青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「現実~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~現われた 現われた~ ~現われる 現われる~ ~現代 現代~ ~現在 現在~ 現場~ ~現実
現実~
~現象 現象~ 球~ ~理 理~ 理屈~ 理性~ ~理想 理想~ ~理由

「現実~」 8950, 97ppm, 1138位

▼ 現実~ (2629, 29.4%)

51 中に 44 中で 34 世界に 24 問題として 20 生活に 19 生活を 18 なかで 15 上に, 生活の 14 うちに 13 世界の, 姿を 12 世界は, 世界へ 11 ありよう, 世界が, 中から 9 ものと, 中では 8 世界を, 前に, 問題としては, 転位の 7 人口を, 人間は, 生活から, 生活と, 社会の, 社会を, 複雑な 6 すがた, なかでは, 世界と, 事物の, 姿が, 生活が, 生活で, 生活では, 諸条件

5 [11件] ものとして, ものに, 世界で, 世界では, 中の, 内容を, 問題を, 存在の, 社会に, 自分の, 見かた

4 [21件] うちで, ように, 一部として, 世に, 事情に, 人と, 人の, 人間の, 前で, 力を, 問題に, 姿の, 姿は, 実際問題, 彼の, 方が, 歴史の, 生活は, 諸関係, 醜さ, 間に

3 [58件] きびしさ, ことである, こととは, ために, なかに, ひき続きでは, ものとは, よりどころ, 一面に, 世界から, 世界である, 中でも, 中には, 事実の, 事情は, 人口の, 人口は, 仮感という, 低さ, 力の, 問題は, 地盤から, 変化は, 姿で, 姿である, 姿に, 存在そのものを, 存在を, 実際の, 形に, 意味を, 意識を, 或る, 政治は, 条件に, 核心に, 根拠が, 状態に, 状態において, 現象の, 生活とは, 生活において, 生産物の, 真相を, 瞬間が, 矛盾を, 社会で, 社会生活の, 秩序に, 自分が, 自分は, 裡で, 複写では, 諸問題, 諸現象, 身を, 重圧が, 面白さ

2 [155件] あらゆる解釈, いきさつを, おまえに, ことだ, ことと, こととして, この世が, どこに, なかへ, もので, ものである, われわれの, 一片は, 一瞬から, 不便を, 世の, 世界, 世界との, 世界とは, 世界には, 中へ, 事を, 事件として, 事実である, 事実と, 事実な, 事実に, 事実は, 事情を, 事態に, 事態においては, 事態の, 二つの, 五十年しか, 人口が, 人口実測に, 人生の, 人間には, 人間を, 今日の, 仮借な, 例が, 価値を, 内で, 内容は, 再検討, 凄味や, 凡ゆる, 処理に, 出来事と, 制度に, 前では, 創造である, 力に, 動きを, 只中に, 可能と, 可能の, 可能性を, 哲理が, 問題じ, 問題と, 問題な, 国民生活安定の, 地盤と, 地盤に, 壁に, 外に, 多様な, 大部分, 女に, 女の, 女は, 女を, 如しという, 姿と, 姿として, 婦人たちとの, 存在が, 存在そのものの, 存在は, 実在界の, 実相を, 宿六をも, 差を, 強健な, 形象を, 彼岸に, 必然の, 忠実な, 恐ろしさ, 恐怖を, 意識が, 感情に, 感慨を, 技術の, 政治に, 断片を, 日本において, 有様と, 条件が, 条件を, 根から, 根と, 根元を, 根柢裏づけが, 歴史に, 歴史的現象についての, 母は, 現象を, 理想化が, 生きて, 生活からは, 生活そのものを, 生活との, 生活に対する, 生活力が, 癩者を, 真の, 真を, 矛盾が, 矛盾の, 矢田津世子で, 知識は, 社会と, 社会には, 社会は, 社会生活, 社会関係の, 習性的道徳から, 自己の, 苦悶を, 苦痛を, 行為であり, 表面だけを, 観察や, 言葉を以て, 認識と, 認識を, 諸事情, 貧弱さが, 贋道徳で, 追究の, 運動, 運動として, 過程では, 過程には, 過程は, 醜い姿, 重圧に, 錯綜の, 関係が, 関係の, 闘争の, 風習であるなら

1 [1516件 抜粋] あくどい印象, あらゆる事柄, あり方から, あるまま, いい機会, いずれの, いとなみが, いりくんだ関係, うえに, うちから, うちには, おはる, きびしい直射, ぐうたらを, こせこせした, ことであろう, こととも, ことの, このギャップ, この人, この自分, さかいが, すべてが, そういう対立, そこらに, その町, それぞれの, それよりは, つかみかた, つよさ, どの一齣, なかでの, なかにすら, ひきうつし, ひとこま, ひどい有様, ほうが, ままで, まま文学に, むごたらしさ, もつ奇蹟, ものか, ものであるなら, ものを, やつれた暗, より深い, われらの, アムバランスから, イメージを, カテリイヌを, コースを, チグハグに, データから, パンを, プロセスとして, マットウな, リアリスティックな, リビヤの, 一つの, 一タイプとしての, 一切に, 一断面を, 一相である, 一葉は, 一部な, 一面が, 一面を, 上にも, 不安を, 不愛嬌, 与えられた矛盾対立, 世では, 世の中で, 世を, 世界そのものと, 世界であっ, 世界としては, 世界における, 世界以外に, 世相を, 中において, 中心として, 予想され得る, 事件には, 事実から, 事実だ, 事実自身の, 事情の, 事態のみが, 事物に, 事物も, 二重焼つけの, 人々の, 人は, 人口に, 人口実測と, 人日野資朝の, 人生ある, 人生との, 人生や, 人間から, 人間だった, 人間として, 人間や, 人間性の, 人間的な, 仕事の, 代りに, 仮感として, 低い要求, 作品に, 例は, 便宜で, 保科哲夫に, 個々の, 傷痍に, 儘ならぬ, 光から, 光景では, 全社会, 具体性を, 内に, 内容づけ, 内容の, 再現をこそ, 冷厳さの, 処理, 出来事であった, 出来事に, 出来事よりも, 出発点では, 切なさ, 別の, 利害関係自身を, 制約によつ, 刻々に, 剔抉という, 力が, 力である, 力という, 力は, 労苦と, 動きに, 勢いという, 勤労と, 区別や, 南洋は, 単なる観察, 危険が, 反ファシズム運動, 反映は, 取り扱い方, 受け身な, 可能を, 各面に, 名誉利益勢力そういう, 否定な, 周囲で, 商品, 問題だ, 問題という, 問題には, 問題に関しては, 問題運動, 営みが, 困難が, 国で, 国の, 国土を, 国家に, 国語を, 在りよう, 垢に, 基礎が, 堅い皮, 場に, 場合では, 場面から, 塵一つ動かす, 境界さえ, 境目ぐらいの, 壁の, 声であった, 変更それへの, 変革の, 外壁に, 多様性を, 夢か, 大きな虚偽, 大地に, 大異変, 天地に, 夫婦が, 奇蹟に, 奥に, 女としての, 女体には, 姿から, 姿とを, 娘時代の, 存在, 存在そのものに, 存在に, 学でなけれ, 安逸さが, 宗教生活の, 実感に, 実際と, 客観的な, 客観的運動法則に, 密度が, 寝台は, 対象と, 封建性と, 尾佐の, 川の, 己れ, 帰結であった, 平凡な, 幸福を, 広い外, 底には, 建設を, 弁証法事物を, 形で, 彫刻に, 影響力の, 彼女により, 彼自身とは, 復権だ, 微細な, 心の, 心理の, 必然を, 必要から, 忍術使いに, 快楽は, 思想から, 急流に, 性格などについて, 恋から, 恋を, 恋愛も, 恐怖から, 悦楽と, 悪夢だ, 悲しさ, 悲喜に対して, 情勢から, 情勢に, 意味の, 意識では, 意識は, 愛らしさ, 感じから, 感じ恐怖も, 感情より, 慾望とは, 成績は, 我れ, 戦での, 戦時的活動の, 手法をも, 批判とかいふ, 批判精神などを, 技術水準を, 拒否, 捉え方, 掟に, 推移した, 推移を, 掴みかた, 描写よりも, 摩擦を, 支配が, 攻撃について, 政治から, 政治にとっては, 政治的社会的規制から, 政策として, 故に, 敗北を, 整理によつ, 文学作品を, 文学的追求とは, 文筆に, 日常では, 日本に, 日本人に, 明海に, 春琴をもって, 時現実の, 時間的歴史的プロセス, 暗さ, 最も正しい, 月光も, 有様であり, 有的進歩な, 本末を, 本質を, 束縛を, 条件によ, 根拠を, 検討に, 楽園が, 様相に対して, 機構そこに, 正しい方位, 正確さを, 歩みの, 歪みも, 歴史が, 歴史においては, 歴史的な, 歴史的特殊性によって, 歴史的運動そのものから, 母に, 毎日の, 比重を, 民族生活を, 汚さ, 汽車の, 波間に, 流通は, 深い生, 源泉と, 激しい流れ, 灰色の, 無気味さを, 煩悶を, 物の, 物的事物の, 物質的な, 特殊さへの, 特異性を, 犯人も, 犯罪手段その, 状態では, 状態につき, 現実的な, 現象に, 理性に, 理由や, 理解が, 環境を, 生きた姿, 生において, 生命を, 生活さしずめ, 生活それみずからの, 生活での, 生活にも, 生活よりも, 生活力に, 生活感情に, 生活教育によって, 生活生きた, 生活資料の, 生産物にとっての, 生産量でも, 男女の, 町と, 畏怖憂苦が, 疾病を, 痛みと, 発展は, 発見であり, 発見とは, 直接利害では, 直視力の, 相手を, 相貌を通して, 真に迫ろう, 真実だ, 真理の, 真直中に, 瞬間, 矛盾にとり, 知恵から, 知識をも, 硬さ, 社会では, 社会悪と, 社会感情としての, 社会現象, 社会生活と, 社会的存在から, 社会的血行が, 社会関係を, 祭の, 私だった, 私は, 科学の, 秩序, 移動を, 種々相をも, 究明日本なら, 突然な, 窮状が, 立場について, 箇々の, 粗暴野卑に, 糸の, 細目とでも, 組合わさり, 経済機構が, 経験の, 結果では, 結論的効果であり, 緋奈子を, 縺れの, 罠が, 罪悪の, 美女達よりも, 老僧たち, 耕作状態においては, 職場でも, 肥沃度に, 背景を, 能力は, 脅迫が, 自分に, 自己矛盾から, 自然界に, 自覚の, 自身達の, 舞台を, 艱苦の, 色彩を, 芝居の, 芸術化, 苦しさ, 苦という, 苦悶と, 苦痛や, 華やかに, 蜘蛛の, 行為にとっては, 表情の, 装飾なき, 補足であり, 複雑さいっぱいを, 複雑した, 要求そのもの, 見聞を, 規格が, 観かたの, 観念を, 解明力としての, 言葉の, 記述は, 証拠という, 証拠も, 詳細を, 認識の, 認識芸術評価の, 誠意に, 説明者の, 課題との, 諸体験, 諸文化, 諸相に, 諸過程, 豊富な, 豊饒さ科学的方法が, 貧弱さから, 質は, 跡を, 転位だ, 近代日本と, 途を, 進み方, 逼迫を, 過程という, 道, 道程を, 部分に, 醜敵, 重圧によっては, 重量が, 金吾は, 錯雑を, 間では, 間は, 関心から, 隅々までを, 階級闘争は, 障碍を, 集中的な, 非に, 非惨事, 面と, 面影な, 頂点の, 領分は, 顔です, 風景が, 風波を, 飢えを, 香気とともに

▼ 現実~ (1124, 12.6%)

22 即して, 於て 12 存在し 10 向って 9 生きて 8 存在する 7 触れて 6 ふれて 5 於ては, 立って, 自分の 4 それが, まびれ, 対処する, 於ても, 目を, 立脚する, 面して

3 [16件] あったという, あっては, あるの, あるもの, それを, なって, われわれの, 作用し, 就いて, 当面し, 把握する, 直面し, 示して, 立脚し, 立脚しない, 見て

2 [65件] あって, ありのままに, あり得るだろうか, ある, おかれて, かえった, さらされて, して, じかにぶつかれ, それは, つき入って, つながって, なるという, ひし, ぶつかって, もって, やって, 下手に, 交われば, 人間の, 停止し, 即した人生行路, 即した漸進的, 即した精神, 即するもの, 取って, 喜怒哀楽する, 地球の, 夢を, 婦人の, 安ん, 屈服し, 形を, 必要な, 快楽を, 成育し, 或る, 戻るの, 救は, 根ざして, 根を, 機会に, 殺されないと, 満足せざる, 現れて, 直面する, 眼を, 知って, 示す信仰, 神を, 私たちの, 突き入って, 立ち向, 絶望し, 絶望しない, 繋つてあり, 背を, 落ちこんだ落伍者, 行われて, 行動し, 行動する, 足を, 身を, 適用する, 重大な

1 [807件 抜粋] ああいう, あった, あったにも, あてはまるもの, あてはめて, あらゆる建設, あらわれたとんま, あらわれた二つ, ありうるとは, あり得ない, あり得ないこと, あるから, あるこの, あるとおり, あるとしても, あるどの, あるまま, あるより, ある一人, ある動き, ある物, ある芸術的価値, ある複雑さ, ある階級性, いかにし, いきなりぶつかっ, いくらかでも, いつも美しい, いなくなって, うたれて, うちあたって, うち当って, おこったこと, おそいかかって, お伽の, お千殺し, かえった時, かえれと, かえれば, かかわらず地球, かくある, かくの, かの先生, からみついて, きょうを, きりこむ作者, くいさがって, くらべれば, こういう人, ここな, ここへ, こだわって, この机, この社会, これという, これらの, これを, さまざまの, したの, したもの, し得るかは, し得可, し非, すぎないこと, すっかり圧倒, する, する天晴, せよとにかく, そうする, そう感じ, そして憂欝, そして現在, そのまま順応, その時, その点, その胸, それとの, それとは, そんな詩情, たえるもの, たえる作品, たちかえった, たった理解, つきこんで, つながりやはり, つめよって, つよく根ざし, つらなるこの, できたの, とっくんで, とって, とび込んで, とりかこまれて, どういう反応, どう行動, どう進展, どこまでも, どんな要因, なお異, なされるの, なった, なつて, なるには, なる公算, なれば, ぬきさ, のこる婦人, はげしく身, はじめてきいた, はみ出しでも, ひるまない生き手, ひる間つとめて家, ふかく入り, ふさわしくしなやか, ふみこんで, ふれた洞察, ふれない空虚, ふれる訳, ふれ合った心, ぶつかつて, ぶつかり美しい, ほかならぬ, まけて, まざまざと, まざまざ続いた, まとめて, ままあるらしい, みたされざるもの, めざめようと, もう熟し, もたらした一つ, もたらすこと, もとは, やぶれて, ゆき子に, わが光秀様, エセックスが, キリストは, ピラピラが, プラスする, リエの, 万屋から, 三分の一の, 不充分だった, 不可能である, 不思議を, 不足し, 与えられた一つ, 主観の, 久しい歳月, 事件が, 二万籠という, 亡びざるを, 人に, 今よりは, 今日の, 住み飽きて, 住んで, 体ごとは, 何か, 何かが, 何と, 何の, 何事か, 作用し合う, 便乗し, 保護され, 信じて, 倦怠を, 働きかえす力, 働くもの, 充ち各行, 入って, 入り来, 公定価格の, 公式に, 其処に, 冴え, 処して, 出くは, 出会ったらすぐ, 出来たこと, 利潤と共に, 到達し得る, 制約され, 割りあてられた, 加えられた作者, 努力する, 動いて, 勝つた, 危険が, 即しえられない彼女, 即したプロレタリア文学, 即した工藝, 即した心持, 即した理念, 即した生死, 即した論理性, 即しつつ, 即してこそ, 即しよう, 即し文学, 即すという, 即ち歴史社会的, 原子力が, 及んだ時, 反して, 反抗し, 取って返して, 取り戻し得たと, 受け取る処, 只の, 可能の, 合わせて, 同じ仕事, 向う感情, 向っての, 向っては, 含める理想, 吸収し, 呼びさまされた彼, 呼び戻される, 命が, 営む生活, 固着し, 土に, 在った東京, 在る, 在るの, 執着する, 基く哲学的範疇, 堕落タイハイと, 堪える作品, 多くの, 夢の, 失望する, 奇蹟を, 奪えるの, 女の, 如何なる文化部門, 存在した, 安住し, 定着し, 実行出来る, 密着し, 密着した, 対決し, 対立させ, 対面すれ, 就いての, 屈伏し, 属するしか, 山家の, 山東軍の, 希望と, 帰って, 帰らなければ, 帰ろうと, 平和の, 幸福を, 幻滅を, 幼い伸子, 広くたえる, 延びつつ, 引きもどしたという, 引き寄せるよう, 引き戻して, 引き移して, 引戻され, 弱めるもの, 当面した, 当面する課せられた, 彼らによって, 彼等の, 彼自身の, 得られるか, 得意の, 徹した生活記録, 徹しなければ, 徹すること, 必然的な, 忠実な, 怒り自由, 思へるやう, 思索を, 悲しかった, 感じた記憶, 感じられ出したの, 成り出させようと, 我々の, 戻って, 所有しない, 所有する, 打たれつづけて, 把握されなけれ, 把握出来, 抵抗しよう, 押されたと, 指摘する, 掣肘する, 接して, 接近した, 推移し, 握りしめねば, 支配し, 政治上からも, 文学を, 斬りこんで, 新しい学習院, 新社会, 於いてこそ, 於ける安定, 於ける相関関係, 於ける首まり, 日本の, 早くから, 暴威を, 有る処, 有利な, 未練が, 柱を, 根ざせ, 根拠を, 極めて大, 正月の, 歴史を, 死んで, 残つた, 残るの, 母性を, 比して, 比べたなら地上, 気づいたの, 決して有り得ない, 決戦戦争は, 活かした暮しぶり, 活かすため, 活きた興味, 深く根, 深く相応, 減って, 減少する, 満足させよう, 満足せず, 演じられた演劇, 無内容, 照らし合わせて, 爆風的圧倒を, 独本土上陸を, 独立を, 現われたかの, 理解させました, 理論される, 生きそして, 生きたま, 生きた人間, 生きること, 生きるそれぞれ, 生きるもの, 生きるわたしたち, 生き生長, 生涯が, 生産された, 用いて, 用ひ, 疎い理想主義的, 発生しない, 白, 盛りあがって, 目撃され, 目撃したい, 直面せよ, 相当するだろう, 真直うちあたっ, 眼の, 眼醒め初める, 知らず又, 知らない人, 破れたの, 示されるには, 示したやう, 社会を, 社会的道徳に, 祭の, 私たちが, 私は, 科学的な, 移されねば, 移されようと, 移って, 程遠い幾世紀, 突き入る, 立ち返らせた, 立つ動機, 立向かい闘いつつ, 立脚した, 立脚しなかった, 竜太郎が, 終ったかを, 組みついて, 経験した, 経験しよう, 絡みあって, 縛られて, 繋って, 老いらくの, 而も, 聞えるよう, 肉迫し, 自分が, 自分達の, 自己の, 自殺を, 自由に, 自由党の, 致る, 花田と, 若い人々, 苦しめ自分, 薯は, 虐げられ苦しみつ, 行うこと, 行きあつ, 行じ, 行った文学活動, 行われた, 行われようとも, 行われる, 行われる会話, 行為の, 袋探偵は, 裏切られずには, 裏切られて, 襤褸を, 襲って, 見た, 見たの, 見たもの, 見た夜, 見た農民, 見つつ, 見ようと, 見られるだろうかと, 見ること, 見るアトラス, 見るベルリン, 見出された結果, 見出しがたき, 角を, 触れすぎたが, 触れた中, 触れようという, 触れると, 計画され, 記憶せられる, 訴える力, 評価され, 詰め寄られて, 誘い出し彼女, 課せられて, 諸行無常を, 負けたり, 貯えの, 起きて, 起こるはず, 近いとも, 近い不安, 近くて, 近づかうと, 迫る作風, 途を, 通じて, 造るという, 逢う機会, 逢つ, 進展し, 遂行される, 運動し, 過ぎないものであつて, 遠い神秘的, 遠く距, 適用され得る, 還った瞬間, 還り浦島, 酔ふこ, 醒めて, 重なりあひ見究めて, 鑿を, 闘争する, 降って, 雄弁に, 需要される, 非難され, 順応しつ, 順応する, 顕わしたる, 馳け, 駿介の, 魂を, 魔法を

▼ 現実~ (920, 10.3%)

51 なもの 12 な力 11 である 8 では 7 に存在 5 でも, な, なるもの, な問題, な地盤, な生活, になる 4 であって, なこと, な事柄, な内容, な感情, な観察, な関係, に

3 [19件] だと, であつ, であるという, であるといふ, でなければ, なる理論的意識, な事, な分類, な否定, な意味, な根拠, な歴史, な歴史的意識, な色, な要素, な詩, には存在, に把握, に自分たち

2 [71件] だった, だつた, であ, でありながら, であり夢幻的, であるから, であること, であるの, であるよりも, なそして, なの, なる意識, なシムボル, なプロセス, な人, な人間, な作品, な価値, な内容性, な前提, な効果, な動機, な原理, な在りよう, な夢, な姿, な娘, な実際, な形, な必要, な性質, な悩み, な感想, な描写法, な方法, な理想, な理由, な理論, な疑問, な真理, な眼光, な眼識, な矛盾, な知覚, な確信, な経験, な美女, な肉体, な自由, な見方, な規定, な解決, な記録, な連関, にし, になっ, に云っ, に交渉, に克服, に処理, に変革, に実際, に強固, に日本, に決定, に無限, に理解, に統一, に表現, に見, に解決

1 [565件 抜粋] あるいは心理的, さ, すなわち形相的, すなわち形相的実在性, だからね, だという, だなあ, であったという, であり之, であり内容的, であり実質的, であり実際, であり平面的, であり得よう, であり得るの, であり想像, であり我々, であり或いは, であり操作, であり現実的, であり非, であり高尚, であるかは, であるし, であるだから, であると, であるならば, である点, である限り, であれば, であろうと, でその, でない, でない思惟, でない活動的, でなかった, でなく物質的根柢, でまた, でエネルギッシュ, で中央, で丸, で健全, で動的, で日常生活, で生々し, で生々しく, で発展性, で真実性, で神秘的, で科学的, で統一的, で花札, で観念性, で駒井, ということ, と云っ, と感じられた, と理想的, なお伽噺, なかたち, なきっかけ, なこの, なそれ, なそれ丈, なつながり, なという, なよく, なるものの, なる世界, なる人間, なる先輩, なる宗全, なる机, なる理論, なを, なイデー, なエクスタシー, なシステム, なツナガリ, なヒューマニティー, なプロレタリア, なモメント, なラジカル, なリベラリズム, な一つ, な一層, な一空間, な不安, な不思議, な世俗, な世間智, な主観的作品, な主題, な事件, な事実, な人々, な人物, な今, な仕事, な代表的, な体得, な作為, な併, な例, な偶然, な優位性, な光, な光りで, な克服, な其角, な写し絵, な写生精神, な処置, な出発点, な分析, な判断, な判断の, な利害, な利害問題, な利益, な助力, な労苦, な勇気, な動力, な勢力, な千鶴子, な危機, な厚い, な原因, な参与, な可能, な合点, な合理主義者, な周囲, な商業都市, な問題提出, な喜劇, な因襲主義, な困難, な圧迫, な地図, な地歩, な売れ残り, な夢幻世界, な大いに, な大業, な大気, な契機, な女, な女体, な守り神, な定義, な実体, な実感的, な実現, な実践的, な家庭的, な寛大さ, な対象, な小説勉強, な山国人, な山男, な崇高さ, な平和, な幸福探求, な幻, な延長, な強味, な役割, な従って, な心, な心持, な必然, な快楽主義者, な思索, な性格, な恋, な恋愛, な恐怖, な悪, な悪辣さ, な悶えを, な意識, な愛国者, な愛憎, な感じ, な感覚, な態度, な慾念, な我, な戦意, な手助け, な手堅い, な手掛かり, な手法, な才智, な批判精神, な把握, な接触, な推進, な描写, な援助, な政治方針, な教養, な方, な日々, な旧い, な明瞭, な映像, な是正, な智慧, な暗喩, な有, な望み, な期待, な材料, な条件, な根柢, な棄ては, な概念, な模写, な機械的党派性, な欲望, な正体, な歴史叙述, な歴史概念, な歴史的, な歴史社会的, な死滅, な母性保護, な気分, な気持ち, な気質, な気韻, な洞察力, な滑稽, な濃い, な点, な熱情, な物, な物的, な物的過程そのもの, な物語, な物質的地盤, な状態, な理想家気質, な理解, な生きた一つ, な生きた連関, な生き方, な生活感情, な生活拡大, な生活的, な発展, な発展以外, な相対性, な真剣, な知見, な社会, な社会時評, な社会的勢力, な社会的実践, な祝福, な秘密, な秩序, な種々, な筆致, な範疇, な範疇組織, な粘り, な精力, な精神, な細部, な組織, な美魚, な義務, な考え方, な考慮, な肉感的, な肯定, な臣下, な自己評価, な良識, な花, な苦悶, な苦肉策, な行動, な表情, な表現, な見本, な見透しを, な視覚, な観念, な観念的, な角度, な解け方, な解決上必要, な解釈, な言葉, な証拠, な認識, な説明, な課題, な調子, な豊満さ, な身持女, な辛い, な近代主義, な迫真力, な追求, な進み, な運動情勢, な過程, な道, な道具立, な部分, な部屋, な醜い, な重大意義, な野心, な関心, な限界, な雰囲気, な青銅色ひと, な面, な面白, な音色, な願い, な風景, にあるいは, にいっさい, にいつ, にかかれ, にからく, にこん, にする, にそして, にそれ, にたたかっ, につよく, にとらえられ, にどう, になり得る, にのみ見, にのんびり, にはいう, にはお互い, にはこの, にはすでに, にはたし, にはっきり, にはとり, にはない, にはなに, にはなんら, にはね除け, には不可能, には作り得ない, には多, には大, には媒介, には家族制度, には意味, には感じなく, には整理, には明らか, には無, には無意味, には社会概念, には科学的, には結婚, には統一, には貧しく, には高度, にめざめ, にもたらす, にも現実, にも考えられる, にソヴェト同盟, にデスポティズム, にデッチ上げ, に一晩いくら, に一貫, に不可能, に事, に事態, に何, に作家, に偉大, に働く, に処理変更, に切迫, に別, に利き, に到着, に制作, に効果, に又, に合理性, に同じ, に否定, に吾, に固有名詞, に在りうる, に存, に学資, に完全, に実現, に客観的, に寄与, に対して懐疑的, に対立, に展開, に形, に徳, に必要, に怪しく, に感じられ, に感じる, に成長, に捨象, に掴もう, に揉まれ, に描かれ, に描く, に操作, に支える, に教, に明晰, に時, に普遍性, に書く, に構成, に様々, に歴史的, に沿うた, に洞察, に深まっ, に環境, に生き, に生き越し, に生活, に発展, に白紙, に直接, に省略, に真理, に知るべきである, に研究, に確保, に社会的意味, に私共, に納得批判, に紛らわしかっ, に経験, に結び付く, に結婚, に結果, に置かれ, に美しい, に考え, に自分達人民, に血, に行こう, に行ない得る, に行動, に観念的, に解し, に解す, に解明, に言う, に討論, に記載, に評価, に説明, に豊富化, に農民, に返った, に追いつ追われつ, に鋭い, に関係, に面倒, に響いた, に顕在的, に高い, のたたかいな, のやう, の事, の写生, の国民, の姿, の心配, の意義, の憂愁, の精力, の興味, 乃至理想的, 生そのもの, 諸問題, 諸要素

▼ 現実~ (780, 8.7%)

12 見て 9 離れて 7 直視し 6 現実として, 知って, 見る眼, 語って 5 もって 4 ありのままに, 忘れて, 理解し, 認識する 3 このよう, 反映し, 反映する, 基礎と, 整理する, 直視する, 観察する, 超越した

2 [62件] ありのまま描く, あるが, あるがま, そのままに, それが, たのまず自ら変化, つかんで, どこまで, はなれて, まざまざと, むしろ夢想, ゆがめて, 人間に, 伸子は, 冷酷に, 凝視し, 凝視する, 凝視せよ, 処理し, 化して, 善と, 夢と, 如実に, 完う, 尊重する, 把握し, 把握する, 持って, 掘り下げて, 描き出して, 描くと, 描こうと, 有りの, 正しく反映, 正視する, 歪曲する, 無視し, 無視した, 無視する, 特に日本精神, 現実的に, 発見し, 直観し, 知ること, 知るという, 示すこと, 科学的に, 考えて, 芸術に, 裁断する, 見た, 見ても, 見なければ, 見直すこと, 観て, 観る眼, 誤って, 超えて, 越えた美, 遊離し, 遊離する, 顧みて

1 [559件 抜粋] あやまり戦争, あらゆる意味, あれでも, いかにつかまえん, いきなり日本文化, いつでも, うけとって, うけとりそれ, うつすもの, うつす鏡, おのれの, かえて, かえりうつべき武器, かくそうと, かけ離れた野蛮, こういう形, こうして画家たち, この引用精神, こまかに, しらしめる, しるべきだと, じっと眺め, すつとんで, そう佗びしく塗り, そして自分, そのままカメラ, そのまま写した, そのまま奇蹟, そのよう, その一つ覚え, その文学, その様々, その発展, それなりに, それの, そんなにいいかげん, たたきま, ただ茫漠, つかむ予備知識, つたえにくい, つつみ込む性質, つめて, つらぬいて, てりかえした真実, できるだけいきいきと, とおして, とび越すすべ, とらえて, とらえ深められて, どうし, どうしよう, どうする, どうどうめぐりし, どうみる, どう見る, どの程度, なつかしみ苦笑さ, なまなましく反映, にせものと, のがれて, のがれ忘却, のみこまなかった自分, のみ尽さんと, はっきりつかみ, はなれたいわば, はなれた美しい, はなれた観念, ば観念の, ぱったり停め, ひっくるめた人間生活諸相, ひとたび虚無, ほんとに愛し, ほんのしばらく, まず分析, まだ信じられない, まるでゆがめ, みたして, みたの, みても, みないで, みると, みる新しい, みれば, もたらしたの, もたらして, もっと正確, もとめて, もより深く, よいまま, よく見, よく認識, よりゆたか, より以上, より深く, より良く, わたしたちが, われわれの, ギリシアの, トピック的に, バラバラに, パリの, ヒポケーメノンとして, プロレタリア, プロレタリア作家としての, プロレタリア作家の, ムキになって, モメントとして, リアリスティックに, 一つの, 一応逃げたい, 三思し, 三角や, 下目に, 世界に, 世界を, 二三歩遊離した, 云い表わすギリシア語, 些かの, 人々の, 人間の, 今も, 代表し, 仰ぎ待つて, 伸子に, 何十倍した, 作って, 作家の, 作者は, 信ずること, 信ずるもの, 信頼し, 倫理的な, 全部の, 全面から, 全面的に, 典型として, 再現し, 再現しなけれ, 再現しよう, 再現し合っ, 写すだけ, 処理する, 出来るだけ, 分析し得ない, 分析する, 切って, 初夏は, 別な歪め, 別の, 創りだしたの, 力強く彫り上げる, 動かして, 動かそうと, 包みかねるの, 厭い果てた寂しい, 厭い果てるよう, 去って, 取りもどしたの, 取り扱う理論, 合理的に, 否定し, 否定しない, 否定しよう, 否定する, 告げて, 告げること, 味わいピューリタニズム, 唱へ, 回避する, 回避せず, 土台と, 土台として, 埋めた気, 堪え忍ぶこと, 夢に, 夢の, 夢幻的に, 夢物語でない, 大きく変化, 大きく飛躍, 大なり小, 奇異の, 如何に, 孕んで, 学び非, 学んだの, 実在と, 実在一般の, 客観し, 客観する, 客観的な, 対象的に, 将来した, 小さく肯定, 少くとも, 少しでも, 平面的に, 広く複雑, 強いて, 強調する, 彼らの, 後方に, 徹底的に, 徹底的には, 忘るる, 忘れがち, 忘れさせる怖, 忘れたよう, 忘れること, 忘却し, 念頭において, 怒らせるよう, 怖れ, 思いおこさせる刺戟, 思いめぐらしたとき, 思う, 恐れない突き込み, 愛すこと, 愛する, 愛する現実主義者, 愛国的探, 感じる, 感じる心, 慰めようも, 慾の, 或は再現, 或る, 截断する, 托した方, 扱ひ得る, 批判しよう, 承認し, 承認した, 承認できない, 把握しきっ, 把握した, 把握しよう, 把握し得ず, 抜きに, 択ばしめた大きな, 抹殺したかった, 抽象し, 拵えない作家, 指し導く理知, 指導する, 捉えようと, 捉え得べき, 捕虜という, 探ろうと, 推察させた, 掴まなかった, 掴むべき機能, 掴んで, 描いたもの, 描いた作品, 描いて, 描き, 描きその, 描きたいと, 描き出すこと, 描き得たらすばらしい, 描くこと, 描くべしとや, 描くもの, 描写する, 描写するなら, 描破し得るであろう, 支配しない, 改造する, 救うに, 救う最短距離, 救ふ, 数歩おくれ, 整理し, 文学から, 文学に, 新たに, 明晰に, 明瞭確実に, 曝露し, 更え, 更にその, 更にひろく, 書くこと, 最も直接, 材料としての, 楽しんで, 構築し, 模倣し, 欺瞞する, 正しく把握, 正しく見る, 正確に, 正視せよ, 正面から, 歪めたもの, 歪めた観念, 歴史から, 歴史的な, 殆ん, 殺さなければ, 殺したの, 殺して, 殺すに, 殺す喜び, 求める人間, 決定し, 洞察し得る, 洞察する, 洞見し得た, 消して, 消去し, 淋しいもの, 深く見詰め, 深く識, 混乱させ, 清掃する, 温床と, 漱石に, 照す光り, 照らしだすこと, 率直に, 現わす, 現実に, 現実の, 現象的に, 理性で, 理想へ, 理想化し, 理由として, 理解させた, 理解しない, 理解しなけれ, 理解しよう, 理解する, 甘く見, 生々しく描く, 生かす道, 生きた痛切, 生きつつ, 生きつづける力, 生きて, 生を, 生活し, 発展の, 目のあたり知る, 目撃し, 直にあらわし, 直接かつ, 直接に, 直視すべきで, 直視せよ, 真にその, 真に歴史的, 真実という, 眺めること無用, 眺める角度, 眼の, 瞞着した, 知った結果, 知っては, 知つてゐた, 知らされたの, 知らされました, 知らしめること, 知らしめるという, 知らずその, 知らない夢みる人, 知らなければ, 知りことに, 知るため, 知るとき, 知る物語, 知ろうと, 石川達三という, 示して, 示すもの, 示す一方, 私たちの, 私の, 程よく着色, 究めつくすこと, 空しく目睹, 空想化し, 空想化した, 突きつけるよう, 築造し, 精神に, 紛らすため, 素早く計算, 素直に, 組み立てて, 組立てて, 経済政治の, 統括し, 綜合し, 綜合的に, 考へて, 考へると, 考究し, 肯定する, 自分たちの, 自覚する, 落着い, 被いなく, 覆い伝統的, 見きわめる卓抜者, 見ざるを, 見ずに, 見たり, 見たるため, 見とおすこと, 見ないもの, 見ない一部, 見ない文学, 見ながら, 見まわしたとき, 見よ, 見ること, 見るだけでも, 見るとき, 見るならば, 見るには, 見るより, 見る力, 見る勉強, 見る目, 見る見かた, 見出さ, 見出したとき, 見出したの, 見廻して, 見直さなければ, 見直し新た, 見直すという, 見直す心持, 見破る犀利, 視る眼, 観た, 観る目, 観察し, 観得る眼力, 観自由, 観賞する, 解剖し, 解明する, 解明乃至, 解釈する, 言い出し得ずもう, 訓と, 誇張した, 認識し, 語るすべて, 語るという, 語る色彩的手段の, 説明し, 諦めて, 謙虚に, 謳歌する, 讃めて, 超えたる架空, 超えた文学, 超えた理想, 超絶する, 超越し, 超越すべし, 超越せよ, 踏み台と, 踏み外しても, 踏み越えて, 踏み越えようと, 踏んで, 身に, 軽蔑し, 軽蔑せず, 迎えたこと, 追っかけるもの, 追求し, 逃避し, 通じて, 連続する, 遁走する, 遊離した, 遠くは, 遺憾と, 避けない愉快, 重くおそろしいもの, 鋭く見つめる, 隈なく, 雄弁に, 離れた夢, 離れた想像, 離れねば, 非現実, 顕微鏡的に, 顧みる余裕, 風刺に, 飾りなく, 高揚しなけれ, 鵜呑みに

▼ 現実~ (313, 3.5%)

4 このよう, 日本の 3 人間の

2 [13件] こんなもの, そのよう, それを, どしどし推移, 常にかく冷酷無慙, 常に地, 彼の, 概ねかく, 私の, 絶対に, 苛酷な, 複雑で, 遙に

1 [276件] あくまでも醜悪, あひにく, あまり大勢, あらゆる面, あるので, あれより, いかにも影, いくらかでも, いつか応じ, いつか消しとばされ, いつもこの, いつも彼, かくある, かくの, かく醜く, かような, きびしいと, こ, こういう共産党員, こういう点, ことごとく暗黒, この二三年, この古ぼけた, これと, これまた, これらの, これ丈である, こんな水っぽい, ごまかしきれないこと, しかし望む, すぐ変化, すべて氏の, ずっとおそく, せちがらく金銭万能, そういうもの, そういう主観的, そう単純, そう甘く, そのま, そのまま現実, その圧力, その場合, その瞬間, その芸術再現, その荒っぽい, その複雑さ, その関心, その骨骼, それが, それと, それとは, それに, それほどドラマチック, それ自らでは, そんなこと, そんなに小説的, た, ただヴォリューム, ただ受け入れる, ただ現実それ自身, たとへば磯, ちがって, ちっとも民主的, ちょうどその, ちょっと類, どうかと, どうせサラリーマン, どうであろう, どうでしょう, どうとも, どうにも, どう解かれ, どこかへ, どこまでも, どのよう, どの時代, どんどん推移, どんなに国内, ないと, ないの, ない筈, なかなかそんなにうまく, はっきりと, ふせて, ふたりの, まさしく現実, まさに飢えん, まざまざと, まだなかなか若々しく, みじめすぎる, みつからないの, みんなかかわっ, むき出しな, めいめいの, もっとドラマティック, もっと強力複雑, もとより全く知られ, やっと海岸橋, やはり紡績工場, わたしどもの, サト子が, ホテル・エソワイアンの, 一向にぴんと来ない, 一向理解, 一家庭内の, 一層彼女, 不安である, 亡国の, 人々の, 人間性と, 今こそ, 今後も, 任意の, 伸子に, 何と, 何を, 何事かを, 何時か, 余りにも, 作家たる, 作者に, 信を, 健やかである, 元来決して, 全然ちがった, 共産党の, 再び予算問題, 冷酷に, 処理すべき, 動いて, 勤労生活を, 十何年かの, 午後の, 卑小浅薄である, 単純に, 反対であった, 古きもの, 各個人, 否定出来ない, 哲学の, 問題でなかった, 堂々と, 変な, 多難であり, 夢と, 夢より, 大偶然, 女を, 如何なる幸福, 始めより, 実にひどく, 実はかかる, 容赦ない, 対象である, 小説の, 少しの, 少しも, 川端尾崎両氏の, 巧まずして, 常により, 常に亡びる, 常に人, 常に低俗, 常に孤独, 常に本物, 常に理論, 幕が, 強く彼, 当時の, 形を, 彼らによって, 彼女たちにも, 徐々にあり, 従って明治四十年代, 必ずしもさうで, 必ずしもそうで, 必然である, 忘れ去らるるを, 思想では, 恰も蚕, 悲しむべき貧し, 想像する, 我々が, 我々に対して, 我の, 所謂自然とは, 手に, 批判する, 抑えがたく, 支配者にとって, 新しい装い, 新テーゼ, 日給僅か一円なにがしの, 明日における, 普通の, 更にひろい, 果して人間, 果して男, 根本的には, 極めてリアル, 正に日本, 歪曲され, 歴史的現実である, 死に, 民主化の, 民主的文学に, 気まぐれで, 汝を, 決してそういう, 決してそんなに都合, 決して人, 決して男, 消えた, 混乱し, 漫才より, 片岡鉄兵の, 狡猾で, 現在である, 現実だった, 男の, 白面な, 皮肉で, 益々複雑, 眠りの, 知識人間にも, 示された, 社会的な, 社会的生活者としての, 神秘である, 秀吉の, 私に対して, 空想の, 空白では, 突然彼, 窮極における, 結婚の, 結論の, 絶えず彼等, 職場の, 自然の, 自称理論家や, 致し方ない, 艱難また, 苛烈だった, 苛酷である, 苛酷です, 血色の, 複雑そのものである, 複雑だ, 複雑な, 見出されるもの, 観念の, 言葉の, 認めた, 誠実であり, 説明の, 諸外国, 豊饒強靭であっ, 資本主義である, 超時代的, 迫って, 退屈だ, 進んで, 遙かに, 酒ある, 錯綜し, 階級的に, 零に, 青春の, 青鞜社の, 非常に, 非情であり, 革, 風流なすさび, 飽くまで現実, 駿介が

▼ 現実~ (256, 2.9%)

13 なって 5 なった, 理想との 4 常識に対する, 非現実 3 なったの, 夢との, 夢とを, 空想との, 自分との, 遊離し

2 [19件] して, それに, つなぎ合せる, なったか, なつた, なる, ひどく近く, 云うもの, 人間の, 取組むこと, 同じ地盤, 悪闘, 空想の, 結びつけて, 絶縁に, 美とが, 考えて, 考えられるの, 魂とが

1 [169件] あこがれだけ, ありましたけれども, いって, いっても, いふべきもの, かけはなれた不思議, かけ離れた世界, かわらない程, きりはなされて, きりはなしては, くっついて, しつつ, しなければ, するため, する西洋人, そして過去, その中, その心理, その文学, その特徴, その現実, その発展, その空想, その願望, たたかって, たたかわねば, つながって, つながり現実は, つながる生命, てらし合せて, てらし合わせて, てらし合わせても, とり組み, とり組むという, どういういきさつ, どこも, なつて, なりきって, なり得ないよう, なり得るもの, なるため, なる痛切, まだ与えられ, みるか, イデオロギーとの, ギャップが, ハリコフ会議で, ブルジョア文学だけ, メイエルホリドが, ロマンスの, 一致し, 世界を, 主観とが, 争うこと, 争ふこ, 争闘を, 二重の, 云い真理, 云うこと, 云うの, 云う様, 云う点, 云えば, 云って, 云ひ, 云われて, 人間とを, 人間生活の, 他に, 以上の, 仮定との, 似通うて, 作品との, 作品の, 作家との, 信じたま, 個人との, 偉大な, 全然仕事, 共闘し, 切りは, 取り換えること, 取り組んで, 可能とを, 合わない, 合わなかったり, 同じもの, 同じ低, 同時に日本, 向い合って, 呼ぶこと, 呼んだの, 呼んだ人, 堙滅とのみ, 夢とが, 夢を, 夢幻の, 奇蹟の, 妄想との, 妥協し, 実感が, 実感の, 客観的な, 対応し, 対抗し得る, 対立し, 差別し, 平行に, 幻との, 幻影を, 幻想が, 幻想との, 彼の, 心の, 快楽だけが, 想像の, 戦いその, 戦争挑発に対する, 文学との, 文学の, 文学を, 文学作品との, 日々の, 日本の, 未来に, 格闘した, 機微とを, 深い交渉, 狎れ合, 狎れ合つた気, 現実との, 現実に, 理性との, 理性合理性と, 理想, 理想とを, 理想の, 理想価値なき, 生殺与奪の, 直接の, 直接不離の, 看做してるもののも, 社会的実践からの, 神秘と, 符合し, 等置, 精密に, 結ばれた実体, 結び合おうとしても, 美との, 考えられるもの自身, 自分という, 芸術上の, 衝突するなら, 見る, 見るには, 親しむの, 言ったよう, 言ふべきであらう, 訣別しよう, 詩と, 読まれる文学, 課題に, 調和させよう, 論理の, 闘い抜いて, 離れた空想, 飛離れた別世界, 齟齬する

▼ 現実~ (228, 2.5%)

6 ある

2 [12件] あるだけ, ここに, そうであった, そのよう, 伝えられて, 何である, 分かち難く, 合理的である, 如何程強烈, 実在する, 描かれて, 提出し

1 [198件] あったという, あったの, あって, あなたに, あの灰色, あまり切迫, あらゆる婦人, あらわす客観的, あらわれたの, あります, あり欣怡, あるだけの, あると, あるといふ, あるのみ, あるよう, ある以上それ, いかにきびしい, いかほど苦悩, いたるところ, いつも矛盾, うその, おのずから押しつけた, お留守, かうあるの, かかる異様, かくあれ, きりこまざかれはじめて, ぐんぐんと, ここにも, この事実, この微妙, これらの, こんなにもきつく, こんに, すぐ浮び上っ, そういうもの, そうである, そこで, そのあり, そのままの, そのもと, その人, その公式, その妄想, その底, その職業, その錯綜, それに, たしかに必然, つながって, とらえがたく, とらえられて, どうである, どのよう, どれほど立派, どんなに多種多様, どんなに巨大, どんなに強烈, どんなもの, ないこと, なぜ特に日本, のみこめた, はたと行き逢う, はっきりした, はっきりそれ, はっきりわかっ, ひきおこす誤差, ひそんで, まことに奇妙, みんなに, もし単に機械的, もって, もっとしっくり文学自身, もっと読者, もつれて, ゆき子には, ようやく彼, アメリカの, ヒシヒシとりまい, プロレタリア作家の, リアリスティックで, 不如意だ, 不快に, 両性関係に, 争われず今, 人々の, 人を, 伴わなければ, 何処にか, 作者の, 信じられないもの, 信仰に, 全く非合理的, 全ての, 再編成, 分離し, 初めて人々, 到達し, 即ち無限, 却って百貨店, 却って逆, 取りも, 右の, 向って, 吾に, 問題である, 四十年前の, 国会図書館を, 在る以上, 変転し, 多様広汎である, 夢の, 夢より, 如何に, 始まり何処, 存在し得る, 実は宇宙, 実存し, 客観的現実の, 家族の, 宿ります, 対象として, 小説の, 少しでも, 巨大と, 幻滅という, 引き込む必然, 強引に, 形造られる, 彼にとって, 心に, 必然に, 我々を, 把握され, 支那服を, 文学によって, 日常生々と, 昔の, 映って, 昨夜不思議な, 有ち, 未明から, 果して文学, 極めて安, 欠けて, 欺いたの, 歌や, 正確に, 歴史的社会という, 残つてゐる, 比較的貧寒, 波紋を, 渾然と, 焼跡の, 現われて, 現われないと, 現代社会の, 現実として, 現実に, 現実の, 現実的に, 理念によって, 理解され, 生々と, 生み出す処, 生れたの, 生れて, 生れるに, 甦って, 社会的現実や, 私に, 突如眼前, 突然に, 簡単である, 系譜小説の, 紛糾し, 絶対な, 腹立たしく憎悪, 苦しければ, 装身具の, 見えるよう, 見られる, 見るべき一つ, 視野の, 記録され, 証拠だ, 諒解されるであろう, 論理に, 起きるまでは, 起らなければ, 足下から, 身に, 造形され, 道を, 頼りなくなっ, 頽廃的である, 風刺的である

▼ 現実~ (211, 2.4%)

6 のある 5 をもっ 4 がある, の原理, を帯び 3 を備え, を持った, を有

2 [16件] ある可能性, があった, が必要, と実感, にある, に於, のない, の過剰, への過程, をそれ, をもった, を主張, を信ずる, を持っ, を正当, を見る

1 [147件] いろいろ考え合せ, から発展, から見れ, があっ, があつ, がきわめて, がことごとく, がない, が全部, が就中政治的, が強められ, が深い, が示されなけれ, が稀薄, が見られる, で, であった, であったの, であっては, です, ではなく, でわかり, でプロレタリアート鎮圧, で克服, で反映, で我々, で理解, で読者, ということ, というもの, という癩患, という言葉, とからは併, とが機械的, としての原理, として行為, とその, とであふれ動く, との結合, との総合, とは実に, とも結びつい, とを与えた, とを失う, と呼ばれた, と弁証法性, と思想的圧力, と現実, と迫力, ならば, なるもの, においてある, においてそう, において存在, において歴史的過程, にかけ, にだまされ, につなぐる, にまで濃度, にまで高める, にもたらされない, に外, に富ん, に富んだ, に対して同等, に対して相反, に批判精神, に普遍妥当性, に立脚, に達する, のこと, のため, のつよい, の不足, の価値, の保持者, の強き存在, の故に, の最後, の正当, の若い, の薄い, の裏づけ, の裡, の豊富, の面白い, の頂点, はすぐ, はそこ, はそれ, はただ, は初めて, は勿論, は必然性, は我々, は歴史, は物質, は甚だ, は稀薄, は豊か, は運動力, も不定, も此所, も深く大きく, も豊富, をおび, をかねた, をかへつて, をのべ, をもつ, をスポイル, をハッキリ, を与えられない, を与える, を信じさせる, を再, を再現, を加え, を区分, を否定, を味得, を大人, を失, を失うまい, を失っ, を失わない, を実利性, を将来, を帯びた, を帯びなけれ, を帯びる, を強める, を感じる, を把握, を抛棄, を持ち, を持つ, を有した, を有する, を有っ, を検討, を欠いた, を示された, を羽織った, を覆う, を賦与, を高め

▼ 現実には~ (135, 1.5%)

4 個人の 2 あまりに重厚, ない, 不可能な, 存在しない, 往々に, 肯定と

1 [119件] あつた, あり得ない, あるかも, あるの, あるまい, おのずとその, かえってその, かくの, ききません, こうやっ, こっちから, この三種三様, この幻想的, この程度, この間, ごく実際的, ごたつく気持, さうし, しばしばある, せよあまりに, そうそううまく, そうで, そこの, その収入, その台所, その天地, それが, それの, それは, そんな旗, たちおくれて, どういう生活, どうしても一色, どんな矛盾, どん底生活にかが, ないある, ないもの, なるべく体当り, なんらかのスリル, ほとんど全く成り立たない, まだ積極, まだ耳, みじめである, みぢん, やっと絹, ゆき子の, よく通じ, わかり切ったもの, スリルは, プロレタリア作家の, モスク, 一ヵ処しか, 一向打つかった, 一銭なし, 不可能だ, 互の, 今度の, 全く手, 処理出来ない, 分解すべからざる, 到底できない, 単なる河床, 却って之, 却って早い, 商品生産社会である, 善意の, 多計, 失われた世界, 女にとって, 女子最低百五十円也と, 存しない, 存在した, 存在せぬ, 安定を, 実在的な, 幾つか, 彼女に, 微妙です, 打って, 持って, 教養は, 新たな, 木村さんの, 東京で, 案外に, 楽しみも, 歴史が, 歴史的社会であり, 死に, 死滅した, 決しておお, 決して生じない, 決して簡単, 滅ぶる人間, 煤煙に, 用布も, 疎い文学少女, 直会にも, 矢張り男の, 知らない彼, 示して, 私は, 稀有でしょう, 稀有です, 空想に, 素子の, 複雑で, 見ること, 見出せなかっただろうと, 解けないが, 解けないの, 誤りの, 誰も, 論告は, 資本主義が, 通用しない, 適しない, 限定捕捉し得ない, 離れること

▼ 現実から~ (122, 1.4%)

11 遊離した 4 出発する 3 出立する, 目を, 遊離し, 離脱し 2 出発し, 離れて

1 [91件] うその, かきはじめて, きわめて地道, して, ちがった理解, つかんだもの, であり世界, とざされて, とられて, どう転身, どのよう, のがれる倔強, はなれること, まつたく浮きあ, みれば, ファシズム帝国主義と, 一歩身を, 与えた意味, 二つの, 云っても, 今日の, 他の, 何歩か, 信愛の, 出来るだけ, 出立し, 刻薄の, 取残されて, 古典成立の, 古昔に, 孤立独立した, 学んで, 少しでも, 年かさの, 引き離して, 得て, 感じとること, 承認せざる, 抽象し, 放れて, 放れる喜び, 故意に, 日本の, 本を, 本能的, 権力に, 欺瞞する, 段々民主的, 民主的文学運動における, 汲みとり得る唯一, 浮きは, 浮き上って, 游離した, 現実へ, 現実へと, 生々しくきりとられ, 生れ出る文芸作品, 発足し, 眼を, 知りつくして, 立ちあがつて, 立ち上って, 絶対に, 美事に, 羽目を, 翔びは, 翔び立つ作家, 考えて, 育つ心, 脱出する, 脱却する, 自分の, 自身眼を, 足の, 追い捲くられたり, 逃げようと, 逃げること, 逃れて, 逃避した, 遁走したい, 遁走する, 遊離させ, 遠いところ, 遠く遊離, 遠く離れた, 遮断され, 鋭く具体的, 闘いとったプロレタリア, 隠れんぼうを, 離れた不自然, 飛躍した

▼ 現実生活~ (110, 1.2%)

9 の中 2 のうち, の上, の下, の声, の理想化, の諸, をすら唐代以前, を営ん

1 [85件] からはなれた, から特殊, から生まれる, から読書, から遊離, が彼, が昨日, での強引, ではブルジョア共, で活気, で満喫, というもの, としてジャガイモ, とそこ, との取っ組合い, とはなれた, と人情, と文学, と比べ, と結合, と縁, と芸術, にある, においてなるべく, において血, において見のがし, における経験, にどんな, にもたらさない, に処し, に即し, に営む, に執, に対して仏教, に対して非常, に対する情熱, に就かしめる, に就こう, に当っ, に敗れた, に於, に根, に横, に留意, のあらゆる, のすべて, のたのしみ, の一つ一つ, の一面, の享楽, の内部, の利害, の各面, の問題, の失敗, の姿, の実践的要求, の展開, の幻滅, の必然, の描写, の普遍的, の煩わし, の物的, の現実, の礼讃者, の社会性, の種々, の細部, の絵, の総, の要求, の重苦し, の隅々, はどの, は全く, へ送り帰す, をあやつっ, をある, をし, を不幸, を価値化, を感じさせ得るであろう, を正視, を芝居

▼ 現実として~ (79, 0.9%)

3 残れり 2 存在する, 見て

1 [72件] うけいれそこ, うち出します, きわめて複雑, しんから, そういう課題, その危懼, その生まれた, つかんで, のしかかって, はっきり在った, はっきり把握, また理想, もって, アジアに, 与えられざるを, 享楽し, 今日の, 仕事を, 信じて, 其生活の, 再現される, 再現しよう, 利潤を, 創造され, 受けと, 受取り恐怖, 存在し, 実現される, 彼が, 彼は, 彼らにも, 感じられるに従って, 我々の, 承認出来ず, 把握され, 把握し, 描いた作品, 描き出して, 描くこと, 日常私たちが, 明白な, 明瞭な, 昔は, 民衆が, 民衆の, 民衆を, 決定し, 湊川神社には, 現れる人間関係, 現われた十指, 現代の, 現実の, 眼の, 眼前に, 素直に, 綜合的に, 肯定したく思っ, 肯定する, 自分たちの, 自分自身に, 裂けるほど, 見えること, 見なければ, 見る力, 見る時, 解決する, 読みとるの, 負わされて, 貧と, 身近に, 迫って, 階級の

▼ 現実主義~ (75, 0.8%)

2 であった

1 [73件] から少なから, が不当, が問題, が確固たる, こそは精神, だけである, だとも, であり而, である, であるか, ではない, で個人主義, で特色, というもの, といえよう, とか何とか, としてうけ, とでも云うべき, となった, となり, との人生観的見地, とは現実的利害, とは理想主義, とも云う, と一徹, と結びつい, と言うべき, と言うべきでない, な抒情詩, にこう, になる, にもつ, に偏する, に傾い, に外, に多少, に立脚, のお婆さん, のスターリン派, の主唱者アンドレ, の云わ, の作品, の哲学, の国民, の大衆追随, の女中さん, の宣言, の対立, の弟, の恋愛作者, の文学, の曖昧さ, の末派, の特色, の私, の芸術, の観察者, の起っ, はきらい, はこういう, はこの, はわが, は何, は夢幻的, は希臘劇, は意識的理性, は文学, は普通, は言い換えれ, を国民的利己心, を尊崇, を瞥見, を通じて必ず

▼ 現実との~ (74, 0.8%)

4 間の 3 境が, 差別を, 関係を 2 ギャップを, 区別が, 境界が, 根柢的の, 間に

1 [51件] あるとおり, いかに違う, かかわり合いかたによって, つき合せに, つながりで, とりくみの, なまなましい有機的, バランスが, 三角関係で, 三角関係の, 世界が, 両端を, 中間に, 二本の, 交渉の, 交錯とも, 取り引きに, 喰違ひ, 境界線を, 妥協主義又は, 対照で, 対立では, 対立は, 差別が, 惨ましき, 戦ひを, 有機性で, 板ばさみに, 格闘者と, 橋渡しであり, 歴史的な, 活きた関係, 熔接術を, 相剋, 相違だ, 瞬間に, 矛盾なし, 矛盾は, 矛盾を, 結びつきが, 血みどろの, 衝突である, 調和事大的妥協が, 距り, 違うの, 違和感が, 遠さ, 重なり合いが, 関係では, 関係も, 齟齬大変面白い

▼ 現実世界~ (56, 0.6%)

3 に於ける 2 から遊離, と接触, に存在

1 [47件] からすべて暗示, から徐々に, から離れた, だと, でいう, でいじめられてる, ですから, でテキパキ, との縁, とを真に, と主観的自我, と云う, と交渉, と交通, と幽霊界, と理想世界, にあらわれる, にあり, にこんな, にはない, に在っ, に引き摺り込まれる, に毫も, に童話, に競り出し, のソレ, のリアリティー, の人, の人間, の住人, の光線, の厳しい, の可能性, の恐怖, の男女, の稲妻, はあぶなく, はどうも, はヘーゲル, は不, は山, への滑稽, へ引きずり出された, または真, を外, を忘れ, を離れ

▼ 現実に対する~ (54, 0.6%)

2 作者の, 反逆が, 態度は, 批判の

1 [46件] みかた, ように, 不充, 何等かの, 作品の, 処置を, 反逆である, 反逆児と, 各種の, 吾, 多くの, 峻烈な, 彼等の, 感覚を, 感覚機能が, 態度から, 態度が, 憎悪である, 批判永遠に, 新らしい, 概括法から, 正しい政治的把握, 洞察理解働きかけが, 深い洞察, 測定の, 無批判, 無知が, 無知に, 特種な, 理想主義的絶望, 眼光の, 種々の, 絶望の, 自分の, 自己欺瞞の, 見方であっ, 角度は, 計画者としての, 認識が, 認識の, 追求力リアリスティックな, 透徹した, 適応性が, 関心が, 階級的直視を, 飽くこと

▼ 現実~ (51, 0.6%)

3 をもっ 2 がなかっ

1 [46件] があった, があり, がありました, がうすかっ, がかへつて人, がなくなる, が伴わない, が大人ッ, が濃い, が無かっ, が生れる, が産ました, が胸, が高, で書け, ということ, として私, によって呼び起された, に乏しく, に従来, に徹, に来ない, に薄い, のある, のうすい, の中, の圧迫, の峯, の故に, の稀薄さ, はどうして, はスポーツ, は芸術, も深まり, をば増し, をひき起されるであろう, を与える, を刺激, を加え, を呼びさまされ, を帯びた, を感じた, を生み出す, を起し, を通り過ぎ, を露呈

▼ 現実そのもの~ (50, 0.6%)

5 のよう 2 の前

1 [43件] から出発, から現実, がすばらしく, がディアレクティーク, が一人, が元来弁証法的発見, が全体的, が処理, が含ん, が歴史, が自己, である生, なの, について改めて, にはある, に先手, に外, に対比, に身, に適切, の, のうち, の中, の仮想, の力, の奥底, の攻勢的跳梁, の有っ, の構造, の生活, の相, の精神, の組立て, は計算, も自棄的, よりももっと, よりももつ, をありのまま, をその, をも変貌, を抹殺, を理想化, を見る

▼ 現実とは~ (49, 0.5%)

2 なって, なれて, 何等の

1 [43件] かくの, かくまでも, この車輪, そんなもの, ちがった世界, ちがった色調, ちょっと違った, なにか, なり得ない, もしそれ, 一つの, 一応独立, 一致する, 両極端, 他ならぬ, 代赭色の, 似て, 何か, 何となし, 全然違つて, 凡そかけはなれた, 別物の, 別種な, 単に与えられた, 反対な, 反対の, 如何に, 少しの, 常に限り, 彼自らに, 思えない, 思わないの, 我々を, 期待され得ない, 歴史的現, 独立した, 理想から, 生きた激しい, 自分にとって, 見えない何とも, 見えるけれども, 違って, 非常に

▼ 現実では~ (48, 0.5%)

3 ない 2 ないか, ないだろうか, なかろうか

1 [39件] いつも思いがけない, この点, さまざまの, その激しい, そんな筈, なかった, なくして, なくなったこと, なみなみならぬ, ぴかぴかと, まるで違った, プロレタリア文学の, ママならない, 一つの, 不可能に, 主語, 何んと, 作家が, 作家と, 出来ない相談, 分裂の, 労働者階級の, 各人の, 名目が, 多くの, 女が, 彼自身の, 戦争は, 死ななければ, 殆ん, 決して有頂天, 満し得ぬ, 私の, 空虚と, 素朴な, 自覚し, 菓子一つの, 顕治は, 饒舌で

▼ 現実~ (47, 0.5%)

7 のだ 4 のである 3 ものの 2 ものと, んだ

1 [29件] かかわり合いに, ことが, のかという, ので, のであろう, のです, のは, ものであっ, ものでなけれ, ものに, ものは, ような, 世の中に, 吾人の, 問題として, 夢幻的な, 存在だった, 期待の, 江戸っ, 渇仰等であった, 現実だった, 現実の, 理由が, 統制によって, 美しい不安, 美の, 見解と, 設定に, 馬と

▼ 現実~ (45, 0.5%)

3 あつた

1 [42件] あらう, かき乱すの, この, そこを, その苦しみ, それが, それを, どう減った, どう解かれ, どこまで, どこまでが, どんなに彼, もんどりうっ, やがては, レーニンスターリンの, 一部分が, 人民生活そのものに対する, 仮りの, 再現する, 四幕目から, 女性の, 安固, 常識の, 広汎な, 役に立つと, 愛情の, 推移し, 新しいより, 日夜婦人大衆が, 時勢に, 次第に変っ, 歯が, 物狂おしいほど, 益々切実, 示されて, 社会の, 経済危機が, 考えて, 苦しんで, 裏が, 見せて, 試みられた時期

▼ 現実である~ (44, 0.5%)

3 ことは, ことを 2 か否, がゆえに

1 [34件] かぎりは, かのよう, かもわからぬ, からこそ伸子, かを疑った, か仮象, か類型式, がここ, が私ども, けれども馴らされる, ことが, こと此処に, し近く, ということ, という一個, といえる, とも云え, と同時に, と思う, と知り, と見ね, ので, のは, のを, ものを, よりも外, 以上それを, 以上現に, 奴隷使役者としての, 純文芸, 限りは, 限りひもじ, 階級の, 階級性を

▼ 現実への~ (42, 0.5%)

1 [42件] つめたい拒絶, つよい倦む, やむに, 作者たちの, 信頼が, 再現が, 凝視と, 厳しい目配り, 反撥だけで, 報恩であり, 夢を, 妥協で, 妥協一般的父性の, 安立から, 屈服や, 当りかたから, 情熱の, 感覚と, 態度として, 態度について, 懐疑と, 批判精神などは, 挑戦, 沈潜と, 深い不安, 無力な, 無評価, 理解の, 生活力を, 畏れを, 真面目な, 精神の, 総括を, 肉迫と, 興味の, 角度が, 譲歩が, 責任を, 迫真力の, 避くべ, 関係において, 関係を

▼ 現実という~ (40, 0.4%)

9 ものは 8 ものが 4 ものの 3 ものを 2 一つの, 言葉を

1 [12件] かね現実問題と, とき先ず, ものつまり, ものに, ものには, ものへの, 三つの, 事である, 名において, 概念の, 言葉が, 黒い鴉

▼ 現実~ (37, 0.4%)

5 して 2 されたよう, すること

1 [28件] さすため, させうる一つ, されたと, されて, されないもの, されようと, されるよう, され悪い, され未来化, した, したとき, したの, したらよ, したり, した事, しない, し表現, するから, する一, する努力, する手段, する映画, する表現, せんと, に向っ, の思想, の方向, の社会人

▼ 現実主義者~ (35, 0.4%)

3 である 2 でありながら, でもない

1 [28件] が作画上, が好ん, が恋愛, こそ彼, だな, であつ, であること, でしたがって, ではない, ではなく, としての写楽, と名づけ, なる面貌, になっ, になつた, になり, に向, の, のおじさん, のよう, の代名詞, の差別, の諧謔, の風ぼう, は至つて, は象徴的気分, よ, をし

▼ 現実に対して~ (34, 0.4%)

1 [34件] ある評価判断, それを, ただなすべき, もし商業新聞, ゴーリキイは, プラスの, マイナスの, 一つの, 一人の, 不満を, 人情に, 何かが, 何かの, 作家の, 作者が, 先ず第, 十分の理解を, 反応し, 合理的であっ, 同じよう, 変革活動という, 天下り式の, 実に無, 客観的な, 批判的関連を, 批判精神などは, 極めて善良, 無力である, 犯したと, 理性が, 発動し, 眩暈を, 素朴な, 自身の

▼ 現実~ (32, 0.4%)

2 からみついて, 反撥する

1 [28件] もどる必要, 働きかけて, 働きかける人間, 働きかける情熱, 入って, 冷然と, 向う態度, 向けて, 向つて発足, 呼びさまされた思ひが, 呼び戻しは, 引きもどされた, 引きもどして, 影絵の, 彼女たちの, 戻して, 戻つた後, 捧げる頌歌, 突ささっ, 立体的に, 踏み戻らうと, 追ひ戻す, 追究を, 連れ戻されたよう, 還って, 陳彩の, 飛び移った, 飛び移って

▼ 現実~ (32, 0.4%)

2 だから, であって, になる

1 [26件] ころんでも, だ, だと, だという, であつ, でありすぎる, であり歴史的伝統, である, であること, で夢想癖, で子供, で美しい, としての不安, とを混同, なのねえ, なる日本人, なんて息苦しく, にし, ねえ, の, のやう, のよう, のスターリン, の狂熱的夢想, は, らしくそれ

▼ 現実社会~ (31, 0.3%)

2 に働き掛け

1 [29件] からいろんな, が僕, が齎す, での身, では犬, で官吏, との格闘, には, に対する今日, に於ける, に極めて, のあり, のおろそか, の一部, の下, の人倫, の動脈, の厳然, の堕落, の或, の曝露, の歴史, の生産関係, の腐敗, の複雑, の諸相, の進歩, へかよう, へ働きかけよう

▼ 現実~ (28, 0.3%)

1 [28件] から借り, がここ, が一種, が発展, ではなくし, で結び付けられる, とに分類, とは両, にあらわれた, に対応, に比べれ, に触れ, のもの, の事物, の人間, の思想, の恐怖, の持っ, の状態, の現実的, の矛盾, の部分, はわずか, へつき落された, へ引戻, を直視, を眺め, を遠く

▼ 現実~ (27, 0.3%)

2 幻も

1 [25件] あり得まい, あり得るの, ある, あるらしかった, こういういきさつ, ここの, こまかくみれ, これを, それと, なく, また凡作, また歴史化, また歴史的, 亦同等, 伸子にとっては, 夢だ, 悟空にとっては, 無く神秘, 相当忙, 矢張り愚かな, 知って, 自分の, 詩的であり得る, 醜いと, 静かでなく

▼ 現実~ (24, 0.3%)

2 の画

1 [22件] でありすぎる, であるらしい, ではなかっ, とおよそ, と呼ばれた, と理想派, にしろ, に時々, に比べ, の主張, の作品, の作家, の作家サルウァドル・ダリ, の出現, の宗家, の所謂経験的作品, の文人, の洋画, の立派, の芽ばえ, の詩論, の陰気

▼ 現実~ (22, 0.2%)

1 [22件] からという, かわからぬ, が下の句, けれども人間, し而, そうい直れる, というの, としたら, とする, とするなら, とはどうしても, とは信じ得なかった, とハッキリ, と云う, と反対, と思, と思います, と思う, と思っ, のにそれ, のに平和, よ

▼ 現実からの~ (21, 0.2%)

2 批判を, 逃避であった, 逃避の, 逃避を

1 [13件] 作品の, 反映の, 声として, 游離において, 脱出であり, 脱出を, 衝撃の, 逃げ場所として, 逃避か, 逃避である, 逃避では, 逃避や, 逸脱で

▼ 現実について~ (21, 0.2%)

2 見ると

1 [19件] あるとおり, ちゃんとわかる, また社会, みれば, 修正声明ぬきに, 当時としても, 憤りを, 新たな, 本来の, 次第に真面目, 無知な, 目が, 盲目でない, 省察しはじめた, 私たちが, 観察を, 読み観察, 貧困である, 鈍い勘

▼ 現実問題~ (21, 0.2%)

1 [21件] がおこっ, が解決, とし, としてうけとられ, としてなかなか, としての性, としての恋愛, としては仕方, としては夢, として世界, として入学試験, に対, に対して見当違い, に帰着, に於, のこと, の実際, の解決, は単なる, をも同時に, を実際

▼ 現実において~ (20, 0.2%)

1 [20件] あらゆる事態, あるもの, いつもその, この願い, すべて性格的である, その真理性, どういうもの, どの作品, どんなにまで, なお多く存, もうこれっきり, もっとも発端的, やって, ルースは, 一九三七年度には, 人間の, 人間を, 具体的に, 彼女たちの, 考え始めたの

▼ 現実よりも~ (19, 0.2%)

2 一層現実的

1 [17件] さらに真, その着想, たやすく想像, もっと実際な, わずかに, 一層真実, 僅かに, 寧ろ高い, 想像の, 明瞭に, 真実に, 美しいという, 美しいといふ, 辛くない, 遙かに, 飛躍した, 高雅な

▼ 現実内容~ (19, 0.2%)

1 [19件] から抽象, から来る, こそ感情, でしかなく, としての規定, として内容的, として捉える, とは無縁, に対して虚偽, に対する理論, に過ぎなかった, のもつ, の内容性, の排斥, はただ, は容易, は形式的原理, をも意味, を内容的

▼ 現実とを~ (17, 0.2%)

2 ゴッチャに, 一緒に

1 [13件] くっつけたよう, ごちゃごちゃに, まぜこぜに, 入れまぜたもろもろ, 分つ事, 区別する, 反対に, 混合せしめ, 混同し, 混同する, 生々しい対比, 知って, 結びつけること

▼ 現実~ (16, 0.2%)

1 [16件] あるであろう, どう限定, にある, には明らか, に理想, のそれ, のナンセンス, の両者, の事, の変更, の必要, の日常生活, の極楽, の現代化, の繋縛, の要求

▼ 現実であり~ (15, 0.2%)

2 同時にまた, 彼は

1 [11件] そこに, その現実, ながら全然, 光景であり, 大正九年の, 奇蹟である, 常に目のあたり, 成心なく, 相対空間の, 自己本来の, 運命であり

▼ 現実としての~ (15, 0.2%)

1 [15件] これら日本の, プロレタリアートの, 存在, 存在では, 思想の, 戦争から, 歴史と, 歴史の, 民衆は, 社会的相剋の, 空想の, 自然との, 虚偽から, 虚偽が, 関係の

▼ 現実にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] ある陶酔, うかがわれる, かかわって, また夢, みぬかれ年, 傷まず生きられるよう, 又理念, 実証され, 影響し, 来たの, 無関心, 自ら夢幻の, 行われて, 責任は

▼ 現実によって~ (14, 0.2%)

2 決定され

1 [12件] きびしく批判, くずされはじめて, この二世紀, その理論, つくられる, どのよう, ヴァリエーションが, 中国の, 例えば職業, 成長させられ, 新たな, 課せられて

▼ 現実把握~ (13, 0.1%)

2 と理念

1 [11件] が微妙, である, と実践, と文学的実践力, の力, の態度, の技法, の方法, の求められた, の芸術化, もアヤフヤ

▼ 現実的内容~ (13, 0.1%)

1 [13件] で, であった, となっ, とは向, にまで立ち入っ, にまで食い込む, に充分, に即ち, のない, は又, へ充分, をもつ, を持つべきである

▼ 現実的存在~ (12, 0.1%)

1 [12件] が歴史的, たる人間生活一般, であると, であると共に, ではなく, としてよりも遙, においてはその, の夫, の根本的規定, は吾, は変化, 又は之

▼ 現実関係~ (12, 0.1%)

2 の中 1 から脱, として当時, に即し, のある, のうち, のなか, の客観的真実, を何と, を理解, を見直し

▼ 現実する~ (11, 0.1%)

2 世界に 1 ことそして, ことである, ところの, ものである, ものの, ように, 世界, 世界だけが, 社会相と

▼ 現実からは~ (10, 0.1%)

2 なれて 1 づれたやうな奇妙な, なれたもの, なれた和一郎, 二人の, 何とも手, 消えた四民平等, 遠く未来, 飛び離れた空想

▼ 現実といふ~ (10, 0.1%)

3 ものは 1 もの, ものが, ものに, ものには, ものの, ものを, 観念を

▼ 現実とが~ (10, 0.1%)

1 カクテール, 一つに, 一時的に, 一致し得る, 並行し, 二重写しの, 併行し, 区別せられ, 時どき分明, 触れ合おうと

▼ 現実においては~ (10, 0.1%)

1 すでにかく, 今日, 侵略を, 思想の, 支配権を, 既に過去, 生活は, 私的または, 経験は, 自由競争は

▼ 現実であっ~ (9, 0.1%)

1 てしかも, てそこ, てはいけなかった, てみれ, てやっぱり, て例外, て待っ, て憧憬, て私たち

▼ 現実以上~ (9, 0.1%)

1 に, に印象深く, に慣れ, に深刻痛切, に現実的, に美化, のもの, の幸福, の悪相

▼ 現実でも~ (8, 0.1%)

1 あった, あると, ないし, ない中間, なく非, やはり仕事, 理想でも, 青眼に

▼ 現実としては~ (8, 0.1%)

1 その身, それは, 作品の, 依然として生れ, 信じないまでも, 唯一の, 殆ん, 考へられないやう

▼ 現実なる~ (8, 0.1%)

1 ものが, ものは, ものを, 一つの, 事件について, 存在の, 絶対者より, 者は

▼ 現実における~ (8, 0.1%)

1 それらの, 形, 生活の, 複雑な, 辻政信その他の, 関係を, 階級対立経済上, 魚は

▼ 現実その~ (7, 0.1%)

1 時は, 書棚の, 気分その, 物でない, 真実に, 矛盾葛藤の, 証拠には

▼ 現実暴露~ (7, 0.1%)

1 という, といっ, といふ昔流行つたアナクロニズム, にも苦悩, のメス, の悲哀, 無解決

▼ 現実観察~ (7, 0.1%)

1 からもたらされた, とその, に当っ, に際しては, の急所, の眼, の角度

▼ 現実であった~ (6, 0.1%)

1 かも知れない, けれども次, せいか, にもかかわらず, のか, のだ

▼ 現実とも~ (6, 0.1%)

1 なく一つ一つ, なりかねない今日, 別目の, 呼ばれるもの, 幻覚とも, 相応し

▼ 現実~ (6, 0.1%)

4 なれの 1 なれが, なれした感じ

▼ 現実主義的~ (6, 0.1%)

1 である, であるとを, なるあまりに, なる解釈, な作者, に生き生き

▼ 現実~ (6, 0.1%)

2 の会員 1 というその, のグループ, の作品, の方々自身

▼ 現実曝露~ (6, 0.1%)

2 の悲哀 1 が儒教的, として性的結合, の核心, の気分

▼ 現実認識~ (6, 0.1%)

2 の方法 1 のうち, の一般方法, の直接性, の眼

▼ 現実逃避~ (6, 0.1%)

1 して, であるとも, として自身, の作家, の文学, をする

▼ 現実~ (5, 0.1%)

3 ている 1 そうな, ていた

▼ 現実だった~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 から, のか, のに

▼ 現実とか~ (5, 0.1%)

1 あるいは現世, 実際とか, 東洋的現実とかいう, 生活とか, 社会とか

▼ 現実についての~ (5, 0.1%)

1 反省されない, 理解と, 理解力は, 認識の, 諸君の

▼ 現実にまで~ (5, 0.1%)

1 さかのぼって, スッカリ回復し, 歴史的に, 触れて, 降って

▼ 現実乃至~ (5, 0.1%)

1 事実が, 事実である, 事実との, 存在は, 真実の

▼ 現実処理~ (5, 0.1%)

1 と相, に名, のしかた, の哲学, の方法

▼ 現実批判~ (5, 0.1%)

1 と真実, なしに, の健康性, の精神, の衰退

▼ 現実現象~ (5, 0.1%)

1 に対して案外, に対する作者, の時局的解剖, の法則, の解剖

▼ 現実的根拠~ (5, 0.1%)

1 がある, とその, の反映, の見透し, をもつ

▼ 現実肯定~ (5, 0.1%)

1 だ, にもとづい, の仏教, の土台, の幇間的立場

▼ 現実行動性~ (5, 0.1%)

1 から結果, として第, として規定, によるこの, は時間

▼ 現実こそ~ (4, 0.0%)

1 あまりに架空的, その社会, 存在の, 農本主義的だ

▼ 現実であろう~ (4, 0.0%)

2 と思う 1 か, とまた

▼ 現実に関する~ (4, 0.0%)

1 ことである, 体系的叙述のみが, 思想では, 限りは

▼ 現実のみ~ (4, 0.0%)

1 かたと, かたには, かたを, ならず現実

▼ 現実~ (4, 0.0%)

1 思想的現実一般から, 生れて, 生活が, 生活の

▼ 現実より~ (4, 0.0%)

1 おくれた型, たしかな, 理性に, 遊離し

▼ 現実探求~ (4, 0.0%)

1 の放棄, の積極性, の精神, もあの

▼ 現実整理~ (4, 0.0%)

1 が行, とかの方面, の仕方, の筆

▼ 現実条件~ (4, 0.0%)

1 の中, の変化, の改善, を政治的

▼ 現実的価値~ (4, 0.0%)

1 ではない, を低め, を決定, を無視

▼ 現実的利害~ (4, 0.0%)

1 による関係, のみには固着, は或, を纏める

▼ 現実的概念~ (4, 0.0%)

1 として歴史科学, と観念的概念, に眼, を尋ねるなら

▼ 現実的運動~ (4, 0.0%)

1 の一例, は絶対運動, は適切, を守る

▼ 現実~ (4, 0.0%)

1 が其神格, と自己, の客観的, をあわれんだ

▼ 現実追随~ (4, 0.0%)

1 の叫び, の域, の通俗性, への一条件

▼ 現実そのまま~ (3, 0.0%)

1 なの, の生活, の相貌

▼ 現実それ~ (3, 0.0%)

1 が目的, につれ, を知らないで

▼ 現実だろう~ (3, 0.0%)

2 と思う 1

▼ 現実です~ (3, 0.0%)

1 から, からね, よ

▼ 現実でない~ (3, 0.0%)

1 ことも, という理由, 筈は

▼ 現実でなく~ (3, 0.0%)

1 すべからくそれ, て何で, 夢に

▼ 現実に対しては~ (3, 0.0%)

1 当為, 悪罵と, 謙虚な

▼ 現実のみを~ (3, 0.0%)

1 対象として, 承認し, 見て

▼ 現実をも~ (3, 0.0%)

1 免し, 単純に, 見て

▼ 現実判断~ (3, 0.0%)

1 の力, の標準, をとりちがえ

▼ 現実意識~ (3, 0.0%)

1 で俗悪, に現われる, を齎す

▼ 現実理想化~ (3, 0.0%)

1 に依られた, の大乗精神, の思想

▼ 現実的世界~ (3, 0.0%)

2 に就い 1 を求め

▼ 現実的制作力~ (3, 0.0%)

1 が横溢, が硬化, を約束

▼ 現実的形態~ (3, 0.0%)

1 から定義, として表れ, を取らず

▼ 現実的理解~ (3, 0.0%)

1 に到達, は透徹, を制約

▼ 現実的過程~ (3, 0.0%)

1 としてさえもブルジョア社会, に於, の特質

▼ 現実精神~ (3, 0.0%)

1 があつ, の裏打ち, をかの

▼ 現実自体~ (3, 0.0%)

2 を夢 1 が在来

▼ 現実自身~ (3, 0.0%)

1 ではなく, のもつ, の自己矛盾

▼ 現実~ (3, 0.0%)

1 科学に, 科学の, 関係を

▼ 現実~ (3, 0.0%)

1 が二人, では余り使, へ持ち来たらせられ

▼ 現実ある~ (2, 0.0%)

1 のみである, ものの

▼ 現実~ (2, 0.0%)

1 偶然か, 非現実

▼ 現実~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を伴っ

▼ 現実されたる~ (2, 0.0%)

1 実在の, 者との

▼ 現実した~ (2, 0.0%)

1 のだ, 火の玉小僧の

▼ 現実すぎる~ (2, 0.0%)

1 ようだ, 話だ

▼ 現実そして~ (2, 0.0%)

1 全社会そのもの, 我々の

▼ 現実だけの~ (2, 0.0%)

1 イノチによって, 価値と

▼ 現実であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば子供ら, ば確

▼ 現実であれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ彼, ばまた

▼ 現実でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, ないやう

▼ 現実での~ (2, 0.0%)

1 姿に, 暴虐流血を

▼ 現実とに~ (2, 0.0%)

2 接触した

▼ 現実なら~ (2, 0.0%)

1 ばわたしたち一人一人, ば民主主義

▼ 現実にか~ (2, 0.0%)

1 この町, 或は夢

▼ 現実にたいする~ (2, 0.0%)

1 感覚は, 感覚を

▼ 現実については~ (2, 0.0%)

1 何も, 神経の

▼ 現実につき~ (2, 0.0%)

1 入りそれ, 当るの

▼ 現実に対し~ (2, 0.0%)

1 あながち一身, 本当にどうしよう

▼ 現実に対しても~ (2, 0.0%)

1 これまでの, 千篇一律の

▼ 現実ほど~ (2, 0.0%)

1 ああ退屈, 退屈な

▼ 現実よりの~ (2, 0.0%)

1 切断遊離転換放出脱出を, 逃避では

▼ 現実らしい~ (2, 0.0%)

1 夢だったでしょう, 確実さが

▼ 現実をば~ (2, 0.0%)

1 どのよう, もっと一般的

▼ 現実を以て~ (2, 0.0%)

1 国際的現実から, 思考乃至

▼ 現実~ (2, 0.0%)

1 で生き, に此行為

▼ 現実事情~ (2, 0.0%)

1 が集団間, を直視

▼ 現実事物~ (2, 0.0%)

1 が実在, の物質的必然性

▼ 現実付ける~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 現実以外~ (2, 0.0%)

1 にかえりみる, に哲学

▼ 現実修正~ (2, 0.0%)

1 の域, は更に

▼ 現実勢力~ (2, 0.0%)

1 と徹底的, をなす

▼ 現実反映~ (2, 0.0%)

1 とこの, のリアリズム

▼ 現実~ (2, 0.0%)

1 と云うべきであろう, の印象

▼ 現実当面~ (2, 0.0%)

1 の事物, の問題

▼ 現実感情~ (2, 0.0%)

1 に近づいた, の要素

▼ 現実~ (2, 0.0%)

2 に燃え

▼ 現実探究~ (2, 0.0%)

1 の各種, の態度

▼ 現実断片~ (2, 0.0%)

1 に交感, を描こう

▼ 現実映画~ (2, 0.0%)

1 の可能性, の現実性

▼ 現実暴露的~ (2, 0.0%)

1 な物, な状態上

▼ 現実模倣~ (2, 0.0%)

2 の平坦さ

▼ 現実模写~ (2, 0.0%)

1 がレアリズム, の域

▼ 現実派洋画~ (2, 0.0%)

2 に就

▼ 現実浄化~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の妙案

▼ 現実~ (2, 0.0%)

1 が夫, の連関

▼ 現実理解~ (2, 0.0%)

1 と手法, のディフォーメーション

▼ 現実的事実~ (2, 0.0%)

1 として眺むべ, と一切

▼ 現実的人間性~ (2, 0.0%)

1 が劃出, と絡ん

▼ 現実的効果~ (2, 0.0%)

1 がある, で一九二八年

▼ 現実的動機~ (2, 0.0%)

1 この概念, を持ち

▼ 現実的印象~ (2, 0.0%)

1 としての瞬間, を表現

▼ 現実的原理~ (2, 0.0%)

2 を担っ

▼ 現実的問題~ (2, 0.0%)

1 からし, にあり

▼ 現実的地盤~ (2, 0.0%)

1 と観念的地盤, の上

▼ 現実的基礎~ (2, 0.0%)

1 から出発, から引き出す

▼ 現実的局面~ (2, 0.0%)

1 が当然, とかたく

▼ 現実的必然的~ (2, 0.0%)

1 として現象, の三つ

▼ 現実的性質~ (2, 0.0%)

1 とは今日, の薄弱

▼ 現実的情勢~ (2, 0.0%)

1 におくれはじめた, に即する

▼ 現実的意味~ (2, 0.0%)

1 がある, が国民

▼ 現実的生活~ (2, 0.0%)

1 に対してもドストエフスキイ, の面

▼ 現実的真理~ (2, 0.0%)

1 だよ, などはない

▼ 現実的規定~ (2, 0.0%)

1 が運動, であって

▼ 現実的運命~ (2, 0.0%)

1 と一つ, は可変的

▼ 現実社会状勢中~ (2, 0.0%)

1 どのよう, における詩

▼ 現実~ (2, 0.0%)

1 から脱, と取組んだ

▼ 現実行動~ (2, 0.0%)

1 なん, によつて置換

▼ 現実~ (2, 0.0%)

2 をば古語

▼ 現実追求~ (2, 0.0%)

1 がされなけれ, を作家

▼ 現実遊離~ (2, 0.0%)

1 の浮游性, の馬

▼1* [306件]

現実ありのま, 現実あり得るものだろう, 現実あるいは精神的な, 現実いずれが夢, 現実かも知れないけど, 現実からこそ揚棄され, 現実がちがふから, 現実この通りの, 現実これは遠い, 現実さえ描けば, 現実させて, 現実されてゐる, 現実されたか, 現実しか見知らない男, 現実しようとする, 現実し得たらばもはや, 現実じゃ僕らは, 現実すべく合目的的に, 現実すべての今日, 現実すら不可能に, 現実すらも観念的にしか, 現実せんがため, 現実せん事を要す, 現実その間自分の未熟, 現実それ自身のため, 現実や, 現実たるべきものに, 現実だけだ, 現実だけがあった, 現実だけしか語らない, 現実だけでもなく理想, 現実だけははっきりと, 現実だけを知つてゐる, 現実だらうではない, 現実でありますから, 現実でなければならぬ, 現実で無い別の, 現実といわるべきもの, 現実とかいうものが, 現実とから一時的に, 現実としか思えない事, 現実としても文学としても, 現実とでもいうべき世界, 現実とともに急激に, 現実とりわけ現在の, 現実なく其の人, 現実などで一つ一つと, 現実などという言葉を, 現実などは苦に, 現実なりをただして, 現実なんて消えて, 現実にあたって作家を, 現実においてさえ作り話めいた, 現実においても窮極は, 現実にさえ尊敬を, 現実にたいしてはっきりと, 現実にでもあるかの, 現実にとってのみ欲求の, 現実にとってはただ文学, 現実にとってもずっと手軽, 現実にとり組んで, 現実にばかりお取り, 現実によつて限定される, 現実によりひろげより, 現実による被制約者, 現実に対しての受動的な, 現実のうはべだけを作中世界に, 現実のけば, 現実はたとひどれほど, 現実ばかりでは, 現実ばかりを知らされ今日, 現実へと動き行き, 現実へも照り返して, 現実づそこから考へを, 現実までを描き出そうという, 現実めいた言葉は, 現実もしくは現実以上に, 現実やの如実の, 現実らしく描くといふ創作上, 現実わけても宗教界, 現実を通して熱烈に, 現実一般から独立, 現実上伝統から自由, 現実上生活上のこと, 現実上野にある, 現実世の中にある, 現実世俗の政治家, 現実世相を客観的, 現実主義実利主義と闘っ, 現実主義実証主義を意味, 現実主義的世界観及び実在論的認識論, 現実主義的文学方法に絶えざる, 現実主義的本質を失い, 現実主義的色彩が濃厚, 現実主義者政治上の共産主義者, 現実主義者日常生活中心主義者たる孔子, 現実主義者気質上のロマン主義者, 現実人生の営み, 現実付けねばならぬ, 現実以前のまま, 現実作品への作家, 現実修行の第一歩, 現実偶然と必然, 現実偶然必然の存在, 現実克服の長い, 現実全体に資する, 現実其者が詩, 現実における偶然, 現実再現の仲介物, 現実処理活動としての論理, 現実分解や図解, 現実利害などに現, 現実勢力情態の退行, 現実化さない処の, 現実即絶対的に矛盾的自己同一的, 現実反射の形, 現実同様の或は, 現実唯一の現実, 現実回避の傾向, 現実固着はいよいよ, 現実地盤のどの, 現実が来る, 現実変形現実拡大現実様式化に押し進める, 現実変革の一例, 現実多くの人, 現実奉仕の一面, 現実存在さらには, 現実実在を絞る, 現実実証の世界, 現実家みたいなこと, 現実家一匹のうごめく, 現実家夢想家の区別, 現実家肌の黒衣婦人, 現実対象に心, 現実尊重ということ, 現実常識なの, 現実式中の現実式, 現実形態を取っ, 現実思想は古来, 現実性可能性を増し, 現実性必然性の区別, 現実性感性がただ, 現実性肉体性とさえいい得る, 現実情勢も国民生活, 現実感そのものではない, 現実感覚なの, 現実或いは生に, 現実戦争に夫, 現実把握上で行われる, 現実把握力としてこの, 現実拡大現実様式化に押し進める, 現実指摘をうけ, 現実描写を与えられ, 現実放れのした, 現実政治の術, 現実政治家の基本的, 現実青年改造等の, 現実新しい道理新しい, 現実方面のこと, 現実日常の物的生活利害関係そのもの, 現実日常性との結合, 現実日常生活からの面白い, 現実日本の挙止, 現実日本的人生はこの, 現実様式化に押し進める, 現実正銘の生活, 現実歪曲の根源, 現実死それに比べ, 現実永遠なもの, 現実洞察の彼, 現実活動性は有っ, 現実派タンギーの絵画, 現実派ピュリズムとなつ, 現実派作家がゐる, 現実派絵画の手法, 現実派芸術の哲学, 現実演劇的現実の広い, 現実状況の報告文学, 現実現実といっ, 現実生命を受けた, 現実生活上にさえ功徳, 現実生活全般の否定, 現実生産の場所, 現実療養所内の自治会活動, 現実白昼に物, 現実的いきさつを主眼, 現実的エロを味, 現実的タイプをかき得るだろう, 現実的与件を当時, 現実的事件への関与, 現実的事物の実地的処理, 現実的亡霊などはあまりに, 現実的人生行路のところどころ, 現実的人生観に立脚, 現実的傾向の源流, 現実的内容そのものに立ち入らね, 現実的内容規定の把握, 現実的写実的傾向に立っ, 現実的写実的物質的手段の徹底的追求, 現実的分類を企てよう, 現実的判断がこの, 現実的利害関係が迷惑, 現実的利益を動機, 現実的功利的のもの, 現実的労苦がいくらか, 現実的動作が全て, 現実的原因を生み出した, 現実的威力を持つ, 現実的存在そのものの歴史的, 現実的実体を描出, 現実的対象を持つ, 現実的展望を根本, 現実的幸福を考えね, 現実的弁証法は実際, 現実的心得を説く, 現実的必然性をその, 現実的恐怖へと陥っ, 現実的感情であるという, 現実的慾求が暗示, 現実的把握によつて, 現実的拠点現実的基礎から引き出す, 現実的推量でただ, 現実的描写と象徴的表現, 現実的攘夷家にし, 現実的救済を願, 現実的方面については一層, 現実的映画が散文, 現実的時間の, 現実的普遍性への傾動, 現実的条件として民主主義革命, 現実的根拠地である生産, 現実的根拠社会生産関係の上, 現実的根柢は技術性, 現実的欲望を斥けた, 現実的母胎である社会, 現実的気分で塗られた, 現実的浪曼的古典的の三種類, 現実的物質的機構の分析, 現実的特質を評価, 現実的現実に直面, 現実的理想へ, 現実的生命が流れる, 現実的発育というもの, 現実的相貌にふれ, 現実的知恵というもの, 現実的研究にまで推し出し, 現実的破滅を意味, 現実的社会的であって, 現実的私流に言う, 現実的科学的生産的なもの, 現実的究明等に関する諸, 現実的細部との間, 現実的経験に表現, 現実的綱要を少し, 現実的肉体的な繁栄, 現実的自己として歴史的現実, 現実的興味に変じ, 現実的色彩が強, 現実的行為の前, 現実的表現として之, 現実的要求よりももつ, 現実的観察はされ, 現実的観念を最もよく, 現実的解決の方向, 現実的計画に対して適当, 現実的課題である作家, 現実的資料として提供, 現実的連関が問題, 現実的過程そのものであるであろう, 現実的過誤に慣れ切, 現実的関係を知ろう, 現実的革命にとって殆ど, 現実的飛躍に現れ, 現実的骨董的な磨き, 現実直前の力, 現実を伝える, 現実の前, 現実でさえもその, 現実科学としての社会学, 現実窒息を急迫, 現実糊塗に立った, 現実肯定者となり, 現実脱化です, 現実行動化すること, 現実行動的であり一回的, 現実と裏, 現実複雑な国際関係, 現実観其当否に異論, 現実観察力と発育, 現実評価のよりどころ, 現実認識のよりどころ, 現実認識文学における階級性, 現実とになる, 現実論派なり, 現実諸相を反映, 現実赤い血潮が, 現実身分関係隷属と反抗, 現実近代人の現実, 現実通りにゴチャゴチャ, 現実進歩と保守, 現実過程評価の実際, 現実鑑賞の態度, 現実階級との関係, 現実離脱の距離, 現実現実偶然必然の, 現実の小説