青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「玉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

獅子~ ~獣 獣~ 獨~ 玄~ ~玄関 玄関~ 率~ 率直~ ~玉
玉~
玉子~ ~王 王~ 王子~ 王様~ 玩具~ ~珍 珍~ ~珍しい 珍しい~

「玉~」 8002, 86ppm, 1288位

▼ 玉~ (1684, 21.0%)

134 ような 98 ように 46 やうに 42 やうな 22 緒を 18 緒の 12 米米の 11 様な 10 汗を 9 原, 汗が, 黒いうち 8 緒, 闇の, 飾りの 7 上に, 夜の, 小櫛, 緒に, 緒も, 闇 6 中に, 祖の, 米玉の, 緒は, 肌を 5 大きな石壁, 様に

4 [11件] おかげぢや, ごとし, ましら玉の, やうで, ムーラン・ルージュが, 原の, 如くに, 枝を, 簪を, 簾を, 飾りを

3 [28件] ことは, ついたシャンデリア, ほうは, やうなる, ようだ, わが黒髪, 中から, 中の, 中へ, 代りに, 如, 如きもの, 姿は, 年の, 手の, 指環が, 水の, 汗に, 盃底なき, 神, 緒が, 肌は, 腕飾を, 闇に, 音を, 顔を, 飛び出るほど, 黒髪に

2 [103件] ことを, ごと, ごときその, ごとき頸, ごとく, しら玉あはれ, ために, ついた帽子, やうだ, ゆきあ, よう, ようで, ようであった, ようである, ようなあせ, ようにも, 上から, 上で, 中が, 中で, 中には, 中を, 乳房ただ淡雪の, 乳鉢で, 俵を, 光る中, 内部を, 味が, 命木の, 器を, 声が, 大きいところ, 如き, 如きみ, 如き子供, 如き男子, 如き美観, 如く光りながら, 如し, 如照りたる, 姿が, 屑を, 屑埴土の, 年たちかえる, 年立ちか, 廂と, 手には, 手を, 指輪を, 挙動にのみ, 掌ほどに, 文鎮を, 方は, 方へ, 方を, 春, 暗夜の, 柔手の, 汗見れ, 泡の, 涙の, 清らに, 眉の, 眼を, 矜の, 砂敷きならし, 穴が, 笛を, 箸の, 簫を, 米の, 緋裳は, 緑に, 緒ばかり, 緒もも, 緒よ, 置き所, 肌, 肌が, 肌に, 肌の, 胡粉の, 腕に, 腕は, 色の, 茂みの, 茎を, 製作を, 裾が, 身には, 転げる音, 輪が, 輪を, 銀の, 闇は, 雀の, 雪の, 雫に, 飛び出る程痛快, 鳳凰の, 鸚鵡である, 黒きダリヤ, 黒十字架に

1 [824件 抜粋] あたりへ, あつた, あとを, あらん限り, あるの, あるほそい黒い, ある黒い, いうの, いかに不純不透明, いづれ不足, いふがま, うつるよう, うてなも, うまい, おどけた生活, お吸物, かがよ, かすかに, かんばせの, くらき水, ことなぞ, こぼるる, こぼれ, ごとか, ごときもの, ごとき乳, ごとき太子, ごとき月, ごとき王子, ごとき胸部, ごとき虹, ごとき雪峰, ごとくにおいて, ごとくゆ, ごとく古本, ごとく大昔, ごとく年頃, ごとく月, ごとく白し, ごとく腐爛, ごとく飾って, ごとも, しかけが, しょっちゅう動い, すぐそば, すれる音, すわりが, その一つ, その重量, そばへ, それる気遣い, たふと, ついたかん, ついたつるもどき, ついた仏蘭西様, ついた撥, ついた棒, ついた種々, ついた長い, ついてるその, つながった根がけ, つもりで, つや, つらなる雫, でんぐり返るほど, ところへ, とび出した小さな, とろける程寢, ないそれでも, なかへ, なが声, なんともいえぬ, はいった瑪瑙, はいった葛籠, はいつた櫛, ひとひかり, ひとみの, ふとい, ふわふわと, ふわりふわりと, ほのかに, まはり, まん中に, みこゑにげんたくの医者, めがねを, やう日に, やりとりを, ゆがんで, ような澄み切った, よく動く, わたどの, ガラン洞に, ギロリと, クリスマスいう, ナンバーワンという, ハマる宿場, ブつかる, レンズを通して, 一つが, 一つに, 一カ所に, 一人だ, 一連の, 三つか, 三倍ぐらい, 三尺を, 上へ, 上を, 下を, 下見に, 与惣次で, 中へは, 中る虞, 丸いこと, 主人は, 乱舞が, 乳房にも, 乳房も, 五つ六つも, 人, 仕入, 付いたマヤカシ骰子, 住居は, 例の, 倍ぐらいの, 光が, 光の, 光も, 光りや, 光る庭, 光を, 全体を, 内部で, 冠か, 冠を, 出しもの, 出るお粗末, 出る程, 函を, 列白猫の, 前で, 前を, 助かって, 動かし方, 動きや, 卵を, 原であった, 原も, 友之丞の, 句が, 句に, 台な, 台に, 台は, 名である, 名は, 吹き出た薫, 命その, 命は, 命天の, 咒力に, 品々を, 器に, 困るやう, 国で, 型だろう, 壞れた, 声だ, 売上金で, 外殻は, 夜さりくれ, 夜で, 夜に, 夜陰に, 大きいがんこ, 大きいこと, 大きい老眼鏡, 大きい韃靼, 大きい顔, 大きな男, 大粒な, 大群は, 太い娘, 太い男, 太さ, 太吉とは, 奥には, 奥まで, 女の, 如きその, 如きを, 如き人, 如き佳人, 如き喉, 如き姫君, 如き姿, 如き少女, 如き徳, 如き斗満, 如き玲瓏さ, 如き穉, 如き美少年, 如き聲, 如き花の, 如き虹, 如くなり, 如くなれば, 如く夜な夜な, 如く愛すべく貴, 如く朝, 如く清き, 如く白熱されね, 如く輝いて, 如し實質あれ, 妻段氏は, 始末を, 威力の, 子供を, 子光の, 存在が, 実は銀色, 実を, 宮殿の, 家にも, 家の, 対馬守さっと, 小さい十把一紮げ, 小さなこと, 小さな算盤, 小さな輩, 小琴, 屑で, 屑末を, 巵の, 年が, 年は, 年立ち帰れ, 幾つか, 幾つも, 床と, 底が, 底だけ, 廻り五尺八寸, 廻転し, 形は, 形を, 影も, 後挿を, 後方に, 後方を, 御声, 御威光, 御座に, 御馳走でも, 心まで, 怪, 悪人に, 意を, 意味を, 手に, 手ぬぐいを, 手拭とを, 技師は, 投網, 持ち主たるべし, 持ち主は, 持ち主を, 指輪, 指輪が, 据った, 掛け替へが, 数を, 数珠の, 文鎮だの, 方で, 日よ, 春の, 春は, 春立つ, 暗にも, 暗黒よりも, 曇りを, 曲芸とを, 月に, 木に, 杯で, 杯底なき, 枝です, 柱なれ, 根がけだ, 桟橋かと, 梭を, 棧橋かと, 様子を, 樣に, 橋を, 欄干に, 欄干を, 次ぎに, 歌は, 歳たちかへ, 死を, 比喩で, 水が, 汗だ, 汗去り, 池の, 泡沫を, 波を, 洞出しほととぎす啼きぬ, 浦の, 浮かんだ上唇, 海に, 液は, 清らかさを, 源に, 演じて, 潜水機も, 濃い闇, 火縄筒である, 灯明台しめ縄餅箱を, 無明の, 照らしたるわが, 熱きに, 爲に, 爺なら, 片かたの, 牡丹花の, 珊瑚に, 珊瑚珠の, 瑕だ, 瑕である, 瑕に, 瑶珞を, 瓔珞は, 甃暖かに, 生活が, 用にも, 畜生めここでも, 発裂する, 発見は, 白菊仰臥に, 的に, 皓きがごとく, 盃を, 目標に, 真似である, 眼差の, 着物を, 瞳金の, 石は, 石以外に, 砕けて, 破れや, 破片を, 碧いこ, 神と, 神また, 稱へは, 穴から, 穴に, 空を, 笑いは, 笛の, 算盤を, 箱を, 簪で, 簪の, 簪鬘女飾髻鬘帯摺箔縫箔後で, 粉ばかりに, 精金の, 糸が, 糸を, 紫と, 緒か, 緒ぞ, 緒とぞ, 緒なら, 緒み, 緒今宵は, 緒揺ぐ, 緒琴, 緒締の, 緒長き, 美しいこと, 美である, 義にて, 羽を, 翼を, 耳の, 肌いまじゃ, 肌ざわりと釣り合い, 肌と, 肌などとは, 肌見つ, 脱された眼窩, 腕を, 腕投げ出し, 膏汗が, 膚の, 膚艷やかに, 臺など, 臺の, 船員や, 色彩像を, 色眼鏡を, 芯が, 芸を, 苑, 落ちたの, 落ちること, 蒼いの, 螺鈿である, 表に, 表を, 表面に, 裏に, 製法改良の, 製造を, 見當, 視角を, 記憶が, 許に, 講談の, 講釈でも, 講釈なんて, 買ひ置き, 贈答品に, 赤い男, 走る音, 踏み処, 輪と, 近くに, 返事には, 透通って, 郎女, 部には, 都にでもね, 酒杯, 野葡萄の, 鈴生の, 銀杏が, 鎖と, 鐶を, 間抜け野郎, 間隔は, 闇であっ, 闇何處までも, 闇汁會は, 闇黒, 附いた簪, 階我ぞ, 隙間で, 露でも, 露も, 青いうろこ, 青いお爺さん, 青い唇, 青い耳輪, 青二才, 音と, 音も, 項を, 頸に, 頸飾ばかりを, 題を, 顏ば, 顔が, 顔さて, 顔と, 顔へ, 顔夜風に, 顔柳の, 類は, 飛びぬけたよう, 飛び出した支那金魚, 飛び出すほど, 飛び出た鰭, 飛び出るよう, 飛び出る程高価, 飛出すやう, 飛出るよう, 食い物に対する, 飾の, 餌にも, 首筋に, 首飾りを, 香の, 香炉の, 骨を, 髪の, 髪覆ひぬれ, 髮一筋さしはさむべき, 魂を, 鳴るの, 黒いの, 黒い内, 黒き夜, 黒豹いまだ, 黒髪は

▼ 玉~ (1399, 17.5%)

11 剥いて, 持って 10 突いて 9 出して, 見て 8 なして 7 して, むいて, 取って, 買うて 6 つけて 5 口に 4 お返しくださいまし, ぎょろ, つるしたり, もって, 吹いて, 手に, 抜いて, 白黒させ, 破裂させ, 解いて

3 [21件] うごかして, ぐるりと, ころがすよう, つくって, とおして, デングリ返し, ホモイに, 付けて, 伸べたやう, 剥き出し, 動かした, 取り出して, 大きくし, 抱いて, 持つて, 渡して, 眺めて, 磨いたよう, 込めて, 連れて, 飾って

2 [85件] いくつか, きょろきょろうごかし, くるりと, こっちへ, ころがしながら, しつかりして, しゃぶって, しゃぶりつつ, すかして, たべて, ちらりと御覧, つかんで, とり外して, ぱちくりさせ, ほぐすもどかし, まわして, みて, カラカラと, ギョロギョロさせ, ギロリと, ハレツさせ, 一つずつ, 一つ吹き上げ, 一つ払っ, 一人で, 三角に, 与えた, 与えに, 与えよう, 与えると, 並べて, 中軍に, 乱して, 五十丁の, 光らせながら, 入れて, 刻んだよう, 刻んだ引手, 動かしながら, 半分に, 取りに, 口の, 含ませて, 埋めて, 売って, 大事に, 奪われたよう, 左右に, 彼女の, 懐いて, 手にとって, 手向けたん, 拭いて, 拾ひ, 拾ひ続ける, 振って, 据えて, 掌に, 掌の, 掴んで, 握って, 枕に, 浮べるの, 渡すんぢ, 畳の, 白黒に, 石と, 破裂させた, 突いたり, 突かれて, 突く, 耳に, 製造する, 見せたなんぞと, 見ると, 視て, 解きて, 買って, 贔屓した, 轉ば, 透して, 雀子も, 集めるやら, 頂戴した, 鳴らし行く

1 [1029件 抜粋] あきな, あげませうもう, あさって居た, あざむく小人, あつめて, あまたに, あるもの, いくらか, いじくって, いつ飲んだ, うかせ眼尻, うかべて, うごかしては, うごかすもの, うちこむよう, うつの, うんと練り上げ, おうち, おくの, おとした思い, おほどき, お互に, お迎えあらせ, かきよせて, かけて, かけスサノヲ, かって, からからと, きょろつかせたが, きょろつかせていた大山, きらめかせて, ぎょろぎょろさせ, ぎょろりとさせ, ぎよろぎよろさせてゐたが, くっつけて, くりるくりるかと, くり抜きぐしゃぐしゃ, くり拔い, くり拔かう, くるくるさした, くるくると, くるくる動かし, くるりくるりと, くるりくるり廻し, くれた若い, ぐりっとむいて一生懸命眺め, ぐるぐるさせ, こさえて, こしらえたもの, こすっては, ことほぎまつること, こめたとさ, ころがしつつ, ころがす声, こわさぬよう, さういふ風, さけて, さして, さらったらどう, さんざんおもちゃにしておいてからに, しく, しゃぶる, じろりと上向け, すえて, すくって, せっせと拭いた, そうと, そえて, そさのをの, そろえて, たえずギョロギョロ, たぐるよう, たたえて, たった三百, だいじに, ちりばめしにも, ついて, つかうため, つかむやう, つくつて, つくる競争, つけたもの, つけた奇妙, つけた梅もどき, つけた黒人, つけられてる, つづけて, つないだよう, つらぬく, つらねたのれん, つらねた名文, つらねた水色, つれて, とうとう曇らし, とおすこと, とてもだいじ, とばした, とび出さして, とられしよう, とられたよう, とり得たらば, どこへか, なおつき出す, なくしたよりも, なしたり, なしました, ならべ, ならべました, にぎった, ぬく, ぬって, のがれるやう, のぞいて, のべたよう, はじいてる, はらめり, ぱちくりさし, ひからせたり, ひっかけて, ひっくり返したり, ひとつ差しだした, ひやすこと, ふところに, ぶり撒けぶり, ほどくと, まきちらすよう, まろば, みがくやう, むいたまま, むき出すの, むしゃくしゃに, めでつつ, もらったため, やけば, やつて, やられましたよ, やるよりも, よろこびもてあそぶ, ゑぐり取られ, オッコトシタが, キョロキョロさせまし, ギュッと, ギユツと, ギョロリと, ギョロ付かせ, ギラギラさせる, クリ, クルリと, クヮッと, グイと, グリグリと, グルグル廻し, グルンと, デングリ返すだろう, ドロリと, パチクリ, ビュッと, ポッケットへ, 一つお, 一つぐるり, 一つ入れた, 一つ助手の, 一つ取り出し, 一つ報謝し, 一つ拵へて, 一つ買つて大きな, 一体どうする, 一個握らせられ, 一個運転手に, 三つずつ, 三つ四つ手に, 三度突い, 上げるの, 下さいました, 与えた由, 与えよ, 並べた様, 中へ, 乘り廻し, 乞ひ取り, 争うの陣, 争うを, 二つづつ下さいました, 二つ弾いた, 二つ畳の, 二ツや, 五つ投げ出した, 五分間に, 井戸の, 交換した, 今鳴らし, 付けたり, 代用する, 伝えたもの, 伸べたの, 伸べたる脛, 伸べた頸許, 体内に, 何枚か, 作つた人たちを, 作らせる, 作ること, 作る暇, 佩用する, 使った理由, 使つてある, 保名に, 偲ばしめるであろうところ, 僕に, 充分に, 光らし何, 光らせた一匹, 光らせ会見, 入れた萌黄, 全うし, 兼ねいささか, 円くする, 凹ました, 函に, 切るの, 刺し通した, 刻んだやう, 刻んで, 剣の, 剥いても, 剥き小鼻, 力まかせに, 助けて, 助命し, 動かし口, 勧めたり, 十個あまり卓子の, 南瓜頭と, 取つて, 取らば, 取られたほどに, 取られては, 取りあげて, 取りて, 取り出し彼, 取り落とす以上, 取る, 取出して, 口にく, 吊るして, 吐く例, 否應, 含むで露臺, 吸い込むよう, 吹き, 吹き上げました, 吹くによ, 吹く時, 呑み納む, 商った, 喰ったこと, 喰って, 喰つた定, 喰べ, 嘗めさせて, 噛んで, 嚥んで, 四つ五つあわせた, 圧え, 圧へて, 地面の, 売つて, 売り込みに, 大きくひ, 大きく見開かう, 大切に, 夫人の, 失ったよう, 奇魂或は, 奪うか, 奪われようと, 好むか, 存ずる批評, 宝玉と, 家に, 宿して, 射ちこみました, 射られた大村兵庫, 射抜こうという, 射貫かれるところ, 少年に, 島中へ, 左の, 巻いた老人, 幾つも, 延べたらん, 廻して, 弔らは, 引き上げましょう, 引っくりかえし, 引ったくった, 引取るべき, 弾いての, 弾き込んで, 彈い, 形づくりたがるよう, 彫んだの, 彼方へ, 後見の, 得ようと, 心持ちほてらし, 思い出して, 思わせる茄子, 愛しいたわる, 愛蔵する, 懐く, 懸け, 房, 打たうと, 打ち放つほど, 投げた男, 投つた, 抜き去りまして, 抜く事, 抱いた逆上せ加減, 押えられて, 押しつぶすほどに, 拭き, 拵えたぐらいの, 拵えやがったな, 拵へよつた, 拾いあげると, 拾うそう, 拾って, 拾つて來て, 拾わない, 持ちは, 持ち來, 持ち彼女, 持っとるわい, 指頭で, 振りあげて, 振向いて, 捧ぐる白珊瑚, 捨てて, 据え忽ち, 掛けた身, 探して, 探ろうと, 掴むには, 描きぐるり, 握つて, 握りしめられて, 撃出し, 撫でた, 撫める, 擲つここち, 放す, 散らして, 敷いたと, 更に大きく, 枕べに, 横に, 欺く, 欺く礫, 歯の, 殴られても, 殺したの, 気むずかしげ, 水瓶に, 永久に, 沈めて, 泛かべて, 洗つた, 浮べて, 消したこと, 渡しました, 渡るが, 溌, 溶かしたやう, 溶かせるごとき霊泉, 炉の, 烏羽玉の, 熱帯魚みたいに, 爐に, 片方抉りだし, 狙うよう, 獅子頭に, 獲るよりも, 珈琲店に, 瓔珞と, 生みエロ女給, 生んだの, 発射した, 発見する, 白くする, 白黒させた, 百個くれるなら, 百持てこ, 盗まれて, 盗みましたとか, 盗んだと, 目がけて, 真白に, 眺めながら, 睨めながら, 石垣に, 砕くよう, 破裂さした, 磨いたやう, 磨くの用, 磨く前, 磨りあげて, 私から, 私は, 空しく光らせ, 突いた時, 突かじ, 突かないこと, 突きか, 突き始める, 突く時, 突ッつかれます, 第一, 紙に, 細い赤い糸, 結婚の, 綴って, 綴り, 綴れば, 縫ふ, 繋ぎ合わした数珠, 置いて, 置くとも, 耀したる, 考案した, 聯ねた鬣を, 胸に, 自分の, 色硝子だろう, 茶の間から, 葉末に, 螫し, 血走らして, 襲つて涙を, 見せびらかして, 見た, 見つけたとき, 見ながらといふ, 見にかい, 見ました, 見る静か, 見付けたぞ, 見擬い, 覗つた, 詰め置き扨, 誰かれ, 讚める, 貫いた緒, 貫きたる雲の上, 貫ぬいた, 貰ったという, 貰つても, 貰ひぬ, 買はんと, 買ひたかつた, 買被り過ぎた, 購ふ, 踏まないかも, 車軸の, 転がしたなり, 転がす, 転がす里, 転す, 転ずるよう, 転ばすが, 転ばすよう, 載すれば, 輝かせた, 轉が, 追っかけまわすの, 追って大根畑, 送りこんで, 逃がしてはと, 通すに, 造るもの, 連ねた美しい, 進上する, 選んで, 釣した, 釣り上がらせつつ, 鑄拔く, 関はずに, 限度として, 集めて, 預けられて, 額へ, 食うの, 食ひける, 食われたん, 飲まされたよう, 飾りながら, 體に, 鳴らして, 黒い兵児帯

▼ 玉~ (651, 8.1%)

8 ついて, 出て 7 光って 4 できて, 再砂, 子供の, 手を, 破裂した 3 いくつも, こしらえて, とび出るほど, 入って, 叫んで, 手に, 汗を, 首を

2 [30件] あって, ある, あると, いかにもキョトキョト, いま腰を, ころがって, どこにも, ほしいの, 一つずつ, 何でも, 光つて居る, 出まいもの, 参りませんでしたか, 口を, 叫んだ, 可厭しき移香, 室の, 幾つか, 幾つも, 暗中を, 目を, 眼に, 立上った, 行列を, 被いだ, 釵に, 顔から, 飛び出して, 飛んで, 鸚鵡を

1 [524件 抜粋] あが, あがる, あたって, あたつ, あった, あったと, あったとて, あったの, あっちからも, あらぬ虚空, あら不思議, あり草, あるね, あればこそ, あんなところ, あんまりさつき, いい, いくらか強ばっ, いそいそと, いっぱいに, いつか高座で, いつの間にできた, いまにも, いろ, ういて, うきあがって, うまい, おいて, おちたるの, おっこっ, おびえて, お由羅邸, かうした冷淡, かくれて, かちりと, かように, き, きらめいて, きわめて注意深い, ぎっしり並び始めました, ぎよろぎよろしてゐる, ぎらぎら光ってる, ぎろぎろと, ぎろりととび出し耳まで, くぎの, くさむら, くつつい, ぐるぐると, ぐんぐんさがっ, こう聞いた, こっちを, こつちを, ことこと戻っ, こは, こぼれて, こぼれでも, これぢや, ころがりだすと, こわばって, こんなに西洋, ごろごろと, ごろんと, ご覧の, さらに爽やか, じっと落ちつける, すかして, すっこんだ, そう唄い, そこい, そっぽへ, そのほか, そのまま止まらない, その懐中, その蒼白い, それらの, そんなこと, そんなに珍重, そんな時, そんな風, た, たくさんあった, ただ沈んだ, たべられるなんて, たまった, たまつて, たらたらと, たらたら垂れた, ちかちか痛み, ちらほらと, ちりん, つかへて, つるつると, つん出たら, できてから, でんぐりかえるほど, でんぐりがえって, でんぐり返るやう, とけて, とって, とびでて, とび出るよう, とび込んだの, とれて, とろんとなり, とんで, どこまでも, どっちに, なかなか立派, なかろう, なくな, はいって, はいらないので, はちきれさうに, はめ込んで, ばらばらと, ぱちくりと, ぱっと爆, ひっくりかえった, ひとつくっつい, ひとつくつつい, ひとつぶ久助君のての, ひとつ入っ, ひとつ落ち, ひとりで, ぴかりと, ぴかりと光っ, ふいに, ふっと消える, ふはり, ふれあうよう, ふわふわと, ぽんぽんと, また府中あたり, まっかに, まっぷたつに, まぶたの, むけました, むせかえる煙草, めいめい毛布を, ものを, もはやと, よくござん, よほど気がかり, よるん, よわくなった, アバレルような, カランと, カンバンに, キヤベツの, キラと, キラキラ, キラキラ光ります, キリキリと, ギョロリとして, ギラつい, ギラリと, クルクルと, シンプロン峠の, ジットリうい, スーイスーイと, チョロ, チラチラし, デングリ返る, ドンヨリし, バレて, パチン, パッと, パッチパチ, ビッシリと, ピタリと, ブリキ屑に, ポタポタと, ポロリと, ポンポンひんむけた, メリンスの, 一つこの, 一つしか, 一つづつポタリと, 一つ光っ, 一つ割れ, 一つ昔の, 一つ消え失せ, 一個置き忘れ, 一時に, 一番赤く, 一足退った, 一銭貨幣ぐらいの, 一銭貨幣ぐらゐの中に, 三つこれでも, 三つころころ, 三つ四つづつ着い, 三角に, 上へ, 上るという, 両手を, 並んだ如くであった, 乱れかかる心, 二つある, 二つはよ, 二つクルクル, 二つコビリ付い, 二つ三つ転って, 二つ光っ, 二つ台の, 二つ外に, 二つ掌に, 二つ納まっ, 二度ぐるりぐるり, 二月の, 云った, 云った時, 云って, 五つころがっ, 人間の, 今にも脱, 今にも脱出, 今にも飛び出す, 今度の, 他出し, 付いてるでしょう一寸, 伝えられて, 低く叱った, 何処かへ, 何枚という, 使用される, 來て, 俯向いて, 先を, 先師に, 光つてゐる, 光りました, 光ります, 光るの, 光るよう, 入つて, 入ると, 入れ變つて, 入口から, 六ツ並ん, 内隠し, 再び砂, 凋んで, 出しゃばって, 出しや, 出たとき, 出来なかった, 出来上った, 初めて出来た, 初めて哀しく, 動いて, 動きあまり, 勘次の, 勢ひ, 勢一杯に, 十ばかりは, 半分ほども, 半分疑い, 南側の, 又立っ, 古墳の, 吊り上って, 含んで, 吹き出した, 吹き出て, 周章てて, 呼びに, 咲いて, 喋って, 喋るの, 囁いて, 四つ足を, 四ツね, 四時と, 圧え, 圧へて, 地面に, 垂れて, 塀の, 塵塚に, 壁の, 士を, 外を, 大きく膨らん, 大きな声, 大千世界の, 大平氏宅に, 大昔の, 太くなかつた, 太くなっ, 太陽の, 失敬し, 奥の, 女に, 妙な, 妙に, 孃子に, 宇之助さんの, 完全に, 宿つて居り, 宿りました, 小さくなっちゃった, 小太郎の, 小太郎へ, 少し離れた, 屋上に, 屡散らばつ, 山ほど, 山椒ツブみたいで, 帰つて来ない, 帰る時刻, 庄吉の, 庭へ, 廊下へ, 引っくり, 彼と, 後方から, 徐々に辷, 御叩頭, 必要である, 怖, 怖いさ, 急に, 恐ろしい殺人, 戻って, 扇を, 手紙を, 承知せん, 抜けて, 拭いても, 持たせて, 振り子の, 振向いて, 掌に, 探照灯の, 撃てなかったら俺, 撃てると, 散布し, 旭に, 明治三十年に, 暫く窶れた, 曇って, 曲り角, 曾て, 最早と, 朝日に, 木にも, 来た, 来たが, 来たらしく声, 東へ, 棒を, 横ッ面へ, 欲しければ, 死んだからナ, 死んだ時, 死んで, 殺されて, 気の毒であり, 汚すに, 沈んで, 流れ落ちるの, 浮いて, 浮かび上ったかと, 浮んで, 海辺に, 消えるよう, 湯に, 溌溂と, 溶けたと, 滴り落ちる渓流, 濡れたよう, 火の, 火種を, 灰落しの, 無い鴉, 無残に, 煌めいた, 熔けちま, 燦爛と, 爆発した, 爛々と, 爽か, 牛玉宝印とまで, 狭い板廊下, 狭い額, 現れる, 當らない, 當る, 痛くなる, 発見される, 發見せられる, 白くなる, 百合の, 盛上っ, 直立し, 真珠の, 真面目な, 瞼から, 石を, 砕けたり, 破裂し, 破裂する, 碧い, 碧空に, 祝儀を, 稲葉を, 空中で, 突ツ拍子も, 立ち昇るだけ, 立って, 笑った顔, 納めて, 紛れて, 結ばれて, 美しく光っ, 義雄の, 聞いた, 肩の, 背後から, 背筋を, 能く, 腕の, 腰かけて, 舞戻って, 花の, 花山を, 茶と, 茶店を, 落せば, 落ちたくらいに, 落ちたこと, 落ちたと, 落ちて, 落ち始めた, 落ち易く, 蒼ざめた人と, 蛇の, 蝦蟇の, 表の, 袖を, 要ると, 親しげ, 触れ合, 触角が, 觸角が, 誰かに, 買つても, 走る, 転り出る, 載って, 轉覆かへ, 迸ば, 逃げぬやう, 這入って, 遁げちやつたつて, 違ったに, 遠い遠い窓, 遠く轉, 重な, 金壺の, 釣し, 鈴生りに, 間の, 降つて, 降りて, 雀に, 雲へ, 電気の, 電灯の, 青味が, 音を, 頂戴する, 頭の, 頭巾にも, 額から, 顔を, 風に, 飛びだすよう, 飛び出しさうにびつくり, 飛び出した, 飛び出したとでも, 飛び出しますよ, 飛び出すと, 飛び出たかと, 飛び出るほど, 飛び出るよう, 飛び散って, 飛ぶわ, 飛ぶん, 飛んだ, 飛出さなかつたの, 飛出して, 飛出してるし, 飛込んだ穴, 馬に, 髪の, 魚の, 黄色っぽく, 黒いうち, 鼻先で

▼ 玉~ (569, 7.1%)

75 そこで, 皆掌に 4 可愛いよ 3 ざらん, 手を, 此の, 水隠れ

2 [66件] あの吹矢, ありませんぜ, いった, いつもの, こう云っ, さきほどから, しかし目前鯉魚, それに, たちまちなくなり, ぬこと, はじめて納得, ひとつづ, またその, イギリスから, ギロリと, ノールウェーから, 両手の, 両手を, 中高な, 便少ない, 凹んだ眼窩, 力任せに, 始め実は, 安重根, 宵闇の, 容易に, 尤もらしく, 巌に, 常にに, 待兼ねた, 御幣を, 微行した, 恭しく三たび虚空, 憚りながら火の玉, 我知らず衣紋が, 故郷へ, 敗竄した, 樹の, 欄干に, 止む事, 水隱れ, 永久に, 深雪の, 湯を, 火の, 爾の, 白くて, 真面目な, 瞳を, 耳を, 肩を, 胸が, 腰を, 舷に, 色ある, 蓮池の, 虚空に, 視た, 追懸, 逃げだし希望, 釵を, 頭を, 頷いて, 顔を, 首を, 魔法の

1 [404件] あたかも生ける, あまりなかっ, あり得べからざるもの, ある一軒, あれ程, いきなりそそくさと, いずれも, いつも先生, いはれる通り, いろいろな, いろいろに, おいおい活気, おかあさんが, おのづか, おばァ, おらがの, お叩頭, お日さま, かかって, からからに, きっと真中, きょろきょろと, きりの, ぎょろりとし, ぎろりとして, こういっ, こちと, このへん, この土地, この日, この時, ころころところが, こんなに小さい, ごそごそ這い, さかんに, さすがに, さづけ, ざりき, ざりしは, ざりしや, しっかりし, じっと庄吉, すべり安く, ずうっと, ずっと大きく, ずらかったじゃ, ずんずん上っ, そういう葉, そう云い, そう云っ, そう口先, そう答え, そこに, そのこと, その内, その実, その従兄, その硝子, それから, たいへんに, たいへん損じ, ただ小さく, ただ引被い, たるんだ瞼, だん, ちゃんと算盤玉, ちょいちょい眉, ちらっと腕時計, つやつやし, で唯, で妄執, で隔生, とかくとんでも, とても大きく, どうした, どうです, どうやらこの, どっちかに, ないよ, なかなか燃えつきない, なにか途方, なんとも不快, ぬ親, ねば, ねぼけた存在, はじかれない, はじかれぬ, はらはらはら, ば喜楽可なり, ひざまずいて, ひとりで, ぴよこりと地面の, ふわりと, まことにありがたい, ますますそれ, ますますひらい, まだ彼, まるで噴火, まるで物, まるで目, みがかれに, みるみる重なりあっ, むや, むやと, もう褄, もし手, や, やあ, よい代物, よしや生命, らいも, らんことも, わが愛妻, インチキかな, カーテンの, スッと, スツと, ズッと, ズツと, ゾッと身, ゾツと, ダイヤモンド, チイット計り違わっし, テーブルから, テーブルの, ドアへ, ドイツから, ドイツで, ポンポン飛び出し, 一つに, 一つ御, 一つ頭を, 一体何, 一体全体なん, 一寸々, 一文の, 一発も, 一隅の, 七年と, 上がったり, 上り口の, 上玉だ, 下から, 下手の, 不均等, 不思議に, 乱れ落ちて, 乱刃に, 二人の, 二枚で, 人々を, 人間の, 仕切りの, 他人の, 何, 何という, 何の, 何んとか, 何んな, 何度も, 信仰と, 信頼と, 俯向い, 僕持っ, 元の, 光を, 入れて, 全く的, 其方か, 冷たそう, 出されないと, 出て, 別に変りよう, 刺身の, 勇ましげ, 勝手口から, 勢が, 包を, 匡山の寺へ, 十六の, 十読む, 取り換えた方, 口の, 古墳が, 台へ, 同じこと, 同一雨垂れ, 君が, 呪言の, 唄いながら, 唇よ, 唯引被い, 唾を, 嘘だ, 器の, 土間の, 坂本の, 堅くこの, 外へ, 外れたし, 外國では, 多く紺色, 大いし, 大きいだけ, 大きなゴムまり, 大きな口, 大したもの, 大に, 大丈夫だろう, 大抵じゃ, 大抵頭, 大砲方の, 天井を, 天竺までにも, 女の子の, 女を, 妻に, 始めて, 始めてで, 娘の, 嫁さんので, 嬉し地震, 孤立し, 家へ, 寝て, 尊敬を, 小便を, 小藤次, 少年たちに, 屆く, 山の, 川風に, 工務課から, 左へ, 左右へ, 帛を, 常に洛神, 平一郎に, 平然として, 幼な, 幼児が, 床を, 張扇で, 当たり候由に, 後の, 従僕に, 心で, 心の, 心配そうに, 忍び笑いする, 思はず微笑んで, 思わず微笑ん, 思案に, 悪いこと, 悪くない, 我に, 我の, 或は, 戸に, 戸口へ, 戸棚から, 所謂紅玉色で, 手で, 手拭で, 抉り取られて, 抉り取られ空洞, 抱き起そうと, 指で, 捕吏に, 捕吏を, 提灯を, 数珠に, 整つてゐ, 斯うし, 既に此範囲, 星田さんのを, 暗い水底, 最う褄, 木の葉の, 本物の, 李春華とともに, 東粤で, 柿や, 根本は, 桜島が, 楽屋へ, 歡喜天の, 此意味に, 死人の, 気の毒で, 汽車ぐらいの, 活きて, 海の, 深い草, 渡したの, 瀧壺に, 火鉢へ, 無きカルタ, 無事だつたさう, 無言を, 燧石を, 爾に, 特に数, 狭い長屋, 玄竜にとっては, 玄竜を, 玉子五銭, 珊, 瑠璃よ, 生き生きと, 生柿色, 畢に, 病める蚕, 痛々しく潰れ, 白雲ばかり, 益々もつ, 益満に, 真赤に, 眼が, 眼医者に, 知れて, 石を, 石燈籠の, 砕けず, 砕けても, 砕けるが, 確かに, 神璽として, 福助時代の, 空に, 立って, 立上った, 立留まった, 立留まつた, 竹松より, 笑いながら, 笑って, 答えないで, 箱で, 節を, 簾を, 紅の, 素絹を, 細くつて, 絵筆を, 絶え間なく, 緒までも, 縁側の, 縱に, 繁りに, 美稱, 老人ので, 聴かなかった, 肥った身体, 脚も, 若い時, 蒼白に, 蓮に, 薄暗くなっ, 蝋燭を, 蝸牛の, 血書だけで, 行燈の, 見えにくい, 見た事, 見る見る一枚, 覘い, 貫く, 貫く咲き, 貰うても, 赤や, 走りながら, 路地を, 跳ね起き, 跳び山, 踊りながら, 身の毛も, 身体中を, 軒下の, 返事を, 逃げよう逃げようと, 途を, 連翹の, 遠藤博士から, 鉄の, 鏡の, 阿英, 陰影を, 雲の, 非凡な, 顔中を, 風景を, 飛び出さないよう, 飯台を, 首尾よく, 馬を, 驚き喜びを, 高価の, 魂で, 麥藁の, 麻の, 黄いろで, 黒縮緬らしい, 黙って

▼ 玉~ (292, 3.6%)

13 なって 7 して 5 かじりついて, す, 疵だ 4 噛り付い, 手を 3 瑕だ 2 すると, せむ, なれない筈, キズだ, 使って, 噛りつく, 噛り付く, 抱きついて, 瑕という, 細い金足

1 [226件] あが, あたつ, いた, いますはや, いれて, うつった事象, うつる美しい, おさらばを, おどろかされたの, お指, かくれた一寸法師, かじりつきさ, かじりつくと, かじりつくの, かじり付いて, かつづるひと簑, きずが, きずだと, ころがりかかって, したって, したの, したよう, したらさぞ, した二本, した頭髪, した魔術師, しては, してる幾枚, しましたので, しようとは, しようよ, しろころがって, しんねりと絡みつい, じゃれ始めました, すぎないが, すぎない僞善, すり込んで, すること, するみがき, する程, そこへ, つかい亀山六万石, つかまりな, つけたワイヤ, つつまれながら, どうかする, なしたる九月, なぞらへて, なったの, なってる太い, なつた, なつて, ならうと, なりそれ, なりながら, なります, なる, なるべき歌, のら猫だ, はるか遠く, ひびが, ぶち付けた, ぶつからない, ぶらさがった, ぶら下がつて, むかって, もらはれて, もらひて, ゆるく地震, カジり付い, キズで, キズである, キズです, キズという, キズの, ギユツと, タラリと, ビールの, ブラ下が, ペン先の, ホクロの, ラムネー氏とは, 一つの, 中つて, 丸めたもの, 丸めて, 乗って, 乗りながら, 云って, 交へ, 代りたま, 似た声, 似た色彩, 似て, 似てを, 作ったの, 使いてえの, 使ったお, 使われて, 候, 傷, 傷さ, 傷さ情事と, 傷だ, 傷です, 児供が, 入れて, 写った小さい, 写る世間, 凝って, 凝らしたかの, 到達する, 刻まれたもの, 割り当てられるよう, 化けて, 卷いた姿, 及ばずと, 合うか, 向つて, 君の, 吹矢が, 噛りつい, 噛りつかれた, 噛りつき, 噛りつくんです, 噛り付いた, 執着し, 変じたりとの, 変って, 家族っていう, 對し, 少女の, 就て, 尻尾を, 巻きついて, 庄吉は, 廻って, 当られるので, 彫んだ女神, 従兄が, 情けの, 懲りてるゆゑ知らん顔, 抱きつくやう, 拘泥し過ぎ, 指を, 撃たれて, 文字を, 明和幣, 映って, 映る虹, 来るその, 枕し, 染む顔, 横線を, 死なれちゃ, 比したり, 比べ勝望美景, 気を, 水を, 湿ふ花, 火の, 犇, 狙いを, 獅噛み付い, 現われて, 瑕かも, 瑕だった, 瑕と, 瑕とでも, 瑕な, 瑕の, 瑾じゃ, 瑾じゃな, 瑾を, 疵で, 疵ですたい, 疵という, 疵の, 白いひび, 皆くれ, 目を, 相違ない, 睨まれて, 磨いたり, 移って, 移つて行つても, 穴が, 突き刺して, 等しかつ, 糸を, 結び上げられて, 絹糸を, 綱が, 綾なす姿, 締りが, 繩を, 草鞋の, 菌の, 薄く涙, 薬が, 見せに, 見入った, 見入って, 見惚れて, 触れないよう, 語りて, 變つ, 負けたる隆一, 貫きそれ, 貫く五月, 貫く日, 貫そうと, 足の, 較べて, 近づいて, 逃げられたらまた, 這入って, 逢いたいが, 逢着した, 逢着せね, 連れて, 配って, 配合し, 銀の, 風呂敷か, 飛付いた

▼ 玉~ (163, 2.0%)

9 なって 4 なつて

2 [13件] いう, うちあげる青き, しに, なる日, 云うの, 凝るもの, 凝れ, 庄吉とは, 為すには, 照るもの, 石とを, 砕けること, 銀色の

1 [124件] いいこれ, いうと, いって, いつたの, いふを, いへば, いやあ天下, いわれて, うるめの, かがやかば, かわらが, がぶら下って, きょう掘り出した, こんな歌, さいころを, さゆる, したたる甘露, つてまだ, であった, である, ひろはん, まちが, ドイツの, バットを, マクロン, ユタンポが, 一緒の, 並んで, 亂れ, 二人っきりだろう, 二人で, 云う子, 云う玉, 云う石, 云おうか, 云ふ, 何んとか, 光らす爾大日輪, 八咫の, 剱とを, 勾玉とを, 取り佩く, 古本屋を, 同じはたらき, 同じやう, 名づくる, 名づけて, 向き合は, 堂々と, 堅い薄皮, 変れども, 小太郎とが, 小鼻とで, 庄吉は, 弁舌が, 強薬を, 思うよう, 感じて, 感ぜら, 感心な, 成り瓦, 握ること, 撃てる音, 撫で愛まれ, 改名し, 散った浅緑, 散るの, 散る水, 散る邊, 明石玉とを, 暖めてを, 書けと, 板昆布で, 枯薄の, 桶の, 水晶の, 池の, 泣くひと, 泣声との, 深雪とが, 玉と, 珠とは, 申しまして, 申しますよ, 申します何分よろしく, 申し江戸, 申すもの, 申す講釈師, 真向ひ, 石で, 石ほどの, 砕けんと, 砕け花, 磨くべき湯, 称して, 筆先に, 紅の, 腕を, 臺の, 花林糖の, 蝋石の, 見せかけその, 見せようとしても, 覚しきダイヤモンド, 言いこの, 言われてるの, 誇称した, 赤い一, 赤く長い舌, 逃げると, 透らす此, 透徹る, 重い腕組, 金粉仕掛けの, 鏡と, 鏡の, 鑑定した, 雄黄とを, 雪とか, 飛散る如くすでに, 髪毛と, 鬚と, 黒玉とを, 鼻の

▼ 玉~ (80, 1.0%)

43 り, 噛り付い 2 かし, かし小, かじりついて, 接吻し

1 [62件] いきなり飛びこんだ, うしろから, おもしに, かじりついたひと, かじりついたんで, かじり附け己, さあ, しがみついたり, しがみつく, しがみつくよう, しっかりしがみつい, しつかりしがみついて, それを, とびこんで, ぴよいと馬乗りに, ぶら下って, やの字に, 一つお見舞したい, 久しく座, 人知れず, 其中には, 右から, 君が, 君の, 吾等も, 噛りつい, 噛りつきました, 噛りつき兼ねまじき, 噛り付かれ, 噛り着い, 寄って, 少佐の, 巻きつけて, 巻き附けた帯, 心留むべ, 忙しいから, 恐ろしく細長い, 我が口, 我学問の, 投げ罠, 振向いて, 昔は, 水でも, 渡した, 然ら, 父子の, 疊針を, 百遍息を, 眼を, 知らしては, 知らない人, 私は, 結ぶだろう, 縄を, 縋り付くでねえか, 繩でも, 繩は, 繩を, 行くと, 行って, 難破船が, 飛び乗つてしまつたの

▼ 玉~ (68, 0.8%)

3 庄吉も 2 た, てこ, 何か

1 [59件] あるが, ある確か, きず玉, そのわき, その横, それを, ちっと曇っ, ちっと陰っ, つぶつぶ顔に, てこと, ないだらう, なくなるし, なにせむにまされる宝子, ほかの, まこと, みごとです, やがて露見, ゆら, りぐすく, ゾウの, 三つも, 上り口まで, 下磨き, 亦王, 亦自, 冬子も, 出づ, 到底かない, 剣も, 勇躍し, 動かせぬというは, 口も, 同居する, 大丈夫あの, 干乾びて, 年を, 忘れられつつ, 手玉も, 拾はん渚かな, 持たない, 掻, 揚代も, 撞くし映画, 旅慣れ, 殿様に, 洗って, 混ぜて, 照ちゃんが, 珍しくは, 祝わばこそ, 空虚の, 螺旋し, 衝けば, 見えない, 見当らない, 買ひた, 赫と, 身に, 進上する

▼ 玉~ (68, 0.8%)

2 である, は今, をうけ, を所有, を捧げ, を盗ん

1 [56件] があった, がある, がなけれ, がまだ, が授かった, が紛失, が見えなくなった, が計らず, だと, でございます, です, ですが, ですって, ではあります, というの, といえ, には古文, に作りあげ, に垂涎, のお蔭, の入っ, の秘密, はすなわち, は朝廷, は洛陽, は鋳, もいつか世, も湖底, や宝器, を, をあずけた, をふところ, をも兄袁紹, をも曹操, をわが, をわし, を取りだし, を奪っ, を手, を押しつけ, を拾った, を持っ, を持つ, を捧げしめ, を掌, を掘り出し, を擁し, を河北, を私, を移し, を袁術, を質, を贈っ, を返さず, を返し奉った, を返せ

▼ 玉~ (66, 0.8%)

2 あつて, 枝珊瑚珠の

1 [62件] あつた, いきなりクルリ, かこまれたシャンデリア, かざったご, かざったみごと, かざったシャンデリア, この新, じっとりと, すなわち勾玉, つくつた品物, できて, でも, とんとお, どうなる, どんよりと, まっ暗闇, もしやぶらされ, もはや現実, やったの, ウイ少々, グイと, 七銭お, 中では, 中に, 五色の, 伸子は, 作つた璧といふ, 光線を, 写真に, 刻んだ小天地, 刻んだ独鈷, 吹き上げて, 和睦が, 左右を, 恰も真珠, 惡戲を, 撃留めた, 文字通り自分の, 次は, 歌うに, 淡い月, 潮の, 白と, 眺めて, 睨み殺して, 睨んで, 示した値段, 縁どりまする, 縁取つた素晴らしい, 胸を, 胸飾りを, 脅かしたの, 蕎麦を, 補ふ, 見たら, 見た坂田, 見て, 覗く奴, 透かして, 通って, 魔法が, 魔法を

▼ 玉~ (59, 0.7%)

4 王褒の 3 玉や 2 吐く, 鏡や, 雪の, 青玉や

1 [44件] いるの, およそ声, かんざし, けばけばしい色, ここに, この剣, すぐに, すでを, たくましい鼻腔, という貸席, まず放て, またお前, ゴム毬などを, ボタンなどを, メンコや, ーい, 劔の, 包装に, 口から, 口が, 哀れ深い, 小版抔, 帛の, 拾はむ, 散弾や, 毛髪や, 滝の, 火鼠の, 玩具を, 登徒子の, 真珠母や, 素晴らしい古代, 耳輪を, 色とりどりの, 複雑に, 赤い玉, 鍵やと, 鏡なぞの, 鏡などの, 鏡を, 青地錦, 高き賤しき, 高家邸の, 鼻の

▼ 玉ちやん~ (54, 0.7%)

7 を連れ 3 はお 2 が走, との膳

1 [40件] が, がす, がどうして, がどんな, が惡, が病氣, が酒毒, とのお, とはどう, とは七年間此雰圍氣, と少し, と私, には左, によく, に元祿袖, に渡し, のです, の敵, の方, の死骸, の汁, はいつも, はからつきし, は好い, は子供, は床の間, は御飯, は本, は繪, は聞耳, は臺所, は行儀, は頬, は顏, まで殺された, を人質, を抱き, を押, を殺したら, を見

▼ 玉~ (49, 0.6%)

3 すきかけ, と気がつく 2 あね, すき, ぜ, という, と氣, よ

1 [31件] からいかん, からな, からまア, から先方, から抱えよう, がつづけ, がカフス, けれど露出し, こいつを, そうでございます, それを, ぞ, ぞ七, だがしかし姉御, だが然し姉御, てえ, とするなら, とまるで, と思っ, と思つて, と睨んだ, と聞いた, と言っ, な, なんて言葉, ね, のを, わ, ッ, ヨ, 緒

▼ 玉~ (45, 0.6%)

4 姫様の 3 姫様は 2 姫と, 姫に, 姫の, 姫様に, 媛の, 媛を, 比売との, 毘賣, 毘賣に

1 [20件] 姫, 姫が, 姫で, 姫という, 姫には, 姫を, 姫命だ, 姫様から, 姫様つまり, 姫系との, 姫系統の, 媛という, 媛に, 比売それ容姿よ, 比売なりと, 比売を, 比売或, 毘売に, 毘売其容姿よ, 毘賣それ顏好かりき

▼ 玉~ (41, 0.5%)

72 この心がま, を見れ, 日は, 頃なり

1 [26件] ぞと此事八方, な何, な唯, な大佐, な私, な迷, に及び, は, はいと, は烏森, べからむ, や濁, をり, 伏姫を, 処へ, 可し, 大能の, 小さき画額, 弟は, 御事勿論, 御職に, 心を, 我神よ, 汝何の, 赤光の, 間敷御事也

▼ 玉~ (38, 0.5%)

4 つま 2 ぎるほのかにだにも見えぬ, づきいでば, づら, 何かに, 何かを, 玉なら

1 [22件] ずらという, ずらを, づらかざし, づらた, づら影, づら思ひ, づら絶え, はらはらと, 京白粉の, 何か, 何ぞの, 判る筈, 唐渡りの, 宝石の, 庄吉かに, 恥かしや, 数しれぬ, 涙の, 瑪瑙に, 瓦か, 神のみ, 透明な

▼ 玉~ (36, 0.4%)

3 の客 2 の, の名手

1 [29件] かきならし, が切, というの, に, にも面白, の子, の手, の胸, の音, はこれ, はしおしお, はまず, は姉, は支えん, は毒酒, は泣き伏す, は縁, は這い寄っ, は這い寄る, は那須, は門, は顔, もまだ, も蓑, も進みいず, 再びそなたには, 答えず恐るるごとくに, 苦しいか, 黙して

▼ 玉~ (35, 0.4%)

10 の金蔵 2 の息子, の生

1 [21件] から遠のい, が没落, でございます, ではない, にあった, に残っ, のお, の一人息子, の不良息子, の主人, の倅, の大将, の若紫, の親爺, は染物屋, は相当, ばかりじゃない, へ入らう, へ返した, も古い, も漸く

▼ 玉~ (31, 0.4%)

2 の話, をし

1 [27件] がそんなに, が上手, が好き, さえもやめ, さては碁将棋, して, ではじょうず, でもやる, という遊戯, といふ遊技, と寫眞, に凝, に出かけた, に来る, のキュウ, のボーイ, の台, の歴史, の給仕, の音, は知らぬ, も一時, やら晩餐, や釣, をやっ, をやつ, を兼業

▼ 玉ちゃん~ (29, 0.4%)

2 かい, が見えなくなった

1 [25件] いいから, がトラ十, が大変岡惚, が池, こりゃ大変, さあ着物, しっかりたのむ, だろうと, という児, という猫, どうした, のところ, のやられた, の腹の中, は答えました, は色, は識ら, らしかったと, を役人, を探し, を殺す, 乗れ君, 聞えないかい, 草臥れたろうもう, 行って

▼ 玉~ (28, 0.3%)

2 と云, の原本, の外, 其の儘

1 [20件] がある, が盛ん, である, というもの, といふ名前, とかいふもの, などに載つ, にもなく, に大分手, の古, の版, の眞相, の零本, は三十卷, は今日, は非常, は顧野王, も梁, を翻訳, を見る

▼ 玉~ (28, 0.3%)

2 の下, の来た, は譚

1 [22件] だの, と言う, に遇った, のいや, のまだ, の前, の夏, の我が, の立枝, の花, の花さ, の花多, の落葉, は勿論, は時, は木末, は空, は花, は黄葉, も呼ぼう, を苦しめた, 散る

▼ 玉~ (27, 0.3%)

1 [27件] がすらすら, が先刻, が右, が寝捨てた, が短冊, が言う, と呼び, と私, と銀平, にはそれ, の手, の指導, の掌, の言葉, はその, はまず, は不, は僅か, は前々, は悲鳴, は眼, は眼鏡, は重ね, は飯, も同じ, も銀平, を睨めた

▼ 玉~ (27, 0.3%)

5 の御身

1 [22件] から引い, だけあっ, だ汝, ではあった, というもの, とかいう類, とかつぎあげる, とか左記, などのわずか, なんぞ恥知らず, には, にははし書, のひとり, の御, の日々, の為兼, の筆者, の身, よりも明月記, をはじめ, をよむ, 漸く氤

▼ 玉~ (26, 0.3%)

1 [26件] とを賜わり, と共に一味, と名馬, に佩い, に添え, に血詔, のうえ, のうち, の中, の二品, の縫い目, の芯, の裏表, へ血, も献じましょう, をあらため, をあわて, をした, をその, をそれ, をちょっと, を掛け, を着け, を親しく, を賜われた, ヲ見

▼ 玉蕉女史~ (26, 0.3%)

2 に向っ

1 [24件] からからかわれ, から使, が本当, が次, が言下, が驚かされ, との応酬唱和, にも附添, に暫く, に限っ, の家, の招待, の離れ, は, は事実, は右, は心得, は改めて, もまた, も事, も来歴, をたずね, をたずねる, を追究

▼ 玉梟帥~ (25, 0.3%)

2 だ, であった, の小屋

1 [19件] という猛者, といえ, とやらは満足, と云う, などへやれる, にもそういう, に妻, の乞い, の嫁, の家, は, はつかつか, は冷やか, は姫, は振り返り, は牛, は立ち去ろう, は頷いた, を先頭

▼ 玉から~ (24, 0.3%)

2 五彩の, 鎌倉殿へ

1 [20件] かすかながら, なって, 二分玉くらいの, 云えば, 五寸玉ぐらいまでの, 何にかへ, 何百という, 大粒の, 威圧を, 少し馬糞, 弾き出したら矢野, 彼が, 抜剣の, 更に糸, 涙を, 火が, 連想し, 遠のこうと, 頼まれて, 飛びだすよう

▼ 玉~ (24, 0.3%)

3 の内 2 が下がっ, の奥, の瀧

1 [15件] だけが眼底, の, のうち, のおく, の中もれ出, の庭はめちやめちや, の後, の隙間, やすやす越え, をかけつらねた, を宙, を押し分けた, を見, を跳ね上げた, 深く夏日

▼ 玉ひし~ (23, 0.3%)

2 か, より此二十日

1 [19件] ことは, にはあらず, ゆゑ爰に, より宵, 上浪煙る, 君心の, 品は, 師の, 後の, 御事あまり, 新院の, 日と, 東征の, 歟あら, 歟屋を, 西の京君に, 貧しくなり, 逍遙子は, 頃は

▼ 玉という~ (22, 0.3%)

2 のを, ものが

1 [18件] ことに, ことを, のが, のだ, のは, ものそれに, ものの, ものは, ものを, 一匹の, 仏師が, 名称が, 字が, 猫の, 男が, 紛い物だ, 老優が, 芳崖の

▼ 玉~ (22, 0.3%)

3 けむ 2

1 [17件] おろかや, ておろか, ては皆対岸, て侑めら, て十兵衞, て千人, て国々, て天, て後, て玉, て飛鳥音, 人麻呂任終て, 余が, 態, 末の, 補陀楽山千手院と, 鳴門の

▼ 玉ころがし~ (21, 0.3%)

3 の玉

1 [18件] があった, であわてだす, とはおもしろし, とは浅草, などのゲイム, などを携, にそら吹けやれ吹け, に似た, に使う, に行っ, の囲, の好き, の店, の息子, の親分, もやっ, も振り向い, をやっ

▼ 玉一つ~ (21, 0.3%)

3 出して

1 [18件] さつ, だつて, であろうが, で青銅, と一升ブラ, と古い, のかけ, の栄養食, も持っ, をおい, をも遮らない, を借りる, を強奪, を煙草代, を頂戴, 借りる五日ぶり, 入って, 握り万一

▼ 玉でも~ (20, 0.2%)

2 乗せたよう

1 [18件] くくんで, ぐるぐる廻し, こはれますよ, とび込んだよう, ないもの, なかった, 何の, 含んで, 吹き出した様, 磨かざれば, 磨り合, 腐りかかった玉子, 茶釜でも, 買うて, 買って, 転がり落ちて, 鼻でも, 鼻の

▼ 玉~ (20, 0.2%)

2 の裾

1 [18件] がどう, が気, だったの, に重量, の一つ, の中, の円孔, の廻転, の膨脹, の衣, は四本, も経机, をかける, を切り落し, を動かし, を合せ, を吊した, を見る

▼ 玉~ (19, 0.2%)

1 [19件] うえは, きみだり, ぞなつかしき, とかや, と一一胸先, と云う, の神意, は此帝歟, や不幸, ように, を止むるにはあらねど生死, を謝し奉つる, 仁君と, 伴天連の, 君かな, 場合が, 御容貌, 離別には, 鬼子母神に

▼ 玉なし~ (18, 0.2%)

52 にし, になる 1 だぞ, だア, である, でも仕, という失敗, にした, にする, になっ, よってこれ

▼ 玉~ (18, 0.2%)

1 [18件] だの娘手踊, などを拵えた, なんかの様, に夢中, に汗, の一座, の元締, の前, の女の子, の技, の楽屋, の看板, の稽古, の見世物, の親方, や勧工場, をする, を見

▼ 玉なす~ (17, 0.2%)

3 胸に 2 汗を

1 [12件] はだ, わが念, 佳人が, 御手, 枝を, 桔梗黒髪の, 汗が, 汗で, 清水を, 脂汗が, 露すらも, 露の

▼ 玉にも~ (17, 0.2%)

2 手が

1 [15件] かえらるるもの, こめたと, ない性情, ない長いしっぽ, なれば, まさった白玉, まして惜, もう生気, やはり春の目, やはり月, 先輩が, 分った, 分つた, 瑕の, 香やは

▼ 玉~ (14, 0.2%)

1 [14件] これも, その水, その紙, といっ, などいい, ば何事, またその, 又その, 必ず螺線, 必らず, 抔と, 有則の, 棺は, 真理を

▼ 玉へと~ (14, 0.2%)

2 云ひぬ, 銀貨を 1 お志し, せがみしと, 云へば, 奨励した, 姉よりの, 彼の, 心強く云, 思入つて諫めたてまつれ, 我知らず地を, 言つて到頭

▼ 玉みたい~ (14, 0.2%)

1 [14件] じゃない, だ, だから, なもの, なもん, な気軽い, な製鉄炭酸瓦斯管, にはじけ, にみえる, にもんどり, に何, に可愛, に白い, に行方

▼ 玉~ (14, 0.2%)

2 を手

1 [12件] だった, でたちまち, のこと, の上, の柄, の棹, もとうとう, も無く, を入れ, を持ち添え, を捜し出し, を擬し

▼ 玉~ (14, 0.2%)

4 の妻 1 がそれ鍬, では絵, の, の住居, の家, の家造, の御新, の持地, の邸, の門

▼ 玉~ (14, 0.2%)

8 白きヘーレー 2 白き端嚴 1 の, のヘーレー, の眞白, 白きヘレネー

▼ 玉~ (14, 0.2%)

6 と照子 1 がたおれる, の顔, は一生懸命, は力, は学校, は思っ, は急, は林

▼ 玉よりも~ (13, 0.2%)

2 緑である

1 [11件] いいもの, はげしい音, もっと美しい, よく雪, ズットなごやかな綺麗な, 可愛が, 滑かなり眠れる, 輝く眞, 輝く真, 長い目, 餅かな

▼ 玉ばかり~ (12, 0.1%)

1 [12件] きょろつかせて暖簾, されて, だ, だからね, だが, つけられて, である, キョロキョロさし, 光らせて, 大きな骸骨, 揃えて, 行って

▼ 玉ネギ~ (12, 0.1%)

2 をコマ切れ 1 がたべたかった, がとりまぜ, だけ置い, などののっかった, などの團欒, のおみおつけ, ほしくつて, をたべない, をどこ, をジリジリ

▼ 玉~ (12, 0.1%)

1 [12件] だよ, つくれる, と道化, などは惡戯, の溺死體, は, はそれ, は一寸法師, は下手人ぢ, は昨夜, をおびき出す, を殺した

▼ 玉~ (12, 0.1%)

1 [12件] だと, といった, といった頃, との真ん中位, と煎餅屋, においてで, に赴い, のモリ, の方, へ引き返した, もなかなか, を出

▼ 玉~ (12, 0.1%)

4 時計を 2 時計に, 時計の 1 時計が, 時計であります, 時計では, 時計は

▼ 玉~ (12, 0.1%)

1 [12件] の五歳, の前, はいら立っ, はそれ, は連れ込まれ, をおろし, をさらっ, をさらった, を取り上げ, を生んだ, を背負う, を見

▼ 玉突場~ (12, 0.1%)

2 の高い 1 でかちかち, なぞ何, の一隅, の女, へ行, や新しく, を売払う, を持っ, を覗いた, を開い

▼ 玉突屋~ (12, 0.1%)

2 へ行 1 でなに, ではありません, にいなかった, の横, へ這入つた, へ通, やら植木, をやっ, を致し, を開業

▼ 玉~ (12, 0.1%)

1 [12件] と書す, においてより, に其の, に葬った, に葬つ, に葬らせ, の前, の本, の雰囲気, は首里, や崇元寺, を呼ん

▼ 玉とを~ (11, 0.1%)

1 [11件] どう配合, まねて, 出した, 区別する, 手に, 打ちあげて, 盗み取ったそう, 結びつけて, 返して, 配して, 鑑別する

▼ 玉には~ (11, 0.1%)

1 [11件] あついガラス窓, かなわない, ちがいありませんでしたけれど, 上下左右直径百五十メートルの, 二本の, 爽やかな, 紫でなけれ, 載って, 違いない, 針で, 黒でなけれ

▼ 玉~ (11, 0.1%)

1 [11件] が波, が雲間, っていう奇麗, で御座います, と聞く, にも似, に狸, のある, のいと, も仏国西方, 躍り出でぬ

▼ 玉~ (11, 0.1%)

2 であった, であるらしいこと 1 であったに, であるらしいので, であろうか, でないか, ならば, の香, 刈るらむ

▼ 玉では~ (10, 0.1%)

4 ない 1 ありませんか, ないかと, なくて, なしフフン, 直には, 間に

▼ 玉とも~ (10, 0.1%)

1 いうべきもの, いって, そりや, なるは, 愛給ひし, 花とも, 見ゆるに, 言ふ, 謂ふべく, 雪とも

▼ 玉はん~ (10, 0.1%)

3 となら 2 が寺 1 なれど, は危, ま, やきのふ, 御方々

▼ 玉~ (10, 0.1%)

2 りの 1 が一番, に汗, の二階, の兒, の子, や勸工場, り, りを

▼ 玉兎女史~ (10, 0.1%)

1 とくっ付き合っ, と一緒, に何かしら準備, に見えた, の巴里土産, の死骸, の血, の隠れ, は私, を刺殺し

▼ 玉転がし~ (10, 0.1%)

1 と文, のよう, の玉, や文, や鉄砲, 命を, 場からも, 射的など, 文廻し鉄砲くじ引き瓶釣り, 竹馬

▼ 玉~ (9, 0.1%)

1 この天戒, て愛護, て芸子, て駄鳥, 尚因縁, 第三, 第二, 第五, 第四

▼ 玉ころ~ (9, 0.1%)

8 がし 1 がしなる

▼ 玉といふ~ (9, 0.1%)

1 ことが, のが, 事を, 人に対して, 意味で, 猫を, 玉です, 藥を, 類まるで

▼ 玉なら~ (9, 0.1%)

2 ば趙氏 1 では夜, なくに, ば手, ば昼, ば真珠一途, め, 潰に

▼ 玉一ツ~ (9, 0.1%)

2 で失望, の財布 1 と五銭玉一ツ, を並べた, を帯, 入れて, 貰ったが

▼ 玉五十丁撃~ (9, 0.1%)

2 に成功, の大筒 1 が間違い, の事, の大業成就, の術, は楽々

▼ 玉~ (9, 0.1%)

4 が燈籠 1 が灯籠, とその, のあの, の事, の燈籠

▼ 玉~ (9, 0.1%)

2 の中, 及び金裝耳飾り 1 であります, には棗玉, のほか, はもと, や土器等

▼ 玉との~ (8, 0.1%)

1 場合にも, 比喩によって, 睨めっこでした, 結びつけは, 配合を, 間における, 間には, 関係を

▼ 玉とは~ (8, 0.1%)

1 こっちが, なかなか容易, なんの, 思われないが, 愛でん, 空高く, 縁の, 縁側の

▼ 玉~ (8, 0.1%)

3 んだ 1 のだ, のであろう, のでしょう, のです, んにも

▼ 玉まで~ (8, 0.1%)

2 引ぱり出し 1 やけるよう, 冷やすところ, 取ったの, 狙つていろ, 趣を, 造って

▼ 玉~ (8, 0.1%)

1 と謂, などと申す, なり, の副署, の靈場, を祀る, を阿蘇, ヲ祝ヒマツレリ

▼ 玉~ (8, 0.1%)

2 の姿 1 か, であった, という女, の仮面, の君, の袖

▼ 玉~ (8, 0.1%)

2 も鉄斎 1 が晩年, という者, はこんなに, はじつと, も大, をもっ

▼ 玉~ (8, 0.1%)

1 が大いに, が詞學, と馬端臨, には當時, に拠れ, に附録, の中, は大

▼ 玉~ (8, 0.1%)

1 から吟味, とか砂味鋼, と称する, は古来, は日本刀, をつくる, を火土, を熔かす仕事

▼ 玉~ (8, 0.1%)

1 がまた, が居なく, が盲腸炎, が誰かしら, というお, といった風, には何となく, のよう

▼ 玉さん~ (7, 0.1%)

1 が, が言った, と話, にも妾ゃ, を愛する, 出かけよう, 聴いて

▼ 玉だの~ (7, 0.1%)

1 いろいろな, たいまいの, ほどいた婦人外套, 海の, 瑪瑙だの, 鏡だ, 高麗焼だ

▼ 玉として~ (7, 0.1%)

1 城内へ, 生れ出で, 考えやすい, 自分の, 装身具に, 身に, 輝くとき

▼ 玉はば~ (7, 0.1%)

1 こなたへ, 一年の, 好み玉はんま, 我六十尾を, 明治年間花柳風俗の, 王宮にも, 行きつきもし

▼ 玉兎庵~ (7, 0.1%)

1 てえので, で五長太, で口論, で申しました, という料理屋, と申します, へ参っ

▼ 玉吹き~ (7, 0.1%)

3 ハボンスの 1 といふ名, になる, のハボンス, ハボンス

▼ 玉~ (7, 0.1%)

3 の命 21 の御蔭, の都

▼ 玉~ (7, 0.1%)

1 が, と言, なり, の, の後身, の悪霊, の知らせ

▼ 玉突台~ (7, 0.1%)

3 のよう 1 だね, のうえ, の羅紗, をわざわざ

▼ 玉~ (7, 0.1%)

2 の名 1 と孟慎, の平田豊, の画幅, は居る, は或は

▼ 玉飾り~ (7, 0.1%)

1 からできた, のやう, の細工人たち, の緒, をお, をかん, を受け取っ

▼ 玉えと~ (6, 0.1%)

1 ある文句, て茶, 云う余, 先立ちて, 祷りし事, 遙拝し

▼ 玉じゃ~ (6, 0.1%)

2 ないか 1 ないらしい, ねえん, 七面鳥じゃと, 幸内に

▼ 玉です~ (6, 0.1%)

2 ネあれ 1 から, もし危険, ものね, よ

▼ 玉とか~ (6, 0.1%)

1 号し, 四角な, 廿匁玉とか, 竹やりじみた, 言ひ, 飛行機模型とか

▼ 玉へる~ (6, 0.1%)

1 が如し, も彼, 君はしも, 山は, 御境涯, 諸虫歌合せ

▼ 玉より~ (6, 0.1%)

1 二十目玉までの, 掴みどころの, 自分の, 軽い夢, 輝く美容, 黒い黒髪

▼ 玉~ (6, 0.1%)

1 ざるか, ざるにても, ざるのみか, ず, ず第, ぬとて

▼ 玉二つ~ (6, 0.1%)

1 と言, の他, をそのまま, を出し, を口, を机上

▼ 玉~ (6, 0.1%)

2 の座右 1 と形容, と称した, のよう, を撃砕

▼ 玉作り~ (6, 0.1%)

2 の土地 1 が予め, が役に立たぬ, が覗い, は土地

▼ 玉~ (6, 0.1%)

21 というも立派, とは蓍, を賜い, を賜う

▼ 玉御殿~ (6, 0.1%)

1 というの, といふ, に至っ, の巌上, の怪物, の欄干

▼ 玉散る~ (6, 0.1%)

1 刃は, 刃を, 刄を, 汗地に, 石を, 銀蛇が

▼ 玉~ (6, 0.1%)

1 の相, を佩びている, を佩びていることは確か, を受取っ, を見せよう, を賜わった

▼ 玉~ (6, 0.1%)

2 に滴る 1 に浮き, の同音聯想, をととのえ, を捧げ

▼ 玉~ (6, 0.1%)

2 とか形容 1 に洗顔, に落つ, のひびき, を打つ

▼ 玉~ (6, 0.1%)

1 となり, に往く, の教員, の教師, は後, は社長

▼ 玉~ (6, 0.1%)

1 じゃあごわすめえか, とやら申す斬り, の根拠, の跳躍, の頭, は全滅

▼ 玉~ (6, 0.1%)

2 をし 1 し立, もし, もしない, をしました

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 かつらの, レーニンの, 並べて, 抜く川太郎, 猫婆きめやがっ

▼ 玉かも~ (5, 0.1%)

1 しれない, 惜しき君, 拾ひ, 知れねえぞ, 知れません

▼ 玉ちる~ (5, 0.1%)

2 あたりに 1 までに汗, 刃で, 早瀬浪の

▼ 玉~ (5, 0.1%)

2 やない 1 やありません, やせい, やねえ

▼ 玉づけ~ (5, 0.1%)

2 だって何 1 が出来ます, って何, をならっ

▼ 玉とが~ (5, 0.1%)

1 お菓子箱の, 不規則に, 急に, 房一の, 緩く速く思ひ思ひ

▼ 玉など~ (5, 0.1%)

1 打て盛, 曲りなりにも, 買う筈, 買って, 頸にかけ

▼ 玉なんか~ (5, 0.1%)

1 いくらでも, すきすきに, もちろん加工品, 欲しか, 西瓜一個で

▼ 玉にな~ (5, 0.1%)

1 つた後にも, つてし, つてコロコロ, つて垂れ, つて樋の

▼ 玉のみ~ (5, 0.1%)

1 あからびいまし, あからびまし, すまると, すまるみすまる, 淡々として

▼ 玉~ (5, 0.1%)

2 くり根を 1 くり, くりうき, くりと

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 がある, と書い, の店, は黄色味, を売っ

▼ 玉~ (5, 0.1%)

3 の多 1 の前, を愛し

▼ 玉姫町~ (5, 0.1%)

3 の木賃宿 1 の木賃宿浅田屋, の永伝寺

▼ 玉~ (5, 0.1%)

21 に無残, は依然として, をたのしむ

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 ではエメラルド, の素封家, の輿水氏宅, より使, より又

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 が作っ, である, という形容語, のしげき, の葉

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 に住む, に王侯, の奧, の春, の花

▼ 玉殿~ (5, 0.1%)

1 あり其殿, にあらわれた, に耐えず, の奥深く, を建設

▼ 玉版箋~ (5, 0.1%)

1 などに色々, の上, を持ち込ん, を携え, を送った

▼ 玉~ (5, 0.1%)

2 の縁 1 ならよもや, は頗る, も腰

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 の字, の軍, も陣, を採集, を祭り

▼ 玉~ (5, 0.1%)

1 がある, は山, は年来, をこめ, を用意

▼ 玉~ (5, 0.1%)

2 にある 1 という寺, と云う, の法名

▼ 玉~ (5, 0.1%)

2 と申す, の御 1 といい

▼ 玉あられ~ (4, 0.0%)

1 のやう, のよう, の走る, 一箱用意し

▼ 玉いし~ (4, 0.0%)

1 がさりとて, ならん, やらん, を一日粗造

▼ 玉かと~ (4, 0.0%)

1 思ったが, 思つたら, 思ふ晃, 見えるお

▼ 玉それ~ (4, 0.0%)

1 に妾, は實, よりももっと, を拇指

▼ 玉だけ~ (4, 0.0%)

1 である, 出して, 動かして, 飛び出して

▼ 玉だけが~ (4, 0.0%)

1 いかにも人, 光って, 如何にも人, 鋭く光る

▼ 玉である~ (4, 0.0%)

1 ことは, ところの, としれたら, と御

▼ 玉でございます~ (4, 0.0%)

2 有難うございます 1 が, なあ

▼ 玉と共に~ (4, 0.0%)

1 初より, 旗上げを, 霞みゆく, 須賀の

▼ 玉などが~ (4, 0.0%)

1 多くは, 洋服を, 渠の, 置かれて

▼ 玉などを~ (4, 0.0%)

1 分けて, 現しますが, 贈ったの, 鏤めた豪華

▼ 玉についての~ (4, 0.0%)

1 さまざまな, ただ古い, 講義の, 過去の

▼ 玉はず~ (4, 0.0%)

21 ばきこえ侍ら, ば我命

▼ 玉はん日~ (4, 0.0%)

2 をこそ待ため, を待つ

▼ 玉ばかりが~ (4, 0.0%)

1 ぎょろぎょろ光っ, 怖いもの, 横行し, 爛々と

▼ 玉ばかりを~ (4, 0.0%)

1 ぎろ, 多く貰つて, 形見に, 考えて

▼ 玉ふと~ (4, 0.0%)

1 なり, 伝へら, 知りはて, 見えしが

▼ 玉ほどの~ (4, 0.0%)

1 チロリウムに, 小ッポケ, 物で, 違いが

▼ 玉ゆら~ (4, 0.0%)

21 の吐息, も心

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 シテ玉川, 喰ワレタガ, 挿シ蝶貝ヲ, 石トシ金ハ泥

▼ 玉~ (4, 0.0%)

2 の類 1 の模製, や仏教

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 あり, が咽ぶ, が左, の身

▼ 玉宝堂~ (4, 0.0%)

1 がもう, という宝石店, の事件, の店員たち

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 の室, の法嗣, を取り落し, を奥州棚倉

▼ 玉巻く~ (4, 0.0%)

2 芭蕉庵 1 御寺, 風も

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 としてゐた, として立てられる, と奉じ, と心得

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 の穂先, を二人, を構えた, を長い

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 さ指, のお側, の姿, も女

▼ 玉櫛笥~ (4, 0.0%)

1 いかにすれ, にとらわれた, の一つ, わがみ

▼ 玉次郎~ (4, 0.0%)

1 がその, の後頭部, を殴った, 若かりし

▼ 玉~ (4, 0.0%)

2 賣の 1 賣, 賣に

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 がその, が買, とが同一, の序文

▼ 玉浮木~ (4, 0.0%)

2 がフワフワ 1 がずるずる, を五

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 といふ随筆, の文章, も喉, を二三滴

▼ 玉清観~ (4, 0.0%)

1 の山門, の道主, へお, へおもむいた

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 というの, をその, を取っ, を頭

▼ 玉簪花~ (4, 0.0%)

1 あり庭, などが所々, の如し, を見よ

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 の生地, を吹く, を払える, を露

▼ 玉~ (4, 0.0%)

2 は更に 1 の注, は之

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 のすそ, の紐, の裾, 御襲

▼ 玉~ (4, 0.0%)

1 が人形町, の自作人情噺, はたぶん, は馬生

▼ 玉あはれ白玉~ (3, 0.0%)

3 の米

▼ 玉あり~ (3, 0.0%)

1 その色虹, たりとて図, 欧州で

▼ 玉かん~ (3, 0.0%)

1 ざしの, ざしや, ざしを

▼ 玉くらいの~ (3, 0.0%)

1 大きさ, 小さい頭, 玉浮木を

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 ばかりはじい, もええ, をうべ

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 のう, へも恐ろしき, へ出

▼ 玉しら玉あはれ白玉~ (3, 0.0%)

3 の米

▼ 玉そのもの~ (3, 0.0%)

1 にある, の強い, まで溶け

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 寶, 寶と, 寶という

▼ 玉であり~ (3, 0.0%)

1 同時に天照皇大神, 牛骨と, 眼玉ばかりの

▼ 玉にて~ (3, 0.0%)

1 作つた印を, 縫へる, 造られしごとく第

▼ 玉によっては~ (3, 0.0%)

3 二十両ぐらいは

▼ 玉ふべき~ (3, 0.0%)

1 をりなれ, 筈あり, 筋は

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 がといい, がッ, が生

▼ 玉を通して~ (3, 0.0%)

1 いました, キラキラかがやい, 霊魂の

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 とつけた, も皆, を伴

▼ 玉倉部~ (3, 0.0%)

1 というところ, の清水, の清泉

▼ 玉勝間~ (3, 0.0%)

1 で単に, にもこれ, にも以下

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 は長生不老, をあけ, を開き

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 が學生中, の三妾, は曾

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 に四海, の一方, の上

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 は煙草, は鹿爪, 既に一盞

▼ 玉味噌~ (3, 0.0%)

1 の豆腐汁, の鑑定, を塗っ

▼ 玉~ (3, 0.0%)

2 の老婆 1 とが煩さ

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 っていう看板, という小料理屋, のおやじ

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 とはち, につけ, をつけ

▼ 玉廻し~ (3, 0.0%)

1 そっくりの, であろう, になり

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 のトップ, も記入, を記した

▼ 玉敷き~ (3, 0.0%)

1 にけり, の都, 明る三保

▼ 玉晨道君~ (3, 0.0%)

1 があらう, に授けられた, や度人妙經

▼ 玉有る~ (3, 0.0%)

1 ものの, もの兩端に, を以て定則

▼ 玉松操~ (3, 0.0%)

1 という男, との物語, に製作

▼ 玉~ (3, 0.0%)

2 の樹 1 の枝

▼ 玉泉山~ (3, 0.0%)

1 に普静, の夕まぐれ, の郷人たち

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 というの, の娘, の子朝綱

▼ 玉~ (3, 0.0%)

2 の八景 1 の餘唾

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 もただ, を人柱代り, を堤

▼ 玉磨かざれ~ (3, 0.0%)

2 ば光 1 ばで

▼ 玉~ (3, 0.0%)

3 の小屋

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 とかいう花魁, の糸, の花魁

▼ 玉絞り~ (3, 0.0%)

3 の手拭

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 の意見, の挾んだ, の考

▼ 玉羅紗~ (3, 0.0%)

1 とかアルパカ, のオーヴァ, の外套

▼ 玉葉集~ (3, 0.0%)

1 などにも止つて, に達する, の中

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 が随, という女, という美人

▼ 玉質焼~ (3, 0.0%)

1 といっ, は一年位, は益々

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 と言, なり, を失い

▼ 玉金親分~ (3, 0.0%)

1 と宇野さん, は勝てない, は太

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 をおの, を膚, を見知り

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 ちり幾千, 忽ち来り, 飛び綿花

▼ 玉~ (3, 0.0%)

2 の獅子頭 1 というべつ

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 を拝む, ヲ拝スルノ機, 殊に麗しく

▼ 玉~ (3, 0.0%)

1 と書かれ, を寸々, 其の他

▼ 玉あはれしら玉~ (2, 0.0%)

2 の米

▼ 玉あれ~ (2, 0.0%)

1 ば水, を私

▼ 玉える~ (2, 0.0%)

1 御国なり, 茶碗にて

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 もひ沈み, 仕舞が

▼ 玉がち~ (2, 0.0%)

1 いせえからな, やんと

▼ 玉がは~ (2, 0.0%)

1 づれて眞中に, れつし

▼ 玉くしげ函根~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ 玉くしげ御室~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ 玉くらい~ (2, 0.0%)

1 であろう, な大き

▼ 玉こえ~ (2, 0.0%)

2 て涼しく

▼ 玉さえ~ (2, 0.0%)

1 手に, 拾って

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 きし, 綴れど

▼ 玉しき~ (2, 0.0%)

2 の都

▼ 玉しく~ (2, 0.0%)

1 露に, 露滿ち

▼ 玉しら玉あはれしら玉~ (2, 0.0%)

2 の米

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 だれや, だれを

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 ちりける, のこれるささがに

▼ 玉だけは~ (2, 0.0%)

1 熊本の, 黄金では

▼ 玉だけを~ (2, 0.0%)

1 抜いて, 考えて

▼ 玉だった~ (2, 0.0%)

1 が, のね

▼ 玉だらけ~ (2, 0.0%)

1 の円顔, の細帯

▼ 玉だれ~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 玉ちう~ (2, 0.0%)

1 のならある, のを

▼ 玉ちゃんお前~ (2, 0.0%)

1 はこの, 飛べるか

▼ 玉ちや~ (2, 0.0%)

1 んお, んぢ

▼ 玉であっ~ (2, 0.0%)

1 てそういう, て水晶

▼ 玉とかいふ~ (2, 0.0%)

1 水晶製の, 言葉は

▼ 玉なぞを~ (2, 0.0%)

1 捻くつ, 買うに

▼ 玉などと~ (2, 0.0%)

1 いつて, 交つて鑛石が

▼ 玉なり~ (2, 0.0%)

1 而し, 鎧なり

▼ 玉のよ~ (2, 0.0%)

1 ふなるを, ふなる妻

▼ 玉ばかりの~ (2, 0.0%)

1 乗客である, 頭を

▼ 玉ひしと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 仄に

▼ 玉ひし如く~ (2, 0.0%)

2 大臣の

▼ 玉ひそ~ (2, 0.0%)

1 よ, 雨降り出で

▼ 玉ひつる~ (2, 0.0%)

1 ことの, 上は

▼ 玉ひとつ~ (2, 0.0%)

1 ころげだしは, を買ふため

▼ 玉ひぬ~ (2, 0.0%)

1 とある, といふ

▼ 玉ひろふ~ (2, 0.0%)

1 子らと, 沖べ

▼ 玉ふくむ~ (2, 0.0%)

2 こゑ

▼ 玉ふこ~ (2, 0.0%)

1 と如是, と時に

▼ 玉ふとき~ (2, 0.0%)

1 はさしも, は近

▼ 玉ふゆ~ (2, 0.0%)

1 へとも云, へ大

▼ 玉へば~ (2, 0.0%)

1 いづれも, 両人ともに

▼ 玉ぼや~ (2, 0.0%)

1 の洋燈, を透かした

▼ 玉もて~ (2, 0.0%)

1 張りたらん, 造られ僅

▼ 玉やら~ (2, 0.0%)

1 投げ松明, 赤い手拭

▼ 玉やれ~ (2, 0.0%)

1 は, ば

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 小さき水銀, 香る手箱

▼ 玉わば~ (2, 0.0%)

1 まだしも却, 十年の

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 抜くの, 抜くの好きぢ

▼ 玉グリグリ~ (2, 0.0%)

2 ですから

▼ 玉ゴロ~ (2, 0.0%)

1 ですよ, の

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 床ヲ立出, 類迄

▼ 玉一つきり~ (2, 0.0%)

1 しかない, のこの

▼ 玉一ツきり~ (2, 0.0%)

1 しかない, の此労働者

▼ 玉一人~ (2, 0.0%)

1 でなかった, は兼

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 にたま, に玉

▼ 玉久旅館~ (2, 0.0%)

1 から使, に東宝重役連

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 でもさう, は真珠

▼ 玉入れ~ (2, 0.0%)

2 てをり

▼ 玉六つ~ (2, 0.0%)

2 の玉

▼ 玉動ぎ立葉~ (2, 0.0%)

2 に風

▼ 玉勝間逢~ (2, 0.0%)

2 はむといふは誰

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 を堂々, を得

▼ 玉囲イ~ (2, 0.0%)

1 は入念, へ迫らん

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 の, の細し

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 に於い, へ飛び込ん

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 に白き, を呼ん

▼ 玉女三神~ (2, 0.0%)

2 貪狼巨門等北斗

▼ 玉姫神社~ (2, 0.0%)

1 の方角, の階段

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 がある, が空

▼ 玉山子~ (2, 0.0%)

1 と相, と銀座

▼ 玉峰館~ (2, 0.0%)

1 て宿屋, へ着く

▼ 玉川沿~ (2, 0.0%)

1 と思はる, の平野一面

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 である陛下, の

▼ 玉廻し役~ (2, 0.0%)

1 の懸け, の隣り

▼ 玉揃い~ (2, 0.0%)

1 で皆さん, 面相と

▼ 玉敷きならし~ (2, 0.0%)

2 目も

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 に遇, ノ前

▼ 玉日姫~ (2, 0.0%)

1 と宗祖, のむかし

▼ 玉朱能丘福~ (2, 0.0%)

1 ありて, を都指揮僉事

▼ 玉朱能等~ (2, 0.0%)

1 の猛, をし

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 でこの, のステツキ

▼ 玉~ (2, 0.0%)

2 の瑠璃子夫人

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 という者, という遊行女婦

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 の高い, 空し

▼ 玉水晶~ (2, 0.0%)

2 の管

▼ 玉漿~ (2, 0.0%)

1 なりとして喜び吃せし, を盛る

▼ 玉玲瓏~ (2, 0.0%)

1 と中国, の水仙花

▼ 玉琴どの~ (2, 0.0%)

1 も現金, をお

▼ 玉琴殿~ (2, 0.0%)

1 では, と浅から

▼ 玉男博士~ (2, 0.0%)

2 の懇篤

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 という神, はうに

▼ 玉稼ぎ~ (2, 0.0%)

1 に打っ, に料亭

▼ 玉~ (2, 0.0%)

2 の浦

▼ 玉~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ 玉突屋日本橋クラブ~ (2, 0.0%)

2 の二階広間

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 にし, をつけた

▼ 玉織姫~ (2, 0.0%)

1 とがこの, を口説い

▼ 玉職人~ (2, 0.0%)

1 の親方, を多く

▼ 玉~ (2, 0.0%)

2

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 の毒, を使った

▼ 玉葉玉蘂~ (2, 0.0%)

2 をはじめ

▼ 玉~ (2, 0.0%)

2 をはじめ

▼ 玉蘂七合~ (2, 0.0%)

2 などをはじめ

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 が云, を噛ぢ

▼ 玉蜘蛛~ (2, 0.0%)

2 の巣

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 に白足袋, の中

▼ 玉貧し~ (2, 0.0%)

2 とてすべ

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 であらね, のもの

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 が捕り, の気に入る

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 に七十萬錢, 碎けて

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 にて長安, の情

▼ 玉食する~ (2, 0.0%)

1 に過ぎず, を以て人生最大

▼ 玉飲ませた~ (2, 0.0%)

1 か, のか

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 して, を頸

▼ 玉馬鞭~ (2, 0.0%)

1 なんか仮に, ヲ借

▼ 玉鴛鴦~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 玉~ (2, 0.0%)

1 といふお, と名づけ

▼1* [718件]

あいて世間, 玉あそべ黄羽胡蝶, 玉あたたかき顔の, 玉あたりを一座, 玉あり輝く玉あり, 玉いかんともする, 玉いくつか貰っ, 玉いけるが業平侯爵, 玉いし事と深く, 玉いし由のいい, 玉いし縁なれや嬉しき, 玉いたる優しき御, 玉いたれ元の, 玉いろを鏤め, 玉うかと喞たれ, 玉うたのは因縁不和, 玉うた年初めて京都, 玉うつくしき声ある, 玉うといえ共実は, 玉うにも物, 玉うの類なり, 玉うらん御標致, 玉えりとなり, 玉おとたかく, 玉および綿に, 玉かぎりなし, 玉かぎるほのかに, 玉かざしの花, 玉かざす少女が, 玉かしまだち, 玉かといふ恐ろしい脅迫, 玉からは人を, 玉がとびだしさうなほど相手の, 玉がわりに一分間, 玉はる内の, 玉きはるいのち大和乙女の, 玉くしげ覆ふを, 玉くしげ二上山の夜, 玉くしげ箱のうらなみた, 玉くだらせる國原にか, 玉くだらせるしるしありてとよの長秋, 玉くるくると沖, 玉ぐすりに火, 玉ぐらいだったとか, 玉ぐらいにしか見えなかった, 玉ぐらいまでの花火の, 玉こそは彼が, 玉この黄いろい心, 玉こまごまと消, 玉これは金玉, 玉ころがしですかい, 玉しくらむか, 玉した小猫, 玉しぼりの頬かむり, 玉しら玉のごと, 玉じみたギラギラする, 玉じゃあ全くやりきれ, 玉すべての喧噪, 玉その頸飾と, 玉その他の装身具, 玉あちがう, 玉たちが豆鉄砲みたい, 玉たるを失, 玉だけで見えなくなるまで, 玉だけでも十二本の, 玉だってくり抜いたかも, 玉だつたら人目に, 玉だろうとし, 玉ちゃんそいつは無理, 玉ちゃんわたし今夜はもう, 玉ちゃんムクはどう, 玉ちゃん今夜は実に, 玉ちゃん俺の背中, 玉ちゃん俺らは考えた, 玉ちゃん台処の方, 玉ちゃん跣足で息, 玉ここを, 玉ってえいう, 玉つつむ絹, 玉つづるあけの, 玉つむぎとかそんな, 玉であったとしてもそれ, 玉でありましてその, 玉ですつかり弾き出されるのだ, 玉でないんだ, 玉でなくガラス玉である, 玉での勘定に, 玉といふとも酒飲みて, 玉としての価値は, 玉としては余りに時期後れ, 玉とぞ人は, 玉とて鼠骨の, 玉となつて甦生した, 玉とに通行の, 玉とぶ早さ, 玉とめてあかるき, 玉とやらで注意, 玉とるぞ, 玉どこへ転, 玉なげをはじめました, 玉なす顔両の瞼, 玉なせる掌に, 玉なぞは受け取らないね, 玉などとはもとより思う, 玉などに使う八丈, 玉などは仮に類音, 玉なめらかにきめ細か, 玉ならずもあり, 玉ならず尖る砲弾, 玉なら構うことは, 玉なりが異うからさ, 玉なりとて鼠骨の, 玉なんぞとうにない, 玉なんぞが客の, 玉なんぞは親の, 玉なんぞを使って, 玉にあたって路傍で, 玉にかけてスルスルと, 玉についてはよほど前, 玉にもがもや, 玉にもがもや頂きて, 玉ぬくめ飯一碗香煎一杯餅二つ饅頭三つ, 玉鐚錢まで, 玉のうすぐもり, 玉のみからだを, 玉のりみたいなの, 玉のり生活をし, 玉はしるなり二十五の, 玉はじとおも, 玉はずかしい乙女の, 玉はず世のたのしみ, 玉はず女官の闕員, 玉はず流転の途, 玉はたうとう破裂, 玉はちよと彈, 玉はどつちか, 玉はむこそ願, 玉はりし君を, 玉ようく, 玉ばかりと見えて, 玉ばかりは今までと, 玉ばっか引ん, 玉ばっかりだア, 玉ぱいれっとひーろー, 玉ひかるべにさし, 玉ひしかば姉磐長姫, 玉ひしがいかなる故に, 玉ひたれ入道の, 玉ひつ好いは, 玉ひでえきず, 玉ひとはじき, 玉ひぬれば恨み侍らざる, 玉ひびきしてゆらぐ, 玉ふたといふこと, 玉ふたつうち曇る白, 玉ふたつわれの好める, 玉ふならば, 玉ふなるべし今宵の, 玉ふべからんさて其暁, 玉ふべしと云ひつ, 玉ふまでもなく, 玉ふもあるまま, 玉ふ如き不思議の, 玉ぶちの冕冠, 玉へでも噛りつい, 玉へなどいふ間に, 玉への義, 玉へまでしがみついてね, 玉のほ, 玉ほととぎすの吐出, 玉ほとばしる尺四五寸の, 玉ほど大事に, 玉ほどになりつひに, 玉ほどにも光を, 玉この道, 玉までが鮮やかである, 玉まろき桃, 玉まわして乗る, 玉むしだの, 玉むすぶ青山椒を, 玉もぎて居り, 玉もこそちれ, 玉もしくは珠は, 玉もてあそびうちなやむ, 玉もとする端々, 玉もとより硝子に, 玉ものやがな, 玉やによって飯田橋の, 玉やの玉の, 玉よりもよつぽ, 玉よろしくである, 玉らしいものとの, 玉わりし大事の, 玉わる方へ, 玉わんとて仲, 玉わんことを, 玉わんために, 玉ゐる露の, 玉をけづり磨い, 玉をなも生みける, 玉を以て砂金に, 玉アコヤ玉はこの, 玉アリ匱ニオサメテ蔵セリ善価ヲ求メテ沽ラン哉, 玉ア眞黒だ, 玉ア真黒だ, 玉ガ下リテイタ故幸イ外科, 玉キヤベツいつくしき, 玉キョロキョロをあらわし, 玉クルクルやってきいて, 玉グルリグルリでそれでも, 玉ゼリともいっ, 玉ツキにかかりきっ, 玉ツシ玉貝や木の実, 玉ト耳朶トガ互イニ効果ヲ助, 玉ネギキャベツなどもつくる, 玉ネギスなど買った, 玉ネギ鰊ぐらいがある, 玉齧リ着キ, 玉ボオイだらう, 玉ボヤのよう, 玉マカローフ褌しめた, 玉ラシャのオーヴァ・コート, 玉ラムネなんか飲ん, 玉一つぐらゐ行き渡らんこと, 玉一つ景品としてやった, 玉一つ貰いに来た, 玉一ツみんなのポケット, 玉一団とあった, 玉一座は中国, 玉一手に絳雪, 玉一枚で血, 玉一派の爛熟, 玉が素晴らしい, 玉けと, 玉も玉, 玉三つ此代金六銭也これでやつ, 玉三十個を死骸, 玉三十銭ほど明日, 玉三尺玉大菊花壇二百発三百発の早打, 玉上人の法名, 玉不磨則無光, 玉世姫というの, 玉並蓮と云つて, 玉にひろ, 玉丸玉平玉小玉などいろ, 玉御筒十挺, 玉乗女の大きな, 玉乗娘の二三, 玉乗小屋の前, 玉乘りやブランコの稽古, 玉ひ赤鬼, 玉も玉, 玉二つ三つ入れて, 玉二つ五銭これもおい, 玉二つ酒一杯どうやら私自身, 玉二ツを三和土, 玉二枚をつかん, 玉人形舞わし手品軽業というよう, 玉以上に伊藤, 玉以外の実弾, 玉仲買業や酒屋, 玉な真紅, 玉何ぞ金殿玉楼の, 玉と私, 玉作りし人どもを, 玉とかいうよう, 玉兎女史こと本名須婆田ウノ子を逃さない, 玉兎女史一流の手品, 玉兎嬢ことウノ子さんは未だ, 玉兎幾度か罅, 玉兎銀波に映じ, 玉の面紗, 玉入っていた, 玉八銭これも漬物, 玉六さんに口上, 玉六十八枚金銀装横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 玉内某氏より寄せられたる, 玉円く滑らかに, 玉円寺という寺, 玉再再ならず窮地, 玉にもあれ, 玉冠する夕日の, 玉の蓋, 玉切りをし, 玉切る雛妓あり, 玉初心の熱情, 玉成, 玉を受領, 玉にすれ, 玉助ら上京し明治座, 玉などの名, 玉勒争門随仗入牙牌当殿報班斉, 玉匣フタミ相称ヘル験アリテ蔵ス所世ヲ経テ失サルカナ, 玉匣箱は長生不老, 玉匣箱根の谷, 玉十銭玉を一個母親, 玉千百六十分の一秒まで利く, 玉半分煙にし, 玉占口よせ等は一切禁止, 玉卷芭蕉は月光, 玉及び竹松須賀野み, 玉叔父家大兄の膝下, 玉受けの穴, 玉古物の箱, 玉被成候, 玉同座附茶屋の主人武田屋馬平, 玉同様で決して, 玉吹く女が, 玉吾一つ先生の代理, 玉命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 玉命神社といふもの, 玉和歌集が披, 玉とならん, 玉善孝等はこの, 玉四銭だつた, 玉の精, 玉は正面, 玉垂のをち, 玉垂神を祀る, 玉と称し, 玉墻内国細戈千足国磯輸上秀真国或いは虚, 玉壘今は秋, 玉売りをやっ, 玉と云つて, 玉大姉はその, 玉大神を祭った, 玉大菊花壇二百発三百発の早打, 玉れから, 玉女十真が天宮, 玉女壇を設け, 玉女天外にひかり, 玉女泥中に現れたる, 玉とは楊貴妃, 玉奴琵琶龍香撥倚歌促酒聲嬌悲とある, 玉な名, 玉の墓, 玉嬉し雪の, 玉は叔琢, 玉字叔琢号寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 玉は宇清蔚, 玉宇治の里, 玉安げにざらざら, 玉宝印とまで発展, 玉宝氏などいう, 玉室江月沢庵の連署, 玉容丸と称する, 玉小枝に漆, 玉小玉などいろ, 玉屋さんが預る, 玉屋山三郎方で後, 玉屋氏に出した, 玉屋氏宛のもの, 玉山崩れようとして一眼こと, 玉山海を照らせる, 玉岳ノワカ池と並べて, 玉峰和尚来庵真言坊主としては豁達明朗, 玉峰寺で話す, 玉崩れをる, 玉嵐龍太郎は酒二升, 玉工業を回復, 玉に一匣, 玉帚手に取る, 玉を云わん, 玉帝天宮に開冥賢劫, 玉席白骨を抱き, 玉帯一条と名馬一頭, 玉帯数条ヲ出, 玉帯江の岸, 玉干潮の玉, 玉平康の巷, 玉平玉小玉などいろ, 玉幽かに煙れ, 玉幾つにも係, 玉幾つこれに氷, 玉店主はまがい物, 玉を渡っ, 玉温潤に, 玉の話, 玉する事, 玉成されている, 玉成したかったためである, 玉成す涙は, 玉成的に其母, 玉の争, 玉をしらず, 玉にとり, 玉抜いてこそ歯, 玉拾いにやっ, 玉拾いなる雑兵の, 玉持つてき, 玉指輪はルビー, 玉捜しの桂庵廻り, 玉掏らば哀しから, 玉ひの, 玉揺れつつや揺れ, 玉撃ちの大筒, 玉支那めし屋の障子, 玉改名迄の六十年間, 玉散らしの襟飾り, 玉散りてお, 玉散るやいばが, 玉敷く床の, 玉敷ける淺葱藍白群の, 玉斎仙辰がその, 玉斎仙辰一座から特別待遇, 玉を乞, 玉の玉, 玉だ, 玉明少佐殿でありますか, 玉から玄一眞人, 玉晨大道君といふもの, 玉晨大道君靈寳天尊の言也, 玉晨玉晨から玄一眞人, 玉入青春, 玉曾有訪予幽篁書屋, 玉月山松の葉, 玉有罪など言っ, 玉朱能丘福等の勇烈, 玉朱能等いずれも塞北, 玉朱能譚淵馬雲等の為, 玉杖並実際所見, 玉たるエングレル, 玉経る, 玉来りていたく, 玉松あたりさ, 玉松が枝に領巾, 玉であるとか, 玉柏一名玉遂また千年柏, 玉が村原婦人, 玉根掛をし, 玉の道, 玉梟帥奴ほんとの姫, 玉梟帥自身受け取りに参っ, 玉棕櫚の頭髪, 玉樹一人縁日の四辺, 玉樹今朝又零落, 玉樹後庭花也載驚異, 玉に出る, 玉櫻珞と呼ん, 玉の外, 玉歴章を授けられた, 玉取る玉, 玉求めて得し, 玉汗一人が眼鏡, 玉であると, 玉汽車や刀, 玉の音, 玉沢山買って, 玉泉さんは緑青, 玉泉先生西宗は西洋画, 玉泉等の老大家, 玉泉老人から, 玉泡沫夢幻の世, 玉洗えるがごとき, 玉洲釧雲泉立原翠軒野呂介石田能村竹田等は悉, 玉流堂というささやか, 玉流堂本にもあと, 玉流堂発行の和装日本紙本, 玉ながらに入り, 玉涙潸として頬, 玉深く蔵すと, 玉の氣, 玉清けみと, 玉清境即ち清, 玉も濁され, 玉はきらした, 玉澗等があつ, 玉澗馬遠夏珪, 玉火屋というの, 玉火気澄みつつ, 玉無きもの一端に, 玉にする, 玉煙草入れ三つ揃い八〇フラン, 玉煙草類を長州, 玉燕女等と署, 玉父子の意地張, 玉の, 玉や石刻, 玉を判断, 玉独楽が, 玉獅子等なお多かる, 玉程とで囃, 玉王山の頂上, 玉玲瓏座賞の人, 玉琴さま料簡して, 玉琴さんのお客, 玉琴十七八歳被衣をかぶり, 玉琴泣き入るを, 玉琴附添いて, 玉瑕氷裂の醜, 玉のよう, 玉があった, 玉瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ反故紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, 玉と云, 玉甲斐絹のよう, 玉の民家二十数戸, 玉かりき, 玉白玉のメノー, 玉の女, 玉皇廟まで行く, 玉皇殿四御殿など皆槐, 玉直径四寸ほどあった, 玉公主だ, 玉と白毫, 玉眼一隻破たり, 玉眼玉が二つ, 玉矛百首のごとき, 玉石上の中納言, 玉砂糖を蒲團, 玉砂金の類, 玉をつかん, 玉碎主義を採つた, 玉碎苟合よりは衝突, 玉碗銀盤に盛られ, 玉社中学を二年, 玉社長をし, 玉の連等, 玉祖命の五人, 玉祖神社に参拝, 玉禹徳淳朴鳳錫白基竜黄成鎬同志一二および前場, 玉秀大根河根の初音, 玉秘めし清水かな, 玉積細工の人形, 玉に放て, 玉空青を愛づ, 玉突かトラムプか, 玉突く男は, 玉突仲間なる或, 玉突好きのあまりに, 玉突屋兼業のレストラン, 玉突然開, 玉突部屋へ行こう, 玉して, 玉竺仙等を駆り集め, 玉を吹い, 玉笛ゾ暗ニ声, 玉三場の, 玉の葉分, 玉等之を見, 玉筍地を劈き, 玉筒千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 玉から御, 玉篋卦てふ, 玉篋小披爾白雲之自, 玉のあはれ, 玉を授け, 玉のご, 玉簪花以て彼等, 玉簪花地楡沙参野菊秋葵の諸, 玉簪花日光黄菅が非常, 玉を吹い, 玉簾ふき通して, 玉簾瀬小太郎淵路の頭, 玉めして, 玉紅い玉緑色の, 玉落と書いて, 玉紙製の茶入, 玉紫花魁だ, 玉紫陽花などに巻き添い, 玉の藍, 玉累々たる有様, 玉細珠を集め, 玉網無しでツイ, 玉網片手にすごすご, 玉緑柱石煙硝氈香木没薬更紗毛革毒草劇薬珊瑚土耳古玉由縁ある宝冠, 玉緑玉碧玉の数々, 玉緑色の玉, 玉のたえだ, 玉縫いの縫いつぶし, 玉を盜, 玉繍いのよう, 玉纏横太刀や天王寺, 玉翁亭に車夫, 玉耀るほのか, 玉老人や今, 玉胡椒八つとルリー, 玉胡椒十粒ルリーの葉二枚, 玉脇斉之助, 玉に乱れつ, 玉やこ, 玉の生徒, 玉が白い, 玉の黒髮, 玉の葉, 玉芙蓉しぼみつくして, 玉芙蓉峰を持ち, 玉花林糖有平糖なぞはソレ, 玉花瓶手もろに, 玉苗胡瓜の苗, 玉酢明神の, 玉の条下, 玉茎金箱米俵お多福面戎大黒などが飾り付け, 玉を入れ, 玉の類, 玉を見つけ, 玉草履を持參, 玉菊灯籠の見物, 玉菊燈籠を少し, 玉落ちで元利, 玉落ち込み歯は総, 玉葉吾妻鏡百錬抄醍醐雑事記歴代皇紀そのほか当時, 玉葉和歌集十七番めの風雅和歌集, 玉葉太夫というの, 玉葉集風雅集などの歌, 玉蕉先生の道場, 玉蕉先生一つお願いがある, 玉蕉女史介添の老, 玉蕭幸ひに, 玉薬二十四五箱分捕賊徒一人生捕有之候趣, 玉蘭斎貞秀画富士登山三枚続きの錦絵, 玉蘭紫を吸, 玉の如き, 玉のやう, 玉と言, 玉螺鈿を星, 玉装伝其他数種を示す, 玉のもの, 玉製造に成功, 玉襷長刀小脇に掻込ん, 玉見事に出来, 玉どうかわが, 玉豊後梅は紅し, 玉豐後梅は紅し, 玉や木の実, 玉ふその, 玉貰つたあとからは天国, 玉ひさ, 玉賣る男氣の, 玉質柔肌態媚容冶常倫を絶し観る, 玉質水晶の縄, 玉赤き蝋マツチする, 玉走る刃が, 玉足玉高代道反玉, 玉趾珠冠に容儀, 玉路上の子供, 玉に服, 玉に塵, 玉し射的, 玉転板に障碍, 玉軸金泥の経, 玉輔春風亭柳枝入船米蔵がある, 玉輔龍若りう馬, 玉も落ちついた, 玉轆轤を置き, 玉しの, 玉込めをさした, 玉込めいたし引金, 玉込ミせんと銃, 玉近頃その上, 玉遠, 玉に一騎, 玉通りなる物, 玉造りに造らせた, 玉また千年柏, 玉選りてゐ, 玉那覇は大喝一声, 玉那覇先生は, 玉那覇某という人, 玉邨江雪のもと, 玉郡山王堂村に移轉, 玉では天竜川, 玉都門に入, 玉は五合, 玉野郎の, 玉金属の類, 玉金色の玉, 玉鉄鏃等普通の古墳, 玉の玉六つ, 玉鋼製鋼会社の調査, 玉鋼製鋼会社以前にこの, 玉錦一行の割当人名, 玉鍋釜庖丁類麦焦しチベットの菓子類, 玉に可憐一点, 玉関以東で発達, 玉関西望すれば, 玉闕烟霧の裏, 玉關西望腸堪斷, 玉陰影の無い, 玉を, 玉階彼の裳, 玉隣家の古着屋, 玉騒げど, 玉雄様ほんとに親しく, 玉雄様御許へ, 玉集慈鎮の歌, 玉が落ち, 玉のところ, 玉霰漂母が鍋, 玉靴小靴いでまさずば, 玉靴漣のあと, 玉頂いて赤く, 玉頑丈な鼻, 玉の佳人, 玉頼むぞ庄吉, 玉を捧げ, 玉顔われに笑み給う, 玉類金環類の發見, 玉を廃, 玉食う方が, 玉食定まり無きが, 玉飲ませて寝かせ, 玉の佳, 玉骨泳肌映繍繻, 玉となし, 玉の計算, 玉高代道反玉, 玉ですな, 玉は鈴, 玉を持っ, 玉を買っ, 玉黄金若人たちは, 玉の穗, 玉鼠金虎ニ随ッテ奸雄一旦ニ休マン, 玉鼻角髭と順々, 玉龍さんと三人, 玉龍傑赤では二百四十萬, 玉龍台といい, 玉龍金鳳を一郭