青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「猿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

狼~ ~狼狽 狼狽~ 猛烈~ 猪~ ~猫 猫~ ~猶 猶~ ~猿
猿~
獅子~ ~獣 獣~ 獨~ 玄~ ~玄関 玄関~ 率~ 率直~ ~玉

「猿~」 4919, 53ppm, 2192位

▼ 猿~ (1244, 25.3%)

108 ように 82 ような 31 やうに 23 茶壺を 21 やうな 17 茶壺は 14 茶壺が 12 壺を 7 様に, 湯へ, 茶壺, 茶壺に 6 ことを, 良秀が, 茶壺の, 頭を 5 声が, 毛を, 湯に

4 [13件] ようだ, 包みを, 壺には, 壺の, 壺は, 大将は, 姿を, 手を, 方が, 毛皮を, 湯の, 皮を, 顔を

3 [26件] ごとく, やうだ, ようで, ようである, 吉兵衛は, 啼き声, 夢を, 子の, 居る処, 年の, 所へ, 方へ, 日に, 月の, 次郎坊を, 毛皮, 湯で, 湯は, 群が, 茶壺と, 金だ, 鍵が, 面が, 面の, 面は, 顔であった

2 [77件] お玉を, くせに, ごときもの, ためにだに, ようだった, 中に, 久八, 乾物の, 人, 人と, 仕業で, 仮面が, 冒険, 叫び声や, 啼声が, 声, 声だ, 壺, 壺が, 壺に, 外に, 大将が, 夫婦, 如く渡って, 姿が, 姿は, 婿入の, 容子が, 形に, 彫刻は, 影が, 所業を, 手に, 手は, 振舞が, 敵である, 方で, 方は, 日の, 旧の, 様な, 檻の, 次郎坊は, 死骸を, 毛が, 毛じゃ, 湯と, 湯も, 湯を, 爪に, 爪の, 王様の, 癖に, 真似を, 眼には, 神様が, 肝が, 肝の, 腰かけ等, 舞は, 芝居を, 茶壺せいぜい, 茶壺でない, 茶壺という, 蒸焼か, 親が, 話を, 都に, 鍵で, 鍵は, 面, 頭の, 頭へ, 顔, 顔が, 顔の, 顔は

1 [585件 抜粋] あわれ, いうとおり, いたずらだ, いへ, うちの, うちへ, おしりには, おもちゃが, おもちゃという, おもちゃを, お壺, お尻, お山が, お泊り賃, お玉とも, お蔭で, お面, お馬鹿さん逃げ, かかる行為, かしらに, かなしみわかる, ことが, ことで, ことは, ことばが, ことばで, ことばは, ごとき何者, ごとき己, ごとき生活, ごとくその, ごとくちかく, ごとくスルスル, さけびが, さの, しかけ, しっぽを, しゃりこうべのようなものもお目, しるしの, それにも, それの, それらの, たぐいが, たぐいの, たぐい皆な, ためには, ぢいさんだ, ついたもの, つくった記録, ところへ, ところまで, にくらべる, はいったボール箱, ひかえ綱, ひかへ, ふたに, ほうへ, ほうを, まねを, まわりを, むれに, やつから, やつも, ような鳴, ようにも, よくやる, よりもずっとよく, わが国西南地方の, チヤンチヤンコみたいな, ニヒリズムだ, ワルサは, 一件が, 一件です, 一件は, 一打急所が, 一牡児木から, 一番好い, 一番禁物は, 一種に, 上調子に, 下風に, 世界でも, 両眼, 中でも, 中へ, 中間とも, 乳頸の, 予言どおりの, 事だ, 事です, 事を, 二本の, 五黄強情で, 交番へ, 人まねと, 人形も, 人真似だ, 人真似で, 人真似である, 人間に, 介抱と, 仕事である, 仕放題, 仕業と, 仕業よと, 仕業らしく, 代価を, 仮面に, 仮面の, 仲みたいな, 仲間までも, 件に, 件は, 住む土地くら, 住居地には, 余光で, 作り物が, 信仰を, 僉議に, 儀に, 児背負高く, 六つの, 出世した, 出現, 出現によって, 列の, 前で, 前を, 前肢に, 力で, 助松竹脱退, 劫をへ, 劫経た, 十三回忌に, 千匹伴が, 口から, 口に, 口にも, 口の, 口止の, 口開き, 口開の, 古看板, 句が, 叫びであった, 右の, 吉兵衛そろそろ, 吉兵衛の, 吉兵衛も, 同族最, 名ある, 周囲を, 啼くよう, 喉を, 喰逃げ, 噂は, 団体においては, 団体にも, 国への, 地紋であった, 地紋の, 声だった, 声と, 声に, 声は, 声も, 声を, 声近く屋外に, 壺なる, 壺にも, 壺によって, 壺らしい, 壺中に, 変化なら, 多いところ, 大将で, 大王だの, 大群も, 大群を, 夫婦は, 奴吾輩を, 好きな, 如きは, 如きもの, 如き山, 如き樣, 如くで, 如く友禅縮緬, 如く忍び込んだ曲者, 如く思い思い, 如く攀, 如く攀じ上り, 如く渡つて, 如く甲板, 如く綱, 如く麓, 妖怪みたいな, 妻, 姿の, 姿も, 婿も, 婿入という, 婿入は, 子だ, 子は, 子も, 子供に, 子供の, 子供は, 子供達が, 子分では, 子孫である, 子孫に, 子孫也, 子知らず, 字を, 容貌を, 小さくて, 尻の, 尻は, 尻尾に, 尻笑いだ, 尾を, 屍骸を, 山に, 山の, 山車, 島である, 巣に, 巣を, 幅が, 店には, 当ては, 形は, 形を, 形犬の, 彫りものが, 彫刻の, 彫物の, 後について, 後ろは, 後頭から, 性格は, 悪戯で, 悲しき努力, 懐には, 懸物, 所に, 所在が, 所在は, 手の, 手下どもが, 手合いから, 扱ひ, 持って, 振舞よ, 敏捷さで, 敏捷な, 数の, 数を, 文吉て, 方に, 日だ, 早飛脚, 智で御座います, 月を, 木登りといった, 木箱が, 本能的感情より, 来るの, 林の, 棲家だ, 樹に, 橋, 檻と, 檻に, 檻は, 次郎坊の, 次郎坊一匹伝馬町の, 死骸に, 死骸をか, 殺されたの, 母と, 毒は, 比喩で, 毛それに, 毛です, 毛は, 毛並に, 毛猿の, 毛皮で, 毛皮について, 気に入りそう, 水中の, 江戸ッ子な, 沢山いる, 泳ぐまね, 浮いて, 湯から, 湯である, 湯などという, 湯にて, 湯へは, 為には, 無念を, 焦げた壺, 爪と, 牝にも, 牝鍋の, 物真似だ, 猛悪な, 猿真似, 王かの, 王だ, 王様に, 生き肝という, 生まれかわり, 生れぞ, 生肝, 生肝が, 生肝ただ一つである, 生肝話の, 甲羅を, 留木の下に, 病重く, 痩せた手足, 皮の, 目の, 目印という, 目印を, 目鼻を, 相手に, 相撲鵜の, 真似事を, 眠ったの, 眼, 眼が, 眼に, 眼は, 着て, 睾丸を, 石碑でも, 示した庭, 社会にも, 秘める財宝, 秘密を, 笑いでなく, 笑顔だ, 等閑に, 箱を, 籠に, 籠の, 精でも, 経立あり, 経立お, 経立が, 経立は, 経立御, 絵が, 絵の, 群から, 群の, 群れだった, 群れであろう, 群れでは, 群れに, 群れは, 群れみたいに, 習性を, 聟, 聲, 聲が, 聲に, 肉の, 肝より, 肝を, 背中に, 脈を, 脚と, 脳エキスと, 腕に, 腕首を, 腰かけ, 腰かけと, 腰に, 腹ご, 臀の, 自然の, 自由で, 自由に, 臭ひ, 臼背負ひ, 茶壺から, 茶壺じゃ, 茶壺その, 茶壺だけは, 茶壺ちかごろやっと, 茶壺で, 茶壺でござる, 茶壺では, 茶壺とともに, 茶壺には, 茶壺も, 茶壺朝鮮渡来の, 葡萄酒という, 蔵し, 蚤とりに, 蚤を, 血かを, 血を, 血痕でも, 行方も, 行方を, 衣裳つけ, 衣裳の, 裸体ばかり, 見世物の, 見得, 親子は, 親子揃う, 親子連れの, 言葉から, 言葉は, 言葉まで, 言葉を, 訪問を, 詩に, 話なんか, 誹謗が, 護符で, 財産が, 賢きこと, 赤ちやんが, 足の, 足形は, 身軽さを, 軸は, 辯護を, 返答は, 連中が, 進化した, 逸躁を, 遊びて, 遠島, 都という, 都は, 都へ, 都を, 銘の, 鍔も, 鍵, 鍵だって, 鍵です, 鍵を, 鑑定人として, 長くて, 間に, 闘って, 隠れた同じ, 雌を, 面には, 面を, 面蘇枋に, 面飴屋一軒犬も, 音頭取りで, 頃から, 頬, 頬に, 頭蓋骨や, 顔なる, 顔に, 顔にも, 類が, 類に, 風来山人が, 飛び込み方, 食を, 飼方や, 餌の, 餓えること, 首でございます, 首に, 首を, 首筋を, 騎兵で, 騒ぎに, 騷が, 驕慢は, 骨めが, 骸骨の, 鬼目博士から, 鳴き声, 鳴き声だ, 鳴き声であります, 鳴き声を, 鳴き真似を, 鳴くの, 鳴声, 黒い目, 鼻面を

▼ 猿~ (440, 8.9%)

5 出て, 手を, 歯を 4 親がにを 3 一度に, 幾匹と, 来て

2 [22件] ああし, いいました, はいって, やって来ました, キョトンと, 一匹首を, 乙団体の, 住んで, 入って, 動いた, 居る, 居る居ないの, 島は, 恭しく押, 木から, 木を, 棲んで, 私の, 綱を, 袴の, 鏡を, 首に

1 [368件] あって, あとを, あの寧子どの, あらわれて, ある, あると, あんなお, いた, いたん, いった, いっぱいに, いないし, いなかった, いる, いるそれ, いろいろな, うらんで, おかしな踊, おもな, おれに, お喋舌, お好き, お山に, お手, お軽勘平, かい, かじに, かたまって, きょろきょろこっち, くやしがっ, ことごとく私たち, このごろ登美子の, この小屋, この席, この近所, こんなこと, しよんぼり, すぐ横手, するすると, すんで, ずいぶん多く, そういった, その有様, その肩, その雌猿, たくさんのぼっ, たくさん住ん, ただこれ, ただちにこれ, たんとい, ちょこなんと止り木, つかまるでしょう, つながれて, でかけて, どうしてそんな, どうしてまあ今日, ないたり, なければ, のそのそと, ひとりで, ぴょいと飛び出した, ほんとに明日限り, まじめくさって, また, また非常, まだ人間, まつわりついて, みつからぬと, みつかり宝, みんな歯を, めでたや, もう一匹いつか, もっともよく似, やしの, やっかみ出した, やって来て, ゆく, よく被害者総一郎, ゐて, キツキと, キヤーツ, キーキー声を, チャンと, ニッコリと, バラバラその, パッと, ヒラリと, ピッタリと, フライパンで, 一ぴきかけ下り, 一人で, 一匹, 一匹もがい, 一匹或, 一匹来, 一匹来る, 一匹躍り出し, 一匹顋の, 一匹飼っ, 一同を, 一時に, 一本の, 一疋何を, 一疋右の, 丁度栗, 三びき手杵が, 三匹, 三疋住みやる, 下りて, 丘の, 並んで, 中で, 中には, 主人を, 乗って, 乳房を, 亀の, 二つも, 二つ三つ御, 二匹, 二匹いる, 二匹一本の, 二匹向かい合っ, 二匹飼っ, 二疋頻りに, 云いました, 五六間さきの, 五疋七疋十疋ピヨン, 五疋十疋と, 人の, 人真似を, 人間に, 人間の, 人間生活の, 仮面の, 仰向けに, 低い鼻, 住まって, 住むと, 何の, 何処を, 何疋も, 何處を, 來たつ, 來て, 侍大将と, 信長に, 児を, 入り替つて, 入浴って, 六匹遊ん, 其の剥方, 出てから, 刃物を, 前足を, 勾欄の, 化ける猪, 原へ, 又実によく, 又相手, 又笑った, 双方より, 取つたとは, 口紅だらけの, 右顧左眄の, 合計二三十匹乃至, 同じ土地, 同じ径路, 呼んで, 咲耶子の, 啼く栗鼠, 四匹いる, 四方から, 四足を, 土塀を, 土間へ, 壁の, 変な, 多いので, 多くそれ, 夥しいので, 大丈夫だ, 大声を, 大好き, 大岡越前の, 大木から, 天台宗と, 太閤に, 奥の, 好きじゃ, 姦通, 子守とは, 宇津の, 宙返りでも, 射殺された, 居るからには, 居るそれ, 居るという, 居るナ, 届いた, 展覧会や, 島, 島じう, 島だ, 島という, 島に, 島の, 川に, 巧みに, 幸福に, 幹を, 幾段かに, 幾疋か, 廻って, 弔文を, 引かかります, 影を, 心得顔に, 心臓を, 忍び足を, 忍剣に, 怖れ, 怨めしそう, 怪我を, 恨み悲しんで, 悟つて忘れず, 悪戯を, 悪魔と, 悲しそう, 悲鳴を, 憎らしかったり, 憎らしかつ, 所為よ, 手で, 手提琴の, 手足で, 投げたもの, 拾って, 掴んだと, 描かれて, 撃ち殺されて, 数百匹野生し, 敵と, 日本にも, 最前から, 木の, 本を, 村へ, 来た, 来たがるよう, 来たな, 来は, 松の木などに, 枕頭へ, 枝に, 桶で, 梢を, 樅の, 横向きに, 樹から, 樹渡りする, 檻から, 檻の, 死んで, 殺人事件の, 母の, 比叡の, 毬の, 水流中に, 沈んで, 沢山遊ん, 泣きけり, 海へ, 淀屋の, 溜息を, 溺れてからは, 火の見の, 物マネを, 狙ふ, 猴智慧で, 猿が, 猿まわし, 現われないもの, 現われ畑, 瓢箪で, 畜生ながらにも, 異様な, 疲れた小さな, 疵口を, 病める相俣, 登場する, 百舌の, 盗もうと, 盗んだと, 直ちにその, 真似した, 真似を, 真顔で, 眠って, 眼を, 着いてるの, 石の, 神馬の, 私に, 私を, 窓から, 竿の, 笛の, 簀子を, 米を, 紛れ込み一緒, 紛失いたしました, 結飯に, 緋の, 群がり遊んで, 羨望に, 肥った料理人, 背中を, 胡桃の, 能う物饒舌, 脱け, 腹を, 自分でだけ, 自分の, 舞いこんだ, 芭蕉の, 芸を, 蚤を, 血に, 行って, 行つた, 行方不明だ, 行方知れず, 袈裟を, 見えるの, 覗きそう, 親猿, 言ひ出し, 話しかけるの, 谷から, 車を, 載っかって, 逃げたの, 逃げて, 這入って, 通力などを, 遊んで, 遊んでると, 金網の, 鉄の, 鍋の, 関東節に, 集ったので, 震え出した, 静に, 頬ペタに, 顔を, 飛びだして, 飛ぶ時ホーホー, 食います, 飴玉を, 餅右から, 馬に, 馬場で, 馬場という, 骨牌の, 鳴きながら, 鷲の

▼ 猿~ (427, 8.7%)

3 いいました, し近く, それを, びっくりし, 人形の, 私の

2 [21件] いまどこに, さけんで, ちやんと, どこかへ, まつ白, 一瞬に, 不意に, 人の, 何か, 元より, 又どんな, 又水干, 山の, 手を, 方々を, 昔から, 木の, 独楽を, 誰が, 途方に, 鬼の

1 [367件] あいつ程, あせって, あのラスカア, あまり小さい, ありふれた庚申, あわてて, い, いくらでも喋舌, いったい誰, いつまでも, いまだに行方不明, いま自分が, いま貴公の, いめえ, うっかりだまされ, うまくかに, うららか, うるさそう, おうちゃ, おこった眼, おそらくもうよほど前, おどけもの, おるまい, おれの, お玉と, かくこそ, かくの, かなり広い, きっと怒, くたびれて, くらげの, こう考えました, ここに, ことに火, この人間, この時一緒, この独楽, この獄内, この穴, この詞, この道場, これこれこういう, これに, こんな事, さまざまに, しばらく考え, じっとこっち, すぐそれ, すぐ御, すでに八百年, せっかく下, そういうもの, そつと, そのむかし, その一段, その巣, その手, その日, その躰力, その頭髻, それだけの, たいそう喜びまし, たいへん喜びました, ただ小さい, たんと柿, だしぬけに, だまして, だんだん乗り出し, だんだん心配, ちょっと待たされ, ていねいに, とう, とうとう蟹, とうの, とてもわし, ともかく鬼退治, とんぼを, どういうもの, どうした, どうしたやろ, どうしました, どうでも, どこから, どこからか, どこへ, どんなに宥め, なかなかいう, なんとし, ぬっくと, のぞいたり, のどか食べる, ばたり, ひとりで, ふり向いて, ほんとうは, ほんに可愛, ますます生きた, また一皮剥きます, また別, また尻, また帰っ, また眼, また笑いだし, まだ掻ッ, まだ逃げない, みつかりましたかな, みな雲と, もうどんどん上, もう少し待ったら, もう帰るまい, もう赤い, もう駈け出しました, もっともらしい, やはり熱心, ゆさ, ようようで, よく慣れ, よほど陽気, アマゾン流域に, キイ, キャッキャッと, ギヤアギヤア言つて下の, ギューと, チョコマカし, ドコへ, ブリツジへ, ヨイヨイ, ラム・ダスを, 一層近付き, 一度ならず, 一番人間に, 一瞬間水面を, 三疋中には, 下りて, 不思議そうに, 与次郎の, 世に, 両手を, 並びぬ眼, 主人の, 主税の, 争いは, 二つ目の, 二人の, 二本の, 五寸位の, 人に, 人真似を, 人間に, 人間の, 人間よりか, 仆れ, 仇と, 今千艸屋に, 何にも, 何度も, 何者ぞ, 余り水つ, 余程弱, 余等の, 八方から, 八百歳でございました, 円い眼, 出来れば, 別物として, 利口だ, 動かなかったはず, 十五六頭から, 即死し, 却つて歯齦を, 去るに, 可哀, 可愛いわね, 同じこと, 同類甚だ, 向うで, 唯の, 啼いた, 四方から, 困ったよう, 図に, 土人が, 壽八百好く, 大きな口, 大きな声, 大きな臼, 大きな鬼, 大層木炭, 大急ぎで, 天惠の, 好物だけに, 如才なく, 嫌い, 宙で, 定まつ, 実におとなしい, 室の, 寒さ, 尊敬と, 小枝, 小猿, 居ないの, 屋根の, 山畠に, 崖の, 川に, 川の, 平気な, 庭へ, 庭前の, 引っこめ, 強くしめつける, 当然あなた, 当藩, 彼が, 彼に, 後の, 微笑んだ, 心得たよう, 必ず自己, 必ず虱, 怖れ, 急いで, 急に, 恐ろしい力, 悲しげ, 慈心に, 懲罰を, 我々人間と, 或る, 戸に, 手や, 手真似を, 拾った赤い, 持って, 指の, 放り出されまいとして, 数人の, 日吉山王の, 日本で, 最初の, 朝の, 木から, 木より, 本当に脅え, 来たはず, 柑子盗人だ, 柑子盜人だ, 柳生の, 柿の, 案内者にと, 樫の, 樹の, 樹を, 正夫に, 死にも, 殺されそして, 殺されること, 殺されるの, 母の, 母猿の, 母親が, 気の毒にも, 水の, 水夫が, 水底深く, 決してさ, 泥溝の, 洒然として, 海岸の, 火に, 灰色の, 無事に, 熟柿を, 燕尾服の, 片割れ月の, 牛と, 物珍らし, 犬に, 狸の, 猿だ, 猿を, 猿爺さんの, 甚兵衛に, 甚兵衛の, 用が, 申に, 男が, 留木から, 畜生じゃ, 白い歯, 皆へ, 眠ったと, 眼を, 石炭庫へ, 砲術長の, 礑と, 祈祷を, 秀子の, 私が, 私たちを, 私に, 稽古に, 突然身, 笑って, 答えました, 築山の, 米を, 米友一人を, 絶えず枝, 緑の, 羨ましいなあ, 聴かないで, 腹が, 腹を, 臂を, 臂長く, 自分の, 船のです, 花火という, 苦しさ, 苦しまぎれに, 英語を, 菜食動物である, 虎狼などが, 蟹の, 血を, 行儀わろき, 見つからぬワ, 見つけない人馬, 見事に, 言いました, 誰に, 負けない気, 赤い蝋燭, 赤い顔, 走って, 起って, 路ばた, 跳ねて, 踊を, 軍艦の, 返辞を, 逃げやしないさ, 速いの, 遊んで, 里で, 銃を, 鎖で, 長い尻, 隷官の, 青空の, 面目な, 顔から, 風呂敷を, 飛びかかって, 飛び返って, 飽く事なき饑, 餅屋へ, 餓えないで, 餓ゑないで居る, 首の, 騒ぎ廻ります, 驚いて, 高いところ, 高く笑った, 黒い耳

▼ 猿~ (419, 8.5%)

10 連れて 6 見て 5 使って, 背中に, 飼って 4 廻して, 手に, 抱いて, 殺したの, 相手に, 肩に, 背負ひ 3 先祖と, 携えて, 殺すこと

2 [23件] いぢめ, つれて, ロケットに, 伴れ, 借りて, 可愛が, 可愛がる所由, 呼んで, 家に, 彫って, 彫ろうという, 折檻し, 抱き上げて, 捕えて, 殺して, 眺めて, 背負って, 膝の, 見せて, 見つけました, 足蹴に, 蹴放して, 飼ったか

1 [305件] あしらい赤坂今井町, あの床下, いいかけ, うちとめた山, うっかり忘れる, うっちゃって, うつちやつて, おいて, おろしその, かかえて, かついで, からかいはじめました, からかうよう, くくり付け, ぐるぐるッ, ぐるりと, けしかけられ饗筵, げる, こしらえて, これへ, さがしだして, さがして, さがしに, したがえて, そつち, たとえ一瞬時, だまして, ちらと, つかまえて, つかまへた時, つかまへて, つけた大巾ちりめん, つけねらう新手, つれた子供, つれた猿, とうとう得心, とまらせた老人, はじめて見た, はじめとして, はずして, やがて水, やって, エテというも, ショって, トウィードの, ラム・ダスに, ロケットで, 一しょに, 一つ作られた, 一つ正夫は, 一ぴきお, 一人の, 一匹献上した, 一匹獻上した, 万太郎猿と, 三匹飼つてある, 下ろした, 主人に, 乗せて, 二三十匹つれ, 人が, 仕止めた後, 仰いだ, 伴れた, 作って, 作つた秋の, 使うとか, 使うよう, 使ったこと, 使ったと, 使ったもの, 使つて見する, 使ふからは, 使者と, 保護する, 入れて, 入手し, 入手したっ, 出した物, 利用し, 助けに, 卓に, 厩に, 友達に, 取って, 取らうと, 取捲いて, 取調べて, 取返さうとして, 取返し逆さま, 叩いて, 叩き廻しそら御, 可愛がりいつ, 呼び出して, 呼び出しに, 呼び集めて, 呼んど, 啀み合わせたよう, 噛み殺されては, 噛み殺そうと, 地上へ, 売る, 外に, 夜の, 大きな万物, 大事に, 大切に, 天王寺に, 失ったそれ, 失ったらどんなに, 射つたの, 射つて, 射殺した, 小屋の, 山へ, 山父馬を, 店頭に, 庭の, 廻わしあぐん, 引いて, 引き連れて, 引っぱたくところ, 引っ張って, 引つか, 引張つて, 彫った時分, 彫ること, 彫ろうと, 彫んだ青玉, 後に, 忘れて, 忘れぬゆえ, 怖れし, 怖れる, 思わせるよう, 恋人から, 愛して, 憎悪する, 手捕, 手白と, 打ちあげる実験, 投り込ん, 抛りこんで, 抱いたり, 抱きあげると, 抱き取りて, 招いて, 拵える時, 持たして, 持ち出しまして, 指揮し, 捕えたらいい, 捕えた話, 捕まへ, 捕るには, 探して, 描いたの, 描いて, 描くこと, 描写した, 揺り起こした, 揺り起した, 携えた前髪, 携え往きそれ, 撃ち落そうと, 撃ったが, 撲らせたり, 攫むか, 支那に, 放して, 放ち中, 放ち遣りぬ, 救うたとき, 散歩に, 斬ったが, 斬った出羽守, 斬って, 最前から, 案内に, 欺いて, 止ど, 殺すの, 殿様に, 母猿から, 水の, 河童の, 添うるは, 滑稽な, 焚殺した, 燃やす光景, 片手で, 片方の, 物色し, 狙いすまして, 狙って, 独嶺上に, 獲たのに, 獲べしと, 獲物に, 現して, 生け捕りあらゆる, 生捕, 発見し, 監視し始めた, 目がけて, 相手の, 真ん中に, 眺めた, 眺めては, 睨みつけると, 知ってる者, 知つてゐた, 知り犬, 確と, 神猿と, 祭り河内, 私は, 突くたび, 突く料簡, 窘めは, 納めた時, 縁に, 縛つた繩は, 縫つてゐた, 繋いで, 繋ぎて, 聞く人捨子, 聯想した, 肩の, 背中から, 背負つた旅芸人に, 能く, 脱した一人前, 自由に, 舁ぎて至る, 舞はせる, 舞わいて, 舞わしまたは, 舞台に, 良うしてやろう, 若党一人に, 莫迦に, 落して, 裏の, 見たから, 見たそして, 見たとき, 見たらう蟇, 見たろう蟇, 見た時, 見た瞬間, 見つけだしてえもの, 見つけ出すが, 見に, 見ましょうよ, 見ませうね, 見るごと, 見るにも, 見るの, 見れば, 見上げたまま, 見付けて, 見返りながら, 訪ねたら, 誤って, 負つて, 貢する, 買います, 買って, 買出しに, 踊らして, 追いかけて, 追いつめて, 追うつもり, 追っかけると, 追って土間, 追って流れ, 追っ払うには, 追ひかけた, 追駆け, 逃がして, 逐いこの, 連れた前髪, 連れた洟垂れ武士, 連想する, 進呈した, 遠く高い, 関雪風に, 非常に, 面白いファンタジア, 頭上に, 頸根っこの, 食って, 食はせる, 食わせる豊田屋, 飼うたり, 飼うよりは, 飼う事, 飼った, 飼つてゐた, 飼つてゐる, 養うて, 養って, 馬の, 騙して

▼ 猿~ (231, 4.7%)

22 似て 6 なって 3 して, 引っ掻

2 [17件] からかって, しても, よう似た, よせかけて, ビスケットを, 人間の, 似た小男, 出処が, 向かって, 向って, 御馳走を, 抱かれたの, 芋を, 話して, 顔を, 餌を, 鼻など

1 [163件] あらず, いいきかせると, いえ猿, いって, おどかされなすったの, お初徳兵衛の, お暇, お米, からかっては, からかわれて, くわえさせて, さう言, されて, したり, しては, しろと, すこぶる類似, そっくりでございます, そっと頼みました, そのこと, それを, たくして, だろ, ちがいない, ちげえ, なったという, なつたり, ならえと, なら気, なりたい, なりました, なると, なるん, なる修練, なれ, なれ此奴等, ひきまわされて, ぶつかって, よくにた, よく似, よく似た, らっき, オナニズムを, オーバーラップ的に, 下されこの, 主従の, 乳を, 人参や, 人間ほどの, 代わりて, 似かよって, 似たからとて, 似たち, 似たの, 似たるその他微細, 似た一人, 似た印度, 似た御, 似た眼, 借金も, 冠を, 出くわすこと, 出会わないとも, 出来て, 刃物的な, 利刀を, 利益を, 劣らぬ俊敏, 劣るよりも, 劣れる, 助けられるとは, 化らう, 名残を, 向けた上, 呉れた床几, 執念く, 変じて, 変化し, 夜麦を, 守られて, 対つて, 小蓑, 就ても, 尻尾の, 尿を, 帰つて律師の, 引かれながら, 引っかかれるという, 引掛け, 心なんて, 悩まされ所々, 悪意が, 悪戯を, 意外の, 意恨を, 扮したる役者, 扶けられた, 投げつけた, 抱かれた子, 抱かれて, 持たせて, 指さして, 握らせて, 攫われたん, 敬礼した, 星を, 柿の, 栗を, 案内さし, 欄間を, 次第次第に, 比して, 比較し, 毛が, 気の毒コクワを, 注がれて, 注意を, 狙ひ, 甚く, 用事を, 目隠しを, 相違なし, 相違ねえ, 眼を, 着せるの, 着物を, 砂糖を, 移して, 稼がれてちゃ, 筒先を, 経験させた, 縁んだもの, 腰を, 自由にも, 至るまで, 茶摘みを, 著せて, 薦めた, 表して, 見せて, 見せますと, 親類筋は, 負わせたり, 贔屓に, 車を, 近い, 近い吾, 近い日本人, 近い程, 追いかけられて, 追手を, 逢って, 連れられて, 道を, 面と, 預けたら決して, 頬ッぺたをなめられたような顔を, 頼みて, 類する一種化生, 食わさぬよう, 食わした, 馴染の, 鼻の

▼ 猿~ (139, 2.8%)

54 一緒に 3 人間との 2 いっしょに, なし酒, 一しよ, 人間と, 共同の, 同じよう, 臭い栗, 鹿と

1 [111件] あらば, あるは, あるを, いいその, いいまた, いうから, いうに, いおうか, いたしますれば, うさぎが, おおよそ小, お告げください, かにが, かわって, きじと, きじの, きては, この三つ, この殺人事件, ごッ, するなど, その人, なし酔ひ泣き, なら笑っても, なり猿, ほとんど一緒, みた梁, やらいう, よばれても, ゑんこう, 一匹の, 世を, 二人きりに, 二人で, 云うこと, 云う動物, 云ふ, 云ふも, 人が, 人とが, 人も, 人間とは, 人間の, 兎とは, 共通の, 前髪は, 号す, 同じいと, 同じくらいの, 同じこと, 同じやう, 同じ祖先, 同じ運命, 同様に, 名づけたと, 呼ばる, 呼ばれて, 呼ぶと, 呼ぼう, 呼んで, 変じて, 学校の, 孰方が, 山猫と, 川の, 幽霊を, 思う, 思ううち, 思った赤い, 戦う歳, 戦ったが, 戯れた, 戯れて, 方舞の, 暮らした方, 木堂と, 来たらまた, 染屋, 為すと, 犬の, 狸とも, 猪だった, 甲板の, 申しましても, 申し煩悩, 申すは, 相伴なっ, 相談する, 称する偽物, 老人とに, 老人を, 荷物とを, 虎を, 蛇, 蟹は, 見えたの, 言ふも, 言われると, 評する外, 較べると, 遊び昼は, 遊ぶ, 遊ぶと, 遊んで, 違いは, 闘った時, 類人猿の, 鳩とを, 鶴とが, 鶺鴒とを, 龍の

▼ 猿~ (85, 1.7%)

6 座の 4 である 2 の芝居, マチは, 少年が, 少年であった

1 [67件] かどう, が助け出す, が可愛らしい, が帰っ, が裏, これは, だが, だよ, で平山武者所, で言, というこの, という少年, といふの, とはせっかく, とへ飛びかかった, とをグルグル, と呼ばれたらしい, によって一時仮死, に達した, の三ヶ町, の三座, の中村勘三郎代々, の声, の如き, の小屋, は, はいつ, はズンズン, は云った, は喋舌, は小, は数町, は早速, は物憂, まで二里, めが, もう駄目, も亦, も前々, やりそこないとっ捕まりゃア, や幸若舞, よはしゃげはしゃげ, を踊りだした, 三丁目の, 三座が, 二丁目の, 以上の, 以来二度目に, 勘三郎父子が, 少年は, 少年今日は, 少年例によって, 少年走っ, 座に, 座にて, 座は, 座より, 座を, 座市村座春木座なども, 成功し, 振りが, 狂言と, 狂言に, 猿若湯を, 能の, 舞の, 香具師なんか

▼ 猿~ (83, 1.7%)

3 小蓑, 木から 2 いっしょに, ゐぬか, 一しよ, 持って, 蟇も

1 [67件] あり猿, うさぎも, うなずいて, おちおち見物, きびだんごを一つ, ここまでに, すべて空しく, そうだった, その芋, その髭, たしかに猿, ともに養分, なかなか摺れ, びつくりし, ぶらさ, ますますやし, まっ赤, やはり手首, オペラバッグも, ジョンソンの, セエラの, ピストルで, 一生けん命眼を, 人体も, 人間も, 低い声, 供に, 傳ふべからず, 利口です, 同情し, 同様に, 同様見つけ, 同然だ, 同然で, 啼き止んだ, 声を, 天の, 小簔, 居ず鹿, 幽霊も, 影も, 恋しくなる, 悪いたずら, 愛護若の, 描くこと, 日本を, 時々は, 木より, 来るだろう, 柳の, 樹から, 死に物狂い, 毎年宇治へ, 火鉢を, 為合だろう, 無尾, 狼も, 現れおれ達, 知って, 私の, 筆の, 羚羊も, 蓑を, 藝當を, 詰め切って, 都を, 鹿も

▼ 猿若町~ (71, 1.4%)

6 の市村座 5 の芝居 3 にあった 2 の三座, の三芝居, の新道, の舞台, の芝居見物

1 [47件] から神田, から移転, がある, がハネ, で芸者, にとどまっ, に封じ, に居りまし, に最後, に櫓, に移っ, に移轉, に立並ん, に芝居小屋, に踏み留まっ, に顔, のおきぬ, の中村座, の低い, の住人, の医院, の守田座, の引手茶屋, の役者, の文楽座, の森田座, の番付, の空気, の芸者, の表通り, の裏通, は三丁目, は上方役者, は地の利, へお越し, へ一度, へ三座が, へ出かけ, へ行っ, へ転地, へ運ん, まで引返した, まで行かねえ, より京橋区新富町六丁目, を去っ, を見物, を通っ

▼ 猿~ (69, 1.4%)

3 熊と, 犬の, 狼が, 鹿や 2 兎や, 孔雀を, 熊の, 狐の, 狼や, 鹿を

1 [45件] あるいは犬, い, うさぎが, その他の, どうか鳴い, ウサギの, カナリヤを, 一匹の, 亀や, 人間が, 兎が, 兎を, 其の犬, 千代紙で, 可憐な, 小鳥の, 山羊は, 幽霊の, 摺子木として, 新聞雑誌を, 熊が, 熊など, 犬や, 狐じゃあ, 独唱好きの, 狼という, 狼などを, 狼の, 狼は, 狼を, 猪と, 猪を, 猫でも, 猫と, 猫までを, 蝙蝠以下に, 象なぞが, 農科大学やの, 雉では, 雉を, 馬を, 鳥などが, 鶴が, 鹿が, 鼻高盛んの

▼ 猿殿~ (67, 1.4%)

8 のお 2 のおいど, の御, はそれ, はわし, は御

1 [49件] おぬ, か, が, がこれから, がどんな, が今日, が何人, が故, との再会, と一つ人間, と約束, にお, におかれ, にお目にかかる, にはお, にはすでに, にはちょっと, にはもう, には力ずく, には御, には笑われ, にもつい, に何, に対する敬慕, に敬慕, の予言, の事, の人情, の体, の前, の慈悲, の眼, の総, の胸三寸, は, はいったい, はいつも, はさも, はつづい, は出陣隊伍, は廻廊, は後ろ, は手, は抜け目, は昔, は細い, へ猿どの, を仰ぐ, 一躍炭薪奉行

▼ 猿ども~ (59, 1.2%)

3 は私 2 が出

1 [54件] がこの間, がたちまち, がぽんぽん, がやってき, がわれわれ科学者, がキャッキャッ, がバラバラ, が三重, が人, が大切, が寄合場, が彼ら, が急, が悪戯, が牛耳, が私達, が遽, が電車, じゃない, だ, だと, であります, でなくては, と格闘, にあんな, の不遜, の絶叫, の言葉, の陣形, はいよいよ, はここ, はこれ, はさき, はまたもや, はバタバタ, は一時藪影, は今や, は墓標, は大砲, は岸, は怯, は歯, は眼, は米友, は藤葛, は首, を使用, を寄せつけない, を懲らす, を撫ずる, を相手, を自分, を退治, を順々

▼ 猿~ (52, 1.1%)

42 が夥間, は何処

1 [44件] があんた, がいきなり, がこちら, がその, がだましおった, がもう, がやりおった, がわらう, が嬰子事, が尾, が憎くっ, が母親, が自分, が迷い込ん, が首, でとう, と思ふ, にうまう, にこんな, に一あわ, に一本, に床, に水, の前, の所, の打撲傷, の首, は, はしぶとい, はそう極, はよく, は導引, は梢, は法螺, もあの, を一人, を召し連れ, を囲い, を抱い, を殺す, を退治, 口惜しいだろう, 大臼, 早くくたばっちまえ

▼ 猿田彦~ (46, 0.9%)

2 は最初

1 [44件] がインド, が庚申, が指, が死に, が通り, だという, という人物, という名, とその, と同一視, と問答, と庚申, と称する, と鈿女, なる先生, にご, に因ん, に当る, のほか, のニラミ, の命, の子孫, の子孫鷺坂伴内, の尊, の居住地, の縄張り, の見, の邪視八十万神, の面, の鼻, はどうも, は天孫, は天孫民族, は朝廷, は海岸, は老, は裏ッ先, もまた, も天, をもまた, を挟ん, を祀った, を祀る, を祭った

▼ 猿~ (45, 0.9%)

2 けれどいま, つたのでございます, といっ, な, よ

1 [35件] え, からな猿, から世間, か分りゃ, か少し, か知ってる, が, こと, つたと, つて窃盗を, てば, ということ, といわれ, とかの獸類, とか卑怯者, とか猪, とか耳朶, とした, とは思わない, と信じ, と書かれ, と表現, と鑑定, なんていったい, なんて言, ね, ねおまえ, のが, まるで, わ, ッ人間でない, 猿が, 猿だ, 猿の, 画描き

▼ 猿みたい~ (34, 0.7%)

2 だ, なもの, な事, な顔

1 [26件] だった, なコーン, な奴, な好奇心, な子, な小さな, な小僧, な恰好, な感じ, な掌, な興世, な赤い, な赤ちゃん, にお鉢, にするする, にちぢこまっ, になった, にまだ, にベソ, に向う, に構外, に滑稽, に真赤, に縮まっ, に見える, に這った

▼ 猿~ (33, 0.7%)

3 判らぬよう 2 猫の

1 [28件] どうか, どうだ, むささびか, 人か, 人間か, 何か, 何かの, 判らぬ, 判らぬ一個, 判らぬ者, 友市生れた, 天狗の, 山男の, 敵討ちに, 死ぬつもり, 水を, 熊の, 狐の, 狒々の, 猫か, 猫かの, 猿た, 甚だあいまい, 知ら人間, 私には, 篠熊の, 蝙蝠か, 蟇か

▼ 猿~ (29, 0.6%)

3 のやう

1 [26件] がくらやみ, がたんと, がどこ, が好き, が悪戯, が行く, だよ, であるが, ですよ, でもなき, でも這, と見当, なん, なんぞちっとも, にお, に芝居がかり, のおしばい, のなか, の仕業, の大欲, の悪戯, は, はおまえ, はね両国, は世間, は俳諧師

▼ 猿さん~ (27, 0.5%)

1 [27件] がそんな, が笑った, が蟹, が雪, じゃない, って言う, ですって, という, と愛称, と遊ぼう, ながめて, に話し, の側, の着る, の飼つて, はまだ, もがいた所, もよく, も羨まし, も遊ぶ, も随分, やたら, より上手, を掴ん, を見, を逃がし, 入らっしゃい

▼ 猿しい~ (24, 0.5%)

2 姿に, 姿を

1 [20件] ことを, ぢや, ものだ, ものの, 亢奮を, 姿で, 彼は, 彼女の, 悴の, 概念ばかりが, 気が, 浅猿, 混濁に, 疲労が, 目に, 自分の, 自負心の, 裸形の, 青鬼, 馬鹿馬鹿しいこと

▼ 猿~ (24, 0.5%)

3 あつた

1 [21件] いつも背中, すぐ下, それと, なしに, はござりませぬ, はじまりいちばん, 三度じゃ, 三度ぢや, 大本教が, 妹が, 思い出した, 支那でも, 有る今, 朝から, 物を, 番人の, 石の, 美代子に, 背中に, 能くい, 鼻から

▼ 猿~ (24, 0.5%)

1 [24件] がこの, が下り, が祠, が遙拝, に監視, に私, の住居, の先, の叫び声, の声, の王国, の生活, は, はいり乱れ, はその, は喝采, は怒り, は私, は第, は腕力, は親, も今宵, を沈黙, を見る

▼ 猿~ (23, 0.5%)

2 が千年, と一所

1 [19件] がぽんぽん, がもう, が体, が山, が往来, が手, にも造っ, に云い付け, に教え, に敵, の一番前, の性質, は不思議, は人間, は手白, は泣い, は王様, は赤い, を皆洞穴

▼ 猿~ (23, 0.5%)

6 の君, の君等

1 [11件] が伝へた, が宮廷呪言, が鎮魂呪法奉仕, であつ, で古く, などの後, の如き, の男, の統率階級, の鎮魂, の鎮魂式

▼ 猿~ (21, 0.4%)

2 だけの姿, ひとつの, 一つで, 一つの

1 [13件] の紐, の虱, までぬがした, や褌, や足袋, を取つ, を縫う, を買っ, を頼んだ, 一つ, 一つに, 式の, 紙などが

▼ 猿ヶ京~ (20, 0.4%)

1 [20件] からだらだら, から五, であった, で法師温泉, と云われ, にたった, には幕府, のこの, の乗合自動車, の乗合自動車発着場, の村, の母, の温泉, の温泉宿, の親達, の部落, の関所, へ逃げ込みました, へ飛び帰り, を過ぎ

▼ 猿智慧~ (19, 0.4%)

2 もある

1 [17件] から割り出した, がブラ下, さ, だつた, だね, でした, でする, で私, といっ, なん, に過ぎない, の廻る, はこんな, をひねりだした, を働かせ, を授け, を用い

▼ 猿から~ (18, 0.4%)

3 進化した 2 進化し

1 [13件] すべてを, ちゃんちゃん借り, 人間を, 出たか, 出来たと, 出来たなんぞと, 始まり最後は, 引離さうと, 引離して, 得た独楽, 救って, 猿に, 貰つた柿の

▼ 猿じゃ~ (18, 0.4%)

3 ないか 2 ねえか

1 [13件] ありませんか, ありませんかね, あるまいか, しかたが, ないかとさえ, ないかな, ないやっぱり, 人間では, 人間なら引きあげ, 今日は, 好い猿, 狐じゃ, 飼い主は

▼ 猿という~ (17, 0.3%)

3 ことに 2 のは

1 [12件] これは, なるべし, ひとことで, ものは, 一種のみは, 児は, 意味, 渾名を, 獣は, 立派な, 言葉が, 銘の

▼ 猿爺さん~ (17, 0.3%)

4 の猿 2 の居どころ, は 1 が約束, じゃありません, というの, とその, に逢った, のこと, の病気, も村, も猿

▼ 猿~ (16, 0.3%)

2 の中

1 [14件] いや女類, が気, で特に, とこう来なく, とは比較的, などだったら, などという動物学上, に見るごとく, のご, のごとき, の順, はむろん, まさにしかりだ, を相手

▼ 猿ヶ馬場~ (15, 0.3%)

1 [15件] そっくりと, ぞと認めた, だか, で山気, には渾名, にむらむら, に吹, に床几, に掛った, はがらん, は抜けました, へ, まで進み, を出はずれる, を向う

▼ 猿~ (15, 0.3%)

3 という奴

1 [12件] が猿, といえ, のあたり, の奇峡, の奴, の姓, の耳, へ出る, もき, をつかまえ, を経, 待たんか

▼ 猿でも~ (14, 0.3%)

1 [14件] ありません, いのちには, かまわん助けて, ないらしかった, ない蟒蛇, なくからだ, なく豹, 一人前に, 使わない事, 水の, 猩々でも, 笑は, 肺病が, 降りて

▼ 猿~ (14, 0.3%)

3 はし與助は 2 はしが, はしの, はしも 1 はし, はしおもしろい, はしさんと, はし君は, はし與助が

▼ 猿田の面~ (13, 0.3%)

3 をかぶっ 1 がかぶされ, が左手, でいっぱい, と全く, と申します, の手筈, もイナリ, をかぶされ, をつけ, を盗ん

▼ 猿蟹合戦~ (13, 0.3%)

1 [13件] か舌切り雀, だ, では子, でもたった, になぞらえ, に因ん, のお伽噺, のはなし, の柿, の猿, の類, または浦島太郎, より忠臣蔵

▼ 猿~ (12, 0.2%)

2 さに, さを 1 いとも云い, くもあり, くも幾度と, さ, さだ, さである, さと, ばいなんぞに

▼ 猿とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] いうが, この者, なんだ, 一つとして, 一緒に, 仲が, 似ても, 出逢ったまま顔, 古代より, 影も, 狐と, 確実に

▼ 猿樂町~ (12, 0.2%)

2 の彼, を離れた 1 で幌, に居た, の一部, の下宿屋, の住居, の家, の山本, の狹

▼ 猿では~ (11, 0.2%)

1 [11件] あつた, ある, ないかな, ないが, ないと, ないの, ないよと, なかった, なく何, 助けて, 大脳の

▼ 猿蟹合戰~ (11, 0.2%)

31 に仕立て, に敗け, のお, の段, の猿, の筋書通り, や桃太郎, をやつ

▼ 猿との~ (10, 0.2%)

2 仲が 1 中間に, 中間の, 共同祖先は, 合の子とも, 四人である, 格闘, 間に, 類似を

▼ 猿には~ (10, 0.2%)

1 チヨンといふ, 似て, 侮られて, 出処が, 大神祖, 毛が, 炬を, 猿道, 親が, 辛くて

▼ 猿まわし~ (10, 0.2%)

1 で芝翫, と小, と見誤った, に取っつく, のお, のよう, の猿, の背中, まで見物, みたいな

▼ 猿ヶ京村~ (10, 0.2%)

2 でのいま一人, の人たち, の入口, を出外れた, を見出し

▼ 猿屋町~ (10, 0.2%)

2 の小唄, の粉屋 1 に入り浸りました, に沢村座, のお, の師匠, の浅草座, の隠宅

▼ 猿とも~ (9, 0.2%)

5 人とも 2 嬰児とも 1 ちがうどこ, つかない顔付

▼ 猿にかも~ (9, 0.2%)

4 似む 2 似て, 似る 1 おとる

▼ 猿にも~ (8, 0.2%)

1 あるよう, にた鳴き声, 人を, 妨げられずに, 知己が, 脚が, 衣裳や, 非ず

▼ 猿~ (8, 0.2%)

1 から人類, が現れ, が現れた, といふ名, となる, との頭骨比較, などは五十萬年, に近く

▼ 猿子橋~ (8, 0.2%)

1 でお, という木造, にか, の下, の側, の傍, の敵討, の際

▼ 猿~ (8, 0.2%)

1 に徃, の小楊枝, の房揚枝, の房楊子, の房楊枝, の揚子, の楊枝, の賭場

▼ 猿~ (8, 0.2%)

1 で土地, などより遥, に近く, のありまする, へかかった, へ吊された, へ来, ももう

▼ 猿しく~ (7, 0.1%)

1 て仕様, て貞操, 厭は, 悲しく恥しくも, 悲しく成つて, 煩瑣な, 絶望し

▼ 猿どの~ (7, 0.1%)

1 か, が, だ, と呼びうる, にはどこ, の夜寒訪, はけろりと

▼ 猿なら~ (7, 0.1%)

1 お前は, ば猿, ば親, よく似合う, 大した違い, 好いな, 竹童は

▼ 猿~ (7, 0.1%)

2 が居 1 だ, と洒落た, の出あい, の手, の時代

▼ 猿~ (7, 0.1%)

1 できょろきょろ, で稚い, に猫, の中小僧, の豹, をし, を晃

▼ 猿~ (7, 0.1%)

2 というもの, といえ, なり 1 と名

▼ 猿~ (7, 0.1%)

1 が運び去った, とはその, のごとき, の生活器官, はこれ, を圏, 大いなる丸

▼ 猿~ (7, 0.1%)

1 に, に於い, の中, の凡兆, は凡兆, を熟読, を編む

▼ 猿~ (7, 0.1%)

1 か, のこの, の横町, の筋, の美しき, は昭和十八年, へも飴

▼ 猿だの~ (6, 0.1%)

2 貴僧足を 1 まだその他, まだ其他, 狐だの, 鹿だ

▼ 猿など~ (6, 0.1%)

1 あるは, いうもの, いません, パンジャブ辺でも, 住んで, 連れて

▼ 猿などの~ (6, 0.1%)

1 ごとく, 団体は, 声でも, 好猟地, 如く天然, 山の

▼ 猿よりも~ (6, 0.1%)

1 うまく通っ, にくらしいの, 上手に, 下等である, 軽く弾み, 進化し

▼ 猿七之助~ (6, 0.1%)

1 がこれ, で安政四年市村座, といい, の役, をやっ, を演ずる

▼ 猿女氏~ (6, 0.1%)

1 である, に限らず, の伝, の伝承, の男, の祖神

▼ 猿小猿~ (6, 0.1%)

1 あわせて, がキヤーツ, が並ん, が出, が幾段, はギヤアギヤア言つて下

▼ 猿樂町鈴木三重吉~ (6, 0.1%)

6

▼ 猿羽織~ (6, 0.1%)

1 というもの, と言つて, を着, を着た, を着ました, を着る

▼ 猿~ (6, 0.1%)

1 であつ, でなくて, と云つたの, の信楽勘十郎, の義経, の蘭丸

▼ 猿だった~ (5, 0.1%)

1 か, ことを, と考える, ね, のでお

▼ 猿である~ (5, 0.1%)

2 と信じ 1 とか鷲, と同様, よりも先

▼ 猿です~ (5, 0.1%)

21 が, ねえ, よ

▼ 猿女君~ (5, 0.1%)

1 と為す, など猴, のさる, の祖, の遠祖

▼ 猿~ (5, 0.1%)

2 だと, やら附木 1 のじいさん

▼ 猿引き~ (5, 0.1%)

2 の猿 1 と言われ, はどう, よりはよく

▼ 猿~ (5, 0.1%)

1 が好き, の中, を見, を読んだ, を貴ん

▼ 猿きち~ (4, 0.1%)

1 がお初徳兵衛, と同じ, に限つた事, や蚤

▼ 猿たち~ (4, 0.1%)

1 がひろい, がゐる, はそれ, はなん

▼ 猿だって~ (4, 0.1%)

1 うまくする, お前よりは, そんなに悪い, 背中と

▼ 猿~ (4, 0.1%)

31 ゅう諺通りよほど

▼ 猿とが~ (4, 0.1%)

1 兩方で, 分れたん, 同じく草, 殺られたん

▼ 猿~ (4, 0.1%)

2 のである 1 のだ, んです

▼ 猿などは~ (4, 0.1%)

1 ただ共同, 太い尻尾, 捨てて, 沈黙し

▼ 猿なれ~ (4, 0.1%)

1 ばいつも, ばわれら笑, ば異議, ば笑

▼ 猿に対して~ (4, 0.1%)

1 勿体ないの, 気の毒に, 狗といった, 白眼視し

▼ 猿ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 だ, でなく番人

▼ 猿~ (4, 0.1%)

1 すこし足腰, とうとう吾輩, 猿よ, 立って

▼ 猿子眠り~ (4, 0.1%)

21 というなり, というの

▼ 猿智惠~ (4, 0.1%)

1 だ, だそんな, の廻る, を働かせ

▼ 猿田彦大神~ (4, 0.1%)

1 だと, なるを, の, を青面金剛

▼ 猿~ (4, 0.1%)

3 の難 1 の七曲り

▼ 猿留山道~ (4, 0.1%)

2 を踏まなけれ 1 のこと, の七曲り

▼ 猿~ (4, 0.1%)

2 と云, と申せ

▼ 猿~ (4, 0.1%)

1 の匂う, の話, の饐ゑたいきれだか, は以前信州

▼ 猿階子~ (4, 0.1%)

1 が掛っ, に取着こう, を元気, を縋る

▼ 猿かも~ (3, 0.1%)

1 知れないと, 知れないという, 知れませんわ

▼ 猿さま~ (3, 0.1%)

1 はこの, を斬り殺した, を斬り殺す

▼ 猿だけは~ (3, 0.1%)

1 一度も, 別として, 手に

▼ 猿だろう~ (3, 0.1%)

1 という, ということ, とトニオ・クレエゲル

▼ 猿であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, が今の, ときか

▼ 猿といふ~ (3, 0.1%)

1 のが, のは, ものは

▼ 猿として~ (3, 0.1%)

1 現われた, 笑つた, 聞えたもの

▼ 猿などが~ (3, 0.1%)

1 たくさん居り, 出て, 林や

▼ 猿なる~ (3, 0.1%)

1 と英雄, ものは, より

▼ 猿にでも~ (3, 0.1%)

1 似てるらしい, 物を, 窺われてはと

▼ 猿~ (3, 0.1%)

1 傾いて, 渡した, 辛く当りちらした

▼ 猿また~ (3, 0.1%)

1 がはみ出し, が中途, の捨て

▼ 猿まで~ (3, 0.1%)

1 庇っちゃ, 来て, 笑うの

▼ 猿めいた~ (3, 0.1%)

1 怪物と, 面貌を, 顔を

▼ 猿~ (3, 0.1%)

21 は山

▼ 猿マワシ~ (3, 0.1%)

1 にそっくり, に似た, の装束

▼ 猿ヶ石~ (3, 0.1%)

1 に落合う, の河岸一帯, の渓谷

▼ 猿同様~ (3, 0.1%)

1 であって, な気持, の時代

▼ 猿同然~ (3, 0.1%)

1 じゃとおっかなびっくり, の仲, 渡って

▼ 猿~ (3, 0.1%)

2 啼いて 1 悲し故に

▼ 猿~ (3, 0.1%)

1 だと, にてがら, の悲しむ

▼ 猿~ (3, 0.1%)

1 の住家, の侘住い, の収容陣地

▼ 猿曳き~ (3, 0.1%)

1 に捨てられた, や馬, 特有の

▼ 猿~ (3, 0.1%)

2 と人 1 とはいう

▼ 猿~ (3, 0.1%)

1 の住人, の佐平太兼政, の大刀

▼ 猿舞わし~ (3, 0.1%)

1 だとか, の如く, もおりますれ

▼ 猿~ (3, 0.1%)

1 のはなし, の昔話, を石

▼ 猿部屋~ (3, 0.1%)

1 に関係, の信仰, の守護

▼ 猿~ (3, 0.1%)

2 の三匹 1 のお供

▼ 猿鳴く~ (3, 0.1%)

1 三声涙衣を, 悲し猿, 至って清し

▼ 猿あり~ (2, 0.0%)

1 その名, て庭前

▼ 猿あるいは~ (2, 0.0%)

2 人間でも

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 めえ, 子供衆の

▼ 猿かと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 思った

▼ 猿かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 猿かの~ (2, 0.0%)

1 ように, 区別が

▼ 猿ぐらい~ (2, 0.0%)

1 でしょうかな, なもの

▼ 猿こけ~ (2, 0.0%)

1 猿と, 猿という

▼ 猿さん肝~ (2, 0.0%)

1 はどう, を忘れ

▼ 猿そっくり~ (2, 0.0%)

1 の面相, の顔

▼ 猿そのもの~ (2, 0.0%)

1 のよう, の生活

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 あうめ, に猿滑り

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, やらうが

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 このよう, 薪を

▼ 猿つかい~ (2, 0.0%)

1 のよう, 奴

▼ 猿であり~ (2, 0.0%)

1 ただその, 猿の

▼ 猿でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, かね

▼ 猿でない~ (2, 0.0%)

1 以上は, 証拠である

▼ 猿とか~ (2, 0.0%)

1 先づ多くは, 日吉とか

▼ 猿とに~ (2, 0.0%)

1 別れを, 違いありませんでした

▼ 猿とを~ (2, 0.0%)

1 どこかの, へだてるよりも

▼ 猿どう~ (2, 0.0%)

1 じゃ近頃, するの

▼ 猿などに~ (2, 0.0%)

2 劣りません

▼ 猿などを~ (2, 0.0%)

1 吊り下げ手, 食する由

▼ 猿なり~ (2, 0.0%)

1 ければ, 冬木立

▼ 猿にから~ (2, 0.0%)

1 かつてき, かつては

▼ 猿にな~ (2, 0.0%)

1 つた彼が, つてゐた

▼ 猿によって~ (2, 0.0%)

1 得たものの, 縛めの

▼ 猿はらっき~ (2, 0.0%)

2 ょの

▼ 猿ばかりが~ (2, 0.0%)

1 そうかと, ヨモンまたは

▼ 猿ばかりは~ (2, 0.0%)

1 まだ一度, まるで手

▼ 猿ほどの~ (2, 0.0%)

1 あざやかさでは, 智識が

▼ 猿まね~ (2, 0.0%)

1 と軽蔑, のあいだ

▼ 猿よりは~ (2, 0.0%)

1 東半球の, 遥かに

▼ 猿サン~ (2, 0.0%)

1 のよう, の姿勢

▼ 猿ツ子~ (2, 0.0%)

1 がゐた, にかい

▼ 猿マネ~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 友トセリ, 見ル

▼ 猿ヶ森~ (2, 0.0%)

1 という部落, の村

▼ 猿ヶ辻~ (2, 0.0%)

1 というところ, のところ

▼ 猿一匹~ (2, 0.0%)

1 で美濃一国, の死因

▼ 猿人間~ (2, 0.0%)

1 という順序, のごとき

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 がありがたい, の義

▼ 猿使い~ (2, 0.0%)

1 の団員, の爺さん

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 やう涙の, 字

▼ 猿~ (2, 0.0%)

2 に味品

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 には昔ながら, の国王

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 という小僧, は左脚

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 の名, を抱い

▼ 猿~ (2, 0.0%)

2 のうしろ楯

▼ 猿小僧~ (2, 0.0%)

1 の御蔭, は直ぐ

▼ 猿山猫山犬~ (2, 0.0%)

2 などの毛皮

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 に持つ, に結

▼ 猿智恵~ (2, 0.0%)

1 か, で与えられたもの

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 から狂言, の能

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 と共に往々, の徒

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 がない, より二本榎

▼ 猿留村~ (2, 0.0%)

2 に着した

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 の空穂, の靫

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 似して, 似だ正統

▼ 猿秀呼~ (2, 0.0%)

2 りを

▼ 猿若町市村座~ (2, 0.0%)

1 で河竹, の新築落成

▼ 猿葉山~ (2, 0.0%)

1 が峙ち, の険しい

▼ 猿葉虫~ (2, 0.0%)

1 は殺されつ, を殺しつ

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 り來, るを

▼ 猿~ (2, 0.0%)

1 に, の男

▼ 猿類女類男類~ (2, 0.0%)

1 か, の順

▼ 猿飛附近~ (2, 0.0%)

1 であろう一, は最も

▼ 猿騒動~ (2, 0.0%)

1 になんらかの, にまきこまれる

▼1* [343件]

あわせて三十六匹, 猿いったい貴様あ, 猿おりて行人, 猿かけの花, 猿かしらんと, 猿かなず, 猿かなんかのいたずらです, 猿かに見えた事, 猿からもいろいろな, 猿かわいそうどうけんど, 猿がとか水呑み百姓の, 猿がどどうしてこの, 猿がまゐります, 猿きじをとも, 猿きち君である, 猿くだらないがらくたの, 猿ぐまに似, 猿ここにあり, 猿こっちへ来い, 猿こつこつこつと, 猿この世に生き, 猿これを, 猿で表面, 猿さえ見つけだせば, 猿さえもするから, 猿さま常からわがままいっぱい, 猿さんあなたには心, 猿さんいつまで何, 猿さんお前は猿智慧, 猿さんお前さんは生き肝, 猿さんこれは祖母さん, 猿さんそれはだめ, 猿さんなんにも知らない, 猿さんみたいな顔, 猿さん今日はいい, 猿さん御免なさい, 猿さん手にもやから, 猿さん扱いにし, 猿さん猿さんいつまで何, 猿さん猿さんお前さんは生き肝, 猿さん猿さん今日はいい, 猿さん猿さん竜宮へ遊び, 猿さん猿さん肝はどう, 猿さん相当の浮気者, 猿さん竜宮へ遊び, 猿さ併し恥, 猿しい見えすいた寂しい心, 猿しか住まぬよう, 猿しき事なり, 猿しき自嘲の念, 猿しくも雪の, 猿しくも歪むであらう, 猿しく思って死, 猿しく散らばりへばりついている, 猿じみた青年だった, 猿じゃったよ, 猿じゃなさきに, 猿すぐ来い, 猿その蜜を, 猿その他の動物, 猿それをいつ, 猿それに故伯龍, 猿せんずる, 猿たぬききつね鳥類物数の程莫大, 猿だけのことは, 猿だけを称したの, 猿だつたことを, 猿だつたさうで, 猿ちっとも驚いたさま, 猿ちょっと来い, 猿ぢやあない, 猿ついに水死し, 猿つまらないお役目, 猿づらの彫刻家独逸人, 猿でありますが人間, 猿であろうが摺子木, 猿でがして, 猿でございましたか, 猿でございますれば半四郎, 猿でさえこのくらい, 猿でしかない偶然, 猿でなかつたら必ず王, 猿でなく狐でなく, 猿でなくなることが, 猿で無いでしようか, 猿というは垢を, 猿とかにはお天気, 猿とだけでは, 猿とでも遊んで, 猿とのみで名, 猿と共に皮袋の, 猿どもこれはよほど, 猿ながら二人の, 猿なきを怨み, 猿なぞの肉へは, 猿などと同じくた, 猿などより敏捷であった, 猿なら入れぬことも, 猿なりしを, 猿なんかよりも高等な, 猿にて黄金丸の, 猿にとり巻かれて, 猿に対する礼心を, 猿に関する信仰も, 猿のぼりに上っ, 猿ばかりをも用ゆる, 猿ばっか探し廻ったが, 猿ひとり音なふ声, 猿への刑罰そのまま, 猿ほど偉勲赫赫などと, 猿ほどには赤くなかった, 猿まなこでもおれ, 猿みの撰の時, 猿もう一度ほざいて, 猿もしかほんとに世の中へ, 猿もんどりうつように縁, 猿やけどしたの, 猿やら果ては, 猿よくも泰軒の, 猿よと気に入りだった, 猿より進化し, 猿らしい姿さえ, 猿らしかったでは猿, 猿らしくなくきッと, 猿らしく見えたのである, 猿わたりをつけとい, 猿をでも見るが, 猿をも殺した, 猿坊の, 猿オラン・ウータンであったという, 猿キジをひきつれ, 猿シドニーのよう, 猿てエ, 猿ナンチ事云うなよ, 猿似テ, 猿ハ阿諛ヲ知ラヌナリ, 猿ヶ京吹路合瀬永井などをへ, 猿ヶ餅と云う, 猿ヶ馬場耕地の田地, 猿一つして, 猿一同厚く世話, 猿上りに急いだらしい, 猿世の中良かれ酉, 猿乃チ樹ヲ抱イテ号ブ, 猿図, 猿事件がこんなに, 猿人原人といわれる, 猿人猿人から人類, 猿人的獣類がわずか, 猿人直立して, 猿仇討それから二人禿対仇討, 猿以外の敵, 猿使ひの, 猿のみが残る, 猿供奉すその, 猿優劣比較論であり老若賢愚比較論, 猿に誘われ, 猿公旦はんどこへ行かはった, 猿公木より墜落ぢ, 猿冠者のほう, 猿出でて仙洞, 猿初生皆黒し而, 猿へ出い, 猿もすれ, 猿博士の乾分, 猿河童として, 猿又はいてるん, 猿取りに無駄骨, 猿臺に, 猿右衛門とでも鹿五郎, 猿同士がおんぶ, 猿同志は互いに, 猿同然ぢやと, 猿同然手も足, 猿善く酒を, 猿という命名書, 猿嘉氏を称し, 猿地兎位なもの, 猿などの泥土, 猿のよう, 猿堂守りの娘, 猿住, 猿多きもその, 猿多し猿形絶だ, 猿大海奏して, 猿天才的な平凡児, 猿太夫は斃, 猿奪還の秘術, 猿女伝承に蓄, 猿女叙事詩が宮廷, 猿女系統の口頭伝承, 猿女鎮魂の起原, 猿奴ッいえ犬, 猿子橋際で巡礼, 猿を用い, 猿富士にもその他, 猿寺境内に移った, 猿対人間いやそれ以上, 猿鼠の, 猿小僧骨なし, 猿小屋があった, 猿尾長猿から始まり最後, 猿屋町陸尺屋敷のとなり, 猿屋町鳥越町等の間, 猿山中猿と呼ばれ, 猿山椒の豆太郎, 猿帳面つける狐, 猿廻與二郎に聞き, 猿廻門途の一諷, 猿を引く, 猿の山神, 猿形絶だ長大, 猿往来調べの木戸, 猿怎麼に人間, 猿性静にし, 猿手長猿尾長猿から始まり最後, 猿たる平生, 猿ひに, 猿掛城あたりを中心, 猿探索を使命, 猿數多鐵柵の中, 猿と競争, 猿昇りゐて左手, 猿曳き見たいなことを, 猿が猿, 猿末虎長広照玉と堂々, 猿松め馬鹿野郎めと独り心, 猿松前田利常の幼名, 猿松本幸四郎仲藏菊之丞などの似, 猿松窓潜りの軽, 猿果てたる姿見た, 猿が七分三分, 猿梯子をかけ, 猿が, 猿樂師が保存, 猿渡りする場合に, 猿滑りと一種, 猿澤池一しほ優, 猿澤池畔の一旅店, 猿を射, 猿爺さんんは, 猿牛島の隠宅, 猿物言ふ蛇, 猿物言う蛇露誠実なき, 猿牽与次郎が盲目, 猿牽与次郎本物の猿, 猿犬人間は士, 猿犬兎等のごとき, 猿などの獣, 猿狼熊狐の類, 猿猩々にいたる, 猿猴其ま, 猿王二荒神を助け, 猿王山姫と交わり, 猿田彦そこを見詰め, 猿田彦大王天上第一, 猿田彦大神眼八咫鏡のご, 猿田彦大神長さ七咫の高, 猿田彦崇拝と合し, 猿田彦猿女君など猴, 猿田彦神とはさいしょ, 猿田彦神社の如き, 猿町白金辺を持場, 猿町辺を散歩, 猿白鳥七面鳥は八日目以上, 猿白鳥七面鳥鶏犢なぞは焼け過ぎた, 猿な狡智, 猿真偽鑑定の法, 猿眠るにその, 猿眠れ谷の, 猿知慧に過ぎぬ, 猿神トウビョウ等は地方, 猿神生贄を止むる, 猿の木実, 猿二の, 猿簑集が句柄, 猿を読む, 猿精狐怪古家荒房の死鬼愁魂, 猿継母の腹心太岳, 猿を追い, 猿羽根山こえ舟形, 猿聟入りの話, 猿聲啼不住, 猿肥前神埼郡尾崎の子供笛, 猿も仕る, 猿はうまい, 猿若から屋敷まで, 猿若湯を持っ, 猿若町一丁目の家, 猿若町三丁目の芝居茶屋三河屋, 猿若町三丁目守田座附の茶屋三河屋力蔵, 猿若町三座の中, 猿若町三座表飾の事, 猿若町聖天町を経, 猿英語でギッボン, 猿茶屋があっ, 猿蔵染五郎二人の室, 猿蟹上人と改めて, 猿蟹合戦といつた類ひの, 猿蟹合戦猿への刑罰, 猿行事これに同じ, 猿踏ん込み, 猿見ざる言わざる聞かざるともいっ, 猿論語を得, 猿背で, 猿赤い旗な, 猿の裂帛, 猿辺村では三百戸全戸, 猿辻猿の頬, 猿客下松岡, 猿造猿公であるが, 猿とは伯仲, 猿達のとびまはる枝, 猿郎世に出, 猿酒宮殿に倨然, 猿酒郷を命からがら, 猿集りて罵りける, 猿雉子の家来, 猿の句, 猿雪山に登り, 猿零羊を獲, 猿類男類女類かな, 猿飛どこへ行く, 猿飛どのでは, 猿飛ぶ岳に, 猿飛め唐天竺まで探し出し, 猿飛上意だ繩, 猿飛様にやがて, 猿飛貴様忍術が使える, 猿飴主人はかうした, 猿馬丈馬之助, 猿驚き鶴怨む, 猿高野は蛇, 猿旧棲山, 猿鶴共一席月来百花醒雲睡万壑寂, 猿鸚鵡はつか鼠, 猿鸚鵡等々には好感, 猿鹿が山, 猿鹿島の鹿, 猿鹿熊の三つ, 猿鹿的な動物画家, 猿鹿鶴などを飼養, 猿鼠猫栗鼠木鼬羚羊犬鯨海狸熊穴熊猪土竜など内地