青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気味~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち 気もち~ ~気分 気分~ ~気味
気味~
~気持 気持~ ~気持ち 気持ち~ 気楽~ 気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣

「気味~」 4171, 41ppm, 2803位

▼ 気味~ (1837, 44.0%)

53 悪いもの 51 悪いほど 44 わるいこと 41 悪い 35 悪いこと 32 悪さ 31 悪いよう 27 わるいもの 23 わるいほど, 悪い声 19 悪い事, 悪い顔 17 わるい 15 悪い話 14 わるい声, 悪いの, 悪い程 13 悪い奴, 悪い音 12 わるい話, わるい音, 悪いところ, 悪い人, 悪い微笑, 悪い男 10 よくない, わるさ, 悪そう 9 悪いほどに, 悪い笑い, 悪かった 8 わるい男, 悪い心持, 悪い笑 7 いいもの, わるいの, わるい笑い, わるい顔, 悪いお, 悪い人間, 悪い笑い声 6 悪い思い, 悪い感じ, 悪い手紙, 悪るい 5 わるいところ, わるい人, わるい笑い声, 悪いほどの, 悪い冷たさ, 悪い夢, 悪い所, 悪い眼, 悪い言葉

4 [17件] よいもの, ように, わるいお, わるいよう, わるい汗, わるい程, わるい色, わるい花籠, わるい薄笑い, 悪いくらい, 悪い不思議, 悪い出来事, 悪い北叟笑, 悪い家, 悪い沈黙, 悪い老人, 悪い色

3 [38件] い, わるいお話, わるいまね, わるい処, わるい塊, わるい奴, わるい形, わるい森, わるい眼, わるい笑, わるい笑い方, わるい笑み, わるい部屋, わるい長虫, わるかった, 好いもの, 悪いこの, 悪いやう, 悪い三白眼, 悪い事実, 悪い光, 悪い厭, 悪い反響, 悪い噂, 悪い因縁, 悪い場所, 悪い女, 悪い姿, 悪い心もち, 悪い悪寒, 悪い晩, 悪い汗, 悪い生, 悪い笑声, 悪い美しさ, 悪い雲, 悪い風, 皮肉な

2 [88件] あるの, あるもの, やうで, よさ, わりいもの, わるいいたずら, わるいかっこう, わるいから, わるいくらいに, わるいことば, わるいしゃがれ, わるいじいさん, わるいたくさん, わるいとりとめ, わるいやつ, わるいカニ, わるい事, わるい事件, わるい二つ, わるい人間, わるい光, わるい光り, わるい夜鳥, わるい子, わるい字, わるい客, わるい微笑, わるい感じ, わるい景色, わるい気, わるい湿地, わるい生物, わるい白眼, わるい眼付, わるい虫, わるい言葉, わるい震動, 善い鳥, 悪いあの, 悪いうち, 悪いと, 悪いという, 悪いも, 悪いもん, 悪いやつ, 悪い一種, 悪い予感, 悪い事件, 悪い光景, 悪い処, 悪い印象, 悪い名, 悪い土地, 悪い夜鳥, 悪い大, 悪い実力, 悪い屍体, 悪い幽霊, 悪い形, 悪い怖ろ, 悪い恰好, 悪い星, 悪い様, 悪い武士, 悪い液体, 悪い爺, 悪い瘢痕, 悪い眼つき, 悪い眼付, 悪い眼付き, 悪い笑い方, 悪い筈, 悪い紫赤色, 悪い絵, 悪い苦笑, 悪い語, 悪い運命, 悪い道づれ, 悪い道連れ, 悪い部屋, 悪い静かさ, 悪い静けさ, 悪い響, 悪い鳥, 悪い黒猫, 悪る, 私は, 雨が

1 [710件 抜粋] あった細君, あの人, ある人, ある修理, ある僕, ある双眼, ある左膳, ある母, ある眼, いいもん, いいよう, いい名, いい嘲笑, いい復讐, いい話, いい顔, おとなしそう, お勢, お浜, お目元, お饒舌, せいで, その刈り, ところの, ところへ, ところや, ふだんの, やうだ, よいお客様, よいよう, よい男児ぢ, よい道づれ, よい部屋, よき事, わりい, わりいまね, わりい七ずくめ, わりい声, わりい死体, わりい笑い, わりい野郎, わるいあご, わるいあらわれかた, わるいう, わるいうす黄色, わるいかたち, わるいがい骨, わるいこ, わるいこえ, わるいごうご, わるいしわがれ, わるいすい星, わるいできごと, わるいという, わるいところが, わるいど, わるいなんだかぞっと, わるいにらみあいだ, わるいはにかみ, わるいぴしんという音, わるいへん, わるいほどの, わるいほめられ, わるいも, わるいもん, わるいアラユル残忍, わるいカブトムシ, わるいスバシコサ, わるいトランク, わるいトンネル, わるいネバリ, わるい不吉, わるい不安, わるい予言的, わるい人形, わるい人死, わるい以上, わるい何, わるい余り, わるい光沢, わるい分泌液, わるい前途, わるい動く, わるい印象, わるい危険, わるい反響, わるい口, わるい名物, わるい呪い, わるい品物, わるい土産, わるい圧力, わるい地響き, わるい場所, わるい塔, わるい大, わるい大きな, わるい太い声, わるい女客, わるい妖怪, わるい婆, わるい寂寞さ, わるい山びるをつかんで, わるい巨大, わるい影, わるい役目, わるい微風, わるい徽章, わるい心持, わるい思い, わるい怪物, わるい悪質, わるい所, わるい手, わるい手足, わるい振動, わるい敵, わるい文句, わるい明るさ, わるい明滅, わるい星, わるい様相, わるい樹, わるい機関銃, わるい死, わるい死に, わるい浪人, わるい満悦, わるい火, わるい火星, わるい火星人たち, わるい灰色, わるい犬, わるい生き物, わるい生首, わるい病室, わるい病気ゆえ, わるい白い雲, わるい白っぽいカニ, わるい目, わるい相手, わるい知らせ, わるい神経衰弱, わるい秘密, わるい穂先, わるい笑顔, わるい罪, わるい老, わるい胴体, わるい苦笑, わるい落ちつき, わるい蛇, わるい襟元, わるい視線, わるい誠に, わるい警告, わるい贈物, わるい赤さ, わるい足跡, わるい身ぶるい, わるい身体, わるい道筋, わるい野郎, わるい集団, わるい青い光, わるい青い鞭, わるい静かさ, わるい静寂, わるい風景, わるい飛石, わるい首, わるい騒動, わるい骸骨, わるい黄色い声, わるい黒ねこ, わるい鼓, ガラッ八, ボクサーが, 一座の, 一益などが, 中を, 丸髷の, 主人でも, 低いしかし, 健吉画伯, 印度洋へ, 反抗的な, 口調で, 叫びを, 可いもの, 地面な, 坂に, 大きな顔, 大亀, 天候を, 好い方, 好い話, 好き者共を, 好くない, 好く無かった, 宜いこ, 宜しい事, 寒い尖った, 小屋を, 幅の, 強い風, 微笑を, 急調子, 悪いあぶら, 悪いいや, 悪いう, 悪いえみ, 悪いおじさん, 悪いおどし, 悪いお方, 悪いお話, 悪いくら, 悪いくらいの, 悪いさけび, 悪いさむざむ, 悪いさむらいたち, 悪いそいつア御免, 悪いそして, 悪いそれでいて, 悪いだの, 悪いったらありゃしない, 悪いつぶれた, 悪いていねいさ, 悪いとこ, 悪いとも, 悪いはじめて, 悪いばかり, 悪いひもじい顔, 悪いらしい, 悪いキ, 悪いフクスケ, 悪いボート, 悪い一寸法師, 悪い一方, 悪い一枚, 悪い上, 悪い不快さ, 悪い不恰好, 悪い中, 悪い乞食, 悪い予言, 悪い二人連れ, 悪い二階, 悪い井戸, 悪い人形, 悪い人物, 悪い人相, 悪い仇うち物, 悪い仏像, 悪い会心, 悪い伯母, 悪い位種々, 悪い低音, 悪い何, 悪い侍, 悪い侍たち, 悪い偉大, 悪い傷, 悪い光り物, 悪い冗談, 悪い冷風, 悪い切支丹坂, 悪い前科者, 悪い動物, 悪い勝利, 悪い区劃, 悪い十文字, 悪い卑しい女め, 悪い厭世的, 悪い口, 悪い叩音, 悪い叫び声, 悪い叮嚀, 悪い唄, 悪い唇, 悪い唸, 悪い問いぶり, 悪い嗤, 悪い噺, 悪い囈言, 悪い四人, 悪い圏, 悪い圧力, 悪い地獄, 悪い場, 悪い変, 悪い変った, 悪い外科用, 悪い夜中, 悪い夜鷹, 悪い大きさ, 悪い大きな, 悪い妄想, 悪い妖気, 悪い妙, 悪い妾, 悪い嫌悪, 悪い存在, 悪い実験, 悪い室, 悪い宿, 悪い小児, 悪い小舎, 悪い屋敷, 悪い幻, 悪い幻像, 悪い幻術使い, 悪い幻覚, 悪い幽霊水, 悪い形相, 悪い後味, 悪い思い入れ, 悪い思出, 悪い恐しい, 悪い恐ろしいもの, 悪い恐ろしい事, 悪い悪夢, 悪い悲鳴, 悪い惨忍, 悪い想い, 悪い慶四郎, 悪い懐しさ, 悪い手, 悪い支那人, 悪い教室, 悪い斬り合い, 悪い新星, 悪い方, 悪い旅用, 悪い日, 悪い晩ぢやあ, 悪い暖かさ, 悪い暗合, 悪い更紗模様, 悪い書物, 悪い最後, 悪い本, 悪い杉浦さん, 悪い格好, 悪い森, 悪い植物, 悪い様子, 悪い死神, 悪い毒々しい物, 悪い気持ち, 悪い水, 悪い沼地, 悪い浪, 悪い海星, 悪い深いところ, 悪い湖水, 悪い火星人, 悪い火花, 悪い灰色, 悪い点, 悪い父, 悪い片, 悪い物, 悪い物すごい不浄, 悪い物凄い死神, 悪い物音, 悪い犯罪, 悪い狂態, 悪い独語, 悪い猫, 悪い猫なで声, 悪い生物, 悪い用心, 悪い画面, 悪い疑念, 悪い痣, 悪い白っぽい光, 悪い白癩, 悪い白色, 悪い目つき, 悪い目映い光, 悪い眠り, 悪い眼光, 悪い神秘的, 悪い秋海棠, 悪い空気, 悪い笑み, 悪い篝火, 悪い篠原道, 悪い紅巾, 悪い紙包, 悪い紙屑買い, 悪い紳士, 悪い経験, 悪い縊死, 悪い羽ばたき, 悪い老婆, 悪い胃弱性, 悪い腋の下, 悪い舌, 悪い芋虫, 悪い花, 悪い薄笑い, 悪い薄闇, 悪い藪, 悪い虫, 悪い蛇, 悪い蛋白色, 悪い行列, 悪い見もの, 悪い見世物, 悪い言いがかり, 悪い言葉遣い, 悪い訪問者, 悪い詞, 悪い話サ, 悪い警告, 悪い質問, 悪い赤い提燈, 悪い車塚, 悪い転居, 悪い迷信, 悪い追跡, 悪い邸, 悪い部屋中, 悪い野白色, 悪い野郎, 悪い鈍い眼, 悪い鍛冶倉, 悪い鎌, 悪い闖入者, 悪い雑誌, 悪い雨, 悪い霊, 悪い霧, 悪い青黒い壁, 悪い静か, 悪い面つき, 悪い面ア, 悪い音韻, 悪い顔色, 悪い餅, 悪い骸骨, 悪い鬼気, 悪い魂, 悪い鮒, 悪い鳴き声, 悪い黙然, 悪い鼻風邪, 悪かつ, 悪きよう, 悪き身体検査, 悪くなった, 悪くなる, 悪さったらありません, 悪るいもの, 悪るい事件, 悪るい点, 悪るい色, 悪るかった, 悪イ, 慎九郎は, 折でも, 提灯を, 敬太郎に, 日が, 早口で, 杉本健吉氏には, 欄干の, 気だるさ, 水の, 無い宿屋, 無遠慮さで, 番頭と, 目で, 眼つきで, 眼元が, 眼元には, 瞼長い, 笑いを, 者は, 肉, 腫れ瞼を, 自分が, 航海を, 薄い唇, 表情で, 言を, 言葉である, 言葉を, 豪傑青少年は, 足を, 酒井先生へ, 重々しいお, 長めの, 雨は, 頤そして, 頬を, 頭を, 黄昏れ

▼ 気味~ (518, 12.4%)

43 わるい 31 わるくて 30 わるくなっ 22 わるかった 15 悪くなっ 14 わるくなった 12 ある, わるいわ, 悪かった 11 わるいの 9 あって, 悪い 8 わるいので 7 よくない, わるいほど 6 あるの, わるいと, 悪くなった 5 あつた, あるので, わるかつ 4 わるいから, わるいじゃ, わるいね, わるくなり, 悪いから, 悪いので, 悪るい 3 あった, あったので, わるいが, わるいくらい, わるいもの, わるいよう, わるくなりました, 悪くなりました, 悪くも

2 [23件] ありは, ありますから, あるかも, あるが, あるん, お悪く, よくありません, よくねえ, わるいくら, わるいけれども, わるいな, わるいのに, わるいん, わるくてね, わるくても, わるくなる, 悪いくらい, 悪いねえ, 悪いもの, 悪くて, 悪そう, 悪るく, 癪で

1 [142件] あったかと, あったかも, あったが, あつて, ありありと, ありました, ありましたね, ありましょう, ありますからね, ありますね, ありまた, あり仏師, あるかと, あるから, あるこの, あるとも, あるのみ, あるやう, あるらしい, あるテ, ある三句, ある旅, いい, いいか, いいとも, いいの, いいやら, おおいきれない, お悪う, こもって, こもってるの, ござりました, するの, ないこと, ないで, ないでも, なくも, ふと月, みえ不手際, よい, ようございます, よかった, よくありませんでした, よくは, よろしくない, わりい, わりいが, わりいじゃねえか, わりいなァ, わりいん, わるいか, わるいかも, わるいからな, わるいこと, わるいし, わるいだ, わるいだらう, わるいぢ, わるいったら, わるいつたら, わるいです, わるいとか, わるいところ, わるいとも, わるいなあと, わるいなどと, わるいなんだか, わるいねえ, わるいのよ, わるいみたい, わるいやう, わるいらしい, わるいわねえ, わるい怖いと, わるい頭痛, わるうご, わるうござんし, わるかったです, わるからう, わるくって, わるくってね, わるくな, わるくなったらしかった, わるくは, わるくも, わるくやはり, わるく二人, わるく異国的, わるく神谷, わるく総毛立つ, わるければ, わるさ, ダレて, 一つも, 厶ります, 好い, 宜い, 宜うて, 御意に, 悪いからさ, 悪いからと, 悪いくら, 悪いじゃ, 悪いぢ, 悪いな, 悪いね, 悪いの, 悪いや, 悪いよう, 悪いわ, 悪いん, 悪い人間, 悪うござん, 悪うなっ, 悪かったでしょう, 悪くって, 悪くっても, 悪くな, 悪くなり, 悪くなりかけ, 悪くなります, 悪くなる, 悪くは, 悪く口, 悪く苦手, 悪るいの, 悪るいん, 悪過ぎる, 感ぜられるから, 有るので, 滞って, 濃厚だ, 現われて, 現われてるの, 胸を, 良くないや, 見えた, 見えないという, 見えなければ, 見え出したが, 見受けられるが, 身に

▼ 気味~ (389, 9.3%)

51 なって 12 して 6 なった, 云った 5 なつて 4 なると, 問い返した, 訊ねた 3 なつた, なり, なりました, 言った, 頭を

2 [17件] なったの, なったり, なりながら, なる, なるが, なるの, みえる, 会釈した, 働くの, 嘆息する, 彼の, 片隅へ, 見えた, 見える, 言つた, 首を, 黙々と聴い

1 [248件] いう, いうの, いった, いらっしゃったよう, いろんなこと, うなつた, おなりに, およつの, お加奈, お早うと, お綱, きめつけた, こういった, こう洩らした, ここで, こたえた, この婚約者, こんなこと, ござりました, ござりまする, さえぎった, しきりに考え, しつい, しながら, しばし後, じっと見つめ, すぐ前, すでに玄関, すると, せぬと, そこへ, そこらを, そそくさと, そつと, それよりは, ぞっとする, たずねた, ただ大きな, ちょッと, つづいて, つと私, なお二十メートル, なったこと, なったそう, なったです, なったところ, なったよう, なった妻木君, なった心, なった津田, なった眼元, なった良人, なった雲間, なってるの, なつてこの, ならざるを, ならなくつて, なりぼつぼつ, なりましたが, なりまして, なります, なりますね, なり受け答え, なり弟子, なり混濁, なり自分, なるちょいちょい, なるほど, なるやつぱり新鮮, ひいて, ふくらむだけの, ふたたび何, ふりか, ぶつかって, まず予, むしろ快く, やり返すもの, イソイソと, ジリジリと, ステッキで, バルコニーへ, ヨロヨロと, 一人で, 一同を, 一町許行く, 七俵を, 七八町も, 三町も, 下った, 下へ, 中へ, 乗り出しました, 乳を, 云つて種田君に, 京訛を, 仰臥し, 伝二郎は, 伸ばしたまま仰向け, 伸上っ, 何か, 何かと口, 佩剣の, 停ち止まって, 出て, 包まれ相手, 十二三分も, 十分も, 半身を, 博士は, 叔父を, 取られて, 取扱った夫婦喧嘩, 口を, 右手を, 呷り外, 嘆息した, 四町許行った, 地に, 垂れ下って, 型どおり挨拶を, 報じて, 外へ, 大きいゆっくり, 婦人たちの, 小壺, 少し金, 居られた氏, 岩壁の, 岩石の, 左右へ, 左膳は, 差した久住, 幾分愁然, 床の間へ, 庭の, 廻って, 引開け, 強く押しつけ, 当て腰, 形容した, 彼を, 後の, 思われたの, 思われる, 成って, 成つたのか, 手が, 打ち笑いつつ, 抗弁した, 押えて, 揚りましたので, 握って, 搦んだ, 文献を, 日傘を, 書いて, 曹操は, 東へ, 椅子から, 椅子を, 横巻に, 樹立の, 歌の, 武蔵は, 歩いて, 歳子は, 残りの, 段々とまりかけた, 殺されて, 母を, 沈黙し, 油紙の, 波止場の, 涸沢側を, 深く割りつけた, 清松を, 澄まし返って, 片手枕で, 物馴れた, 狼狽つきながら, 理由を, 田の, 相手を, 真白な, 真直に, 眺めて, 矢代を, 私語した, 突撃し, 窓から, 窮屈な, 立ち上がったの, 立ち上って, 立つて, 笑った, 籐の, 締れ上っ, 而難儀致候得共乗船御供被, 聞いて, 聞き返した, 聴いて, 背中を, 背後の, 膝を, 自慢する, 自然の, 良い気持, 茶菓子を, 萎えかけて, 蒲団を, 蜂矢に, 行くの, 褄を, 襷と, 見うけられた, 見える才女, 覗き込んで, 言うと, 言うの, 言ったの, 言われて, 訂正しました, 訊いた, 訊いて, 訴えた, 話を, 詳しく見ます, 誇示する, 諦めつつ, 足早に, 跟い, 蹌踉, 辿って, 近寄った, 逆に, 通り抜けると, 運ばせて, 道を, 遠くの, 部署に, 面当に, 頬も, 飛んで, 飛込んで, 馬へ, 駄目を, 駈け廻りつつ, 高まつ

▼ 気味~ (306, 7.3%)

12 あつた 5 寝て 3 出て, 自分の 2 こちらへ, ござりました, その辺, 床に, 栄之, 私は, 言葉を

1 [269件] あたりを, あちらを, あの雷鳴, あらうと, あわてて, いけない, いたところ, いたの, いったいこの, いつとは, いつもね, いつもの, いられるから, いるから, いるの, うなずきポケット, おりましたが, おれは, お休み, お俊, お梶さん, お福, お聴き, かう云, きょうは, ぐれ出したの, こころから気の毒, こすりつけて, ことばも, この一か月, ごわしょう, さ, してね, すこし頭痛, すまないけれど, そうかと, そう言います, そつと, その時分, それが, それで糖尿的, それに, そんな事, た, ただ坑夫, ちょっとの, つよい南風, でも, とうとう三人, なんとかひと, なんの, にっと笑った, にやりと苦笑, ねあまり, はたで, ふいと, ふうふう言っ, ふて返って, ふと将監, ふらふらした, ぶつくさ不平, ぼんやりし, まことにどうも困っ, もう一つ八, もう帰ろう, やたらに, やや下った, ゆかず, よいしょと, わずかに, わたしを, アイスコ, アカギレの, エヘエヘと, グッと, スキーも, ハナの, パンも, ラヂオが, 一切ご, 一斗ちかい, 一日フラフラ, 一時国へ, 一週間ほども, 下つて往, 下りて, 両国の, 中腰に, 二人とも, 二十七日から, 二十本ほど, 二階の, 云うと, 云つた, 五六日伏せっ, 今度築地に, 仕事を, 休みまして, 会場の, 伝令を, 何とも, 何気なく藤吉, 使いの, 其の前, 其様な, 内臓を, 劇評の, 労働に, 危険に, 参って, 受合いましたから, 口を, 口早に, 呂律も, 咳が, 咽喉が, 咽喉の, 咽喉を, 四つの, 困ります, 坐って, 声を, 夏の, 夕方から, 夕方まで, 夜泊が, 大きく溜息, 大儀な, 大原君が, 夫人が, 好意を, 始終昏, 安心が, 実は島村君, 実際睡眠, 寐て, 寝つく日, 寝んでるもん, 寝所に, 尋常であった, 小さな弟, 小さな甥, 少しばかり, 少し頭痛, 居た, 屏風の, 左の, 左足を, 帰つていつた, 帰つてしまつた後にな, 平次の, 平気な, 平素の, 幾島は, 座を, 座敷へ, 引揚げ, 引籠っ, 弱つて, 役所へ, 彼が, 彼と, 彼に, 彼等の, 後に, 後目にかけて, 応戦し, 思い出そうと, 息づかいも, 愉快げに, 慌しく私, 手を, 投げるよう, 折角ゆうべ, 故郷へ, 日々苦しく, 日暮前から, 早くから寝床, 早寝を, 春着の, 時々前, 時々大きい, 暑苦しい洋服, 最う帰らう, 有った, 朝おかゆたべ, 机の, 横を, 此の, 死んだお, 段上に, 河野の, 注意中です, 浦川子爵の, 深水は, 渡したの, 炭俵や, 煙管を, 片手を, 牧野さんの, 物売台の, 独言を, 獣の, 玄関の, 用事に, 番頭の, 痛い腰骨, 皆な, 皆は, 相談する, 硬わ, 神戸を, 神経質に, 私に, 空気は, 突然物故, 立ち上がり逃げるよう, 籠って, 結局その, 網を, 緩く消え, 美しかった, 耳が, 耳にも, 聞いて, 肥った体, 背中が, 臥せがち, 臥せって, 臥せつて, 臥って, 自分は, 色々水分, 苛, 荷風論を, 薄日照り, 西南の, 覚悟を, 訊ねた, 詫びるの, 誰と, 財布から, 赤い顔, 足に, 足元も, 身を, 辟易し, 辷りの, 逃げ出そうという, 遊び始め時の, 郷里福岡の, 酒も, 酒を, 醒ヶ井の, 鉄道病院へ, 銀二郎は, 闇太郎は, 院長の, 陽気そうな, 隣の, 震える腕, 頭が, 頭の, 顔を, 飛び降りてね, 飛んでも, 鵞鳥の, 黙然と, 鼻を

▼ 気味わるく~ (208, 5.0%)

12 なって 6 笑って 4 なった, 思って 3 さえ感じられ, 思いながらも, 思われて 2 さえ感じた, なるばかり, ゆがめて, 思われました, 手を, 足に, 静かに, 静まりかえって

1 [157件] あっさりあしらっ, あとから, ありませんね, うごくの, うつつた, おちついて, おもいましたが, おもって, お思い, かいだ, かすかに, からんで, さえ感ずる, さへ, しずまりました, して, そうしてまた恐しく, そこらまで, その白, その門, ぞんざいな, て, ていねいすぎる, てうちとけられない, てつきあい, て仕方, て出来る, て商法, て困った, て妙, て市木さん, て死にてえ, て胸, ない, ないかと, ないの, ながれて, なったぐらいの, なったもの, なったらしくその, なった面持, なつたぐらゐのものである, なり誰, なる, にたりとほほえみ, にたりにたりとやっ, にやにや笑っ, にやりとし, にやりと笑い, にらみあって, はいあがって, ばかり思っ, ひびいて, ひびきました, ひびくの, ぽつりと, みんなの, もう浄瑠璃どころ, もおもいました, も何とも, も思え, も思ふ, も感じ, も感じた, も感じなかった, も感じられた, ゆらぐ, ウフフフフと, ニヤニヤと, 下って, 不審な, 丸善の, 今にも旧, 光った, 光って, 光斑で, 刑事は, 動いて, 動き人間, 反響する, 咲きかけるばかり, 四方の, 壁に, 変化し, 夜の, 大通りからは, 寄って, 尾を, 幻に, 引き入れられそう, 御座候え, 思いうかべた, 思いながら, 思い恐れ恐れ夜回り, 思うこと, 思うの, 思った, 思ったかも, 思ったが, 思ったに, 思わせたが, 思わせる, 思わせる真偽明らか, 思われた, 思われながら, 思われるの, 恐しくて, 感じた, 感じたこと, 感じて, 感じられたの, 感じるべきかについて, 感ずること, 成って, 手出しする, 押し黙ったまま, 押し黙りながら, 持ち上げて, 月光を, 林響に, 次郎の, 歯の, 気に, 湿め, 点いたり, 点滅し, 現われ例, 生えた板, 眺められた, 窺い直して, 笑いながら, 笑いました, 笑う将軍, 笑った, 笑った泡, 耳に, 聞こえて, 舌を, 落ちついた母, 虚勢を, 虚空を, 見えるの, 足を, 踏みながら, 身を, 陰に, 雫が, 震動いたします, 響いた, 響いたこと, 顔を, 食わず, 飽和され, 魘されるばかりか, 鳴きながら, 鳴らしながら, 黙ってるん

▼ 気味わる~ (118, 2.8%)

35 そうに 8 さが, さを 6 がって 5 さ, そうな 4 さに 3 さは, さも 2 さと

1 [39件] いったらありゃしない, かつた, がった, がったけど, がったり, がったりなど, がった人々, がった程, がってじりじり, がってね, がってねアルコール, がってるの, がって何度, がって困る, がって大抵, がって岩山, がって怖, がって毎日, がって足音, がって顔, がつて, がらせるに, がりて, さうにした, さうにそつと, さうにそれを, さうにたづねた, さうに一寸皿の, さから, さで, さであった, さでした, さとの, さの, さぱったり, さや, さ何とも, と自分, やにたにた

▼ 気味~ (113, 2.7%)

6 と思っ 5 と思った, よ, わ 4 というよう, といっ, と云う 3 ざまあ 2 いい気味, が, つたと, といわぬ, とかいっ, と云, と云っ, な

1 [61件] あんなやつ, あん畜生, うちへ, からああ, からお前, からとても, からと稽古, から乗物, から招待, から逢, がすべれ, が今, ぐらいに思っ, しそれ, しづる気分, し頭脳, ぜ, つた, つたのを, つた彼に, て, と, といつ, とおしげ, とおもいました, とおもう, とおもっ, とかすこし, とそんな, とでも思っ, とばかりに冷, と喜ん, と嘘, と嘲る, と嘲弄, と彼, と思い, と思つた, と思ふらしい, と慌て, と笑つた, と聞かされ, と言つて, と高笑, どうだい, ね, ね新, ね明日, ね畜生, のに, みんなそれも, よいい, よい見せしめ, わバツカス, ア, 事, 人の, 弱虫, 態ア見ろ, 毎朝手桶に, 絶世の

▼ 気味わるい~ (98, 2.3%)

3 ものに, ような 2 笑みを

1 [90件] くらいだ, くらいでした, ことなんか, ことに, ことには, こと夥しい, この小人たち, しおしゃれ, ですよ, ということ, という顔, といっ, のは, のを, は, ばかりである, ほどだった, ほどに思った, ほどに物静か, ほどの冷めたい, ほどの激しい, ほど大きな, ほど平静, ほど葉裏, ほど蒼ざめて, ほど静か, ほど静まりかえっ, ほど頬, むくみが, ものであった, ものでした, ものの, ものは, ようだ, らしく敬遠, リアリズムと, 上野の, 不思議に, 事は, 人だった, 光の, 光を, 冷めたさ, 卍の, 吹出物に, 咆えごえ, 夜気を, 夢ばかり, 始末もっとも, 小僧な, 小蛇, 居ずまいの, 干潟の, 後味を, 微笑の, 微笑を, 怪物ぞろいだ, 恰好を, 感じに, 感じを, 感触が, 攻撃が, 景色に, 暗示が, 格好を, 死体が, 気が, 無抵抗さで, 男では, 眼付の, 礼拝者たちの, 程でした, 程暖か, 笑いを, 笑い声を, 笑みが, 経験も, 色の, 茂みを, 草むらを, 蚊帳の, 表情と, 訊きよう, 話さ, 話である, 野郎じゃ, 野郎だ, 陰鬱さで, 静寂の, 魅力に

▼ 気味~ (81, 1.9%)

17 悪がっ 6 悪がり 5 悪が 4 悪がった, 悪がる 3 悪がって 2 わるがって, わるくした, 悪くした, 悪るがっ

1 [34件] あらわしました, お大事, さへに, しみじみと, よび起されました, わるがらせる外, わるくし, 呈しそこ, 多分に, 好く思っ, 察して, 帯びさせて, 帯びさせる上, 帯びて, 帯びてゐなくてはだめなやうだ, 帯び始めた, 強く把握, 悪がらせ, 悪がらせまい, 悪がられた, 悪がります, 悪くも, 悪く思ふ, 悪る, 感じたり, 慰もあり, 把握し, 持つて, 添えるもの, 破るため, 見せて, 覚えたの, 覚えるから, 起すかも

▼ 気味~ (58, 1.4%)

2 の, のかも, のを, んです, 腹の, 視線を

1 [46件] ことよ, その姿勢, その日, ところでも, ところも, のだ, のだろう, のであります, のでこれ, のでござる, のでちよ, のでね外, のでのど, のでルゴール, のでワザワザ, ので余計ずるずる, ので着れる, ので自重, のと, のも, もんです, んだ, 先生の, 其の姿勢, 反抗心さえ, 口吻です, 嘆息を, 噂を, 声も, 姿を, 姿勢が, 嵐で, 平次の, 強みを, 彭, 急調子, 所作は, 映画の, 注目には, 片肩, 皮肉を, 色を, 赤い目, 足を, 面持ちだった, 顔を

▼ 気味~ (53, 1.3%)

4 あって 3 あった, あったの, あつた 2 ある, あるよう, 悪いし, 悪いの

1 [32件] あったが, あったので, あったろうか, あり不覚, あり何かと, あるかも, あるほど, あろう, あッて, たぶんには, ないこと, ないで, なかった, なくは, なく頭, よくない, わるいし, 加わって, 含めて, 悪いが, 悪かった, 悪かつ, 悪がり, 悪くしなけれ, 悪くなったろう, 悪くも, 悪く案外, 悪く頭, 手伝って, 有ますなあ, 有りましたろうが, 見えた

▼ 気味~ (29, 0.7%)

4 があった 2 の妙, は能, ひが

1 [19件] からでも有ったろう, がある, がふくまれ, が有る, が見える, だ, で眼, で触れられる, なので, にていひ, のある, の冷ア, の別れ, の強い, の徒, はよく, ひに, よろしくこの, を持っ

▼ 気味~ (23, 0.6%)

2 あるが, 少しも, 悪い, 悪かった

1 [15件] ありありだった, ありながら, あります, ありますけれども, あるね, いい気味, しなかった, わるくない, 前の, 即ち秀吉, 悪いが, 悪いけれど, 悪うございます, 最早や, 隠せないもの

▼ 気味~ (21, 0.5%)

2 なった, なったの

1 [17件] いうよりは, いえば, なった空, なって, なり大, なり某, なり社会, なり酒, はいっても, みえますな, みゆる, 云ふ, 申しましたので, 称する者, 自から, 見えたので, 言いそうして

▼ 気味だった~ (18, 0.4%)

2 のでしょう, のね

1 [14件] が, が一同, が用心, が連環, とみえる, のが, のだ, のでうつる, のです, ので重い, のを, よ, ろうが, わ

▼ 気味わるかっ~ (18, 0.4%)

123 たが 1 たけど, たね, たので

▼ 気味でも~ (15, 0.4%)

4 あった 2 あつた 1 あったが, あったらしいの, あるの, あるので, あるよう, いられるし, ない, 悪いと, 悪いよう

▼ 気味であった~ (13, 0.3%)

1 [13件] がきびきび, がけれど, が今日, が何事, が十九日, が教室, ことを, と罵っ, のが, のでこの, 女の, 歩みを, 由これほど

▼ 気味にも~ (12, 0.3%)

5 なって 2 ならざるを, なりますから 1 げんなりし, なろうという, 見えるので

▼ 気味では~ (10, 0.2%)

3 あるが 2 あったが, ないだらうか 1 あったの, ありましたが, ないか

▼ 気味である~ (9, 0.2%)

2 ことは 1 が日本間, が民衆, が私, が要するに, という事, 二人の, 為め冷たい

▼ 気味わるげ~ (9, 0.2%)

1 にお, にさわっ, に教師, に父, に私, に立ちあがっ, に見入った, に見守っ, に訊く

▼ 気味わるき~ (8, 0.2%)

2 思ひに 1 ばかりなり, 人声, 博文館使用人は, 土地なりし, 心地せられし, 琴柱の

▼ 気味にて~ (7, 0.2%)

1 お城, 三週間ばかり, 外出あいかなわず, 学校は, 皿を, 腹痛あり, 臥床病中吟として

▼ 気味~ (7, 0.2%)

3 さそうに 1 げな, げにけらけら, げにほほ笑みだし, げにドッ

▼ 気味わるがる~ (7, 0.2%)

1 かも知れない, にちがい, のも, ような, 事は, 彼女を, 風も

▼ 気味~ (6, 0.1%)

2 ひが 1 ひ, ひでわざと, ひで窓の, ひを

▼ 気味です~ (6, 0.1%)

21 からどう, けれど一日, よ, わあんな

▼ 気味よく~ (6, 0.1%)

1 うなずいたが, たたきつけた, 云う, 叩きつけられて, 庭先へ, 投げた

▼ 気味であり~ (5, 0.1%)

1 そしてもう, それは, 揶揄い, 政治家の, 自ら怯え

▼ 気味よし~ (5, 0.1%)

2 それよりは, とする 1 といはね

▼ 気味わるう~ (5, 0.1%)

1 ございました, てかなわん, てぎょっと, てより, 光り出して

▼ 気味~ (4, 0.1%)

1 体が, 何だ, 少々悪寒, 当時女優で

▼ 気味みたい~ (4, 0.1%)

2 なもの 1 で心配, にいっ

▼ 気味~ (4, 0.1%)

2 悪イ 1 悪イカラ忘レヨウト思ッテモ, 悪イセイナノカ

▼ 気味いい~ (3, 0.1%)

2 気味 1 気味セイセイした

▼ 気味にな~ (3, 0.1%)

1 つてし, つてまた, つて訊いた

▼ 気味らしい~ (3, 0.1%)

1 と云, と云う, のよ遣り

▼ 気味わるわる~ (3, 0.1%)

1 と, ゆりおこして, 降りて

▼ 気味~ (3, 0.1%)

1 がつて買, クベト, ク感ジル方ガ強イデアロウ

▼ 気味あり~ (2, 0.0%)

1 て且気息, て魚

▼ 気味ある~ (2, 0.0%)

1 かの如く, も左

▼ 気味から~ (2, 0.0%)

1 まだ, まだまだ位

▼ 気味がよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたし

▼ 気味~ (2, 0.0%)

1 うに呟いた, に当

▼ 気味さえ~ (2, 0.0%)

1 湛えて, 現われて

▼ 気味じゃ~ (2, 0.0%)

1 ええ気味, ないネ

▼ 気味その~ (2, 0.0%)

1 火を, 良人も

▼ 気味たい~ (2, 0.0%)

1 がえ, のよ

▼ 気味~ (2, 0.0%)

1 やない, やア

▼ 気味でございます~ (2, 0.0%)

1 と独り, わ

▼ 気味ながら~ (2, 0.0%)

1 この重役, ページを

▼ 気味など~ (2, 0.0%)

1 わるかろう, 母親似

▼ 気味わるがり~ (2, 0.0%)

1 医者仲間も, 盤へ

▼ 気味わるくっ~ (2, 0.0%)

1 てあの, てこんな

▼1* [96件]

気味あいが出, 気味あしき触手の, 気味あしくいかにもし, 気味ありければかかる, 気味ありしが夏期, 気味いや恐縮です, 気味からだのどこ, 気味かれは無, 気味がっている, 気味がって中には, 気味ぐらいに思って, 気味これあり臆, 気味さえもないで, 気味しかしつ, 気味じゃあないん, 気味じゃがどが, 気味せっかくながら今朝, 気味だけのことな, 気味だこんや早く, 気味ださうな, 気味だったり胃腸, 気味だつたがいつも, 気味だ思い知ったか, 気味だ死んだ弟を, 気味でありますのに小浜兵曹長, 気味でござんす, 気味でさえありました, 気味でしたけれども番頭, 気味とがあるが, 気味とでいつに, 気味とでも言おうか, 気味とは思わない迄も, 気味ともいわれて, 気味なと舌打ちする, 気味なりと竊に, 気味なるを取らない, 気味なれば硯箱, 気味なんて悪か, 気味にさえなって, 気味にはなったが, 気味にまでなって, 気味べそを, 気味ばかりが物々しいの, 気味ほほほ, 気味までたたえて, 気味もござりましてそりゃくにはあつかいませなんだけれどもそこは親たち, 気味よからねば半頁程の, 気味よき事なりけり, 気味らしくじきに, 気味らしくおりおり顎や, 気味わるい冷たい液体が, 気味わるがらなくても, 気味わるがらせるほどだまりこくっ, 気味わるがらない質でも, 気味わるき寒さを, 気味わるく凄く目に, 気味わるく太く長く空を, 気味わるく恐ろしく感じた, 気味わるく恐ろしく嬉しく悲しかった, 気味わるく硬ばって, 気味わるく赤い斜光に, 気味わるく青いその沼, 気味わるしと思ひ, 気味わる気味わると自分, 気味わる気味わる石段の上, 気味わる石段の上, 気味わろし今夜は, 気味を以て取って返して, 気味宜いだ, 気味サンボアでのみ早目, 気味セイセイしたよ, 気味るくて, 気味アル, 気味に迫る, 気味今日はうどん玉, 気味出陣だぞ, 気味合ひで済して, 気味合ひでだんじりと呼ん, 気味合事物の声, 気味咽喉もいかん, 気味好からぬ声, 気味好く唸つて, 気味悪げに鳴り出し, 気味悪しく思ひし由, 気味悪相に顎, 気味ねた, 気味昨夜も二時, 気味滴る計りなり, 気味生死去来は御意, 気味るべし慎むべし, 気味省みて昨日, 気味だ, 気味自棄と言わない, 気味がって, 気味閉じてはい, 気味を抱え