青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「氣持~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~気持ち 気持ち~ 気楽~ 気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持
氣持~
~水 水~ 水夫~ 水戸~ 水面~ ~氷 氷~ 永~ ~永い 永い~

「氣持~」 1778, 18ppm, 6468位

▼ 氣持~ (318, 17.9%)

25 した, して 11 する 8 惡く 7 惡い 5 あつた, しました, 動いて 4 湧いて 3 しなかつた, するの, よい, 彼には, 私の, 非常に 2 あるから, いい, したの, したので, するん, よからう, よくない, 可い, 惡いから, 起つて

1 [185件] あつて, あらはれて, ありさ, ありは, あります, あるの, あるわけ, いいから, いたしました, いたしますのよ, こつちに, しきり, したか, したつた, したらう, したらうと怪, しだした, しないでも, しない事, しない構圖, します, しますけれども, しますわ, しません, し出したの, すうすう, すが, すっかりわかりました, すると, するね, するので, するもの, するもん, するわけ, する樣, その顏容, ちつとも, つきあげて, どうあらう, どうにも解せなかつた, どこから, どんなに忌, どんなもの, なさいましたの, なさつて, のんびりし, はずかしめられたという, ひしひしと, ほのかに, ますますつのっ, みじめに, ものを, よいからと, よいの, ようなる, よくきれい, よくな, よくなかつた, よくねえ, よくわかる, よく解る, わかって, わかつて, わからないの, わからないん, わかりませんでした, わかる, わかるかといふ, わかるに, わるい, わるいん, マヒし, ロチスター氏に, 一擧手一投足にも, 一方には, 一時に, 一緒に, 三年も, 上つてしまつ, 丸切り影を, 云はずし, 今この, 伊津子に, 伴ふ, 何ともい, 何故湧き, 何時迄も, 働いて, 僕にも, 僕の, 僕を, 充ち滿, 兆すの, 先生に, 全然亡びつ, 其處に, 出て, 分ると, 別々で, 前とは, 動くとしても, 可かつ, 可から, 可哀, 君にも, 多少なりともわかる, 多少わからない, 失はれて, 好いです, 好いの, 好い怎, 好かつた, 好かつたわい, 好きな, 妙に, 少しも, 常に作品, 底に, 弛んだため, 弱くな, 強い, 強かつたの, 強く深い感情, 彼に, 彼を, 彼女から, 彼等を, 心憎さ, 思ひがけ, 思ひ出されて, 思ひ出される, 悲哀に, 惡いさ, 惡いと, 惡いのです, 惡き, 惡る, 愉快な, 手に, 据らなかつた, 有つた, 柔らいだらしく, 殘る, 消えて, 深ま, 湧き上つて來, 湧くので, 滓の, 漂つて來て, 漂つて居ります, 漸次離反, 濟ま, 甚だしく不可解, 生れて, 異樣, 疲れ果てた, 直接に, 私に, 私には, 私を, 私自身の, 純眞, 緊張し, 自分にも, 自然に, 良いから, 良かつ, 良ささ, 街の, 表面へ, 見るもの, 覺めて, 解つて急に, 解り過ぎるくら, 解る氣, 許さなかつた, 調子に, 變つて新, 輕く, 遽に, 重く屈し, 重苦しくなる, 隱れてる, 駿介に, 駿介は

▼ 氣持~ (291, 16.4%)

34 あつた 9 私は 4 書いて 3 歩いて, 過して

2 [17件] あおむけに, あつたらう, せうね, もんは, ゐたこと, ゐるの, 先生に, 出來, 日を, 毎日を, 町の, 眺めて, 眼を, 自分は, 見て, 見送つて, 駿介は

1 [204件] あへ, あらためて淺間山, いい事, いた, いつまでも, いつも見, いました, いると, いろ, いろいろな, うた, うろつき, おせい, おちかは, お由, くりひろげること, このきらびやか, このペテルブルグ, この四, この文, この本, この額, これを, さう, さういふ立場, さういふ考, さう云, さへ, さらにもう一句いくら, しばらく暮し, じつと, じつとして, すぐには, すこしばかりの, すごしたの, せう, そのやう, その姿, それに, それは, それを, そんな事, ただぼんやりし, ぢつ, ぢつと, つづけて, でこぼこ道に, ときどき厄介事, どうしたら, べらべらやりはじめた, またその, まるでそこ, やるの, よく往來, わけも, ゐたいだけ, ゐたから, ゐたが, ゐたらしい, ゐた庭師, ゐるかも, ゐるらしかつ, ゐるん, ゐるんぢ, ゐる私, アストオル吸入を, ガチヤリと, スタスタ歩い, セント, ハラハラし, 一つの, 一ぱいになつてゐた, 一日を, 一生を, 三番の, 下から, 下を, 不安の, 之を, 乘つてゐたらう, 云つた, 云ふ, 人の, 仰臥し, 何もかも名, 何度途中で, 何日かを, 働くこと, 先刻逢つて酒を, 入獄しました, 内地を, 冗談などを, 冬子が, 分りますわ, 創つたのだ, 勉強した, 午後に, 受け容れること, 口から, 古賀幸尾と, 向ふ, 圭一郎は, 塀いつ, 外へ, 太田は, 好きに, 始終何, 安並の, 寢て, 寺の前の, 將來に, 對する, 平次は, 平然とつ, 座敷に, 強い責任感, 彼の, 彼は, 彼女の, 待ち兼ねて, 待つて, 微笑し, 心の, 思つた, 急ぎ足で, 愛し得る名器, 感じたの, 應じた, 扉の, 手紙を, 抗議し, 折角企てた, 斯う, 日本に, 春の, 時を, 晝食を, 晩酌の, 書いたもの, 書かう, 書きまた, 書くつもり, 書くやう, 東京といふ, 櫂を, 歩いてるもん, 歸つて來た, 母への, 毎日學校が, 毎日村の, 求めて, 深いぐつすりとした眠り, 無くそれ, 無理に, 無言の, 父親と, 甲板の, 登れた, 盃を, 着たの, 知らん顏, 石に, 硝子戸の, 空嘯くやう, 突立つてゐた, 窓際に, 窓際の, 答へ, 考えるの, 考へて, 考へながら, 聞きながら, 胸が, 臨むところ, 自然に, 興奮し, 蒲團の, 行は, 見つつ, 見學, 見直さうと, 見送るの, 見遣りながら, 言ひ返した, 言ふ, 訊いた, 話して, 誰一人はかばかしく, 調べました, 警官と, 讀んで, 足を, 迎へて, 通つた道を, 部屋へ, 酒塲, 野に, 長々と, 長が, 隣室の, 頭を, 食事も, 食卓を, 駿介に

▼ 氣持~ (239, 13.4%)

38 なつた 21 なつて 11 なる 9 なって, なりました 8 なるの 7 なること 4 さへ, 襲はれた 3 なります 2 ならない, なりだした, なると, なるもの, なるん, なれないん, なれること, 出來, 打たれたこと, 襲はれ

1 [105件] おそわれそして, おそわれたため, おちつくため, こだはる, させたばかりか, させられた, させる, された, されて, しつくりはまるやう, して, しらずしらずな, する, そつくりである, それが, それを, たまに, ついて行かうとして, なったにも, なったの, なっちまいますもの, なつたでせう, なつたらしい, ならせて, ならなければ, なりかけた, なりながら, なりましたが, なりますよ, なりまた, なりやァ, なりペン, なり切れるわけ, なり店, なり果して, なり純, なり身心機能, なるかも, なるので, なるばかり, なるらしい樣子, なるわ, なるんぢ, なる事, なる人, なる時, なる時間, なれたに, なれない, なれないの, なれないもの, なれなかつたので, なれるお, なれるの, なれるらしいので, ひきずられて, ひきもどされて, ひたり得つる, ゆとりを, ゐた, 一眠りし, 中休みを, 乘じ, 任せる外, 似てや, 似合ひさう, 合つてゐた, 堪へなくな, 堪らなくなるなんて, 妙に, 引きずつて, 心が, 必然的に, 息づきすると, 慣れて, 成ました貴, 打たれて, 捉はれ, 捲き込まれてを, 揃ふ, 果してなれるだらう, 沈んで, 泣かねば, 浸つて, 深く立ち入り, 添へ, 無理を, 狼狽を, 當惑した, 相違は, 私が, 私は, 移りたいと, 縛られなくて, 胸を, 襲はれる, 誘はれて, 負けて, 返って, 逆らつてまで, 通つてゐた, 過ぎないものであつた, 醉ひかけ, 駿介はなつ, 驅られる

▼ 氣持~ (208, 11.7%)

4 こめて, 感じた, 抱いて, 持つて 3 もつて, 感じながら 2 人に, 味は, 味はせる, 察して, 抱きながら, 書いて, 私は, 變に, 變へる

1 [168件] あの人, あまの, あらためて深める, あれ程までに, いだいて, いやだ, おさえつけおさえつけしながら, おさへること, おさへるやう, きめること, くみ兼ねて, この舞臺, ごまかして, しながら, すつかり, そそられる手術, そつくりそのまま, そのままに, その朝, その詩人, つツ, なんとか解決, はかりかねて, ほぐすには, またグツ, また何となく, みても, みんなの, もつ事, もんは, グン, 一層不安, 一概に女, 不思議が, 二乘にも, 今も, 他に, 代表し, 依怙地に, 偏屈に, 傳へ, 出來, 分つて, 加へ, 動かすよう, 包まず語, 取なすの, 受けてか, 君に, 味はずには, 味ひたく, 味わ, 呼び起すこと, 唆る, 壞さない, 失はないで, 失はない何處, 察したらしく曉, 察しるやう, 察すること, 少しも, 少し誇張, 引き立てるやう, 引緊められる, 弛める譯, 強い太皷, 強めるが, 彼の, 彼等に, 彼自身の, 後で考へ, 忘れて, 怒らすやう, 思い出した, 思はないわけ, 思ひやる母親, 思ひ出させる, 思ふと, 惡くし, 惡くす, 惡くせず, 愉快な, 意識せず, 愛を, 感じさせた, 感じるの, 慰さめ, 慰めるため彼女, 抱いたまま, 抱いた事, 抱かしめるやう, 抱かせられたこと, 抱かなくては, 押えるので, 持たせたので, 持ち續, 持つた, 持つと, 持てあましながら, 換へに, 整理し, 斯う, 曇らせずには, 有するに, 未だ持ちつ, 柔げる, 槍玉に, 横に, 次第にうし, 歪曲させなけれ, 決して忘れる, 決して感じられない, 深めて, 測り兼ねたもの, 測り兼ねて, 焦, 爽やかに, 率直に, 現は, 疑って, 知るもの, 知る事, 確める, 示した, 素直には, 絶えず持つ, 經驗した, 經驗する, 考へ, 考へて, 考へると, 考へ半分自分, 胸に, 與へる, 色に, 荒立てるやう, 落ちつけ得ないらしかつ, 見せて, 見拔, 見探りつ, 覺えた, 覺えて, 言いますと, 言うの, 言わないで, 話す本人自身, 誘つたが, 誘つて自, 誘はれた, 誤解し, 誤魔化して, 誰かに, 誰でも, 諒として, 讀みとつ, 變え, 起させたこと, 起させた不道徳, 起させます, 起させる, 起させること, 起させるの, 込めて, 述べて, 追ひつめる, 進めた, 鎭める, 非常に

▼ 氣持~ (159, 8.9%)

125 惡い 3 いいもの, うちに, 中に, 好いもの 2 なかに, もので, 上に, 中には, 惡さうな

1 [120件] あまりに複雜, あらましを, あわただしさ, いいお湯, いいその, いいの, いい人柄, いい力, いい印象, いい叢書, いい囀り, いい地響, いい店, いい日本語, いい朝, いい毅然, いい生, いい發見, いい空氣, いい聲, いい色, いい言葉, いい記憶, いい音, いい顏付, うちには, うち乘り越し, ことなど, して, しない事, するとき, するものぢ, する刻限, ためか, ときに, ときには, なかで, なかへ, ひとり息子は, ままで, ままに, ものが, ものだつた, よいもの, よいドライヴ・ウェイ, よい人出入り, よい人達, よい匂, よい城, よい安易, よい家, よい宿屋, よい小, よい田舍道, よい處, よい親切, よい部屋, よく成る, よく描け, よさ, わからないもの, わるさ, 上からは, 上だけに, 上にも, 中にとり, 何といふ, 佳い家, 働き方, 前には, 動きについては, 原因が, 和んだ時, 唯ならず, 固く結ぼれ, 好いも, 好いサナトリウム, 好い世の中, 好い優しさ, 好い先生達, 好い方, 好い日, 好い有望, 好い薔薇色, 好さ, 嬉しい時, 安らぎを, 尾を, 底にこそ, 底の, 張りを, 惡いつたらなかつた, 惡い程, 新らしく, 方が, 方で, 方に, 樣に, 相違を, 綱が, 良いもの, 良い勇三郎, 良い武家, 良い爽やか, 良い男, 良い老人, 落着いた, 變へ, 負擔, 起るの, 起伏の, 轉換が, 通つてゐる, 重い時, 重さ, 間を, 隅から, 顛倒を, 餘裕は, 駒平は

▼ 氣持~ (140, 7.9%)

4 しなかつた 2 少しも

1 [134件] あつて, あなたには, あらはれて, あるしかし, いつに, がまん出來ない, この前の, これっ, これです, さつぱりしてゐるし, しない, しないだらうにと, しなかつたが, しなかつたの, しません, しませんね, せぬ朝晩, そこから, そのまま敏感, その姿, その日, それと, た, たしかに尊重, ちつとも, ちやうど, ぢんと, とんでしまつた, どうだった, どうにも, どうも憶え, どんなだらう, ない, ないね, なかつた, なごまなかつた, はるかに, ふと弛んだ, ふと鎭まつ, ほとんど狂氣, ますます募る, まだ生, みぢん, むしろ昔, もうほとんど失つて, もう癒つたの, もつて, もとより平次, やがて沈まつ, よいが, よくなかつた, よくわかる, よく分る, よく判つた, よく解ります, よく讀め, よけい窮地, わからないと, わかりません, ハッキリきまつ, ピアノの, リーザが, 一種拔き, 丁度この, 主に, 今とは, 今思ひ出し, 何とも云, 何とも言, 何よりも, 何んとも, 何年經つても, 僕としては, 僕には, 充分に, 分らなくは, 分るし, 別に, 力強く實行, 十分に, 右の, 夜が, 實に, 實は, 幾度も, 廣太郎にと, 強まりたうとう, 彼女の, 必ずあります, 悲痛で, 惡い, 愉快に, 救はれる, 暗くなる, 更にその, 更に湧い, 最近文藝都市に, 果してどんな, 枯渇し, 横川を, 次第に物狂, 水の, 無かつ, 狹くう, 現在の, 現實, 理由も, 當時彼を, 眞劍で, 知つてゐる, 神樣が, 私には, 私にはど, 私にも, 突然消え, 絶えず一つ, 自分にも, 與へ, 荒々しかつ, 複雜で, 要するに日本文化, 言い現, 言葉には, 話を, 誰にも, 起きませんでした, 起らなかつた, 重くなつた, 鎭まつ, 隨分慘めな, 離れ離れに, 馬虻の, 駿介としても, 駿介に

▼ 氣持にな~ (64, 3.6%)

14 つてゐた 3 つて, ツて 2 つた私は, つて來た, つて自分の

1 [38件] つたのは, つていつも, つていま受精を, つてからからと, つてぐたりと坐る, つてさ, つてしまつ, つてしまつてゐた, つてぬくぬく, つてまた, つてゐ, つて一人で, つて一杯に, つて一氣に, つて云つた, つて來て, つて來ました, つて來る, つて別に, つて向側の, つて家には, つて少し, つて少年たちが, つて居りました, つて心の, つて忠告し, つて急い, つて暗がりに, つて枕許に, つて歸つて來て, つて私は, つて舞踏の, つて蠅の, つて行つた, つて起ちあがらう, つて身を, つて電車で, つて電車を

▼ 氣持~ (47, 2.6%)

3 あつた, した, する

1 [38件] あつて酒, あるには, あるよう, いくらかあつ, おのづか, される廣大, すつかり, そこから, つよくな, ないらし, なしに, ひどく疲れ, また忘れ, フツ飛ん, 一そう痛切だつた, 一時に, 上吊, 僕には, 安らかよ, 少しは, 少しばかり, 彼女と, 感じて, 救はれ, 明るくな, 樂で, 正直に, 此伊豆の, 生まれて, 直つたらうそん, 知つてか, 知つてゐる, 知らないで, 考へずに, 落着く, 運動を, 雨の, 駿介には

▼ 氣持よく~ (31, 1.7%)

1 [31件] さくりと, なかつた, やつて, 一ぱいにあらはしてゐた, 丘を, 仕事が, 入りたい者, 出來, 吸ひ込まれ, 圓い, 坐つて, 如何にも大きな, 客を, 彼の, 手足を, 拔ける, 撫でて, 明るい, 晴れた五月, 晴れて, 暖かに, 武藏野に, 澄んだ空, 答案が, 自分の, 落下します, 見える, 輝いて, 迎へられ, 醉ひました, 醉ひます

▼ 氣持から~ (17, 1.0%)

2 では

1 [15件] された, その仕事, たちまち嚴肅, だつたの, ユーモリストを, 一番柴岡に, 俺に, 出て, 合は, 彈正の, 無意味な, 百穗氏の, 見るならば, 言へ, 頭を

▼ 氣持~ (16, 0.9%)

3 つたのです 2

1 [11件] からこの, からしかた, こと, つけな, つたと, つたのかも, つたのだ, と書い, な, なあれ, もんだ

▼ 氣持には~ (16, 0.9%)

2 なれない, なれなかつた, もつと 1 それが, なれないで, なれません, なれるが, 僕は, 切實な, 少しも, 私は, 純粹, 誰だって

▼ 氣持~ (15, 0.8%)

1 [15件] いったらこれ, いま一つは, この二つ, ちよつと, なり日野驛, なり次, なる, めつたに, 云つてよ, 姿勢で, 恩惠の, 永遠の, 理窟なし, 笑つてのけ, 縁の

▼ 氣持では~ (14, 0.8%)

4 ない 1 あつて, ありません, とてもそんな, なかつた, なかつたが, なかつたの, なくて, 反抗も, 居られなかつたの, 渡つて行かれないらしい

▼ 氣持でも~ (14, 0.8%)

5 あつた 1 ありません, ありませんの, ある, あるん, なければ, わるくさせ, 惡かつ, 無いが, 結構である

▼ 氣持にも~ (14, 0.8%)

2 なつた

1 [12件] かかわらず彼, させられた, なつて, なるだらうよ, なるだらう無理, なれなかつたが, なれなかつたけれども, 充分の, 固苦しいもの, 添ふ, 疑問が, 解らないところ

▼ 氣持~ (13, 0.7%)

5 んです 1 の, のだ, のである, のです, の死人, ものである, もんです, んだ

▼ 氣持がよ~ (11, 0.6%)

9 かつた 1 かつたくら, かつたし

▼ 氣持~ (9, 0.5%)

1 かうして, 其時の, 場面を, 境遇の, 心理など, 感想などの, 態度は, 懷疑心や, 男の

▼ 氣持だつた~ (7, 0.4%)

1 がをかしい, が充分酒, が剃刀, けれど人, し四十, んで, んです

▼ 氣持~ (7, 0.4%)

1 くおさせ申すつてこと, くぐぢよ, くふら, くよどん, くムッ, く濡れ, く肌

▼ 氣持よい~ (6, 0.3%)

1 のであろう, のでかうし, のを, 廣い, 影が, 進歩の

▼ 氣持~ (5, 0.3%)

3 やない 1 やありません, やなく

▼ 氣持からは~ (4, 0.2%)

2 あまりに懸け離れ 1 今では, 十七八の

▼ 氣持~ (4, 0.2%)

1 へする, へ感じ, へ時時, へ覺

▼ 氣持だけは~ (4, 0.2%)

1 ありやつ, チャンと, 尾を, 深入りし

▼ 氣持でした~ (4, 0.2%)

1 がさすが, がとも角, の, のだらう

▼ 氣持といふ~ (4, 0.2%)

2 ものを 1 ものが, ものは

▼ 氣持とは~ (4, 0.2%)

1 いへ, ちが, まるで違, 似ても

▼ 氣持いや~ (3, 0.2%)

3 それよりも

▼ 氣持です~ (3, 0.2%)

1 からね, が臍, ねつまり

▼ 氣持好く~ (3, 0.2%)

1 其の臣下, 吹いて, 感じられた

▼ 氣持からか~ (2, 0.1%)

1 わからんけれど, 五人とも

▼ 氣持それ~ (2, 0.1%)

1 はどつち, を誰

▼ 氣持だけを~ (2, 0.1%)

1 お詠み, 傳へれ

▼ 氣持ちの間~ (2, 0.1%)

2 に刻々

▼ 氣持である~ (2, 0.1%)

1 たとへば死んだ, わけで

▼ 氣持など~ (2, 0.1%)

1 おきませんでした, 少しも

▼ 氣持なりさり~ (2, 0.1%)

2 ながら事ごと

▼ 氣持なんぞは~ (2, 0.1%)

2 まるで一度

▼ 氣持にて~ (2, 0.1%)

1 傲然として, 其日々

▼ 氣持まで~ (2, 0.1%)

1 して, 加つていまだに

▼ 氣持~ (2, 0.1%)

1 かつた, ささうに

▼ 氣持わるく~ (2, 0.1%)

1 汗ばんで, 頬に

▼ 氣持~ (2, 0.1%)

1 で別段後, はみんな

▼1* [58件]

氣持ありますかしら, 氣持あるひは, 氣持かといふと, 氣持からだけ來て, 氣持からのことだ, 氣持からもお手本に, 氣持がちがつて, 氣持がなほりませんでしたから, 氣持がねぢれた, 氣持がまゐつて, 氣持これが取り, 氣持さうだつた, 氣持さうなのは, 氣持さながらであ, 氣持しかなかつたの, 氣持すら湧いて, 氣持そこにはハチ, 氣持そして頂上めがけ, 氣持あよく, 氣持だけですよ, 氣持だけでもさういふものさ, 氣持だったのだ, 氣持だつたら出來ツこない, 氣持でかう繰り返しながら, 氣持でして, 氣持でしょうな, 氣持でじつと凝視め, 氣持ですつかり其處の, 氣持でなければ口, 氣持での見學, 氣持で無い爲め三田は, 氣持といふだけのもので, 氣持とが私を, 氣持としてですな, 氣持としてはさう, 氣持とに囚はれ, 氣持なきを得ずし, 氣持なしでは, 氣持などはむろんはじめ, 氣持などを其方のけ, 氣持なんかはその人々, 氣持なんてないん, 氣持にもなつて見, 氣持のせゐでせう, 氣持のよかつた, 氣持はかなぐり棄てて, 氣持はちよつと何, 氣持ばかしさきに, 氣持ばかりして, 氣持ひとつでお前, 氣持よがつた, 氣持よき聲也, 氣持常に戰場に, 氣持惡さうにして, 氣持惡しきや, 氣持氣分に過ぎぬ, 氣持無しに手紙, 氣持來謙虚な