青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「王~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

獨~ 玄~ ~玄関 玄関~ 率~ 率直~ ~玉 玉~ 玉子~ ~王
王~
王子~ 王様~ 玩具~ ~珍 珍~ ~珍しい 珍しい~ 珍しく~ 珠~ 現~

「王~」 10032, 108ppm, 990位

▼ 王~ (2173, 21.7%)

21 前に 15 ために 14 ところへ 13 女の, 鼻の, 鼻は 11 命を 10 ように, 時に, 目を, 顔を 9 位に, 手を 8 名を, 姿を, 府に 7 お三方, 手に 6 ことを, 前で, 鼻が 5 もとに, 位を, 体は, 前へ, 声が, 家へ, 眼の, 耳に, 許に

4 [22件] ほんとうの, 住家, 側に, 兵を, 命令で, 声は, 妹の, 姿は, 子なり, 子の, 家の, 御手, 御殿での, 御首, 所へ, 死を, 眼を, 言葉を, 頭の, 顔が, 顔面の, 首を

3 [35件] あとを, お二方, ことは, むすめ, ような, 上に, 位置に, 信任する, 印を, 周囲を, 四十年閏十二月某日, 墓の, 大恩, 女で, 妃に, 姿が, 子で, 子を, 宰相の, 御許に, 心を, 方で, 方に, 方へ, 方を, 時代に, 母親は, 為に, 眼には, 素顔を, 胸に, 足を, 陵の, 顔は, 鶉の

2 [142件] いうこと, うしろに, おいでに, おうち, おん裔なれ, お四方, お城, お旨, お骨, ご命令, ご遺言, すること, ためには, ところに, ほかに, もって, やうな, やうに, マスクの, マスクを, 三人です, 世に, 中に, 事は, 事を, 五世の, 仇を, 代りに, 伜山木元吉, 住んで, 体を, 使者は, 假宮の, 側へ, 傍に, 傍には, 傍へ, 像が, 像を, 元年に, 兵隊は, 前には, 千人の, 反耶, 名が, 名と, 名の, 名は, 命と, 命も, 命令に, 命令を, 問に, 声でありました, 声の, 声を, 女なり, 女名は, 女等比婆須比売命次に, 妻は, 娘, 子, 子が, 子である, 子に, 子は, 孫に, 室へ, 宮殿の, 宴に, 家を, 寵愛を, 居間, 底知れぬ, 弟, 後で, 後見し, 御前に, 御名に, 御名の, 御名代, 御子は, 御様子, 御殿は, 御骨, 心に, 心の, 思う壺, 息, 所を, 手の, 承奉兪啓雲, 持って, 最愛の, 木像の, 末孫であります, 檄を, 歌, 正体を, 正后光明女, 気持を, 河を, 治世の, 治世は, 玄関, 玉篇其の, 甘きに, 生命を, 盤の, 目が, 目に, 知遇を, 素顔, 美しさ, 膝を, 船が, 血を, 袍に, 裔である, 親衛隊, 言を, 許へ, 話は, 話を, 變, 足が, 足は, 身を, 軍隊を, 道に, 銅像が, 面を, 頭に, 顔に, 顔の, 首と, 首の, 馬を, 驢馬の, 鶉が, 鼻に, 鼻も

1 [1437件 抜粋] あとに, あやしい力, いうなりに, います所, うしろへ, おちたその, おとも, お一方, お伴の, お八方, お后, お妹さま, お嬢さんに, お宮へは, お持物, お死がい, お胸, お葬いやら, かく言へば, けんかです, ことである, ことも, このご, この様子, ごときは, ごとくも, ごとすな, ご遺骨, して, すそに, すわる座敷, その祠堂, それだ, たまはく今日の, ためヘルメーアスは, ため息は, ため本国に, つかって, とつぜんな, にせ電文, ふいを, ほうで, ほろんだ岩窟, もとの, もと行きつら, やつこっちが, ゆったしば, ようでした, よりか, コスルヌシルヴアン, コマを, セリフを, パン粥が, ヘンリー・フオードを, マスクである, ロケット隊と, 一なる, 一切智の, 一存では, 一族であろう, 一言は, 万一の, 三名を, 上表などが, 不在中, 世子危きを, 中でも, 主として, 乗馬ブケファルスについては, 九州に, 乾象それに, 事なり, 事績を, 二人の, 二十四年と, 二子を, 五体は, 亡霊と, 人格マリーアントワネットの, 仇は, 仕上げに, 仕方に, 仕業も, 代と, 令旨と, 仮面が, 伜で, 伝は, 位にも, 住居で, 体が, 作でなく, 使いの, 使として, 使喚い, 使者が, 使臣, 來れる, 侍従長だった, 侵入を, 倫敦塔に, 傅に, 傲慢なる, 優遇知る, 兄の, 兇刃によって, 入綾, 八駿, 兵は, 内殿を, 円卓子から, 冊封正使汪楫の, 冠は, 出現は, 判を, 前身大, 剛快, 創むる所に, 力だ, 力の, 助けを, 勇敢なる, 勝利を, 勢力を, 化粧室に, 十三年頃に, 十年晋, 卑屈げに, 印と, 即位などの, 原本の, 厠に, 反と, 叔父, 口に, 口碑を, 右の, 司配の, 名から, 名なり, 名より, 名前は, 后が, 后マルゲリタは, 吼えるよう, 呪文に, 味方の, 呼び出しで, 命に, 命令です, 命令書の, 和讃が, 唇に, 喉の, 四人です, 図書館の, 国へ, 圧制に, 坐すこと, 城下へ, 場内の, 塗に, 墓が, 墓と, 声と, 外に, 夢は, 大事を, 大寧, 大蔵脱走は, 太子たるに, 太子亡父の, 太子王の, 夫婦も, 失踪などは, 女に, 女房であった, 女王ぶりの, 奸佞邪智を, 如き徳, 如く大声, 妃で, 妃は, 妹忍海の, 妻レーダに, 姓名の, 姫サロメも, 姿かな, 姿も, 威厳に対して, 娘たちの, 娘の, 娶れるラオヂケー, 嫡妻長田の, 子です, 子にて, 子ら女婿ら共に, 子プラスチア, 子并はせ, 子武王, 子長摩納実は, 字を, 孫娘の, 守本尊を, 安否の, 宝庫を, 室ほ, 宮の址と, 宮殿ありし, 宮殿である, 宮殿堅牢なら, 宰領たるべき, 家では, 家には, 宿に, 密談所, 寝室に, 實名に, 寵姫へ, 対えられた, 封號を, 射手エーナール・タンバルスケルヴェは, 尊などが, 尻ごみした, 居室から, 居間へ, 屍見, 履の, 巣らしく, 左右も, 巨人金庫を, 已に出, 師の, 師惠果阿闍梨の, 平癒の, 幸臣に, 庇護は, 庫中に, 廟前の, 建つるところなり, 建文帝に, 弟でも, 弟ミヅホノマワカの, 張, 形の, 彰徳記念碑は, 後だ, 後に従って, 後日の, 後胤であります, 後裔に, 従姉なり, 御乗船, 御位, 御名なるべし, 御子か, 御子北陸宮を, 御子息, 御子高望王が, 御心, 御意の, 御旗, 御歌, 御殿の, 御水, 御眼, 御舎弟, 御覧に, 御迎春, 御遺徳, 心情を, 心臓の, 忠義には, 怒が, 怒るも, 急ぎの, 性貪る, 息女の, 息子に, 悪業願わくは, 意が, 意中を, 意味を, 意志感情性格その他王自身に, 愛情を, 愛重厚けれ, 感謝の, 懇請に, 戒めも, 手で, 手は, 手下だ, 才能を, 持地の, 指先の, 指導に, 支援を, 教授揚応能は, 料地あり, 方が, 方は, 旗城下に, 旧臣皆この, 昔の, 時で, 時代で, 時代寶永四年から, 時彼らの, 時白虎害を, 智力もて, 曲が, 書簡を, 最期, 服の, 木乃伊が, 末子ラトナファーのみ, 杯は, 枕もと, 柩の, 栄華と, 根拠地だ, 森を, 楽でも, 権は, 横には, 樫で, 次女の, 歌だ, 歌ひた, 歡心を, 正体が, 正妻の, 武具撤廃後一段の, 死は, 死刑には, 死後の, 死骸が, 歿年も, 殊寵を, 殺された物語, 母, 母アグレームン女公の, 民の, 気象に, 求婚使節に, 治めし頃, 沿蹟と, 流離譚が, 準備は, 災恐ろしき, 無分別さ加減が, 爪痕を, 父正氏と, 牝馬を, 物語と, 犬よ, 独りごとを, 玉ふ, 玉篇などに, 王として, 王冠の, 王子に, 王旨である, 理髪に, 理髪師の, 生前の, 甥, 疑ようやく, 病源病状は, 白象の, 白髪で, 目ある, 目前にて, 相続に, 真価値, 眼に, 眼前で, 着座する, 知らない事共, 石像が, 硬つ, 祈りによって, 神紙二十七枚を, 禍難すら, 称号を, 稱號が, 立てる壇, 笑って, 第三子, 筋と, 精神は, 紂を, 素顔が, 素顔でない, 経営だ, 繁華の, 美しい妃, 義, 耳については, 耳をば, 肖像が, 肩へ, 背後から, 胸もと, 腰が, 膝に, 膝頭は, 臣下の, 自滅だ, 舞まで, 舞樂の, 舟師を, 花々しき牡丹, 若殿に, 荒々しい言葉, 荒れたる如く兩手, 薨去は, 虜に, 衆子に, 行列は, 衣裳を, 裁断を以て, 要石, 覆面の, 見参に, 視線が, 親兵に, 観察が, 言である, 言葉にも, 記念碑五個を, 許可も, 許送らんず, 詩を, 話でも, 誅を, 誓紙には, 誓言の, 語は, 語直に, 諸大臣, 諸妃, 豪傑の, 貴妃, 赤血の, 起請文を, 足輕牛頭鬼の, 身に, 身上に, 身代りに, 車馬に, 軍は, 軍勢と, 軍女人国に, 輿に, 近衛兵の, 迫害から, 逃亡と, 逆謀, 運命は, 道と, 選出が, 遺跡なぞを, 邪き, 部下は, 部下達も, 都城の, 配下が, 重みで, 金博士に対する, 金庫は, 銅像除幕式, 鎧にも, 長女に, 長毛に, 門見る如し, 間眠と, 陵を, 隣席で, 面上に, 頃であった, 頃の, 領首むづと握り, 頸を, 顔, 顔には, 顔色憔悴し, 食事の, 首が, 首に, 首相国中第, 馬五百疋と, 馬車が, 駿馬を, 驚愕を, 髯で, 黄埃天に, 鼻で, 鼻よ, 鼻以前に

▼ 王~ (1394, 13.9%)

21 それを 10 いった 8 これを 7 自分の 5 そこで 4 それから, 云つた, 伊勢の, 塔の, 彼の, 怒って, 眼を, 筆を, 言った

3 [15件] あわてて, かんかんに, すぐに, そのあと, それに, バルキスの, 女の, 姉の, 彼を, 爾を, 磁力砲を, 窓から, 言いました, 首を, 黙って

2 [77件] うなずいた, こ, その後で, その時, その槍, どうし, またその, まだ生き, もう八十, シモンの, マスクを, 三國の, 三川の, 三野の, 不思議に, 不意に, 両手を, 云ふた, 今度は, 佐佐の, 何れも, 俄かに, 兄の, 吉備の, 呉が, 喜んで, 外に, 大に, 大喜び, 天帝に, 天皇の, 奔り, 女を, 女王が, 子供の, 寝床の, 小役人の, 小目の, 心を, 志比陀の, 思った, 急いで, 急に, 手を, 日下部の, 日向の, 春日の, 木の, 案の, 比賣, 気が, 沙本の, 犬上の, 當麻の, 目を, 相当の, 眼が, 稚日本根子大日, 竇の, 答へ, 羽咋の, 肩を, 自分で, 若狹, 茨田の, 葛野の, 藁を, 讚岐の, 起ち上り, 近つ, 道守の, 鎌倉の, 門に, 難波の, 静かに, 韋那の, 顔を

1 [1108件 抜粋] あくまで降参, あざ笑い, あの世から, あの寝台, あらあらしい息づかい, あらあらしく舌打, ある時素敵, あわてました, あんまりの, いかなる酔漢, いきなり, いきなり大声, いたいたしい声, いったいどうして鎌倉脱走, いつまでも, いつも大きな, いつも非常, いまいましげに, いまなにを, いま三階の, いよいよおどろい, いよいよ丘, いら立って, いろいろと, うっとりと, うろたえぶるぶる, おおせによって, おそれて, おそろしい発明家, おどろきの, おほ, おもわずマイク, おれを, お父, お聞き入れ, かくれて, かすかに, かならず機, からからと, きっとわたし, きょろきょろあたり, くやしそう, こういった, こうして今, こっちに, このあたり, このお目見得, このとき身, この人たち, この天下, この慈悲, この時何, この流れ箱, この若い, これから何, これに, さいそくしました, さきほどの, さっと顔, さまざまの, しきりに身もだえ, しっかり右, しばしばこれ, しばらくだまっ, しまい切れないほどの, じっと思案, じぶん, すかさず, すっかりいい, すっかり怖, すっかり目, すばらしく大袈裟, ずるそう, せせら笑いました, そう叫び, そう言い, そこではじめてほっと, そのうしろ, そのとき寝床, そのままこの, その両手, その人, その処分, その司令配電盤, その女鳥王, その小屋, その意, その手, その時少年, その晩女, その木像, その無電, その統治, その肩, その臣下, その言う, その誰たる, その門, その高い, それでは其の, それには, そんなこと, そんなにやすやすと, たいそうご, たいへん悪い, たがいに, ただ一人, たちまち怒っ, だんだん酔っ, ちょうど免官, ぢつと, ついに自滅, つづいて, とうとう帆村探偵, とびあがるほど, とりたれど, どうした, どうなった, どうも酒, どこへ, どすん, どなります, どんなボタン, なおつぶさに, なおもくどきます, なつかしげに, なにを, なんだか同じ, にがにがしいといった, にせものだった, にやりと笑う, はげしい嫌悪, はじめて兄, はじめの, はっとし, はらはらした, ひそやかな, ひどく喜ん, ひどく心配, ひどく苛立っ, びっくりしました, ふしぎそうに, ほがら, ほほえんで, まさしく犬, まずむす, また兄, また夢, また寝床, また書類, また繰りかえした, まだこっち, まだその, まだ立った, まっ青に, みずから其の, もうかなわない, もうついそこ, もうまったくよい, もちろんそれ, やがて莞爾, やっと義州, やはり細君, ゆっくりし, ようやく折れた, わざ, わしが, わたしたちを, アハテ者の, インドに, ガラス窓の, クヌギに, コマギイナの, チベット各部の, ド・メッスを, ハムレットに, パーシユーズを, フランス王で, モーターを, ルキフェル旗は, ロケットの, 一つの, 一体どこ, 一寸ペン, 一族とともに, 一艦隊を, 一議に, 三日の, 上総の, 下で, 不思議がっ, 不断半, 不正を, 主人の, 乱兵の, 予め景隆, 二人の, 互にどなりあっ, 五郎時致と, 人里遠く, 今一本の, 今夜の, 今晩こそ, 他の, 代々美貌よりも, 会下山の, 低く頭, 何か, 何も, 何を, 何時に, 使いを, 侍臣に, 俵を, 假面を, 傍で, 僕が, 僕の, 儀式盛かんに, 元豊, 公主に, 兵隊たちに, 其の眞ん中, 其文を, 其時胸中の, 冠を, 凱旋の, 出会ったしかし, 初めて心づきたるごとく, 初より, 別表に, 前記の, 力なく, 勝に, 匪賊に, 十七歳の, 十善, 十歩ばかり, 卒倒した, 単にその, 即ち彼, 即位以後三十年間は, 厳かなる, 又もやこの, 又鏡, 叔父たり, 叛旗を, 右の, 同意した, 吐き出すよう, 呟いて, 哀願しつ, 唯だ, 噴笑し, 四月に, 因幡へ, 囲みを, 国家の, 土耳古と, 地面に, 城を, 墓を, 壁を, 夜が, 夢に, 夢を, 夢我夢中で, 大きな声, 大きに驚き畏れ, 大へん, 大よろこび, 大変に, 大急ぎで, 大臣葛城円の, 天下の, 天皇に, 太祖の, 奇策を, 奥殿深く, 女に, 女王と, 女神エジェリヤの, 好色家である, 妹の, 姉のと, 威勢の, 嬰寧が, 嬰寧の, 子が, 孝康皇帝同, 宙へ, 宮中の, 宴を, 家の後へ, 寝台を, 寤めて, 専制の, 将軍の, 小刻みに, 少女に, 山を, 岩の, 島津氏の, 左を, 巫臣を, 市民の, 帯革で, 常に磁石, 平気な, 庚娘を, 廉直な, 弟君イリネの, 彼と, 彼女を, 後ろの, 後漢, 徐かに手を, 御命令, 徹頭徹尾芸術本位, 心地よさそう, 必ず口, 忘恩の, 忽ち怒, 思わずにじり出て, 怪しみて, 怪塔が, 恋愛の, 悉に, 悦んで, 悲しくは, 悲しんで, 愉快な, 愛するすべて, 慰安を, 懼れ, 我にも, 我等の, 或は前掲二親王, 戦の, 戸を, 手づか, 投げて, 持統三年に, 振って, 捕えられて, 放言した, 文答師という, 新しい外套, 新たに, 日毎に, 早く蒙, 昏倒し, 映画の, 時平の, 智慮人に, 曰ふ, 更に他, 曾が, 曾婆加里と, 最初は, 朝飯に, 村, 杖を, 杵を, 柱廊より, 案外す, 梅津院の, 棒切れを, 棺の, 機に, 次にどんな, 欧洲でも, 歓喜し, 此上も, 武勇なる, 歯を, 殆ど政治上の, 殪れた, 毎日外出し, 民の, 気を, 水から, 江南の, 泣きだしそう, 浴室と, 海上に, 涙の, 済南を, 漸くの, 烈しく叱り付けました, 無謀な, 煙の, 爐を, 爾の, 狂人の, 独り自分の, 獅子吼した, 王を, 王位そのものよりも, 王宮へ, 王自身も, 琉球国王の, 生身の, 用意し, 男子なりし, 畢生の, 白い馬, 皆の, 皆景帝の, 益々勢, 相変らず, 眉を, 矗とばかり, 矢張り黙っ, 石奢, 神の, 私が, 私たち専門家が, 私に, 秘密を, 秦との, 穢多はの, 窓の, 立って, 笑った, 答えず思案, 箭に, 紂王を, 紡いで, 結局どの, 絶えず他, 総督を, 罵った, 翌る, 耳盥の, 聲あげ, 聴きながら, 胆駒を, 臍まで, 自らその, 自分が, 自分自らを, 自己の, 船の, 艶の, 茫然と, 虚無に, 血刀を, 西八條殿から, 覆面の, 見ること, 視線を, 観音の, 言うの, 訊いた, 記録を, 訪ふ, 誰か, 譫言に, 變じ, 貴金属の, 赤くなっ, 起きて, 起って, 身の, 身体に, 軍艦から, 輕舟の, 逃げたの, 速く居, 遂に壮士, 道衍を, 部下の, 配電盤を, 重刑を, 金に, 鈴索手に, 鋸を, 鏡の, 長い間女王, 門を, 阿摩和利, 陣中に, 隅に, 隣の, 隣舟の, 電話の, 面白い夢, 鞍馬山の, 頭を, 頼もしげ, 馬から, 馬鹿な, 驚いて, 驢馬の, 高き帆柱, 高野街道の, 魔術にも, 黄金を, 默し

▼ 王~ (578, 5.8%)

4 いった, 出て 3 いた, いでましのすがた, これを, それを, 体を, 入って, 師を, 殷の, 自分の, 顔を

2 [21件] あって, うつ向きに, 丹波の, 二人の, 今日に, 出品した, 博士を, 城を, 夏の, 大軍を, 天下を, 彼の, 惡い, 杭州に, 死刑に, 生きて, 眼を, 答へ, 葛城の, 見て, 面を

1 [498件] あせられても, あそこに, あつかましく, あつて, あの夢, あらわれたの, あります, あります臣下, あり貴族, あるいは大いに, あるとき皇后, あれば, あんまりうまい, いいました, いうまま, いえば, いかに深く, いきなり変, いくらつよい, いたの, いつもの, いて, いまや覆面, いま磁力砲を, いよいよ磁力砲, いる, いる部屋, いろ, いわれたが, うしろを, おいでに, おどろいて, おはす, おまちかねです, おやかたさま, お喜び, お宮へ, お継ぎ, かくれて, かねがねお, きっと振り向く, きっと買う, きて, ここに, こっちを, このお, この通り鼠, これだけの, こんなけなげ, こんな詩, さう言, しだいに苦し, しッ, すっくと立っ, すてきな, そこに, そっと中院, そのそば, その兄, その冬, その悪, その手, その時, その曲筆, その椅子, その母, その画工, その神宮, その誕生, その辺, その通り夢, それと, そんなわるい, ただ一人腰かけ, たった一人, ためて, だよ, ちょうどそこ, ついて行く, つかまえられて, つくった塔, つづき堅田, とつぜん姿, どうして鳥, どんなにお, なくなった後, なくなられた後, なくなれば, なした仕事, なぜ階下, にがにがしく言い放った, にせものだった, ぬつと, はや七歳, ばけて, ひきかえして, ひそかに, びっこの乞食の, ふかい溜息, ふだんから, へんな, ほかの, また, また寝床, まだ呼吸, まだ河内, まるで鬼, みずからハンドルを, むいて, むずかしい顔, もう一度イングランド, もしか海, もし当り前, やがて漢朝, やってくると, やって来たか, やや意識的, よく使っ, よろけるだけ, よろめき倒れて, わざわざ危地, わしらを, わたくしに, わたくしの, ゐないなんて, アスヴィンの, イエズスの, イサヒの, イヒノノマクロ姫と, エジプトを, カハマタノイナヨリ姫と, カレーに, ギリシア風の, ゼブラ四疋に, ダナエを, ダネイに, ダネイに対して, テレビ鏡を, ニコニコ笑い, ハヤブサワケの, バルキスを, ピストルでも, フランスから, ミコトと, ランデシュタット市に, 一代の, 一口飲んだ, 一夜還る, 一歩すすめ, 一炬に, 一番よく, 一番大事に, 一軍の, 一隅にと, 七年目ごとの, 上京し, 下の, 中大兄にたいして, 中年の, 之を, 九州に, 二つに, 二人あっ, 二人と, 二人出来, 二月二十五日に, 云いました, 云うには, 亡くなつたので, 亡ぼされたる國, 人民と, 人質に, 仁柔で, 今これへ, 今しがた警察に, 今年七歳でした, 他馬に, 代々後を, 代つて前, 代わりに, 任那の, 伊勢の, 住んで, 何だ, 何と, 何を, 何事も, 何心なく, 何気なくクリクリ坊主, 使をも, 來ました, 倒れて, 側に, 僕たちせ片づける, 僕たちを, 允恭天皇として, 先へ, 先王の, 全人民, 兵を, 兵士を, 再び手, 切り平, 前から, 前に, 劇に, 勢い込んで, 北山の, 十一歳といふ, 十二十三に, 十二年の, 博士邸へ, 占いに, 印度遠征を, 即位した, 厠には, 反したでは, 収めて, 取られようが, 口を, 叫ぶと, 右手を, 吉野で, 同勢を, 呼びかえした, 命にかけても, 命を, 命令すれ, 唐改暦の, 困るよう, 地から, 埃及国の, 堂上に, 外国から, 大きい方, 大事に, 大将と, 大殿に, 大活動, 大石山, 大蔵の, 大食の, 天皇を, 太子に, 女丹波の, 女名は, 女大, 女息長眞若, 女比呂比賣, 女氷羽州比賣, 女神エジェリヤの, 女訶具漏, 女迦具夜比賣, 女麻組の, 女黒比賣, 好きらしい, 好んで, 妙に, 妹に, 妹大俣の, 妹忍坂の, 妹若, 始めて, 娼婦クラリモンドに, 婚礼を, 婿の, 嫉妬を, 孔子に, 孔明に, 孝孺を, 定年に, 宮殿も, 家を, 容易く軽蔑, 寝て, 寵臣の, 射ましたけれども, 将に, 尋ねたこと, 居る間, 居眠って, 屈原を, 山代の, 山東省まで, 川上侍女千代野が, 市辺之, 帰ると, 年取ってから, 年寄りは, 年齢も, 庶妹シロガネの, 庶妹ミハラの, 彎刀を, 当時の, 彼等の, 後を, 後胤と, 御殿に, 心から, 心には, 心切に, 心配し, 怒って, 怪しいなどという, 怪塔に, 怪塔の, 息を, 悪だ, 悪女の, 悪者の, 成長した, 或る, 承知しない, 投げ出しし大小, 折伏の, 持仏に, 指さす一個, 指さす方, 摂政する, 支那に, 改めて, 攻めて, 放ったいたい, 故主の, 旅に, 既に老年, 日の, 日本の, 日本軍の, 春日の, 昨年だつた, 昨日からの, 智馬を, 暗殺された, 暮して, 曰く, 最前蛇を, 望ましい, 木像を, 来て, 来るの, 東明である, 東蒙, 果してこんな, 梨花島で, 楚城の, 楠正儀を, 横須賀へ, 檻の, 次から, 歌いました歌, 歌を, 此の, 此歌を, 此石像の, 武内宿禰に, 武蔵介およそ, 死んだと, 死んだので, 死んで, 歿くなられ, 歿し, 残って, 殺された記事, 民衆に, 汝の, 波に, 泣き止むの, 津軽の, 流されたこと, 海辺に, 涙を, 渭水に, 炎の, 為に, 烏竜て, 無ければ, 無数の, 無道の, 燕の, 父なりと, 父王尚, 牛の, 牡馬一疋, 特別に, 狩する, 狩に, 狩の, 狩猟に, 献りし, 玉座に, 王に, 王子の, 現れる, 現れるほど, 現われました, 申し上げますには, 畏じ恐れ, 病氣の, 癩病にな, 登る山, 白孔雀の, 百斛の, 皇后の, 目のあたりに, 真実仏陀の, 真暗な, 眼に, 着座し, 石垣島を, 砂の, 磁力砲を, 神に, 私の, 稻の, 窓から, 立って, 立つて, 答へて, 精しく自分, 細君を, 綱を, 縦つや鼠欲し, 纓を, 羊を以て, 美しいヒポデイミヤ姫, 翌朝早く, 聞いて, 腰を, 腹に, 自ら求め, 自分で, 色々と, 苑に, 若い二人, 若し私, 苦母怖, 英祖王の, 英雄の, 薦を, 蘇秦に, 虎に, 行わんと, 西暦千七百九十四年, 見たいろいろ, 親しみの, 觴を, 言うと, 詩人の, 詰まるかと, 読めるよう, 誰か, 諸天, 謀を, 護衛を, 貴様の, 走らせようと, 起して, 足利義詮と, 身がわりの, 身も, 身を, 軍を, 軽く点頭く, 軽く頷く, 輿に, 近江の, 返事を, 追い去る, 逃げたこと, 逃げたの, 逃げようと, 過去の, 邸へ, 配流された, 金の, 金を, 鉱山を, 長安に, 降つて, 陳を, 雪の, 領土の, 頷いて, 食ひ, 飲み干した盃, 餌ものの, 首尾を, 驢馬に, 高価な, 髮, 髮を, 鶴子に, 麻綱を, 黄金色の, 黙って, 鼾を, 齊の

▼ 王~ (504, 5.0%)

10 して 7 對し 4 化けて, 向って, 娶ひて 3 似て, 即く, 向かって

2 [19件] いった, すすめて, なりきって, なりたがって, まみえて, 仕えて, 向けて, 向ひ, 忠誠を, 手引し, 扮した, 持たせて, 書を, 渡した, 白す, 目を, 見えて, 追封, 限って

1 [428件] あてつけて, あなた食っ, あらず儼, あわせない, あわれみを, いたした内密, いわれるまま, うまくごまかされ, おかれても, おくだし, おされて, おとどけせよ, おめでとうを, およぶまで, お目通り, お着せ申します, お礼を, お言いつけ, お辞儀を, お願いし, かう言つて返事, かぎつけられその, かけた言葉, かつがれて, がぶりと, くれて, こう申し上げました, このふい, これを, ござりまする, ご披露, ご注進, ささぐる蟠, ささやいて, さし向けました, さとられついに, さらわれるよう, したり, しましょう, すすめ漢帝, すっかりやられ, する, すゝめられ, すゝめる, せかなし, せず人間らしい, せん哉, そのこと, その策, その老婆, それくらい, ちが, ちがいありません, ついで王位, つかまるため, とびかかって, どなりつけられましたので, どんな御, なくなられた悲しみ, なして, なったり, なって, なついて, なつて, ならいで, ならず人, なられたでは, なられたところ, なられました, ならんが, なりすまして, なりたいですこんな, なりつつ, なりました, なるつもり, なるの, なるや, なれば, なろうなんて, ねがって, ねらわれて, ひっかけられたこと, ひとりの, まさる帝王, まちかく, まみえ故国, まみえ詭弁, むかって, アストラムプシコスや, カイミアラを, マスクを, 一, 上りたり, 上訴を, 不利であった, 不服だった, 世を, 乞うて, 事えた時プトレマヨス, 亡ぼされた北山, 京都で, 人の, 仕えてる者, 仕えり燕, 仕えること, 仕へ, 仕侍する主, 付随した, 代って, 代つて政, 仮身, 仰せて, 任じ己, 会った, 会つてキリスト教の, 伝わった宝物, 伝わる巨万, 似た魅力そのもの, 位に, 位を, 何でも, 何回も, 作り法王帝説, 依って, 依りて, 信義を, 倭は, 優遇され, 具申し, 内通を, 出会ったの, 出逢った, 別るる, 別れた, 到りまして, 力を, 助けを, 勧めた, 勧めて, 勧め古, 勸めて, 化けその後アルクメーネー, 化け込んで, 北坂に, 即か, 及ばざる能わず詔, 及ぶ, 反対し, 召出されしを, 叱られると, 同情の, 向かつて, 呈す, 告げぬは, 告げハマン, 告げ今, 告げ王, 和を, 問うため, 問はずし, 問われて, 問を, 嗣ぎ立てしめん, 報じ王人, 報告し, 報告する, 声を, 変えて, 変装し, 天の, 奉ずといふ, 奉仕す, 奉公せん, 奏して, 奏し智者等, 奪はれ, 娶ひしかども, 娶ひましき, 娶わせ, 媚びざれば, 嫁ぎました, 嫁し, 嫁する, 嫁ひましき, 宛てた軍資追徴, 対つて, 封じ大, 封じ太原府, 封じ給うた, 封じ藩, 封ずるよう, 封ぜられたもの, 封ぜられた人, 封ぜられた吉報, 封ぜられ金印紫綬, 射中, 對する, 少数の, 就いて, 就く可, 属した家庭用品, 属すべしと, 属する村, 屬し, 己れ, 帰した, 帰し成らざれば, 帰すべきもの, 引き合せた, 強いて, 強い軍隊, 従いて, 従わんとぞ, 御注意申, 復讐せよ, 心の, 忠義させる, 忠義を, 快楽を, 思われは, 悪ま, 情ある, 惡を, 愁訴する, 懸るを, 成った話, 或こと, 戦を, 戦勝の, 戴かしめしぞ, 手紙と, 手紙を, 打破られた公孫敖, 托して, 扮する場合, 拝謁した, 持つて, 挙げられて, 捧げた衣裳, 捲き上げられて, 授く, 授け, 接近した, 放った時, 救援の, 教え王ゴーロア, 敬われ長寿, 於けるは, 早く退治, 昇る, 暇と, 曰ふ, 書き送ったという, 最敬礼を, 月諸, 朝の, 柄杓を, 楯ついた, 此籤落ちしめよ, 歯を, 歸し, 殺された杜伯, 殺されて, 比し信長公, 比ぶべき, 気づかれて, 気どられること, 求むる所, 求めたの, 求めて, 法らせられ近く, 法を, 渡し導いて, 渡せば, 渡せるを, 献じた, 献じに, 献じ文王, 献ずる日, 献ず王, 献り, 献る, 献るべきや, 獻らしめ, 獻らしめ弟の, 理あり, 生まれ昔, 生れ變つた, 生れ變つた云々, 用いられずして, 由る今急, 申し上げた, 申告し, 申開きを, 登山した, 白し, 白し匿, 白し又, 白し王それ, 白し罪咎, 直接謁見する, 相違ない, 真珠女王という, 知らしむることなかれ, 知らせたの, 知識を, 示して, 示しながら, 示し既に, 禅り給う, 禅る, 科せて, 秘密条約を, 稟せしむ, 穢された事, 穩かに, 立った, 粗忽を, 約せる, 納得させる, 組みつこうよ, 結論として, 耳打し, 聞かせるもの, 肖たり, 育てられる, 育て上げる義務, 背いた後死刑, 至つて同時に, 至りては, 與へた官爵が, 英吉利人の, 薦む, 薦むるに, 蛇と, 行平, 衝き堕された金大用, 見えること, 見えん, 見せたら王, 見せて, 見せなば, 見つけられて, 見ゆるや, 見られて, 見出されて, 見顯, 言われますには, 言上し, 訴えた, 訴えました, 訴え国中, 訴え王, 詣でて, 詣り請うて, 話したところ, 誅盡された, 誓いたり, 誓っても, 語りて, 語るに, 誤るが, 説いて, 説くに, 請うて, 請願書を, 謁した, 謁す, 謁見し, 謝する, 譬えたところ, 譲らざるの, 譲り筑後矢部, 讒し告げて, 讒言した, 讓られる, 負いて, 負くに忍び, 贈った歌, 贈りたるが, 贈ること, 贈る鵞鳥, 跨え, 身を, 輔相たり, 轉生した, 近きこと七尺, 近く事へ, 近く仕え, 返せ, 迫り賠償, 迷うて, 追いついて, 追求せられ, 退治て, 送って, 這入った直木, 逢いに, 逢い楚国, 逼る, 遇うて, 遇うに, 遊星の, 遠慮するなら, 選挙せられた, 還俗させ, 配するに, 附せしに, 降参し, 降参した, 降参する, 限らずみんな行い, 隷屬する, 非ず, 面しわれ君, 頑張るよう, 頼まれて, 頼んで, 頼春も, 願うて, 願え, 願って, 食せしめたといふ, 首を, 馬のりとなりました, 髪を, 魂魄を, 魂魄汝讓るべし

▼ 王~ (430, 4.3%)

12 して 10 殺して 4 見て 3 もって

2 [24件] お殺し, たすけて, つかまえて, つれて, ひったてて, 乗せて, 僭称し, 動し, 勧めて, 執え, 恐れたよりも, 捕えて, 捕虜に, 推した, 残して, 殺しに, 殺害した, 演じて, 生んだが, 誘惑しよう, 輔くる, 迎えて, 返して, 連れて

1 [353件] あえて参陣, あしらいの, あまり見くびっ, いたはつ, いたはり, うち平げ, うらんで, おうま飼, おさえつけました, おそるべき敵, おそるる事, おどかし無理矢理, おどすよう, おろして, お使い, お刺し, お嫁, お引立て, お撃ち, お求め, お立て, かきコルデリア, かくまって, かたらって, ぐんぐん引張り, この期, これへ, こわがる必要, さらった鷲, さらって, さんざん辱め, しばりあげて, じっと睨みつけました, すぐに, すっかり閉口, その足下, そまつには, たずねて, たて, ためさせて, だしぬけに, だまして, とっちめて, とらえて, とりあげ八二王, とりのけたま, どうしてゆるせましょう, どこまでも, どなりつけました, ながめた, にらみつけて, ねらいうちしましたが, ねらって, のけ者に, はじめてみた, ひったてました, また再び, みて, もう一度襲撃, やっつけて, やっつけました, やっつけるため, やっつけるには, やっつけるの, やりこめ天下, よくもよくも焼きおる, よび起した, よろこばせ斉王, オホハツセの, 一方にと, 中央において, 中心として, 丹波の, 乞ひた, 二尺左に, 京師に, 人質にとって, 他へ, 仰いだの, 伐たんと, 伐ち戦, 伐ち敗, 伴なつて, 位に, 佐ける, 何の, 侮どること, 侮り外出, 倒すか, 儲けてからは, 入れて, 兼ねた, 兼ね給, 再活復位, 初め建業城中の, 刺し代って, 刺し殺して, 刺り, 前において, 動かして, 勤めたヘンリー・ウォルサル, 勿体付くる, 取り上げ傍, 叨り, 召し展礼, 叱し, 叱りつけた, 吐き飛ばすを, 君主と, 呼びて, 呼ぶ中津, 呼素と, 咋いました, 咋ひ殺した, 咋ひ食みつ, 和奴, 喚ぶ, 喚ぶ声, 嘲つて, 嚥み, 囲ふこ, 囲んで, 夢中に, 大に, 大長谷の, 天山に, 失って, 奉じて, 奉祀した, 好まない, 始め島民達は, 始め眷属たちの, 始め眷屬たちの, 媒人として, 安房守に, 容す能わず, 寝床から, 射て, 射ること, 射殺し, 射落して, 尊重し, 導けダナオイ, 小脇に, 屈服せしめ, 崇めて, 嵌めたその, 差し引けば, 干すも, 平らげて, 廃し, 廃するという, 廢する, 弑して, 引き起し, 引き起しその, 引寄せむとするに王は, 征伐する, 征討した, 御位, 御前へ, 徹頭徹尾無類, 忍びて, 思い出さなかったろう, 思うこと, 思わせて, 恐れて, 恐れ且つ, 悲しませたこと, 悲しんだ歌, 愛して, 感心させる, 慕ふ, 憎む者, 憎んだ, 戰亂の, 戴いて, 戴き英, 戴くに, 手なず, 打ち負かしたと, 扱った作品, 扶けて, 抱き起した, 押さえつけながら, 押し置きけるゆゑ, 押へて, 招かしめた, 招かれて, 拾ひ上げる, 指さしながら, 指して, 捕えること, 捕まえる, 捕まへる, 探しに, 接待する, 推倒しつ, 撃ちたま, 撃って, 擁して, 擁立する, 操って, 擒に, 攻め, 攻め殺しました, 救うほう, 救わんと, 教化せし, 敬え, 敵に, 斃した, 斑鳩宮に, 斥け奉り入, 斬るを, 日本書紀では, 暗殺し, 暗殺した, 最愛し, 本式に, 本当にやっつける, 柔和の, 案内し, 死刑に, 殪すに, 殺させたか, 殺さなかつたの, 殺さんとして, 殺しその, 殺した, 殺したこと, 殺したまひ, 殺した王妃, 殺し彼, 殺すか, 殺せしこと, 殺りたま, 殺りまつれ, 池中の, 海へ, 焼き殺した, 狩り立てて, 王党の, 生けどったぞ, 生けどりに, 生んで, 皇太子に, 相手と, 相手に, 眼がけて, 睨み付けて, 睨むと, 睨んだにも, 睨んで, 破りながら, 破砕し, 祀つて上帝, 祀るという, 祭った人命調伏, 祭った白木, 称えた, 称える者, 称したの, 称して, 立つるとき, 立てざるあたは, 立てて, 立てる旨, 立て左大臣永手, 立て給わば, 等する, 置き去りに, 羨むあまり, 翼けて, 背後の, 背負うて, 自邸に, 舞いました, 舞い終るや, 舞うて, 舞し, 舞って, 葬王と, 螫さんと, 血に, 裏切ったの, 補佐し, 褒めたこと, 褒めて, 襲い晋, 襲ひ奉つた, 襲撃に, 見た, 見つ, 見つけると, 見守る, 見聞せ, 覘って, 覚えてるかい, 覩, 覩る, 討たれた時, 討ちとって, 討伐する, 訟え, 訪問し, 訪問す, 訳したが, 誘つて近江へ, 誚めた, 説いた例, 諫めた, 諫めて, 諫める, 諫め商主と, 諫議大夫に, 護れ, 讒しま, 讒言し, 豊前国鏡山, 負かして, 責む, 責めた, 責めて, 買うと, 質として, 赫居世と, 輔けしに, 迎う, 近肖, 追いかけて, 追い出して, 追うて, 追封, 追窮した, 退き, 退けて, 逆害し, 遠い地方, 遠く都の, 選擧せん, 釈し, 釣り出した, 閑処につれ, 陣中へ, 除かなければ, 除くべしと, 難詰った, 頼って, 養うには, 首として, 馬に, 驚殺する

▼ 王~ (422, 4.2%)

5 云ふ 4 おっしゃる方, なった, なって, なつた, 稱し, 経基の, 結婚し 3 いって, す, なす, 同じ心, 和睦せよ, 大利根博士とは, 称して, 稱した, 貴族と

2 [25件] いっしょに, いつて, いわれて, お二方, した, する思想, する説, すれば, なししが, ならなければ, なり同, なる, なるに, なるはず, なれる者, オシクマの, サア王の, メトリの, 不死人, 后と, 呼ばれて, 書いて, 王妃の, 経基とは, 結婚しました

1 [312件] あつて, あなたとの, あるは, ある欽明天皇, あわせない, いいます, いい孔雀, いい釈迦, いうほど, いえば, いけない顧問官達, いたし皇室, いつたと, いつたほのぐらい, いはれて, いひし人はるか, いふた此王, いる時, いわれた呉蘭将軍, いわれるだけに, いわれるルーブ・, おっしゃるお, おっしゃるお方, おっしゃる七つ, お三方, お呼び申したら, かの怪しむべき, されたが, したり, しまた, しバガンダ人, し何太后, し其甚しき, し大, し女王, し広, し次いで, し武昌, し空海, し衛王允, し青州府, し頭, すと, すべきである, すべく魔, する時代, す仏, せしが, せられん, せんと, そっくりでありました, その人民, その千人, その妹, その尊い, その手下, その真珠貝, その随身たち, それが, たたかうぞ, たたかって, でしょうか, なし北平府, なし尋, なし開封府, なし開源, なし除王允, なす谷王, なったの, なったルイ, なつたら, なつて, なられました, ならんしかし, なりこれ, なりラウペパ, なり一三〇五年, なり一二九一年, なり九九六年, なり国内, なり城壁, なり学問, なり富豪, なり屡, なり得べき可能性, なり得るは, なり生み, なり竜女, なると, なるの, なるべきであったが, なるべきアーサア, なるを, なるトムさん, なる日, なる豈, なれ, なれるもの, なれるリチャード, はかの, むかいあって, よばれ功, よんで, イギリスの, ウナガミの, オホナカツ姫の, サア王とだけが, サヌキタリネの, シブミの, ジプシイの, ナポレオン皇帝との, ノルヴェジアの, ボエムメの, マターファの, ヲマタの, 一人の, 一緒に, 一騎うちを, 三人時々, 二人で, 二弟が, 云う, 云うの, 云う童, 云う者, 云ふも, 云へば, 云われるトスカニーニ, 人民との, 仁王すなわち, 今日の, 介, 仏かな, 仰ぎ家長, 仲な, 伊佐比宿禰とは, 会見すべからず, 何太后とは, 侍史セシルの, 假想し, 僞て, 兎上王との, 共に逃げ去つ, 其の対立者, 其の美, 内通を, 円卓の, 助光は, 千代との, 博士とが, 印度政庁と, 号す, 号づく, 合せんと, 同じくは, 同じよう, 同人なら, 同姓の, 同色なり, 后だ, 后とは, 后の, 向かい合って, 呼ばる, 呼ばれた新張琢磨, 呼ばれる御方, 呼ばれる通り, 呼ぶの, 呼んだと, 呼んだ十三世紀, 和睦を, 國家の, 坑夫, 声の, 大利根博士とが, 大恩至交, 大違い, 女は, 女王が, 女鳥の, 奴隷とを, 妃との, 姉娘の, 威張つておる, 嬰寧を, 子反とを, 孫が, 守役を, 宗教裁判の, 宮廷に, 密室で, 富者とは, 対塁する, 将軍の, 尊称し, 對し, 市民の, 幕僚とに, 廷臣の, 引続き採掘, 弟の, 心得嘶いた, 忍, 忍坂王とで, 忍熊の, 思われる古, 戦うに, 戦って, 戦を, 戰鬪し, 抱き合って, 推尊する, 推称せらるる, 改め日本武尊, 新に, 明との, 智慧比べを, 期するが, 次弟が, 次弟は, 武芝とを, 武蔵介経基と, 母の, 民としか, 気付く者, 為すと, 爲さんと, 爲り, 牛, 王夫人に, 王妃とが, 王妃とは, 王妃に, 王妃は, 王妃を, 王子と, 生まれて, 田鳩との, 由義王の, 申す四歳, 申す女, 皇后とが, 皇后との, 直談判し, 神の, 称えられこれ, 称した, 称した世の中, 称し主君, 称し群臣, 称する, 称すること, 称せらる, 称せらるる, 称せらるるごとき, 稱すべき, 稱する, 立て, 競栄せんと, 竹若が, 竹若を, 等しからず, 答えて, 約して, 約束し, 約束の, 経基に, 経基は, 結婚させよう, 縁組する, 美妃の, 肩書を, 腹を, 舟師を, 菅丞相や, 華を, 落合うこと, 藤原鎌足らが, 虞氏の, 行逢ひ, 衝突し, 見られるの, 親し, 言うの, 言っても, 言ふ, 言われた狩屋三右衛門, 言われた狩屋三右衛門翁, 言われて, 認めて, 誤り垂幕越しに, 談議せしめよう, 諸公, 諸將, 諸王子, 負はせる, 賤民, 連絡が, 長摩納, 闘って, 降参した, 頼春には, 頼春にも, 頼春の, 頼春は, 顔の, 顔を, 駱駝追, 黒人とが, 黒人の, 齊, 龍王との

▼ 王~ (131, 1.3%)

3 頼春も 2 さすがに, 亦た, 出で, 貴族も

1 [120件] あきれ果てたもの, あの女, あまりうれしく, ありがたくお, ある, あれの, あれ七尺みどり秋, お考, ここでは, このやり方, この時, これには, これを, さみしかろ, しその, し仏, し牛, じっとその, じつに手ぬるい, すでに八荒坊, そこは, そのため, その一人, その後から, それからマリ子, それに, たいへんに, ちぇイ日ごろ, とたんにガク, どんなにか, なるべく鱶族, にっちもさっちもいかなくなっ, はじめて老人, びっくりし, またしかりだった, また一年, また三嘆之, また捕われ, また駈け, みな同じ, もう何食, もともと他人, やはりお歌, やむをえずかの, ろ, ペレズも, マリ子も, 一安心し, 万乗の, 不安を, 交じえて, 亦之, 亦悪戦, 人民も, 今は, 仰天した, 儲けられて, 先日わざわざ, 児も, 冬は, 加えて, 加わって, 医師を, 千代も, 印度の, 口を, 可哀そうに, 后も, 困って, 地底に, 堪えかねて, 墓あらしを, 大変草花に, 大親分, 女王も, 如何にも嬉し, 威張って, 山科の, 年若く, 心に, 心配に, 恐らく実在, 意を, 感銘に, 懼れ, 懾伏致すべき, 手下も, 捕え怪塔ロケット, 故なく, 曹操が, 案外尻尾, 槌を, 正しい理, 殺され押勝, 母の, 気に, 漢使一行を, 炳文が, 王剣を, 王妃も, 生れて, 異様の, 皆, 益なき, 禍殃を, 種々弁疏し, 考えが, 腰の, 腰を, 蓋し然様いふ人, 蔵王と, 蘇生した, 見えなく, 諸臣, 車上の, 遠行, 都人も, 金も, 頓に眉, 驚愕来帰した

▼ 王~ (97, 1.0%)

5 はその 3 の家, は彼 2 がいう, は, はそっと, は彼女, は思わず, は董太師

1 [74件] から幾たび, から渡され, がおれ, が侍, が再び, が命じる, が大兵, だけには会っ, でも董卓, と呂布, と貂蝉, と黄, などは真っ先, にもらした, に仔細, に誘われ, のことば, の体, の姿, の蔭, の襟, の身, の邸, の陰, の養女, の首, はあらかじめ, はうれしい, はことごとく, はさし, はすぐ, はそんな, はただちに, はもう, はわが家, はわざと, は一家, は一日, は何, は先, は再拝, は冷たい, は大, は家, は座, は後で, は微笑, は心, は急, は慰め, は手, は朝服, は李粛, は獄, は直ちに, は秘蔵, は翌晩, は自分, は蒼ざめた唇, は見まわした, は誘った, は酒, は長大息, は長安, は騒ぐ, へひそか, へ云った, へ誓った, もいった, もほろり, もわが子, も胸, をなにとて, をはじめ公卿たち

▼ 王~ (70, 0.7%)

6 の鶉 4 はそこ 3 はそれ, は老婆 2 は首, は鶉, もその

1 [48件] が拾っ, にいいつけ, にいった, にやっ, に問うた, に渡した, に話し, に話した, に農業, のため, の手, の望み, の着く, の祖父, の荷物, の馬, は, はいった, はうなずいた, はここ, はその, はその後, はまた, はもう, は主人, は仕方, は俯向, は儀賓府造, は利益, は半年, は喜ん, は大いに, は失望, は平原, は平生苦労, は忽ち, は承知, は旅館, は早く, は歎息, は貧乏, は釵, は雨, は驚い, も祖父, を当分ただ, を徳, を案内

▼ 王次に~ (66, 0.7%)

2 櫻井の, 水穗の, 葛城の

1 [60件] 三枝部の, 五十日帶日子の, 伊和島の, 伊理泥の, 伊登志別の, 伊美賀古の, 吉備の, 坂騰, 多米の, 多良の, 多訶辨, 大中つ, 大俣の, 大宅の, 大碓, 大長谷の, 妹大伴の, 妹桑田の, 妹青海の, 妹須賀志呂古の, 宇毛理の, 宇遲の, 宗賀の, 小俣の, 小張の, 小治田, 小羽江の, 山代の, 志夫美の, 惠波の, 日子人の, 春日の, 桑田の, 植栗の, 橘の, 檣日の, 比古, 沙本, 沙禰の, 沼代の, 沼名倉太玉敷の, 波多毘の, 泥杼の, 石衝毘賣の, 神大根の, 穴穗の, 竹田の, 笠縫の, 耳の, 茨田の, 蝮の, 袁耶本の, 讚岐垂根の, 豐御氣炊屋比賣, 赤比賣, 足取, 長田の, 間人の, 高木比賣, 麻怒

▼ 王~ (65, 0.6%)

3 の一首領 2 であるとともに, のもの, の一人, の人

1 [54件] だったので, だと, だという, だ彼, であった, であったにも, であって, であり帝国主義者, であろうと, でさえいられるなら, でなかったならば, でもなく, でモリロ派, で僧侶派, で正, で熱狂家, といい, という学生, となった, と称する, と闘い, になっ, になった, の, のしるし, のため, のよう, の一派, の中, の亡命者, の亡命者ら, の人々, の人たち, の元老会, の党員, の参謀本部附武官, の国会議員, の客間, の新聞, の旗, の暴動, の機関紙, の残党, の確か, の老人, の者, の者ら, の若, の論戦, の首領, の騎兵大尉, は自由主義者, もしくは革命党, らしい嘲りの

▼ 王~ (59, 0.6%)

2 の二手, の罪

1 [55件] がつと, がやがて, が迎え, だ, としては身, と五, と共に二万余, と張嶷, と張翼, と李恢, と汝, と聞い, などに加え, などの手勢, などの軍勢, などもそれぞれ, の一万騎, の一撃, の偽装隊, の先陣, の兵, の副将, の奴, の徒, の御, の急使, の戦いぶり, の手勢, の書簡, の諫め, はきびしく, はすぐ, はそう, はそこ, はつつまず申し立てた, は何と, は反対, は左軍, は平時, は張, は悲壮, は手勢五千, は詐, は馬, は黙然と, へ罵った, へ跳びかかっ, もあわてた, も張嶷, も現われ, や関索, を呼べ, を呼んだ, 字を, 待つこと

▼ 王~ (52, 0.5%)

3 や内海, を殺した 2 の屍体, の遺骨, も珠緒さん

1 [40件] がゲタゲタ, が殺された, が珠緒, が言った, が論語, だけがまだ, だけでなく, ついに一片, とあ, とあの, とお前, とそのまま, と交渉, にお, にかかっ, にしろ, にひと, にガン, に会っ, に参っ, に数歩, に貫禄, の, のベッド, のヤツ, の二学者, の場合, の奴, の寝室, の弟子, の遺骸, の部屋, の野性奔放, はいきなり, はまだ, ほどの御, を殺し, を殺す, 殺し珠緒, 殺し珠緒さん

▼ 王~ (52, 0.5%)

3 を刺 2 がまだ, が漢室, に對

1 [43件] から見る, が, が其眞, が已に, が後, が新, が有名, が置いた, といふもの, といふ大, と云, に, に反, に特別, に當, に諂つた人格劣等, に超え, のこと, の事, の信用, の名, の得意時代, の時, の時代, の末年, の末年天下騷擾, の簒奪, の義和, の計, の貨泉, の頃, の頌徳表, はその, は大, は大夫楊雄, は天下, は早速, も恭謙天下, も目的, を刺つた事, を周公, を討っ, ノ鋳

▼ 王という~ (51, 0.5%)

3 のが, のは, 方の, 男が 2 不思議な, 子供は, 者だ

1 [33件] あるお, お二人, お方が, お方でございます, どろぼう, のである, ふしぎな, ものが, ものは, わけで, 人物から, 侍童を, 偉い人, 別名の, 国王が, 字を, 家の, 家へ, 役人は, 意味, 方が, 方を, 王さまが, 王様が, 男は, 童武者に, 老婆から, 者が, 者である, 者と, 者に, 荒え, 虎の

▼ 王~ (51, 0.5%)

2 の巫女, の顔

1 [47件] からこの, が秋山図, で古代以来, との系図, とも言, と言, にはまだ, に会釈, に伝え, のほう, の人, の使, の兵部大輔, の后, の外甥, の女, の子孫, の庭, の弟, の手中, の教育, の方, の焦慮, の皇后, の第, の配下, の高級巫女, はいっそう, はいよいよ, はこの, はしばらくたって, はそういう, はやや, は其夫, は勿論, は喜び, は早速, は滅亡, は無理, へ答えました, も得意満面, も熱心, を失望, を始め, を知っ, を脇, 即ち莽

▼ 王~ (48, 0.5%)

3 のお 2 がゐた, が雲, だと, になる, のよう

1 [35件] がない, が刀, が坐らなき, が宗教裁判, が朝鮮半島, が自分, だつて, といふの, といへ, とか何とか, として椅子, なの, なんてまだ, になりました, にも勝つ, のこと, のみい, のやう, の名, の命令, の墓, の墓穴, の子供, の正月, の許, の誰か, はゐる, は崩御, は成吉思汗, も, もあれ, もクラブ, もスペイド, も團子, や偉い

▼ 王~ (47, 0.5%)

1 [47件] が民, である, とあり, にいたれり, にては時, に入る, に出る, に歸, の全, の尊き, の建設者, の從, の心, の惠, の所在地, の榮華時代, の權, の生, の統御, の荒らさる, の諸, の軍人, の軍人等, の遺物, の間, の際端, はエムピレオ, は常に, は熱き, もまた, も亦, をうた, をその, を去る, を征服, を指す, を指せる, を攻む, を攻めし, を求むる, を治め, を與, を與へん, を苦しめし, を認むるものにして, を遍く, 即ちボヘミア

▼ 王~ (42, 0.4%)

2 の言

1 [40件] がいった, がと問う, が見, である, ではない, という者, などは容易, なるか, に与えた, に説いた, の三名, の兵, の司徒, の屍, の旗下, の狙っ, の臣下, はその, はだまっ, はようやく, は仰天, は博学, は厳白虎, は命からがら, は孔明, は御, は怒っ, は激怒, は献帝, は自負, は軍師, は酒, へきっと, へ槍, もともに, も共に, よ耳, を失っ, を逃がす, 疾く出でよ

▼ 王その~ (41, 0.4%)

4 時答へて 2 人が

1 [35件] 仲間気立ての, 兄を, 同母妹に, 后と, 呉床に, 地に, 妃などと, 宮殿の, 床辺に, 心の, 志を, 態を, 時に, 時彼に, 時童男に, 時衆に, 時衆の, 智慧を, 最勝最大, 最勝王ブル, 望みの, 母の, 毛を, 状人の, 王土と共に, 言に, 計を, 訳を, 通りせし, 配偶者および, 銭を, 長生王の, 頭上に, 馬に, 高徳あっ

▼ 王~ (41, 0.4%)

3 の義観 2 の時, や竜王院

1 [34件] がすでに, での退き, で待つ, で浄土, となっ, とは異, とやらの坊主一人, に会おう, に住, に於, に面会, のほう, のみに限らず, の内, の名, の境内, の大, の威望, の宝蔵, の寝所, の広, の庫裡, の方, の横, の義観僧都, の裏, の裏地, の近所, の長い, は其本来, へお, も竜王院, をたずね, を建立

▼ 王~ (38, 0.4%)

2 王妃に, 経基の

1 [34件] ある, さてはまた, その若き, みだい所, アルスの, オシリス・マアアト等の, シーザアや, スクナと, フレリック二世ジェームス四世それから, ランスロットの, 不死人, 令尹に, 兎上王たちは, 其の卿大夫, 副王, 大竹丸の, 太公の, 奈翁一世の, 姉君の, 帆村探偵は, 海の, 玄明などが, 玄明の, 玄明は, 玄明を, 玄茂が, 玄茂等は, 王妃の, 甘粛新, 由良之助を, 英国政庁辺の, 見張番, 貴人は, 軍人は

▼ 王主人~ (38, 0.4%)

6 の家 4 の媽, の媽媽, の許, は許宣 2 が室, に随, はそう, は女, は金, を縛っ 1 がそう, がそういう, の処, の所

▼ 王仁さん~ (35, 0.3%)

3 の寝室 2 のお, の部屋

1 [28件] から預っ, が死んでる, が殺され, が目, だけが御存知, と珠緒さん, と私, にやられた, に関係, の上衣, の事件, の場合, の寝台, の屍体, の心臓, の枕元, の鍵, はお茶, はもう, はタバコ, はビール, は丈夫そう, は敵, は珠緒さん, は眠っ, まだねてる, をダビ, 殺されて

▼ 王~ (35, 0.3%)

13 御は 6 御の 5 御が, 御に 3 御を 1 御と, 御とが, 御も

▼ 王たる~ (34, 0.3%)

1 [34件] にい, に印度教の, に及び, に足りる, に過ぎない, もので, ものは, や塞北, や最上, を得ず, を望ま, アガメムノンは, イエーソーンピュプシピュレーは, ドイツ皇帝ヘンリー四世と, ライオン, ラウペパに, 人々の, 大虎神これ, 天国を, 妾が, 宗湛に, 弥之助が, 役者を, 李陵の, 正体を, 武帝の, 獅子と, 老人で, 英雄ブルの, 英雄第, 身, 難陀竜王, 高きクロニオーン, 鷲が

▼ 王~ (34, 0.3%)

3 あつた 2 これは

1 [29件] あつたらしい, あらうが, ありそう, いらせられますぞ, いらっしゃいますな, えらく仕事, お前は, この天皇, この方, それが, でも, どちらが, やはり平和, よかったら, スモーク・ピッチャー, 一たび嘯け, 三千人の, 下関が, 両足で, 城廓以外に, 天武天皇の, 天皇では, 寝台の, 市演得迦と, 度々言う, 悉達太子これに, 捺羅僧伽の, 極めて亂暴, 精女達の

▼ 王から~ (31, 0.3%)

1 [31件] いただいたみやげ物, いわれて, お召し, この国, この大任, ぜひとも返答, ロオペが, 何かしら種を, 俸給を, 公所へ, 受けた衣, 受けると, 奪ったピストル, 将門へ, 戒めの, 掠めとつ, 攻められは, 来書が, 特権を, 献上品として, 発令され, 筋を, 美しい后, 自分の, 蜈蚣退治の, 貰いました, 賜った関羽, 賞与を, 迎ひ, 途, 電話か

▼ 王~ (31, 0.3%)

2

1 [29件] からだ, からである, からと言, からどうして, からイヨー親分, がそれでも, がなあ, つたのに, ということ, というの, という不思議, という事, という古伝, といふ, とか女王, としたら, として一つ, と信じ, と名, と思っ, と見られた, と言います, と言つて支那, な, なと叫んだ, なんて名, ね, も猶, 斯う

▼ 王~ (30, 0.3%)

2 のレストラン

1 [28件] からの電話, から聞い, がそう, がむかし, が出, が取りあえず, が同情, が庖丁, が金盥, と差向い, と識合い, なんとかいわない, に会え, に殺される, に済まない, のよう, の前, の報告, の店, の怒り, の正体, の親友, の頼み, はナカナカ眼, は今平和, は却って, は大きい, は大学

▼ 王~ (30, 0.3%)

4 のふたり

1 [26件] が, が贅沢, では, と出会った, と劉岱, に向っ, の手, の縄, の輩, はあわて, はやがて, は一軍, は唾, は図, は彼, は答え, は首, も今, も劉岱, も槍, も躍りあわせ, をし, をしばりあげ, を奥, を殺し, を部下

▼ 王安石~ (27, 0.3%)

3 の新法 2 といふ人, のこと, の時

1 [18件] が新法, が科擧, ごとき偏見, となす, と蘇東坡, などさ, などさえ偽, なり, に近し, の, の制度, の後, の時代頃, の詩, は之, は云, は更に, もまた

▼ 王應麟~ (27, 0.3%)

2 の玉海

1 [25件] がかかる, がその, がそれ, が大, が始め, が手, が藝文志, である, と並ん, と關係, などのやつ, などの學風, の一種, の困, の如く, の學問, の學風, の注意, の目録學, はその, は又, は困, は朱子, は茲, も之

▼ 王~ (26, 0.3%)

2 の営中

1 [24件] があわて, が眼, が矢痍, が血まみれ, とは思わなかった, と交わり, に替え, の交わり, の短所, の親友, はあわてふためい, はそういう, はその, はもっと, は仰天, は曹操, は首尾, を刺し殺し, を射た, を府内, を御, を睨めつけ, を討ち取っ, 亡きあと

▼ 王これ~ (25, 0.2%)

3 を聞き

1 [22件] に乗じ, に従って見事, に甘, は全く, は慥か, は狂人, は背, を三妃, を厨人, を司らん, を奪わん, を崇むるはもっともだが, を怒っ, を攻, を眺め, を祀り, を聞い, を見る, を賞, を赦し還らせた, を身, を首肯

▼ 王として~ (24, 0.2%)

1 [24件] あり細か, あるし, あるまじきこの, いま胆吹王国の, こ, その儘, その魔法使い, また巴里, オルシロコスを, カイザアたる, 不思議な, 不思議の, 伊勢へ, 住むよう, 再び立てられる, 出来る限り厚遇, 土民を, 寧夏に, 尊ばれた, 年額三・一五〇・〇〇〇弗といふ, 手數がか, 知られたりき, 萬國の, 頭に

▼ 王といふ~ (22, 0.2%)

5 人が 3 のは

1 [14件] ことを, それから其の, のが, ものが, 人であります, 人の, 人は, 名を, 女を, 尚書にも, 時は, 王樣の, 稱號に, 綺麗な

▼ 王とは~ (22, 0.2%)

1 [22件] いえないが, かつて顕家, たがいに, ともに武, ならん此, なんだか深い, まだ自分自分, 一体何者, 一対の, 仁徳天皇の, 大利根博士の, 如何なる人, 孔子の, 寄食者だ, 弓削道鏡の, 抱き合って, 普賢菩薩の, 機械を, 河原の, 誰か, 誰の, 離すこと

▼ 王~ (22, 0.2%)

6 の七志 2 の目録, は

1 [12件] が, があり, といふ人, とを參照, に從つてこれら, の四部書目録, の圖譜, の圖譜志, の考, はこれ, は兵, は道經

▼ 王~ (22, 0.2%)

1 [22件] からの捷報, これに, と諸, に斬っ, に計, に賜わった, に追いかけられ, のため, の旗, の死, の知る, の追う, の陣, の首, はいと, はこれ, は伏し, は抜群, は逃げきれず, をそこ, を先鋒, 軍とも

▼ 王には~ (21, 0.2%)

1 [21件] あたりません, ことごとく信用, とどかないし, ならなかつた, なんの, ゆりの, わかりよく, ゴリネルリガンコルデリヤという, 一人の, 一方では, 不愉快であった, 今浪花座, 僕も, 多くの, 意富祁王袁祁王という, 歩兵と, 生返辞, 眼にも, 籠と, 自分に, 自分の

▼ 王プリアモス~ (21, 0.2%)

3 生める息 2 の子, の長子

1 [14件] に向, に宣んし, に木馬, に近づき, の子ら汝, の愛婿ら, は神命, また部下, 住む處, 即ち答, 戴ける都城, 生める中カッサンドレー, 見る如く, 進んで

▼ 王陽明~ (21, 0.2%)

2 だの

1 [19件] が, だとか, でもない, でも何, とともにかく, にしろ, に従うべきだ, の, のい, の伝習録, の唯心論, の如き, の学説, の弟子, の派, は入定僧, は説いた, もゴツチヤ, やと一緒

▼ 王~ (20, 0.2%)

4 我を 2 爾は, 若い死体

1 [12件] われは, 何を, 使部の, 使部は, 女は, 彼を, 我の, 死人の, 王よ, 眠りの, 耶馬台の, 詩人らは

▼ 王との~ (19, 0.2%)

2 間に

1 [17件] あの約束, 二人を, 会見には, 出くわしについては, 友情について, 向きあった, 君臣の, 問答を, 姉弟で, 密謀の, 密通と, 恋など, 戦は, 支配下に, 爭鬪に, 間には, 関係は

▼ 王老師~ (19, 0.2%)

1 [19件] ことごとく失敗, とが向いあい, とは医師, どうし, に案内, の部屋, の間柄, の顔, はあきれた, はおどろい, はここ, はしきりに, はちょっと, はどうして, はなげいた, はまだ, は当館, は醤立合い, もちょっと

▼ 王~ (19, 0.2%)

1 [19件] が行く, である, にとってたい, に卿ら, に対していさましい, に抗, のお, の大将, の将士, はわが, は脆く, をうごかす, をくだし, をたすけるべく, を催し, を待つ, を興し, ヲ向, ヲ悩マス数

▼ 王~ (18, 0.2%)

82 の論衡 1 が, が墨子, が著した, といふ人, によつて, のいわゆる, の言つた通り, は等しく

▼ 王~ (18, 0.2%)

1 [18件] がどう, が花磁盞, が見せた, と云う, と少女, に返す, の姿, の家, の膝, の話, の顔, はそう, はそれ, は仲, は例, ももう, 夫婦も, 夫婦を

▼ 王~ (17, 0.2%)

11 一方です 2 銀様の 1 一方また春日, 二方です, 四方です, 心安く思わるる

▼ 王~ (17, 0.2%)

5 の廊下 2 の中, は三国時代 1 なども所, にいる, に参詣, に立ち寄っ, の政治, の神様, の神烏, へ参詣

▼ 王である~ (16, 0.2%)

1 [16件] あんたに対して, がこの, ぞと大きな, ということ, と早くから, と言われた, どれかが, のと, ゆえんは, よりは貧しき, フン, ユーサーペンドラゴンの, 冠を, 又不, 吐呑渾が, 獅子の

▼ 王給諌~ (16, 0.2%)

2 はひどく

1 [14件] がいよいよ, が人, が自分, に逢う, に逢おう, の方, の許, の門口, はそこ, はまた, は上疏, は王侍, は長く, は雲南軍

▼ 王自身~ (15, 0.1%)

1 [15件] がそう, が進める, でさえも一平民, で言われましょう, に就, に帰すべき, の事, の思ひ, の死, の表現界, の趣味, は手, または太公望呂, もすぐれ, も動き

▼ 王より~ (14, 0.1%)

1 [14件] ベートーヴェン氏に, 下庶民, 五百金銭を, 六年前に, 初めてさまざま, 受けし如き栄誉, 古いとは, 同じく通商, 呼び還され政務, 大酋長, 日々五百釜の, 献上せる, 生口を, 莫大の

▼ 王党派~ (14, 0.1%)

2 であったにも

1 [12件] から軍隊, だったの, だった古い, となる, との争闘, の客間, の現, の緩衝, の衣, の謹厳, の陸軍大臣イゴール・アウレスキー, はいつの間にか

▼ 王~ (14, 0.1%)

1 [14件] がこの, が生, などの諸, に別れた, のことば, の言, はいちど荊州, はまず, はやがて, は思わず, は膝, も関羽, や趙累, や関平

▼ 王この~ (13, 0.1%)

2 地に

1 [11件] へんで, 中沼名倉太玉敷の, 児に, 御者は, 王が, 王の, 王丹波の, 王葛城の, 盛事の, 言を, 遣り方

▼ 王なり~ (13, 0.1%)

1 [13件] ければ, しよ, その姉妹ディド, トロイア王デリアモスの, 倨傲に, 僞善者を, 嘗て夢, 己が, 悪人は, 戦闘我を, 更に能, 牝虎に, 病に

▼ 王にも~ (13, 0.1%)

1 [13件] またハムレット, 事情の, 似寄って, 夢に, 大巫, 寧ろ過ぎ, 当るし, 御相談, 感じたの, 旗が, 益り, 真似は, 重んぜられて

▼ 王~ (13, 0.1%)

1 [13件] を悦びたれ, を痛み, を眺め, を眺めつ, を聽, を許す, ヲ禁ジテ王ノ, 仁が, 易文王之, 易非, 杖, 臣は, 臣太監周恕徐王府賓輔史彬と

▼ 王~ (13, 0.1%)

1 [13件] ある由, が怒り, という老, と文聘, などという荊州, などに彼, にも服せず, の恢復, の恩浴, の進言, もまた, をかざし, を知らしめなけれ

▼ 王~ (13, 0.1%)

2 をツクバネソウ

1 [11件] が果して, で現今存在, といっ, の下, の金, は断じて, をツチハリ, を奉戴, を見, を都知波利, 尚温

▼ 王~ (13, 0.1%)

3 の詩 1 が九日山東, が述べた, に対する放, のこと, の繪畫, の詩境, も好ん, も詠った, や淵明, をまねび

▼ 王~ (13, 0.1%)

3 の別, 両文明 2 の大業 1 の争い, の大計, の差別, の弁, の説

▼ 王なる~ (12, 0.1%)

1 [12件] が二柱, ぞ, ひとの, を覚りし, ゼピュロスに, ハイメ, 侍童には, 左券として, 巨鯨の, 幾千の, 獅子あちらでは, 皇帝の

▼ 王またの名~ (12, 0.1%)

2 はヌカデ姫, は糠代比 1 はカヒダコ, はスメイロト・ハツセベノワカサザキ, はヤツリ, はヲカヒ, は八瓜, は小貝, は貝鮹, は須賣伊呂杼

▼ 王~ (12, 0.1%)

2 の下 1 だ, と穿い, の光榮君, の勢力, はヘープァイストス鑄, もてる, をもった, を彼, を振りあげ, を攻撃

▼ 王~ (12, 0.1%)

1 [12件] がい, がとおる, が横行, でさえくぐれぬ, という, とが行き会っ, とガラガラ蛇, と呼ぶ, に狙われ, のほう, や角喇蜴, や豹

▼ 王すなわち~ (11, 0.1%)

1 [11件] これを, その穴, やめた, 五人の, 五百金銭を, 刀仗を, 太子の, 妃を, 斉とともに, 猴兵を, 長摩納

▼ 王たち~ (11, 0.1%)

1 [11件] が聞い, ではない, につかまり, の傍, の前, の宝石, の案内, は俺, は無, は皇子, 聞き歡び

▼ 王及び~ (11, 0.1%)

1 [11件] 人民皆な, 全白人, 其槍術まさる, 十五王子を, 圓卓の, 子ら及び, 張玉朱能譚淵馬雲等の, 恐るべきペルセポネーア, 有功者には, 諸子, 諸将士

▼ 王國維~ (11, 0.1%)

2 の, の所説 1 がその, が民國五年, の中元五年説, の論證, は, も亦, を最初

▼ 王~ (11, 0.1%)

2 先生は, 権現と 1 に喜び, に怒っ, に怒り, 先生に, 栗を, 脱線, 驚謝歸

▼ 王~ (11, 0.1%)

3 の文 1 からさずけられる, から派遣, にある, のことば, の文章, へも通じられ, へ汝, へ送っ

▼ 王~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, がこの, が作, の, の事, の作, の作つた, の僞作, の相手, は是等, は沙門

▼ 王~ (11, 0.1%)

1 [11件] がある, に此, の左右, の淋しい, の物々しく, の発掘, の神木, の谷, よりし, を曝くも, を発掘

▼ 王たり~ (10, 0.1%)

1 しが, しゴンドラン, しメーキスト, しロバート, その戴冠式, トロイアの, ローマの, 嶮難道を, 得るかを, 無為に

▼ 王~ (10, 0.1%)

1 お送りに, 向け祝電, 向って, 持つて, 書翰し, 献じなければ, 申しあげるぞ, 直々に, 近づき, 遣った

▼ 王デルマ~ (10, 0.1%)

1 から黄金メダル, がこしらえた, が万一, が埋めた, が死, が淡路島, にはもう, の宝, の死霊, はかつて

▼ 王~ (10, 0.1%)

2 の官属 1 から黄河口, がある, と云, に仕える, の官員数千人, の護衛, は一転戦雲, をこの

▼ 王~ (10, 0.1%)

2 の詞 1 が宮詞, が少年兒女, の宮詞, の牡丹, の終睹鳴, の詩, の鞦韆詞, は足蹈平地

▼ 王~ (10, 0.1%)

1 があろう, だ, によってほ, のお, のフィリップ殿下, の地位, の聴罪師, の許し, もクソ, 去らしめつ

▼ 王時代~ (10, 0.1%)

1 といえ, にまでひきもどされ, に八重山征伐, のこと, のバビロン, の人, の健全, の北西インド, の周, の遺蹟

▼ 王生める~ (10, 0.1%)

2 子の 1 二子嫡子と, 子に, 子ら彼らに, 庶子, 庶子メーデシカステー彼の, 息デーイポボスは, 息ポリテースの, 息メレアーグロスその

▼ 王~ (10, 0.1%)

1 が和, が採り, とともに雄略天皇, の威名, の建立, は即ち, を廃, を謗り, 笑って, 聞き歓び見喜びて

▼ 王舎城~ (10, 0.1%)

3 の鎮守 1 にあった, に在せし, の人, の北, の市中, の耆闍崛山中, の迦蘭陀竹園

▼ 王たるべき~ (9, 0.1%)

4 ものも 2 が如く 1 ブル, 人なりと, 瑞兆と

▼ 王であった~ (9, 0.1%)

1 かという謎, が後, ということ, と同様, ケリルが, 事は, 時即ち, 時彼の, 顕理六世が

▼ 王では~ (9, 0.1%)

3 なかった 1 あったが, ありましたが, ないか, ないかと, ないの, なしに

▼ 王どの~ (9, 0.1%)

1 がその, が鎌倉府内, にも何ぞ, のいる, の手勢, の鎌倉脱走, もその, や御, を都

▼ 王メネラオス~ (9, 0.1%)

2 の妻 1 に客, を射, 助くめり, 悠然と, 斯くばかり, 欺きて, 立ち上る彼

▼ 王~ (9, 0.1%)

2 の首 1 がこの, と任峻, と共に曹操, は泣きだした, も悲鳴, を呼んだ, を怨ん

▼ 王~ (9, 0.1%)

1 か, がひよ, が顔, でくる, というユダヤ退治, に在, の下, は清正, や八艘

▼ 王~ (9, 0.1%)

2 をもらい, を与えた 1 の女, をたまわり, をもらっ, をもらった, 阿毎

▼ 王昭君~ (9, 0.1%)

1 という方, などを題目, に扮装, のよう, の幅, の遠き, を歌った, を殺し, を胡地

▼ 王~ (9, 0.1%)

1 が, とを並べ, にのみ關はる, に與, の例, の汚辱, はおられます, はやみ, も心して

▼ 王からの~ (8, 0.1%)

2 贈物でございます 1 使節なども, 公文書は, 命令では, 言いつけも, 電報だろう, 電話です

▼ 王ロロ~ (8, 0.1%)

1 がお待ちかね, と副, におめでとう, にしたがう, のつかい, のもと, はあそこ, はその

▼ 王九媽~ (8, 0.1%)

1 が指折り, が立っ, が道端, と藍皮, はいずまい, はまた, は單四嫂子, は承知

▼ 王~ (8, 0.1%)

1 であつ, の夜食, の質問, はみごもつた, は逃がす, を娼家, を彼, を御す

▼ 王孫権~ (8, 0.1%)

1 が可愛, が戯れ, が登極, との決戦, に報じられる, は宿年, へ上, 手ずから剣

▼ 王昌齡~ (8, 0.1%)

6 の詩格 1 であります, と申します

▼ 王曹操~ (8, 0.1%)

1 から奏請, がため, とは同郷, にはいよいよ, の大功, の所在, の船, も非

▼ 王物語~ (8, 0.1%)

2 の中 1 ねあれ, の主人公, は恰も, を出し, を回教徒, を読ん

▼ 王~ (8, 0.1%)

1 がどうか, だ, であった, にちがい, は, はくわっと, は頓首, や黄権

▼ 王あり~ (7, 0.1%)

2 卑彌弓呼素と 1 五百師子の, 兵器持った, 号づけ, 家族政府として, 牝虎に

▼ 王さん~ (7, 0.1%)

2 待って 1 だから, でも, といっ, に付いた, の顔

▼ 王への~ (7, 0.1%)

1 あてつけが, 公式謁見で, 往復書類などが, 忠義です, 忠誠公平の, 敬称である, 租税同じく

▼ 王即ち~ (7, 0.1%)

1 いそぎ車, 例の, 問ひ, 彼に, 狂を, 答へて, 迦摩縷波國の

▼ 王~ (7, 0.1%)

2 が生んだ 1 という地位, となり, の栄華, を負い来らしめ, 頻りに言寄れ

▼ 王~ (7, 0.1%)

2 獲の 1 の如き, 獲ありや, 獲が, 獲は, 獲も

▼ 王孫賈~ (7, 0.1%)

1 がいた, がこの, が先師, が国防, が孔子, が来た, の心

▼ 王石谷~ (7, 0.1%)

1 の顔, はちょい, はまた, は主人, は今度, は語り終る, を見た

▼ 王~ (7, 0.1%)

1 の初期, の時代, の絶, はすでに, ぶる都府今迅速, を天孫氏, を繼

▼ 王若水~ (7, 0.1%)

2 の唐子 1 か何ん, の, の一軸, の唐子嬉遊, の画いた

▼ 王~ (7, 0.1%)

4 の書いた 1 の句, は有名, を遣わし

▼ 王~ (6, 0.1%)

1 あるいは一つ, そちは, 主だった, 又はほか, 怪塔王でない, 見分が

▼ 王と共に~ (6, 0.1%)

1 フランス万歳を, 一ト足先に, 山路を, 死んだの, 洗浴の, 陣頭に

▼ 王また~ (6, 0.1%)

1 兵を, 寶車乘の, 来り斎, 河内の, 然り, 王に

▼ 王よりも~ (6, 0.1%)

2 まさつて 1 よろづ贅沢, パン屑と, 權力が, 高等な

▼ 王ヘロデ~ (6, 0.1%)

1 が死ぬ, には復命, の迫害, はひどく, は博士たち, は死んだ

▼ 王~ (6, 0.1%)

3 の詩 1 の東風桃李鬪芳辰, の鞦韆行, は金飾丹題綵作繩

▼ 王國維説~ (6, 0.1%)

3 の弱 1 と自説, に據, に比し

▼ 王大いに~ (6, 0.1%)

1 喜び諸, 喜んで, 悦び救済, 悦び重く, 感じ使人に, 憂愁する

▼ 王~ (6, 0.1%)

1 に向, の譽, の陳ずる, は天子, を拝, を茶席

▼ 王既に~ (6, 0.1%)

2 兵を 1 今川了俊の, 死し給うと, 没したれども, 没して

▼ 王~ (6, 0.1%)

1 が申されます, の従事官, の謀計, はすでに, はむしろ, は城門

▼ 王~ (6, 0.1%)

3 の一枝 1 という樹, など野生, を振被っ

▼ 王殿下~ (6, 0.1%)

1 おなじく御息所, がおし, に対し奉り, の御, の設立, は三十年

▼ 王洪吉~ (6, 0.1%)

1 には日本語, の女房, の賃銀, はお, は何, もその

▼ 王~ (6, 0.1%)

4 へて彼 1 うるに, へ歌

▼ 王~ (6, 0.1%)

1 です, ではない, と, と申す, にはなんと, を擬

▼ 王聞き~ (6, 0.1%)

1 て哀感, て嘆稱, て待ち取ら, て税, て諸, 歡ば

▼ 王~ (6, 0.1%)

2 の中央 1 ではなかっ, なの, に競技, を遠く

▼ 王おいで~ (5, 0.0%)

3 になりました 1 になつ, になります

▼ 王だけは~ (5, 0.0%)

1 何か, 俊寛の, 創作した, 既に府, 若年ながら

▼ 王とも~ (5, 0.0%)

1 あるべき身, あるものの, いわれる人物, また必らずし, 思わんとは

▼ 王なりと~ (5, 0.0%)

1 いひしが, いひ源蔵, しみじみ感ぜり, 信ぜり, 称えたので

▼ 王を以て~ (5, 0.0%)

1 天子たらん, 孔子其人に, 皇と, 自から, 魯に

▼ 王~ (5, 0.0%)

4 をし 1 を楚

▼ 王~ (5, 0.0%)

1 しも彼, は帝, は燕王, は皇帝, 我国へ

▼ 王夫妻~ (5, 0.0%)

1 の前, の相愛, はその, はとうとう, もなみはずれ

▼ 王女御~ (5, 0.0%)

1 がいる, で侍, のほう, はお, は身

▼ 王~ (5, 0.0%)

2 の息子 1 に酬いたい, は手, は見返り

▼ 王栄老~ (5, 0.0%)

1 といふ男, は七日七夜, は払子, は郊外電車, は顔

▼ 王~ (5, 0.0%)

3 の二使 1 がまず, だった

▼ 王漁洋~ (5, 0.0%)

21 といえ, の次, も寒山寺

▼ 王~ (5, 0.0%)

2 の兄弟 1 の次, の正直, は一番

▼ 王~ (5, 0.0%)

1 一の, 七世孝霊帝七十二年秦始皇遣, 三に, 二書, 四世

▼ 王~ (5, 0.0%)

1 というもの, となっ, となる, なり日本, になる

▼ 王陛下~ (5, 0.0%)

1 およびメリー女王陛下, でご, と承まわり, と王妃陛下, の護衞

▼ 王~ (5, 0.0%)

1 にそむいた, の慈しみ, の点, をお, を布く

▼ 王~ (5, 0.0%)

1 という若い, と冬貂, の友達, は十八, は耳

▼ 王~ (5, 0.0%)

1 が青い, とその, に先立たれ, の妻, は蓮英

▼ 王さえ~ (4, 0.0%)

1 如来の, 持って, 捕えて, 私は

▼ 王だった~ (4, 0.0%)

1 ね, のか, のだ, のです

▼ 王であっ~ (4, 0.0%)

1 たりまたは, てもともと, て同時に, て旧約全書

▼ 王~ (4, 0.0%)

2 のか 1 のだ, ものか

▼ 王なれ~ (4, 0.0%)

21 ど, ば大工

▼ 王にとっては~ (4, 0.0%)

2 憤慨では 1 それが, 珍しい大

▼ 王~ (4, 0.0%)

2 はまた 1 は例, を信濃

▼ 王アガメムノーン~ (4, 0.0%)

1 が列王諸侯, に到らしむ, に惡言, に憤る

▼ 王グラッドロン~ (4, 0.0%)

1 がマルグヴェン, が剣, の手, は牝狼

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 位ヲ, 免許ヲ, 実子ガ継グコトニナッテイル, 巣トシ宮殿楼閣悉ク銀映

▼ 王フィリップ~ (4, 0.0%)

1 に売り渡す, に狂的, は三十年, も同じ

▼ 王フィリップ四世~ (4, 0.0%)

2 の弟 1 の奪略, の歡心

▼ 王世貞~ (4, 0.0%)

1 と多少, の言, の言う, 既にこれ

▼ 王~ (4, 0.0%)

2 の王 1 の紅艶酒, 郎が

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 だけが忠義, と共に附近四郡, の孤忠, は

▼ 王其の~ (4, 0.0%)

1 五十万の, 寵姫の, 旗を, 材勇を

▼ 王夫人~ (4, 0.0%)

1 に拝, の使飲食, は小, は悦ん

▼ 王妖順~ (4, 0.0%)

1 が一人, だった, といっ, はその

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 の主, の影, の長老, の頂上

▼ 王平張嶷~ (4, 0.0%)

1 に命じ, のほう, の三名, の二軍

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 から頂戴, に似, に元, の番頭

▼ 王廷珸~ (4, 0.0%)

2 は大 1 という奴め, といふ奴め

▼ 王御前~ (4, 0.0%)

1 と云う, の御, をめとっ, を出

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 と云, に生れた, の中, を建てる

▼ 王次回~ (4, 0.0%)

1 が, が疑, の律詩中, の疑

▼ 王~ (4, 0.0%)

2 を掠奪 1 にお, の所

▼ 王~ (4, 0.0%)

2 の遺誡 1 が蘭學, が誡語

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 という百姓, の禍, も気の毒, も驚かされた

▼ 王真人~ (4, 0.0%)

3 の弟子 1 のお

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 が一局, のあげた, は曹操, や傅巽

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 がそんなに, は一九一四, は彼, を絶やそう

▼ 王経基~ (4, 0.0%)

1 と聞い, の三者, の四子陸奥守満快, の嫡孫

▼ 王義明致流~ (4, 0.0%)

1 とやらはこんな, の極, の秘妙, の腕前

▼ 王自ら~ (4, 0.0%)

1 の奧津城, の手, も優秀, 進んで

▼ 王荊公~ (4, 0.0%)

1 が波, とは既に, に髣髴, の文

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 では滿足出來, の價値, や帝號, を僭し

▼ 王遂に~ (4, 0.0%)

1 奉天殿に, 復師を, 意を, 臨清に

▼ 王金博士~ (4, 0.0%)

1 がこのほど上海, のとつぜん, は袖, も因果

▼ 王~ (4, 0.0%)

3 が大 1 の引立

▼ 王~ (4, 0.0%)

1 であつ, で清朝, のため, 大司馬

▼ 王かの~ (3, 0.0%)

1 ように, 夜喚ぶ, 美女を

▼ 王それ~ (3, 0.0%)

1 だけの金, に乗っ, は出来ぬ

▼ 王だって~ (3, 0.0%)

1 いくら広い, ことを, たかが新人

▼ 王であり~ (3, 0.0%)

1 日本武尊であり, 比丘であり, 鯛は

▼ 王です~ (3, 0.0%)

1 か, よ, よ今

▼ 王でない~ (3, 0.0%)

1 かその, 国王は, 自個

▼ 王とが~ (3, 0.0%)

1 漢青年の, 相共に, 私通し

▼ 王としての~ (3, 0.0%)

1 出現は, 特権を, 獅子の

▼ 王としては~ (3, 0.0%)

1 猜疑心が, 行くての, 隠者時親に

▼ 王とて~ (3, 0.0%)

1 とても助, 観音の, 迦濕彌

▼ 王なら~ (3, 0.0%)

1 ばそんな, ば女王, 小田原に

▼ 王みたい~ (3, 0.0%)

1 な声, に木のぼり, に金持ち

▼ 王をも~ (3, 0.0%)

1 その日, 兼ねよ, 殺した

▼ 王エジソン~ (3, 0.0%)

1 の少年時代, はいっ, も

▼ 王オイディプス~ (3, 0.0%)

2 とヨカステ 1 なりこ

▼ 王タマセセ~ (3, 0.0%)

1 に対する島民, の遺児, を立てよう

▼ 王ダヴィデ~ (3, 0.0%)

1 の曾祖父, の罪, の謙遜

▼ 王ラウペパ~ (3, 0.0%)

1 がひょっこり, の俸給, の許

▼ 王レーソス~ (3, 0.0%)

1 は之, は戰陣, をチュウデーデース襲

▼ 王一人~ (3, 0.0%)

1 が住ん, だけとり残され, に集中

▼ 王三家~ (3, 0.0%)

1 に及ん, に見るごとき, を得

▼ 王三尺~ (3, 0.0%)

21 のげい

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 留行と, 留行ベチユニヤなど, 留行本草綱目に

▼ 王世子~ (3, 0.0%)

1 が泊った, に似, のお伴

▼ 王以上~ (3, 0.0%)

1 に崇める, のもの, の富

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 して, としよう, の日

▼ 王使~ (3, 0.0%)

1 が捉え, と詐りア, は追い往く

▼ 王僧辯~ (3, 0.0%)

2 や李景讓 1 の如き

▼ 王先生~ (3, 0.0%)

1 と醤買石, にお目にかかろう, のところ

▼ 王公台吉~ (3, 0.0%)

1 の三種, の封爵, の戚族

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 を挙ぐる, を率い, を起し

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 をふるはなかつた, を王, を要しません

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 が謂, が謂う, の

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 その部下, の耳, はまた

▼ 王司徒~ (3, 0.0%)

1 ではない, はよろこび, 見て

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 などにも特に, を夜もすがら, を胸

▼ 王太子~ (3, 0.0%)

1 たるべき旨, などいずれ, 宜臼

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, でございます伯父さん, は伯父

▼ 王常に~ (3, 0.0%)

1 夜半に, 来りて, 趙を

▼ 王平軍~ (3, 0.0%)

1 の孤立, もまた, を追いちらし

▼ 王平馬忠~ (3, 0.0%)

1 などへ何事, の先手, はご

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 なしと, に血戦, のダナコシャ

▼ 王引之~ (3, 0.0%)

1 が特に, の經傳釋詞, は經傳釋詞

▼ 王弟殿下~ (3, 0.0%)

1 でいらっしゃろう, のお立ち寄り, は凄まじい

▼ 王張二氏~ (3, 0.0%)

1 の主張, の所説, の考證

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 の易註以後, の註, は彼以前

▼ 王征伐~ (3, 0.0%)

1 にやった, のいい, をしなけれ

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 みずから出陣され, 無事で, 自身は

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 奏さざりき, 遣使大夫伊聲者掖耶, 遣使大夫伊聲耆

▼ 王忍熊~ (3, 0.0%)

2 の王 1 の王二柱

▼ 王怪しん~ (3, 0.0%)

1 でこれ, で学者, で輔相

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 といふ人, のみは仲間, の見た

▼ 王摩詰~ (3, 0.0%)

1 などの諸, を思い出します, を思ひ出します

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 を買っ, を買わず, を飲んだら

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 の領地, をひるがえした, を中心

▼ 王柬之~ (3, 0.0%)

1 だよ, の子孫, の孫

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 の大事, はまた, 亦亡

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 に關係, の下, をおし

▼ 王~ (3, 0.0%)

21 の宋

▼ 王武王~ (3, 0.0%)

1 のよう, の如き, も皆

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 なり, にし, の一人

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 が立つ, を含み, 立ち清朝

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 は朕, は臣, を

▼ 王美人~ (3, 0.0%)

1 という寵姫, の生んだ, を殺し

▼ 王莽時代~ (3, 0.0%)

1 に於い, のこと, の高句麗侯

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 が番小屋, に命じ, に送られ

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 などの稲荷詣で, に安元二年八月十五日, は汝

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 妓女と, 将の, 将を

▼ 王諸侯~ (3, 0.0%)

1 が一齊, を四方, を朝

▼ 王谷山家~ (3, 0.0%)

1 の一粒種, の豪華, の財政

▼ 王~ (3, 0.0%)

1 がまた, の忠言, もなお

▼ 王あるいは~ (2, 0.0%)

1 剛蓮華生等に, 執金剛妙王

▼ 王および~ (2, 0.0%)

1 その配偶者, 英武の

▼ 王かく~ (2, 0.0%)

1 て二人, は命

▼ 王こそ~ (2, 0.0%)

1 僕の, 我々な

▼ 王こそは~ (2, 0.0%)

1 クローヂヤス, 学を

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 夫婦と, 自身が

▼ 王しゃく~ (2, 0.0%)

1 をかまえ, を片手

▼ 王たらし~ (2, 0.0%)

1 むるゆえんのものは海軍ある, むる海軍ある

▼ 王だけを~ (2, 0.0%)

1 客殿に, 連れて

▼ 王だらう~ (2, 0.0%)

1 が白樺の木, と思ふ

▼ 王ついに~ (2, 0.0%)

1 イゲルナを, 鼠の

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 ふ法成寺関白流, 弱いの

▼ 王でも~ (2, 0.0%)

1 何でも, 神号が

▼ 王とい~ (2, 0.0%)

1 へるは, へるも

▼ 王とか~ (2, 0.0%)

1 王妃とかの, 饂飩大王とやらに

▼ 王とな~ (2, 0.0%)

1 せり, せるも

▼ 王ともかく~ (2, 0.0%)

1 もその, 本人をとて

▼ 王なぜ~ (2, 0.0%)

1 沈んで, 返事を

▼ 王など~ (2, 0.0%)

1 書いた文書, 槌を

▼ 王などと~ (2, 0.0%)

1 同類項の, 呼ばれて

▼ 王などの~ (2, 0.0%)

1 ことを, 不可思議な

▼ 王などは~ (2, 0.0%)

1 全くこの, 飯の

▼ 王なんて~ (2, 0.0%)

1 変な, 奴は

▼ 王にて~ (2, 0.0%)

1 この王, 五世紀に

▼ 王にな~ (2, 0.0%)

1 つたのである, つても

▼ 王によって~ (2, 0.0%)

1 かえってブランデンブルグ侯爵, 得られた戦勝

▼ 王に対する~ (2, 0.0%)

1 それらの, 彼らの

▼ 王のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず宗教議会, 後頭

▼ 王はじめて~ (2, 0.0%)

1 見か, 見かえる

▼ 王はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, ぢたる

▼ 王へは~ (2, 0.0%)

1 全軍, 眼に

▼ 王よりの~ (2, 0.0%)

1 下され物, 贈物を

▼ 王よりは~ (2, 0.0%)

1 ほんとうは, 馬が

▼ 王らしい~ (2, 0.0%)

1 とわかっ, 終りを

▼ 王をさえ~ (2, 0.0%)

2 裏切ろうと

▼ 王アイゲウス~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 王アエネアス~ (2, 0.0%)

1 と戰, の外舅

▼ 王アゲノル~ (2, 0.0%)

1 の女, の子

▼ 王アハブ~ (2, 0.0%)

1 が隣, の時代

▼ 王アレキサンダー~ (2, 0.0%)

2 の家庭教師

▼ 王アンティオコス~ (2, 0.0%)

1 に金, のイアソン

▼ 王アンリ~ (2, 0.0%)

1 にとっても同様, の重宝もの

▼ 王インファンタ~ (2, 0.0%)

1 に内通, に売り渡された

▼ 王カドモス~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 王クローディアス~ (2, 0.0%)

1 に扮する, やレイアティズ

▼ 王サマ~ (2, 0.0%)

1 の弁護, の御用

▼ 王シトロエン~ (2, 0.0%)

1 がこの, がもう

▼ 王ヂュウス~ (2, 0.0%)

1 に祈願, の裔

▼ 王テオドリッヒ~ (2, 0.0%)

1 との戦い, を

▼ 王テレウス~ (2, 0.0%)

1 の妻, の辱しめ

▼ 王トロイア~ (2, 0.0%)

1 に歸, の誇

▼ 王フレデリック二世~ (2, 0.0%)

1 の伝記者ダヴァ, の御前

▼ 王ペドロ三世~ (2, 0.0%)

1 との戰, の將ルージアロ・ディ・ラウリア

▼ 王マンフレディ~ (2, 0.0%)

1 に背き, の命

▼ 王ミダス~ (2, 0.0%)

1 の譚, は貪慾

▼ 王リア~ (2, 0.0%)

1 はかう, はこう

▼ 王リュクルゴス~ (2, 0.0%)

1 に賣られ, の婢ヒュプシピュレ

▼ 王ルキフェル~ (2, 0.0%)

1 の異名, の翼

▼ 王ルチーフェロ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の立つあり

▼ 王ロツクフエラア~ (2, 0.0%)

1 がある, は滅多

▼ 王ロボ~ (2, 0.0%)

1 のため, の姿

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 訛リテ申シシナリ, 誠責シ摂

▼ 王一家~ (2, 0.0%)

1 が再び, の喜び

▼ 王丹波~ (2, 0.0%)

1 の河上, の遠

▼ 王二柱日本紀~ (2, 0.0%)

2 では竹野媛

▼ 王二王~ (2, 0.0%)

2 をその

▼ 王仁先生~ (2, 0.0%)

1 の小説, は腕力

▼ 王仁殺し~ (2, 0.0%)

1 に戻りましょう, の時

▼ 王仏元~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 王以下~ (2, 0.0%)

1 は永楽, 各大酋長

▼ 王以外~ (2, 0.0%)

1 の人々, の他人

▼ 王以後~ (2, 0.0%)

1 の世, は官吏

▼ 王以来~ (2, 0.0%)

1 その第, の帆船時代

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 の乞い, ははばかる

▼ 王~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 が後, に就い

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に, へ聞

▼ 王允様~ (2, 0.0%)

1 の真, は行く末

▼ 王党農民~ (2, 0.0%)

1 の暴動, の首領

▼ 王其上~ (2, 0.0%)

2 有白色蓮花

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 て見れ, でし

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 が済ん, を演じ

▼ 王劉勝~ (2, 0.0%)

1 の後胤, の正しい

▼ 王劉安~ (2, 0.0%)

2 の故事

▼ 王勃所謂関山~ (2, 0.0%)

2 難踰者

▼ 王勾践~ (2, 0.0%)

1 の忍苦, は会稽

▼ 王勾践呉~ (2, 0.0%)

2 を破り

▼ 王勾踐~ (2, 0.0%)

1 の如き, 破呉歸

▼ 王十八~ (2, 0.0%)

1 という者, の細君

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 和歌, 存せずん

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 せり我に従って, 曹一族の

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 としては不, は其

▼ 王命じ~ (2, 0.0%)

1 て城門, て車

▼ 王四天~ (2, 0.0%)

2 にかたどる

▼ 王国民~ (2, 0.0%)

1 の中, は測る

▼ 王國維氏~ (2, 0.0%)

1 がやつ, の創説

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 である, の木王

▼ 王境界所盡其南~ (2, 0.0%)

2 有狗奴國

▼ 王士禎~ (2, 0.0%)

1 といっ, の

▼ 王多く~ (2, 0.0%)

1 の商人, 精鋭を

▼ 王大臣~ (2, 0.0%)

1 にもアジア協會支部, に告うた

▼ 王天下~ (2, 0.0%)

1 をお, を統一

▼ 王天但馬守~ (2, 0.0%)

1 なの, を知る

▼ 王天清正~ (2, 0.0%)

2 の立廻り

▼ 王天皇~ (2, 0.0%)

1 に奏さしめた, を取り

▼ 王夫婦~ (2, 0.0%)

1 がやかましくいい, を殺した

▼ 王妹インゲボルグ殿下~ (2, 0.0%)

1 にも御, のほか

▼ 王宝印~ (2, 0.0%)

1 の料紙, の札

▼ 王審知~ (2, 0.0%)

1 の子, はかつて

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 が首, の役

▼ 王岸楼~ (2, 0.0%)

1 でした, の丁字花魁

▼ 王延政~ (2, 0.0%)

1 がある, は格別食糧

▼ 王廷珸字~ (2, 0.0%)

2 は越石

▼ 王張作霖~ (2, 0.0%)

1 の第, は決して

▼ 王彼ら~ (2, 0.0%)

1 に, のため

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 も施さない, を説き

▼ 王忍熊王~ (2, 0.0%)

1 とおっしゃる, の二兄弟

▼ 王~ (2, 0.0%)

2 を得

▼ 王忠軍~ (2, 0.0%)

1 へ衝ッ, を蹴ちらし

▼ 王悦ん~ (2, 0.0%)

1 で, で曰く

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 へ且つ, るを

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に答えたら, をし

▼ 王戴冠式~ (2, 0.0%)

1 および赤道祭, を祝する

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 の家産, 遠君

▼ 王捺羅僧伽補~ (2, 0.0%)

1 多跋摩王, 多靺摩

▼ 王文恭~ (2, 0.0%)

2 の集

▼ 王文憲集序~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の李善注

▼ 王早く~ (2, 0.0%)

1 かえれ, 其兒に

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 であった, はあなた

▼ 王晋王~ (2, 0.0%)

1 は怯, を何

▼ 王曹叡~ (2, 0.0%)

1 が宛城, は幼い

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 の評判, は花

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 をうけ, を受け

▼ 王樣達~ (2, 0.0%)

2 の名前

▼ 王母珠~ (2, 0.0%)

2 ほど紅う

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に霑はず, を

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に循, を渡り

▼ 王法林寺~ (2, 0.0%)

1 というお寺, の開山

▼ 王海人~ (2, 0.0%)

2 なれや

▼ 王滝口~ (2, 0.0%)

1 の頂上, よりする

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 價の, 王主一切の

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 をついで, を受け

▼ 王父子~ (2, 0.0%)

1 の間, をし

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に兵牌, の髭面

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に比し, の字

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 屈せず衝撃, 疾を

▼ 王王妃~ (2, 0.0%)

1 そのほか, は叛軍共

▼ 王甥イヴァン・チェルトクーツキイ~ (2, 0.0%)

1 をエレアーナ王女, を登位

▼ 王當時~ (2, 0.0%)

1 のもの, 住んだ花宮城

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 で快復, と詐り

▼ 王皎崔元~ (2, 0.0%)

1 が前, までの間

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 を囲む, 定の

▼ 王知道~ (2, 0.0%)

1 の二篇, の二篇以外

▼ 王石書塔~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 というの, は酔っ

▼ 王祇女~ (2, 0.0%)

1 の如き, を淋しく

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 だと, の類

▼ 王神社~ (2, 0.0%)

1 の付近, の東

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 ありその, あり一牝蛇

▼ 王積薪~ (2, 0.0%)

1 と云, の輩

▼ 王答え~ (2, 0.0%)

1 たまわねば, て我が

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 などは云, や佛説稱讃如來功徳神呪經

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 を唱え, 女仏閉等の

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 の宅, は六十萬

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 というもの, の涼州詞

▼ 王臣等~ (2, 0.0%)

2 を召し

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 女王國南四千餘里至朱儒國人長三四尺自, 郡至女王國萬二千餘里

▼ 王舍城~ (2, 0.0%)

1 に來, 即ちバルク

▼ 王舍城耆闍崛山~ (2, 0.0%)

2 に佛

▼ 王舎城耆闍崛山~ (2, 0.0%)

2 に仏

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 光とは, 光は

▼ 王葛城~ (2, 0.0%)

1 の忍海, の高額比

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 が蒙, の仕事

▼ 王~ (2, 0.0%)

2 が子

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 の方, へ行きつきました

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 が出, の起る

▼ 王説法~ (2, 0.0%)

2 要偈

▼ 王貴様~ (2, 0.0%)

1 は俺, は博士

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 は史, を訪う

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 が山, の斧柄

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 に等しき, の美

▼ 王達善~ (2, 0.0%)

1 ならん, を親む

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 使詣, 小徳

▼ 王錦華~ (2, 0.0%)

1 にはずさし, を呼んだ

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 と云, どんなもの

▼ 王院義観~ (2, 0.0%)

1 というの, に参らされ

▼ 王院義観僧都~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, がある

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 にピシリ, にピシリッ

▼ 王高煦~ (2, 0.0%)

1 の反, 反す

▼ 王鳥式~ (2, 0.0%)

1 に新しく, の髪

▼ 王~ (2, 0.0%)

1 盛といふ, 盛などといふ

▼ 王麾下~ (2, 0.0%)

1 のサヴァイイ勢, の貴族たち

▼ 王龍一家~ (2, 0.0%)

1 の推移, を中心

▼1* [1220件]

ああ汝ただ, 王あてにかかっ, 王ありしが其後國中, 王あれは何, 王あれア石垣のやつら, 王あゝ奮へ, 王ずくに, 王いずくにか, 王いづくに行き, 王いまし等召す, 王います中に, 王いよいよ還ると, 王いわく汝が国内, 王みなせる庶子, 王うみいでし英武の, 王うめる二子エケムモーンと, 王おいで遊ばされました, 王おきやかもひかなし, 王おごりの塵, 王おりたちて老, 王おれまでふりおとそう, 王かつて勅し, 王からはおうま一頭, 王かを言いあてたこと, 王がかわやに, 王がとつて十五歳川島, 王ぐらいのものだ, 王は多, 王こうなると, 王こき使われかい, 王ごとき偉人も, 王までで, 王さすが慄然うち震ふ, 王さては病馬かと, 王さてはいよいよ戦争と, 王さまで御心, 王しかく叫びつ, 王しかる上は, 王しばしば汝を, 王じゃないか, 王ずれの公卿小僧, 王そぞろ慄きつ, 王そっくりの姿, 王その後に別に, 王その後何か変った, 王それでは馬を, 王たちまち智臣の, 王たらむ, 王たらしむべきウィルソン氏の, 王たらんとし, 王たりという本文を, 王たるべく十分である, 王たる如く王冠を, 王たる者の資格, 王たればよし, 王だの何だの, 王ふとこや, 王つかの間でも寝, 王つちに膝, 王であるならたとえどんな, 王であるべき筈である, 王であれば比丘, 王でさえが覆面の, 王でさえもまさかヴェトナム人, 王でしたがその, 王でしょうか, 王でなく白くも, 王とあるのに, 王というは其の居る, 王といふも皆その, 王とかいう冠者の, 王とかの事を, 王としか思われません, 王としてもそんな消極的, 王とだけが残りました, 王とでうたったの, 王とにも一つずつ, 王とまでいわれる小口翼, 王とやら申した者, 王とを買つて丹後の, 王どうしてこれを, 王なおその位, 王なかできい, 王なき王国であった, 王なぞと同腹では, 王などとも親しく朝霞, 王なども当時の, 王などよりは四五年も, 王などを持っては, 王ならずともトルストイ, 王ならでは乗せず, 王ならではとの仰せ, 王なりしを以て略し, 王なりという言葉を, 王なる如く良心を, 王なれ懸りて後ちの力は, 王なんかは悲劇だ, 王なんどの遣, 王において王位を, 王にたいしてなによりも, 王についても触れた, 王による仏教それ以来の, 王に対して最後の, 王に対しても島に対しても, 王に従って来た武士, 王に関して多少説明, 王のやしきの, 王はかの少女, 王はかぶりをふっ, 王はじめ皆相談にあづか, 王はもすこしその, 王はやにはにそれ, 王はらない国王に, 王ばかりでは, 王ばっかりが苦手な, 王ふっと身を, 王ほどその人民, 王づ彼を, 王まことに狂し, 王または貴人を, 王までがはるばる敦煌, 王みずから茶の二十四種, 王みずから衛士の儀表, 王を捕り逃がしまいた, 王もうこのへん, 王もと智勇天縦且夙に征戦, 王やがて小羊, 王やら妻の, 王らしく咲き誇っていた, 王わが宰相の, 王わずかに脱する, 王をば旦波の, 王アイエテスの女, 王アイソンの子, 王アイナイアース死せんと, 王アガメムノーン答へ曰, 王アガメムノーン身を起し, 王アスモデウスの印環, 王アドメートスのめづる息, 王アドラストスがギリシア人, 王アピサーオーンを突き伏せつ, 王アブタルである, 王アムピオンの妻, 王アムフィトリオーンが軍, 王アメノフイス四世が児, 王アモン・ラーの化身, 王アラリクがアクロポリス, 王アラリックがロマ, 王アルヅ・ダアルか年, 王アルフォンソ十世と戰, 王アルフオンソに爆彈, 王アルベエルは地下, 王アレイエテスに請, 王アレクサンドルのよう, 王アンリ一世の女, 王アーサーの父アサー陣中, 王アーサー物語にいづ, 王イウフェシススの作, 王イギリスのアルリーゴ, 王イドメネー即ち答, 王イドメネー之に次ぐ, 王イドメネー其時答へて彼, 王イドメネー彼に答, 王イマニユエルがある, 王イワシマの王, 王ウィリアム三世は氏, 王ウィルヘルム一世の碑, 王ウイリアム四世も棄て, 王ウイルヘルム侯に命じ, 王ウンベルトのでも, 王エウフェテスから贈られたる, 王エウリュトスの女, 王エッツェルの許, 王エドワード一世のため死, 王エースウルチュンズルは猴, 王オイデプスとイオカステ, 王オイネウスとアルタイア, 王オシクマの王, 王オスチリオの代, 王オヂツセウスこの島, 王オホヤマモリの命, 王オロデスその首級, 王オースチン老師の主人, 王カルロス此に來, 王ガ其王女ヲ乞食, 王キイヴァンです, 王キサンガファーに十八子, 王キニュラスの女, 王キャルンは槌, 王ギリシアの勇将アリストメネス, 王クハタの女王, 王クフ皇帝なの, 王クリスチャン十世陛下とを結びつけ, 王クレオパトラは二人, 王クロイゲルのマッチ, 王グスタフス・アドルフスは独逸, 王グラチアニ夫妻の花馬車, 王グンテルの妹, 王ケクロップスの女, 王コノール・マック・ネサの招き, 王ゴーロアの偽装, 王サウルの娘ミカル, 王サウルペリシテ人と戰, 王サホは五十年, 王サマハカタツムリヲ, 王サマハ子ドモノ, 王サマハ石ノ, 王サルタンを攻める, 王シトネの女, 王シバの女王, 王シャマシュ・シュム・ウキンの最期, 王シャール十世を取り出し, 王ジウバと合せん, 王ジョンはヘンリー二世, 王スガシロコの郎女, 王スタニスワフの古, 王ステテコの円遊, 王ストロピオスの子, 王スートルーク・ナクフンテがバビロン, 王セテイ一世の墳墓, 王セルヴィウス・ツリウス哲学者プラトンやアレキサンダー王, 王セルヴィウス・トゥリウスだったという, 王セレウコスの命, 王ゼエムスとの密通, 王ゼニない女房ゼニ, 王ソミイルの女, 王ソロモンの子, 王タメハメハの死んだ, 王タルクィニウス・スペルブスを逐, 王タルクイニウスがローマ, 王ダメス二世の鼻, 王ダリウスの子, 王ダリオスの戦争, 王ダルダニデースのすぐれたる, 王ダンカンはインヴァネス, 王ダヴィーデの議官, 王ダヴィーデイスラエルとその, 王チャイルド・ハロルド清らなる一行, 王ツンダレオスの妻レーダ, 王ティンダレオスの妻, 王テオダトゥスの爲, 王テオドリクスボエティウスがゴート人, 王テキサイという名, 王テバルドの僕, 王テーベスを壊, 王デイオニソスの寵兒さ, 王デジデーリオを廢, 王デュポンが水爆王, 王デリアモスの委托, 王トアスの女, 王トチラフィレンツェを攻め, 王トハ養父子ノ間ニナッテイルガ, 王トロスの子, 王ト成ツテ愚王ヲ誠責シ, 王ナポレオンがいかに, 王ナーシルは難渋, 王載セ得テ帰ラル, 王ニコメデスと不自然, 王ネブカデネザルの與, 王ノースクリツフ卿を訪問, 王自カラ, 王ハイモーン更にまた, 王ハデースの兜, 王ハヌマンに従い神軍, 王ハムムラビの法律, 王ハリマンが日本, 王ハルディア征討行の一枚, 王ハロルトの屍, 王ハ我州民ノ保護, 王パロの司, 王ヒダスペスは后ペルシナ, 王ピグマリオンに始め, 王ピロスの九人, 王フィリップクレメンスに厚, 王フィリップ三世の信任, 王フィリポスの后オリムピアス, 王フェリペ二世より梯状琴, 王フォードの厚かましい, 王フリードリッヒに統御, 王フリードリッヒ・ウィルヘルム四世はベルリン, 王フレデリキ・ウイルレム四世の皇弟, 王フレデリックに見込まれ, 王ブルは三百頭, 王ブーシーリスの世, 王プトレマイオスを廢, 王プトレマイオス十二世に寄せ, 王プリアムスの子, 王プリアモスアカイアの, 王プリアモス五十男五十女あった第, 王プリアモス其時に哀告, 王プリアモス其爲に汝, 王プリアモス司どるイリオン城, 王プリアモス生みなせる, 王プリアモス生みたる子, 王プリアモス留むべくほどほど, 王プリアモス眷族を民, 王プリアモス衆に向, 王プリアモス部下の目, 王プルトーの心為め, 王プロイトスアルゴスの, 王プロイトス禍害たくらみ領土, 王ヘカベーの, 王ヘカベーアンドロマケーの慟哭, 王ヘレノスをアシオス, 王ヘンリイ・フオウドさんだつてこと, 王ヘンリー三世に三女サンシヤ, 王ヘンリ一世の子, 王ベテレヘム嬰児虐殺之図, 王ベルスの女, 王ペピ一世のこと, 王ペーリュース死すべきもの, 王ホウコン号へ乗りこむ, 王ポセードーンにまのあたり, 王ポピエル悪虐度, 王ポペルス二世その伯叔父, 王ポムペイウスに與, 王ポリムネストスに預けた, 王ポルセナを殺し, 王ポロスを征服, 王マカオーンを戰場, 王マキシミリアン二世の保護, 王マハーラージヤランジツドシンと云, 王マングスタンは菓物, 王マンフレディベネヴェントの戰, 王ミデルの妻, 王メガルヨンと諸, 王メタブルの女, 王メネラオス我は遙, 王メネラオス衆に曰, 王メネラーオスの客, 王メルキゼデクが祭司, 王モロー彗星はあと十日, 王ヤソに裏切りする, 王ラオメドンの子, 王ラヂスラーオ四世の姉妹, 王ラティヌスの妻, 王ラティノスの女, 王ラティーノを見き, 王ラテラーノに近く軍, 王ラメスというもの, 王ランジットシンは呪言, 王ランプシニトスの話, 王ランプシニトス一名ラメス四世の逸話, 王リコメデスの女, 王ルイ第十三世, 王ルイ七世とともに第, 王ルイ九世に次女エレオノール, 王ルイ十世に嫁, 王ルイ十六世はある, 王ルウドヰヒ第二世, 王ルルとが蟻田博士たち, 王レオドグランは, 王レオニダスが紀元前四八〇年, 王レオポールの二十世紀的性格, 王ロベルトの受, 王ロボーの話, 王ヶ滝の自, 王の智馬, 王一亭の粗画, 王一億金もて瓦師, 王一切の物件, 王一切世間の事, 王一味に襲われた, 王一族の棺, 王一辺倒にかたむい, 王七人女王五人です, 王七人女王十二人です, 王七女王五なり, 王三人女王二人です, 王に白, 王にいよ, 王不動明王地蔵尊弁才天吉祥天及び北面, 王不意ニ高御座ニ昇ラセ給ヒテ此皇子モ田原天皇ト追尊セラレ給ヒ, 王世子ト定ム, 王世子殿下と御, 王世子興奕世載忠, 王世貞のは制度文物, 王妃陛下, 王の主, 王主一切の伏蔵, 王乃ち深く其地, 王乃ち江神を祭り, 王乃ち館陶より渡り, 王乃チ悲歌慷慨シ自ラ詩, 王久しぶりで恋女房, 王之後以雪僞古文之憾, 王九十五代ニ当ツテ, 王九媽貴女は年, 王九媽達は面倒臭く, 王に謂, 王予て悪みいた, 王事故あって, 王二人の上, 王二六歩二七歩四八銀まで三十八手, 王二喜に伝え, 王二喜ここに至っ, 王二姐とて生まれ, 王二度目の出, 王二柱はいと, 王二氏は佚書, 王二百年来の通商, 王二荒神を助け, 王は逃れ, 王五と金大牙, 王五人女王一人です, 王五人女王三人です, 王五人女王四人です, 王五八金同金, 王五八飛成同王, 王五十三年壬申にあたれり, 王五十余歳烏帽子筒袖小袴にて鑿, 王五十餘歳烏帽子筒袖小袴にて鑿, 王五年四月十七日一隻の黒船, 王五瀬命天ノワカヒコ等いずれも屍体, 王が服牛, 王罔敢失帝, 王人となりたらむ時, 王人間は万物, 王仁さんみたいなエロ作家, 王仁さん殺しと珠緒さん殺し, 王仁ときては酔っ, 王仁みたいなエロ作家, 王仁四は紫式部, 王仁氏殺害のとき, 王仁氏流行の人気, 王仁珠緒さん千草さん内海秋子さんが殺され, 王仁豪傑も一片, 王仁追悼に我々, 王仇首王といふ時, 王のもと, 王他人のすなる, 王て験, 王以天爲兄以日爲弟天未明時出聽政跏趺坐, 王といふもの, 王仲祥という人, 王仲縉感懐の韻, 王伊佐比の宿禰, 王伊藤伝右衛門氏にとつぐ, 王伝説中のゴネリア, 王何ぞと問う, 王余魚の滝, 王余魚明神という社, 王の誠, 王修字を叔治, 王倒れるかを試験, 王候補者であったマターファ, 王の者, 王へ寄り, 王はじつ, 王僧弁をし, 王僭称以来とみに激化, 王允らの一味, 王允一家の面目, 王允何しにとは, 王允司徒ではこの, 王允太尉楊彪左軍校尉淳于瓊右軍の趙萌, 王元之は茶, 王元帥に命じ討ち平らげしむ, 王兄シャマシュ・シュム・ウキンの謀叛, 王兄弟両面スクナは同, 王充書の問孔篇及迷庵師, 王充論衡などの言, 王先ず使者を, 王先愼の韓非子集解出づる, 王先謙の荀子集解, 王先謙漢書補註に引く, 王先陣中に戰, 王光魯の閲史, 王免れ火耳灰獲, 王の成長, 王党らは誉むべ, 王党主義の意見, 王党側の暴れもの, 王党員である司令副官, 王党員らと労働, 王党派ぶり貴族好み趣味, 王党派カソリック的傾向を強固, 王党派代議士として立候補, 王党派的傾向とカソリック精神, 王党派的見解は既に, 王党的な数人, 王覲す, 王になる, 王八万四千の諸, 王共に逃れ退きて, 王兵士を隱, 王兵衆を随, 王兵衛の創作, 王其人である, 王其国法ヲ会議スル場所, 王其時た, 王其舘にやどし, 王阿郎月, 王刺殺さる, 王を正式, 王に詣り, 王王以下各大, 王劉安神仙八人とともに薬, 王劉江を召し, 王劉立と云, 王力奴なるもの, 王勇士数百人を将, 王勢籠にオホセイロウ, 王化成という者, 王匡恥を忘れた, 王匡東郡の喬瑁, 王十一人女王十五人です, 王十三人女王三人です, 王十余騎を以て庸, 王千四百戦車一万二千騎卒ありと, 王卑弓彌呼, 王卑彌呼帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米, 王卑彌弓呼と記したれ, 王卑彌弓呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, 王卑彌弓呼素不和遣倭, 王卑路斯の爲, 王と十二薬叉, 王征す一軍皆化, 王南延君球の陵, 王南方毘留勒叉増長天北方毘沙門多聞天王四天にかたどる, 王に食, 王占いてかの蟒卵, 王の如き, 王即位の時伶人, 王即便火耳灰を釈, 王を陥れ, 王を通り過ぎ, 王厳命して, 王又は最高巫に, 王及ビ王妃ヲ幽閉セル処, 王双あざなは, 王双どこへ行く, 王双直答申しあげよ, 王双軍二万の先鋒, 王反間を放ち, 王叔文の黨徒, 王叔明の瀑布, 王叔英の燕賊, 王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 王受け取ってこれ, 王叫び指揮して, 王召してことごとく, 王右丞が詩, 王右丞摩詰共に王維, 王右谷蠡王の内紛, 王右賢王左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 王右軍の筆蹟, 王右軍一人の存在, 王どる城壁, 王司村を一時間, 王異腹より, 王合わせて八十, 王同様の事, 王同様ヒミズを神, 王同母弟伊理泥の王, 王同然に給事, 王同然自分もちょうど, 王は恵進, 王名官名は更, 王名稱の末尾, 王名誉および婦人, 王后ブロセルビナの面帽, 王をし, 王君操は父, 王君臣の交, 王周公の呪文, 王周公孔子の四大聖人, 王周王斉王湘王代王, 王呪經や尊勝陀羅尼經, 王唯一人しか居なかった, 王問うてその, 王善く射る, 王喜んでくれい, 王嗣ぐ襄王は, 王嘉福を錫, 王四たび拜みて, 王を撤し, 王国連見物に来り, 王國たついてわが, 王國中不服更相誅殺當時殺千餘人, 王國來るとき, 王國其人同於華夏, 王國内における貴族, 王國國境の一部, 王國廣しとい, 王國維同樣に, 王國維胡適梁漱溟の諸星, 王み, 王園主人である, 王園裏老先生, 王圓卓士の物語, 王廉と, 王在世ならば, 王地上の楽, 王地蔵菩薩の金像, 王垢糧米を盗み, 王がそんな, 王境内虎災大きを, 王士嘉よく疑獄, 王壮士万人を分ち, 王ばかりでおどかさず, 王爾袞は, 王夢樓梁山舟などのやう, 王大喜その術, 王大殿に火, 王大竹丸の退治, 王大臣立會の上, 王大軍を率いある, 王天馬とって, 王太后より羅馬法皇, 王太守の従事, 王太常は越人, 王太息して, 王夫差越を破る, 王失せにけれ, 王奇行多く殊に, 王奢侈柔弱を以て名高し, 王ひとり御者を, 王の三十番神, 王女二柱ましき, 王女御左大臣の娘, 王女王兵卒の三人, 王女王兵卒クラブの王, 王女王兵卒スペイドの王, 王女王兵卒等皆犬, 王女鳥の王, 王好んで肉, 王好台七世の孫延興王, 王如来と申す, 王はアイスランド大統領, 王に夫, 王姉妹純然フランス人形的大臣伯父やはりそう, 王始めて非, 王始め群臣の集つて, 王威らと共に別館, 王威成功の眩, 王婆羅門に王子, 王の如く愛し, 王孝孺の読書, 王孫ニ宛テ沼波利久佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 王孫賈問いて, 王孫賦既に酔い眠った, 王の老, 王宇泰本等である, 王安在の四字, 王安宿王橘奈良麿大伴古麿, 王安成等二人も高里連, 王安楽のくらし, 王安石らの改革, 王安石一鳥不鳴山更幽の句覚妙, 王安石以前からある, 王安石時代から一變, 王宗竜王に見染められ, 王宗竜皇帝が倫敦仕立て, 王定国という人, 王定夫君は今しがた東京, 王宜しく速やかに, 王実は牛が, 王して, 王に還っ, 王宮廷は一つ, 王ひらけよ, 王へ帰れない, 王寤めてわれ稀代, 王實作自呂, 王寧等の武臣意, 王猟し, 王射つれどもえ, 王将軍にならず, 王將士の名, 王將棊を見, 王の面, 王尊東郡太守たりし, 王少しも身, 王圓王の, 王尸羅迷伽の表, 王居位在徳之首, 王居正は喫菜事魔, 王屋山人魏万と遇い, 王屋敷の跡, 王属出の吟遊詩人, 王山代の荏名津比, 王山姫と交わり, 王岩瀬氏の愛嬢早苗さん, 王岱輿の, 王岷王等秘信相通じ密使, 王に著き, 王島下の条, 王崛起の事, 王の朝鮮人部落, 王州内一般ニ的当セル法令, 王左右軍を放っ, 王左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 王已即位必択吉日偏召群臣於護国寺令飲霊社神文之水, 王の邊, 王帥升等とある, 王を佩き, 王遇春妻甚妬, 王幕相闘うこと, 王平が降って, 王平が眉をひそめ, 王平が街亭の戦, 王平に向い, 王平姜維の二軍, 王平廖化は張嶷, 王平廖化張翼張嶷呉懿なども一人一人枕頭, 王平張嶷呉班呉懿の輩, 王平張翼の後, 王平後詰して, 王平生人間はただ, 王平軍高翔軍の側面, 王平関索をし, 王平隊なの, 王平馬忠張翼などが早, 王平馬忠関索などにも一人一人, 王平魏延などの幾隊, 王平魏延張翼などの伏兵, 王平鼓を打っ, 王老ひ, 王はせて, 王んど, 王府そのものに自, 王府所賜之梅, 王府神歌御双紙, 王府賓輔史彬と楊応能, 王度記似齊宣王時淳于, 王庭吉の水仙図, 王庶妹銀の王, 王康王の時, 王康王當時のもの, 王延寿の魯霊光殿賦, 王延寿王孫賦既に酔い眠った, 王建時代に四川, 王廻る処落花紅なりし, 王廿又三, 王弁疏する能わざるところ, 王弟フィリップ殿下王妹インゲボルグ殿下のほか, 王張玉を中軍, 王張玉の死を聞き, 王弼以前の人, 王弼尚書に孔安國, 王彦昇である, 王を縛, 王彼自身こそその, 王を拡大, 王に悔い, 王後継者として承認, 王従容として去る, 王御歌よみしたまひ, 王しく哂うのみ, 王徳州の城, 王忍穂井忍坂など, 王志気雄猛勇健超世, 王忠こっちへ来い, 王忠劉岱のごとき, 王忠彦と申しました, 王忠殿足下まず一押し, 王念孫引之が次, 王怒ってその, 王怒ること甚し, 王怒号の声音, 王に走り, 王恋しやほう, 王が殺される, 王恵帝の性格風, 王悔みて玉陵, 王えらく敵国, 王れて, 王愕然としてをののけ, 王感じ入って不貞, 王感服し鉢, 王且惧, 王憤り答へて, 王憤ること甚し, 王應麟その他の人, 王隠等, 王れて, 王戎まさに十歳湛然懼色, 王戎簡要天地玄黄なんぞ出鱈目, 王成一人は陽, 王成祖の前, 王我らが頼む, 王我法律ニ戻リ, 王我等が頼む, 王我諸州ニ人口ノ繁殖スルヲ妨ゲント欲シ, 王我諸州ニ内乱ヲ起サシメテ, 王我近海ヲ掠, 王という者, 王或は將帥の, 王罷んで営, 王戦車の馬, 王戰場に進み, 王戸室の山, 王の門, 王所賜錦三百端と, 王承諾した, 王拾って抱い, 王指揮李遠を, 王指揮武勝を遣り, 王擁立の力, 王政治下の第, 王救援の為, 王て撃たし, 王に告げ, 王敬福という者, 王数百歳経ても, 王を平らげ帰っ, 王文武両局, 王斉泰と黄子澄, 王斉王をし, 王斉王湘王代王, 王ニ官史ヲ, 王からどんな, 王の前夜フイレンチエ市, 王日比野寛といふ老人, 王であると, 王にし, 王明くるあした, 王という飲食店, 王の如き, 王とかいふ人達, 王昼餐後必ず人, 王時代デンマルクで印刷業, 王時代下等な酌女, 王晋王燕王等皆国に在り, 王を召し, 王景弘等と共に出, 王智力具足すれば, 王曰くよし, 王曰くわれ昨夜夢に魔油, 王曰く偶中のみ諸君, 王曰く先生一妻一妾ありて, 王曰く兵の事, 王曰く勝負は常, 王曰く南軍飢えたり, 王曰く善哉それ貞潔は沙門, 王曰く居庸は険隘, 王曰く彼衆く我寡, 王曰く虎四郡を経すべて千二百人, 王と署名, 王曹丕の巡遊, 王會解並びにそれ, 王有らば我等, 王有聲の篇, 王朗字は景興, 王の勤め, 王未だ必ずしも毒烟猛, 王朱亥を虎圏, 王ヲ蹈襲シタレ, 王李昭世子光海君以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 王李陵はなに, 王と呼ん, 王来り戦いし, 王来る事ありや, 王東葛西領柴又経栄山題経寺と書い, 王果断ヲ以テ人民, 王や金履祥, 王柏金履祥の如き, 王もまた, 王桂暴虐民を苦むる, 王桜柏木の右衛門桜, 王梅谿がいつた, 王は皆燕王, 王に命ぜられける, 王楽堂と雑談句作, 王もまた, 王である, 王樣今禍の方士, 王権現鎮まりぬ, 王橘奈良麿大伴古麿, 王にまし, 王權彼に優し, 王ひたまひ, 王の勢, 王此会議局ヲ廃シテ更ニ再建, 王武俊という大将, 王武芝等の間, 王歩軍を麾い, 王歴代の位牌殿, 王歴木に騰りいまし, 王し子, 王死せり後は王, 王死なず汝王たるを, 王死なねばならぬ, 王死んでしまい, 王殺されて敵人王, 王殺された時その, 王殺人滅国ノ暴政, 王殺害の動機, 王殺害事件の遠因, 王殿さして歸, 王殿下がくげ沼でそれぞれ, 王母子の尸, 王母玄女を遣わし, 王母瑶池の会, 王毎度その画場, 王氏一族に取, 王氏同様翁がこの, 王氏書不載, 王氏謝氏などが天子, 王民相近い様, 王民而して, 王気燕に在り, 王今曰, 王汝武帝に進めし, 王汝賢や副, 王を, 王河俣の稻依毘賣, 王治天の安危, 王波沙寐錦わが舟師, 王阿の, 王洋中ニ於テ我国人ヲ捕, 王洗良日の國歸, 王津軽人説は和漢三才図会, 王洪吉ら五人は夕方, 王派遣の船舶, 王流於伊勢国伊良虞島之時人哀傷作歌, 王流竄の地, 王海ウマ等の和名, 王海老蔵の源蔵, 王淡海の柴野, 王の居邸, 王の話, 王湘王代王, 王湘王代王斉王をし, 王満五十三年壬申にあたり, 王滝口頂上へ横切る, 王漆園などいう, 王には青い, 王と共に乱, 王を, 王遣使, 王瀧川その他に出, 王瀧村松原氏の庄屋古帳, 王為人強力軽捷なり, 王の頭, 王無双の猛禽, 王古王, 王燕王等皆国に在り, 王爲天子其後世貶帝號號爲王とあるの, 王父子天縦の豪雄, 王父従五位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 王父白仙綱浄は嘗て, 王牌入の二二一, 王であること, 王物語リヤ王はもう, 王特にフィリップ四世, 王特権ヲ恣ニシテ官爵, 王狄子公子牟田子老莱子, 王狩りすると, 王猟シテ白猿ヲ見, 王をし, 王獅子は百獣, 王が怒っ, 王獻之父子に當, 王玄奘三蔵に帰依, 王玄徳は成都, 王玄明不死人, 王玉等の字, 王は倒せり, 王の伝, 王班四年壬子にあたり, 王国王であろう, 王理髪人を召した, 王瑠璃琴を奏, 王生産長官邸にて, 王生自身は何度, 王産みいでし息女の, 王用享于岐山とか明夷, 王田代金兵衛が失踪, 王由基ニ命ジ之ヲ射シム, 王男王三人女王二人です, 王なるべきこと, 王畿附近特に伊勢, 王疑いて而, 王疲れて長, 王癒えぬと, 王癩病に罹り, 王登位の年代, 王登極の初め, 王白くて人, 王百穀が七十, 王を始め, 王皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 王皎崔元是は四人, 王目がけ矢を, 王直属の七手組七人, 王の, 王相續き劒, 王真韓貴李斌等を失い, 王に見えぬ, 王りて, 王を杖, 王といっ, 王と弟宗と, 王祇女仏御前もなく, 王祐筆を求める, 王といわれる, 王神彫刻に見られる, 王の寒鯉, 王の庭, 王福杖などを貰っ, 王福次は高秀庭, 王秘蔵の殺人光線灯, 王秦王高祖ことごとく賊, 王穉登奕史一巻を著, 王かに敵陣, 王立ちて列, 王竜王が額, 王竜神八部冥官冥衆も驚き騒給ふらん, 王に逸し去る, 王笏手にし, 王笏揮つて之を打ち, 王笑って曰く, 王に作る, 王等手を袖, 王等皆国に在り, 王を垂れ, 王に斉宣王羊, 王などの学者, 王粛たちは初め, 王粛伝の註, 王粲和洽杜襲などという軽薄輩, 王粲字は仲宣, 王精衛さつさ, 王精騎を率い, 王紀略上にこの, 王紀略上下サムエル書上下等に関する名所旧蹟, 王紀略下並に歴代志略下, 王累黄権などは人, 王に没せ, 王経中の四峰, 王経夢見金鼓懺悔品に妙幢菩薩鷲峯山, 王経金剛般若寿命経などの読まれる, 王諌も小, 王統ここに四百年, 王維孟浩然韋応物柳子厚の詩, 王維等と同等, 王を始め, 王を正し, 王が寫像訣, 王繼勳である, 王が道君, 王をもて, 王義女と云う, 王老師あれは弾丸ぬき, 王老師壁に穴, 王老師失礼ながら老師, 王老師金は自分, 王耄荒誠哉其耄荒也夫成天地之大功者, 王聖ルイの弟, 王て大, 王聞き入れず更に秦, 王聞き及んで長生王, 王聴かずして曰く, 王職長官だの, 王は二十五個月, 王肅家語注韋昭國語注を擧げ, 王肅隋の劉, 王臆病者でかつて, 王臣人民は皆王, 王臣字は以寧, 王臣百官人等天下公民諸聞食さへと詔, 王自ら其縛を解い, 王自ら文を撰, 王自ら種え試みる, 王自分の娘, 王自身馬をとばし, 王至森寺にある, 王に憑, 王舎人荘で一夜, 王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 王良特地範駆馳, 王良鄭洽郭節王資史彬梁良玉の七家, 王若い時高名の, 王若し友なら, 王范尋常に虎五, 王荊公云ふ去年今日青松路, 王荊公唐百家詩選のこと, 王莽時代位に於, 王莽簒位後まで生存, 王莽纂国の兆し, 王莽鏡と云はる, 王菟上の王二王, 王菩薩少彦名, 王蒙塵す, 王蓋し志を, 王蔵識なり, 王薨ぜられ太子御, 王薨田原天皇之孫, 王薬上の二菩薩, 王蛇退治の物語, 王を伐たん, 王の, 王衝撃甚だ力むれ, 王は, 王褒曰く魚瞰鶏睨李善以為えらく魚目, 王などが北周, 王覇之分且時代亦遠, 王見山を山, 王覚って之, 王はいった, 王親ら四種の兵隊, 王覬覦の情, 王に陥り, 王記さざる五十九王并はせ, 王記さないのは, 王訪問は果然, 王試み食うと旨かっ, 王誅せられて後, 王誉帝に従わず, 王の洩れん, 王謀って曰く, 王謀りて曰はく, 王謀反の企, 王謝堂前の燕, 王變之極也, 王象王に月, 王象馬歩車の四兵, 王貴族ブルジョアに対する第, 王貴等皆執えら, 王貴街に父, 王資劉仲翰林侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 王資史彬梁良玉の七家, 王の名, 王赤岩権六氏粉砕さる, 王赦して帰国, 王起ちて諸, 王起って入り, 王趙方へ一僧, 王路易十五世の勅諚, 王に服, 王車上より衆, 王軍みな逃げ帰る, 王軍行して, 王軍黄巾の賊徒, 王の妻李氏, 王轟氏の遭難, 王辞すること再三, 王迎えて自ら, 王仇首王といふ, 王總別の, 王が明文, 王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 王は, 王遊戯するに, 王つ飛鳥, 王から些細, 王の建物, 王子儀, 王野沢屋の店, 王金銀異色の大, 王の言, 王を以て彼, 王鎧大に怒る, 王などのやう, 王摩納を, 王長史葛誠をし, 王間人穴太部女王間人皇女などこれ, 王閻魔帝釈五道冥官司令司録等の許し, 王闔閭の女, 王をぶらぶら, 王の書, 王阮亭は言った, 王烈苦奈児と, 王附きの紀, 王爲覇君子病之, 王院一人に逢った, 王院境内の池辺, 王院平の四字, 王院案内ニテ八十里山吉ヶ平迄供奉, 王院礼讃はいいかげん, 王陳余の代, 王陵侵掠という前代未聞, 王陵発掘事件も後者, 王陵發見の金ピカ, 王陽明学派の泰斗, 王陽明學派であるとかいふ, 王陽明毎朝自分の弟子, 王陽明派といふでもなく, 王隣国王の女, 王の, 王を得る, 王が蘆雁, 王青き牛頭馬頭, 王に生れ, 王はその, 王領有の都府, 王顛覆計画の実際, 王風のになる, 王風万里余すもの, 王飯野の眞黒比, 王にかえっ, 王は討たれ, 王香以清兵衛を立つる, 王に乗り, 王に乘, 王騎射尤も精し追う, 王騏馬を躍らせ, 王驍騎を率い, 王驚かずて怠, 王驚きて馬, 王驚き寤めた, 王驢耳を持つ, 王はすなわち, 王高村光太郎君は白桜集, 王高祖ことごとく賊, 王鬼王丸が眷族, 王魁石さんと秘密, 王魯陽文君等は墨子, 王と同格, 王鳥髷した果報者, 王黄文王は杖, 王黄文王安宿王橘奈良麿大伴古麿, 王黙然として何ん, 王と鬪, 王の恩, 王の仮面, 王