青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「珍しく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

玉子~ ~王 王~ 王子~ 王様~ 玩具~ ~珍 珍~ ~珍しい 珍しい~
珍しく~
珠~ 現~ 現に~ ~現れ 現れ~ ~現れた 現れた~ ~現れる ~現われ 現われ~

「珍しく~」 1253, 14ppm, 8187位

▼ 珍しく~ (166, 13.2%)

6 ないこと 5 なんともない 4 ないが, なくな, 何ともない 3 ない, なかった 2 ないの, ないので, ないよう, ない事, なく例年, なさそう, 何とも, 双方に, 弓を, 無いで

1 [117件] あなたからの, あの柔順, あらぬ奥州弁, ありませんが, あり不思議, あり知りたくも, うれしくも, おかしくも, この時, ございませんが, そうで, その折入口, ないから, ないがんりき, ないここ, ないじゃ, ないたか, ないたこ梅, ないただ, ないだろうよ, ないでしょうが, ないと, ないという, ないというくらい, ないといった, ないところ, ないはず, ないばり, ないま, ないらしい, ない万年ペン, ない事件, ない京子, ない亭主, ない仏頂面, ない信仰, ない兵部, ない唄, ない技巧, ない物, ない猿, ない石碑, ない蝮屋, ない裏宿七兵衛, ない話, ない近頃, ない鄙びた, ない鳳仙花, なからう, なかろうが, なくなった, なくなったほど, なくなった癖, なくなって, なく並ん, なく見られた, なければ, なささうに, なんともなかっ, ねいや, ねえや, ねえ酔どれ, ねえ銀, またおかしい, また不思議, また人, よく約束, ルーサン家の, ローマ旧教の, 一匹の, 一方の, 三造の, 不思議でも, 九十九歳の, 今度に, 仮名交り, 何ともなくなっ, 前夜来電信電話が, 前栽に, 動いて, 匂やかな, 外へ, 大勢の, 大通りに, 小鴨を, 平次は, 後日娘義太夫に, 思われなかった, 思想体系を, 思慮経験も, 手ずからお茶, 日本の, 昼湯へ, 書斎で, 気の, 沁, 無い, 無いが, 無いといふ, 男女平等主義の, 畳から, 神尾の, 私の, 私服を, 窓に, 紅一点の, 自分に, 色っぽいところ, 蒲の, 藪鶯の, 蚕を, 裾は, 西の, 近来に, 這入つて, 遠くの, 青空が

▼ 珍しくない~ (111, 8.9%)

4 のです, 事で 3 のである 2 かも知れぬ, がその, がそれ, ことだ, そうである, ということ, のであります, のみならず, もので, ようで

1 [80件] からシナ, から他, がかよう, がここ, がこの, がこれ, がしかし, がずいぶん, がそんな, がただ, がガラス湯, が夫, が明治十四年ごろ, が芸者, ことが, ことでありました, ことです, ことの, ことを, この山頂, し静岡, せいかとも, そうだ, そうです, それであった, という, というキャプテン, という話, ところから, としてその, とはいい, と主人側, と云う, と云え, と私, と見え, と言う, どころか事実, な, のか, のが, のだ, のでありまし, のでそこで, ので昨夜, ので活殺, のは, むしろすでに伝統的, ものは, ようだ, ようである, ようです, ような, ように, んです, コスモスは, 世に, 世の中が, 世の中に, 世界的現象の, 事と, 仕事の, 埃風の, 天鼓の, 妻君は, 存在である, 或いは寧ろ最も, 批判力の, 日々草などが, 普通の, 様だ, 樹氷の, 皮肉な, 筈は, 経験である, 近所の, 過渡人であった, 道, 音であった, 顔つきを

▼ 珍しく~ (81, 6.5%)

22 ない 14 なかった 12 ないの 10 ないが 4 ありません 2 ないであろう, ないと

1 [15件] ありませんが, ありませんな, ありませんよ, あるまい, あるまいと, ないから, ないで, ないので, なかったらしい, なかつたが, なかつた或, なくな, なさそう, 候はずや, 無い芸

▼ 珍しく~ (26, 2.1%)

1 [26件] いろいろに, うれしいであろう, うれしくて, この歌, しかたが, そしていかにも, そして如何にも, それを, たまらなくなっ, よく聴こう, 一ツの, 一皿食べたら, 丁寧に, 又酔漢, 可愛いと, 嬉しい, 嬉しくて, 暫く眺め, 曲った幹, 目が, 私の, 美味い, 落付かぬ, 調子が, 音楽の, 飽きるという

▼ 珍しく~ (18, 1.4%)

2 思いに, 絹が

1 [14件] ありに, かわいく思う, はま満, 小遣は, 師匠さんも, 急きですね, 早いお, 早いのね, 砂糖の, 立派な, 聞きに, 行会い申しました, 見えに, 酒を

▼ 珍しくなく~ (13, 1.0%)

3 なつた 2 なつて, 普通の 1 とも次, もっと大きい, 一郎も, 例の, 時には二つ, 月々に

▼ 珍しくこの~ (11, 0.9%)

1 [11件] プログラムが, 下席, 体に, 場では, 年は, 画家は, 稚児桜の, 行燈へ, 言葉が, 青い土, 養生所の

▼ 珍しくなかった~ (11, 0.9%)

1 [11件] がことに, がこの, がこんど, がその, が均平, しそれ, し愛する, という, というかぴたん, のだ, 彼女の

▼ 珍しく不思議~ (5, 0.4%)

1 である, なもの, になっ, に思われた, に感ぜられた

▼ 珍しく~ (5, 0.4%)

1 からホテル, から午後, から晩, 早くからどっか, 早くから川

▼ 珍しく~ (5, 0.4%)

1 の思ひ, の部屋, はその, は幼年時代, も外出

▼ 珍しく響い~ (5, 0.4%)

3 て来た 2 て來

▼ 珍しく~ (5, 0.4%)

1 のない, のない好い, の落ちた, もない, もなく

▼ 珍しくまた~ (4, 0.3%)

1 うまいもの, どうしてそういう, 嬉しい気持, 新しく古い日本語

▼ 珍しくよく~ (4, 0.3%)

1 晴れて, 物価が, 眠らず疲れ, 足を

▼ 珍しく元気~ (4, 0.3%)

1 がよく, だったそう, な声, のいい

▼ 珍しく嬉しく~ (4, 0.3%)

1 そのうれしい, ないもの, 思った, 素敵な

▼ 珍しく思った~ (4, 0.3%)

2 のは 1 ことであった, だけだ

▼ 珍しく新しい~ (4, 0.3%)

1 もので, 事には, 国を, 物に

▼ 珍しく~ (4, 0.3%)

1 がきい, のきいた, の付いた, 弱い口調

▼ 珍しく~ (4, 0.3%)

1 が来た, の心, はひとり, は夢

▼ 珍しく美しい~ (4, 0.3%)

1 が当, 人であった, 少皇女, 物語が

▼ 珍しくいい~ (3, 0.2%)

1 匂いでしょう, 気持ちだった, 色に

▼ 珍しくおもしろく~ (3, 0.2%)

1 思われた, 思われました, 感ぜられた

▼ 珍しくその~ (3, 0.2%)

1 ま, 当日でありました, 月が

▼ 珍しくねえ~ (3, 0.2%)

1 ととつおいつ, と思った, んだ

▼ 珍しくのんびり~ (3, 0.2%)

2 して 1 した心持

▼ 珍しく今日~ (3, 0.2%)

1 こそと意気, はその, は晴れ

▼ 珍しく~ (3, 0.2%)

1 が居ります, の端々, もすっかり

▼ 珍しく大きな~ (3, 0.2%)

1 へやにも, 狸の, 軽焼を

▼ 珍しく~ (3, 0.2%)

2 にいた 1 にいます

▼ 珍しく思っ~ (3, 0.2%)

1 て, て見物, て金

▼ 珍しく愉快~ (3, 0.2%)

1 であった, でした, に喋った

▼ 珍しく感じた~ (3, 0.2%)

1 からここ, ことは, ことを

▼ 珍しく散歩~ (3, 0.2%)

1 して, し夕飯, に出掛けた

▼ 珍しく眺め~ (3, 0.2%)

1 てゐた, て停留場, て感嘆

▼ 珍しく~ (3, 0.2%)

1 の気, も左, を飲ん

▼ 珍しく~ (3, 0.2%)

2 の深い 1 を噴いた

▼ 珍しく静か~ (3, 0.2%)

1 な心持, な海, な階下

▼ 珍しくうれしい~ (2, 0.2%)

1 ほどの活動, ものだった

▼ 珍しくかつ~ (2, 0.2%)

1 大人くさい, 庚申様の

▼ 珍しくこれ~ (2, 0.2%)

2 を書い

▼ 珍しくこんな~ (2, 0.2%)

1 奥山に, 意見を

▼ 珍しくすこし~ (2, 0.2%)

1 余白を, 風邪気味で

▼ 珍しくそこ~ (2, 0.2%)

1 が所謂, に坐っ

▼ 珍しくそれ~ (2, 0.2%)

1 について皮肉, にはそれ

▼ 珍しくどこ~ (2, 0.2%)

1 かへ出かけ, へも出ない

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 さ過ぎる, つて多くは

▼ 珍しくなかつた~ (2, 0.2%)

1 日にや, 頃の

▼ 珍しくなくなる~ (2, 0.2%)

1 ことでしょう, 程事業は

▼ 珍しくなけれ~ (2, 0.2%)

1 ども九州旅行中, ばちつ

▼ 珍しくなつかしく~ (2, 0.2%)

1 て遠慮, も思われた

▼ 珍しくにぎやか~ (2, 0.2%)

1 だった, な食卓

▼ 珍しくはっきり~ (2, 0.2%)

1 した言い方, 見え千曲川

▼ 珍しくぽかぽか~ (2, 0.2%)

1 と春めいた, と暖い

▼ 珍しくよい~ (2, 0.2%)

1 天気, 天気の

▼ 珍しく一人~ (2, 0.2%)

1 で机, で銀座

▼ 珍しく一滴~ (2, 0.2%)

1 も飮, も飲まぬ

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 の峠口, の方

▼ 珍しく上機嫌~ (2, 0.2%)

2 だった

▼ 珍しく二泊~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

2 のどこ

▼ 珍しく今年~ (2, 0.2%)

1 は低い, は東大路さん

▼ 珍しく内気~ (2, 0.2%)

1 でどちら, で引っ込み思案

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 危険と, 茫漠と

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 がすく, を切つて

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 がある, のいい

▼ 珍しく外務省~ (2, 0.2%)

2 の係り

▼ 珍しく多数~ (2, 0.2%)

1 の冬, の警察官

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 の十二時, はジャガイモ

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 一座と, 三元を

▼ 珍しく大きい~ (2, 0.2%)

1 桂の, 目が

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 のない, もなかつた

▼ 珍しく少し~ (2, 0.2%)

1 怖しく, 興奮されたらしい

▼ 珍しく幸福~ (2, 0.2%)

2 な人

▼ 珍しく徳山~ (2, 0.2%)

1 がニューグランド, の奢り

▼ 珍しく思われ~ (2, 0.2%)

1 ていた, なつかしい絃声

▼ 珍しく懐しく~ (2, 0.2%)

1 てサヨ, 映つたの

▼ 珍しく新鮮~ (2, 0.2%)

1 な心持, な魅力

▼ 珍しく日本酒~ (2, 0.2%)

1 が出, をのむ

▼ 珍しく明るい~ (2, 0.2%)

1 声であった, 性質で

▼ 珍しく書物~ (2, 0.2%)

1 に親しん, を読む

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 て, て隆ちゃん

▼ 珍しく東京~ (2, 0.2%)

1 に出, へ出た

▼ 珍しく機嫌~ (2, 0.2%)

1 のいいやさしい, よく身体

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 あり, ひ辛い

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 ういふ会, の旅館

▼ 珍しく殊に~ (2, 0.2%)

1 ショーウインドウには, 女学生で

▼ 珍しく白い~ (2, 0.2%)

1 スーツに, テーブルクロースに

▼ 珍しく神尾~ (2, 0.2%)

1 が勝, が自分

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 の晴れた, 晴れて

▼ 珍しく緊張~ (2, 0.2%)

1 したけい古, して

▼ 珍しく聞く~ (2, 0.2%)

2 のでした

▼ 珍しく自分~ (2, 0.2%)

1 で仕事場, の方

▼ 珍しく茘枝~ (2, 0.2%)

2 の蔓

▼ 珍しく見えた~ (2, 0.2%)

1 ことだろう, までである

▼ 珍しく見送り~ (2, 0.2%)

1 の人影, の人影さ

▼ 珍しく訪ね~ (2, 0.2%)

1 て來, て来ました

▼ 珍しく赤く~ (2, 0.2%)

1 て, 染めた竹の子

▼ 珍しく軽く~ (2, 0.2%)

1 なつて, 笑いながら

▼ 珍しく重治さん~ (2, 0.2%)

1 が卯女ちゃん, が来

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 がきらきら, が輝き

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 が降っ, の降つた

▼ 珍しく~ (2, 0.2%)

1 が禿げ, の痛み

▼1* [574件]

珍しくあけっ放しな, 珍しくあっさりした魚, 珍しくあつい以外には, 珍しくあの子の, 珍しくありませぬが九大側, 珍しくありませんがその, 珍しくある興味を, 珍しくらしっ, 珍しくいうには足らない, 珍しくいきいきと目と心, 珍しくいささか怒気を, 珍しくいただけましたお礼に, 珍しくいつか十一二の頃, 珍しくいろんな情実関係から, 珍しくうららかに浅, 珍しくうれしそうに, 珍しくうれしくお思い, 珍しくうろたえながらやや, 珍しくえらい男です, 珍しくおかあさま, 珍しくおきた気配が, 珍しくおしゃべり屋がもの, 珍しくおそかったのね, 珍しくおだやかであった, 珍しくおちついている, 珍しくおもしろい中でも著しく, 珍しくおもしろかったので, 珍しくおわんだのお, 珍しくお忍び歩きをなさいました, 珍しくかき直したりほ, 珍しくかすかな笑顔, 珍しくかわいらしい花が, 珍しくききながらいい, 珍しくきょうは, 珍しくけさついて, 珍しくここでは伴蔵, 珍しくこっちの食卓, 珍しくことに美しく感じました, 珍しく機嫌で, 珍しくやいだ気持, 珍しくさえお思い, 珍しくしこたま日本料理を, 珍しくしみじみと言った, 珍しくしんとして表, 珍しくしんみりと話し, 珍しくじっとして, 珍しくすがすがしい涼風が, 珍しくすっかり入って, 珍しくそう寒くない, 珍しくそうしたことを, 珍しくそれで又亢奮, 珍しくそろった朋輩の, 珍しくそんな景色を, 珍しくたいそうな御, 珍しくたった一人で, 珍しくたっぷりです, 珍しくたつたひとつ条件を, 珍しくたのしいよ, 珍しくんだら, 珍しくだんな上きげん, 珍しくちっとも笑わずに, 珍しくちらちら粉雪が, 珍しくつて嬉しくつて, 珍しくつよいアクセントの, 珍しくとっておき, 珍しくとも美味くなけれ, 珍しくどんな町内の, 珍しくないであろうが当時, 珍しくないらしいや, 珍しくなくってそして, 珍しくなくなったんです, 珍しくなくなれば有難く, 珍しくなって居る, 珍しくなつかしかつた, 珍しくなつかしいものに, 珍しくなにかお祭り, 珍しくなんの用, 珍しくにこにこして, 珍しくにこにこ顔を見せ, 珍しくまきを, 珍しくのびのび昔の, 珍しくはきはきできるし, 珍しくはなやかで大家, 珍しくげを, 珍しくひどく差し迫った顔, 珍しくひろ子をだい, 珍しくッきら, 珍しくほてって臆病, 珍しくほとんど泣き出しそう, 珍しくほんとに何年ぶりかに, 珍しくまだ平円盤, 珍しくまとまったい, 珍しくまばゆい物と, 珍しくむず痒い快感によって, 珍しくむっつり右門が, 珍しくものを言いだした, 珍しくよう寝たはる, 珍しくよほどの苦心の, 珍しくりっぱな珍しく, 珍しくわたくしは東京, 珍しくカンカンにかかっ, 珍しくキャゼリン・ジャルディン嬢が訪ね, 珍しくクープリンが何, 珍しくコートなしという, 珍しくシーズン外にベートーヴェン, 珍しくセルブ語の早口, 珍しくツンとした, 珍しくハイカラな洋館, 珍しくハカマをはい, 珍しくハンカチーフで顔, 珍しくバラが二本, 珍しくパアマネントをかけ, 珍しくフロックコートをお, 珍しくブラジルの天地, 珍しくムキになっていた, 珍しくラジオも停止, 珍しくルパンへ寄る, 珍しくロースすきやきがあって, 珍しくワッと褒め, 珍しく一九は早起き, 珍しく一切木造で出来, 珍しく一合付けさして, 珍しく一家揃って, 珍しく一杯呑んで, 珍しく一節切の竹, 珍しく一緒に関西, 珍しく一週間ほど東京, 珍しく丁寧に頼んだ, 珍しく万端すんで, 珍しく三十一日までおめにかかれます, 珍しく三夫婦そろいました, 珍しく三年前通ったハルビン, 珍しく三度同じ言葉, 珍しく上乗で伐木, 珍しく上京して, 珍しく上天気だった, 珍しく上野の図書館, 珍しく愛想で, 珍しく不機嫌に答えた, 珍しく不精鬚を延ばし, 珍しく両刀を帯びた, 珍しく両親がテーブル, 珍しく中断して, 珍しく主人の神尾, 珍しく主客が変わっ, 珍しく乗馬服に身, 珍しく九時頃から床, 珍しく九月初めから一週間, 珍しく九段の大村さん, 珍しく二人で実に, 珍しく二十日のうち, 珍しく二度も續, 珍しく二枚つづきの, 珍しく二階にしつらえられた, 珍しく二階建ての映画館, 珍しく京野さんのこと, 珍しく人形芝居がかかつ, 珍しく人物ができ, 珍しく人目を惹く, 珍しく人間味のある, 珍しく今度ばかりはすこぶる, 珍しく仕事が多, 珍しくを顧み, 珍しく仲よく遊んで, 珍しく伝六がいたっ, 珍しく伝法な調子, 珍しく伝統的な原始生活, 珍しく伸び伸びとした, 珍しく伸子たちの室, 珍しく何処かへ出, 珍しく作者の名, 珍しくが友人, 珍しく俥夫がすぐ, 珍しく倉地が尋ね, 珍しく倒れないでちゃんと, 珍しく偉大な足, 珍しくは海辺, 珍しく元禄袖の飛絣, 珍しくにちょっと, 珍しくつて来, 珍しく入荷して, 珍しく全体に淡い, 珍しく八時すこし過, 珍しく八時すぎまでしずか, 珍しく其産地を聞き質した, 珍しく内蔵助が呼ぶ, 珍しく冗談を言っ, 珍しく冴えた気の, 珍しく凪いでゐた, 珍しく出かけて來, 珍しく出た日の, 珍しく出勤したが, 珍しく出来のいい, 珍しく出来るかも知れません, 珍しく刑事部長御自身出馬, 珍しく制服を着, 珍しく前後不覚の酔, 珍しくが入っ, 珍しく力強い充実感を, 珍しく動的である, 珍しくのいい, 珍しく勘次の早起き, 珍しくの風, 珍しく北国そだちの, 珍しく十二時近くまでスワン, 珍しく千蛾老人もいでや, 珍しく千鶴子が憂いげ, 珍しく午後遅くまで, 珍しく午後なかと少し, 珍しく卑怯と懸念, 珍しくい材料, 珍しく博学だが, 珍しく友人と激論, 珍しく取り片づいた部屋の, 珍しく受け身になっ, 珍しく古風な書体, 珍しく周囲の古ぼけた, 珍しくをわななかせ, 珍しくすべし, 珍しく四ペエジだった, 珍しく四囲は明るい, 珍しく四角ばった言葉になり, 珍しく土砂降りの雨, 珍しく地形に恵まれ, 珍しく坂本氏が十数点, 珍しく堅い男で, 珍しく堆たかい雪だ, 珍しく場内が輝き渡っ, 珍しくをかけた, 珍しく変ってしまっ, 珍しく変てこな夢, 珍しく夕飯をたべ, 珍しく夕飯御馳走になっ, 珍しく外出すると, 珍しく外国の文献, 珍しく夜食をたべた, 珍しく夢中になっ, 珍しく大入道やら五分刈, 珍しく大口でいま, 珍しく大胆でありその, 珍しく大量に飲み, 珍しく天鵞絨の短, 珍しく夫人自身が階段, 珍しく奇妙であった, 珍しく奢って呉れた, 珍しく女房と二人きり, 珍しく姿を見せなかった, 珍しく子供たちのいない, 珍しく孟孫がたずね, 珍しく学校へ出, 珍しくの食卓, 珍しく宗三郎は正宗, 珍しく時間が, 珍しくのある, 珍しくの内, 珍しく家じゅうの顔, 珍しく宿着を抜き, 珍しく将来の生き方, 珍しく小さいストーヴの, 珍しく小松宮別邸の下, 珍しく屋根に瓦, 珍しくから下っ, 珍しく岳陵の画風, 珍しく川口さん夫妻が小さい, 珍しくがゆ, 珍しく帰って来た, 珍しく平次に呼び留められ, 珍しく幸運であって, 珍しく干か, 珍しく海屋主人からの, 珍しく広い舞台を, 珍しく座談会に加わっ, 珍しくの木立, 珍しく庭苑花木に関する記事, 珍しく延若一座として初めて, 珍しく弥生をほほえませた, 珍しく弱音を吐かれた, 珍しく強気に要求的, 珍しく当時の船室, 珍しく当時入手したの, 珍しくは夜, 珍しく後宮を出, 珍しく従ってその上, 珍しく熱心だ, 珍しく御所へお, 珍しくに入り, 珍しくも身, 珍しく心持ちのいい, 珍しく忠実な良人, 珍しく快晴で令子, 珍しく思いながら進み行く, 珍しく思いましたがじき, 珍しく思い切った試みを, 珍しく思い土産に持ち帰った, 珍しく思つたから笠, 珍しく思われたのであった, 珍しく思われますが聴け, 珍しく思召して, 珍しく恭一のあと, 珍しく悲痛な調子, 珍しく意志の強固, 珍しく感じてその, 珍しく感じられるのは, 珍しく感ずるところを, 珍しく感情のこもった, 珍しく憎らしく快晴に, 珍しく戸塚へゆきました, 珍しく戸棚の前, 珍しくに入れた, 珍しく承った芽ばえの, 珍しく押えつけられていた, 珍しく押韻の歌, 珍しく按摩の笛, 珍しく振り返るほどだ, 珍しく揃つて出て, 珍しく改まった調子です, 珍しく文展見物をしました, 珍しく新しき心地する, 珍しく新しく感じられたせい, 珍しく旅行案内を持っ, 珍しくを以て年, 珍しく日本晴のお, 珍しく日本画が売れ, 珍しく日本的なもの, 珍しく日本食する, 珍しく旧友の遠山三郎, 珍しく早くつきました, 珍しく早めにかえって, 珍しく早朝からどこ, 珍しく明くる日上本町へ出かけ, 珍しく明りが漏れ, 珍しく明子の提議, 珍しく明瞭に春, 珍しく映つた頃の, 珍しく昨夜は林町, 珍しく昼寝をする, 珍しく昼間から出, 珍しくによっては経済上, 珍しく時代物だった, 珍しく晴れあがつた空, 珍しく晴ればれした太陽が, 珍しく晴れやかな日の出, 珍しく晴れ渡りたる空の, 珍しく晴渡った日の, 珍しく暑い日で, 珍しくで冬至, 珍しく暖かい日の, 珍しくやかな, 珍しく曇っていた, 珍しく更紗のスカート, 珍しくを読む, 珍しくが出, 珍しく朝凪ぎして, 珍しく朝鳥の鳴く, 珍しく木彫のよう, 珍しく本気で協力, 珍しく本田のお祖母さん, 珍しくに對つて, 珍しく来たひとな, 珍しくに手, 珍しく枕許についてゐ, 珍しく柔軟な程よい, 珍しく桃割れに結っ, 珍しくを得, 珍しくの茂つた村, 珍しく歌舞伎座を観た, 珍しく正座した左膳, 珍しく残忍な殺人, 珍しく毎日に必要, 珍しく毛深かかったの, 珍しく気まぐれを云, 珍しく気分がよい, 珍しく気前の良い, 珍しく気嫌が悪く, 珍しく気持のよい, 珍しくに潜り, 珍しく水平線迄が澄みきっ, 珍しく永い湯の, 珍しく永く続いたもん, 珍しくをかかない, 珍しく汚いのです, 珍しく江戸大坂に若干, 珍しく決断のこもった, 珍しく決然たる態度, 珍しくを売り, 珍しく油繪の口繪, 珍しく高し, 珍しく泣きましたって, 珍しく泥酔せず新井白石, 珍しく泰平を味わった, 珍しく洋装でビロード, 珍しく浮かれて立っ, 珍しく消沈して, 珍しく涼しくて混んだ, 珍しく飲みしたもの, 珍しく深川の本宅, 珍しく清水があった, 珍しく清潔法が行, 珍しく満員だったさうな, 珍しく滝沢の名, 珍しく澄んで晴れ, 珍しく無いといい, 珍しく無事に過し得た, 珍しく無口で理屈, 珍しく熟睡したと, 珍しく熱心に気, 珍しくのシッポ, 珍しく特に江戸時代の, 珍しく特異なもの, 珍しく犯人が犯人, 珍しく珍重するに, 珍しく理解を言っ, 珍しく生き生きした声, 珍しく生一本な政治家, 珍しく用心深く携へて, 珍しくの組, 珍しく男たちの弾み, 珍しく男乞食の手, 珍しく異様にそう, 珍しくの上, 珍しく病室にも顔, 珍しく病的に利巧, 珍しく皇帝がパリー, 珍しく目新しい一大発見として, 珍しく相当学問も, 珍しく眞面目に腹, 珍しく気に, 珍しく眺めるのです, 珍しく眺め直すこころもちには, 珍しく眼前の事実, 珍しく着流しに草履, 珍しくの焦点, 珍しく石原さんに会う, 珍しく祖父の居間, 珍しく神妙にめった, 珍しく禁酒中でどうせ, 珍しく空気の澄んだ, 珍しく窓掛絨氈ピアノ油絵などで甚, 珍しく立っている, 珍しくの皮包み, 珍しく笑って, 珍しく紅茶とパン, 珍しく納豆賣りが, 珍しくなところ, 珍しくの冠, 珍しく紙芝居のおじいさん, 珍しく素子も一緒, 珍しく素面で白梅, 珍しく結構な物, 珍しくった顔立, 珍しく緊つた顏立で恐らく, 珍しく緊つた顔立で恐らく, 珍しく緑色のお, 珍しく縫いものもすき, 珍しく美しきものは, 珍しく美しくみえた, 珍しく美しく高く光る小さな, 珍しく羨ましくなったもの, 珍しく聡明な態度, 珍しく職務といふこと, 珍しく肉親のこと, 珍しく胃ケイレンにて朝, 珍しく脹らんだ財布を, 珍しくをおろした, 珍しく發的に, 珍しく自省的な気分, 珍しく興味をひく, 珍しく興奮した, 珍しくの青い, 珍しく色彩の明るい, 珍しくのい, 珍しく芝居につき, 珍しく芸者家ではない, 珍しく苦々しげに, 珍しく苦々しかった, 珍しく苦労を重ね, 珍しく苦難な脱出, 珍しく菓子折を提げ, 珍しく華麗なもの, 珍しく葉巻なぞというもの, 珍しく蕪村の独創, 珍しく蕪村以外に全く, 珍しく薄く化粧し, 珍しく虹ヶ浜へ一緒, 珍しくが腰, 珍しく行儀のこと, 珍しく装ったところの, 珍しくの山, 珍しく複雑な鳥獣予防, 珍しくに顎, 珍しく見えて飽く, 珍しく見えるのでしょう, 珍しく見つかったことが, 珍しく見つけたマロニエの, 珍しく見るような, 珍しく見事な物, 珍しく見物に来た, 珍しく見知らぬ外国を, 珍しく見立てて買っ, 珍しく見覚えのある, 珍しく覚え申候, 珍しく親分の平次, 珍しく親子三人で出かけ, 珍しくふ程, 珍しく評判をした, 珍しく詩話があっ, 珍しく話すのも, 珍しく読み直す機会に, 珍しく読んでみる, 珍しく謂わば時勢, 珍しく豊年の秋, 珍しく赤い顔を, 珍しく足袋をぬい, 珍しくのいい, 珍しくにしむ, 珍しく軍隊風に報告, 珍しくから雪, 珍しく軽快で腹, 珍しく輕快で腹がい, 珍しく近づいていっ, 珍しく送って来, 珍しく透き徹った鼻の, 珍しく透明ないい, 珍しく遊んでやっ, 珍しく配給の豆腐, 珍しく酒盃を手, 珍しく酔つて同君がその, 珍しく酔つて田丸浩平は家, 珍しく金口を吹かし, 珍しく金満家になった, 珍しく金貨を持つ, 珍しく銀之丞はしゃべり出した, 珍しくに向かっ, 珍しく鐙小屋の神主さん, 珍しく長広舌をふるい, 珍しく長引いたことです, 珍しく長文の手紙, 珍しくまで送っ, 珍しく門扉をひらき, 珍しく開かれて居る, 珍しく開幕から殆, 珍しく降った雪に, 珍しくはお, 珍しく険しい声で, 珍しくが福田屋, 珍しく雄大であったが, 珍しく雄弁に熱, 珍しく雅俗混合の趣味, 珍しく離れから使い, 珍しくは落ち, 珍しく雪子はジョウゼット, 珍しく電話口で声, 珍しくめいたその, 珍しく青空が見え, 珍しくかな晩, 珍しく非常に物語, 珍しくを出し, 珍しく面白い話に, 珍しく面白かった, 珍しくよく運ばれ, 珍しくっぺた, 珍しく頭布を巻い, 珍しくを出した, 珍しく風変りな光景, 珍しく風車を見た, 珍しく風邪気味になった, 珍しくを島田, 珍しくが多い, 珍しくの中, 珍しく鷹揚な猫, 珍しく麗かなり階下にては母上, 珍しく黒いと附けた, 珍しくっている, 珍しく黙ってへや