青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「水面~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持 氣持~ ~水 水~ 水夫~ 水戸~
水面~
~氷 氷~ 永~ ~永い 永い~ ~永く 永く~ ~永久 永久~ ~永遠

「水面~」 1628, 16ppm, 6992位

▼ 水面~ (539, 33.1%)

16 浮んで 8 落ちて 7 浮いて 6 出て, 顔を 5 映って, 浮かんで 4 出して, 影を, 枝を 3 うかんで, 浮べた, 眼を, 頭を

2 [21件] あらわれたとき, うつって, うつる己, ごみが, たくさんの, つくった薄い, ひたして, 五六人の, 出でん, 大きな渦, 尾を, 映して, 浮かび上がって, 浮きあがって, 浮び上がれるだけ, 浮び出ようと, 目を, 落る, 視線を, 踊って, 近くなる

1 [420件] あげたり, あった, あつて, あらわした石油船, あらわして, あらわれうるだろうと, あらわれた, あらわれて, あらわれるごと, ありと, いかなる変化, いくつかの, いつも淋し, うかが, うかびあがり船, うかぶ泡, うきあがって, うきあがりコウモリ, うきあがるぞ, うきます, うつしたか, うつして, うつる壁, おおいかぶさるよう, おちいりて, おちると, かすかな, かのついつい, からだを, きこえて, きらびやかな, くぼみを, この茶褐色, さざなみ, さざなみをたてて, さざ波が, さす青葉, すきま, すっかり藁, すっと高く, その姿, ただ彈, ちかく岩, ちょっと浮い, ついたとき, つくところ, つけるよう, できた波紋, できるだけたかく, とどめて, とび出て, なお限り, ならんだ四つ, のっそり顔, のぼって, のり出して, はねて, ぱっと泛, ぱらぱらと, ひびきわたる声, ぴょいぴょい躍らせ, ふしぎな, ぶくぶくと, ほ薬香, ぽっくり浮, ぽつくり, まき返り早い, また無数, まだいくつ, まばらな, みなその, もしふっくりと, アザミの, ガバと, ガバッという, キューキュー鳴った, コイや, フツリフツリと, ボチャンボチャンと, 一そうの, 一つの, 上がって, 上がること, 上げたり, 上っては, 上つてそれを, 上り来る, 上下する, 下りました, 乗り入れて, 乗り出した, 乗出した危ない, 乘出した, 亀甲状の, 二つの, 二度浮かん, 二羽の, 交わりしずか, 人の, 今は, 今復一, 伏さっ, 何ものかを, 保った, 光を, 入り乱れて, 八の, 円やかな, 写し湖心寂然, 冴えて, 出かかって, 出ししずか, 出しただが, 出たとき, 出る, 出るたびごと, 出ると, 出るとき, 出来る墨流し, 切られて, 初めて顕, 到着する, 刻み出して, 動く鯉, 午後の, 及ばずなりて, 反射し, 反映する, 反響する, 口を, 吊り上げられて, 向かって, 向って, 土左衛門が, 垂れたまつ, 垂れた枝, 垂れて, 垂れてる死体, 垂直に, 塵も, 墨膜を, 大きな看板, 大きな顔, 寂かな, 寂しくその, 富士形の, 対って, 射すと, 射下して, 射込んだ, 小さな可愛らしい, 小さな黒い, 小波は, 小波を, 小波立っ, 小蒸汽, 小鳥の, 尖端を, 居らず空中, 届くか, 広く曳きずっ, 引き上げられる, 弾ける沼気, 形を, 影像を, 彼は, 待機し, 微光が, 投げかけるころ, 投げられた月光, 投げ出されるなり, 投影し, 抛物線を, 拡がるの, 拡がる墨膜, 掛け渡して, 擡げて, 散らしながら, 散らばつて, 散り敷いて, 散點, 斑点と, 旗の, 早苗の, 明るい障子, 明るく渦巻い, 映した, 映じ川, 映った自分, 映っても, 映る帆影, 映る葦茎, 映ツ, 春らしい, 時折波紋が, 更に露, 板戸が, 栄三郎を, 森影と, 横たわったの, 横わり, 檣冠から, 櫂を, 残して, 毒が, 気を, 水の, 水藻を, 水馬が, 水鳥の, 没して, 河岸の, 河底から, 泡を, 波を, 波紋が, 活躍し, 浅葱いろ, 浮いたり, 浮かなかったが, 浮かびあがりいろいろ, 浮かびだして, 浮かびユラリユラリ, 浮かび出たもの, 浮かび又は, 浮かび夕日, 浮かぶこと, 浮かぶ助け, 浮かべそう, 浮かみ上がって, 浮かんだ, 浮かんだが, 浮かんだ草, 浮きあがりその, 浮き上が, 浮き上がったと, 浮き上がらせたの, 浮き上がらなかった, 浮き上がる死体, 浮き上って, 浮き上らせるだろうと, 浮き出して, 浮き出て, 浮き揚らせる, 浮き跳ねて, 浮くとも, 浮くも, 浮く油, 浮びして, 浮びたり, 浮びたる大, 浮びでて, 浮び上がって, 浮び上がるに, 浮び出そうと, 浮び出ましたので, 浮び初, 浮び底, 浮ぶ, 浮ぶこと, 浮ぶの, 浮ぶ大, 浮ぶ村, 浮べ, 浮べて, 浮べながら, 浮んだ, 浮んだの, 浮んだよう, 浮んだり, 浮んだ分, 浮上つた, 浮上つて来, 浮上つて来た, 浮上り, 浮寝を, 浮藻や, 淡墨, 滑る者, 漂って, 漂わされて, 漣が, 漲り渡って, 澄んで, 点じて, 烈しき泡, 照りつけると, 燕の, 片羽, 珠の, 現はれ, 現はれる, 現わし, 現われそうして, 現われた泡沫, 現われて, 生れる, 異常な, 白い影, 白く咲い, 白く波, 真青な, 眺め入, 眼立っ, 着いたこと, 睡蓮が, 瞳を, 石を, 祖朶を, 秋雲の, 積りたる, 空が, 空に, 突き出て, 突き刺さって, 突き立って, 立ちのぼる泡, 立って, 竿を, 籐の, 純白の, 絶壁から, 繋が, 織られる, 織り出しながら, 纏り, 美しく反射, 群がりまた, 群れて, 腹を, 臨んだ土地, 臨んだ老樹, 自分の, 臭く浮い, 舟足を, 菊花状の, 落す影もろ, 落す自分, 落ちかかッ, 落ちた, 落ちたの, 落ちた光線, 落ちた水滴, 落ちた油, 落ちますが, 落ちる, 落ちるころ, 蓮が, 蜆蝶の, 蜒り, 襞を, 見えて, 見えなくなって, 見たの, 見入った, 見入ったが, 視入, 覗いて, 触れた, 触れながら, 触れました, 触れる, 誰もの, 赤いレッテル, 走つて暗雲, 走りそこ, 走る, 起つ, 跳ねあがりそれ, 跳ねあがるの, 跳ね始めたら誰, 跳躍する, 踊りあがる大きな, 躍って, 躍り出で, 転落した, 載せてたぷ, 辷り出したところ, 近い空間, 近い道, 近く架け渡し, 近く颯と, 近づいたところ, 近づいて, 返るの, 追鮎, 逆に, 達した瞬間水煙, 達し復, 達する, 達すると, 達する幅, 重く垂れ, 閃いて, 閑かに, 降って, 降りて, 隠れて, 集って, 集まつて, 露し, 露出させる, 靄が, 静かな, 靡いて, 響きましたらう, 顕わし一八七一年には, 飛び下り美しい, 飛び散つて, 飛び降りる刹那, 飛沫が, 首垂れ, 高くあらわし, 高くぐいと, 高低が, 魚が, 鱗がたのさ, 鳴いてる筈, 黄ばむ, 黒黒と

▼ 水面~ (304, 18.7%)

10 眺めて 7 見て 6 見つめて 5 睨んで 4 見ながら 3 泳いで, 流れて, 渡って, 見ると

2 [19件] じっと見つめ, すかして, とざして, わたる風, 一生懸命に, 去来し, 叩きながら, 吹いて, 廻るだけ, 指さした手, 波立たせて, 滑って, 眺めた, 見た, 見ました, 見降ろした, 辷るよう, 隙か, 静に

1 [222件] あちらこちらと, うった法密, おもむろに制圧, かき回したれば, かしくて, きょろきょろと, くぼませる, こうやっ, ここでも, さぐりあてて, しわめるよう, じっと眺め, じっと見おろし, じっと見降ろし, じわりじわりと, すいすいと, すべって, すべる様, すれすれに, その尾, たたいた, たたいて, つたわって, つばさで, てらしだしました, とおりすぎて, なお永く, ながめだす, ながめて, ながめると, なでて, なんという, にらみながら, ぬいて, のぞいて, はって, はなれて, ばし, ひたひたと, ひろげて, ふるはす風, みずすましが, みつめて, みつめながら, やぶって, ゆく船, ゆらゆらさせる, コモリと, ジッと, チョンチョン叩き, チラと, チラリと, ツイッツイッツイッと, ノコノコと, ヒョイヒョイやっ, 一二度弾ん, 一群の, 一面に, 七は, 上下に, 下手にかけて, 中に, 伝って, 低く這, 低く這っ, 低下した, 余念なく, 使って, 僅か程, 全速力で, 凝然と, 凝視し, 凝視めて, 出て, 切って, 刷い, 動かして, 匍ひ, 匐つて行く, 占めて, 取り巻いて, 叩き白い, 叩く高い, 吹かれて, 圧する絃歌, 地下から, 坤竜丸を, 壓する, 射かえして, 射て, 小魚, 川上へ, 強く敲く, 彩りその, 徐にす, 恐れ闇, 愛しよう, 打たれた魚, 打ったそれ, 打ったよう, 打った時, 打って, 抜いた枯枝, 抜くこと, 押し流された, 拡がる水脈, 指さした, 指した彼, 指す, 掠む, 掠めて, 掠め汽笛, 掩う, 掩ふこ, 掻き廻したり, 揺れる紅, 撫でて, 撲りつけた, 旋囘し, 横ぎりて舞えり, 横ぎりて舞へ, 横に, 波だたせる何物, 注意し, 泳ぐから, 泳ぐこと, 泳ぐもの, 流れる, 浅く大, 浮かんで, 浮きつ沈みつして, 浮きつ沈みつ人, 渡つてきた, 渡る微風, 游ぐ蛇状, 湛えて, 湛へて, 滑らかな, 滑りだした, 滑走する, 漂うの, 漕ぎすすんで, 照らしました, 照らし出した, 熟, 燈火の, 狙って, 現わし, 球に, 目がけて, 目測し, 眺めながら, 眺めるばかり, 睥むようにした, 睨み付けた, 睨み詰めた, 瞰下し, 瞶めて, 破って, 稍暫く, 空気を, 突き抜けるやう, 突き抜けるよう, 窺った, 立ち罩め, 舞ったり, 舞つて居る, 船の, 色どっ, 薄紫に, 蝦や, 覆ひかくして, 見あげて, 見おろした, 見おろしたとき, 見くらべて, 見せて, 見せる, 見たくなるなり, 見ただけ, 見つけて, 見つめながら, 見ます, 見まもって, 見まわしても, 見る癖, 見わけること, 見仰いで, 見守った, 見詰, 見詰めて, 見降して, 見降ろして, 覗きこんで, 覗き込むよう, 覗き込む途端, 走り乍ら, 走り出したと, 走るよう, 越して, 躍り上がれば, 転がるやう, 透かして, 透して, 這いはじめた, 這って, 造り出すに, 遥に, 銀色に, 長閑に, 陽気な, 隠して, 離れて, 離れる時, 離れる石, 領し, 飛びこえ後方, 飛んで, 騷が, 高めて, 高めやはり, 鮠の

▼ 水面~ (127, 7.8%)

6 上に 3 ように, 下に, 月の, 浮子が 2 あいだは, やうに, ような, プロフィルが, 下で, 下を, 油を, 白いの, 高くなった

1 [91件] かすかな, ここかしこに, ことである, さざ波は, さざ波を, ずっと下, そこここに, そよそよと, た, どの深い, なめらかさは, はるか底に, ほのかな, また閑, やうな, ウキに, ミズスマシの, 一個所水の, 一部が, 一部を, 上の, 上へ, 上を, 下の, 中心に, 他に, 他の, 低いローレベル, 低い池溝, 低さ, 光の, 冷たさ, 切端の, 占有が, 友である, 反射を, 右の, 右寄りに, 形だ, 影と, 影に, 恐ろしい傾斜, 所在を, 持って, 明るさ, 明るみも, 星かげの, 映った空, 暁の, 暗きまでに, 月を, 月光を, 毒の, 波として, 波動に, 波紋, 波紋が, 波紋の, 波頭が, 流れも, 浮標の, 浮鳥, 渦の, 漣波風に, 照り返し, 燻銀, 皺が, 真ン中に, 絵を, 絶えまない, 船跡の, 虫に, 見えるところ, 説明をも, 輪廓と, 近くまで, 鈍い動き, 間で, 闇が, 闇と, 降下につれて, 随所に, 隨所に, 霧の, 青葉を, 静けさが, 面積を, 高い方, 高くなつた, 高低は, 魚

▼ 水面から~ (101, 6.2%)

7 顔を 2 かなり高い, 下へ, 眼を, 頭を, 顔だけ, 高く離れ

1 [82件] かすかに, そこへ, たまたま魚, つっ立って, のりだしたまま, ひとりでに浮かび上がっ, やつと, よほど身体, わずか高い, ピョンピョンはねあがっ, 一メートル半も, 一団の, 一尺ばかりの, 一直線に, 一間位の, 三十メートルぐらい, 三寸乃至, 上に, 二十フィートも, 二十丈とかいう, 二尺ほども, 二本の, 五六メエトルの, 五十フィートも, 五寸ばかり, 人の, 僅かに, 元気の, 全身を, 出たあたり, 出たり, 十尺ばかり, 反射する, 口を, 向う側の, 四メートルぐらい, 垂直に, 変な, 姿を, 宙に, 底までは, 抜き上げる錘, 拔き出し, 持ち上げた, 揺らぎあがっ, 擡げたまま, 数歩の, 昇るうすい, 檐まで, 水沫を, 深い水底, 測るならば, 滑めらかな, 白くしぶき, 目測し, 眸を, 空へ, 突き出て, 立ちのぼる, 立つ狂風, 約二, 自から, 落ちて, 蒸発し, 見えなくなっては, 見えなくなること, 見物人の, 貸ボート, 跳ね上がって, 跳ね上がるの, 跳ね上るの, 躍りあがった, 転じて, 軽い陽炎, 響いて, 飛び上り, 飛び立った, 餘程高い, 首が, 首丈けが黒い, 鮭の, 黒い四角

▼ 水面~ (93, 5.7%)

2 姿を, 浮んで, 脱出する, 落ちた, 身体を, 顔を, 首を

1 [79件] あらわすと, あらわれたが, あらわれると, おくりこむといふ, さっきの, ずぼりと, その眼, でて, のばして, ふうと, ぽんと, やつと, スッと, ノビて, 一つの, 一尺も, 上つて行く, 下ろすの, 出ようという, 出るかわり, 分銅繩が, 半身を, 反映も, 向けて, 唇が, 団八の, 変に, 射し透って, 尻尾で, 投げて, 抛って, 抛りこんだ藁, 抜きあげ手網, 拡った, 擡げる渦, 斜に, 斜めに, 毛鈎を, 泡が, 泳ぎ出, 浮かびあがるまでの, 浮かびその, 浮かび上がったよう, 浮かび出た, 浮かべられたもの, 浮かんで, 浮び上がらせるだけ, 浮び上った, 浮び上ったが, 浮び上って, 浮び出たこと, 浮び出ては, 浮游させる, 浸る毎, 消えて, 現して, 現れた, 現われること, 生唾を, 目がけて, 眼を, 突きだして, 突然青白き, 範之丞の, 組み出し, 絶えずぶくぶく噴きのぼっ, 落ちこむ, 落ちたこと, 落ちた人体, 落ちると, 足だけ, 跳ね上るくらい, 躍りこんだ, 達して, 露出した, 頭を, 飛び上った, 飛び込む, 黒い影

▼ 水面~ (86, 5.3%)

2 上の, 自分の, 高くなっ

1 [80件] あまりに澄ん, あらわれはじめた, ありました, いぶし銀の, おびただしく光る, かすかな, さわぐと, じりじりと, ずっと高く, その当時存在, だいぶ波だっ, どれほどある, なんにも浸っ, にわかに波紋, ぬーッ, はっきり見え, はつきりと, ほの, ぼんやりと, ぼんやり光つて流れ, ぼんやり霧, むやみに, もちあがるはず, ものおそろしげ, ももから, ゆらゆらと, ジリリジリリと, ボウッと, 一瞬間遠く, 下っただけ, 下りはじめた, 両岸, 乱れて, 五寸上に, 俄に, 光つてゐ, 光つてゐた, 冬の, 四十五度以上の, 少しく白み渡り, 平かで, 引締つてゐ, 後には, 後退し, 掻き乱される, 明つて来る, 映って, 暗い硝子板, 朝の, 柔かな, 殆埋る, 波だちあたり, 波だって, 波だつたび, 波紋を, 流れこむ水, 深い処, 渦巻きだしたまん中, 現れて, 生き物の, 白みかけたと, 真中から, 真珠色に, 磨くの, 薄く明, 見えた, 見えました, 見つかりました, 起す物理現象, 輝いて, 遠くの, 遥に, 重たそう, 鈍く光っ, 鏡の, 降る, 頭上に, 風も, 高いやう, 高いよう

▼ 水面~ (76, 4.7%)

4 埴安の 3 油の 2 おなじ色, 波も

1 [65件] いつもより, おそらくマリアナ海一帯, きゅうに, ぐんぐんと, こころもち明るく, この二年間, この時, さながら発狂, しのびやか, じっと鏡, たそがれて, ひときわ怖, ますます鮮, まるで大きな, みるも, もうもと, もうゴング, もう静か, よい港, コールタールみたいに, 一面菱が, 下へ, 何だか膨れた, 依然として微動, 光り, 全く水, 前後左右に, 夜を, 大きく波立つ, 小松の, 復た, 手の, 斑を, 朝に, 木立を, 柔く, 概して穏, 水煙を, 永く見, 油でも, 泡立って, 波騒を, 流るる破船, 浅いが, 海上の, 深い谷間, 清く爽, 灯の, 狭く飛行機, 異樣, 直ぐ陸, 碧色にか, 空闊に, 絡み合つたりくづれたりするぼんやりした網細工, 至って静か, 金波銀波に, 銀色の, 鏡の, 陽の, 雨の, 雨脚を, 青落葉で, 静かで, 音も, 黒く青く遠く

▼ 水面には~ (36, 2.2%)

1 [36件] いちめんに, ささやかな, なかった, まだこの, むくむくと, 一波の, 一艘の, 大部分蒼, 婀娜ぽい, 対岸の, 小さなモーターボート, 岸の, 幾つも, 成長の, 支那船が, 明るい半円, 月光ばかりが, 朝日の, 棒切れや, 模様の, 水馬が, 氷が, 渡って, 澄み渡った空, 真黒な, 睡蓮を, 筏さえ, 緑樹の, 船の, 花明りの, 茜色の, 荷足の, 螢の, 襤褓切れや, 触れずとおく, 雨の

▼ 水面~ (30, 1.8%)

3 に没し 2 の島, の洲

1 [23件] でお陀仏, でなん, にあった, にある, にかくされ, にかくれ, になっ, にもぐっ, に大, に大穴, に想像, に没し去っ, に注ぐ, に隠した, に隠れた, の暗礁, の様子, の水掻き, の眼, の石, まで伝っ, をまっしぐら, を北

▼ 水面~ (26, 1.6%)

6 すれすれに 2 並んで

1 [18件] いっしょに, すれ, すれすれの, なって, なりゆ, 僕と, 同じよう, 平行に, 殆んどすれ, 池の, 浜風が, 海底との, 深みとで, 硝子天井とが, 硝子天井との, 竿先へ, 蘆の, 黒ずんだ杉

▼ 水面~ (22, 1.4%)

4 あらう

1 [18件] あつた, お洗い, かの宝, どぼん, はじけるだけ, ぼちゃぼちゃ音, 切られると, 大きな魚, 星の, 曲って, 水柱を, 白い花, 砕けたと, 砕ける, 破ける泡, 静かに, 魚を, 鳴る波紋

▼ 水面まで~ (19, 1.2%)

4 おりて

1 [15件] おりた里好, すべって, つづいて, 一つの, 一緒に, 上が, 下りて, 出て, 大声に, 引きあげる, 来た時, 泥深く油ぎって, 達すると, 降りたら大声, 餘程の

▼ 水面~ (16, 1.0%)

2 に出, に抽

1 [12件] とおなじ, なお千二百呎, に出てる, に出で, に持, に浮い, に浮き上がれる, に浮ん, に現れた, に跳ねる, に首, の高

▼ 水面~ (14, 0.9%)

2 明るかった, 暗いので 1 ある, ふくめて, まだわかたぬ, 今夜と, 入念に, 暗い黄昏, 曇りなく明るかっ, 此方は, 見えないほど, 見えなくなって

▼ 水面より~ (13, 0.8%)

1 [13件] さし昇る, はるかの, やや高く, 二三尺を, 低いん, 何メートルも, 八尺も, 四五米の, 土地が, 築き起されたるさま, 起れる如く或は, 露われたる, 頭を

▼ 水面近く~ (11, 0.7%)

1 [11件] なってから, に出現, に浮ん, へあげ, までおびき寄せ, までのばし, 下した, 垂れて, 垂れ下がって, 所どころに, 浮んで

▼ 水面からは~ (6, 0.4%)

1 二三丈の, 二尺程の, 怪魚たちが, 白く立, 見えない, 霧が

▼ 水面~ (6, 0.4%)

2 つれづれと, 対岸の 1 岸の, 板壁を

▼ 水面すれすれ~ (4, 0.2%)

2 のところ 1 にぶくっ, の水中

▼ 水面にまで~ (4, 0.2%)

1 ひろがって, 花を, 適用し, 飛び上って

▼ 水面ばかり~ (4, 0.2%)

1 であった, 眺め暮し, 見て, 見詰めて

▼ 水面からの~ (3, 0.2%)

2 輻射熱で 1 斜陽の

▼ 水面では~ (3, 0.2%)

1 なく水, 橋の, 海から

▼ 水面との~ (3, 0.2%)

1 差が, 距離が, 間に

▼ 水面とは~ (3, 0.2%)

1 共に士女, 反対に, 并行し

▼ 水面にも~ (3, 0.2%)

1 無數, 荒々しい雄叫び, 落ちず海辺

▼ 水面ちかく~ (2, 0.1%)

1 浮きあがり, 群が

▼ 水面とも~ (2, 0.1%)

1 接して, 水中浅く

▼ 水面へと~ (2, 0.1%)

1 浮かび上がること, 続く黒い

▼ 水面へは~ (2, 0.1%)

1 なかなかと, 現われませんでした

▼ 水面やみ~ (2, 0.1%)

2 のなか

▼ 水面わずか~ (2, 0.1%)

1 に白く, に見える

▼ 水面一寸~ (2, 0.1%)

1 の場所, の空間

▼ 水面下一尺~ (2, 0.1%)

1 ばかりを此岸, ほどのところ

▼ 水面近い~ (2, 0.1%)

1 ところに, ところは

▼1* [58件]

水面あらわに開い, 水面いっぱいに密集, 水面およそ半町, 水面からずつと高くつき出します, 水面そのものがひとしお, 水面だけ僅に, 水面だけがぽかっと白い, 水面だけを見て, 水面だったがそこ, 水面であるかのやう, 水面というものは, 水面ならば水掻き, 水面なるひと騒擾, 水面において他国人から, 水面における影の, 水面にまでも散りこぼれて, 水面によってさえ池の, 水面による干渉縞の, 水面のそよ, 水面また断崖絶壁の, 水面までが奧深く, 水面までの距離が, 水面までは三丈位で, 水面までをひとは, 水面ゆく櫂の, 水面よりはずっと低い, 水面よりも高いところ, 水面らしいのである, 水面をも絞りとりたがった彼, 水面上一インチくらい跳び上がった, 水面上一フィート半の高, 水面上二尺の所, 水面上数丈の空中, 水面上數尺の所, 水面下一寸位の所, 水面下三十尋あるいはそれ以上, 水面下三尺ほどの位置, 水面下三百呎のした, 水面下五十尺に及んだ, 水面下八十フィートのところ, 水面下六十尺の深, 水面下十米の位置, 水面下幾フィートもの深い, 水面二三寸のところ, 水面二十間もあった, 水面低く立ち迷つて, 水面埋立事業農村工業その他東北振興に関する諸, 水面広く河か, 水面忽ち濶け, 水面擦り飛ぶおほ, 水面明りを飛べる, 水面深く沈んで, 水面を底部, 水面航行のまま, 水面迄は思ったよりも, 水面遠き芦荻の, 水面遠く消えて, 水面高き舷門の