒いうち

▼ 球~ (139, 8.9%)

4 輪に 3 出来ると 2 ある, お腹の中, でんと, 宙に, 強いので

1 [122件] あたったとき, あった, あった太陽, ありましょうちょっと, あるが, あるし, いくらの, おさまって, お互いに, きたら片足, ぎらぎらと, くるくる舞つてなか子, ここん, このよう, こぼれるやう, ころがり出しいろいろ, すぐに, ずらり並ん, そのいずれ, その分と定められたる, そびえて, それて, それでも瓦斯, たいへん速い, たくさん見える, たしかに手塚, たまって, だんだんに, だんだん熱, ちっともはいらん, ちゃわんほどの, ついて, つまみあげられて, とびかかって, とぶよう, なくったっ, なんだか生き物みたい, はめ込んで, ひしげたり, ひらくよう, ふうら, もう下り始める, やぶの, キラリキラリと, グロオブに, グローブに, ジリジリ沸騰, ロケットとして, 一つぐるぐる, 一つ挿され, 丁度圭介, 丁度鎖, 与えられて, 二つに, 二つ前と, 互いに相手, 人体集団を, 今では, 今も, 光るの, 冷たくなっ, 動かされなくなって, 半分以上も, 取るべき形, 右傾し, 同じ横, 四つ塊まっ, 回転し, 地面に, 墨黒の, 外へ, 多くあたりました, 天上から, 天空より, 小さくなる, 小さな振子, 巴に, 幾条と, 当らないん, 悪くなる, 手を, 拡がると, 時々途中, 横に, 次第に大きく, 此島を, 深海の, 湯川さんの, 滾げ, 燦然たる, 現れた, 現われて, 球同士で, 白く往き来, 白昼に, 眼に, 石の, 空に, 空間に, 突けたまでさ, 紅い手巾, 自分の, 落ちかかって, 落ちたか, 表面に, 見えた, 見えだした, 見えなかった球, 見えなくなるまで, 覗うた所へ, 走者に, 蹴れたから, 転げ落ちた, 酸化の, 雁首から, 青かつ, 静かに, 風の, 飛ばなくなった, 飛んだなら, 飛んで, 黄色い光

▼ 球~ (139, 8.9%)

2 この演壇, どこへ, ヤク大学の, 一たい何であろう, 万年雪が, 常に動く, 常に防者, 形も, 我が佇つ

1 [121件] あらかじめ自然, いくら御, いつまでも, おそろしく速かっ, おなかの, かすかな, かすかに, かの恐ろしき, かれの, こまかい仕事, ころころと, ずいぶんみんな, その近代的闊達, それに, それは, とんと弾む, どこにも, なかなか強い, ねらいを, はずみぬ, はたして千三, ぱつと破裂する, ぶんぶんうなっ, また高く, みんなファウルに, もっとも壮, もろく力, よく飛んだ, グルグルと, ショートの, ジュリアが, ジリジリ小さい, ノックの, 一個二厘が, 一直線に, 三千數百尺の, 上へ, 中央が, 二つとも, 二つの, 二個あった, 二条の, 互いに相手, 今しも, 伸びるかと, 何に, 依然として俺, 俗に, 全で, 全部透明な, 出なかった, 出来ず点火, 出来初め, 前に, 印度洋の, 危険警戒を, 原子核の, 器械囲いの, 回が, 大地を, 大概ネットに, 大概ネツトに, 奇蹟を, 尺余も, 左翼の, 常に自己, 幾度も, 弾けて, 後に, 忽ち進行, 恰も鵞毛, 愛と, 我色に, 或は速く, 手塚の, 手近で, 投者の, 敬二少年の, 敵の, 早く漢文, 暴いから, 本基, 枠を, 極く, 横に, 機械か, 次第に収縮, 歪みます, 水素瓦斯の, 流星の, 海岸の, 海面を, 満月の, 煙の, 生物である, 白人によって, 皮膚を, 直角内に, 窩の, 粉だらけに, 細い指, 終始ただ, 良く飛ぶ, 花が, 落ちて, 蛙の, 誰にでも, 赤くなる, 走り又, 走り我銀, 速力において, 遂に勢, 野蒜であった, 金属で, 離して, 電灯会社でも, 飛び出して, 飛ぶこと, 高く, 高くネット, 高目の

▼ 球~ (78, 5.0%)

3 の躯 2 にとつて, のやう, はいつ, はすぐ, はシュミイズ一枚, は眞鍋, は自分

1 [61件] がいつ, がボイル, が一番, が座敷, が産院, が鏡, だけはもの, にた, にはその, には自分, には退屈, に喰ひつ, に始め, に相談, の思ひ, の揶揄うに, の汗ばんだ, の激しい, の豪奢, の躯ぢ, の額, はさ, はその, はたうとう, はつくづく, はとりとめ, はまだ, はもう, はダイヤモンド, は下女, は不行儀, は何, は六ヶ月近く, は化粧, は同じ, は始め, は寢たま, は強い, は思つて, は急, は手, は松葉町, は松谷, は枕, は正直, は涼しい, は眼, は素直, は茣蓙, は茹で, は薄汚い, は裸, は起き, は返事, は部屋, は重たい, は髮結, を何度, を誘, を金, を驚かせる

▼ 球~ (63, 4.1%)

3 なって 2 して, する木, 及ぼす引力

1 [54件] ある, からまって, こう当て, したもの, したもの二つ, した四つ, しては, ついた, なつて, ならないすなわち, なります, なる, なるの, なるはず, なる品, ほかならなかったの, まるめて, 乗って, 乗り移って, 乘つて此大使命を, 似た恰好, 何を, 依る探海家, 入り而, 入る電子, 刈りこんである, 取るから, 向って, 呆ん, 塩を, 屈折された, 正電気, 比べると, 水を, 注目せざれ, 煙草の, 祕し, 統ぶる如き, 罅を, 群る, 見えたが, 見とれて, 触りし蝶, 触るるというは, 触るれば立どころ, 触れざる時, 触れて, 触れると, 詰めて, 足を, 近づくと, 近づけて, 障りが, 響きわたらしむ

▼ 球~ (29, 1.9%)

3 なって 2 球と

1 [24件] これに, それぞれ針金によって, それとを, なりて, なり燃え切らないで, なる, なるに, みなしその, 一緒に, 取り換えましょうかと, 呼ばれて, 平面とが, 平面との, 形も, 思ひ做, 東京ビルの, 次第にその, 球との, 相触れ, 石の, 羊皮紙とを, 羊皮紙を, 衝突した, 頭脳の

▼ 球~ (24, 1.5%)

3 の球

1 [21件] ではひどく, では始終, といふもの, にも碁, に淫する, に疲れ, に誘った, に走る, に通った, の中, の名手, の戯れ, の相手, の趣味, は二十五歳, も御多分, やそれから, をばもてあそぶ, をやる, を初めた, を少し

▼ 球~ (20, 1.3%)

4 の上 2 に腰掛け, の下

1 [12件] から向き, から飛び下りた, がどれ, が浮かん, に腰, の側, の暗い, の椽, や道具類, を楯, を見出す, を降り

▼ 球突塲~ (18, 1.2%)

2 を題材

1 [16件] から歸, があつ, がある, がふ, が廢業, が遠く, で一戰, で初めて, で突い, といふもの, によく, の常連, へ寄つて來, へ通つて, を背景, を見つけ

▼ 球~ (12, 0.8%)

2 の上 1 ととり組ん, に燃え移り, に高周波, のアルミニウム, の一点, の表面, の電導度, は表面, を張っ, を置い

▼ 球~ (10, 0.6%)

1 やはり結晶, 少しは, 撞かない自分, 撞けないじゃ, 新鋭な, 水泳も, 羅紗も, 蒲田に, 鞠も, 黒く汚れた

▼ 球突場~ (10, 0.6%)

1 になってる, にはいった, に姿, に居た, に行った, に通った, の広間, へ通った, を出, を去らない

▼ 球~ (9, 0.6%)

3 の光 2 を掲げ 1 が樹, を吹, を點, 輝き船

▼ 球~ (8, 0.5%)

2 遊んで 1 なかなか骨, 何日か, 日々の, 私たちは, 衝撃し, 野球を

▼ 球にも~ (8, 0.5%)

4 あたるの 1 なる, 優れるを, 細かな, 鞦韆にも

▼ 球~ (8, 0.5%)

2 に電子 1 から照光器, にいかに, に入, に存在, の電子, の電氣密度

▼ 球突き~ (8, 0.5%)

2 の棒 1 である, に来た, のおや, のゲーム, はどう, テニス水泳山登り碁将

▼ 球でも~ (7, 0.5%)

1 かならず止める, 其の護謨球, 出して, 投げつけるよう, 短い棒, 突いて, 転がすよう

▼ 球から~ (6, 0.4%)

1 出る主, 墮落の, 射出される, 無事に, 直接中間子理論へ, 離れる

▼ 球突台~ (6, 0.4%)

1 が一つ, が丁度, が据え, で隔て, のうしろ, のそば

▼ 球~ (5, 0.3%)

1 からカスカス, といふ, と云う, と同じ, と考え

▼ 球には~ (5, 0.3%)

1 お母様の, 力が, 方向が, 毒分, 眼玉の

▼ 球~ (5, 0.3%)

1 ガラスの, 五月幟の, 均質平等である, 歌牌の, 碁や

▼ 球~ (5, 0.3%)

1 がぐるぐる, がたがい, がむっくり, であるの, は一体

▼ 球~ (5, 0.3%)

1 がその, がみるみる, は徐々に, は情容赦, は覆面

▼ 球投げ~ (5, 0.3%)

2 をし 1 のかたち, をする, 樋川の

▼ 球~ (5, 0.3%)

1 だから, だって狂人, ですか, のきれ, よ大きな

▼ 球賭盤~ (5, 0.3%)

1 に使う, の必勝法, の文字板, の象牙玉, をなすった

▼ 球ころ~ (4, 0.3%)

3 がし 1 がしだ

▼ 球である~ (4, 0.3%)

1 ことが, と思う, と言う, 地球が

▼ 球との~ (4, 0.3%)

1 衝撃によって, 衝突の, 間に, 関係を

▼ 球と共に~ (4, 0.3%)

1 ロブノール湖の, 此印度洋の, 海洋の, 落下した

▼ 球なんか~ (4, 0.3%)

2 膝の 1 ガラス屋へ, 別に

▼ 球ばかり~ (4, 0.3%)

2 磨いて 1 では, で物

▼ 球~ (4, 0.3%)

1 がある, の説, を漢訳, 尚真

▼ 球ころがし~ (3, 0.2%)

1 の店先, の緑色, をし

▼ 球だけを~ (3, 0.2%)

1 ほうり相手, グルリグルリと, ポケットに

▼ 球という~ (3, 0.2%)

1 形像が, 感じが, 珠を

▼ 球なんて~ (3, 0.2%)

1 云いにくい, 日本に, 簡単な

▼ 球より~ (3, 0.2%)

1 このとき一, 成り縱横, 解けり

▼ 球~ (3, 0.2%)

1 に死に, に立てる, の大気

▼ 球即ち~ (3, 0.2%)

1 他の, 光に, 根は

▼ 球~ (3, 0.2%)

1 だと, へも来まし, を止め

▼ 球~ (3, 0.2%)

1 へ籍, をよし, を創設

▼ 球~ (3, 0.2%)

1 でとても, に近き, は遍く

▼ 球あらぬ~ (2, 0.1%)

2 方へのみ

▼ 球ある~ (2, 0.1%)

2 のみ

▼ 球ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 大きさ, 小球

▼ 球すなわち~ (2, 0.1%)

1 太陽光雲の上に, 鉄の

▼ 球だけ~ (2, 0.1%)

2 取り脱して

▼ 球だけが~ (2, 0.1%)

1 消え残って, 生々と

▼ 球であっ~ (2, 0.1%)

1 てそのうち, て同じ

▼ 球です~ (2, 0.1%)

1 が, ね

▼ 球では~ (2, 0.1%)

1 ないかと, ねえよ

▼ 球なら~ (2, 0.1%)

1 なくに, ばだから

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 猿が, 達した

▼ 球みたい~ (2, 0.1%)

1 で決して, にはやく

▼ 球一つ~ (2, 0.1%)

1 にある, 動かす事

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 でも猿芝居, の黒熊

▼ 球友達~ (2, 0.1%)

1 に接する, も心配

▼ 球~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 ぐらいいくら, にこっ

▼ 球江さん~ (2, 0.1%)

1 は子供, 大變

▼ 球江たち~ (2, 0.1%)

1 には一日, も晝間

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 をたらし, を入れ

▼ 球皮上~ (2, 0.1%)

1 に沿っ, の火花

▼ 球突屋~ (2, 0.1%)

1 で暮し, を初め

▼ 球竿~ (2, 0.1%)

1 だの木銃, のよう

▼ 球糖菓~ (2, 0.1%)

1 も同様, を誇張

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 という稲作, もまた

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 は此辺, を無理

▼ 球買い~ (2, 0.1%)

1 に出歩いた, のため出入

▼ 球~ (2, 0.1%)

1 よりも低, よりも低温

▼1* [126件]

ありて此卓上, 球何かへ, 球がまはる, 球ぐらいに固まること, 球こそこの遊戯, 球ごときチョロ, 球さえ宇宙で, 球じみたギョロギョロする, 球じゃないや, 球すぎるからそう, 球たとい身の上に, 球たまってま, 球だけとなる, 球だろうと思う, 球つて毒薬なん, 球づつ百合の根, 球であったがその, 球であり内部の, 球でありまして中, 球でないと受けとれぬ, 球とかあるいは鉄, 球とが窓を, 球として見えて, 球とは似つかない汚い, 球とを何処とも, 球どもの残骸, 球なげをし, 球などのできると, 球などを附け日, 球なりのおなかの, 球なんぞが突けたこと, 球においてのみこれが, 球にかけてはその頃, 球について谷へ, 球につけ替えた, 球にて滿さる, 球に当たるロプ・ノールも, 球のねもとにも, 球のみ光って, 球ばかりを撞いて, 球また難球, 球まで見せたの, 球よりも大切に, 球らしい色合ひ, 球をも打ちこなした対師範校, 球を以て宮殿と, 球キユウチヨウクお客の人柄, 球ボヤに鶴床, 球一年下の三浦, 球一球と次第に, 球三箇松の小枝, 球に傑出, 球介が, 球五万哩余程沐雨, 球を半分, 球以外に新品, 球光る公園に, 球を付加, 球処有, 球動かざりしかば疲れ, 球勢変化を思わせる, 球十二勝なり, 球取ってくれせ, 球台の下へ跼まし, 球台中一台だけが正常, 球台球キユウチヨウクお客の人柄, 球同士で空中衝突, 球周遊の途, 球には火山, 球の空気帽, 球にどの, 球売りがい, 球のやう, 球寒暖計は夙に, 球専門の屑屋, 球屋さんその赤い, 球左腕投手一服クンが嫉, 球強ければ防者, 球待ち構ふる張りきらむずる立ち, 球を離, 球手裏剣の飛道具, 球の遊戲, 球投ぐる振の, 球拾いの子供, 球排球などがあり, 球撞きをし, 球は少く, 球は死, 球日天子の座, 球楕円三角鋭角鈍角平面四角八角ギザギザ階段その他いろいろの, 球なり, 球正当の位置, 球より郵送, 球氏一人のみ, 球江がたはむれ, 球江邸の露台上, 球燈国旗満頭飾, 球燈國旗滿頭飾をした, 球燈見せ物人の顔, 球百二十五ついにこの, 球皮張りの太鼓, 球磨きになる, 球に飛ぶ, 球突塲氣分なるもの, 球突塲通ひも出來なくなつた, 球突振そのものを例, 球突語でい, 球一である, 球美らの国人, 球の畠, 球葉いく層光る内, 球葱スープだの豌豆スープ, 球葱球葱は此辺, 球視察の目的, 球角錐円錐円柱等の問題, 球に懸く, 球賭戯ならやったこと, 球越しの何千里, 球蹴りをし, 球転がしの芝生, 球遊びをした, 球雲外側のガス, 球が響い, 球は全部破損, 球風物亦多, 球體共の樣子