青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「現在~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~現れる ~現われ 現われ~ ~現われた 現われた~ ~現われる 現われる~ ~現代 現代~ ~現在
現在~
現場~ ~現実 現実~ ~現象 現象~ 球~ ~理 理~ 理屈~ 理性~

「現在~」 9589, 104ppm, 1041位

▼ 現在~ (4402, 45.9%)

81 日本の 45 ような 37 自分の 33 日本に 32 ところでは 31 ように 25 私は 21 生活の 20 やうな, 日本では, 私の, 科学の 19 生活に 18 生活を 17 日本は, 自分を 15 われわれの 13 彼の 12 ま, 自分が 11 状態を, 生活が, 社会の, 私には 10 吾, 境遇を, 日本を 9 中に, 境遇に, 東京の 8 やうに, 事実を, 位地は, 家に, 方が, 日本人の, 状態では 7 ままで, ままの, 位置に, 位置を, 新劇団, 日本には, 状態に, 状態は, 社会に, 私に 6 われわれには, 彼は, 彼女の, 日本で, 生活から, 私としては, 立場から, 自分に, 自己の

5 [16件] ことを, ままでは, 事情を, 君の, 地位に, 新劇が, 新劇の, 日本が, 日本人には, 日本人は, 状態が, 瞬間に, 社会では, 職業に, 自己形成として, 自己限定として

4 [43件] ことで, ことの, ことは, ために, ままでも, ものを, われ, 世の中に, 世界に, 事を, 人口を, 俳優を, 俺には, 劇場の, 努力の, 問題から, 地位を, 場合では, 場合に, 境涯に, 多くの, 夫の, 幸福を, 形に, 文壇の, 新劇は, 新劇を, 映画は, 東京で, 状態で, 現実の, 生みの, 生活に対する, 社会は, 社會に, 私が, 聖降誕祭の, 自分と, 自分との, 自分には, 自分は, 諸詩人, 貴女の

3 [81件] ありさま, うちに, ことも, この女, ところこれ以上の, ところは, ぼくの, ものである, アカデミーと, ジャーナリズムに, ジャーナリズムは, ブルジョア, 一般の, 上に, 世の中の, 世界においては, 世界の, 事物に, 人に, 仕事は, 位置の, 住居は, 俳優の, 俳優を以て, 俺に, 假面を, 僕には, 僕の, 兄を, 力で, 医学では, 問題を, 地位は, 場合は, 場所に, 境遇が, 妻を, 娘を, 子を, 実際的, 彼にと, 心の, 心境に, 心境を, 情勢に, 我々の, 我国の, 或る, 政治が, 文壇で, 日本における, 日本人が, 日本画を, 村の, 東京人は, 歌舞伎の, 氏の, 演劇に, 演劇を, 物理学の, 物理学は, 状況に, 瞬間から, 社会が, 社会で, 社会と, 社会において, 社会を, 社会制度を, 社会状態に, 私たちの, 科学は, 程度の, 職業は, 職業を, 能の, 自己と, 苦痛から, 親を, 観察の, 関係を

2 [232件] あなたの, ありさ, あるが, いろいろな, ことが, ことに, このよう, この村, すべての, ところこの, ところで, ところに, ところへ, ところ他の, ところ僕は, ほうに, ぼくは, ままに, ものに, ものは, わが国では, わが国には, わたしの, われわれは, アジアに, アトリエを, アメリカが, カール, ゴーリキー通り, ソヴェト同盟の, ソヴェト生活に, ソ同盟の, ブルジョア社会の, ベストに, ロシアでは, 一つの, 三千代には, 不満を, 世の中には, 世の中は, 世界が, 世界と, 世界には, 世界を, 主人の, 予は, 事で, 事実から, 事実だ, 事情で, 事情に, 事情は, 事態においては, 事態を, 二人の, 人口は, 位地を, 位置は, 住宅は, 作品が, 俺を, 僕が, 僕に, 僕は, 僧侶の, 儘で, 優秀な, 公衆は, 内に, 内容を, 分布によって, 制度では, 制度の, 劇場は, 力では, 十四郎が, 十四郎には, 危機を, 可能性の, 哲学の, 問題に, 問題の, 困窮の, 国民生活の, 国民生活を, 地点に, 地震学の, 場合でも, 境涯を, 境遇と, 境遇の, 境遇も, 大久保百人町に, 大器の, 女房の, 妻の, 姿が, 姿を, 娘の, 子である, 宗教が, 実際問題, 実際問題解決, 家の, 家を, 居場所を, 己れ, 帝が, 幸福に, 幸福の, 役人は, 彼と, 彼も, 彼女にと, 御収入, 御蔭であった, 心持ちを, 心持は, 恋の, 恐慌を, 情勢では, 意見と, 意識の, 意識を, 愛着の, 慣習的な, 我々は, 我の, 戦争を, 所では, 所に, 所謂, 支配階級との, 政府に対して, 政府の, 政治に, 政治の, 教育は, 文化の, 文化を, 文学を, 文芸の, 新劇, 新劇に, 日本としては, 日本において, 日本語が, 日本語を, 易では, 映画の, 時は, 時代に, 書生姿が, 有様では, 本質は, 東京には, 検閲制度と, 歌舞伎劇は, 此の, 歴史の, 母である, 母は, 母を, 気もちとは, 決心を, 法学教育は, 活動に, 演劇, 演劇の, 無生産的, 父に, 物理学を, 状態の, 状況を, 狂熱は, 独逸は, 環境から, 生存を, 生活, 生活と, 生活において, 生活に対して, 生活は, 皇室典範に, 真心で, 矛盾的自己同一として, 知識では, 知識の, 社会的地位という, 社会組織では, 禁慾的生活に, 私も, 程度で, 程度では, 立場は, 第一国語, 精密科学の, 経済の, 結婚制度が, 編輯者式場俊三内田克己庄野誠一の, 繁華に, 職業とか, 能力や, 自分として, 自分とは, 自己が, 自己に, 自然科学に, 芝居を, 芸術の, 苦しみや, 行き方, 観察から, 詩の, 詩壇の, 課題でなけれ, 諸条件, 貴君に対する, 貴女自身の, 貴方の, 身分が, 農村の, 近世資本主義制度の, 金に, 門は, 関係は, 闇黒と, 雪路運搬に, 青年に, 順序の, 頭を, ABCに

1 [2654件 抜粋] あさましさ, あらゆる無心, あり方で, あれや, いわゆる, いわゆる西表島, おっ母, おれを, お役所, お身上, ここでの, ことだって, このとき, この境遇, この日曜, この現実, これらの, ごとき文明, ご亭主, そういうもの, その職員録, それより, ところこれが, ところウィルソン大統領の, ところ不可能である, ところ史家の, ところ戦争防止平和運動の, ところ相対論的量子力学は, ところ重吉の, はお送り, ままです, むくみの, やうにととの, ようで, りっぱな, わが国にとって, わが日本, わたしに, われわれに対する, アカデミーの, アメリカで, アメリカ法律の, ウリヤノフスク, カッフェーへ, クロムウェル街に, サルカニの, ジャナリズムの, ジャーナリズムとを, ストに, ソヴェト生活の, テオバルトは, バラック街は, ビンボー類似の, ブルジョア作家の, ブルジョア観念論, プーシキン市, マルクス主義芸術論を, モスソビエト劇場, ララ物資なり, レーリー卿が, ロシアの, 一世だけ, 一松斎も, 一瞬一瞬一日一日が, 三ツ山教会, 三越支店の, 上手という, 下宿の, 不安以上の, 不幸の, 不自由な, 世の中で, 世の中即ち, 世界とは, 世界や, 世相は, 両親に, 中庸を, 中流の, 中間を, 主祭神, 久高の, 事に, 事実これを, 事実なり, 事実今にまだ, 事情, 事情にとっては, 事態に対しては, 事物が, 二分の一以下に, 二葉山, 享楽を, 亭主, 人も, 人格の, 人生においては, 人間でも, 人間性と, 人類生活の, 仕事の, 仮想的事件の, 会員数は, 伯母であった, 伽藍である, 位置が, 位置において, 住ましめられて, 住居である, 住民に, 体力修練が, 余の, 作家の, 例を, 俗間の, 信念も, 俳優に, 俳優諸君は, 俺にとっては, 倍数にも, 偉れた, 偸安を, 僕たちの, 儘であるなら, 儘旅行者の, 先を, 光栄の, 入り組んだ感情, 全系統, 六三制の, 共通の, 内部的構造は, 写実主義者は, 凡そ一年分に, 処一般に, 出来事に対する, 函館の, 刑法では, 制度, 刹那から, 剣士に, 劇団で, 劇評といふ, 劣悪な, 動作を, 勤労状態において, 区域の, 十四郎と, 千代田館と, 南画の, 即ち後, 反動的な, 収穫を, 可見世界, 各方面, 名称の, 君に, 吾妹が, 呼吸に, 商人は, 商業劇場を, 問題として, 喜びに, 四十代五十代以上の, 因縁宿習を, 図案家程度では, 国家国民並びに, 国民が, 国語国字の, 国防費が, 土地と, 在籍者は, 地位それに対する, 地名と, 地点が, 地球上に, 地震学上から, 基礎理論に, 報告書を, 場合にも, 場合許され, 境地が, 境涯をも, 境遇にては, 増加率または, 変革の, 多数の, 大事実, 大地の, 大札幌, 大衆といふ, 大衆読物の, 大陸に, 天子を, 夫も, 夫歳男と, 奥方だった, 女子大学程度の, 女王がたは, 如き人口減退, 如き程度, 如く四〇分の一では, 如何にも, 妻が, 妻アンナ・イヴァーノヴナと, 姿に, 嫂です, 存在も, 学問を, 学生は, 安心や, 宗教から, 宗教論者の, 実情から, 実情は, 実生活そのまま, 実際的論理, 宮の, 家から, 家屋は, 家族制度ブルジョアの, 富と, 富岡には, 實際には, 将棋名人戦が, 小学教育は, 小杉さんからは, 小説は, 少年少女は, 居城である, 岡山市は, 島言葉でも, 市川団右衛門の, 帝國大使館と, 帯は, 幅の, 平面映画は, 幸福で, 広島の, 弁護官が, 強制であっ, 形では, 形体に, 形相を, 役人一般に, 彼に, 彼女から, 彼等は, 御境涯, 微力な, 心を, 心持にだにの, 快い歓び, 思想界に, 怪奇を, 恐らくは昔, 悩ましいもの, 悲しむべきまた, 悲観説に, 情婦の, 惣員一九九五名に, 意味に, 意識は, 感情だけに, 態度について, 成り行きを, 我々には, 我が天地, 我国では, 戦争とは, 戦況である, 戯曲家乃至, 所だから, 所有者から, 所謂新劇が, 技術家の, 指導階級に, 描き方, 支那の, 支配者達は, 放蕩を, 政治といふ, 政治的権力経済的支配文化的指導に対して, 教団は, 教育法は, 文化よりも, 文化的時局の, 文壇有名人の, 文学其ものに, 文明を, 文芸評論の, 新劇では, 新吉原, 新聞が, 新聞雑誌には, 方法は, 既成新劇団で, 日常生活の, 日本と, 日本にと, 日本人として, 日本国民に, 日本文学は, 日本画家の, 日本酒の, 早稲田大学は, 昔話に, 映画俳優は, 時代は, 時点が, 暴富を, 書籍には, 有つ, 有様からは, 木曽家なる, 未開人や, 本艇の, 村民は, 東京でも, 東京を, 松の内を, 棋界の, 楽壇の, 樂しみを, 橋に, 檀家の, 欧羅巴人も, 歌仙などとは, 歌謡曲みたいな, 正徳五年に, 歴史小説とは, 死亡率を, 殻から, 比例が, 民衆の, 気持ちを, 気象学が, 水戸上水道の, 江川だ, 汽船なり, 法則と, 法律を, 泰平郷倶楽部へ, 活火口たる, 流行を, 浮世愛情の, 深刻な, 減衰の, 満洲国, 演出者では, 演劇界は, 漢民人口は, 火華の, 煩悶を, 父と, 父親が, 牧畜法は, 物理学には, 特定な, 状態から, 状態について, 状態を以て, 状況に関する, 独逸には, 現代学生一般は, 現実的計画に対して, 環境がかへ, 生きて, 生への, 生活その, 生活である, 生活においても, 生活も, 生活感情に, 生活環境が, 生産物と, 生産額と, 産額に, 男との, 画業の, 疑惑の, 癩院の, 盡きぬ喜びに, 相場は, 真面目な, 瞬間にまで, 知能分子の, 知識婦人の, 石器時代人民の, 破局が, 社会について, 社会や, 社会及び, 社会構成は, 社会状態におけるよりは, 社会的集団生活とは, 社大, 社會形態は, 禍悪が, 私と, 私どもの, 私自身いづ, 科学が, 科学に, 程度ぐらいまで, 穂高神社の, 窮境を, 立場からは, 立場の, 立脚地を, 筆者を, 築地は, 精神生活を, 系統は, 終點驛名寄着, 経済事情で, 経済組織は, 結婚制度に, 絶對化といふ, 維持者として, 羈絆の, 群馬県庁の, 耀ける大衆作家諸君, 考え方と, 職分に, 職業俳優の, 胡月を, 能力の, 膨脹した, 自分について, 自分らの, 自己を, 自暴自棄から, 自由主義の, 興行が, 舞台では, 航空地図は, 色々な, 芝居に, 芥川氏は, 芸術中で, 若い咄家, 若松市の, 苦境から, 苦痛によ, 英国を, 葉子に, 蓄音機は, 藩士が, 行動の, 行為の, 衞侯に, 裁判官も, 要求と, 親たちと, 観客層なる, 観衆を, 言葉により, 言語学の, 訳が, 話だ, 読者にとって, 諸事情, 謡初之式は, 譲吉に, 貞潔の, 財界の, 貴婦人の, 賃銀では, 資本主義的ジャーナリズムが, 資本家階級の, 贅沢ぐらしさえ, 身のうへ, 身体のみを, 農夫とは, 農業組織では, 通俗文学の, 進んだ音響学, 逸子にと, 過渡期が, 道徳観を, 選手では, 部落の, 配給機構へ, 野蠻人などが, 金銭価格に, 銀座西四丁目四, 門下的漱石文化人の, 関心において, 降誕祭の, 階級対立の, 霊魂と, 非常時局に際し, 領事裁判長は, 顔は, 風景を, 食肉禽獣虫類間に, 體驗を, 高砂町あたりだろう, 魔酔的雰囲気の

▼ 現在~ (419, 4.4%)

5 過去と 3 別の, 私の

2 [16件] いろいろな, そうでない, それです, それに, どうなっ, セメントの, 何と, 僕自身には, 兎に, 建設時代に, 日本の, 日本人であり, 秀吉の, 私も, 自分の, 過去を

1 [376件] あの地, あの有名, あまりに半, あらゆる意味, あるも, ある意味, いかに変えまい, いくつかの, いくつもの, いずれも, いつでも, いつも現在, いつも自己自身, お答えを, お茶という, かういつた様子, かくの, このよう, この手帳, この考え, この記述, この通り, この郊外, さほど不自由, じきに, すでにすたれ, すでに学問, すでに異なる, そういう事, そうで, そのまま細川家, その人々, その人間, その何もの, その地方, その形, その必要, その最も, その現在性, その程度, その第, その道, それが, それの, それらの, それを, それ程でも, それ自身過去に, そんな感じ, たいていお菓子, ただちに消え, ただ偶然, ただ媒介, ちょうど世の中, といつても, どうあろう, どうだ, どうなってる, どう註釈, どこに, どこにでも, どれほどまで, どんなにきたならしい, どんな方面, ない, なおジクザク, なお明瞭, なかなか幅, なくな, なにを, なんだかブカブカ, はやくも, ほかに, ほとんど文通, ほぼ俳諧者流, ほんとの, まあこうした, また永遠, また純, まだこの, まだその, まだ一般市場, まだ充分, まだ具わっ, まだ力, まだ半分, まだ土地, まだ多く, まだ所謂有名, まだ手がかり, まだ整理, まだ第, まだ至って少ない, まだ若い, みな困っ, もうさして重要視, もうすっかり治っ, もうなくなっ, もうよほど多く, もう木, もう自信, もちろん当時, もっとも端初的, もはやこの, もはやその, もはや海, やっぱり相当, より以上興味, イタドリで, ウルリーケの, エストニヤの, オセチを, サンバイ降し, シートン教授を, ジョンス・ホプキンス大学で, スエーデンの, ソヴェト作家の, タイプとして, タクミの, トゼツしとる, ドイツにおいて, ナチジン, ニヤリニヤリと, ビスビイの, ホンの, マルクス主義の, ムギワラスズメという, メギ科に, ラツール記者の, 一人暮しで, 一円近い, 一切の, 一定の, 一方を, 一番基礎も, 一般に, 三つの, 三百二十八本大正十三年には, 上海市フランス, 不可能であり, 両者ひと続きの, 中央文壇から, 主体と, 主體, 事務の, 二十三夜よりも, 二十歳ころの, 二月の, 亜米利加に, 交通関係の, 京都に, 人間の, 今日にまで, 何かの, 何だか仏法, 何とか病院, 何事も, 作家の, 停止せられ, 優秀な, 全く健康, 全く引払っ, 全体から, 全国栽え, 兩面において, 八台の, 其生命を, 内容を, 処女の, 出揃ったとは, 出生総数の, 出羽の, 別府から, 別荘番夫婦を, 到底母一人子一人, 到底逆さ, 刻を, 十個ほど, 南と, 南北の, 危かしい, 参議に, 同じく一間, 同じ月, 同じ理由, 吾, 唐の, 唯今も, 單なる, 回転し, 困って, 国の, 園芸手の, 地方くじだけに, 多即一一, 大国魂神社, 大工なる, 大野の, 大阪の, 大阪本店の, 太陽暦で, 女親ばかりで, 如何なる人, 妻にと, 姉一人のみよりだけ, 姿を, 安心し, 実に, 実生活の, 客體面において, 宥し得べき, 實は, 寧ろ歴史的背景, 將來より, 小倉歯科大学の, 少くとも生, 少くも, 少し多, 少し違っ, 少なくとも局長, 屍蝋室の, 山手通の, 工事中で, 市内, 平穏無事に, 平重盛の, 年に, 年額二五〇〇〇ドルに, 幼稚だ, 幾代にも, 弟の, 弥勒踊の, 当分この, 彼にと, 彼の, 從つて存在は, 意外な, 愛してるという, 愛宕様の, 成るほど, 成程, 成立する, 持つて, 指導よろしき, 支那の, 文化の, 文庫時代とも, 料理も, 新宿区と, 新小岩へ, 既に全治, 既に別居, 日本に, 映画館の, 是だけ, 昼間でも, 時代では, 時代といふもの, 最も近代的, 朝鮮捕鯨会社社長伯爵岩井通保の, 未だ秋, 未來への, 未来の, 未知数である, 末法である, 村共同に, 楽な, 横須賀の, 機械の, 正しいと, 正面の, 殆どその, 殊に地域ごと, 母性を, 母親と, 母里家に, 民族競爭の, 気質が, 永遠で, 決して單純, 法務庁に, 浮世ば, 漢室の, 濁つて, 火の, 無い, 無いと, 無だ, 無職, 父母の, 父親が, 片足神が, 物置き, 独特な, 独身だ, 猶更, 現代位, 現在で, 生命力の, 田舎の, 男患者も, 病気に, 発達し, 百姓や, 目録を, 盲目性が, 直觀, 相場が, 瞬間である, 知られて, 知るすべ, 確に, 社会主義建設の, 神楽坂の, 私に, 科学の, 稀覯中の, 稲扱器を, 第一次欧州大戦, 第一港運会社社長, 第二次世界戦争, 米の, 米友が, 米国の, 米国民政府と, 約二万フィート, 紙の, 細君の, 紳士でも, 組織され, 絶えず壞滅, 絶えず更新, 絶え間なく, 美濃部主義者では, 考えないの, 胴上げを, 脱漏程度において, 腕力に, 腹膜炎に, 臨んで, 自由の, 興信録に, 若松港運会社の, 荒だてるのに, 荒寥である, 菊池寛氏の, 著作権が, 蓬莱の, 薔薇である, 薬師様として, 薬用に, 複雑に, 西の, 解体し, 農です, 進駐軍関係の, 遊戯だ, 過去から, 過去が, 過去の, 過去をも, 過去及び, 過去現在未来と, 違つて来た, 針供養の, 鉤の, 銃後です, 長さ, 長崎市の, 長者町の, 関門トンネルの, 限られて, 霞目と, 香港に, 麺麭の, 黒船の

▼ 現在~ (385, 4.0%)

34 於て 16 於ては 12 至るまで 11 於ても 6 いたるまで 5 及んで, 於いて 4 あっては, 對する, 至るまでの 3 なり, 処して, 於いては, 於いても, 於ける分類, 於ける我が, 於ける最も, 満足する, 生きて

2 [17件] あるよりも, ある例, この生きた, なって, 到つて, 到るわたくし, 向って, 對し, 於ける, 於ける到着点, 於ける原始民族, 於ける恋愛, 於ける文化, 於ける漱石文化, 於ける社会, 生きつつ, 盡きる

1 [223件] あっても, ありながら, あると, あるの, あるもの, いくらかの, いたっては, いたる悪戦苦闘, いつまでも, おけると, かえらないわけ, きて, この甲府, こびり付いた過去, すなわち一八二五年末, せず, その存在, つくられつつ, つづいて, つながって, つながつたもの, つながりその, つながる伝統, つながる過去, てらして, とつて, どうしたら, なってまで, ならなくて, なること, なると, なるん, はたらいて, わが歴史, わたりては, 一つの, 不完全な, 主義なく, 事を, 亘る西洋崇拝, 伝へ, 伝わったの, 伝わるもの, 働きかけて, 働けと, 償ひ, 先立つもの從つて後者, 全く没頭, 分裂し, 到つた, 到り異常派, 到る部分, 到達する, 力の, 力を, 努力すれ, 包まれるという, 包括され, 区別の, 即した學問, 即して, 及ばないと, 及ぶ歴史, 及んだ, 反射, 反感を, 合一する, 向つて波紋, 呼び出すこと, 固執し, 在る所, 執着しよう, 変つた, 変化しなけれ, 媒介する, 存する, 存するとも, 存在しなけれ, 安らうこと, 安んぜざる訳, 安住し, 安住しよう, 安住し得る, 寄する, 就いて, 就きて, 就ても, 屬する, 希望を, 引きもどすこと, 引きよせるでは, 引き出して, 彼女は, 從屬する, 心的な, 必要な, 忠実であっ, 忠実である, 悲喜憂苦を, 意味を, 懶怠, 成熟せる, 接續し, 描こうと, 救わる道, 於けるその, 於けるそれ, 於けるイデオロギー, 於ける一般, 於ける二つ, 於ける今, 於ける俺, 於ける円本出版, 於ける否定, 於ける哲学的イニシャティブ, 於ける唯一, 於ける唯物論, 於ける大学, 於ける女子, 於ける婦人, 於ける完備, 於ける帝国主義, 於ける広い, 於ける役割, 於ける必要, 於ける我等, 於ける戯曲壇, 於ける新しい, 於ける新聞, 於ける日本人, 於ける最大, 於ける未来, 於ける現在, 於ける社会的地位, 於ける社會的地位, 於ける私, 於ける程, 於ける積極的, 於ける自分, 於ける過去, 於てすら, 於てのみ, 於る, 最上の, 本当に立ち上がっ, 来た, 栄えまた, 欠けて, 残した諸, 残つてゐる, 殘存し, 比しそれほど, 比べて, 比べると, 沢山居る, 注がれて, 活動しただ, 活動する, 浸つたまま, 混線しちゃった, 渉つて感ぜられる, 満足した, 滿足する, 滿足せざる, 物を, 現在から, 甘んずる成行主義, 甘んぜざる性質, 生かしきること, 生かして, 生きようと, 生きるであらう, 生きる女性, 生きる私, 生き現在, 生き趣味, 生まれ出たとしても, 留まつて, 疲れた低い, 発展し, 盡きるであらう, 盡きる如く, 目を, 目撃すれ, 立ち到つて, 立ち至って, 立ち返って, 立脚する, 等しい過去, 精神が, 結合さする, 織りこまれること, 義務を, 耽溺し, 自覚し, 至ったもの, 至って, 至っては, 至つてゐる, 至るも, 至るもさうでは, 至る探偵小説, 至る無数, 興味ある, 芸術に, 血を, 行はれ, 見て, 見るやう, 読むの, 軽々しい挙動, 輝くの, 近くなれ, 近づくに従って, 返せと, 逆もどりする, 通用しない, 過ぎぬの, 過去を, 適した作品, 関係し, 集注される, 驚嘆し

▼ 現在では~ (316, 3.3%)

4 人の 3 ない 2 あるが, ソヴェト同盟の, 一つの, 何か, 大体において, 家族の, 少しも, 殆ん, 私は, 自分の

1 [289件] あの禁制, あれこれ表面的な, いつの間にか陥つた, いろいろな, おそらくなくなっ, お茶が, かえって科学, こちらは, この作品, この教育程度向上, この方, この町, この種, さまざまの, すべての, そういう指導的, そういう点, そういう若い, そうだ, そうでなく, そのこと, そののれん分け, そのほか, そのテーマ小説, その一部分, その古株, その所有品, その理由, その真価, その習慣, その踏み台, その間また, それが, それぞれの, それほど大きい, それも, それ以上の, そんなこと, た, ただの, ただ与えられた, たった一軒, だん, ちょっと計算, どうだ, どうなっ, どちらかと, どちらの, どの丘, どの位, ない夫, ふぐ屋において, ほとんどあらゆる, ほとんど店員, ほぼ千種, ますます日本, まだいろいろの, まだ奇蹟, みずから力の, みんなが, もう, もうくろうと, もうその, もう下町, もう人類全般, もう堂々たる, もう彼, もう考へる, もしその, もっぱらこれ, もつと, もはやすでに決して信頼, もはやない, もはや館以外, ゆき子に, よほど分っ, わからないが, わずかに, われわれは, アラスカと, サンダカン付近に, サークルでも, スウィスの, スッカリ改心し, パリで, ビショップの, フランス船の, モスク, ラジオの, ロマノフ王家の, 一台が, 一般に, 一般にどんな, 三つの, 三十万余の, 不動の, 不可能な, 世界中が, 両極地方の, 中将に, 主人の, 主流といふ, 事情が, 二四フランであっ, 二種類の, 人間の, 人間を, 人間離れの, 今日の, 何の, 何も, 何宗旨でも, 何流の, 作家個人として, 例年の, 健康な, 僅か十九人, 元の, 先づ横浜の, 全く想像, 全く用いられない, 全国屈指の, 全然開店休業, 全種類, 全部で, 八十八星座が, 六大都市転入禁止にな, 六尺二十貫の, 六条院から, 具体的な, 内大臣が, 利用されよう, 到底手, 前川と, 募集すれ, 勲章は, 十三軒の, 博物館か, 却て, 原子核の, 又この, 友情以外なにものも, 古今の, 可能である, 台本や, 各々が, 各民衆, 合計約, 名の, 名探偵, 周知の, 味噌と, 四人居る, 国内の, 国立劇場コメディイ・フランセエズの, 堂守の, 外国の, 夢想する, 夢想に, 大きいそして, 大学と, 大小三十六篇の, 大衆文芸は, 天国を, 天然雪の, 女の, 女性の, 妖精や, 婿舅の, 存在論という, 學校には, 実名小説が, 実業界に, 家の, 家具調度も, 家庭と, 家老の, 富岡は, 対等の, 對局の, 屋外に, 市内の, 帝政の, 帝政ロシアを, 常にワン・オクタアブ, 平戸殖産興業会社の, 平等である, 引窓という, 当時の, 彼の, 彼らの, 思ひ出すの, 思想上の, 愛市心なぞ, 或る, 戦争中の, 手切れ金として, 批評家よりも, 改装され, 救世軍の, 数百年前乃至, 新劇といふ, 既にはいりこん, 既に動かすべからざる, 日本が, 日本の, 日本特有の, 時たま良心, 時代と, 時代も, 普通人形十五六人太夫三味線弟子等合し, 更に急, 書く気, 曾て, 最も技術的, 最も時代遅れ, 最も重大, 最小の, 月給も, 東京暮しを, 東京神恵病院長押鐘博士の, 東洋と, 極く, 極めて安い, 樽野の, 欠けて, 死刑は, 殆どその, 殆ど同じ, 殆ど見られず, 決して完全無欠, 河原町の, 無数の, 煤煙で, 父に, 片々として, 物語めい, 現れた審査, 現前の, 男子の, 男性とは, 発信人の, 白紙だ, 皆読経に, 皇太后派を, 相当の, 相当思想上, 真実の, 社会学なる, 社長の, 私も, 秋田県の, 立ち食いの, 筆者には, 粉が, 約七〇〇個, 純潔無垢な, 紫の, 細長い日本島弧, 群馬県自治警察, 考え物だ, 肉体の, 自分たちの, 自分も, 舞踏です, 色々の, 落ち目に, 蛍袋が, 行方も, 親切という, 読むだけに, 警察や, 警視総監と, 議会方面を, 踏み切って, 連句とは, 過去の, 里子に対しても, 降下の, 隅田川に, 階級イデオロギーを, 非常に, 音楽を, 顔の, 飛行機な, 飯を, 高等数学の, 鷺流は, 黒い水

▼ 現在~ (167, 1.7%)

5 經て 4 介して 2 中心として, 基点として, 基盤に, 想像する, 持し, 樂しむ, 犧牲に, 祝福し, 見ること

1 [140件] いえば, いかに転化, いちばん楽しく, いって, おいては, くぐり抜けて, その現在性, どういう風, なおいっそう, ふり返るわけ, 一つの, 一飛躍し, 下らながるの, 享楽し, 代表す, 何うにも, 何と思う, 信じない, 信ずる即今, 充實し, 再現し, 出発点として, 別に, 利用し, 包容し, 十分に, 単に瞬間的, 去つて無, 去れば, 叙し, 可なり, 可能ならしめ, 否定する, 哀れんだの, 唯一の, 喜ぶの, 嘆いたりは, 固むるひとりが, 基調と, 夢の, 大事に, 如何に, 妨げるもの, 姙まし, 安穏に, 完全に, 定めるもの, 導き行く可, 少しも, 幸福な, 幾何学的な, 彼らの, 從つて存在を, 御悲観, 微分, 思い出して, 思ふとしては, 悲観するで, 想ひ, 愉しまず, 愛し思想家, 慮りて, 成立たしめる, 捕えること, 描いたところ, 支配し, 支配しよう, 支配する, 改めてずつと, 斯くも, 最上の, 未知の, 柔げたものとしか, 樂しみ, 樂しみ將來を, 標準として, 殆ん, 比較し, 永遠にまで, 活かして, 流動推移たらしめる, 満足させる, 無性に焦立たせ, 犠牲に, 生きて, 用心しろ, 用心する, 目撃する, 直接に, 相手が, 眼に, 知ってか, 知らない私, 知ること, 確保する, 示し従って, 社会的保証の, 社会進化の, 糊塗する, 結果としてのみ, 考えて, 考えながら, 考慮し, 脱却せよ, 蒸氣の, 表わすもの, 見そして, 見て, 見まわして, 見ようとは, 解説しよう, 詰問する, 語つ, 語りたげに, 語り得なくなったとは, 説明した, 論じて, 識り, 讃美する, 趁つて無意味の, 超越し, 軽蔑し, 辯證法的に, 追っかけては, 追憶させ, 通観し, 進めるため, 過ぎて, 過去として, 過去に, 過去の, 重要視する, 開拓する, 除いてさ, 離れ自分, 非難し, 韜晦する, 飛び離れて, 餘所に, 點として

▼ 現在でも~ (153, 1.6%)

3 私は 2 そうな, 多くの, 歌舞伎の, 私の, 肉的な

1 [140件] あたま, ある意味, ある程度までは, い, こうした安, ここは, この世に, この地球創成, この眼, この秘密, この要素, すでにかなり利用, すでに別, そういう例, そういう歴史的理由, そういう點, そうかね, そうした方向, そうである, そこの, その中心地, その傾き, その子孫, その必要, その様, それだけは, それ等は, そんなこと, どうやら恐ろしい, なお悪徳, なお朝鮮, なお次々, なお結婚, ほのかに, ぼくは, まだかなり, まだわずかに, まだ数, まだ種々, みな前も, もう射撃, もちろん同様, やはり朝, わざわざ学校, シンは, ニエルス・ボーアや, フロイドが, ポーランドは, 一晩や, 一見し, 一部分の, 世界には, 中国大陸の, 主に, 云われて, 五月四日の, 京成バスの, 余り変わっ, 作つてゐる, 依然少量, 僕は, 其処には, 前田大納言家から, 十年前の, 千町田を, 各地方, 同じよう, 同様趣味の, 君と, 哲学上の, 困つて, 国によって, 土地の, 多く見当たる, 大して怨恨, 妃六百人姫嬪二千三百人女奴隷, 存在し, 学生間では, 学者によって, 実感として, 宮本武蔵は, 容易に, 将来でも, 小説は, 少くない, 尚この, 市中に, 廊下の, 彼女の, 急行時間には, 悪魔は, 悲観派と, 或る, 持って, 指先から, 政府の, 新旧の, 新野の, 既にその, 春秋二季に, 時々うずき出す, 時に依る, 月刊雑誌の, 未開国, 次に来るべき, 正確な, 此時の, 殊に最近私, 残って, 水田が, 決して差支えない, 沖縄へ, 熊本の, 物々交換の, 玉鋼は, 病源が, 矢張り父は, 社会運動史上の, 私達は, 算盤が, 紫という, 経済力の, 脚光を, 自分の, 自然科学者自身の, 衣類の, 見事な, 記憶し, 農村あたりでは, 適切な, 適用する, 酒屋の, 金五郎は, 開成山の, 雷岳の, 面白味は, 頭の, 食器に, 首折れ寝, 鹿児島湾で

▼ 現在~ (118, 1.2%)

7 形を, 現在自身を 3 矛盾的自己同一として 2 まさに末法, 過去へと, 過去を

1 [95件] あまりに辛けれ, あらゆる夢, ありの, あり存在, あるの, あるのみ, ある現在, いかなるもの, いつも無, いつも自己, かえって夢, かくの, こうだ, この現在, こんがらがつて, すでに昔, すべての, そうであり, その期間, その都度, それほど得意, それほど満ち足りた, どうやら衣食, なお形, ふしぎにも, まさに末法時, まるで記憶, ようやくはっきりと, よくなっ, オフェリヤに, 一切を, 一番価値が, 不景気だ, 何処までも, 余計忌々しい, 來る, 反動期という, 吹き飛ばされたばかり, 問題に, 單純無差別な, 変に, 夢としか, 大切か, 大変貴重に, 失われて, 如何に, 安住の, 安定し, 宿世の, 將來との, 將來を, 延長を, 延長をも, 当来の, 彼に, 愉快であった, 慎作を, 成立つの, 手に, 持續する, 撓わにまで, 救い難い, 既にさうだ, 明らかなれ, 時の, 書きにくい, 最上に, 未來を, 末法である, 末法の, 来た, 次の, 永久であり, 永遠である, 永遠の, 消えて, 淋しく思われ, 烈しく頭, 現在自身の, 生産様式として, 真に問題, 矛盾の, 私の, 空虚に, 続いて, 自分の, 自己自身の, 芸術の, 變つて未來と, 資本家と, 過去に, 過去をも, 過去全部に, 静かに, 首位を

▼ 現在~ (111, 1.2%)

8 未来も 3 私の 2 ある, そうである, なお続い, わたしの, 尚代議士諸公

1 [90件] お世話に, かなりの, かなり遺っ, この語, しかり, して, そうした惑わす, そうしなけれ, そうです, そこに, その状況, そばに, それと, つづいて, どんどん降, ない, ない過去, なおその, なおそのまま, なお二, なお二つ以上, なお到る, なお存在, なお稀, なお行なわれ, ひきつづいて, また同じ, また辺隅, また過去, まだこれ, まだ多く, まだ残っ, みじめな, むろん存在, やがては, やはりそこ, ソックリそのまま, ロシアに, 一番利いた, 三丁字稲荷が, 上州の, 不仕合せだ, 中尾, 亦さうである, 亦過去, 人は, 以前の, 侮辱され, 公事又は, 冷酷無情な, 十分に, 只管に, 啓示する, 地球上の, 士分の, 天然記念物として, 宇宙万象も, 将来も, 將來も, 尚地元, 尚旺盛, 尚追放文士, 居る筈, 岡山県英田郡讃甘, 引続き存在, 当局の, 忘失し, 恐らくは将来, 戦争には, 描いて, 昔と, 昔の, 時々起る, 木美子の, 未來も, 未来の, 横田さんは, 決して偏見, 活きて, 生活し, 絶えず移動, 罹って, 肱で, 英国氷河学会, 行われて, 誰にも, 變り, 近畿以西に, 過去を, 飛んで

▼ 現在~ (97, 1.0%)

4 過去との 3 雖も 2 および近き, なっては, 一様なる, 将来の, 未来との, 過去とに, 過去の, 関係の

1 [74件] あって, いえども, いつて, いへども, いわず二十代, これから生れよう, し対象, たが, たがわず私, なつた, ならぬ過去, なりつつ, なり未來, なり現在, なる, なるという, なるの, ほとんど同じ, ほとんど同一, ほぼ同様, まるで區別, りつ, 一切の, 一致し, 一致せぬ, 三代の, 云ふべき, 他者と, 何の, 全く異なった, 全く違った, 刹那だけに, 區別される, 同じよう, 同じ生活条件, 同一と, 同一の, 同一数の, 同様な, 同様に, 同程度, 対立させ, 將來とによ, 將來との, 將來とを, 將來の, 少しも, 思われたもの, 戦ひ古代, 未來との, 未來とを通じて, 未来これらの, 未来と, 未来とが, 未来に, 未来の, 殆ど違うまい, 比べて, 永久とが, 現在との, 異って, 異なる時間的, 異る, 相互に, 空想との, 縁の, 自分の, 行末の, 解すれば, 過去とを, 過去のみが, 過去は, 違つて棋士の, 重ね合わせて

▼ 現在日本~ (73, 0.8%)

3 に於, に於ける 2 で問題, の大衆, の政治, の演劇

1 [59件] がおかれ, でどう, でのソシアリスト, ではいろいろ, ではどんな, では如何なる, で使つて, で刊行, で呼ばれ, で片手, で特に, で発行, で若い, と台湾, には一千万人, には文芸雑誌, にもある, にも一人, にも欲しい, に何名, に俳優養成機関, に学びつ, に居ない, に帰化, に有用植物, に生れ, に行, に見る, のやう, のジャーナリズム文学, のブルジョア文壇, のホンモノ, の一本立ち, の三十代, の人民, の劇作家, の各地, の商業劇場, の国民生活, の場合, の多く, の実情, の家族制度, の探偵作家, の政府, の政治家, の文学界, の文部省教育, の新劇俳優諸君, の新聞, の映画会社, の湯治場, の産業界, の画界, の社会状態, の社会的真実, の芝居, の農村, の農業

▼ 現在自分~ (68, 0.7%)

3 の夫 2 の傍, の家来, の心底

1 [59件] がいる, がかかずらっ, がこんな, がその, がちゃんと, がつまらぬ, が世話, が作ってる, が実現, が愛し, が正直, が殺した, が腕, が蛇, が被っ, が見, が試み, で電話, といふもの, として進まない, などが聲, にとって世界じゅう, に呼び出し, に直接, の, のお, のぐるり, のほぼ, のよう, の不幸, の倅, の内部, の口, の呑ん, の子, の実家, の家, の心, の息子, の母, の父, の生存中, の甥, の眼, の眼前, の花嫁, の足もと, の身上, の身柄, の身近, の身近く, の連れ, の魂, は旅, は身, も共に, をうらん, をはじめ, を見棄て

▼ 現在において~ (66, 0.7%)

6 結合し 4 結合する, 過去と 2 対立する, 相互否定的に

1 [48件] ある, あること, あるもの, かかる土地, この方面, その精神, である, どうすれ, もって, アウフゲホーベンされ, 世界史的に, 主體, 何処までも, 何等かの, 作られたもの, 又現在, 合一する, 同時存在的である, 同時存在的なる, 否定せられ, 困難である, 宮の, 対立し, 彼らが, 我々が, 我々に対するという, 既に現れ, 時を, 機械的集団的被, 歴史を, 永遠的生を, 為し得る人生観論, 無限に, 無限の, 特殊の, 現在の, 生きる, 瞬間の, 科学者が, 結び附く, 絶対に, 自己矛盾的である, 自証されない, 行為的直観的に, 論理的に, 過ぎ去ったもの, 過去は, 随所に

▼ 現在この~ (65, 0.7%)

2 ように, 子は, 眼で

1 [59件] お山に, ところで, ままでは, よい陶器, ような, スカパフロー碇泊中の, 世の中で, 世界に, 事件に関する, 事件の, 二つの, 二人の, 俺は, 俺を, 僕の, 句が, 台北の, 名の, 名前を, 問題に, 国の, 国は, 土地の, 地方に, 場へ, 場合には, 夜の, 家に, 家の, 山に, 広い土地, 座敷の, 意見につき, 拙者が, 新劇運動を, 書物の, 村にな, 東京に, 決戦下における, 法廷に, 滝の, 状態は, 男が, 白血球数の, 目的を, 眼前の, 瞬間しか, 瞬間そら, 立派さを, 第三条, 網目は, 縄張りの, 自分の, 荷馬車の, 辺鄙な, 通り苦しい, 遊戯の, 邦に, 部屋に

▼ 現在ある~ (47, 0.5%)

5 がまま 2 ことは, のと, ものよりも, ような, 処の

1 [32件] がごとき, がま, ことという, ことを, すべての, だけのもの, ところの, のである, のです, のみ有, ままの, ものが, もののみを, ものは, ものを, よりもずっと, より少く, 人の, 位置の, 国民や, 大阪城と, 所の, 文学作品に対する, 文学作品を, 日本の, 本は, 様式や, 状態の, 科学博物館などは, 通りの, 限りの, 高原避暑地の

▼ 現在~ (47, 0.5%)

2 がある, が抱い, の心, は確か

1 [39件] がかうし, がその, がなぜ, が十四郎, が幾度, が御, が腰かけ, が自分, が見, にかけ, に与え, のため, のはっきり, のもの, の作風, の助手, の夫, の後, の手, の手中, の最も, の病躯, の眼, の知っ, の知る, の血, はまだ, は実行, は實行, は根本的, は自由, は速, は銀閣寺, もおばさま, もそれ, をほめてる, を支配, を未決監, を見捨てた

▼ 現在から~ (45, 0.5%)

7 現在へと 2 遊離し

1 [36件] お留守, すぐ過去, するりと脱, である, はみ出して, へだたれば, みた批評, 何等の, 刻々に, 十年余りも, 将来に, 将来にわたって, 彼の, 想像する, 数えれば, 斯様いう, 普通に, 未来と, 未来にかけての, 未来へ, 未来へと, 現在へ, 現在へという, 現在へなどという, 現在を, 生じこの, 百余年も, 見ると, 起りこの, 起るが, 起ること, 起るという, 起るの, 過去と, 遠い未来, 順に推した

▼ 現在その~ (44, 0.5%)

2 うちに, 土地に, 手で

1 [38件] うちの, ところに, 一体を, 一部分に, 中で, 中途半端な, 人々の, 人の, 人を, 何れもが, 兄が, 冒険に, 受取分の, 右方に, 地方でも, 増加は, 大部分, 女の, 所得を, 方面で, 日その, 日記が, 時計だ, 椅子に, 死体を, 生活の, 白い蝶, 盛花期に, 眼に, 瞬間にも, 言語を, 語の, 谷の, 身に, 身の, 身を, 運動を, 鰻を

▼ 現在までの~ (41, 0.4%)

1 [41件] すべてを, ところで, ところでは, ところぼく自身が, ところみな不, ところ共産主義に, ところ答え, ヒューマニズム的常識, 世俗的な, 二十年余りの, 代表的短篇小説を, 作品を通じて, 全過去, 処その, 処では, 参加者は, 四十年間には, 大勢を, 婦人作家が, 学生生徒が, 家庭小説は, 推移を, 放送局の, 新劇, 新劇は, 新劇運動は, 新聞は, 日本の, 有様では, 業績について, 歴史の, 物理学は, 生活境遇と, 秩序は, 経路を, 結果では, 英傑や, 記憶が, 身の上話を, 間には, 間を

▼ 現在まで~ (40, 0.4%)

2 二十年も, 残って, 津島家出入りの

1 [34件] おそらく何百回, こうして佇立, ずっと薄く, なお続い, またこれから, まだ充分, やっぱり闇市あたり, わたしたちは, フランスの, 二千例あるいは, 伝わって, 伝わってるの, 判明せる, 勉強する, 執拗に, 大きな噴火, 大衆文学以外の, 寂然と, 影を, 彼は, 彼女の, 押し切つて, 政府が, 文学を, 未だに独身生活, 独身を, 画壇の, 私には, 私は, 籍を, 約三百三十年, 約八百年, 行を, 覚悟らしい

▼ 現在未来~ (40, 0.4%)

2 を考へ

1 [38件] がある, がそこ, が同時存在的, する無数, とも云, と三生, と区別, における一切, になし, にわたっての諸, に属する, に渉, に渡つて泌, に重大, のあらゆる, のさまざま, のすべて, の三世, の三道, の喜怒哀楽, の差別, の幽霊, の生きた, の真, の空, の運命, は全, をことごとく, を指し, を比べ, を考慮, を見, を誤り, を貫い, を超えた, を通じて動かない, を通じて子孫, を通ずる

▼ 現在として~ (37, 0.4%)

16 自己自身を 2 世界が, 作られたもの, 把握する, 皇室が

1 [13件] できるだけはっきりと, 何処までも, 全国の, 変化し, 時が, 止まること, 歴史的世界成立の, 無限の, 現在から, 私に, 自己形成的だ, 自己形成的である, 過去から

▼ 現在よりも~ (35, 0.4%)

8 遥かに

1 [27件] いくらかでも, なほ一層, むしろ多産的, もっとよい, もっと優れた, もっと西北, 人口が, 先に, 多数の, 大きな比率, 将来に, 当時の, 従来の, 急傾斜, 数等優秀な, 日本に, 明らかな, 昔の, 更に少い, 火花を, 百年前の, 皆儀式ばった顔, 著しく多量, 著しく高くなる, 貧しくし, 過去の, 革命の

▼ 現在~ (27, 0.3%)

23 の前 1 に見える, に見る, のあたり, を醒まし

▼ 現在にも~ (25, 0.3%)

4 未来にも 2 不運であり

1 [19件] あて嵌まる, ある, すでにその, なお幾多, なお永く, なお生きた, なほ哀しみ極, まだ何分の一, もうぐづついてゐる餘裕, 一人も, 何か, 各種の, 存在する, 実在し, 拘らず味方同士, 未來にも, 活きて, 滅びずに, 見たこと

▼ 現在生き~ (24, 0.3%)

11 ている 4 てゐる 2 てい 1 ていない, て働い, て居られる, て我々, て活動, て生き, 証拠が

▼ 現在との~ (20, 0.2%)

3 完全なる, 間に

1 [14件] なかで, 境界を, 完全な, 対照を, 差別を, 比較が, 異同を, 純粹完全, 経験から, 聯絡は, 衝突でも, 調停を, 連續が, 関係を

▼ 現在より~ (20, 0.2%)

1 [20件] いくらか, もっと悪い, もっと進歩, わるいこと, 一歩も, 人口が, 以上の, 健康状態が, 先に, 六割ぐらい, 多く否定的, 多数の, 更に騰貴, 未来へ, 減少する, 確かに, 見ては, 過去を, 遥かに, 遥か以上に

▼ 現在書目~ (20, 0.2%)

2 にも其の

1 [18件] ありと, だけに殘つて, ではありませぬ, で宇多天皇, で書名, と云, には二卷, には冷然院, にも勿論, にも見え, にも載, に出, に載, の中, を示し, を見れ, を調べ, を隋書

▼ 現在~ (19, 0.2%)

4 なもの 2 にそこ, のもの

1 [11件] でありかく, であれば, なもろもろ, なる人間生活, なる本質, なる過程, な現実, にない, になる, に出す, に所有

▼ 現在われわれ~ (18, 0.2%)

2 の棲ん

1 [16件] がしばしば, が住ん, が営ん, が見る, の作品中, の入る, の原子, の持ってる, の流刑地, の社会生活, の置かれ, の胸, の身辺, の間, は原子, 旧イネ国

▼ 現在までに~ (17, 0.2%)

1 [17件] われわれ文芸部の, ソヴェトの, 俺と, 刑の, 半分ばかり, 卑俗性を, 収穫された, 君が, 完成された, 残した足跡, 生産された, 発表された, 私の, 第一回目, 第四, 自分等の, 行なわれた類似

▼ 現在我々~ (17, 0.2%)

1 [17件] が問題, が想像, が演劇, が物, が直面, が自然現象, が言い分け, にはまるで, の一大問題, の味わい, の持っ, の映画, の有する, の歩む, の用, の考え, は確信

▼ 現在という~ (16, 0.2%)

4 ものは 3 ものが 2 ものの 1 のは, もの, ものに, ものも, ものを, 一つの, 瞬間の

▼ 現在においては~ (16, 0.2%)

1 [16件] いやとも, お譲り, そのあきれる, それが, なお不完全, まだ何, まだ右, もはや単なる, 他者性關係性は, 何処までも, 吾, 無形な, 申し合わせたよう, 西洋の, 貫祿からも, 遺憾で

▼ 現在世界~ (16, 0.2%)

1 [16件] と未来世界, にあり, においてわが, において前世, において吾人五官, に存, に存在, に起こり, のこと, のどこ, の一切, の二十一億, の地球物理学者, の物理学, を指す, 即空間的存在

▼ 現在においても~ (15, 0.2%)

1 [15件] その成案, その通用性, また未来, わからないこと, イタドリと, 努力も, 実はまだ, 実は決して, 已に単純, 彼は, 普通の, 科学者と, 葉色に, 触れ合う人, 金箔付の

▼ 現在ここ~ (14, 0.1%)

2 にいる

1 [12件] であばれてる, でこうして, で係官, で声, で逢う, にあり, にある, にいなけれ, に存在, に突立, に飾っ, の娘

▼ 現在~ (14, 0.1%)

5 ている 3 て居る 1 てゐる, て一切事物, て一回, て居, て目, 玉え

▼ 現在~ (14, 0.1%)

2 言えば

1 [12件] いうと, いうなら千代田区神田台所町, すら上述, はちよつと, まだカチ, やや可能, 一二四九七種に, 云って, 最も大きな, 最も重大, 未来を, 衣食住は

▼ 現在~ (14, 0.1%)

6 のである 2 んだ 1 お山を, のかも, のだ, ので, のです, んである

▼ 現在とは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いえいきなり, いくらかでも, いたく異なってる, ここでは, もっと上, よほどちがった, 全く交渉, 同日の, 多と, 最もつきつめられ, 異なつて, 異る, 秩序を

▼ 現在わが国~ (13, 0.1%)

1 [13件] が当面, においてとくに, において法律, に存在, に於, に行われ, のやう, の俳優中, の劇場文化, の各, の政治, の政治家, の法学者

▼ 現在以上~ (13, 0.1%)

2 に信一郎, の苦境 1 に不利, に貴女, のご, のもの, の人間, の分量, の動揺, の恥, の歌

▼ 現在住ん~ (13, 0.1%)

10 でいる 2 でゐる 1 でいた

▼ 現在及び~ (13, 0.1%)

4 将来の 1 あらゆる時, 存在は, 将来といふ, 将来に, 将来を通じて, 將來は, 將來列強の, 未來を, 未来に

▼ 現在行われ~ (13, 0.1%)

12 ている 1 つつある

▼ 現在である~ (12, 0.1%)

1 [12件] かも知れない, から, がこれ, がその, が小杉さん, が永遠, しのみならず, ということ, とすれ, のである, 我らは, 時には

▼ 現在~ (12, 0.1%)

1 [12件] が不安, が居住, が置かれた, が駄目, の作品, の前, の手, の見る, の身辺, の部下, はその, は蛇

▼ 現在~ (12, 0.1%)

2 に於 1 こそまさに, として存在, となっ, ならば, に富ん, の内部的組織, の原理, の方面, は今, は恰も

▼ 現在なお~ (11, 0.1%)

2 行われて 1 あの鮨, この四つ, 一部の, 二千年または, 固く信ぜられ, 大阪の, 爆心地には, 船の, 行われる年々

▼ 現在には~ (11, 0.1%)

1 [11件] かつて夢想, それが, なおしばらく, ならない人間, ひること, 容易な, 条約改正の, 為したの, 社会的政治的思想の, 過去に, 遠大な

▼ 現在そこ~ (10, 0.1%)

3 にいる 2 いら 1 からはドス, にある, には騎西一家, に横, に門司

▼ 現在どこ~ (10, 0.1%)

2 にある 1 かに在るでしよう, かに本当に, でどうして, にい, にいる, にどうして, に居っ, に行っ

▼ 現在人口~ (10, 0.1%)

1 と想像, にわずか, に加えられた, に対し十分, に属する, に食物, のみが考慮, の最低欲求以上, を一八〇〇年, を最近五箇年間

▼ 現在~ (10, 0.1%)

1 かが始まる, かが解決, か仕事, か半分, が何だか, にインスパイヤ, の不思議さ, の為, も関係, をし

▼ 現在~ (10, 0.1%)

9 の前 1 に見え

▼ 現在~ (9, 0.1%)

1 うある, ういふ, ういふ仕事, ういふ病気, う云, う云ふん, う厳しい, へも予, むらい

▼ 現在それ~ (9, 0.1%)

1 が如何, が悲哀, が片一方, が私, で治, で食わない, はなくなりました, を最もよく, を頭

▼ 現在とを~ (9, 0.1%)

1 告げて, 圧倒し, 必然という, 思った, 悼ましく眺めた, 材料と, 比べて, 繼いで, 除去する

▼ 現在どう~ (9, 0.1%)

1 あらねば, かという, して, であるか, であろう, なって, にもならぬ, 改善した, 郷土を

▼ 現在どの~ (9, 0.1%)

1 くらい成長, ぐらいある, やうな, ように, 位の, 國際學術團體の, 程度に, 程度まで, 範囲に

▼ 現在どんな~ (9, 0.1%)

2 生活を 1 事件が, 位置に, 新聞を, 有機的関係を, 行き方を, 風に, 馬鹿げた言いがかり

▼ 現在における~ (9, 0.1%)

1 その網, 俺の, 全体の, 希望は, 教授の, 文化の, 生命価の, 自信の, 過去の

▼ 現在ソヴェト同盟~ (9, 0.1%)

2 にある 1 には二十六万五千人, に千三百六十八万四千人, に行われ, の全, の婦人作家, の芸術創作方法, はその

▼ 現在最も~ (9, 0.1%)

1 俗物的な, 大事な, 必要と, 必要な, 有力な, 欠乏し, 歪められて, 活躍し, 痛切に

▼ 現在~ (9, 0.1%)

2 ばかりを以てする, を以て思想表現, 並びにその 1 との関係, を考える, を考へる

▼ 現在する~ (8, 0.1%)

1 ことが, 我子を, 文学者等は, 新詩壇, 有は, 生存上の, 種類の, 諸民族

▼ 現在のみ~ (8, 0.1%)

2 である 1 ある如く又, ならずして, ならず凡て, ならず実に, ならず将来, 殘り

▼ 現在へと~ (8, 0.1%)

3 動き行く 1 世界が, 現在の, 考えられる世界, 自己自身を, 連らなる

▼ 現在への~ (8, 0.1%)

1 喜びを, 幾多の, 強迫区域を, 投影を, 時事的適用自身が, 無際限, 相応, 距離を

▼ 現在ほど~ (8, 0.1%)

1 その統一, 力の, 国家機構に, 多量の, 捉へ, 求められて, 現実な, 自信が

▼ 現在残っ~ (8, 0.1%)

6 ている 1 ていない, て居る

▼ 現在私たち~ (8, 0.1%)

1 が月給十三円, のやりくり, の周囲, の文化, の日常, の生活, は配給, 同時代

▼ 現在自身~ (8, 0.1%)

6 を限定 1 の形, を越える

▼ 現在~ (7, 0.1%)

1 つぎの, 兼ちゃんの, 政の, 目に, 米は, 銀様には, 預かり申して

▼ 現在といふ~ (7, 0.1%)

1 ものが, ものに, ものを, 問題を, 文字を, 時の, 時間契機こそ

▼ 現在にのみ~ (7, 0.1%)

2 生きるもの 1 立ってる, 立脚しない, 立脚すべきである, 立脚せしめよ, 適用する

▼ 現在よりは~ (7, 0.1%)

1 いいと, いくらか科学的, かならず能率, 大きかった, 条件も, 條件も, 遥かに

▼ 現在中村屋~ (7, 0.1%)

1 では店員諸子, では毎日八, のカリー・ライス, の地, の帳簿, の繁昌, の軍鶏

▼ 現在~ (7, 0.1%)

1 の兄, の心, の持ってる, の生き, の眼, はその, は少し

▼ 現在こうして~ (6, 0.1%)

1 ピンピン生き, 久子さんの, 今日までに, 有明荘に, 歩いて, 盃を

▼ 現在しない~ (6, 0.1%)

2 もの, ものへの 1 ものへ, ものを

▼ 現在であり~ (6, 0.1%)

1 この瞬間, 力によ, 意識の, 永遠の, 現在の, 現在は

▼ 現在とに~ (6, 0.1%)

2 思を 1 徴し, 心を, 生きるであらう, 結びつける黄金

▼ 現在まだ~ (6, 0.1%)

1 何ぴとも説明を, 備中西部の, 少なからず, 生きて, 男の, 続いて

▼ 現在ソヴェト~ (6, 0.1%)

1 に五六四〇〇, の作家, の意識, の若い, の青年, はアメリカ

▼ 現在各地~ (6, 0.1%)

1 にユネスコ協力會, に残る, のジロ, の大師講, の街道筋, の農村工場

▼ 現在我が国~ (6, 0.1%)

1 が芸術, で行われ, の大学, の法学, の法学教育, の諸

▼ 現在未來~ (6, 0.1%)

1 なる時間, に於ける, のこと, の三際, へ降り, をとほし

▼ 現在東京~ (6, 0.1%)

1 でも有名, で最も, で流行, の西部, の銭湯, の高師

▼ 現在知られ~ (6, 0.1%)

6 ている

▼ 現在見た~ (6, 0.1%)

2 んでさあ 1 この目, と云っ, んです, 者から

▼ 現在あなた~ (5, 0.1%)

1 が, がわたくし, に自分, の甥, を取巻く

▼ 現在いる~ (5, 0.1%)

1 ところが, ところよりは, んです, 人々の, 岐阜は

▼ 現在いろいろ~ (5, 0.1%)

1 あって, な場合, な成員, の都合, 他から

▼ 現在これ~ (5, 0.1%)

1 が明, だけの進歩, でも見る, ほど完全, を目撃

▼ 現在すでに~ (5, 0.1%)

1 おくれて, さうでは, 無人島に, 真の, 髪を

▼ 現在~ (5, 0.1%)

1 から, つて不思議な, つて面白い, といふ事實, とてけふ

▼ 現在での~ (5, 0.1%)

1 ように, 大家だ, 活動や, 自分の, 花形の

▼ 現在においての~ (5, 0.1%)

1 主体と, 個人的自己とは, 対立として, 物の, 過去として

▼ 現在わたし~ (5, 0.1%)

1 がこの, と云う, のいわゆる, の妹, の母

▼ 現在何処~ (5, 0.1%)

2 にいる 1 かという, かへ出かけたかった, に当る

▼ 現在~ (5, 0.1%)

1 の中, の山登り, の弱っ, の手, の見

▼ 現在~ (5, 0.1%)

2 の頭 1 が大声, が疑い, のいる

▼ 現在多く~ (5, 0.1%)

1 あつて, その称, の大学, の民, の繪畫

▼ 現在我が~ (5, 0.1%)

2 広島市へは 1 友の, 女房とも, 子與之

▼ 現在我国~ (5, 0.1%)

1 には未だ, の大学, の大衆文芸, の日本画壇, は国

▼ 現在持っ~ (5, 0.1%)

5 ている

▼ 現在~ (5, 0.1%)

1 に侯爵の, 京の, 体制といふ, 民主主義の, 精神ニヨリテ教育セラレツツアル人々ノ

▼ 現在普通~ (5, 0.1%)

1 に用, に知られ, に見られる, のオシラ神, の道徳

▼ 現在生活~ (5, 0.1%)

1 が樂, に自信, の根底, の洋風化, の陥

▼ 現在~ (5, 0.1%)

4 はれて 1 れて

▼ 現在あの~ (4, 0.0%)

1 拓殖会社が, 母を, 狭い一廓, 男は

▼ 現在いよいよ~ (4, 0.0%)

2 われのみを 1 乃公の, 好評である

▼ 現在および~ (4, 0.0%)

2 将来の 1 将来において, 未来の

▼ 現在こそ~ (4, 0.0%)

1 今までの, 唯一の, 国民の, 変に

▼ 現在そう~ (4, 0.0%)

1 あるよう, であるし, であるという, なって

▼ 現在そのもの~ (4, 0.0%)

2 について私 1 の感じ, をしきりに

▼ 現在それら~ (4, 0.0%)

1 の人々, の国々, の技, の抵抗論者たち

▼ 現在なる~ (4, 0.0%)

1 ものは, 価値の, 生命の, 生命は

▼ 現在について~ (4, 0.0%)

2 考へると 1 一層の, 知り得られた事

▼ 現在のみが~ (4, 0.0%)

2 有る 1 彼には, 殘る

▼ 現在また~ (4, 0.0%)

1 夏の, 将来へ, 未來の, 未来に

▼ 現在または~ (4, 0.0%)

1 ごく近い, 将来ある, 未来も, 過去の

▼ 現在~ (4, 0.0%)

1 悲しい未来, 過去において, 過去の, 過去や

▼ 現在をも~ (4, 0.0%)

1 その時代, 忘れて, 未来をも, 知るに

▼ 現在ドイツ~ (4, 0.0%)

1 にある, に於, のウーファ, のパーペン政府自身

▼ 現在一つ~ (4, 0.0%)

1 のトリック, の慌ただし, の根本的, は紀元前二十世紀

▼ 現在与えられ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 つつある, てある

▼ 現在主義~ (4, 0.0%)

2 の信者 1 であ, に偏

▼ 現在大学~ (4, 0.0%)

1 で行っ, とその, にある, や専門学校

▼ 現在如何~ (4, 0.0%)

1 にし, に精神的, に行, に解する

▼ 現在存在~ (4, 0.0%)

1 しつつ, する梵本, する現象, する諸

▼ 現在~ (4, 0.0%)

1 の夫, の実子早四郎, の眼, れが

▼ 現在~ (4, 0.0%)

2 る極めて 1 る大, る民主主義團體

▼ 現在書目録~ (4, 0.0%)

1 がある, であります, は實際, も現存書目

▼ 現在状態~ (4, 0.0%)

2 より踏み出す 1 がつ, が變化

▼ 現在生存~ (4, 0.0%)

3 して 1 しまたは

▼ 現在用いられ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ていない

▼ 現在目前~ (4, 0.0%)

1 でチヤホヤ, に多く, の歓楽, の生活

▼ 現在相違~ (4, 0.0%)

1 といふ下らない, といふ過失, になります, になりませんで

▼ 現在耕作~ (4, 0.0%)

2 されて 1 して, し得ないある

▼ 現在~ (4, 0.0%)

2 をわけた, を分けた

▼ 現在~ (4, 0.0%)

2 の敵 1 の心, の手

▼ 現在あなたがた~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の向う三軒両隣

▼ 現在いかなる~ (3, 0.0%)

1 二十八歳の, 状態に, 非謀

▼ 現在おかれ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 現在お前~ (3, 0.0%)

1 がこの, の親, は私

▼ 現在こう~ (3, 0.0%)

1 して, しなければ, だから

▼ 現在こういう~ (3, 0.0%)

1 時代に, 相貌の, 知能が

▼ 現在この世~ (3, 0.0%)

1 から俺, でやっ, に伝来

▼ 現在こんな~ (3, 0.0%)

1 ふうに, 烈しい腹痛, 苦痛を

▼ 現在した~ (3, 0.0%)

1 またその, 例を, 當人の

▼ 現在すなわち~ (3, 0.0%)

1 刹那なる, 新という, 純粋な

▼ 現在だけ~ (3, 0.0%)

1 である, でなく過去, では

▼ 現在でなく~ (3, 0.0%)

1 それを, て過去, 却って過去現在未来

▼ 現在としては~ (3, 0.0%)

1 ノーブリーへ, 既成宗教の, 正確でない

▼ 現在どんなに~ (3, 0.0%)

1 困難な, 国際的条件に, 芸術家としては

▼ 現在にとって~ (3, 0.0%)

1 それらの, 伝統の, 絶対的な

▼ 現在に対して~ (3, 0.0%)

1 作品が, 実際的, 絶望が

▼ 現在ほとんど~ (3, 0.0%)

1 想像する, 社会から, 自分で

▼ 現在までは~ (3, 0.0%)

1 まだ少しも, まだ誰, 意義ある

▼ 現在もっとも~ (3, 0.0%)

1 ひろく知られ, 多く見かける, 大切な

▼ 現在もつ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 ている

▼ 現在やっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ているでしょう

▼ 現在わが~ (3, 0.0%)

1 劇壇を通じて, 國に, 思想対策の

▼ 現在わたくし~ (3, 0.0%)

1 が立っ, はこの, ほどの者

▼ 現在を通じて~ (3, 0.0%)

1 あなただけ, 数限りの, 最も注目

▼ 現在アメリカ~ (3, 0.0%)

1 でやっ, には純粋絵画, の基地

▼ 現在フランス~ (3, 0.0%)

1 ではほとんど, では左翼的, に生存

▼ 現在一番~ (3, 0.0%)

1 古いもの, 大きいの, 持てあまして

▼ 現在世界各国~ (3, 0.0%)

1 で作られ, で競っ, の戦争孤児

▼ 現在並びに~ (3, 0.0%)

2 将来の 1 将来に

▼ 現在二つ~ (3, 0.0%)

1 のもの, の異, の眼

▼ 現在人間~ (3, 0.0%)

1 なら先祖, のもっ, の進歩

▼ 現在人類~ (3, 0.0%)

1 の生活, の知っ, の行動

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 から苦め, には林若樹氏, の一等国

▼ 現在伝わっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていない

▼ 現在価値~ (3, 0.0%)

21 の三分の一

▼ 現在保存~ (3, 0.0%)

2 して 1 されて

▼ 現在全国~ (3, 0.0%)

1 に一四九校, に何人, の官私立大学

▼ 現在即ち~ (3, 0.0%)

1 存在が, 廃頽と, 永遠は

▼ 現在只今~ (3, 0.0%)

1 この少女, の光景, の私

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 十人を, 大学に, 帝大その他の

▼ 現在同じ~ (3, 0.0%)

1 寺の, 心理を, 自己の

▼ 現在君達~ (3, 0.0%)

1 の大, の持っ, はスタア意識

▼ 現在周囲~ (3, 0.0%)

1 に多く, に如何なる, に無数

▼ 現在地球~ (3, 0.0%)

1 のいく, の全, の表面上

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 流行を, 部分が, 部分私共の

▼ 現在如何なる~ (3, 0.0%)

1 ところから, 仕事に, 価値を

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 で蒲団, に居る, の者

▼ 現在少数~ (3, 0.0%)

1 の作家, の個人作家, の地震学者

▼ 現在居る~ (3, 0.0%)

1 ここは, 一番の, 世界の

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 と未来形, において遵奉, に訳する

▼ 現在彼ら~ (3, 0.0%)

1 に対してある, の番人, は自分達

▼ 現在彼等~ (3, 0.0%)

1 で経営主任, の墓場, は頬かむり

▼ 現在支那~ (3, 0.0%)

1 について如何なる, の共和政體, の商業上

▼ 現在政府~ (3, 0.0%)

1 の各種委員会, の子供読物浄化方針, の買上げ値段

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 ある新劇団, の仲仕, もおそらく

▼ 現在既に~ (3, 0.0%)

1 その姿, 一部の, 其の姿

▼ 現在有っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 現在極めて~ (3, 0.0%)

1 曖昧である, 様々な, 潤沢な

▼ 現在殘つて~ (3, 0.0%)

1 ゐる, ゐる本, ゐる管子

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 が入っ, に逢著, の漂っ

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 のゐる, の弟, の槍先

▼ 現在物理学~ (3, 0.0%)

1 の前線, の危機, の存在

▼ 現在~ (3, 0.0%)

2 が示す 1 が比例的

▼ 現在用い~ (3, 0.0%)

2 て居る 1 ています

▼ 現在社会~ (3, 0.0%)

1 で最も, にて浪費, の救済事業

▼ 現在科学~ (3, 0.0%)

1 のジャーナリズム化, の極限, の進歩程度

▼ 現在立っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 三年目に, 三次大戦の, 三部まで

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 三〇〇粁である, 十七円位, 参万人の

▼ 現在考へ~ (3, 0.0%)

3 てゐる

▼ 現在自分たち~ (3, 0.0%)

1 の書い, の置かれ, は朝

▼ 現在見る~ (3, 0.0%)

1 とおり木乃伊みたいに, ところの, ような

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 であらう, の目, も住ん

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 につけたる, の行状, を打込める

▼ 現在~ (3, 0.0%)

2 に火 1 を出し

▼ 現在~ (3, 0.0%)

1 がすこし, が非常, は云いあわせた

▼ 現在ああ~ (2, 0.0%)

1 いうもの, いう代用食

▼ 現在あなた様~ (2, 0.0%)

1 と私, に助けられ

▼ 現在あます~ (2, 0.0%)

2 所は

▼ 現在あらゆる~ (2, 0.0%)

1 危険から, 素晴らしい科学文明

▼ 現在あるいは~ (2, 0.0%)

1 絶対空間と, 過去の

▼ 現在うけ~ (2, 0.0%)

2 合ひし

▼ 現在おの~ (2, 0.0%)

2 が身

▼ 現在からは~ (2, 0.0%)

2 知ること

▼ 現在かれ~ (2, 0.0%)

1 が魂, らと

▼ 現在これら~ (2, 0.0%)

1 の學問, の水路

▼ 現在さえも~ (2, 0.0%)

1 不安心で, 知らぬの

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 ぶんが, ぶんの

▼ 現在じゃ~ (2, 0.0%)

1 こまる, 女房も

▼ 現在すべて~ (2, 0.0%)

1 の人, の学者

▼ 現在そういう~ (2, 0.0%)

1 人も, 青畳の

▼ 現在そうした~ (2, 0.0%)

1 売買に, 種類の

▼ 現在そして~ (2, 0.0%)

1 まだ将来, 未來との

▼ 現在たった今~ (2, 0.0%)

1 君が, 私が

▼ 現在だけが~ (2, 0.0%)

1 あった, 彼女で

▼ 現在だけで~ (2, 0.0%)

1 たくさんです, 定まる場合

▼ 現在だけを~ (2, 0.0%)

1 ありがたいと, 見て

▼ 現在だれ~ (2, 0.0%)

1 にとって生きてる, の財産

▼ 現在としての~ (2, 0.0%)

1 歴史的空間において, 歴史的空間の

▼ 現在とても~ (2, 0.0%)

1 大切に, 最後的破局が

▼ 現在とでは~ (2, 0.0%)

1 いずれが, 世界の

▼ 現在と共に~ (2, 0.0%)

1 併せて, 将来を

▼ 現在どういう~ (2, 0.0%)

1 点までが, 職に

▼ 現在なおかつ~ (2, 0.0%)

1 現窯, 窯事の

▼ 現在なら~ (2, 0.0%)

1 ば何事, 無下には

▼ 現在にかけての~ (2, 0.0%)

1 あれこれの, 哲学に

▼ 現在にと~ (2, 0.0%)

1 つては, つて絶對的な

▼ 現在にな~ (2, 0.0%)

1 つても, ッて

▼ 現在によ~ (2, 0.0%)

1 つてのみ, つて區劃さるべき

▼ 現在のす~ (2, 0.0%)

1 がたについて, がたを

▼ 現在のみと~ (2, 0.0%)

1 いわず妾, なる

▼ 現在ばかりの~ (2, 0.0%)

2 話でなく

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 かけての, 形から

▼ 現在ぼく~ (2, 0.0%)

1 の熱愛, は自分

▼ 現在までも~ (2, 0.0%)

1 今後も, 続いて

▼ 現在むやみ~ (2, 0.0%)

1 に可愛, に景気

▼ 現在もしくは~ (2, 0.0%)

1 将来にのみ, 未来においても

▼ 現在もっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 現在もっと~ (2, 0.0%)

1 現実性を, 落著い

▼ 現在わし~ (2, 0.0%)

1 が今, の上

▼ 現在わたしたち~ (2, 0.0%)

1 が望ん, に必要

▼ 現在ゐる~ (2, 0.0%)

1 処から, 此処は

▼ 現在をや~ (2, 0.0%)

2 はらげ

▼ 現在を以て~ (2, 0.0%)

1 当時の, 若き日

▼ 現在インテリゲンチャ~ (2, 0.0%)

1 が自らインテリゲンチャ, の積極性

▼ 現在ソヴィエト・ロシヤ~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 僕ハ週ニ一回クライ, 私ノ

▼ 現在パリ~ (2, 0.0%)

1 である程度, に暮し

▼ 現在プロレタリア文学~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 現在一冊~ (2, 0.0%)

2 も残っ

▼ 現在一般~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の役人

▼ 現在一部~ (2, 0.0%)

1 に現れ, の書物

▼ 現在七十四歳~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 現在上海~ (2, 0.0%)

1 にはインフレ, には思想文芸

▼ 現在世界中~ (2, 0.0%)

1 で氷, で自分

▼ 現在世間~ (2, 0.0%)

1 でライス, にある

▼ 現在主として~ (2, 0.0%)

1 リッケルトによって, 資金と

▼ 現在事実~ (2, 0.0%)

1 です, に背く

▼ 現在事實~ (2, 0.0%)

1 とは牴觸, を漸

▼ 現在二人~ (2, 0.0%)

1 が如何なる, はどう

▼ 現在五段~ (2, 0.0%)

2 が最高位

▼ 現在亡びかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 の葬式, を殺し

▼ 現在住まっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 で書かれた, となりました

▼ 現在使える~ (2, 0.0%)

1 洒落に, 部屋は

▼ 現在使われ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 現在依然として~ (2, 0.0%)

1 その威厳, 日本の

▼ 現在保護~ (2, 0.0%)

2 と監視

▼ 現在保護期間中~ (2, 0.0%)

2 なので

▼ 現在~ (2, 0.0%)

2 はつて

▼ 現在僅か~ (2, 0.0%)

1 に少, に少数

▼ 現在其処~ (2, 0.0%)

1 にい, に住ん

▼ 現在刊行~ (2, 0.0%)

1 されて, の辞書

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 に世帯, に御

▼ 現在刹那~ (2, 0.0%)

1 のくらむ, の内面的要求

▼ 現在力学~ (2, 0.0%)

1 の中, の勇気

▼ 現在北海道~ (2, 0.0%)

1 と沖縄県, の石炭

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 特にわが国, 現在まで

▼ 現在及未来~ (2, 0.0%)

1 の新鮮, の衛生問題

▼ 現在口語~ (2, 0.0%)

1 ばかりによって現実, ばかりによつ

▼ 現在古い~ (2, 0.0%)

1 世代と, 感じの

▼ 現在各国~ (2, 0.0%)

1 で行ない, の雪

▼ 現在吾人~ (2, 0.0%)

1 の解, ノ血液ガ如何ニ多量ニ朝鮮人

▼ 現在味わってる~ (2, 0.0%)

1 いろんな長所, 愉悦よりも

▼ 現在問題~ (2, 0.0%)

1 になる, にはならんだろう

▼ 現在国内~ (2, 0.0%)

1 にあ, にある

▼ 現在国民~ (2, 0.0%)

1 の足並, は政府

▼ 現在地上~ (2, 0.0%)

1 に生, の到る

▼ 現在地球上~ (2, 0.0%)

1 にある, に存在

▼ 現在坊主~ (2, 0.0%)

2

▼ 現在大いに~ (2, 0.0%)

1 問題に, 願って

▼ 現在大阪~ (2, 0.0%)

1 で底曳大尽, に残っ

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 の敵, の見る

▼ 現在夫婦~ (2, 0.0%)

1 である以外, の年出生

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 として暮し, を郷里

▼ 現在学校~ (2, 0.0%)

1 にも木彫科, に勤められ

▼ 現在学生~ (2, 0.0%)

1 が借り, に云いたい

▼ 現在將來~ (2, 0.0%)

1 に對, の別

▼ 現在尋ね~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 現在小生~ (2, 0.0%)

1 が所持, のポケット

▼ 現在広大~ (2, 0.0%)

1 な森林, な農園

▼ 現在彼女~ (2, 0.0%)

1 の苦境, の身元引受人

▼ 現在後世~ (2, 0.0%)

2 ねがひ

▼ 現在従事~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 現在必ずしも~ (2, 0.0%)

1 著しく失業, 高等遊民を

▼ 現在思惟~ (2, 0.0%)

2 するもの

▼ 現在~ (2, 0.0%)

2 く悄然

▼ 現在意識~ (2, 0.0%)

1 しつ, をもって実在

▼ 現在我邦~ (2, 0.0%)

1 でおよそ, の政府

▼ 現在所持~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 現在所有~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 に提げ, は手

▼ 現在拙者~ (2, 0.0%)

1 の頭, はこうして

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 が暴行, の御嶽冠者

▼ 現在文学~ (2, 0.0%)

1 の大衆化, の科学的意義

▼ 現在新劇~ (2, 0.0%)

1 の行詰り, を演ずる

▼ 現在既知~ (2, 0.0%)

1 の知識, の科学的知識

▼ 現在有る~ (2, 0.0%)

1 ときめ, ところの

▼ 現在未だ~ (2, 0.0%)

1 僕は, 私の

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 はどんな, よりは幾分

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 で進める, にし

▼ 現在横浜~ (2, 0.0%)

1 のさる, の西洋人

▼ 現在歌舞伎座~ (2, 0.0%)

2 の支配人

▼ 現在残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるだけの, ゐる最

▼ 現在段階~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 現在民衆~ (2, 0.0%)

1 と人民, の人間らしい

▼ 現在法学~ (2, 0.0%)

1 といわれ, はいかに

▼ 現在活動~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 からどんな, の悪口

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 の見事, は破

▼ 現在獲得~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 現在現在~ (2, 0.0%)

1 から未来, という一つ

▼ 現在現実~ (2, 0.0%)

1 には示し, に存在

▼ 現在甚だ~ (2, 0.0%)

1 人間嫌いに, 魅力に

▼ 現在生み~ (2, 0.0%)

1 の娘, の母

▼ 現在生産~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ 現在百貨店~ (2, 0.0%)

1 が販売, が配達網

▼ 現在的社交的~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 現在盛ん~ (2, 0.0%)

1 に研究, に述べられ

▼ 現在直接~ (2, 0.0%)

1 にイデオロギー, にブツカツタ問題

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 であるからには, 正に獲得

▼ 現在眼前~ (2, 0.0%)

1 に栄え, に横たわっ

▼ 現在知り得る~ (2, 0.0%)

1 最も確実, 範囲では

▼ 現在私達~ (2, 0.0%)

1 の互に, の使用

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 に火, をもっ

▼ 現在立つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居る

▼ 現在総べて~ (2, 0.0%)

2 の詩人

▼ 現在縛られた~ (2, 0.0%)

2 おれを

▼ 現在職業~ (2, 0.0%)

1 につい, をもたなけれ

▼ 現在自己~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の奉職

▼ 現在航海条例以前~ (2, 0.0%)

2 に得

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 だって犬, の咲い

▼ 現在芸術~ (2, 0.0%)

1 と呼, に於

▼ 現在若い~ (2, 0.0%)

1 文士の, 男と

▼ 現在苦しい~ (2, 0.0%)

1 のであります, のは

▼ 現在行なわれ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 ていた, てもあの

▼ 現在見られる~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 現在見る如き~ (2, 0.0%)

1 ものとは, 所有権及び

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 とそれ, は幾度

▼ 現在貴君~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ 現在貴方ぢ~ (2, 0.0%)

2 や御座いませんです

▼ 現在過去~ (2, 0.0%)

1 の名称, をも將來

▼ 現在都会~ (2, 0.0%)

1 に住む, に住ん

▼ 現在重大~ (2, 0.0%)

1 な一つ, な責任

▼ 現在関係~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 である点, なの

▼ 現在電車通り~ (2, 0.0%)

2 に石

▼ 現在露国~ (2, 0.0%)

1 で露国風, の一部労働者

▼ 現在~ (2, 0.0%)

1 にし, に吹かれ

▼1* [1187件]

現在たくし自身, 現在あきらかに逆心, 現在あすこにゐる, 現在あそこにいない, 現在あたりがハッキリ, 現在あちこちで行われ, 現在あったということ, 現在あつた書籍, 現在あとで僕, 現在あまねく流布し, 現在あまり質の, 現在あらず過去あらざるなり, 現在ありありとわかる, 現在ありのまま物は, 現在ありふれている, 現在あるごとく常久に, 現在あるべき又将来, 現在ある程度までやむを得ない, 現在あろうとする, 現在あんなような, 現在あんなにまで, 現在て見た, 現在いかに精神的に, 現在いくら行はれつつ, 現在いま故郷に生き残っ, 現在いや以前から, 現在いろんな雑誌に, 現在いわゆる芸能人として, 現在うちの人たちは皆, 現在うまい肉の, 現在うみの親, 現在おいらが実地, 現在おおかたわたしが, 現在おそらく革命当時ほどの, 現在おれには有り得べからざる, 現在お世話になつ, 現在お互いの仕事, 現在お前さんは何, 現在お前さんたちの眼, 現在お嬢様が殺されかかっ, 現在お引き受けになっ, 現在お話するとおり寸分, 現在うして, 現在かういふ長い, 現在かうだから次に, 現在かつて豚番を, 現在かなり重要な, 現在かの女が, 現在かやが向う, 現在からが前から, 現在かわいい女房それも, 現在ぎっしり詰って, 現在くらい色褪せて, 現在ふあの, 現在こちらもそれ, 現在ことしの入江, 現在これら諸島にはそれ, 現在これ以上の貴重品, 現在こんなに元気に, 現在自分が, 現在ごらんの通り, 現在さうなつて, 現在さかんに建っ, 現在さほど面倒な, 現在さまざまの理由, 現在しかもこの土地, 現在しかるが如く, 現在してないもの, 現在なは, 現在すなわち一方蜜蝋が, 現在すべき道理が, 現在すべて人手に渡っ, 現在なたの, 現在そうして裸じゃ, 現在そこここで悪戦苦闘, 現在そこらに沢山, 現在それぞれの大, 現在それぞれ境遇の変つて, 現在それだけ人口が, 現在それに二人の, 現在それほど元気に, 現在それ等は避けたい, 現在たくさんある法律書, 現在たしかに一夜に, 現在ただこれ一識に, 現在ただいまこの拙者, 現在たった四間の, 現在たらしめんと, 現在だけの人数でさえ, 現在だけは怖るべきです, 現在ちゃんと生きて, 現在やはあ, 現在つかっている, 現在つかはれてゐる, 現在てめえの兄貴, 現在であって現在, 現在であったのである, 現在であったならばまっさきに, 現在であろうと, 現在でさえもああした, 現在でしょうかねえ, 現在ではぞつとしません, 現在でもはつきりと, 現在とがないの, 現在となッて, 現在とのみより成立つもの, 現在とべる人は, 現在とる比例が, 現在どうしても昔の, 現在どうも治まりが, 現在どれ程ある, 現在どれほど進歩した, 現在どれ位金が有, 現在ないということ, 現在なくして昨日, 現在なしている, 現在なにやらめでたそう, 現在なほその女, 現在なほそれらの人々, 現在なほ尾を引い, 現在ならぬはなき, 現在ならびに未来を通じての, 現在なら生じない条件が, 現在なり諸天使, 現在なりをまがりなりにも幾分, 現在なるほど極めて悲惨, 現在なればこれ, 現在なんにも考へてはを, 現在にかけて狐に, 現在についての具体的知識, 現在については不十分ながらも, 現在にては四閣の, 現在にということにも, 現在にばかり生きてるから, 現在にまで尾を, 現在にまでなつた外國車の, 現在によつて生かされ, 現在にわたって見られること, 現在に対する虚無の, 現在に迄及ぶこと, 現在のみに即して, 現在のみより立言したら, 現在のみを切り離して, 現在はたとひ時, 現在ばかりでなく将来, 現在ばかりがなんでしょう, 現在ひとの奥さん, 現在ふつう使われて, 現在へという矛盾的自己同一は, 現在へなどということは, 現在へは続いて, 現在ほどに彼女が, 現在まず一人も, 現在まだどしどしと進ん, 現在まだわずかしか発達, 現在まだ少しも進ん, 現在ていた, 現在みんなが人間, 現在むくわれており, 現在むすめお, 現在もう肉体の, 現在もうすぐにその, 現在もうそうなの, 現在もちろん働いて, 現在やかましく云はれ, 現在やさしいことは, 現在やって来る人気者の, 現在やつている, 現在やや流行し, 現在やら以前の, 現在ゆるせし良人ある, 現在よく用いら, 現在よほど幸福である, 現在よみかえしはしてない, 現在らしいものを, 現在りゅうとした, 現在わが国経済界の実情, 現在わが家の畳, 現在わたしどもの世話, 現在わたし一人そのわたし, 現在われら日本人を措い, 現在われわれ同胞がいかなる, 現在われ等霊界の使徒, 現在をすら夢みる, 現在をのみ目標と, 現在をばその両端, 現在を通じての過去と, 現在アイヌ生活においては陸上, 現在アジアの温かい, 現在アマチュア演劇の盛ん, 現在アメリカ陸軍に勤務, 現在イブン・トゥルンのモスク, 現在インドの諸, 現在ウチの病院, 現在エロの大, 現在オイリと称し, 現在オスボーン夫人であること, 現在オランダの農科, 現在オリガ・クニッペルはどんな, 現在カタログはなく, 現在サークル活動の理解, 現在ショパンの音楽, 現在ジャーナリストという言葉, 現在ジャーナリズムや大学その他, 現在ジヤアナリズムの表面, 現在ストックになっ, 現在ストリントベルクさへ先生, 現在ズッとおもに, 現在ソレを見, 現在ソヴェートを繞, 現在タイルばりの床, 現在タカラガヒの名, 現在タッタ今破滅, 現在タッタ今置かれて, 現在タッタ今眼の前, 現在タッタ今脳髄で物, 現在ダンサーの多く, 現在テームス川がロンドン, 現在ドレ位の大き, 現在誤リテ惡源因ニ從事スレバ, 現在ニ善源因ヲ施シ, 現在ノトコロデハ記憶喪失トイッテモ思イ出セナイノハ主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, 現在ハーバート大学で極東美術, 現在バカにできない, 現在バームクーヘンは他, 現在パリその他にアブストラクト, 現在ヒットラーが戦死, 現在ヒューマニズムが問題, 現在ファシストの国, 現在フランス料理に筋, 現在ブルジョア文化の呪文, 現在ブルジョア文学の上, 現在プログラム外出品の, 現在プロレタリア演劇は発展的リアリズム, 現在プロ野球の大立者, 現在ペンベリーが考え, 現在ポピュラーな流儀, 現在マイナスの私, 現在マネエジヤアとして小山内君, 現在マルクス主義の洗礼, 現在モスコーに住む, 現在ユーモア小説作家としては大泉黒石, 現在ヨオロッパに存在, 現在ヨリ未來ニ遺シ, 現在ヨーロッパから多, 現在ロシアに進行中, 現在ヰロリの意味, 現在一一分の一に増大, 現在一九二六年の生活, 現在一人当り四九・一キログラムの肉類, 現在一切無差別に一度, 現在一千万名いる学童, 現在一升の米, 現在一台戦前の四十倍, 現在一定の意義, 現在一年余の結婚生活, 現在一応その初歩, 現在一戸当りの人数, 現在一方に於, 現在一日平均七・七一の労働時間, 現在一時までの間, 現在一番信頼の出来る, 現在一番彼の心, 現在一般に若い人, 現在の支部, 現在七つのうち二つ, 現在七人だ, 現在七百万円がもの, 現在三千軒ある出版業, 現在三期を通じて四百人, 現在三枚あるうち, 現在三河島が昔, 現在三百万の会員, 現在三百五十人くらいの学生, 現在三階を持つ, 現在上意といえる, 現在上流階級は何, 現在上総の湊, 現在上院議員クラーグ造船会社副社長, 現在統一である, 現在不如意であるその, 現在不断にあらゆる, 現在不満に思ってる, 現在不破数馬保管の為今後上記権利書, 現在不義せられて, 現在与へられてをら, 現在世にユーモア小説として, 現在世の中にある, 現在世界じゅうの学者, 現在世界各地に余喘, 現在世界資本主義末期の激化, 現在世話になつ, 現在に將來, 現在中国の最も, 現在中国料理がただ, 現在中央軍の直面, 現在中学一年生で成績優等, 現在中津川の住民, 現在中流的偏見に満ち, 現在中野の警察大学, 現在主人の横腹, 現在主義生々主義である, 現在生既爲第三化則不可斷曰死後無化矣, 現在乗った覚えの, 現在乗つてゐるところ, 現在乗込の船員, 現在九州である, 現在予防医学の進歩, 現在二〇〇年以前よりも多く, 現在二ツずつ卵, 現在二三の土地, 現在二十三ヶ町村の沃土, 現在二十五組の夫婦, 現在二十代のジェネレーション, 現在二十前後の専門学校程度, 現在二十歳以上のロシア人, 現在二合一勺を確保, 現在二百六七十人ばかりの通信員, 現在二百十九名の従業員, 現在五十歳を過ぎた, 現在五十歳以上の人間, 現在交際して, 現在之を, 現在京大の支那学, 現在京都帝大の教授, 現在亭主の己, 現在人々は遊ん, 現在人口五千くらゐ旧, 現在人口増加が急速, 現在人形のいる, 現在人待ち顔に淀ん, 現在人数を事務所, 現在人民に與, 現在人気の頂点, 現在人気物の片, 現在人物等を断面的, 現在人間界の最も, 現在の家, 現在今日鎌倉でみ, 現在仕えている, 現在仕事をし, 現在他人に語りたい, 現在他家に嫁い, 現在以上良質な材, 現在以上豊富なもの, 現在以前を云, 現在以外の何もの, 現在伊東市という温泉都市, 現在休日は五月五日, 現在会う人々の, 現在会えるのなら, 現在伝うるところよりも, 現在伝つてゐる部分, 現在伯夷叔斉あり, 現在伸子の心, 現在位置して, 現在住友銀行支店となっ, 現在住宅難の時代, 現在住所も解っ, 現在佐々は裸體モデル, 現在何かしらスバラシイ陥穽の中, 現在何んな小説家, 現在何万坪という広い, 現在何十もある, 現在何物かに忿怒, 現在が実子等, 現在佛國で支那學, 現在作家として感じよう, 現在作物の取れる, 現在作等の壞, 現在作者演出家の領域, 現在使はれて, 現在使っている, 現在使つてゐる口語, 現在使用して, 現在の私, 現在価格の半ば, 現在保つてゐる, 現在保守政党とよばれ, 現在保守的編集方向をもっ, 現在保田与重郎氏等によって提唱, 現在保護鳥の一種, 現在信仰の上, 現在信吉の眼, 現在俳優といふ職業, 現在個々の活動, 現在個人や國家, 現在個人的例外はある, 現在借りてはゐる, 現在借地人が地代, 現在偉くなって, 現在偶人を中心, 現在偶然に聴い, 現在傷一つも皮膚, 現在働きつつあり, 現在僕たちに残された, 現在僕等の受難たる, 現在僕自身には勿論, 現在充分の広, 現在に帰っ, 現在先端的な問題, 現在光秀の所領, 現在児童の雑誌, 現在児童読物の監督検閲, 現在入れられてある, 現在全く孤獨に, 現在全体と細部, 現在全国官私立の諸, 現在八百尺の地底, 現在公刊本に此, 現在公娼は廃止, 現在六人生存他は病歿, 現在六十一名の会員, 現在六十余りの芝居小屋, 現在六畳と二畳, 現在共同につかっ, 現在兵士であること, 現在其の苦しみを, 現在其難に臨ん, 現在内務省計画課の官吏, 現在内包して, 現在内地朝鮮の官界, 現在写実主義者になつ, 現在凡ての過去, 現在出した夕食が, 現在出世したやう, 現在出会ったのでございます, 現在出会つたのでございますから, 現在出征するという, 現在出来上っている, 現在出版業者は出版, 現在出版界の相場, 現在出生の死亡, 現在分つてゐる, 現在分裂病と云われ, 現在分詞には必ず, 現在切支丹屋敷の牢獄, 現在切符売場の行列, 現在初枝さんがそれ, 現在判っている, 現在判断して, 現在利根川は前橋市, 現在創立十周年を迎, 現在の方, 現在劇壇の内部, 現在力現在作等の壞, 現在加奈江の腫れた, 現在加野にとつ, 現在労働は余す, 現在労働文学と云われ, 現在労働時間七時間八時間ということ, 現在労働者は, 現在労賃は常に必ずしも, 現在勅選議員で羽, 現在勢力ある官吏, 現在勤めている, 現在北京で聴かれる, 現在北支で経過, 現在医師の開業, 現在十一人の子供衆, 現在十万余の人々, 現在十九歳の小作人ニコライ・クリコフ, 現在十二ドルくらいである, 現在十二名というよう, 現在十五歳から二十位, 現在十分政府の注意, 現在十数人のわれわれ, 現在十日間に二割, 現在十月というの, 現在半分ずつの権利, 現在南洋において實行, 現在南洋貿易を専業, 現在単に大海人, 現在印度貿易商という触れ込み, 現在即下に實現, 現在友愛塾におおいかぶさっ, 現在叔母があり, 現在取つてゐる, 現在受けており, 現在受領して, 現在只今あざやかに回復, 現在可能な唯一, 現在でするどく, 現在の窓, 現在右翼にせよ, 現在各人の胸, 現在各種の劇場, 現在吉弥の両親, 現在刻に, 現在同一自己の中, 現在同僚たちが色, 現在同国学校に附設, 現在同地の警察界, 現在同志と思っ, 現在同情にあふれた, 現在同棲の女, 現在同様の美感, 現在同紙の文芸部長清水源太郎氏, 現在名主どのが見た, 現在名主役をも勤め, 現在名乗っている, 現在名護の女學校, 現在君自身には赤, 現在君達一派の理想家, 現在に仕え, 現在和一郎が益々, 現在哲学の領域, 現在唯物弁証法の立場, 現在啼いている, 現在善いことは, 現在と知っ, 現在噴火を休止, 現在四人ばかりの手, 現在四十一戸です, 現在四千万人近いプロレタリアート, 現在国務をお, 現在国宝の蔵書ぐるみ二束三文, 現在国庫から各省, 現在国文学研究者自身がその, 現在国語教育がどんな, 現在国防国家の体制, 現在国際革命文学局の書記, 現在國産車として賣れる, 現在國際段階でいふなら, 現在土地土地で与え, 現在土居さんは記憶, 現在在る量の, 現在地代を与えない, 現在地方的にちがっ, 現在坂上とよ子は十九歳, 現在坐すを見, 現在坐っている, 現在となり, 現在境遇の現在, 現在増加して, 現在壮年になっ, 現在の月夜, 現在外交評論家として知られ, 現在外国文学の標準, 現在多少とも自由主義的, 現在多数の人々こと, 現在多磨墓地にある, 現在に見, 現在大した負担でしょう, 現在大人として日々, 現在大宮人の野遊, 現在大家でもその, 現在大小合せて, 現在大楼ト称スル者今其ノ二三, 現在大衆文芸の名, 現在大都市を中心, 現在天皇が旅行先, 現在太陽諸遊星, 現在夫婦五組に対し年, 現在夫婦者がゐる, 現在奈良県添上郡の柳生寺, 現在奉行所の獄中, 現在奥多摩の山村, 現在の幸福, 現在女子労務者たちが改善, 現在女学校などでもた, 現在女性に対して, 現在女房の叔母, 現在好きか嫌い, 現在妊娠して, 現在のお, 現在委員をし, 現在姥桜となっ, 現在姨捨の驛, 現在婦人サークル員は何人, 現在子どもになっ, 現在子供について充分, 現在子規の周囲, 現在をなし, 現在学べる人間も, 現在学問が現代, 現在学級の法定基準, 現在学者の所説, 現在宇治村木幡で桃山御陵, 現在安保条約を改定, 現在完了助動詞の連用形, 現在完了形をとつ, 現在完全な写実主義者, 現在官僚について兎角, 現在官吏になつ, 現在宝石を持っ, 現在実力相応の地位, 現在実際に与えられ, 現在宮川町遊廓のある, 現在宮廷にいろ, 現在家庭にいる, 現在家族も含め, 現在容易でないから, 現在寧ろ前よりも, 現在を破った, 現在射水郡小杉町から呉羽山, 現在将来に人殺し, 現在尊敬しはじめて, 現在親の, 現在小さな祠が, 現在小作権といふもの, 現在小倉論をやる, 現在小型の日本犬, 現在小岩に住, 現在小樽高商出の佐竹佐武郎, 現在小説を書い, 現在少しも必要, 現在少年少女小説は一, 現在居間に掲げ, 現在屍体の頸, 現在屍骸の傍, 現在山中の笹, 現在山崎にとってごく, 現在山間で麦, 現在岡山県英田郡讃甘村大字宮本, 現在で唄われ, 現在島根縣津和野に在住, 現在工事が進行, 現在工場に働き, 現在巴里に時めく, 現在巻頭の二枚, 現在市中の大, 現在市会議員でありながら, 現在市場に現, 現在市販のもの, 現在布部で行, 現在帆立貝や真帆貝, 現在希望や深水, 現在師匠に教わらない, 現在帳面一冊十円する, 現在縁の, 現在平四郎の浄観, 現在平均四十四五円になっ, 現在平均的生活資料よりも著しく, 現在平気をよそおっ, 現在年二回以上の観劇, 現在年出生と等しく, 現在年寄夫婦が商売, 現在幸福に暮らし, 現在幾人ぐらいから借りてる, 現在広島のよりも数倍, 現在府下滝の川の自宅, 現在庶民の間, 現在廃墟の立っ, 現在延若を越える, 現在建っている, 現在を右, 現在弛んだ形の, 現在は自分, 現在弦四郎が小脇, 現在強制疎開を口実, 現在強力にし, 現在大学では, 現在当家にはどこ, 現在当市にありまし, 現在当面の問題, 現在彫ってある, 現在役立つかどう, 現在彼女親友が社長, 現在彼等酋長達の家, 現在往々にし, 現在ている, 現在自分の, 現在復興したの, 現在の現在, 現在必要になっ, 現在志賀直哉氏の文学, 現在忠義の家来, 現在思い出しつつある, 現在思っている, 現在思つてゐるか, 現在思想との調和, 現在性現在體現在力現在作等の壞, 現在恋敵の俺, 現在恐らく百人が, 現在恐妻會の總裁, 現在恒藤と会う, 現在恥辱を受け, 現在のある, 現在息子と娘, 現在患者は皆, 現在意味を持っ, 現在愚僧が太刀, 現在の心, 現在愛藏して, 現在感じている, 現在慎一の持っ, 現在成功して, 現在我子の願, 現在或いは現在に, 現在或は近世の, 現在戦っている, 現在戦争中のこと, 現在戸数は二万以上, 現在戸数六十戸余旧幕末, 現在手元にある, 現在手品じみた絵, 現在手洗場のある, 現在手許にある, 現在手首を折られた, 現在持ってるのか, 現在持つべき意義に, 現在振りかえってみ, 現在捕物小説が圧倒的, 現在採掘中のダイヤモンド鉱山, 現在提出せられて, 現在揺れている, 現在搗きつつある, 現在携わっている, 現在擡頭しつつ, 現在政務に当っ, 現在政権をもっ, 現在政界の不安定, 現在あって, 現在教壇からは神, 現在教育制度の欠陥, 現在数学の新しい, 現在文学作品を文学, 現在文学史家が一つ, 現在文学的野望に燃える, 現在文明社会に行われ, 現在文献として残, 現在文芸乃至文学, 現在文部大臣鎌田栄吉君に何とも, 現在文部省の社会教育課, 現在文部省直属のこの, 現在斯界の専門家, 現在新しい拡りで, 現在新劇俳優の何人, 現在新劇協会の研究生, 現在新大陸にいる, 現在新橋に住ん, 現在新橋辺の寿司屋, 現在方々であの, 現在方向づけられている, 現在旅人が通る, 現在ち廃頽, 現在既にそうなって, 現在既に漸く農業そのものに, 現在既成の新, 現在日常の生活, 現在日常的に手回り近く, 現在日張家から月々三千円, 現在日本アルプスの地形, 現在日本中の数, 現在日本人と隣接, 現在日本全国の工場, 現在日本劇壇の中堅, 現在日本国民は所得倍増, 現在日本国民たるの多幸, 現在日本政府は武力, 現在日本経済はアメリカ, 現在日本階級戦線上の最も, 現在日立の中央研究所, 現在日立研究所にいる, 現在旦那様が持っ, 現在明日の食糧, 現在映画の世界, 現在映画会社その他がスタア級, 現在昨日の午餉, 現在と場合, 現在時々刻々極めて強烈, 現在時局的な論議, 現在普通市販のもの, 現在を出した, 現在曲者と見かけた, 現在更に浪速区, 現在書かれている, 現在書きかけている, 現在書目佛書にては八家, 現在最低の利子, 現在最高の知識, 現在最高裁判所のメムバー, 現在たなかっ, 現在有つてゐる新聞編輯, 現在有りと在らゆる, 現在有名になっ, 現在有権者数の約, 現在有章院の北側地続き, 現在朝湯の前, 現在朝鮮では山, 現在朧げながら我々, 現在を割り, 現在曽有の, 現在未だに不明なり, 現在未來三世の蘊, 現在未来それが一瞬間, 現在未来なんでも聞い, 現在未来三世の実相, 現在の氏神, 現在東京人の間, 現在東京付近にある, 現在東京寶塚劇場の側, 現在東京市の内外, 現在東京市内の閑地, 現在東京裁判が捕虜, 現在東大の言語学科主任教授, 現在東大文学部の三年, 現在松屋だけが超然, 現在松本千重子に愛情, 現在松竹が一生懸命販売政策, 現在果さなければならない, 現在果して誰, 現在果してトルストイ伯の, 現在枝折戸の外, 現在枢要にもいた, 現在柳田国男先生はじめ我々も使う, 現在桑港の交通部長, 現在梅津という地名, 現在梅津正利師範の手, 現在梶野というぐうたら, 現在森林で蔽われ, 現在森永の定価十銭, 現在棲息して, 現在楊州にゐない, 現在秘密の, 現在極度に鋭敏, 現在楽しい夢を, 現在概念の裏表, 現在槐樹は高く, 現在権力の迫害, 現在欧州を風靡, 現在欧米の出版界, 現在欧米人士を戦争, 現在歓楽を握っ, 現在正しいと信ぜられ, 現在正木先生の御, 現在正眼で見た, 現在の如き, 現在此処に, 現在此地にあり, 現在此席でも俺, 現在武州御岳山麓の道場, 現在歩いている, 現在歩きつつある, 現在歴史的に惹き出すなら, 現在は過去, 現在死なねえだからし, 現在死人の戸籍, 現在死体が出た, 現在死火山と思はれ, 現在んど, 現在殆ど世界中の人, 現在残り伝わって, 現在残存するところ, 現在殺された山之, 現在殺そうとし, 現在母上の夫, 現在母里家にある, 現在毎日千人の見物, 現在毛利家の主君, 現在民主的作家は政治的活動, 現在気息を恢復, 現在水谷さんの占め, 現在氾濫の過, 現在求めてゐる, 現在汝等を悩ます, 現在江戸を荒し廻っ, 現在決して民主的で, 現在沢山の地図, 現在河北平野にある, 現在泊つてゐる処, 現在法学教育の大, 現在法学部に入っ, 現在洪水のごとく, 現在活きている, 現在活動中の火山, 現在活動的な作家, 現在活発なる活動, 現在流布して, 現在流行して, 現在流通して, 現在で働い, 現在海老屋の所有, 現在海軍で作り, 現在淡路三原郡に沼島村, 現在淡路人形操の巡業先, 現在深谷家にいる, 現在清盛は四十四歳, 現在渋谷の方, 現在測候所で用い, 現在洲国で, 現在滔々として日本, 現在演劇意識による演劇価値, 現在漫画が廃滅, 現在瀬戸内海の沿岸地方, 現在瀰漫するところ, 現在灌漑を施し, 現在を噴い, 現在に於, 現在無くなっている, 現在無くならぬ今, 現在無政府主義に關, 現在煩悩に捕われ, 現在熱田の東南方, 現在んでゐる, 現在爲す事の外, 現在父子すらもその, 現在を飼, 現在物理学者の問題, 現在物置になつ, 現在特にアメリカでは, 現在特殊部落と認められた, 現在に怪まれ, 現在独立して, 現在独身であること, 現在独逸が試み, 現在がいる, 現在獄中にいる, 現在獄裡に繋がれ, 現在現れつつある, 現在理解して, 現在甘受してる仕事, 現在しい困難, 現在生えている, 現在生きる社会は, 現在生き生きと私, 現在生け花の先生, 現在生命保険会社の支払い方法, 現在生徒でない先輩, 現在生息しつ, 現在生物の生息, 現在ひられて, 現在用意されつつ, 現在用紙割当の仕事, 現在田舎の料理屋, 現在由子のこと, 現在のやつ, 現在男子で健康, 現在を立て, 現在の上, 現在當面の事實, 現在発行されて, 現在発音はかつて, 現在登代の活動, 現在白テロに倒れ, 現在白状して, 現在百三十八名異状なし, 現在百人も住ん, 現在的内容が却って, 現在皆さんが横浜その他, 現在盛名を全国, 現在目ざめてい, 現在目的とする, 現在直ちに又は或, 現在直下に自己, 現在直方市に住ん, 現在相州足柄上郡塚原村古屋佐太郎の所蔵, 現在相現在性現在體現在力現在作等の壞, 現在であるからには, 現在真に求めつつ, 現在真面目に熱心, 現在矢部の前, 現在知っている, 現在知覚されつつ, 現在研究調査は国家予算, 現在と惚れた, 現在確かにこの, 現在社会主義建設のため, 現在社会問題の根本, 現在社會の表面, 現在として祀られ, 現在神奈川県茅ヶ崎の野中家, 現在神経過敏の固まりみた, 現在祭りの上, 現在福岡の電燈会社, 現在私どもはいろいろ, 現在私共の生活, 現在科学教育として採り上げられ, 現在科学的拷問は惨, 現在科学警察を率い, 現在種子の名義, 現在っている, 現在空想して, 現在立たされている, 現在立会ったのでございます, 現在立会つたのでございますから, 現在立候補して, 現在立国の基本社会組織, 現在立派な尊敬, 現在競輪に人気, 現在第一人者的人気を呼ん, 現在築地の綜合病院, 現在築地あたりでこの, 現在を副食, 現在米国でも相当, 現在米国領ハワイの東方, 現在日本料理は, 現在紙幣ルウブルは半, 現在組織の行詰まり, 現在経済事情その他の理由, 現在経験しつつ, 現在結婚とは一般, 現在結婚数の年出生, 現在統一的水法の制定, 現在絶えず無くなり行く存在, 現在維新政府管下の外人宣教師, 現在維納において艇長生存説, 現在総ての人, 現在編輯長自身が手, 現在斜の, 現在緬羊の頭数, 現在纏められた書物が, 現在置かれている, 現在羅馬のばてれ, 現在義経神社のある, 現在老年に達し, 現在考えている, 現在考えられている, 現在考え得る一番理想的な, 現在聞える大衆化の, 現在聞くところの, 現在職場にある, 現在肝臓のはれ, 現在能楽の上, 現在脅かされてはしないでしょう, 現在の眞中, 現在膃肭臍を漁った, 現在を容, 現在自国に於ける, 現在自由主義一般の積極性, 現在自称して, 現在與えられておらぬ, 現在興味のみのもの, 現在艀事務所にある, 現在良ければいい, 現在良人をもっ, 現在良人良人の兄, 現在色々な物理量, 現在芝居に新しい, 現在芦峅の平蔵, 現在花嫁殺しの犯人, 現在花柳病に罹れる, 現在花鳥風景の研究, 現在芸能は固, 現在若き日の, 現在若くば最近十數年位, 現在若干の国, 現在若松市の人口, 現在若松市長である, 現在や悩み, 現在英国民によって支払われ, 現在英領印度と称せられ, 現在茨城県鹿島郡鹿島町に鎮座, 現在荒らしてお, 現在菊子さんが行く, 現在を引き, 現在著しい不具者である, 現在著作物として法律的, 現在葛卷が提出, 現在蒸れ返るような, 現在蔵元屋に入り込みおる, 現在藁草履を穿い, 現在藤懸教授の許, 現在藤沢家を亡ぼすべく流れ込もう, 現在はいない, 現在蟇口に二三円, 現在居する, 現在蠣殻町にある, 現在行つて居られる児童, 現在行なってるおごそかな, 現在行われてる多くの, 現在行方の知れねえ, 現在裁判所に提起, 現在製菓会社の下級社員, 現在西尾氏が長老, 現在見えている, 現在見当らないのは, 現在見渡している, 現在触ってみた, 現在言って見れ, 現在計理士の新居氏, 現在計画されて, 現在記者の卓上, 現在評論家として聞える, 現在認め得る一般的傾向の, 現在誤謬であると, 現在誰か一人背後に廻った, 現在調に嘆, 現在論じられている, 現在諸家から持ち運ばれた, 現在謂わば銃後, 現在豊多摩にいる, 現在象徴的演劇その他の近代主義, 現在の価値, 現在貧しき者惱める, 現在貧乏な身の上, 現在貧農的要素が組合内, 現在貰っていない, 現在貴島が何處, 現在資本主義世界には四千万人, 現在資本主義日本に起り, 現在資本家の外, 現在賣れる値段で, 現在赤ん坊が蚊, 現在趙司晨がこう, 現在足助二郎重景, 現在踏んで居る, 現在軽はずみに突ッ, 現在農場にある, 現在農村に集団農場, 現在農業に従事, 現在辿ってる道は, 現在辿り得た思想の, 現在迄の娯楽界を, 現在送り込まれた荷物が, 現在通って来た, 現在通学中の児童, 現在かにその, 現在築中, 現在連れて来, 現在連れ添う細君で, 現在連絡船で厳島, 現在進行しつつ, 現在遂に手出しを, 現在遊楽のため, 現在過去未来を通じての最大, 現在はない, 現在達者で秋田市, 現在遠隔の州, 現在み残されて, 現在選ばれている, 現在部落民として認められる, 現在郷里には家屋敷, 現在の探題職, 現在酷い目に, 現在重吉の感情, 現在重要性を有し, 現在の単に, 現在金もちだけの便利, 現在金堂安置の四天王像, 現在金持の伯父, 現在金田一博士を中心, 現在金銭登録器の前, 現在鉄道沿線の左右, 現在でかつお, 現在銀行に勤め, 現在鍛冶橋ホテルというの, 現在長久保さんとはいつたい, 現在長足の進歩, 現在の下, 現在籠って, 現在閉口して, 現在開けたえらい方, 現在開講中のもの, 現在り合って, 現在闡明せられて, 現在阿波の間者牢, 現在附き添っている, 現在降りつつある, 現在限り改めなくては, 現在陰暦の十四日頃, 現在の軍, 現在陸上では酒場, 現在陸地測量部地形図の恩恵, 現在階級の制約, 現在雄々しく日本の, 現在集まっている, 現在が降っ, 現在の降り, 現在電車で山, 現在震源を推定, 現在青年群に与える, 現在青森県知事をなさっ, 現在非常にたくさん, 現在領土ノ改造順序, 現在願い求める唯一つの, 現在風俗習慣も急速, 現在飛んでいる, 現在食って行く, 現在食べている, 現在食肉の価格, 現在養っている, 現在養父にさえ身, 現在馬車十九輛であるから, 現在まである, 現在體現在力現在作等の壞, 現在高市郡鴨公村大字高殿小学校隣接の伝説地土壇, 現在高知にそういう, 現在鬼押出しと名づけ, 現在魯侯よりも勢力, 現在かに地獄, 現在鳴子の縄, 現在鴨公村高殿の土壇, 現在を使っ, 現在が啼い, 現在を蒔き