青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「渡し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

清~ 清水~ ~済む 済む~ 済ん~ ~済んだ 渓~ 渠~ 渡~ ~渡し
渡し~
~渡した ~渡す ~渡っ 渡っ~ 渡り~ ~渡る 渡る~ 渡辺~ ~渦 渦~

「渡し~」 2994, 31ppm, 3772位

▼ 渡し~ (1669, 55.7%)

46 くれた 33 くれと 25 下さい 20 いた 19 くれ 17 ある 16 やった, やる 14 やると 13 やって, やりました 11 いる, おいて, くれました 9 くれたの, くれる, しまった 8 あった, これを, しまって 7 いるの, しまったの, やろう 6 おいた, くれないか, しまいました, しまうと, しまえば, 置いて 5 おく, しまえ, それを, やつた, やれ, 行ったの

4 [14件] あるの, あるので, おくと, ください, くれい, くれたので, くれって, くれるの, やったの, やるから, やること, 行って, 言った, 貰いたい

3 [29件] あるから, いたの, いました, いると, いるところ, おいたの, おくから, くれそう, くれたまえ, くれよ, くれるか, くれろと, しまう, しまつ, しまふと, たまるもの, なるもの, なろうか, もらいたい, もらおう, やるの, やろうと, ゐた, 云った, 呉れた, 呉れたの, 帰った, 遣ると, 金を

2 [116件] あげます, あげよう, あとは, ありました, ありません, あること, あると, ある梯子, ある橋, いいか, いただけば, いったの, いる様子, おきました, おくこと, おくん, きた, くださいまし, くだされ, くれたとき, くれても, くれないので, くれまいか, くれましたので, くれます, くれませんか, くれると, くれるなと, くれるよう, くれるん, くれる人, くれれば, くれん, こい, これに, ごらん, しまいまた, しまうこと, しまうの, しまったそう, しまってから, その中, それからふい, ちょうだい, もらって, もらふ早春, やっただ, やったり, やっても, やつて, やらう, やらなければ, やりたいけれども, やりたいもの, やりながら, やるが, やるも, やるよ, やる筋合, やれば, やろうという, やんな, よこした, ゐたもの, ゐる, ゐるの, 上げよう, 下さいと, 下さいよ, 下すった, 了ふと, 二階に, 亡くして, 人に, 何分宜しく, 別れた, 去った, 又とりだし, 向うへ, 呉れる, 告げた, 埃だらけの, 契約書を, 始めての, 小声で, 居た, 帰って, 暮して, 机の, 来た, 来て, 橋として, 橋を, 正式に, 水を, 知らん顔を, 私は, 竹を, 綱渡りする, 置いた, 置きながら, 置きました, 置けば, 自分は, 荒い呼吸, 見ろといふ, 言う, 貰いたいと, 貰つた, 貰へ, 逃げて, 遣って, 遣るが, 遣るの, 隣の, 鰯を

1 [891件 抜粋] あけ渡したので, あげた最後, あげようと, あげる, あったから, あったの, あって, あとで, あなたに, あの女, あの老女, ありそれ, ありちょうど, ありますので, あるきゃしゃ, あるその, あるのに, あるゆえ, ある事, ある低い, ある唐橋, ある図面どおり幾ツ, ある小さな, ある板, ある水, ある硝石, ある筈, ある藍染, ある重, あれだけを, いたし, いただきましたが, いたっけから, いった, いつたの, いつでも, いよいよラサ府, いるという, いるよ, いるよう, いる所, いる老父たち, うしろから, えんだか, おいたからな, おいたがね, おいたぞ, おいたほう, おいた芹, おいた設計図, おいてさえ, おかなければ, おきながら, おきましたが, おくが, おくれ, おけば, おしめやら, おもらい申した, おれが, お前の, お首, かう云, かかりの, きっと身分, くださいね, くださいませんか, くださるという, くだされたの, くれいうて, くれさ, くれその, くれたかい, くれたかね, くれただけに, くれたです, くれたならきっと, くれたもの, くれた事, くれた水筒, くれた銅貨, くれて, くれといった, くれとの, くれないこと, くれねばと, くれましたから, くれましたよ, くれようと, くれるぞ, くれるだろう, くれるとき, くれるね, くれる日曜新聞, くれる話, くれろ, くれッ, くれ否, くれ渡して, くれ給え, くんねえ, ここに, この手紙, これから柏木, これで, こんなこと, ご飯を, さてそれ, さて鎧櫃, しっかと握った, しまいなさい早く, しまいましたが, しまい夫婦, しまい部下, しまうだろう, しまうに, しまうん, しまう父母, しまおうという, しまったこと, しまったしと, しまったに, しまったので, しまったら一番安心, しまった後, しまった次第, しまつた, しまつたらあすこ, しまひました, しまふこと, しまふといふ, しまふの, じぶん, すぐ帰ろう, すぐ行っ, ずっとこの, ずらかるつもり, そうして, そこでまたちょっと, そのかわり, そのま, その一方, その下, その宮, その幅, その後は, その成功, その残り, その紙, その船室, その跡, その馬, それからまたもう, それに, それは, ただ見, たまろうか, ちよつと, つかわせい, つくづくと, どう使う, なお何やら, なるもん, にこにこ顔, のち子を, はよう喜ばし, ふと独り心, ほした大根, ほっと呼吸, ほん物の, まいれ今日, またいろいろ, まもなく私, みせる, みると, みんな揃った, もう一晩, もう彼女, もう電燈, もすや, もらいたいと, もらいましょう, もらいましょうか, もらうから, もらうよう, もらう事, もらう時, もらおうと, もらったら伝言, もらひ船頭, もらわなくちゃ, やがて塀, やったこと, やったその, やったもの, やったら急, やったん, やった汁, やっぱりただ, やつと, やや離れた, やらないばかり, やらなけれや, やりたいと, やりな, やりなさい, やりましたよ, やります, やるお前, やるじゃ, やるという, やるわけ, やる二里, やる振り, やる積り, やる金ぢ, やれとは, やれるの, やれるやう, ゆきました, ゆつさり, よいもの, よこさないぢ, よこさなかつた, よこした袋, よこしましたかね, よこすまいが, わざわざ火, わたしの, ゐた遺書, ゐなかつたならアルライ, ゐるが, ゐるその, ゐる看護婦, ゑやら字やら, オオダイを, シカチェ府の, シッカリと, ツナガリを, ヘクトーの, ポストに, レコードを, 一日も, 一番先に, 一言二言ちょっと, 七百両受け取るべく, 七重八重と, 三時頃の, 上げずか, 上げて, 上げべ, 下から, 下さいお願い, 下さいな, 下さいませんか, 下さったそう, 下さつたので, 下さらないかも, 下されし, 下だ, 下りて, 不足十二銭払ったら, 中食の, 乗船前忙しい, 九太を, 了いました, 了った, 了は, 二人は, 二条万里小路に, 二階の, 云つた, 今では, 今の, 仕舞つた, 仕舞へば, 仮り御, 伸子たちは, 何処かへ, 何處と, 作られたもの, 使用法を, 便所に, 俺に, 傘を, 僧侶に, 先を, 先方へ, 其方は, 其金を, 出されますと, 別れたん, 別れた所, 別れてから, 加之に, 助けたとして, 十六銭の, 印度に, 原稿を, 去らねば, 又もや垣根, 又説明, 各方面, 同じ戸口, 向うに, 向ふ, 君の, 呉れ, 呉れたので, 呉れつて, 呉れて, 呉れないから, 呉れるか, 呉れるの, 呉れる迄, 呉れろと, 周旋を, 品物を, 困ったらいつ, 土を, 埋葬した, 城外で, 外へ, 大に, 大もうけを, 大袈裟の, 奥へ, 始末させた, 嫁を, 安心し, 客の, 家も, 寝ながらに, 寫眞學校に, 小さな襦袢, 少しひどい, 居たよ, 居るけれど, 居るでは, 居れるの, 屋根を, 岸に, 峰頭は, 巧みな, 帯を, 帰したの, 帰つた, 帰りかけた, 帰りました, 帳場へ, 干菜, 平気で, 広い田圃, 庄吉を, 引受人の, 彼に, 彼女は, 待合所を, 後で病人, 後を, 得意に, 御主人, 御機嫌ようか, 復讐地下から, 必要の, 志願ある, 急いで, 悪魔への, 戦死した, 戻って, 戻つて, 手拭が, 手軽に, 接待委員と, 改札口を, 教室の, 敵討を, 新宿の, 明朝行ける, 時計を, 暮らして, 本人を, 本式に, 来たこと, 来たとの, 来なければ, 来る, 東京の, 松本勢の, 染めさせたの, 横に, 欲しいといふ, 歩く, 歩けるかい, 歸つ, 死骸を, 殿様へ, 母親が, 水夫が, 江戸へ, 注ぎ大, 湯殿へ, 溜め息を, 漢水を, 無事に, 然るべし, 牛の, 特異な, 猿の, 留守中にも, 發表し, 白札を, 百姓の, 直ぐに, 直ちに四人, 看護婦が, 真五郎, 研究でも, 私が, 空は, 空を, 立ち去る, 立去る, 紅金巾を, 終ったの, 終ってから, 結って, 給は, 綱を, 編笠一かいで, 缶を, 置いたのよ, 置いた末, 置いても, 置かなけりゃ嘘, 置き刻限, 置くが, 置くと, 胸を, 脱走しよう, 自分のを, 興行師と, 草履を, 葉子に, 血が, 行きました, 行きゃあがった, 行くの, 行くので, 行く起伏, 行ったもの, 行つた, 行つたので, 行つた鍵を, 襁褓が, 見せる, 親分の, 言いました, 言われますには, 設えたる相当, 誰にも, 貰いましょう, 貰うこと, 貰う人, 貰えないだろうか, 貰えまいか, 貰えましょう, 貰えるよう, 貰おうかい, 貰って, 貰ひたい, 貰へる, 貴人が, 買物を, 越すとき, 返して, 追い返した, 退がった, 送り出すよう, 通れ, 進ぜる居らぬが, 遣りました, 遣わして, 都田川へ, 配下に, 酒を, 金に, 長屋の, 関東に, 阿母さん, 降参しろ, 雨の, 面白さうに耳, 鞋を, 頂きたい, 頂戴, 頼んだ女, 駅に, 駒の, 麻縄で

▼ 渡し~ (151, 5.0%)

21 渡って 15 越えて 4 して, 願いたい 3 こえて, わたって, 渡れば, 越して, 越すと 2 前に, 受けて, 向うへ, 差し引きたる残り何, 要求した, 隔てて

1 [80件] あがったところ, いそぎ橋場, いたしましたので, いつも夕方, うけたに, おねがい申し出, かけた上, かれは, こえ俄, さして, したの, したり, しました, するだけで, たずねて, ただちに目ざしました, とって, ねがいます, まもらない人, まもらない者, わたりわざ, わたれば, 七里の, 乗っ切って, 他処, 促す時, 出さんか, 受けたが, 受けました, 受けると, 受け明日, 右手に, 否定したがる, 呼ぶもの, 喋舌つ, 山谷堀を, 彼らに, 待ちかねて, 待って, 待つあいだ, 待つ間, 扼して, 指して, 文書から, 横に, 欣然として, 止めるの, 渡った向, 渡つた事が, 渡つて駒形まで, 渡らずに, 渡り村, 渡り桜, 渡り藤津君, 渡るころ, 渡ると, 渡船に, 温室仕立てに, 知らないで居残って, 稼ぎ場, 綾瀬の, 西へ, 試みて, 越えるころ, 越えるその, 越えると, 越えるとき, 越えるの, 越える人, 越える渡口, 越え此処, 迫つて來た, 通ったこと, 間違へる, 願いに, 願います, 願います周防殿, 願います慥か, 願えますれば, 鮎川の

▼ 渡し~ (116, 3.9%)

5 方へ 3 方を 2 ある処, 下に, 如く河水, 渡し守も, 近くに

1 [98件] あたりで, あつた, あとなども, お使者, ご相談, すぐと, その日, ところと, ところへ, ところまで, なくなった黒部川, ほとりなる, ほとりに, まえを, ような, わきに, コン助といふ, 一件を, 一陣だけ, 三つは, 上に, 上手田圃道を, 下手など, 中には, 中の, 中途で, 事, 事に, 二三丁下に, 人間は, 付近に, 仮橋, 儀の, 全廃を, 利札だ, 前に, 受取証文で, 合戦でも, 名間遠の, 向うか, 品を以て, 場に, 場所にも, 客, 小切手九十九円八十銭という, 小舟さえ, 少し上流, 岬に, 岸頭から, 式を, 引き込みを, 御用は, 悠長さのせゐ, 所で, 手前に, 折船も, 料は, 日の, 時は, 時も, 有様を, 木戸一ヵ所しか, 板に, 棧橋に, 止まるの, 水術を, 氷や, 法則どおり一札を, 渡し守の, 渡し小屋には, 渡頭であります, 渡頭へ, 渡頭まで, 画で, 番所の, 石を, 綱に, 舟の, 船が, 船を, 船夫, 船頭も, 船頭や, 落人を, 藤蔓は, 藤蔓を, 行きかうを, 詩の, 證書が, 趣意が, 途中で, 運びに, 針金に, 鉄の, 長い船橋, 附近に, 際恩顧を, 頓兵衛見たいで

▼ 渡し~ (90, 3.0%)

6 なりました 3 乗って 2 すれば, なったの, なって, なるとは, 乗るには, 舟を, 顔を

1 [67件] ある武田, いたころ, おびやかされて, およそ四百, かかったが, かかる, かかる前, くらべても, しては, するうち, なったので, なったら, なったり, なった月謝, なった筆, なっては, なつた, なり, なりその, なりただ, なりますかな, なりませんでした, なり下, なる, なること, なるご, なると, なるまで, なる嬢次様, なる時, のりおくれ, よるので, 乗つたり, 乗ること, 乘つて灣の, 付受取証書, 住んで, 使えないこと, 同船したる, 奥から, 寄らうと, 差しか, 成って, 手間取つた, 持つて, 掛かると, 来た, 来て, 来ないので, 来るだけに, 来るの, 相なり, 相成し事故, 移して, 程近い, 立ちかへ, 船で, 船と, 蔡瑁は, 行きました時, 行き暮れた最明寺時頼, 行ったの, 行つたのである, 走った大雅堂, 近い舊陸軍病院下あたり, 近き荒川沿岸, 鞍踏み返し

▼ 渡しながら~ (76, 2.5%)

5 言った 4 云った 3 云つた 2 また云, 女の, 氣を

1 [58件] あゝ大変, いいました, いうの, いった, いつた, きいた, ぎごちない, けげんらしく尋ねた, こういっ, じろりと変, そう云, そう言う, その大きな眼, その夫人, そんな拙い, ただただ溜息, だまって, つづけました, でも大切, ひとりひとりに, また云いました, また言いました, また阿賀妻, 不平の, 九郎兵衛は, 云われた通りしきい, 五郎は, 低声, 何度も, 何気なくふい, 余程大, 信子は, 冷え凍りたる, 凱歌を, 十人ばかり, 又足, 呟いた, 囁くやう, 四人の, 大きい声, 大きくなった, 小竹さんに, 小言に, 幽霊の, 彼の, 彼女は, 愛嬌の, 手を, 新八, 気を, 申しました, 盛んに, 真先に, 糸重が, 纒めて, 聞いた, 舟の, 酒井侯と

▼ 渡し~ (34, 1.1%)

2 もうありません, 人目に

1 [30件] あるまいな, いけないといふ, これか, したものの, しない, しないの, すんだが, そこの, つい眼, ねえの, もうない, もう無事, もう直きだ, 五分位白い, 今でも, 何時だ, 具合わるし, 危いねえ, 太い針金, 成りかねると, 明け六つに, 昔から, 止まる, 此れ, 滅多に, 相成り兼ねます, 舟の, 開きや, 雨後の, 駄目だ

▼ 渡し~ (30, 1.0%)

4 あった 2 あり橋場, ある, 出来た

1 [20件] あったと, あつた, あつて, あるから, あるが, お客を, こわれて, それだ, ギリギリで, 一寸近く, 使用出来さえ, 六郷へ, 出るよう, 吾, 止まったら佐屋まわり, 止まって, 破談に, 行われる前, 開いて, 願いたい

▼ 渡しする~ (29, 1.0%)

2 ことは, のです

1 [25件] かわりに, ことで, ことに, この品, ぞ, といった, とその, のでした, のは, のを, はずの, までは月々三千円, までは身, ものだ, よう, ようにって, ようにと, 前に, 小切手に, 権利は, 段で, 気で, 気持という, 約束が, 結果に

▼ 渡し~ (27, 0.9%)

1 [27件] あらんと, いま越し, おげん, きん, けりは, その源兵衛, ゆきますか, わたつ, 一円ばかり, 三十七年間岩魚を, 下りました, 僕等に, 古いの, 向島から, 向島へ, 大井川と, 廓が, 御一行, 死んだとき, 濁水に, 舟から, 船を, 花の, 薄紅梅, 蛮船から, 越えて, 軍功を

▼ 渡したり~ (22, 0.7%)

4 して 2 引っ返して

1 [16件] けるとき, すると, するの, するので, する役, ハモニカを, 一つの, 又は握り潰し, 手術道具を, 時々, 木を, 桟を, 水引きを, 渡したり, 薪に, 高座の

▼ 渡しては~ (19, 0.6%)

2 いけないと

1 [17件] いかんという, いけない, いただけないか, そっと馬の背, たいへんだ, ない, ならない, ならん, ならん人, 一大事である, 下さいませんか, 子供が, 恥辱だ, 武士の, 相成らん, 行けませんよ, 駄目よ

▼ 渡し~ (17, 0.6%)

2 呼ばれた大

1 [15件] いふ所を, ちったァ, なって, よぶ川筋, 云ふ, 呼ばれた渡場, 呼んで, 御蔵橋から, 思うあたり, 申しますの, 申せば, 称えて, 称して, 称ふ, 称んで

▼ 渡しという~ (17, 0.6%)

4 のは 2 のが

1 [11件] しろもの, ところに, ところを, のを, ものが, 寸法に, 所を, 水火両, 渡船場が, 語は, 難所が

▼ 渡し~ (16, 0.5%)

4 てくれ 2 てあります 1 それを, ておきます, ておく, ておくれ, てくださいまし, てくる, てしまった, てそれ, ても自首, てよく

▼ 渡しその~ (16, 0.5%)

4 上に

1 [12件] あとのは, ま, 上へ, 国に, 夜番人が, 宝を, 年の, 植物間を, 渡しから, 男は, 皮を, 軌条の

▼ 渡し~ (13, 0.4%)

1 [13件] かかった, かかったころ, かかったとき, かかった時, かかって, むかった, ボートを, 乗せた, 乗つて, 出る道順, 彦兵衛を, 知らせろ此方, 陣し

▼ 渡し~ (12, 0.4%)

1 [12件] これに, こわれて, せずうけ取れも, なくなれば, 今は, 今日は, 凪ぎ渡った海気, 夏冬の, 御座います, 終われば, 遠く意地, 風雨の

▼ 渡し自分~ (12, 0.4%)

1 [12件] が踊り, の牛, の部屋, は, は久造, は人目, は其の, は豚, は逃げ, は隠居, も同じ, も学内

▼ 渡しから~ (11, 0.4%)

2 水神まで 1 お前は, それを, 上野の, 十六文の, 是処迄, 此方は, 浜松までの, 竹生島へ, 飛んで

▼ 渡しても~ (11, 0.4%)

1 [11件] あいあいと, いいと, いいの, それは, よい, 仔細ない, 果して, 構いません, 漢族の, 退職手当です, 馬の

▼ 渡しまで~ (11, 0.4%)

2 來る 1 お歩き, 急がせた, 押出して, 来ると, 行くには, 行った, 行つ, 見すれば, 降れ

▼ 渡しした~ (10, 0.3%)

1 からです, くじによって, ぢやあない, に違い, のでございます, のでした, のです, のは, ものです, よ

▼ 渡してから~ (10, 0.3%)

1 すぐ火, どうしたら取り上げる, 一週間ほど, 上り端の, 出版まで, 千鶴子は, 壊れたの, 後初めて, 本殿の, 林町へ

▼ 渡し~ (10, 0.3%)

1 です, に待っ, に眼, に着いた, に立っ, の所, の方, へゆけ, まで帰った, をもう

▼ 渡し申す~ (10, 0.3%)

1 お受取り下さい, が如何, ことに, ことは, ことも, ぞ, ように, わけには, 上は, 請取ろうとチャンと

▼ 渡しします~ (8, 0.3%)

1 から, からどうか, からね, けれどほか, という, と充分, よ, わ

▼ 渡しそれ~ (8, 0.3%)

1 から三人, によって展, に短く, に肉, へタオル, へバケツ, へ好み, を手繰る

▼ 渡しそして~ (7, 0.2%)

1 シナ将軍から, チーキャブから, 一通の, 彼に, 第四, 言い添えた, 言った

▼ 渡しちゃ~ (7, 0.2%)

2 いけないよ 1 いけないね, いけません, ならねえ, ならねえぜ, ならんと

▼ 渡しまた~ (7, 0.2%)

1 こちらに, 傍らの, 帝に, 平伏して, 慶童に対しては, 洋服の, 駆けて

▼ 渡し小屋~ (6, 0.2%)

1 から少し, で濡れた, にはにぶい, に寝起き, に老い, の家具

▼ 渡し申し~ (6, 0.2%)

1 てえと, ても宜しい, てよろしい, て出直す, て宜しい, て残らず

▼ 渡しこの~ (4, 0.1%)

1 三重唱の, 神官に, 覚書の, 騒動の

▼ 渡しこれ~ (4, 0.1%)

1 が食台, に大いなる, を戦争, を金

▼ 渡ししたい~ (4, 0.1%)

1 ために, と思っ, のでございます, ものが

▼ 渡しそれから~ (4, 0.1%)

1 彼に, 海を, 直にお, 羽織を

▼ 渡してあつ~ (4, 0.1%)

1 た, たの, てその, てそれ

▼ 渡しでは~ (4, 0.1%)

1 お座船飾りし, どうかする, 慄へて, 船頭が

▼ 渡し~ (4, 0.1%)

1 もう仕事, 小森方面の, 水の, 買物に

▼ 渡し下されたく~ (4, 0.1%)

21 なお御, 万一それ

▼ 渡しある~ (3, 0.1%)

1 か否, ようにとの, よう筒井は

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

3 へすれ

▼ 渡ししなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならない, ばならなくなった, ば役目

▼ 渡ししました~ (3, 0.1%)

1 ぜ, よ間違, んで

▼ 渡ししよう~ (3, 0.1%)

1 ため天国を, という考え, としました

▼ 渡しでも~ (3, 0.1%)

2 するよう 1 あつた

▼ 渡しなお~ (3, 0.1%)

1 そのほか, 宿主に, 故郷の

▼ 渡しなぞ~ (3, 0.1%)

1 して, でその, ふえて

▼ 渡しには~ (3, 0.1%)

1 ちょっと参った, ブランコの, 甲冑の

▼ 渡し二人~ (3, 0.1%)

2 の同伴者 1 は人々

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

1 にしか過ぎない, には帰らない, には返らない

▼ 渡し四十二間~ (3, 0.1%)

2 のこの 1 のドーナツ

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

1 に余る, の憤り, は彼女

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

1 さるべきや, 上げたいと, 上げたよう

▼ 渡し申した~ (3, 0.1%)

1 品々は, 小判に, 金子に

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

2 に組み 1 で進み

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

1 にそえ, をたより, を斬っ

▼ 渡し~ (3, 0.1%)

1 下度候, 下度候本人に, 下残金

▼ 渡しあれ~ (2, 0.1%)

1 ばあなた, ばよし

▼ 渡しくだ~ (2, 0.1%)

2 さりませ

▼ 渡しここ~ (2, 0.1%)

1 のみ赤き, を俗

▼ 渡しさえ~ (2, 0.1%)

1 しなかったら, すりゃいい

▼ 渡しさて~ (2, 0.1%)

1 否がる, 嫁は

▼ 渡ししたら~ (2, 0.1%)

1 主人の, 好いと

▼ 渡しそれに~ (2, 0.1%)

1 何か, 同じく藤蔓

▼ 渡したる~ (2, 0.1%)

1 を怪しむべからざるなり, 織物に

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 から当分みんな, よ

▼ 渡しだけは~ (2, 0.1%)

1 同じよう, 明るい間

▼ 渡しつつ~ (2, 0.1%)

1 浪子は, 物をこそ

▼ 渡してからの~ (2, 0.1%)

2 もので

▼ 渡してさえ~ (2, 0.1%)

1 くれれば, しまえば

▼ 渡しといった~ (2, 0.1%)

1 のは, ものな

▼ 渡しとは~ (2, 0.1%)

1 どんな風習, 言ひ

▼ 渡しなされた~ (2, 0.1%)

1 ので, 若い美しい音楽家

▼ 渡しなすっ~ (2, 0.1%)

1 てくださいまし, てそして

▼ 渡しにも~ (2, 0.1%)

1 そつが, 伊勢の

▼ 渡しへと~ (2, 0.1%)

1 取り三沢, 急いだ

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 ゐら, ゐらせん

▼ 渡しよそ~ (2, 0.1%)

2 の者

▼ 渡しより~ (2, 0.1%)

1 ほかは, 待乳山あたりの

▼ 渡しマッチ~ (2, 0.1%)

2 を渡した

▼ 渡し一つ~ (2, 0.1%)

1 を自分, を自身

▼ 渡し一泊~ (2, 0.1%)

1 を請, を請い

▼ 渡し下さる~ (2, 0.1%)

1 ことか, なり俺

▼ 渡し下され~ (2, 0.1%)

2 度し

▼ 渡し主人~ (2, 0.1%)

1 はそれ, はもう

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

2 の三分の二

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 ふ馬也, へもし

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が返す

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 が僕, のお

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 と波江さん, 並びに魯西亜人持ち越し

▼ 渡し残り半分~ (2, 0.1%)

1 は主人, を主人

▼ 渡し申します~ (2, 0.1%)

1 から, よ

▼ 渡し終り~ (2, 0.1%)

1 てこれ, て暇乞

▼ 渡し経木包み~ (2, 0.1%)

2 を持っ

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

1 ふて之, へといひぬ

▼ 渡し自身~ (2, 0.1%)

1 は近習, は黒石

▼ 渡し致します~ (2, 0.1%)

1 から今夜, けれど変装

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

2 は嫁

▼ 渡し遊ばされ~ (2, 0.1%)

1 候, 候この

▼ 渡し釣銭~ (2, 0.1%)

2 を貰う

▼ 渡し~ (2, 0.1%)

2 の渡

▼1* [332件]

渡しあえたこと何年ぶり, 渡しあそばさるることしかるべからず, 渡しあそばした十振, 渡しあたりまで送っ, 渡しあってあとあと, 渡しあまつさえ外夷の, 渡しあまり無駄使いしない, 渡しあらためて新郎の, 渡しいたしましょうねえ, 渡しいたしますとも, 渡しいろんなことを, 渡し戸棚から, 渡しおよび神戻し, 渡しお召の一重物, 渡しほかの, 渡しかく順々に, 渡しかちどきの渡し, 渡しがたい愛着は, 渡しがたきこの松井田城, 渡しきりにする, 渡しくださいましあのご, 渡しくださらぬか, 渡しくださるとき愛一郎さんが, 渡しくだすって千万, 渡しこいつがちっと, 渡しさせてください, 渡しさっさと戦場へ, 渡ししときやすからその, 渡ししなけりゃあなりません, 渡ししばし猶予を, 渡ししましてよ, 渡ししましたら大変悲し, 渡ししましょうか, 渡ししませんや, 渡ししもうた, 渡しじゃねえん, 渡しすぐ橋袂の, 渡しする受取りに来なさる, 渡しせぬうちは, 渡しそこへ行く, 渡しそのまま食堂車の, 渡しそのものが湖岸, 渡しその他の行政上, 渡しその後はどう, 渡しそれからまた縷々として, 渡したまえというは女, 渡しだけが残って, 渡しだつたかそれ, 渡しちゃあ下さいませんか, 渡しちや誰でも同じ, 渡しちょっと頼むと, 渡しっ放しの無情, 渡しつこないから, 渡していうことには, 渡してからは自分の, 渡してしかじかと, 渡してなそんで, 渡してはと争いかけしも, 渡してまでも其称賛の, 渡してやッた, 渡してをるの, 渡しであったわえ, 渡しできるように, 渡しでなく前後べつべつに, 渡しでの乘合衆である, 渡しといふ時に御藏, 渡しとして水中に, 渡しとの二つが, 渡しともに城を, 渡しと共に廃止された, 渡しどうだ向う, 渡しば妻, 渡しなく私方へ, 渡しなさいまし私の, 渡しなさると胸, 渡しなどがめんどうであった, 渡しなどで先陣奇襲の, 渡しなども設けられ道, 渡しなにか囁いた, 渡しなら六蔵で, 渡しになつては, 渡しによつて中絶された, 渡しはなしをまとめ, 渡しまたそして正勝との, 渡しもういいと, 渡しもうすことは, 渡しやうもいづれ, 渡しやっと安心した, 渡しやれやれと本当に, 渡しゆっくりと歩きだし, 渡しようもいずれ, 渡しよろしくと云う, 渡しわが吉野村から, 渡しわしの一味配下, 渡しわたくしは良人, 渡しわれらの通る, 渡しをも渡って, 渡しズボンのバンド, 渡しソレには色々, 渡しツリを取り, 渡しプラツトフオームから線路, 渡しページェントをこの, 渡しンとこまでいっ, 渡し一つ隅田川にその, 渡し一列に成つて電灯, 渡し一堂に座し, 渡し一尺位の穴, 渡し一帯にかすん, 渡し一度恩を売っ, 渡し一条の縄, 渡し一杯になり, 渡し一礼して, 渡し一緒に松坂屋, 渡し三寸ばかりのお, 渡し三本目は誰, 渡し三間もある, 渡しさりませ, 渡し下さいますよう, 渡し下さるまいよ, 渡し下沼袋に母, 渡しに許し, 渡し世間ばなしなどし始めた, 渡し中江さんのところ, 渡しに退職手当二千万円, 渡し乍ら蜂屋文太郎は尚も, 渡し乍ら裕佐の顔色, 渡しりて, 渡し二度と再びこんなところ, 渡し人一倍も疎んぜられ, 渡し人足の帯, 渡し今一個を右手, 渡し仕るまじくと申し遣, 渡し仕事をよく, 渡し以後長州ニ敵すべからざる, 渡し会計を頼ん, 渡し伝令斥候の演習, 渡し何だか厭に, 渡し何やら小声で, 渡し侍女がなみなみと, 渡し候はずば押し掛け, 渡し候ようの事, 渡し候節日本人の, 渡しは待乳, 渡しは京都, 渡し先週の六本分, 渡しに角脚本, 渡し共犯者はその, 渡し其下へ潜り込ん, 渡し其處に彼等, 渡し出来ない規則です, 渡し切手の裏判, 渡し判官に下さるる, 渡しにゆでた, 渡しと父, 渡し南千住から綾瀬, 渡し原子力の管理, 渡しその上, 渡し取調べを受けた, 渡しふ, 渡し同時に銀貨を, 渡し向後心を, 渡し呉れむと陣太刀長や, 渡し固唾をのん, 渡しを塗っ, 渡し夜営地を張り, 渡し大入袋の割振り, 渡し大阪の知行所, 渡しの羽衣, 渡し奉るこそ大事中, 渡し契約書を交し, 渡し妃これを象馬, 渡しをわたる, 渡し子供を父親, 渡し守りと数戸, 渡し安宅の渡し, 渡し宛名番地を書い, 渡し富士見の渡し, 渡し覚の, 渡し小さい手巾とか, 渡し小銭をも出, 渡し少し余分に, 渡し屋根には焼け, 渡し屑籠へ手, 渡し岩の上からそつ, 渡し島田を剃り落す, 渡し川上座の基礎, 渡し帰りに受け取る, 渡し幸衛門の手, 渡しく存じ, 渡し引きさがって, 渡し待乳山下から向島, 渡し微笑を禁じえない, 渡しおきなく身一つ, 渡し応否の返答如何, 渡し恐らく今まで, 渡しをきらする, 渡し戦いを未然, 渡し戸板や屋根, 渡しを開け, 渡しをそそぎ, 渡し手形に裏判, 渡し探り寄って, 渡し損ねた切符が, 渡し支那の學者, 渡し放しにはしないであろう, 渡し新九郎様の来, 渡し早く坊主に, 渡しかつた, 渡しは山続き, 渡し昨夜両人裏門にて逢い, 渡しに炙い, 渡し最もよかろう, 渡し月娥夫の家, 渡し来る数十人の, 渡し松前志摩殿の切立石垣, 渡しが六枚, 渡し栄三郎さんから離縁状, 渡し栄吉から支配人, 渡し校正のこと, 渡し椅子に坐る, 渡し榮吉から支配人, 渡し横合いの谷間, 渡し橋場寺島村間の白髭, 渡し橋場隅田村間の水神, 渡し正月を控え, 渡し此者がまた, 渡し残りの一つ, 渡し水師の中, 渡しに焚かしめた, 渡し汗止や襷, 渡しの様, 渡しながらに船, 渡し清左衛門は立っ, 渡し済みになっ, 渡し渡って買っ, 渡し焼香も済ん, 渡し照射室に入り, 渡し燈入りの提燈, 渡し燕車の話, 渡しに子, 渡しを盛る, 渡し猪口を手, 渡し何事をか, 渡しへ父子, 渡し現金を受け取っ, 渡し生活費や資産, 渡し田舎へ引込んだ, 渡しの持っ, 渡し申さなくちゃいかん, 渡し申しあげその後身の, 渡し申したいとこの, 渡し申しました番号札を, 渡し申し上げましたのでございます, 渡し申し上げませんでは, 渡し申し上げるようにと, 渡し申すべきかいかよう, 渡し申せとこれ, 渡しの側, 渡し男女は断じて, 渡し界隈にザリガニ, 渡しの土, 渡し留守の時, 渡し番庄作のせがれ庄吉, 渡し番頭さんが引受人, 渡し痛い物でも, 渡し療治を施させ, 渡し白研までした, 渡し白衣干すかも, 渡し百日内に開くべからず, 渡し直ちに都へ, 渡し相成り御老中方, 渡しの神体, 渡しの倉, 渡し石垣を築き, 渡し碓氷峠が無けりゃ, 渡し空鞘の口, 渡し竹一にはノート二冊, 渡し箪笥をしめ, 渡し素早く自分の, 渡し絶崖には長, 渡し綱宗は鶴千代, 渡し網代笠の雪, 渡し總代の手, 渡し置くによって一部, 渡し肉屋の主人, 渡し肘木を左右, 渡し脇差で勘兵衛, 渡し自ら先導して, 渡し自然の滋養分, 渡し致してご, 渡し若し車内で, 渡し若干円を貰つた, 渡し若旦那さえ世, 渡しや幕, 渡し茅場町の薬師, 渡しを以て測, 渡し菊池勢は行く, 渡し萬一の場合, 渡し藤吉は眇眼, 渡し藩士たちのあいだ, 渡し行村に之, 渡し装置家を横川, 渡し裴世清には別に, 渡し観客中からもっとも, 渡し診察室へ入る, 渡しを取っ, 渡しにきいた, 渡し詳細を書きこん, 渡し貨車で運ばれた, 渡し歩いて, 渡し近くに在る, 渡し近辺であろう, 渡し道順か何, 渡し郡上平八は奥, 渡しを波, 渡しの上, 渡し金目のもの, 渡し銀貨を一枚, 渡し銘酒の本, 渡しなら六文, 渡し長屋門のうしろ, 渡し間数をとつ, 渡し阿賀妻は挨拶, 渡し附近に埋伏, 渡し難く一旦宿元, 渡し青嚢の書, 渡し須賀町から横網, 渡しの上, 渡し飽くまで従順な, 渡しはあと, 渡しは蒲焼, 渡し麁末なる煙草盆